所属先を愛すモウリーニョ「私はミスター・クラブ」「クラブのパジャマを着て寝る」

所属クラブのジャージを着るジョゼ・モウリーニョ監督
 トッテナムの新指揮官にジョゼ・モウリーニョ氏が就任。初の公式会見でこれまでの所属クラブへの愛を語った。22日、英『スカイ』が伝えている。

 公式会見では謙虚ながらに自信を垣間見せたモウリーニョ監督。「同じ過ちを犯すつもりはない」「今季プレミアリーグで優勝することはない。しかし、来季は優勝することができる」と発言した。

 さらにモウリーニョ監督はこれまでのクラブについても語る。ポルト、インテルではUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)を制覇し、チェルシーやレアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッドでもビッグタイトルを勝ち取ってきた。トッテナムファンにミスター・チェルシーと思われる可能性も指摘されたが、「私はミスター・インテル、ミスター・レアル・マドリー、ミスター・ポルトとも見なされるべきだ」とそれを否定する。

「私はミスター・クラブなんだ。そのことをわかってほしい。私はこれまで行ったすべてのクラブで、そこに着いたらクラブのパジャマを着て寝ている。働いているときも寝ているときも、そのクラブを身にまとうんだ」

「私は自分のクラブを愛している。だが闇雲にクラブを渡り歩いていたわけじゃない。キャリアを通して、さまざまな国を渡り歩いてきた。スペイン、イタリア、イングランド。私はどこかの国にとどまりたくなかった」

「プレミアリーグは私の性に合っている。私はここが一番好きだ。最高のリーグで、もっともおもしろい。だからここに戻ってこれてすごくハッピーだ」

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

ユーベは23日に強敵アタランタと激突…サッリ監督「C・ロナウドはコンディション不良」

マウリツィオ・サッリ監督が前日会見に臨んだ
 ユベントスは23日、敵地でセリエA第13節・アタランタ戦を迎える。マウリツィオ・サッリ監督が前日会見に臨み、昨季躍進を遂げた強敵について語った。22日、クラブ公式サイトが伝えている。

 アタランタは昨季大躍進。クラブ史上最高位となる3位に入り、史上初となるUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場権も獲得した。ユベントスとは2度のリーグ対戦でともにドロー。今季は欧州CLでも苦戦し、リーグ戦では直近3試合で2分1敗を喫するも、ユベントスにとっては油断のできる相手ではない。

 サッリ監督はアタランタの危険性を認識し、会見で「ペップ・グアルディオラがアタランタとの対戦をうまく表現していた。彼らと対峙するのは歯医者に行くようなものだと」と名将の表現を借りる。グアルディオラにとって“苦手”とされる強敵だったことを挙げ、「彼らは技術に優れ、アグレッシブさもある。特にアウェーでは簡単ではない相手だ」とアタランタを評価した。

 リーグ戦で不調を訴えたものの、ポルトガル代表では活躍を見せたFWクリスティアーノ・ロナウドはアタランタ戦では欠場が濃厚。指揮官は「クリスティアーノに説明を求める必要はない。選手は時として、回復して落ち着くための時間が必要だ」と擁護。「火曜日に彼はまだコンディションが良くないと伝えてきた。チャンピオンズリーグでの出場が目標になる」と復帰のめどを口にした。

 サッリ監督体制1年目のユベントスだが、現在10勝2分で首位。しかし勝ち点1差で2位インテルが追いかけている状況でもあり、スクデット獲得のためにチームの完成が急がれる。サッリ監督は自身のチームスタイル確立を狙いつつも、怪我やさまざまな事情に合わせて柔軟な姿勢であることを語っている。

「我々の成長は瞬間の積み重ねによるもので、常に一定ではない。ある種のスタイルを目指しているが、選手たちの特徴に逆らうことはできない。正しい妥協点が必要になる」 

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

出場校チーム紹介:矢板中央高(栃木)

一昨年度、昨年度に続いて上位進出を狙う矢板中央高
第98回全国高校サッカー選手権

矢板中央高(栃木)

矢板中央高関連ニュース


矢板中央高写真ニュース

▼全国大会日程
1回戦 2-2(PK6-5)大分高(大分)
[得点者]多田圭佑左合修土
2回戦 2-1 大手前高松高(香川)
[得点者]靏見拳士朗左合修土
3回戦 2-0 鵬学園高(石川)
[得点者]西村碧海左合修土
準々決勝 2-0 四日市中央工高(三重)
[得点者]多田圭佑2
準決勝 0-1 静岡学園高(静岡)
■出場回数
3年連続10回目
■過去の最高成績
4強(09、17年度)
■その他、過去の主な全国大会成績
全国高校総体出場9回
■監督
高橋健二
■主将
DF長江皓亮(3年)
■今季成績
[総体](全国2回戦敗退)
県決勝 3-0 真岡高
全国1回戦 2-0 札幌一高(北海道1)
全国2回戦 1-1(PK2-3)丸岡高(福井)
[リーグ戦]
プリンスリーグ関東10位(2勝2分12敗、11月22日時点)
[新人戦](県優勝)
県決勝 1-0 佐野日大高
■予選成績
2回戦 2-1 大田原高
準々決勝 4-1 宇都宮白楊高
準決勝 2-1 宇都宮短大附高
決勝 1-1(PK4-3)佐野日大高
■都道府県予選決勝布陣&決勝メモ
[4-4-2]

   大貫翔平 多田圭佑
左合修土         柿崎貴翔
   新倉礼偉 在間太一  
加藤蒼大         坂本龍汰
   矢野息吹 長江皓亮 
       藤井陽登

[決勝メモ] 
 3年連続同一カードの決勝は一進一退の激戦となった。前半9分に佐野日大高に先制を許したが、後半9分、DF在間陽平(3年)のロングスローに抜け出したDF長江皓亮(3年)がヘッドで叩き込み、矢板中央が追いつく。1-1のまま80分、延長戦でも決着が付かず、PK戦に突入。先攻・佐野日大に2人目のキッカーが止められたが、矢板中央はGK藤井陽登(1年)がコースを読み切り、相手の2人目と5人目をストップ。最後は5人目の長江がきっちりと沈め、4-3で競り勝った矢板中央が3連覇を達成した。

■予選取材記者(編集部・佐藤)チーム紹介
3年連続の躍進目指す

 栃木県随一の強豪校に君臨し、17年度大会で過去最高タイの4強、昨年度も8強と2大会連続で上位に食い込んだ。今年も立ち位置は揺らがず、県3冠を達成。ただし、昨年は優勝したプリンスリーグ関東で一転、最下位に甘んじている。それでも、「去年の代と常に比べられてきた。悔しさが自分たちの原動力になって成長できた」とエースFW久永武蔵(3年)。主将でDFリーダーの長江皓亮(3年)を中心に全体の守備意識が高く、攻守に一体感がある。
 空中戦の強さは大会屈指。長江と矢野息吹(3年)のCBコンビ、ボランチの新倉礼偉(3年)と、180cmを越える“壁”が中央で跳ね返す。球際の強度も高く、フィジカルを生かした強固な守備組織を構える。堅守をベースに繰り出す攻撃は、迫力あるセットプレーが得点源。10番久永の投入で攻撃のスイッチが入り、前線が活性化する。ゴールマウスを預かるGK藤井陽登ら1年生も台頭。選手層を生かして流れを変える高橋健二監督のベンチワークもポイントだ。
■県予選取材記者(編集部・佐藤)注目選手
攻守の要を担う“闘将”
DF長江皓亮(3年)
「180cmの長身と跳躍を生かした打点の高いヘディングで攻守に制空権を握り、対人プレーにも強い。屈強なDFリーダーであり、チームの精神的支柱」

気迫溢れる矢板の10番
FW久永武蔵(3年)
「前線で起点となり、攻守にハードワークを完遂する。気迫を前面に出すエースは球際の強さと馬力を備え、周囲を生かしてゴールに絡む」

能力高い1年生守護神
GK藤井陽登(1年)
「鋭い反応からのシュートストップは抜群。予選決勝はPK2本を止めた。守備範囲が広く、クロス、ハイボールに勇気ある飛び出しを見せる」

■過去の全国大会成績
【18年度(8強)】
2回戦 2-1 日章学園高(宮崎)
3回戦 1-0 立正大淞南高(島根)
準々決勝 1-2 青森山田高(青森)
【17年度(4強)】
2回戦 3-2 三重高(三重)
3回戦 1-0 神村学園高(鹿児島)
準々決勝 1-0 日本文理高(新潟)
準決勝 0-1 流通経済大柏高(千葉)
【15年度(3回戦敗退)】
1回戦 2-1 大分高(大分)
2回戦 3-0 鳴門高(徳島)
3回戦 1-2 富山一高(富山)
【14年度(2回戦敗退)】
1回戦 3-2 松山北高(愛媛)
2回戦 1-1(PK3-5)流通経済大柏高(千葉)
【13年度(1回戦敗退)】
1回戦 2-3 四日市中央工高(三重)
【11年度(8強)】
2回戦 2-0 高川学園高(山口)
3回戦 1-1(PK5-3)國學院久我山高(東京B)
準々決勝 0-2 市立船橋高(千葉)
【09年度(4強)】
2回戦 1-0 近大和歌山高(和歌山)
3回戦 1-1(PK5-4)作陽高(岡山)
準々決勝 2-1 広島観音高(広島)
準決勝 0-2 山梨学院高(山梨)
【07年度(2回戦敗退)】
1回戦 3-1 大分鶴崎高(大分)
2回戦 0-1 三鷹高(東京B)
【04年度(2回戦敗退)】
2回戦 2-3 鵬翔高(宮崎)

■登録メンバーリスト
1 GK 溝口陽日(3年)
2 DF 坂本龍汰(2年)
3 DF 矢野息吹(3年)
4 DF 長江皓亮(3年)
5 DF 加藤蒼大(3年)
6 MF 靏見拳士朗(3年)
7 MF 新倉礼偉(2年)
8 MF 柿崎貴翔(3年)
9 MF 左合修土(3年)
10 FW 久永武蔵(3年)
11 FW 多田圭佑(2年)
12 GK 藤井陽登(1年)
13 DF 和久井翔(3年)
14 MF 内海歩夢(3年)
15 MF 宮野流斗(3年)
16 MF 在間太一(3年)
17 DF 三河和矢(2年)
18 FW 大貫翔平(3年)
19 MF 大畑凜生(1年)
20 MF 服部晃多(3年)
21 FW 西村碧海(3年)
22 GK 源関隆輔(3年)
23 DF 島崎勝也(1年)
24 MF 星景虎(1年)
25 FW 吉田一鳳(3年)
26 DF 小林正宗(3年)
27 MF 我妻晋太郎(3年)
28 MF 石神翼(3年)
29 MF 永山大翔(3年)
30 DF 森山駿(1年)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2019

【動画】『ウイイレ2020』GK徹底攻略!!マニュアルキーパーのコツ&ビルドアップ講座

【動画】『ウイイレ2020』GK徹底攻略!!マニュアルキーパーのコツ&ビルドアップ講座
『eFootball ウイニングイレブン2020』(ウイイレ2020)がついに開幕!!「レート1000への道」第17弾はゴールキーパーを徹底攻略。マニュアルキーパーのコツにゴールキックからのビルドアップを解説します。

 ウイイレを指導してくれる先生はJeSU(一般社団法人日本eスポーツ連合)認定のプロプレイヤーで、ウイイレ世界一を決める「PES LEAGUE WORLD FINAL」で3年連続世界ベスト8のMayageka。ゲキサカFC第1期生のカクケン、ARATAが師匠の教えを受け、オンラインディビジョンでレート1000を目指します。

★ゲキサカYouTubeチャンネル登録はこちらから

アザール「パリSGは何度も誘ってきたけどNo。仏リーグでプレーするなら…」

MFエデン・アザールがリーグアンを語る
 レアル・マドリーのベルギー代表MFエデン・アザールは自身がデビューを飾ったフランス・リーグアンについて語る。オファーがあったクラブ、そして移籍する可能性があるクラブを挙げた。21日、仏『レキップ』が伝えている。

 アザールはリールの育成組織で育ち、2007年にトップチームデビュー。10-11シーズンにはリーグ優勝を果たし、MVPにも選出された。12年にはチェルシーに加入してプレミアリーグに挑戦。7シーズンで通算352試合に出場して110ゴールをマーク。プレミアリーグを代表する選手にまで成長を遂げたアザールは、今夏にスペインに渡った。

 成長のきっかけとなったリーグアンへの思い入れを語るアザール。しかし現在首位を走るパリSGについては「プレーすることはない。彼らは何度も僕を誘ってきたけどね」と強調する。「リーグアンに戻るつもりはない。リールを除いてね。いつもパリSGにはNoと言ってきた」と語った。

 レアルと並んで今季のUEFAチャンピオンズリーグで優勝を争うことになるだろうパリSG。しかしアザールにとっては選択肢にはならない。「僕の頭の中ではすべてがクリアだ。チャンピオンズリーグで優勝できるチャンスがあるチームだとしても、それが一番の優先というわけじゃない。もしリーグアンに戻るとしたら、それはリールだけだよ」と自身のポリシーを明かした。

●フランス・リーグアン2019-20特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

C大阪が30日ホーム戦で「FIFA 20」イベントを実施! プロプレーヤー・つぁくとが挑戦者“全員抜き”目指す

プロプレーヤーのつぁくと
 セレッソ大阪は22日、J1第33節・清水エスパルス戦でサッカーゲーム「FIFA 20」が遊べるeスポーツイベントを実施することを発表した。

 クラブ公式サイトによると、今イベントは今月2日の第30節・松本戦が好評を博し、引き続き実施に。30日10時から長居球技場1Fエリアで開催される。特別ゲストには今年4月に行われた「FIFA19グローバルシリーズ eJ.LEAGUE SAMSUNG SSD CUP」でC大阪代表としてベスト4まで勝ち残ったプロプレーヤー・つぁくとが参加する。

 世界ランキング54位のつぁくとは「FIFA eワールドカップ 2019」の世界予選となる「FIFA19 グローバルシリーズ プレーオフ」にも出場。惜しくも本大会出場は叶わなかったが、日本有数のプレーヤーとして活躍を続けている。

 つぁくとは今回のイベントでステージで挑戦者と戦い、「全員抜き」を目指す。挑戦者は1人から3人まで同時参加が可能だという。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

相次ぐ新潟ベテラン選手の退団…MFチョ・ヨンチョルも契約満了「愛してる新潟」

新潟MFチョ・ヨンチョルが今季限りで退団に
 アルビレックス新潟は22日、MFチョ・ヨンチョル(30)の今季限りでの契約満了を発表。同日には矢野貴章小川佳純も退団が決定していた。

 韓国の年代別代表、そしてA代表にも選ばれているチョ・ヨンチョルは、2007シーズンに横浜FCに加入し、09シーズンから3年間を新潟でプレー。12シーズンから3年間大宮でプレーした後はカタールや韓国のクラブに移籍。19シーズンから再び新潟に加入していた。J1通算で164試合25得点を、J2では29試合1得点を記録している。

 クラブ公式サイトでは、チョ・ヨンチョルのコメントを掲載。「まずは、悲しいことでの挨拶となり、申し訳ございません!もっと長く新潟でプレーして、チームにもっと貢献したかったのですが実現できず、応援してくださった皆さんの期待に応えられず、すみませんでした」と謝罪を伝える。

「8年ぶりに、新潟に戻ることができて本当に幸せでした。新潟を離れた時から、いつかは絶対に新潟に戻りたい気持ちがあったので、今季またチームに加われたのは、ある意味、夢が叶う瞬間でした!」

「以前と変わらずに新潟サポーターの皆さんの温かい応援が伝わって幸せでした!今年、J1には昇格できませんでしたが、来年こそアルビがJ1に昇格することをどこかで応援しています!皆さん!あらためて、本当にありがとうございました!愛してる新潟」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

スペイン遠征に向かうU-15日本代表メンバーが発表! 神村学園中MF大迫塁など20名が選出

神村学園中MF大迫塁など20名が選出
 日本サッカー協会(JFA)は22日、スペイン遠征に参加するU-15日本代表メンバーを発表した。

 U-15日本代表は29日から遠征に出発する。「SPORTCHAIN CUP ALBIR U16」に参加し、2日にU-15メキシコ代表と、3日にU-15スペイン代表、4日にU-15イングランド代表と対戦。8日にはU-15ロシア代表と試合を行う。

 メンバーには夏に行われた第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」サッカー競技少年男子の部で活躍したMF大迫塁(神村学園中)やGK松原快晟(讃岐U-15)などが選ばれている。

以下、U-15日本代表メンバー
▼スタッフ
監督:森山佳郎
コーチ:廣山望
コーチ:星原隆昭
GKコーチ:高桑大二朗
コンディショニングコーチ:小粥智浩

▼メンバー
・GK
1 松原快晟(讃岐U-15)
12 上林真斗( FCラヴィーダ)

・DF
13 藤田崇弘(C大阪U-15)
6 植田悠太(京都サンガF.C.U-15)
2 東廉太(高川学園中)
3 池谷銀姿郎(横浜FCジュニアユース)
4 竹内諒太郎(FC.フェルボール愛知)
18 石川晴大(清水ジュニアユース)

・MF
5 梶浦勇輝(FC東京U-18)
10 山崎太新(横浜FCユース)
16 楢原慶輝(鳥栖U-15)
17 坂井駿也(ソレッソ熊本)
20 田中侍賢(清水ジュニアユース)
19 宮崎奏琉(FC東京U-15むさし)
8 北野颯太(C大阪U-15)
7 大迫塁(神村学園中)

・FW
11 鈴木大翔(G大阪ジュニアユース)
9 南野遥海(G大阪ジュニアユース)
14 内藤大和(甲府U-15)
15 伊藤猛志(磐田U-15)

ラストチャンス!!福袋3万円

【最終販売につき再入荷はございませんので無くなり次第終了となります。】 10万円相当の商品が入った、大変お買い得な福袋です。 ※画像はイメージです。各袋の中身はランダムとなっております。 【ご注文方法】 ※数に限りがございます為、無くなり次第終了となります。 ※ご注文後のキャンセルはお受けできません。 ※複数購入は可能ですが、同梱は出来ません。毎注文につき別途送料をいただいております。 ※複数購入希望の方は、複数のご注文をお願い致します。 ※他商品との同時購入はできません。 ※返品、交換はご遠慮いただいております。 ※通常商品につくノベルティは付属されません。(マグネット,カラビナ,クリアファイル等) 【発送方法】 ※1/14(火)より順次発送となります。土・日・祝日の発送は行っておりません。 ※お届けの指定日はお受けできません。 ※他の商品との同梱は致しません。 ※別途送料をいただきます。 【返品・交換について】 ※お客様によるご注文のミス、サイズの交換依頼等の返品・交換は一切お受けできません。
Posted in 未分類

福袋3万円

10万円相当の商品が入った、大変お買い得な福袋です。 ※画像はイメージです。各袋の中身はランダムとなっております。 【ご注文方法】 ※数に限りがございます為、無くなり次第終了となります。 ※ご注文後のキャンセルはお受けできません。 ※複数購入は可能ですが、同梱は出来ません。毎注文につき別途送料をいただいております。 ※複数購入希望の方は、複数のご注文をお願い致します。 ※他商品との同時購入はできません。 ※返品、交換はご遠慮いただいております。 ※通常商品につくノベルティは付属されません。(マグネット,カラビナ,クリアファイル等) 【発送方法】 ※1/7(火)より順次発送となります。土・日・祝日の発送は行っておりません。 ※お届けの指定日はお受けできません。 ※他の商品との同梱は致しません。 ※別途送料をいただきます。 【返品・交換について】 ※お客様によるご注文のミス、サイズの交換依頼等の返品・交換は一切お受けできません。
Posted in 未分類

【予約販売】HAPPY BAG 30000

10万円相当の商品が入った、大変お買い得な福袋です。 商品内容:アウター、トップス、ボトムス、インナー、フロアマット等の計7点となります。 【ご注文方法】 ※数に限りがございます為、無くなり次第終了となります。 ※先行受注となります為、ご注文のキャンセルはお受けできません。 ※複数購入は可能ですが、同梱は出来ません。毎注文につき別途送料をいただいております。 ※複数購入希望の方は、複数のご注文をお願い致します。 ※他商品との同時購入はできません。 ※返品、交換はご遠慮いただいております。 ※通常商品につくノベルティは付属されません。(マグネット,カラビナ,クリアファイル等) 【返品・交換について】 ※お客様によるご注文のミス、サイズの交換依頼等の返品・交換は一切お受けできません。 【発送方法】 ※年内12/26(木)より順次発送となります。土・日・祝日の発送は行っておりません。 ※お届けの指定日はお受けできません。 ※他の商品との同梱は致しません。 ※別途送料をいただきます。
Posted in 未分類

ラストチャンス!!福袋 1万5千円

【最終販売につき再入荷はございませんので無くなり次第終了となります。】 5万円相当の商品が入った、大変お買い得な福袋です。 ※画像はイメージです。各袋の中身はランダムとなっております。 【ご注文方法】 ※数に限りがございます為、無くなり次第終了となります。 ※ご注文後のキャンセルはお受けできません。 ※複数購入は可能ですが、同梱は出来ません。毎注文につき別途送料をいただいております。 ※複数購入希望の方は、複数のご注文をお願い致します。 ※他商品との同時購入はできません。 ※返品、交換はご遠慮いただいております。 ※通常商品につくノベルティは付属されません。(マグネット,カラビナ,クリアファイル等) 【発送方法】 ※1/14(火)より順次発送となります。土・日・祝日の発送は行っておりません。 ※お届けの指定日はお受けできません。 ※他の商品との同梱は致しません。 ※別途送料をいただきます。 【返品・交換について】 ※お客様によるご注文のミス、サイズの交換依頼等の返品・交換は一切お受けできません。
Posted in 未分類

福袋 1万5千円

5万円相当の商品が入った、大変お買い得な福袋です。 ※画像はイメージです。各袋の中身はランダムとなっております。 【ご注文方法】 ※数に限りがございます為、無くなり次第終了となります。 ※ご注文後のキャンセルはお受けできません。 ※複数購入は可能ですが、同梱は出来ません。毎注文につき別途送料をいただいております。 ※複数購入希望の方は、複数のご注文をお願い致します。 ※他商品との同時購入はできません。 ※返品、交換はご遠慮いただいております。 ※通常商品につくノベルティは付属されません。(マグネット,カラビナ,クリアファイル等) 【発送方法】 ※1/7(火)より順次発送となります。土・日・祝日の発送は行っておりません。 ※お届けの指定日はお受けできません。 ※他の商品との同梱は致しません。 ※別途送料をいただきます。 【返品・交換について】 ※お客様によるご注文のミス、サイズの交換依頼等の返品・交換は一切お受けできません。
Posted in 未分類

【予約販売】HAPPY BAG 15000

5万円相当の商品が入った、大変お買い得な福袋です。 商品内容:トップス、ボトムス、インナー、フロアマット等の計6点となります。 【ご注文方法】 ※数に限りがございます為、無くなり次第終了となります。 ※先行受注となります為、ご注文のキャンセルはお受けできません。 ※複数購入は可能ですが、同梱は出来ません。毎注文につき別途送料をいただいております。 ※複数購入希望の方は、複数のご注文をお願い致します。 ※他商品との同時購入はできません。 ※返品、交換はご遠慮いただいております。 ※通常商品につくノベルティは付属されません。(マグネット,カラビナ,クリアファイル等) 【返品・交換について】 ※お客様によるご注文のミス、サイズの交換依頼等の返品・交換は一切お受けできません。 【発送方法】 ※年内12/26(木)より順次発送となります。土・日・祝日の発送は行っておりません。 ※お届けの指定日はお受けできません。 ※他の商品との同梱は致しません。 ※別途送料をいただきます。
Posted in 未分類

東京V、今季途中就任の永井秀樹監督との契約を更新「夢は必ず叶うと信じています」

東京V、永井秀樹監督の契約を更新
 東京ヴェルディは22日、永井秀樹監督の契約を更新し、2020シーズンの指揮継続を発表した。

 永井監督は今季東京ヴェルディユースの指揮官を務めていたが、ギャリー・ジョン・ホワイト前監督が7月に退任したことで、東京Vの監督に就任していた。

 今季の東京Vは第41節終了時点で13勝13分15敗で13位。クラブ公式サイトを通じて、永井監督は選手やスタッフ、サポーター、スポンサーなどに感謝を示しつつ、今後への意気込みを語っている。

「我々は観ていただけるファン、サポーターの存在があるからこそ良いサッカーを追求する意味がありますし、ともに戦い喜べる素晴らしきヴェルディサポーター、ファンがいるからこそ前を向いて勇気を持って戦えております」

「我々の大切な目的は応援していただける皆様を楽しませること、感動させること。そしてヴェルディを誇りに思っていただけることです。東京ヴェルディを愛する皆様に誇りに思っていただけるチームになれますよう、さらにヴェルディらしいサッカーを追求し、魅惑的なサッカーで沢山の人々を幸せにできますよう、全身全霊懸けて取り組んでまいりたく思います」

「チームを支えていただいておりますスポンサー各社様、多くの関係者の皆様、ボランティアスタッフ、長きにわたり応援していただいております沢山のヴェルディファンの皆様、そして同志であるヴェルディサポーターの皆様とこの先100周年に続く新しいヴェルディの礎を作りつつ沢山の感動と喜びを共有していけたらと願い思います」

「夢なき者に理想なし。理想なき者に計画なし。計画なき者に実行なし。実行なき者に成功なし。ゆえに 夢なき者に成功なし」

「自分は、夢は必ず叶うと信じています。それを追求する勇気さえ持てば。ヴェルディファミリーで必ず!」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

JFAが社会貢献活動でAFCからゴールド受賞! 「アジアに真のインスピレーションを与えている」

JFAが社会貢献活動でAFCからゴールド受賞! 「アジアに真のインスピレーションを与えている」
 日本サッカー協会(JFA)は22日、10月30日にクアラルンプール(マレーシア)で行われた「AFC DREAM ASIA AWARDS 2019」で「Inspiring Member Association」カテゴリーのゴールドを受賞したことを発表した。同賞はサッカーを通じた社会貢献活動を表彰するもので、今年度は日本からJFAと日本障がい者サッカー連盟(JIFF)がNGOカテゴリーでゴールドを受賞。2つのゴールド受賞はAFCに加盟する46協会のうち日本のみになる。

 受賞したJFAは松田薫二氏(JFA技術部グラスルーツ推進グループ グループ長/JIFF専務理事がコメント。「ゴールドの受賞は、JFAが国内外で行った活動が最も社会に貢献していると評価されたもので、とても誇りに思います」と喜びを伝えた。

 ノミネートしたものは13の活動。サッカーを通じた復興支援「DREAM 福島アクションプラン」、暴力や暴言、ハラスメントのない健全なサッカー環境を実現させるための「JFA サッカーファミリー安全保護宣言」、天然芝のグラウンドを広げる「グリーンプロジェクト」、子どもたちに笑顔を届ける「JFA キリン・ビッグ・スマイルフィード」、夢を持つ素晴らしさを伝える「JFA こころのプロジェクト」、体育の授業を支援する「学校体育サポート」、「女子サッカーの普及活動」、貧困家庭の子どもたちに食品等を届ける「こども宅食」への協力などがある。

 松田氏は「日本各地の多くの人々の献身的な努力によって支えられています。この賞は活動に関わられた全ての方々へ授与されたものだと思いますので、皆さんと喜びを分かち合いたいと思います」とこのプロジェクトにかかわった関係者にメッセージを送った。

 AFCは今回の受賞について「『国連グローバル・コンパクト』に登録された世界で最初のスポーツ統括団体として、JFAは三つの柱――すべての人のためのスポーツであること、青少年の育成を通じてその可能性を最大化すること、そして人々のより良い生活と地域社会を構築すること――を軸に社会貢献に取り組んでいます。サッカーを通じたこれらの魅力的な活動によって、JFAはアジア連盟の会員に真のインスピレーションを与えています」と評価を語っている。

出場校チーム紹介:日大明誠高(山梨)

初の全国に挑む日大明誠高
第98回全国高校サッカー選手権

日大明誠高(山梨)

日大明誠高関連ニュース


日大明誠高写真ニュース

▼全国大会日程
1回戦 1-3 四日市中央工高(三重)
[得点者]齋藤康友
■出場回数
初出場
■過去の最高成績
-
■その他、過去の主な全国大会成績
全国高校総体出場3回
■監督
後藤聡志
■主将
FW鶴見來紀(3年)
■今季成績
[総体](県4強)
県準決勝 1-1(PK4-5)日本航空高
[リーグ戦]
山梨県1部リーグ8位(3勝3分8敗、第14節時点)
[関東大会予選](県8強)
県準々決勝 1-3 甲府商高
[新人戦](県8強)
県準々決勝 1-1(PK3-5)日本航空高

■予選成績
3回戦 4-0 甲府城西高
準々決勝 2-1 東海大甲府高
準決勝 3-2 韮崎高
決勝 1-0(延長)日本航空高
■都道府県予選決勝布陣図&決勝メモ
[4-2-3-1]

       鶴見來紀
黒田茉宙 五十嵐圭暉 渡邊隆之介
   加藤諒大  加藤友稀  
小名木駿         西野隼人
   足立和誠  齋藤康友
       二上彰太

[決勝メモ]
 昨年度の選手権でベスト8進出を果たした前回王者・日本航空高との一戦。ともに相手の守備を攻略し切れずに前半のシュートがゼロに終わり、後半もスコアが動かないまま延長戦に突入する。すると延長後半4分に待望の瞬間が訪れる。自陣から蹴り出されたロングボールにMF五十嵐圭暉(2年)が反応すると、相手2選手との競り合いを制して折り返す。走り込んだ途中出場のFW子安魁(3年)が右足シュートでネットを揺らして均衡を破る。その後は日本航空の反撃をしのいで1-0の完封勝利を収め、選手権の舞台に初めて辿り着いた。

■予選取材記者(編集部・折戸)チーム紹介
泥臭く、粘り強く!! 初の大舞台で「明誠らしさ」を!!

 22年ぶりにたどり着いた県予選決勝の舞台。相手は前回王者だった。「ウチはチャレンジャー。失うものは何もない」(後藤聡志監督)という姿勢で大一番に臨むと、延長戦までもつれ込む死闘を制して、初めて選手権への切符を手に入れた。県予選では4試合11得点を記録し、3試合で完封を成し遂げるなど攻守のバランスは抜群。攻撃をけん引するのは2年生ながら背番号10を託されるMF五十嵐圭暉だ。高いキープ力を生かしてボールを運び、試合状況に応じてパス、シュートを選択するクレバーさを併せ持つエースが好機を導く。また、準決勝・韮崎高戦のように劣勢となっても、DF西野隼人(3年)のロングスローで徐々に流れを引き寄せられるのは強みだろう。全国初戦の相手は名門・四日市中央工高(三重)。129名と県内最多となる部員をまとめるFW鶴見來紀主将(3年)は「泥臭く、粘り強くやるのが明誠らしさ。先を見据えずに一戦一戦勝ちにこだわって戦いたい」と初となる大舞台で初白星を目指す。
■予選取材記者(編集部・折戸)注目選手
攻撃に“違い”生み出す2年生エース
MF五十嵐圭暉(2年)
「2年生ながら背番号10を託される攻撃の軸。自らゴールを奪う力がありながらも、周囲を生かす判断力も秀逸」

目指すは勝利のみ、主将兼ムードメーカー
FW鶴見來紀(3年)
「豊富な運動量を武器にピッチ狭しと駆け回る主将。控えに回っても『勝利』のためにチームを盛り上げる」

どんな状況でも好機生むとっておきの“飛び道具”
DF西野隼人(3年)
「右サイドで上下動を繰り返して攻守に奮闘するSB。ゴール前まで易々と放り込むロングスローは大きな武器に」
■過去の全国大会成績
-
■登録メンバーリスト
1 GK 二上彰太(3年)
2 DF 小名木駿(2年)
3 DF 西野隼人(3年)
4 DF 足立和誠(3年)
5 DF 齋藤康友(3年)
6 MF 加藤友稀(3年)
7 MF 渡邊隆之介(3年)
8 MF 加藤諒大(2年)
9 FW 子安魁(3年)
10 MF 五十嵐圭暉(2年)
11 MF 黒田茉宙(3年)
12 DF 町田公信(3年)
13 DF 石井裕(3年)
14 DF 佐藤真翔(2年)
15 MF 大倉啓太(3年)
16 MF 安川智也(3年)
17 GK 高川亜門(3年)
18 MF 鵜沢崚平(3年)
19 MF 有泉宗馬(3年)
20 FW 鶴見來紀(3年)
21 GK 深澤蒼真(2年)
22 DF 酒井蓮人(3年)
23 DF 安達敬亮(1年)
24 DF 津田祐秀(1年)
25 MF 山本真太郎(3年)
26 MF 成澤槙之介(2年)
27 MF 渡辺響(3年)
28 MF 森川波瑠人(3年)
29 FW 江添弘規(2年)
30 FW 中島駿介(2年)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2019

鳥栖、ホーム最終戦での倖田來未スペシャルパフォーマンスが決定

倖田來未さんのスペシャルパフォーマンスが決定 ※写真は2017年のもの
 サガン鳥栖は22日、J1第33節・北海道コンサドーレ札幌戦にて女性シンガー・倖田來未さんのスペシャルパフォーマンスが行われることを発表した。

 ホーム最終戦となる札幌戦は11月30日14時キックオフ。クラブ公式サイトによると、倖田さんのパフォーマンスは選手入場前のピッチ中央(メインスタンド側)で行われる。

 また公式サイトでは、同日には鳥栖が勝利の際に設定される「勝利の女神賞」も発表。その試合において、一番輝いていた選手1名に倖田さんから賞が贈られる。

 倖田さんは公式サイトを通じ、「ホーム最終戦に呼んで頂いて大変光栄です。当日はサガン鳥栖勝利のために精一杯応援できればと思いますので、みんなで一緒に会場を盛り上げましょう!」と伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

徳島MF狩野に第二子誕生、「息子たちの記憶に残るまでサッカーを続けられるよう」

MF狩野健太に第二子誕生
 徳島ヴォルティスは22日、MF狩野健太(33)に第二子となる次男が誕生したことを発表した。

 クラブ公式サイトによると、第二子は11月11日に誕生。「母子ともに元気です。妊娠中もかわらず僕のサポートしてくれた妻と色々我慢して頑張ってくれた息子には感謝の気持ちしかありません。大好きな家族がまた1人増えて本当に幸せです」とコメントも掲載しており、「息子たちの記憶に残るまでサッカーを続けられるよう、さらに日々精進していこうと思いますので引き続き熱い声援よろしくお願いします」と今後の意気込みも伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

ラピド・ウィーンのFW北川航也、7月に入籍していた…SNSで発表

FW北川航也が7月に入籍していたことを発表
 オーストリア・ブンデスリーガのラピド・ウィーンに所属するFW北川航也(23)は22日、自身のツイッター(@kk260796)で7月に入籍していたことを発表した。

 北川は自身のツイッターで「7月に入籍してました!」と更新。「頑張ります。いい夫婦の日なのでね」と結婚相手と見られる画像とともに投稿している。

 北川は今年1月のアジアカップ日本代表メンバーにも選出。今夏には清水エスパルスからラピド・ウィーンに移籍していた。しかし9月25日の試合に先発出場すると、移籍後初ゴールを挙げたものの、その4分後に負傷交代。左足首の負傷で年内復帰は難しいと診断されていた。

●海外組ガイド

新潟、ベテラン続々退団…35歳小川佳純も契約満了「幸せな2年半でした」

MF小川佳純も今季限りで退団
 アルビレックス新潟は22日、MF小川佳純(35)と今季限りで契約を満了することを発表した。

 プロ入りした07年から名古屋に10シーズン在籍した小川は鳥栖を経て、2017年夏に新潟に加入した。クラブを通じて、以下のようにコメントしている。

「アルビレックス新潟の一員としてプレーさせてもらった2年半はとても幸せな時間でした。ただ、2017シーズン途中に加入して、J1リーグに残留させられなかったこと、その後の2シーズンでJ1リーグに昇格させられなかったこと、個人的にもプレータイムが短く、思うような結果を残すことができず、サポーターの皆さんの期待に応えられなかったことが、何よりも悔やしいです。

 それでも、サポーターの皆さんの温かさをはじめ、クラブを取り巻くさまざまなところで、クラブや選手への愛情を感じることができ、たくさんの方々から支えられていることを実感しながらサッカーに打ち込めた、幸せな2年半でした。最後の長崎戦を勝って締めくくれるように、一丸となって戦いましょう!応援よろしくお願いします!そして温かい応援、本当にありがとうございました!!」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2019年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

福岡、久藤清一監督の退任を発表…最終節がラスト「申し訳ない気持ちでいっぱい」

久藤清一監督の退任が発表された
 アビスパ福岡は22日、契約期間満了に伴い、久藤清一監督(45)が今シーズン限りで退任することを発表した。

 2018シーズンにトップチームのコーチに就任し、今年6月からはシーズン途中で退任したファビオ・ペッキア監督の後任として指揮を執った。以前はアカデミーのコーチ、監督も歴任していた。

 今季最終戦となる24日のJ2第42節鹿児島戦が最後の指揮。なお、来シーズンの監督は決まり次第発表される。クラブを通じて、以下のコメントを発表した。

「コーチとして1年半、監督として半年、2シーズンにわたり本当にありがとうございました。苦しい時、辛い時も変わらず、いつも声援を送り続けてくれたファンサポーターの皆様、ご支援いただいているスポンサー企業の皆様、アビスパに関わるすべての皆様へ、心より御礼申し上げます。そしてこの半年間、なかなか思うような結果が出せず、皆さんには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 アビスパは私にとっては特別なクラブです。大好きなクラブだからこそ強い覚悟と責任を持ってここまで戦ってきました。自分の力でチームを押し上げることができず、無念でなりません。残念ながらこの悔しさを来年、アビスパで晴らすことはできませんが、その思いはきっと選手たちが晴らしてくれると信じています。目標のJ1を目指して頑張ってほしいと思っています。

 そして我々にはもう1試合残っています。最終戦はこのメンバーで戦う最後の試合となります。気持ちを一つに、シーズン最後を勝利の笑顔で終われるようすべての力を出して全員で戦いたいと思います。どうぞ今シーズン最後まで力強い応援をよろしくお願いします」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

出場校チーム紹介:松本国際高(長野)

現校名で初の選手権出場を果たした松本国際高
第98回全国高校サッカー選手権

松本国際高(長野)

松本国際高関連ニュース


松本国際高写真ニュース

▼全国大会日程
1回戦 1-0 和歌山工高(和歌山)
[得点者]小林丈太郎
2回戦 1-2 四日市中央工高(三重)
[得点者]小林丈太郎
■出場回数
3年ぶり3回目
■過去の最高成績
3回戦敗退(16年度)
■その他、過去の主な全国大会成績
全国高校総体出場4回
■監督
勝沢勝
■主将
MF小川拓馬(3年)
■今季成績
[総体](全国1回戦敗退)
県決勝 1-0 松本一高
全国1回戦 2-3 高知高(高知)
[リーグ戦]
長野県1部リーグ2位(8勝4分2敗)
[新人戦](県優勝、18年12月)
県準決勝 3-0 岡谷東高

■予選成績
3回戦 3-0 飯田風越高
4回戦 4-1 赤穂高
準々決勝 5-0 駒ヶ根工高
準決勝 5-0 長野日大高
決勝 2-1(延長)上田西高
■都道府県予選決勝布陣図&決勝メモ
[4-5-1]
      務台廉
     木間皓太郎
清水文翔       江原尚
  青木文哉  宮嶋航大  
瀧澤大輔       原田夢人
  小山成格  中村純哉
      今井瀬那

[決勝メモ]
 18年4月に創造学園高から名称を変更後、初の決勝へと駒を進めた。待ち構えていたのは3年連続決勝進出の上田西高だった。前半をスコアレスで折り返すと、後半26分には上田西DF樋田蓮斗(2年)に先制を許してしまうが、ここから驚異的な粘りを見せた。後半アディショナルタイム、ハーフウェーライン付近からMF小川拓馬(3年)が蹴り出したFKをDF小山成格(3年)がヘディングで突き刺して試合を振り出しに戻す。さらに延長後半6分には、左サイドからMF小林丈太郎(3年)が送ったグラウンダーのクロスをMF馬淵金輝(3年)が蹴り込み、2-1の逆転勝利。校名変更後初の選手権出場を決めた。


■予選取材記者(編集部・折戸)チーム紹介
全国の舞台でリベンジ狙う“初出場”校

 創造学園高時代の16年度に2度目となる選手権出場を果たしており、松本国際に名称変更後も18年と19年の全国総体に2年連続で出場するなど実績は十分。そして、「松本国際はインターハイだけでなく、選手権も頑張れるんだという姿を見せたい」という勝沢勝監督の言葉を体現するように、松本国際として選手権“初出場”を決めた。
「今年の3年生は真面目。イコール絶対にあきらめない」(勝沢監督)という姿勢を見せ、延長までもつれ込んだ接戦を制した決勝を含めた予選5試合で19得点2失点。エースナンバーを背負うMF木間皓太郎(3年)がドリブル、キャプテンのMF小川拓馬(3年)が的確なパスでアクセントを加える、多彩なパターンを持つ破壊力抜群の攻撃力が大きな武器だ。今年度の総体では初戦で高知高(高知)に2-3で敗れて大会から姿を消した。「本当に悔しかったので、選手権では一つでも多く皆と戦いたい」(MF務台廉(3年))と、全国の舞台でのリベンジに燃えている。
■予選取材記者(編集部・折戸)注目選手
状況判断に優れた司令塔
MF小川拓馬(3年)
「キャプテンマークを託される状況判断に優れたプレーメーカー。中盤の底から的確に散らしてリズムもたらす」

攻撃の軸を担うナンバー10
MF木間皓太郎(3年)
「攻撃の軸となる背番号10。力強い突破で縦への推進力を生み出し、高い技術を生かしたプレーでゴールに迫る」

高い得点力も魅力のハイタワー
MF小山成格(3年)
「185cmの長身を生かして相手攻撃をはね返すハイタワー。セットプレーからの高い得点力も大きな魅力」
■過去の全国大会成績
【16年度(3回戦敗退)】
2回戦 1-1(PK4-2)広島皆実高(広島)
3回戦 0-3 正智深谷高(埼玉)
【08年度(1回戦敗退)】
1回戦 2-3 香川西高(香川)

■登録メンバーリスト
1 GK 山田一輝(3年)
2 DF 中村純哉(3年)
3 DF 瀧澤大輔(3年)
4 DF 小山成格(3年)
5 MF 宮嶋航大(2年)
6 DF 原田夢人(3年)
7 MF 青木文哉(3年)
8 MF 江原尚(3年)
9 FW 小林丈太郎(3年)
10 FW 木間皓太郎(3年)
11 FW 務台廉(3年)
12 GK 今井瀬那(3年)
13 DF 西牧淳(3年)
14 MF 小川拓馬(3年)
15 FW 馬淵金輝(3年)
16 MF 清水文翔(3年)
17 DF 伊東宙(3年)
18 MF 舟木渉(2年)
19 DF 宮嶋歩(2年)
20 FW 二木陽(2年)
21 MF 篠原ユウタ(3年)
22 DF 柳平強(2年)
23 GK 矢口惇英(2年)
24 FW 山崎陽生(2年)
25 DF 押山光希(2年)
26 DF 尾崎風斗(3年)
27 MF 倉持陸(2年)
28 FW 中山恵叶(2年)
29 MF 川瀬蒼馬(3年)
30 DF 堀内陸(3年)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2019

来年1月の巻誠一郎引退試合、羽生直剛氏ら出場メンバー5人が決定

昨季限りで現役引退した巻誠一郎氏
 ロアッソ熊本は22日、巻誠一郎氏の引退試合に出場する選手が決定したことを発表した。

 昨シーズン限りで現役を引退した巻氏の引退試合は2020年1月13日にえがお健康スタジアムで開催される。22日時点で出場が決まったのは、羽生直剛氏、中島浩司氏、中西永輔氏、西紀寛氏、土屋征夫氏。

 ジェフユナイテッド千葉でプロキャリアをスタートさせた巻は、そこでイビチャ・オシムの下で成長を遂げ、2006年ドイツW杯メンバーに選出された。その後はアムカル・ペルミ(ロシア)、深セン紅テン(中国)を経て、11年に東京ヴェルディに加入。14年にロアッソ熊本に移籍し、18年シーズンを持って現役を引退した。

以下、詳細が掲載されている熊本の公式サイト
http://roasso-k.com/news/news_view.htm?id=5360

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「この7年間が少しでも…」長崎、35歳DF高杉と契約更新せず

 V・ファーレン長崎は22日、契約満了に伴いDF高杉亮太(35)と来季契約を更新しないことを発表した。

 髙杉は13年に愛媛から長崎に加入し、19年まで7シーズン在籍した。今季は15試合1得点。今後については決まり次第発表するという。クラブを通じて、以下のコメントを発表した。

「長崎に来て7年、辛いときも幸せなときも全てが最高の時間でした。自分では見ることのできない多くの景色を見させてもらいました。それはV・ファーレン長崎に関わる方々、ともに戦った仲間、そして多くのサポーターの支えがあったからです。本当にありがとうございました。助けてもらったこのチームに自分が恩返しできたのかはわかりませんが、必死になってやってきたこの7年間が少しでも力になれていたのなら嬉しいです。

 このクラブはとてつもないスピードで成長していますが、まだまだ支えが必要です。皆さんの熱い想いと力で『J1』、そして『世界』へ羽ばたくことを信じています。たくさんの熱い声援ありがとうございました。V・ファーレン長崎とこの街が大好きです。このエンブレムを胸にまだまだ戦えます。リーグ最終節、天皇杯勝ちましょう」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2019年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

いわきFCのJFL昇格が決定!! 全国地域CL連勝、第3戦を残して2位以内が確定

JFL昇格を決めたいわきFC(写真は今年2月のハワイ遠征のもの)
 いわきFCがJFL昇格を決めた。東北社会人リーグ1部のいわきFCは22日、Jヴィレッジで行われた全国地域サッカーチャンピオンズリーグ第2戦でおこしやす京都ACに1-0で勝利。唯一2連勝を飾ったいわきFCは第3戦を残して2位以内が確定し、JFL昇格を決めた。

 後半2分、クロスボールをGKが弾くと、そのこぼれ球にDF日高大が反応。右足ボレーをゴール左に突き刺し、豪快な先制ゴール。この一点を守り抜いたいわきFCが2連勝を飾った。

 また、北信越リーグ1部を制した福井ユナイテッドの3位以下も確定した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2019年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

大分高が県内3冠で全国へ…初戦は矢板中央戦(20枚)

大分高が2年連続県内3冠を達成
[11.17 高校選手権大分県予選決勝 大分4-0(延長)柳ヶ浦 昭和電ド]

 第98回全国高校サッカー選手権大会の大分県予選決勝が17日に昭和電工ドームで行われ、大分高柳ヶ浦高を延長戦の末に4-0で下し、2年連続11回目の全国大会出場を決めた。

●【特設】高校選手権2019

柳ヶ浦は2年連続準V、総体予選に続き大分に延長戦で屈す(17枚)

柳ヶ浦は2年連続準優勝
[11.17 高校選手権大分県予選決勝 大分4-0(延長)柳ヶ浦 昭和電ド]

 第98回全国高校サッカー選手権大会の大分県予選決勝が17日に昭和電工ドームで行われ、大分高柳ヶ浦高を延長戦の末に4-0で下し、2年連続11回目の全国大会出場を決めた。

●【特設】高校選手権2019

名古屋、老朽化進む『聖地瑞穂』を建て替えへ…2020シーズンをもって休場

老朽化のため瑞穂公園陸上競技場は建て替えへ
 名古屋グランパスは22日、本拠地・瑞穂公園陸上競技場(パロマ瑞穂スタジアム)の建て替え工事を行うことを発表した。

 82年の建て替えから30年以上が経過し、施設の老朽化が進んでいることから今回の建て替えが決まった。これに伴い、2021年度より瑞穂公園陸上競技場が休場に入る。名古屋のホームゲームは2021シーズンより建て替え工事終了まで開催不可となる。

 クラブを通じて、小西工己代表取締役社長が以下のコメントを発表している。

「1993年のJリーグ開幕以来、数々の名勝負を繰り広げてきたパロマ瑞穂スタジアムですが、このたびの建て替え工事に伴い、2020シーズンをもって、しばらくの間お別れとなります。振り返れば、この27年間、歓喜のときも苦しいときも『聖地瑞穂』は常に名古屋グランパスと共にありました。

 クラブの歴史、そしてグランパスファミリーの皆さんの人生そのものでもある瑞穂公園陸上競技場が、また素晴らしいスタジアムとして生まれ変わり、再び名古屋グランパスと共に歩みだす日を心待ちにしています」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2019年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

野澤に続いて…新潟、35歳矢野貴章の契約満了を発表「3度もプレーする機会を…」

FW矢野貴章が新潟を退団
 アルビレックス新潟は22日、FW矢野貴章(35)と今季限りで契約を満了することを発表した。

 03年に柏でキャリアをスタートし、06年に新潟に加入。10年南アフリカW杯に出場すると、その夏にブンデスリーガのフライブルクへ移籍した。12年に新潟に復帰すると、13年から4シーズンは名古屋に在籍。17年に新潟に復帰したが、そのシーズンにJ2降格が決定した。今季はJ2リーグ31試合に出場し、2得点をマーク。クラブを通じて、以下のようにコメントしている。

「まず、アルビレックス新潟の一員として、3度もプレーする機会を与えていただいたことを本当に幸せに思います。ありがとうございました。今年もチームメイトやスタッフ、そしてサポーターやクラブに関わるすべての人と共に、目標に向かって戦えたことは幸せでした。しかし、J1昇格を達成する力になれず、申し訳ありません。

 どんなときも、チームのために何ができるのだろうかと、常に自分と向き合って考えてきました。このようにサッカーに対して真摯に向き合ってきたのは、僕のプライドであり、愛するクラブ、愛する街、愛する人々がいたからです。一生涯忘れることのない、たくさんの思い出を皆さんにプレゼントしていただきました。心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2019年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

三好が2戦連続スタメン、久保裕也は欠場…延期試合はアントワープが制す

MF三好康児は2試合連続でスタメン
[11.21 ベルギー・リーグ第5節延期分 アントワープ3-2ゲント]

 ベルギー・リーグ第5節延期分が21日に行われ、MF三好康児の所属する6位アントワープはホームでFW久保裕也所属の2位ゲントと対戦し、3-2で勝利を収めた。三好は加入後リーグ戦初先発を果たした10日の第15節クラブ・ブルージュ戦(○2-1)に続いてスタメン起用され、後半32分までプレー。久保はベンチ外だった。

 アントワープは前半21分にゲントのカウンターからFWロマン・ヤレムチュクに先制ゴールを許したが、同25分に三好が絡んで同点に追いつく。PA左脇からFWイボ・ロドリゲスが低めのクロスを送ると、ニアの三好がスルー。PA内中央にフリーで入ったFWディウメルシ・ベズア・ムボカニが右足で豪快なシュートを放ち、ゴール左に叩き込んだ。

 前半31分にはI・ロドリゲスのシュートがPA内のDFの腕に当たり、PKを獲得する。同33分、キッカーのMFリオル・ラファエロフが右足でゴール右に沈め、2-1と逆転して前半を折り返した。

 ハーフタイム明けからもアントワープの勢いは続く。後半3分に左からのクロスをムボカニが頭で押し込み、ダメ押しの3点目を奪取。三好は3-1の同32分にDFシメン・ユクレレッドと交代した。

 アントワープは後半アディショナルタイム4分にゲントのFWジョナサン・デイビッドに1点を返されたが、3-2で逃げ切りに成功。首位クラブ・ブルージュ、2位ゲントと上位チームを連続で撃破し、2連勝で4位に順位を上げた。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集

モウリーニョ&イブラヒモビッチがトッテナムで“再タッグ”か

ジョゼ・モウリーニョ氏とFWズラタン・イブラヒモビッチ
 トッテナムの新監督に就任したジョゼ・モウリーニョ氏がFWズラタン・イブラヒモビッチの獲得を検討していると、英『テレグラフ』が伝えている。

 現在トッテナムはプレミアリーグ第12節を終え、3勝5分4敗の勝ち点14で14位に沈んでいる。報道によると、モウリーニョ新監督は低迷を打破する戦力補強として、トッテナムにイブラヒモビッチを迎え入れる準備を進めるようだ。

 2人の師弟関係はインテル時代に始まり、2016年夏から2年間はマンチェスター・ユナイテッドでタッグを組んだ。ユナイテッド時代、モウリーニョ監督の信頼を得たイブラヒモビッチは46試合26ゴールと活躍し、復活を遂げた。

 イブラヒモビッチはユナイテッドからLAギャラクシーに移籍し、直近2シーズンはMLSでゴールを積み上げている。12月に契約満了を迎えるため、去就が注目されているが、最も獲得に迫っているのはセリエAのミランだ。

 モウリーニョ監督は就任記者会見で「大きな変化は望んでいない。5年半、ポチェッティーノ監督が培ったベースを尊重したい」と言及。大きな変化を与えないという方向性を示しつつも、戦力補強は求める旨を明らかにしている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

トッテナム前監督、ロッカールームに惜別メモ「君たちはいつも心の中に…」

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ前監督
 トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ前監督は解任が決まった直後、ロッカールームのホワイトボードに選手たちへのメッセージを残していったようだ。アシスタントコーチを務めていたヘスス・ペレス氏がツイッター(@jesus_perez)を通じて明かしている。

 ポチェッティーノ前監督は2014年夏からトッテナムを指揮。初年度こそプレミアリーグ5位だったものの、翌シーズンからは3位、2位、3位、4位という好成績をキープし、欧州CL常連クラブに導いたほか、昨季はクラブ史上初の欧州CL決勝進出も果たし、クラブ史に残る実績を残した。

 それでも今季は第12節終了時点で14位に沈んでおり、クラブは監督交代を決断。19日に解任が発表され、後任にはジョゼ・モウリーニョ氏が就くことに決まった。

 同日は国際Aマッチウィーク中ということもあり、FWハリー・ケインをはじめとする中心選手たちは代表チームでの活動中。そのため直接別れの挨拶を交わすことはできず、ポチェッティーノ前監督はホワイトボードに書き置きをしておくことにしたようだ。

「大きな感謝を君たちへ。僕たちはさよならを言うことなんてできない。君たちはいつも私たちの心の中にいるでしょう」。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

「ウェールズ、ゴルフ、レアルの順」物議のベイルに対し、レアル元会長が“移籍願い”

ウェールズのEURO本戦出場を喜ぶMFガレス・ベイル
 2006年から09年にかけてレアル・マドリーの会長を務めていたラモン・カルデロン氏はウェールズ代表FWガレス・ベイルがトッテナムに戻るべきだと主張しているようだ。イギリス『BBC』が伝えている。

 ベイルは今月19日、欧州選手権(EURO2020)予選のハンガリー戦に出場し、逆転での本戦出場権獲得に大きく貢献。試合後にはサポーターが持っていた「ウェールズ、ゴルフ、レアル、この順番」と記されたジョークまじりのフラッグを掲げたことで、スペイン国内で物議を醸していた。

 これについて、カルデロン氏はトッテナムへの移籍が「誰にとっても良い解決策になる」と主張。古巣にはかつてR・マドリーを指揮し、ベイルを気に入っているとされるジョゼ・モウリーニョ監督が就任したことも追い風と捉えているようだ。

 また「彼がベルナベウに姿を現せば、彼にブーイングを浴びせるなど、受け入れられないという人々もいるだろう」とサポーターの気持ちを代弁。また言語的な障壁、マスコミとの不和も例に挙げ、R・マドリーとの別れを煽っている。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

広州富力ストイコビッチ監督「不適切発言」で3試合停止か

ドラガン・ストイコビッチ監督
 広州富力のドラガン・ストイコビッチ監督が中国代表チームに対して「不適切な発言」をしたとして、シーズン残り3試合の指揮停止処分が下されたようだ。中国メディア『新浪体育』など複数メディアが現地記者のSNS投稿をもとに伝えている。

 記事によれば、ストイコビッチ監督は同クラブ所属のDFタン・ミャオが中国代表メンバーに選出されたことについて「これは彼にとって良い知らせだ。しかし、中国にはいくつの代表チームがある?Bチーム?それともCチーム?私には分からない」と述べたことが理由とされている。

 その後、ストイコビッチ監督は「皮肉ではなかった。自分の選手がリッピ監督のチームに招集されたのか、他のチームに招集されたのか本当に分からなかった」と釈明。そのうえで、中国で4年間にわたって指揮を執っている立場から、発言の真意を理解するよう求めている。

本田圭佑は初陣スタメンへ!「ケイスケはロボット」「疑う余地ない」と指揮官絶賛

フィテッセに加入したMF本田圭佑
 フィテッセに加入した元日本代表MF本田圭佑だが、24日に行われる敵地でのスパルタ・ロッテルダム戦でさっそく先発出場するようだ。オランダメディア『NOS』などがレオニード・スルツキ監督の意向を伝えている。

 昨季限りでメルボルン・ビクトリーを退団していた本田は今季、しばらく無所属の立場が続いていたが、今月6日にフィテッセ加入を発表。20日には労働許可証が得られたことも公表され、いよいよオランダ復帰戦に向けて秒読み態勢が整っていた。

 スルツキ監督は「彼は良いコンディションにある。疑う余地はない」として先発起用を明言。昨季まで期限付き移籍で加入していた元レアル・マドリーのMFマーティン・ウーデゴーアを引き合いに出し、「彼のように中盤と前線をつなぐプレーヤーが必要だったが、ケイスケにはそれができる」と信頼を語っている。

 また「ケイスケはロボットだ。食事、睡眠、トレーニング、準備、コンディションなど全てが適正だ」と絶賛。CSKAモスクワ時代にも関わってきた愛弟子に「スピードはなかったね」とジョークも飛ばしつつも「速い選手ではないが、残りは素晴らしい」と称えている。

 オランダ・エールディビジは第13節を終えており、フィテッセは現在5位。首位のアヤックスとはすでに勝ち点12ポイント差となっているが、2位のAZ(DF菅原由勢が所属)とは6ポイント差、3位のPSV(MF堂安律が所属)とは1ポイント差につけており、日本人同士での上位対決が見られそうだ。

●オランダ・エールディビジ2019-20特集
●海外組ガイド
●堂安、板倉の試合も!!“初月無料”DAZNでハイライト配信中

AFC、鹿島に罰金1500ドルの懲戒処分

ACL準々決勝第1戦、後半開始前の鹿島アントラーズ
 アジアサッカー連盟(AFC)が発表していた資料によると、鹿島アントラーズに1500米ドル(約16万3000円)の罰金が課されていたようだ。処分は10月23日付。懲戒事由は8月28日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第1戦のアウェー広州恒大戦で、後半のキックオフ時間が遅れたためとされている。

 また広州恒大には5000米ドルの罰金が課された模様。同クラブは10回目の常習違反となったため、金額が加重されている。その他、アルナスル(サウジアラビア)、アルワフダ(UAE)、アルアリサウジ(サウジアラビア)、アルサッド(カタール)、アルジャジーラ(ヨルダン)にも同様の事由による懲戒処分が行われている。

 また、鹿島のホームで行われた9月18日の準々決勝第2戦・広州恒大戦では、広州恒大のチームがキックオフ90分前にスタジアム入りしなかったとして、同クラブに罰金1500米ドルの処分。これも3度目の常習違反となったため、金額が加重されているという。

●ACL2019特設ページ

J3長野、横山監督の来季続投を発表「なかなか思うような結果が出ず…」

横山雄次監督
 AC長野パルセイロは22日、横山雄次監督が来季も引き続き指揮を執ることが決まったと発表した。同監督は今季から就任したが、チームは31試合終了時点で2014年のJ3リーグ昇格以来過去最低の11位に沈んでいる。

 横山監督はクラブの公式サイトを通じ、以下のコメントを発表している。

「令和元年台風19号によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りし、ご遺族の皆様に心よりお悔やみ申し上げます。また、被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日でも早く復旧・復興が進みますことを心よりお祈り申し上げます。

 この度、来シーズンも引き続き監督を務めさせていただくこととなりました。来シーズンも指揮を執れることに喜びと責任を感じると共に、チャンスをいただいたクラブに感謝しています。今シーズンはなかなか思うような結果が出ず、パルセイロのファン・サポーターの皆様の期待を裏切ってしまい申し訳なく思っています。

 来シーズンはその悔しさや経験を踏まえ、チームとしての結果を追求しながら、選手がピッチで躍動し、ファン・サポーターの皆様が応援しがいのある、魅力のあるチームになるよう全力を尽くします。

 パルセイロのファン・サポーターの皆様、また株主・スポンサーの皆様におかれましては、引き続きのご支援、ご声援をよろしくお願いいたします」。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

モウリーニョ新監督「同じ過ちは繰り返さない」「今季の優勝はない」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ新監督
 トッテナムの新指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ氏は最初の公式会見の場で「私は間違いを犯していたことに気づいた」とした上で「同じ過ちを犯すつもりはない。新しい過ちを犯すだろうが、同じではない」と述べたようだ。イギリス『BBC』など複数メディアがその模様を伝えている。

 かつてポルト、インテルでUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)を制し、チェルシーやレアル・マドリーでもリーグタイトルを獲得してきたモウリーニョ氏。昨年12月にマンチェスター・Uの監督を解任されて以降は監督キャリアで最も長く無所属の状態だったが、今月20日にトッテナムの監督就任が発表された。

 そうして臨んだ最初の公式会見、モウリーニョ氏は「私は謙虚だ。キャリアについて十分に分析するほど謙虚であり、それは昨季のことだけではない。進化したこと、問題が起きたこと、解決したこと、全てが対象だ。それは他の誰のせいでもない」と述べ、自らの過去を振り返ったことを明かした。

 その上で「それは素晴らしいものだった」と無所属の期間を総括。「私はそれらの分析に本当に深く取り組み、休息は非常にポジティブなものだった。仕事をしなかった初めての夏であり、プレシーズンの間は少し喪失感もあった」と述べ、新たな役割に期待を示した。

 トッテナムは現在、プレミアリーグ第12節を終えて3勝5分4敗の勝ち点14で14位に沈んでいる。それでも「私にとって最高のプレゼントだ。新たなプレーヤーは必要ない」と現状の選手層に前向き。「彼らとの時間がもっと必要だ。私は彼らと対戦したことで彼らのことをよく知っているが、あなたたちは十分に知らない」とうまく活かしていく姿勢を示した。

 もっとも、直近のシーズンについては「われわれは今季、プレミアリーグで優勝することはない」と現状を受け止める。そのうえで「しかし、来季は優勝することができる。『優勝するだろう』ということではない。『優勝することができる』ということだ」と語り、未来を見据えた戦い方をすることも示唆した。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中