@bookfun155 分野研究家

素材としては伸縮性のあるものを選んだり、汗を吸う素材を選んだり、冬でも着られる厚手の素材のものにしたりと、素材にもたくさんの種類がある。 #フットサル#サッカー#ユニフォーム

Posted in 未分類

SQUARE LOGO P/O HOODIE

前身頃に施したスクエアロゴは圧着シートにレーザーカットでロゴを落とし込むことで立体感の仕上がりに。 ボディはドロップ気味のショルダーでゆったりとしたシルエットとなっております。 カラーバリエーションは豊富な6色展開。パープルやフラッシュイエローといったコーディネートの差し色となるカラーもおすすめでございます。 素材:コットン 50% ポリエステル 50% 裏起毛 サイズ:S,M,L,XL カラー:BLACK,GRAY,NAVY,PURPLE,F.YELLOW,BLACK×CAMO
着丈裄丈身幅
S: 66cm 83cm 50cm
M: 68cm 86cm 55cm
L: 71cm 88cm 61cm
XL: 73cm 91cm 66cm

 (約/cm)

Posted in 未分類

「今年もチームのために戦える」山口、16歳FW河野孝汰の2種登録を発表

 レノファ山口FCは30日、レノファ山口FC U-18所属のFW河野孝汰を2種登録したことを発表した。背番号は「38」に決定。Jリーグの公式戦に出場が可能となる。

 2003年8月12日生まれ、山口県周南市出身の河野はU-12、U-15、U-18と山口の下部組織で育ってきた。昨季も2種登録され、11月16日のJ2第41節山形戦でJデビューを飾っている。

 河野はクラブを通じて、「今年もチームのために戦えることを嬉しく思います。個人としてはゴールを、そしてJ1昇格するためにチームに貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします!」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

岡山FW赤嶺が全治4~6週間の負傷

 ファジアーノ岡山は30日、24日の練習中に負傷したFW赤嶺真吾が右下腿部肉離れと診断されたと発表した。なお、全治までは4~6週間と併せて発表されている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

決勝進出逃すも…スールシャール「マンCに2度も勝った」

マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督
 29日にカラバオカップ(リーグ杯)準決勝第2戦でマンチェスター・シティと対戦したマンチェスター・ユナイテッドは1-0の勝利を収めながらも、2試合合計2-3で敗れて決勝進出を逃した。

 ホームであるオールド・トラフォードでの第1戦を1-3で落としていたマンチェスター・Uだが、前半35分にMFネマニャ・マティッチのゴールで先制に成功する。しかし、後半31分にマティッチが2度目の警告を受けて退場。数的不利に陥ると、その後はスコアを動かせずに1-0で勝利しながらも、決勝進出には届かなかった。

 クラブ公式ウェブサイトによると、チームを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督は「ここは難しいスタジアムで、10人で点を取るのは難しい。あれは退場処分を受けるようなプレーではない」とマティッチの退場に納得いかない様子。しかし、12月7日のプレミア第16節対戦時の勝利(○2-1)に続いてのライバル撃破に「私は選手を誇りに思っている」とも語った。

「彼らはこの1か月半でシティに2度も勝った。彼らは成長しているし、全力を尽くしてくれている」

 週末の1日にはプレミア第25節でウォルバーハンプトンと対戦する。「選手たちは疲弊している。ピッチでの時間より、治療と回復が必要だ」と回復を優先させながら、次の戦いへと挑む。


●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

讃岐退団のFW木島徹也、FW福家勇輝の移籍先が決定

 カマタマーレ讃岐は30日、昨季限りで契約満了となったFW木島徹也東京23FC、FW福家勇輝FC刈谷に完全移籍することが決定したと発表した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

讃岐退団のFW木島徹也、FW福家勇輝の移籍先が決定

 カマタマーレ讃岐は30日、昨季限りで契約満了となったFW木島徹也東京23FC、FW福家勇輝FC刈谷に完全移籍することが決定したと発表した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

トッテナムファンに別れのメッセージ…エリクセン「時には新しいことをやってみたくなるんだ!」

トッテナムからインテルに加入したMFクリスティアン・エリクセン
 トッテナムからインテルへ完全移籍したデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、トッテナムファンにメッセージを届けた。スペイン『アス』が伝えている。

 13-14シーズンからトッテナムに加入したエリクセンは、昨夏、ステップアップの移籍を希望しながら実現しなかった。今季はトッテナムに残留した一方で、今夏に満了を迎えるクラブとの契約延長を固辞し、今冬の去就が取り沙汰されていた。そして、今月28日、インテルへの完全移籍が発表された。

 トッテナムで約6年半を過ごし、305試合69得点を記録。チームの主軸を担ってきた男は、ファンに別れのメッセージを届けた。

「トッテナムで過ごした6年半には、本当に数えきれないほどの素晴らしい思い出がある。毎日トレーニング場に行くのが楽しみだったし、スタジアムで試合をするのもすごく楽しかった。だけど、時には新しいことをやってみたくなる瞬間があるんだ!」

「トッテナムファンの皆へ、あなたたちのクラブでプレーできたことは僕の喜びだし、願わくば、将来また会えることを祈っているよ」

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中
●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

マンチェスター両指揮官が蛮行サポーターを批判「ライバル関係は望むが…」

両指揮官が批判姿勢を示した
 カラバオカップ準決勝のマンチェスター・ダービーに関し、両クラブの一部サポーターが見せた行為が物議を醸している。試合後には、両チームの指揮官がそろって批判姿勢を表明する事態に発展。イギリス『BBC』などが伝えている。

 マンチェスター・シティマンチェスター・ユナイテッドは29日、カラバオ杯準決勝第2戦で激突。試合はユナイテッドが1-0で勝利したが、第1戦でシティが3-1で勝っていたため、前回王者のシティが決勝への切符を手にした。

 ところが試合前には、決勝進出に水を差す事件が起きていたようだ。あるシティサポーターがSNSに飛行機のジェスチャーを見せる動画を掲載。これは1958年2月6日、ミュンヘンで発生した墜落事故でユナイテッドの選手らが亡くなったことを揶揄するものだったという。

 一方、ユナイテッド側でも事件が発生していた。試合前日の28日、エド・ウッドワードCEOの自宅が過激派ファン組織によって襲撃。また試合後には、シティの本拠地エティハド・スタジアムの椅子が投げられている様子が場内の防犯カメラなどで確認された。

 試合後の記者会見場、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は「何が起きたのかは分からないが、よくないことが起きた」と発言し、批判の姿勢を示唆。これにはユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督も「ペップの背中を押す必要がある」と同意を示した。

 またユナイテッド指揮官は「サッカーは観客とプレーする人が共に楽しめるスポーツだ」とピッチ外の喧騒を否定。「われわれはライバル関係を望んでいるが、同じレベルで競い合おうとするものだ。このような状況を根絶していこう」と語った。

●プレミアリーグ2019-20特集
●カラバオ杯2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

@bookfun155 分野研究家

時代の区切りを象徴したことかもしれないなんて大げさなことを言ってみるけど。バフェット氏は新聞配達も経験したことがある?みたいで特別な思いを持ってたと思うんだけどね。それでも全部売却。。。うーんしかし購入金額を9%で貸付???こっちのほうが儲かる???

Posted in 未分類

遠藤航は6試合連続フル出場、シュツットガルトの2020年初陣快勝に貢献

シュツットガルトMF遠藤航
[1.29 ブンデスリーガ第19節 シュツットガルト3-0ハイデンハイム]

 ブンデスリーガ2部は29日に第19節を行い、日本代表MF遠藤航が所属するシュツットガルトはホームでハイデンハイムと対戦し、3-0で勝利した。遠藤はボランチの位置で先発し、6試合連続でフル出場した。

 シュツットガルトは約1か月のウインターブレイク明け初戦を勝利で飾った。まずは前半32分、左クロスに飛び込んだDFマルク・オリバー・ケンプフが強烈ヘッドで強襲すると、GKが弾いたこぼれ球を自ら左足ボレーで蹴り込み、先制に成功した。

 1点リードで前半を折り返すと、後半30分にはアーリークロスをFWニコラス・ゴンサレスがヘッドで叩き込み、後半41分にはFWマリオ・ゴメスがとどめの一撃。3-0で勝利したシュツットガルトは2020年初陣を白星で飾った。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集

インテルがフィオレンティーナとの接戦制す! 伊杯は4強決定…インテルvsナポリ、ユーベvsミランに

インテルが4強入り
[1.29 コッパ・イタリア準々決勝 インテル2-1フィオレンティーナ]

 コッパ・イタリアの準々決勝が29日に行われた。インテルはホームでフィオレンティーナと対戦し、2-1で勝利。これで4強が出そろい、インテルとナポリ、ユベントスとミランが準決勝で激突する。

 インテルはFWロメル・ルカクとFWラウタロ・マルティネスの2トップに、FWアレクシス・サンチェスも起用された。前半終了間際には細かいパス回しからラウタロがPA内に進入。相手DF陣との競り合いからこぼれたボールをMFアントニオ・カンドレーバが押し込んで先制した。

 しかしフィオレンティーナも反撃。0-1で迎えた後半15分に右CKをDFマルティン・カセレスが頭で合わせ、同点に追いついた。インテルは同21分、サンチェスに代えて新加入のMFクリスティアン・エリクセンを投入。するとその直後に得点が生まれる。

 クロスのこぼれ球をMFニコロ・バレッラが豪快な右足ボレー。低い弾道はそのままゴール左に突き刺さり、インテルが2-1と勝ち越しに成功した。

 インテルが2-1で逃げ切り、4強進出が決定。準決勝ではインテルとナポリ、ユベントスとミランが対戦する。

●コッパ・イタリア2019-20特集
●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

トッテナムDFカイル・ウォーカー・ピータースがサウサンプトンに期限付き移籍

サウサンプトンに加入したDFカイル・ウォーカー・ピータース
 DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは29日、トッテナムからDFカイル・ウォーカー・ピータースを期限付き移籍で獲得したと発表した。契約期間は今季終了まで。同選手は「クラブの状況を改善し、自分自身を進歩させるために来た。できるだけ多くの試合に勝ち、サッカーを楽しみたい」と意気込みを語っている。

 イングランドの各年代別代表で右サイドバックを担ってきたカイル・ウォーカー・ピータースは1997年生まれの22歳。2017年には韓国で行われたU-20W杯で大会制覇に貢献した。かつて同じトッテナムからマンチェスター・シティに移籍したDFカイル・ウォーカーと似た名を持ち、同じポジションを担うが血縁関係はない。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

R・マドリーに挑んだサラゴサ、香川が積極シュート&絶妙パスも完敗

サラゴサMF香川真司
[1.29 コパ・デル・レイ4回戦 サラゴサ0-4R・マドリー]

 コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)は29日、4回戦を各地で行い、MF香川真司所属のサラゴサ(2部)はホームでレアル・マドリーに挑んだ。トップ下でフル出場した香川は前半から積極的にシュートを放ったものの、相手守備陣にことごとくブロックされてゴールを割ることはできず。チームは0-4で完敗し、ベスト16で大会を去った。

 香川はマンチェスター・U時代の2013年、ドルトムント時代の17年にそれぞれUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)でR・マドリーとの対戦を1試合ずつ経験。初めてのスペイン移籍を果たした今季、国内カップ戦の舞台で3度目のチャンスが巡ってきた。

 試合はサラゴサにとって苦しい展開でスタートした。前半6分、R・マドリーはMFトニ・クロースがショートコーナーからDFダニエル・カルバハルのリターンを受け、グラウンダーでのクロスを配球。ニアポスト脇でMFビニシウス・ジュニオールがスルーすると、ファーのDFラファエル・バランが押し込んで先制点を奪った。

 サラゴサは前半23分、ペナルティエリア右寄りでボールを受けた香川が細かい持ち出しから左足で狙うも、ボールは相手ディフェンダーが触って枠外へ。香川は30分にも立て続けにシュートを放ったが、いずれもブロックされた。すると32分、R・マドリーは敵陣でのボール奪取からMFルーカス・バスケスが決めて追加点。前半を2点のリードで終えた。

 後半のR・マドリーは自陣からしっかりボールをつなぎ、落ち着いた試合運びを見せる。一方、サラゴサは14分に2枚替えを敢行し、主力のFWルイス・スアレスとMFアレックス・ブランコを投入した。香川は18分、DFエンリケ・クレメンテの横パスから決定機を迎えるも、ダイレクトで放った左足シュートはわずかに枠の上に外れた。

 勢いを強めるサラゴサは後半25分、香川がペナルティエリア内でのクイックターンからスアレスに絶妙な横パスを送るも、スアレスのシュートはミートせず。すると27分、R・マドリーはMFハメス・ロドリゲスのスルーパスに抜け出したビニシウスがループで決めて3点差。勝負は決定的となった。

 直後に3人目の交代が行われたためフル出場が決まった香川は後半33分、鋭いターンから再びスアレスにスルーパスを通したが、スアレスのシュートはGKアルフォンス・アレオラのスーパーセーブに阻まれる。R・マドリーは35分、FWカリム・ベンゼマのゴールで追加点。終盤には香川が果敢にシュートを放ったがこれも枠を捉えられず、完封勝利を挙げたR・マドリーがベスト8に進出した。

●コパ・デル・レイ2019-20特集
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

マンCが2戦合計3-2で逃げ切って3連覇王手!マンUはアウェー勝利も決勝進出ならず

マンチェスター・ダービーはユナイテッドが勝利も…
[1.29 カラバオ準決勝 マンチェスター・C 0-1 マンチェスター・U]

 29日、カラバオカップ(リーグ杯)準決勝第2戦がエティハド・スタジアムで行われ、マンチェスター・シティマンチェスター・ユナイテッドが対戦。ユナイテッドが1-0で勝ったが、第1戦を先勝したシティが2戦合計3-2で3連覇に王手をかけた。

 シティは3-2-4-1を採用。守護神はクラウディオ・ブラーボ、3バックは右からカイル・ウォーカー、ニコラス・オタメンディ、ジョアン・カンセロ、ボランチはロドリとイルカイ・ギュンドガンがコンビを組んだ。2列目は右からリヤド・マフレズ、ケビン・デ・ブルイネ、ベルナルド・シウバ、ラヒーム・スターリングが入り、1トップはセルヒオ・アグエロが務める。

 対するユナイテッドもシステムを変え、3-4-1-2を採用。GKはダビド・デ・ヘア、3バックは中央にハリー・マグワイア、右にビクトル・リンデレフ、左にルーク・ショーと並んだ。中盤はボランチにネマニャ・マティッチとフレッジ、右WBにアーロン・ワン・ビサカ、左WBにブランドン・ウィリアムズ、トップ下はジェシー・リンガードが務める。2トップにはマーカス・ラッシュフォードを欠く中、アントニー・マルシャルとメイソン・グリーンウッドが起用された。

 立ち上がりからシティが押し込む中、前半7分にアグエロがヘディングシュート、8分には右から切れ込んでマフレズが左足を振り抜いたが、ともにGKデ・ヘアがファインセーブ。ユナイテッドが耐え抜くと、35分にワンチャンスをいかして先手を取る。左サイドのFKからフレッジがゴール前に蹴り込み、PA右にこぼれたボールをマティッチが左足ボレー。ゴール右隅下に決まり、ユナイテッドが1点を返した。

 2戦合計3-2となったシティは前半42分、ギュンドガンがPA左へ送ったボールをデ・ブルイネがダイレクトでグラウンダーのクロス。ゴール前に走り込んだスターリングが右足で合わせ、ゴールネットを揺らすもオフサイドと判定され、得点は取り消された。

 追加点が欲しいユナイテッドは後半開始からグリーンウッドに代えてダニエル・ジェームズを投入。4分に右サイドのFKからマグワイアが打点の高いヘディングシュートを放つが、惜しくもクロスバー上に外れてしまう。シティは13分にデ・ブルイネのスルーパスからスターリングにチャンスが訪れるが、持ちすぎて決めきれなかった。

 ユナイテッドは後半28分にPA内でのパスミスからピンチを招くなど、不安定な守備を露呈。すると、31分にカウンターになりかけたところで、マティッチがギュンドガンへのファウルにより2枚目のイエローカードを受けて退場。数的優位に立ったシティは39分にデ・ブルイネとのワンツーからカンセロが運び、スルーパスに抜け出したアグエロが右足アウトで流し込む。しかし、これもオフサイドにより得点は認められなかった。

 結局、試合はユナイテッドが1-0で勝利したものの、シティが2戦合計3-2で逃げ切り、3年連続の決勝進出を果たした。なお、決勝は3月1日にウェンブリー・スタジアムで行われ、アストン・ビラと対戦する。

●プレミアリーグ2019-20特集
●カラバオ杯2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

リバプールが15連勝!プレミア全チームから勝利奪う…南野は出番なし

リバプールが15連勝
[1.29 プレミア第18節延期分 ウエスト・ハム0-2リバプール]

 リバプールは29日、クラブ・ワールドカップ出場のため延期となっていたプレミアリーグ第18節でウエスト・ハムとアウェーで対戦し、2-0で勝利した。日本代表FW南野拓実はベンチ入りしたものの、出番はなかった。

 過密日程が続くリバプールは、26日に行われたFAカップ(国内杯)のシュールズベリー戦からFWディボック・オリギを除く10人を変更。FWモハメド・サラーやFWロベルト・フィルミーノ、DFフィルヒル・ファン・ダイクら主力が起用され、23日のウォルバーハンプトン戦で負傷したFWサディオ・マネは欠場となっている。

 的確なパスワーク、高い位置からのチェイスでウエスト・ハムに自由を与えず、試合を優勢に進めるリバプール。ポゼッション率が70%を超える中、ウエスト・ハムもGKルカシュ・ファビアンスキを中心に耐えていたが、前半34分にオリギがDFイサ・ディオプに倒されてPKを獲得。これをサラーが豪快にゴール右隅に沈め、リバプールが先制に成功した。

 1点リードで後半を迎えたリバプールは7分、自陣セットプレーのクリアからカウンター発動。サラーが左足アウトでスルーパスを送り、MFアレックス・オクスレード・チェンバレンが相手のプレスをかわして右足で流し込み、2-0とリードを広げる。10分にはMFロバート・スノッドグラスに際どいシュートを打たれるもGKアリソン・ベッカーがストップ。リーグ最少失点の守備陣が簡単に得点を許さない。

 MFファビーニョ、MFナビ・ケイタと負傷から完全復活を目指す2人を送り出したリバプールは後半33分、左サイドからチェンバレン、MFジョルジニオ・ワイナルドゥムとつないでサラーが左足ダイレクトシュート。追加点のチャンスだったが、惜しくも左ポストに嫌われ、ダメ押しゴールとはならなかった。

 試合はリバプールが2-0で完封勝利をおさめ、リーグ戦15連勝。これで今季プレミアリーグ全チームから勝利を奪ったこととなった。

●プレミアリーグ2019-20特集
●海外組ガイド
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

バルセロナ、スアレス代役獲得ならず…巨額120億円オファーもエバートン「即却下」

エバートンFWリシャルリソン
 エバートンは今冬の移籍マーケットにおいて、FWリシャルリソン(22)の獲得に際してバルセロナから提示された8500万ポンド(約120億円)のオファーを断っていたようだ。イギリス『スカイ』が報じている。

 エースストライカーのFWルイス・スアレスが負傷のため長期離脱を強いられているバルセロナ。エリック・アビダルSD(スポーツ・ディレクター)はかねてより関心を寄せていた22歳のブラジル代表FWに照準を絞ったが、エバートンは首を縦に振らなかった。

 リシャルリソンは昨年12月、2024年までの長期契約を締結。その際、クラブを通じて「ここは僕がサッカーを見せるための機会を与えてくれたクラブ。ここでブラジル代表にも招集され、プレミアリーグでも多くのゴールを決められた」と愛着を口にし、「ここに長くいる予定だ」と意向を述べていた。

 『スカイ』のロブドー・セット記者によると、オファーは「即座に却下された」様子だ。エバートンは18年夏、ワトフォードから4000万ポンドの移籍金で購入したため、今回のオファーは2倍以上の金額。「非常に並外れたものだ」としつつも「クラブは彼を絶対的に重要な選手と見ている」と指摘している。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

[1月30日 今日のバースデー]

Japan
MF飯尾竜太朗(仙台、1991)*豊富な運動量を持ち、スピードやテクニックも高いサイドプレーヤー。
MF藤田息吹(松本、1991)*クレバーで戦術理解度が高く、足もとの技術も高い守備的MF。
GK小島亨介(大分、1997)*基礎的な水準の高いU-23日本代表GK。20年は東京五輪を目指し、新潟へ武者修行に出る。

World
MFアルダ・トゥラン(バルセロナ、1987、トルコ)*高精度のボールテクニック、守備面での貢献も高いMF。
MFマルコス・ジョレンテ(A・マドリー、1995、スペイン)*R・マドリーから禁断の移籍を経てきたMF。守備能力が自慢。

Former
DFボルフガンク・ファイヤージンガー(元ザルツブルクほか、1965、オーストリア)*元オーストリア代表DF。97年にはドルトムントの一員としてトヨタ杯にも出場した。
MFジュニーニョ・ペルナンブカーノ(元リヨンほか、1975、ブラジル)*世界屈指のFKの名手で無回転のブレ球が最大の武器。14年1月に現役を引退した。
FWピーター・クラウチ(元ストーク・シティほか、1981、イングランド)*2m超の長身を生かし、ヘディングを持ち味としたストライカー。
FWディミタール・ベルバトフ(元マンチェスター・Uほか、1981、ブルガリア)*柔らかいボールタッチを武器に前線で起点となり、ゴールに結びつけたストライカー。
DF岩政大樹(元鹿島ほか、1982)*元日本代表。対人守備に強く、ピンチを未然に防ぐクレバーさも持ち合わせるDF。

Others
石川さゆり(歌手、1958)
エディ・ジョーンズ(ラグビー、1960)
油井亀美也(宇宙飛行士、1970)
吉村由美(PUFFY:ミュージシャン、1975)
新井貴浩(野球、1977)
板倉俊之(インパルス:芸人、1978)
琴奨菊(相撲、1984)
尾上松也(俳優、1985)
須藤敬志(トレンディエンジェル:芸人、1986)
清原果耶(モデル、2002)

※Jリーガーは2019シーズンの所属クラブ

B・フェルナンデスのマンU移籍が合意! C・ロナウド、ナニに続く“名選手ルート”

UEFAネーションズリーグではC・ロナウド(写真右)とともに優勝に貢献したFWブルーノ・フェルナンデス
 マンチェスター・ユナイテッドは29日、スポルティング・リスボンからポルトガル代表FWブルーノ・フェルナンデス(25)を完全移籍で獲得することについて、クラブ間合意に至ったと発表した。メディカルチェックが完了次第、正式な契約を締結するという。

 1994年生まれのB・フェルナンデスは2012年、ユース時代に移り住んだイタリア・ノバーラでプロキャリアをスタートさせると、ウディネーゼとサンプドリアで試合出場を積み重ね、17-18シーズンに母国の名門スポルティングへ加入。初年度は公式戦56試合で16得点20アシスト、2年目は53試合で32得点18アシストを記録するなど、華々しい実績を残してきた。

 今季は前半戦だけで28試合に出場し、15得点14アシストをマーク。UEFAヨーロッパリーグでも5試合5ゴールの結果を残しており、ビッグクラブへの加入は間違いないとされてきた。ポルトガル代表選手がスポルティングからマンチェスター・Uへ移籍するのはFWクリスティアーノ・ロナウド、FWナニに続いて3例目。偉大な名選手に続く活躍に期待が寄せられている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

[新人戦]遠藤、大澤のゴールで明秀日立を逆転!鹿島学園が茨城連覇

 令和元年度茨城県高校サッカー新人大会の準決勝と決勝が25日に行われ、鹿島学園高が2年連続7回目の優勝を果たした。

 鹿島学園は準決勝で古河一高に4-2で勝利。決勝では明秀日立高に先制されたものの、DF遠藤聖矢主将とエースFW大澤昌也のゴールによって2-1で逆転勝ちした。

【茨城】
[決勝]
明秀日立高 1-2 鹿島学園高

[準決勝]
明秀日立高 0-0(PK5-3)水戸商高
古河一高 2-4 鹿島学園高

[準々決勝]
明秀日立高 4-0 牛久栄進高
水戸葵陵高 0-6 水戸商高
古河一高 2-0 常総学院高
水戸啓明高 0-2 鹿島学園高

[新人戦]綾羽が滋賀2連覇。4-4からのPK戦の末、水口を振り切る

 2019年度(令和元年度)第72回滋賀県民体育大会(新人戦)が25日まで開催され、綾羽高が2連覇を達成した。綾羽は決勝で水口高と対戦。4-4で突入したPK戦を5-3で制し、滋賀制覇を果たした。

【滋賀】
[決勝]
水口高 4-4(PK3-5)綾羽高

[準決勝]
野洲高 1-2 水口高
綾羽高 1-0(延長)近江高

[準々決勝]
草津東高 0-1(延長)野洲高
玉川高 0-4 水口高
綾羽高 2-1 伊吹高
比叡山高 0-4 近江高

[新人戦]GK梶原が好セーブ!長崎総科大附がPK戦で創成館下し、2年ぶりV!:長崎

 令和元年度長崎県新人体育大会(第54回)サッカー競技は26日に決勝戦を行い、長崎総合科学大附高が2年ぶり9回目の優勝を飾った。長崎総科大附は決勝戦で創成館高と対戦。1-1で突入したPK戦でGK梶原駿哉が相手の3人目を止めるなど、4-3で勝利した。

 優勝した長崎総科大附と準優勝の創成館は2月15日に開幕する九州大会(福岡)に出場する。

【長崎】
[決勝]
長崎総合科学大附高 1-1(PK4-3)創成館高

[準決勝]
長崎総合科学大附高 1-0 島原商高
創成館高 1-0(延長)国見高

[準々決勝]
長崎総合科学大附高 3-1 大村工高
海星高 1-2 島原商高
創成館高 3-0 長崎北高
長崎南山高 0-1 国見高

[新人戦]FW佐藤決勝弾!鵬翔が日章学園破り、5年ぶりV!:宮崎

 令和元年度宮崎県高校新人総合体育大会第62回サッカー競技大会は26日に決勝を行い、鵬翔高が5年ぶり15回目の優勝を飾った。

 鵬翔は決勝で大会4連覇中の日章学園高と対戦。0-0の後半23分にMF吉川未竜からのパスを受けたFW佐藤颯之介が右足で先制点を決めた。日章学園にシュート10本を許したものの、守り切った鵬翔が1-0で勝利。タイトル奪還を果たした。

 鵬翔と日章学園は2月15日開幕の九州大会(福岡)に出場する。

【宮崎】
[決勝]
日章学園高 0-1 鵬翔高

[準決勝]
日章学園高 4-0 日南学園高
鵬翔高 4-0 延岡学園高

[準々決勝]
日章学園高 9-0 宮崎南高
宮崎工高 0-2(延長)日南学園高
鵬翔高 2-0 都城高
延岡学園高 1-0 都城農高

[新人戦]後半4発で神村学園が2年ぶりV!出水中央とともに九州大会へ:鹿児島

 第41回鹿児島県高校新人男子サッカー競技大会が1月25日まで行われ、神村学園高が2年ぶり5回目の優勝を飾った。

 神村学園は決勝で出水中央高と対戦。後半10分に右サイドからの折り返しをFW沖田陸が決めて先制すると、MF佐藤璃樹のループシュートやMF篠原駿太の2ゴールによって4-1で勝った。

 優勝した神村学園と準優勝の出水中央は2月15日から福岡県内で開催される九州大会に出場する。

【鹿児島】
[決勝]
神村学園高 4-1 出水中央高

[準決勝]
神村学園高 3-1 鹿児島城西高
れいめい高 0-2 出水中央高

[準々決勝]
神村学園高 4-0 国分高
鹿児島実高 1-2 出水中央高
松陽高 0-5 鹿児島城西高
れいめい高 2-2(PK4-2)尚志館高

U-18日本代表、スペイン遠征初戦でメキシコに“リベンジ”達成

 スペイン遠征中のU-18日本代表は28日、コパ・デル・アトランティコ初戦でU-18メキシコ代表と対戦し、1-0で勝利した。前半43分に決まったMF中野桂太(京都U-18)のゴールが決勝点。昨年秋のU-17W杯で敗れた相手にリベンジを果たした。

 日本サッカー協会(JFA)が公開したマッチレポートによると、得点はDF神橋良汰(川崎F U-18)のクロスに中野がボレーで合わせた形。試合後、中野は「大会初戦ということで絶対に勝たないといけない試合でした。さらに対戦相手は昨年のU-17W杯で敗れたメキシコということもあり、皆が非常に高いモチベーションで試合に臨みました」とし、「チームとしてその気持ちを90分間ぶつけられた試合でした」と振り返っている。

 U-18日本代表は29日にU-18スペイン代表と、31日にU-18スロバキア代表と対戦する。

出場メンバーは以下のとおり

▼先発
GK:東ジョン
DF:田邉秀斗(72分→成岡輝瑠)、大森理生(82分→佐古真礼)、村上陽介、神橋良汰(60分→中野伸哉)
MF:田中克幸(60分→三戸舜介)、山内翔(82分→藤原優大)、藤井海和、中野桂太(72分→遠山悠希)
FW:千葉寛汰(60分→津久井匠海)、杉浦力斗(72分→小見洋太)

▼サブ
GK:佐々木雅士

東京五輪予選に臨む中国女子代表、開幕後までホテルで隔離…一部主力は帯同できず

遠征に帯同できなかったMFワン・シュアン(写真左)
 東京五輪女子サッカー競技のアジア最終予選に参加するため、開催地のオーストラリアに到着した中国女子代表が、現地のホテルに隔離されているようだ。複数の現地メディアをはじめ、イギリス『BBC』などが報じている。

 アジア最終予選は2月3日から9日、オーストラリアのシドニーで開催される。当初は中国・武漢で開かれる予定だったが、新型コロナウイルスの発生が確認されたため今月22日に南京へ変更。それでもウイルスの感染者が広がり続けたため、中国側が開催地を返上するという事態に発展していた。

 そうした中、今月22日まで武漢で合宿を行っていた中国女子代表チームが29日午前、ブリスベンに到着。現地州政府の「中国の都市を離れた後、2週間は接触を断つ」という規制により、2月5日までホテルで隔離されることが決まった。

 現地メディアによると、選手たちはすでにウイルス検査を受けており、陽性反応が確認された選手はいなかったという。もっとも、大会の開幕日は隔離期間中の2月3日。タイ、台湾、オーストラリアとの対戦が決まっているが、開幕日がずれ込む可能性もあるようだ。

 なお、中国女子代表は旧正月のため故郷・武漢に帰省していた4選手が遠征にも帯同できず。その中には昨年12月のEAFF E-1選手権で日本女子代表戦にも出場していた主力のMFワン・シュアン、MFヤオ・ウェイも含まれている。

新型肺炎に続いて特別措置へ…ACL第1〜3節はイラン開催も回避

新型肺炎に続いて特別措置へ…ACL第1〜3節はイラン開催も回避
 アジアサッカー連盟(AFC)は29日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグ第1〜3節をイラン国外で開催すると発表した。同国からはエステグラル、ペルセポリス、セパハン、シャハル・ホドロの4クラブが参戦する。

 この措置は今月上旬、アメリカ軍がイランのソレイマニ司令官を殺害したのを発端とし、同国周辺で安全上の不安が高まっていることによるもの。エステグラル、シャハル・ホドロが参戦したプレーオフも中立地で開催されていた。

 なお、ACLでは中国・武漢で発生した新型コロナウイルスの流行により、グループリーグ第1〜3節が中国国外で行われることも決まっている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2020特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

暴徒化したマンUファン組織がCEO自宅を襲撃「面と向かって言うことにした」

エドワード・ウッドワードCEO
 マンチェスター・ユナイテッドのエドワード・ウッドワードCEOが28日、ファン組織『メン・イン・ブラック』のメンバーに自宅を襲撃された。イギリス『ザ・サン』など複数紙が報じている。

 記事によると、事件に関わったのは同グループの約20人。当時ウッドワードCEOや家族は不在だったが、インターホンで返答がなかったことを受け、自宅の周囲を赤いペイントで塗りたくったり、発煙筒や花火を打ち込んだりしたという。

 クラブは組織に対し、オールド・トラフォードの永久入場禁止処分を言い渡した模様。「私たちはグレーター・マンチェスター警察と協力し、この不当な攻撃の加害者を特定することで、サッカー界が団結すると理解している」とし、「ファンが意見を述べることと、犯罪行為をして誰かの命を危険にさらすことは別だ。この件については弁解の余地がない」と戦う姿勢を示した。

 一方、グループ関係者が『ザ・サン』の取材に応え、「ウッドワードはCEOとして最悪だ。このクラブから去る必要がある。多くの人がそう言っているのに、やつは聞いたそぶりも見せない。おそらく年間400万ポンドももらっているからだろう」と主張。「だから俺たちは彼のところを訪れ、面と向かって言うことにした。彼とは話せなかったが、彼がこのメッセージを受け取ってくれることを願う」と語っている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

“ゼロックス前座”の高校選抜メンバーが決定! J内定6人も選出、横浜FMユースに挑む

FW晴山岬(帝京長岡高3年/町田内定)らプロ内定6人が選出
 日本サッカー協会(JFA)は29日、富士ゼロックススーパーカップ2020の前座試合として行われる「NEXT GENERATION MATCH」(2月8日・埼玉)に参加する日本高校サッカー選抜メンバーを発表した。Jリーグ内定者6選手を擁し、横浜F・マリノスユースに挑む。

 学校別にみると、高校選手権準優勝だった青森山田高から最多の6人。続いてベスト4入りを果たした帝京長岡高から5人、初の単独優勝を飾った静岡学園高と8強の昌平高からそれぞれ4人が選ばれた。

▽団長
滝本寛(東京都立南葛飾高)

▽総務
小阪康弘(福井県立丸岡高)

▽監督
蒲原晶昭(佐賀県立佐賀東高)

▽コーチ
中村真吾(米子北高)
佐々木篤史(作陽高)

▽GK
佐藤史騎(青森山田高3年)
猪越優惟(帝京長岡高3年)
松原颯汰(流通経済大柏高2年)

▽DF
神田悠成(青森山田高3年)
藤原優大(青森山田高2年)
長江皓亮(矢板中央高3年)
大竹琉生(昌平高3年)
吉田晴稀(帝京長岡高3年/愛媛内定)
丸山喬大(帝京長岡高3年)
田邉秀斗(静岡学園高2年)
奈良坂巧(桐光学園高2年)
高橋祐翔(米子北高3年/大分内定)

▽MF
古宿理久(青森山田高3年/横浜FC内定)
後藤健太(青森山田高3年)
柴圭汰(昌平高2年)
須藤直輝(昌平高2年)
田中克幸(帝京長岡高3年)
浅倉廉(静岡学園高3年)
井堀二昭(静岡学園高3年)
藤田悠介(静岡学園高3年)
森夢真(四日市中央工高3年/沼津内定)
山田真夏斗(立正大淞南高3年/松本内定)
濱屋悠哉(神村学園高3年)
小屋諒征(佐賀東高2年)
藤井海和(流通経済大柏高2年)

▽FW
田中翔太(青森山田高3年)
小見洋太(昌平高2年)
晴山岬(帝京長岡高3年/町田内定)
田海寧生(丸岡高3年)

●【特設】高校選手権2019

愛媛FW河原和寿、33歳バースデーに現役引退&育成コーチ就任発表

FW河原和寿が現役引退
 愛媛FCは29日、昨季限りで契約満了となっていたFW河原和寿が現役を引退し、今季から愛媛FC U-15のコーチに就任すると発表した。河原はこの日が33歳の誕生日。経緯などは今後予定されている引退会見、引退セレモニーで明かされるという。

 世代別代表歴を持つ河原は2005年、新潟でプロキャリアをスタート。栃木、大分でプレーした後、13年から愛媛に所属していた。通算成績はJ1リーグ41試合2得点、J2リーグ323試合61得点だった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

新型肺炎はACLにも打撃…第1〜3節の中国外開催が決定、横浜FMに影響

日本国内でも続々と感染例が出ている
 アジアサッカー連盟(AFC)は29日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグ第1節から同第3節を中国国外で行うことを決定したと発表した。中国・武漢で発生した新型肺炎の流行によるもの。連盟は「中国国内におけるコロナウイルスの発生を考慮し、すべての参加選手とチームの安全と幸福を確保するための予防措置」と説明している。

 決定は中国サッカー協会(CFA)との「緊密な協議」の末に実施された模様。発表では「対戦順序を相手クラブと交換する」としており、第4節から第6節に行われる予定だった国外での試合と開催地が入れ替わるとみられる。

 この場合、日本勢で対象となるのは横浜F・マリノス。3月4日の第3節で上海上港とのアウェーゲームを控えていたが、この試合がホームゲームとなり、ホーム開催の予定だった4月7日の第4節をアウェーで戦うことになりそうだ。

 一方、AFCは「状況を綿密に監視した上で第4〜6節の中国のホームゲームを決定する」としており、ウイルスの流行次第ではさらなる変更が行われることも示唆。その場合、4月7日の第4節・上海申花FC東京戦、同8日の第4節・広州恒大ヴィッセル神戸戦にも影響が及ぶ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2020特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

Jリーグと機動戦士ガンダムがコラボ! J20クラブのガンプラが登場:その2(23枚)

Jリーグが機動戦士ガンダムとのコラボレーションでガンプラを発売
 Jリーグは29日、40周年を迎える人気アニメ「機動戦士ガンダム」とのコラボレーション企画を発表。Jリーグ、そして2019・20シーズンのJ1の20クラブをイメージしたガンプラがお披露目された。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

Jリーグと機動戦士ガンダムがコラボ! J20クラブのガンプラが登場:その1(24枚)

Jリーグが機動戦士ガンダムとのコラボレーションでガンプラを発売
 Jリーグは29日、40周年を迎える人気アニメ「機動戦士ガンダム」とのコラボレーション企画を発表。Jリーグ、そして2019・20シーズンのJ1の20クラブをイメージしたガンプラがお披露目された。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

愛媛のキャプテン&副キャプテンが決定、副将DF茂木は初就任

 愛媛FCは29日、2020シーズンのキャプテンがFW西田剛(33)に決まったと発表した。15〜16年、18〜19年に続いて足掛け5年目の大役を担う。

 また副キャプテンにはGK岡本昌弘(36)、DF前野貴徳(31)、DF茂木力也(23)の3選手に決定。岡本、前野は昨季からの継続で、茂木は新たに就任した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

岩手退団DF廣田隆治、新天地はJFLに決定

 JFLのヴィアティン三重は29日、昨季までいわてグルージャ盛岡でプレーしていたDF廣田隆治(26)が新たに加入することが決まったと発表した。

 クラブを通じて「Jリーグ昇格に向けて自分の持っている力をすべて出し切り、チームの勝利に貢献できるように精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします!」と意気込みを述べている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「驚異の飛び道具が武器」岩手、東京学芸大DF原山海里を獲得!

東京学芸大DF原山海里(4年=青森山田高)
 いわてグルージャ盛岡は29日、東京学芸大DF原山海里(4年=青森山田高)を新たに獲得することが決まったと発表した。強力なロングスローも武器とするサイドバック。クラブは「驚異の飛び道具が武器。得点機会の創出や、難しい局面の打開が期待される」とプレースタイルを説明している。

 原山はクラブを通じて「いわてグルージャ盛岡という素晴らしいチームで子どもの頃からの夢であったプロサッカー選手という道をスタートできること、大変嬉しく思います。ここまで支えてくださった家族や指導者の方々、仲間達、関わる全ての皆様へ感謝致します。チームの勝利に貢献できるよう全身全霊で闘っていく所存です。どうか応援宜しくお願い致します」とコメントしている。

●DF原山海里
(はらやま・かいり)
■生年月日
1997年11月1日
■身長/体重
174cm/68kg
■出身地
埼玉県
■経歴
クマガヤSC-青森山田高-東京学芸大

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

アジアでは未勝利も…名波浩氏は東京五輪に前向き「悲観していない。直前が悪いほど本大会では…」

Jリーグとガンダムのコラボイベントに出席した名波浩氏
 Jリーグは29日に都内で人気アニメ「機動戦士ガンダム」とのコラボレーションイベントを実施。元日本代表で昨季までジュビロ磐田監督を務めていた名波浩氏がトークショーに登壇した。

 名波氏は40周年を迎えたガンダムとJリーグとのコラボレーション・ガンプラをPR。「Jリーグよりも歴史のあるアニメーションということで、非常に楽しみにしております」と語る。自身もアニメ放送開始時は観ていたというが「シリーズ化されていくことによって複雑になってきて、あと小学校でサッカーを集中してやり出したときから観なくなった」とガンダムとの付き合いを振り返った。

 Jリーグとのコラボレーション・ガンプラは、Jリーグ仕様と各20クラブ仕様(昨季J1所属18クラブと今季昇格の柏レイソル、横浜FC)の計21体。会見ではすべてのガンプラが並び、名波氏は「アウェーに行ったときはアウェーチームのガンプラも買うと思うので、そういうのが続いていけば全部揃う」とJリーグ観戦と合わせた楽しみ方も提案した。

 会見では今季のJリーグの見どころにも言及。「攻撃サッカーを貫いた横浜F・マリノスが2019シーズン優勝しましたけど、ここが優勝候補の軸になるのは間違いない」と語りつつ、「マリノスは前半戦はアジアチャンピオンズリーグ(ACL)を戦わないといけない。あの過密日程の中でどれくらい上位に踏みとどまれるかっていうのがひとつポイント」と上位クラブならではの難しさも指摘した。

 加えてポイントに挙げたのは3クラブ。「同じくACLに出るFC東京。ここが外国人を補強してどれくらいヒットするか。新しいシステムにも取り組んでいるようですし、そこが非常に興味深い。あとは川崎フロンターレがどれくらい戻してくるか。鹿島アントラーズは昨日(ACLプレーオフで)負けてしまったんですけど、リーグ戦に専念できる。新しい選手も入ってどれくらいフィットするかが興味深いですね」と分析している。

 13年ぶりにJ1昇格を果たした横浜FCについても語る。「カズさん(三浦知良)がJ1の舞台でどれくらい躍動できるかっていうのが一番大きいところ。怪我もあると思いますし、53歳になる。トップリーグでプレーしていることが世界のサッカー界での驚愕ニュースですし、色んな人がリスペクトしている人。三ツ沢球技場でどれくらい勝てるかが残留のポイントになる」と触れた。

 また、今夏に開催される東京五輪に出場するU-23日本代表についても言及。1月のAFC U-23選手権では1分2敗で初のグループステージ敗退に終わったが、名波氏は「惨敗という活字が躍ったと思うんですけど、僕はそんなに悲観していないです」と強調。これまでの日本サッカーの歴史を振り返り、「直前が悪ければ悪いほど本大会で調子が良かったりするので、そういう良いサプライズを期待している」と語った。

 また本大会でのメンバーについては「今回行ったアジア最終予選のメンバーのうち、おそらく本大会に行けるのは多くて5人くらいじゃないかな。登録18人の中でGK2人いるので16人。オーバーエイジ3人ってなったら13人しか選ばれない。そうなるとGK含めて5人くらいかなと。あとはヨーロッパ組とオーバーエイジが入ってくると思うので」と予想も口にする。「ベストメンバーですり合わせていない中で本大会を迎える不安はありますけど、若い世代は短期間でグッと伸びる要素はある」と期待を込めた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

強豪校の練習施設に潜入取材。日本代表CB昌子や大分加入のCB高橋を輩出した米子北の練習場は?

中国地方を代表する強豪、米子北高は鳥取県米子市内の同校グラウンドで力を磨いている
 高校サッカーの強豪校はどのような環境でトレーニングしているのか。グラウンド、部室、サッカー部寮……。各校の協力によって、高校進学を控えた中学生たちにとっても貴重な情報を教えてもらってきたぞ。第28回は09年インターハイで山陰勢初の決勝進出、またプレミアリーグWEST参戦、選手権8強などの成績を残し、日本代表CB昌子源(現トゥールーズ)や大分加入のCB高橋祐翔らを輩出している米子北高(鳥取)のグラウンド、施設を紹介する。

■昌子や多くのJリーガーたちが巣立って行った場所





 鳥取県米子市内に位置している学校内には、09年インターハイ準優勝、同年の全日本ユース(U-18)選手権8強の功績を讃える石碑。このグラウンドで日本を代表するCB昌子源や群馬で活躍中のFW加藤潤也、ルーキーイヤーからJ2出場を重ねたMF佐野海舟(現町田)らは、心技体を高めた。

■学校の玄関には昌子のユニフォーム




 玄関から校内に入ってすぐのところに飾られているのが、昌子の日本代表ユニフォームやサイン。その隣には、現在選手権鳥取県予選10連覇中のサッカー部のトロフィーや賞状の風数。選手たちは普段から先輩たちの活躍に触れて、意識を高めている。

■ウォーミングアップから一体感






 選手たちはグラウンドに現れると補食のおにぎりを摂って準備。名門のピリピリとした空気感の中、動き、声を合わせてウォーミングアップを行っていた。そして、身体のぶつけ合いやボールキープ、基礎の部分から試合を想定した動き。

■週一日、人工芝グラウンドでもトレーニング

米子北高サッカー部提供

米子北高サッカー部提供

米子北高サッカー部提供

米子北高サッカー部提供


 米子北は普段、校内の土のグラウンドを活用して力を磨いている。一方で週一日は、人工芝グラウンドの「米子市弓浜(きゅうひん)コミュニティー広場」へ移動してトレーニング。使用時間が限られているものの、人工芝で技術力向上に取り組んでいる(写真提供=米子北高サッカー部)。

■あいにくの天気でも高い意識





 取材日は「年に2、3日」というレベルの大雨。悪条件の中でも日本一を目指す選手たちの取り組む姿勢は変わらない。

■走力はチームの生命線





 毎年のように足元巧みな選手がいることも米子北の特長。一方で、堅守速攻を強みとするチームにとって走力は生命線だ。試合終盤でも走り抜く力は日常によってもたらされている。現在は多くの協力を得る形で、科学的な要素を取り入れたトレーニングも加えて肉体強化。パフォーマンス向上に繋げている。

■目標は全国制覇、人間力向上





 米子北を全国上位へ引き上げた城市徳之総監督や、20年の日本高校選抜コーチを務める中村真吾監督の指導の下、サッカーを通して強い精神力を養い、将来につながる人間性の育成を続けていく。選手たちは人間として成長し、高校サッカーでの目標達成を目指す。

(取材・文 吉田太郎)

水戸から岡山移籍のMF白井が入籍発表「どんな時でも二人で」

白井永地が入籍を発表した
 ファジアーノ岡山は29日、MF白井永地(24)が昨年12月29日に入籍していたことを発表した。

 同選手は柏レイソルの下部組織出身で、水戸に入団してプロキャリアをスタート。今季より岡山に活躍の場を移すことになっていた。

 クラブを通じ「入籍日がオフシーズンだったこともあり、ご報告が遅くなりましたが、昨年の12月29日に入籍いたしました。今後はどんな時でも二人で助け合って、ともに人として成長できるように頑張っていきたいと思います」と決意を新たにした。 

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

松本がブラジル人2人を補強!「たくさんの笑顔を見る為に」

シャペコエンセから加わるアウグスト
 松本山雅FCは29日、モンテディオ山形からMFアルヴァロ・ロドリゲス(26)を完全移籍で獲得したと発表した。ブラジルのシャペコエンセからMFアウグスト・セザール(27)も加入する。いずれも完全移籍。

 A・ロドリゲスは18年に来日して山形でプレー。2シーズンでJ2リーグ戦25試合に出場した。クラブを通じ「皆さんのたくさんの笑顔を見る為にがんばります」とコメント。

 アウグストはブラジル出身の27歳。ブラジル国内リーグのほかに、UAEやイランでのプレー経験を持つ。クラブを通じ「チームの力になり、たくさんのタイトルを獲得したい」と意気込んだ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

大宮、佐々木則夫氏と塚本泰史氏とのアドバイザー契約更新

大宮、佐々木則夫氏と塚本泰史氏とのアドバイザー契約更新
 大宮アルディージャは29日、元日本女子代表監督の佐々木則夫トータルアドバイザーと、塚本泰史クラブアンバサダーとの契約を更新したと発表した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

Jリーグが40周年の「機動戦士ガンダム」とコラボ! Jリーグ仕様のガンプラが発売へ

「J.LEAGUE コラボレーションガンプラ」が発売へ
 Jリーグは29日に都内で記者会見を行い、40周年を迎える人気アニメ「機動戦士ガンダム」とのコラボレーション企画を発表。Jリーグ、そして2019・20シーズンのJ1の20クラブをイメージしたガンプラがお披露目となった。

J1クラブのガンプラが登場


 40周年を迎える「ガンダム」および「ガンプラ」がJリーグとコラボすることになった。会見に出席した株式会社創通の代表取締役社長である難波秀行氏は、今回の企画について「Jリーグは日本全国にクラブが存在し、各地域に熱狂的なファン・サポーターがいます。Jリーグとのコラボレーションはガンダム40周年をそれぞれの地域に、より深く知っていただける機会として、また2020年のガンプラ40周年への橋渡しになる企画と考えております」と語る。

 また、同じく創通の常務取締役である田村烈氏は今回の企画立案の経緯を説明。昨年はプロ野球12球団とのコラボを実施し、大好評という流れがあったという。「そのときから今度はJリーグさんと、という声がありました」と語った。

 コラボレーション・ガンプラのひとつは「J.LEAGUE コラボレーションガンプラ」の「HG RX-78-2 ガンダム JリーグVer.」。Jリーグのロゴのカラーリングである黒を基調とした個体となっている。Jリーグ56クラブ(J1、J2、J3)のエンブレムデカールが付属される。また「ハロプラ ハロ JリーグVer.」も発売。ハロがサッカー仕様となっており、サッカーボールのフェイスペイントがイメージされている。

Jリーグの黒を基調とした「HG RX-78-2 ガンダム JリーグVer.」

「ハロプラ ハロ JリーグVer.」

 それぞれ発売日は2月8日。「HG RX-78-2 ガンダム JリーグVer.」は2000円(10%込)。「ハロプラ ハロ JリーグVer.」は600円(10%込)。『富士ゼロックススーパーカップ』が開催される埼玉スタジアム2002やJリーグオンラインストアで販売開始となり、Jリーグクラブや全国スポーツグッズショップでも順次発売予定となる。

 コラボレーション・ガンプラのふたつ目は「J20クラブ コラボレーションガンプラ」。19、20シーズンのJ1に所属する20クラブのクラブカラーで彩られたデザインになっている。若々しいJリーグのイメージと世代をリンクさせ、21世紀に放送された「機動戦士ガンダム SEED」「機動戦士ガンダム SEED DESTINY」「機動戦士ガンダム 00」「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の4作品の主役ガンダムがベースとなっている。20年春に発売予定。

浦和レッズは「機動戦士ガンダム 00」のガンダムエクシアがベースに

各クラブのマスコットもガンダム仕様に

 各クラブのマスコットもガンダム仕様としてグッズ展開の予定。各クラブの要望を聞いており、横浜F・マリノスはガンダムをモチーフに、浦和レッズはシャア専用ザクとなる。亀のニータンがマスコットの大分トリニータは水陸両用のズゴックがイメージされている。また4、5月には各クラブのスタジアムで「ガンダムデー」といったイベントも企画。具体的な内容は今後告知されていく。
(取材・文 石川祐介)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

[1月29日 今日のバースデー]

Japan
FW河原和寿(愛媛、1987)*前線を駆け回る献身的なプレーが持ち味のFW。世代別代表経験あり。
DF植田龍仁朗(熊本、1988)*空中戦や球際での強さが持ち味。60m級のヘディングシュートを叩き込んだことも。
DF鈴木大輔(浦和、1990)*カバーリング能力が高く、フィジカルを生かした守備が武器。
DFマテイ・ヨニッチ(C大阪、1991、クロアチア)*最終ラインが主戦場だが、得点力もあるDF。17年にC大阪へ加入した。
MFへナト・アウグスト(清水、1992、ブラジル)*空中戦の高さを誇り、守備面で相手の脅威となるボランチ。
GK櫛引政敏(山形、1993)*ハイボールに強く、正確なキックを武器にU-23代表の正GKに君臨していた経験を持つ。
MF増山朝陽(神戸、1997)*東福岡高時代に“ヒガシのクリロナ”の異名を持った快足アタッカー。

MF長谷川唯(日テレ、1997)*優れた戦術眼と高い技術、スピードも持ち合わせるアタッカー。なでしこジャパンに欠かせない存在となった。

World
FWペドロ・ジュニオール(サムットプラカーン、1987、ブラジル)*足技に抜群でスピードとドリブルを武器とするFW。Jリーグでは6クラブに所属。

Former
FWロマーリオ(元バルセロナほか、1966、ブラジル)*驚異的なボールコントロールと天才的な閃きで多くのゴールを決めたストライカー。
FW呂比須ワグナー(元平塚ほか、1969、日本・ブラジル)*97年に日本国籍を取得し、A代表でも活躍したFW。
MF山口素弘(元横浜Fほか、1969)*元横浜FC監督。現役時代は、ボランチながらハットトリックを達成したこともあった。

Others
毛利衛(宇宙飛行士、1948)
貞本義行(漫画家、1962)
hyde(L'Arc~en~Ciel:ミュージシャン、1969)
濱口優(よゐこ:芸人、1972)
宝生舞(女優、1977)
鈴木奈穂子(アナウンサー、1982)
川西賢志郎(和牛:芸人、1984)
竹内公輔(バスケットボール、1985)
竹内譲次(バスケットボール、1985)
きゃりーぱみゅぱみゅ(ミュージシャン、1993)
佐倉綾音(声優、1994)
平野紫耀(King & Prince:アイドル、1997)
向井地美音(AKB48:アイドル、1998)

※Jリーガーは2019シーズンの所属クラブ

アビスパ福岡新外国人DFが事故…車線変更で前方車と接触

アビスパ福岡新外国人DFが事故…車線変更で前方車と接触
 アビスパ福岡は29日、DFカルロス・グティエレスが接触事故を起こしていたことを報告した。

 クラブによると事故は25日に発生。福岡県糟屋郡新宮町中央駅前付近で信号待ちをしていたグティエレスの運転する車が、車線変更しようとしたところで左前に停車していた乗用車と接触。双方に怪我はなかった。

 同選手は今季よりスペイン2部のヌマンシアより加入していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

関西2部A昇格の芦屋大新入部員、芦屋学園の“大器”FW近藤や神村学園MF大迫ら

芦屋学園高の大型レフティーFW近藤悠介は芦屋大へ進学する
 元G大阪MF・金相煥監督の指導の下、関西学生リーグ2部Aへ昇格した芦屋大が20年の入部予定選手を発表した(協力=関西学生サッカー連盟、芦屋大、College Soccer Central)。

 系列校である芦屋学園高(兵庫)のFW近藤悠介は速さ、強さ、巧さを兼ね備えた大型レフティー。インターハイ兵庫県予選で5ゴールを記録し、Jクラブも関心を寄せていた注目株だ。インターハイ兵庫県予選準優勝の芦屋学園からはGK鈴木智也も加入する。

 また、夏冬全国出場の神村学園高(鹿児島)から、中盤で精度と鋭い読みを発揮していたMF大迫魁士とGK斎藤颯が芦屋大へ進学。加えて、選手権鹿児島県予選4強のれいめい高で10番を背負ったMF松崎元哉、京都の強豪・東山高のDF安俊とFW金度憲、選手権京都府予選4強の京都共栄高FW薮内翼、選手権熊本県予選4強の秀岳館高MFキム・サンミン、選手権佐賀県予選8強の佐賀清和高FW原口渚、そして、DF鬼塚玲慍(鹿本高)、DF中村圭佑(熊本農高)も関西の新興勢力で力を磨く。

以下、芦屋大の入部予定選手
▼GK
鈴木智也(芦屋学園高)
斎藤颯(神村学園高)
▼DF
鬼塚玲慍(鹿本高)
中村圭佑(熊本農高)
安俊(東山高)
▼MF
大迫魁士(神村学園高)
松崎元哉(れいめい高)
キム・サンミン(秀岳館高)
▼FW
薮内翼(京都共栄高)
金度憲(東山高)
近藤悠介(芦屋学園高)
原口渚(佐賀清和高)

※各大学の入部予定選手は指定校推薦、AO入試、附属系列校、一般入試等によって増える可能性あり。新たな入部者情報は発表後に追記予定。
▼関連リンク※別サイトへ移動します
関西学生サッカー連盟公式サイト
College Soccer Central
twitter:JUFA_kansai
facebook:関西学生サッカー連盟
Google Plus 関西学生サッカー連盟広報フォトアルバム

川澄奈穂美契約更新、NWSLで6季目へ…「東京五輪イヤー」強く意識

川澄奈穂美契約更新、NWSLで6季目へ…「東京五輪イヤー」強く意識
 ナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグ(NWSL)のスカイ・ブルーFCは、FW川澄奈穂美との契約を更新したことを発表した。1年契約。

 川澄は19年よりプレーするスカイ・ブルーで19試合に出場した。NWSLでのプレーは6シーズン目となる。クラブは公式サイトを通じ、「非常にテクニカルでチームに落ち着きを与えてくれる。彼女は偉大なチームメイトであり、ファンからも人気がある」と信頼を寄せた。

 川澄はブログ(https://ameblo.jp/nahomi-kawasumi/)を更新。「今年は東京五輪イヤーということも強く意識しています。とにかく、Sky Blue FCに貢献できるように頑張ります」と決意を新たにした。

2人の日本出身選手が想いぶつけた凱旋マッチ…“生粋のFC東京ファン”小田原「東京サポは日本1」

2人は味スタで思う存分プレーした
 フィリピンリーグの王者であるセレス・ネグロスは28日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のプレーオフでFC東京に0-2で敗れた。

 試合前から日本出身選手2人がいることで注目を集めた。東京都府中市出身のMF小田原貴は組み合わせが決まると、連日のように地元クラブである「生粋のファン」というFC東京への想いを、幼少期の秘蔵写真とともにツイッター(@dawara11)に投稿していた。

 もう一人のMF嶺岸光も同様に試合前からツイッター(@hikaruzinyo11)を更新。聖和学園高、仙台大と出身地の宮城県でサッカーを続けた同選手は、15年より母親の母国であるフィリピンでプレー。16年からはフィリピン代表としてもプレーしている。

 大雨の中、2人は90分をフルでピッチに立ち続けた。小田原は試合中に数針縫う裂傷を負ったことを告白したが、試合後にFC東京のファンにあいさつが出来たことを「東京サポは僕の中で日本1(原文ママ)」と感慨深げにつぶやく。

 また嶺岸も「自分のサッカー人生でも1、2を争うくらい特別な試合でした。日本人の父とフィリピン人の母を持つ自分が親両方の国でプロサッカー選手として自分の姿を見せれた事誇りに思いたい」と投稿した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2020特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

流経大柏出身、愛媛FC吉田眞紀人が入籍発表

 愛媛FCは29日、MF吉田眞紀人(27)が入籍したことを発表した。お相手は一般女性のため、プロフィール等の公表はない。

 吉田は流通経済大柏高から11年に名古屋に入団。その後、松本、水戸、千葉、町田、愛媛でプレーしている。

 クラブを通じ「これからは2人で力を合わせ助け合いながら『全進』していきたいと思います」とコメントした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

インカレ準Vの桐蔭横浜大新入部員、インハイ優勝MF中村&MF神田や大型GK佐藤、Jユースの実力者も

昨夏のインターハイ決勝を戦ったMF中村洸太(桐光学園高、右)とMF高木俊希(富山一高、左)がともに桐蔭横浜大へ進学する。(写真協力=高校サッカー年鑑)
 19年全日本大学選手権(インカレ)準優勝の桐蔭横浜大が、20年の入部予定選手を発表した(協力=関東大学サッカー連盟、桐蔭横浜大)。

 昨年のインターハイ優勝校・桐光学園高(神奈川)から中盤でのハードワークやボール奪取など欠かせない存在だったMF中村洸太と、決勝戦で劇的な優勝ゴールを決めているドリブラー、MF神田洸樹が加入する。また、同準優勝校・富山一高(富山)の大黒柱で攻撃力を備えたアンカー、10番MF高木俊希が加わる。

 元Jリーガーの父を持つGK佐藤藍大(流通経済大柏高)は192cmの長身を持ち、Jクラブも関心を寄せていた注目守護神。プリンスリーグ関東の桐生一高(群馬)で主将を務めたCB丸山佑大、夏冬全国に出場した神村学園高(鹿児島)の攻撃サッカーの軸の一人となっていた右SB中島吏九帝京大可児高(岐阜)の高速エースFW渡邊寿樹也高川学園高(山口)の“主砲”FW河野眞斗、東京の強豪・関東一高の守備の柱DF田中大生も桐蔭横浜大へ進学する。

 また、系列の桐蔭学園高(神奈川)からエースFW白輪地敬大とDFリーダーのCB西村俊祐流通経済大柏高(千葉)の長身DF古谷優斗、岩手の名門・遠野高で2年時から先発していた大型FW及川魁士、キック精度高いCB大森幹太(前橋商高)、DF須川蒼也(厚木北高)、MF後野海(福知山成美高)も新入部員リストに名を連ねている。

 Jアカデミーからも実力者たちが加わる。高精度のキックを操るCB松井直人(サガン鳥栖U-18)、ドリブル鋭いMF井出真太郎(横浜F・マリノスユース)、判断力高いMF奥村周太(横浜FCユース)はいずれもチームのプレミアリーグ昇格に貢献。また、攻撃参加を特長とするボランチ・MF山内日向汰(川崎フロンターレU-18)、運動量豊富なMF佐藤颯(モンテディオ山形ユース)、突破力のあるDF鈴木良太(アルビレックス新潟U-18)、大分トリニータU-18(大分)の守護神・GK木戸雄登も桐蔭横浜大で成長を目指す。

以下、桐蔭横浜大の入部予定選手
▼GK
佐藤藍大(流通経済大柏高)
木戸雄登(大分トリニータU-18)
▼DF
西村俊祐(桐蔭学園高)
田中大生(関東一高)
松井直人(サガン鳥栖U-18)
鈴木良太(アルビレックス新潟U-18)
丸山佑大(桐生一高)
大森幹太(前橋商高)
中島吏九(神村学園高)
古谷優斗(流通経済大柏高)
須川蒼也(厚木北高)
▼MF
中村洸太(桐光学園高)
神田洸樹(桐光学園高)
奥村周太(横浜FCユース)
井出真太郎(横浜F・マリノスユース)
高木俊希(富山一高)
佐藤颯(モンテディオ山形ユース)
山内日向汰(川崎フロンターレU-18)
後野海(福知山成美高)
▼FW
白輪地敬大(桐蔭学園高)
渡邊寿樹也(帝京大可児高)
河野眞斗(高川学園高)
及川魁士(遠野高)

※関東大学サッカー連盟の協力により、同オフィシャルサイト(http://www.jufa-kanto.jp/)で発表されたリストを随時掲載致します。なお、大学によっては一般入学等によって新入部員が増える可能性があります。また諸事情により、公表されない大学もあります。

ミランが劇的勝利で伊杯準決勝ユーベ戦へ! チャルハノール2発で再逆転、イブラがダメ押し弾

ミランが劇的勝利で公式戦5連勝
[1.28 コッパ・イタリア準々決勝 ミラン4-2(延長)トリノ]

 コッパ・イタリアの準々決勝が28日に行われた。ミランはホームでトリノと対戦し、2-2で迎えた延長戦の末、4-2で勝利。2月11日の準決勝ではユベントスと相まみえる。

 26日に急逝した元NBAスターのコービー・ブライアント氏のために両チームともに喪章を巻いて臨んだ一戦。ミランは前線にFWクシシュトフ・ピョンテクとFWアンテ・レビッチを起用した。FWズラタン・イブラヒモビッチはベンチスタートとなった。

 2020年の公式戦5試合を4勝1分と無敗で進んでいるミランは、その勢いのまま前半12分に先制点を挙げる。レビッチがPA左の深い位置までドリブルで進み、中央に折り返すと、最後はMFジャコモ・ボナベントゥーラが押し込んだ。

 しかしトリノはDFグレイゾン・ブリーマーが躍動。前半34分にスルーパスに反応すると、PA右から冷静にゴールを流し込んだ。1-1の同点となり、前半はそのまま両者拮抗状態で折り返した。

 ミランは後半20分にピョンテクに代えてイブラヒモビッチを投入。しかし次に得点を挙げたのはトリノだった。同26分、左サイドからのインスイングのクロスをブリーマーが頭で合わせ、2-1と逆転に成功した。

 追いかけるミランは後半31分にボナベントゥーラに代えてFWラファエル・レオンを、同37分にはMFラデ・クルニッチに代えてMFハカン・チャルハノールを出場させる。すると後半アディショナルタイム、ミランは劇的な展開を迎える。

 左サイドのロングスローからPA内のMFサムエル・カスティジェホがPA手前に落とすと、最後はチャルハノールが得意の右足を一閃。鋭い弾道は相手DFに当たって軌道を変えながら、豪快にゴールに突き刺さった。

 試合は2-2で延長戦となり、両者は激しい攻防の繰り返しに。そのまま延長後半に折り返すと、開始早々にミランが再逆転弾を決める。途中出場のMFフランク・ケシエのパスからチャルハノールが左サイドを抜け出し、PAライン上から左足シュート。GKサルバトーレ・シリグに触れられるも、ボールはそのままゴール右隅に吸い込まれた。

 3-2としたミランはさらに2分後、右サイドからのパスをレオンが落とし、最後はPA中央でイブラヒモビッチが右足シュート。ダメ押しの4点目で試合を決着させた。

 ミランが4-2で死闘を制して準決勝に進出。公式戦5連勝でチームは好調を維持している。

●コッパ・イタリア2019-20特集
●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

早すぎる開幕からまさかのACLプレーオフ敗戦…鹿島サポーターは拍手とブーイング送る(8枚)

冷たい雨に打たれながらエールを飛ばした鹿島サポーター
 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は28日にプレーオフを行い、鹿島アントラーズメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)に0-1で敗れた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2020特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

あくまで厳しい目を…複雑な胸中明かす内田篤人「ブーイングじゃないのが悲しかった」(4枚)

DF内田篤人は「ブーイングじゃないのが悲しかった」とサポーターの“気遣い”に胸中を明かす
 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は28日にプレーオフを行い、鹿島アントラーズメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)に0-1で敗れた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2020特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

鹿島MF永戸勝也、新加入のアシスト王はキック精度光る(5枚)

仙台から加入したMF永戸勝也は鹿島でのデビューを飾った
 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は28日にプレーオフを行い、鹿島アントラーズメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)に0-1で敗れた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2020特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

ゴールへの意識みせた鹿島MF和泉竜司、「一個タイトルを失ったので悔しい」(5枚)

名古屋から加入したMF和泉竜司
 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は28日にプレーオフを行い、鹿島アントラーズメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)に0-1で敗れた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2020特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「この試合は絶対に内容より結果」、新加入の鹿島DF広瀬陸斗は落胆(5枚)

横浜FMから加入したDF広瀬陸斗は右サイドバックで鹿島デビュー
 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は28日にプレーオフを行い、鹿島アントラーズメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)に0-1で敗れた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2020特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

早々のタイトル逸に悔しさ滲む…鹿島DF奈良竜樹「結果で全て評価される試合だった」(5枚)

川崎Fから加入したDF奈良竜樹
 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は28日にプレーオフを行い、鹿島アントラーズメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)に0-1で敗れた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2020特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

鹿島新加入のブラジル人コンビ、FWエヴェラウド&MFファン・アラーノは本領発揮ならず(8枚)

9番を背負う新加入FWエヴェラウド
 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は28日にプレーオフを行い、鹿島アントラーズメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)に0-1で敗れた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2020特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

新生鹿島は日本勢初のACLプレーオフ敗戦…2度目のアジア制覇が潰える(24枚)

ACLプレーオフを落とした前々回王者・鹿島
 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は28日にプレーオフを行い、鹿島アントラーズメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)に0-1で敗れた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2020特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

相模原退団のMF平石直人、新天地は関西1部クラブに決定

 SC相模原は29日、2019シーズン限りで契約満了となったMF平石直人(27)の新天地がおこしやす京都AC(関西1部)に決定したことを発表した。

 町田や藤枝、秋田でプレーした平石は、2018年12月に相模原に加入。昨季はリーグ戦27試合で6ゴールを記録したが、契約満了に伴い退団となっていた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

本田圭佑、新天地はやはりブラジルか?「数日以内に移籍先を決めます」と明言

本田圭佑の新天地は…
 元日本代表MF本田圭佑が29日に自身のツイッター(@kskgroup2017)を更新。「数日以内に移籍先を決めます」と明言した。

 本田は昨年6月にメルボルン・ビクトリーを退団。数か月間の無所属を経て、11月にCSKAモスクワ時代の恩師であるレオニード・スルツキー前監督が指揮するフィテッセに加入した。しかし、成績不振で同監督が辞任すると、自身も12月にクラブを退団。新天地が注目される中、ブラジルの複数メディアがボタフォゴとの移籍合意を報じていた。

 この報道を受けてのコメントかは定かでないものの、28日に「彼らと話はしているが、まだ決めていない」とツイートした本田。翌29日には「夢を抱き、現実に失望して、それでも夢を想像して、可能性を信じながら熱く生きる」と綴り、最後に「数日以内に移籍先を決めます」と新天地決定が迫っていることを示唆した。

●海外組ガイド

秋田加入のDF鎌田翔雅、背番号が『39』に決定

 ブラウブリッツ秋田は29日、DF鎌田翔雅(30)の背番号が『39』に決まったと発表した。

 湘南のユース育ちの鎌田は、2008年にトップチームに昇格。千葉や岡山を経て、2015年に清水に加わり、昨季はJ1リーグ3試合に出場した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

長野FW宇野沢祐次が現役引退…アカデミースタッフに就任「現役生活で得たものを伝えていきたい」

宇野沢祐次が現役引退
 AC長野パルセイロは29日、FW宇野沢祐次(36)が2019シーズン限りで現役を引退することを発表した。2月1日より長野パルセイロ・アスレチッククラブのアカデミースタッフに就任する。

 柏の下部組織出身の宇野沢は2002年にトップチームへと昇格。2007年に福岡、2008年にはJAPANサッカーカレッジへ移籍した。2010年に当時北信越1部リーグだった長野に加入すると、JFL、J3昇格に貢献。中心選手として今季まで10シーズン在籍していた。

 クラブ公式サイトを通じて「現役を引退し、指導者の道に進むことにしました。自分が現役生活で得たものを伝えていきたいと思います。長い間応援ありがとうございました」とコメントしている。

 なお、30日に現役引退記者会見を実施。この会見の模様はクラブ公式インスタグラム(@acnaganoparceiro.official)にてライブ配信される。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

南野拓実にとってはアピールチャンス…負傷交代のマネ、プレミア2試合欠場へ

サディオ・マネが2試合欠場へ
 リバプールに所属するセネガル代表FWサディオ・マネ(27)が負傷により2試合欠場するようだ。

 マネは23日、プレミアリーグ第24節のウォルバーハンプトン戦に先発出場したが、前半32分にピッチに座り込んで交代を要求。急遽出番が回ってきた日本代表FW南野拓実がプレミアリーグデビューを果たした。

 クラブ公式サイトによると、ユルゲン・クロップ監督がマネについて言及。「サディオは(29日の)ウエスト・ハム戦、おそらく(2月1日の)サウサンプトン戦も欠場するだろう。彼は小さな筋断裂を負っているが、幸いにもそれほど深刻なものではない」と軽傷であることを強調した。

 リバプールはサウサンプトン戦を終えると、約2週間のウインターブレイクに入るため、マネの復帰は2月15日に行われるノリッジ戦となる模様。一方で南野にとっては、クロップ監督の信頼をつかむための大きなアピールチャンスになりそうだ。

●プレミアリーグ2019-20特集
●海外組ガイド
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

ブンデス2部宮市亮、原口元気はフル出場も…揃って2020年黒星スタート

後半戦開幕にフル出場したMF宮市亮
 ブンデスリーガ2部は第19節を行い、MF宮市亮が所属するザンクト・パウリグロイター・フュルトと対戦し、0-3で敗れた。

 ウインターブレイクが明け、ブンデスリーガ2部が再開した。中断期間のテストマッチで好調ぶりを見せていた宮市は2試合連続のフル出場。チームは前半43分に先制点を献上すると、後半終了間際に連続で失点。2020年は黒星スタートとなった。

 日本代表MF原口元気が所属するハノーファーレーゲンスブルクと対戦し、0-1で敗れた。原口は7試合連続のフル出場。前半アディショナルタイムに献上したPK弾が決勝点となり、後半戦開幕を白星で飾ることはできなかった。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集

@bookfun155 分野研究家

ピッチの表面: 滑らかかつ平坦なものとされている。天然芝、人工芝は国際大会では認められていない。 #フットサル#サッカー#ユニフォーム#グラデーション#カスタマイズ#高品質#着心地#保障#ロンヨン

Posted in 未分類

Jリーグ移籍の可能性もある?英誌が今夏契約満了を迎えるビッグネーム15名を選出

ルカ・モドリッチらが契約満了を迎える
 英誌『フォー・フォー・トゥー』が今夏に契約が切れる15名のビッグネームを紹介している。

 2019-20シーズン限りで所属クラブとの契約が満了を迎える選手として同誌は、アトレティコ・マドリーチェルシーなどが興味を示すウルグアイ代表FWエジソン・カバーニ(32)、MF香川真司とドルトムントでチームメイトだったドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ(27)、チェルシーブラジル代表MFウィリアン(31)らを選出した。

 さらにヴィッセル神戸が関心を示しているチェルシーの元スペイン代表FWペドロ・ロドリゲス(32)、4度のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)制覇を経験するだけでなく、個人としても2018年にバロンドールを受賞したレアル・マドリークロアチア代表MFルカ・モドリッチ(34)も今夏にフリーとなるようだ。

 なお、『フォー・フォー・トゥー』はセビージャの背番号10、アルゼンチン代表MFエベル・バネガ(31)の名前も挙げているが、今月25日にサウジアラビアのアルシャバブが7月に加入することを発表している。

ドリース・メルテンス(ナポリ/32)
エジソン・カバーニ(パリSG/32)
ナサニエル・クライン(リバプール/28)
ブレズ・マトゥイディ(ユベントス/32)
レイバン・クルザワ(パリSG/27)
チャルレス・アランギス(レバークーゼン/30)
エリック・バイリー(マンチェスター・U/25)
マリオ・ゲッツェ(ドルトムント/27)
ペドロ・ロドリゲス(チェルシー/32)
ルカ・モドリッチ(R・マドリー/34)
エベル・バネガ(セビージャ/31)
ウィリアン(チェルシー/31)
ライアン・フレイザー(ボーンマス/25)
トーマス・ムニエ(パリSG/28)
ホセ・カジェホン(ナポリ/32)

●プレミアリーグ2019-20特集
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

関西1部昇格の甲南大新入部員、G大阪ユースの“スーパーサブ”MF久保や阪南大高の中軸MF中村が加入へ

ガンバ大阪ユースのスーパーサブ、MF久保勇大は甲南大へ
 19年関西学生リーグ2部Aで優勝し、1部昇格を果たした甲南大が20年の入部予定選手を発表した(協力=関西学生サッカー連盟、甲南大、College Soccer Central)。

 準優勝したJユースカップで得点ランキング4位タイの4得点、プレミアリーグWESTでも5得点を記録しているガンバ大阪ユース(大阪)の“スーパーサブ”MF久保勇大と、プリンスリーグ四国を最少失点で制した徳島ヴォルティスユース(徳島)を支えたDF長野瞭汰郎も関西1部の甲南大で挑戦する。

 また、プリンスリーグ関西優勝の阪南大高(大阪)の中軸で、長短の正確なキックを特長とするMF中村陽紀、選手権奈良県予選優秀選手に選出されたMF中田優人(山辺高)も甲南大へ進学する予定となっている。

以下、甲南大の入部予定選手
▼DF
長野瞭汰郎(徳島ヴォルティスユース)
▼MF
久保勇大(ガンバ大阪ユース)
中村陽紀(阪南大高) 
中田優人(山辺高)

※各大学の入部予定選手は指定校推薦、AO入試、附属系列校、一般入試等によって増える可能性あり。新たな入部者情報は発表後に追記予定。
▼関連リンク※別サイトへ移動します
関西学生サッカー連盟公式サイト
College Soccer Central
twitter:JUFA_kansai
facebook:関西学生サッカー連盟
Google Plus 関西学生サッカー連盟広報フォトアルバム

関西1部昇格の甲南大新入部員、G大阪ユースの“スーパーサブ”MF久保や阪南大高の中軸MF中村が加入へ

ガンバ大阪ユースのスーパーサブ、MF久保勇大は甲南大へ
 19年関西学生リーグ2部Aで優勝し、1部昇格を果たした甲南大が20年の入部予定選手を発表した(協力=関西学生サッカー連盟、甲南大、College Soccer Central)。

 準優勝したJユースカップで得点ランキング4位タイの4得点、プレミアリーグWESTでも5得点を記録しているガンバ大阪ユース(大阪)の“スーパーサブ”MF久保勇大と、プリンスリーグ四国を最少失点で制した徳島ヴォルティスユース(徳島)を支えたDF長野瞭汰郎も関西1部の甲南大で挑戦する。

 また、プリンスリーグ関西優勝の阪南大高(大阪)の中軸で、長短の正確なキックを特長とするMF中村陽紀、選手権奈良県予選優秀選手に選出されたMF中田優人(山辺高)も甲南大へ進学する予定となっている。

以下、甲南大の入部予定選手
▼DF
長野瞭汰郎(徳島ヴォルティスユース)
▼MF
久保勇大(ガンバ大阪ユース)
中村陽紀(阪南大高) 
中田優人(山辺高)

※各大学の入部予定選手は指定校推薦、AO入試、附属系列校、一般入試等によって増える可能性あり。新たな入部者情報は発表後に追記予定。
▼関連リンク※別サイトへ移動します
関西学生サッカー連盟公式サイト
College Soccer Central
twitter:JUFA_kansai
facebook:関西学生サッカー連盟
Google Plus 関西学生サッカー連盟広報フォトアルバム

トッテナム、ロ・セルソの買取OPを行使!2025年まで契約締結

ジョバニ・ロ・セルソの買取オプションを行使
 トッテナムは28日、ベティスから期限付き移籍中のアルゼンチン代表MFジョバニ・ロ・セルソ(23)の買取オプションを行使したことを発表した。

 2018年8月にベティスから期限付き移籍加入したロ・セルソは、足もとの技術、パスセンスに優れるアルゼンチン代表MF。今季はここまで公式戦20試合で2ゴールを記録している。

 なお、英『BBC』によると、トッテナムは移籍金として2720万ポンド(約38億6700万円)を支払ったとのこと。2025年6月30日までの5年契約を締結したという。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

トッテナム、ロ・セルソの買取OPを行使!2025年まで契約締結

ジョバニ・ロ・セルソの買取オプションを行使
 トッテナムは28日、ベティスから期限付き移籍中のアルゼンチン代表MFジョバニ・ロ・セルソ(23)の買取オプションを行使したことを発表した。

 2018年8月にベティスから期限付き移籍加入したロ・セルソは、足もとの技術、パスセンスに優れるアルゼンチン代表MF。今季はここまで公式戦20試合で2ゴールを記録している。

 なお、英『BBC』によると、トッテナムは移籍金として2720万ポンド(約38億6700万円)を支払ったとのこと。2025年6月30日までの5年契約を締結したという。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

トレゼゲが劇的V弾!レスター撃破のアストン・ビラが10年ぶりのリーグ杯決勝へ

後半アディショナルタイム3分にトレゼゲが決勝点
[1.28 カラバオ杯準決勝 アストン・ビラ2-1レスター・シティ]

 28日、カラバオカップ(リーグ杯)準決勝第2戦がビラ・パークで行われ、レスター・シティを2-1で下したアストン・ビラが2戦合計3-2で10年ぶりの決勝進出を決めた。

 先制しながらも同点に追いつかれてアウェーでの第1戦を終えたアストン・ビラ。前半12分、ドリブルでPA内に侵入したMFジャック・グリーリッシュが粘ってPA左へラストパスを送ると、DFマット・ターゲットがダイレクトで左足を振り抜く。これがGKカスパー・シュマイケルの股下を抜けてゴールネットを揺らし、先制に成功した。

 追いつきたいレスターは後半11分、22日のウエスト・ハム戦で太腿裏を負傷していたエースストライカー、FWジェイミー・バーディを投入。すると、27分だった。ハーフェーライン付近からのロングスルーパスで右サイドの裏を取ったMFハービー・バーンズの折り返しをFWケレチ・イヘアナチョが左足で押し込み、1-1と同点に追いついた。

 このまま2戦合計2-2で延長戦に突入するかと思われたが、後半アディショナルタイム3分に決勝点を奪ったのはアストン・ビラだった。右サイドのDFアーメド・エル・ムハマディのアーリークロスをMFトレゼゲが頭で合わせて2-1。アストン・ビラが劇的で勝ち越しゴールを決め、2戦合計3-2で2009-10シーズン以来のファイナルへ駒を進めた。

 なお、決勝は3月1日にウェンブリー・スタジアムで行われ、マンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドとの勝者と対戦する。

●プレミアリーグ2019-20特集
●カラバオ杯2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

フェルナンジーニョがマンCと契約延長「彼らがいなければ、この契約はなかった」

契約を延長したMFフェルナンジーニョ
 マンチェスター・シティは28日、ブラジル代表MFフェルナンジーニョ(34)との契約を2021年6月30日まで延長したことを発表した。

 2013年6月にシャフタールからシティに加入したフェルナンジーニョは、ここまで公式戦299試合で23ゴールを記録。プレミアリーグ3回、リーグ杯4回、FA杯1回の優勝を経験し、ジョゼップ・グアルディオラ体制ではボランチだけでなく、センターバックもこなすなど不動の存在となっている。

 シティとの契約が今季限りとなっていたフェルナンジーニョは、チームメイトのMFリヤド・マフレズがこの夏にチームを離れることになるのは「ダビド(シルバ)とフェルナンジーニョ」と答えたことが話題となり、退団は既定路線とみられていた。

 だが、新たに1年間の契約延長にサインしたベテランMFは、「これは最高のニュース。この機会にシティのチームメイトとスタッフへの感謝を伝えたい。彼らがいなければ、この契約はなかった。彼ら全員に心から感謝している。僕たちのファンは信じられないほどすごい。彼らのためにもう1年プレーできることがとても嬉しい。彼らの愛と情熱が僕の原動力となっている」と喜びのコメントを残している。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

元柏MF太田徹郎が現役引退を表明「すべてに感謝」「これからはサッカーファンとして…」

柏などでプレーした太田徹郎が現役引退
 日本フットボールリーグ(JFL)に所属するラインメール青森FCは28日、MF太田徹郎(30)が2019シーズン限りで現役を引退することを発表した。

 柏レイソルの下部組織育ちの太田は、2008年にモンテディオ山形に加入。2013年に柏に復帰を果たすと、サガン鳥栖、山形を経て、2018年にラインメール青森に加入し、昨季はリーグ戦16試合に出場。昨年12月に契約満了となっていた。

 クラブ公式サイトを通じて「2019シーズンをもって引退することにしました」とファンに報告。「モンテディオ山形、柏レイソル、サガン鳥栖、ラインメール青森という素晴らしいチームでプレーできたこと、たくさんの仲間に出会えたこと、ファン・サポーターの方々の声援すべてに感謝しています。そして丈夫な身体に産んでくれた両親、最後まで大きな怪我なくやってこれました。ありがとうございます。これからはサッカーファンとして外からサッカーを楽しみたいと思います。本当にありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。

 なお、太田はJ1通算93試合12得点、J2通算27試合1得点を記録している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!