旭川実から5発も後半失速…気を引き締めるFC東京U-18、昨年の悔しさ晴らす舞台へ

先制点を決めたFC東京U-18のMF常盤亨太(2年)
[12.13 プレミアPO1回戦 FC東京U-18 5-0 旭川実 広域第一]

 来季からのプレミアリーグ昇格をかけた高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2019プレーオフの1回戦が13日に行われた。広島広域公園第一球技場で行われたFC東京U-18(関東1/東京)と旭川実高(北海道2)の一戦は、MF常盤亨太(2年)の先制点を皮切りに5点を奪ったFC東京が大勝した。

 1年でのプレミアリーグ復帰を狙うFC東京が幸先の良いスタートを切った。しかし、前半10分にゴール前でのこぼれ球からFW小林里駆(3年)がシュートを放つも、以降はGK桑島瑠司(3年)を中心に落ち着いた守りを見せた旭川実を崩せない場面が続いた。

 それでも、小林とFW宮田和純(3年)の2トップを起点に、MF金誠敏(3年)とMF角昂志郎(2年)の両翼がサイドを仕掛けてチャンスを演出。28分に左CKから常盤がヘディング弾を決めて先制すると、43分には右CKを小林が頭で合わせて2点目をマーク。前半アディショナルタイム1分にも左CKから常盤がゴールネットを揺らした。

「緊張感のあるゲームなので、前半は0-0かもしれないと思っていた。よく前半のうちに点が獲れた。うちは上手いチームじゃないので泥臭くセットプレーで点を獲らないと勝てない。自分たちの特徴を上手く出してくれた」と振り返るのは中村忠監督。前半のうちに試合の大局を決めたFC東京は後半に入ってからも、攻撃の手を緩めない。5分には左からのカットインを狙った小林がPA内で倒され、PKを獲得。小林が自ら決めて4点差まで引き離した。

 効率良くゴールを積み重ねてきたFC東京だが、ここからは5人のメンバーを替えたことと大差による気の緩みからミスが散見。後半32分には、途中出場の旭川実MF齊藤莞太(3年)にフリーでシュートを打たれるなどしたが、中村監督が「自分たちの今年の強みは守備。プリンスでも最少失点だったので、集中力を切らさず全員で守備すれば、失点することはない」と評する守備が堪えて無失点を維持。アディショナルタイム3分にはDF大森理生(2年)が5点目を奪い、5-0で試合を終えた。

 大勝にも関わらず、試合後のFC東京の選手に笑みは少ない。「プレミアに上がることを目標にする中で初戦をしっかり勝てたのは大きいけど、後半の内容が次に繋げるのは難しい。次は締まったゲームになると思うので、後ろから集中を保ちたい」と、最後尾からチームメイトを見てきたGK野澤大志ブランドン(2年)は話す。

 選手が気を引き締めるのは、昨年にプレミア降格を味わった選手が多いためだ。この1年は例年以上にU-23でプレーする選手が多く、チーム作りは難しかったが、代わりにU-18チームで出場機会を掴んだ選手が奮闘することでカバーしてきた。

 チームをけん引してきた小林は「昨年はずっと試合に出ていたのに、最終節は怪我で出られなかった。外から応援して、皆が降格を悔しがっている光景を見た。あの光景があったから、今年は1年でまたプレミアに戻ろうと頑張れた」と口にする。

 後半の失速を課題として挙げた中村監督も、「昨年、試合に出て悔しい想いをした選手もいるので、次の試合で全部出し切り勝ち切って欲しい」と選手にエールを送る。続く、2回戦のモンテディオ山形ユース(東北1/山形)戦でも白星を手にして、喜びを爆発させる姿を見せてくれるはずだ。

(取材・文 森田将義)
●高円宮杯プレミアリーグ2019特集
●高円宮杯プリンスリーグ2019特集

「仙台大は松尾だけじゃない!」初戦3発快勝、2回戦は中央大と激突(20枚)

仙台大が初戦を突破
[12.11 大学選手権1回戦 仙台大3-0桃山学院大 AGFフィールド]

 第68回全日本大学サッカー選手権大会の1回戦が11日に行われ、AGFフィールドの第2試合では仙台大(東北1)が桃山学院大(関西4)に3-0で勝利し、初戦を突破した。14日の2回戦では中央大(関東5)と対戦する。

●第68回全日本大学選手権(インカレ)特集

青森山田で全国制覇経験、仙台大3年生キャプテン嵯峨理久が全3得点演出(5枚)

3年生キャプテンのMF嵯峨理久(3年=青森山田高)が全3得点にからむ活躍
[12.11 大学選手権1回戦 仙台大3-0桃山学院大 AGFフィールド]

 第68回全日本大学サッカー選手権大会の1回戦が11日に行われ、AGFフィールドの第2試合では仙台大(東北1)が桃山学院大(関西4)に3-0で勝利し、初戦を突破した。14日の2回戦では中央大(関東5)と対戦する。

●第68回全日本大学選手権(インカレ)特集

長崎内定FW毎熊を擁す2季連続出場の桃山学院大、今季は初戦敗退(20枚)

MF鈴木大貴(4年)が大宮ユースの後輩DF蛭田大輝(3年)の肩を抱く
[12.11 大学選手権1回戦 仙台大3-0桃山学院大 AGFフィールド]

 第68回全日本大学サッカー選手権大会の1回戦が11日に行われ、AGFフィールドの第2試合では桃山学院大(関西4)が仙台大(東北1)に0-3で敗れた。

●第68回全日本大学選手権(インカレ)特集

「勉強になることばかり」“怪物”平山相太コーチ、仙台大でMF松尾ら指導(5枚)

ベンチに座る平山相太コーチ
[12.11 大学選手権1回戦 仙台大3-0桃山学院大 AGFフィールド]

 第68回全日本大学サッカー選手権大会の1回戦が11日に行われ、AGFフィールドの第2試合では仙台大(東北1)が桃山学院大(関西4)に3-0で勝利し、初戦を突破した。14日の2回戦では中央大(関東5)と対戦する。

●第68回全日本大学選手権(インカレ)特集

前回E-1は第2戦で負傷離脱…MF大島僚太「喜びと責任を噛みしめて」

日本代表MF大島僚太(川崎F)
 日本代表MF大島僚太(川崎F)にとっては2度目のE-1選手権。前回大会では第2戦・中国戦の前半に負傷交代という悔しい記憶もよぎる中、タイトル獲得に向けた意気込みを示した。

「一つは怪我なく練習と試合をできればというところ。また前回は(最終戦の韓国戦に)負けてタイトルを取れなかったので、今回タイトルを取るというのは監督も最初に掲げているところ。シーズンとしてはオフではあるけど、(サッカーが)できる喜びと責任を噛みしめてピッチで全員で表現できれば」。

 同年代が多かった前回大会とは対照的に、今回はDF佐々木翔(広島)、MF仲川輝人(横浜FM)に続く3番目の年長選手という立場。それでも「思っていることをピッチで話すことはいつもと変わらない」といい、試合に向けても「出たら頑張ろうという気持ちでしかない」と表情を崩さない。

 そんな大島は中国との第1戦を「自分が出たら……というよりは普通に応援しながら」見ていた様子。一方で「チームとしての反省もあったので。僕自身このシステムはあまりやったことがないし、ああこういう反省だったんだという自分が思うところとのすり合わせはした」とプレービジョンは徐々に鮮やかになっているようだ。

 これまでのフォーメーション練習から察する限り、ダブルボランチを組むのは同僚のMF田中碧(川崎F)。「一緒に出ることになれば、分かり合えている部分もあると思う。ただ、2人だけでもないので、いろんな人ともコミュニケーションを取ってやりたい」。川崎Fでのスタイルを持ち込むだけでなく、A代表仕様のプレーを見せていく構えだ。

(取材・文 竹内達也)
●EAFF E-1選手権2019特集ページ

[MOM3083]富山一GK中村純四郎(3年)_キャッチ技術の基礎はドッジボールにあり。PKも止める大活躍!

PK戦2人目、富山一高GK中村純四郎が読み切ってストップ
[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[12.13 プレミアPO1回戦 JFAアカデミー福島U-18 0-0(PK2-4)富山一高 コカ広島ス]

 ドッジボールで磨かれたキャッチングと瞬発力。富山一高はJFAアカデミー福島U-18にシュート計17本を打たれたが、GK中村純四郎(3年)が安定したキャッチングや思い切りの良い飛び出しで防ぐなど110分間を無失点で終えた。そして、中村はPK戦2人目をストップ。勝利の立て役者となった。

 PK戦で中村は4人全ての方向を当てて相手にプレッシャーを掛けた。その結果、1人目のシュートはクロスバーをヒット。2人目は読み切ってセーブしている。これについて中村は「事前に昨日の夜、GK3人いるんですけれども、You Tubeとかに相手の試合が載っていたので、それでデータ作って何番はどっち蹴ると分析していました」と説明。そのデータを活躍に繋げた中村は、GK仲間に感謝していた。

 この日は動き出し巧みなJFAアカデミー福島に富山一DF陣は幾度か背後を取られていた。だが、中村が思い切りよく飛び出して対応。決して完璧ではなかったものの、守備範囲良く守り、また相手のシュートに対してゴール前でファンブルしなかったことも大きかった。

 中村は小学生時代、サッカー同様に「本気で」ドッジボールに取り組んでいたのだという。県大会では準優勝したほどの実力の持ち主。「(ドッジボールは)だいぶ練習になります。怖がらずにキャッチしなければいけない。GKは結構似ています」。至近距離からのシュートでもキャッチできる力は、ドッジボールによって基礎作りされたものだった。

 その中村について加納靖典コーチは「ゴールセービングに関しては彼の良さが出たかなと思います。我々はシュートセービングが強いGKを求めている。それを発揮してくれた」と評価。プリンスリーグ北信越の帝京長岡高戦ではミス絡みで4失点し、メンタル的に落ちていた時期もあったというが、自分で立て直してきた守護神が大一番で強みを発揮した。

 中村はプレミアリーグ昇格を懸けた横浜FCユース戦へ向けて「明後日勝ちます。最後の砦みたいになりたいです」と宣言。キャッチ技術の高さと瞬発力などを武器に、再び対戦相手の前に立ちはだかって、無失点でプレミア復帰を決める。

(取材・文 吉田太郎)
●高円宮杯プレミアリーグ2019特集

プロ初出場で初ゴール決めたDF渡辺剛、A代表デビュー戦も「自分から決められれば」

日本代表DF渡辺剛(FC東京)
 A代表デビューは目前だ。3バックの右ストッパーで先発することが濃厚となった日本代表DF渡辺剛は13日の練習後、「A代表ということで責任だったり、今まで以上のプレッシャーはあると思うけど、あまり考えすぎずに自分のペースでやれれば」と落ち着いた様子で意気込みを示した。

 今季、中央大からFC東京に加入。大卒1年目にして優勝争いを繰り広げたチームの主力センターバックを担った。「ストロングポイントのカバーリングやヘディングを出せるタイミングがあれば出したいし、そういう部分で負けちゃいけない」。Jリーグで見せている強みをA代表の舞台でも発揮する構えだ。

 プロでの公式戦初出場となった3月6日のルヴァン杯グループリーグ第1節では、右コーナーキックにヘディングで合わせてプロ初ゴールを記録。「セットプレーからの得点は自分もほしいところだし、チームとしていい流れになるためには得点が早めに必要だと思うので自分から決められれば良い」。縁起の良い初陣で華々しいデビュー弾の再現を目論む。

 所属先のFC東京では4バックのシステムが採用されており、3バックは「まだわからない部分はあると思うけど、手探りしながら自分の中で徐々に改善しながらやりたい」と控えめ。それでも攻守の持ち味を発揮すべく、「良い守備から良い攻撃につなげられればおのずといい攻撃になる」と自身の役割を見据えた。

(取材・文 竹内達也)
●EAFF E-1選手権2019特集ページ

昨季リーグで33得点の注目FW赤木直人、卒業後はお好み焼き屋さんに(10枚)

IPU・環太平洋大が誇る怪物FW赤木直人(4年=飛龍高)
[12.11 大学選手権1回戦 宮崎産業経営大0-4IPU・環太平洋大 AGFフィールド]

 第68回全日本大学サッカー選手権大会が11日に開幕し、1回戦が行われた。AGFフィールドの第1試合ではIPU・環太平洋大(中国1)が宮崎産業経営大(九州3)に4-0で快勝し、2年ぶりとなる初戦突破を果たした。14日の2回戦では大阪体育大(関西1)と対戦する。

●第68回全日本大学選手権(インカレ)特集

森保監督、大幅なメンバー変更を明言「特長を思い切って発揮して」

日本代表の森保一監督
 日本代表森保一監督は13日のトレーニング後、E-1選手権第2戦・香港戦(14日・釜山九徳)で大幅なメンバー変更を行うことを明言した。前日12日までの2日間は初戦・中国戦(○2-1)の控え組がフォーメーション練習を行っていたが、「練習していた選手を中心に構成していければ」と述べた。

 大事な初戦を白星で飾り、最低限のスタートを切った日本。第2戦は今大会で最も力が劣るとされる香港との戦いとなる。それでも初戦・韓国戦(●0-2)を現地で視察した指揮官は「非常に集中力が高く、粘り強く戦えるチーム」と警戒は怠らない。

 監督、選手たちが声を揃えたのは相手のカウンター攻撃の鋭さだ。「鋭いカウンター攻撃を持っているし、セットプレーで相手のスキを狙っていけるチーム。われわれが油断しないように、スキをつくらないようにしたい」(森保監督)。そうしたミッションを掲げつつ、2連勝で最終節に向かいたいところだ。

 もし、先発メンバー全員が入れ替えとなった場合、12日の公開練習で構成したフォーメーションが参考になりそう。唯一、読めないのがGK小島亨介(大分)とGK大迫敬介(広島)が争う守護神。3バックは右からDF渡辺剛(FC東京)、MF田中駿汰(大阪体育大)、DF古賀太陽(柏)が入り、ダブルボランチはMF大島僚太(川崎F)とMF田中碧(川崎F)。ウイングバックは右にMF相馬勇紀(鹿島)、左にDF菅大輝(札幌)。2シャドーは左右それぞれFW田川亨介(FC東京)、MF仲川輝人(横浜FM)が入り、1トップはFW小川航基(水戸)が務めるとみられる。

 東京五輪候補が9人を占めるフレッシュなメンバー構成。それでも森保監督には「大幅な入れ替えだけど、スタートの時点でほとんどぶっつけ本番なチームだったので」とさしたる不安はなさそうだ。

「選手たちはもっとそれぞれの特長を思い切って発揮してもらいたい」と語った指揮官は「今回はA代表の常連組もいるけど、将来的にA代表の常連として貴重な戦力になってくれる選手、いまの実力と将来の伸び代がある選手たちだと思っている。まずはA代表で生き残っていくことを考えてもらいつつ、その過程に五輪での競争もある」と来年の大舞台へのアピールも求めた。

(取材・文 竹内達也)
●EAFF E-1選手権2019特集ページ

IPU・環太平洋大史上過去最強世代、2回戦は桂監督の母校大阪体育大に挑戦(26枚)

初のリーグ全勝優勝。天皇杯予選、総理大臣杯予選も制して初の3冠を達成てインカレに乗り込んできたIPU・環太平洋大
[12.11 大学選手権1回戦 宮崎産業経営大0-4IPU・環太平洋大 AGFフィールド]

 第68回全日本大学サッカー選手権大会が11日に開幕し、1回戦が行われた。AGFフィールドの第1試合ではIPU・環太平洋大(中国1)が宮崎産業経営大(九州3)に4-0で快勝し、2年ぶりとなる初戦突破を果たした。14日の2回戦では大阪体育大(関西1)と対戦する。

●第68回全日本大学選手権(インカレ)特集

6年ぶり出場の宮崎産業経営大は初戦で散る「雰囲気に飲まれてしまった」(24枚)

6年ぶりインカレ出場の宮崎産業経営大は初戦敗退
[12.11 大学選手権1回戦 宮崎産業経営大0-4IPU・環太平洋大 AGFフィールド]

 第68回全日本大学サッカー選手権大会が11日に開幕し、1回戦が行われた。AGFフィールドの第1試合では6年ぶりの出場となった宮崎産業経営大(九州3)がIPU・環太平洋大(中国1)に0-4で敗れ、初戦敗退となった。

●第68回全日本大学選手権(インカレ)特集

【動画】ウイイレ2020LITE配信記念!!Mayagekaが教える「myClubの始め方」

【動画】ウイイレ2020LITE配信記念!!Mayagekaが教える「myClubの始め方」
『eFootball ウイニングイレブン2020』(ウイイレ2020)の基本プレイ無料版が登場!! 自分だけのチームを作って強化していく「myClub」や新オンラインイベント「Matchday」などが基本プレイ無料で楽しめる『eFootball ウイニングイレブン2020 LITE』。そんなウイイレ2020LITEから始めるプレイヤーに向けて、Mayagekaが「myClub」モードの基礎から徹底解説――。今回はLITE版登場を記念し、『ウイイレ2020 レート1000への道』の特別編をお届けします。

★ゲキサカYouTubeチャンネル登録はこちらから

PK戦でGK中村が1本ストップ!110分間粘り強く守り、走った富山一がJFAアカデミー福島撃破!

PK戦勝利を喜ぶ富山一高イレブン
[12.13 プレミアPO1回戦 JFAアカデミー福島U-18 0-0(PK2-4)富山一高 コカ広島ス]

 インハイ準優勝校・富一がまた一歩成長する勝利――。高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2020への出場権を懸けたプレーオフ(参入戦)の1回戦が13日に広島県内で行われ、プリンスリーグ東海優勝のJFAアカデミー福島U-18(静岡)とプリンスリーグ北信越2位の富山一高(富山)が激突。0-0で突入したPK戦の末、富山一が4-2で勝った。富山一は15日のDブロック2回戦(参入決定戦)で横浜FCユース(関東3/神奈川)と戦う。

 0-0で突入したPK戦。先攻・JFAアカデミー福島の1人目・U-18日本代表左SB加藤聖(3年、長崎内定)の左足シュートがクロスバーを叩くと、2人目・FW植中朝日(3年、長崎内定)の右足シュートを富山一GK中村純四郎(3年)が右に跳んでストップする。

 完全に優位に立った富山一はMF高木俊希(3年)、左WB真田滉大(3年)に続き、FW碓井聖生(3年)、DF牧野奏太(3年)も成功。勝利が決まると、殊勲の中村や牧野を中心にピッチ上で喜びを爆発させた。

 この日は選手権初戦で対戦する立正大淞南高(島根)の選手・スタッフが、見つめる中での110分間とPK戦。ただし、選手たちはセットプレー含めて出し惜しみすることなく、全力で勝ちに行った。

 大塚一朗監督とともにチームを率いる加納靖典コーチは「選手が勝つことで学んできた部分が伝統になって積み上がってきていると思う。やっぱり『富一は勝つためにプレーするんだ』というのが僕らのアイデンティティーなんですよね。鹿島なんかはどのタイトルも獲りに行く。そういうメンタリティーが強いチームを作るんじゃないかなって思っているのでどんなゲームでも勝ちに行く、勝つための最善のことをやるというのが大事だと思いますね」と説明していたが、どんな試合でも目の前の試合を全力で勝ちに行く、そして勝ち切るのが“富一流”だ。

 加えて、後輩たちにプレミア昇格をプレゼントするという思いが苦しい時間帯でのあと一歩など粘り強さを生み、計測で16km超えのランをしたというMF矢崎謙介(3年)をはじめ、各選手が普段以上に走る力を引き出した。そして、また一歩成長する勝利。インターハイ準優勝校が強敵を撃破し、新たな自信を得た。

 JFAアカデミー福島がボールに触りながらリズムを作るMF廣岡睦樹(3年、山形内定)を中心にポゼッションしながら試合を進めたのに対し、富山一はインターハイでも対戦相手を苦しめた5バックがDFラインを高く設定。コンパクトな陣形で相手にスペースを与えない。

 それでも、JFAアカデミー福島はU-17日本代表FW三戸舜介(2年)や植中が巧みにラインブレイク。ゴール前やコーナー方向に抜け出し続けていた。富山一はこの修正をなかなかすることができなかったものの、PAで牧野やDF吉藤廉(3年)らDF陣が粘り強く相手に身体を寄せて決定打を打たせなかった。

 守備の時間が長くなった富山一だが、押し返し、カウンターやセットプレーから1点を目指していた。前半から吉藤とDF丸山以祐(3年)が再三ロングスローを投じていたほか、丸山のロングクロスや碓井、FW吉倉昇空(2年)の推進力あるドリブルなども交えてゴール前のシーンを増やそうとする。

 惜しいシーンを幾度か作ったものの、得点することはできなかった。それでも、技術力で上回るJFAアカデミー福島に後半だけで計11本のシュートを打たれながら、吉藤の好カバーリングやGK中村の正確なキャッチング、飛び出しなどで阻止。また、各選手が最後まで諦めずに足を出し続けていたことがJFAアカデミー福島のシュートをわずかに乱し、110分間を無失点で終える原動力となった。

 強敵を無得点に封じての勝利に加納コーチは「身体を張って、声を掛け合って、プレーし続けていたのが良かった」と評価。また、牧野は「こういうギリギリの試合で勝つというのは大事。今年、自分たちはあまり攻撃力があると思っていないので、守備のところでしっかりとゼロに抑えて粘り勝ちすることができたのは、本当に自信になりました」と胸を張った。

 2年ぶりとなるプレミアリーグ昇格を懸けた横浜FC戦も難しい試合になることは間違いないだろう。それでも、中村は「選手権前の最後の公式戦で勝って、勢いに乗って、選手権で夏の借りを返したい」。ここでも粘り強く守り、走って、勝ち切ること。そして、また新たな自信と力を身に着けて、選手権で日本一に挑戦する。

(取材・文 吉田太郎)
●高円宮杯プレミアリーグ2019特集

鹿児島、阪本将基の退団を発表「鹿児島が大好きになりました」

 鹿児島ユナイテッドFCは13日、FCマルヤス岡崎に育成型期限付き移籍していたMF阪本将基(23)が契約満了となり、来季契約を更新しないことを発表した。

 セレッソ大阪U-18から15年にトップ昇格すると、18年に鹿児島に完全移籍。今年9月にFCマルヤス岡崎に期限付き移籍していた。クラブを通じて、「1年半ありがとうございました。楽しいこと辛いことありましたが、全ていい経験になりました。鹿児島での出会いが僕の財産です。鹿児島のことが大好きになりました。またいつか同じピッチに立てるように頑張ります」とコメントを発表した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

[MOM3082]札幌U-18 GK山本透衣(3年)_見事なセービングに敵将も脱帽。完封勝利に導いて恩師との一戦へ

札幌U-18のGK山本透衣(3年)が完封勝利に貢献
[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[12.13 プレミアPO1回戦 札幌U-18 1-0 米子北 Eスタ]

 13日に行われた高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2019プレーオフ1回戦、北海道コンサドーレ札幌U-18(北海道1)は米子北高(中国2/鳥取)にPKによる1得点を守り切る形で1-0と勝利を収めた。

「相手のGKが上手かったね」

 そう語ったのは敗れた米子北の中村真吾監督。後半に絶好機を掴みながらも見事なセービングに阻まれ続けたシーンを「もう少し冷静さがあれば」と言いつつ、同時に巧みに距離を詰めてシューターから選択肢と余裕を奪った札幌U-18のGK山本透衣(3年)の抜け目なさを讃えた。

 後半23分、立て続けに相手に決定的なシュートを打たれたこのシーンについて、山本は「あれは練習通り」と振り返る。「できるだけ距離を詰めてシュートコースを消すことだけを考えていた」というイメージ通りに体も動き、しっかりシャットアウトしてみせた。

 元より一発勝負となるプレミアリーグプレーオフについて山本は「自分が失点さえしなければ札幌が負けることはない」と考えていた。「相手の時間帯になったときも、ずっとみんなが体を張って守ってくれていたし、あとは自分もやるだけだった」と言う。

 もう一つのポイントだったセットプレーの守備に関しても果敢な飛び出しからパンチ一発で先に触って逃れるなど存在感を発揮。「ハイボールに対して飛び出してパンチしたりキャッチしたりというのは自分が得意とするプレー」と胸を張ったとおりの安定感だった。

 勝てば来季プレミアリーグ参入の決まる2回戦の相手は、関東の強豪・横浜F・マリノスユース(神奈川)。それだけでも燃えるシチュエーションだが、その横浜FMユースのベンチには、昨年まで札幌U-18の監督を務めていた川口卓哉コーチが座っている。

「川口さんに自分の成長した姿を見せたい。ゼロで抑えてプレミアリーグへ行く」

 札幌U-18の守護神は恩師とぶつかる運命の一戦を制し、最高の笑顔で1年を締めくくることを志す。

(取材・文 川端暁彦)
●高円宮杯プレミアリーグ2019特集
●高円宮杯プリンスリーグ2019特集

トップチームのように「自分たちも結果を」。横浜FMユースが帝京長岡に4発逆転勝ち!

後半25分、横浜F・マリノスユースがFWブラウンノア賢信が右足で追加点
[12.13 プレミアリーグプレーオフ1回戦 帝京長岡高 1-4 横浜FMユース コカ広島ス]

 自分たちがマリノスに形となるものを残す――。高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2020への出場権を懸けたプレーオフ(参入戦)の1回戦が13日に広島県内で行われ、プリンスリーグ北信越優勝の帝京長岡高(新潟)とプリンスリーグ関東2位の横浜F・マリノスユース(神奈川)が激突。横浜FMが4-1で勝った。横浜FMは15日のBブロック2回戦(参入決定戦)で札幌U-18と戦う。

 MF谷内田哲平(3年、京都内定)とFW晴山岬(3年、町田内定)、CB吉田晴稀(3年、愛媛内定)のJ内定トリオを擁し、初のプレミアリーグ昇格を狙う帝京長岡と、いずれもトップチームに昇格するFWブラウンノア賢信(3年)、MF松田詠太郎(3年)、左SB池田航(3年)を中心に3年ぶりのプレミアリーグ復帰を目指す横浜FMとの注目カード。前半からボールを支配し、相手を押し込み続けた横浜FMが快勝した。

 序盤から横浜FMは大型FWブラウンノアやFW津久井匠海(2年)をポイントに遅攻、速攻からでもPA、コーナー付近までボールを運んで帝京長岡にプレッシャーをかける。だが、先制したのは帝京長岡だった。11分、帝京長岡は奪ったボールを素早く前線まで繋ぐと、粘ってキープしたMF矢尾板岳斗(3年)が相手GKの位置を見て約50mのロングシュート。これがGKの頭上を越えてゴールネットに吸い込まれた。

 普段と異なり、重心の低い戦いとなった帝京長岡だが、スペースへの配球からMF本田翔英(3年)や晴山が前へ出てシュートシーンも作り出す。だが、前半は得意のパスワークが幾度も相手に引っ掛けられ、その度に後退させられる展開。後方からボールを繋ぎながら、厚みと推進力のある攻撃を続ける横浜FMにゴールをこじ開けられてしまう。

 31分、横浜FMはポゼッションから吉尾が中央で縦のスルーパス。これをコントロールしたMF石井宏育(3年)が抜群のクイックネスからゴール右を破り、同点に追いついた。さらに33分、今度は左ショートコーナーから吉尾がクロス。これをブラウンノアが落とすと、石井が1タッチでゴール右に沈めて逆転した。

 CB小林夏生(3年)や吉尾が相手のカウンターの芽を摘む横浜FMは、39分にも右サイドへの配球から松田が強引にカットイン。帝京長岡は対応が乱れて奪い切ることができず、松田の左足シュートがゴール右隅に吸い込まれた。

 2点差とされた帝京長岡は後半開始から谷内田を左サイドへ移し、落ち着いてボールを繋ぐ時間を増やした。ブラウンノアの決定的なシーンをGK猪越優惟(3年)がストップするなど食い下がったが、横浜FMは25分にブラウンノアが力強い抜け出しから決定的な4点目。年間を通してアグレッシブな攻守を貫いてきたという横浜FMは攻撃色の強い選手たちが多彩な攻撃を見せた。同時に、筒井紀章監督が「タイトに粘り強さを持ってやってくれたと思います」と評したように、最後まで攻守の積極性、ハードワークも欠かさず。新潟の技巧派軍団に撃ち勝った。

 今月7日にトップチームのJ1優勝をスタジアムで目の当たりにした横浜FMの選手たち。筒井監督は「良い影響を受けている。自分たちも掴み取ろう、と意識している」と語り、吉尾も「感慨深いものがありました。優勝の場を近くで、肌で感じることができて、自分たちも結果を何か残さないといけないと思いました」と思いを口にする。シーズン後半戦は失点が増えたり、バラバラになりかけた時期もあったというが、現在はチームの一体感、戦いに手応えを持っている。

 昨年は参入決定戦でまさかの逆転負け。吉尾は「独特な緊張感があって自分たちが焦って自滅気味になってしまった」と振り返る。その悔しさも選手たちは忘れていない。石井は「プレミアに上げることで、後輩たちもよりよいプレーとかできると思うので、後輩たちのためにもここでしっかりと勝って終わりたい」と誓った。トップチームのように自分たちも結果を残し、マリノスの未来に繋げる。

(取材・文 吉田太郎)
●高円宮杯プレミアリーグ2019特集

トップチームのように「自分たちも結果を」。横浜FMユースが帝京長岡に4発逆転勝ち!

後半25分、横浜F・マリノスユースがFWブラウンノア賢信が右足で追加点
[12.13 プレミアリーグプレーオフ1回戦 帝京長岡高 1-4 横浜FMユース コカ広島ス]

 自分たちがマリノスに形となるものを残す――。高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2020への出場権を懸けたプレーオフ(参入戦)の1回戦が13日に広島県内で行われ、プリンスリーグ北信越優勝の帝京長岡高(新潟)とプリンスリーグ関東2位の横浜F・マリノスユース(神奈川)が激突。横浜FMが4-1で勝った。横浜FMは15日のBブロック2回戦(参入決定戦)で札幌U-18と戦う。

 MF谷内田哲平(3年、京都内定)とFW晴山岬(3年、町田内定)、CB吉田晴稀(3年、愛媛内定)のJ内定トリオを擁し、初のプレミアリーグ昇格を狙う帝京長岡と、いずれもトップチームに昇格するFWブラウンノア賢信(3年)、MF松田詠太郎(3年)、左SB池田航(3年)を中心に3年ぶりのプレミアリーグ復帰を目指す横浜FMとの注目カード。前半からボールを支配し、相手を押し込み続けた横浜FMが快勝した。

 序盤から横浜FMは大型FWブラウンノアやFW津久井匠海(2年)をポイントに遅攻、速攻からでもPA、コーナー付近までボールを運んで帝京長岡にプレッシャーをかける。だが、先制したのは帝京長岡だった。11分、帝京長岡は奪ったボールを素早く前線まで繋ぐと、粘ってキープしたMF矢尾板岳斗(3年)が相手GKの位置を見て約50mのロングシュート。これがGKの頭上を越えてゴールネットに吸い込まれた。

 普段と異なり、重心の低い戦いとなった帝京長岡だが、スペースへの配球からMF本田翔英(3年)や晴山が前へ出てシュートシーンも作り出す。だが、前半は得意のパスワークが幾度も相手に引っ掛けられ、その度に後退させられる展開。後方からボールを繋ぎながら、厚みと推進力のある攻撃を続ける横浜FMにゴールをこじ開けられてしまう。

 31分、横浜FMはポゼッションから吉尾が中央で縦のスルーパス。これをコントロールしたMF石井宏育(3年)が抜群のクイックネスからゴール右を破り、同点に追いついた。さらに33分、今度は左ショートコーナーから吉尾がクロス。これをブラウンノアが落とすと、石井が1タッチでゴール右に沈めて逆転した。

 CB小林夏生(3年)や吉尾が相手のカウンターの芽を摘む横浜FMは、39分にも右サイドへの配球から松田が強引にカットイン。帝京長岡は対応が乱れて奪い切ることができず、松田の左足シュートがゴール右隅に吸い込まれた。

 2点差とされた帝京長岡は後半開始から谷内田を左サイドへ移し、落ち着いてボールを繋ぐ時間を増やした。ブラウンノアの決定的なシーンをGK猪越優惟(3年)がストップするなど食い下がったが、横浜FMは25分にブラウンノアが力強い抜け出しから決定的な4点目。年間を通してアグレッシブな攻守を貫いてきたという横浜FMは攻撃色の強い選手たちが多彩な攻撃を見せた。同時に、筒井紀章監督が「タイトに粘り強さを持ってやってくれたと思います」と評したように、最後まで攻守の積極性、ハードワークも欠かさず。新潟の技巧派軍団に撃ち勝った。

 今月7日にトップチームのJ1優勝をスタジアムで目の当たりにした横浜FMの選手たち。筒井監督は「良い影響を受けている。自分たちも掴み取ろう、と意識している」と語り、吉尾も「感慨深いものがありました。優勝の場を近くで、肌で感じることができて、自分たちも結果を何か残さないといけないと思いました」と思いを口にする。シーズン後半戦は失点が増えたり、バラバラになりかけた時期もあったというが、現在はチームの一体感、戦いに手応えを持っている。

 昨年は参入決定戦でまさかの逆転負け。吉尾は「独特な緊張感があって自分たちが焦って自滅気味になってしまった」と振り返る。その悔しさも選手たちは忘れていない。石井は「プレミアに上げることで、後輩たちもよりよいプレーとかできると思うので、後輩たちのためにもここでしっかりと勝って終わりたい」と誓った。トップチームのように自分たちも結果を残し、マリノスの未来に繋げる。

(取材・文 吉田太郎)
●高円宮杯プレミアリーグ2019特集

FC東京FW永井謙佑が手術、全治約4か月と診断

FW永井謙佑が手術
[故障者情報]

 FC東京は13日、FW永井謙佑の負傷状況について発表した。

 永井はJ1リーグ第33節浦和レッズ戦にて負傷。チームドクターの診察を受けて12日に手術を行った結果、右肩関節反復性脱臼で全治約4か月と診断されたことを発表した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

[MOM3081]横浜FCユースFW佐々木翔(3年)_ヤンチャから頼れる男に。勝負強さ見せて圧巻ハットトリック

ハットトリックを完成させたFW佐々木翔(3年)
[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[12.13 プレミアPO1回戦 岡山学芸館0-4横浜FCユース Eスタ]

「あんなにヤンチャだったのに、後輩も引っ張ってくれる頼れる男になった」

 横浜FCユース(関東3/神奈川)・小野信義監督は13日にエディオンスタジアム広島で行われた高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2019プレーオフ1回戦で岡山学芸館高(中国1/岡山)を4-0で下した後、ハットトリックを完成させたFW佐々木翔(3年)についてそんな言葉を漏らした。

 佐々木は昨年まで「それほど試合に出ていたわけではない」と小野監督が語るように、決して中心選手ではなかった。そんな状況の中で、佐々木本人が奮起していたかというとそうでもなく、「気が乗らなかったらやらないタイプで、すぐにふて腐れていた」(小野監督)と言う。

 そんな佐々木が変わったのは昨年秋に起きた出来事が切っ掛けだという。「高1、高2のときは『ただサッカーをやっているだけ』という感じだった。すぐにイライラして周りに当たり散らしていた。そうしたら、信義さん(小野監督)にぶち切れられた」と、佐々木は苦笑いと共に振り返る。落ちた雷に響くモノがあり、少しずつ佐々木のマインドも変わっていった。

 特に今年に入ってからはジュニアユース時代には2トップも組んで刺激を受け続けきたFW斉藤光毅(3年)が一足早くユースを“卒業”。「正直、一個上のチームは強すぎたので、自分が『勝つぞ!』と思ってやらなくても勝てちゃっていた」のとは打って変わり、まさに佐々木がやらなければ勝てない状況になる中で、自覚も出てきた。

「何というか、すごく男らしくなりましたね」と小野監督もその変貌ぶりに驚いたというが、心が変わったことでプレーも変わっていった。このプレーオフでは「ペナルティーエリアの中での決定力があり、勝負を決める力がある」(小野監督)という佐々木らしさを存分に発揮。「わざと遅れて入っていった」というニアで合わせた先制点に始まり、圧巻のハットトリックとなった。

 実は小野監督とはシーズン開幕前に「リーグ二桁得点」を約束していたという。だが、結局は9得点に終わってしまい、佐々木の中でこれはちょっとした悔いになっていた。だからこそ、プレーオフでは「点を取るだけ」と気合いも十分。このハットトリックでリーグ戦から続いて数えると“12得点”となったが、まだまだ足りない。次の2回戦でもゴールを奪い、「自分たちの代で横浜FCユースの歴史を塗り替える」(佐々木)のみだ。

(取材・文 川端暁彦)
●高円宮杯プレミアリーグ2019特集
●高円宮杯プリンスリーグ2019特集

[MOM3080]横浜FMユースMF石井宏育(3年)_2発!止めて・蹴るの速さ、精度でDF上回る

横浜F・マリノスユースMF{石井宏育}}は2ゴールで逆転勝利に大きく貢献した
[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[12.13 プレミアリーグプレーオフ1回戦 帝京長岡高 1-4 横浜FMユース コカ広島ス]

 2つのゴールで試合をひっくり返した。横浜F・マリノスユースはポゼッションで相手の守りを広げると前半31分、MF吉尾虹樹(3年)がグラウンダーの縦パス。これを受けたMF石井宏育(3年)が間髪入れずに右足を振り抜き、同点に追いついた。

 石井は「あの形は結構練習していた。(吉尾)虹樹からちょうど良いボールが来たので、止めて蹴るだけでした」。本人は淡々と振り返っていたが、受けてからシュートへ持ち込むまでの速さが抜群。筒井紀章監督も技術力の高さを認めるMFが、止めどころの位置、小さいモーションからのシュートも含めて技術を発揮してもたらしたゴールだった。

 石井はさらに33分、左クロスをFW ブラウンノア賢信(3年)が落とすと、これを1タッチでゴール右に決めて見せる。「(自分に入ってきた時点でGKがズレていたので、上手くコースに決められて良かった」。こちらも状況を見る目と技術の高さを示すゴールだった。

 夏のクラブユース選手権はチームがベスト4へ進出する中でノーゴール。初戦で決めることができずに、波に乗れないまま大会が終わってしまったという。「凄く悔しくて、次は決めてやろうと」と積み重ねてきた成果を大事な一戦で発揮。「今回はしっかりと点を決めて終わろうと思ったので良かったです」と喜んだ。

 憧れの存在はスペイン代表MFイスコ。登録165cmの小柄な技巧派MF石井は「自分が有名になって、プロになって、小さい子からからもこういう選手になりたいと思われるように選手になりたい」という夢を持っている。大学を経て、4年後に再びトリコロールカラーのユニフォームを着ることも目標に掲げている石井は、横浜FMユースでの“ラストゲーム”となるプレミアリーグプレーオフ2回戦・札幌U-18戦への意気込みを語った。

「しっかり明後日、最後あるので勝ち切って終わりたいです。しっかりと楽しみながら勝ちたいです」。この日、チームが勝つこと、自分がゴールを決めることの両方をやり遂げたMFが、15日のプレミアリーグ参入決定戦でも勝利に貢献して、仲間たちと昇格を喜ぶ。

(取材・文 吉田太郎、)
●高円宮杯プレミアリーグ2019特集

[MOM3080]横浜FMユースMF石井宏育(3年)_2発!止めて・蹴るの速さ、精度でDF上回る

横浜F・マリノスユースMF{石井宏育}}は2ゴールで逆転勝利に大きく貢献した
[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[12.13 プレミアリーグプレーオフ1回戦 帝京長岡高 1-4 横浜FMユース コカ広島ス]

 2つのゴールで試合をひっくり返した。横浜F・マリノスユースはポゼッションで相手の守りを広げると前半31分、MF吉尾虹樹(3年)がグラウンダーの縦パス。これを受けたMF石井宏育(3年)が間髪入れずに右足を振り抜き、同点に追いついた。

 石井は「あの形は結構練習していた。(吉尾)虹樹からちょうど良いボールが来たので、止めて蹴るだけでした」。本人は淡々と振り返っていたが、受けてからシュートへ持ち込むまでの速さが抜群。筒井紀章監督も技術力の高さを認めるMFが、止めどころの位置、小さいモーションからのシュートも含めて技術を発揮してもたらしたゴールだった。

 石井はさらに33分、左クロスをFW ブラウンノア賢信(3年)が落とすと、これを1タッチでゴール右に決めて見せる。「(自分に入ってきた時点でGKがズレていたので、上手くコースに決められて良かった」。こちらも状況を見る目と技術の高さを示すゴールだった。

 夏のクラブユース選手権はチームがベスト4へ進出する中でノーゴール。初戦で決めることができずに、波に乗れないまま大会が終わってしまったという。「凄く悔しくて、次は決めてやろうと」と積み重ねてきた成果を大事な一戦で発揮。「今回はしっかりと点を決めて終わろうと思ったので良かったです」と喜んだ。

 憧れの存在はスペイン代表MFイスコ。登録165cmの小柄な技巧派MF石井は「自分が有名になって、プロになって、小さい子からからもこういう選手になりたいと思われるように選手になりたい」という夢を持っている。大学を経て、4年後に再びトリコロールカラーのユニフォームを着ることも目標に掲げている石井は、横浜FMユースでの“ラストゲーム”となるプレミアリーグプレーオフ2回戦・札幌U-18戦への意気込みを語った。

「しっかり明後日、最後あるので勝ち切って終わりたいです。しっかりと楽しみながら勝ちたいです」。この日、チームが勝つこと、自分がゴールを決めることの両方をやり遂げたMFが、15日のプレミアリーグ参入決定戦でも勝利に貢献して、仲間たちと昇格を喜ぶ。

(取材・文 吉田太郎、)
●高円宮杯プレミアリーグ2019特集

当初の目標はプリンス残留。“らしさ”発揮した横浜FCユース、岡山学芸館に4発完封でプレミアまであと1勝

横浜FCユースが“らしさ”発揮して完封勝ち
[12.13 プレミアPO1回戦 岡山学芸館0-4横浜FCユース Eスタ]

 13日、高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2019プレーオフの1回戦が広島県内で開催され、エディオンスタジアムの第2試合ではプリンスリーグ中国を制した岡山学芸館高(岡山)と、激戦区のプリンスリーグ関東で3位に入った横浜FCユース(神奈川)が対戦。FW佐々木翔(3年)がハットトリックを完成させた横浜FCユースが4-0の快勝を飾った。

 序盤からペースを握ったのは横浜FCユースに見えたが、小野信義監督は「普段から人工芝でやっているせいで、ボールを走らせることができず、天然芝の上でパススピードを出せていなかった」と振り返る。ただ、その中でもGK深宮祐徳(2年)も含めて後方から意図を持ってボールを動かし、相手のプレッシャーを外していく“らしさ”は披露。主将MF小倉陽太(3年)の顔出しも冴えており、岡山学芸館にボールの取り所を与えなかった。

 前半23分にMF奥村周太(3年)のクロスから佐々木が狙ったシーンなどチャンスを作ると、迎えた35分だった。右サイドからのクロスに対し、ニアで合わせたのはまたも佐々木。このヘディングシュートが見事に決まって、横浜FCユースが大きな意味を持つ先制点を奪い取った。

 ただ、「(岡山学芸館の)ビデオを観て、凄く粘り強いチームだったので、まったく油断できない。1点ではダメだと思っていた」(小野監督)。そうした指揮官の意を汲んで、後半に入っても攻勢を緩めない横浜FCユースは、4分に奥村が2点目を奪って試合の流れを決定付けると、33分と40分には佐々木がさらに2点を奪ってハットトリック。大量4点を奪い取ってみせた。

 岡山学芸館も後半からFW岡田知也(3年)を投入して攻勢に出たが、その中で出鼻を挫かれる形で失点する苦しい展開に。後半から左SBへ移った主将のDF大山宣明(3年)の攻撃参加などから横浜FCユースゴールへ迫り、22分にはMF山田龍之介(3年)が中盤からドリブルでごぼう抜きしてシュートを放つビッグプレーもあったが、得点は奪えず。0-4の大敗となった。

 今年の横浜FCユースは世代のエースだったU-20日本代表FW斉藤光毅(3年)が一足早くトップチームへ昇格し、彼抜きでの戦いを強いられることとなった。小野監督はそうした状況の中で、当初はプリンスリーグについても残留を目標にしていたことを認める。だが、「この代はずっと斉藤が引っ張ってきた代でしたが、彼が1年間いない中で、選手たちは自負とか誇りといったものを見せてくれている」と、教え子たちの成長に目を細めている。

 小野監督は「僕たちはプリンスリーグと県リーグの間をたぶん一番上がったり下がったりしている“エレベーターチーム”」と自虐的に語るが、それを脱するまであと1勝である。その富山一高(北信越2/富山)との最後の一戦に向けて指揮官は「攻守両方で自分たちからアクションを起こしていく。やり残しも悔いもなくやってくれれば、それでいい」と、横浜FCのアカデミーらしく戦い抜くことを誓った。

(取材・文 川端暁彦)
●高円宮杯プレミアリーグ2019特集
●高円宮杯プリンスリーグ2019特集

DF菅原由勢は奮闘もマンUに完敗…AZは2位通過でEL決勝Tへ(13枚)

DF菅原由勢は先発出場
 UEFAヨーロッパリーグ(EL)は12日にグループリーグ第6節を行い、DF菅原由勢が所属するAZ(オランダ)は敵地でマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)に0-4で敗れた。

●海外組ガイド
●ヨーロッパリーグ(EL)19-20特集
●日本人選手の活躍をチェック!!“初月無料”DAZN独占配信

DF菅原由勢は奮闘もマンUに完敗…AZは2位通過でEL決勝Tへ(13枚)

DF菅原由勢は先発出場
 UEFAヨーロッパリーグ(EL)は12日にグループリーグ第6節を行い、DF菅原由勢が所属するAZ(オランダ)は敵地でマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)に0-4で敗れた。

●海外組ガイド
●ヨーロッパリーグ(EL)19-20特集
●日本人選手の活躍をチェック!!“初月無料”DAZN独占配信

【動画】“最強明治”、悲願の3冠へ/インカレ2019

【動画】“最強明治”、悲願の3冠へ/インカレ2019
 ゲキサカでは、12月11日に開幕する第68回全日本大学サッカー選手権(インカレ)に出場する注目校に取材を敢行した。
 
 第3回は、総理大臣杯、関東1部リーグを2大タイトルを手中に収めていて、インカレで3冠を目指す明治大。FW佐藤亮(4年=FC東京U-18)、MF中村健人(4年=東福岡高/鹿児島内定)、森下龍矢(4年=磐田U-18/鳥栖内定)、MF瀬古樹(4年=三菱養和SCユース/横浜FC内定)、MF安部柊斗(4年=FC東京U-18/FC東京内定)、栗田大輔監督に3冠への意気込みを聞いた。

★ゲキサカYouTubeチャンネル登録はこちらから

●第68回全日本大学選手権(インカレ)特集

【動画】“最強明治”、悲願の3冠へ/インカレ2019

【動画】“最強明治”、悲願の3冠へ/インカレ2019
 ゲキサカでは、12月11日に開幕する第68回全日本大学サッカー選手権(インカレ)に出場する注目校に取材を敢行した。
 
 第3回は、総理大臣杯、関東1部リーグを2大タイトルを手中に収めていて、インカレで3冠を目指す明治大。FW佐藤亮(4年=FC東京U-18)、MF中村健人(4年=東福岡高/鹿児島内定)、森下龍矢(4年=磐田U-18/鳥栖内定)、MF瀬古樹(4年=三菱養和SCユース/横浜FC内定)、MF安部柊斗(4年=FC東京U-18/FC東京内定)、栗田大輔監督に3冠への意気込みを聞いた。

★ゲキサカYouTubeチャンネル登録はこちらから

●第68回全日本大学選手権(インカレ)特集

万全の準備で臨んだ札幌U-18がプレミア復帰王手!PKの1点を守り抜いて米子北下す

札幌U-18が2回戦へ
[12.13 プレミアPO1回戦 札幌U-18 1-0 米子北 Eスタ]

 13日、高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2019プレーオフの1回戦が広島県内で開催され、エディオンスタジアム広島の第1試合では、プリンスリーグ北海道王者の北海道コンサドーレ札幌U-18(北海道)と中国2位の米子北高(鳥取)が対戦。札幌U-18が後半に得たPKでの1ゴールを守って1-0で勝ち切り、念願のプレミアリーグ復帰の懸かる2回戦へと駒を進めた。

 序盤からの展開は、札幌U-18・財前恵一監督が「想定していた」と振り返った通りとなった。主将のMF本間洋平(3年)を軸にボールを保持しながら攻める札幌に対し、米子北は大分内定のDF高橋祐翔(3年)とDF荒川莉音(3年)の大型CBコンビを中心に粘り強く迎撃を続けた。その中で米子北はFW植田葉月(3年)らが虎視眈々とカウンターからのチャンスを狙い続け、緊迫感のある攻防が続いた。

「ゴール前でなかなか崩し切れなかった」(財前監督)札幌U-18だったが、思わぬ形から先制点を奪い取る。後半12分、相手DFがPA内に倒れた際に芝へ手をつくと、そこにボールが当たってしまい、ハンドリングによりPKの判定に。この絶好機を本間が冷静に決めて札幌U-18が先制に成功した。

 このままでは終われない米子北は選手交代から攻撃への比重を徐々に強め、札幌U-18にプレッシャーをかけていく。「相手の圧力を受ける中で足が止まってしまった」と札幌U-18・財前監督が言うように、後半の半ばになると運動量で上回った米子北のペースとなり、札幌U-18は水際の防戦を強いられる流れになった。後半23分には米子北DF田中秀磨(3年)、そして植田にゴール前でGKと1対1からのシュートを許す大ピンチも作られるが、ここはGK山本透衣(3年)がビッグセーブ。流れを相手に渡さなかった。

 以降もパワフルに相手を押し込み、下げさせたディフェンスラインの手前を使う「狙っていた形」(中村真吾監督)も出した米子北が諦めずにゴールへ迫ったが、札幌U-18守備陣も体を張って防戦。逆にカウンターからチャンスも作り出すなど、試合の流れを渡し切ることなく、1-0のスコアを堅持。見事に逃げ切り、2回戦進出を果たした。

 勝った札幌U-18の財前監督は「相手のロングボールへの対応、セットプレーの対策は事前に練習してきた成果が出た」とホッと胸をなで下ろした表情を見せた。プリンスリーグ北海道の終幕から間も空き、雪も降る中での調整面の難しさはあったが、関東や九州への遠征も実施し、さらに広島にも4日前から入るなど万全の準備を整えてきた結果の勝利だった。

 一方、敗れた米子北・中村監督は「ゴール前を含めて冷静さを欠いていた」ことを敗因として挙げつつ、「参入戦で勝ってプレミアリーグ行きを決めれば、プリンスリーグ中国の参入戦に米子北のBチームが出られることになっていた。選手権のメンバー外になっている3年生のためにも何とか勝ちたかった」と肩を落とした。

 なお、15日に行われる2回戦では横浜F・マリノスユース(関東2)と対戦。勝てば2015年以来のプレミア復帰となる。

(取材・文 川端暁彦)
●高円宮杯プレミアリーグ2019特集
●高円宮杯プリンスリーグ2019特集

万全の準備で臨んだ札幌U-18がプレミア復帰王手!PKの1点を守り抜いて米子北下す

札幌U-18が2回戦へ
[12.13 プレミアPO1回戦 札幌U-18 1-0 米子北 Eスタ]

 13日、高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2019プレーオフの1回戦が広島県内で開催され、エディオンスタジアム広島の第1試合では、プリンスリーグ北海道王者の北海道コンサドーレ札幌U-18(北海道)と中国2位の米子北高(鳥取)が対戦。札幌U-18が後半に得たPKでの1ゴールを守って1-0で勝ち切り、念願のプレミアリーグ復帰の懸かる2回戦へと駒を進めた。

 序盤からの展開は、札幌U-18・財前恵一監督が「想定していた」と振り返った通りとなった。主将のMF本間洋平(3年)を軸にボールを保持しながら攻める札幌に対し、米子北は大分内定のDF高橋祐翔(3年)とDF荒川莉音(3年)の大型CBコンビを中心に粘り強く迎撃を続けた。その中で米子北はFW植田葉月(3年)らが虎視眈々とカウンターからのチャンスを狙い続け、緊迫感のある攻防が続いた。

「ゴール前でなかなか崩し切れなかった」(財前監督)札幌U-18だったが、思わぬ形から先制点を奪い取る。後半12分、相手DFがPA内に倒れた際に芝へ手をつくと、そこにボールが当たってしまい、ハンドリングによりPKの判定に。この絶好機を本間が冷静に決めて札幌U-18が先制に成功した。

 このままでは終われない米子北は選手交代から攻撃への比重を徐々に強め、札幌U-18にプレッシャーをかけていく。「相手の圧力を受ける中で足が止まってしまった」と札幌U-18・財前監督が言うように、後半の半ばになると運動量で上回った米子北のペースとなり、札幌U-18は水際の防戦を強いられる流れになった。後半23分には米子北DF田中秀磨(3年)、そして植田にゴール前でGKと1対1からのシュートを許す大ピンチも作られるが、ここはGK山本透衣(3年)がビッグセーブ。流れを相手に渡さなかった。

 以降もパワフルに相手を押し込み、下げさせたディフェンスラインの手前を使う「狙っていた形」(中村真吾監督)も出した米子北が諦めずにゴールへ迫ったが、札幌U-18守備陣も体を張って防戦。逆にカウンターからチャンスも作り出すなど、試合の流れを渡し切ることなく、1-0のスコアを堅持。見事に逃げ切り、2回戦進出を果たした。

 勝った札幌U-18の財前監督は「相手のロングボールへの対応、セットプレーの対策は事前に練習してきた成果が出た」とホッと胸をなで下ろした表情を見せた。プリンスリーグ北海道の終幕から間も空き、雪も降る中での調整面の難しさはあったが、関東や九州への遠征も実施し、さらに広島にも4日前から入るなど万全の準備を整えてきた結果の勝利だった。

 一方、敗れた米子北・中村監督は「ゴール前を含めて冷静さを欠いていた」ことを敗因として挙げつつ、「参入戦で勝ってプレミアリーグ行きを決めれば、プリンスリーグ中国の参入戦に米子北のBチームが出られることになっていた。選手権のメンバー外になっている3年生のためにも何とか勝ちたかった」と肩を落とした。

 なお、15日に行われる2回戦では横浜F・マリノスユース(関東2)と対戦。勝てば2015年以来のプレミア復帰となる。

(取材・文 川端暁彦)
●高円宮杯プレミアリーグ2019特集
●高円宮杯プリンスリーグ2019特集

C・ロナウドが臨む古巣戦の舞台「レアルとはCL決勝で当たりたい」

FWクリスティアーノ・ロナウド
 ユベントスに所属するFWクリスティアーノ・ロナウドは、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の決勝の舞台で古巣レアル・マドリーと対戦することを希望した。スペイン『マルカ』が伝えている。

 古巣であるレアルは2位通過となったため、ユベントスとラウンド16で対戦する可能性が浮上している。「レアルは飛び抜けているチームだが、僕としてはもっと後になってから戦いたいね」と『スカイ』に語ったC・ロナウドは「おそらく決勝だね。あの舞台で戦いたいと思っている」と決勝の舞台で対戦することに意欲を示した。

「僕らはとても楽しんでいる。ディバラとイグアインとはお互いに通じ合っている。すばらしいね。決定するのは監督であり、僕たちがそれをリスペクトしなければならないのは明らかだ。だけど一緒にプレーしているとすごく楽しいという事実を隠すことはできない」

 C・ロナウドは自身の好調ぶりについても言及し、「僕の調子はずっと良くなっている。かつて抱えていた痛みは過去のものだよ。ここ数週間、膝の痛みを抱えていたけど、いまは大丈夫だ。チームの調子も良い。すべてが良くなってきている」と強調した。

 なお、決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選は16日に行われる。

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信

C・ロナウドが臨む古巣戦の舞台「レアルとはCL決勝で当たりたい」

FWクリスティアーノ・ロナウド
 ユベントスに所属するFWクリスティアーノ・ロナウドは、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の決勝の舞台で古巣レアル・マドリーと対戦することを希望した。スペイン『マルカ』が伝えている。

 古巣であるレアルは2位通過となったため、ユベントスとラウンド16で対戦する可能性が浮上している。「レアルは飛び抜けているチームだが、僕としてはもっと後になってから戦いたいね」と『スカイ』に語ったC・ロナウドは「おそらく決勝だね。あの舞台で戦いたいと思っている」と決勝の舞台で対戦することに意欲を示した。

「僕らはとても楽しんでいる。ディバラとイグアインとはお互いに通じ合っている。すばらしいね。決定するのは監督であり、僕たちがそれをリスペクトしなければならないのは明らかだ。だけど一緒にプレーしているとすごく楽しいという事実を隠すことはできない」

 C・ロナウドは自身の好調ぶりについても言及し、「僕の調子はずっと良くなっている。かつて抱えていた痛みは過去のものだよ。ここ数週間、膝の痛みを抱えていたけど、いまは大丈夫だ。チームの調子も良い。すべてが良くなってきている」と強調した。

 なお、決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選は16日に行われる。

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信

【踊るリスポーンコラボ】DANCIN’RESPAWN SWEAT HOODIE

SY32×『踊るリスポーン』コラボレーションアイテムシリーズ。 原作のシーンやオリジナルロゴを落とし込んだヤンデレコラボの実現です。 素材:コットン 50% ポリエステル 50% 裏起毛 サイズ:S,M,L,XL カラー:WHITE,BLACK,GRAY
着丈裄丈身幅
S: 66cm 83cm 50cm
M: 68cm 86cm 55cm
L: 71cm 88cm 61cm
XL: 73cm 91cm 66cm

 (約/cm)

Posted in 未分類

大宮MFバブンスキーに第二子誕生

 大宮アルディージャは13日、MFダヴィッド・バブンスキー(25)に第二子となる次男が誕生したことを発表した。

 クラブ公式サイトを通じて、「このたび次男が無事に生まれ、私たち家族に途絶えることのない幸福と愛をもたらしてくれました。この幸せに、家族全員が心から感謝しています。より一層の責任感を持ってピッチに向かいたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします」とコメントを発表している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

J3降格の鹿児島、酒本憲幸ら2選手が契約更新「絶対に一年でJ2に復帰」

MF酒本憲幸が契約更新
 1年でJ3降格となった鹿児島ユナイテッドFCは13日、MF酒本憲幸(35)、FW米澤令衣(23)と来季契約を更新したことを発表した。

 C大阪一筋だった酒本は今季、鹿児島に加入すると、40試合2得点と主力としてチームをけん引した。同じく今季C大阪から加入した米澤は8試合1得点だった。クラブを通じて以下のコメントを発表している。

●酒本憲幸
「まずは今シーズンJ3に降格させてしまい本当に申し訳ありませんでした。そしてたくさんの応援ありがとうございました。来シーズンも鹿児島ユナイテッドFCの一員として闘える事に感謝するとともに、絶対に一年でJ2に復帰出来るように覚悟と責任を持って闘います!J2復帰には会社、クラブ、選手が一丸になって闘うのは勿論、何よりサポーター、応援してくださる皆さんの力が絶対に必要です!来シーズンチームの目標達成する為に共に闘いましょう!またスタジアムで会えるのを楽しみにしてます。では良いお年を!」

●米澤令衣
「今シーズンも応援ありがとうございました。チームとしても個人としても満足のいく結果ではなくとても悔しいシーズンになってしまいました。そんな中でもどんな状況にもかかわらず温かくポジティブなご声援を送り続けてくれた鹿児島のファン、サポーターの皆さんにとても感動しましたし感謝しています。来シーズンが終わったときには鹿児島全体が喜びに包まれて笑顔になれるように鹿児島のために全力で戦います。なので今シーズン同様スタジアムに足を運んで最高の雰囲気を作ってください。来シーズンも熱いご声援よろしくお願いします」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

GK新井が川崎F退団、千葉に完全移籍「一番嬉しかったことはずっと変わりません」

GK新井章太が川崎Fから千葉に完全移籍
 川崎フロンターレは13日、GK新井章太(31)がジェフユナイテッド千葉に完全移籍することを発表した。

 13年から川崎Fに7シーズン在籍した新井は今季、ルヴァン杯5試合でゴールマウスを守った。決勝戦ではPKを2本止めてタイトルをもたらし、MVPに輝いた。一方でリーグ戦は7試合の出場にとどまった。

 千葉を通じて、「ジェフという伝統あるクラブに移籍できることになり本当に嬉しく思います。今、チームは変わろうとしていると思います。その一員として元々いたジェフの居場所に戻ろうと強い覚悟を持って移籍します。巻さんがいた頃のようなスピリットを僕がチームに伝えていけたらと思っています。みなさんのいる場所はここじゃありません。必ずJ1に昇格しましょう!!」とコメントを発表。一方、川崎Fを通じて以下のコメントを発表している。

「自分の人生において、7年間という最も濃い時間を川崎フロンターレで過ごしてきました。僕がデビューしたのも、結婚したのも、家族を持てたのも、すべてがフロンターレでした。フロンターレではリーグ初優勝も経験でき、リーグ連覇やルヴァンカップ初優勝、そしてMVPと素晴らしい経験をさせていただきました。

 だけど僕の中で一番嬉しかったことはずっと変わりません。川崎フロンターレに入れたことです。僕をあの時、拾ってくれてここまで育ててくれたこのチームを自ら離れるなんて思ってもいませんでした。だけど何もない状態の僕にここまで自信を持たせてくれたからこそ、今回新しいチャレンジができると思っています。今はもう1人じゃない。家族という僕を後押ししてくれる存在がいます。その家族にお父さんのカッコいい姿を見せていきたい。フロンターレではなかなか見せられなかったからこそ今以上に頑張ってチャレンジしていきたい。その決心で移籍を決めました。

 川崎フロンターレはたくさんの人を幸せにしてくれるクラブです。チームもスタッフも応援してくれるサポーターの皆さん、そしてフロンターレに関わるすべての皆さん、これからも1人でも多くの人に幸せをプレゼントしていってください。本当にありがとうございました」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

15年間のキャリアに終止符…琉球DF西河翔吾が現役引退&フロントスタッフ就任

 FC琉球は13日、DF西河翔吾(36)が今季限りで現役を引退し、琉球フットボールクラブ株式会社フロントスタッフに就任することを発表した。

 広島でキャリアをスタートした西河は徳島、広島、山形、横浜FC、栃木を経て19年に琉球に加入。今季は6試合に出場した。クラブを通じて、以下のコメントを発表している。

「今シーズンをもちまして現役を引退することを決意しました。プロサッカー選手として15年間、こんな僕を今まで応援してくれて支えてくれたファン・サポーターの皆さん本当にありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。

 サンフレッチェ広島、徳島ヴォルティス、モンテディオ山形、横浜FC、栃木SC、FC琉球、各クラブのスタッフの皆様、スポンサー各社様、関係者の皆様、大変お世話になりました。今思えば学生時代に無名で実績も無かった自分が、Jリーガーになれるとは全く想像出来ませんでした。ですがこうしてプロサッカー選手として15年間挑み続けることが出来ました。

 楽しかったことよりも、辛く苦しかったことの方が多かったような気もします。一見華やかな世界ですがとても厳しい世界だと実感しました。それでも大好きなサッカーを職業としてこれまで過ごしてきて、それぞれの場所でたくさんの方々との出会いに恵まれて、とても幸せな選手生活でしたし、チームメイトや先輩方、仲間達に助けられて、ここまで続けられることが出来ました。自分にとってこのプロサッカー選手生活15年間は、何ものにも代え難いほどの経験をさせていただきました。この先の人生も自分らしく精一杯頑張っていこうと思っています。これまで応援して頂き本当にありがとうございました。

 来季からはFC琉球のフロントスタッフとして働くことになりました。今まで培ってきた選手経験を活かして、クラブ発足当初からの良い伝統も引き継ぎながらより良いクラブに、より強いチームに、選手目線でも取り組んで行く所存です。FC琉球が今まで以上に沖縄県民の方々、全国の方々に愛されるクラブになり、J1昇格そして日本一のクラブにします。ファン・サポーター、クラブ、スタッフ、選手、スポンサーの皆様が一体となってFC琉球、沖縄を盛り上げていきましょう!よろしくお願いいたします!」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

プレミア参入まであと1勝…プリンス関東勢は全チーム初戦突破!富山一が高体連勢で唯一2回戦へ

 来季のプレミアリーグ参入をかけた『高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2019プレーオフ』が13日に開幕。プリンスリーグ関東の出場全3チームを含む8チームが2回戦進出を決めた。

 AブロックのFC東京U-18(関東1)は旭川実高(北海道2)と対戦し、MF常盤亨太(2年)とMF小林里駆(3年)がそれぞれ2ゴールを挙げ、5-0で快勝。モンテディオ山形ユース(東北1)と大分トリニータU-18(九州2)の一戦はスコアレスのまま延長戦(10分ハーフ)に突入したが、終了間際の延長後半9分にMF狩野海晟(3年)が劇的ゴールを挙げ、山形ユースが2回戦に駒を進めた。

 Bブロックは、横浜F・マリノスユース(関東2)と北海道コンサドーレ札幌U-18(北海道1)が勝ち抜けた。横浜FMユースはプリンスリーグ北信越王者の帝京長岡高と対戦。MF石井宏育(3年)の2発で逆転に成功し、4-1で勝った。札幌U-18は後半12分のDF本間洋平(3年)の1点を守り抜き、1年でのプレミア復帰を狙う米子北高(中国2)を退けた。

 Cブロックは1点差勝負となった。サガン鳥栖U-18(九州1)と徳島ヴォルティスユース(四国)とのプリンス王者対決は、MF本田風智(3年)の決勝点により鳥栖U-18に軍配。ベガルタ仙台ユース(東北2)は阪南大高(関西)と対戦し、後半44分のMF工藤真人(3年)の劇的な一発により1-0で勝利した。

 Dブロックでは横浜FCユース(関東3)がFW佐々木翔(3年)のハットトリックの活躍により岡山学芸館高(中国1)を4-0で撃破。JFAアカデミー福島U-18(東海)と富山一高(北信越2)の一戦はスコアレスのままPK戦に入り、4人全員成功した富山一が高体連勢で唯一初戦を突破した。

 なお、運命の2回戦は15日に行われる。

【1回戦】
(12月13日)
[広島広域公園 第一球技場]
FC東京U-18 5-0 旭川実
[F]常盤亨太2(28分、45分+1)、小林里駆2(43分、50分)、大森理生(90分+3)

鳥栖U-18 1-0 徳島ユース
[鳥]本田風智(51分)

[広島広域公園 補助競技場]
山形ユース 1-0 大分U-18
[山]狩野海晟(109分)

阪南大高 0-1 仙台ユース
[仙]工藤真人(89分)

[エディオンスタジアム広島]
札幌U-18 1-0 米子北
[札]本間洋平(57分)

岡山学芸館 0-4 横浜FCユース
[横]佐々木翔3(35分、78分、85分)、奥村周太(49分)

[コカ・コーラ ボトラーズジャパン広島スタジアム]
帝京長岡 1-4 横浜FMユース
[帝]矢尾板岳斗(11分)
[横]石井宏育2(31分、33分)、松田詠太郎(39分)、ブラウンノア賢信(70分)


JFAアカデミー福島U-18 0-0 (PK2-4) 富山一

【2回戦】
12月15日(日)
[コカ・コーラ ボトラーズジャパン広島スタジアム]
FC東京U-18 11:00 山形ユース
鳥栖U-18 13:30 仙台ユース

[広島広域公園 第一球技場]
横浜FMユース 11:00 札幌U-18
横浜FCユース 13:30 富山一高

●高円宮杯プレミアリーグ2019特集
●高円宮杯プリンスリーグ2019特集

千葉MF熊谷アンドリューが契約更新「J1昇格を目標に闘います!」

千葉MF熊谷アンドリューが契約更新
 ジェフユナイテッド千葉は13日、MF熊谷アンドリュー(26)と契約更新を更新したことを発表した。

 今季はJ2リーグ34試合に出場した。クラブを通じて、「来年もジェフでプレーさせていただくことになりました。J1昇格を目標に闘います!応援よろしくお願いします」とコメントを発表した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

消化試合の勝利喜ぶジダン「良いパフォーマンスを継続すること」

後半3発で勝利したレアル
 ジネディーヌ・ジダン監督はUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ最終節の勝利を喜んだ。独『ラプトリー』が伝えている。

 すでにA組2位でグループリーグ突破を決めていたレアルだったが、後半3発でクラブ・ブルージュを退けた。ジダンは「勝利に値した」と振り返っている。

「振り返ってみると、妥当な勝利だったと思う。というのも私たちにはいくつかチャンスがあり、選手たちも効果的に動けていたからだ。だから勝つのは妥当だ。試合が始まったときも選手たちは良さを発揮してくれたが、後半戦のほうがずっと良かった。だから結局のところ、勝利に値したと思う」

「とても真剣な試合だった。それで何かが変わるわけではなかったが、イメージのことを考えると、自分たちの良いパフォーマンスを継続することが最も大事だった。どういうときであれ、普通の試合をしたり勝ち点を失ったりすることは、次の試合に向けた準備とは異なるものだ。だからこのほうがいいんだ。私たちはやり遂げた。選手たちは試合中、困難に直面したし、とりわけ最初は攻撃面で苦しんだ。だが15分も経つと、良くなってきたし、後半はさらに良くなった」

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●プレミアリーグ2019-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信

長崎、韓国人FWと契約満了「クラブの発展と健闘を祈っています」

 V・ファーレン長崎は13日、FWイ・ジョンホ(27)が期限付き移籍期間が終了となり、退団することを発表した。

 今季、蔚山現代(韓国)より期限付き移籍で加入し、J2リーグ13試合1得点だった。クラブを通じて、「V・ファーレン長崎で1年間楽しい時間を過ごさせていただきました。J1に昇格できなかったことは残念ですが、社長をはじめ、クラブに関わっている皆さんに感謝しています。そして、サポーターの皆さん、いつも声援を送っていただき、本当にありがとうございました。私は長崎を離れますが、これからもV・ファーレン長崎を応援していますし、クラブの発展と健闘を祈っています」とコメントを発表した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

山形生え抜きの20歳DF高橋成樹と契約満了、今季は新潟Sでプレー

 モンテディオ山形は13日、DF高橋成樹(20)と来季契約を更新しないことを発表した。今季はアルビレックス新潟シンガポールに育成型期限付き移籍していたが、いずれも契約満了となった。

 高橋は山形の下部組織で育ち、17年にトップ昇格。昨季はJAPANサッカーカレッジ、今季はアルビレックス新潟シンガポールに在籍した。ここまでJリーグの出場はない。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

布啓新体制の松本、長島裕明コーチが退任「感謝!!」

 松本山雅FCは13日、長島裕明コーチ(52)が退任することを発表した。

 徳島の監督やFC東京や山形のヘッドコーチ、コーチを歴任し、今季から松本のコーチに就任していた。クラブ公式サイトを通じて、「短い期間でしたが中身の濃い充実した日々を過ごすことができました。ここでの貴重な経験を今後の指導者人生に生かしていければと思っています。私は松本を離れますがクラブの益々の発展をお祈りいたします。ありがとうございました。感謝!!」とコメントを発表している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

仙台生え抜きの22歳DF小島雅也が退団…今季は金沢でプレー「とても感謝しています」

 ベガルタ仙台は13日、DF小島雅也(22)が契約満了のため2019シーズン限りで退団することを発表した。今季は育成型期限付き移籍でツエーゲン金沢に加入していた。

 仙台の下部組織で育った小島は16年にトップ昇格。昨季は町田に移籍し、今季は金沢で14試合に出場した。仙台の公式サイトを通じて、「この2年間は育成型期限付き移籍のため、ベガルタ仙台でプレーしていませんでしたが、いつも結果など気にしていました。チームの力になれたとは言えませんが、プロとしてのキャリアをスタートさせてもらったことにとても感謝しています。4年間、本当にありがとうございました」とコメント。

 金沢の公式サイトを通じて、「なかなかチームの力にはなれませんでしたが、個人としては試合に出られない時期と出た時期をどちらも経験でき、色々な面で成長できました。1年間ありがとうございました」とコメントを発表している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

「心の中にはいつもベガルタ仙台が」武者修行終えた佐々木匠が仙台に復帰

仙台に復帰するMF佐々木匠(写真は2017年)
 レノファ山口FCは13日、MF佐々木匠(21)の育成型期限付き移籍期間が満了となり、ベガルタ仙台に復帰することを発表した。

 仙台の下部組織で育った佐々木は16年にトップ昇格。今季、育成型期限付き移籍先の讃岐から山口に移籍し、J2リーグ22試合3得点だった。山口の公式サイトを通じて、「このクラブでプレーした1年間でサッカー面も人としても大きく成長させていただきました。その成長をしっかり証明するために次のステージで結果を残せるように頑張っていきたいと思います!」とコメントを発表。

 仙台の公式サイトを通じて、「来シーズンから復帰することになりました。心の中にはいつもベガルタ仙台があり、チームのためにプレーするには自分に何が必要なのかを考え、3つのクラブで経験を積みました。2年半での成長を証明し、みなさんの期待に応えられるように全力でチームのために戦いたいと思います」と意気込みを語っている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

大宮とウルグアイ名門が激突! 来年2月9日にさいたまシティカップ開催決定

大宮とウルグアイ名門が激突! 来年2月9日にさいたまシティカップ開催決定
 大宮アルディージャは来年2月9日、NACK5スタジアム大宮にてさいたまシティカップ「大宮アルディージャvsクラブ・ナシオナル・デ・フットボール」を開催することを発表した。

 大宮が対戦するウルグアイの名門ナシオナル・デ・フットボール(ナシオナル・モンテビデオ)は国内リーグを50回近く制覇し、トヨタカップ2回、インターコンチネンタルカップ1回の優勝を誇る。過去にはウルグアイ代表FWルイス・スアレス(現バルセロナ)やウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(現インテル)、FWアルバロ・レコバ(元ウルグアイ代表)らが在籍した。

 さいたまシティカップ開催にあたり、「さいたま市在住の方」を対象に1,000組/2,000名がホームサポーターゾーン席に招待される(応募多数の場合は抽選)ほか、さいたま市在住の方は「さいたま市民優待価格(数量限定)」にて購入が可能。2020年2月9日(日) 13時キックオフ予定。

 以下、詳細が掲載されている大宮の公式サイト
http://www.ardija.co.jp/news/detail/16158.html

相模原DF丹羽竜平が退団に…今季リーグ戦33試合に出場

 SC相模原は13日、DF丹羽竜平(33)との契約が満了となったことを発表した。

 丹羽は昨シーズンに鹿児島ユナイテッドFCから相模原に加入。リーグ戦は33試合に出場していた。クラブ公式サイトを通じ、「2年間でしたがいつもファン、サポーターからはパワーをもらい戦わせてもらいました。本当にありがとうございました!SC相模原は来年ライセンスを取りJ2を目指します!皆さんの力を貸してあげてください。よろしくお願いします。陰ながら応援しています!」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

E-1選手権参戦のなでしこジャパンDF土光真代が負傷で離脱…追加招集はなし

 日本サッカー協会(JFA)は13日、韓国・釜山で開催されているEAFF E-1サッカー選手権2019に出場しているなでしこジャパン(日本女子代表)のDF土光真代(日テレベレーザ)が負傷のために離脱することを発表した。追加招集はないという。

 なでしこジャパンは11日、E-1選手権の第1節で台湾女子代表に9-0の大勝を収めた。14日の第2戦では中国と対戦する。

●EAFF E-1選手権2019特集ページ

清水、育成組織出身のMF水谷拓磨と契約満了

 清水エスパルスは13日、MF水谷拓磨(23)と来季の契約を更新しないことを発表した。

 水谷は清水のジュニアユース出身で2015シーズンからトップチームに所属していた。16年6月からFC今治に期限付き移籍をしており、18シーズンから再び清水に戻っていた。今シーズンはJ1リーグで1試合、ルヴァン杯で6試合、天皇杯で2試合に出場していた。

 水谷はクラブ公式サイトで「ジュニアユースから10年以上このエスパルスでサッカーが出来たことは本当に嬉しく、感謝しています」とコメント。「まだ、サッカーは続けるつもりですので、チームは変わりますが、成長した姿を見せられるように頑張ります!」と伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

町田、FW岡田優希ら3選手との契約を更新

 FC町田ゼルビアは13日、FW岡田優希(23)、MF佐野海舟(18)、FW橋村龍ジョセフ(18)と来季の契約を更新したことを発表した。

 町田は12日にMF平戸太貴の契約更新も発表している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

G大阪が岡山GK一森純を獲得!「胸に光る星を1つでも増やす」

岡山GK一森純がG大阪へ
 ガンバ大阪は13日、ファジアーノ岡山GK一森純(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。

 一森は関西学院大卒業後、2014シーズンからレノファ山口FCに加入。その後17シーズンから岡山でプレーした。今シーズンはJ2リーグで34試合に出場している。

 一森は岡山の公式サイトで「ファジアーノ岡山には、18歳と22歳の時に練習参加させていただきました。その時は力不足で加入することができませんでしたが、2017年に加入することができ、3年間で90試合に出場できました」と当時の思いを語る。

「熱望したクラブのエンブレムを纏い、ゴールを守る瞬間は夢のような時間でした。それと同時に、一つひとつのプレーへの責任、重圧は想像以上でした。岡山の誇りを背負い、ともに走り続けた日々は、僕のかけがえのない財産です。この財産を胸に、これからも覚悟をもって自分らしく頑張っていきます。チームは変わりますが、これからも応援していただけると幸いです。3年間、本当にありがとうございました」

 一方、G大阪の公式サイトでは「Jリーグ屈指のクラブからオファーをいただき、光栄に思います。ユニフォームの胸に光る星を1つでも増やすのはもちろんのこと、1人でも多くの人の心を動かせるような選手を目指して精一杯頑張りますので、熱い応援をよろしくお願いします」と意気込みを伝えている。

以下、プロフィール
●GK一森純
(いちもり・じゅん)
■生年月日
1991年7月2日(28歳)
■身長/体重
182cm/77kg
■出身地
大阪府
■経歴
C大阪U-15-C大阪U-18-関西学院大-山口-岡山
■出場歴
J2リーグ:120試合0得点
J3リーグ:36試合0得点
天皇杯:2試合0得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

J3八戸、5選手と来季契約を更新

 ヴァンラーレ八戸は13日、DF中谷喜代志(28)、DF須藤貴郁(28)、DF穂積諒(25)、GK金子優希(23)、DF近石哲平(30)の5選手と来季の契約を更新したことを発表した。

 今季からJ3初挑戦となった八戸は14勝6分14敗でリーグ戦10位となっていた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

J3優勝の北九州、DF寺岡真弘が手術…全治まで約9か月

[故障者情報]

 ギラヴァンツ北九州は13日、DF寺岡真弘(28)が負傷により手術を行ったことを発表した。

 寺岡は診断の結果、両膝外側半月板損傷と大腿骨外側顆軟骨損傷と判明。13日に手術を行い、全治約9か月になるという。北九州は今季J3リーグ戦で優勝を果たし、来季からJ2に昇格。寺岡は28試合に出場していた。

 14日にはシーズン報告会が行われるが、寺岡は不参加になるという。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

広島、山本代表取締役社長の後任候補者を発表…来年から就任へ

 サンフレッチェ広島は13日、年末で退任が決定している代表取締役社長の山本拓也氏の後任候補者が決定したことを発表した。

 後任候補者はテレビ・ラジオ番組制作会社のRCCフロンティア・仙田信吾氏(64)。12月下旬に開催される株主総会、および取締役会の承認をもって、来年1月1日より代表取締役社長に就任する予定だという。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!