ネイマール「2019年はつらかった」…怪我、強姦疑惑、指揮官との確執、サポーターとのいざこざ、審判とのいざこざ

FWネイマールが2019年を振り返る
 サッカー界のスター、FWネイマールにとって2019年はつらい年になったようだ。7日、英『スカイ』がその内実を伝えている。

 ネイマールは昨年を振り返り、「個人的にも仕事的にも」つらい1年だったと語った。その内容はパリSGでの今後や怪我の問題、そして私生活における論争を受けてのものだ。

 サッカー選手としてのネイマールは昨季怪我の影響で計30試合を欠場した。また昨夏にはバルセロナ移籍の噂も囁かれていたが、交渉は破談。「仕事としても個人としても、2019年は僕にとってつらいものだった」と胸中を明かす。

「学習と転機に満ちた1年だった。怪我をしてしまい、そこから戻ってこなければならなかった。そしたらまた怪我をしてしまった」

 負傷から復帰後は、連続で決勝点を挙げるなど素晴らしいパフォーマンスを見せたが、ファンからはブーイングも。それはバルセロナ復帰の噂が挙がっていたからだという。

 ネイマールを苦しめたことにプライベートの問題もある。ブラジル警察は、モデルのナジーラ・トリンダージ氏と彼女の元パートナーを、4か月前にネイマールに対して行われた強姦の申し立てに対して、詐欺で告発。ネイマールは容疑を否認しており、何を間違ったことはしていないと主張した。

 さらに苦難は続く。パリSGのトーマス・トゥヘル監督はネイマールがマドリーで行われたデービス杯に参加するという決断を快く思っていないと明かした。またクープ・ドゥ・フランス決勝では、ネイマールがサポーターに殴りかかったように見えたこともあった。昨シーズンのUEFAチャンピオンズリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦(●1-3)では、SNS上で審判に対して不適切なコメントをしたことで3試合の出場停止処分を食らったこともある(後に2試合に変更)。

 試練の年となった2019年。しかしネイマールは「悪い年だったように見えるけど、多くの学びと経験が得られた年だった」とネガティブに受け止めない。「ポジティブな部分を受け取り、2020年をより良いものにしていきたい」と強いメンタリティを見せている。

●フランス・リーグアン2019-20特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

プレッシャーかかる初戦も…U-23日本代表GK大迫敬介「すごく楽しみ」

U-23日本代表GK大迫敬介(広島)
 大会の流れを決める大事な初戦。U-23日本代表GK大迫敬介(広島)は「すごく楽しみ」と、翌日に迫ったサウジアラビア戦を待ちわびている。

 9日にサウジアラビアとの初戦を行うと、その後は12日にシリア、15日にカタールと中2日での連戦が続く。「初戦で、どれだけ波に乗れるかというのもあるし、初戦を落とすか落とさないかは、後の流れに関わると思う。初戦が重要だということは、各々分かっている」。試合間で修正する時間は限られる。やはり、初戦でのつまづきは許されないだろう。

 プレッシャーの懸かる大一番。しかし、20歳の守護神は「すごく楽しみな部分が多い」と答える。「チームとして、これまで色々な遠征をしてきた中で良い手応えもつかんできている。それを明日、どれだけチームとして出せるかは、すごく楽しみな部分です」。

 今大会の上位3チームに入れば東京五輪出場権が与えられる。日本は開催国として出場権を獲得しており、他国に比べてモチベーションを保つ難しさはあるだろう。だが、「決まっている、決まっていないは考えていない」とキッパリ。

「五輪は決まっているけど、やはり良い結果を残すことでチームとしても自信がつく。個人としても良いパフォーマンスをしなければ、最後まで残っていけない緊張感がある。良い緊張感を持ってゲームに臨みたい」

 チームとして自信を深めるため、そして自身をアピールするためにも、アジアの頂点まで上り詰めたい。まずは初戦で白星をつかんで最高のスタートを切るため、万全の準備を整える。

(取材・文 折戸岳彦)
▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

サッカー専門調査機関“価値のある選手”首位はムバッペに! 市場価格高騰で移籍も困難か

FWキリアン・ムバッペが最も価値のある選手に
 パリSGのFWキリアン・ムバッペが世界で最も価値のある選手に選ばれた。7日、英『ミラー』が伝えている。

 ムバッペは今季のリーグアンで11ゴールを挙げ、現在得点ランク2位に。公式戦すべての合計は18ゴールとなった。2018年のロシア・ワールドカップで大ブレイクを遂げた21歳のフランス代表FWは、もはや貫禄を感じるほどのプレーを見せつけている。

 移籍の噂は絶えることはない。以前からレアル・マドリーなどが関心を示していたが、現在リバプールへの移籍話も出ている。しかし一方で、その市場価格も高まっており、ムバッペ獲得にはかなりの大金を費やす必要があると見られている。

 サッカー専門調査機関「CIES」は、ムバッペを欧州5大リーグで最も価値のある選手とみなした。それによると、その市場価格は2億2600万ポンド(約245億8000万円)で、2017年のFWネイマールがつけた市場価格もわずかに上回っているという。

「CIES」のランキングでは首位がムバッペ。2位がマンチェスター・シティのFWラヒーム・スターリングで、3位がリバプールのFWモハメド・サラーとなっている。

以下、「CIES」ランキングトップ10
1位:FWキリアン・ムバッペ(パリSG)2億2600万ポンド
2位:FWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)1億9000万ポンド
3位:FWモハメド・サラー(リバプール)1億5000万ポンド
4位:MFジェイドン・サンチョ(ドルトムント)1億4400万ポンド
5位:FWサディオ・マネ(リバプール):1億3200万ポンド
6位:FWハリー・ケイン(トッテナム)1億2900万ポンド
7位:FWマーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)1億1400万ポンド
8位:FWリオネル・メッシ(バルセロナ)1億700万ポンド
9位:FWアントワーヌ・グリエーズマン(バルセロナ)1億500万ポンド
10位:FWラウタロ・マルティネス(インテル)9900万ポンド

●フランス・リーグアン2019-20特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

初戦サウジ戦で白星をつかめるか…U-23日本代表MF森島司「ここでつまずけない」

U-23日本代表MF森島司(広島)
 AFC U-23選手権に出場するU-23日本代表は8日、翌9日に行われるグループリーグ初戦サウジアラビア戦に向けて最終調整を行った。報道陣にはトレーニングの冒頭15分間が公開され、全23選手がウォーミングアップを行っている。

 初戦の相手となるサウジアラビアのイメージを問われたMF森島司(広島)は、「スカウティングの映像しか見ていないけど」と前置きしつつ、「縦に速いイメージがあるので、しっかり引くときは引いて、プレスに行くときはプレスに行く。前で取り切れないと厄介な相手」と警戒を強めている。

「グループリーグは3試合あるけど、本当に大事な試合だと皆が自覚している。最終戦ではカタールと対戦するし、ここでつまずけない。しっかりと初戦で勝っておきたい」

 5日に行われた練習試合だけでなく、E-1選手権で初めて選出されたA代表でもシャドーでプレー。サウジアラビア戦でもピッチに立つなら、その位置だ。「得点に絡むことを意識しながら、チームとしてボールが回るように。良いポジションに立ってボールを受け続けることができるのが自分だと思っているので、そこを意識したい」。プレーのイメージも十分だ。

 この日、所属する広島では、新シーズンから背番号10を背負うことが発表された。愛着ある「14」番からの変更ということもあり、「チームから話を頂き、自分としても悩んだけど着けさせてもらうことになった」と語ると、「しっかり自分のプレーをして、認めてもらえるように頑張りたい」と背番号10を自分色に染めていこうとしている。

 だが、その前にやるべきことがある。AFC U-23選手権の上位3チームに入れば、東京五輪の出場権が与えられる。日本は開催国として出場することが決まっているが、目指すは優勝のみ。「個人的には自分のプレーをし続ける」という語る男も、「チームとしても優勝を目指しているので、優勝したい」と意気込んだ。アジア王者の一員となって、広島のナンバー10を背負いたいところだ。

(取材・文 折戸岳彦)
▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

栃木MF平岡翼が契約更新&入籍を発表「覚悟を持ってプレーしていきます!」

 栃木SCは8日、MF平岡翼(23)の来季契約更新を発表。また入籍したことも合わせて報告した。

 平岡は昨季J2リーグで15試合に出場した。クラブ公式サイトで「今シーズンこそ栃木SCが充実したシーズンを送れるよう精一杯頑張りますので引き続き、熱い応援を宜しくお願いします!そして、皆さんと県民の歌をたくさん歌えるのを楽しみにしています!」とコメントしている。

 また、入籍について「どんな時も僕のことを支えてくれた妻を幸せにする為、そして今まで支えて下さった全ての人たちの為にも、覚悟を持ってプレーしていきます!」と伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

清水GK梅田透吾が契約更新、昨季は公式戦出場なし

 清水エスパルスは8日、GK梅田透吾(19)との来季契約を更新したことを発表した。

 育成組織出身の梅田は2019シーズンからトップチームに昇格。しかし19シーズンでの公式戦出場はなかった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

名古屋DF宮原和也が契約更新「魂込めて闘います!!」

DF宮原和也が契約更新
 名古屋グランパスは8日、DF宮原和也(23)との来季契約を更新したことを発表した。

 宮原は昨季J1リーグで31試合4得点を記録。クラブ公式サイトで「名古屋の勝利のため、魂込めて闘います!!」と意気込みを伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

広島が新体制発表! 背番号10は森島司が着用! 新加入DF櫛引は15番、FW永井龍は20番に

日本代表にも選出されたMF森島司が背番号10に
 サンフレッチェ広島は8日、2020シーズンのトップチーム新体制を発表した。

 U-22日本代表のMF森島司が背番号10を着用。MF川辺駿が8番を、FWドウグラス・ヴィエイラが9番を着ける。大宮アルディージャから加入したDF櫛引一紀は15番、松本山雅FCから加入したFW永井龍は20番に。広島に移籍直後に水戸ホーリーホックに期限付き移籍という形を取っていたMF浅野雄也は29番を着けることになった。

以下、2020年シーズンのトップチーム体制

■スタッフ
▽監督
城福浩

▽ヘッドコーチ
沢田謙太郎(新任)

▽コーチ
迫井深也
御簾納将

▽GKコーチ
藤原寿徳(新任)

▽フィジカルコーチ
池田誠剛

■選手
1 GK林卓人
2 DF野上結貴
3 DF井林章
5 MF松本大弥
6 MF青山敏弘
7 MF野津田岳人
8 MF川辺駿
9 FWドウグラス・ヴィエイラ
10 MF森島司
12 サポーター
13 GK増田卓也(←町田)
15 DF櫛引一紀(←大宮)
16 MF清水航平
17 MF松本泰志
18 MF柏好文
19 DF佐々木翔
20 FW永井龍(←松本)
21 GK廣永遼太郎
23 DF荒木隼人
24 MF東俊希
25 MF茶島雄介(←千葉)
26 MF土肥航大
27 FW鮎川峻
29 MF浅野雄也(←水戸)
30 MF柴崎晃誠
38 GK大迫敬介
39 FWレアンドロ・ペレイラ
44 MFハイネル

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020シーズン新体制&背番号一覧
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

大分で昨季引退の丸谷拓也、広島のアカデミーコーチに「自分なりにできることから」

丸谷拓也氏が広島のアカデミーコーチに
 サンフレッチェ広島は8日、昨季限りで現役を引退した丸谷拓也氏(30)がアカデミー普及部コーチに就任したことを発表した。

 丸谷は広島でプロデビューを果たし、2012年から2年間を大分で過ごしたものの、08年から17年までは広島に所属していた。18年から引退までは大分でプレーしている。

 広島の公式サイトで、丸谷は「約8年半在籍させていただいたチームで違う形ですが、関われることにとてもうれしく感謝しています。自分なりにできることから、精一杯がんばりますので皆さんよろしくお願いします」とコメントしている。

 また同サイトでは大分についても言及。「皆さんと共に戦い喜び合い、J1昇格に2度も関われたこと、また引退セレモニーをしてくださったこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。活動場所は広島になりますが、大分トリニータのさらなる成長と躍進を心から願い応援しています。お互い楽しみながらがんばりましょう」と伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

藤枝、大分退団のFW吉平翼を獲得…昨季はレンタルでプレー

 藤枝MYFCは8日、大分トリニータとの契約が満了しているFW吉平翼(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。吉平は2019シーズンに藤枝へ期限付き移籍していた。

 吉平は19シーズンのJ3リーグで1試合2得点を記録。クラブ公式サイトで「今年も藤枝MYFCでプレーすることになりました。J2昇格という大きな目標に向けてチームの力になれるように頑張ります」と伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

鳥栖、MF安庸佑と契約更新「最高の一年になるように最善を」

MF安庸佑が契約を更新
 サガン鳥栖は8日、MF安庸佑(28)との来季契約を更新したことを発表した。

 安は2019シーズンのJ1リーグで22試合2得点を記録している。クラブ公式サイトで「サガン鳥栖で共に戦える事に喜びを感じます。最高の一年になるように最善を尽くします!」と伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

沼津FW中山雄希が契約更新「昨年の悔しさを糧に」

 アスルクラロ沼津は8日、FW中山雄希(25)との契約を更新したことを発表した。

 中山は2019シーズンのJ3リーグで10試合1得点を記録。クラブ公式サイトで「昨年は怪我による長期離脱、チームとしても中々勝ちきれない試合が続くなど苦しいシーズンとなってしまいました。昨年の悔しさを糧に今年こそはアスルクラロ沼津を常日頃から支えてくださる方々の為に多くの勝利を届けることは勿論、アスルクラロらしい闘いぶりで夢や希望、活力を与えられるよう精進します」と伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

G大阪FW高木彰人が松本に期限付き移籍…昨季は山形にレンタル

FW高木彰人が松本へ
 松本山雅FCは8日、ガンバ大阪のFW高木彰人(22)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。高木は2019シーズンにモンテディオ山形に期限付き移籍していた。

 高木は19シーズン途中に山形に期限付き移籍をして、J2リーグで10試合1得点を記録していた。松本の公式サイトでは「松本山雅FCに加入できてとても嬉しく思います!1年でJ1復帰するために1ゴールでも多く決めれるよう頑張りたいと思います!」と意気込みを伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

柏、蔚山現代にレンタル中のMFキム・ボギョンが全北現代へ完全移籍

MFキム・ボギョンが全北現代に完全移籍
 柏レイソルは8日、蔚山現代に期限付き移籍していたMFキム・ボギョン(30)が全北現代に完全移籍したことを発表した。

 キム・ボギョンは2019年1月に蔚山現代に期限付き移籍。全北現代は16年に所属していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

福岡が柏MF菊池大介のレンタル、DF三國ケネディエブスの契約更新を発表

MF菊池大介が福岡に期限付き移籍
 アビスパ福岡は8日、柏レイソルのMF菊池大介(28)を期限付き移籍で獲得したことを発表。またDF三國ケネディエブス(19)との契約を更新したことを発表した。

 菊池は2019シーズンに浦和から柏に加入。J2リーグで23試合に出場していた。福岡の公式サイトでは「福岡のJ1昇格という目標、簡単なことではありませんが、必ず優勝して達成しましょう。福岡のために自分のすべてを懸けてプレーします」とコメントした。

 また柏の公式サイトでは「昨年、レイソルの優勝に少しでも貢献できたことは良かったですが、自分自身なかなか結果という形でレイソルに恩返しができなかったので悔しい気持ちが強いです」と悔しさも。「ただ自分の選手としての可能性を信じていますし、まだまだ成長して目標を達成できると確信しています。そのために、今年は福岡でプレーすることを決めました。また、あの日立台の魅力あふれる素晴らしいピッチと熱いサポーターの前でプレーできるように頑張ります」と伝えている。

 三國は2019シーズンに青森山田高から加入。J2リーグで11試合に出場していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

大宮がパルチザンGKクリャイッチを獲得! FW浅野拓磨とともにEL出場も

大宮がGKフィリップ・クリャイッチを獲得
 大宮アルディージャは8日、パルチザンのGKフィリップ・クリャイッチ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。

 クリャイッチは197cmのセルビア人GK。FW浅野拓磨が所属するパルチザンに所属していた。ヨーロッパリーグには3試合、UEFAチャンピオンズリーグの予選には4試合出場している。クラブ公式サイトでは「日本で大好きなサッカーをする機会を得られ、非常にうれしいです」とコメントしている。

「大宮で一緒に仕事をするチームメートや人々と知り合うのを心待ちにしていますし、日本やその国民の生活様式を知ることも大きな楽しみの一つです。私に信頼を示してくれたクラブに感謝するとともに、ピッチ内外問わず、その信頼に応えられるよう頑張ります」

以下、プロフィール
●GKフィリップ・クリャイッチ
(Filip Kljajić)
■生年月日
1990年8月16日(29歳)
■身長/体重
197cm/82kg
■出身地
セルビア
■経歴
FKメタラツ(セルビア)-FKラド(セルビア)-FKテレオプティク(セルビア)-パルチザン-AOプラタニアス(ギリシャ)-パルチザン
■出場歴
セルビア1部:109試合0得点
セルビア2部:11試合0得点
ギリシャ1部:13試合0得点
欧州CL予選:4試合
EL:3試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

愛媛が新体制を発表! 新加入DF西岡3番、MF横谷7番、選手権4強の帝京長岡DF吉田晴稀は32番に

愛媛が新体制を発表! 新加入DF西岡3番、MF横谷7番、選手権4強の帝京長岡DF吉田晴稀は32番に
 愛媛FCは8日、2020シーズンのトップチーム新体制を発表した。スローガンは19シーズンの「全進」を継続する。

 愛媛は19シーズンのJ2で19位。18シーズン5月からに就任した川井健太監督が3年目の指揮を執る。FC琉球から加入したDF西岡大志が3番を、ヴァンフォーレ甲府から加入したMF横谷繁が7番を着用する。

 ルーキーはMF忽那喬司(びわこ成蹊スポーツ大)が19番、GK加藤大智(明治大)が21番、DF三原秀真(愛媛FC U-18)が23番、選手権ベスト4進出を決めたDF吉田晴稀(帝京長岡高)が32番を着用する。

以下、2020年シーズンのトップチーム体制

■スタッフ 
▽監督
川井健太

▽コーチ
北内耕成(新任)
田森大己

▽GKコーチ
川北裕介

▽フィジカルコーチ
津川武久

■選手
1 GK岡本昌弘
2 DF山崎浩介
3 DF西岡大志(←琉球)
4 DF西岡大輝
5 DF前野貴徳
7 横谷繁(←甲府)
8 長沼洋一(←岐阜)
9 有田光希
10 藤本佳希
13 岩井柊弥
14 吉田眞紀人
15 丹羽詩温
16 田中裕人
17 小暮大器
18 西田剛
19 忽那喬司
20 茂木力也
21 加藤大智(←明治大)
22 原裕太郎
23 三原秀真(愛媛FC U-18)
24 池田樹雷人(←長野)
25 竹嶋裕二
26 渡邊創太
27 中川裕仁
28 清川流石
29 川村拓夢(←広島)
30 辻周吾(←横浜FC)
32 吉田晴稀(←帝京長岡高)
33 山瀬功治
34 渡邊一仁

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020シーズン新体制&背番号一覧
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

[MOM3146]滝川二FW岩澤秀人(2年)_「何していたんやろう」の試合きっかけに変化した新エース

後半35分、滝川二高FW岩澤秀人が決勝点の右足PKを決める
[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[1.6 NB CUP決勝 東海大大阪仰星高 0-1 滝川二高 時之栖裾野G]

「NEW BALANCE CUP 2020 新春高校サッカー強化研修大会」(通称・裏選手権)の優勝ゴールは、滝川二高(兵庫)の新エース候補・FW岩澤秀人(2年)が決めた。

 後半35分、滝川二はMF寺田健人(1年)の左クロスが相手DFのハンドを誘い、PKを獲得。キッカーの岩澤は「あまり緊張はしなかったです。でも、『決めたらヒーロー』やなと」と右足シュートをゴール左隅へ豪快に突き刺し、歓喜の中心となった。

 ブラジル代表FWネイマール(パリSG)に憧れるストライカーは、「遊び心のあるプレーが好き」だという。準決勝ではV候補の桐光学園高(神奈川)相手にテクニカルなドリブルや、DFを引きつけてからの意表を突くパスなどで対抗。相手の鋭いプレッシャーの中でもボールを収めて攻撃に繋げていたほか、前線で競り勝つなど攻撃の中心になっていた。

 決勝戦ではベンチスタートとなったが、「0-0の状況やったんで、自分が絶対決めて勝つという気持ちで行きました」というFWは後半11分の出場から、相手の嫌がるようなドリブルやDF背後へ抜け出すプレーを意識。決勝では思うようなプレーができた訳ではないが、松岡徹監督は大会を通しての彼の意識変化を認めていた。

 年末の不甲斐ないプレー、交代指示から危機感を抱き、より責任感を持ってプレーしている。新人戦の神戸地区予選決勝(12月26日、対神戸科学技術高戦)では先発も「『何していたんやろう』と思うプレーやった」という内容で早々に交代。選手権予選でも上級生の中で先発していた新エース候補は、「『全然アカンな』と思って、そこから自分が攻撃陣の中心になってやろうと思いました」と引き締め直し、結果を求めながら各試合に臨んでいる。

 今回のニューバランスカップでは計4得点。攻撃陣を牽引し、決勝戦を含めて結果も残したが、本人は「もうちょっと点獲れていたシーンもあった。強いチームやったらそれを決められなかったら負けてしまう。もっと決めていきたい」と満足していない。

 今大会は7試合中6試合を無失点で終えたDF陣の奮闘があっての優勝。だからこそ「苦しい時に1点をもぎ取れる選手になりたい」と誓う。“裏選手権”で優勝したが、勝負はここから。「まずは新人戦を獲ってから、インターハイでも良い結果を残して、冬の選手権で優勝できるように頑張っていきたい」。そのために、岩澤はどんな試合でもゴールを決め続ける。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

来季は長崎でプレー、MF加藤大に長女が誕生

 アビスパ福岡は8日、MF加藤大(28)に第2子となる長女が誕生していたことを発表した。

 加藤は2019シーズン途中から福岡に加入。来季はV・ファーレン長崎でプレーする。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

徳島が7選手と契約更新

 徳島ヴォルティスは8日、7選手との2020シーズンの契約を更新したことを発表した。

 7選手はDF田向泰輝(27)、MF岸本武流(22)、MF渡井理己(20)、MF表原玄太(23)、FW佐藤晃大(33)、MF内田航平(26)、MF小西雄大(21)となる。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

鹿児島、吉井孝輔と西岡謙太が現役引退…ともに鹿児島のアカデミースタッフへ

 鹿児島ユナイテッドFCは8日、MF吉井孝輔(33)とMF西岡謙太(32)の2019シーズン限りでの現役引退を発表した。

 吉井は04年に湘南ベルマーレでプロデビューし、08年にはロアッソ熊本に加入。14年に一度現役を引退してユースコーチに就任するも、16年から現役復帰と鹿児島加入を発表していた。J2リーグは通算190試合9得点、J3リーグは62試合7得点を記録している。

 クラブ公式サイトを通じ、「15年間の選手生活の中でプロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせていただいた湘南ベルマーレ、選手として9年、アカデミースタッフとして1年、鹿児島に戻る時も自分の意思を尊重し送り出していただいたロアッソ熊本、そして一度選手として退いた自分をまた選手として受け入れてくださった鹿児島ユナイテッドFC。各クラブスタッフの皆様には本当に感謝しています。また各クラブの株主、スポンサーの皆様、ファン、サポーターの皆様にも温かいご支援ご声援をいただき感謝しています。本当にありがとうございました」と伝えている。

 西岡は10年に水戸ホーリーホックでプロデビュー。16年から鹿児島に移籍していた。J2リーグで151試合5得点、J3リーグで34試合1得点を記録している。

 クラブ公式サイトで「まず、自分をプロとしてJリーガーになるきっかけを与えてくれた水戸ホーリーホックのクラブ関係者の皆様に感謝しています。ありがとうございました!水戸が今年こそJ1昇格できることを心から願ってます!!」と水戸に触れる。また「そしてチームがなかった自分を受け入れてくれた鹿児島ユナイテッドFCのクラブ関係者の皆様。去年は悔しい思いをしましたが、今年は必ずJ3で優勝してJ2に昇格しましょう!」と鹿児島への思いも明かした。

 なお、両名は20シーズンからアカデミーコーチに就任。吉井は鹿児島U-12のコーチに、西岡はU-15のコーチとなる。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

東海大大阪仰星は決勝の敗戦をプラスに。MF村上「『これがキャプテンだ』というプレーを」

東海大大阪仰星高のMF村上陽斗主将がドリブルで仕掛ける
[1.6 NB CUP決勝 東海大大阪仰星高 0-1 滝川二高 時之栖裾野G]

「こういう負けをプラスに変えられる集団にならないといけない」

 0-1で惜敗した東海大大阪仰星高の中務雅之監督は準優勝に終わった悔しさを力に変えて、課題、強みを突き詰めていく集団になることを期待していた。

 決勝戦は互角の展開だった。互いに球際で譲らず、守備意識も高い攻防戦に。その中で東海大仰星は良い形の攻撃になりかけたシーンで判断が遅れたり、精度を欠いたりするなど、拮抗した試合で差を作り出すことができなかった。指揮官も「落ち着いて、的確な状況判断ができるか」と指摘。試合終盤の失点で敗れ、滝川二高(兵庫)の歓声を背中で感じながら会場を後にした選手たちは、接戦で勝ち切るチーム、大阪、全国大会を勝ち抜くチームを目指す。

 主将のMF村上陽斗(2年)は「まだまだFWやSHも攻撃した後の帰陣が遅くて、スペースを使われたりしていた。そういうところをつけていかないと上にいくことはできない」。特に中務監督から多くの指摘を受けていた主将は、「そういう厳しい言葉を掛けてもらわないと成長できないと思っていますし、最後の選手権の舞台で、『キャプテンで良かった』と思えるためにはもっとレベルを上げていかないといけない」とまずは自分が求められているものを表現できるようになることを誓っていた。

 その上で、主将は持ち味もカットインシュートなどを発揮してチームを牽引していくつもりだ。「シンドい時に点獲ってチームを引っ張ったり、守備面でもしっかりと身体を張って、『これがキャプテンだ』というプレーをチームに見せたいです」。今大会はゴールも決めているが、決勝戦などチームが苦しい時の活躍はまだまだ足りない。

 それだけに、「高校生活、毎日毎日悔いなくやり切りたい」という主将は、この日の敗戦もプラスに変えて日常に取り組み、個人、チームを必ずレベルアップさせる。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

名古屋、ナショナルコーチングスタッフの和田一郎氏が来季からコーチに

 名古屋グランパスは8日、ナショナルコーチングスタッフの和田一郎氏(45)が2020シーズンからトップチームのコーチに就任することを発表した。

 和田氏は2010年から14年まで日本代表のアシスタントコーチを、15年はガンバ大阪のアシスタントコーチを務めていた。17年末からU-20、21、22とそれぞれの世代のコーチに就任していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

滝川二の中盤で存在感放った大型ボランチ・松本「『コイツがおれば、勝てる』という選手に」

滝川二高の大型ボランチ・MF松本祐満
[1.6 NB CUP決勝 東海大大阪仰星高 0-1 滝川二高 時之栖裾野G]

 優勝校・滝川二高(兵庫)でCB眞古大輔主将(2年)らとともに存在感を示したのが、MF松本祐満(2年)だ。CBの経験も持つ184cmの大型ボランチ。「自分はディフェンシブな面を求められていると思っている。自信を持って守備をしながらボールを散らしたりしたい」という松本は、決勝戦でも気の利く動きや球際の強さで相手ボールを奪い、セカンドボールを回収する部分でも貢献度は大きかった。

 本人が課題としている攻撃面でも、長身を活かしたキープでタメを作る部分やプレッシャーの中でパスを通すなど好プレーを見せていた。松本はニューバランスカップを通してサイドチェンジやパスの部分での成長を実感していたが、「攻撃に繋がるパスを増やしていかないといけない。守備の中でも求めているところがある。もっとセカンドボールを拾ってチームを楽にすること」と語り、攻守両面でよりレベルアップすることを誓っていた。

 神戸U-15出身。「滝二に来た目的は選手権」と言い切るように、全国高校選手権への出場を目指してきたが、1、2年生ではその目標を達成することができなかった。下級生時から出場機会を得ていた松本だが、これまでは納得の行くプレーができず。だが、「自分たちが引っ張って行く」「チームのためにやる」ということを一番に考え、身体を張ってプレーしている現在は、チームに貢献することができてきていると実感している。

 昨年のニューバランスカップ優勝チームである静岡学園高(静岡)は、開催中の全国高校選手権でベスト4進出。自分たちも1年後の選手権に出て日本一を勝ち取ることが目標だ。松本は「(予選敗退が)2年続いてしまったので、今年は絶対にないようにしないといけない。まずは全国に出ること、ここで獲れたのも自信になりましたし、日本一を目標にやっていきたいと思っています」と意気込んだ。

 目標とする存在は、「(自分と同じで)足は速くないけれど、技術でカバーしている」スペイン代表MFセルヒオ・ブスケツ(バルセロナ)。ブスケツのように、「『コイツがおらな』という存在にならないと。『コイツがおれば、勝てる』という選手になりたい」と語る大型ボランチが、“裏選手権”王者・滝川二を全国で勝たせる存在になる。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

東京Vが磐田退団の大久保嘉人を獲得!高橋祥平は期限付き移籍!佐藤優平も契約を更新

FW大久保嘉人が東京Vへ
 東京ヴェルディは8日、ジュビロ磐田を退団していたFW大久保嘉人(37)の完全移籍、同じく磐田のDF高橋祥平(28)の期限付き移籍を発表した。また、MF佐藤優平(29)と来季契約を更新したことも発表している。

 大久保は2019シーズンのJ1で20試合1得点を記録。東京Vの公式サイトで「プロ20年目という節目の年を、東京ヴェルディという歴史と伝統のあるクラブでスタートできることを大変嬉しく思います」とコメント。「小さい頃、誰もが憧れたヴェルディは、憎らしいほど強くて、サッカー少年だった自分の心をいつもワクワクさせてくれました」とこれまでを振り返っている。

「小さい頃、誰もが憧れたヴェルディは、憎らしいほど強くて、サッカー少年だった自分の心をいつもワクワクさせてくれました。そんなヴェルディを復活させるためには、J1昇格することがまずは絶対だと思っています。そのためには試合はもちろん、1日1日の練習から大切に、日々全力で頑張りたいと思います」

「東京にオリンピックがやってくる2020年。オリンピックだけでなく、ヴェルディのサッカーで、ファン・サポーター、そして子供たちをワクワクさせたいです。」

 また高橋は磐田でJ1リーグ20試合に出場していた。「古巣に戻ってこられて嬉しく思います!いま持っているものを全て出して、チームの勝利のために貢献したいと思います!」と伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

C大阪がDF木本恭生と契約更新、山形レンタルのMF秋山大地の復帰を発表

DF木本恭生が契約を更新
 セレッソ大阪は8日、DF木本恭生(26)との来季契約を更新したことを発表。またモンテディオ山形に期限付き移籍していたMF秋山大地(25)が復帰することを発表した。

 木本は2019シーズンでJ1リーグ戦29試合に出場していた。また秋山はクラブ公式サイトで「今まで以上に努力し、チームの力になり、勝利に貢献できるように日々頑張っていきたいと思います」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

@bookfun155 分野研究家

中小のコンサルタントや専門家が安定した仕事をするための財務戦略とは????まあやっぱり不労所得を積み上げることかな?

Posted in 未分類

20歳の浦和MF井澤春輝は鹿児島に期限付き移籍

 浦和レッズは8日、MF井澤春輝(20)が鹿児島ユナイテッドFCに育成型期限付き移籍をすることを発表した。

 井澤は2018年にトップチーム昇格も徳島に期限付き移籍。19シーズンは天皇杯2試合に出場していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

秋田、トップチームのコーチに坂川翔太氏が就任

 ブラウブリッツ秋田は8日、坂川翔太氏(29)がトップチームのコーチに就任することを発表した。

 坂川氏は2015年から18年までアスルクラロ沼津のヘッドコーチを務め、19年は産業能率大サッカー部のコーチだった。クラブ公式サイトで「チームの勝利のために、吉田謙監督と選手をしっかりサポートしていきます。全力で取り組んでいきますのでよろしくお願いします」と伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

滝川二はチャンスを得た選手が躍動。1年生MF寺田が果敢な仕掛け、クロスでPK獲得

滝川二高の1年生MF寺田健人は左サイドからの仕掛け、クロスでPKを獲得
[1.6 NB CUP決勝 東海大大阪仰星高 0-1 滝川二高 時之栖裾野G]

 滝川二高(兵庫)は、選手権予選で1年生ながら10番を背負ったMF藤田仁朗や2年生のレギュラークラスの選手がケガで不在。だが、チャンスを得た選手が結果を残すなど、今後の競争激化が期待される結果となった。

 決勝戦では、後半11分に投入された1年生MF寺田健人が持ち味の積極的な仕掛けを披露。後半35分には左サイドでの縦突破から「FWの岩澤秀人君が走ってくれていると信じていたのでニアの方に蹴った」というクロスで相手DFのハンドを誘い、決勝点に繋がるPKを獲得した。

 寺田は「(松岡徹)監督から、『どんどん仕掛けて行け』と言われていて、その中で試合中に何回も仕掛けられた。得点シーンもサイドから仕掛けられたので良かったです」と微笑んだ。

 今大会はアピールに成功。前線でボールを受けてから逃げずに仕掛けてクロスまで行く部分など強みを発揮し、運動量を増やして優勝にも貢献した。「ここでチャンス掴めたので良かったです」。MF香川真司(サラゴサ)のターン技術などを参考に自分を磨いてきたアタッカーの次の目標は、先発奪取。より攻守両面でチームに貢献できる選手になって、滝二にとって欠かせない存在になる。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

清水GK高木和徹が長崎に期限付き移籍「成長した姿を見せられるように」

 V・ファーレン長崎は8日、清水エスパルスのGK高木和徹(24)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。

 高木和は2019シーズンでカップ戦に2試合、天皇杯に2試合出場していた。清水の公式サイトで「もう一回自分を見つめ直し、自分に何が足りなかったかを分析して、長崎に行って試合に出て、成長した姿を見せられるように頑張りますので、陰ながらでも応援していただけたら嬉しいです」と伝えている。

 長崎の公式サイトでは「長崎という素晴らしいチームに加われて、とてもうれしく思います。長崎がJ1昇格するために全力を尽くすので、熱い応援をよろしくお願いします!」と意気込んでいる。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

浦和の19歳2選手がJ3クラブに育成型期限付き移籍

浦和DF大城蛍が鳥取に期限付き移籍
 浦和レッズは8日、DF大城蛍(19)がガイナーレ鳥取に、MF池高暢希(19)がカターレ富山に育成型期限付き移籍をすることを発表した。

 育成組織出身の2選手はともに昨季トップチームに昇格。大城は公式戦の出場はなく、池高は天皇杯に1試合出場した。大城は浦和の公式サイトで「成長して戻ってこられるようにがんばります。1年間ありがとうございました!」とコメント。池高は「浦和レッズで活躍することを目標に、カターレ富山で経験を積み、成長して戻って来られるようにがんばります」と伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

19年夏加入…磐田DFファビオが退団「磐田が1年でJ1復帰することを応援しています」

 ジュビロ磐田は8日、DFファビオ(30)との2020シーズンの契約を更新しないことを発表した。

 ファビオは19シーズン夏に磐田に加入。しかしJ1リーグ戦で3試合の出場のみに終わっていた。クラブ公式サイトで「6か月間という短い間でしたが、スタッフやサポーターの皆さんに本当に感謝しています。残念ながら残留することができませんでしたが、ジュビロ磐田が1年でJ1復帰することを応援しています」と伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

関西学院は自信つける6試合に。1年時選手権経験の注目左SB福島「泥臭くても結果、勝ち切ることを求めてやりたい」

関西学院高は今年、2年ぶりの選手権出場を目指す
[1.6 NB CUP準決勝 関西学院高 0-1 東海大大阪仰星高 時之栖裾野G]

 関西学院高(兵庫)は早すぎる失点でリズムを崩し、受けに回る展開に。セカンドボールを拾われ続けるなど押し込まれる中、前半途中から主軸のFW田川翔大(2年)とMF馬渕竜希(2年)を投入して立て直しを図ると、後半は東海大大阪仰星高(大阪)を押し込んで攻め続けた。

 ボールを保持して主導権を握った関西学院は、MF田村亮弥(1年)のドリブル突破などもアクセントに反撃。ゴール前のシーンを増やしながらも、東海大仰星の堅守を破れずに敗れてしまう。それでも、4日間で強豪と計6試合の真剣勝負を経験。パワーのある日本文理高(新潟)や技術力の高い八千代高(千葉)に競り勝つなど、自信をつける大会となった。

 山根誠監督は「良い相手とやらせてもらった。今年はチームワークも良いし、選手層も厚い。粘り強さはあると思う」と分析。関西学院はこのニューバランスカップを冬休みの一つの目標とし、大晦日、元日もトレーニング。準々決勝で惜敗した相手の藤枝東高(静岡)の代役として準決勝出場権を得る幸運もあったが、選手たちは特長としている声や運動量、ショートカウンターで得点する部分を発揮するなど、全国クラスの強豪相手にも戦えるという手応えを得て大会を終えている。

 ゲーム主将を務めた左SB福島淳平(2年)は「(年末年始の練習も、今大会も)選手権に向けてなので、これも通過点としてやっていく中では良かったです」。ただし、過信にするつもりはない。進学校で文武両道の関西学院は、サッカーだけでなく高い学力も必要。他の強豪私学に比べても部員数は多くない。兵庫県内には、このニューバランスカップで優勝した滝川二高や選手権出場の神戸弘陵高、県立西宮高、三田学園高などライバルも多数。勝ち抜くことは簡単なことではない。

 それでも、福島は「去年も選手権出ているし、言い訳はできないと思う」と力を込める。関西学院は17年度の選手権予選で準優勝し、18年度は50年ぶりとなる兵庫制覇。19年度はベスト4で敗れたが、先輩たちが兵庫上位で戦い、全国出場を果たしている姿を見ているだけに、勉強面などの言い訳はできないと考えている。

 特に、神戸U-15出身の注目SB福島は1年時の選手権で先発を経験。リーダーの一人として迎える今年は意識の面から変わってきているという。「これまでは引っ張ってきてもらった。この代では自分が引っ張っていくという意識が強い。コーチングが少ない方だったけれど最近は意識してやっている」。ピッチでも特に存在感ある動き。準決勝でも左サイドで東海大仰星からボールを奪い取り、冷静にボールを動かすなど余裕のあるプレーをしていた。スピードとロングキックの質を武器に、強豪相手でも存在感を示したDFは、チームを声と背中で引っ張ることを目指す。

 福島は「去年の網谷(周世)先輩にも言われたんですけれども、『結果を求めてやれ』と言われたので、泥臭くても結果、勝ち切ることを求めてやりたい」。19年度は兵庫県1部リーグで優勝もプリンスリーグ関西参入戦はPK戦で惜敗。選手権予選でも優勝校の神戸弘陵に0-1で敗れている。昨年は力があると言われていた世代だが、結果を残すことができなかった。それだけに、今年は1年時に全国を経験している福島やFW坂本龍之介(2年)らが中心となって、泥臭く勝ち切るチームに成長して、必ず全国のピッチに立つ。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

昨季は主将就任から夏に移籍…新潟MF加藤大は来季長崎でプレー

MF加藤大は来季長崎でプレー
 アルビレックス新潟は8日、MF加藤大(28)が2019シーズンの夏に期限付き移籍していたアビスパ福岡と契約満了となっていたことを発表。20シーズンはV・ファーレン長崎に期限付き移籍することも発表されている。

 加藤は19シーズン当初に新潟のキャプテンに就任していたが、同シーズンの夏に福岡へ期限付き移籍していた。福岡ではJ2リーグで15試合に出場した。

 新潟の公式サイトでは、シーズン途中での移籍に触れる。「昨シーズンはキャプテンという立場でありながら、途中で移籍してしまい申し訳ありません。改めてサッカーというチームスポーツの難しさなど、本当にたくさんの経験をして学ばせてもらった1年でした。今シーズンも新潟を離れることになりますが、成長した姿を皆さんにお見せできるよう頑張ってきます」とコメントした。

 また、20シーズンに加入する長崎の公式サイトでは「この度は、このようなオファーをいただきありがとうございます。自分が持っている力を最大限に発揮し、J1昇格に貢献出来るよう、精いっぱい頑張ります」と意気込みを伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

仙台退団のMF梁勇基が鳥栖へ!「新天地でのプレーが楽しみ」

MF梁勇基が鳥栖に加入
 サガン鳥栖は8日、ベガルタ仙台を退団したMF梁勇基(38)を獲得したことを発表した。

 梁は阪南大から2004年に仙台に加入。16シーズンもの間プレーを続けたが、19シーズン限りでチームとの契約が満了となっていた。

 鳥栖の公式サイトで、梁は「またプレーするチャンスを頂いた事に感謝しています。新天地でのプレーが楽しみですし、チームの勝利のために日々努力していきたいと思います!」と伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

長崎MF島田譲が新潟にレンタル「J1昇格を決めた時の景色は一生の宝物」

MF島田譲が新潟に期限付き移籍
 アルビレックス新潟は8日、V・ファーレン長崎のMF島田譲(29)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。

 島田は2017シーズンから長崎に加入し、19シーズンにはJ2リーグで15試合に出場していた。新潟の公式サイトでは「少しでも早く皆さんに認めてもらえるように、ピッチ内外でハードワークしたいと思います!とても暖かい所から行くので、寒さへの不安はありますが、皆さんの温かい声援と選手の熱いプレーで新潟を盛り上げて行きましょう!」とコメントしている。

 長崎の公式サイトでは3年間の思いを伝えている。

「2017シーズンに加入して以降、クラブの存続の危機から始まり、ジャパネット新体制、そしてJ1昇格、1年でのJ2降格。クラブの歴史の中でも、激動の時代を皆さんと共に歩んできました。3年間サポートしてくれた皆さん、クラブに関わるすべての方々に心から感謝しています。本当にありがとうございました。J1昇格を決めた時の景色は僕の人生のハイライトで、一生の宝物です。このためにサッカーしているのだと思いました」

「2019シーズンはチームが苦しんでいる中で、自分自身がピッチ上でまったくチームに貢献することが出来ず、本当に悔しい思いをしました。自分の力不足を痛感しました。とても悩みましたが、今シーズンは新たな環境でチャレンジする決断をしました」

「また皆さんに必要とされるような選手になれるように、長崎らしく謙虚に最後まで諦めず、日々ハードワークし続けてきます。皆さんには引き続き、V・ファーレン長崎への熱い応援をお願いしたいです。そして、少しだけ僕のことを気にかけてもらえるとうれしいです」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

福岡のトップチームコーチ兼分析担当に中嶋氏が就任

 アビスパ福岡は8日、トップチームのコーチ兼分析担当に中嶋円野氏(27)の就任が決まったことを発表した。

 中嶋氏はこれまで筑波大のコーチなどを歴任し、2019年に湘南ベルマーレのトップチームコーチに就任。福岡のクラブ公式サイトを通じて「地元のクラブでもある、アビスパ福岡の一員として戦えることを大変嬉しく思います。クラブの目標でもあるJ1昇格に向けて、日々ベストを尽くします」と抱負を述べている。

以下、クラブ発表プロフィール

●中嶋円野
(なかしま・かずの)
■生年月日
1992年9月20日(27歳)
■出身地
福岡県
■選手歴
春日高-鹿児島大
■指導歴
2014〜2016年:FCアラーラ鹿児島 コーチ
2015〜2016年:鹿児島大学サッカー部 コーチ
2017年:筑波大学蹴球部 トップチームコーチ
2018年:筑波大学蹴球部 トップチームヘッドコーチ
2019年~:湘南ベルマーレ トップチームコーチ/分析

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

鳥栖、レンタル中の福岡DF岩下敬輔を完全移籍で獲得「どんな形であれ、鳥栖の力に」

DF岩下敬輔が鳥栖に完全移籍 ※写真は2018年のもの
 サガン鳥栖は8日、アビスパ福岡から期限付き移籍していたDF岩下敬輔(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。

 岩下は2017シーズンから福岡に加入し、19シーズン途中からは鳥栖に期限付き移籍していた。負傷のために戦線復帰できず、鳥栖ではカップ戦1試合に出場している。

 鳥栖の公式サイトでは「昨シーズンは全くといっていいほど怪我でプレーできなかったのですが、今シーズンもチャンスをもらいました。どんな形であれ、鳥栖の力になりたいと思っています。サガンティーノの皆さん、タイトルを獲れるように一緒に頑張りましょう!」とコメントしている。

 また福岡の公式サイトでは「僕のサッカー人生も福岡に来て、監督がかわって色々変わりました。今年はアビスパ の本来のあるべき姿、順位で戦ってくれる事を期待しています!」と伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

山口が2020年シーズンの選手背番号を発表

山口が今季背番号を発表
 レノファ山口FCは8日、2020年シーズンの選手背番号が決定したことを発表した。

 新加入組ではDF菊地光将(←大宮)が2番、FWイウリ(←ポルティモネンセ(ポルトガル)/期限付き移籍)が9番、FW小松蓮(←松本/期限付き移籍)が18番、DF安在和樹(←鳥栖/期限付き移籍)が24番を着ける。

 また、ルーキーではFW浮田健誠(←順天堂大)が16番、DF伊東稜晟(←山口U-18)が23番、DF国本玲央(←暁星国際高)が27番、DF眞鍋旭輝(←桐蔭横浜大)が28番に決まった。

以下、2020年シーズンの選手背番号

1 GK 林瑞輝(←G大阪/期限付き移籍)
2 DF 菊地光将(←大宮)
3 DF ヘナン
5 MF 佐藤健太郎
6 MF 高宇洋(←G大阪/期限付き移籍)
7 MF 田中パウロ淳一
8 FW 村田和哉(←鳥栖/期限付き移籍)
9 FW イウリ(←ポルティモネンセ(ポルトガル)/期限付き移籍)
10 MF 池上丈二
11 MF 高井和馬
12 サポーター
13 DF 楠本卓海
14 MF 吉濱遼平
16 FW 浮田健誠(←順天堂大)
17 GK 吉満大介
18 FW 小松蓮(←松本/期限付き移籍)
19 FW 森晃太(←甲府)
20 MF 清永丈瑠
22 DF 起海斗
23 DF 伊東稜晟(←山口U-18)
24 DF 安在和樹(←鳥栖/期限付き移籍)
26 MF 川井歩(←広島/期限付き移籍)
27 DF 国本玲央(←暁星国際高)
28 DF 眞鍋旭輝(←桐蔭横浜大)
29 MF 田中陸(←柏/期限付き移籍)
30 MF ヘニキ(←栃木)
33 GK 山田元気

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020シーズン新体制&背番号一覧
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

磐田GKカミンスキーが退団「ジュビロでの思い出は常に自分の胸の中」

GKカミンスキーが磐田を退団
 ジュビロ磐田は8日、GKカミンスキー(29)との契約が満了となったことを発表した。

 カミンスキーは2015シーズンから磐田に加入。19シーズンはJ1リーグで26試合に出場していた。クラブ公式サイトで「このチームの一員として戦えたことは、自分にとっての誇りです」とコメントしている。

「この先どこへ行こうとも、ジュビロでの思い出は常に自分の胸の中にあります。どんな時でも自分の後ろから声援を送り、チームを支えてくださったサポーターの皆さん、本当にありがとうございました」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

「J3優勝しましょう!!」富山退団のFW才藤が相模原に加入

 SC相模原は8日、カターレ富山のFW才藤龍治(26)が完全移籍で加入することを発表した。

 才藤は2018年から富山に所属し、2019年シーズンはJ3リーグ戦19試合で4得点を記録。同シーズン終了後に契約満了となっていた。

 相模原のクラブ公式サイトを通じ、「たくさんの人の支えによって2020シーズンプレーすることができます。常に感謝の気持ちを忘れずに熱くプレーすることをお約束します!J3優勝達成しましょう!!」と決意を語っている。

以下、クラブ発表プロフィール

●FW才藤龍治
(さいとう・りゅうじ)
■生年月日
1993年3月12日(26歳)
■出身地
東京都
■身長/体重
176cm/73kg
■経歴
成立学園高-東京国際大-琉球-富山
■リーグ通算出場歴
J3リーグ:126試合18得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

川崎F、トップチームコーチの久野氏がU-18コーチ就任へ

 川崎フロンターレは8日、トップチームコーチを務めていた久野智昭氏(46)が、川崎フロンターレU-18のコーチに就任することを発表した。

 久野氏は2013年から川崎Fのトップチームコーチを担当。クラブ公式サイトを通じて「7年間のトップチームの経験を活かして、U-18のコーチとしてアカデミー選手のために努力していきたいと思います。サポーターさんには引き続きアカデミー選手の活躍も応援よろしくお願いします」とコメントしている。

以下、クラブ発表プロフィール

●久野智明
(くの・ともあき)
■生年月日
1973年9月25日(46歳)
■出身地
静岡県静岡市駿河区
■所属チーム経歴
静岡市立大里中-静岡市立高-東京農業大-富士通サッカー部-川崎F
■指導歴
2006年~:川崎F スカウト 兼 育成・普及コーチ
2009年~:川崎F U-15コーチ
2010年~:川崎F U-18コーチ
2012年~:川崎F U-12監督
2013年~:川崎F コーチ

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

徳島にレンタル中の松本GK永井、今季は北九州でプレーへ

 ギラヴァンツ北九州は8日、松本山雅FCのGK永井堅梧(25)が期限付き移籍で加入することを発表した。移籍期間は2020年2月1日から2021年1月31日まで。契約により、松本との公式戦には出場できない。

 永井は2019年に徳島ヴォルティスへ期限付き移籍し、J2リーグ戦1試合に出場していた。

 北九州のクラブ公式サイト上で「ギラヴァンツ北九州のファン、サポーター、スポンサーの皆様、はじめまして永井堅梧です。北九州の最後の砦としてゴールを守れるよう精一杯頑張りますので、応援よろしくお願いします」とコメントしている。

以下、クラブ発表プロフィール

●GK永井堅梧
(ながい・けんご)
■生年月日
1994年11月6日(25歳)
■出身地
埼玉県
■身長/体重
184cm/79kg
■経歴
三菱養和巣鴨Jrユース-三菱養和SC-松本-富山-松本-富山-松本-富山-松本-富山-松本-徳島-松本
■出場歴
J2リーグ:1試合
J3リーグ:99試合
天皇杯:5試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

秋田DF夛田が契約満了「ブラウブリッツには感謝しかありません」

 ブラウブリッツ秋田は8日、DF夛田凌輔(27)について、2019年シーズンをもって契約満了となることを発表した。

 夛田は2019年から秋田に所属。同シーズンはJ3リーグ戦21試合で1得点を挙げ、天皇杯では1試合に出場した。

 退団に際してクラブ公式サイトを通じ、「僕にもう1度Jリーグでプレイする場を与えてくれた岩瀬社長、ブラウブリッツには感謝しかありません。ありがとうございました。そして応援してくれた皆さんありがとうございました。約1年と短い期間でしたが、お世話になりました。またどこかで会えるのを楽しみにしています。へばな!!」と感謝を伝えている。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF夛田凌輔
(ただ・りょうすけ)
■生年月日
1992年8月7日(27歳)
■出身地
大阪府
■経歴
サザンウェイブ泉州FCJrユース-C大阪U-18-C大阪-大分-C大阪-群馬-C大阪-群馬-長野-栃木-秋田
■2019年シーズン出場記録
J3リーグ:21試合1得点
天皇杯:1試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

U-23日本代表チームキャプテンはGK小島亨介、ゲームキャプテンは…

U-23日本代表GK小島亨介(大分→新潟)
 東京五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権)に挑むU-23日本代表の森保一監督が8日、公式記者会見に出席。チームキャプテンをGK小島亨介(大分→新潟)が務めることを明かした。

 今大会には同代表でキャプテンを務めてきたMF中山雄太(ズウォレ)が招集されていない上、中山不在時にキャプテンマークを巻いてきたDF板倉滉(フローニンゲン)やMF三好康児(アントワープ)も招集外。12月29日のメンバー発表会見時、指揮官は「そこ(誰がチームを引っ張るか)は、このメンバーを選ぶとき、スタッフミーティングでも話になった」と口にしていた。

 そして、公式記者会見時にキャプテンについて問われた指揮官は、「チームキャプテンはGKの小島を考えている」との考えを明かす。しかし、ゲームキャプテンについては「全選手、試合に出る確約がないので、試合に出るメンバーから決めたい」と話すにとどめている。

「キャプテンをすぐに決めるのではなく、一人一人がリーダーと自覚を持ってほしいと思っている。選ばれた選手は、チームのためにできることを明日の試合でやってほしい」

(取材・文 折戸岳彦)
▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

翌日、ついに初戦サウジ戦…U-23日本代表・森保監督「自分たちの力を出し切れるように」

会見に出席したU-23日本代表の森保一監督
 東京五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権)に挑むU-23日本代表の森保一監督が8日、公式記者会見に出席した。

 大会はタイで開催され、グループリーグは9日にサウジアラビア戦、12日にシリア戦、15日にカタール戦と中2日の過密日程で行われる。翌日には、ついにサウジアラビアとの初戦を迎える。18年9月に開催されたアジア大会では準々決勝で対戦して2-1の勝利を収めているが、「非常にうまさ、強さがあり、かつ組織的にも戦えるアジアトップのチームであり、非常に難しい戦いになる」と警戒を強めている。

 大会初戦。当然、難しい試合になるだろう。相手を警戒しつつ、自分たちの力を出し切ることが重要だと考える。「選手たちはこれまで最善の準備をしてくれているので、少しでもリラックスして試合に集中できるように、自分の力を出し切れるように働きかけたい」と大一番に備える。

 今大会の上位3チームには東京五輪出場権が与えられる。日本は開催国のため、出場権を獲得しているが、アジアの頂点を目指すことに変わりはない。「非常に難しく激しい試合になると思うが、勝利を目指してチーム一丸となって戦う。選手たちは成長の伸びしろがあるので、結果を求めつつ、一人ひとりがチャレンジすること、チームとして結果と成長を求めながらチャレンジしていきたい」と意気込みを示した。

(取材・文 折戸岳彦)
▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

沼津がMF谷口と契約更新「全力で闘いたい」

 アスルクラロ沼津は8日、MF谷口智紀(27)と2020年シーズンの契約を更新したことを発表した。

 谷口は2019年シーズンにJ3リーグ戦29試合に出場。新シーズンに向け、クラブ公式サイトを通じて「もう一度自分自身を見つめ直し、覚悟と責任を持った取り組みで、どんな時も前を向いて挑戦していきたいと思います。チームのために自分は何ができるのかを日々考え、全力で闘いたいと思いますので、よろしくお願いします」と意気込んだ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

東京V永田拓也が北九州にレンタル「オファーをして頂いた北九州のために」

東京VのDF永田拓也が北九州にレンタル
 ギラヴァンツ北九州は8日、東京ヴェルディのDF永田拓也(29)が期限付き移籍で加入することを発表した。移籍期間は2020年2月1日から2021年1月31日まで。契約により、東京Vとの公式戦には出場できない。

 永田は横浜FCから2019年に東京Vへ加入。同シーズンはJ2リーグ戦11試合で1得点を挙げていた。

 北九州のクラブ公式サイト上で「初めまして。東京ヴェルディから移籍してきました、永田拓也です。こんな自分にオファーをして頂いた北九州のために、自分の持っているもの全て出して戦います!!応援のほどよろしくお願い致します!」と挨拶している。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF永田拓也
(ながた・たくや)
■生年月日
1990年9月8日(29歳)
■出身地
埼玉県
■身長/体重
170cm/62kg
■経歴
浦和Jrユース-浦和ユース-浦和-草津-浦和-草津-浦和-横浜FC-東京V
■出場歴
J1リーグ:3試合
J2リーグ:175試合8得点
カップ戦:3試合
天皇杯:11試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

松本DF森本がマルヤス岡崎にレンタル…昨季まで相模原でプレー

 松本山雅FCは8日、SC相模原に期限付き移籍していたDF森本大貴(24)がマルヤス岡崎(JFL)へ期限付き移籍することを発表した。期限付き移籍期間は、2020年2月1日から2021年1月31日まで。契約により、松本と対戦する全ての公式戦に出場できない。

 森本は2018年シーズン途中から相模原に期限付き移籍。初年度はJ3リーグ戦14試合に出場したが、2019年シーズンは公式戦の出場がなかった。

 松本のクラブ公式サイトを通じて「昨シーズン、なかなか試合に絡めていなかった時も山雅サポーターの方々に声を掛けて頂けて凄く励みになりました。ありがとうございます。そして成長した姿を今後見せられるよう頑張ってきます」と誓っている。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF森本大貴
(もりもと・だいき)
■生年月日
1995年9月15日(24歳)
■出身地
鳥取県
■身長/体重
184cm/74kg
■経歴
蹴友クラブ-米子北高-関東学院大-松本-相模原-松本
■出場歴
J3リーグ:14試合
天皇杯:1試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

岡山、MF上田康太との契約更新を発表

岡山MF上田康太が契約更新
 ファジアーノ岡山は8日、MF上田康太(33)と2020年シーズンの契約を更新したことを発表した。

 上田は2018年に完全移籍で岡山に復帰。2019年シーズンはJ2リーグ戦31試合に出場し、4得点を記録した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

湘南の20歳MF新井が鳥取に育成型期限付き移籍

 ガイナーレ鳥取は8日、湘南ベルマーレのMF新井光(20)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。移籍期間は2020年2月1日から2021年1月31日までとなっている。

 プロ3年目を迎える新井はクラブ公式サイトを通じ、「湘南ベルマーレから移籍してきました新井光です。自分自身、強い覚悟を持ってチームに加入しました。鳥取の勝利のために自分の力を最大限に出してJ2昇格に貢献したいと思います。応援よろしくお願いします!」と挨拶した。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF新井光
(あらい・ひかる)
■生年月日
1999年4月14日(20歳)
■出身地
長野県
■身長/体重
174cm/58kg
■経歴
長野Jrユース-長野U-15-長野U-18-長野高-湘南
■出場歴
J1リーグ:1試合
カップ戦:6試合
天皇杯:1試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

2年連続でリーグ戦全試合出場…東京VのGK上福元が徳島に完全移籍

東京VのGK上福元直人が徳島に完全移籍
 徳島ヴォルティスは8日、東京ヴェルディからGK上福元直人(30)が完全移籍で加入することが内定したと発表した。今月に行うメディカルチェック後に正式契約となる。

 上福元は2018年から東京Vに所属し、2年連続でJ2リーグ戦全42試合に出場していた。

 徳島のクラブ公式サイトを通じ、「必要としてくれたクラブに感謝の気持ちを忘れず全力でプレーし、自分の持ち味である攻守でのハードワークでチームの勝利に貢献します。必ず皆さんでJ2優勝、J1昇格を勝ち取りましょう」とコメントしている。

 また、東京Vに対しては「ファン・サポーターの皆様の支えがあり自分らしく、大切な仲間と共に全力でプレーする事が出来ました」と感謝を語り、「この度、移籍というプロとしての決断に至りましたが、どこに行っても、いつまでもヴェルディを愛する気持ちは変わりません。ここで得た経験と誇りを胸に、大きく成長した姿を皆さんに見せられるように頑張っていきます。2年間本当にありがとうございました」とメッセージを送った。

以下、クラブ発表プロフィール

●GK上福元直人
(かみふくもと・なおと)
■生年月日
1989年11月17日(30歳)
■出身地
千葉県
■身長/体重
182cm/76kg
■経歴
千葉SC美浜-市立船橋高-順天堂大-大分-町田-大分-東京V
■出場歴
J2リーグ:130試合
J3リーグ:19試合
天皇杯:5試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「幸せでワクワクした気持ち」新潟GK田口の新天地は琉球に決定

 FC琉球は8日、2020年シーズンよりアルビレックス新潟のGK田口潤人(23)が完全移籍で加入することを発表した。

 田口は2018年に新潟へ加入し、同シーズンはルヴァン杯1試合、2019年シーズンは天皇杯1試合に出場。昨年11月に契約満了が発表されていた。

 琉球加入にあたり、クラブ公式サイトを通じて「沖縄の地でサッカー選手として戦える。幸せでワクワクした気持ちでいっぱいです!皆様にFC琉球の一員として早く認めてもらえるよう、日々全力でサッカーと向き合います。ピッチで、結果で、力を示せるように頑張ります!」と抱負を語っている。

 また、新潟のクラブ公式サイト上では「契約満了のときのコメントが全てです。悔しさを琉球でぶつけて来ます!新潟での出会い、経験、全てが自分の財産です。2年間本当にありがとうございました!」と感謝を伝えた。

以下、クラブ発表プロフィール

●GK田口潤人
(たぐち・じゅんと)
■生年月日
1996年9月28日(23歳)
■出身地
愛知県
■身長/体重
181cm/77kg
■経歴
横浜FMJrユース-横浜FMユース-横浜FM-藤枝-横浜FM-新潟
■出場歴
J3リーグ:21試合
カップ戦:1試合
天皇杯:1試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

甲府と契約満了のFW佐藤がヴィアティン三重に加入

 ヴァンフォーレ甲府は8日、FW佐藤洸一(33)が2020年シーズンよりヴィアティン三重(JFL)へ移籍加入することが決定したと発表した。

 佐藤は2019年に甲府へ加入し、同シーズンはJ2リーグ戦19試合で4得点をマーク。昨年11月に契約満了が発表されていた。

以下、クラブ発表プロフィール

●FW佐藤洸一
(さとう・こういち)
■生年月日
1986年11月28日(33歳)
■身長/体重
184cm/73kg
■出身地
三重県
■経歴
四日市南中-四日市西高-四日市大-岐阜-長崎-金沢-甲府
■出場歴
J2リーグ:368試合93得点
天皇杯:19試合8得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

甲府と契約満了のFW佐藤がヴィアティン三重に加入

 ヴァンフォーレ甲府は8日、FW佐藤洸一(33)が2020年シーズンよりヴィアティン三重(JFL)へ移籍加入することが決定したと発表した。

 佐藤は2019年に甲府へ加入し、同シーズンはJ2リーグ戦19試合で4得点をマーク。昨年11月に契約満了が発表されていた。

以下、クラブ発表プロフィール

●FW佐藤洸一
(さとう・こういち)
■生年月日
1986年11月28日(33歳)
■身長/体重
184cm/73kg
■出身地
三重県
■経歴
四日市南中-四日市西高-四日市大-岐阜-長崎-金沢-甲府
■出場歴
J2リーグ:368試合93得点
天皇杯:19試合8得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

C大阪、6選手との契約更新合意を発表

C大阪が契約更新選手を発表
 セレッソ大阪は8日、DF木本恭生(26)、MF藤田直之(32)、FW都倉賢(33)、FW高木俊幸(28)、DF丸橋祐介(29)、MF奥埜博亮(30)の6選手と2020年シーズンの選手契約更新に合意したことを発表した。

 チームは2019年シーズンのJ1リーグ戦で5位。新シーズンもロティーナ監督が指揮を執ることが決まっている。

以下、2019年シーズン出場記録

●DF木本恭生
J1:29試合0得点
カップ戦:4試合0得点
天皇杯:2試合0得点

●MF藤田直之
J1:25試合0得点
カップ戦:7試合0得点
天皇杯:1試合0得点

●FW都倉賢
J1:11試合1得点
カップ戦:1試合0得点

●FW高木俊幸
J1:19試合2得点
カップ戦:7試合0得点
天皇杯:2試合1得点

●DF丸橋祐介
J1:32試合2得点
カップ戦:0試合0得点
天皇杯:1試合0得点

●MF奥埜博亮
J1:32試合7得点
カップ戦:4試合0得点
天皇杯:2試合0得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

C大阪、6選手との契約更新合意を発表

C大阪が契約更新選手を発表
 セレッソ大阪は8日、DF木本恭生(26)、MF藤田直之(32)、FW都倉賢(33)、FW高木俊幸(28)、DF丸橋祐介(29)、MF奥埜博亮(30)の6選手と2020年シーズンの選手契約更新に合意したことを発表した。

 チームは2019年シーズンのJ1リーグ戦で5位。新シーズンもロティーナ監督が指揮を執ることが決まっている。

以下、2019年シーズン出場記録

●DF木本恭生
J1:29試合0得点
カップ戦:4試合0得点
天皇杯:2試合0得点

●MF藤田直之
J1:25試合0得点
カップ戦:7試合0得点
天皇杯:1試合0得点

●FW都倉賢
J1:11試合1得点
カップ戦:1試合0得点

●FW高木俊幸
J1:19試合2得点
カップ戦:7試合0得点
天皇杯:2試合1得点

●DF丸橋祐介
J1:32試合2得点
カップ戦:0試合0得点
天皇杯:1試合0得点

●MF奥埜博亮
J1:32試合7得点
カップ戦:4試合0得点
天皇杯:2試合0得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

神戸DF初瀬、レンタル中の福岡から復帰「成長した姿を見せる」

DF初瀬亮が神戸にレンタル復帰
 ヴィッセル神戸は8日、アビスパ福岡に育成型期限付き移籍していたDF初瀬亮(22)が復帰することを発表した。

 初瀬は昨年9月に期限付き移籍した福岡でJ2リーグ戦9試合に出場。復帰に際してクラブ公式サイトを通じ、「育成型期限付き移籍をしていたアビスパ福岡で得た経験を活かすとともに、今後も試合ごとに成長した姿を見せることができるよう更に努力し、ヴィッセル神戸の勝利、リーグ初制覇に貢献できるよう全力を尽くします」とコメントしている。

 また、福岡に対しては「非常に短い期間でしたが、ここで多くのことを学び、経験させていただき、成長することができました。監督、コーチ、スタッフ、チームの仲間、サポーターの皆様には、心から感謝しています。アビスパ福岡で得た経験を活かし、更に成長した姿を見せることができるよう頑張ります。本当にありがとうございました」と感謝を述べた。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF初瀬亮
(はつせ・りょう)
■生年月日
1997年7月10日(22歳)
■出身地
大阪府
■身長/体重
180cm/70kg
■経歴
G大阪Jrユース-G大阪ユース-G大阪-神戸-福岡
■出場歴
J1リーグ:51試合
J2リーグ:9試合
カップ戦:25試合
天皇杯:8試合
ACL:3試合
■代表歴
U-19日本代表(2016)、U-20日本代表(2017)、U-21日本代表(2018)、日本代表(2017)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

神戸DF初瀬、レンタル中の福岡から復帰「成長した姿を見せる」

DF初瀬亮が神戸にレンタル復帰
 ヴィッセル神戸は8日、アビスパ福岡に育成型期限付き移籍していたDF初瀬亮(22)が復帰することを発表した。

 初瀬は昨年9月に期限付き移籍した福岡でJ2リーグ戦9試合に出場。復帰に際してクラブ公式サイトを通じ、「育成型期限付き移籍をしていたアビスパ福岡で得た経験を活かすとともに、今後も試合ごとに成長した姿を見せることができるよう更に努力し、ヴィッセル神戸の勝利、リーグ初制覇に貢献できるよう全力を尽くします」とコメントしている。

 また、福岡に対しては「非常に短い期間でしたが、ここで多くのことを学び、経験させていただき、成長することができました。監督、コーチ、スタッフ、チームの仲間、サポーターの皆様には、心から感謝しています。アビスパ福岡で得た経験を活かし、更に成長した姿を見せることができるよう頑張ります。本当にありがとうございました」と感謝を述べた。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF初瀬亮
(はつせ・りょう)
■生年月日
1997年7月10日(22歳)
■出身地
大阪府
■身長/体重
180cm/70kg
■経歴
G大阪Jrユース-G大阪ユース-G大阪-神戸-福岡
■出場歴
J1リーグ:51試合
J2リーグ:9試合
カップ戦:25試合
天皇杯:8試合
ACL:3試合
■代表歴
U-19日本代表(2016)、U-20日本代表(2017)、U-21日本代表(2018)、日本代表(2017)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

[MOM3145]東海大大阪仰星MF廣岡一樹(2年)_バルベルデのように。運動量強みの大型ボランチが1-0勝利に貢献

東海大大阪仰星高MF廣岡一樹は豊富な運動量と高さを持つ大型ボランチ
[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[1.6 NB CUP準決勝 関西学院高 0-1 東海大大阪仰星高 時之栖裾野G]

 東海大大阪仰星高は我慢の展開となった後半を凌いで1-0で勝利。MF廣岡一樹(2年)とMF松名大輝(1年)のダブルボランチはセカンドボールを拾う部分など守備意識高く戦い続けて勝利に貢献した。

 特に「セカンドボールを拾うということと、球際、接点のところで負けないというところで意識しました」という廣岡は、本人も武器と考えている184cmの高さを活かした空中戦の強さと、運動量でもチームにプラスアルファをもたらしていた。

 そして、試合終盤まで出場して1-0で勝った試合について、「立ち上がりに早めに点が獲れたことと、押し込まれた展開の中でも無失点で試合を終えられたというところが良かったと思います」とコメント。その上で、「このレベルでちょっとできていたというので満足していたら勝てないと思うので、もっとレベルを上げたいと思います」と引き締めていた。

 決勝でも存在感のあるプレーを見せていたが、本人は攻撃面での物足りなさを口にする。「運動量とか上げていって、色々なプレーに絡むというところと、あとはアシストとか、ゴールに絡むというところももっと増やさないといけない。この遠征ではほとんど(ゴールに)絡めていないので改善したい」。運動量を活かして攻守両面でチームを支えられる選手になることが目標だ。

 理想とする選手がレアル・マドリーにいる。それはウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデ。廣岡は、豊富な運動量に加えて一つ一つのプレーの質が高いと感じているバルベルデを目指して成長し、東海大仰星が「獲れるタイトルを全部獲る」ことに貢献する。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

[MOM3145]東海大大阪仰星MF廣岡一樹(2年)_バルベルデのように。運動量強みの大型ボランチが1-0勝利に貢献

東海大大阪仰星高MF廣岡一樹は豊富な運動量と高さを持つ大型ボランチ
[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[1.6 NB CUP準決勝 関西学院高 0-1 東海大大阪仰星高 時之栖裾野G]

 東海大大阪仰星高は我慢の展開となった後半を凌いで1-0で勝利。MF廣岡一樹(2年)とMF松名大輝(1年)のダブルボランチはセカンドボールを拾う部分など守備意識高く戦い続けて勝利に貢献した。

 特に「セカンドボールを拾うということと、球際、接点のところで負けないというところで意識しました」という廣岡は、本人も武器と考えている184cmの高さを活かした空中戦の強さと、運動量でもチームにプラスアルファをもたらしていた。

 そして、試合終盤まで出場して1-0で勝った試合について、「立ち上がりに早めに点が獲れたことと、押し込まれた展開の中でも無失点で試合を終えられたというところが良かったと思います」とコメント。その上で、「このレベルでちょっとできていたというので満足していたら勝てないと思うので、もっとレベルを上げたいと思います」と引き締めていた。

 決勝でも存在感のあるプレーを見せていたが、本人は攻撃面での物足りなさを口にする。「運動量とか上げていって、色々なプレーに絡むというところと、あとはアシストとか、ゴールに絡むというところももっと増やさないといけない。この遠征ではほとんど(ゴールに)絡めていないので改善したい」。運動量を活かして攻守両面でチームを支えられる選手になることが目標だ。

 理想とする選手がレアル・マドリーにいる。それはウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデ。廣岡は、豊富な運動量に加えて一つ一つのプレーの質が高いと感じているバルベルデを目指して成長し、東海大仰星が「獲れるタイトルを全部獲る」ことに貢献する。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

昨年にクラブ史上初の飛び級昇格…鳥栖18歳MF松岡が契約更新

鳥栖MF松岡大起が契約更新
 サガン鳥栖は8日、MF松岡大起(18)と2020年シーズンの契約を更新したことを発表した。

 昨年6月にクラブ史上初めて高校在学時にトップチーム昇格を果たした松岡。同シーズンはJ1リーグ戦23試合、ルヴァン杯4試合、天皇杯3試合に出場した。

 東京五輪世代でもある松岡はクラブ公式サイトを通じ、「サガン鳥栖の勝利の為に、そしてファン・サポーターの皆様を笑顔にできるように全力で頑張ります!応援よろしくお願いします!」と新シーズンに向けて語っている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

昨年にクラブ史上初の飛び級昇格…鳥栖18歳MF松岡が契約更新

鳥栖MF松岡大起が契約更新
 サガン鳥栖は8日、MF松岡大起(18)と2020年シーズンの契約を更新したことを発表した。

 昨年6月にクラブ史上初めて高校在学時にトップチーム昇格を果たした松岡。同シーズンはJ1リーグ戦23試合、ルヴァン杯4試合、天皇杯3試合に出場した。

 東京五輪世代でもある松岡はクラブ公式サイトを通じ、「サガン鳥栖の勝利の為に、そしてファン・サポーターの皆様を笑顔にできるように全力で頑張ります!応援よろしくお願いします!」と新シーズンに向けて語っている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「勝利にこだわって戦いたい」新潟FW渡邉新太が契約更新

新潟FW渡邉新太が契約更新
 アルビレックス新潟は8日、FW渡邉新太(24)と2020年シーズンの契約更新に合意したことを発表した。

 新潟ユース出身の渡邉は流通経済大を経て2018年に新潟へ加入。2019年シーズンはJ2リーグ戦37試合に出場し、5得点を挙げた。

 新シーズンに向け、クラブ公式サイト上で「今シーズンもアルビレックス新潟でプレーさせていただくことになりました!皆さんの熱い応援をエネルギーに変えて、勝利にこだわって戦いたいと思います。J1昇格の目標を達成できるように、一緒に戦ってください!ご声援をよろしくお願いいたします」と共闘を呼びかけている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「勝利にこだわって戦いたい」新潟FW渡邉新太が契約更新

新潟FW渡邉新太が契約更新
 アルビレックス新潟は8日、FW渡邉新太(24)と2020年シーズンの契約更新に合意したことを発表した。

 新潟ユース出身の渡邉は流通経済大を経て2018年に新潟へ加入。2019年シーズンはJ2リーグ戦37試合に出場し、5得点を挙げた。

 新シーズンに向け、クラブ公式サイト上で「今シーズンもアルビレックス新潟でプレーさせていただくことになりました!皆さんの熱い応援をエネルギーに変えて、勝利にこだわって戦いたいと思います。J1昇格の目標を達成できるように、一緒に戦ってください!ご声援をよろしくお願いいたします」と共闘を呼びかけている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

桐光学園はCB奈良坂やFW三原、MF岩根が存在感。20年は選手層の厚さも強みに

桐光学園高は準決勝で敗れたものの、ポテンシャルの高さを示した
[1.6 NB CUP準決勝 滝川二高 1-0 桐光学園高 時之栖裾野G]

 桐光学園高(神奈川)は新チームの1、2年生が合流して最初の大会となった年末の横山杯で優勝。今回のニューバランスカップも予選リーグで3連勝すると、決勝トーナメントでも大阪桐蔭高(大阪)を1-0、流通経済大柏高(千葉)も3-0で破り、ベスト4へ進出した。

 滝川二高(兵庫)との準決勝では中盤のキーマンであるMF馬場拓己(1年)が負傷交代するアクシデント後に1失点。試合終盤は相手に息をさせないほど攻め続けていたが、ゴールを破ることができず、0-1で敗れた。

 もちろん、負けて良い試合はないが、それでも鈴木勝大監督は「彼らにとって良い負けになると思います」と前向き。選手たちは試合後、荷物を運んでいる最中から、どうすればより良くなるか意見をぶつけ合っていた。そして、クールダウンが終わった直後から、選手たちは学年関係なく膝を突き合わせるような形で、長時間に渡って改善点について青空ミーティング。鈴木監督に言われてからではなく、自発的に行動していたことが印象的だった。

 鈴木監督も「強烈なモノはない」と認めるように、1年時から10番をつけてきたFW西川潤(3年、C大阪加入)のような突き抜けた存在はいないかもしれない。それでも、豪快なヘッドを連発し、チームの背中を押すような言葉がけもしていたCB奈良坂巧(2年)や流経大柏戦で先制点を叩き出したFW三原快人(1年)はこの大会でも存在感。また、技巧派MF岩根裕哉(1年)が左足の展開、冷静なビルドアップに加えて、相手の強烈な寄せをブロックしてドリブル、パスに繋げるなど、力強さを増していたことが印象的だった。

 インターハイ日本一を経験しているGK北村公平(2年)やMF前川壮太(2年)、CB荒井ジュリアン海都(2年)、FW庄司朗(2年)、GK桃井玲(2年)に加え、全国ルーキーリーグ交流大会優勝メンバーの馬場や右SB米山悠葵(1年)、MF粟江晟(1年)が台頭。他にも力のある選手が多く、個々の質の高さ、選手層の厚さは今年の桐光学園の強みとなりそうだ。

 もちろん、この日失点に繋がった一瞬の隙ができた部分や、決定力の部分は改善していかなければならない。それでも、昨年、一昨年とインターハイでファイナリストになっている名門は、個々の意識の高さ、選手県予選敗退の悔しさを持って臨む2020年も十分に全国上位を争う力がありそうだ。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

桐光学園はCB奈良坂やFW三原、MF岩根が存在感。20年は選手層の厚さも強みに

桐光学園高は準決勝で敗れたものの、ポテンシャルの高さを示した
[1.6 NB CUP準決勝 滝川二高 1-0 桐光学園高 時之栖裾野G]

 桐光学園高(神奈川)は新チームの1、2年生が合流して最初の大会となった年末の横山杯で優勝。今回のニューバランスカップも予選リーグで3連勝すると、決勝トーナメントでも大阪桐蔭高(大阪)を1-0、流通経済大柏高(千葉)も3-0で破り、ベスト4へ進出した。

 滝川二高(兵庫)との準決勝では中盤のキーマンであるMF馬場拓己(1年)が負傷交代するアクシデント後に1失点。試合終盤は相手に息をさせないほど攻め続けていたが、ゴールを破ることができず、0-1で敗れた。

 もちろん、負けて良い試合はないが、それでも鈴木勝大監督は「彼らにとって良い負けになると思います」と前向き。選手たちは試合後、荷物を運んでいる最中から、どうすればより良くなるか意見をぶつけ合っていた。そして、クールダウンが終わった直後から、選手たちは学年関係なく膝を突き合わせるような形で、長時間に渡って改善点について青空ミーティング。鈴木監督に言われてからではなく、自発的に行動していたことが印象的だった。

 鈴木監督も「強烈なモノはない」と認めるように、1年時から10番をつけてきたFW西川潤(3年、C大阪加入)のような突き抜けた存在はいないかもしれない。それでも、豪快なヘッドを連発し、チームの背中を押すような言葉がけもしていたCB奈良坂巧(2年)や流経大柏戦で先制点を叩き出したFW三原快人(1年)はこの大会でも存在感。また、技巧派MF岩根裕哉(1年)が左足の展開、冷静なビルドアップに加えて、相手の強烈な寄せをブロックしてドリブル、パスに繋げるなど、力強さを増していたことが印象的だった。

 インターハイ日本一を経験しているGK北村公平(2年)やMF前川壮太(2年)、CB荒井ジュリアン海都(2年)、FW庄司朗(2年)、GK桃井玲(2年)に加え、全国ルーキーリーグ交流大会優勝メンバーの馬場や右SB米山悠葵(1年)、MF粟江晟(1年)が台頭。他にも力のある選手が多く、個々の質の高さ、選手層の厚さは今年の桐光学園の強みとなりそうだ。

 もちろん、この日失点に繋がった一瞬の隙ができた部分や、決定力の部分は改善していかなければならない。それでも、昨年、一昨年とインターハイでファイナリストになっている名門は、個々の意識の高さ、選手県予選敗退の悔しさを持って臨む2020年も十分に全国上位を争う力がありそうだ。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

町田が元セルビア代表FWを獲得「今からとてもワクワクしています」

 FC町田ゼルビアは8日、ジャギエロニア・ビャウィストク(ポーランド)から元セルビア代表FWステファン・スチェポビッチ(29)が完全移籍で加入することが内定したと発表した。なお、正式契約は来日後のメディカルチェックを経てからになるという。

 スチェポビッチは2012年から2014年までセルビア代表でプレーし、国際Aマッチ通算8試合で1得点をマーク。2018-19シーズンはポーランド1部で6試合に出場していた。

 クラブ公式サイトを通じ、「FC町田ゼルビアに加入できるということで、今からとてもワクワクしています。スタジアムでサポーターの方々が作り出す雰囲気は本当に素晴らしいと聞いています。開幕が楽しみです。成功に満ちた一年になることを祈っています。シーズンを通しての力強い応援よろしくお願いします!」と意気込みを述べている。

以下、クラブ発表プロフィール

●FWステファン・スチェポビッチ
(STEFAN SCEPOVIC)
■生年月日
1990年1月10日(29歳)
■国籍
セルビア
■身長/体重
186cm/78kg
■利き足

■経歴
CPメリダ(スペイン)-FKパルチザン(セルビア)-OFKベオグラード(セルビア)-FKムラディラドニク(セルビア)-OFKベオグラード(セルビア)-FKソポトベオグラード(セルビア)-OFKベオグラード(セルビア)-サンプドリア(イタリア)-クラブ・ブルージュKV(ベルギー)-KVコルトレイク(ベルギー)-ハポエル・エーカーFC(イスラエル)-FKパルチザン(セルビア)-FCアシュドッド(イスラエル)-スポルティング・デ・ヒホン(スペイン)-セルティックFC(スコットランド)-ヘタフェCF(スペイン)-スポルティング・デ・ヒホン(スペイン)-フェーエルバールFC(ハンガリー)-ジャギエロニア・ビャウィストク(ポーランド)
■代表歴
2009年-2011年:U-21セルビア代表
2012年-2014年:セルビア代表
セルビア代表国際Aマッチ通算8試合1得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

町田が元セルビア代表FWを獲得「今からとてもワクワクしています」

 FC町田ゼルビアは8日、ジャギエロニア・ビャウィストク(ポーランド)から元セルビア代表FWステファン・スチェポビッチ(29)が完全移籍で加入することが内定したと発表した。なお、正式契約は来日後のメディカルチェックを経てからになるという。

 スチェポビッチは2012年から2014年までセルビア代表でプレーし、国際Aマッチ通算8試合で1得点をマーク。2018-19シーズンはポーランド1部で6試合に出場していた。

 クラブ公式サイトを通じ、「FC町田ゼルビアに加入できるということで、今からとてもワクワクしています。スタジアムでサポーターの方々が作り出す雰囲気は本当に素晴らしいと聞いています。開幕が楽しみです。成功に満ちた一年になることを祈っています。シーズンを通しての力強い応援よろしくお願いします!」と意気込みを述べている。

以下、クラブ発表プロフィール

●FWステファン・スチェポビッチ
(STEFAN SCEPOVIC)
■生年月日
1990年1月10日(29歳)
■国籍
セルビア
■身長/体重
186cm/78kg
■利き足

■経歴
CPメリダ(スペイン)-FKパルチザン(セルビア)-OFKベオグラード(セルビア)-FKムラディラドニク(セルビア)-OFKベオグラード(セルビア)-FKソポトベオグラード(セルビア)-OFKベオグラード(セルビア)-サンプドリア(イタリア)-クラブ・ブルージュKV(ベルギー)-KVコルトレイク(ベルギー)-ハポエル・エーカーFC(イスラエル)-FKパルチザン(セルビア)-FCアシュドッド(イスラエル)-スポルティング・デ・ヒホン(スペイン)-セルティックFC(スコットランド)-ヘタフェCF(スペイン)-スポルティング・デ・ヒホン(スペイン)-フェーエルバールFC(ハンガリー)-ジャギエロニア・ビャウィストク(ポーランド)
■代表歴
2009年-2011年:U-21セルビア代表
2012年-2014年:セルビア代表
セルビア代表国際Aマッチ通算8試合1得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「どうぞお見知りおきを!」水戸退団のFW齋藤恵太が秋田に完全移籍

 ブラウブリッツ秋田は8日、水戸ホーリーホックからFW齋藤恵太(26)が完全移籍で加入することを発表した。

 齋藤は昨年7月に長野へ期限付き移籍し、J3リーグ戦17試合で1得点を記録。シーズン終了後に水戸から契約期間の満了が発表されていた。

 秋田加入に際し、クラブ公式サイトを通じて「自分の生まれは東北と言う事もあり、すごく新鮮な気持ちです。自分は東日本大震災、熊本大地震、長野県の台風という3回大きい災害に見舞われ、その地方の状況などを知っています。その様な経験談も秋田の皆さんに伝えられればと思いますし、サッカーが出来る喜びを噛み締めながら1勝でも多くチームの力になれるよう頑張りたいです。秋田のファン・サポーターの方々、気軽に話しかけてもらえればと思います。どうぞお見知りおきを!」とコメントしている。

以下、クラブ発表プロフィール

●FW齋藤恵太
(さいとう・けいた)
■生年月日
1993年3月31日(26歳)
■出身地
宮城県
■身長/体重
181cm/73kg
■経歴
山下中-聖和学園高-仙台大-福島-熊本-水戸-長野-水戸
■出場歴
J2リーグ:59試合5得点
J3リーグ:45試合9得点
天皇杯:3試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

30歳を超えてから目指したJリーガー…“長友佑都元マネージャー”の水戸DF近藤が契約満了

 水戸ホーリーホックは8日、契約期間の満了に伴い、DF近藤慎吾(32)と2020年シーズンの契約を更新しないことを発表した。

 近藤は明治大時代に特別指定選手として横浜FCに在籍。公式戦の出場はなく、大学卒業後は明治大学専門職大学院、野村證券株式会社を経て株式会社オフィス長友に入社し、日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)のマネージャーを担当していた。

 転機は2018年12月。長友が代表取締役社長兼CEOを務める株式会社Cuoreの『Jリーガー挑戦プロジェクト』により、「長友佑都元マネージャー近藤慎吾Jリーガーへの挑戦」と銘打ってJリーグを目指すことになる。

 当時、Cuoreの公式サイトを通じて「長友、弊社が唱える30才を超えて全盛期を迎える事を体現できるように日々努力をしていきます」と語っていた近藤。エリース東京(東京都1部)から水戸への練習参加を経て、2019年3月にアマチュア登録で加入した。

 しかし、2019年シーズンはJ2リーグ戦、天皇杯ともに出場はゼロ。1年でクラブを去ることになった。

 近藤は退団にあたり、水戸のクラブ公式サイト上で次のようにコメントしている。

「日頃より多大なる支援を頂いたパートナー企業の皆様、ホームタウンの皆様、そして、アツマーレやスタジアムで応援してくださったファン・サポーターの皆様に心から感謝しています。本当にありがとうございました。

 また、2月の練習参加から、異色の経歴の僕を受け入れて下さった、関係各部署、そしてチームメイトの皆に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。一年掛けて、試合出場という成果で加入に至るまでご尽力いただいた方々に結果で報いる事が出来なかった事が残念です。2020シーズン、違う環境でプレーの機会を得られたら、プレーする姿で水戸で関わった皆さんに恩返しが出来ればと思っています。

 一年間、本当にありがとうございました。

 これまでの経験、昨年の経験、これからの経験を活かして、絶対にスポーツ界、ビジネス界に貢献出来る人間になります。最後になりますが、フロントスタッフ含めて大きな改革期を迎えた水戸の一員として過ごした一年間は本当に楽しく、僕にとって特別な時間でした。ありがとうございました」

以下、クラブ発表プロフィール

●DF近藤慎吾
(こんどう・しんご)
■生年月日
1987年2月23日(32歳)
■出身地
神奈川県
■身長/体重
170cm/68kg
■経歴
南林間中-エスコラピオス学園三重海星高-明治大-エリース東京-水戸
■出場歴
なし

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

甲府がコーチ2名の就任を発表

 ヴァンフォーレ甲府は8日、トップチームフィジカルコーチにウェイリントン氏(43)、分析担当コーチに原圭輝氏(26)が就任することを発表した。

 それぞれクラブ公式サイトを通じ、ウェイリントン氏は「サッカーでは一人での成功は不可能です。でも、皆様と一緒に力を合わせ、目標に向えば、必ず達成出来ます。どうぞ宜しくお願い致します」、原氏は「少しでも早くチームに貢献出来るよう努めて参りますので、どうぞよろしくお願い致します」とコメントしている。

以下、クラブ発表プロフィール

●ウェイリントン
(WELLINGTON)
■生年月日
1976年9月17日(43歳)
■出身地
ブラジル
■指導歴:
1997年~2007年:サンパウロFC(ブラジル) フィジカルコーチ
2007年~2008年:セレッソ大阪 フィジカルコーチ
2009年~2011年:サンパウロFC(ブラジル) フィジカルコーチ
2011年:南昌八一衡源(中国) フィジカルコーチ
2012年:ガンバ大阪 フィジカルコーチ
2012年~2013年:上海申キン(中国) フィジカルコーチ
2014年~2015年:山東魯能(中国) フィジカルコーチ
2017年:アトレチコ・ミネイロ(ブラジル) フィジカルコーチ
2018年:浦和レッズ フィジカルコーチ
2019年:サンパウロFC(ブラジル) フィジカルコーチ

●原圭輝
(はら・よしき)
■生年月日
1993年7月20日(26歳)
■出身地
東京都
■経歴
東京都立八王子東高-立教大-東京スポーツ・レクリエーション専門学校-筑波大学大学院
■コーチライセンス
日本サッカー協会公認C級コーチライセンス(2018年取得)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

松本のテクニカルコーチに涌井氏が就任

 松本山雅FCは8日、トップチームテクニカルコーチに涌井秀人氏(26)が就任することを発表した。

 涌井氏は2016年から2019年まで甲府のトップチーム分析担当コーチを歴任。クラブ公式サイトを通じ、「布監督をはじめとするスタッフと共に、選手を全力でサポートし、勝利の為にパワーを注ぎます。この機会をいただいた松本山雅関係者に感謝しています。そして、松本山雅サポーターと共に闘えることを嬉しく思っています」とコメントしている。

以下、クラブ発表プロフィール

●涌井秀人
(わくい・しゅうと)
■生年月日
1993年7月24日(26歳)
■出身地
群馬県
■経歴
高崎健康福祉大学高崎高-JAPANサッカーカレッジ
■指導歴
2013年~2014年:ジェス新潟東SC ジュニア監督 兼 ジュニアユースコーチ
2015年:アルビレックス新潟レディース アシスタントコーチ
2016年~2019年:ヴァンフォーレ甲府 トップチーム分析担当コーチ
■ライセンス
日本サッカー協会公認B級ライセンス

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

大分の22歳MF坂井、今季は鳥取にレンタル「精一杯頑張ります!」

年代別の日本代表経験もあるMF坂井大将
 ガイナーレ鳥取は8日、大分トリニータからMF坂井大将(22)が期限付き移籍することを発表した。

 年代別の日本代表経験もある坂井は昨年6月、ザスパクサツ群馬に期限付き移籍。J3リーグ戦5試合に出場していた。

 鳥取のクラブ公式サイトを通じて「昇格に向けて精一杯頑張ります!」と意気込みを語り、大分に対しては「自分が成長するために、精一杯頑張ってきます」とコメント。また、群馬のクラブ公式サイト上では「半年間でしたが、チーム一丸となり目標であった昇格が達成出来た事は僕にとって素晴らしい経験になりました!出会いに感謝しています。ありがとうございました」と感謝を示した。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF坂井大将
(さかい・だいすけ)
■生年月日
1997年1月18日(22歳)
■出身地
長崎県
■身長/体重
167cm/64kg
■経歴
大分U-15-大分U-18-大分-テュビズ(ベルギー)-大分-新潟-大分-群馬-大分
■出場歴
J2リーグ:16試合
J3リーグ:24試合1得点
カップ戦:2試合
天皇杯:9試合3得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

大分の22歳MF坂井、今季は鳥取にレンタル「精一杯頑張ります!」

年代別の日本代表経験もあるMF坂井大将
 ガイナーレ鳥取は8日、大分トリニータからMF坂井大将(22)が期限付き移籍することを発表した。

 年代別の日本代表経験もある坂井は昨年6月、ザスパクサツ群馬に期限付き移籍。J3リーグ戦5試合に出場していた。

 鳥取のクラブ公式サイトを通じて「昇格に向けて精一杯頑張ります!」と意気込みを語り、大分に対しては「自分が成長するために、精一杯頑張ってきます」とコメント。また、群馬のクラブ公式サイト上では「半年間でしたが、チーム一丸となり目標であった昇格が達成出来た事は僕にとって素晴らしい経験になりました!出会いに感謝しています。ありがとうございました」と感謝を示した。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF坂井大将
(さかい・だいすけ)
■生年月日
1997年1月18日(22歳)
■出身地
長崎県
■身長/体重
167cm/64kg
■経歴
大分U-15-大分U-18-大分-テュビズ(ベルギー)-大分-新潟-大分-群馬-大分
■出場歴
J2リーグ:16試合
J3リーグ:24試合1得点
カップ戦:2試合
天皇杯:9試合3得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

讃岐退団のGK瀬口が徳島に加入…メディカルチェック後に正式契約へ

 徳島ヴォルティスは8日、カマタマーレ讃岐のGK瀬口拓弥(31)が完全移籍で加入することが内定したと発表した。今月のメディカルチェック後に正式契約となる。

 瀬口は2011年に讃岐に在籍し、2019年シーズンは天皇杯1試合に出場。先月19日に契約満了が発表されていた。

 徳島のクラブ公式サイトを通じて「徳島ヴォルティスのような魅力あるクラブに加入出来たことを大変嬉しく思います。移籍に際し、たくさんの方にお力添えをいただきました。日々、感謝の気持ちを忘れず、一日でも早く、ファン・サポーターの皆さまに、認めてもらえるように努力し続けます」と意気込みを語り、「クラブに関わる全ての皆さまが一つとなり、J1昇格を達成しましょう!」と呼びかけている。

以下、クラブ発表プロフィール

●GK瀬口拓弥
(せぐち・たくや)
■生年月日
1988年11月30日(31歳)
■出身地
岡山県
■身長/体重
187cm/78kg
■経歴
ハジャスFC-笠岡工高-流通経済大-クラブ・ドラゴンズ-流通経済大-讃岐
■出場歴
J2リーグ:32試合
JFL:91試合1得点
天皇杯:8試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

讃岐退団のGK瀬口が徳島に加入…メディカルチェック後に正式契約へ

 徳島ヴォルティスは8日、カマタマーレ讃岐のGK瀬口拓弥(31)が完全移籍で加入することが内定したと発表した。今月のメディカルチェック後に正式契約となる。

 瀬口は2011年に讃岐に在籍し、2019年シーズンは天皇杯1試合に出場。先月19日に契約満了が発表されていた。

 徳島のクラブ公式サイトを通じて「徳島ヴォルティスのような魅力あるクラブに加入出来たことを大変嬉しく思います。移籍に際し、たくさんの方にお力添えをいただきました。日々、感謝の気持ちを忘れず、一日でも早く、ファン・サポーターの皆さまに、認めてもらえるように努力し続けます」と意気込みを語り、「クラブに関わる全ての皆さまが一つとなり、J1昇格を達成しましょう!」と呼びかけている。

以下、クラブ発表プロフィール

●GK瀬口拓弥
(せぐち・たくや)
■生年月日
1988年11月30日(31歳)
■出身地
岡山県
■身長/体重
187cm/78kg
■経歴
ハジャスFC-笠岡工高-流通経済大-クラブ・ドラゴンズ-流通経済大-讃岐
■出場歴
J2リーグ:32試合
JFL:91試合1得点
天皇杯:8試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

[MOM3144]滝川二DF眞古大輔(2年)_守って、攻めての「普通じゃない」CBへ。主将としての立ち振舞も◎

優勝した滝川二高の中で特に印象的なプレーをしていたCB眞古大輔主将(右)
[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[1.6 NB CUP準決勝 滝川二高 1-0 桐光学園高 時之栖裾野G]

「NEW BALANCE CUP 2020 新春高校サッカー強化研修大会」(通称・裏選手権)で最も印象に残った選手は、優勝校・滝川二高(兵庫)のキャプテンだった。準決勝で桐光学園高(神奈川)、決勝でも東海大大阪仰星高(大阪)を完封するなど、7試合中6試合を無失点。滝川二の最終ラインの中心で際立つような存在感を見せた。

 松岡徹監督は特に準決勝で桐光学園を完封したことを評価していた。準々決勝で流通経済大柏高(千葉)を3-0で破っていた桐光学園は、技術力の高さを含めて大会随一と言えるようなチーム。その相手に183cmCB眞古大輔主将(2年)を中心とした滝川二は我慢強く守り抜き、得点を許さなかった。

 眞古が準決勝以上に目立っていたのが決勝戦。相手の攻撃を得意のヘッドで弾き返していた一方、自らボールを奪い取り、さらにそのまま攻撃参加して混戦を“ゴリゴリと”中央突破…というシーンが2度、3度とあった。

 プレー同様、理想としている姿も異質なモノ。「僕が目指しているCBは自分が守って、自分が点獲って、『普通じゃないというCB』を目指しているので、カットしたら『自分が全員抜いているやるんだ』という気持ちでプレーしています」。小学生時代はFWで競り合いに恐怖心を持たなくなったという眞古は、中学時代にボランチを経験したことで攻守に幅の広いプレーをする。そのCBは、強敵相手にも自分の特長を発揮できたことで自信を深めていた。
 
 準決勝の前半に関しては、桐光学園の186cmFW庄司朗(2年)にボールを収められてしまっていた。だが、後半は中盤に下りてボールを受けようとする庄司に食らいつき、しつこいチェックでインターセプト。また、空中戦でも強さを発揮していたCBは、狙い澄ましたインターセプトを2度、3度と決めてカウンター攻撃の起点にもなっていた。

 そして、庄司交代後は相手のスピードのある選手たちに対応。自分ひとりで取り切れなくても、相手の前に足をねじ込んでボールに触れるなど味方のサポートを受ける形でインターセプトに繋げていた。試合終盤には桐光学園の決定的なシーンでシュートブロック。加えて、国体兵庫県選抜で課題とだったという左足のフィードやビルドアップは朝練習を重ねたことで今や武器にしており、利き足の右、また左足から精度の高いフィードを放っていた。

 主将としての立ち振舞も印象的だった点だ。試合中、オフサイドでゴールが取り消しになったり、微妙な判定でチームメートが「何で?」と口にするシーンがあった。だが、眞古がすかさず、ピッチ中に響くような声で「やめろ!」「言うな!」と制止。試合後の挨拶含めてレフリーや対戦相手に敬意を持って行動していた。

「新チームになって投票で選んでもらって、選んでもらったからには立ち振舞とかしっかりしないとなと。(試合中は)熱くなったりする選手がいる。審判に対しての礼儀とか言われているのもあるし、自分もそう思うので意識している」と眞古。年間通じてその部分も意識しながら滝川二を勝たせるリーダー、CBになるつもりだ。

 アジリティを特長とするする選手への対応や精度の部分などまだ課題はあるが、今後が楽しみな素材。本人も今大会を通して、よりプロへの意識は高まったという。「自分のプレーが通用したということで、もっとプロに行きたいという意識が強くなった。個人としては跳ね返す部分はほとんど無敗でできたので、継続してやって、もっとチームを動かせる選手に、自分が起点となって点が獲れるような形を作れる選手になりたい」。貪欲に自分を高めて、自分で守り、攻めて、ゴールも奪える選手へ。そして、チームの目標である日本一、そして個人の目標であるプロ入りも実現する。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

[MOM3144]滝川二DF眞古大輔(2年)_守って、攻めての「普通じゃない」CBへ。主将としての立ち振舞も◎

優勝した滝川二高の中で特に印象的なプレーをしていたCB眞古大輔主将(右)
[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[1.6 NB CUP準決勝 滝川二高 1-0 桐光学園高 時之栖裾野G]

「NEW BALANCE CUP 2020 新春高校サッカー強化研修大会」(通称・裏選手権)で最も印象に残った選手は、優勝校・滝川二高(兵庫)のキャプテンだった。準決勝で桐光学園高(神奈川)、決勝でも東海大大阪仰星高(大阪)を完封するなど、7試合中6試合を無失点。滝川二の最終ラインの中心で際立つような存在感を見せた。

 松岡徹監督は特に準決勝で桐光学園を完封したことを評価していた。準々決勝で流通経済大柏高(千葉)を3-0で破っていた桐光学園は、技術力の高さを含めて大会随一と言えるようなチーム。その相手に183cmCB眞古大輔主将(2年)を中心とした滝川二は我慢強く守り抜き、得点を許さなかった。

 眞古が準決勝以上に目立っていたのが決勝戦。相手の攻撃を得意のヘッドで弾き返していた一方、自らボールを奪い取り、さらにそのまま攻撃参加して混戦を“ゴリゴリと”中央突破…というシーンが2度、3度とあった。

 プレー同様、理想としている姿も異質なモノ。「僕が目指しているCBは自分が守って、自分が点獲って、『普通じゃないというCB』を目指しているので、カットしたら『自分が全員抜いているやるんだ』という気持ちでプレーしています」。小学生時代はFWで競り合いに恐怖心を持たなくなったという眞古は、中学時代にボランチを経験したことで攻守に幅の広いプレーをする。そのCBは、強敵相手にも自分の特長を発揮できたことで自信を深めていた。
 
 準決勝の前半に関しては、桐光学園の186cmFW庄司朗(2年)にボールを収められてしまっていた。だが、後半は中盤に下りてボールを受けようとする庄司に食らいつき、しつこいチェックでインターセプト。また、空中戦でも強さを発揮していたCBは、狙い澄ましたインターセプトを2度、3度と決めてカウンター攻撃の起点にもなっていた。

 そして、庄司交代後は相手のスピードのある選手たちに対応。自分ひとりで取り切れなくても、相手の前に足をねじ込んでボールに触れるなど味方のサポートを受ける形でインターセプトに繋げていた。試合終盤には桐光学園の決定的なシーンでシュートブロック。加えて、国体兵庫県選抜で課題とだったという左足のフィードやビルドアップは朝練習を重ねたことで今や武器にしており、利き足の右、また左足から精度の高いフィードを放っていた。

 主将としての立ち振舞も印象的だった点だ。試合中、オフサイドでゴールが取り消しになったり、微妙な判定でチームメートが「何で?」と口にするシーンがあった。だが、眞古がすかさず、ピッチ中に響くような声で「やめろ!」「言うな!」と制止。試合後の挨拶含めてレフリーや対戦相手に敬意を持って行動していた。

「新チームになって投票で選んでもらって、選んでもらったからには立ち振舞とかしっかりしないとなと。(試合中は)熱くなったりする選手がいる。審判に対しての礼儀とか言われているのもあるし、自分もそう思うので意識している」と眞古。年間通じてその部分も意識しながら滝川二を勝たせるリーダー、CBになるつもりだ。

 アジリティを特長とするする選手への対応や精度の部分などまだ課題はあるが、今後が楽しみな素材。本人も今大会を通して、よりプロへの意識は高まったという。「自分のプレーが通用したということで、もっとプロに行きたいという意識が強くなった。個人としては跳ね返す部分はほとんど無敗でできたので、継続してやって、もっとチームを動かせる選手に、自分が起点となって点が獲れるような形を作れる選手になりたい」。貪欲に自分を高めて、自分で守り、攻めて、ゴールも奪える選手へ。そして、チームの目標である日本一、そして個人の目標であるプロ入りも実現する。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

松本DF下川、愛媛とのレンタル期間が満了

 愛媛FCは8日、松本山雅FCから期限付き移籍していたDF下川陽太(24)の移籍期間が満了となったことを発表した。

 2018年に松本でプロキャリアを始めた下川は、2019年に愛媛へ期限付き移籍。同シーズンはJ2リーグ戦37試合に出場し、3得点を記録していた。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF下川陽太
(しもかわ・ようた)
■生年月日
1995年9月7日(24歳)
■出身地
大阪府
■身長/体重
178cm/70kg
■経歴
アスペガスFC-国見高-大阪商業大-松本-愛媛
■出場歴
J2リーグ:56試合3得点
天皇杯:2試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

松本DF下川、愛媛とのレンタル期間が満了

 愛媛FCは8日、松本山雅FCから期限付き移籍していたDF下川陽太(24)の移籍期間が満了となったことを発表した。

 2018年に松本でプロキャリアを始めた下川は、2019年に愛媛へ期限付き移籍。同シーズンはJ2リーグ戦37試合に出場し、3得点を記録していた。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF下川陽太
(しもかわ・ようた)
■生年月日
1995年9月7日(24歳)
■出身地
大阪府
■身長/体重
178cm/70kg
■経歴
アスペガスFC-国見高-大阪商業大-松本-愛媛
■出場歴
J2リーグ:56試合3得点
天皇杯:2試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

契約更新から一転、大宮DF奥井が清水に電撃移籍「たくさんの方々にご迷惑を…」「あの感動は絶対に忘れません」

大宮DF奥井諒が清水に完全移籍
 清水エスパルスは8日、大宮アルディージャのDF奥井諒(29)が完全移籍で加入することを発表した。

 奥井は早稲田大から神戸を経て2016年に大宮へ完全移籍。加入4年目の2019年シーズンはJ2リーグ戦26試合で1得点を挙げ、先月31日には契約更新が発表されていたが、一転して移籍となった。

 大宮のクラブ公式サイトを通じて「このタイミングでの移籍は、チーム関係者をはじめ、たくさんの方々にご迷惑をおかけしたと思いますが、自分のサッカー人生を考えて決断しました」と説明している。

 そして「アルディージャサポーターの皆さま、急な移籍で直接ご挨拶もできませんが、4年間応援していただき、そして僕のチャントを作っていただき、本当にありがとうございました。NACKで初めて自分のチャントを聞いたときの感動は絶対に忘れません。めちゃくちゃうれしかったですし、より一層このチームのために頑張りたいと思わせてくれました。アルディージャで過ごした4年間で、あらためてサポーターの皆さまの存在の大きさに気づかされました」と振り返り、「最後になりますが、アルディージャの一員でいられた4年間は僕にとって、とても幸せな時間でした。今まで本当にありがとうございました」と感謝を述べた。

 また、新天地となる清水のクラブ公式サイト上では「はじめまして。大宮アルディージャから移籍してきました奥井諒です。歴史あるチームの一員になれてうれしいです。チームのために精いっぱい頑張りますので、応援よろしくお願いします!」と挨拶している。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF奥井諒
(おくい・りょう)
■生年月日
1990年3月7日(29歳)
■出身地
大阪府
■身長/体重
169cm/62kg
■利き足

■経歴
G大阪Jrユース-履正社高-早稲田大-神戸-大宮
■出場歴
J1リーグ:103試合3得点
J2リーグ:75試合3得点
カップ戦:20試合1得点
天皇杯:13試合2得点
■代表歴
U-17日本代表、関東大学選抜

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

契約更新から一転、大宮DF奥井が清水に電撃移籍「たくさんの方々にご迷惑を…」「あの感動は絶対に忘れません」

大宮DF奥井諒が清水に完全移籍
 清水エスパルスは8日、大宮アルディージャのDF奥井諒(29)が完全移籍で加入することを発表した。

 奥井は早稲田大から神戸を経て2016年に大宮へ完全移籍。加入4年目の2019年シーズンはJ2リーグ戦26試合で1得点を挙げ、先月31日には契約更新が発表されていたが、一転して移籍となった。

 大宮のクラブ公式サイトを通じて「このタイミングでの移籍は、チーム関係者をはじめ、たくさんの方々にご迷惑をおかけしたと思いますが、自分のサッカー人生を考えて決断しました」と説明している。

 そして「アルディージャサポーターの皆さま、急な移籍で直接ご挨拶もできませんが、4年間応援していただき、そして僕のチャントを作っていただき、本当にありがとうございました。NACKで初めて自分のチャントを聞いたときの感動は絶対に忘れません。めちゃくちゃうれしかったですし、より一層このチームのために頑張りたいと思わせてくれました。アルディージャで過ごした4年間で、あらためてサポーターの皆さまの存在の大きさに気づかされました」と振り返り、「最後になりますが、アルディージャの一員でいられた4年間は僕にとって、とても幸せな時間でした。今まで本当にありがとうございました」と感謝を述べた。

 また、新天地となる清水のクラブ公式サイト上では「はじめまして。大宮アルディージャから移籍してきました奥井諒です。歴史あるチームの一員になれてうれしいです。チームのために精いっぱい頑張りますので、応援よろしくお願いします!」と挨拶している。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF奥井諒
(おくい・りょう)
■生年月日
1990年3月7日(29歳)
■出身地
大阪府
■身長/体重
169cm/62kg
■利き足

■経歴
G大阪Jrユース-履正社高-早稲田大-神戸-大宮
■出場歴
J1リーグ:103試合3得点
J2リーグ:75試合3得点
カップ戦:20試合1得点
天皇杯:13試合2得点
■代表歴
U-17日本代表、関東大学選抜

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

山形がJ・バイアーノのレンタル終了を発表「オブリガード!」

山形FWジェフェルソン・バイアーノの移籍期間が満了
 モンテディオ山形は8日、サンタリタ(ブラジル)から期限付き移籍していたFWジェフェルソン・バイアーノ(24)が移籍期間満了となったことを発表した。

 ブラジル人ストライカーのJ・バイアーノは2018年に水戸へ期限付き移籍し、J2リーグ戦34試合で11ゴールを記録。山形に期限付き移籍した2019年シーズンは34試合に出場し、7得点を挙げた。

 退団にあたり、クラブ公式サイトを通じて「モンテディオ山形を愛するサポーターのみなさん、1年間わたしへの応援ありがとうございました。オブリガード!」と感謝を伝えている。

以下、クラブ発表プロフィール

●FWジェフェルソン・バイアーノ
(Jefferson Silva Dos Santos)
■生年月日
1995年5月10日(24歳)
■出身地
ブラジル
■身長/体重
186cm/83Kg
■経歴
ジャクイペンセ-ECヴィトーリア-サンタリタ-ASA-サンタリタ-CAブラガンチーノ-サンタリタ-ASA-サンタリタ-ヘルシリオ ルス-サンタリタ-水戸-サンタリタ-山形
■出場歴
J2リーグ:68試合18得点
天皇杯:2試合2得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

水戸の新コーチに依田氏が就任「共に闘いましょう!」

 水戸ホーリーホックは8日、2020年シーズンよりトップチームヘッドコーチとして依田光正(42)氏が就任することを発表した。

 依田氏は現役時代に山形や草津(現群馬)でプレー。2018年から2019年まで町田のコーチを歴任していた。

 クラブ公式サイトを通じ、「クラブに関わる全ての方々の力を合わせ共に闘いましょう!」とコメントしている。

以下、クラブ発表プロフィール

●依田光正
(よだ・みつまさ)
■生年月日
1977年8月7日(42歳)
■出身地
東京都
■選手歴
1996年~1999年:帝京大
2000年~2003年:モンテディオ山形
2004年~2006年:ザスパ草津
■指導歴
2007年:ザスパ草津U-15コーチ/ザスパ草津スクールコーチ
2008年~2009年:ザスパ草津U-15監督
2010年~2015年:ザスパ草津/ザスパクサツ群馬コーチ
2016年:名古屋グランパスU-18コーチ
2017年:名古屋グランパスU-15コーチ
2018年~2019年:FC町田ゼルビアコーチ

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

山形、仁川ユナイテッドから20歳GKをレンタルで獲得

 モンテディオ山形は8日、仁川ユナイテッド(韓国)からGKミン・ソンジュン(20)が期限付き移籍で加入することを発表した。

 ミン・ソンジュンは1999年生まれの20歳で、189cmの長身を誇る守護神。クラブ公式サイトを通じ、「プロとしての最初のスタートをモンテディオ山形と共に歩める事をまず非常に嬉しく誇りに感じています。みなさんの期待に応えられるように最善をつくしモンテディオ山形のJ1昇格の為に闘いたいと思います」とコメントしている。

以下、クラブ発表プロフィール

●GKミン・ソンジュン
(MIN SEONG JUN)
■生年月日
1999年7月22日(20歳)
■出身地
韓国
■身長/体重
189cm/81kg
■利き足

■経歴
高麗大-仁川ユナイテッド

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「このようなオファーをいただける事は当たり前ではなく…」C大阪GK圍、完全移籍で松本へ

C大阪GK圍謙太朗が松本に完全移籍
 松本山雅FCは8日、セレッソ大阪からGK圍謙太朗(28)が完全移籍で加入することを発表した。

 圍は桃山学院大から2014年にFC東京へ加入し、2017年からC大阪に所属。2018年は福岡に期限付き移籍し、C大阪に復帰した2019年シーズンはルヴァン杯7試合、天皇杯3試合、C大阪U-23としてJ3リーグ戦4試合に出場した。

 C大阪での2年間を振り返り、クラブ公式サイトを通じて「特に2019年は自分にとってとても大きな一年でした。ロティーナ監督はじめスタッフの方々、選手の皆さん、ファン、サポーターの皆さんのお陰だと思っています。本当にありがとうございました!!」と感謝している。

 続けて「今回移籍するにあたってとても悩みましたが、このようなオファーをいただける事は当たり前ではなく、このチャンスを掴みに行きたいと思い決断しました」と経緯を語り、「松本山雅FCでも厳しい戦いが待っていると思いますが、全て自分の成長材料に変えて大きく成長出来る様に頑張って来ます!!松本山雅FCをJ1に昇格させて、セレッソ大阪と対戦した時に成長した姿を見せられる様全力を尽くしてきます!」と誓った。

 また、松本のクラブ公式サイト上では「最高の雰囲気のアルウィンでプレーする事を今からワクワクしています!自分の全てを出し切って松本山雅の為にプレーします!!チームも個人も成長して最後にみんなで笑えるように戦います!!これからよろしくお願いします!!」と挨拶している。

以下、クラブ発表プロフィール

●GK圍謙太朗
(かこい・けんたろう)
■生年月日
1991年4月23日(28歳)
■出身地
長崎県
■身長/体重
190cm/90kg
■経歴
大津北中-大津高-桃山学院大-FC東京-C大阪-福岡-C大阪
■出場歴
J2リーグ:26試合
J3リーグ:34試合
カップ戦:8試合
天皇杯:3試合
ACL:1試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

山形の主将DF山田拓巳が契約更新! クラブ一筋13年目のシーズンへ

山形DF山田拓巳が契約更新
 モンテディオ山形は8日、DF山田拓巳(30)との契約を更新したことを発表した。

 山形のキャプテンを務める山田は市立船橋高から2008年に入団。2019年シーズンはJ2リーグ戦41試合に出場し、3得点を記録した。今季はクラブ一筋13年目のシーズンとなる。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

秋田が北九州MF茂を完全移籍で獲得「1日でも早く馴染めるように」

北九州MF茂平が秋田へ
 ブラウブリッツ秋田は8日、ギラヴァンツ北九州のMF茂平(26)が完全移籍で加入することを発表した。

 大分U-18、立命館大出身の茂は2016年に奈良クラブ(JFL)へ加入。2017年から北九州に移籍し、2019年シーズンはJ3リーグ戦16試合で1得点を挙げた。

 北九州のクラブ公式サイトを通じ、「3年間ギラヴァンツ北九州の一員として戦うことが出来てとても幸せでした。どんな時でも温かい声援を送って頂いたファン・サポーターの皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです!」とメッセージを送っている。

 新天地となる秋田のクラブ公式サイト上では「1日でも早くチームに馴染めるように頑張ります!」と意気込みを語った。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF茂平
(しげ・たいら)
■生年月日
1993年4月14日(26歳)
■出身地
長崎県
■身長/体重
172cm/67kg
■経歴
キックスFC U-15-大分U-18-立命館大-奈良クラブ-北九州
■出場歴
J3リーグ:52試合1得点
天皇杯:3試合1得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

岐阜が3選手との契約更新を発表

 FC岐阜は8日、MF長倉颯(23)、DF北谷史孝(24)、FW粟飯原尚平(23)と2020年シーズンの契約を更新したことを発表した。

 法政大から2019年に加入した長倉は、同シーズンのJ2リーグ戦で8試合に出場。クラブ公式サイトを通じて「今年もFC岐阜で戦えることに感謝しています。去年の悔しさを今年で晴らすためにも、必ず1年でJ2復帰できるように最大限努力します」と決意表明している。

 プロ7年目の北谷は2019年のJ2リーグ13試合に出場した。「昨シーズンは凄く悔しい1年になりました。今シーズンこそは結果を出して1年でJ2復帰出来るように頑張りますので、引き続き熱い応援よろしくお願いします」とJ2昇格を誓っている。

 粟飯原は近畿大から2019年に加入。ルーキーイヤーはJ2リーグ戦17試合で2得点を挙げ、天皇杯では1試合に出場した。今季に向け、「去年皆さんに悲しい思いもさせてしまった分、今年は多くの勝利で皆さんを笑顔にできるよう頑張ります。J2昇格に向けて一緒に戦いましょう」と意気込んだ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!