「一発FWがポンと取るのが大事」…初戦の重要性語るU-23代表FW小川航基

U-23日本代表FW小川航基(水戸→磐田)
 何よりも重要な一戦になると感じている。AFC U-23選手権の初戦サウジアラビア戦が2日後に迫ったU-23日本代表。FW小川航基(水戸→磐田)は「一番大事」と表情を引き締めた。

 2日にタイ入りして6日目。30度を超える暑さにも慣れ、5日に行われた地元クラブとの練習試合では1ゴールを結果を残し、大会初戦に向けて弾みをつけた。だが、一喜一憂しない。FWである以上、「毎回、毎試合毎試合得点を取って、常に状態が良いところを見せていく」ことが重要だと感じている。

「虎視眈々と、足元をみながらやっていきたい」

 初戦の相手となるサウジアラビアのイメージは「縦に速い」。そして、「対人に強いCBがいて、空中戦が強く、セットプレーにも気を付けなければいけない」と警戒を示す。大会の今後を占う大事な初戦。小川も大会初戦が持つ意味を重く受け止めている。

「初戦は一番大事と言っていいほど。チームとしても難しい試合になるし、皆緊張もすると思う。そういった中で、どんなサッカーをしても勝ち点3を取れるかどうかはすごく重要なこと」

 当然、内容が伴った試合で勝ち点3をつかむことが一番だ。しかし、たとえ内容が悪くても勝利することが大事。そのためにもFWである自身が得点を奪おうと意欲を燃やしている。「チームの内容が悪く、ミスが多くても、一発FWがポンと点を取るのが大事。その役割を担えればと思う」。初戦まで2日。ストライカーはチームに勝利をもたらすゴールを奪うため、着々と準備を進めていく。

(取材・文 折戸岳彦)
▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

[ニューバランスカップ]決勝は初の関西勢対決。7試合中6試合無失点の滝川二が“裏選手権”制す!

前回大会優勝の静岡学園高が選手権で活躍中。来年は滝川二高が選手権で輝く
[1.6 NB CUP決勝 東海大大阪仰星高 0-1 滝川二高 時之栖裾野G]

 滝川二が“裏選手権”制す!全国高校サッカー選手権への出場が叶わなかった強豪48校が時之栖スポーツセンター(静岡)で優勝を争った「NEW BALANCE CUP 2020 新春高校サッカー強化研修大会」(通称・裏選手権)は6日午後、決勝戦を行い、滝川二高(兵庫)が初優勝した。東海大大阪仰星高(大阪)と対戦した滝川二は、後半35分にFW岩澤秀人(2年)が決勝点。1-0で勝ち、参加48校の頂点に立った。

 大会委員長の阿山恭弘氏によると、20年以上続く歴史ある大会で「関西勢対決は初めて」という決勝戦。試合は、序盤から球際の激しい攻防と切り替え速い守備が目立つ展開となった。

 前半は東海大仰星のMF門田悠汰(1年)やMF村上陽斗主将(2年)がシュートを放つシーンがあったものの、互いの守りに隙はなく、決定的なシーンは生まれず。インターセプトから強引に中央突破を繰り返すなど躍動した滝川二CB眞古大輔主将(2年)や大型MF松本祐満(2年)、東海大仰星の大型MF廣岡一樹(2年)、CB中原輝樹(2年)、右SB藤嶋凌久(1年)らといった守備に強みを持つ選手たちが存在感を放つ展開となった。

 滝川二はこの決勝戦、先発11人を全て2年生でスタート。松岡徹監督が指摘したように、なかなか攻撃の質が上がらなかったが、松本が「『自分たちがやろう』という声がたくさん出ていましたし、自分たちが最高学年というのが自覚できる場所だった。モチベーションは高かった」と振り返ったように、2年生たちが守備から試合を作り、幾度かクロスまで持ち込んでいた。

 その滝川二は後半11分、5選手を同時交代。中盤、前線に投入された彼らが仕掛けの回数を増やし、試合のテンポを上げていく。後半30分には右クロスからMF平岩航汰(1年)が決定的な左足シュートを放つが、東海大仰星GK岡田稜(2年)がストップ。一方の東海大仰星も中央からサイドへ展開し、そこからのクロスでゴール前のシーンを増やしたが、滝川二はGK林憲太朗((2年)や眞古、CB永川凌(2年)中心に堅い。

 東海大仰星の守りも堅く、拮抗した展開に。だが、試合は終了5分前の後半35分に動く。滝川二は、左サイドから積極的な仕掛けを見せていたMF寺田健人(1年)が縦への突破からクロス。これがニアのDFの手に当たり、PKとなった。キッカーの岩澤が右足で左隅に決めて先制。ついにリードを奪った。

 東海大仰星も左SB勝浦駿(2年)のロングスローなどを交えて相手DFにプレッシャーをかける。だが、滝川二は各選手がハードワークすることを徹底。眞古が「それは松岡監督に言われていること。個人として負けなければ、全員でも負けにくくなると言われているので全員で意識している」というように、最後まで個々が局面で負けず、気持ちのこもった戦いで相手の前に立ちはだかった。

 そして、最後まで1点リードを守った滝川二が1-0で勝利。初優勝を飾った。4日間で7試合を戦い、うち6試合で完封勝利。松岡監督は「凄く勉強になったというか、子どもたちの成長になったかなと思います。(7試合で)失点が2というところは、頑張るだけではダメですけれども、自分たちで話して積極的に良いところが出たかなと思います」と目を細めた。

 滝川二は兵庫、関西を代表する名門校。だが、この選手権予選はベスト8で敗れている。新チームスタート後は、「次の層のレベルを上げないといけない」という狙いで松岡監督や眞古が下のカテゴリーのチームに加わるなど、視野広くチーム作りをしてきた。

 そこから上のカテゴリーに上って活躍している選手もいる。県新人戦前の力試しとも言える“裏選手権”は、全国区の強豪相手に結果も出て今後に繋がる大会に。ただし、松岡監督は「基本的なところは上げていかないと、(今回は)正直、勢いとかそういう要素で勝ったところがある。プレーの質を上げないと、トップトップでやった時にキツくなると思います」と指摘する。

 狭いスペースをショートパスで攻略したり、岩澤や寺田がドリブルで相手を苦しめていたが、全体の基本技術はまだまだ。昨年完成した人工芝グラウンドでより、個人技術、個人戦術をレベルアップさせていく。

 決勝後、“滝二らしく”優勝を全力で喜んでいた選手たちだが、オンオフでしっかり切り替えることができることも今年の強み。眞古は「滝二のモットーである奢ることなく、これからも強い相手にも怯まずに、滝二らしさというのは松岡先生にも言われていることなので、それをもっと全面的に出して、全国の選手権という舞台で日本一を獲れるように頑張っていきたい」と誓った。

 前回大会で優勝した静岡学園高(静岡)が、開催中の第98回全国高校サッカー選手権でベスト4へ進出。滝川二は来年、自分たちも輝くために「怯まず、奢らず、溌剌と」目標に向かって挑戦し続ける。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

母校・静岡学園の躍進に刺激…U-23代表MF旗手怜央「自分も大会に出ている」

U-23日本代表MF旗手怜央(順大→川崎F)
 後輩たちの奮闘が刺激となっている。かつて静岡学園高のユニフォームを身にまとってプレーしたFW旗手怜央(順大→川崎F)。現在はAFC U-23選手権に臨むU-23日本代表に選出されて調整を進めている。そんな中、母校が23年ぶりに選手権4強入りを果たしたニュースが飛び込んできた。

 1月5日に行われた選手権準々決勝・徳島市立高対静岡学園高。前半16分にセットプレーの流れから先制した静岡学園は、攻撃の手を緩めずに3点を加点して4-0の完封勝利を収め、ベスト4進出を果たした。4試合15得点無失点と盤石の勝ち上がりを見せる後輩たち。新シーズンからプロ選手となる先輩にも大きな刺激を与えていた。

 タイ出発前に行われた静岡学園の1回戦では、実際に現地まで足を運んで観戦したという旗手。後輩たちの勝ち上がりには舌を巻いた。

「初戦の後は見に行けていなかったので、すごい気になっています。やっぱりベスト4まで行ったのはすごいことだし、得点をあれだけ決めている中で失点がゼロというのは、すごく評価される部分だと思う。初戦を実際に見て、ものすごく面白い試合をしていたので、このまま優勝してほしいですね」

 後輩から受ける刺激。目の前に迫る大会に向けて、より気合いが入ったようだ。「自分も大会に出ているので、個人的にも結果を残したいし、チームとして優勝を目指しているので、そういう結果を残せるように頑張りたい」。静岡学園の準決勝・矢板中央戦の2日前、日本の初戦・サウジアラビア戦は9日に迎える。好スタートを切るとともに、後輩の背中を押す勝利を収めたいところだ。

(取材・文 折戸岳彦)
▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

「結果を出してなんぼの番号」背負うMF食野亮太郎、条件付き招集も「いる間は絶対負けたくない」

「結果を出してなんぼの番号」背負うMF食野亮太郎、条件付き招集も「いる間は絶対負けたくない」
 AFC U-23選手権に臨むU-23日本代表は7日、バンコク近郊でトレーニングを行った。登録全23選手が顔を揃え、報道陣にはトレーニングの冒頭15分間が公開され、全選手がウォーミングアップを行っている。

 今大会唯一の海外組として招集されているMF食野亮太郎(ハーツ)は、2日前の5日に行なわれた地元クラブとの練習試合で1ゴールを記録。「一つ取れたのは良かった、取って乗っていくところはあるので」と結果を残したことに納得しつつ、「でも大事なのは公式戦。まだまだコンディション、キレの部分を上げていきたい」と初戦までの限られた時間で、自身を最高の状態に持っていこうとしている。

 与えられた背番号は10。シャドーの一角に入り、攻撃の軸としての期待が懸かっている。本人は「ちょっと緊張する」と苦笑しながらも、エースナンバーを背負う覚悟を示した。

「でも、光栄です。恥じないプレーをすること、結果を残してなんぼの背番号だし、ポジションなので、そこは意識したい」

 帯同期間が延長される可能性もあるが、現時点ではグループリーグ3試合の限定招集。「自分がいる間は絶対に負けたくない思いでやっている」。まずは帯同が決まっているグループリーグ3試合にすべてを賭ける。

(取材・文 折戸岳彦)
▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

びわこ成蹊スポーツ大の5選手が内定発表会見。後輩DF“横山記者”からの質問の答えは…

びわこ成蹊スポーツ大のJ内定5選手は後輩たちから祝福された
 びわこ成蹊スポーツ大は7日、滋賀県大津市の同大でJリーグへと進む5選手の合同加入内定発表会見を行った。会見にはGK田中勘太(カターレ富山)、GK糸原紘史郎(ガイナーレ鳥取)、MF忽那喬司(愛媛FC)、FW青山景昌(福島ユナイテッドFC)、FW井上直輝(ブラウブリッツ秋田)と各クラブの関係者が出席した。

 開学から16年で18名のJリーガーを輩出するが、一年に5選手がプロ入りを果たすのは今回が初めて。会見の冒頭でマイクを握った望月聡監督は「5人は主体性、リーダーシップ、向上心が優れているのが共通点。サッカーだけをやっていても先に進めない。色んな方々に人間的な成長をサポートしてもらえたから今がある。それぞれのストロングポイントを磨き続けて欲しい」とエールを送った。

 愛媛へと進む忽那は同クラブのアカデミー出身選手で、2015年には2種登録選手として天皇杯にも出場している。前年のMF清川流石に続き、2年連続でびわこ大の選手を獲得する児玉雄一強化部長は「ずっとクラブとして期待していたので、大学に進んでからも4年間プレーを追いかけていた。早くピッチに立って、成長した姿を見せて貰えれば」とコメント。忽那は「自分が生まれ育った愛媛県のクラブでプロとしてのキャリアをスタートできるのは嬉しい」と喜んだ。

 秋田の代表取締役と強化部長を兼任する岩瀬浩介氏は井上について、「練習参加した際に、献身的でひたむきにハードワークする姿が、僕らが掲げる秋田スタイルに合致すると思った。プレーヤーとして成長出来る人間力と向上心、負けん気を感じたので獲得した。1年目から試合に出てくれるのを期待しています」と獲得の決め手について説明。井上は「色々なチームに練習参加しながらもプロ入りが決まらなかった僕を最後の最後で取ってもらい、感謝している。恩を返すのはプレーでしかないと思っているので、1年目からやっていきたい。ここからがスタートで、満足したら終わり。ブラウブリッツ秋田をJ2に昇格させ、得点を重ねていきたい」と意気込んだ。

 青山を獲得した福島の竹鼻快GMは、「うちはJ2への昇格要件を持っていないので、福島を使って、J2、J1へのステップを果たすのをクラブと選手の目標にしている」とクラブとしての方針を説明。今年獲得した選手の中では一番、最初にオファーを出した事実から期待値の高さが伺え、「ゴール前でのチャンスメークとゴール、攻撃に変化を加えるプレーに期待したい」と話した。続いて、マイクを受け取った青山は、「プロ入りが決まって嬉しいが、ここからが勝負。プロの世界に入っていく覚悟と情熱を持って頑張りたい。得点に絡んでゴールをたくさん取るのが目標だけど、チームの勝利を優先したい。そこを目指さないとステップアップできないので、勝利を重視したい」と決意を明かした。

 富山の黒部光昭強化部長は、昨夏の総理大臣杯で田中のプレーを初めてチェックした。その際は大量失点を許したものの、練習参加に呼んだ際に「キックが上手いし、セービング能力も高い。足元はまだまだだけど良いモノを持っている」と高評価。二度目の練習参加で、「感覚でしかないですけど、彼はJ1以上でやれるオーラを持っている。ゴールマウスに立った姿を見て、彼はやれると確信した」ため、獲得を決意した。黒部氏の評価に驚きを見せた田中は、「カターレ富山をJ1に昇格させるのが僕の目標。そのためにカターレ富山に命を捧げるつもりで、頑張ります」と力強く宣言。そして「カターレ富山をACLに出られるチームにしたい。僕がその原動力になりたい」と続けた。

 会見を締めくくったのは糸原を獲得する鳥取だ。糸原は、田中のサブを務める時期が多かったが、びわこ大の北村裕貴コーチの勧めもあり、昨夏に練習参加。育成リーグでは広島との試合にも後半から出場し、無失点で試合を終えた。吉野智行強化育成部長は「ゴールマスに立った際のたたずまいが非常に良いなと思った。地元が鳥取県なのも魅力で、鳥取でプレーがしたいとの意気込みを感じたので獲得を即決した」と振り返る。「前身のSC鳥取の試合を観て、サッカー選手になりたい、サッカーが上手くなりたいと思った」糸原にとっては願ってもないオファー。「鳥取県は全国で一番、人口が少ない県。ガイナーレも強小というテーマ(小さくても強いという意味)を掲げて、クラブを大きくしようとしている。僕も一員としてガイナーレを大きくして、J1で戦いたい」と活躍を誓った。

 会見の最後には記者陣に交じり、3年生DF横山聡大(名古屋U-18)も「是非応援に行きたいので、それぞれこれは食べろというご当地グルメを教えてください」と質問する場面もあった。「みかんと鯛めし」(愛媛・忽那)、「比内地鶏となまはげ」(秋田・井上)、「果物と日本酒」(福島・青山)、「海鮮系をしっかり抑えて欲しい。ラーメンが好きなので、巡ってインスタに上げるのでチェックして欲しい」(富山・田中)、「海の幸と二十世紀梨」(鳥取・糸原)と挙げて、笑いを誘うなど和やかな雰囲気で会見が終わった。

(取材・文 森田将義)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

守備の補強に動くマンC、バルサ&レアルも狙うインテルDFがターゲットか

インテルに所属するDFミラン・シュクリニアル
 マンチェスター・シティが1月の移籍市場で、不安のある守備面の補強に動くようだ。英『ミラー』が伝えている。

 同紙によると、クラブはジョゼップ・グアルディオラ監督に対して長期的にチームの立て直しを託すと考えており、1月の移籍市場でも指揮官の補強策をサポートする模様だ。狙っているのは、インテルのDFミラン・シュクリニアル(24)だという。

 スロバキア人のシュクリニアルは2017-18シーズンからインテルでプレーし、今季はここまでセリエAで18試合に出場。ヨーロッパで最も求められているDFの1人としての地位を確立しつつあり、バルセロナやレアル・マドリーも狙っていると言われている。

 一方でシティは、他の選手も獲得ターゲットのリストに入っており、いずれかの候補を獲得できるようであれば、1月中に買う準備は整っているようだ。

●セリエA2019-20特集
●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

群馬のトップチームコーチに竹原氏が就任

 ザスパクサツ群馬は7日、2020年シーズンのトップチームのコーチとして、竹原靖和氏(39)の就任が決まったことを発表した。

 竹原氏は過去に金沢、福岡、長野のコーチなどを歴任。クラブ公式サイトを通じ、「クラブの力になれる様、全力で取り組みたいと思いますので、よろしくお願いいたします」と挨拶している。

以下、クラブ発表プロフィール

●竹原靖和
(たけはら・やすかず)
■生年月日
1981年3月12日(39歳)
■出身地
北海道
■指導歴
札幌ジュニアサッカ-スクールコーチ(2004〜2005年)-札幌トップチームサブマネージャー(2005〜2006年)-札幌ジュニアサッカースクールコーチ(2006〜2008年)-コンサドーレ旭川U-15コーチ(2008〜2011年)-金沢トップチームヘッドコーチ(2012〜2015年)-福岡アシスタントコーチ(2016〜2018年)-長野アシスタントコーチ(2019年)
■資格
日本サッカー協会公認A級指導者ライセンス

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

YS横浜DF山内が契約満了「次のステージでも頑張ります」

 Y.S.C.C.横浜は7日、契約期間満了に伴い、DF山内恵太(25)と2020年シーズンの契約を更新しないことを発表した。

 山内はY.S.C.C.セカンドから2018年にトップチームへ昇格し、2019年シーズンはJ3リーグ戦4試合に出場。クラブ公式サイト上で「2年間お世話になりました。多くの方々に支えられ選手としても人としても大きく成長できました。次のステージでも頑張ります。ありがとうございました」と感謝を伝えている。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF山内恵太
(やまうち・けいた)
■生年月日
1994年4月16日(25歳)
■身長/体重
167cm/63kg
■出身地
静岡県
■経歴
ロプタ静岡-清水商業高-Y.S.C.C.セカンド-YS横浜

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

清水のベテランGK西部が契約更新

清水GK西部洋平が契約更新
 清水エスパルスは7日、GK西部洋平(39)との契約を更新したことを発表した。

 西部は2016年、川崎Fから6年ぶりに清水へ復帰。2019年シーズンはJ1リーグ戦14試合、ルヴァン杯4試合、天皇杯3試合に出場した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「さあ行こうぜ名古屋!日本の頂へ!」DF太田宏介が契約更新に合意

DF太田宏介が名古屋と契約更新
 名古屋グランパスは7日、DF太田宏介(32)と2020年シーズンの契約更新に合意したことを発表した。

 太田は昨年7月にFC東京から完全移籍。名古屋加入後、J1リーグ戦12試合、ルヴァン杯2試合に出場した。

 新シーズンに向けてクラブ公式サイトを通じ、「名古屋グランパスファミリーの皆様、2020シーズン、絶対に"優勝"しましょう!一緒にシャーレを掲げましょう!さあ行こうぜ名古屋!日本の頂へ!」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「色々と悩んで決断しました」福島FW小牟田、双方合意のもと契約満了

 福島ユナイテッドFCは7日、FW小牟田洋佑(27)について協議を重ねた結果、双方合意のもと契約を満了することになったと発表した。

 小牟田は駒澤大から2015年に群馬へ加入し、2017年7月に福島へ期限付き移籍。翌2018年に群馬へ復帰したが、2019年に福島へ完全移籍すると、同シーズンはJ3リーグ戦31試合で4得点を記録した。

 クラブ公式サイトを通じて「1年間応援ありがとうございました。色々と悩んだ末にこのような決断をしました。今年は自分の思ったような結果が残せず、期待していただいた方々には本当に申し訳なく思っています。でもそんな僕に、いつも温かい声援を送ってくださったサポーターの皆様には、本当に感謝しています。チームは去りますが、またどこかでお会いした時は声をかけてください。本当にありがとうございました」とコメントしている。

以下、クラブ発表プロフィール

●FW小牟田洋佑
(こむた・ようすけ)
■生年月日
1992年7月18日(27歳)
■身長/体重
187cm/76Kg
■出身地
栃木県
■経歴
FC佐野-前橋育英高-駒澤大-群馬-福島-群馬-福島
■出場歴
J2リーグ:36試合1得点
J3リーグ:49試合5得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

[ニューバランスカップ]後半に関西学院の反撃許すも、際の部分で勝った東海大仰星が1-0勝利

東海大大阪仰星高は右SB細野真(左)の決勝点によって1-0で勝利
[1.6 NB CUP準決勝 滝川二高 1-0 桐光学園高 時之栖裾野G]

 第98回全国高校サッカー選手権への出場が叶わなかった強豪48校が、時之栖スポーツセンター(静岡)で優勝を争った「NEW BALANCE CUP 2020 新春高校サッカー強化研修大会」(通称・裏選手権)は6日午前、準決勝を行い、東海大大阪仰星高(大阪)が1-0で関西学院高(兵庫)を下した。

 準々決勝で関西学院を2-1で下した藤枝東高(静岡)が、学校のテストのために準決勝出場を辞退。繰り上げで準決勝に出場した関西学院を東海大仰星が立ち上がりからプッシュする。

 東海大仰星は2分、MF門田悠汰(1年)が持ち込んでから右足シュート。このこぼれ球を右SB細野真(2年)が右足で押し込んで早くも先制に成功した。関西学院は相手をリスペクトしてしまったことに加えて、早すぎる失点をしてしまったことで重心が重くなってしまう。

 対する東海大仰星は展開力を備えたMF松名大輝(1年)と184cmMF廣岡一樹(2年)のダブルボランチがセカンドボールを拾う部分と繋ぐ部分で力を発揮するなど、相手を押し込もうとする。そして、サイドでの連動したパスワークなどからゴールへ迫り、FW小村和世(2年)やMF小亀将治(2年)がシュートへ持ち込む。

 関西学院はなかなか立て直すことができなかったが、その中で左SB福島淳平(2年)が対人守備やポゼッションの部分で存在感。何とか0-1で食い下がると、後半は4-2-3-1へのシステム変更とともにボールを落ち着いて繋ぐことで流れを引き寄せる。

 東海大仰星は廣岡が「大会通して前半に押し込むことができたんですけれども、ほとんどの試合で後半、自分たちの陣地で試合をすることになってしまったのが今後の課題だと思います」と振り返ったように、後半は我慢の展開となった。

 関西学院は左MF田村亮弥(1年)が鋭い仕掛けでFKを獲得。そしてMF吉田直人(2年)のFKからゴール前であわやのシーンも作り出した。エースFW坂本龍之介(2年)中心に反撃を継続。そして、CB東昂希(1年)が決定的なシュートを放つシーンもあったが、全体的に最後のところで精度を欠き、同点に追いつくことができない。

 東海大仰星の良さは危険なシーンでしっかりとDF陣が足を出したり、身体を投げ出したりできるところだ。ボールを保持されても素早い寄せを続けるなど、際のところで相手のシュートやラストパスを制限。昨年からメンバーが大きく入れ替わっており、まだまだ甘いところも多い。それでも、廣岡やCB神戸浩暉(2年)、GK岡田稜(2年)らがやるべきことを体現し、3試合連続となる1点差勝利で決勝進出を決めた。

 東海大仰星は自分たちの力が無いと認めた上で、全員でサッカーを作り上げていく考えだ。仲間の弱点をカバーし、強みを作り出していくこと。主将のMF村上陽斗(2年)は「(今年の良さは)全員がある程度喋れるところと最後のところで踏ん張れるところ。(力がないことは)全員が分かっていることなので。今年は個人で抜ける選手とか個人の能力でカバーできる人が少ないので、本当に全員でサッカーを展開していきいたい」と力を込めた。

 中務雅之監督は「どれだけ(弱いということを)自覚してできるか」。日頃から甘さを消していかなければ、大事なところで甘さが出てしまう。村上も「シンドい時間帯とか、0-0の拮抗した時に甘さが出てきたりすると思うので、引き締めてまたみんなでやっていきたい」と誓っていた。激戦区・大阪を勝ち抜くために、「結束力がある」(中務監督)という世代は、全員で自分たちのサッカーを突き詰めていく。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

22歳MF市丸がG大阪に復帰…昨季は岐阜にレンタル

MF市丸瑞希がG大阪に復帰へ
 ガンバ大阪は7日、FC岐阜に育成型期限付き移籍していたMF市丸瑞希(22)が2020年シーズンより復帰することを発表した。

 市丸はG大阪の下部組織から2016年にトップチームへ昇格。2019年シーズンは岐阜に育成型期限付き移籍し、J2リーグ戦14試合、天皇杯1試合に出場した。

 G大阪復帰にあたってクラブ公式サイトを通じ、「ガンバに復帰することになりました。岐阜での成長を少しでも見てもらえるように頑張ります。応援 よろしくお願いします!」と挨拶している。

 また、岐阜のクラブ公式サイト上では「半年間という短い時間でしたが岐阜に来て色々な経験をさせていただきました。しかし、FC岐阜に貢献できなくて申し訳ない気持ちでいっぱいです。ここでの経験を今後のサッカー人生につなげて、これからも頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました」と感謝を述べた。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF市丸瑞希
(いちまる・みずき)
■生年月日
1997年5月8日(22歳)
■身長/体重
174cm/66kg
■出身地
大阪府茨木市
■経歴
G大阪Jrユース-G大阪ユース-G大阪-岐阜
■2019年出場記録
J2リーグ:14試合
天皇杯:1試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

福岡がDF輪湖、GKセランテス、塚本GKコーチの契約更新を発表

福岡のDF輪湖直樹とGKセランテスが契約更新
 アビスパ福岡は7日、DF輪湖直樹(30)、GKセランテス(29)、塚本秀樹GKコーチ(46)と2020年シーズンの契約を更新したことを発表した。

 輪湖は2019年シーズンのJ2リーグ戦29試合、天皇杯2試合に出場。セランテスはJ2リーグ戦41試合に出場した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

北九州の31歳MF内藤が契約更新「ひとつ高いステージでの新たなチャレンジ」

 ギラヴァンツ北九州は7日、MF内藤洋平(31)が2020年シーズンの契約を更新したことを発表した。

 内藤は2019年シーズンのJ3リーグ戦で8試合に出場。天皇杯は1試合に出場した。

 J2で迎える新シーズンに向け、クラブ公式サイトを通じて「チームとしてひとつ高いステージでの新たなチャレンジが始まりますが、全員が目標に目を向けることで新たな光景を生み出せるはずです。北九州の底力を見せつけるシーズンにしましょう」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

北九州の31歳MF内藤が契約更新「ひとつ高いステージでの新たなチャレンジ」

 ギラヴァンツ北九州は7日、MF内藤洋平(31)が2020年シーズンの契約を更新したことを発表した。

 内藤は2019年シーズンのJ3リーグ戦で8試合に出場。天皇杯は1試合に出場した。

 J2で迎える新シーズンに向け、クラブ公式サイトを通じて「チームとしてひとつ高いステージでの新たなチャレンジが始まりますが、全員が目標に目を向けることで新たな光景を生み出せるはずです。北九州の底力を見せつけるシーズンにしましょう」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

【納期について】

明けましておめでとうございます、ロンヨンジャパンの上田です!

どうぞ今年もよろしくお願い致します(^^)

 

皆さま年末年始はどの様に過ごされましたでしょうか?

私は年末早々に風邪をひいてしまいましたが、年始までに持ち直す事は出来ました(笑

今年も皆様にとって充実した年となる事をお祈りしております!

 

それでは本題に移らせて頂きます!

現在、大変有難い事なのですが、お客様からの注文が集中しております!

その影響で納品までのお時間を平常より長めに頂いており、3月末頃をめどに平常通りに戻る見込みとなっております。

ご不便おかけしますが、予めご承知おきをお願い致しますm(__)m

 

今年もフットサルを愛する皆様と盛り上がっていきたいと思います(^^)

改めてよろしくお願い致します!!

「これは大変な挑戦」岩手が25歳のブラジル人MFを獲得

 いわてグルージャ盛岡は7日、ファティマ(ポルトガル)に所属しているMFモレラト(25)が2020年シーズンから完全移籍で加入することを発表した。

 ブラジル国籍のモレラトは1994年生まれの25歳。クラブはプレースタイルについて、公式サイト上で「守備的MFだが、ロングボールを多彩に操り、ゲームメイクもできるマルチプレイヤー」と説明している。

 モレラトは岩手加入に際し、「私は盛岡でプレーできる事に本当に幸せですし、誇りに思います。これは大変な挑戦になると思いますが、私の目標は、ゴールを目指す選手、サポーターと共に、このクラブをJ2に連れていく事です。2020年が我々にとってたくさんの成功が掴める年になると確信しています!!!」と語った。

以下、クラブ発表プロフィール

●MFモレラト
(Morelatto)
■生年月日
1994年5月25日(25歳)
■身長/体重
180cm/78kg
■国籍
ブラジル
■経歴
パルメイラス(ブラジル)-ボア(ブラジル)-エストリル(ポルトガル)-オリャネンセ(ポルトガル)-エストリル(ポルトガル)-マフラ(ポルトガル)-ビラフランクエンセ(ポルトガル)-ファティマ(ポルトガル)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「これは大変な挑戦」岩手が25歳のブラジル人MFを獲得

 いわてグルージャ盛岡は7日、ファティマ(ポルトガル)に所属しているMFモレラト(25)が2020年シーズンから完全移籍で加入することを発表した。

 ブラジル国籍のモレラトは1994年生まれの25歳。クラブはプレースタイルについて、公式サイト上で「守備的MFだが、ロングボールを多彩に操り、ゲームメイクもできるマルチプレイヤー」と説明している。

 モレラトは岩手加入に際し、「私は盛岡でプレーできる事に本当に幸せですし、誇りに思います。これは大変な挑戦になると思いますが、私の目標は、ゴールを目指す選手、サポーターと共に、このクラブをJ2に連れていく事です。2020年が我々にとってたくさんの成功が掴める年になると確信しています!!!」と語った。

以下、クラブ発表プロフィール

●MFモレラト
(Morelatto)
■生年月日
1994年5月25日(25歳)
■身長/体重
180cm/78kg
■国籍
ブラジル
■経歴
パルメイラス(ブラジル)-ボア(ブラジル)-エストリル(ポルトガル)-オリャネンセ(ポルトガル)-エストリル(ポルトガル)-マフラ(ポルトガル)-ビラフランクエンセ(ポルトガル)-ファティマ(ポルトガル)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

鳥栖GK高丘が契約更新「チームを勝たせるGKになる」

鳥栖GK高丘陽平が契約更新
 サガン鳥栖は7日、GK高丘陽平(23)と2020年シーズンの契約を更新したことを発表した。

 高丘は横浜FCから2018年3月に鳥栖へ期限付き移籍し、同シーズン終了後に完全移籍。2019年シーズンはJ1リーグ戦24試合、ルヴァン杯6試合、天皇杯2試合に出場した。

 クラブ公式サイトを通じて「2020シーズンもサガン鳥栖の一員として戦えることをとても嬉しく思います。昨シーズンも素晴らしいサポートをして頂きありがとうございました!自分がレベルアップする為の作業を積み重ね、自分の全力を出し切りチームを勝たせるGKになる為に日々精進していきます。今シーズンもサガンティーノの皆様と共に!」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

G大阪から讃岐にレンタル中のDFペ・スヨン、両クラブと契約満了

 カマタマーレ讃岐は7日、ガンバ大阪から期限付き移籍していたDFペ・スヨン(21)の移籍期間が満了となったことを発表した。また、同日にG大阪からの契約満了も発表されている。

 ペ・スヨンは2017年にG大阪へ入団し、2018年は北九州に期限付き移籍。2019年は讃岐へ期限付き移籍し、J3リーグ戦18試合で2得点を記録した。

 讃岐のクラブ公式サイト上で「1年間熱い応援ありがとうございました。たくさんのことを学び、勉強になりました。1年という短い時間でしたが、サポーターの皆様に感謝をいたします」とメッセージを送っている。

以下、クラブ発表プロフィール

●DFペ・スヨン
(BAE Sooyong)
■生年月日
1998年6月7日(21歳)
■身長/体重
188cm/78kg
■出身地
韓国
■経歴
昌寧中-輔仁高-G大阪-北九州-G大阪-讃岐
■出場歴
J3リーグ:46試合3得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

[ニューバランスカップ]1年生MF中塚決勝弾!堅守も光る滝川二が桐光学園に1-0で勝利!

滝川二高はMF中塚大偉の決勝点によって桐光学園高に勝利
[1.6 NB CUP準決勝 滝川二高 1-0 桐光学園高 時之栖裾野G]

 第98回全国高校サッカー選手権への出場が叶わなかった強豪48校が、時之栖スポーツセンター(静岡)で優勝を争った「NEW BALANCE CUP 2020 新春高校サッカー強化研修大会」(通称・裏選手権)は6日午前、準決勝を行い、滝川二高(兵庫)が1-0で桐光学園高(神奈川)を破った。

 滝川二の前線で存在感ある動きを見せたFW岩澤秀人(2年)は「桐光は自分らより強くて、たまたま勝てただけ」と謙遜していた。それでも、滝川二は立ち上がりから引かずに戦い、GK原勇義(2年)のファインセーブなど無失点のまま試合を進める。そして、ショートパスを繋いだり、岩澤のキープ力を活かして攻め返す。右サイドをワンツーで1度、2度と攻略し、右SB馬場翼(1年)がラストパス。岩澤の決定的な1タッチシュートやミドルシュートで桐光学園ゴールを脅かした。

 一方の桐光学園は、視野の広いプレーに加えて力強いボールキープも見せていたMF岩根裕哉(1年)やMF馬場拓己(1年)の配球から仕掛けの回数を増やそうとする。前半15分のピンチをGK北村公平(2年)が凌ぐなど前半を0-0で終えると、後半開始からMF前川壮太(2年)を投入して攻撃のギアを上げる。

 そして、前川やFW三原快斗(1年)の推進力ある動きでゴール前のシーンやセットプレーの数を増やしたが、滝川二は後半、大型ボランチのMF松本祐満(2年)が良くセカンドボールを回収。またCB眞古大輔主将(2年)がインターセプトを連発し、相手の大型FW庄司朗(2年)へのタイトなチェックで自由を与えない。

 後半10分にゴール前の接触プレーで桐光学園の選手が負傷。治療、救急搬送のために試合が約20分中断するというアクシデントがあった。そして再開後の17分、滝川二が先制する。CB永川遼(2年)のフィードに岩澤が競ると、セカンドボールを拾ったMF中塚大偉(1年)がポッカリと空いたバイタルエリアを前進。そのまま右足シュートをゴール右上に突き刺した。

 歓喜の滝川二イレブン。一方の桐光学園はCB奈良坂巧(2年)が声とプレーでチームを鼓舞する。そして、「こういうのを勝つチームが強いチームだぞ!」「もっと気持ち見せろよ!」という声が飛ぶ。

 終盤の10分間はMF本多知啓(2年)の仕掛けなどを交えて反撃。左SB国島康介(2年)の折り返しを受けた本多が右足を振り抜いたが、滝川二はCB眞古がブロックする。最後は桐光学園が相手に息をつかせる間も与えないほどに攻め続けていたが、眞古や永川、原を中心に跳ね返した滝川二が1-0で勝利。決勝進出を決めた。

 滝川二の松本は「勝ち続けてきて自分たちも自信がついて、『絶対勝てる』という声も出ていたし、この大会を通じて自信がついたと思います」。兵庫の名門・滝川二は今大会、予選リーグを無失点で3連勝。決勝トーナメント1回戦で暁星高(東京)を3-0で突破すると、準々決勝では前評判の高かった履正社高(大阪)を3-2で退けている。

 そして、準決勝でも昨年のインターハイ優勝メンバーを残す桐光学園相手に全く怯むことなく戦い抜いて勝利。眞古が「滝二はどちらかというと攻撃のイメージがあるけれど、自分は守備も強い、どっちもできるという滝二にしたい」と語っていたが、守備の我慢強さも発揮した滝川二が、また自信を掴む白星で決勝へ駒を進めた。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

秋田DF韓浩康が契約更新「魂を込めて全力でプレーします」

 ブラウブリッツ秋田は7日、DF韓浩康(26)について、2020年シーズンの契約を更新したことを発表した。

 韓は2016年に山形でプロ生活を始め、同年7月に秋田へ期限付き移籍。2018年から完全移籍し、2019年シーズンはJ3リーグ戦18試合で1得点を挙げた。

 クラブ公式サイトを通じ、「また1年、この偉大なクラブでプレーできることに感謝の気持ちでいっぱいです。クラブの目標であるJ2昇格を果たす為に、いつも支えて下さる方々の為に、未来のサッカー界を引っ張っていく子供達に夢を与える為に、そして愛する秋田県の為に、魂を込めて全力でプレーします」と意気込みを述べている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

湘南DF坂、昨年12月に入籍していたことを発表

湘南DF坂圭祐が入籍
 湘南ベルマーレは7日、DF坂圭祐(24)が2019年12月17日に一般女性と入籍したことを発表した。

 坂は順天堂大から2018年に湘南へ加入し、2019年シーズンはJ1リーグ戦21試合で1得点をマーク。入籍にあたってクラブ公式サイトを通じ、「まだまだ未熟者ではありますが、妻と協力して温かい家庭を築いていけるよう努めていきます。これまで以上の覚悟を持ってサッカーに取り組んでいきます」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

京都の新背番号が決定! 選手権4強の帝京長岡MF谷内田は22番…ウタカ9番、李忠成20番、森脇は浦和時代と同じに

京都が今季トップチーム体制を発表
 京都サンガF.C.は7日、2020年シーズンのトップチーム体制を発表した。

 新加入組の背番号は、FWピーター・ウタカ(←甲府)が9番、FW李忠成(←横浜FM)が20番、DF森脇良太(←浦和)が浦和時代と同じ46番となっている。

 また、ルーキーでは高校サッカー選手権ベスト4に勝ち残っているMF谷内田哲平(←帝京長岡高)が22番、MF川崎颯太(←京都U-18)が24番、MF山田楓喜(←京都U-18)が27番に決まった。

以下、2020年シーズンのトップチーム体制

■スタッフ
▽監督
實好礼忠

▽ヘッドコーチ
佐藤一樹

▽コーチ
佐藤尽

▽GKコーチ
富永康博

▽アシスタントコーチ
出口拓馬

▽コンディショニングコーチ
水口涼太

▽チーフトレーナー
岩城孝次

▽トレーナー
白井佳明
三枝正人
川田卓也

▽チームサポート統括
朴聖浩

▽通訳
岡本剛人
ジェロニモ・アルベス

▽マネージャー
大前直也

▽ホペイロ
松浦紀典

■選手
1 GK 加藤順大
2 DF 飯田貴敬(←清水)
3 DF 宮城雅史
5 DF 黒木恭平
6 DF 本多勇喜
7 MF レナン・モッタ
8 MF 荒木大吾(←磐田)
9 FW ピーター・ウタカ(←甲府)
10 MF 庄司悦大
11 MF 曽根田穣(←甲府)
13 FW 宮吉拓実
14 MF 中川風希(←横浜FM)
16 DF 安藤淳
17 MF ジュニーニョ
18 FW 野田隆之介(←湘南)
19 DF 麻田将吾(←讃岐/期限付き移籍より復帰)
20 FW 李忠成(←横浜FM)
21 GK 清水圭介
22 MF 谷内田哲平(←帝京長岡高)
23 DF ヨルディ・バイス(←長崎)
24 MF 川崎颯太(←京都U-18)
25 DF 上夷克典
26 GK 太田岳志(←富山)
27 MF 山田楓喜(←京都U-18)
28 DF 冨田康平
29 MF 中野克哉
30 DF 石櫃洋祐
31 MF 福岡慎平
32 MF 上月壮一郎
34 GK 若原智哉
35 DF 江川慶城(←ロンドリーナEC sub 19(ブラジル)/期限付き移籍より復帰)
36 MF 荻野広大(←ロンドリーナEC(ブラジル)/期限付き移籍より復帰)
41 MF 金久保順
46 DF 森脇良太(←浦和)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020シーズン新体制&背番号一覧
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

大学サッカー部員集まれ! 大津祐樹、酒井宏樹が“無料”ジム開設。登録すれば用具割引、就職キャリア支援も

『Football Assist』の専用ウェアに身を包んだDF酒井宏樹とMF大津祐樹
 横浜F・マリノスMF大津祐樹は2020年から、大学サッカー部の学生を支援するプロジェクト『Football Assist』を発足させる。共に発起人を務めるのは柏レイソルで“同期”だった日本代表DF酒井宏樹(マルセイユ)。運営費はスポンサー企業の支援のみによって賄われ、学生はさまざまなサポートを無料で受けられるという異例の取り組みだ。

 運営主体は大津が代表取締役社長を務める『株式会社ASSIST』。「体育会」や「運動会」などに属する大学の公式サッカー部の部員であれば、誰でも①トレーニング支援②備品支援③キャリア支援—の3つのサポートを受けることができる。

 ①トレーニング支援は、東京都千代田区に新設される専用ジム(『スタジアム』)での活動支援。大津と親交のある専属トレーナーが立ち合い、それぞれの学生の個性や課題に合った体作りに取り組むことができる。大津も週1回程度のペースでジムを訪れ、学生たちと交流を持ちながら汗を流すという。

 ②備品支援は『株式会社フタバスポーツ』『株式会社明治』などの協力のもと、学生がサッカー用具やプロテインを割引価格で購入できるというもの。また③キャリア支援では会社説明会やセミナーを実施。サッカー経験を積極的に評価する企業・自治体と、サッカーに本気で取り組んできた学生をマッチングするサービスとなっている。

 いずれも学生の登録・利用は無料。運営費はすべてスポンサー企業の支援で賄われる。すでに不動産テック総合ブランド『RENOSY(リノシー)』を運営する『株式会社GA technologies(GAテクノロジーズ)』が第1号スポンサーに就任しており、専用のトレーニングウェアなども制作されている。

 WEBサイト(https://assist-sports.com)でも会員限定のコンテンツが提供されており、ジムに訪れるのが難しい学生も活用可能。キックオフイベントが1月9日(大学サッカー部向け)、1月10日(一般向け)に開催。東京都千代田区神田三崎町2-10-10矢野ビル2階の『スタジアム』にて、大津が取り組みの説明やサイン会などを行う。

 『ゲキサカ』では12月下旬、大津、酒井両選手にインタビューを実施。第一線での競技活動を続けている現役プロサッカー選手が、サッカー部の大学生を支援するという異例の取り組みに込めた思いを聞いた。

―シーズンオフやクリスマス休暇のお忙しい中、ありがとうございます。今季はお二人とも、所属チームが充実した成績を残されていますね。
大津「今年はJ1で優勝させてもらって、非常にチームとして結果が出ました。今年始まる前から優勝というものをチームとして目指してきた中で優勝を勝ち取れたのは、マリノスにとってもすごく大きいことでした」

―酒井選手も前半戦を終えて2位。いかがですか?
酒井「後半戦も継続できるようにしたいなと思います。ただハーフシーズンなので、まだ分からないです。マリノスみたいに良い終わり方ができれば一番いいですね」

―大津選手はこのオフ期間、この取り組みを説明するためさまざまな大学を訪問していると聞きました。どのようなことを話していますか?
大津「Football Assistとして学生支援を行っていく中で、今回は公式サッカー部を対象に活動、支援しているんですが、自分たちが直で学校に足を運び、学生の気持ちや先生の気持ちを共有しながら、より良いものを作っていこうとしています。いろんな支援の形があるんですが、僕が回らせてもらっている中では、マリノスが優勝した理由、チームとして戦うことの大切さ、僕がプロ生活で学んできたことを学生たちに伝えています」

―そもそもどうしてお二人で始めたのか、きっかけから教えてください。
大津「まず2016年に、僕と酒井宏樹でサッカーに対して僕たちが何かできないかということで話し合った結果、サッカースクールを立ち上げることになりました。まずはプレーで示せるので一番伝わりやすいかなと思って始め、現役中のプレーを多くの子供たちに伝えていきたいと思ったのがきっかけです。スピード感だったり、スキルの部分だったり、メンタルもそうです。ただそうして続けてきたんですが、僕たちはまだ大人に近い子供たちにアプローチできてないじゃんということで、今回は大学生を対象としたプロジェクトをすることに決めました」

―酒井選手は普段海外にお住まいですが、これまでの活動にはどういった形で関わってこられたのですか?
酒井「連絡は密に取っていますし、代表活動の際にも早めに帰ってこられた時は活動にしっかり参加して、なるべく意見をすり合わせるようにしています」

―海外でプレーしている選手にサッカーを教えてもらえる経験は、子供たちにとって非常に貴重な機会になりますね。
酒井「回数は非常に少ないので、それを少しでも多くすることが今はすごく大事なことだと思います。僕がいま経験していることはおそらく日本でやっている子供たちには触れられないものだと思うので、それを少しでも早い時期、早い年齢で伝えたいなと思っています」

―大学生をサポートする意味をもう少し詳しく教えてください。
大津「いまは大学生がよりプロに近くなっていて、選択肢を自分で決めないといけない環境になることが多くなっています。その選択肢を決める中で、僕たちの経験や、キャリアアドバイザーの話などで、仕事や就職も含めて前もって知識を入れておくことで、社会に出た後に大きな武器になると思っています。僕たちがプロに入った時、何も知らない状態でスタートした時、正直苦しかったし、何も分からなかったので、いろんな迷いもありました。そういったところを僕たちとしてはなくしてあげたい。社会に出た時から自分の武器を持って勝負できる環境を作ってあげたいなということで、より大人に近い大学生を対象に活動させてもらうことになりました」

―お二人は高卒でプロ入りしましたが、大学生はどのような存在だと思いますか?
酒井「大学卒というのは即戦力で、もう育成の枠ではありません。どれだけ武器を持って来れるか、チームに何を還元するかがチームからも求められると思います。なので僕たちもより責任感を持ってやろうと思っています」

―お二人はプロ入りした時、どのようなところに苦労がありましたか?
大津「プロはもう社会人なので、自分で選択しなきゃいけない機会が多いです。高校生は与えられたものを自分たちでこなす形ですけど、プロの世界ではより自分で向上心を持たないといけないと感じました」

酒井「プロはすべてのことを自立しないといけないし、自分のプレーにも自分の生活にも責任を持たないといけません。またチームの背景を背負って生活しないといけないのはプロとアマチュアの大きな違いだと思います」

―高卒選手と大卒選手にもギャップはあると思いますか?
大津「僕たちは高校からプロに入らせてもらったけど、その4年間は大きいものだったと思います。より若いうちからプロの環境を経験できるのはすごくプラスでした。ただ、その中で大学卒の選手が入ってきやすい環境も必要だと思いますし、いまでも大学卒の選手を見るとちょっと迷っているというか、やっぱり1〜2年目は『どうしたらいいの?』『プロってどうしたらいいですか?』となってしまいます。後輩を見ていても迷っている選手が多いなというのは感じているので、学生のうちに僕たちが直接アドバイスできる機会を設けることで、その迷いが少しでも消えたらいいかなと思っています」

―酒井選手も大津選手もプロ入り4年目の途中、すなわち大卒と同じくらいの年に海外へ行きましたが、大学サッカーのイメージはありますか?
酒井「高校サッカーはすごく注目されているけど、やっぱり大学サッカーを普通に盛り上げたいなという気持ちがあります」

大津「本当に高校サッカーってすごく注目されると感じています。僕自身も高校サッカーから出てきたんですが、大学サッカーはプロでも活躍している選手がすごく多い中、高校サッカーと比べると注目されていないなというのが僕としては一つの疑問です。大学サッカーからもすごく良い選手がいますし、その中でプロになれなかった選手も社会に出て活躍している機会がすごく多いです。そこの層はもっと評価されるべきだと思っていますし、僕の中ではそうした大学サッカーを盛り上げるのも僕らの仕事なのかなと思っています」

―そうした大学生をサポートする『Football Assist』の内容、対象などを教えてください。
大津「今回は公式のサッカー部限定にさせてもらったんですが、その中では男女問わずいろんな人を支援していきたいです。僕らとしては学生支援に関して3本の軸を取らせてもらっています。

 まず1つ目はトレーニング強化支援。トレーナーを雇って、週3日間トレーニングを受けられる環境を作ってあげます。トレーナーはJクラブの選手や、他競技のアスリートなども指導していて、いろいろな知識を持っている人です。僕自身も毎週トレーニングしているので、一緒に毎週受けられるような環境をつくっていきたいと思っています。

 そして2つ目が備品の支援です。フタバスポーツさん、明治さんと業務提携をさせていただいて、物品の支給であったり商品の割引サービス、プロテインやスパイクやウェアなどの割引サービスができる関係になっています。大学生はやっぱり資金面ですごく苦労するところがあるので、その苦労を少しでも楽にしてあげたいなというのが僕たちの思いです。

 3つ目はキャリア支援です。このプロジェクトを始める前に大学サッカー部の子にヒアリングした中、一番困っているのは就職でした。『どうしたらいいか分からない』という質問がすごく多かった。僕たちとしてはその悩みを解決してあげたいなと思い、キャリアアドバイザーを雇い、キャリアアドバイザーが就職の相談や企業に対する紹介、そのほかに企業に来ていただいてセミナーやイベントを定期的に行うことで、学生たちが視野を広げられるような、いろんな選択肢が増えるような環境を整えてあげたいと思っています」

―対象はトッププレーヤーですか?
大津「そういうわけでもないですね。Cチームでプレーしている子も、僕たちのトレーニングを受けてCチームからBチームへ、BチームからAチームへ、少しのレベルアップでもいいと思います。僕らにとって、必要だと思う技術を教えてあげたいですね。ただ自分たちが教えるトレーニングはあくまでも大学のサッカー部で輝けるように、使えるようにサポートするものです。僕たちのやり方がすべて正しいわけではないので、補助的な役割で大学サッカーの個々のスキルアップをサポートしていければと思っています」

―そういった支援があることで選手はサッカーに集中できますね。
酒井「集中できる環境を作ることによって、彼ら自身も言い訳ができない立場になりますし、より責任感を持ってくれると思います。その不安や苦労は少しでも解消できればいいと思いますし、全力でサポートしていきたいです」

―登録・利用する学生からは利用料を受け取らず、スポンサーの支援で運営すると聞きました。
大津「僕たちは学生により良くなってもらいたいし、学生が楽になる形を取りたいと思っています。学生からの登録はもちろん無償ですし、トレーニングも無償で行ってもらいます。備品支援の割引は多少お金を出すこともあるでしょうが、普通に売っている商品よりは確実に安く買えます。その資金でまたサッカーに対して何かに使ってもらえれば、僕たちがやっている意味はあるのかなと感じています」

酒井「僕も大津くんも大学サッカー卒ではないけど、金銭面ではより多くのものに散らして使いたい年齢だと思うので、そういう面で少しでも協力できればと思っています」

―どのような思い出活用してほしいというイメージはありますか?
大津「モチベーションはピンキリだと思いますが、フラっと来てくれることもすごく大切かなと感じています。その中でより向上心を持てるようにアシストしていこうと思っているので、気軽に来ていただいて、僕たちを経由して人間としていろんな面で成長してもらえればうれしいです」

酒井「帰国した際には多くの時間を費やして取り組みたいですし、そうやってコミュニケーションを取る機会は普段だとなかなかないので、密に話せたらいいなと思います」

―最後にお二人が学生と向き合う意気込みを教えてください!
大津「僕としてはサッカーに努力してきた人たちが報われる世界を作りたいというのが理念であって、若い世代がより良くなっていくために僕たちが全力でサポートしていきたいと思っています」

酒井「自分たちが学生に対して何ができるかというのを長い時間、綿密に打ち合わせをした中で、いろんなことができるというのが分かりました。最初から全部のことをできるかは分かリマせんが、少しずつ少しずつサポートしていきたいです」

(取材・文 竹内達也)

徳島がMF岩尾ら11選手との契約更新を発表

徳島のキャプテンを務めるMF岩尾憲
 徳島ヴォルティスは7日、DFジエゴ(24)、MF石井秀典(34)、MF岩尾憲(31)、FW河田篤秀(27)、FW清武功暉(28)、DF福岡将太(24)、MF藤田征也(32)、MF鈴木徳真(22)、GK松澤香輝(27)、GK長谷川徹(31)、FW押谷祐樹(30)の11選手と2020年シーズンの契約を更新したことを発表した。

 徳島は2019年シーズンのJ2リーグ戦で4位。J1参入プレーオフでは決定戦まで勝ち進んだが、湘南と1-1のドローに終わり、昇格を逃した。今季は就任4年目のリカルド・ロドリゲス監督の下、7年ぶりの昇格を目指す。

以下、11選手の出場記録

●DFジエゴ
<2019出場記録>J2:0試合0得点/天皇杯:0試合0得点
<通算出場記録>J2:38試合1得点

●DF石井秀典
<2019出場記録>J2:31試合1得点/天皇杯:0試合0得点
<通算出場記録>J1:74試合2得点/J2:239試合11得点

●MF岩尾憲
<2019出場記録>J2:41試合6得点/天皇杯:0試合0得点
<通算出場記録>J1:7試合0得点/J2:234試合17得点

●FW河田篤秀
<2019出場記録>J2:30試合13得点/天皇杯:0試合0得点
<通算出場記録>J1:11試合3得点/J2:69試合22得点

●FW清武功暉
<2019出場記録>J2:28試合6得点/天皇杯:2試合0得点
<通算出場記録>J1:14試合0得点/J2:140試合39得点

●DF福岡将太
<2019出場記録>J2:3試合0得点/天皇杯:1試合0得点
<通算出場記録>J2:34試合2得点/J3:48試合1得点

●MF藤田征也
<2019出場記録>J2:22試合1得点/天皇杯:0試合0得点
<通算出場記録>J1:132試合3得点/J2:222試合16得点

●MF鈴木徳真
<2019出場記録>J2:15試合1得点/天皇杯:2試合0得点
<通算出場記録>J2:15試合1得点

●GK松澤香輝
<2019出場記録>J2:0試合0得点/天皇杯:0試合0得点
<通算出場記録>J1:0試合0得点/J2:0試合0得点

●GK長谷川徹
<2019出場記録>J2:0試合0得点/天皇杯:2試合0得点
<通算出場記録>J1:28試合0得点/J2:100試合0得点

●FW押谷祐樹
<2019出場記録>J2:30試合4得点/天皇杯:2試合0得点
<通算出場記録>J1:11試合0得点/J2:267試合67得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

川崎Fのプロ4年目DFタビナス、今季はG大阪に期限付き移籍「皆様に認めていただけるように」

DFタビナス・ジェファーソンがG大阪へレンタル
 ガンバ大阪は7日、川崎フロンターレからDFタビナス・ジェファーソン(21)が期限付き移籍で加入することを発表した。移籍期間は2020年2月1日から2021年1月31日まで。契約により、川崎Fと対戦する全ての公式戦に出場できない。

 桐光学園高出身のタビナスは2017年に川崎Fへ入団。プロ3年目の2019年シーズンはFC岐阜に期限付き移籍し、J2リーグ戦8試合、天皇杯1試合に出場した。

 G大阪加入に際し、クラブ公式サイトを通じて「ガンバ大阪という歴史と 伝統あるクラブでプレーするチャンスをいただき、感謝しております。常に全力でプレーし、チームに貢献できるように、皆様に認めていただけるように頑張りたいと思います」と決意を語っている。

 また、川崎Fに対しては「今季はガンバ大阪で期限付き移籍という形でプレーすることになりました。ガンバ大阪の勝利に貢献すること、そして自分自身もしっかり成長していきたいと思います」とコメントした。

以下、クラブ発表プロフィール

●DFタビナス・ジェファーソン
(TABINAS JEFFERSON)
■生年月日
1998年8月7日(21歳)
■身長/体重
182cm/77kg
■出身地
東京都新宿区
■経歴
FCトリプレッタ-桐光学園高-川崎F-岐阜-川崎F
■出場歴
J2リーグ:8試合
天皇杯:1試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

山形の19歳GK大友が沼津にレンタル…昨季にクラブ史を塗り替えた有望株

 アスルクラロ沼津は7日、モンテディオ山形からGK大友竜輔(19)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。移籍期間は2021年1月31日まで。山形と対戦する公式戦には出場可能となっている。

 大友は秋田県出身の19歳。山形ユースから2019年シーズンにトップチームへ昇格すると、開幕戦の岐阜戦でベンチ入りを果たした。ユース出身選手が1年目の開幕戦でベンチ入りしたのはクラブ史上初。しかし、ルーキーイヤーは公式戦の出場がなかった。

 プロ2年目を迎える大友は沼津のクラブ公式サイトを通じ、「チームの目標に貢献できるよう、そしてチームの力になれるように精一杯頑張ります。よろしくお願いします」と挨拶している。

 また、山形のクラブ公式サイト上では「また山形で応援していただける選手になれるように、全力で挑戦してきます。大きくなって山形に帰ってきます!」と意気込みを語った。

以下、クラブ発表プロフィール

●GK大友竜輔
(おおとも・りゅうすけ)
■生年月日
2000年5月24日(19歳)
■身長/体重
186cm/72kg
■出身地
秋田県
■経歴
大曲中-山形ユース-山形
■出場歴
なし

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

木山新監督の仙台がトップチーム体制を発表! クエンカ9番、赤崎11番、退団した梁勇基の10番は…

新シーズンから仙台を率いる木山隆之監督
 ベガルタ仙台は7日、2020年シーズンのトップチーム体制が決定したことを発表した。

 仙台は2019年シーズンのJ1リーグ戦で11位。同シーズン限りで渡邉晋前監督(46)が退任し、新指揮官として山形から木山隆之氏(47)を迎えた。

 新加入選手ではMFイサック・クエンカ(←鳥栖)が9番、FW赤崎秀平(←川崎F)が11番に決定。2019年シーズン限りで退団したMF梁勇基の10番は現時点で欠番となっている。

以下、2020年シーズンのトップチーム体制

■スタッフ
▽監督
木山隆之

▽コーチ
木谷公亮
吉田賢太郎
小坂雄樹
村上和弘

▽GKコーチ
石野智顕

▽フィジカルコーチ
イ・チャンヨブ

▽アスレティックトレーナー
岡部智樹

▽トレーナー
多田智典
新山圭祐
安達壮

▽主務
永沼慎也

▽副務
金山基樹

▽通訳
比嘉チアゴ
武腰飛鳥

■選手
2 DF パラ(←ボタフォゴ/ブラジル)
3 MF 飯尾竜太朗
4 DF 蜂須賀孝治
5 MF 椎橋慧也
6 MF 兵藤慎剛
7 MF 関口訓充
8 MF 松下佳貴
9 MF イサック・クエンカ(←鳥栖)
11 FW 赤崎秀平(←川崎F)
12 サポーター番号
13 DF 平岡康裕
14 MF 石原崇兆
16 DF 吉野恭平(←広島)
17 MF 富田晋伍
18 MF 道渕諒平
19 FW ジャーメイン良
20 FW 長沢駿
21 GK 関憲太郎
22 GK 川浪吾郎
23 DF シマオ・マテ
24 GK 小畑裕馬(←仙台ユース)
26 DF 浜崎拓磨(←水戸)
27 GK ヤクブ・スウォビィク
28 MF 佐々木匠(←山口/期限付き移籍より復帰)
29 FW アレクサンドレ・ゲデス(←ビトーリア(ポルトガル)/期限付き移籍)
30 MF 田中渉
31 DF 照山颯人
33 DF 常田克人
35 GK イ・ユノ
37 MF 中原彰吾
39 DF 金正也

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020シーズン新体制&背番号一覧
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

名古屋がルーキーMF渡邉と契約更新「日々成長できるよう頑張ります」

 名古屋グランパスは7日、MF渡邉柊斗(22)と2020年シーズンの契約更新に合意したことを発表した。

 渡邉は東海学園大時代に特別指定選手として名古屋に所属し、2019年シーズンから正式加入。同シーズンは公式戦の出場がなかった。

 クラブ公式サイトを通じ、「今シーズンも名古屋グランパスの選手としてプレーできることを嬉しく思います。しっかり自分自身と向き合い、日々成長できるよう頑張ります。ファミリーの皆さん一緒になって闘いましょう!!」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

水戸がコーチ2名の就任を発表

 水戸ホーリーホックは7日、2020年シーズンよりトップチームコンディショニングコーチとして湯山諒平氏(31)、分析兼アシスタントコーチとして佐藤亮佑氏(24)が就任することを発表した。

 それぞれクラブ公式サイトを通じ、湯山氏は「選手、スタッフ、ファン・サポーターの皆様と一丸となってJ1昇格出来るよう、精一杯サポートしていきます」、佐藤氏は「秋葉監督をはじめとするスタッフの方々、ならびに選手の皆さんを全力でサポートし、クラブの力となることで、これまで育てていただいた地域に恩返しができるよう全身全霊をかけて精進したいと思います」とコメントしている。

以下、クラブ発表プロフィール

●湯山諒平
(ゆやま・りょうへい)
■生年月日
1988年4月17日(31歳)
■出身地
大阪府
■指導歴
2008年12月~2012年1月:筑波大学蹴球部 トレーナー
2010年~2011年:関東大学選抜 トレーナー
(デンソーカップ/韓国遠征/日韓大学選抜戦)
2012年4月〜2014年12月:藤枝東高校サッカー部 トレーナー
2012年:サッカー静岡県選抜 トレーナー
(ヤングサッカーフェスティバル・SBSカップ)
2013年:国体サッカー成年男子静岡県選抜 トレーナー
(東京国体東海大会)
2014年:国体サッカー少年静岡県選抜 トレーナー(長崎国体)
2015年1月~2016年1月:名古屋グランパス 育成 アシスタントトレーナー
2016年1月~2017年1月:矢崎バレンテFC トレーナー
2016年8月:サッカー静岡ユース トレーナー
(SBSカップ国際ユースサッカー)
2017年1月〜2018年12月:藤枝東高校サッカー部 トレーナー
2019年1月~:名古屋グランパス アカデミー アスレティックトレーナー
■資格等
・エム・エス・マイスター所属
・日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー 取得
・鍼師・灸師 取得

●佐藤亮佑
(さとう・りょうすけ)
■生年月日
1995年10月1日(24歳)
■出身地
茨城県ひたちなか市
■指導歴
2014年~2018年:谷田部FCコーチ
2018年~2019年:筑波大学蹴球部コーチ
■資格等
・日本サッカー協会公認C級コーチ

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

190cmの20歳GKイ・ユノが福島から仙台へレンタル復帰「目標達成に貢献したい」

 ベガルタ仙台は7日、福島ユナイテッドFCへ期限付き移籍中のGKイ・ユノ(20)が復帰することを発表した。

 韓国出身のイ・ユノは中東高から2017年3月に仙台へ加入。2019年シーズンは福島に期限付き移籍したが、ここまで公式戦の出場はない。

 仙台復帰にあたり、クラブ公式サイト上で「レベルアップした姿をみなさんにお見せして、チームの目標達成に貢献したいと思います」とコメントした。

以下、クラブ発表プロフィール

●GKイ・ユノ
(LEE Yunoh)
■生年月日
1999年3月23日(20歳)
■身長/体重
190cm/85kg
■出身地
韓国
■経歴
中東中-中東高-仙台-福島
■出場歴
なし

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

鳥取GK井上の移籍先がJFLの松江シティFCに決定

 ガイナーレ鳥取は7日、GK井上亮太(29)の移籍先が松江シティFC(JFL)に決定したことを発表した。

 井上はFC東京の下部組織出身の29歳。鹿屋体育大から2013年に鳥取へ入団した。2019年シーズンはJ3リーグ戦12試合に出場。同年12月に契約満了が発表されていた。

以下、クラブ発表プロフィール

●GK井上亮太
(いのうえ・りょうた)
■生年月日
1990年4月26日(29歳)
■出身地
東京都
■経歴
FC東京U-15深川-FC東京U-18-鹿屋体育大-鳥取
■出場歴
J3リーグ:33試合
天皇杯:1試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

鳥取GK井上の移籍先がJFLの松江シティFCに決定

 ガイナーレ鳥取は7日、GK井上亮太(29)の移籍先が松江シティFC(JFL)に決定したことを発表した。

 井上はFC東京の下部組織出身の29歳。鹿屋体育大から2013年に鳥取へ入団した。2019年シーズンはJ3リーグ戦12試合に出場。同年12月に契約満了が発表されていた。

以下、クラブ発表プロフィール

●GK井上亮太
(いのうえ・りょうた)
■生年月日
1990年4月26日(29歳)
■出身地
東京都
■経歴
FC東京U-15深川-FC東京U-18-鹿屋体育大-鳥取
■出場歴
J3リーグ:33試合
天皇杯:1試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「これからも自分らしく」相模原の32歳MF末吉が引退を決断

 SC相模原は7日、MF末吉隼也(32)が2019年シーズン限りで現役を引退することを発表した。

 末吉は2010年のプロ入りから福岡、鳥栖、大分、岡山でプレー。2019年から相模原へ加入した。同シーズンはJ3リーグ戦25試合に出場し、1得点を記録。昨年12月に契約満了が発表されていた。

 引退にあたってクラブ公式サイトを通じ、「プロサッカー人生は終わりますが、これからも自分らしく何事もコツコツと地道に進んでいきたいと思います。10年間本当にありがとうございました」とコメントしている。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF末吉隼也
(すえよし・としや)
■生年月日
1987年11月18日(32歳)
■身長/体重
175cm/73kg
■出身地
福岡県北九州市
■経歴
引野中-東海大五高-福岡大-福岡-鳥栖-大分-鳥栖-福岡-岡山-相模原
■Jリーグ出場歴
J1リーグ:60試合2得点
J2リーグ:167試合9得点
J3リーグ:25試合1得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「これからも自分らしく」相模原の32歳MF末吉が引退を決断

 SC相模原は7日、MF末吉隼也(32)が2019年シーズン限りで現役を引退することを発表した。

 末吉は2010年のプロ入りから福岡、鳥栖、大分、岡山でプレー。2019年から相模原へ加入した。同シーズンはJ3リーグ戦25試合に出場し、1得点を記録。昨年12月に契約満了が発表されていた。

 引退にあたってクラブ公式サイトを通じ、「プロサッカー人生は終わりますが、これからも自分らしく何事もコツコツと地道に進んでいきたいと思います。10年間本当にありがとうございました」とコメントしている。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF末吉隼也
(すえよし・としや)
■生年月日
1987年11月18日(32歳)
■身長/体重
175cm/73kg
■出身地
福岡県北九州市
■経歴
引野中-東海大五高-福岡大-福岡-鳥栖-大分-鳥栖-福岡-岡山-相模原
■Jリーグ出場歴
J1リーグ:60試合2得点
J2リーグ:167試合9得点
J3リーグ:25試合1得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

愛媛、千葉U-18出身の20歳MF竹嶋と契約更新

 愛媛FCは7日、MF竹嶋裕二(20)と2020年シーズンの契約を更新したことを発表した。

 千葉U-15、U-18出身の竹嶋は2018年に愛媛へ加入。2019年シーズンはJ2リーグ戦3試合、天皇杯1試合に出場した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

愛媛、千葉U-18出身の20歳MF竹嶋と契約更新

 愛媛FCは7日、MF竹嶋裕二(20)と2020年シーズンの契約を更新したことを発表した。

 千葉U-15、U-18出身の竹嶋は2018年に愛媛へ加入。2019年シーズンはJ2リーグ戦3試合、天皇杯1試合に出場した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

昨年末に症状を自覚…磐田MF今野が手術により合流まで4~5か月

昨年7月にG大阪から磐田へ完全移籍したMF今野泰幸
[故障者情報]

 ジュビロ磐田は7日、MF今野泰幸が昨年11月末のトレーニング中に腰痛を自覚し、浜松市内の医療機関で検査を行った結果、腰椎椎間板ヘルニアおよび嚢腫(のうしゅ)と診断されたことを発表した。同年12月中に手術を実施し、トレーニング合流まで4~5か月程度(手術後)となっている。

 今野は昨年7月にG大阪から磐田へ完全移籍。加入後、リーグ戦5試合に出場し、1得点を記録していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

昨年末に症状を自覚…磐田MF今野が手術により合流まで4~5か月

昨年7月にG大阪から磐田へ完全移籍したMF今野泰幸
[故障者情報]

 ジュビロ磐田は7日、MF今野泰幸が昨年11月末のトレーニング中に腰痛を自覚し、浜松市内の医療機関で検査を行った結果、腰椎椎間板ヘルニアおよび嚢腫(のうしゅ)と診断されたことを発表した。同年12月中に手術を実施し、トレーニング合流まで4~5か月程度(手術後)となっている。

 今野は昨年7月にG大阪から磐田へ完全移籍。加入後、リーグ戦5試合に出場し、1得点を記録していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

南野加入が大きく影響?リバプール、オランダ代表MFの放出を検討か

ジョルジニオ・ワイナルドゥムの放出を検討
 リバプールオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(29)の売却を検討しているようだ。英『サン』が報じた。

 2016年7月にニューカッスルから加入したワイナルドゥムは、運動量豊富で攻守でハードワークできるMF。ここまで公式戦166試合16得点を記録し、昨季はUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)制覇に大きく貢献した。

 同紙によると、リバプールとワイナルドゥムとの契約は2021年夏まで。リバプールはフリーでの放出を避けるため、今夏の放出を検討しているという。

 もちろん、リバプールは契約延長を除外しているわけではない。だが、同紙は「南野拓実の加入が極めて重要であることを証明している」と指摘。ユーティリティー性の高い南野の加入により、ワイナルドゥム放出の可能性が高まったと伝えている。

 なお、ワイナルドゥムに対して、スペインやイタリア複数クラブが獲得に関心を示しているようだ。

●プレミアリーグ2019-20特集
●海外組ガイド
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

鳥栖MF石川啓人が熊本へ武者修行「しっかり活躍して戻ってきたい」

石川啓人が熊本へレンタル移籍(写真は2017年のもの)
 ロアッソ熊本は7日、サガン鳥栖よりMF石川啓人(21)が期限付き移籍で加入することを発表した。期間は2021年1月31日まで。

 鳥栖の下部組織育ちの石川は、2017年にトップチームに昇格し、J1リーグ通算3試合に出場。クラブ公式サイトを通じて「チームの勝利のために全力でプレーします。応援よろしくお願いします」と挨拶した。

 また、鳥栖を通じて「どんな時でも変わらず熱い応援ありがとうございます。今シーズンは自分にとって初めてサガン鳥栖ではないクラブでプレーすることになりました。今まで育てて頂いたクラブ、支えてくださったサポーターの皆さんに恩返しできるように、しっかり活躍して戻ってきたいと思っています。ロアッソ熊本は鳥栖から近いですし、これからも応援よろしくお願いします」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

清水、MF宮本航汰との契約更新&岐阜からの復帰を発表

 清水エスパルスは7日、FC岐阜に期限付き移籍していたMF宮本航汰(23)との契約を更新し、復帰することを発表した。

 2018年1月から2年間岐阜に所属した宮本は、昨年リーグ戦25試合で1得点を記録。クラブ公式サイトを通じて「また地元でプレーすることができ大変嬉しく思っています。何もできず過ごした1年目からどれだけやれるか自分でも楽しみです。長崎、岐阜での経験を還元できるよう頑張ります」と意気込んでいる。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

千葉DF杉山弾斗が讃岐に期限付き移籍…昨年は富山でプレー

杉山弾斗が讃岐へ期限付き移籍
 ジェフユナイテッド千葉は7日、DF杉山弾斗(20)が2020シーズンはカマタマーレ讃岐へ期限付き移籍することを発表した。

 2018年に市立船橋高から加入し、昨年は育成型期限付き移籍でカターレ富山でプレーしていた杉山。クラブ公式サイトを通じて「今年もジェフ千葉で戦うことができないのは悔しい気持ちもありますが、必ず成長して帰ってきます。今後も応援よろしくお願いします」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

甲府GK岡大生、富山への期限付き移籍決定「優勝して必ず昇格しましょう」

岡大生が富山へ
 カターレ富山は7日、ヴァンフォーレ甲府よりGK岡大生(31)が期限付き移籍で加入することを発表した。

 昨年、公式戦の出場がなかった岡はクラブ公式サイトを通じて「カターレでプレーできること、共に闘えることがとても楽しみです。上を目指して常に努力します! 優勝して必ず昇格しましょう!!よろしくお願いします」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

群馬、元福岡監督の久藤清一氏がヘッドコーチ就任

久藤清一氏がヘッドコーチ就任
 ザスパクサツ群馬は7日、2020シーズンのトップチームのヘッドコーチとして、久藤清一氏(45)の就任決定を発表した。

 熊本や福岡のコーチを歴任し、昨年6月から11月まで福岡の監督を務めていた久藤氏は、クラブ公式サイトを通じて「この度ザスパクサツ群馬のコーチになる久藤です。監督、選手を全力でサポートしたいと思います」とコメントしている。

 また、FC町田ゼルビアにてコーチを務めていた小林亮氏がトップチームのコーチに就任することも併せて発表している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

松本DFジョ・ジヌが母国クラブへ完全移籍、2年在籍も公式戦出場はなし

 松本山雅FCは7日、DFジョ・ジヌ(20)が大邱FC(韓国)へ完全移籍することを発表した。

 2018年3月に仁川南高から加入も、公式戦の出場はなかったジョ・ジヌ。クラブ公式サイトを通じて「韓国のテグFCへ移籍することになりました。松本山雅FCは僕自身初めてのプロチームでした。海外のクラブだったので僕としては大きな挑戦でした。どんな時でも熱い応援をして頂き、ありがとうございました。韓国に戻りますが、一生忘れません。韓国からも松本山雅FCを応援します!2年間ありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

鳥栖DF小林祐三が契約を更新「キャリアの集大成となるようなシーズンに…」

小林祐三が契約を更新
 サガン鳥栖は7日、DF小林祐三(34)との契約更新を発表した。

 柏、横浜FMを経て2017年に鳥栖に加入した小林は、昨年リーグ戦16試合に出場。クラブ公式サイトを通じて「キャリアの集大成となるようなシーズンにするつもりで、チームが勝つためにリーダーシップを発揮していきます。今年も応援よろしくお願いします」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

松本MF杉本太郎が契約更新、昨年J1リーグ27試合2得点

松本MF杉本太郎が契約更新
 松本山雅FCは7日、MF杉本太郎(23)との契約更新を発表した。

 2014年に鹿島に加入した杉本は徳島を経て、昨年に松本に加入。J1リーグ27試合2ゴール、ルヴァン杯で5試合1ゴールを記録した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

クレビーニョがレンタル期間延長で東京V残留「J1昇格を皆でつかみましょう」

クレビーニョのレンタル期間延長
 東京ヴェルディは7日、フラメンゴから期限付き移籍で加入していたDFクレビーニョ(21)の期限付き移籍期間を延長することを発表した。昨年8月に加入したブラジル人DFは、リーグ戦13試合に出場した。

 クラブ公式サイトを通じて「今シーズンは昨シーズンよりも個人的に結果を出し、チームの勝利により貢献したいと思っています。これからキャンプが始まるので、新チームとして一丸となり、良い準備をしてリーグ初戦を必ず勝つことが大切です。そして一つ一つの試合を勝っていき、J1昇格を皆でつかみましょう」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「まだまだ力不足」名古屋MF杉森考起が徳島に期限付き移籍

杉森考起が徳島へ
 徳島ヴォルティスは7日、名古屋グランパスよりMF杉森考起(22)の期限付き移籍による加入が内定したことを発表した。メディカルチェック後に正式契約となる。

 名古屋下部組織育ちで2014年にトップチームに昇格した杉森は、2018年に町田に期限付き移籍。復帰した昨年はリーグ戦3試合、ルヴァン杯7試合、天皇杯1試合に出場していた。

 クラブ公式サイトを通じて「徳島ヴォルティスの皆さん、初めまして。名古屋グランパスから加入する杉森考起です。徳島の皆さんとJ1昇格を一緒に喜べるよう精一杯頑張ります。よろしくお願いします!」とファンに挨拶した。

 また、名古屋を通じては「昨年、グランパスの力になるために期限付き移籍より復帰しましたが、思うような結果が出せず、悔しさと歯痒さの残るシーズンになってしまい、まだまだ自分自身の力不足を感じました。今年、徳島ヴォルティスへ期限付き移籍することで、名古屋の皆さんに徳島に行って良かったと思ってもらえるような活躍を届けられるように精一杯頑張ってきます。いっています!」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

新潟、ブラジル2部で15得点記録のストライカー加入

新潟にブラジル人ストライカー加入
 アルビレックス新潟は7日、オエスチ(ブラジル)からFWファビオ(22)の移籍加入が内定したことを発表した。

 2019シーズン、ブラジル選手権2部リーグで得点ランキング2位となる15ゴールを記録したブラジル人FWは、「高さにしなやかさを兼ね備えた生粋のストライカー。左右両足からの正確なシュートやスピードに乗ったときのパワフルなプレーは必見」とクラブは紹介。

 ファビオはクラブ公式サイトを通じて「アルビレックス新潟のユニフォームを着るチャンスをいただき、幸せを感じています。J1昇格という目標を達成するために、モチベーションを高く、余すことなく努力してチームをサポートしていきます。早く新潟に行き、街を知り、人々を知り、チームメイトを知り、そして、何よりシーズン中に、私たちの背中を押し続けてくれるサポーターの皆さんに会いたいです。もう少しで皆さんの前に立てると思います。あと少しです」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

13年間在籍した神戸に別れ…MF三原雅俊がレンタルから柏へ完全移籍

三原雅俊が完全移籍へ
 柏レイソルは7日、ヴィッセル神戸から期限付き移籍加入していたMF三原雅俊(31)が完全移籍で加入することを発表した。

 昨年7月に神戸から期限付き移籍で加入した三原は、J2リーグ16試合に出場し、2ゴールを記録。クラブ公式サイトを通じて「また2020シーズンも柏レイソルの選手として日立台でプレーしたいと思い、決断しました。これからも応援をよろしくお願いします」と新シーズンへ意気込みを語った。

 また、2007年から在籍していた神戸を通じては「ファン、サポーター、選手の皆さん天皇杯優勝おめでとうございます。このたび、柏レイソルに移籍することになりました。13年間ヴィッセル神戸の選手としてプレーできたことを誇りに思います。神戸の街、神戸の人が大好きです。そしてヴィッセル神戸に関わるすべての方に感謝しています。ありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

カン・スイルとパライバが契約満了により東京V退団

ジャイルトン・パライバが退団へ
 東京ヴェルディは7日、契約満了に伴い、FWカン・スイル(32)とFWジャイルトン・パライバ(29)が退団することを発表した。

 昨年7月にラーチャブリーFC(タイ)から加入したカン・スイルは、昨年リーグ戦3試合に出場。ゲンチレルビルリィから昨年8月から加入したパライバは、リーグ戦11試合で4ゴールを記録した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

富山MFルーカス・ダウベルマンが契約更新「優勝とJ2昇格のために共に頑張りましょう!」

 カターレ富山は7日、MFルーカス・ダウベルマン(23)との契約更新を発表した。

 2018年にマドゥレイラ(ブラジル)から加入したダウベルマンは、昨年リーグ戦13試合1得点を記録。クラブ公式サイトを通じて「今年もカターレ富山の一員としてプレー出来ることとなり幸せに思っています。いつも応援していただきありがとうございます。今年も12番目の選手としてスタジアムに応援に来てください。とても力になっています。優勝とJ2昇格のために共に頑張りましょう!」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

新潟がスペイン人ゴールゲッターを獲得!「新潟のために100%の力を」

新潟がスペイン人FWを獲得
 アルビレックス新潟は7日、チェンナイ・シティ(インド)からFWペドロ・マンジー(31)の移籍加入が内定したことを発表した。

 クラブ公式サイトによると、マンジーは「110試合出場106得点の得点力を誇るゴールゲッター。ゴール前の決定力の高さだけでなく、常にハードワークしチームプレーに徹することができる」選手だという。

 マンジーはクラブを通じて「2020シーズン、アルビファミリーの一員として、新たな挑戦の機会を与えてくれた、アルビレックス新潟に関わる全ての皆様に感謝を申し上げます。希望を持って日本に行き、チームが掲げる目標を達成するために、ハードワークします!自身はハードワークが得意であり、闘争心をたぎらせて、アルビレックス新潟のために100%の力を出し切ります。ビッグスワンでお会いしましょう!」とコメントしている。

●FWペドロ・マンジー
(Pedro Javier Manzi Cruz)
■背番号
19
■生年月日
1988年10月13日(31歳)
■身長/体重
180cm/81kg
■国籍
スペイン
■経歴
A・グラナディージャ(スペイン)-SDテニスカ(スペイン)-エストレジャCF(スペイン)-オスピタレットCE(スペイン)-チェンナイ・シティFC(インド)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

相模原退団のDF加納錬、アルテリーヴォ和歌山に移籍

 SC相模原は7日、DF加納錬(25)がアルテリーヴォ和歌山(関西1部)に移籍することを発表した。

 2018年に栃木ウーヴァFCから相模原に加入した加納は、昨年リーグ戦4試合に出場。同年12月12日に契約満了が発表されていた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

山形が新潟MF渡邊凌磨を獲得!A・ロドリゲスとは契約更新せず

渡邊凌磨が山形加入
 モンテディオ山形は7日、アルビレックス新潟よりMF渡邊凌磨(23)が完全移籍で加入することを発表した。

 2018年7月にインゴルシュタット(ドイツ)から新潟に加入した渡邊は、昨年リーグ戦23試合で4ゴールを記録。クラブ公式サイトを通じて「J1昇格という目標を達成するために、自分の持っているものを全て出したいと思っています!よろしくお願いします!」と新天地のファンに挨拶した。

 一方で山形はMFアルヴァロ・ロドリゲス(26)との契約を更新しないことを併せて発表。クラブを通じて「2年間、様々と経験と成長を与えて頂いたモンテディオ山形にお礼申し上げます。もっと、ピッチの中で恩返ししたかったのですが、残念ながら果たせませんでした。これからも山形の成功を祈ります。また会いましょう」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

JFLを経てJリーガーに…八戸がFW黒石貴哉を獲得「必死で努力します」

 ヴァンラーレ八戸は7日、MIOびわこ滋賀(JFL)からFW黒石貴哉が完全移籍で加入することを発表した。

 神戸国際大付高、姫路独協大を経て、昨年MIOびわこ滋賀に加入した黒石は、JFLで21試合1得点を記録。クラブ公式サイトを通じて「まずはこの環境でサッカーをさせてくれる両親に感謝をし、みなさんに認めてもらえるように精一杯頑張りたいと思います。チームの力になれるよう必死で努力します。ファン・サポーターのみなさんどうぞよろしくお願いします」と挨拶した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「待ちきれません!」広島DFエミル・サロモンソンが福岡へ期限付き移籍

エミル・サロモンソンが福岡へ
 アビスパ福岡は7日、サンフレッチェ広島よりDFエミル・サロモンソン(30)が期限付き移籍で加入することを発表した。期間は2021年1月1日まで。

 昨年、IFKヨーテボリから広島に加入したサロモンソンは、J1リーグ19試合で2ゴールを記録。クラブ公式サイトを通じて「J1昇格を目指すチームの一員としてチームに貢献できることを楽しみにしています。すごくワクワクした挑戦であり、シーズンが始まるのが待ちきれません!」と加入を喜んだ。

 また、広島を通じては「この素晴らしいチームでプレーする機会を与えていただき感謝しています。自分にとって挑戦の1年であり、充実した1年でした。選手として、そして人として多くのことを学ぶことができました。サンフレッチェ広島の将来が明るいものになることを確信しています!」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

鳥栖FW豊田陽平が“名誉ある特別な日に”契約更新「不退転の覚悟で臨みたい」

契約を更新した豊田陽平
 サガン鳥栖は7日、FW豊田陽平(34)との契約更新を発表した。

 2010年に鳥栖に加入した豊田は、2018年1月に蔚山現代へ期限付き移籍。同年6月に復帰し、昨年はリーグ戦26試合で4ゴールを記録した。

 クラブ公式サイトを通じて「サガン鳥栖に関わるすべての方々が大切にしている名誉ある特別な日に、誠に恐縮ではございますが契約更新の発表をさせていただけること、幸甚の至りです。20年という月日が流れようと、選手が入れ替わろうと決して忘れることはありません。あらためて故坂田道孝先生(2000年1月7日死去)へ心から感謝し、不退転の覚悟で臨みたいと思います」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

横浜FM退団のMF堀研太、新天地はJFLラインメール青森に決定

 横浜F・マリノスは7日、MF堀研太(20)がラインメール青森(JFL)へ完全移籍することを発表した。

 横浜FMユース出身の堀は、2種登録選手を経て2018年にトップチームへ昇格。昨年はブラウブリッツ秋田に期限付き移籍し、J3リーグ戦12試合に出場したが、契約満了が発表されていた。

 クラブ公式サイトを通じて「ラインメール青森でプレーすることになりました。小学校からお世話になっているマリノスのため、またいままで自分を応援してくださっている人のためにも、まず今年一年頑張りたいと思います」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

岩手、甲府MF後藤京介が期限付き移籍で加入

 いわてグルージャ盛岡は7日、ヴァンフォーレ甲府からMF後藤京介(27)が期限付き移籍で加入することを発表した。期間は2021年1月31日まで。

 昨年、甲府に完全移籍で加入し、同年7月から群馬でプレーしていた後藤は、J3リーグで10試合2得点を記録。クラブ公式サイトを通じて「今シーズン、チームの目標は明確であり、その目標達成のために、自分のできることを全て出し切り、チームに貢献したいと強く思っています」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

東京V李栄直が琉球に完全移籍「伝えきれないほど濃い2年間」

李栄直が琉球へ
 FC琉球は7日、東京ヴェルディより北朝鮮代表DF李栄直(28)が完全移籍で加入することを発表した。

 徳島、長崎、讃岐を経て2018年に加入した李栄直は、昨年リーグ戦25試合で4ゴールを記録。クラブ公式サイトを通じて「話を頂いた時は正直不安がありましたが樋口さんがここで一緒に自分とFC琉球の価値を高めようと言って頂きチャレンジしたい思いが強くなり加入することを決めました。FC琉球の為に自分の全てを出したいと思いますので応援の方宜しくお願い致します!!」と意気込みを語った。

 また、東京Vを通じては「今回FC琉球に移籍することになりました。コメントでは伝えきれないほど濃い2年間を過ごしましたし、すごいヴェルディが大好きです。どんな時も応援してくれる皆様がいたから最後まで闘えました。今回移籍せざる得なくなったのが本当に悔しいですし何も残せず申し訳ないです。でも残ってくれる皆がこれからヴェルディ再建のために尽力してくれると信じています。自分がヴェルディに所属させていただいのは一生の誇りです。2年間本当にありがとうございました!さようなら!!」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

大分MFティティパンの期限付き移籍期間満了「これからもずっと応援し続けます」

ティティパンの期限付き移籍期間満了
 大分トリニータは7日、タイ代表MFティティパン(26)の期限付き移籍期間満了を発表した。

 昨年1月に期限付き移籍で大分に加入したティティパンは、リーグ戦20試合に出場。クラブ公式サイトを通じて「このチームに在籍した時は日々皆様から素晴らしい歓迎して頂き、非常に温かく感じさせて頂きました。今年はタイリーグのBGパトゥムでプレーすることになりますが、今シーズンも大分トリニータが目標達成出来ることを願っております。これからもずっと応援し続けます。本当にありがとうございました」とコメントした。

 また、大分は柏レイソル岩瀬健アカデミーヘッドオブコーチがヘッドコーチに就任することを併せて発表している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

松本、DF服部康平との契約更新を発表

 松本山雅FCは7日、DF服部康平(28)との契約更新を発表した。

 相模原、栃木を経て昨年加入した服部は、リーグ戦5試合、ルヴァン杯4試合に出場した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

J3降格の岐阜、JSCからストライカー獲得!3年在籍した守護神ビクトルは契約満了に

ビクトルが契約満了に伴い退団
 FC岐阜は7日、JAPANサッカーカレッジ(北信越1部)よりFW町田ブライト(23)が加入することを発表した。

 173cmで圧倒的なフィジカルを持つストライカーはクラブ公式サイトを通じて「FC岐阜という素晴らしいクラブで、夢であったプロサッカー選手としてのキャリアをスタートできることに喜びを感じています。両親をはじめ今まで私を支えてくれた方々に本当に感謝しています。FC岐阜に恩返しができるように全身全霊をかけて戦います。FC岐阜に関わるすべての皆様、よろしくお願いいたします」とコメントした。

 一方で、岐阜はGKビクトル(30)との契約満了も発表。2017年1月に加入した守護神は、昨年リーグ戦18試合に出場した。クラブを通じて「日本でプレーする機会を与えてくれたFC岐阜に感謝します。そしてFC岐阜に関わる皆様の応援は最高でした。 今シーズンチームが1年でJ2に復帰出来ることを願っております。3年間ありがとうございました」と別れの挨拶をしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

C大阪U-18所属のDF下川太陽の讃岐加入内定!GK茂木秀は契約更新

C大阪U-18所属のDF下川が讃岐へ
 セレッソ大阪は7日、セレッソ大阪U-18に所属するDF下川太陽カマタマーレ讃岐加入内定を発表した。昨年は2種登録選手として、J3リーグ16試合で1得点を記録した。

 また、C大阪は GK茂木秀との契約更新も発表。昨年J3リーグでは22試合に出場した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

秋田GK松本拓也が岐阜に完全移籍…契約満了の2選手はJFLクラブへ

 ブラウブリッツ秋田は7日、GK松本拓也(30)がFC岐阜へ、MF垣根拓也(28)とFW北原大奨(25)が松江シティFC(JFL)へそれぞれ完全移籍することを発表した。

 2015年に秋田に加入した松本は、昨年リーグ戦34試合に出場。クラブ公式サイトを通じて「5年間お世話になりました。 2015年に拾っていただき、ここまで引き上げてくださったブラウブリッツ秋田には感謝しかありません。 2019シーズンを過ごした中で様々な感情の変化がうまれ、新たなチャレンジ、より成長出来る場所はどこなのかと思い移籍する事を決めました。 『秋田に松本ってキーパーいたよね』くらいは頭のどこかで忘れずにいてくれたら嬉しいです。 5年間本当にありがとうございました」と別れの挨拶をした。

 また、2019シーズン限りで契約満了となっていた垣根はリーグ戦15試合に出場。北原は13試合1得点を記録していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

大分MF姫野宥弥、新シーズンは藤枝に期限付き移籍

姫野宥弥は藤枝に期限付き移籍
 藤枝MYFCは7日、大分トリニータよりMF姫野宥弥(23)が期限付き移籍で加入することを発表した。期間は2021年1月31日まで。

 大分下部組織育ちの姫野は、2015年にトップチームに昇格。2015年はヴェルスパ大分、昨年はザスパクサツ群馬に期限付き移籍し、J3リーグ19試合で1得点を記録した。

 クラブ公式サイトを通じて「皆さんと最高の結果を残してたくさん喜び会えるように頑張ります。よろしくお願いします!」と挨拶。大分を通じては「大分の皆さんに成長していると思われるようなプレーを藤枝で見せたいと思います」と意気込みを語っている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

FC東京DF丹羽大輝が契約更新、昨年はJ3リーグ17試合出場

丹羽大輝が契約更新
 FC東京は7日、DF丹羽大輝(33)と2020シーズンの契約に合意したことを発表した。

 丹羽は2018年7月に広島から完全移籍で加入。昨年はJ3リーグ17試合、天皇杯2試合、ルヴァン杯2試合に出場した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

ゲント久保裕也、“特別待遇”で今冬アメリカ移籍か

久保裕也にアメリカ移籍が浮上
 アメリカMLSのシンシナティがゲントに所属するFW久保裕也(26)の獲得に動いているようだ。米メディア『アスレチック』が報じている。

 2017年1月にヤングボーイズからゲントに加入した久保は、2018年8月にニュルンベルクに期限付き移籍。今季ゲントに復帰したが、負傷の影響もあって公式戦12試合3得点にとどまっている。また、現在ベルギーリーグはウィンターブレイク中だが、スペインでの冬季キャンプの帯同メンバーから外れ、今冬の移籍が濃厚とみられている。

 同メディアによると、シンシナティは久保を特別指定選手として受け入れる準備を進めているとのこと。MLSでは選手にサラリーキャップ(年俸総額の上限)が設けられているが、各クラブ最大2人まで制限以上の金額で選手と契約することのできる特別指定選手制度を導入。この制度を利用して、これまで元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏や元フランス代表FWティエリ・アンリ氏らビッグネームがアメリカに活躍の場を移している。

 シンシナティは2019シーズンからMLSに参入したクラブ。参入初年度は東地区12チーム中最下位で、総得点はMLSで最も少ない31得点だった。そのため、度クラブは得点力のあるストライカー獲得が急務となっている。

●ベルギー・リーグ2019-20特集
●海外組ガイド

ローマのレジェンド、デ・ロッシが現役引退を発表「この決定は変わらない」

ダニエレ・デ・ロッシが現役引退
 ボカ・ジュニアーズに所属する元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシ(36)が現役引退を表明した。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。

 ローマの下部組織育ちのデ・ロッシは、2001年10月にトップチームデビューを飾ると、在籍18シーズンで公式戦616試合63ゴールを記録。07年、08年と2年連続でコッパ・イタリア制覇に導き、2017-18シーズンからキャプテンも務めた。そして昨夏にボカ・ジュニアーズに加入したが、怪我の影響もあって公式戦6試合の出場にとどまっていた。

 デ・ロッシは「今日は悲しい日だ。あと10年プレーしたかったが、この決定は変わらない。身体的な問題はなかったが、僕は家族とともに自分の家に帰る必要があると思った。とりわけ、娘のことが恋しい」と引退の理由を語ると、「ボカと問題があったわけではない。これは繰り返し伝えたい。ローマ以外のクラブをこれほど愛せるとは思わなかった」とボカへの感謝を伝えた。

 今後はイタリアに戻って指導者としてサッカーに関わり続けるつもりだ。「僕はイタリアサッカーで働き続けるが、まだどんな役割を果たせるかわからない。僕はコーチとなるために今後数か月勉強するだろう」と語っている。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

C・ロナウドが20年初戦でセリエA初ハット! 自身36度目の快挙で5大リーグ最多をキープ

FWクリスティアーノ・ロナウドがハットトリックを達成
[1.6 セリエA第18節 ユベントス4-0カリアリ]

 セリエAは6日に第18節を行った。ユベントスはホームでカリアリと対戦し、4-0で勝利。FWクリスティアーノ・ロナウドがセリエAで初のハットトリックを記録した。

 前半をスコアレスで折り返したユベントスだが、後半4分に均衡を破る。C・ロナウドが相手DFのパスをカットし、そのままPA内に進入。相手GKをさらりとかわして先制点を決め切った。さらに同21分にはFWパウロ・ディバラが獲得したPKをC・ロナウドが決め、2-0とリードを広げる。

 さらにユベントスは後半36分、ディバラと交代して出場したFWゴンサロ・イグアインが左サイドからのカットインでPA左に入り、右足シュートを決めて3-0に。直後にはC・ロナウドがPA左からニアサイドに決め切り、ハットトリックで4-0と大差をつけた。

 データサイト『opta』によると、C・ロナウドは今回で36度目のハットトリックに。2008年以降の5大リーグではこの数字を超える選手はいないという(FWリオネル・メッシは34度)。

 試合はそのままユベントスが快勝を遂げ、2020年を好スタート。12日には敵地でローマと対戦する。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

右SB冨安が20年初戦に挑む! ボローニャは終了間際の劇的FK弾で痛み分け

DF冨安健洋はフル出場
[1.6 セリエA第18節 ボローニャ1-1フィオレンティーナ]

 セリエAは6日に第18節を行った。DF冨安健洋が所属するボローニャはホームでフィオレンティーナと対戦し、1-1でドロー。2020年の初戦に挑んだ冨安は右サイドバックで先発し、フル出場している。

 昨年末にビンチェンツォ・モンテッラ前監督が退任したフィオレンティーナにとって、ジュゼッペ・イアキーニ監督新体制で臨んだ初戦。前半27分、セットプレーでMFガリー・メデルの跳ね返しをMFマルコ・ベナッシが右足ダイレクトを放ち、ゴールに突き刺した。

 冨安は前半34分に前線に飛び出し、PA右に進入。右足ボレーでゴールを狙うがミートせず、捉えることはできなかった。

 ボローニャは後半に入っても決定機を迎えられず。しかし試合終了間際で、FWリカルド・オルソリーニが角度のないところからFKを決め、劇的同点弾に。そのまま試合は1-1で終了となった。年末2連勝となっていたボローニャは連勝をストップさせたが、勝ち点1を得た。12日の第19節では敵地でトリノと対戦する。

●海外組ガイド
●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

「練習着みたい」チェルシー、FA杯でのユニフォームにスポンサーロゴがなかった理由

2点目を挙げたロス・バークリー。よく見るとスポンサーロゴが同色で彩られているのがわかる
 チェルシーノッティンガム・フォレスト戦で着用したユニフォームが話題となっている。

 5日、チェルシーはFAカップ(国内杯)3回戦でノッティンガム・フォレストと対戦し、2-0で完封勝利。4回戦進出を決めた。だが、SNS上では試合開始から「いつもと違う」「練習着みたい」と、この試合でチェルシーの選手たちが着ていたユニフォームが話題となっていた。

 チームカラーのロイヤルブルーを基調としたそのユニフォームは、一見イエローのクラブロゴしかないように見える。しかし、よく見てみると、オフィシャルサプライヤーの『ナイキ』、胸スポンサーの『横浜ゴム(ヨコハマタイヤ)』、袖スポンサーの『ヒュンダイ』のロゴが同色で彩られているのがわかる。

 クラブ公式サイトによると、これはFA杯初優勝から50年を記念したユニフォームとのこと。チェルシーは1970年4月11日に行われた決勝でリーズと対戦し、延長戦の末に2-2で引き分け、4月29日に再試合を実施。その試合でも1-1で延長戦にもつれ込んだが、チェルシーが2-1で競り勝って初優勝を果たした。

 今回、ノッティンガム・フォレスト戦で着用した記念ユニフォームは、全体のロイヤルブルーを基本に、ロゴやソックス、背番号の黄色が映えるデザインとなっている。また、当時のスポンサーロゴがなかったユニフォームにより近づけるため、各スポンサーの協力を得て、スポンサーロゴをユニフォームと同色で作成したという。

 なお、チェルシーは4回戦でハル・シティ(2部相当)と対戦する。

●プレミアリーグ2019-20特集
●FA杯2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

FA杯4回戦の組み合わせ決定!王者マンCは2部フルハムと対戦

FA杯4回戦の組み合わせ決定
 6日、FAカップ(国内杯)3回戦の1試合が行われ、アーセナルはMFリース・ネルソンの決勝点によりリーズ(2部相当)を1-0で下し、4回戦進出を決めた。

 また同日、4回戦の組み合わせも決定し、前回王者マンチェスター・シティフルハム(2部)と対戦。現在プレミアリーグで首位のリバプールブリストル(2部)対シュルーズベリー(3部)の勝者と、チェルシーハル・シティ(2部)、アーセナルボーンマスとそれぞれ戦う。

 3回戦再試合は1月14、15日に行われ、4回戦は1月24~27日に開催される。

■4回戦
(1月24-27日)
ワトフォード対トレンメア(3部)の勝者 vs ウォルバーハンプトン対マンチェスター・Uの勝者
ハル・シティ(2部) vs チェルシー
サウサンプトン vs ミドルスブラ(2部)対トッテナムの勝者
QPR(2部) vs シェフィールド・ウェンズデイ(2部)
ボーンマス vs アーセナル
ノーサンプトン(4部) vs ダービー・カウンティ(2部)
ブレントフォード(2部) vs レスター・シティ
ミルウォール(2部) vs シェフィールド・U
レディング(2部)対ブラックプール(3部)の勝者 vs カーディフ(2部)対カーライル(4部)の勝者
ウエスト・ハム vs WBA(2部)
バーンリー vs ノリッジ
ブリストル(3部)対コベントリー(3部)の勝者 vs バーミンガム(2部)
マンチェスター・C vs フルハム(2部)
ロッチデール(3部)対ニューカッスルの勝者 vs オックスフォード(3部)
ポーツマス(3部) vs バーンズリー(2部)
ブリストル(2部)対シュルーズベリー(3部)の勝者 vs リバプール

●プレミアリーグ2019-20特集
●FA杯2019-20特集
●海外組ガイド
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

ベイルとベンゼマ選外…レアル、サウジ開催のスーパー杯に向けて招集メンバー発表

レアル・マドリーが招集メンバー発表
 レアル・マドリーは6日、サウジアラビアで行われるスペインスーパーカップに向けて招集メンバー23名を発表した。

 ジネディーヌ・ジダン監督はDFセルヒオ・ラモスやMFトニ・クロース、GKティボー・クルトワらを順当に招集。一方、離脱中のFWマルコ・アセンシオとMFエデン・アザールに加え、FWカリム・ベンゼマが左足半膜筋の打撲、FWガレス・ベイルが気道上部の感染と診断され、招集メンバーから外れた。

 レアルは8日にバレンシアと準決勝を行い、勝利すれば、12日に決勝でバルセロナ対アトレティコ・マドリーの勝者と戦う。

▼GK
ティボー・クルトワ
アルフォンス・アレオラ
ディエゴ・アルトゥーベ

▼DF
ダニエル・カルバハル
エデル・ミリトン
セルヒオ・ラモス
ラファエル・バラン
ナチョ・フェルナンデス
マルセロ
アルバロ・オドリオソラ
フェルラン・メンディ

▼MF
トニ・クロース
ルカ・モドリッチ
カゼミーロ
フェデリコ・バルベルデ
ハメス・ロドリゲス
イスコ

▼FW
ルーカス・バスケス
ルカ・ヨビッチ
ブラヒム・ディアス
マリアーノ
ビニシウス・ジュニオール
ロドリゴ・ゴエス

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

岐阜、米田徹ヘッドコーチがアカデミーダイレクター兼U-18監督に就任

 FC岐阜は6日、トップチームのヘッドコーチを務めた米田徹氏(50)がアカデミーダイレクター兼U-18監督に就任したことを発表した。

 米田氏はクラブ公式サイトで「何よりもサッカーが好きで、どんな状況でも勝利に向かってプレーできる選手が、FC岐阜に溢れることを目指します。クラブに集まった仲間たちと共に、今までご尽力されてきた方々の意志を必ず前進させます」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

福岡FW森本貴幸が契約更新、19シーズンはリーグ戦23試合出場1得点

FW森本貴幸が契約更新
 アビスパ福岡は6日、FW森本貴幸(31)との2020シーズンの契約を更新したことを発表した。

 森本は19シーズンのJ2リーグで23試合1得点を記録していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

湘南、柏からレンタル中のMF中川寛斗を完全移籍で獲得

MF中川寛斗が湘南に完全移籍
 湘南ベルマーレは6日、柏レイソルから期限付き移籍していたMF中川寛斗(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。

 中川は2019シーズンに湘南にレンタルされ、J1リーグで10試合に出場していた。湘南の公式サイトでは「昨年はケガもあり、なかなかチームの勝利に貢献することができませんでした。そんな僕にオファーをしてくださったベルマーレには感謝しています。この恩はしっかり結果で返します!」とコメントしている。

 また育成組織から所属していた柏の公式サイトでは、お別れのコメントを載せている。

「育成組織の時から合わせて16年間お世話になりました。今まで育てていただいた育成のコーチングスタッフ、プロになってからの監督、スタッフ、そして何よりどんな時も応援してくれたファン・サポーターの皆さんには感謝しかありません」

「恩返しができずに去るのはとても悔しいです。今後、プロの世界で活躍し続けて、僕の理念でもある、身長が低くても輝けることを体現し、勇気や元気、希望を届けられるような選手になります。これからも走り抜きます。本当にありがとうございました」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

群馬の大卒ルーキーDF吉田将也が松本へ「J1に昇格させるため覚悟を持ってきました」

 松本山雅FCは7日、ザスパクサツ群馬のDF吉田将也(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。

 吉田は東京農業大を卒業し、2019シーズンに群馬に加入。J3リーグで25試合2得点を記録していた。クラブ公式サイトで「今回、自分は松本山雅をJ1に昇格させるため覚悟を持ってきました。まだまだ足りない部分はあると思いますが、皆さんの声援で後押ししていただけると嬉しいです」と伝えている。

 群馬の公式サイトではお別れのコメントも。「とてもとても迷いましたが、新たな環境でサッカーすることを選択しました。このチームでプロキャリアをスタートできたこと、とても幸せでした。この経験を糧に違う場所に行ってもがんばります。本当にありがとうございました」と語った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

仙台がポルトガル人FWアレクサンドレ・ゲデスを期限付きで獲得

FWアレクサンドレ・ゲデスが仙台へ
 ベガルタ仙台は6日、ビトーリア(ポルトガル)からFWアレクサンドレ・ゲデス(25)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。

 ゲデスは2013年にU-19ポルトガル代表に、14年にはU-21ポルトガル代表に選ばれている。クラブ公式サイトで「仙台のために全力で戦い、新しいチャレンジの成功を目指します。応援よろしくお願いいたします」と伝えている。

以下、プロフィール
●FWアレクサンドレ・ゲデス
(Alexandre Xavier Pereira Gracia Guedes)
■生年月日
1994年2月11日(25歳)
■身長/体重
185cm/83kg
■出身地
ポルトガル人
■経歴
スポルティングCP Ⅱ(ポルトガル)-CFレウス デポルティウ(スペイン)-デポルティーボ・アベス(ポルトガル)-ビトーリア(ポルトガル)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

[1月7日 今日のバースデー]

Japan
MF梁勇基(仙台、1982)*プレースキックの精度が高く、豊富な運動量なMF。仙台一筋16年も退団が発表済み。
MF関戸健二(岡山、1990)*ボランチや攻撃的MFとしてプレーし、パスセンスを武器とする。
MF森川裕基(讃岐、1993)*立命館大出身のMF。運動量とアグレッシブさが武器。
DF鈴木準弥(藤枝、1996)*早稲田大出身。ユニバーシアード代表歴を持ち、ドイツでのプレー経験もあるDF。

World
MFエデン・アザール(R・マドリー、1991、ベルギー)*足もとの技術が高く、ドリブルセンスと創造力が豊かなMF。
GKヤン・オブラク(A・マドリー、1993、スロベニア)*恵まれた体格に加え、シュートへの反応速度も早いGK。
MFジャンヘル・エレーラ(グラナダ、1998、ベネズエラ)*屈強なフィジカルとキックのセンスを持ち合わせるMF。2017年のU-20W杯ラウンド16では日本相手に決勝ゴール。

Former
FWマルコ・シモーネ(元ミランほか、1969、イタリア)*DFの裏を取る動きが得意だったFW。

Others
ニコラス・ケイジ(俳優、1964)
高橋由美子(女優、1974)
青木裕子(アナウンサー、1983)
ルイス・ハミルトン(F1、1985)
石田亜佑美(モーニング娘。:アイドル、1997)
田島芽瑠(HKT48:アイドル、2000)

※Jリーガーは2019シーズンの所属クラブ

山口のルーキーMF小野原和哉がポルトガル2部クラブへ「2倍になってきます!」

 レノファ山口FCは6日、MF小野原和哉(23)がポルトガル2部のオリヴェイレンセに完全移籍することを発表した。

 小野原は2019シーズンに流通経済大から加入。J2リーグで13試合に出場していた。クラブ公式サイトで「短い間でしたが凄くいい経験ができました。スポンサーの皆様、サポーターの皆様、チームスタッフの皆様ありがとうございました。向こうで2倍になってきます!」と伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報