【動画】激レアなサッカースパイク大集合!スパイク好き達が集ったマル秘オフ会のレポート!

【動画】激レアなサッカースパイク大集合!スパイク好き達が集ったマル秘オフ会のレポート!
 スパイクマイスターKoheiがサッカースパイクマニアの集い「オフ会ミーティング」に参加した様子を紹介するレポート動画!復刻版プレデターマニアやF50アディゼロ4、ソールスワップしたサッカースパイクの数々など、超レアなサッカースパイクが大集結!スパイク好きは必見です!

【Kohei プロフィール】
 日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

★ゲキサカYouTubeチャンネル登録はこちらから

@bookfun155 分野研究家

最近多い話がコロナ前とコロナ後のビジネスのあり方がビジネスモデルが大きく変わるのじゃないかという話。そうだな。PART2

Posted in 未分類

20歳FWサンチョの“禁断の移籍”合意? 現地紙がマンU入り報じる

ドルトムントFWジェイドン・サンチョ
 イギリス『ミラー』が29日、ドルトムントFWジェイドン・サンチョ(20)のマンチェスター・ユナイテッド移籍が水面下で合意に至ったと報じた。もしこの取り引きが実現すれば、マンチェスター・シティ出身のイングランド代表FWにとっては禁断の移籍となる。

 シティのアカデミーで育ったサンチョは2017年、ドルトムントに移籍。U-17ワールドカップ優勝の実績を引っさげ、10代にしてドイツ名門のレギュラーに定着した。ところがますます価値が高騰するサンチョを巡ってはユナイテッド、チェルシー、リバプールが関心を持つなど、プレミアリーグ復帰が確実視されていた。

 そうした中、ユナイテッドが交渉をリードしているようだ。『アイリッシュ・インデペンデント』の記事によれば、サンチョはドルトムント移籍前からマンチェスターへの帰還を念頭に置いていた模様。ただ、シティはMFリヤド・マフレズやFWラヒーム・スターリングという壁が立ちはだかることで、戻るつもりにはなれなかったという。

 移籍が実現した場合、1億ポンド(約133億円)以上とも言われる移籍金の15%をシティが受け取れる契約となっている模様。その上でユナイテッドは伝統の背番号7を準備しているそうだ。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

近畿大が入部予定選手を追加発表、奈良MVPのMF池田、DF中島、GK原口、DF芝ら

選手権奈良県予選MVPのMF池田達哉(五條高)は近畿大へ。(写真協力=高校サッカー年鑑)
 19年関西学生リーグ1部8位の近畿大が、20年の入部予定選手を追加発表した(協力=関西学生サッカー連盟、近畿大、College Soccer Central)。

 五條高(奈良)の大黒柱として夏冬の全国出場へ導いた長身ボランチMF池田達哉主将(選手権奈良県予選MVP)をはじめ、2年時に守護神として関西大北陽高(大阪)の17年ぶりとなるインターハイ出場に貢献したシュートストッパー・GK原口龍馬ヴィッセル神戸U-18(兵庫)の190cmDF芝晴太郎、サイドからの仕掛けが特長のMF北本友希(大阪桐蔭高)、大阪の古豪・清風高のFW加藤駿が近大へ進学する。

 また、系列校からは高い攻撃センスを備えたDF中島紳作と対人に強いDF金亮輔、推進力ある動きで攻守に絡むボランチMF安座名我空(いずれも近大附高)、また近大和歌山高(和歌山)からもチームリーダーのCB横瀬和葵と鋭い動きが特長のFW田中大智が加わる。

 近大はすでにGK金子麗音(市立船橋高)やDF大串啓太郎(東福岡高)らが入部予定となっている。

以下、近畿大の入部予定選手(※は追加発表選手)
▼GK
金子麗音(市立船橋高)
原口龍馬(関西大北陽高)
▼DF
鈴木雄万(北海道コンサドーレ札幌U-18)
大串啓太郎(東福岡高)
※金亮輔(近大附高)
中島紳作(近大附高)
※横瀬和葵(近大和歌山高)
芝晴太郎(ヴィッセル神戸U-18)
▼MF
臼井勇気(ヴィッセル神戸U-18)
岡田蒼生(愛媛FC U-18)
丹下稜介(近大附高)
辰巳連(近大附高)
※安座名我空(近大附高)
北本友希(大阪桐蔭高)
池田達哉(五條高)
▼FW
田中角栄(東福岡高)
中村榛(近大高専)
田中大智(近大和歌山高)
※加藤駿(清風高)

※各大学の入部予定選手は指定校推薦、AO入試、附属系列校、一般入試等によって増える可能性あり。新たな入部者情報は発表後に追記予定。
▼関連リンク※別サイトへ移動します
関西学生サッカー連盟公式サイト
College Soccer Central
twitter:JUFA_kansai
facebook:関西学生サッカー連盟
Google Plus 関西学生サッカー連盟広報フォトアルバム

近畿大が入部予定選手を追加発表、奈良MVPのMF池田、DF中島、GK原口、DF芝ら

選手権奈良県予選MVPのMF池田達哉(五條高)は近畿大へ。(写真協力=高校サッカー年鑑)
 19年関西学生リーグ1部8位の近畿大が、20年の入部予定選手を追加発表した(協力=関西学生サッカー連盟、近畿大、College Soccer Central)。

 五條高(奈良)の大黒柱として夏冬の全国出場へ導いた長身ボランチMF池田達哉主将(選手権奈良県予選MVP)をはじめ、2年時に守護神として関西大北陽高(大阪)の17年ぶりとなるインターハイ出場に貢献したシュートストッパー・GK原口龍馬ヴィッセル神戸U-18(兵庫)の190cmDF芝晴太郎、サイドからの仕掛けが特長のMF北本友希(大阪桐蔭高)、大阪の古豪・清風高のFW加藤駿が近大へ進学する。

 また、系列校からは高い攻撃センスを備えたDF中島紳作と対人に強いDF金亮輔、推進力ある動きで攻守に絡むボランチMF安座名我空(いずれも近大附高)、また近大和歌山高(和歌山)からもチームリーダーのCB横瀬和葵と鋭い動きが特長のFW田中大智が加わる。

 近大はすでにGK金子麗音(市立船橋高)やDF大串啓太郎(東福岡高)らが入部予定となっている。

以下、近畿大の入部予定選手(※は追加発表選手)
▼GK
金子麗音(市立船橋高)
原口龍馬(関西大北陽高)
▼DF
鈴木雄万(北海道コンサドーレ札幌U-18)
大串啓太郎(東福岡高)
※金亮輔(近大附高)
中島紳作(近大附高)
※横瀬和葵(近大和歌山高)
芝晴太郎(ヴィッセル神戸U-18)
▼MF
臼井勇気(ヴィッセル神戸U-18)
岡田蒼生(愛媛FC U-18)
丹下稜介(近大附高)
辰巳連(近大附高)
※安座名我空(近大附高)
北本友希(大阪桐蔭高)
池田達哉(五條高)
▼FW
田中角栄(東福岡高)
中村榛(近大高専)
田中大智(近大和歌山高)
※加藤駿(清風高)

※各大学の入部予定選手は指定校推薦、AO入試、附属系列校、一般入試等によって増える可能性あり。新たな入部者情報は発表後に追記予定。
▼関連リンク※別サイトへ移動します
関西学生サッカー連盟公式サイト
College Soccer Central
twitter:JUFA_kansai
facebook:関西学生サッカー連盟
Google Plus 関西学生サッカー連盟広報フォトアルバム

流通経済大新入部員に流経柏MF八木主将、MF渡會、FW宮田、MF丸山、CB松下ら

名門・流通経済大柏高のMF八木滉史主将は流通経済大へ進学する
 関東大学リーグ2部からの全国2冠を狙う流通経済大が20年の入部予定選手を発表した(協力=関東大学サッカー連盟、流通経済大)。
 
 附属校の名門・流通経済大柏高(千葉)からは攻撃センスの高さとキックに注目のMF八木滉史主将をはじめ、ともに献身的な動きが光るMF渡會武蔵とFW櫻井俊英、MF井田祐成、187cmGK永澤海斗の5人が加入する。

 FW宮田和純(FC東京U-18)は184cmの大型ストライカー。MF丸山優太朗(清水エスパルスユース)は左足のシュート精度などを武器とするレフティーだ。DF松下開斗(中央学院高)は技術力高い左利きの長身CB。東京の強豪、成立学園高で主将を務めたゲームメーカー・MF宇津木優人、伝統校・水戸商高(茨城)をインターハイへ導いた技巧派FW廣瀬正明、国体全国2位の実績を持つボランチMF佐々木楓(金沢高)、俊足DFオグヴァーグ翔星(湘南ベルマーレU-18)、突破力光るMF尾下真輝人(ロアッソ熊本ユース)、興國高(大阪)のテクニシャン・MF大亀海世、187cmGK平岡拓望(如水館高)、DF全炳建(FC大阪)も流経大へ進学する。

 いずれも全国クラスの強豪からDF丸岡海輝(滝川二高)とDF瀧本駿大朗(熊本国府高)、MF金珉瑩(長崎総合科学大附高)、MF増田陵徳(矢板中央高)が加わるほか、宮城の伝統校・東北高のSB鈴木楓河主将、夏の埼玉準V・聖望学園高のCB熊谷武留、長身ストッパー・CB伊藤拓夢(平塚学園高)、キック正確なMF内澤海大(修徳高)、新興の金沢学院高を石川決勝へ導いたDF上村一太、ナショナルトレセンU-14歴を持つMF前田陸王(東海大札幌高)、全日本U-18フットサル選手権出場のDF宇田涼汰(中央学院高)、栃木県選抜のMF成塚如哉(栃木SC U-18)も強豪を進路にしている。

 また、夏の埼玉8強・埼玉平成高の展開力のあるMF酒井亮弥とFW築根恵一、三重4強・宇治山田商高のMF恒見洋輔、左利きのSB延山光聖(駿台学園高)、関東大会予選群馬4強のGK鶴田爽太郎(常磐高)、千葉敬愛高(千葉)の10番・FW阿部太陽、DF梶山謙介(盛岡中央高)、GK秋山大起(本庄一高)、GK崔永秀(静岡北高)、DF衛藤海斗(楊志館高)、DF佐野真飛(三島北高)、DF長沢康平(加藤学園高)、MF一石豪(利根商高)、MF森田典磨(武相高)、DF柳辰紅(鮮文大)、そして学生スタッフとして稲本直(金沢学院高)、川口大輝(松商学園高)、佐藤大(創価高)も流経大で挑戦する。

以下、流通経済大の入部予定選手
▼GK
秋山大起(本庄一高)
崔永秀(静岡北高)
鶴田爽太郎(常磐高)
永澤海斗(流通経済大柏高)
平岡拓望(如水館高)
▼DF
伊藤拓夢(平塚学園高)
宇田涼汰(中央学院高)
衛藤海斗(楊志館高)
オグヴァーグ翔星(湘南ベルマーレU-18)
梶山謙介(盛岡中央高)
上村一太(金沢学院高)
熊谷武留(聖望学園高)
佐野真飛(三島北高)
鈴木楓河(東北高)
瀧本駿大朗(熊本国府高)
全炳建(FC大阪)
長沢康平(加藤学園高)
延山光聖(駿台学園高)
松下開斗(中央学院高)
丸岡海輝(滝川二高)
柳辰紅(鮮文大)
▼MF
井田祐成(流通経済大柏高)
一石豪(利根商高)
宇津木優人(成立学園高)
内澤海大(修徳高)
大亀海世(興國高)
尾下真輝人(ロアッソ熊本ユース)
金珉瑩(長崎総合科学大附高)
酒井亮弥(埼玉平成高)
佐々木楓(金沢高)
恒見洋輔(宇治山田商高)
成塚如哉(栃木SC U-18)
前田陸王(東海大札幌高)
増田陵徳(矢板中央高)
丸山優太朗(清水エスパルスユース)
森田典磨(武相高)
八木滉史(流通経済大柏高)
渡會武蔵(流通経済大柏高)
▼FW
阿部太陽(千葉敬愛高)
櫻井俊英(流通経済大柏高)
築根恵一(埼玉平成高)
廣瀬正明(水戸商高)
宮田和純(FC東京U-18)
▼学生スタッフ
稲本直(金沢学院高)
川口大輝(松商学園高)
佐藤大(創価高)

※関東大学サッカー連盟の協力により、同オフィシャルサイト(http://www.jufa-kanto.jp/)で発表されたリストを随時掲載致します。なお、大学によっては一般入学等によって新入部員が増える可能性があります。また諸事情により、公表されない大学もあります。

第100回天皇杯、秋田県予選が中止…J3秋田が“不戦勝”で本大会へ

第100回天皇杯、秋田県予選が中止…J3秋田が“不戦勝”で本大会へ
 ブラウブリッツ秋田は31日、同クラブが第100回天皇杯の秋田県代表チームに決まったことを発表した。予選の中止により事実上の”不戦勝”となった。

 発表によると、新型コロナウイルスの感染拡大で日本サッカー協会(JFA)が各種事業禁止・中止の要請を行っており、4月19日に予定されていた決勝戦が中止となったため。秋田県サッカー協会と同協会1種委員会が決断した。

 第100回天皇杯は5月23日に開幕予定。他の都道府県でも予選が開催できない問題が相次いでおり、愛知県や静岡県などは準決勝までの中止を決定し、代表決定戦だけで本戦出場チームを決めるという措置を取っている。

 現段階ではJ1・J2全40クラブのほか、アマチュアシードのHonda FC(JFL/静岡県)の出場が決まっている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●第99回天皇杯特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

ACL歴代ベスト“ソロ・ゴール”候補に札幌MFチャナティップ! 現在得票2位

MFチャナティップがノミネートゴールを決めた後に見せたセレブレーション
 アジアサッカー連盟(AFC)は新型コロナウイルスの感染拡大によって各国公式戦が中断されている今月、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の歴代ベストゴール投票を行っている。現在実施されている『ソロ・ゴール』(単独でのゴール)の部門では、現役Jリーガーから唯一北海道コンサドーレ札幌のMFチャナティップがノミネートされている。

 ノミネートされたゴールはムアントン・ユナイテッド所属時の2017年4月26日、グループリーグのブリスベン・ロアー戦でのもの。中盤で縦パスを受けたチャナティップは寄せてきたディフェンスを華麗なターンでかわすと、スピードに乗ったドリブルで最終ラインも突破。そのままゴールキーパーをも抜き去り、ドリブルでゴールマウスに駆け込んでいる。

 ベストゴール候補には17年3月15日に上海上港FWフッキが浦和レッズ戦で決めた単独突破のドリブルシュートも入っているが、AFCは「体格の面ではチャナティップとフッキは対極にあるだろうが、タイのスターは敵を回避する面で同様に優れている」と称賛している。

 その他、04年11月24日に城南一和MFデニス・ラキティノフがアル・イテハドを相手に決めたゴール、17年4月25日にアル・ターウンのMFアブドゥルマジード・アル・スワットがロコモティフ戦で決めたゴール、18年ブリーラム・ユナイテッドMFエジガル・シウバが城北現代戦で決めたゴールもノミネートされている。

 投票は4月3日午後5時まで。31日午後6時時点、AFC公式サイト(https://www.the-afc.com/competitions/afc-champions-league/latest/news/5-of-the-best-solo-goals)には7000票以上が投じられており、チャナティップは40%の得票率で1位を2ポイント差で追う2位につけている。ゴール動画も公式サイトで閲覧できる。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

今季加入の熊本MF相澤、右大腿直筋肉離れで全治約4週間

[故障者情報]

 ロアッソ熊本は31日、MF相澤祥太が右大腿直筋肉離れで全治約4週間と診断されたと発表した。発表によると、同選手は23日のトレーニング中に負傷していた。

 1996年生まれの相澤は流通経済大出身。19年の卒業後は一時オーストラリアに渡った後、神奈川県の鎌倉インターナショナルFCに所属し、今季から熊本に加入した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

明治大10番FW小柏剛が札幌内定!!「感謝の気持ちを北海道の地で体現し…」

札幌加入が決まった明治大FW小柏剛(4年=大宮ユース)
 北海道コンサドーレ札幌は31日、明治大FW小柏剛(21)と仮契約を結び、2021年シーズンからの加入が内定したと発表した。すでに同年の加入が決まっているGK中野小次郎(法政大)に並び、またしても即戦力の獲得に成功した。

 1998年生まれの小柏は大宮アカデミー出身。ジュニアユース時代にはJFAプレミアカップ制覇を経験し、ユース時代には日本クラブユース選手権大会と高円宮杯プレミアリーグEASTで得点王に輝いた。大学では入学早々に名門校で出場機会を掴み、ユニバーシアード代表や全日本大学選抜にも選出。昨季は3年生ながら背番号10を任された。

 札幌の公式サイトでは「スピードを活かしたドリブルから決定機を作り出すことができ、攻守においてハードワークできる選手」と特長が伝えられている。

 小柏はクラブを通じて「北海道コンサドーレ札幌という伝統ある素晴らしいクラブでプロサッカー選手としてのスタートを切れることを大変嬉しく思います。これまで支えてくださった方々への感謝の気持ちを北海道の地で体現し、多くの人に元気や勇気を与え続けられる選手になれるよう日々努力していきます。応援よろしくお願いします」とコメントした。

●FW小柏剛
(おがしわ・つよし)
■生年月日
1998年7月9日
■身長/体重
167cm/67kg
■経歴
大宮Jrユース-大宮ユース-明治大
■代表・選抜歴
U-15日本代表、U-16日本代表候補、ユニバーシアード代表、全日本大学選抜

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

明治大10番FW小柏剛が札幌内定!!「感謝の気持ちを北海道の地で体現し…」

札幌加入が決まった明治大FW小柏剛(4年=大宮ユース)
 北海道コンサドーレ札幌は31日、明治大FW小柏剛(21)と仮契約を結び、2021年シーズンからの加入が内定したと発表した。すでに同年の加入が決まっているGK中野小次郎(法政大)に並び、またしても即戦力の獲得に成功した。

 1998年生まれの小柏は大宮アカデミー出身。ジュニアユース時代にはJFAプレミアカップ制覇を経験し、ユース時代には日本クラブユース選手権大会と高円宮杯プレミアリーグEASTで得点王に輝いた。大学では入学早々に名門校で出場機会を掴み、ユニバーシアード代表や全日本大学選抜にも選出。昨季は3年生ながら背番号10を任された。

 札幌の公式サイトでは「スピードを活かしたドリブルから決定機を作り出すことができ、攻守においてハードワークできる選手」と特長が伝えられている。

 小柏はクラブを通じて「北海道コンサドーレ札幌という伝統ある素晴らしいクラブでプロサッカー選手としてのスタートを切れることを大変嬉しく思います。これまで支えてくださった方々への感謝の気持ちを北海道の地で体現し、多くの人に元気や勇気を与え続けられる選手になれるよう日々努力していきます。応援よろしくお願いします」とコメントした。

●FW小柏剛
(おがしわ・つよし)
■生年月日
1998年7月9日
■身長/体重
167cm/67kg
■経歴
大宮Jrユース-大宮ユース-明治大
■代表・選抜歴
U-15日本代表、U-16日本代表候補、ユニバーシアード代表、全日本大学選抜

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

C大阪FW安藤瑞季が町田へ期限付き移籍「非常に寂しい」

セレッソ大阪FW安藤瑞季
 FC町田ゼルビアは31日、セレッソ大阪FW安藤瑞季(20)を育成型期限付き移籍で獲得したと発表した。契約期間は2021年1月31日までとなっている。

 安藤は2018年、長崎総合科学大附高からC大阪に加入。昨季までの2年間、トップチームではJ1リーグ戦1試合、天皇杯1試合の出場にとどまっていた。C大阪U-23の選手として参戦したJ3リーグでは計48試合12得点を挙げている。

 安藤は町田の公式サイトを通じて「チームの勝利のため、全身全霊でプレー致します」と意気込みをアピール。C大阪を通じては「このタイミングでの移籍は非常に寂しいです。セレッソ大阪のためにもっと力になれるよう、少しの間チームは離れますが、もっと大きく成長した姿を見せられるように一生懸命頑張ってきます!!」とコメントしている。

●FW安藤瑞季
(あんどう・みずき)
■生年月日
1999年7月19日
■出身地
大分県
■身長/体重
175cm/75kg
■経歴
佐伯S-PLAY MINAMI-長崎総合科学大附高-C大阪
■代表歴
U-17、U-18、U-19日本代表

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

岡山学芸館が逆転勝ち。ファインショットのMF須賀は“中国地方ナンバー1FW”の加入も刺激に

前半28分、決勝点を喜ぶ岡山学芸館高MF須賀大貴(右)
[3.29 練習試合 高川学園高 1-3 岡山学芸館高]

 29日、高川学園高(山口)と岡山学芸館高(岡山)が前半をAチーム、後半をBチームが戦う形で練習試合(30分ハーフ)を実施。前半を2-1で終えた岡山学芸館が後半にも1点を加えて3-1で勝利した。

 高川学園は前日、長崎総合科学大附高に0-3から逆転勝ちし、立正大淞南高にも3-0で快勝。この岡山学芸館とのA戦もポゼッションとFW福地優雅(新3年)を筆頭としたプレッシングで先手を打とうとする。

 8分にはMF清水一輝(新3年)の左CKをファーサイドのCB田中誠太郎(新3年)が左足ボレーで合わせて先制点。その後もシュートで終わる形を増やす。一方の岡山学芸館もポゼッションで対抗。FW中田樹音(新3年)が引いてリズムを作ろうとするが、前半半ばまでは全体的に前線へ抜け出す動きが少なく、足元へのパスを狙われて攻め切る前にボールを失ってしまっていた。

 それでも、GK萩原瑠翔(新3年)、MF宗川遼哉(新3年)、MF今田光星(新3年)、MF須賀大貴(新3年)、MF末瀬由太郎(新3年)と全国高校選手権経験者5人を残す岡山学芸館は試合をひっくり返す。25分、今年の全国屈指のストライカーと言えそうな注目FW中田が、ミドルレンジから対角の左足シュートをゴール右隅に決めて同点。さらに須賀のスルーパスから中田が抜け出す動きを見せるなど相手ゴールを脅かすと、28分に勝ち越し点を奪う。

 右サイドでのクイックスローインから中田が1対1を制して一気に前進。エンドライン際から出したラストパスのこぼれを須賀が右足で撃ち抜くと、「パスは得意なのでパスする感覚で蹴った」インステップの素晴らしい一撃がゴール左隅に突き刺さった。

 岡山学芸館はB戦も1-0で終え、6-2で勝った立正大淞南戦に続く勝利。中国地方の名門2校に連勝した。2試合連続ゴールとなる決勝点を決めた須賀は、1月の全国高校選手権も先発出場。東淀川FC(大阪)時代の先輩でもある静岡学園高MF松村優太(現鹿島)と直接対決した。

 須賀にとって松村は特別な存在だ。「(自分は)中学校の時に最初の方めちゃくちゃへたくそでアンカーをやっていました。一個上の試合を見た時に(松村)優太のプレーを見て、そこから攻撃したいなと思って、それがきっかけで、そのおかげで上手くなった」。同じ進路に進むことはできなかったが、須賀も技術を磨き、成長して全国舞台へ。そこで松村と対峙し、彼の速さなどを実感した。

 先輩MFを目標とする須賀にとって、切磋琢磨するライバルが今冬に加入した。この日2試合で3得点の中田は昨年までファジアーノ岡山U-18に所属し、19年プリンスリーグ中国得点王。須賀は「今年は(中田)樹音が来て、切磋琢磨する上で樹音はめちゃくちゃ点を獲るので、点を獲る以外のところでもアピールしないとダメだし、点でも結果を残さないとダメなので(今日)決めれて良かったです」と微笑む。

 ライバルと競い合いながらゴール数を増やしていくか。「やっぱり(中田の)得点力は中国ナンバー1なので、それを活かすプレーをしつつ、自分も結果を残していって2人で点を獲って全国にいきたい」。スピードのある両ワイドやCB高島諒人主将(新3年)のフィード、技巧派のMF宗川と今田など多彩なアシスト役の存在も活かし、勝利のためにゴールを連発する。

(取材・文 吉田太郎)

韓国紙「Jリーグ大騒ぎ」「再開に赤信号」酒井高徳の新型コロナ陽性を報じる

新型コロナウイルス感染が確認された神戸DF酒井高徳
 ヴィッセル神戸は30日、DF酒井高徳が新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たことを発表した。韓国『朝鮮日報』が翌31日に「Jリーグ初の新型コロナ感染者に“ビックリ”」と題して報じている。

 神戸によると、酒井は25日から体調不良を訴え、30日のPCR検査で陽性と判定された。発表時点で酒井以外に症状が見られる選手やスタッフはおらず、クラブは保健所の指導のもと、濃厚接触者の特定やトレーニング施設の消毒などの対応を実施。今後のスケジュールや調査結果は改めて公表するとしている。

 同紙はこれを受け、「Jリーグ初の新型コロナ感染者に“ビックリ”」との見出しで「日本プロサッカーのJリーグが初の新型コロナウイルス感染者発生に大騒ぎとなった」と伝えた。

 続けて「酒井はドイツのシュツットガルト、ハンブルガーSVに所属していたDFだ。2014年のブラジル・ワールドカップと2018年のロシア・ワールドカップでは日本代表の一員として活躍した」と経歴を紹介。酒井の「コロナウィルスは、本当にどこに潜んでいるかわからない。自分以外の方の感染がないことを本当に心から願うことしかできません」といったコメントも取り上げている。

 また、「来月7日に練習を再開する予定だった神戸は、感染者の発生で構想が頓挫した。神戸は『所管保健所の指導のもとに、運営の再開を予定しております』と述べた」とクラブの状況を伝え、「5月9日の再開を目指していたJリーグの歩みにも赤信号がついた。追加で感染者が発生した場合、5月中の開催も難しくなる場合がある」とJリーグへの影響も指摘した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

@bookfun155 分野研究家

素材としては伸縮性のあるものを選んだり、汗を吸う素材を選んだり、冬でも着られる厚手の素材のものにしたりと、素材にもたくさんの種類がある。 #フットサル#サッカー#ユニフォーム

Posted in 未分類

C・ロナウドが外出自粛を呼びかける「医療従事者を助けよう」

外出自粛を呼びかけたFWクリスティアーノ・ロナウド
 ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドが30日に自身のツイッター(@Cristiano)を更新し、新型コロナウイルスの脅威と向き合っている医療従事者をサポートするよう呼びかけた。スペイン『アス』が伝えている。

 C・ロナウドの所属するユベントスは、新型コロナウイルスの流行がイタリア全土に広がる中、選手たちに対して自主隔離を課した最初のクラブの1つだった。だが、C・ロナウドは母親のドロレス・アベイロさんが軽い脳卒中で倒れたため、彼女とともにマデイラ島へ行く許可を与えられており、そこで検疫を行っている。ドロレス・アベイロさんはすでに退院。C・ロナウドは母親の回復を助ける一方で、ポルトガルの病院に寄付や医療機器の提供を行うなど、積極的に支援をしている。

 30日の投稿では「世界全体にとって困難なこの時期だからこそ、僕らの健康や家族、愛する人たちといった大切なものに感謝しよう」とファンに訴え、「家にとどまり、命を救うために戦っている全ての医療従事者の助けになるんだ」と、感染拡大を防ぐための外出自粛を求めた。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

コロナ危機を悪用したくない…バイエルン会長がノイアーとの契約延長に言及

カール・ハインツ・ルンメニゲ会長がGKマヌエル・ノイアーとの交渉に言及
 バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ会長がGKマヌエル・ノイアーとの契約延長交渉に関し、新型コロナウイルスによる危機の影響を悪用したくないことを明らかにした。ドイツ『シュポルト・ビルト』が報じている。

 バイエルンとノイアーの契約は2021年6月まで。クラブは34歳の守護神との契約延長を目指しているが、ここまで難航しているようだ。2年契約を提示するバイエルンに対し、ノイアーが5年契約を求めていることが原因の1つと見られている。

 現在、サッカー界では新型コロナウイルスの影響で各クラブの財政が圧迫されており、30日にはバルセロナが70%以上の給与カットを発表した。

 同日にインタビューを受けたルンメニゲ会長は、ノイアーとの契約について新型コロナウイルスの危機を利用すべきではないと主張している。

「2021年夏に契約が切れる全ての選手についても、ノイアーについても同じことが当てはまる。コロナウイルスの危機が始まる前に、我々はすでにオファーを出していた。この状況を利用し、これらの優れた選手たちの価値を下げたくはない」

 さらにルンメニゲ会長は「これら全ての選手は、バイエルンがとても堅実で信頼性の高い雇用主であることも知っていると思う」とも強調した。

●ブンデスリーガ2019-20特集

堅守のマリノスからアタッキングフットボールへ…『横浜F・マリノス 変革のトリコロール秘史』が本日発売

堅守のマリノスからアタッキングフットボールへ…『横浜F・マリノス 変革のトリコロール秘史』が本日発売
 株式会社ワニブックスは本日31日、『横浜F・マリノス 変革のトリコロール秘史』(藤井雅彦:著)を発売した。

 J2降格の危機にまで陥ったJリーグ屈指の名門クラブは、いかにして変革を行い、15年ぶりの優勝を果たしたのか。クラブ取材歴15年。チームから絶大な信頼を得ている番記者が、選手・監督・スタッフへ緻密なインタビューを敢行! 横浜F・マリノスの知られざる変革の「歴史」と「裏側」を、どこよりも深く掘り下げ、書き記している。


(構成)
プロローグ ――ドキュメント「優勝の裏側」――
第1章 変革前夜
第2章 深海から頂へ
第3章 革命家 アンジェ・ポステコグルーの正体
第4章 チーム統括本部の奮闘と情熱
第5章 CFGという名の新時代のパートナー
第6章 トリコロールの未来


著者
藤井雅彦(ふじいまさひこ)
ジャーナリスト。1983年生まれ。日本ジャーナリスト専門学校卒業後、記者活動をスタートさせる。サッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』創刊時から執筆。2006年から横浜F・マリノス担当に。マリノスを徹底分析するWEBマガジン『ザ・ヨコハマ・エクスプレス』責任編集としてチームに密着し続けている。“現場至上主義”をモットーに、サッカー専門誌などにも多数寄稿。書籍の構成に『中村俊輔式 サッカー観戦術』『サッカー・J2論』(ともに、ワニブックス刊)。


<書籍概要>
■書名:横浜F・マリノス 変革のトリコロール秘史
■著者:藤井雅彦
■頁数:272頁
■発行日:2020年3月31日
■価格:1500円(税別)
■発行元:ワニブックス

酒井高徳が新型コロナ陽性の神戸、施設とサービスを一部休業および縮小へ

神戸が施設とサービスを一部休業および縮小へ
 ヴィッセル神戸は31日、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を強化するため、施設とサービスを一時休業および縮小することを発表した。対象期間は3月31日(火)から4月5日(日)までの予定となっている。

 クラブは前日30日、DF酒井高徳に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを発表していた。

 上記の対象期間で一部休業および縮小となる施設とサービスは、『ヴィッセル神戸本社事務所』『ヴィッセル神戸チケットセンター』『ヴィッセル神戸オフィシャルグッズショップ ハーバーランド店』『ヴィッセル神戸サッカースクール事務局』『ノエビアスタジアム神戸管理事務所』(スタジアムは地下駐車場以外の全ての施設が利用不可)。なお、対象期間中における各種問い合わせは、それぞれの問い合わせフォームにて受け付けている。

 クラブは公式サイトを通じて「お客様におかれましてはご不便をおかけすることもございますが、何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。ヴィッセル神戸は今後も、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全力で取り組んでまいります」とコメントした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

シャビがバルサ監督を拒む理由は更衣室の「毒のような」雰囲気…就任したら欲しい選手はブンデスの新鋭2人

現在アルサッドを率いるシャビ・エルナンデス監督
 バルセロナのレジェンドであるシャビ・エルナンデス監督は、ドレッシングルームでの「毒のような」雰囲気がなければ、今すぐに古巣の指揮官になりたいと明かした。アメリカ『ESPN』が伝えている。

 シャビ監督は現在、カタールのアルサッドを指揮。以前からバルセロナの監督就任が噂されており、オファーに対して「まだ早すぎる」と断りを入れているものの、「いつかバルセロナで監督をするのが私の夢というのは変わらない」と将来的な古巣帰還を示唆していた。

 29日にスペイン『ラ・バングアルディア』のインタビューに応じたシャビ監督は「バルセロナに戻りたいというのははっきりしているし、そのことをとても楽しみにしている。自分が指導している姿を見せれば、選手たちにも何かを与えられると思う。だけどそのためには、まず僕自身がゼロからスタートして、自分の力で意思決定をしたいということを彼らにははっきり伝えたよ」と改めて述べ、バルセロナの指揮を受け入れる上での条件の1つも語っている。

「自信がある人、忠誠心のある人、そして信頼できる人たちと一緒に仕事がしたい。ドレッシングルームで毒となるような人がいるのは受け入れられない」

 また、もしバルセロナの監督になれたら欲しい選手として、バイエルンのドイツ代表MFセルジュ・ニャブリ(24)やドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(20)の名前を挙げた。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

現役“J最強FW”が印象に残ったシーンは? 1993年のJ開幕戦、ヴェルディ川崎vs横浜マリノスの放送決定!

1993年当時のヴェルディ川崎のメンバー
 東京ヴェルディは30日、『あの試合をもう一度!スポーツ名勝負』と題し、4月5日の19時から『NHK BS1』にて、1993年5月15日に行われたJリーグ開幕戦『ヴェルディ川崎対横浜マリノス』が放送されることを告知した。

 クラブは公式サイト上で「大久保嘉人選手もインパクトが残っているというマイヤー氏のJリーグ初ゴールなど、開幕当時の映像をお楽しみください」と、J1歴代最多得点者(185ゴール)のFW大久保嘉人が明かす見どころも交えて紹介している。

 今も語り継がれる旧国立競技場での歴史的一戦。試合はV川崎が前半にマイヤー氏の豪快な一撃で先制したが、横浜Mが後半にエバートン氏、ディアス氏の連続ゴールで逆転し、2-1の勝利を収めた。V川崎のOBでは、現在の東京Vを率いる永井秀樹監督がベンチメンバー入りし、チームダイレクターのラモス瑠偉氏が先発フル出場している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

W杯決勝前にレアルから“脅迫”の手紙…ディ・マリア「読まずに破った」

ブラジルW杯を振り返ったMFアンヘル・ディ・マリア
 パリSGのMFアンヘル・ディ・マリアが2014年のブラジルW杯決勝のドイツ戦前に起こった出来事を明かした。アルゼンチンのテレビ局『Telefe』でのインタビュー内容をスペイン『アス』が伝えている。

 当時、アルゼンチン代表の主力として同大会に出場していたディ・マリア。決勝トーナメント1回戦のスイス戦(1-0)では延長後半に決勝ゴールを挙げて母国をベスト8に導いたが、続く準々決勝のベルギー戦(1-0)の前半に負傷交代し、準決勝のオランダ戦は欠場していた。

 チームは0-0で突入したPK戦の末、オランダをPK4-2で下して決勝進出。大一番を控える中、復帰を目指すディ・マリアに当時所属していたレアル・マドリーから手紙が届いたという。決勝に出場しないことを勧める内容だった。しかし、ディ・マリアはこれを読まずに破ったことを明かしている。

 同紙は「アンヘル・ディ・マリアは、2014年ワールドカップ決勝のドイツ戦でプレーしたら訴訟を起こすとレアル・マドリーから脅される手紙を受け取ったが、読まずに破っていたことをインタビューで振り返っている」として同選手のコメントを伝えた。

「僕はベルギーとの試合中に負傷した。足は良くなかったけど、(決勝で)プレーしたかった。もう二度とサッカーをしなくてもいいと思っていたんだ。実際、それは起こるかもしれないと言われていたことの1つだけど、僕にとってはワールドカップの決勝戦だ。僕のファイナルだった」

「ハメス(・ロドリゲス)がレアル・マドリーに加入すると言われていたから、彼らが僕を売りたいと思っていることはすでに知っていた。彼は僕の代わりになる選手だ。レアル・マドリーからの手紙を受け取った時、僕は全てを想像し、開かずに破いてしまった。それを読みたくないし、見たくもなかった。プレーするか決断するのは僕だったんだ」

 また、ディ・マリアはドイツとの決勝を前に、当時アルゼンチンを率いていたアレハンドロ・サベーラ監督と泣きながら会話を交わしたことも打ち明けている。

「彼に100%ではないと涙ながらに伝えた。彼が僕のことを愛していて、プレーしてほしいと思っているのは分かっていたけど、最善の選択をするように頼んだ。チームにとって何がベストなのかだけを考えていたんだ。僕は完全に壊れる可能性もあったけど、やってみたかったね」

「試合前のトレーニングでは、彼はエンソ・ペレスを僕の代わりに入れた。その後、何が起こったかは誰もが知っているよね」

 ディ・マリアを欠いたアルゼンチンは延長戦の末、ドイツに0-1で敗北。あと一歩のところで世界チャンピオンを逃した。ディ・マリアは大会終了後の同年8月、レアルからマンチェスター・ユナイテッドに移籍。2015年8月にはパリSGに新天地を求め、現在も所属している。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●フランス・リーグアン2019-20特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

伊東純也がレンタル中のゲンクに完全移籍! 契約期間は2023年まで

FW伊東純也がゲンクに完全移籍
 ゲンク(ベルギー1部)は30日、柏レイソルから期限付き移籍しているFW伊東純也(27)について、買い取りオプションを行使して完全移籍で獲得することを発表した。契約期間は2023年6月までとなっている。

 伊東は昨年2月に柏からゲンクに期限付き移籍した。同シーズンはプレーオフを含むリーグ戦13試合に出場し、3ゴール2アシストを記録。チームの8年ぶりとなるリーグ優勝に貢献した。今季も新型コロナウイルスの影響で中断するまでリーグ戦全29試合に出場し、5ゴール7アシストを記録している。また、今季はUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)デビューも飾り、グループリーグ全6試合にスタメン出場した。

 クラブは公式サイト上に伊東の動画を掲載し、その中で同選手は「ゲンクと新しく契約できたことを嬉しく思います。これからも頑張ります」とコメントしている。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集

スペイン紙「イニエスタの同僚が…」酒井高徳のコロナ陽性を報じるも“痛恨ミス”

陽性と診断された神戸DF酒井高徳
 スペイン『マルカ』が30日、同日にヴィッセル神戸がDF酒井高徳の新型コロナウイルス陽性を発表したことを報じた。

 同紙は「ヴィッセル神戸のイニエスタのチームメイト、ゴウトク・サカイがコロナウイルス陽性」と題した記事を掲載。「コロナウイルスがJリーグに到達した」と伝え、「ヴィッセル神戸のイニエスタとサンペールのチームメイトは発熱で数日間病院で過ごした後、コロナウイルスの検査で陽性反応が出た」とレポートしている。

 続けて「ヴィッセル神戸は陽性を発表した一方で、サカイ以外の選手やクラブスタッフがコロナウイルスの症状が出ていないことも確認した」と記し、酒井が自身のインスタグラム(@sakai_go1123)で発した「クラブやファンにご迷惑をおかけして本当に申し訳ございません。コロナウィルスはどこに潜んでいるかわからない。僕には自分以外の方の感染がないことを本当に心から願うことしかできません」といったメッセージを紹介した。

 ただ、同紙が「ヴィッセル神戸での試合中のゴウトク・サカイ」とキャプションを付けて記事のトップに掲載した写真が、酒井本人ではなくMF山口蛍となっている。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

[3月31日 今日のバースデー]

Japan
FW齋藤恵太(秋田、1993)*身体能力を生かした迫力とパワー、豊かなスピードを武器とするFW。バネがあってジャンプ力もある。

Former
FWルボミール・ルホビー(元インテル・ブラチスラバほか、1967、スロバキア)*元スロバキア代表FW。94年に浦和でもプレーした。
MFセザール・サンパイオ(元横浜Fほか、1968、ブラジル)*95年に来日し、横浜Fで中心選手として活躍した元ブラジル代表ボランチ。

Others
大島渚(映画監督、1932)
舘ひろし(俳優、1950)
小川直也(格闘家、1968)
宮迫博之(雨上がり決死隊:芸人、1970)
Toshiya(Dir en grey:ミュージシャン、1977)
坂本真綾(歌手、1980)
新谷良子(声優、1981)

「上には上がいる」岡山学芸館が怒涛の後半6発でプリンス勢対決快勝。文武両道のCB高島がVヘッド

後半9分、岡山学芸館高CB高島諒人主将が勝ち越しヘッド
[3.29 練習試合 立正大淞南高 2-6 岡山学芸館高]

 29日、立正大淞南高(島根)と岡山学芸館高(岡山)が練習試合(35分ハーフ)で対戦。ともに1月の全国高校選手権出場校で、プリンスリーグ中国に所属する2校の一戦は、岡山学芸館が6-2で快勝している。

 岡山学芸館は新型コロナウィルスの影響による活動停止から、25日に練習を再開したばかり。前半に関しては今年、ファジアーノ岡山U-18から転籍した19年プリンスリーグ中国得点王・FW中田樹音(新3年)がシャドーの位置で推進力のある動きを見せたりしていたものの、得点に結びつけることができなかった。
 
 逆に立正大淞南のクロスなどでゴールを脅かされると30分、FW矢野佑介(新3年)に左足シュートを決められて先制点を献上してしまう。だが、後半開始40秒、DFのマークを外した中田が右SB木下叶貴(新3年)の右グラウンダークロスを難なく合わせて同点。その後もMF末瀬由太郎(新3年)のドリブル突破や後半から出場したMF須賀大貴(新3年)のシュート、そして中田が個でシュートまで持ち込むなど前線のタレントが相手DF陣を苦しめる。

 そして9分、末瀬の左CKをCB高島諒人主将(新3年)が頭で決めて勝ち越し。その高島が「(前半は)前のスピードが遅かったので、そこを速くして行こうと話していました。縦を結構狙うようになって、そこから崩せたという感じですね」と振り返るように、高島の高精度フィードなどから前線のスピードも活かして攻めた岡山学芸館がゴールを連発する。

 12分、須賀のラストパスから末瀬がGKの鼻先でループシュート。3点目を奪うと、直後には右のMF池本康生(新3年)が縦突破から中央へ折り返す。これを須賀が左足ボレーで決めて4点目。そして17分にはキープ力、ゴール方向へ向かう動き、シュートでも違いを生み出していた中田が右サイドから左足ミドルを突き刺して5-1とした。

 立正大淞南はハードな練習を続けてきたことが影響したか、前日の高川学園高戦、長崎総科大附戦に続いて後半に運動量が低下してしまう。MF鈴木暁大(新3年)がドリブルから右足ミドルをゴール右隅に突き刺して1点を返したが、岡山学芸館は34分にも末瀬がカットインからの右足シュートでニアを破り、6-2。岡山学芸館は約1か月ぶりの対外試合だったものの、活動休止期間中にチームから指示されていた自主トレメニューを選手たちがしっかりとこなした成果が出たか、後半も足が止まらなかった。

 岡山学芸館は全国高校選手権1回戦で優勝校の静岡学園高に0-6で敗戦。前半終盤まで相手の攻撃を凌ぎながら勝機を伺っていたが、FKでの失点から6点を奪われた。それでも。高原良明監督は「静学とやらせてもらって、個の高さの重要性を確認させてもらった。相手チームながら見ていて楽しいチームでした」。敗戦は今年のチームの指標になっている。

 静岡学園が見せていたビルドアップでCBが持ち出し、相手選手を引きつける動きは自分たちも取り入れている部分。この日、積極的な持ち出しと左右両足からの好フィードを連発していた高島は「一個上(の岡山学芸館)は強くて僕らは入る余地がなかったという代なのにあれだけやられて、全国の本当のトップレベルとの差を感じたので、中国地方だけで満足していたらダメだなと。練習試合で勝ったりしても自惚れずに、上には上がいるし、あの試合は切り替えが遅かったりして。警戒して僕らは意識してやったのにそれでも上がいたので、切り替えが遅かったらもっと速くして行こうというところもあります」と説明する。選手権優勝校が自分たちの基準。あの敗戦は今年の大きなエネルギーにもなっている。

 全国でのリベンジに燃える選手が多い中、高島は“最後の1年”に懸けている選手だ。進学校の立命館中出身。「大学出て医者になりたいので、大学ではサッカーをやらずに、高校で辞めようと思っています」と決意を口にするDFは、左SB荒井善成(新3年)らとともにスーパーVコースという最上位クラスに在籍し、勉強とサッカーの両立にチャレンジしている。

 スーパーVコースは土曜日や夏休みも授業があるが、サッカーを優先して欠席。遅れを自習して補うなど簡単ではないが、ブレずに大好きなサッカーで全国に出ること、医師になるという2つの夢を叶えることだけを考えている。

 両足のキックに加えてスピードもある高島は、SHからの転向後わずかながら最終ラインの中心選手になりつつある。守備のコーチングや強度の部分を向上させてチームの守備もレベルアップさせること。「ここまで小学校1年生からサッカーをやらせてもらっていた親に恩返しというか、これまで色々な人と携わってきたので恩返しできるように、自分の夢も果たせるように、最後1年頑張りたいです」という高島がチームメートとともに必ず岡山を突破し、先輩の分も全国で大暴れする。 

後半12分、MF末瀬由太郎がループシュートを決めて3-1

(取材・文 吉田太郎)

バルサ、選手らと“給与70%以上”カットで合意

バルサ、選手らと“給与70%以上”カットで合意
 バルセロナは30日、新型コロナウイルスによる非常事態が続く期間、給与削減についてフロント、トップチームのメンバーらと合意に達したことを発表した。

 クラブは公式ウェブサイト上でサッカーだけでなく、プロスポーツ全チームのメンバーおよびバスケットボールチームのメンバーの大半と、同期間中の給与削減について合意に達したことを発表。サッカーのトップチームの減額率については、クラブによって当初、提案された70%を超える額になるという。

 また、選手らの給与を削減することで、「スポーツ関連業務ではない人々に課される予定だった一時解雇条例(ERTE)の対象者の給料が100%保証されることになる」と説明している。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

新型コロナ陽性の神戸DF酒井高徳がインスタ更新「本当に申し訳ございません」「体調も良く元気です」

ヴィッセル神戸DF酒井高徳
 新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことが発表されたヴィッセル神戸DF酒井高徳が30日、自身のインスタグラム(@sakai_go1123)を更新し、胸の内を明かした。

 冒頭で「今回はサポーターの皆さんや一般の方々、Jリーグ関係者、全ての選手、スタッフ、その家族やご友人に不安とご迷惑をおかけしてしまうことになり、本当に申し訳ございません」と謝罪した酒井。自身の現況について「自分は体調も良く元気です」と報告するだけでなく、「幸いにも、単身赴任で家族とは離れて暮らしておりました。家族は現在元気に過ごしております」と記している。

 クラブによると、酒井は25日の夜中に体調不良(38.0℃)となり、26日はトレーニングを欠席。体温は37.6℃で、頭痛、鼻閉感があり、兵庫県内の病院にて急性上気道炎と診断された。27日の朝の体温は37.3℃だったが、夜に再び発熱して38.0℃となり、頭痛、咽頭痛を訴えた。28日の体温は35.8℃で軽度の頭痛、においを感じない症状となり、医師の助言を受け、同日14時に症状を鑑みて兵庫県内の病院にてPCR検査を実施。30日17時にPCR検査の陽性判定が出た。

 以下、酒井がインスタグラムに投稿した全文

「今回はサポーターの皆さんや一般の方々、Jリーグ関係者、全ての選手、スタッフ、その家族やご友人に不安とご迷惑をおかけしてしまうことになり、本当に申し訳ございません。

 皆さんが日頃から、一生懸命に予防や対策をされてる中、自分もプロフェッショナルという精神を掲げ仕事をしていることを自覚し、人数の多い場所に行かない、消毒や手洗いをする等、気をつかって生活をしておりました。

 しかしこのようなことになり、大変情けなく思っております。

 今、自分から発信できる事は、コロナウィルスは、本当にどこに潜んでいるかわからないという事です。

 感染してしまった以上、僕には自分以外の方の感染がないことを本当に心から願うことしかできません…

 多くの方々にご不安やご迷惑をかけてしまっていること、全ての皆様に心からお詫び申し上げます。大変申し訳ありません。

 幸いにも、単身赴任で家族とは離れて暮らしておりました。家族は現在元気に過ごしております。こういう状態であるのは百も承知ですがそっとして置いて頂けると幸いです。宜しくお願い致します。

 自分は体調も良く元気です。

 リリース通り味覚と嗅覚の問題だけなので1日でも早く治して皆さんに元気な姿を見せれるように頑張ります。

酒井高徳」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

@bookfun155 分野研究家

最近多い話がコロナ前とコロナ後のビジネスのあり方がビジネスモデルが大きく変わるのじゃないかという話。そうだな。

Posted in 未分類

神戸DF酒井高徳の新型コロナ陽性を受け…村井チェアマン「感染症拡大阻止に向けた各対策に尽力」

村井満チェアマン
 Jリーグの村井満チェアマンが30日、ヴィッセル神戸DF酒井高徳に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことを受け、以下のようにコメントを発表した。

「ヴィッセル神戸・酒井高徳選手が、新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたと本日クラブより連絡がありました。味覚・嗅覚に異常があるものの重篤な容体ではないと聞いております。まずは酒井選手の一日も早い回復を祈るばかりです。改めてJリーグは全クラブと協働し、選手とご家族、クラブスタッフ、お客さま、そして社会を守るため、新型コロナウイルス感染症拡大阻止に向けた各対策に尽力してまいります」

 現在、新型コロナウイルスの影響でJリーグは中断中。J1リーグは5月9日、J2リーグは5月2日、J3リーグは4月25日の再開を目指している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

中村憲剛が“大先輩”志村けんさん追悼「ショックを隠しきれませんでした」

川崎フロンターレMF中村憲剛
 川崎フロンターレのMF中村憲剛が30日、自身のブログ(https://lineblog.me/nakamura_kengo/)を更新し、新型コロナウイルス感染による肺炎で亡くなったお笑いタレントの志村けんさんを悼んだ。

 中村は『志村けんさん』というタイトルでブログを更新。冒頭で「志村けんさんは久留米高校(現東久留米総合高校)のサッカー部の大先輩で、直接の面識はありませんでしたが、取材やプライベートで久留米高校の話をする折には志村さんがサッカー部の先輩であるという話をしてきました」と綴ると、「だからというわけではなく、先輩後輩の間柄でなかったとしても入院されたというニュースを見たときは国民の1人として心の底から回復を祈りました。なので速報を聞いたときにはショックを隠しきれませんでした。直接知っているわけではないけれど、国民の誰もが知っているスターの訃報。色んな人が色んなことを考え、思ったと思います」と胸の内を明かしている。

「人と人は繋がっています。テレビを通してですがそれでもみんな繋がっているんだと思います。これだけ多くの人が悲しんでいるのですからそれは間違いないです。そして再度その人と人の繋がりについて考えなければいけないと思います」

 続けて、「志村さんの命を奪ったウイルスは本当に悲しいことに人と人の繋がりによって、伝播していきます。たくさんの人が、自分の行動が自分の大切な人の命を奪うことになるかもしれない、そう思って行動することによってより多くの感染を防ぐことができるはずなのです。1人1人が少しの想像力と思いやりを持って判断することが大切だと思うのです」と感染拡大防止への思いを記し、最後に「多くの方に愛された志村けんさんを亡くした今、強く思います。本当に残念でなりません。志村けんさん、心からご冥福をお祈りいたします」と偲んだ。

 また、追伸として同日、新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことが発表された神戸DF酒井高徳についても言及しており、「このブログを書いている途中で、酒井高徳選手のコロナウイルス陽性のニュースを目にしました」と綴り、「高徳の1日でも早い回復を祈っています」とエールを贈った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

【動画】国体ベスト16の猛者に挑む!!静岡県代表を相手に2バックで腕試し【ウイイレ 国体への道#11】

【動画】国体ベスト16の猛者に挑む!!静岡県代表を相手に2バックで腕試し【ウイイレ 国体への道#11】
『eFootball ウイニングイレブン2020』(ウイイレ2020)でレート1000を達成したゲキサカFC1期生のカクケンとARATA。次なる目標は、2020年10月に鹿児島県で開催される第75回国民体育大会「燃ゆる感動かごしま国体・かごしま大会」出場だ。

 今回の国体は予選、本大会ともに2on2で行われることが決定。新企画「国体への道」では、同じく国体優勝を目指すプロゲーマーのMayageka(まやげか)の指導を受けながら、カクケンとARATAの2人がコンビを組んで2on2の腕を磨きます。

★ゲキサカ ゲームチャンネルの登録はこちらから

神戸、DF酒井高徳の新型コロナ陽性を発表…Jリーガーでは初

ヴィッセル神戸DF酒井高徳
 ヴィッセル神戸は30日、DF酒井高徳に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことが確認されたと発表した。

 クラブによると、酒井は25日の夜中に体調不良(38.0℃)となり、26日はトレーニングを欠席。体温は37.6℃で、頭痛、鼻閉感があり、兵庫県内の病院にて急性上気道炎と診断された。27日の朝の体温は37.3℃だったが、夜に再び発熱して38.0℃となり、頭痛、咽頭痛を訴えた。28日の体温は35.8℃で軽度の頭痛、においを感じない症状となり、医師の助言を受け、同日14時に症状を鑑みて兵庫県内の病院にてPCR検査を実施。30日17時にPCR検査の陽性判定が出た。

 クラブは「現在のところ、酒井選手以外の選手、スタッフで新型コロナウイルス感染症や風邪の症状等を呈している者はおりません。保健所の指導のもと、濃厚接触者の特定やトレーニング施設のいぶきの森球技場の消毒等の対応を行ってまいります」と説明。今後のスケジュールや調査結果に関しては、「Jリーグ及び兵庫県、所轄の保健所とも連携し、適切なタイミングで公表をいたします。また、いぶきの森球技場の再開に関しても、選手、スタッフの健康状態を確認し、所管保健所の指導のもとに、運営の再開を予定しております」と続けている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「新たな趣味を楽しんでいる」獄中ロナウジーニョの近況

偽造パスポート使用の疑いで逮捕されたロナウジーニョ氏
 偽造パスポート使用の容疑で逮捕された元ブラジル代表ロナウジーニョがパラグアイの刑務所内でフットバレー(ピキサッカー)をしている動画が公開された。ブラジル『グローボ』など複数メディアが伝えた。

 ロナウジーニョは偽造パスポートを使ってパラグアイに入国したとして、実兄ロベルト・デ・アシス・モレイラ氏とともにパラグアイ・アスンシオン市内の刑務所に勾留されている。これまでは刑務所で行なわれたフットサル大会での活躍、大工仕事に参加する様子が報道されていたが、近況が分かった。

 1分17秒の動画がツイッター(@enunabaldosa)にアップされ、ロナウジーニョが囚人のパートナーをサポートしつつ、フットバレーを楽しむ様子が公開された。パラグアイ『ABC Color』は「新たな趣味、サッカーテニスを楽しんでいる」と伝えた。

 一方、元セレソンの盟友は獄中のロナウジーニョにエールを送っている。『ABC Color』によると、2002年日韓ワールドカップ優勝メンバーのロナウド氏は「何が起きたのかを知りたい。彼にこんなことが起きて残念だ」とし、 「ロナウジーニョはこんな経験をするにはあまりに偉大すぎる。この誤解が一刻も早く解けることを願っている」とコメント。

 また、元ブラジル代表MFカカは「非常に悲しいことだよ。詳細を語れるほど状況を知らないが、ロナウジーニョと友情を築いてきた僕たちにとっては、この状況で彼に会うのはとても悲しいことだ。サッカーを楽しむ笑顔を見続けたい」と述べている。

 ロナウジーニョは最大で6か月拘留される可能性があるという。

ゴン中山が「シュート!」に異世界転生!マガポケで新連載開始!

まさかの本人全面協力…!
 少年マガジン公式マンガアプリ「マガジンポケット」にて4月1日より、『シュート!の世界にゴン中山が転生してしまった件』(外池達宏漫画、中山雅史主演、大島司原作)が新連載スタートした。

『シュート!の世界にゴン中山が転生してしまった件』の第1話を読む

 本作は1990年から週刊少年マガジンで連載開始した伝説的サッカー漫画『シュート!』のスピンオフコメディで、FW中山雅史(アスルクラロ沼津)本人が全面協力。「トシはサッカー大好き‼僕はサッカーを愛してます。だから掛川高校を倒すまで戦い続けます」とマンガの世界でも魂のストライカーであることを宣言。原作の大島司氏は「元が昔の作品なのに、まさに今の時代の新しい突込み!」と連載当時との時代のギャップも楽しんでほしいとコメント。さらに「中山選手、今でも『シュート!』のファンで居てくれて、この企画に参加してくれて感謝です!」と中山への感謝も寄せた。

 1話目は4/1発売の週刊少年マガジン18号にも特別出張掲載。連載開始を記念して、原作の大島司先生による「ゴン中山×掛川高校」特別イラストも掲載されている。

 ーーマンガ「シュート!」の世界に魂のストライカー・ゴン中山が転生してしまった⁉ 「幻の左」「ヒールリフト」「トリプルカウンターアタック」……。数々の必殺技を繰り出す掛川高校に対して、ゴン中山はプロの意地を見せ勝利することができるのか!?

『シュート!の世界にゴン中山が転生してしまった件』の第1話を読む

横浜FMチアゴ・マルチンスが負傷離脱…ブラジルで手術、全治約2.5か月と診断

DFチアゴ・マルチンスが負傷離脱
[故障者情報]

 横浜F・マリノスは30日、ブラジル人DFチアゴ・マルチンスの負傷状況を発表した。

 今月9日の練習中に負傷したチアゴはブラジル・サンパウロ市内の病院で手術を行い、右第5中足骨骨折で全治約2.5か月と診断された。すでにブラジルに帰国しており、再来日は未定だという。

 18年夏にパルメイラスからレンタルで加入。昨季はリーグ戦33試合に出場し、J1優勝に大きく貢献した。今季から完全移籍となり、延期前の公式戦全4試合に先発していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

コロナ禍の給与カットに理解…ギュンドガン「忍耐が求められる」

シティMFイルカイ・ギュンドガン
 マンチェスター・シティに所属するMFイルカイ・ギュンドガンは新型コロナウイルス感染拡大の影響による給与削減に理解を示した。『スカイスポーツ』が報じている。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、イングランドではプレミアリーグなどの国内戦が今月13日から中断している。4月30日までの延期が決まっているが、イギリス国内の死者数が1000人を超えるなど、収束の兆しは見えず、今シーズンの全日程が消化できるか不透明な状況だ。

 コロナ禍でリーグ中断が強いられ、欧州の一部クラブは選手らに減給を要請している。これを受けて、ギュンドガンは中断中の給与カットを受け入れる姿勢を示し、「もちろんオーケーだと考えている。言うまでもないことだ」と述べた。

「もしかすると、イングランドのクラブはドイツよりも現時点では経済的に少し強いけど、特にアマチュアクラブの場合、それは簡単じゃないし、すでに窮地に陥ってしまっているからかもしれない。だからもちろん、そういう選手の給与をどう扱うか話すのは理解できることだ」

「誰が最終的な決断を下すのかはわからない。一方で、もし選手が『いやだ、そんなことはしたくない。僕はそのために懸命にやってきたし、これは僕の給料だ』といったら、反対の方向に舵を切る可能性もある。個人的にはオーケーだと思っているけど、正直にいえば、忍耐が求められることになるし、それに反対する選手がいれば、それも受け入れられる状況だと思っている」

●プレミアリーグ2019-20特集

東京五輪1年延期、レベルアップ誓う森保監督「ポジティブに変換しています」

森保一監督
 日本代表とU-23日本代表の指揮を執る森保一監督の手記『一心一意、一心一向 - MORIYASU Hajime MEMO -』が30日に更新された。新型コロナウイルス感染拡大の影響でサッカー界がストップし、収束の兆しが見えない状況だが、指揮官は「今できることの最大値を出す」というスタンスを強調した。

 新型コロナウイルスの蔓延を受けて、世界各国のリーグ戦がストップし、予定されていた代表活動も休止となっている。今夏開催予定だった東京オリンピック・パラリンピックは来年7月に延期が決定。森保監督は「今できることの最大値を出すということに、変わりはない」と説いている。

「日本代表の活動は、日頃から準備期間が限られています。その限られた準備期間の中で、1回、1回の活動を充実させ、密度を濃いものにして、結果を目指していく。東京オリンピックが延期されたからといって、その考え方は変わりません」

「また、当初予定されていた時期よりも、時間が与えられたということを考えると、よりパワーアップして大会に臨まなければならないとすら考えています。今後の活動に関しても先が見えない状況ではありますが、活動の期間が延びれば伸びるほど、レベルアップできる。常に、少しでも、一歩でも、うまくなり、強くなり、レベルアップにつながるという考えを選手たちにも持ってもらえればと思っています。また、僕自身も、よりチームをレベルアップさせられる時間ができたとポジティブに変換しています」

 国内での感染者・死者数も徐々に増加する中、森保監督は国内のファンに対して、次のように呼びかけた。

「外出を自粛するなど、さらに生活は不自由になることが予想されますが、新型コロナウイルス感染症を収束させるため、日本人の規律を重んじる姿勢や他人を思いやる自己犠牲の精神が生きてくるのではないかと。それは日本人のアイデンティティーとでも言えばいいでしょうか。それを今、示すことで、世界の模範となれることを発信できるのではないかと思っています」

●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

モウリーニョがベスト11を選出! マンU時代の教え子はゼロ? 2トップは…

ジョゼ・モウリーニョ監督
 トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督がベストイレブンを選出した。英『メトロ』が伝えている。

 モウリーニョが選出した全選手はキャリアの中で関わりのあった選手となっているが、マンチェスター・ユナイテッドで指揮を執った期間の教え子は一人も入っていないという。

 GKのポジションにはチェルシー時代に起用していたGKペトル・チェフを選んだ。また、当時のチェルシーからはDFウィリアム・ギャラス、DFリカルド・カルバーリョ、DFジョン・テリーを守備陣に選出。右サイドバックにはインテル時代のDFハビエル・サネッティを入れている。

 中盤にはさらに元チェルシーの選手を3人選んでいる。MFクロード・マケレレ、MFフランク・ランパード、MFエデン・アザールだ。さらに、レアル・マドリー時代の教え子であるアーセナルのMFメスト・エジルも入っている。

 モウリーニョは2トップで考え、レアル・マドリー時代のFWクリスティアーノ・ロナウド、そしてチェルシーからFWディディエ・ドログバを選出している。

●プレミアリーグ2019-20特集

モウリーニョがベスト11を選出! マンU時代の教え子はゼロ? 2トップは…

ジョゼ・モウリーニョ監督
 トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督がベストイレブンを選出した。英『メトロ』が伝えている。

 モウリーニョが選出した全選手はキャリアの中で関わりのあった選手となっているが、マンチェスター・ユナイテッドで指揮を執った期間の教え子は一人も入っていないという。

 GKのポジションにはチェルシー時代に起用していたGKペトル・チェフを選んだ。また、当時のチェルシーからはDFウィリアム・ギャラス、DFリカルド・カルバーリョ、DFジョン・テリーを守備陣に選出。右サイドバックにはインテル時代のDFハビエル・サネッティを入れている。

 中盤にはさらに元チェルシーの選手を3人選んでいる。MFクロード・マケレレ、MFフランク・ランパード、MFエデン・アザールだ。さらに、レアル・マドリー時代の教え子であるアーセナルのMFメスト・エジルも入っている。

 モウリーニョは2トップで考え、レアル・マドリー時代のFWクリスティアーノ・ロナウド、そしてチェルシーからFWディディエ・ドログバを選出している。

●プレミアリーグ2019-20特集

東村山市出身の三國ケネディエブス、志村けんさん悼む「俺の帰る場所は誇らしい」

29日に亡くなった志村けんさん
 アビスパ福岡のDF三國ケネディエブスが30日、自身のツイッター(@kennedy0623)を更新し、新型コロナウイルス感染による肺炎で亡くなったお笑いタレントの志村けんさんを悼んだ。

 ナイジェリア人の父と日本人の母を持つ三國は中高を青森山田で過ごしたが、出身は東京都東村山市。「地元どこ?って聞かれて志村けんの所って言ったら大体みんなわかってくれました。あなたの地元東村山が俺の帰る場所は誇らしいです」と敬意を込め、「ご冥福をお祈りします」と偲んだ。

 東京都東村山市出身の志村さんは東京五輪の聖火リレーで東村山市を走ることが発表されていた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

FC東京が志村けんさん追悼…6年前味スタ「変なおじさん」で沸かせた

2014年3月8日に味の素スタジアムに来場した志村けんさん
 FC東京は30日、新型コロナウイルスによる肺炎のため、都内の病院で亡くなった志村けんさんを悼んだ。70歳だった。

 志村さんは2014年3月8日のホーム開幕戦にゲストとして来場。「変なおじさん」の格好で本田朋子アナウンサーに抱きつくなど、往年のギャグで味の素スタジアムを盛り上げた。クラブは公式サイトを通じて、「心よりご冥福をお祈りいたします」と偲んだ。

 東京都東村山市出身の志村さんは東京五輪の聖火リレーで東村山市を走ることが発表されていた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

@bookfun155 分野研究家

サッカーユニフォームは背番号や胸番号、パンツ番号入れていくらになるのかが知りたいが価格がわかりつらい。 #フットサル#サッカー#ユニフォーム#グラデーション#カスタマイズ#高品質#着心地#保障#ロンヨン

Posted in 未分類

FC東京が哀悼…東村山市出身の志村けん逝去、6年前には味スタ来場も(4枚)

2014年3月8日のホーム開幕戦で味の素スタジアムに来場した志村けん
 ザ・ドリフターズのメンバーでタレントの志村けんが29日、新型コロナウイルス肺炎で亡くなった。享年70。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

プレミア打ち切りでも「リバプールの優勝がフェア」2位マンC選手が持論

今季首位を走ってきたリバプール
 マンチェスター・シティに所属するMFイルカイ・ギュンドガンは、新型コロナウイルスの影響でシーズンを最後まで敢行できなかったとしても、リバプールの優勝を支持すると持論を述べた。『スカイスポーツ』が報じている。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、イングランドではプレミアリーグなどの国内戦が今月13日から中断している。4月30日までの延期が決定しているが、国内の死者数は1000人を超えるなど終息の兆しは見えず、今シーズンの全日程を消化できるのか不透明になっている。

 プレミアリーグはリバプールが首位を独走し、30年ぶりの1部優勝まであと2勝に迫っている。消化試合数が1つ多いものの、2位シティとは勝ち点25差をつけている状況だが、ギュンドガンは『ZDF』に対して持論を展開した。

「僕はリバプールの優勝を受け入れられる。スポーツマンとして、フェアにならなければならない」

「いろいろな意見がある。とても良いシーズンを過ごしたクラブからすると、シーズンが無効になってしまうというのはよろしくないだろう。一方で、あまりうまくいっていないクラブ、降格圏にいるクラブなどの場合、シーズンが無効になるというのは間違いなくありがたいことだ」

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

香川真司も日本に警鐘、ステイホーム呼びかけ「コロナに打ち勝つ唯一の方法」

MF香川真司がSNSを通して新型コロナウイルス感染拡大防止を訴えた
 サラゴサに所属するMF香川真司が29日にSNSを更新し、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて再び日本にメッセージを送り、「ステイホーム」を呼びかけた。

 スペインでは29日までに約7万2000人以上の感染者、5600人以上の死者が確認されている。国内では短期間で感染が爆発し、14日から外出禁止令が出ると、30日から4月9日までは経済活動に必須な一部を除き、全てが停止となった。香川は27日にもツイッター(@S_Kagawa0317)にて、「3週間前にスペインがこんな被害にあうとは誰もが思っていなかった」と訴えていた。

 29日に「ステイホーム」と題したブログ(https://lineblog.me/kagawa/)を更新し、動画メッセージを投稿。「今、世界でコロナウイルスが感染拡大しています。みなさんご存知のように、スペインは本当にたくさんの人が苦しんでいます。僕自身も自宅待機が今3週目に入り、最低でもあと2週間続くと言われています」と近況を伝えると、日本での感染拡大防止を呼びかけている。

「日本もおそらくこれから感染が拡大されていくでしょう。それを止めるのはみなさん次第です。ワクチンもない、止める方法もない今、自分たち一人ひとりの行動がコロナに打ち勝つ唯一の方法です。それは、今は自宅にいて待機することです。一人ひとりが徹底して、コロナの拡大を止めていけるように協力していきましょう」

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

横浜FMとFC東京に続き…神戸も5月上旬までのACL延期を発表

横浜FMとFC東京に続き…神戸も5月上旬までのACL延期を発表
 ヴィッセル神戸は30日、3月、4月、5月上旬に予定されていたAFCチャンピオンズリーグ・グループリーグが延期になることを発表した。

 神戸の公式サイトによると、延期となる試合は4月7日の第4節・広州恒大戦、4月21日の第5節・ジョホール戦、5月5日の第6節・水原三星戦。それぞれの日程は5月中旬以降の開催となる。

 すでに延期となっていた5月27日の第3節・広州恒大戦についても現在アジアサッカー連盟、日本サッカー協会、クラブ間で調整中。決まり次第、チケット販売情報と併せて報告するという。

 25日には、同じくACLに出場する横浜F・マリノスFC東京の試合の延期が発表されていた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●ACL2020特設ページ

カッサーノ氏がメッシとマラドーナを比較「メッシのチームは最初から1-0状態」

2人のアルゼンチン人の比較はいまだに続く
 元イタリア代表のアントニオ・カッサーノがFWリオネル・メッシがディエゴ・マラドーナより優れていると主張した。29日、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 1984年からナポリに加入したマラドーナは、86-87シーズンにクラブ史上初のセリエA優勝を成し遂げ、さらに89-90シーズンには2度目の優勝も達成した。一方、メッシは2004年にトップチームデビューを飾ると、現在まで6度のバロンドール受賞を始め、数々の記録を塗り替えている。

 カッサーノは稀代のアルゼンチン人2選手を比較。「マラドーナは4、5年間で活躍を見せたが、メッシは同様の偉業を15年間続けている」とその期間での違いを説く。また残してきた成績も例に出し、「メッシは710ゴールに300アシストを記録している。彼がプレーするとき、彼のチームはすでに1-0の状態だよ」とメッシの素晴らしさを語った。

 結果を見れば一目瞭然と言いつつ、当時の熱狂を知るファンはいまだにマラドーナのすごさを主張する。その現状を考慮しながらも、カッサーノは「マラドーナのファンはその事実を飲み込まなければいけない」と強調した。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

長崎総科大附の新主将CB藤田和也、仲間とともに自発的な行動を取れるチーム、勝負強いチームへ

長崎総合科学大附高の新主将、CB藤田和也
[3.29 練習試合 長崎総合科学大附高 0-1 高川学園高]

 29日、長崎総合科学大附高(長崎)と高川学園高(山口)が前半をA戦、後半をB戦という形で練習試合(30分ハーフ)を行い、前半は0-0。後半はDF田島黎人(新2年)の決勝点によって高川学園が1-0で勝っている。

 A戦はスピード感、強度の高い攻守の中で30分間を終了。高川学園は24分に右サイドから崩してMF林晴己(新2年)が決定的なシュートを打ち込み、28分にもFW福地優雅(新3年)が相手DFの背後へ抜け出したが、いずれも長崎総科大附GK梶原駿哉(新3年)の好守に阻まれて得点することができなかった。

 長崎総科大附はインターセプトを得意とするDF藤田和也(新3年)と187cmの大型FW吉岡樹生(新3年)が最終ラインの中央でCBコンビを結成。前線から精力的にプレッシングをかけ、中盤ではMF田中翼(新3年)らがボールを拾うなど、守備は安定して無失点で終えた。

 長崎総科大附は今回の練習試合で新2年生のFW牧田陽太(新2年)やFW岩見海斗(新3年)らが奮闘。エース候補のFW国吉シントク(新3年)が離脱中の中、チーム内競争を激しくしている。今年、主将を務める藤田は「新2年生の子とかも特に前線は相手にプレッシャーに行ってくれている。下級生が頑張ってくれている分、自分たち3年生もそういうところで競争を高めていかないとチームも強くならないと思います」とコメント。各選手の競争心が高まってくることを歓迎した。

 藤田は昨年、ボランチのポジションでレギュラーを務めて全国高校選手権も経験。主将となった今年は立場が変わったが、「(主将は)大変ですけれども、周りも気を遣ってというか、みんながリーダーシップを持ってやってくれている」とリーダーシップを持った選手の多さを喜ぶ。

 今年は練習中の私語をなくすこと、また「小嶺先生とかコーチ陣に言われる前に行動すること」を意識しているという。それによって、チームが良い空気感の中でトレーニングできるように心がけている。

 加えて、「今年は小嶺(忠敏)先生も言うように、去年の練習でやっていたこと以上のレベルでやっているので、それに応えられるように、それを試合で活かせるように意識して行こうという話をしています」。藤田はチームメートを鼓舞するようなタイプではない。その中で周囲とコミュニケーションを取りながら、チームがどうすれば好転するのかを考え、課題と感じている試合中の声の回数も増やそうとしている。

 選手権全国大会では後半終了直前の2失点によって丸岡高(福井)に逆転負け。前回の高川学園との練習試合も3-0からひっくり返されている。それだけに、「逆に負けていても逆転できるチームにしていきたいです」ときっぱり。そして、今年の目標については、「今年はメンバ―的にも良い選手がたくさんいるし、選手権では絶対に全国のてっぺんを獲りたいと思っているので、練習をしっかりとして、みんなで声を掛け合いながら一戦一戦大事に戦っていきたいと思っています」と意気込んだ。

 後輩たちのためにプリンスリーグ九州へ昇格することも使命。副主将のMF一宮優斗(新3年)ら他のリーダーたちと声を掛け合いながらチームのレベルを引き上げ、大目標を達成する。 

長崎総合科学大附高の副主将を務めるMF一宮優斗


(取材・文 吉田太郎)

ベイルのチャレンジはゴルフ!? 以前から趣味と公言の“腕前”が凄すぎと話題に

以前からゴルフが趣味と公言しているFWガレス・ベイル
 レアル・マドリーのFWガレス・ベイルは28日に自身のインスタグラムを更新し、ゴルフの腕前を見せつけた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で欧州サッカーは軒並み中断に。選手たちは自身のSNSを駆使し、トイレットペーパーでリフティングを披露したり、持ち前のスキルでフットボーラーに対して挑戦状を送っている。

 一方、ベイルは自身のインスタグラム(@garethbale11)に趣味のゴルフ動画を投稿した。旗が刺さったホールから大きく左に逸れるようにパットを放つと、坂を上り切ったボールはそのままホールの方向に下ってカップイン。以前からゴルフが趣味と公言していたその“腕前”を見せつけた。

 高額の給与ながら出場機会を得られず、放出候補にも挙がっているベイル。その間にもeスポーツチームを保有するなど多趣味のウェールズ代表FWは、現在の中断期間で自宅待機に努めているが、相変わらずのゴルフ好きの様子にネット上では賛否が飛び交っている。
この投稿をInstagramで見る

#hometeam @adidas @adidasfootball

Gareth Bale(@garethbale11)がシェアした投稿 -



●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

[練習試合]立正大淞南は白星掴めず。2戦連発のFW矢野「甘かったことを認識して、練習から」

後半5分、立正大淞南高FW矢野佑介が先制ゴール
[3.29 練習試合 立正大淞南高 1-1 長崎総合科学大附高]

 29日、立正大淞南高(島根)と長崎総合科学大附高(長崎)が練習試合を行い、1-1で引き分けた。

 前日は2試合で8失点した立正大淞南だが、この試合では素早い奪い返しから仕掛けに持ち込む回数を増やす。そして、MF藤井嵐(新3年)のミドルシュートや、右CKからCB岩本剛気(新2年)が放ったヘディングシュートで相手ゴールを脅かした。

 加えて、守備陣の目を動かすトリッキーなFKで長崎総科大附を揺さぶると後半5分、相手DFの小さなクリアを拾ったFW矢野佑介(新3年)が左足で先制点を叩き出した。直後にもMF鈴木暁大(新3年)が右サイドを突破し、ラストパスを矢野がスライディングシュートで合わせる。

 だが、長崎総科学大附GK梶原駿哉(新3年)の正面。こぼれ球を藤井や期待のMF井川真飛(新2年)が押し込もうとしたが、長崎総科学大附はCB藤田和也(新3年)、右SB小林麗王(新3年)、左SB大石航大(新3年)がカバーしてシュートを打たせない。

 一方の長崎総科大附は前半、推進力のあるMF岩永空潤(新3年)、MF小田晃暉(新3年)の両翼を中心としたサイド攻撃を展開。そして左SB大石のクロスが幾度かゴール前に入る。

 立正大淞南はクロスやDF背後へのボールをGK長野大河(新2年)や岩本が対応していた。だが後半11分、長崎総科大附FW岩見海斗(新3年)のミドルシュートがDFに当たってコースが変わり、そのままゴールイン。セットプレーのキッカーを務めるなどシュート精度と献身性を持つ岩見の一撃で1-1となった。

 この後、互いにシュートコースを消す部分やクロスを上げさせない、DFが必ず相手よりも先にボールを触れるという部分を発揮。特に長崎総科大附は繰り返し仕掛けてくる立正大淞南の攻撃を落ちない運動量、集中力で封じ続ける。このまま最後まで互いに譲らず、ドロー決着となった。

 この日、立正大淞南FW矢野は高川学園高戦でもゴールを決めたが、内容、結果ともに納得していなかった。「自分としては決めるところで決めきれたのは良いんですけれども、競り合いとか球際の部分で甘い部分が出たので反省したいと思います。決定機を外した部分もあったので、2点じゃなくてもっと点数を増やしていきたいと思っています」とコメント。立正大淞南のFW争いは熾烈だが、抜け出しからのシュートを得意とするFWは結果を残し続けて18年度全国高校選手権得点王のOB・FW藤井奨也(現福岡大)のようなストライカーを目指す。
 
 チームとしてはA戦の4試合で1分3敗と苦戦。矢野は「まだまだ自分たちが甘かったことを認識して、練習からしっかりみんなでこの経験を活かしてステップにしていきたいと思っています」と誓った。そして、「個人としても、チームとしても、結果を残せる1年にしたいと思っています」。個人個人が甘さを排除して日常に取り組み、結果に繋げる。

長崎総合科学大附高はFW岩見海斗のゴールで同点に追いついた


(取材・文 吉田太郎)

@bookfun155 分野研究家

他のプレーヤーが触れるまで、キッカーはボールに触る事ができない。 #フットサル#サッカー#ユニフォーム#グラデーション#カスタマイズ#高品質#着心地#保障#ロンヨン

Posted in 未分類

インザーギ氏が“ミラン9番の呪い”を否定、「イブラが着れば終わると思うけど」

フィリッポ・インザーギ氏が9番の呪いに言及
 セリエBのベネベントで指揮官を務めるフィリッポ・インザーギ氏が古巣ミランのジンクスを否定した。29日、『スカイスポーツイタリア』のインタビューを『フットボールイタリア』が伝えている。

 独特の嗅覚でゴールを量産した元イタリア代表FWは2001年から現役引退を表明した12年までミランでプレー。9番を背負い、欧州制覇を成し遂げた。その後14年に指揮官として古巣に復帰するも成績不振で退任。現在はセリエBのベネベントで監督を務めている。

 低迷を続けるミランだが、それは9番の不振にも直結しているのかもしれない。インザーギが9番を脱いでから、9人の選手が背番号9を着用。アレシャンドレ・パト、アレッサンドロ・マトリ、マッティア・デストロ、フェルナンド・トーレス、ルイス・アドリアーノ、ジャンルカ・ラパドゥーラ、アンドレ・シウバ、ゴンサロ・イグアインと続き、直近ではクシシュトフ・ピョンテクが9番を背負っていた。しかしどの選手もチームを浮上させることはできていない。

 インザーギは「笑ってしまうね」と“背番号9の呪い”に言及。「誰だって9番を背負うのは大変なことだが、呪いなんてないよ。イブラヒモビッチが着れば終わるだろうね」と一蹴した。

「かつて9番を背負ったマルコ・ファン・バステンやジョージ・ウェアのときにも似たようなことはあった。また得点を生み出す重要なシャツになると思うよ」

 現在セリエAは中断しているが、現時点でのリーグ得点ランクトップはラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレで27ゴール。インザーギ氏はインモービレについて「現時点でイタリア最高の選手だ」と称賛している。またフィオレンティーナに加入した22歳のイタリア代表FWパトリック・クトローネにも目を掛けている。

「インモービレは私が一番好きなストライカーだ。彼がいればイタリア代表はうまくいくだろう。クトローネはミランの育成組織で指導した。彼の気持ちはわかる。きっとフィオレンティーナでうまくやれると思うよ」

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

インザーギ氏が“ミラン9番の呪い”を否定、「イブラが着れば終わると思うけど」

フィリッポ・インザーギ氏が9番の呪いに言及
 セリエBのベネベントで指揮官を務めるフィリッポ・インザーギ氏が古巣ミランのジンクスを否定した。29日、『スカイスポーツイタリア』のインタビューを『フットボールイタリア』が伝えている。

 独特の嗅覚でゴールを量産した元イタリア代表FWは2001年から現役引退を表明した12年までミランでプレー。9番を背負い、欧州制覇を成し遂げた。その後14年に指揮官として古巣に復帰するも成績不振で退任。現在はセリエBのベネベントで監督を務めている。

 低迷を続けるミランだが、それは9番の不振にも直結しているのかもしれない。インザーギが9番を脱いでから、9人の選手が背番号9を着用。アレシャンドレ・パト、アレッサンドロ・マトリ、マッティア・デストロ、フェルナンド・トーレス、ルイス・アドリアーノ、ジャンルカ・ラパドゥーラ、アンドレ・シウバ、ゴンサロ・イグアインと続き、直近ではクシシュトフ・ピョンテクが9番を背負っていた。しかしどの選手もチームを浮上させることはできていない。

 インザーギは「笑ってしまうね」と“背番号9の呪い”に言及。「誰だって9番を背負うのは大変なことだが、呪いなんてないよ。イブラヒモビッチが着れば終わるだろうね」と一蹴した。

「かつて9番を背負ったマルコ・ファン・バステンやジョージ・ウェアのときにも似たようなことはあった。また得点を生み出す重要なシャツになると思うよ」

 現在セリエAは中断しているが、現時点でのリーグ得点ランクトップはラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレで27ゴール。インザーギ氏はインモービレについて「現時点でイタリア最高の選手だ」と称賛している。またフィオレンティーナに加入した22歳のイタリア代表FWパトリック・クトローネにも目を掛けている。

「インモービレは私が一番好きなストライカーだ。彼がいればイタリア代表はうまくいくだろう。クトローネはミランの育成組織で指導した。彼の気持ちはわかる。きっとフィオレンティーナでうまくやれると思うよ」

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

仙台ベガッ太さんがブログで胸中吐露「ぼくたちのJリーグを衰退させたくない」

ベガルタ仙台のマスコット、ベガッ太
 ベガルタ仙台のマスコット、ベガッ太は27日のブログ(https://www.vegalta.co.jp/blogs/vegatta/?cat=1)内で、新型コロナウイルスによる心配事を明かしている。

 新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、世界中のスポーツイベントが中止に。Jリーグは2月にいち早くリーグ戦の中断を決め、現在は4月下旬以降の再開を目指している。

 ベガッ太は27日、自身のブログを頻繁に更新する理由を明かす。「何よりもぼくが危惧しているのは、皆さんの心から『Jリーグや各クラブへの思いが薄れ、消えてしまうんじゃないか?』と思っているからです」と語った。

 J1リーグは第1節以降開催されておらず、世間は自粛ムード一色。そんな空気を察し、「『あれ?もしかして、別にサッカー見なくてもいいんじゃね~の?』とか『生活に困らないよね、Jリーグがなくても…』と、思う人が今回の中断期間が長いほど、Jリーグがなくても生活に困らないと思い込んでしまい、スタジアムに足を運ぶことがおっくうになり、冷めてしまうのではないかとぼくは思うのです」と胸中を吐露した。

「人間は何らかのきっかけで、今まで当たり前だと思っていたことが急に考えが変わるものです」

「9年前にあった東日本大震災の時も皆さんの心の変化があり、今まで行っていた事をやめてしまったことありませんか?辞めなきゃいけない状況の方もたくさんいました」

「もちろん今回の新型ウイルスと東日本大震災とは状況が違いますが、ぼくとしては、何としてでも『Jリーグは熱く楽しいところで、スタジアムで行われるサッカーの試合は皆さんが非日常的、お祭りのようなたくさんの仲間たちが集い一つになれる所だ』と思っています」

「今回のような出来事でぼくたちのJリーグを衰退させたくないんです」

「Jリーグがあるから、また一週間頑張れる!Jリーグがあるから、生きる楽しみがある!Jリーグがあるから、酒がうまい!Jリーグがあるから、ワクワクする!Jリーグがあるから、お金を稼いで、存分に貢ぐことができる!そうでしょ?」

「そして、自宅待機のぼくが皆さんにできることは、毎日くだらないブログを更新すること。こんな時こそ、いつもお世話になっている皆さんに恩返しをしなくてはいけません。Jリーグを愛する皆さんの為に…だから、毎日ぼくたちのこと忘れないでね」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

仙台ベガッ太さんがブログで胸中吐露「ぼくたちのJリーグを衰退させたくない」

ベガルタ仙台のマスコット、ベガッ太
 ベガルタ仙台のマスコット、ベガッ太は27日のブログ(https://www.vegalta.co.jp/blogs/vegatta/?cat=1)内で、新型コロナウイルスによる心配事を明かしている。

 新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、世界中のスポーツイベントが中止に。Jリーグは2月にいち早くリーグ戦の中断を決め、現在は4月下旬以降の再開を目指している。

 ベガッ太は27日、自身のブログを頻繁に更新する理由を明かす。「何よりもぼくが危惧しているのは、皆さんの心から『Jリーグや各クラブへの思いが薄れ、消えてしまうんじゃないか?』と思っているからです」と語った。

 J1リーグは第1節以降開催されておらず、世間は自粛ムード一色。そんな空気を察し、「『あれ?もしかして、別にサッカー見なくてもいいんじゃね~の?』とか『生活に困らないよね、Jリーグがなくても…』と、思う人が今回の中断期間が長いほど、Jリーグがなくても生活に困らないと思い込んでしまい、スタジアムに足を運ぶことがおっくうになり、冷めてしまうのではないかとぼくは思うのです」と胸中を吐露した。

「人間は何らかのきっかけで、今まで当たり前だと思っていたことが急に考えが変わるものです」

「9年前にあった東日本大震災の時も皆さんの心の変化があり、今まで行っていた事をやめてしまったことありませんか?辞めなきゃいけない状況の方もたくさんいました」

「もちろん今回の新型ウイルスと東日本大震災とは状況が違いますが、ぼくとしては、何としてでも『Jリーグは熱く楽しいところで、スタジアムで行われるサッカーの試合は皆さんが非日常的、お祭りのようなたくさんの仲間たちが集い一つになれる所だ』と思っています」

「今回のような出来事でぼくたちのJリーグを衰退させたくないんです」

「Jリーグがあるから、また一週間頑張れる!Jリーグがあるから、生きる楽しみがある!Jリーグがあるから、酒がうまい!Jリーグがあるから、ワクワクする!Jリーグがあるから、お金を稼いで、存分に貢ぐことができる!そうでしょ?」

「そして、自宅待機のぼくが皆さんにできることは、毎日くだらないブログを更新すること。こんな時こそ、いつもお世話になっている皆さんに恩返しをしなくてはいけません。Jリーグを愛する皆さんの為に…だから、毎日ぼくたちのこと忘れないでね」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

[3月30日 今日のバースデー]

Japan
FW三村真(岡山、1989)*スピードと切れ鋭いドリブルを武器とする左利きのアタッカー。
GK畑実(鹿児島、1989)*長身でハイボールの処理が得意。シュートへの反応も良く、守備範囲が広いGK。
MFレアンドロ・デサバト(C大阪、1990、ブラジル)*中盤ならどこでもできるユーティリティプレーヤー。
MF河野広貴(東京V、1990)*瞬間的に加速するドリブルや抜群のボールキープ力の持ち主。
MF池ヶ谷颯斗(YS横浜、1992)*大型ボランチ。豊富な運動量と俊敏性が持ち味。
MF佐々木匠(仙台、1998)*アカデミー出身のMF。ドリブルを武器とし、アタッキングサードで相手守備陣を困難に陥れる。

World
DFセルヒオ・ラモス(R・マドリー、1986、スペイン)*セビージャのカンテラ育ち。高い得点能力を持つDFで闘争心あふれるプレーが特長。

Former
FWアルセニオ・エリコ(元インデペンディエンテほか、1915、パラグアイ)*驚異的なジャンプ力によるヘディングで「赤い軽業師」と呼ばれた。
MFアナトリー・ティモシュチュク(元バイエルンほか、1979、ウクライナ)*1対1に強く、幅広いポジションをこなすことができるMF。
DFフィリップ・メクセス(元ローマほか、1982、フランス)*高さ、当たりの強さに加え、足もとのテクニックやフィードも正確。

Others
坂本冬美(歌手、1967)
セリーヌ・ディオン(歌手、1968)
千原ジュニア(千原兄弟:芸人、1974)
ノラ・ジョーンズ(歌手、1979)
安良城紅(歌手、1986)
ローラ(モデル、1990)
島崎遥香(元AKB48:アイドル、1994)
マリウス葉(Sexy Zone:アイドル、2000)

浦和MF宇賀神友弥が“小野伸二トラップ”に挑戦…その結果は?

浦和MF宇賀神友弥が小野伸二のトラップに挑戦
 浦和レッズのMF宇賀神友弥が自身のインスタグラム(ugajin.no3)を更新。FC琉球MF小野伸二のテクニックに挑戦した。

 小野は27日に自身のインスタグラム(@shinjiono7)でトラップ練習動画を投稿。地面に向かって勢いよくボールを投げつけ、それをトラップで足に吸いつくように静止させるというシンプルかつ高レベルの技術がネットで話題となった。小野は動画内でトラップのコツとして「ちょっとつま先を滑らかにふわっと。(ボールが)落ちてきた瞬間にスッと引く」と説明していた。

 宇賀神は29日に自身のインスタグラムを更新し、「小野伸二チャレンジ。勝手に自分で言ってます。笑」と小野のトラップ技術に挑戦。動画内では「一発勝負で」とヤラセなしを強調しつつ、宇賀神はボールを勢いよく地面に向かって投げつける。しかし、右足をクッションのように動かすも、ボールは足下で跳ね返り、そのまま転がっていってしまった。

 宇賀神は「伸二さん今度教えてください」とコメント。自身のブログ内では「さぁ練習しよ。まさに、努力に勝る天才なし」とさらなる成長を誓っている。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

浦和MF宇賀神友弥が“小野伸二トラップ”に挑戦…その結果は?

浦和MF宇賀神友弥が小野伸二のトラップに挑戦
 浦和レッズのMF宇賀神友弥が自身のインスタグラム(ugajin.no3)を更新。FC琉球MF小野伸二のテクニックに挑戦した。

 小野は27日に自身のインスタグラム(@shinjiono7)でトラップ練習動画を投稿。地面に向かって勢いよくボールを投げつけ、それをトラップで足に吸いつくように静止させるというシンプルかつ高レベルの技術がネットで話題となった。小野は動画内でトラップのコツとして「ちょっとつま先を滑らかにふわっと。(ボールが)落ちてきた瞬間にスッと引く」と説明していた。

 宇賀神は29日に自身のインスタグラムを更新し、「小野伸二チャレンジ。勝手に自分で言ってます。笑」と小野のトラップ技術に挑戦。動画内では「一発勝負で」とヤラセなしを強調しつつ、宇賀神はボールを勢いよく地面に向かって投げつける。しかし、右足をクッションのように動かすも、ボールは足下で跳ね返り、そのまま転がっていってしまった。

 宇賀神は「伸二さん今度教えてください」とコメント。自身のブログ内では「さぁ練習しよ。まさに、努力に勝る天才なし」とさらなる成長を誓っている。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

柴崎岳が連日の注意喚起「自らの手で家族を葬るかもしれない可能性を…」

日本代表MF柴崎岳(デポルティボ)
 日本代表のMF柴崎岳(デポルティボ)が29日、自身の公式noteを更新し、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある日本の人々にあらためて注意を呼びかけた。柴崎は28日にも、自身の公式Twitter(@GakuShibasaki_)に投稿した動画で「皆さんの意識を変え、感染拡大の防止に向けてより良い方向に向かっていきましょう」と伝えていた。

 この日の投稿で柴崎は「サッカーの話をしても今はあまり意味がないのではないかと思う時があります。昨日、僕のSNSに動画をアップしましたが、その背景や思いを伝えたいと思います」と前置きし、自身の心境を語った。

 柴崎が住むスペインでは29日までに約7万2000人以上の感染者、5600人以上の死者が確認されている。政府発表によると今月1日時点の感染者はわずか114人。ところが9日に1000人を突破すると、翌10日には2000人に到達し、それ以降は感染者が1日数千人単位で増えている。また死亡者も3月中旬以降、数百人ずつ増加している。

 柴崎はこの状況を「コロナウイルスは一国の問題ではなくなっています。世界や僕がいるスペインの状況を見て、近い将来、今見ているこの酷い光景が日本にも訪れると想像すると背筋が凍ります」と厳しく認識。その上で徐々に感染が広がりつつある日本の現状を憂慮している。

 日本は29日午後8時現在、クルーズ船を除いた感染者が1883人で、死亡者が56人となっている。それでも柴崎は「日本で、たかが数十人亡くなったと思っている人は自分の知らない誰かが亡くなったとしか思えず、危機感を持てないのも無理はないかもしれません。ですが数日後、また数百人、数千人、数万人となった時にはもう既に遅い」と警鐘を鳴らす。

 柴崎が日本の人々に求めるのは、自分の家族を含めた周囲の人々への“もしかしたら自分が感染させてしまうかもしれない”という想像力だ。

「僕が無事でも、僕の親を、または祖父母を、家族を感染させ、間接的に殺してしまうかもしれないと思うと恐怖でしかないです。あなたは無事でも、あなたの親を、または祖父母を、家族を感染させ、結果的に殺してしまうかもしれないです」。

 そう語った柴崎は「自らの手で家族を葬るかもしれない可能性を不要不急の外出以外でわざわざ拾いに行くなんて馬鹿げています」と厳しい現実を突きつけながら、「今日する事は今しなければいけない事なのか、収束してからじゃダメなのかをしっかりと判断して欲しいです」と真摯に呼びかけた。

 また「医療関係者は疲弊して、自らが感染するリスクが最も大きい所に身を投げだし、患者を治療しています。全ての人々を介抱できず、時には誰かを選んで誰かを放棄する事も余儀なくされます」と現場で奔走する医療従事者にも思いを寄せ、「このような事を日本で起こす訳にはいきません」と力強く語った。

「本当に必要最低限の移動だけにして、出来る限り人との接触を避けて、外に出る時は最大限注意して周りに配慮して欲しいです。帰ってきたら手洗いうがいもして、自分に出来る事を毎日して欲しいです。スペインでの光景、状況を日本で繰り返さない為に、今一度本当に危ないんだと危機感を持ってださい。ご理解、宜しくお願いします」。

 全文は柴崎岳公式note「今の状況と思い」(https://note.com/gakushibasaki/n/n1f23180c6477)。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

主将・吉田麻也が日本国民に警鐘「冗談抜きで家にいた方が良い」

日本代表DF吉田麻也(サンプドリア)
 日本代表の主将を務めるDF吉田麻也が29日、自身の公式Twitter(@MayaYoshida3)を更新し、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある日本の人々に向けて警鐘を鳴らした。吉田は1月下旬、サウサンプトンからサンプドリアに移籍。欧州で最も感染者の多いイタリアでは厳しい外出制限措置が出されており、なおも自宅待機が続いている。

 日本時間午後4時ごろ、吉田は自身のTwitterに1分15秒の動画を投稿した。「日本の皆さん、冗談抜きで家にいた方が良いです。感染拡大を食い止めるには一人一人の行いにかかっています」。そんなメッセージが添えられた動画の中で、真剣な面持ちで新型コロナウイルスの脅威を語った。

「僕がイタリアにいて、イギリスも見ていて思うのは、初期の段階でみんなが少し油断していたんじゃないかと思いました。というのは、中国で起こっていることだとか、アジアの問題だというふうに捉えて日常生活を送っていたことにより、一気に感染が拡大してしまったなと思います」。

 その上で、日本で暮らす人々に向け、しっかりとした口調で語りかけた。

「日本の皆さんも心のどこかで、頭の片隅で、ヨーロッパで広がってるねとか、それくらいに思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、感染は一気に広がります。できるだけ、必要時以外は、自宅に待機されることが一番だと思います。感染の拡大を食い止めるのは僕たち一人一人の意志です。協力してこの危機を乗り越えましょう」。

 最後に「ステイホーム!(家に居て!)」と結ばれた動画は午後9時半時点で30万回近く再生され、5000回以上のリツイート数を記録した。この投稿には「ありがとうございます」「メッセージが届きますように」という言葉のほか、「麻也さんも気をつけて過ごしてください」といった労いの声も寄せられている。


●セリエA2019-20特集
●海外組ガイド
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

中国女子代表が再始動! 五輪出場かかるPO韓国戦へ、1か月長期キャンプイン

E-1選手権に参戦していた中国女子代表
 中国サッカー協会(CFA)は27日、中国女子代表が4月2日から30日にかけて、蘇州で大規模なトレーニングキャンプを行うことを発表した。11人のスタッフと23選手が参加し、韓国との東京五輪予選プレーオフに向けて準備を行うという。

 協会によると、移動中にはマスクの着用を義務付けたうえ、合宿中はトイレや混雑する場所を減らすことで他人との接触機会を減らす。またメンバーは専用の乗り物で空港との送迎を行われ、外出も厳しく禁じられるようだ。

 東京五輪サッカー競技のアジア女子3次予選は当初、今年2月上旬に中国・武漢で開催される予定だった。ところが新型コロナウイルスの発生で開催地が南京に変更され、その後オーストラリア・シドニーに再変更。また中国チームが現地の州政府規制により、ホテルに隔離措置となったため、大会日程も先延ばしになっていた。

 3次予選では2勝1分でB組2位に入り、プレーオフ進出権を獲得。A組1位の韓国との対戦が決まったが、3月上旬〜中旬にホームアンドアウェーで行われる予定だった2試合は、両国での感染状況を鑑みて延期となった。新たなスケジュールは6月4日、同9日に組まれている。

 なお、直前に武漢滞在歴があったため2月の代表チームに帯同できなかった中心選手のMFワン・シュアンも今回のトレーニングキャンプのメンバーには復帰。アジアサッカー連盟(AFC)は「ビッグネームのほとんどが参加する」と伝えている。

●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

@bookfun155 分野研究家

ピッチの外縁: 境界をラインでマークし、長い方をタッチライン、短い方をゴールラインとする。 #フットサル#サッカー#ユニフォーム#グラデーション#カスタマイズ#高品質#着心地#保障#ロンヨン

Posted in 未分類

JFAが五輪年齢制限の見通しを説明「現時点では意見を聞かれていない」

延期が決まった東京五輪
 日本サッカー協会(JFA)は29日、2020年度定時評議会と第5回理事会を開いた。終了後に行われたメディア向けのオンラインブリーフィングでは東京五輪サッカー競技の年齢制限にも話が及び、須原清貴専務理事は「最終的にはFIFA(国際サッカー連盟)が決めること」と現状を述べた。

 東京2020組織委員会と国際オリンピック委員会(IOC)は24日、東京五輪を「1年程度」にわたって延期することを発表した。サッカー競技で問題となるのは年齢制限。大会規定には「1997年1月1日以降」に生まれた選手が出場できるとあるが、これまで『U-23』世代で戦ってきた大会において、来年以降も同様の文言が保たれるかどうかが懸念されている。

 須原専務理事は「五輪の延期は正式に発表された。ただ、何月にどういった形で行われるかはいろいろな憶測が出ていることは理解しているが、組織委員会、IOC、あるいはFIFAから正式なコメントは一切出されていない」と現状を説明。JFAとしては「コントロールが及ばないところでのディスカッションが続いている」とした。

 その上で「まだ何ら前に進むことができない、決めることができない状況」と説明。「最終的にはFIFAが決めることであり、FIFAがIOCと協議をして決めること。見守っていきたい。開催国として意見を聞かれることはあるかもしれないが、現時点では聞かれていない。しっかりと関わっていって、決められたことについて従っていきたい」と今後の見通しを示した。

(取材・文 竹内達也)
●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

「W杯でさらなる高みへ」JFA反町技術委員長、川口アスリート委員長が正式就任

JFA入りする反町康治氏、川口能活氏
 日本サッカー協会(JFA)は29日、第5回理事会を行い、各委員会委員長の選任を行った。終了後、新任の反町康治技術委員長、川口能活アスリート委員長がJFAを通じてコメントを発表した。

●反町康治技術委員長
 今回、技術委員会の委員長に任命され、日本サッカー界のこれからの強化の方向性を決めていく立場となったことに、決意を新たにし、覚悟を持って全力で取り組んでいきたいと思います。日本代表がワールドカップでさらなる高みへと到達するために、日本国内で何をすべきか、JFAアカデミーを含めた育成年代に何をすべきか、指導者は何をどう伝えるべきか、をしっかりと分析、把握し、それをアクションプランにしっかり乗せ、全国の皆さんに発信、実行していきたいと考えています。「日本サッカーの明日」を常に見据え、準備、実行、検証を日々行っていきたいと思います。

●川口能活アスリート委員長
 今回、新しく設立されたアスリート委員会の委員長に選任いただきました。日本サッカーに関わる選手たちのために力になれることを嬉しく思うと同時に、身の引き締まる思いです。新設の委員会のため、どのようなことを具体的に行っていくのかという点はこれから詰めていくことになりますが、日本サッカー協会も掲げる「プレーヤーズファースト」の視点を常に持ち、選手たちがより良い環境でサッカーに臨めるよう尽力し、また選手たちの価値をさらに高めていく為に何をすべきか、何が必要かを常に探求していきたいと思います。

各種委員会委員長は以下のとおり(★は新任)

■常設委員会
国際 田嶋幸三
競技会 林義規
財務 須原清貴
技術 反町康治★
女子 今井純子
審判 黛俊行★
フットサル/ビーチ 北澤豪
医学 池田浩
法務 三好豊

■専門委員会
施設 徳田康★
リスペクト・フェアプレー 山岸佐知子★
殿堂 大仁邦彌
コンプライアンス 須原清貴
社会貢献 日比野克彦
アスリート 川口能活★

■特別委員会
将来構想 田嶋幸三
100周年記念事業 須原清貴
復興支援 上田栄治

■大会実施委員会
天皇杯 須原清貴
国体 植田昌利

病床で3期目再任の田嶋会長、新型コロナ支援で「登録料免除」方針明かす

3期目再任が決まった田嶋幸三会長
 日本サッカー協会(JFA)は29日、2020年度の定時評議員会と第5回理事会を行った。新型コロナウイルスの感染拡大により、すべての参加者がウェブ会議を通じて出席。今月17日に新型コロナウイルス感染が判明した田嶋幸三会長は、評議員会に病院からオブザーバー参加し、理事会はその他の理事らと同様に参加した。

 この日の理事会では、すでに内定が発表されていた会長職の3期目再任も決議。終了後、田嶋会長はJFA広報を通じて「新型コロナウイルスによって世界が大きな影響を受けている時期に会長職を務めることについて、今まで以上に責任の重大さを感じています。このような時こそ日本サッカー界、そしてスポーツ界が一つになり、一致団結してこの困難を乗り越えていく必要があります」との声明を発表した。

 その上で、新型コロナウイルスによって生じるサッカー界の財政難に対する支援も表明。「登録料の免除、協会納付金(プロアマ問わず入場料収入の3%)の最低1年間の凍結など、素早い判断ができるように今後の理事会での決定に向けてしっかりと準備を進めてまいります」。協会関係者によると「現場に対してわれわれからの間接的な支援」という位置付けだという。

 田嶋会長は今月17日、新型コロナウイルスの感染が判明。この日、メディア向けのオンラインブリーフィングを行った須原清貴専務理事によると「順調に治療が進み、順調に回復している」という。

以下、田嶋幸三会長の声明全文

 本日の評議員会で理事に選任され、その後の新理事による理事会において2年間の会長職を任命されました。新型コロナウイルスによって世界が大きな影響を受けている時期に会長職を務めることについて、今まで以上に責任の重大さを感じています。このような時こそ日本サッカー界、そしてスポーツ界が一つになり、一致団結してこの困難を乗り越えていく必要があります。

 日本、そして世界が1日も早く日常を取り戻せるようになってほしいと願っています。また、サッカー界としても、この事によって発生するであろう様々な問題、財政的な問題に対しても、日本サッカー協会(JFA)も覚悟を持って向き合っていきます。例えば、登録料の免除、協会納付金(プロアマ問わず入場料収入の3%)の最低1年間の凍結など、素早い判断ができるように今後の理事会での決定に向けてしっかりと準備を進めてまいります。

 別の見方をすれば、このような状況はJFA、9地域サッカー協会、47都道府県サッカー協会、各種連盟、リーグなどの業務を改善したり、見直したりしていくチャンスであるとも考えています。全員で協力してあらゆることに取り組んでいくことで、直面している大きな困難を乗り越えていけると確信しています。これまでの判断基準とは異なる決定をしなければならない場合でも、理事会の協力を得ながら迅速に対応できるよう体制を整えてまいります。

 世界が平和で、安全で、そして人々が健康であるからこそ、サッカーやスポーツが成り立つことを痛感しています。世界各国が平和で安全な環境を取り戻すために、日本サッカー界も全力で取り組み、それに貢献していきたいと思います。

 感染拡大の収束に向けて若い世代の皆さんの協力は不可欠です。若い世代を含め、多くの世代に影響力のあるサッカー界からも、感染拡大防止のための活動をしてまいります。全国の現場では、医師、看護師、スタッフの皆さんがこの危機と戦ってくださっています。日本が医療崩壊に陥らないよう、協力していきましょう。すでにヨーロッパの選手たちから、多くのメッセージが届いています。そこでは、イタリアやスペインの厳しい状況が生々しく語られています。若い世代の皆様には、この大事な時期に、外出したい気持ち、サッカーしたい気持ち、身体を動かしたい気持ちを抑え、ここは我慢して、新型コロナウイルスという目に見えない敵と戦っていきましょう。スポーツ界の一員としてあらゆる協力を惜しみません。

 この2年間はとても重要な決断を迫られる時だと思います。勇気をもって実行していくために、理事や評議員の皆さん、ファン・サポーター、ご支援いただいている企業、自治体、団体の皆さんと一緒になって取り組んでいきたいと思います。

(取材・文 竹内達也)

JFA理事会はオンラインで実施…「順調に回復している」田嶋会長も参加

日本サッカー協会の田嶋幸三会長
 日本サッカー協会(JFA)は29日、2020年度の定時評議員会と第5回理事会を行った。新型コロナウイルスの感染拡大により、すべての参加者がウェブ会議を通じて出席。今月17日に新型コロナウイルス感染が判明した田嶋幸三会長は、評議員会にオブザーバー参加し、理事会はその他の理事らと同様に参加した。

 終了後、須原清貴専務理事がメディア向けにオンラインブリーフィングを実施。JFA職員の在宅勤務が継続している中、須原専務理事は保健所からの指導により、田嶋会長の発症日から14日間にあたる今月28日まで自宅待機していたことが伝えられた。

 現状の田嶋会長の容態は「順調に治療が進み、順調に回復している」と須原専務理事。また、会長代行の見通しについては「必要性は全く感じていない。療養中だがリモートで意思決定できている。今後も代行という事態は一切想定していない」と述べた。

 この日の理事会では、すでに内定が発表されていた田嶋会長を含め、副会長、専務理事、常務理事、各委員会委員長の選定などが正式に決議された。

選定された理事・監事は以下のとおり

■理事
▼会長
田嶋幸三
▼副会長(47FAから1人追加予定)
村井満
岩上和道
林義規
▼専務理事
須原清貴
▼常務理事
植田昌利
原博実
池田洋二
▼理事(北海道協会から1人追加予定)
櫻井覚
田中厚
徳田康
田中克紀
宗政潤一郎
矢間雅司
竹田孝
大金直樹
反町康治
今井純子
手塚貴子
佐々木則夫
北澤豪
黛俊行
山岸佐知子
池田浩
三好豊
日比野克彦
鈴木寛
山口香

■監事
佐藤太郎
西本強
福田雅

(取材・文 竹内達也)

ベティス19歳MF、非常事態の過ごし方「2時間練習して、3時間ゲームして、4時間は…」

U-20メキシコ代表として日本とも対戦したMFディエゴ・ライネス(ベティス)
 ベティス所属のメキシコ代表MFディエゴ・ライネス(19)がスペイン『マルカ』紙の取材に応じ、自主隔離中の過ごし方を明かした。「一日中パジャマを着て、トレーニングする時だけスポーツウェアに着替えて、またパジャマに戻る毎日だよ」と冗談まじりに述べている。

 リーガ・エスパニョーラは3月中旬以降、新型コロナウイルスの感染拡大によってリーグ戦の開催を中断中。国内では29日までの間、約7万2000人の感染者が判明し、うち5600人以上の死亡が確認されているなど、収束の見通しは立たない状況にある。

 政府から発令されている国家非常事態宣言により、生活必需品の購入や病院・職場への移動を除き、外出は原則的に禁じられている。そのため、サッカークラブの活動も継続することができず、各選手は自宅でのトレーニングに励んでいる。

 U-20W杯で日本とも対戦したライネスは、母親とともにセビリア市内の自宅に滞在中。トレーニングは「クラブから3日ごとに送られる計画に基づき、約2時間ほど行っている」一方で、それ以外の時間は「携帯電話に約4時間、テレビゲームに3時間」という過ごし方をしているという。

 スマートフォンではInstagram、Youtubeを主に見ているといい、テレビゲームはもっぱらFIFAシリーズをプレーしている様子。「あまり料理はしないけど、ママにはいつもお世話になっているから少しは手伝おうとしている」というライネスだが、「庭とプールの掃除は僕の役割」と家事にも励んでいるようだ。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

マンCが32歳センターバックに関心…ユーベは放出に難色示す

レオナルド・ボヌッチが補強候補に
 マンチェスター・シティユベントスイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(32)の獲得に興味を示しているようだ。英『サン』が伝えている。

 今季、主将DFビンセント・コンパニの退団に加え、DFアイメリック・ラポルトが長期離脱、DFジョン・ストーンズのコンディション不良により、最終ラインに問題を抱えているシティ。現在はMFフェルナンジーニョがセンターバックに入り、DFニコラス・オタメンディとシティの守備を支えている。

 この状況からジョゼップ・グアルディオラ監督は今夏の移籍市場でセンターバックの補強を考えており、その候補がボヌッチだという。グアルディオラ監督はかねてからイタリア代表CBを高く評価しており、「卓越したプレイヤー」と称賛している。

 しかし、ユベントスは経験豊富なボヌッチの売却を考えておらず、シティは説得するための厳しい戦いに直面していると同紙は伝えている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●セリエA2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

リバプールでのキャリア終了?セビージャがシャキリ獲得へ正式オファーか

シェルダン・シャキリの去就は…
 スイス代表MFシェルダン・シャキリ(28)のリバプールでのキャリアは終わったかもしれない。英『フットボール・インサイダー』が移籍の可能性を報じている。

 バーゼルやバイエルン、インテルでプレーしてきたシャキリは、2018年7月にストーク・シティからリバプールに加入。小柄ながら当たり負けしないフィジカルとキープ力、チャンスメイク力に優れ、ここまで公式戦40試合で7ゴールを記録している。

 しかし、FWモハメド・サラーやFWサディオ・マネからポジションを奪い取ることができず、今季の出場はわずか256分。そのため、退団が噂されているが、歴史的なシーズンの一部でありたいとして、1月の移籍は拒否したという。

 同メディアによれば、シャキリに対してローマCSKAモスクワなどが関心を示す中、セビージャが正式なオファーを提出する準備をしているとのこと。リバプールは2800万ポンド(約37億6000万円)の提示額を満たせば、移籍を認めるようだ。

 なお、シャキリはリバプールと2023年夏まで契約を結んでいる。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

@bookfun155 分野研究家

ピンクフロイドに入る前やろうか??ほとんどピンクフロイドと同じような感じだ。

Posted in 未分類

@bookfun155 分野研究家

ピンクフロイドに入る前やろうか??ほとんどピンクフロイドと同じような感じだ。

Posted in 未分類

マンU、レアルMFバルベルデに興味も…“驚愕の移籍金”で獲得を断念

フェデリコ・バルベルデに興味も門前払い…
 マンチェスター・ユナイテッドレアル・マドリーに所属するウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデ(21)に興味を示していたようだ。英『ミラー』が報じた。

 運動量豊富で足もとの技術に優れ、戦術眼や球際の強さも備えるバルベルデは、今季ここまで公式戦32試合で2ゴールを4アシストを記録。レアルの中盤に欠かせない存在となっている。

 同紙によると、中盤の補強を狙っているユナイテッドがウルグアイ代表MFに興味を示している模様。1月の移籍市場で加入し、素晴らしい活躍を見せているポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスとうまく共存できる選手を探しているという。

 しかし、レアルは移籍金として、契約解除金に設定している4億5000万ポンド(約604億5500万円)を要求。この額は、2017年夏にブラジル代表FWネイマールがバルセロナからパリSGに移籍した際に支払われた2億ポンド(約268億6900万円)を大幅に超える金額となっており、さすがのユナイテッドも獲得を諦めたようだ。

 なお、ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督は「優勝候補になるためには、1~3人不足している」と語り、今夏の大型補強を示唆している。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●プレミアリーグ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

リバプールMFワイナルドゥム「最も厳しかった対戦相手は…」

ジョルジニオ・ワイナルドゥム
 リバプールに所属するオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(29)が、最も手強かった対戦相手を明かした。メキシコメディア『mediotiempo』が伝えている。

 ワイナルドゥムが名前を挙げた選手は、ベティスメキシコ代表MFアンドレス・グアルダード(33)だ。2人は2014年ブラジルワールドカップの決勝トーナメント1回戦で激突。試合は後半アディショナルタイムにFWクラース・ヤン・フンテラールが決勝点を挙げ、2-1でオランダが勝利した。

「最も厳しかった対戦相手は、ベティスのアンドレス・グアルダードだね。僕たちはワールドカップで対戦した。彼はその日の僕の相手だった。本当に暑くて、湿気もあった。彼は良く走っていたので、僕にとって非常に厳しかった」

「彼は素晴らしい選手であり、ボールコントロールも本当に上手だった。僕にとって難しいことだった。暑さも厳しかった。最終的に勝ったけど、本当に大変だった」

●プレミアリーグ2019-20特集
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

[練習試合]全国トップレベルの相手との戦いで感じた「あと少し」の必要性。立正大淞南はこだわって目標達成へ

守備能力の高さを印象づけていたMF山田和樹。「あと少し」にこだわって立正大淞南高を楽にする
「全然、まだです」。ジャパンユース プーマ スーパーリーグでJFAアカデミー福島U-18(静岡)や履正社高(大阪)、星稜高(石川)に快勝するなど、まずまずのスタートを切っていた新生・立正大淞南高(島根)だが、1か月強ぶりとなる練習試合となったこの日は2連敗。チームリーダーの一人、MF山田和樹(新3年)は悔しさを滲ませていた。

 立正大淞南は昨年の10番MF山田真夏斗が松本入り。1ボランチを担う山田と左SB松村巧(新3年)が当時からのレギュラーだ。加えて、FW古山兼悟(新3年)、MF藤井嵐(新3年)、MF鈴木暁大(新3年)、MF吉田竜樹(新3年)や新2年生のCB岩本剛気、GK長野大河ら今年も面白い選手たちがいる。

 この日の高川学園高(山口)戦も、長崎総合科学大附高(長崎)戦も中央突破、高速プレスという特長を発揮する時間帯はあった。だが、いずれの試合も後半に前線の運動量を欠いたところや、細かなミスが失点の原因に。また、得点も奪うことができなかった。

 長崎総科大附戦では右サイドから崩し、藤井の強烈な右足ミドルがゴール左隅を襲ったが、年代別日本代表候補歴を持つ相手GK梶原駿哉(新3年)がファインセーブで阻止。藤井は「自分でも『来た!』と思ったけれど、相手のGKが上手かった。(全国レベルを)今日肌で感じました」と語り、全国トップレベル相手でも決められるように「あと少し」のレベルアップの必要性を感じ取っていた。

 この日、鋭い読みを活かしたディフェンスで幾度もボールを奪い取っていた山田も、全国トップレベルとの対戦で「あと少し」の差を学んでいる一人だ。先発した全国高校選手権1回戦の富山一高(富山、インターハイ準優勝校)戦では、終了2分前にクロスから失点。PK戦に持ち込まれ、惜敗した。

 山田は「去年は自分のせいで負けたという感じです。最後の失点も自分がスライディングしていれば防げたと思っているので、そういう気持ちを忘れないで一歩一歩近づいていきたい」。全国トップクラスの相手に勝つために最後の一歩まで緩めずにやり切ること。立正大淞南は知将・南健司監督の下、勝敗を分ける細かな部分を日々学んでいる。その細かな部分の大切さを改めて実感している彼らは、個人個人が意識を高めて「あと少し」をできる集団にしていく。

 この日、山田は印象的な守備を見せていたが、本人は納得していなかった。「まだ最後粘り切るとか、球際の部分で自分の後ろにボールがこぼれたりしたので、そこで自分が抑えられたらチームも楽になる」。山田の兄・CB山田祐樹(現びわこ成蹊スポーツ大)はOBで元主将。山田は自分もチームを引っ張り、こだわって立正大淞南を楽にできるような選手を目指す。

 MF井上健太(福岡大新4年)がいち早く大分内定を決めるなど、立正大淞南OBのJリーガーも年々増えてきている。その中で後輩たちの大目標は、先輩たちがまだ成し遂げられていない全国制覇だ。藤井は「(個人としては)速く仕掛けろといわれている。今のままでは上では通用しない。まだ全然できていない。自分は両足蹴れるのが武器。縦にも中に入ってシュートにも行けるのが武器なので、チームのためにやっていければいい」と誓い、山田は「自分が1ボランチなので自分が2、3人分働けるようにしたい」と力を込めた。高川学園とのB戦は大量得点を奪って勝利。アピールを狙う選手たちと競争しながらチーム力を引き上げ、全国で勝つチームになる。

MF藤井嵐は両足のキック精度などが武器。全国トップレベル相手でも決める力を身につける


(取材・文 吉田太郎)

久保建英はレアルの“希望の光”?スペイン紙が来シーズンの11人選出

久保建英の去就は…
 来シーズンのレアル・マドリー日本代表MF久保建英(18)が必要かもしれない。スペイン『アス』が2020-21シーズンのベストイレブンを予想した。

 現在、首位バルセロナと勝ち点2差で2位につけるレアル。同紙は「失われた幻想を多くの新顔で取り戻すチーム。2020-21シーズン、レアル・マドリーの可能なイレブン」という見出しで動画を公表し、現在レンタル中の選手も含めて11人を選出した。

 システムは4-3-3。サイドバックにはそれぞれレンタル中のアクラフ・ハキミとセルヒオ・レギロンを入れ、インサイドハーフにはルカ・モドリッチやトニ・クロース、フェデリコ・バルベルデではなく、マルティン・エーデゴーアと久保が選ばれた。

 同紙によれば、今回選ばれた11人の市場価値は合計で5億1800万ユーロ(約622億5800万円)とのこと。スペイン大手紙の期待も高い久保だが、『ディアリオ・デ・マジョルカ』は来シーズンもマジョルカでプレーしたいとの意向をレアルに伝えたと報じている。

▼GK
ティボー・クルトワ

▼DF
アクラフ・ハキミ(ドルトムント)
ラファエル・バラン
セルヒオ・ラモス
セルヒオ・レギロン(セビージャ)

▼MF
久保建英(マジョルカ)
カゼミーロ
マルティン・エーデゴーア(ソシエダ)

▼FW
マルコ・アセンシオ
カリム・ベンゼマ
ロドリゴ・ゴエス or ビニシウス・ジュニオール

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●海外組ガイド
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

108億円の節減に…ユベントス、選手らと給与4か月分カットで合意

ユベントスが給与削減を発表
 ユベントスは28日、給与削減についてトップチームの選手やマウリツィオ・サッリ監督らと合意したことを発表した。

 クラブ発表によると、トップチームの全選手およびコーチングスタッフの4か月(3~6月)分の給与をカットすることで合意。今後、数週間でそれぞれとの交渉をまとめ、今シーズンの試合が再開されれば、追加の給与支払いについて話し合うという。

 今回の合意により、約9000万ユーロ(約108億円)の節約につながったとのこと。ユベントスはクラブ公式サイトを通じて「すべての人にとって困難な状況で示された責任感ついて、選手やコーチに感謝したい」と、 謝辞を述べている。

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないイタリアでは、感染者9万2472人、死者1万23人と世界で最も多くなっており、現在セリエAは中断中。ユベントスではDFダニエレ・ルガーニ、MFブレズ・マトゥイディ、FWパウロ・ディバラの3選手の感染が確認されている。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

新型コロナ感染拡大防止へ…柴崎岳がファンに呼びかけ「意識を変えて欲しい」

柴崎岳が警鐘
 デポルティボに所属する日本代表MF柴崎岳が自身のツイッター(@GakuShibasaki_)を更新。日本のファンへ新型コロナウイルスの感染防止を呼びかけた。

 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。スペインでも急速に事態が深刻化しており、感染者は72248人、死者は5690人で発生源とされる中国を超え、イタリアに次ぐ世界2位となっている。

 柴崎は自身のツイッターに1分ほどの動画を投稿。「日本でも感染拡大が徐々に進んでいるとニュースを目にしました。他国で起こっていることを他人ごとだと思わずに、自分は安全だと思わず、自分や自分の周りにいる家族、友人にかかるリスクを少しでも減らすためにも、みなさんの意識を変えて欲しいと思います」と呼びかけた。

 さらに柴崎は「みなさんがなるべく早く普段の日常を取り戻すためにも、リスクを減らし、安全を確保し、最大限回りに配慮することが大事だと思います。みなさんの意識を変え、感染拡大防止に向けて、より良い方法に向かっていきましょう」と述べ、感染拡大の収束を祈った。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●海外組ガイド
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

[3月29日 今日のバースデー]

Japan
MF田辺圭佑(鹿児島、1992)*精度の高い左足で鋭い縦パスを送り、チャンスを演出するMF。
FW田中直基(沼津、1993)*近畿大出身、FC大阪から18年に加入したFW。粘り強い推進力が魅力。

World
MFディミトリ・パイェ(マルセイユ、1987、フランス)*FKの名手。高い技術とスピードを併せ持つアタッカー。
MF中里崇宏(江原FC、1990)*技術と運動量を活かして中盤の広範囲を支配するMF。2020年からKリーグへ。
MFエンゴロ・カンテ(チェルシー、1991、フランス)*ボール奪取力に優れ、運動量も豊富。レスターの優勝メンバーの一人。
MFトルガン・アザール(ドルトムント、1993、ベルギー)*チェルシーのエデン・アザールの実弟。鋭いドリブル突破が武器。

Former
DF大野俊三(元鹿島ほか、1965)*現役時代はディフェンダーとして活躍した。日本代表経験もある。
MFマルク・オーフェルマルス(元バルセロナほか、1973、オランダ)*驚異的なスピードと爆発的な加速力を武器にサイドを切り裂くウインガー。
MFルイ・コスタ(元ミランほか、1972、ポルトガル)*技術力の高いパスが持ち味の元ポルトガル代表のファンタジスタ。

Others
伊武雅刀(俳優、1949)
西島秀俊(俳優、1971)
篠原ともえ(タレント、1979)
滝沢秀明(元タッキー&翼:アイドル、1982)
鈴木亮平(俳優、1983)
里田まい(元カントリー娘:タレント、1984)
深川麻衣(元乃木坂46:女優、1991)
井口栞里(SKE48:アイドル、1995)

[練習試合]「なくしても良いから行けと」MF岩永、MF小田の両翼が強みに。好守も光った長崎総科大附が5-0勝利

MF岩永空潤は果敢に仕掛けを連発し、長崎総合科学大附高に勢いをもたらした。パンチのある左足シュートで2ゴールを演出
[3.28 練習試合 長崎総合科学大附高 5-0 立正大淞南高]

 28日、ともに今年1月の全国高校選手権に出場した長崎総合科学大附高(長崎)と立正大淞南高(島根)が練習試合で対戦し、長崎総科大附が5-0で快勝した。

 ともにこの日2試合目。第1試合からの休養時間が立正大淞南より長かったことは確かだが、長崎総科大附が今年のストロングポイントである両翼の攻撃力を活かすなどゴールを連発して強豪対決を制した。

 長崎総科大附の両翼は簡単には止まらない。特に右のMF岩永空潤(新3年)がスピードを活かした縦への仕掛けとカットインから放つ左足シュートで存在感。1-0の前半10分には「(監督の)小嶺(忠敏)さんも『両サイドが持ったらすぐにドリブルして良い』と。『持ったらなくしても良いから行け』と言われているので」という岩永の果敢なカットインシュートが左ポストを叩き、こぼれ球をFW岩見海斗(新3年)が押し込む形で2点目のゴールが生まれた。

 また、35分にも岩永の左足FKがGKの手を弾いて再びポストを叩く。今度はこぼれ球をMF原口玖星(新2年)が押し込んで3-0となった。加えて「相手を一瞬のスピードで抜いたり、テクニック使ったりもできるので、ドリブルは幅広く自信があります」という強力ドリブラー・MF小田晃暉(新3年)も左サイドでチャンスに絡む。

 長崎総科大附はこの試合2得点のFW牧田陽太(新2年)と岩見の2トップが献身的な守備に加えて、攻撃でも相手のDFラインを押し下げる動き。再三セカンドボールを拾っていたMF田中満斎(新3年)と原口が両翼に展開し、岩永は相手DFが2人だろうが3人だろうがどんどん仕掛けていく。ボールをロストする回数も増えていたが、岩永、小田の両翼のアグレッシブな仕掛けはチームに推進力を生み出していた。

 立正大淞南もMF山田和樹(新3年)が鋭い読みを活かした守りで相手の攻撃に蓋をし、GK長野大河(新2年)が好セーブでチームを支えていた。そして、攻撃でもMF吉田竜樹(新3年)のスルーパスからFW矢野佑介(新3年)がシュートへ持ち込んだほか、33分には右サイドから崩してMF{{藤井嵐(新3年)が強烈な右足ミドル。コースを捉えた見事な一撃だったが、長崎総科大附は九州屈指のGK梶原駿哉(新3年)が反応して完璧にはじき出す。

 長崎総科大附はCB藤田和也(新3年)とCB田中翼(新3年)の両DFが的確なカバーリングで要所を締め、梶原も雨中のゲームで隙見せない。また、小林麗王(新3年)と大石航大(新3年)の両SBが攻め上がりから決定機を演出するシーンもあった。長崎総科大附は藤田がCKからゴールを決めるなど、各選手が特長を発揮する形で会心の勝利。「オレと(岩永)空潤が仕掛けるか、仕掛けないかで変わってくるので、積極的に行くようにしています。相手関係なく自分たちはどんどん仕掛けた方が良い。そこから攻撃のリズムが生まれることが多いので仕掛けることは常に意識しています」という小田と岩永の攻撃力は今シーズン、長崎県内外のライバルたちを大いに苦しめそうだ。

 岩永は選手権全国大会も先発出場したが、思うようなプレーをすることができなかったという。今年は「去年から出ているんで、今年は自分がやらないといけないと思っています」と語るように、自覚が高まっている。

「去年は点決めようとか思っていなくて、ただ良いプレーをしようとか、ドリブルしようと思っていて、今年はドリブルもなんですけれども点を取ることを意識してやっています」。相手が人数をかけてマークしてきても強引に仕掛けてシュートへ。高川学園高戦でも1ゴールを決めるなど、強豪相手でも1ランク上のプレーをしていた印象だ。

 小田は九州新人戦では連戦の中で身体が動かず、大会終盤に良いパフォーマンスを継続することができなかったことを反省。春の期間に課題の部分を改善し、武器を磨くだけだ。今年の目標について小田は「全国優勝したいし、個人的にも色々なところから目をつけられたいという思いがあります。抜くだけじゃなくてゴールもしたいし、アシストもしたいし、良いプレーだけじゃなくて数字に残る結果を残したい」と語り、岩永は「自分で点を決めること。小嶺先生に18回目の全国制覇をさせてあげたいと思っています」と意気込んだ。2人は、梶原や藤田ら経験者を残すチームを両サイドからの仕掛けで牽引し、チームに勢いとゴール、そして白星をもたらす。

長崎総科大附は左MF小田晃暉も突破力を備える


(取材・文 吉田太郎)

ボローニャ冨安健洋が語る感染爆発前のイタリア「感染を防ぐ一番の近道は…」

ボローニャに所属するDF冨安健洋
 ボローニャのDF冨安健洋が28日に自身のインスタグラム(@tomiyasu.t)を更新し、動画で新型コロナウイルスに関する注意喚起を行った。

 冨安は最初に「今日は世界中で猛威を振るっているコロナウイルスについて話したいと思います」と前置きし、ヨーロッパ最多の感染者数を記録しているイタリアの状況について説明している。

「僕が住んでいるイタリアでも1か月前から感染が始まり、今では中国に次いで世界で2番目の感染者数となってしまいました」

「やはり一度、感染が始まってから感染を防ぐのは難しいことだと思います。もちろんイタリアでも手洗いうがいの徹底、目鼻口を触らない、スキンシップを避けるなどといった注意喚起はされていました。それでもここまで感染が広がってしまいました」

 イタリアでも日本と同じように感染防止を呼びかける声があったと話す冨安。それにもかかわらず深刻な状況に陥ってしまった現状を踏まえ、日本に向けて改めて警戒を促している。

「日本でもそういった注意喚起がされているとは思いますけど、感染を防ぐ一番の近道は、家にいて他の人との接触を避けることだと思います。それは自分を守ることもそうですし、自分の大切な人、家族を守ることにもつながると思います」

「今は世界中でコロナウイルスが流行して大変な状況になっていますけど、みんなで助け合いながら、自分のことだけじゃなく他の人のことも気にかけながら、この危機を乗り越えていければいいなと思います。みんなで頑張っていきましょう」

●海外組ガイド
●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

[練習試合]新2年生FW中山2発。県リーグから上を目指す高川学園が自信となる連勝

2得点を挙げた高川学園高FW中山桂吾(55番)がMF新山大地とハイタッチ
[3.28 練習試合 高川学園高 3-0 立正大淞南高]

 28日、ともに今年1月の全国高校選手権に出場した高川学園高(山口)と立正大淞南高(島根)が練習試合で対戦し、高川学園が3-0で快勝した。

 高川学園が長崎総合科学大附高(長崎)との第1試合に続いて連勝した。だが、前半半ば以降は立正大淞南が高川学園のポゼッションを封鎖。回収力の高いMF山田和樹(新3年)らがボールを奪い、ショートカウンターを連発した。

 23分には中央を打開してFW矢野佑介(新3年)が決定的な右足シュート。その後も突破力を備えたMF鈴木暁大(新3年)が右サイドを強引に打開してからシュート、ラストパスに持ち込む。また、前線でFW古山兼悟(新3年)がボールを収めるなど分厚い攻撃を展開。後半立ち上がりにも鈴木やMF藤井嵐(新3年)、左SB松村巧(新3年)が次々とゴールに迫った。

 だが、CB田中誠太郎(新3年)やCB加藤寛人(新2年)を中心にここを凌いだ高川学園は13分、先制点を奪う。雨の影響もあり、左クロスを相手GKがファンブル。これをFW中山桂吾(新2年)が逃さずに右足でゴールに蹴り込んだ。

 さらに15分、CKの流れから、しなやかなドリブルで存在感を示していたMF林晴己(新2年)が左クロス。中山が難易度の高いヘディングシュートをゴールに決めて2-0とした。

 後半は1か月強ぶりの練習試合だという立正大淞南が失速。逆に攻守両面で良さが出ていた高川学園はチャンスを増やすと、27分にも右SB千々松蓮(新3年)の縦パスでFW福地優雅(新3年)が抜け出す。最後はPAでDFを外してから、慌てずにシュートのこぼれを押し込み、3-0。今年、山口県1部リーグへ降格した高川学園がプリンスリーグ中国勢の立正大淞南に快勝した。

 高川学園は新人戦九州4強の長崎総科大附に0-3から逆転勝ちし、中国地方の強豪・立正大淞南にも快勝。主将のMF新山大地(新3年)は「シーズンが始まってくれば県リーグになってしまったので、こういうレベルの高い相手とできないので今、成長する時期かなと思います。(劣勢になっても)気持ちの部分では負けていなかった」と口にする。

 チームはミスが出ても、各選手の前向きな言葉がけによって引きずることなくプレー。江本孝監督が「戦いどころを知っている」と評する新山を軸に、日頃から意識している周囲への心配りをしながら、一つになって戦った。

 今、何をすることが大事なのか、考え、確認して試合に臨んでいる。一週間前にはリーダー格の選手たちが指導陣に戦術面のトレーニング増加を提案。だが、まずは将来も考えて、技術面などのベース向上に100%の力で取り組むことを求められたという。新山は「一人が100%でやるだけじゃダメだし、全員が100%の意識でやらなければダメ。まず100%でやることにこだわっている」。自分たちの力を日常の練習や山口県での戦いで引き上げて、全国大会で上を目指す。

(取材・文 吉田太郎)

支援続けるC・ロナウド、4億円以上の給与カットに応じる

FWクリスティアーノ・ロナウドが給与カットに応じる
 イタリア『トゥット・スポルト』は28日、FWクリスティアーノ・ロナウドらユベントスの選手たちが、新型コロナウイルスの影響によるリーグ中断で収入が減少したクラブを助けるため、給与カットに合意したことを報じた。

 これはキャプテンDFジョルジョ・キエッリーニの呼びかけから始まったもので、チーム最高額の3100万ユーロ(約37億3600万円)を受け取るC・ロナウドの場合、380万ユーロ(約4億5800万円)の減給になるという。

 C・ロナウドはこれまでも地元マデイラ島の病院に5台の人工呼吸器を提供したほか、代理人のジョルジュ・メンデス氏とともにポルトガルの2つの病院に対し、100万ユーロ(約1億2000万円)の寄付を行ったことなどが伝えられていた。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中