セリエA屈指の攻撃力見せたアタランタ、バレンシアに4発大勝で8強入りへ王手(12枚)

欧州CL初出場のアタランタが大勝
 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は19日、決勝トーナメント1回戦の第1戦を行い、ホームのアタランタ(イタリア)がバレンシア(スペイン)を4-1で破った。

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信

【動画】これぞ神引き!!悩んだ末のガチャの結果は!?【ウイイレ2020】

【動画】これぞ神引き!!悩んだ末のガチャの結果は!?【ウイイレ2020】
『eFootball ウイニングイレブン2020』(ウイイレ2020)のオンラインディビジョンでレート1000を達成したゲキサカFC1期生のカクケンとARATA。今度は無課金でmyClubレート1000を目指す新企画「無課金myClubレート1000への道」にARATAが挑みます。

★ゲキサカYouTubeチャンネルの登録はこちらから

[新人戦]日章学園が九州3位。3月退任、“ラストゲーム”勝利の早稲田監督は選手たちに感謝

日章学園高の早稲田一男監督は同校での“ラストゲーム”勝利に笑顔
[2.18 九州高校(U-17)大会3位決定戦 長崎総合科学大附高 0-2 日章学園高 博多の森陸上競技場]

 日章学園が恩師の“ラストゲーム”で勝利! 第41回九州高校(U-17)サッカー大会(新人戦)は大会最終日の18日、3位決定戦を行い、日章学園高(宮崎2)が2-0で長崎総合科学大附高(長崎1)に勝利。3位の日章学園はサニックスカップ国際ユース大会(3月、福岡)への出場権を獲得した。

 日章学園は85年2月から指揮を執ってきた早稲田一男監督が、定年のために今年3月で退任。これまで去就については公言していなかったが、前日の準々決勝前に自らの口から選手たちにその旨を伝え、この3位決定戦が日章学園で最後となる公式戦指揮だった。

 対戦相手は小嶺忠敏監督率いる長崎総科大附。今大会、ボールを繋ぐ新スタイルで戦ってきた長崎総科大附だが、この日はマンマークとロングボールを主体としたサッカーで日章学園の前に立ちはだかった。

 日章学園はボールこそ握っているものの、相手の守備ブロックの中に縦パスを通すことができず、攻めあぐねた。それでも、前半28分にMF日野海土(2年)を右サイドへ投入。4-4-2から4-1-4-1システムへ変化し、FW小野大斗(2年)と10番FW木脇蓮苑(1年)が相手のマンマーカーにあえて張り付いたり、意図的にスペースを作り出したことでビルドアップも好転した。

 長崎総科大附は10番MF別府史雅(1年)の左足ミドルなどで攻め返し、後半13分にはMF岩永空潤(2年)の折り返しをMF一宮優斗(2年)が決定的な形で合わせる。だが、最大の決定機を逸すると、直後に先制点を奪われてしまう。

 日章学園は後半20分、中央でクリアボールを拾ったMF藤本優希(1年)が右サイドへ展開。これを受けた日野がDFを外してPAへループパスを入れると、MF葭岡遥来(1年)が胸コントロールから右足シュートをゴールへ叩き込んだ。

 日章学園はさらに32分、SB鈴木天己(2年)が右タッチライン際へ開いた日野へ繋ぐ。そして、早稲田監督が「ちょっとアクセントになっていた」という日野がグラウンダーのクロスを入れると、ファーサイドの葭岡が右足ダイレクトでシュート。この一撃が長崎総科大附の名手・GK梶原駿哉(2年)の指先を抜けてゴール左隅に吸い込まれた。

 前日に早稲田監督から厳しい言葉を受けて涙していた葭岡が「厳しいことも言ってもらったし、優しいことも言ってもらったので最後良い形で送り出したいと思っていた」と2発。また、CB古賀照也主将(2年)が「(相手の背後への攻撃に対する)チャレンジとカバー、そしてセカンドボールの回収をするチームが勝つと話していた」という日章学園が、試合の肝の部分で譲らず、早稲田監督の“日章学園ラストゲーム”を白星で飾った。 

 日章学園は前日の準決勝で敗戦。早稲田監督に優勝をプレゼントするという目標を達成することができなかった。だが、古賀は「負けてしまったんですけれども、ラストしっかり勝とうと。サニックスというモチベーションもあって、早稲田先生が最後だということもあった。気持ちの面では身体の面でも疲労とか来ている選手が多くて、でもその中でもしっかりとハードワークできたと思います」と全員で勝ち取った白星を喜んだ。

 早稲田監督は「サニックス(の出場権)を勝ち取ったので。大体褒めないんですけれども、いい思い出を作れたと話したい」と選手たちに感謝。選手たちは、チームを引き締めてくれるところや勝負強さなどを指揮官から学んだという。そして、「自分にとって必要だった」と古賀。今年一年、自分たちが良い結果を残すことで、これまでの指導に応えるつもりだ。

 早稲田監督は宮崎から越境入学した帝京高(東京)で主将として選手権優勝を果たし、古河電工でも活躍。85年に宮崎実高(87年に日章学園高へ改称)の監督に就任し、選手権は96年の初出場を皮切りに15回、インターハイ14回(同校は計15回)の全国大会に導いている。就任当初は宮崎県内で勝てない時期も長かったが、「1回目の選手権に出た96年の選手たちが色々変えてくれました」。その後04年に開校した中等部との中高一貫指導によって強化し、日章学園を全国区の強豪へ引き上げた。

 16年に日本高校選抜の指揮も執っている早稲田監督は日章学園での35年間の指導について、「今思えば短いですよ」とコメント。この日、選手たちには「目標を見失わないように」と言葉をかけていたが、改めて全部員に対して言葉を送り、3年生の卒業式(3月)などを経てチームから離れることになりそうだ。

 現時点で後任は未定。早稲田監督は4月にも新たな場所で指導を始める模様だ。「新天地で暴れられるように頑張ります」とコメント。高校の指導者となれば、教え子たちの前に立ちはだかる可能性も十分にある。早稲田監督の今後、そして新生・日章学園の戦いにも注目だ。

(取材・文 吉田太郎)

ライプツィヒがベルナーPK弾で先勝! 怪我人続出のトッテナム、ホームで痛恨の敗戦(13枚)

FWティモ・ベルナーの決勝PK弾でライプツィヒがアウェーで先勝
 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の決勝トーナメント1回戦第1戦が19日に開催され、ライプツィヒ(ドイツ)は敵地でトッテナム(イングランド)に1-0で勝利した。

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●プレミアリーグ2019-20特集
●ブンデスリーガ2019-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信

「役割を果たしたい」コロナ予防対策の徹底呼びかけもJリーグは観戦可能を発表

「役割を果たしたい」コロナ予防対策の徹底呼びかけもJリーグは観戦可能を発表
 Jリーグは20日、新型コロナウイルスの感染予防に関する対策を発表した。スポーツイベントの多くに影響が出ているが、Jリーグは「豊かなスポーツ文化を振興するという社会的役割を担っている」という考えから、ファン・サポーターの観戦が可能であるとの見解を示している。

 また予防対策については徹底を呼び掛けている。そして「今後も政府関係機関からの発表等を踏まえ、迅速な対応に努めます」とし、「我々ができる限りの努力をすることで、自らの役割を果たして参りたい」とコメントしている。

▽新型コロナウイルス感染予防対策
・全てのJクラブに、新型コロナウイルスの連絡担当窓口を設置し、Jリーグとの速やかな情報交換、および対応策の徹底に努める
・今後、感染の拡大が確認された場合は、試合日程変更等の可能性を検討する
・感染予防・拡散防止のため、運営スタッフはマスクの着用に努める
・先日開催した FUJI XEROX SUPER CUP の試合会場にて実施した事例をひとつのモデルとして、各Jクラブと共有し、それぞれの置かれた状況にふさわしい対応策を検討・実施していく

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

Jリーグ開幕節で達成可能な記録は?遠藤保仁は23年連続開幕戦&J1最多出場記録を狙う

遠藤保仁の“開幕戦記録”の更新はあるか
 今週末よりJ1、J2リーグが開幕する。

 名古屋グランパスがJ1通算400勝にあと1勝と王手をかけている。4年連続勝利と相性のいい開幕戦での達成に期待が集まる。

 清水エスパルスはJ1ホーム通算700得点にあと1得点と王手をかける。大分トリニータはJ1アウェー通算150得点にあと1得点。サガン鳥栖もJ1アウェー通算150得点にあと3と迫る。

 J2ではモンテディオ山形がJ2通算900得点にあと1得点。京都サンガF.C.がJ2通算800得点にあと2得点に迫っている。またアルビレックス新潟がJ2アウェー通算200得点まであと1得点となっている。

 個人では湘南ベルマーレのMF梅崎司とサガン鳥栖のFW金崎夢生が開幕戦に出場すればJ1通算300試合出場を達成。川崎フロンターレのMF守田英正と湘南ベルマーレのMF齊藤未月は、J1通算50試合に到達する。

 J2では愛媛FCのMF山瀬功治がJ2通算250試合、栃木SCのMF岩間雄大がJ2通算200試合、レノファ山口FCのMF田中パウロ淳一と徳島ヴォルティスのDF田向泰輝がJ2通算150試合、東京ヴェルディのMF佐藤優平がJ2通算100試合に王手をかけている。

 ガンバ大阪のMF遠藤保仁は1998年から23年連続の開幕戦出場が期待される。先発となれば21年になるが、この記録は昨年、中澤佑二氏と並んでいた記録を単独に更新している。

 また遠藤は現在、J1通算630試合に出場。これは歴代1位の楢崎正剛氏の記録631試合にあと1試合に迫っており、こちらの記録到達も期待される。

J1第1節
2月21日(金)
湘南 19:00 浦和 [BMWス]
2月22日(土)
仙台 14:00 名古屋 [ユアスタ]
柏 15:00 札幌 [三協F柏]
川崎F 15:00 鳥栖 [等々力]
C大阪 15:00 大分 [ヤンマー]
2月23日(日)
清水 13:00 FC東京 [アイスタ]
横浜FM 14:00 G大阪 [日産ス]
広島 14:00 鹿島 [Eスタ]
神戸 16:00 横浜FC [ノエスタ]

J2第1節
2月23日(日)
北九州 13:30 福岡 [ミクスタ]
水戸 14:00 大宮 [Ksスタ]
群馬 14:00 新潟 [正田スタ]
千葉 14:00 琉球 [フクアリ]
町田 14:00 甲府 [Gスタ]
磐田 14:00 山形 [ヤマハ]
岡山 14:00 金沢 [Cスタ]
山口 14:00 京都 [みらスタ]
徳島 14:00 東京V [鳴門大塚]
長崎 14:00 栃木 [トラスタ]
愛媛 16:00 松本 [ニンスタ]

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

岡山、恥骨結合炎で開幕絶望のMF関戸が左膝手術

岡山、恥骨結合炎で開幕絶望のMF関戸が左膝手術
[故障者情報]

 ファジアーノ岡山は20日、MF関戸健二が19日に左膝のクリーニング手術を行ったと発表した。全治は3か月の見込み。関戸は昨季、J2リーグで41試合に出場。今年1月にも恥骨結合炎で全治4か月と診断されたことを発表していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

最新FIFAランク発表:大きな変動なし、日本は4か月連続28位

最新FIFAランク発表:大きな変動なし、日本は4か月連続28位
 国際サッカー連盟(FIFA)は20日、最新のFIFAランキングを発表した。日本は昨年10月から4か月連続で28位をキープ。その他、上位に大きな変動もなかった。

順位は以下の通り※()は前回順位

1.(1)ベルギー
2.(2)フランス
3.(3)ブラジル
4.(4)イングランド
5.(5)ウルグアイ
6.(6)クロアチア
7.(7)ポルトガル
8.(8)スペイン
9.(9)アルゼンチン
10.(10)コロンビア
11.(11)メキシコ
12.(12)スイス
13.(13)イタリア
14.(14)オランダ
15.(15)ドイツ
16.(16)デンマーク
17.(17)スウェーデン
17.(17)チリ
19.(19)ポーランド
20.(20)セネガル
21.(21)ペルー
22.(22)アメリカ
23.(22)ウェールズ
24.(24)ウクライナ
25.(25)ベネズエラ
26.(26)オーストリア
27.(27)チュニジア
28.(28)日本
29.(29)トルコ
29.(29)セルビア
……………
33.(33)イラン
40.(41)韓国
42.(42)オーストラリア
55.(55)カタール
67.(67)サウジアラビア
96.(96)キルギス
121.(121)タジキスタン
136.(136)ミャンマー
190.(190)モンゴル

●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

英国や豪州などでJ1放映!中国ではJ2も!11か国Jリーグ放映開始が決定

英国や豪州などでJ1放映!中国ではJ2も!11か国Jリーグ放映開始が決定
 Jリーグは20日、11か国の海外放送局・プラットフォームで2020年のJリーグを放映することが決定したと発表した。なお、開幕後も追加される可能性があるという。

 放送される国や地域は以下のとおり。日本を除く全世界へのニュース配信は『SNTV』が行う。

中国 K-BALL(China Sports Media)
香港 i-Cable
台湾 ELTA
マカオ TDM
マレーシア・ブルネイ Astro
オーストラリア OPTUS
イギリス・アイルランド Premier Sports
イスラエル The Sports Channel
タイ SIAMSPORT
※中国のみJ1、J2。その他はJ1のみ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

STRETCH TWILL PANTS

ストレッチ性抜群のツイルパンツ。スウェットパンツのパターンを採用したスリムシルエットとなっております。 素材:コットン 74% ポリエステル 19% ポリウレタン 7% サイズ:S,M,L,XL,XXL カラー:BLACK,NAVY,BEIGE
ウエストヒップ股上股下
S: 76cm 103cm 28.5cm 80cm
M: 79cm 106cm 29.5cm 81cm
L: 82cm 109cm 30.5cm 82cm
XL: 85cm 112cm 31.5cm 83cm
XXL: 88cm 115cm 32.5cm 84cm

 (約/cm)

Posted in 未分類

高校選抜候補メンバー発表、晴山ら5選手が外れる

NEXT GENERATION MATCHを戦った高校選抜メンバー
 日本サッカー協会(JFA)は20日、来月6日から静岡県内で行う日本高校サッカー選抜候補選考合宿のメンバーを発表した。期間中は静岡ヤングサッカーフェスティバルに参戦。静岡県選抜と対戦する。

 今月8日にNEXT GENERATION MATCHを戦ったメンバーからDF奈良坂巧(桐光学園高2年)、MF柴圭汰(昌平高2年)、MF森夢真(四日市中央工高3年/沼津)、MF小屋諒征(佐賀東高2年)、FW晴山岬(帝京長岡高3年/町田)の5選手が外れた。

 同代表は今後、3月17日から4日間、そして4月2日から3日間の日程で合宿を行い、4月4日からオランダとドイツ遠征を実施する。

▽団長
滝本寛(東京都立南葛飾高)

▽総務
小阪康弘(福井県立丸岡高)

▽監督
蒲原晶昭(佐賀県立佐賀東高)

▽コーチ
中村真吾(米子北高)
佐々木篤史(作陽高)

▽GK
1 佐藤史騎(青森山田高3年)
2 猪越優惟(帝京長岡高3年)
3 松原颯汰(流通経済大柏高2年)

DF
4 吉田晴稀(帝京長岡高3年/愛媛)
5 高橋祐翔(米子北高3年/大分)
6 長江皓亮(矢板中央高3年)
7 大竹琉生(昌平高3年)
8 神田悠成(青森山田高3年)
9 丸山喬大(帝京長岡高3年)
10 田邉秀斗(静岡学園高2年)
11 藤原優大(青森山田高2年)

MF
12 藤井海和(流通経済大柏高2年)
13 藤田悠介(静岡学園高3年)
14 後藤健太(青森山田高3年)
15 古宿理久(青森山田高3年/横浜FC)
16 浅倉廉(静岡学園高3年)
17 山田真夏斗(立正大淞南高3年/松本)
18 井堀二昭(静岡学園高3年)
19 須藤直輝(昌平高2年)
20 田中克幸(帝京長岡高3年)
21 濱屋悠哉(神村学園高3年)

FW
22 田海寧生(丸岡高3年)
23 小見洋太(昌平高2年)
24 田中翔太(青森山田高3年)

●【特設】高校選手権2019

ACTIVE WINDBREAKER 20

総柄のグラフィックを落とし込んたウィンドブレーカー。専用のポケッタブル付きに撥水効果など機能性にも優れたアイテム。 タウンユースにはもちろんアクティブシーンにもオススメです。 素材:ポリエステル 100% サイズ:S,M,L,XL,XXL カラー:BLACK,WHITE1(BUG),WHITE2(SP),BLUE CAMO
着丈裄丈身幅袖口幅
S: 69cm 86cm 50.5cm 10.5cm
M: 70cm 87cm 53.5cm 10.75cm
L: 72cm 89cm 56.5cm 11cm
XL: 74cm 91cm 59.5cm 11.25cm
XXL: 76cm 92cm 62.5cm 11.5cm

 

Posted in 未分類

ACTIVE WINDBREAKER

総柄のグラフィックを落とし込んたウィンドブレーカー。専用のポケッタブル付きに撥水効果など機能性にも優れたランニングアウターとしてアクティブシーンにもオススメ。 素材:ポリエステル 100% サイズ:S,M,L,XL,XXL カラー:BLACK,WHITE1(BUG),WHITE2(SP),BLUE CAMO
着丈裄丈身幅袖口幅
S: 69cm 86cm 50.5cm 10.5cm
M: 70cm 87cm 53.5cm 10.75cm
L: 72cm 89cm 56.5cm 11cm
XL: 74cm 91cm 59.5cm 11.25cm
XXL: 76cm 92cm 62.5cm 11.5cm

 

Posted in 未分類

[新人戦]“最弱世代”が成長示し、九州決勝進出。九州国際大付はさらに経験重ねて全国出場に挑戦

九州国際大付高は九州新人大会で準優勝
[2.18 九州高校(U-17)大会決勝 九州国際大付高 1-3 大津高 博多の森陸上競技場]

 九州国際大付高(福岡)は初優勝にこそ手が届かなかったものの、堂々の準優勝。大黒柱のMF森喜大主将(2年)が準々決勝で負った怪我の影響で準決勝、決勝を欠場し、エース候補のFW吉田晃盛(1年)らも怪我で出場時間が限られる中で多くの経験を得る大会となった。

 決勝戦は前線からのプレッシングを狙ったが、DF陣が大津高FW陣に押し下げられてしまい、空いた中盤を相手に活用されてしまう展開に。競り合いでも後手となってしまう。0-2で迎えた後半はチーム全体で前からの意識が共有されたが、攻撃で精度を欠いてしまうことも多く、なかなかチャンスを作り出すことができない。それでも、押し気味に試合を進める中でセットプレーのこぼれから吉田が追撃ゴール。だが、直後に3点目を失い、敗れてしまった。

 九国大付と大津の2年生は2年前の球蹴男児U-16リーグ第3節で対戦。前半から攻め立てる大津に対し、0-1で折り返した九国大付は後半攻めに出て決定機も作り出した。だが、0-1で敗れ、後期も0-3で敗戦。今回の九州新人大会では1年時のリベンジを目指したが、三度敗れる結果となった。

 森は大津の強さを認める一方で「(大津に対して)1年の頃はズルズル裏に行かれていたんですけれども、守備に関しては粘り強さや1対1の局面で打開されないところとか考えると少しは縮まったなと思います」とコメント。自分たちの成長も実感していた。

 1年時に“最弱世代”と言われていた2年生。昨年レギュラーを勝ち取った選手は一人もいない。その中で「自分たちは弱い代と言われてきた。失うものは無いという感じで経験を積まないと上に上っていけない」(森)という九国大付は新チーム結成後、九州新人大会やサニックス杯に出場して多くの経験を積むことを目指してきた。

 そして、福岡県新人戦で宿敵・東福岡高や新鋭・飯塚高を破って頂点に立ち、九州大会でも長崎総合科学大附高などを破って決勝進出。森がボールを奪ってから前に出る動きや展開力で存在感を示したほか、九州大会4得点の吉田が活躍し、右SB石本渉(2年)、CB磯崎碧(2年)、CB三宮陸矢(2年)、左SB磯谷駿(2年)の4バックも安定感を高めている。今回、九州大会で6試合を戦い、福岡県新人戦優勝で出場権を獲得したサニックス杯(3月)では全国トップレベルのチームと対戦して、また経験を重ねることができる。

 目標は夏冬の全国出場。森は「(全国出場は)チームとして目標に掲げている。全国でも自分たちがどれくらいやれるか知りたいですし、まずはインターハイでもう一回ヒガシ倒して上がらないと意味がない」。今後サニックス杯やプリンスリーグ九州で個々、チームが特長を磨き、課題を改善していくこと。そして、ベースであるハードワークを貫いて、全国出場に挑む。
 
(取材・文 吉田太郎)

清水の背番号10が決定、スイス1部から25歳のブラジル人FWを獲得

 清水エスパルスは20日、FCルガーノ(スイス)からブラジル人FWカルリーニョス・ジュニオ(25)が完全移籍で加入したことを発表した。

 母国のパラナ・クルーベ、ボタフォゴFCでプレーしたカルリーニョス・ジュニオは2017年1月にスイスのFCルガーノに移籍。17-18シーズンは29試合10ゴール、18-19シーズンは31試合12ゴールをマークした。清水での背番号は「10」に決定している。
 
 クラブを通じて、「清水エスパルスの一員になることができて嬉しいです。モチベーションはとても高いですし、できるだけ早くコンディションを整えて試合に出て、チームのために良い結果が残せるように頑張ります。これから応援よろしくお願いします」とコメントを発表した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

イニエスタのアカデミーが神戸ポートアイランドに開校

イニエスタ メソドロジーは堺、尼崎、六甲アイランドでも開校
 ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタによるサッカーアカデミー「Iniesta’s Methodology(イニエスタ メソドロジー)」の4校目となるポートアイランド校が、4月5日から開校する。

 イニエスタ メソドロジーは、楽天株式会社が運営。サッカースタイルやテクニック、ビジョンを次世代へと伝え、若手選手を育成するサッカーアカデミーだ。世界トッププレイヤーのトレーニングや方法論(Methodology)、価値観などを、イニエスタが信頼を寄せるスペイン人コーチ、フアン・カルロスらから直接指導を受けられる。

 また、ポートアイランド校の開校に先駆け、4月1日~4月3日にはJ-GREEN堺DREAM CAMPでスプリングキャンプ「Iniesta’s Methodology CAMPUS #2」も開催。この2泊3日の集中講座には一般参加も可能で、トレーニングだけでなく、戦術やチームビルディングといった講義、スペイン語講座なども実施する予定だ。

Iniesta’s Methodology(イニエスタ メソドロジー) ポートアイランド校 概要
■開校日:4月5日(日)
■場所:神戸学院大学 ポートアイランドキャンパス 第1グランド(兵庫県神戸市)
■対象:新幼稚園年中~新小学6年生の男女
■定員:計116名
■時間:18:05~19:15(新幼稚園年中~新小学2年生)/19:25~20:45(新小学3年生~新小学6年生)
■月会費:週1回コース 15,300円(税込)
■申し込み:3月10日(火)よりホームページにて受付開始 ※受付は先着順
■体験会:3月1日(日)、3月8日(日) ※お一人様2回まで参加可能、参加費1回3,000円(税込) ※申込みはホームページから

スプリングキャンプ Iniesta’s Methodology CAMPUS #2 概要
■開校日:4月1日(水)~3日(金)(2泊3日)
■宿泊先: J-GREEN堺DREAM CAMP(大阪府堺市)
■対象:新小学3年生~新小学6年生の男女
■定員:計64名
■申し込み:ホームページにて受付中
■参加費:スクール生 79,800円(税込)/一般 99,800円(税込) ※受付は先着順

横浜FC上田が昨季レンタル先に完全移籍「絶対にJの舞台に這い上がる」

 横浜FCは20日、MF上田悠起(23)が2019シーズンに期限付き移籍していた高知ユナイテッドSC(JFL)に完全移籍することを発表した。

 上田は成立学園高から15年に横浜FCへ入団。テゲバジャーロ宮崎、東京23FC、高知ユナイテッドSCにレンタル移籍していた。Jリーグ通算0試合0得点、九州リーグ通算3試合1得点、関東一部リーグ通算9試合2得点、四国サッカーリーグ通算8試合1得点。今季の背番号は「13」に決まった。

 横浜FCのクラブ公式サイトを通じて、「5年間たくさんの声援ありがとうございました。なかなか結果を出せずに申し訳ございません。また絶対にJリーグの舞台に這い上がるので応援よろしくお願い致します」とコメントを発表した。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF上田悠起
(うえだ・ゆうき)
■生年月日
1996年9月20日(23歳)
■身長/体重
175cm/62kg
■出身地
埼玉県
■経歴
成立ゼブラFC Jrユース-成立学園高-横浜FC-テゲバジャーロ宮崎-横浜FC-東京23FC-横浜FC-高知ユナイテッドSC-横浜FC-高知ユナイテッドSC

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

[新人戦]戦うメンタリティーと決定力備えた注目1年生、九国大付FW吉田晃盛が大津からもゴール:九州

九州国際大付高のFW吉田晃盛は九州大会で計4得点
[2.18 九州高校(U-17)大会決勝 九州国際大付高 1-3 大津高 博多の森陸上競技場]

 仕留める力を優勝校相手にも証明した。九州国際大付高のFW吉田晃盛(1年)は決勝戦で後半7分から出場。0-2の30分にはゴール前のこぼれ球を右足ダイレクトで右隅に沈め、チームに待望の1点をもたらした。

 対戦相手はプレミアリーグ勢の堅守・大津高で、左中間の位置からコースへ打ち込んだ一撃も簡単なシュートではかったはず。だが、「今日の試合なんて一発で仕留めないと勝てない」という吉田は、チームにとって唯一となるシュートを見事に決めて見せた。

 今大会は怪我の影響でベストコンディションではなく、出場時間は限られた。それでも、準々決勝(対秀岳館高戦)の同点ゴールと勝ち越しゴールなどを含めて計4発。一つのチャンスで決めるような力を持っている。

「嗅覚を自信として持っている。自分の武器として、ボールがどこに来るとか大体分かるというか、どうすれば点入るかとか、上手く味方を使って自分が点を獲れるところへ行ったり、前から得点は自信持っていました」という吉田は、その得点嗅覚の高さを発揮してチームの準優勝に貢献した。

 ボールを持つと、ゴール方向へ身体を向けて強引に突進していく。江藤謙一監督によると、「2年生も認めています」という戦うメンタリティー。本人も「自分ずっと負けず嫌いで、遊びのゲームでも負けたくない」という負けん気の強さは以前、マイナスの方向に行ってしまうこともあったという。だが、現在はその気持ちを勝利に結び付けられるようになり、ゴールへ向かう動きや守備で奮闘する部分で表している。

 強いチームを倒すことに魅力を感じており、小倉南FCジュニアユースから九国大付へ進学。「県のエースが集まってくる」東福岡高を倒すことを目指し、新人戦県大会でまず目標を一つ達成した。「熱いプレーをしたらファンも増えてくれるんで、応援してくれる人がガッカリしない選手になりたい」というFWは、インターハイ予選や選手権予選でもライバルを打ち倒して、全国で大暴れする意気込みだ。

 昨年は、2学年先輩で仲良くしてもらっていたというCB吉田晃(3年。→名古屋)が抜群の得点力を発揮。名前が似ていることから、間違えられて吉田に祝福の連絡が入ることもあったという。今年は自分が公式戦でゴールを決め続けて、何度も祝福を受ける。

(取材・文 吉田太郎)

「メンタル的にもすごく強い」“怪物”ホーランドをドルトムント指揮官が評価

驚異的な得点力を示すFWアーリング・ホーランド
 ドルトムント加入から7試合で11ゴールと驚異的な得点力を示す19歳FWアーリング・ホーランドをルシアン・ファーブル監督が称賛した。独『ラプトリー』が伝えている。

 ホーランドは18日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)ラウンド16のパリSG戦で2ゴールを挙げ、チームに勝利を呼び込んだ。19歳のホーランドはCL出場7試合で10ゴール。7試合での10得点到達は史上最速記録となった。

 まずは後半24分、DFラファエル・ゲレイロが放ったシュートのこぼれ球を素早く押し込んで先制点を奪取すると、後半32分はゴラッソで沸かせた。裏に抜け出してMFジョバンニ・レイナのパスを呼び込み、左足の弾丸ミドルを突き刺した。ファブレ監督は「レイナはすごく良かった。ボールを非常に素早く前に送っていた。だがホーランドの動きが非常に優れていたおかげでもある」と指摘した。

 この試合では前線からの連動した守備でパリSGの攻撃を寸断する時間帯が続き、ファブレ監督は「特に守備面で非常に組織的にプレーできていた。パリにはゴールするチャンスがほとんどなかったと思うし、大変うまくプレーできた。私たちの守備もすごくよかった」と、ディフェンス面の貢献を称賛したうえで、ホーラントの資質について改めて言及した。

「ホーランドは1か月半前にここにやってきたばかりだ。彼の獲得を決める前から、私たちは彼のクオリティを目にしていた。そして彼はメンタル的にもすごく強い。常に前に行こうとするし、トレーニングではいつも真面目で、得点をとっている。もし彼が得点しなかったら、彼は自分自身に激怒するだろう。彼はすばらしい選手であり、チームのためにすばらしい仕事をしてくれる。まだ19歳にもかかわらずね」

●ブンデスリーガ2019-20特集

C大阪、現代ホスト界の帝王・ローランドの「公認セレ男」就任発表

ホストで実業家のローランド
 セレッソ大阪は20日、タレントで実業家のローランドが2020シーズンの「公認セレ男(セレオ)」に就任したことを発表した。

 22日、ヤンマースタジアム長居で行われる開幕節・大分戦のハーフタイムにて、「公認セレ男」就任式が行われる。キックオフ前にはトークショーなども予定。「現代ホスト界の帝王」と称されるローランドは公式イベントに参加するほか、C大阪の魅力やサッカー観戦の楽しさ、感動を広くPRする。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

渦中のペップがマンC残留を表明「判決を見たい。ここに残るつもりだ」

シティ残留を表明したジョゼップ・グアルディオラ監督
 ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規則違反で欧州サッカー連盟(UEFA)から処分を科されたマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、クラブを離れる可能性を否定した。『スカイスポーツ』が報じている。

 2012~16年にかけてスポンサー収入を水増ししていたことが判明したシティ。UEFAはFFP規則に抵触したとして、来季から2シーズンにわたるUEFA主催大会への出場禁止と、罰金3000万ユーロ(約36億円)の処分を科した。プレミアリーグも財務規定違反で調査を行っていると報じられており、違反が確定すれば勝ち点剥奪の処分が科される可能性が高く、最悪の場合は4部への降格処分の可能性もあるという。

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)への参加が2シーズン禁じられたシティは2022年まで欧州CLに参加できない。さらに、グアルディオラ監督との契約には今季終了後の解約条項が含まれているため、指揮官の流出が懸念されていたが、プレミアリーグ第26節ウエスト・ハム戦後、「離れる理由はない」と自ら残留を表明した。

「なぜ私が離れなければならないんだ? 1か月前に言ったように、私はこのクラブを愛している。ここにいるのが好きなんだ。離れる理由はない」

 シティは裁定を不服とし、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴することを表明している。

「選手たちとも話をして、ここからの3か月はやるべきことに集中していくと言った。その後はどういう判決が出るかを見てみたい。個人的には、ここに残るつもりだ」

「クラブの助けになるために残りたいと思っているし、できるかぎりこのレベルを維持したい」

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

水戸GK長谷川凌、ヴェルスパ大分に育成型期限付き移籍

 水戸ホーリーホックは20日、GK長谷川凌(20)がヴェルスパ大分(JFL)に育成型期限付き移籍することを発表した。期間は2021年1月31日まで。

 市立船橋高から2018年に水戸に加入した長谷川は、2019年5月から約2か月、沼津に期限付き移籍。ここまでJ2リーグ2試合、天皇杯1試合に出場している。

 クラブ公式サイトを通じて「シーズン前の移籍となり、皆さんの前でプレーする姿を見せる事が出来なくて残念に思いますが、ヴェルスパ大分で活躍して水戸に戻ってきます。引き続き、水戸ホーリーホックとガールズ&パンツァーをよろしくお願いします。パンツァー・フォー!」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

J2復帰の北九州、“福岡ダービー”にHKT48の元メンバーが来場

ミクニワールドスタジアム北九州にHKT48の元メンバーが来場
 ギラヴァンツ北九州は20日、23日に行われる2020シーズンのJ2リーグ開幕戦・アビスパ福岡戦(ミクニワールドスタジアム北九州)にHKT48元メンバーの朝長美桜と田中菜津美が来場することを発表した。ハーフタイムのピッチ内でアツいエールを送るという。

 2017年からJ3リーグに所属していた北九州は、2019年にJ3優勝を果たし、4年ぶりのJ2復帰が決定。その初戦は“福岡ダービー”となる。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「何も変わっていない」渦中のマンC、デ・ブルイネが選手たちの反応語る

1ゴール1アシストのケビン・デ・ブルイネ
 マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブルイネが、欧州サッカー連盟(UEFA)から下されたファイナンシャル・フェアプレー違反による処分の報道について、選手たちの反応を明かした。英『ミラー』が伝えている。

 2012~16年にかけてスポンサー収入を水増ししていたことが判明したシティ。UEFAはファイナンシャル・フェアプレー規則に抵触したとして、来季から2シーズンにわたるUEFA主催大会への出場禁止と、罰金3000万ユーロ(約36億円)の処分を科した。シティはこの裁定を不服とし、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴することを表明している。

 複数の英メディアは、プレミアリーグも財務規定違反で調査を行っていると報道。違反が確定すれば、勝ち点剥奪の処分が科される可能性が高く、最悪の場合は4部への降格処分の可能性もあるという。これにより、ジョゼップ・グアルディオラ監督や主力選手の流出などが懸念されている。

 ウインターブレイク明けのシティは19日にプレミアリーグ第26節でウエスト・ハムを本拠地エティハド・スタジアムに迎え、デ・ブルイネの1ゴール1アシストの活躍により2-0で完封勝利。次節、3位レスター・シティとの上位対決に弾みをつけた。

 試合終了後、デ・ブルイネは「僕たちがウインターブレイク中にあの声明が発表された」と今回の騒動について言及。「僕たちは戻ってきて、いつも通りトレーニングをした。結局のところ、何も変わっていない。僕たちは試合に臨み、今日は良いパフォーマンスを出せた」と語り、選手たちは試合に集中しているという。

「まだ2つのカップ戦(FA杯とカラバオ杯)とチャンピオンズリーグが残っており、多くの試合をこなさなければならない。だから、できる限り早く自分たちのリズムを見つけ出し、シーズンの終了後にはいくつものタイトルを獲得したい」

 デ・ブルイネの言う通り、処分は発表されたものの、クラブはCASに提訴しており、完全に処分が確定したわけではない。まずはサッカー選手として、クラブや応援してくれるファンのために、目の前の試合に全力で臨むつもりだ。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

ライプツィヒFWがリバプール移籍報道に言及「とても名誉なこと」

トッテナム戦で決勝点を挙げたティモ・ベルナー
 ライプツィヒに所属するドイツ代表FWティモ・ベルナー(23)が、移籍が噂されているリバプールについて言及した。英『リバプール・エコー』が報じている。

 シュツットガルト下部組織出身のベルナーは2013年8月にプロデビュー。2016年6月にライプツィヒに加入し、今季はブンデスリーガでバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レワンドフスキに次ぐ、20得点を記録しており、優勝争いするチームを引っ張っている。

 スピード豊かなストライカーは、19日にアウェーで行われたトッテナムとのUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦第1戦に先発出場すると、後半13分にPKを決め、1-0の勝利に大きく貢献した。

 試合終了後のインタビューでベルナーは、自身への関心が報じられているリバプールについて言及。「僕はリバプールが現在、世界最高のチームであることを知っている。そして、そのチームとつながっていることは、僕にとって非常に名誉なことだ」と素直に喜んだ。

「もちろん喜ばしいことだけど、僕はリバプールに多くの優秀な選手がいることを知っている。自分自身を改善し、そのレベルでプレーするためにもっと多くのことを学ばなければいけない」

 リバプールでプレーするためには、更なるレベルアップが必要と語ったベルナー。リバプールのほかにも、チェルシーやユベントス、インテル、アトレティコ・マドリーなどビッグクラブが関心を示しているが、今後どういったキャリアを歩むのか注目だ。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

ラッシュフォード、今季絶望の可能性も…スールシャール「あと数か月かかる」

マーカス・ラッシュフォードの現状は…
 マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、負傷離脱中のイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードの現状について語った。クラブ公式サイトが伝えている。

 ラッシュフォードは1月15日に行われたFAカップ(国内杯)3回戦再試合のウォルバーハンプトン戦に途中出場したが、背中を痛めて負傷交代。英『ガーディアン』によると、疲労骨折で2~3か月の離脱が見込まれている。

 スールシャール監督は当初、「疲労骨折は完治まで6週間を要する」と語っていたが、「マーカスには、今シーズン中に復帰してもらいたい。終盤に近い時期になるだろう。回復には時間がかかる。私は医師ではないが、当初より早く回復してもらいたいと思っていた。あと数か月はかかる」と語り、今季中の復帰は微妙なようだ。

 ユナイテッドの攻撃を牽引していた22歳ストライカーは、今季公式戦で31試合に出場し、19ゴールを記録していた。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

「小さな問題ですが…」神戸フェルマーレンは前半のみで交代、指揮官が理由を説明

前半のみの出場となったトーマス・フェルマーレン
 ヴィッセル神戸を率いるトルステン・フィンク監督が、ベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンをハーフタイムで代えた理由を説明した。クラブ公式サイトが伝えている。

 19日、神戸はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループリーグ第2節で水原三星とアウェーで対戦し、後半45分のFW古橋亨梧の決勝点により1-0で勝利した。フェルマーレンは先発したものの、前半のみの出場となり、後半からDF渡部博文がピッチに立った。

 この交代について指揮官は「トーマスが小さな問題ですが、問題を抱えたのでリスクを負いたくないので交代をしました」と説明。「その中で、彼(渡部)はとてもよくやってくれました。ビルドアップにしっかり参加して、ディフェンスもそつなくこなしてくれたので、勝利に繋がったと思います」と振り返った。

 これで神戸は初参戦となるACLで2連勝。好スタートの勢いのまま、23日の横浜FCとのJ1リーグ開幕戦に臨む。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2020特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

ライプツィヒが敵地でトッテナムに1-0先勝! “アウェー職人”FWベルナーが決勝PK弾

ライプツィヒが敵地で1-0の勝利
[2.19 欧州CL決勝T1回戦 トッテナム0-1ライプツィヒ]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の決勝トーナメント1回戦第1戦が19日に開催され、ライプツィヒ(ドイツ)は敵地でトッテナム(イングランド)に1-0で勝利した。後半13分にPKからFWティモ・ベルナーが決勝点をマーク。第2戦は3月10日にライプツィヒのホームで行われる。

 長期離脱中のFWハリー・ケインに加えてFWソン・フンミンも右腕骨折で欠くことになったトッテナムは、開始直後のライプツィヒの猛攻をしのぐと、その後はコンパクトな4-4-2の布陣で相手の攻勢をやり過ごす時間が続く。ライプツィヒはポゼッションでシュート数で大きく上回りながらも、得点機を作れずに前半を終えた。

 それでもスコアが動いたのは後半13分。MFコンラッド・ライマーがPA内でDFベン・デイビスに倒されて獲得したPKを、ベルナーが右足でゴール左下に沈める。ベルナーは今大会4ゴール目で、大会通算では7得点目。その全てがアウェーで挙げたものになっている。

 追いかけるトッテナムは交代カードを使って打開を図ると、後半28分にPA手前右でFKのチャンス。キッカーのMFジョバニ・ロ・セルソが左足で鋭いシュートを放つが、GKペーテル・グラーチに触られたボールは左ポストを叩く。同41分にはやや遠めのFKから途中出場のMFエリク・ラメラが左足で直接狙うも、ゴール右に飛んだ強烈なシュートは再びグラーチに弾き出され、得点とはならない。

 トッテナムは終盤の好機も生かせず、0-1でタイムアップを迎えた。前回ファイナリストは逆転を目指し、3月10日にライプツィヒの本拠地に乗り込む。

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●プレミアリーグ2019-20特集
●ブンデスリーガ2019-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信

CL初出場アタランタ、セリエA最多得点の猛攻見せた!! 強豪バレンシアに4発先勝

4ゴールを挙げたアタランタ(イタリア)
[2.19 欧州CL決勝T1回戦 アタランタ4-1バレンシア]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は19日、決勝トーナメント1回戦の第1戦を行い、ホームのアタランタ(イタリア)がバレンシア(スペイン)を4-1で破った。今季のセリエAでリーグ最多63得点を奪った攻撃陣が欧州カップ戦で躍動。得点者全員が欧州CL初ゴールという勢いも光り、初出場での8強入りに大きく前進した。

 グループリーグC組の前半戦を0勝3敗で折り返すも、第4節マンチェスター・C戦のドローを皮切りに2勝1分3敗で突破した初出場のアタランタ。歴史的な決勝トーナメント初戦はチェルシー、アヤックス、リールと同居したH組を首位通過したバレンシアをホームに迎えた。

 2016-17シーズンから指揮を執るジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の下、システムは3-5-2。今季のセリエAで14得点を挙げているFWヨシップ・イリチッチと、10アシストを記録したFWアレハンドロ・ゴメスが縦関係気味の2トップを組み、トップ下には長身ゲームメーカーのMFマリオ・パシャリッチが入った。

 一方、バレンシアはDFガブリエウ・パウリスタが2試合出場停止でDFエセキエル・ガライが今季絶望の大怪我を負ったため、最終ラインは急造メンバー。今季の公式戦でほとんど同時にプレーしたことのないDFエリアカン・マンガラ、DFムクタル・ディアカビがセンターバックのコンビを組んだ。また中盤の軸を担うMFフランシス・コクランも負傷でベンチを外れた。

 試合は前半16分、立ち上がりから主導権を握ったアタランタが先手を取った。左サイドをゆったりと攻め上がったA・ゴメスにバレンシアの守備陣がついていけず、ハーフスペースから鋭いクロスを供給。これに逆サイドから飛び込んだMFハンス・ハテブールがダイレクトで合わせ、栄えある決勝トーナメントクラブ史上初のスコアラーとなった。

 前半20分からは一転、バレンシアがペースを取り戻す。ところが29分、クイックリスタートから攻め上がったMFフェラン・トーレスのシュートがポストに弾かれると、35分にはDFホセ・ガヤの浮き球パスにMFゴンサロ・ゲデスが抜け出すもシュートは右外。すると42分、アタランタはパシャリッチのパスからイリチッチが右足を振り抜き、2点のリードを奪った。

 アタランタはさらに後半12分、左サイドからカットインしたMFレモ・フルーラーが強烈な右足シュートを突き刺して3点リード。バレンシアは16分、相手のビルドアップミスに乗じた攻撃からFWマキシミリアーノ・ゴメスが絶好機を迎えたが、フリーでのシュートはGKハウメ・ドメネクの正面に飛んだ。

 すると後半17分、パサリッチのスルーパスからハテブールが長い距離を抜け出し、そのまま右足で叩き込んで4-0。ハテブールは欧州CL初ゴールから一挙2得点を奪った。絶望的な点差がついたバレンシアは21分、途中出場FWデニス・チェリシェフが豪快な左足シュートを決めて1点を返す。しかし反撃はそこまで。アタランタが初出場での8強入りをほぼ手中に収めた。

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信

FFP問題に揺れるマンC、デ・ブルイネの全得点絡む活躍で完封勝利

1ゴール1アシストのケビン・デ・ブルイネ
[2.19 プレミア第26節 マンチェスター・C 2-0 ウエスト・ハム]

 ファイナンシャル・フェアプレー問題に揺れるマンチェスター・シティは19日、プレミアリーグ第26節でウエスト・ハムを本拠地エティハド・スタジアムに迎え、2-0で勝利した。

 首位リバプールと暫定で勝ち点25差となっている2位シティ。DFアイメリック・ラポルトが約1か月ぶりに復帰し、前線にはFWセルヒオ・アグエロとFWガブリエル・ジェズス、MFベルナルド・シウバが起用された。

 当初、9日に行われる予定だったが、キアラと名付けられた暴風雨の影響で延期となっていたこの一戦。先制点は前半30分に生まれた。MFケビン・デ・ブルイネの左CKからニアに飛び込んだMFロドリが頭でフリック。これが右サイドネットに吸い込まれ、シティが先手を取った。

 攻撃の手を緩めず、相手ゴールに襲いかかるシティ。後半17分、PA右でデ・ブルイネの縦パスを受けたB・シウバが切り返して相手をかわすと、後方から走り込んだデ・ブルイネが右足を一閃。ニアの狭いスペースに流し込み、2-0とリードを広げた。

 ポゼッション率78%で相手に枠内シュートを1本も許さなかったシティだが、後半39分にアクシデント発生。MFダビド・シルバが左腿裏あたりを痛め、MFフィル・フォーデンとの交代を余儀なくされた。

 試合は2-0のままタイムアップ。勝利したシティは次節、3位レスター・シティとアウェーで対戦する。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

チェルシー痛手、カンテは2~3週間の離脱へ

負傷交代したエンゴロ・カンテ
 チェルシーフランス代表MFエンゴロ・カンテは2~3週間の離脱になりそうだ。フランス『レキップ』が報じている。

 カンテは17日に本拠地スタンフォードブリッジで行われたプレミアリーグ第26節のマンチェスター・ユナイテッド戦に先発出場。前半12分に足を痛めてしまい、イングランド代表MFメイソン・マウントとの交代を余儀なくされた。

 試合終了後、フランク・ランパード監督は「外転筋の怪我だ。これから検査をするが今のところ軽い怪我では無さそうだね」と語っていた。

 同紙によると、カンテは2~3週間程度の離脱になる見込み。これにより、22日のプレミアリーグ第27節トッテナム戦、25日のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦のバイエルン戦など数試合の欠場が決まった。

 また、復帰については3月8日の第29節エバートン戦か、14日の第30節アストン・ビラになると同紙は予想している。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

“畠中の代役”横浜FM伊藤槙人がACL初出場「2人の間に割って入るくらい…」

横浜F・マリノスDF伊藤槙人
[2.19 ACL第2節 横浜FM4-0シドニーFC 横浜国]

 昨季途中に加入した横浜F・マリノスDF伊藤槙人がACLグループリーグ第2節・シドニーFC戦でアジアデビューを果たした。「いつもどおりに準備して、チームのために自分ができることをやろうという気持ちでいった」。普段と変わらぬメンタリティーで臨み、90分間フル出場で完封勝利に貢献した。

 日本代表DF畠中槙之輔の負傷により、巡ってきた先発のチャンス。「キャンプで数試合やって、短いスパンで試合をする中で改善して、また次の試合に…といった形でできた。その中で自分で意識するポイントを変えたり、やりやすさは上がっている」。昨季は年度途中の加入だったため、初のプレシーズンキャンプ。周囲との連係にも手応えを感じ、アジアの初陣に向かった。

 この日の横浜FMは一方的に試合を支配し、ボールを失っても即座に奪い返す場面が目立つ展開。シドニーの攻撃は終始淡白で、伊藤は「バックパスとか横パスより、前や斜めのパスを選択する」という配球と、「前がかりになったらチアゴと声を掛け合うようにしていた」というリスクマネジメントの役割が主だった。

「カウンターの起点はつぶせたところはつぶせたけど、ピンチになったところはあったので改善したい」と語ったように、カバーリングの判断をはじめ、パスの精度ではときおり課題も残った。ただ、その中でも粘り強い対応を続けたことで、畠中を欠いた中でも今季初の無失点に抑えたのは収穫だろう。

 主力2人の壁は高いが、今季のテーマは主力定着。「去年の夏から入って、去年は全然試合に絡めなかった中で、今年はチアゴとシン(畠中)という去年ずっと出ていた2人の間に割って入るくらいにアピールしたい。今年は試合数も多いし、試合に出ながらチーム力も上がるし、そうすれば去年以上の力が出せる。そこはどんどんやっていきたい」。まずは過密日程を味方につけ、巡ってきたチャンスを活かしていくつもりだ。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2020特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

横浜FMが今季初完封、前節のミス乗り越えたGK梶川「狙ってくるのは分かっていた」

無失点に抑えた横浜F・マリノスGK梶川裕嗣
[2.19 ACL第2節 横浜FM4-0シドニーFC 横浜国]

 豪州王者のシドニーFCに対し、4-0という圧倒的なスコアで勝利した横浜F・マリノス。終始主導権を握り続けていたため、相手の決定機は数えるほどしかなかったが、それらはどれも同じような形だった。ゴールを守ったGK梶川裕嗣は「僕が全北戦でミスをしてしまった部分を相手が割り切ってやってきた」と振り返る。

 梶川は東海学園大出身のプロ7年目。これまで湘南で3年間、徳島で3年間プレーし、今季からJリーグ王者の横浜FMに完全移籍を果たした。同じポジションには昨季のリーグ優勝を牽引したGK朴一圭。しかし、朴は外国籍選手枠の関係でACL登録外のため、梶川が加入後まもなくチャンスを掴んだ。

 ところがそうして迎えた今月12日のグループリーグ開幕節・全北現代(韓国)戦、梶川は2-0の後半36分に決定的なミスを犯した。相手右サイドバックからのロングフィードに勢い良く飛び込んだものの、DF畠中槙之輔との連係を誤ってボールを後逸。ここから失点につながり、圧倒的な優勢ムードから一転勝ち点を失うという危機に陥った。

 幸いにも全北現代戦は2-1のまま白星を収めた。しかし、こうしたミスは相手につけ入るスキを与えるもの。第2節でホームに迎えたシドニーFCも“ミス”を誘ってきた。スティーブ・コリカ監督が「3週間プレーしていない中での試合は難しい」と語ったように、コンディションに劣る相手の攻撃は単調そのもの。だが、最終ライン裏へのふんわりとしたロブパスだけは一つの狙いが見て取れた。

 もっとも、この日は梶川が一枚上手だった。「僕が全北戦でミスをしてしまった部分を相手が割り切ってやってきた。カウンターであそこを狙ってくるのは分かっていたので、そこはしっかりコミュニケーションを取ることでしっかり対応できた」。約1週間という準備期間の中で連係面も向上。最終盤の大ピンチを防ぐなど、今季初の完封勝利に導いた。

「行くか行かないかの部分だったり、僕のポジショニングもそうだけど、前の試合よりは細かく修正したつもりだった」。そう語った梶川は日頃のトレーニングでも、松永成立コーチや朴からポジショニングを学んでいる様子。「パギさんからもどんどん盗みつつ、自分の良さも出しながらやっていきたい」と意気込む。

 いよいよ今週末からリーグ戦が開幕。「まだまだ細かいミスがあるのでそういうのを直していきたい」という梶川にとっては朴とのレギュラー争いもスタートする。「ACL2連勝でJリーグ開幕に向けて良い弾みがついたと思うので、この勢いをリーグ戦に向けていけたら」。アジアの経験をアドバンテージとし、連覇を目指すチームに貢献していく構えだ。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2020特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

今季初ゴールは絶妙ループ! 2得点の横浜FM仲川「GKのポジションを見て…」

横浜F・マリノスFW仲川輝人
[2.19 ACL第2節 横浜FM4-0シドニーFC 横浜国]

 昨季のJリーグ得点王がようやく目覚めた。横浜F・マリノスのFW仲川輝人は今季、ここまで公式戦2試合でノーゴール。「力が入ったシュートが多くて外していた」。そんな反省を胸に臨んだACLグループリーグ第2節のシドニーFC戦では華麗なループシュートを含む2ゴールを沈め、6年ぶりにアジアの舞台に立ったチームを初の開幕2連勝に導いた。

 1-0で迎えた前半31分、今季初ゴールは「力み」とは無縁の一発だった。右サイドに持ち上がったDFチアゴ・マルチンスの斜めのパスが前線に入ると、絶妙なスルーを見せたFWオナイウ阿道と入れ替わる形でゴール前へ。「抜け出した時にGKのポジションを見て、前に出ていたので頭上を超えるシュートを打てば入ると思った」。とっさの判断で放った右足シュートは「狙い通り」の形でゴールマウスに吸い込まれた。

「今年が始まってから力が入ったシュートが多くて外していたのもあったけど、今日の1点目はリラックスして良い感触で取れた」。そう手応えを感じた仲川はわずか2分後に追加点。今度は左サイドからDFティーラトンのパスを受けると、左足で流し込んだ。「キックがうまい選手しか出せないし、ブンちゃん(ティーラトン)だから出せる。うまく受ける準備をしておくというのは中に入った時に心掛けている」。

 後半にも1点を追加した横浜FMは、豪州王者を相手に4-0の完勝。「キックオフから自分たちのリズムで、ハードワークの部分、球際の部分で優っていたことが勝利につながった」。今週末からリーグ戦が開幕を迎えるが、昨季まで積み上げてきたスタイルに疑いはない。連続得点王の期待がかかる仲川は「2連覇のためにはスタートダッシュが大事なので、ホームで勝てるように一丸となって力を出したい」と23日のG大阪戦へ意気込んだ。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2020特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

移籍後初ゴール含む2発! 横浜FMオナイウ阿道「もっと良くなっていく」

2得点を挙げた横浜F・マリノスのFWオナイウ阿道
[2.19 ACL第2節 横浜FM4-0シドニーFC 横浜国]

 期待を集めてきた新加入ストライカーがついに結果を出した。横浜F・マリノスFWオナイウ阿道はACLグループリーグ第2節、豪州王者のシドニーFCを相手にフル出場。貴重な先制点を含む2ゴールを記録した他、絶妙なスルーでFW仲川輝人の得点も導き、開幕2連勝に大きく貢献した。

 昨季は浦和から期限付き移籍した大分で10得点を挙げ、今季からJリーグ王者の横浜FMに完全移籍で加入。キャンプでアンジェ・ポステコグルー監督の信頼をつかむと、今季ここまで全公式戦にあたる富士ゼロックススーパー杯のヴィッセル神戸戦(■3-3、PK2-3)、ACLグループリーグ開幕節の全北現代戦(○2-1)で先発起用されてきた。

 しかし、2試合での結果はノーゴール。とくに全北現代戦ではチーム全体が多くのチャンスをつくりながらも決め切れず、決定力という課題が浮き彫りとなった。そこでシドニーFC戦では「チームで狙ったことをやりながら、得点を取れるように」というミッションを胸に試合に臨んでいたという。

 まずは前半12分、強烈な左足シュートで先制点を奪った。「喜田選手がうまく僕のところにくれて、相手と交錯してガチャっとなった。いいところにこぼれて、僕自身もそれまでちゃんとシュートを打てていなかったし、フリーだったので思い切って打った」。相手に当たったボールがドライブ軌道を描き、ゴールネットに突き刺さった。

 さらに3-0で迎えた後半6分、今度はクロスに飛び込む得意の形だった。左サイドを突破したMF遠藤渓太のカットインから、MFマルコス・ジュニオールがペナルティエリア角をえぐった流れ。「渓太が運んでいる時にマルコスが回ったのが見えた」。加入後3戦目とは思えないほど見事な“3人目の動き”だった。

 周囲との連係で言えば、2点目の形も見事だった。DFチアゴ・マルチンスの斜めのパスに反応すると、「相手のプレッシャーが来ていたので僕が触ったら奪われると思ったし、テルくんが走っていたので」とスルーを選択。そのボールを受けた仲川がループシュートを沈め、大きな追加点が入った。

 加入から1か月余り、オナイウは徐々に新天地のスタイルへの順応にも手応えを感じているという。「マリノスに来て、キャンプから少しずつ良くなっていると思うし、試合を重ねるごとに良くなっていると思うし、これからもっと良くなっていくと思う。あとコミュニケーションがしっかり取れているので、それが一番じゃないかと思う」。

 そうした形で充実感を得られているからこそ、ここまでのノーゴールも「そこまで焦る気持ちはなかった」という。この日の試合後には「何よりチームで4点を取れたし、この前(全北現代戦)の反省だった決定機を決め切ること、失点しないことができて良かった」と述べ、何よりチームの勝利を喜んでいた。

 とはいえ、チームの勝利に関わるためにはこうしたアピールを続けることが大事になる。「まだまだ良くなると思う。またACLとリーグ戦では違うかもしれないし、相手も全然違う。もっと突き詰めてどんどん良くなれるよう、個人としてもチームとしても上に行けるようにやりたい」。期待を集める24歳は今週末に開幕を迎えるリーグ戦へ闘志を燃やした。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2020特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!