中央大の入部予定選手に2冠・名古屋U-18の2人のリーダー、帝京長岡FW矢尾板、GK猪越ら注目タレントの名!

注目の技巧派、MF田邉光平(名古屋グランパスU-18)は中央大へ進学する
 19年関東大学サッカーリーグ1部5位の中央大が、20年の入部予定選手を発表した(協力=関東大学サッカー連盟、中央大)。
 
 最注目は日本クラブユース選手権とJユースカップ、プレミアリーグWESTを制した名古屋グランパスU-18(愛知)の2人のチームリーダーだ。名古屋U-18の10番を背負ったMF田邉光平は、ずば抜けたテクニックと判断力を駆使して各試合で活躍。チームのグラウンドマネージャーという役割も担った。また、キャプテンとしてチーム全体を統括したCB牛澤健は、クラブユース選手権MVPを獲得。実力も兼ね備えた2人が中大へ進学する。

 他にもタレントたちが中大へ進学するようだ。MF有田恵人(川崎フロンターレU-18)は、鋭い抜け出しと突破力を特長とするU-17日本代表のアタッカー。DF影山兼三サンフレッチェ広島ユース(広島)のWBとして運動量や攻撃力を発揮したプレーヤーだ。

 高体連からは選手権で4強入りした帝京長岡高(新潟)のFW矢尾板岳斗とGK猪越優惟が加入する。U-17日本代表候補の矢尾板は、切れ味鋭いドリブルに注目。猪越はシュートストップやクロスへの安定した対応などを武器に全国高校選手権優秀選手に選出されている。

 他にも右足キックなど技術力高いMF佐藤悠平(大津高)と、大阪の新鋭・興國高でスーパーサブの役割を担ったドリブラー・MF山崎希一、そして名門・藤枝東高(静岡)のコントロールタワー、10番MF坂本康汰とエースストライカーのFW栗山且椰も中大へ進学する予定となっている。 

以下、中央大の入部予定選手
▼GK
猪越優惟(帝京長岡高)
▼DF
牛澤健(名古屋グランパスU-18)
影山兼三(サンフレッチェ広島ユース)
▼MF
田邉光平(名古屋グランパスU-18)
山崎希一(興國高)
佐藤悠平(大津高)
坂本康汰(藤枝東高)
有田恵人(川崎フロンターレU-18)
▼FW
矢尾板岳斗(帝京長岡高)
栗山且椰(藤枝東高)

※関東大学サッカー連盟の協力により、同オフィシャルサイト(http://www.jufa-kanto.jp/)で発表されたリストを随時掲載致します。なお、大学によっては一般入学等によって新入部員が増える可能性があります。また諸事情により、公表されない大学もあります。

危機救ったバルベルデがMVP!! レアルがPK戦の末ダービー制し、スーペルコパ優勝果たす(8枚)

スーペルコパ決勝でレアルがアトレチコとのPK戦の末、破り11回目の優勝を果たした
 スーペルコパ・デ・エスパーニャは12日、決勝戦を行い、アトレティコ・マドリーを破ったレアル・マドリーが2シーズンぶり11回目の優勝を飾った。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

U-23韓国代表が3戦全勝でGL首位通過! オ・セフンがバースデー2連弾でウズベキスタンを撃破

1月15日が誕生日のFWオ・セフンが2得点
 AFC U-23選手権のグループC第3戦が15日に行われ、U-23韓国代表はU-23ウズベキスタン代表に2-1で勝利。韓国は3戦全勝でグループリーグを終えた。

 すでに決勝トーナメント進出を決めている韓国は開始早々から得点を奪う。前半5分、敵陣からのこぼれ球からFWチョン・スウォンが強烈なシュートを放つと、FWオ・セフンに当たってずれた弾道はそのままゴールに突き刺さる。しかし韓国は同21分に失点を喫し、前半を1-1で折り返した。

 拮抗状態が続く後半だが、韓国は後半26分に再びゴールネットを揺らす。オ・セフンは右サイドから流れてきたパスをPA手前で受けると、そのまま反転しながら左足を振り切る。素早いテンポで放たれたボールはゴール左隅に吸い込まれた。

 15日が21歳の誕生日だったオ・セフンがバースデーゴール2発を挙げ、韓国が2-1で勝利。グループリーグを3戦全勝で終え、首位通過を決めている。

▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

日本vsカタール スタメン発表

日本vsカタール スタメン発表
[1.15 AFC U-23選手権第3節](タイ)
※22:15開始
<出場メンバー>
[日本]
先発
GK 12 大迫敬介
DF 2 立田悠悟
DF 17 町田浩樹
DF 22 橋岡大樹
MF 5 杉岡大暉
MF 7 田中駿汰
MF 8 田中碧
MF 10 食野亮太郎
MF 16 相馬勇紀
MF 19 旗手怜央
FW 9 小川航基
控え
GK 1 小島亨介
GK 23 谷晃生
DF 3 渡辺剛
DF 15 岡崎慎
DF 20 古賀太陽
MF 4 菅大輝
MF 6 齊藤未月
MF 11 遠藤渓太
MF 14 森島司
MF 18 田川亨介
MF 21 松本泰志
FW 13 上田綺世
監督
森保一

[カタール]
先発
GK 22 アルバクリ
DF 5 アルマウェンデ
DF 12 ハラフ
DF 13 アヤシュ
DF 15 アブドルサラム
MF 4 サルマン
MF 6 ジャドゥア
MF 10 アルアフラク
FW 7 アブドゥリサグ
FW 8 アルアラク
FW 23 アフメド
控え
GK 1 バルシャム
GK 21 ナイム
DF 3 カラミ
DF 18 アルミンハリ
MF 2 サエイ
MF 14 バデル
MF 17 ムスタファ
MF 19 ウマル
FW 9 パラン
FW 11 スラグ
FW 16 アリ
FW 20 マジード
監督
フェリックス・サンチェス

●[AFC U-23選手権]日本vsカタール テキスト速報

意地の1勝をつかみ取れるか…U-23日本代表、カタール戦のスタメン発表

最終戦カタール戦に臨むU-23日本代表
[1.15 AFC U-23選手権GL第3節 U-23日本代表-U-23カタール代表]

 U-23日本代表は15日、タイのラジャマンガラ・スタジアムでAFC U-23選手権グループリーグ第3節・U-23カタール代表戦を行う。現地時間20時15分のキックオフに先立ち、スターティングメンバーが発表された。

 9日の第1節サウジアラビア戦、12日の第2節シリア戦をともに1-2で落とし、2連敗でグループリーグ敗退が決まっている日本。シリア戦から先発6人を入れ替え、キャプテンマークはDF杉岡大暉(湘南→鹿島)に託された。

 ここまで出場機会のないMF菅大輝(札幌)、MF遠藤渓太(横浜FM)、GK小島亨介(大分→新潟)、GK谷晃生(G大阪→湘南)の4選手はベンチスタートとなっている。

<出場メンバー>
[U-23日本代表]
GK 12 大迫敬介(広島)
DF 2 立田悠悟(清水)
DF 17 町田浩樹(鹿島)
DF 22 橋岡大樹(浦和)
MF 5 杉岡大暉(湘南→鹿島)
MF 7 田中駿汰(大阪体育大→札幌)
MF 8 田中碧(川崎F)
MF 10 食野亮太郎(ハーツ)
MF 16 相馬勇紀(鹿島→名古屋)
MF 19 旗手怜央(順大→川崎F)
FW 9 小川航基(水戸→磐田)
控え
GK 1 小島亨介(大分→新潟)
GK 23 谷晃生(G大阪→湘南)
DF 3 渡辺剛(FC東京)
DF 15 岡崎慎(FC東京→清水)
DF 20 古賀太陽(柏)
MF 4 菅大輝(札幌)
MF 6 齊藤未月(湘南)
MF 11 遠藤渓太(横浜FM)
MF 14 森島司(広島)
MF 18 田川亨介(FC東京)
MF 21 松本泰志(広島)
FW 13 上田綺世(鹿島)
監督
森保一

(取材・文 折戸岳彦)
▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

東京Vがマテウスを獲得「J1昇格に全力を尽くすことを誓います」

 東京ヴェルディは13日、フィゲイレンセ(ブラジル)からGKマテウス(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。

 26歳のブラジル人GKはU-20、U-23ブラジル代表と年代別代表に選出されている。コリンチャンスで2012シーズンにデビューし、18シーズンまででカップ戦2試合に出場。リーグ戦の出場はなかった。19シーズンにフィゲイレンセに加入し、リーグ戦10試合に出場している。

 クラブ公式サイトで、マテウスは「まずは僕のことをとてもあたたかく迎えてくれた監督、選手、コーチスタッフ、その他すべてのクラブ関係者の方々やサポーターに感謝します」とコメント。「この素晴らしいクラブをJ1へ昇格させるために全力を尽くすことをサポーターに誓います。僕自身の目標は他の選手同様、このクラブの勝利のために最大限の努力をすることです。この素晴らしい国とリーグでプレーができることを楽しみにしています!」と伝えている。

以下、プロフィール
●GKマテウス
(Matheus Caldeira Vidotto de Oliveira)
■生年月日
1993年4月10日(26歳)
■身長/体重
190cm/82kg
■出身地
ブラジル
■経歴
コリンチャンス-フィゲイレンセ

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

東京Vがマテウスを獲得「J1昇格に全力を尽くすことを誓います」

 東京ヴェルディは13日、フィゲイレンセ(ブラジル)からGKマテウス(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。

 26歳のブラジル人GKはU-20、U-23ブラジル代表と年代別代表に選出されている。コリンチャンスで2012シーズンにデビューし、18シーズンまででカップ戦2試合に出場。リーグ戦の出場はなかった。19シーズンにフィゲイレンセに加入し、リーグ戦10試合に出場している。

 クラブ公式サイトで、マテウスは「まずは僕のことをとてもあたたかく迎えてくれた監督、選手、コーチスタッフ、その他すべてのクラブ関係者の方々やサポーターに感謝します」とコメント。「この素晴らしいクラブをJ1へ昇格させるために全力を尽くすことをサポーターに誓います。僕自身の目標は他の選手同様、このクラブの勝利のために最大限の努力をすることです。この素晴らしい国とリーグでプレーができることを楽しみにしています!」と伝えている。

以下、プロフィール
●GKマテウス
(Matheus Caldeira Vidotto de Oliveira)
■生年月日
1993年4月10日(26歳)
■身長/体重
190cm/82kg
■出身地
ブラジル
■経歴
コリンチャンス-フィゲイレンセ

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

「始まりからとても緊張感が…」、バルサ去るバルベルデ前監督のラストレター

エルネスト・バルベルデ前監督が退任メッセージを伝えている
 バルセロナは14日、退任したエルネスト・バルベルデ前監督の退任メッセージをクラブ公式サイトに掲載している。

 バルベルデ前監督は13日に双方合意の上で契約を解除された。2017年5月から約2年半で公式戦163試合108勝35分20敗を記録。就任初年度にリーガ・エスパニョーラとコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)の2冠を達成し、昨シーズンはリーガ連覇とスペイン・スーパー杯制覇も成し遂げていた。

 今シーズンはリーガ前半戦を首位で折り返し、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)でも16強に進出。しかしスペイン・スーパー杯は準決勝で敗れ、今シーズンの初タイトルを逃していた。

 前監督はクラブ公式サイトで「始まりから、とても緊張感の高いものでした」と2年半を振り返る。「勝利やタイトルを祝い、とても幸せな瞬間を生きることができましたが、同時につらく困難な時期もありました。しかしながら、そういった全てを超えて、ここで生きた経験とこの時代に皆さんから注いで頂いた愛情が何よりの経験でした」と語り、感謝の思いを明かしている。

「クラブでこの2年半の間、私を支えてくれた全ての人たちの支援、とりわけ、トップチームで働き、私の周囲にいて、シウダ・デポルティーバ、遠征での日々を分かち合った人たちに感謝を述べたく思います。当然のことながら、一緒に4回ものタイトルを祝うことを導いてくれた選手たちの努力とその仕事にも感謝したく思います。今後、世界中の幸運がみんなに訪れますように、同様に新監督、キケ・セティエンがその幸運に恵まれますように、望んでいます。全員に感謝を込めて」

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

@bookfun155 分野研究家

定番のオリジナルユニフォームとかを選択か、昇華プリントのユニフォームにしておくほうがいい。 #フットサル#サッカー#ユニフォーム#グラデーション#カスタマイズ#高品質#着心地#保障#ロンヨン

Posted in 未分類

神戸FWポドルスキがマレーシア1部に移籍? クラブSNSが画像を投稿

FWルーカス・ポドルスキが神戸退団か
 マレーシア1部のジョホール・ダルル・タクジムは15日にインスタグラム(@officialjohor)を更新。ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(34)が写った画像を投稿している。画像は「ポドルスキがハウスにやってきた」というコメントとともに投稿されている。

 34歳のポドルスキは2016年12月からヴィッセル神戸に加入。2019シーズンはJ1リーグで13試合5得点を記録していた。さらに20年1月の天皇杯決勝では鹿島アントラーズを破り、神戸の初タイトル獲得に大きく貢献してみせた。

 ポドルスキの契約は今月いっぱいまで。画像のコメント以上の情報はないものの、ポドルスキは先日ドイツメディアに「いい話があるかもしれないし何もないかもしれない」と語っており、退団を示唆していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

【動画】大学生の皆さんへ大津祐樹&酒井宏樹からご報告があります

【動画】大学生の皆さんへ大津祐樹&酒井宏樹からご報告があります
 MF大津祐樹(横浜FM)とDF酒井宏樹(マルセイユ)が、大学サッカー部の学生を支援するプロジェクト『Football Assist』を発足させた。

 運営費はスポンサー企業の支援によって賄われ、学生はさまざまなサポートを無料で受けられるという異例の取り組み。大学の公式サッカー部員であれば、誰でも①トレーニング支援②備品支援③キャリア支援――の3つのサポートを受けることができる。

★プロジェクトの詳細はこちらから

盛岡、25歳のブラジル人MFヴァンデルソンを獲得「テクニック、スピードを持ち合わせるレフティー」

MFヴァンデルソンが盛岡へ
 いわてグルージャ盛岡は15日、ベロエ(ブルガリア)に所属していたMFヴァンデルソン(25)を獲得したことを発表した。

 25歳のブラジル人MFについて、クラブ公式サイトでは「テクニック、スピードを持ち合わせるレフティー。ドリブル突破、パスを駆使しチャンスメイクが可能」と説明している。

 さらにヴァンデルソンのコメントも掲載。「今回の機会をいただき、非常に嬉しく思っております。2020年シーズンを特別なシーズンにするため、自らの力を最大限に発揮し貢献する事をお約束します。もうすぐ皆様にお会い出来る事をとても楽しみにしております」と伝えている。

以下、プロフィール
●MFヴァンデルソン
(Wanderson Costa Viana)
■生年月日
1994年2月7日(25歳)
■身長/体重
164cm/65kg
■出身地
ブラジル
■経歴
ドーシャ・ドラマス(ギリシャ)-アジャックス・ケープタウン(南アフリカ)-アポロン・スミーニス(ギリシャ)-ラミーア(ギリシャ)-ベロエ(ブルガリア)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

インテルが伊杯・準々決勝へ…2Gのルカクは伊サッカーの印象語る「最高の選択肢だった。ここで成長できる」

FWロメル・ルカクは2得点
 インテルは14日、コッパ・イタリアのラウンド16に臨み、カリアリに4-1で勝利した。FWロメル・ルカクは2得点の活躍で勝利に貢献している。

 インテルはルカクとともに最前線にFWアレクシス・サンチェスを起用。今季躍進のカリアリに対して万全の状態で戦いに挑んだ。すると開始20秒でルカクが敵陣内でボールを奪い、ショートカウンターから先制に成功。同22分にはMFボルハ・バレロが右サイドからのクロスを体で押し込み、2-0とリードを広げる。

 さらにインテルは後半4分、ルカクがショートコーナーからの右サイドのクロスを頭で合わせてチーム3点目。同27分には1点を返されるが、35分にDFアンドレア・ラノッキアがダメ押しの4点目を挙げ、4-1で準々決勝進出を決めた。

 クラブ公式サイトでは監督や選手のコメントを掲載。アントニオ・コンテ監督は「本当に喜んでいる、選手のパフォーマンスは素晴らしかった。出場機会が少ない選手と怪我から復帰した選手たちもね」とねぎらいの言葉。「チーム内には本物のハーモニーがある、彼らは良いプレーを望む最高の選手たちだ。彼らと仕事ができて嬉しい」と率直な思いを口にしている。

 今季からインテルに加入したルカクはすばやくチームにフィットし、躍進を遂げている。この試合でも2得点という活躍で存在感を発揮。クラブ公式サイトでは、順応したイタリアサッカーについて印象を語っている。

「この事柄についてはチームメイト、監督、バックルームスタッフ、ファンに感謝しなければならない。全員が加入初日から助けてくれている。インテルは最高の選択肢だった。ここで成長できるし、貢献もできる。僕の役割は形はどうあれチームを助けることだ。ファンがこれを気に入ってるのは知っているよ、続けていく必要があるね」

「当然、ゴールを奪うことは狙いだが、自分のことだけでなくチームについても考えている。これを達成するために僕はここにいるんだ、何か勝ち取れることを願うよ。だけど今はレッチェ戦だけに集中している」

●コッパ・イタリア2019-20特集
●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

町田に新風吹かせる!“東福岡コンビ”が決意表明「このままJ1で一緒にプレー出来れば最高」

MF高江麗央(左)とDF小田逸稀
 “東福岡出身コンビ”が共闘を誓った。

 FC町田ゼルビアは今季の新戦力として、ガンバ大阪からMF高江麗央と鹿島アントラーズからDF小田逸稀を獲得。21歳と同い年の2人は、高校サッカーの名門である東福岡高出身だ。

 トレセンで一緒になるなど、小学校の時から顔見知りだったという2人は、卒業後にJ1の強豪に進んだというキャリアも同じ。そしてプロで3年を過ごしたこのタイミングで、再び一緒のチームでプレーすることを決断した。

 ただ町田移籍に関しての申し合わせはなく、一緒にプレーすることになったのは「たまたま」だという。昨年夏から町田に声をかけられていたという高江は、早い段階で町田への武者修行を決断。ほどなくして小田も町田への移籍を決断したが、お互いに影響があったかについては否定する。

 しかし互いにプロ入り後初めての移籍。知っている選手がいることは心強いはずだ。

 小田は「もう一回プレーできることは嬉しい。あいつのスタイルは知っている。3年のブランク?問題ないと思います。出来ればこのまま町田でJ1に昇格して、J1で一緒にプレー出来れば最高ですね」と決意表明。

 高江も「J1昇格にはこだわっていますし、貢献したい。ガンバという日本トップレベルでやれたことを自分の財産にしてやっていきたい。目に見える数字というところで、アシスト、ゴールにこだわっていきたいと思います」と力を込めた。

(取材・文 児玉幸洋)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●GM2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020シーズン新体制&背番号一覧
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

U-23日本代表はGL敗退決定も…FW小川航基がSNSで最終戦へ決意表明「何がなんでも勝ちます」

U-23日本代表FW小川航基がSNSで決意表明
 U-23日本代表FW小川航基(水戸→磐田)が最終戦に向け、自身のSNSで意気込みを伝えた。

 U-23日本代表はAFC U-23選手権でサウジアラビア、シリアに2連敗で、史上初となるグループリーグ敗退が決定。15日には最終戦となる第3戦でカタールと対戦する。小川は第1戦で先発も途中交代に、第2戦ではベンチスタートで出場はなく、今大会で無得点が続いている。

 東京五輪世代のエースは15日、自身のインスタグラム(@koki4629)を更新。「グループリーグ敗退。非常に申し訳なく思っています」とコメントを残し、「ただ今日の試合何がなんでも勝ちます」と最終戦への意気込みを強く語った。

 AFC U-23選手権の第3戦は日本時間15日の午後10時15分にキックオフ。

▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

低調五輪代表、柏移籍DF大南「一緒に悔しさを味わえていないことが悔しい」

低調五輪代表、柏移籍DF大南「一緒に悔しさを味わえていないことが悔しい」
 覚悟の移籍となる。DF大南拓磨は昨年、ジュビロ磐田でキャリアハイの22試合に出場。しかしチームは最下位に終わりJ2降格が決定したことで、「自分の成長を優先」して、J1に復帰した柏レイソルへの完全移籍を決断した。

 東京オリンピックへの出場は限られたものにだけ与えられる。まだまだ可能性があるからこそ追い求めたい。そこに偽りはない。「J2に落ちてしまったので責任を感じているけど、オリンピックを目指すうえではJ1で試合に出ていないと厳しいなと思った。自分の成長を優先したので、メンバーに滑り込んで行かないといけないと思っています」。

 東京五輪代表であるU-23日本代表は現在、タイで開催されているAFC U-23選手権に参戦中。しか2連敗で早々にグループリーグ敗退が決まった。低調な結果に同代表には厳しい声もかけられているが、大南は「一緒に悔しさを味わえていないことが悔しい」と話す。

 ここからの逆転選出も大いに可能性があると信じている。ただそのためには柏で開幕からレギュラーとして試合に出続ける必要がでてくる。「ポジション争いにしっかりと勝って、試合に続けることが大事だと思います」。競争が激しいことは覚悟の上。間近に迫った目標に向け、積極的に勝負を仕掛ける。

(取材・文 児玉幸洋)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●GM2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020シーズン新体制&背番号一覧
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

令和最初の高校サッカー選手権で一番多く履かれたスパイクは?スタメン全528人分を集計したランキング発表

第98回全国高校サッカー選手権での最多着用スパイクは?
 第98回全国高校サッカー選手権に出場した全48校のスタメン11人の合計選手数は計528人。今回、選手権の初戦でスタメンとなった11人の着用スパイクを全チーム分すべてゲキサカで独自リサーチし、全国高校サッカー選手権での最多着用スパイクランキングを算出した。

1位:ミズノ『モレリアNEO2』

 選手権での最多着用スパイク第1位は、前回大会に引き続きミズノ『モレリアNEO2』が栄冠に輝いた。前回大会では58人が着用し着用率ナンバーワンとなったが、今大会ではなんと84人が『モレリアNEO2』を着用。2位を大きく引き離し断トツの1位となっている。”軽量、柔軟、素足感覚”のモレリアのコンセプトを現代テクノロジーで進化させ、片足重量195g(27cm)の軽さを実現しながら素足感覚のフィット感も生み出すのが特長のスパイクだ。軽くフィット性が高くシンプルに履きやすいという点が多くの選手権出場プレーヤーから選ばれている理由だと言えるだろう。余談だが今大会優勝校となった静岡学園高のスタメンのうち初戦・決勝ともに8人が『モレリアNEO2』を着用していた。


 しかし、その一方でミズノの定番スパイク『モレリア2』は前回大会では34人着用だったのが今大会では着用数が22人に減っていた。今大会では『モレリア2』よりも『モレリアNEO2』の方に人気が集中したと捉えるか、はたまた『モレリア2』の支持がやや下降気味になっているのかは気になるところである。

 そんななか『モレリア2』はちょうど今大会期間中に新たにリニューアルされることが発表され、履き心地や安定性などを現代仕様にアップデートする改良が施された新『モレリア2』が誕生した。次の第99回大会では着用者数をどれだけ持ち直すことができるのか注目される。

2位:ナイキ『マーキュリアル』

 次いでナイキ『マーキュリアル』が2位にランクイン。前回大会では39人が着用し4位という結果だったが今大会では46人が着用。軽さとホールド性とアウトソールの反発性を兼備しプレーヤーの加速性をアシストすることを追求したスピード系スパイクだ。

 『マーキュリアル』シリーズには履き口がハイカット形状のモデル(スーパーフライ)とローカット形状のモデル(ヴェイパー)の2タイプが展開されているが、そのうちローカットタイプを選んでいたのは38人で、ハイカットタイプを選んでいたのは8人。選手権出場プレーヤーたちの中ではローカットタイプの方が人気なようだ。

3位:プーマ『フューチャー』

 3位には39人着用のプーマ『フューチャー』がランクイン。高校サッカー選手権をサポートしているプーマのイノベーションスパイクだ。耐久性としなやかさを併せ持ったニット素材のアッパーが足を包み込みながらNETFIT(ネットフィット)システムと呼ばれる独自のシューレースカスタマイズ領域によって靴ひもの通し方や締めつけ加減を自分好みに調整して履くことができるのが特長。

 前回大会では『フューチャー』は36人が着用し、プーマのもう一つのシリーズである『ワン』は55人が着用していたが、今大会では『フューチャー』は39人着用で『ワン』は29人着用。『ワン』は着用者数が減った一方で『フューチャー』は着用者数が微増し3位に食い込んできた模様。

4位:アシックス『DSライトX-FLY』

 4位には32人着用のアシックス『DSライトX-FLY』がランクイン。軽量・フィット・素足感覚を追求したアシックスのトップモデルスパイクだ。前回大会ではアシックスのスパイクを着用していた選手は計39人だったが今大会では計55人に増加しており、アシックスのスパイクの人気が高まってきている傾向が垣間見える。

5位:ナイキ『ティエンポ』

 ナイキ『ティエンポ』が5位にランクイン。前回大会では19人着用で10位に留まっていたが、今大会では30人着用で数字的には巻き返してきた様子。ナイキのスパイクの中では唯一天然皮革アッパーを採用しているシリーズで、フィット性の高さと足なじみの良い履き心地が特長のスパイクである。

 第98回全国高校サッカー選手権のスタメン全528人の着用スパイクをブランドごとに集計した結果はナイキ139人、ミズノ128人、アディダス95人、プーマ72人、アシックス55人、アンダーアーマー15人、ニューバランス13人、アンブロ7人、アスレタ2人、スボルメ1人、ヒュンメル1人という割合になった。

左からアスレタ、スボルメ、ヒュンメル

 アスレタのスパイクを着用していたのは帝京長岡高の主将MF谷内田哲平(3年/京都内定)と、大会優秀選手に選出された帝京長岡高MF田中克幸(3年)。スボルメのスパイクを着用していたのは大分高のMF永松恭聖(3年)。2大会連続のハットトリックを達成した帝京長岡高のFW晴山岬(3年/町田内定)がヒュンメルのスパイクを着用。

■高校サッカー選手権最多着用スパイクランキング
1位:85名
ミズノ『モレリアNEO2』
主な着用選手は今大会得点ランキングトップタイの静岡学園高FW岩本悠輝(3年)、U-17日本代表の青森山田高CB藤原優大(2年)。

2位:46名
ナイキ『マーキュリアル』
帝京長岡高のディフェンスリーダー吉田晴稀(3年/愛媛内定)、京都橘高の10番FW西野太陽(2年)などが着用。

3位:39名
プーマ『フューチャー』
草津東高の主将FW渡邉颯太(3年)、青森山田高の守護神GK佐藤史騎(3年)などが着用。

4位:32名
アシックス『DSライトX-FLY』
筑陽学園高のMF栗尾瑠(3年)などが着用。

5位:30名
ナイキ『ティエンポ』
矢板中央の主将DF長江皓亮(3年)などが着用。

6位:29名
プーマ『ワン』
大会優秀選手の丸岡高FW田海寧生(3年)などが着用。

7位:26名
ナイキ『ファントムヴェノム』
今大会得点ランキングトップタイの四日市中央工高MF森夢真(3年/沼津内定)などが着用。

8位:25名
アディダス『エックス』
ツエーゲン金沢入団内定の興國高MF高安孝幸(3年)などが着用。

9位:22名
ミズノ『モレリア2』
大会優秀選手の静岡学園高MF井堀二昭(3年)などが着用。

10位:21名
アディダス『プレデター』、『コパ』
日大藤沢高DF宮川歩己(2年)などが『プレデター』を着用。横浜FC入団内定の青森山田高MF古宿理久(3年)などが『コパ』を着用。

(取材・文 スパイクマイスターKohei)
●【特設】高校選手権2019

神谷優太の変わらない力強さ「プレーを日本中、世界中に見てもらいたい」

柏で勝負の年を迎えるMF神谷優太
 すごく言葉に力のある選手だな。高校選手権の準決勝後、多くの報道陣に囲まれながらもしっかりとした言葉で話す姿に好印象を持ったことを覚えている。あれから4年。冒頭から個人的な意見で申し訳ないが、柏レイソルに移籍してきたMF神谷優太が当時と変わることのない印象を与えてくれたことに嬉しさがあった。

 発言のみを切り取るとビッグマウスと取られかねないこともある。ただそこにはプロ4年間で積んできた自信の裏付けが感じられた。18年から過ごした愛媛では、チームの主力として年間30試合を超える出場数を記録。柏へのキャリアアップを勝ち取った。

「去年、愛媛では僕一人で打開することしか考えていなかった。でも柏では味方を使って打開できるので、よりよいものが出てくると思う。トップクラスのイメージをどれだけ共有できるか、それをピッチで出せるかだと思っています」

 昨年10月には元南海放送アナウンサーの西木恵美里さんと結婚。生涯の伴侶を得たことで、新たな自覚も芽生えている。「よくインタビューで家族のためにとか言いますが、そこまで変わらないだろうと思っていたけど、全然違いますね」。移籍後も一緒に暮らしながら支えてくれるという奥さんにはすでに頭が上がらない様子だ。

 サッカーに集中できる環境が整ったことで、より高みを目指したい思いを強くしている。2020。東京オリンピック世代の一員としては、意識しないわけがない。

「自分のプレーを日本中、世界中に見てもらいたい。観客が沸くようなプレーをテレビの中でしたい。この前負けたことで恥だという意見を聞きますけど、僕が出たらそうさせないようなプレーをしないといけないと思っています」

 ストレートな、神谷らしい物言いで明かした覚悟。もちろんそのためには、昨季J2で85得点をたたき出した攻撃陣に割って入らないといけない。「(東京オリンピックに出るためにも)このレイソルで成長しないといけない」。険しい道であることは覚悟の上だが、そこを勝ち抜けば明るい未来が待っていることも分かっている。

(取材・文 児玉幸洋)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●GM2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020シーズン新体制&背番号一覧
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

【ユニフォームの種類について!】

いつもロンヨンをご利用頂き有難うございます、上田です!

 

いや~サッカーU-23がまさか2連敗してしまうとは・・・

いずれにせよ、現チームの主力である久保選手や堂安選手がいない、オーバーエイジ枠の選手が入る等でチームの成熟度の低さが心配です(^^;

本番まで時間が有りませんが、上手くチームが纏まってメダルを取って欲しいな・・・と思います!

 

さてさて、それでは本日のブログの本題に移らせて頂きます!

今回のテーマですが、ロンヨンのユニフォームの種類と特徴について書こうと思います!

 

早速ですが、弊社には大まかに下記の3種類のユニフォームが有ります!

 

1、)ハイエンドユニフォーム

2、)昇華スタンダードユニフォーム

3、)縫い合わせユニフォーム

 

どの様な違いがあり、自分はどのユニフォームが一番適しているのか分からない…

実はそんな方も多いのではないでしょうか!

そんな方のために、それぞれのユニフォームについて書かせて頂きます(^^)

 

まずは、こちらの

【ハイエンドユニフォーム】

についてです!

 

名称未設定-1

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイエンドユニフォームを一言で表現すると、

「プロ選手が使用する位に高品質なユニフォーム」です!

 

なんと、Fリーグ湘南ベルマーレの公式ユニフォームにも採用されている位に高品質なんです!

メインの素材に吸汗速乾と抗菌防臭機能を備えた絹のような肌触りが特徴のシルキーを使用し、

切り替えは伸縮性の高いメッシュ生地を使用しているので、スリムフィットタイプながら着心地は抜群です(^^)

 

▼ハイエンドユニフォームの特徴

・競技フットサルにも対応出来る生地の高機能性

・シルエットはスリムフィットで運動時のバタつき、違和感を解消

・上下共に昇華作成

・プロも使用している

 

この様な特徴から、

「本格的に競技としてフットサルをしている方」

「エンジョイでも、良いプレーをするため高品質なユニフォームを求める方」

そういった選手へ向けたユニフォームと言えるのではないでしょうか(^^)

より詳しい詳細を知りたい方は下記URLをご覧下さい!

 

▼ハイエンドユニフォーム紹介ページ

http://www.longyong.jp/lineup/highend.html

 

 

それでは、次に弊社で一番シェアの多い

【昇華スタンダードユニフォーム】

に参りましょう!

 

名称未設定-111

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭でも書きましたが、昇華スタンダードユニフォームは弊社で一番シェアの多い商品です!

理由としてはシミュレーターを使用して作れるオリジナルデザインの豊富さが有るのではないでしょういか!

価格の部分でもハイエンドよりリーズナブルですし、

昇華スタンダードユニフォームは「チームユニフォームを初めてお作りになる方に特にオススメ」です(^^)

かといって、ユニフォームとしての質が悪いのかと言うと、そんな事はないですよ!

生地は吸水性と速乾性に優れたポリエステル生地で、光沢の有る生地と無い生地から選択可能です!

シルエットはスリムでもルーズでもなく、ちょうど中間位のデザインです!

 

▼昇華スタンダードユニフォームの特徴

・シミュレーターを使用して作れるデザインが豊富

・生地も三種類から選択可能

・シルエットはスリムとルーズの中間

・ハイエンドよりも手頃に昇華ユニフォームが購入可能

 

詳しくは下記URLをご覧下さい!

 

▼昇華スタンダードユニフォーム紹介ページ

http://www.longyong.jp/lineup/print_uniform_standard.html

 

また、弊社のシミュレーターはお客様からも使いやすいと、ご好評頂いています!

是非お試し下さい(^^)

 

▼ユニフォームシミュレーターURL

http://www.longyong.jp/simulator/id/

 

 

次が最後になりました

【縫い合わせユニフォーム】

に参りましょう!

 

名称未設定-125

 

 

 

 

 

 

 

 

縫い合わせユニフォームの特徴は、これまでの二種類と異なって

「生地に直接色をプリントする昇華ではなく、ロゴはマーキングシートを貼り付ける方法で作成される」所です!

 

日本代表等の有名サッカーチームのレプリカユニフォームは番号やスポンサーロゴが

シートを貼り付けて表現されていると思うのですが、まさにそれと同じです(^^)

昇華で作成する場合はロゴの数やデザインが違っても値段は変わりませんが、

縫い合わせユニフォームはロゴの数(貼り付けるシートの数)に応じて値段が変わるのもポイントです!

「まずは安くチームユニフォームを作りたい」そんな方には良いかもしれませんね!

 

また、こちらもシミュレーターが有るので、作成出来るデザインの幅が広いです!

 

▼縫い合わせユニフォームの特徴

・ロゴは昇華ではなくシートをj貼り付けて作成 (ロゴの数に応じて価格が変わる)

・生地はポリエステルの吸水速乾、ツヤのないデザイン

・シルエットはややゆったり

・シミュレーターを使用してデザインが作成出来る

 

縫い合わせユニフォームの詳細は下記URLをご覧下さい!

 

▼縫い合わせユニフォーム紹介ページ

http://www.longyong.jp/lineup/stitch_uniform.html

 

こちらのシミュレーターも是非ご覧下さい(^^)

 

▼ユニフォームシミュレーターURL

http://www.longyong.jp/simulator/03/

 

 

弊社のユニフォーム三種類について書かせて頂きましたが、如何でしたか(^^)

それぞれに特徴や長所が有るので、種類を選ぶ際の参考にして頂ければ幸いです!

 

今回はこの辺で失礼いたします!

新潟医療福祉大が20年入部予定選手発表!青森山田FW田中&左SB神田やMF小池、SB森田ら

選手権3得点のFW田中翔太(青森山田高)は新潟医療福祉大へ。(写真協力=高校サッカー年鑑)
 北信越大学サッカーリーグ1部3連覇中の新潟医療福祉大が、20年度の入部予定選手を発表した。(協力=新潟医療福祉大)。

 今月13日の選手権決勝で敗れたものの、プレミアリーグファイナル優勝、選手権準優勝という成績を残した青森山田高(青森)のFW田中翔太と左SB神田悠成が進学。田中は得点力と前線でボールを収める力、神田は豊富なスピードや対人の強さなどが評価されてともに選手権優秀選手に選出されている。

 高体連からはインターハイ優秀選手の技巧派レフティー・MF小池陸斗(尚志高)とフィジカル能力の高さと得点力が魅力のストライカー、FW松谷昂輝、選手権千葉県予選決勝(対流通経済大柏高)で2得点のMF森英希(ともに市立船橋高)や、攻守両面で能力高い注目SB古俣眞斗(日本文理高)、伝統校・習志野高(千葉)の中心選手・MF櫻庭晴人も加入する。

 また、帝京三高(山梨)のリーダーMF加藤和尊主将や左利きの俊足左SB坂岸寛大(横浜創英高)、選手権予選群馬準V・健大高崎高の10番MF橋爪悟、テクニカルなMF渡邊葵佑海(東福岡高)、身体能力高いDF玉井崇大(市立船橋高)、将来性への評価高いGK土屋佑太(鹿島高)もリストに名を連ねている。

 一方、Jクラブユースからも11選手が加入。SB森田慎吾(FC東京U-18)はキックと身体能力を武器にJ3で12試合に出場し、視野の広さと技術力が魅力のレフティーMF沼田航征(FC東京U-18)もJ3で5試合の出場経験を持つ。また、プレミアリーグEASTで全18試合に出場し、静岡県選抜でも活躍したDF長谷川夢作(ジュビロ磐田U-18)、プリンスリーグ九州で得点ランキング2位の11得点を叩き出している大型FW小野田涼(ロアッソ熊本U-18)、正確なプレーが特長のMF坂下桂悟(北海道コンサドーレ札幌U-18)も新潟医福大へ進学する。

 加えて、左利きのCB遠藤龍河(浦和レッズユース)、緩急自在のドリブラー・MF石川原憂汰と攻撃的な右SB唐澤航土(ともに鹿島アントラーズユース)、動き出しが特長のFW千葉玲王(アルビレックス新潟U-18)、テンポ良くゲームを作るMF竹坂悠汰(ロアッソ熊本U-18)、そして183cmの高さをウリとするFW南雲怜(大宮アルディージャU18)も北信越王者で個を磨く。

以下、新潟医療福祉大の入部予定選手
▼GK
土屋佑太(鹿島高)

▼DF
神田悠成(青森山田高)
玉井崇大(市立船橋高)
森田慎吾(FC東京U-18)
長谷川夢作(ジュビロ磐田U-18)
遠藤龍河(浦和レッズユース)
唐澤航土(鹿島アントラーズユース)
坂岸寛大(横浜創英高)
古俣眞斗(日本文理高)

▼MF
森英希(市立船橋高)
小池陸斗(尚志高)
櫻庭晴人(習志野高)
沼田航征(FC東京U-18)
竹坂悠汰(ロアッソ熊本U-18)
坂下桂悟(北海道コンサドーレ札幌U-18)
石川原憂汰(鹿島アントラーズユース)
千葉玲王(アルビレックス新潟U-18)
橋爪悟(健大高崎高)
渡邊葵佑海(東福岡高)
加藤和尊(帝京三高)

▼FW
田中翔太(青森山田高)
松谷昂輝(市立船橋高)
小野田涼(ロアッソ熊本U-18)
南雲怜(大宮アルディージャU18)

鹿島がeスポーツチームを設立! FIFAシリーズのプロプレーヤー・ナスリが加入

鹿島の新設eスポーツチームに加入したナスリ
 鹿島アントラーズは15日、eスポーツチームの設立とサッカーゲーム「FIFA」シリーズのプロプレーヤー・ナスリ(20)が加入したことを発表した。

 クラブ公式サイトで、eスポーツチーム設立の背景について「この数年でサッカーゲームでのeスポーツ産業が盛り上がりを見せており、eスポーツチームを所有、運営するプロサッカークラブも増えてきています」とeスポーツの現状を説明している。

 今年から日本サッカー協会によるeサッカー日本代表の結成もされる。鹿島は「こうした状況のなかで鹿島アントラーズは、eスポーツを新たな事業として取り組み、世界一のクラブを目指すため、数々の世界大会に挑戦するナスリ選手の加入を決定いたしました。『すべては勝利のために』というミッションのもと、鹿島アントラーズに関わる全ての方々に勝利を通じて夢と感動をお届けできるよう、eスポーツの領域でも世界で活躍するチームを目指して、取り組んで参ります」と伝えている。

 ナスリは2017-18シーズンにeJ.LEAGUEでベスト4、グローバルシリーズプレーオフもベスト4に進出。さらに翌シーズンにはFIFA eクラブワールドカップにも出場し、18-19シーズンの世界ランキングで24位に位置していた。ナスリは今月17日からのアメリカ・アトランタで開催される「FIFA 20」の世界大会「FUT チャンピオンズカップ」に唯一のアジア枠出場選手として参戦する。

 昨シーズンまで横浜F・マリノスに所属していたナスリは、自身のツイッター(@Nasri121017)を更新。「F・マリノスサポーターの皆さん、短い間でしたがたくさんの応援ありがとうございました。そしてアントラーズサポーターの皆さん、世界一を獲れるよう頑張りますので、応援宜しくお願いします!」と伝えている。

 またクラブ公式サイトでもコメント。「伝統あるアントラーズの一員に、eスポーツ選手としてなれたことを嬉しく思います。早速アントラーズのユニフォームを着て、今週末に開催される世界大会に出場します。eスポーツの世界でもアントラーズが注目されるよう、優勝目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします」と語っている。

岐阜の10番FWが退団へ「すぐにJ2に戻ることを心から願っています」

FWライアン・デ・フリースが退団
 FC岐阜は15日、FWライアン・デ・フリース(28)との2020シーズンの契約を更新しないことを発表した。

 10番を着けたライアン・デ・フリースは19シーズンのJ2リーグで27試合4得点を記録していた。クラブ公式サイトでは「FC岐阜でプレーしたことはとても特別なものでした。私と家族を歓迎してくれたクラブの皆さんに感謝したいです」と伝えている。

「また、FC岐阜サポーターの皆さんに、この2年間の愛とサポートに感謝します。本当に感謝しています。そしてクラブがすぐにJ2に戻ることを心から願っています。常にFC岐阜のファンであるライザより」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

大分が来季キャプテン、副キャプテンを発表…岩田智輝「優しく、優しく見守ってください」

DF岩田智輝が副キャプテンに
 大分トリニータは15日、2020シーズンのキャプテンおよび副キャプテンを決定したことを発表した。キャプテンはDF鈴木義宜(27)が、副キャプテンはGK高木駿(30)、MF小林裕紀(31)、U-22日本代表DF岩田智輝(22)が就任している。

 キャプテンには引き続き鈴木が就任。クラブ公式サイトで「キャプテンとしてみんなの支柱になれるよう努め、チームを闘う集団にしていきたいと思います」と意気込みを伝えている。

 また、副キャプテンには3選手が就任。19シーズンから継続の高木はクラブ公式サイトで「シーズンが終わるまで、チームが一体感を持って良い雰囲気でいれるように、一人ひとりが主体性を持って勢いのある良いチームになれるよう、最大限努力していきたいと思います」と伝えている。

 小林は「チームの勝利のために全力で頑張りますので、チームへのご声援をよろしくお願いします」とコメント。岩田は「副キャプテン大丈夫?と言われるかもしれませんが、自分らしくキャプテンの鈴木選手を支えつつ、少しでもチームのプラスになるように貢献していきたいと思います。優しく、優しく見守ってください」と伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

藤枝が20シーズン背番号を発表! MF枝村匠馬は18番、古巣復帰のFW大石は9番、久富は22番

 藤枝MYFCは15日、2020シーズンのトップチーム背番号を発表した。

 古巣復帰となった2選手、FW大石治寿(←相模原)が9番を着用し、MF久富良輔(←栃木)が22番を着用する。また大卒ルーキーのMF稲積大介(←日本体育大)は19番に、MF河上将平(←専修大)は33番になった。

 栃木から加入したMF枝村匠馬は背番号18を着用する。

以下、2020シーズンの背番号
1 GK杉本拓也
2 DF川島將
3 DF鈴木翔太
4 DF秋山貴嗣
5 DF浅田大樹
6 DF秋本倫孝
7 MF水野泰輔
8 MF岩渕良太
9 FW大石治寿(←相模原)
10 MF大迫希
11 MF杉田真彦(←ソニー仙台)
13 MF安藤由翔
14 MF谷澤達也
15 MF姫野宥弥(←群馬)
16 MF鮫島晃太
18 MF枝村匠馬(←栃木)
19 MF稲積大介(←日本体育大)
20 FW森島康仁
21 GK大畑拓也
22 MF久富良輔(←栃木)
23 MF片岡爽
24 DF那須川将大
25 DF原田大雅
26 MF横山暁之(←無所属)
27 FW吉平翼
28 MF松村航希
29 MF星原健太
30 MF松岡亮輔
31 GK城森康誉
33 MF河上将平(←専修大)
34 MF清本拓己

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020シーズン新体制&背番号一覧
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

相模原、岐阜退団のGKビクトルを獲得「毎日の練習から全力で」

GKビクトルが相模原へ ※写真は2018年のもの
 SC相模原は15日、FC岐阜を退団していたGKビクトル(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。

 相模原は公式サイトで「今回、このお話を頂いただことをとても嬉しく思っています。クラブ、応援してくれているサポーターのためにも毎日の練習から全力で取り組むことを約束します。皆さんとお会いできることを楽しみにしています!みんなの力で優勝しましょう!」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2020年Jリーグ移籍情報

帝京長岡FW晴山岬、青森山田OBからのリプライに「あの選手から来るなんて…光栄です!」

町田に加入するFW晴山岬(写真協力『高校サッカー年鑑』)
 今季からFC町田ゼルビアに加入するFW晴山岬(←帝京長岡高)が、自身のツイッター(@athle1211)上で青森山田高OBの町田GK廣末陸(←FC東京/期限付き移籍)と交流を行った。

 帝京長岡のストライカーとして選手権で4得点を記録し、チームのベスト4進出に貢献した晴山。準決勝で敗れた相手は青森山田だった。

 試合後、晴山がツイッターで帝京長岡での3年間を振り返り、周囲への感謝をつぶやくと、青森山田時代の2016年度に選手権優勝を経験している廣末(@fctokyorh)が「これからまたがんばろーや!!」とエール。青森山田と帝京長岡の準決勝を観戦していた廣末は、試合直後にも「帝京長岡完成度たかくていいチームだったなぁ」とつづっていた。

 晴山は今季から町田でチームメイトとなる大先輩からのリプライに「いや、あの廣末選手から来るなんて。。光栄です!笑 これからお願いしまーす!」と反応。「もうなめられてるやん!」とツッコミを入れる廣末に対し、「尊敬してます!」と繰り返していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

優勝監督と入れ替わりで…讃岐退団の元代表FW我那覇が福井ユナイテッドFC加入

FW我那覇和樹が福井ユナイテッドFCに加入
 カマタマーレ讃岐は15日、2019年シーズンをもって契約満了となっていた元日本代表FW我那覇和樹(39)が、福井ユナイテッドFC(北信越フットボールリーグ1部)に完全移籍することを発表した。

 過去に川崎F、神戸、琉球でプレーした我那覇は2014年に讃岐へ完全移籍。昨季はJ3リーグ戦14試合で4得点を挙げたが、昨年11月に契約満了が発表されていた。

 福井ユナイテッドFCはJリーグ加盟を目指すクラブの1つで、2019年シーズンは北信越1部で優勝を飾っている。チームを率いた望月一仁氏(62)は同シーズン限りで指揮官を退任。今季から讃岐の新監督に就任している。

以下、クラブ発表プロフィール

●FW我那覇和樹
(がなは・かずき)
■生年月日
1980年9月26日(39歳)
■出身地
沖縄県
■身長/体重
181cm/76kg
■経歴
小禄中-宜野湾高-川崎F-神戸-琉球-讃岐
■出場歴
J1リーグ:128試合29得点
J2リーグ:242試合52得点
J3リーグ:14試合4得点
カップ戦:30試合9得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

“サッカーを辞めようかなと”…不退転の覚悟で臨んだ選手権で大ブレイク、沼津入り決定の四中工MF森夢真「感謝しかない」

沼津加入が決まった四日市中央工高MF森夢真
 アスルクラロ沼津は15日、四日市中央工高のMF森夢真(18)が2020年シーズンより加入することが内定したと発表した。

 森は今冬の第98回全国高校サッカー選手権に四中工のキャプテンとして出場。大会中に「プロ1本に絞ってやってきた」とJクラブからのオファーを熱望していた18歳MFは、1回戦の日大明誠戦(○3-1)で2得点を挙げると、2回戦の松本国際戦(○2-1)でも1ゴールを奪い、3回戦の日章学園戦(○3-3、PK4-3)では2得点を決めて3試合連続ゴールを果たした。

 準々決勝の矢板中央戦(●0-2)は不発に終わったが、合計5得点を記録。静岡学園高FW岩本悠輝と同率の大会得点王に輝いただけでなく、優秀選手にも選出された。

 3戦5発を達成した3回戦後、このままプロクラブからのオファーがなければ「サッカーを辞めようかなと。それぐらいの覚悟で大会に臨んでいる」とも話していた森。自らの活躍で念願だったプロ入りを勝ち取った。

 沼津のクラブ公式サイト上で「目標であったプロの道を作ってくれたアスルクラロ沼津には感謝しかありません」と喜びを語り、「自分の武器を最大限に発揮してアスルクラロ沼津のために闘います」とプロの舞台での飛躍を誓っている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

群馬退団のMF窪田が相模原に加入「勝利に貢献できるように」

 SC相模原は15日、ザスパクサツ群馬に所属していたMF窪田良(28)が完全移籍で加入することを発表した。

 窪田は昨季に甲府から群馬へ移籍し、同シーズンはJ3リーグ戦9試合に出場。先月15日にクラブから契約満了が発表されていた。

 相模原加入にあたり、クラブ公式サイトを通じて「SC相模原という素晴らしいクラブでプレーする機会を頂けたことに感謝しています。この気持ちをプレーで体現し、勝利に貢献できるように頑張ります!」と抱負を語っている。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF窪田良
(くぼた・りょう)
■生年月日
1991年4月8日(28歳)
■出身地
東京都
■身長/体重
175cm/65kg
■経歴
ヴェルディJrユース-東京Vユース-阪南大-徳島-富山-徳島-富山-甲府-群馬
■出場歴
J1リーグ:2試合
J2リーグ:13試合
J3リーグ:63試合1得点
カップ戦:9試合1得点
天皇杯:10試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「本音を言うと…」C大阪MFソウザがサウジアラビアへ移籍

C大阪MFソウザがサウジアラビアへ
 セレッソ大阪は15日、MFソウザ(31)がアルイテファク(サウジアラビア)へ完全移籍することを発表した。

 ブラジル人のソウザは2016年、クルゼイロから当時J2だったC大阪へ期限付き移籍。リーグ戦39試合8得点の活躍でC大阪のJ1復帰に貢献すると、翌2017年に完全移籍となった。J1の舞台でも主力ボランチとしてプレーし、同シーズンに天皇杯優勝を経験。昨季はJ1リーグ戦19試合に出場し、3得点を記録していた。

 C大阪退団にあたり、クラブ公式サイト上で「セレッソに関わる全ての皆様へ。皆様にお別れを言うのは本当に心が引き裂かれそうになっていて、皆様の事を想うと、今から恋しくなります。本音を言うとチームを離れたくなかったですが、サッカーの世界なのでしょうがないと思っています。今年はセレッソの力になれないことに非常に申し訳ない気持ちでいます。ごめんなさい」と謝罪している。

 そして「皆様が良いシーズンを過ごせるように凄く応援をしています!」とエールを送り、「セレッソのスポンサーの皆様、サポーターの皆様、僕のファンの皆様、選手、スタッフ、フロントのみんな、この4年間凄く色んな事を皆様から学びました!!感謝しかありません!!全てに感謝です!!!4年間本当にありがとうございました!!」とお礼の言葉を述べた。

以下、クラブ発表プロフィール

●MFソウザ
(Elierce Barbosa de Souza)
■生年月日
1988年3月8日(31歳)
■出身地
ブラジル
■身長/体重
183cm/75kg
■経歴
パルメイラス-ポンチプレッタ-サンカエターノ-ナウチコ-クルゼイロ-サントス-バイーア-C大阪
■国内出場記録
J1リーグ:74試合11得点
J2リーグ:39試合8得点
カップ戦:10試合4得点
天皇杯:10試合4得点
ACL:3試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

“選手権ドリーム”!!大会得点王の四中工MF森夢真がプロ契約つかみ取る

四日市中央工高MF森夢真が沼津加入
 アスルクラロ沼津は15日、四日市中央工高のMF森夢真(18)が2020年シーズンより加入することが内定したと発表した。

 森は今冬の第98回全国高校サッカー選手権で5ゴールを挙げ、静岡学園高FW岩本悠輝と並んで得点王を獲得。大会中にプロ入りの希望を公言しており、自らのプレーで夢を実現させた。

 クラブ公式サイトを通じ、「目標であったプロの道を作ってくれたアスルクラロ沼津には感謝しかありません。自分の武器を最大限に発揮してアスルクラロ沼津のために闘います」と抱負を語っている。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF森夢真
(もり・ゆま)
■生年月日
2001年7月2日(18歳)
■出身地
三重県
■身長/体重
170cm/60kg
■経歴
アフェラルセ四日市-四日市中央工高

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

メッシがバルベルデに感謝の言葉…英紙は新監督との逸話も紹介「私が死ぬまで…」

FWリオネル・メッシが恩師にメッセージ
 バルセロナのFWリオネル・メッシが14日、自身のインスタグラム(@leomessi)を通じ、解任されたエルネスト・バルベルデ前監督にお別れのメッセージを送った。英『ミラー』が報じている。

「全てにありがとう。あなたがどこに行ってもうまくやることを僕は確信している。なぜならあなたは偉大なプロフェッショナルであるとともに、非常に素晴らしい人物だからだ。幸運を。そして大きなハグを」

 バルベルデ前監督は2017年5月、ルイス・エンリケ氏の後任としてバルセロナの指揮官に就任。メッシらとともに2017-18、2018-19シーズンとリーガ・エスパニョーラ2連覇を果たし、今季もリーガ前半戦を首位で折り返していたが、今月13日に双方合意の上で契約を解除したことが発表されていた。

 また、英『ミラー』では、新指揮官に就任したキケ・セティエン氏とメッシの逸話を紹介している。現在61歳のセティエン新監督は過去にメッシについて、自分が60歳になっても観たい選手だと語っていたという。

「かつて(バルセロナ元監督のジョゼップ・)グアルディオラに招かれて、ピッチの横からメッシの練習を見たことがある」

「彼のところまで行って、私が60歳になるまで、あるいは最低でも私が死ぬまで、プレーし続けてくれないかと頼んだんだ」

 セティエン新監督の希望は叶い、61歳で自らがメッシを指導することになった。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

琉球のプロ2年目FW儀保、テゲバジャーロ宮崎に育成型期限付き移籍

 FC琉球は15日、FW儀保幸英(23)がテゲバジャーロ宮崎(JFL)へ育成型期限付き移籍することを発表した。

 儀保は沖縄国際大から特別指定選手を経て昨季に加入。同シーズンはJ2リーグ戦1試合に出場した。

 クラブ公式サイトを通じ、「2019シーズンは、中々試合に絡めずとても悔しいシーズンとなりました。テゲバジャーロ宮崎で、しっかり経験を積んで琉球の勝利に貢献できる力をつけて、強くなって帰ってきます!」と意気込みを語っている。

以下、クラブ発表プロフィール

●FW儀保幸英
(ぎぼ・ゆきひで)
■生年月日
1996年4月2日(23歳)
■出身地
沖縄県読谷村
■身長/体重
170cm/65kg
■経歴
読谷中-流通経済大柏高-沖縄国際大-琉球

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

徳島19歳DF久米がJFLクラブにレンタル「より成長して帰ってくる」

 徳島ヴォルティスは15日、DF久米航太郎(19)がヴィアティン三重(JFL)に育成型期限付き移籍することを発表した。契約期間は2021年1月31日までとなっている。

 徳島ユース出身の久米は昨季にトップチームへと昇格。同シーズンはJ2リーグ戦の出場はなく、天皇杯1試合に出場した。

 クラブ公式サイトを通じて「昨シーズンは本当にお世話になり、ありがとうございました。厳しい環境に身をおき、より成長して帰ってくることができるよう頑張ってきます!」と誓っている。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF久米航太郎
(くめ・こうたろう)
■生年月日
2000年5月29日(19歳)
■出身地
徳島県石井町
■身長/体重
166cm/63kg
■経歴
徳島Jrユース-徳島ユース-徳島
■出場歴
天皇杯:1試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

鹿児島と契約満了のMF阪本、新天地は昨季レンタルのFCマルヤス岡崎

 鹿児島ユナイテッドFCは15日、2019年シーズン限りで契約満了となっていたMF阪本将基(23)が、FCマルヤス岡崎(JFL)へ完全移籍で加入することが決定したと発表した。

 C大阪U-18出身の阪本は2015年にトップチームへ昇格し、2018年に鹿児島へ完全移籍。FCマルヤス岡崎には、昨年9月から育成型期限付き移籍で在籍していた。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF阪本将基
(さかもと・まさき)
■生年月日
1996年6月24日(23歳)
■出身地
兵庫県
■身長/体重
170cm/62kg
■経歴
C大阪 西U-15-C大阪U-18-C大阪-鹿児島-FCマルヤス岡崎-鹿児島
■Jリーグ別通算成績
J2リーグ:1試合
J3リーグ:40試合3得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

相模原、秋田からDF夛田を完全移籍で獲得「全力でプレーします」

 SC相模原は15日、ブラウブリッツ秋田のDF夛田凌輔(27)が完全移籍で加入することを発表した。

 夛田は2011年にC大阪でプロキャリアを始め、大分、群馬、長野、栃木でのプレーを経て2019年に秋田へ加入。同シーズンはJ3リーグ戦21試合で1得点を挙げたほか、天皇杯1試合に出場したが、今月8日にクラブから契約満了が発表されていた。

 相模原のクラブ公式サイトを通じ、「今シーズンSC相模原の一員として全力でプレーします」と決意を語っている。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF夛田凌輔
(ただ・りょうすけ)
■生年月日
1992年8月7日(27歳)
■出身地
大阪府
■身長/体重
168cm/61kg
■経歴
サザンウェイブ泉州FCJrユース-C大阪U-18-C大阪-大分-C大阪-群馬-C大阪-群馬-長野-栃木-秋田
■Jリーグ通算出場記録
J2リーグ:94試合2得点
J3リーグ:78試合2得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「新たなスタート」横浜FM退団の22歳FW和田昌士が相模原に完全移籍

横浜FMのFW和田昌士が相模原に完全移籍
 SC相模原は15日、横浜F・マリノスのFW和田昌士(22)が完全移籍で加入することを発表した。

 横浜FMユース出身の和田は2015年に2種登録選手としてトップチームに帯同し、2016年から正式にトップチームへ昇格。2017年は山口、2019年は秋田に期限付き移籍し、今月13日に横浜FMから契約満了が発表されていた。

 相模原加入に際してクラブ公式サイトを通じ、「新たなスタートとなるこの相模原で、J2昇格の力になれるよう、全力で取り組みます」とコメントしている。

以下、クラブ発表プロフィール

●FW和田昌士
(わだ・まさし)
■生年月日
1997年4月11日(22歳)
■出身地
神奈川県
■身長/体重
177cm/74kg
■経歴
横浜FMJrユース-横浜FMユース-横浜FM-山口-横浜FM-秋田-横浜FM
■出場歴
J1リーグ:1試合
J2リーグ:17試合1得点
J3リーグ:30試合4得点
カップ戦:7試合
天皇杯:3試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

“エジル超え”20歳MFにリバプールが150億円以上を用意か…スペイン紙「南野を獲得した後でも彼は優先事項」

リバプールがMFカイ・ハフェルツを獲得か
 リバプールレバークーゼンに所属するドイツ代表MFカイ・ハフェルツの獲得に1億2500万ユーロ(約153億円)を用意するようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

 現在20歳のハフェルツは、2016年にトップデビュー。17歳126日でブンデスリーガ最年少出場記録を更新し、翌2017年にはブンデス最年少得点記録も塗り替えた。また、2018年に19歳でドイツ代表デビューも飾り、同国の将来を担う存在として期待されている。

 アメリカ『ESPN』では比較する選手としてアーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルの名前を挙げ、「2人ともストライカーの背後で、プレーメーカーとしてパスとビジョンで試合に違いをもたらす」と紹介。一方で得点力も兼ね備えており、同メディアはハフェルツが昨季に公式戦20ゴールを挙げ、エジルのキャリアハイの得点数である12を若くして上回ったことも取り上げている。

 なお、スペイン『マルカ』が昨年11月に行ったインタビューでは、ハフェルツは自身の適性ポジションについて「クラシカルなトップ下ではなく、右インサイドハーフ」と回答。スペイン選手のお気に入りは「アンドレス・イニエスタだ。ボール扱いが傑出している。僕は彼が一番好きだ」と明かし、レアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースを参考にしているとも話していた。

 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、ドイツの新星は昨年夏にレバークーゼンを離れる可能性があったものの、クラブがUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の出場権を得たことが残留する理由の1つになったという。だが、バイエルン、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドといったビッグクラブが興味を示す中、シナリオは変わりつつあるようだ。

 同紙はドイツメディアの報道を基に「ユルゲン・クロップ率いるチームは、ハフェルツに約1億2500万ユーロのオファーを出すつもりだ」と報道。「アダム・ララナはシーズン終了後にアンフィールドを離れることが予想されており、ミナミノを獲得した後でも、カイ・ハフェルツはクロップの計画において絶対的な優先事項となっている」とレポートしている。

●ブンデスリーガ2019-20特集
●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

@bookfun155 分野研究家

全体のデザインとしてもスリムフィットのものもありますし、ゆったりとしたデザインのものもある。 #フットサル#サッカー#ユニフォーム#グラデーション#カスタマイズ#高品質#着心地#保障#ロンヨン

Posted in 未分類

足首の靭帯を損傷した鎌田…クラブがトレーニング復帰時期を伝える

MF鎌田大地は来週に練習復帰か
 フランクフルトは14日、クラブ公式ツイッター(@Eintracht)を更新し、負傷中のMF鎌田大地について来週のトレーニング復帰の可能性を伝えた。

 鎌田は8日、リーグ再開に向けたヘルタ・ベルリンとのテストマッチで足首の靭帯を損傷。アディ・ヒュッター監督は長期離脱も示唆していたが、想定よりも早い復帰となるかもしれない。

 クラブは公式ツイッターで「靭帯を損傷したダイチ・カマダは今日のトレーニングを欠席したが、来週に復帰できる可能性がある」と発表している。

 昨年夏にベルギーのシントトロイデンからフランクフルトにレンタル復帰した鎌田。今季はここまで公式戦30試合に出場し、4ゴールを記録している。ブンデスリーガは今週末から再開。13位フランクフルトは18日に敵地で7位ホッフェンハイムと対戦する予定となっている。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集

香川は“相手GKのパス”決め切れず途中交代も…サラゴサ、終盤PK弾で新年3連勝

57分間プレーしたサラゴサMF香川真司
[1.14 スペイン2部 ラス・パルマス0-1サラゴサ]

 スペイン2部リーグは14日、第23節を各地で行い、MF香川真司所属のサラゴサラス・パルマスを1-0で下した。香川は後半途中にビッグチャンスが訪れたものの決め切れず、57分間の出場時間でピッチを退いた。

 前半は互いにシュート1本にとどまり、スコアレスのまま迎えたハーフタイムへ。後半は一転してオープンな展開になると、後半11分には香川に大チャンスがやってきた。まずはトップ下の位置から敵陣深くにプレスをかけ、相手GKがパスミス。これが香川の足元に入った。しかし、ドリブルでかわそうとした香川はコントロールに失敗してボールを奪われ、シュートに繋げられなかった。

 すると後半12分、香川は1枚目のカードでFWアレックス・ブランコと交代。その後は両チームともにシュートミスが頻発する流れとなったが、同35分に試合が動いた。ミドルシュートを放ったFWルイス・スアレスがこぼれ球に反応すると、止めようとした相手DFがファウルを犯してサラゴサにPK。同38分、これをMFハビエル・ロスが右上に決めて勝ち越しに成功した。

 試合はそのまま終了し、サラゴサが勝ち点3を獲得した。今月7日に行われたリーグのスポルティング・ヒホン戦、同11日の国王杯ヒムナスティック戦に続き、2020年に入って公式戦3連勝。勝ち点を『39』とし、昇格争いに加わる暫定3位につけている。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●海外組ガイド
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

[1月15日 今日のバースデー]

Japan
FW石津大介(福岡、1990)*スピードを生かした突破が武器のアタッカー。高い得点感覚を併せ持つ。
DF永戸勝也(仙台、1995)*法政大出身のサイドバック。持ち前のスピードと高速クロスで左サイドを制圧する。20年からは鹿島に移籍。
GK茂木秀(C大阪、1999)*桐光学園高から17年に加入した195cmの長身GK。19年のU-20W杯メンバー。

World
DFマルク・バルトラ(ベティス、1991、スペイン)*足もとの技術が高い頭脳派DF。ドルトムント時代のバス爆破事件で右腕を負傷した。
MFエリック・ダイアー(トッテナム、1994、イングランド)*守備能力が高く、キックの精度も高いポリバレントなMF。

Former
ジョアン・カルロス(元鹿島監督ほか、1956、ブラジル)*選手としての経験はなく、96年に鹿島の監督に就任。その後、名古屋、C大阪の監督を歴任した。
MFマルティン・ペトロフ(元マンチェスター・Cほか、1979、ブルガリア)*スピードに乗ったドリブルと正確なキック、抜群のパスセンスが持ち味のMF。
GKレネ・アドラー(元HSVほか、1986、ドイツ)*カーンの代表引退後にドイツを支えていた守護神。南アフリカW杯は骨折で出場を逃した。

Others
樹木希林(女優、1943)
田中真弓(声優、1955)
石原良純(タレント、1962)
山崎バニラ(タレント、1978)
ジュンス(2PM:アイドル、1988)
吉岡里帆(女優、1993)
加藤美南(NGT48:アイドル、1999)

※Jリーガーは2019シーズンの所属クラブ

柏移籍DF高橋祐治「競争は楽しみ」、姉2人には援軍呼びかけ

柏移籍DF高橋祐治「競争は楽しみ」、姉2人には援軍呼びかけ
 サガン鳥栖から柏レイソルに新加入したDF高橋祐治は「競争も激しいけど、そこは楽しみなところ。鳥栖ではいい先輩に恵まれたけど、また新たに違う選手とやることでいろいろ学べたらいいなと思います」と抱負を語った。

 高橋は昨年2月に元AKB48でタレントの高城亜樹さんと入籍したことを発表。同11月には第1子となる男児が誕生した。新体制発表会でも「もしかしたらスタジアムに観に来るかも」と話し、会場を沸かせた。

 ファッションモデルの高橋メアリージュンさんと高橋ユウさんは実姉。こちらについても「あまり僕に興味がないようです」と苦笑いするが、「鳥栖よりは観に来やすいと思う。せっかくなので観に来てほしいです」と援軍を呼び掛けた。

(取材・文 児玉幸洋)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●GM2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020シーズン新体制&背番号一覧
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

東京五輪に前進…西野監督率いるU-23タイ代表、イラクとドローでグループリーグ突破!!

U-23タイ代表を率いる西野朗監督
 西野朗監督が率いるU-23タイ代表がグループリーグ突破を決めた。

 開催国としてAFC U-23選手権に出場しているタイは、初戦のバーレーン戦で5-0の快勝を収める。第2戦のオーストラリア戦では1-2の逆転負けを喫したものの、勝ち点3の2位、引き分け以上でグループリーグ突破が決まる状況で最終戦イラク戦を迎えていた。

 イラク戦では前半6分に先制に成功。後半4分に同点に追い付かれながらも、勝ち越しゴールを許さず。1-1のまま試合終了を迎え、勝ち点を4として決勝トーナメント進出を決めた。今大会の上位3チームには東京五輪出場権が与えられる。

 なお、森保一監督率いるU-23日本代表は、初戦でサウジアラビア、第2戦でシリアに1-2の敗戦を喫し、2連敗でグループリーグ敗退となっている。

▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ