現役時代に一発退場ゼロのパク・チソン氏、“退場癖”ソン・フンミンをどう見る?

パク・チソン氏がFWソン・フンミンについて言及
 現役時代にマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元韓国代表MFのパク・チソン氏が、一発退場が続いているトッテナムの韓国代表FWソン・フンミンに言及した。韓国『朝鮮日報』が報じている。

 アジア人選手として初めてUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)制覇を経験し、プレミアリーグでは優勝4回。韓国の英雄として称えられるパク・チソン氏は17日、ソウルで開催されたアメリカの水廻り総合メーカー『KOHLER(コーラー)』とユナイテッドのグローバル・パートナーシップを記念したイベントに出席し、韓国代表の現エースについて語った。

 ソン・フンミンは昨年12月22日に行われたプレミアリーグ第18節チェルシー戦(●0-2)で、DFアントニオ・リュディガーのチャージを受けた際、倒れながら左足でリュディガーの右脇腹付近をキック。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入を経て、レッドカードを提示された。

 同選手の一発退場は、同年11月3日の第11節エバートン戦(△1-1)に続いて今季2度目。同試合ではポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスに後ろからスライディングタックルを仕掛け、右足首の脱臼骨折という大怪我を負わせていた。また、同年5月4日の昨季第37節ボーンマス戦(●0-1)を含めると、2019年にレッドカードを受けたのは3度目。1年間で3回退場するのは、2010年のMFリー・カッターモール(当時サンダーランド/現VVV)以来、9年ぶりの不名誉な記録となっている。

 同紙によると、現役時代に2度の警告による退場が1回だけあり、一発退場はなかったというパク・チソン氏。“退場癖”が目立つソン・フンミンについて「私も退場したことがある」と理解を示し、「(ソン・フンミンは)退場処分を定期的に受ける選手ではない。昨年にそうなっただけだと思う」と擁護している。続けて「彼は性格上、今後多くの退場を受けるタイプではないので、心配な部分ではない」と付け加えた。

 また、パク・チソン氏は古巣ユナイテッドの最近の不振についても触れ、「ファーガソン監督というクラブに大きな影響力を持った人が引退したため、クラブには時間が必要だ」と指摘している。

 そして「今はスールシャール監督がユナイテッドの文化とアイデンティティーをよく知っており、若い選手たちを導いていっている」とし、「浮き沈みはあるが、変わった姿を見せてくれると思う。強豪との試合で良いパフォーマンスも見せている。時間が経てば、以前の強い姿を取り戻すだろう」と期待を寄せた。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

西野監督率いるタイ、東京五輪出場を逃す…サウジにPKでV弾献上

東京五輪出場を逃した西野朗監督
[1.18 AFC U-23選手権準々決勝 サウジアラビア1-0タイ]

 AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪アジア最終予選)の準々決勝が18日に開催され、西野朗監督率いるホスト国のU-23タイ代表はU-23サウジアラビア代表と対戦し、0-1で敗れた。

 A代表と兼任する西野監督の下、史上初の決勝トーナメント進出を果たしたタイと、日本らと同居したグループBを首位で通過したサウジアラビアの一戦。スコアレスの時間が長く続いたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)により、サウジアラビアが後半33分にPKのチャンスを得る。これをキッカーのFWアブドッラー・アルハムダンが沈めると、そのままサウジアラビアが1-0で逃げ切った。

 本大会への出場権が与えられるのは上位3チーム。タイはベスト8敗退となり、52年ぶり3回目のオリンピック出場は叶わなかった。準決勝は22日に行われ、サウジアラビアはUAEとウズベキスタンの勝者と顔を合わせる。

▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

神戸ポドルスキが契約満了「直接お別れの挨拶ができなくて申し訳ないです」

神戸FWルーカス・ポドルスキが契約満了
 ヴィッセル神戸は18日、契約満了に伴い、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(34)と2020年シーズンの契約を更新しないことを発表した。

 ドイツ代表の10番として2014年のブラジルW杯制覇を経験したポドルスキは、2017年7月にガラタサライ(トルコ)から神戸へ加入。初年度はシーズン途中の加入でJ1リーグ戦15試合に出場して5得点、2018年は24試合で5得点を挙げた。昨季はリーグ戦13試合に出場し、5得点を記録。また、元日の天皇杯決勝・鹿島戦(○2-0)でスタメン出場し、クラブ史上初のタイトル獲得に貢献した。

 クラブ公式サイトを通じ、次のようにコメントしている。

「神戸に来た最初の日からタイトルを共に獲った国立での最後の日まで、神戸サポーターといつも最高の関係を築くことができました。サポーターの皆さまの気持ちは常に伝わっていましたし、一生忘れません。直接お別れの挨拶ができなくて申し訳ないです。いつか皆さまの前に立ってしっかりと挨拶させてください」

「そして三木谷会長とヴィッセル神戸のスタッフ、選手の皆にも感謝しています。日本という素晴らしい国に来ることも出来て、日本の文化に触れる事ができました。ヴィッセル神戸でJリーグを経験させてもらい、有難く思っています。この約3年間、ピッチ外でも家族と一緒に楽しい経験ができました。三木谷会長との縁はこれで切れるとは考えていないです。今後も連絡をと取り合っていくと思いますが、今日はとりあえずこの場を借りてありがとうと言わせてください。皆さま、ありがとうございました」

以下、クラブ発表プロフィール

●FWルーカス・ポドルスキ
(Lukas Podolski)
■生年月日
1985年6月4日(34歳)
■国籍
ドイツ/ポーランド
■身長/体重
180cm/80kg
■経歴
ケルン-バイエルン-ケルン-アーセナル(イングランド)-インテル(イタリア)-アーセナル(イングランド)-ガラタサライ(トルコ)-神戸
■国内出場歴
J1リーグ:52試合15得点
カップ戦:3試合2得点
天皇杯:6試合
■代表歴
U-17ドイツ代表(2001〜2002)、U-18ドイツ代表(2002〜2003)、U-19ドイツ代表(2003〜2004)、ドイツ代表(2004〜2017)/国際Aマッチ:130試合49得点
※FIFAワールドカップ2006ドイツ大会、2010南アフリカ大会、2014ブラジル大会メンバー
■個人タイトル
ブンデスリーガ2部得点王(2004-05)、FIFAワールドカップ最優秀若手選手賞(2006)、UEFA EURO2008大会優秀選手(2008)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

神戸ポドルスキが契約満了「直接お別れの挨拶ができなくて申し訳ないです」

神戸FWルーカス・ポドルスキが契約満了
 ヴィッセル神戸は18日、契約満了に伴い、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(34)と2020年シーズンの契約を更新しないことを発表した。

 ドイツ代表の10番として2014年のブラジルW杯制覇を経験したポドルスキは、2017年7月にガラタサライ(トルコ)から神戸へ加入。初年度はシーズン途中の加入でJ1リーグ戦15試合に出場して5得点、2018年は24試合で5得点を挙げた。昨季はリーグ戦13試合に出場し、5得点を記録。また、元日の天皇杯決勝・鹿島戦(○2-0)でスタメン出場し、クラブ史上初のタイトル獲得に貢献した。

 クラブ公式サイトを通じ、次のようにコメントしている。

「神戸に来た最初の日からタイトルを共に獲った国立での最後の日まで、神戸サポーターといつも最高の関係を築くことができました。サポーターの皆さまの気持ちは常に伝わっていましたし、一生忘れません。直接お別れの挨拶ができなくて申し訳ないです。いつか皆さまの前に立ってしっかりと挨拶させてください」

「そして三木谷会長とヴィッセル神戸のスタッフ、選手の皆にも感謝しています。日本という素晴らしい国に来ることも出来て、日本の文化に触れる事ができました。ヴィッセル神戸でJリーグを経験させてもらい、有難く思っています。この約3年間、ピッチ外でも家族と一緒に楽しい経験ができました。三木谷会長との縁はこれで切れるとは考えていないです。今後も連絡をと取り合っていくと思いますが、今日はとりあえずこの場を借りてありがとうと言わせてください。皆さま、ありがとうございました」

以下、クラブ発表プロフィール

●FWルーカス・ポドルスキ
(Lukas Podolski)
■生年月日
1985年6月4日(34歳)
■国籍
ドイツ/ポーランド
■身長/体重
180cm/80kg
■経歴
ケルン-バイエルン-ケルン-アーセナル(イングランド)-インテル(イタリア)-アーセナル(イングランド)-ガラタサライ(トルコ)-神戸
■国内出場歴
J1リーグ:52試合15得点
カップ戦:3試合2得点
天皇杯:6試合
■代表歴
U-17ドイツ代表(2001〜2002)、U-18ドイツ代表(2002〜2003)、U-19ドイツ代表(2003〜2004)、ドイツ代表(2004〜2017)/国際Aマッチ:130試合49得点
※FIFAワールドカップ2006ドイツ大会、2010南アフリカ大会、2014ブラジル大会メンバー
■個人タイトル
ブンデスリーガ2部得点王(2004-05)、FIFAワールドカップ最優秀若手選手賞(2006)、UEFA EURO2008大会優秀選手(2008)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

幸せを噛みしめる李忠成「広島の人達は羨ましいだろうな」

横浜FMから京都に移籍したFW李忠成
 京都サンガF.C.の元日本代表FW李忠成(←横浜FM)が18日に自身のツイッター(@ChunTadanari)を更新し、京都の新たな本拠地『サンガスタジアム』の様子を動画で公開した。

 同スタジアムはサッカー・ラグビー・アメフトなどの球技専用複合型スタジアムで、収容人数は約2万1600人。今季から京都のホームとして使用され、こけら落としは2月9日に行われる『2020Jリーグプレシーズンマッチ』の対C大阪戦となっている。

 横浜FMから今季加入した李はツイッター上に、選手たちでスタジアムを訪れた際の動画を投稿。「新スタジアム。京都駅から20分 ピッチとの距離が近い・臨場感抜群・2万人収容・VIP席¥18,000」とアピールポイントを紹介しつつ、「広島の人達は羨ましいだろうな」と、現在新スタジアム建設に向けて寄附金の募集を行っている古巣に思いを馳せた。

 続けて「感動・絆・平和・文化…スポーツは繋げられる素晴らしい力がある。新スタジアム建設に携わった方々の思いの詰まったサンガスタジアム」と新スタジアムでプレーできる喜びを噛み締め、「サンガの為に自分のベストを尽くして頑張ります」と新天地での決意をつづっている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

YS横浜、DF西山&DF宗近との契約を更新

 Y.S.C.C.横浜は18日、DF西山峻太(30)、DF宗近慧(27)と2020年シーズンの契約を更新したことを発表した。

 国士舘大出身の西山は2012年に入団。昨季はJ3リーグ戦27試合に出場し、1得点を記録した。契約更新に際し、クラブ公式サイト上で「色々なたくさんの想いを背負ってピッチで自分のプレーを表現したいと思います。今シーズンも共に闘ってください!!!」と呼びかけている。

 また、法政大から2015年に加入した宗近は、昨季J3リーグ戦26試合に出場。「今シーズンもY.S.C.C.でプレーさせていただくことになりました。素晴らしいシーズンになるように日々努力していきます。応援よろしくお願いします」と意気込みを述べた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

クロップが恐れるアトレティコの補強…「彼と契約しないことを願う」

アトレティコを警戒するユルゲン・クロップ監督
 リバプールのユルゲン・クロップ監督がUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の決勝トーナメント1回戦で対決するアトレティコ・マドリーの補強に警戒感を示した。スペイン『エル・エスパニョール』が同監督のコメントを伝えている。

 欧州CL連覇を目指し、2月18日に敵地でアトレティコとの決勝トーナメント1回戦第1戦に臨むリバプール。敵将のディエゴ・シメオネ監督は今冬にストライカーの獲得を希望しており、その候補にパリSGのウルグアイ代表FWエジソン・カバーニが挙がっている。

 クロップ監督は「(アルバロ・)モラタとジョアン・フェリックスだけで十分に危険だ」とアトレティコの攻撃陣について語り、「(負傷離脱中の)ジエゴ・コスタは戻ってくると思う。彼らはすでに十分なクオリティーを持っており、カバーニを獲得しないことを願っているが、そうならなかったら非常に難しいライバルになる」と続けた。

 アトレティコはスペインスーパーカップ決勝でレアル・マドリーに敗れたが、同紙は「シメオネのチームは徐々に調子を取り戻してきている」とレポート。そこにカバーニが加入すれば、さらに強力なライバルとなるのは間違いない。クロップ監督は「アトレティコの詳細な分析はまだ始めていないが、私が何度も見てきたチームだ。カバーニと対峙する必要があるかどうかに関係なく、何が起こるか見ていこう」と結論付けた。

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●プレミアリーグ2019-20特集
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信

[新人戦]選手権V・静岡学園の新チームが初陣、15-0で大勝発進

静岡学園高の新チームがスタート。DF田邉秀斗らが先発し、15-0で快勝した。(写真は全国高校選手権決勝。写真協力=高校サッカー年鑑)
 今月13日の第98回全国高校サッカー選手権決勝で青森山田高(青森)に3-2で逆転勝ちし、24年ぶりに優勝した静岡学園高(静岡)の新チームが早くも公式戦初戦に臨んだ。18日、令和元年度静岡県高校新人大会サッカー競技1回戦で清水国際高と対戦。15-0で大勝した。

 静岡学園は選手権で優秀選手に選出されたDF田邉秀斗(2年)や同じく優勝メンバーのGK野知滉平(2年)らが先発。MF渡辺怜歩(2年)が10番を背負い、キャプテンマークを巻いてプレーした。その静岡学園は、DF関根大輝(2年)の先制ヘッドや渡辺とMF清水和馬(1年)の3得点など計15得点を挙げ、快勝で新シーズンのスタートを切った。

山口がブラジル人DFサンドロを獲得「嬉しく思います」…背番号は4に決定

 レノファ山口FCは18日、クリシューマ(ブラジル)からDFサンドロ(31)が完全移籍で加入することが決定したと発表した。背番号は『4』。手続きが完了次第、来日予定としている。

 サンドロはブラジル出身で1988年生まれの31歳。クラブ公式サイトを通じ、「みなさんこんにちは。サンドロです。日本、そして山口でプレーできることを嬉しく思います。チームの目標達成に向けて全力で頑張りますので、応援よろしくお願いします」と挨拶している。

以下、クラブ発表プロフィール

●DFサンドロ
(Sandro)
■生年月日
1988年5月17日(31歳)
■出身地
ブラジル
■身長/体重
180cm/78kg
■経歴
イトゥアーノ-カーズマ(クウェート)-フィゲイレンセ-ジョイビレ-セアラー-サンタクルス-クリシューマ

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

藤枝に今季レンタルの23歳MF姫野が入籍「笑顔の絶えない家庭を」

 藤枝MYFCは18日、MF姫野宥弥(23)が一般女性と入籍したことを発表した。

 大分U-18出身の姫野は2015年のトップ昇格後、ヴェルスパ大分(JFL)や群馬への期限付き移籍を経験し、今季は藤枝にレンタル。クラブ公式サイトを通じて「いつも自分のことを理解してくれ、支えてくれる妻と笑顔の絶えない家庭を築いていきたいと思います。
今まで以上にサッカー選手として成長していけるようより一層努力していきたいと思います」とコメントした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

岐阜が新体制を発表…背番号10は川西、橋本和は2番、高崎は9番

岐阜が新体制を発表
 FC岐阜は18日、2020年シーズンのトップチーム新体制および選手背番号を発表した。

 1年でのJ2復帰を目指す岐阜は、今季からセルビア出身のゼムノビッチ・ズドラブコ新監督が指揮を執る。

 新背番号10は、期限付き移籍期間が延長されたMF川西翔太(←大分/期限付き移籍)に決定。今季加入のDF橋本和(←神戸)は2番、FW高崎寛之(←松本)は9番、ルーキーのMF大西遼太郎(←法政大)は23番を着ける。

以下、今季の新体制

■スタッフ
▽監督
ゼムノビッチ・ズドラブコ

▽ヘッドコーチ
仲田建二

▽GKコーチ
太田渉

▽フィジカルコーチ
井田征次郎

▽分析コーチ
板金立樹

▽アシスタントコーチ
山内智裕

■選手
1 GK 岡本享也
2 DF 橋本和(←神戸)
3 DF 竹田忠嗣
4 DF 甲斐健太郎
6 MF 三島頌平
7 FW 村田透馬
8 MF 中島賢星
9 FW 高崎寛之(←松本)
10 MF 川西翔太(←大分/期限付き移籍)
11 FW 前田遼一
14 DF 会津雄生
15 MF 町田ブライト(←JAPANサッカーカレッジ)
16 FW 富樫佑太
17 DF 藤谷匠
18 FW 石川大地(←沼津/期限付き移籍より復帰)
19 MF 長倉颯
21 GK 原田祐輔
22 DF 柳澤亘
23 MF 大西遼太郎(←法政大)
24 FW 粟飯原尚平
25 DF 橋口拓哉(←柏)
26 MF 咸泳俊
27 DF イヨハ理ヘンリー
28 MF 永島悠史
29 GK パク・ソンス(←愛媛/期限付き移籍)
31 GK 松本拓也(←秋田)
33 DF 北谷史孝

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020シーズン新体制&背番号一覧
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

藤枝、今季キャプテンはGK杉本に決定「J2昇格を達成できるよう努力」

 藤枝MYFCは18日、2020年シーズンのキャプテンをGK杉本拓也(30)が務めることになったと発表した。

 杉本は昨季に続く大役。クラブ公式サイトを通じ、「チームの目標であるJ2昇格を達成できるよう努力していきます。今シーズンも応援よろしくお願いします」と抱負を述べた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020シーズン新体制&背番号一覧
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

大宮の新キャプテンはMF三門!「啓輔、アキと3人でチームを引っ張っていく」

大宮の新主将を務めるMF三門雄大
 大宮アルディージャは18日、2020年シーズンのキャプテンがMF三門雄大(33)に、副キャプテンがMF大山啓輔(24)とDF河面旺成(25)に決定したことを発表した。

 昨季にキャプテンを担ったFW大前元紀は今季から群馬へ移籍。副主将からの“昇格”となった三門は、クラブ公式サイトを通じて「チームの目標であるJ1昇格を果たすために、啓輔、アキと3人でチームを引っ張っていきます。大宮アルディージャというクラブがより良い方向に進んでいけるように、全力を尽くしたいと思います」と誓った。

 また、前年に続いて副キャプテンを務めることになった大山は「昨シーズンに足りなかったことや良かったことは、チームとしても個人としても見えた部分があると思います。選手が大きく入れ替わりましたが、新加入選手も含めてチーム全員が機能できるように、自分ができることを常に考えていきたいと思います。みんなが楽しくプレーできるチームを作っていきたいです」と決意を語っている。

 加入4年目の河面は「ミカさんのこともそうですし、チーム全体をしっかりとサポートしていけるように努力します。一つの方向に向かって、全員が本気で取り組めるようなチーム作りをしたいと思います」と所信表明した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020シーズン新体制&背番号一覧
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

YS横浜が外国籍2選手と契約満了

 Y.S.C.C.横浜は18日、契約期間満了に伴い、GK趙天賜(24)、FWリンジェ・ジャブラニ・アリ(25)と2020年シーズンの契約を更新しないことを発表した。

 趙天賜は2018年8月に、リンジェ・ジャブラニ・アリはマラウイ初のJリーガーとして2018年2月にそれぞれYS横浜へ加入。昨季J3リーグ戦で前者は10試合、後者は9試合に出場していた。

以下、クラブ発表プロフィール

●GK趙天賜
(ちょう・てんし)
■生年月日
1995年3月20日(24歳)
■出身地
中国
■身長/体重
186cm/74kg
■経歴
北京国安ユース-広州恒大

●FWジャブラニ・リンジェ・アリ
(JABULANI LINJE ALI)
■生年月日
1994年11月7日(25歳)
■出身地
マラウイ
■身長/体重
178cm/66kg
■経歴
シィーボ・ユナイテッド-ビィ・フォアード・ワンダラーズFC

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

岐阜と契約満了のMF小野悠斗、新天地はタイクラブ

岐阜MF小野悠斗がタイクラブへ
 FC岐阜は18日、MF小野悠斗(28)がサムットプラカーンシティ(タイ)へ完全移籍することを発表した。

 小野はFW小野裕二(鳥栖→G大阪)の実兄。横浜FMの下部組織からメキシコの複数クラブを経て、2015年に岐阜へ加入した。昨季はJ2リーグ戦7試合に出場。昨年12月5日にクラブから契約満了が発表されていた。

 新天地決定にあたり、岐阜のクラブ公式サイト上で「岐阜での5年間は、サッカー人生初のキャプテンなど色々な経験をして本当に成長できましたし、あらゆる所に行きましたが本当に岐阜の皆さんや地域が素晴らしく岐阜という地が大好きになりました。最後になりますが、またFC岐阜がJ2昇格、そしてその次はJ1に昇格する事を心より祈っています。皆さん、5年間本当にありがとうございました」と感謝を語っている。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF小野悠斗
(おの・ゆうと)
■生年月日
1991年9月28日(28歳)
■出身地
神奈川県
■身長/体重
170cm/65㎏
■経歴
横浜FM追浜-横浜FMユース-ネカクサ(メキシコ2部)-セラヤ(メキシコ2部)-ベラクルス(メキシコ2部)-アトレティコ・サンルイス(メキシコ2部)-岐阜
■出場歴
J2リーグ:94試合4得点
天皇杯:3試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

岐阜と契約満了のMF小野悠斗、新天地はタイクラブ

岐阜MF小野悠斗がタイクラブへ
 FC岐阜は18日、MF小野悠斗(28)がサムットプラカーンシティ(タイ)へ完全移籍することを発表した。

 小野はFW小野裕二(鳥栖→G大阪)の実兄。横浜FMの下部組織からメキシコの複数クラブを経て、2015年に岐阜へ加入した。昨季はJ2リーグ戦7試合に出場。昨年12月5日にクラブから契約満了が発表されていた。

 新天地決定にあたり、岐阜のクラブ公式サイト上で「岐阜での5年間は、サッカー人生初のキャプテンなど色々な経験をして本当に成長できましたし、あらゆる所に行きましたが本当に岐阜の皆さんや地域が素晴らしく岐阜という地が大好きになりました。最後になりますが、またFC岐阜がJ2昇格、そしてその次はJ1に昇格する事を心より祈っています。皆さん、5年間本当にありがとうございました」と感謝を語っている。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF小野悠斗
(おの・ゆうと)
■生年月日
1991年9月28日(28歳)
■出身地
神奈川県
■身長/体重
170cm/65㎏
■経歴
横浜FM追浜-横浜FMユース-ネカクサ(メキシコ2部)-セラヤ(メキシコ2部)-ベラクルス(メキシコ2部)-アトレティコ・サンルイス(メキシコ2部)-岐阜
■出場歴
J2リーグ:94試合4得点
天皇杯:3試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

憧れの選手に今年引退のJリーガーの名前も…久保建英が幼少期のサッカー観戦を語る

マジョルカに所属する日本代表MF久保建英
 リーガ・エスパニョーラが17日に公式ツイッター(@LaLiga)を更新し、マジョルカに所属する日本代表MF久保建英のインタビュー動画を公開した。

 昨年夏にFC東京からレアル・マドリーに移籍し、現在はレンタル先のマジョルカで試合経験を積んでいる久保。インタビュー動画では、最初に幼少期のスペインサッカーとのつながりについて語っている。

「海外リーグを観戦し始めた頃からラ・リーガも観ていました。当時はバレンシアがとても強くて、ダビド・シルバやダビド・ビジャが好きでした」

 久保は当時お気に入りだった選手として、マンチェスター・シティのD・シルバや、元日の天皇杯決勝・鹿島戦(○2-0)を最後に引退した神戸FWビジャの名前を挙げている。そして現在と当時の視聴状況に関して「(リーガに)日本人選手が来れば来るほど、日本でのTV観戦は増えます。試合が深夜開催だったとしても、今はより観戦している人が多いと思います」と印象を述べた。

 続けて久保はスペインと日本のサッカーについて言及。「リーガのサッカーはJリーグより縦に速いと思います。ポゼッションに縛られず、カウンターも多いですね」。両リーグの違いを指摘するとともに「Jリーグはリーガからビッグプレーヤーを引き抜いて大きく成長しています。イニエスタ、ビジャ、サンペール…。リーガと同じくらいJリーグも注目を浴び、とても良いことだと思います」と、Jリーグ人気が高まっていることを強調した。

 また、久保は昨年夏の移籍を振り返り、「母国語でない外国に行くのはいつだって難しいことです。幸いにも大久保選手のFC東京ラストシーズンで同じチームでした。彼は『リーガはとても困難な舞台だけど最高の経験だった』と語ってくれました」と、2005年から2006年までマジョルカに所属したFW大久保嘉人(現東京V)からの言葉を明かしている。

 大きな注目を浴びてレアルに加入し、プレシーズンのトップチームでのプレーを経てマジョルカに期限付き移籍。久保は自身の将来に関して「全ては僕次第ですが、成長していくにつれ、(レアルで)プレーするチャンスは自ずと来ます。このままブレずに続け、より上手くなるほかありません。今のところは自分ができる範囲のことをやって、この調子で続けるべきだと思います」と前向きに話した。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

憧れの選手に今年引退のJリーガーの名前も…久保建英が幼少期のサッカー観戦を語る

マジョルカに所属する日本代表MF久保建英
 リーガ・エスパニョーラが17日に公式ツイッター(@LaLiga)を更新し、マジョルカに所属する日本代表MF久保建英のインタビュー動画を公開した。

 昨年夏にFC東京からレアル・マドリーに移籍し、現在はレンタル先のマジョルカで試合経験を積んでいる久保。インタビュー動画では、最初に幼少期のスペインサッカーとのつながりについて語っている。

「海外リーグを観戦し始めた頃からラ・リーガも観ていました。当時はバレンシアがとても強くて、ダビド・シルバやダビド・ビジャが好きでした」

 久保は当時お気に入りだった選手として、マンチェスター・シティのD・シルバや、元日の天皇杯決勝・鹿島戦(○2-0)を最後に引退した神戸FWビジャの名前を挙げている。そして現在と当時の視聴状況に関して「(リーガに)日本人選手が来れば来るほど、日本でのTV観戦は増えます。試合が深夜開催だったとしても、今はより観戦している人が多いと思います」と印象を述べた。

 続けて久保はスペインと日本のサッカーについて言及。「リーガのサッカーはJリーグより縦に速いと思います。ポゼッションに縛られず、カウンターも多いですね」。両リーグの違いを指摘するとともに「Jリーグはリーガからビッグプレーヤーを引き抜いて大きく成長しています。イニエスタ、ビジャ、サンペール…。リーガと同じくらいJリーグも注目を浴び、とても良いことだと思います」と、Jリーグ人気が高まっていることを強調した。

 また、久保は昨年夏の移籍を振り返り、「母国語でない外国に行くのはいつだって難しいことです。幸いにも大久保選手のFC東京ラストシーズンで同じチームでした。彼は『リーガはとても困難な舞台だけど最高の経験だった』と語ってくれました」と、2005年から2006年までマジョルカに所属したFW大久保嘉人(現東京V)からの言葉を明かしている。

 大きな注目を浴びてレアルに加入し、プレシーズンのトップチームでのプレーを経てマジョルカに期限付き移籍。久保は自身の将来に関して「全ては僕次第ですが、成長していくにつれ、(レアルで)プレーするチャンスは自ずと来ます。このままブレずに続け、より上手くなるほかありません。今のところは自分ができる範囲のことをやって、この調子で続けるべきだと思います」と前向きに話した。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

熊本MF田村翔太が左足骨折で手術…加療期間は約3か月

[故障者情報]

 ロアッソ熊本は18日、MF田村翔太が検査の結果、左第5中足骨骨折で加療期間約3か月と診断されたことを発表した。また、17日に熊本市内の病院で手術を行ったことも併せて報告している。

 田村は昨季J3リーグ戦で20試合に出場し、2得点を記録。クラブによると、今月15日のトレーニング中に負傷したという。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

中山雄太がリーグ再開初戦でチーム救う移籍後初ゴール!

DF中山雄太が加入後初ゴール
[1.17 エールディビジ第19節 ズウォレ3-3ユトレヒト]

 オランダ・エールディビジ第19節が17日に開催され、DF中山雄太とDFファン・ウェルメスケルケン・際が所属するズウォレはホームでユトレヒトと対戦し、3-3で引き分けた。中山はリーグ戦6試合ぶりにスタメン出場。2-3の後半44分に移籍後初ゴールとなる同点弾を挙げ、フル出場で勝ち点1の獲得に貢献した。一方、ベンチスタートの際は出番なしとなっている。

 リーグ中断期間を終え、再開後初のゲームを迎えた両チーム。中山は直近のリーグ戦5試合を欠場していたが、6戦ぶりに先発メンバーに名を連ね、3バックの右に入った。

 先制を許したズウォレは一時2-1と逆転しながらも、2失点を喫して再びリードを許してしまう。だが、逆転弾の献上から3分後に中山がチームを救った。

 後半44分、右サイドからの折り返しをニアのDFトーマス・ラムがスルーすると、PA内中央の中山がフリーの状態から右足でシュート。ゴール右下に吸い込まれ、土壇場で3-3とした。

 試合はそのままタイムアップ。敗戦を免れたズウォレは、26日の第20節でビレムの本拠地に乗り込む。

●海外組ガイド
●オランダ・エールディビジ2019-20特集
●堂安、板倉の試合も!!“初月無料”DAZNでハイライト配信中

新潟、今季キャプテンは2名体制! 堀米「流行りの言葉で言えば…」シルビーニョ「最大限の努力を」

DF堀米悠斗とMFシルビーニョがキャプテンに就任
 アルビレックス新潟は18日、今季のキャプテンが2名体制となり、DF堀米悠斗(25)とMFシルビーニョ(29)に決定したことを発表した。

 堀米は札幌から2017年に完全移籍し、今季で加入4年目。クラブ公式サイトを通じ、「今シーズン、キャプテンを務めることになりました。アルビレックス新潟にとって大きな転換期を迎えるシーズンにキャプテンを任せて頂きとても光栄に思います。J1昇格を成し遂げるチームは、一体感のあるチームです。現場スタッフ、フロント、サポーターも含めて、流行りの言葉で言えば『ONE TEAM』です。例年に増して多国籍な今年のチームが誰一人欠けることなく最後まで突っ走れるよう、自分が先頭に立っていきたいと思います。みんなで新潟の力を見せましょう!応援よろしくお願いします!」とコメントしている。

 また、来日2シーズン目となるシルビーニョは「今シーズンのキャプテンに選んでいただけたことが本当に嬉しいです。1人のプレーヤーとして、またキャプテンとして、みんなを尊重し、チーム一丸となって戦っていきます。アルベルト監督が初めて日本で指揮を執るシーズンに、キャプテンに任命していただいて、感謝の気持ちと責任の大きさを感じています。クラブ、チームメイトからの自分に対する信頼に応えていけるように最大限の努力をします。そして、サポーターの皆さんには、今後も変わらず、熱い声援をチームに送っていただけるようお願いします」と意気込みを述べた。

 新潟は昨季のJ2リーグ戦で10位。今季はスペイン人のアルベルト・プッチ・オルトネダ新監督の下、4年ぶりのJ1復帰を目指す。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020シーズン新体制&背番号一覧
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

4年連続なでしこ得点王のFW田中美南、ベレーザからINAC神戸に電撃移籍

FW田中美南がINAC神戸に完全移籍
 INAC神戸レオネッサは18日、2020年シーズンの新戦力として、日テレ・ベレーザに所属する日本女子代表(なでしこジャパン)のFW田中美南(25)が完全移籍で加入することを発表した。

 クラブ公式サイトを通じて田中は「今シーズンからお世話になります田中美南です。素晴らしい環境、街、新しい選手、スタッフの方々と共に戦えることを楽しみにしています。自分自身の成長と共にチームに貢献し、リーグ優勝をしましょう!応援よろしくお願いします!」とコメントしている。

 田中は昨季、プレナスなでしこリーグ1部で20ゴールを記録。4年連続で得点王に輝き、日テレのリーグ史上初となる5連覇に貢献した。また、前年に続いて2シーズン連続で最優秀選手賞を受賞している。国際Aマッチでは通算36試合に出場して16得点をマーク。昨夏の女子W杯で無念のメンバー落選となった国内屈指のストライカーが、新天地で東京五輪への出場を目指す。

以下、クラブ発表プロフィール

●FW田中美南
(たなか・みな)
■生年月日
1994年4月28日(25歳)
■出身地
タイ
■身長/体重
164cm/56kg
■経歴
川崎ウィングスFC-日テレ・メニーナ-日テレ・ベレーザ
■出場歴
リーグ通算:153試合98得点
■タイトル
プレナスなでしこリーグ1部優勝 5度
(2015年~2019年)
プレナスなでしこリーグカップ1部優勝 4度
(2012年、2016年、2018年、2019年)
皇后杯優勝 4度
(2014年、2017年~2019年)
プレナスなでしこリーグ 最優秀選手賞 2度
(2018年、2019年)
プレナスなでしこリーグ1部 得点王 4度
(2016年~2019年)
■主な代表経歴
国際Aマッチ通算:36試合16得点(2019年12月現在)
2010年:FIFA U-17 女子ワールドカップ トリニダード・トバゴ
2012年:FIFA U-20 女子ワールドカップ 日本

●なでしこリーグ2019特集ページ

横浜FCで現役引退の田所氏、今季からアカデミーコーチ就任「光栄に思います!」

横浜FCで現役を引退した田所諒氏
 横浜FCは18日、2020年シーズンよりフットボールアカデミーコーチとして田所諒氏(33)が就任することを発表した。また、同日にジュニアユースコーチ兼U-14監督の吉本岳史氏(41)が退任することも発表している。

 C大阪の下部組織出身の田所氏は大阪体育大を経て、2009年に岡山でプロキャリアをスタート。2016年から横浜FCに完全移籍し、昨年11月に現役引退が発表されていた。

 第二の人生を横浜FCで始めることになった田所氏は、クラブ公式サイトを通じて「現役を引退してからも、横浜FCのために力を尽くせることを光栄に思います!将来、横浜FCを引っ張っていくような選手を数多く輩出できるように、日々勉強、努力をしていきますので、よろしくお願いいたします!!」とコメントしている。

以下、クラブ発表プロフィール

●田所諒
(たどころ・りょう)
■生年月日
1986年4月8日(33歳)
■出身地
大阪府
■選手歴
C大阪U-18-大阪体育大-岡山-横浜FC

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

あのマイコンをぶち抜いた衝撃から10年…21歳ベイルを輝かせた“魔法の豆”をクラウチが明かす

トッテナム時代のFWガレス・ベイル
 元イングランド代表FWのピーター・クラウチ氏が英『フォー・フォー・トゥー』のインタビューに応じ、レアル・マドリーに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイルのトッテナム時代のエピソードを明かした。スペイン『アス』が伝えている。

 クラウチ氏はトッテナム在籍時の2009年から2011年にかけて、ベイルとともにプレー。ベイルが世界にその名をとどろかせたのは、2010-11シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のインテル戦だった。

 21歳だったベイルは、同サイドで当時“世界最高の右サイドバック”と呼ばれていた元ブラジル代表DFマイコン(現クリシューマ/ブラジル)とマッチアップし、手がつけられないほどのスピードで同選手を翻弄。ホーム戦(●3-4)でハットトリックを達成すると、続くアウェー戦(○3-1)でもクラウチのゴールを演出するなど、2アシストの活躍を見せた。

 トッテナム時代を振り返ったクラウチ氏は、成長の真っ只中だったベイルの行動を観察し、それを真似したことがあると告白している。

「トッテナムでベイルが(左サイドを)激しくアップダウンし、インテル戦でマイコンを引き裂くのを見て、『どうやったらあんなプレーができるんだ?』と自問自答した。それから、彼がジムには行かずにベイクドビーンズ(インゲンマメを甘辛いソースで調理した料理)を乗せたトーストだけを食べているのに気づき、同じことを始めてみた。だが、いくつかの豆は他の豆よりも魔法を持っているんだと思う」

 ベイルのコピーはクラウチに効果を与えなかったようだ。ただ、元イングランド代表ストライカーが驚いたことに、“魔法の豆”に頼っていたのはベイルだけではなかったという。「最近ポール・スコールズと話をして、彼に試合前の食事は何かと訪ねたところ、ベイクドビーンズと答えたんだ」と打ち明けている。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●プレミアリーグ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

@bookfun155 分野研究家

本当に温暖化と二酸化炭素の排出が相関しているのか。。。長期のグラフをみると???機関が発表しているグラフを見ると相関があるように見えるけど。。。

Posted in 未分類

選手権得点王の四中工MF森夢真は21番! ゴン中山&伊東輝悦らと契約更新の沼津が今季新体制を発表

選手権で得点王に輝いたMF森夢真(←四日市中央工高)
 アスルクラロ沼津は18日、2020年シーズンの新体制を発表した。

 今季でJ3参入4年目を迎える沼津。昨季限りで吉田謙前監督が退任し、新たに今井雅隆氏を指揮官として招聘した。

 契約更新したベテランのFW中山雅史は39番、MF伊東輝悦は25番を引き続き着ける。また、今冬の第98回全国高校サッカー選手権で得点王に輝き、15日に加入が発表されたMF森夢真(←四日市中央工高)は21番に決まった。

以下、2020年シーズンの新体制

■スタッフ
▽監督
今井雅隆

▽コーチ
後藤圭太
山本浩佑

▽GKコーチ
武田幸生

▽フィジカルコーチ
関大悟

■選手
1 GK 朴昇利
2 DF 藤嵜智貴
3 DF 安在達弥(←東京V/期限付き移籍)
4 DF 大迫暁(←日本体育大)
5 FW 坂本修佑
6 MF 鈴木拳士郎(←讃岐)
7 MF 谷口智紀
8 MF 普光院誠
9 FW 田中直基
10 MF 染矢一樹
11 MF 前澤甲気
13 GK 長沢祐弥
14 FW 中山雄希
15 MF 菅井拓也
16 FW 鈴木厚太(←専修大)
18 DF 尾崎瑛一郎
20 MF 佐藤尚輝
21 MF 森夢真(←四日市中央工高)
22 DF 徳武正之
23 DF 後藤虹介
24 DF 深井祐希
25 MF 伊東輝悦
26 MF 進藤誠司(←ヴィアティン三重)
28 DF 井上航希(←京都U-18)
29 FW 今村優介(←関東学院大)
32 GK 大友竜輔(←山形/期限付き移籍)
34 MF 徳永晃太郎
35 FW 渡邉りょう
38 DF 濱託巳
39 FW 中山雅史

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020シーズン新体制&背番号一覧
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

マルセイユは仏国内杯で終盤3発快勝、先発の酒井宏は後半警告受けて途中交代に

DF酒井宏樹は途中交代に
[1.17 フランス国内杯10回戦 グランビル0-3マルセイユ]

 クープ・ドゥ・フランス(フランス国内杯)は17日に10回戦を行った。DF酒井宏樹が所属するマルセイユは4部のグランビルと対戦し、3-0で勝利。先発出場した酒井は後半23分に途中交代している。

 マルセイユは格下相手に前半を0-0で折り返す。酒井は後半2分に警告を受け、後半23分に途中交代となった。グランビルは後半30分にFWウィリアム・シーが2回目のイエローカードで退場処分になる。

 すると、数的優位に立ったマルセイユが終盤にゴールラッシュ。後半32分、DFアルバロ・ゴンサレスがPA内でパスを受けて右足ボレーで先制点を挙げる。さらに同38分にはMFネマニャ・ラドニッチがPA手前からの左足シュートで追加点。試合終了間際にはMFディミトリ・パイェが技ありの右足シュートでダメ押しの3点目を決めた。

 試合はそのまま終了し、マルセイユが3-0で快勝。次戦となる11回戦は今月28、29日を予定している。

●海外組ガイド
●クープ・ドゥ・フランス(フランス国内杯)2019-20特集
●フランス・リーグアン2019-20特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

52歳のゴン中山が沼津と契約更新!「一緒に闘って下さい」

沼津FW中山雅史が契約更新
 アスルクラロ沼津は18日、元日本代表FW中山雅史(52)と2020年シーズンの契約を更新したことを発表した。

 磐田時代にクラブの黄金期を築いた中山は、これまでJ1リーグ戦355試合に出場し、歴代3位の157得点を記録している。日本代表では国際Aマッチ通算53試合で21ゴールを挙げ、1998年フランス大会、2002年日韓大会と2度のW杯を経験した。J3の沼津には2015年途中から所属しているが、まだ公式戦の出場はない。今季は札幌に在籍していた2012年以来の出場を目指すことになる。

 日本サッカー界が誇るレジェンドは新シーズンに向けてクラブ公式サイトを通じ、「アスルクラロ沼津の発展と成長に全力を尽くす事で自らの成長に繋げ、チームの闘い、勝利に貢献できるように走っていきます。一緒に闘って下さい。応援宜しくお願いします」と語った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

大阪経済大新入部員にJユースカップ準VのGK駒井や大型SB坂口ら

U-18Jリーグ選抜の左SB坂口薫(ヴィッセル神戸U-18)は大阪経済大へ進学する
 関西学生リーグ1部復帰を目指す大阪経済大が20年の入部予定選手を発表した(協力=関西学生サッカー連盟、大阪経済大、College Soccer Central)。

 関西、中国地方のJクラブユースや強豪校から実績のある選手たちが加入する。Jユースカップ準優勝のガンバ大阪ユース(大阪)から同大会でも好守を見せたGK駒井幸弘が加入。DF坂口薫(ヴィッセル神戸U-18)は19年U-18Jリーグ選抜にも選ばれた180cmの大型左SBで、チームメートのDF緒方佑真(ヴィッセル神戸U-18)はプレミアリーグWEST全18試合に出場している右SBだ。

 MF石上将馬(ガイナーレ鳥取U-18)は鳥取トップチームでJ3デビューを果たし、福島戦で劇的な決勝点も記録。高体連からも、空中戦、ゴール前で強さを発揮するCB瀬戸山翔(東海大大阪仰星高)、鋭い動きでゴールに絡むFW植田葉月(米子北高)、対人の強さが武器のSB柳川元樹(作陽高)、奈良の注目アタッカー・米田敏也(香芝高)、そして判断力とキック精度高いMF山本翔(興國高)も大阪経済大へ進学予定となっている。

以下、大阪経済大の入部予定選手
▼GK
駒井幸弘(ガンバ大阪ユース)
▼DF
緒方佑真(ヴィッセル神戸U-18)
坂口薫(ヴィッセル神戸U-18)
瀬戸山翔(東海大大阪仰星高)
柳川元樹(作陽高)  
▼MF
石上将馬(ガイナーレ鳥取U-18)
植田葉月(米子北高)
山本翔(興國高)
米田敏也(香芝高)

※各大学の入部予定選手は指定校推薦、AO入試、附属系列校、一般入試等によって増える可能性あり。新たな入部者情報は発表後に追記予定。
▼関連リンク※別サイトへ移動します
関西学生サッカー連盟公式サイト
College Soccer Central
twitter:JUFA_kansai
facebook:関西学生サッカー連盟
Google Plus 関西学生サッカー連盟広報フォトアルバム