急遽閉幕方針のベルギー1部は日本人9人在籍…欧州カップ出場権にも大きく影響か

急遽閉幕方針のベルギー1部は日本人9人在籍…欧州カップ出場権にも大きく影響か
 ベルギーのジュピラー・プロ・リーグは2日、電話会議で理事会を開催し、2019-20シーズンを即時終了する方針を固めたと発表した。4月15日に予定されているリーグ総会で正式決定すれば、欧州主要リーグで初めての決断となる。

 中止対象試合はリーグ戦の最終節と、レギュラーシーズン1〜6位で行われるプレーオフ1、7〜15位とPO1敗者とで行われるプレーオフ2。取締役会の助言が総会で承認されれば現状の順位が最終結果となり、クラブ・ブルージュが優勝を手にする。

 日本人所属クラブではMF森岡亮太シャルルロワが3位、MF三好康児アントワープが4位、MF伊東純也ゲンクが7位、GKシュミット・ダニエル・DF松原后・FW鈴木優磨・FW伊藤達哉シントトロイデンが12位、DF植田直通セルクル・ブルージュが14位、MF小林祐希ベフェレンが最下位16位となる。

 ベルギーリーグでは通常、プレーオフ1優勝チームに欧州CL本戦出場権、準優勝チームに欧州CL予選出場権、カップ戦優勝チームにEL本戦出場権、3位とプレーオフ2優勝チームにEL予選出場権が与えられる。また下位2チームが2部リーグに降格する。

 ところが、今季はプレーオフを行うことができず、シーズン終了を待たずに閉幕となるため、特例措置が取られるようだ。ベルギーメディア『Het Laatste Nieuws』によると、今季は降格制度を採用せず、小林のベフェレンにとっては命拾いとなる見込みだ。

 また、欧州カップ戦出場権はリーグ戦順位に基づいて付与される見通し。リーグ優勝のクラブ・ブルージュに欧州CL本戦、2位ゲントにCL予選、3位シャルルロワにEL本戦、4位アントワープと5位スタンダールにEL予選の出場権が与えられる一方、最終節で逆転プレーオフ進出の可能性を残していた伊東の7位ゲントなどは無念の結果となる。

 なお、プロリーグの理事会は今後、リーグ戦結果と財政インパクトを検討するワーキンググループを構成。カップ戦決勝の扱いについて議論することが決まっている。カップ戦決勝ではクラブ・ブルージュとアントワープの対戦が予定されているが、開催の可否で細かい変更点が出てくる可能性がある。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集

ベルギーが欧州主要リーグ初の即時閉幕へ…公式声明「再開の必要性はない」

クラブ・ブルージュが優勝へ
 ベルギーのジュピラー・プロ・リーグは2日、電話会議で理事会を開催し、2019-20シーズンを即時終了する方針を固めたと発表した。取締役会で全会一致した。4月15日に予定されているリーグ総会で正式決定すれば、欧州主要リーグで初めての決断となる。

 リーグ公式サイトを通じて「理事会の責任としては公衆衛生、すべてのステークホルダーの利益、また大多数のクラブの希望を考慮に入れ、残り試合に関して総会に勧告を出すこと」と立ち位置を説明。「もはやコンペティションを再開する必要性はない」と見解を述べた。

 現在のスケジュールではリーグ戦が再開したとしても、シーズンの切れ目にあたる6月30日以降にもつれ込む見込み。ただ、その時期でも「再開は予測できず、いつ予測できるかどうかも非常に不明確」だという。また「選手やチームの大部分が感染する可能性があり、今後の競技にも許容できない影響がある」「自治体によって試合日を揃えることが不可能となる恐れがある」ため、中止の方針を固めた。

 中止対象試合はリーグ戦の最終節と、レギュラーシーズン1〜6位で行われるプレーオフ1、7〜15位とプレーオフ1敗者とで行われるプレーオフ2。取締役会の助言が総会で承認されれば現状の順位が最終結果となり、クラブ・ブルージュが優勝を手にする。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集

【動画】俺様、神様、イブラ様!イブラヒモビッチが衝撃デビュー戦!!【ウイイレ無課金myClub#9】

【動画】俺様、神様、イブラ様!イブラヒモビッチが衝撃デビュー戦!!【ウイイレ無課金myClub#9】
『eFootball ウイニングイレブン2020』(ウイイレ2020)のオンラインディビジョンでレート1000を達成したゲキサカFC1期生のカクケンとARATA。今度は無課金でmyClubレート1000を目指す新企画「無課金myClubレート1000への道」にARATAが挑みます。

★ゲキサカ ゲームチャンネルの登録はこちらから

鹿島vs町田がYoutubeでライブ配信決定

鹿島vs町田がYoutubeでライブ配信決定
 鹿島アントラーズFC町田ゼルビアは2日、今月4日に一般非公開でトレーニングマッチを行い、その模様を両チームのYoutube公式チャンネルでLIVE配信すると発表した。キックオフは午後1時に予定されている。

 両チームは「トレーニングマッチにつきましては、新型コロナウイルスの影響で日々状況が変化する中、政府見解や社会情勢を考慮し、両クラブ判断の下で中止となる場合がございます。その際は決定次第、あらためてご案内いたします」としている。

 また制作・著作は鹿島が担当。町田は「映像の構成が少し鹿島側の内容になることが想定されますが、予めご理解とご了承の程よろしくお願い申し上げます」と理解を求めている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

岡山GK椎名、3月の右膝負傷は全治6か月

[故障者情報]

 ファジアーノ岡山は2日、GK椎名一馬が右膝前十字靭帯断裂に伴う手術を受け、全治6か月と診断されたと発表した。

 手術日は今月1日。椎名は3月8日、同7日のトレーニングで負傷していたことが発表されていた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

感染者続く神戸、保健所の指導状況を報告「拡散防止に努力してまいります」

感染者続く神戸、保健所の指導状況を報告「拡散防止に努力してまいります」
 新型コロナウイルスの感染者が続いているヴィッセル神戸は2日夜、保健所からの指導状況を報告した。トップチーム関係者全員が日々の検温、体調管理、保健所への報告を行っているという。

 その上でクラブは感染者と接触した可能性がある者は不要不急の外出を控えるよう指示。体調不良者が出た場合は関係各所と連携する体制となっているという。

 神戸は公式サイトを通じて「引き続き、皆さまにはご不安、ご心配をおかけすることになり、大変恐縮ですが、関係各所と連携して新型コロナウイルス感染症の拡散防止に向けて努力してまいります」と伝えている。

 神戸は3月30日から今月2日までの間、元DF酒井高徳とトップチーム関係者2人から陽性反応が出たと発表していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

立正大淞南の注目株、新2年生CB岩本剛気はどんな相手でも「『かかって来い』という選手になりたい」

立正大淞南高注目の新2年生CB岩本剛気
 山陰の強豪、立正大淞南高(島根)期待の183cmCB岩本剛気(新2年)は、悔しさを滲ませながら「ダメ」という言葉を連発していた。3月下旬の2日間で各2試合の練習試合を行ったが、初日が計8失点。2日目も計7得点を献上してしまった。

 強敵と対峙すると、明らかにスイッチが入る岩本は周囲が驚くようなヘッドや潰しも見せる注目株だ。だが、今回の結果は、DFとして不甲斐ないもの、変化の必要性を突きつけられるものとなった。

「守備の部分が全然ダメで、先輩であろうが声を出して行っていく部分が全然ダメだと思います。(プレー以前に)『絶対にやらせないぞ』という気持ちが無かったと思うので、そこがまずダメ。プレーでは後半から集中力が切れてしまったのでそこを改善していかないとダメです」。反省の弁を連発していた。

 得意とするヘディングや対人守備の部分は強豪相手でも通用する武器になってきている。本人もレベルアップを実感。だが、立正大淞南の先輩DFたちのような気迫がまだまだ足りないと感じている。

 だからこそ、「去年の大迫(武早志)君だったりのように気迫があって、『かかって来い』という選手になりたいです」。自分のところからは絶対に“やらせない”。もちろん、チームとしても前線の運動量など足りない部分がある。だが、岩本はまず自信を持って相手を封じ込むような選手、ゴール前で存在感を放つような選手を目指す。

 日常からより意識高く取り組み、今回、差をつけられた長崎総合科学大附高や高川学園高、岡山学芸館高との距離を縮めること。そして、次回の対戦では必ずリベンジする。「この試合で結果を残せなかったのは残念ですけれども、インターハイは優勝してそこで今年の立正大淞南高校がどういうものか見せて選手権で日本一を獲りたいと思います」。悔しい結果に終わったこの2日間を必ず進化、飛躍のきっかけにする。
 
(取材・文 吉田太郎)

選手感染のJ2群馬、チーム内に濃厚接触者41人…9日まで活動停止

群馬は今季からJ2リーグに参戦
 新型コロナウイルスの感染者が見つかったザスパクサツ群馬は2日、保健所の調査結果が判明し、チーム内に41人の濃厚接触者がいたことが分かったと発表した。

 群馬は1日、DF舩津徹也から新型コロナウイルスの陽性反応が示されたと発表。クラブによると、発症日の3月26日にコーエィ前橋フットボールセンターで行われたトレーニングに参加しており、クラブハウス内で接触した者、食事を共にした者が濃厚接触者として認定されたという。

 濃厚接触者の内訳は内訳は選手28人、スタッフ13人。発症日から2週間にあたる今月9日までの間、前橋市から濃厚接触者の健康観察と外出自粛を要請された。クラブはこれを受けて、同期間のトップチーム活動の停止を決定。また今後の状況に応じて期間を延長する可能性があるという。

 クラブは「引き続き感染拡大の防止に努めるとともに、前橋市や保健所の調査に全面的に協力をし、適切なタイミングで進捗をご報告して参ります」とした上で、「選手、スタッフの家族については濃厚接触者でございませんので、プライバシーを侵害するような行為や差別、偏見等の言動がないようお願いいたします」と配慮を求めている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

柴崎岳、小川航、長谷川唯、冨安がインスタライブ出演へ! UDNが質問募集中

柴崎岳、小川航、長谷川唯、冨安がインスタライブ出演へ! UDNが質問募集中
 トップアスリートのマネジメント業務を行う株式会社UDN SPORTSは1日、DF冨安健洋(ボローニャ)、FW小川航基(磐田)、MF長谷川唯(東京V・日テレベレーザ)、MF柴崎岳(デポルティボ)が出演するインスタライブを3日午後7時から配信すると発表した。

 新型コロナウイルスの影響により世界各国のリーグ戦が中断となり、サッカーに限らず多くのスポーツ大会が延期になっていることを受け、選手の近況を伝えるとともにファン・サポーターと交流できる場を設けることを目的に実施している。

 前回は3月下旬に実施。MF原口元気(ハノーファー)、MF香川真司(サラゴサ)、DF酒井高徳(神戸)、MF清武弘嗣(C大阪)らが出演し、人気を博していた。

 配信アカウントはUDN SPORTSの公式インスタグラム(@udnsports)。配信では視聴者からの質問にも選手が答える予定で、同アカウントのコメント欄で質問も募集している。

 UDNからの告知事項は以下のとおり

・UDN SPORTSアカウントから各選手を招待する形になるため出演は1名ずつとなります
・出演の時間帯や順番は未定です
・配信状況によって2回に分けての配信となる可能性があります
・急遽出演者が変更になる可能性もあります

カバーニ神戸入りはエイプリルフール! 仏メディアが皮肉まじりに謝罪「罠にかかった日本メディアに…」

神戸入りが報じられていたFWエディンソン・カバーニ
 ヴィッセル神戸にFWエディンソン・カバーニが加入へ——。2020年4月1日、日本国内を駆け巡ったビッグニュースはエイプリルフールによるものだったようだ。複数の日本メディアが引用したフランスメディア『Lucarne Opposee』は、Twitterの公式アカウント(@LucarneOpposee)で皮肉まじりに謝罪している。

 『Lucarne Opposee』は1日、ウルグアイメディア『Ovacion』のリンクを引用元に明示し、カバーニの神戸移籍の可能性を報じた。これに対し、複数の日本メディアが「すでに契約合意」などと報道。ところが『Ovacion』のリンクを辿っても同様の記事はなく、ネット上ではフェイク・ニュースを疑う声も挙がっていた。

 同アカウントは2日、日本メディアが報道したウェブ記事のスクリーンショットを投稿。「もしあなたたちがわれわれの『4月の魚』が日本を侵略し続けることを望むのなら、こちらでわれわれを支援することができます」。『4月の魚』とはフランス語でエイプリルフールのこと。添えられたリンクでは同メディアによるクラウド・ファンディングのページに誘導しており、エイプリル・フールによるものだったことを明かした。

 加えて「この罠にかかった日本メディアに謝罪します」と釈明。さらに括弧書きで「ただその一方、記事にはいくつかのバルブ(仕切り弁)があって、ソースに明示していたOvacionのリンクをクリックするだけで偽物と分かるには十分だっただろうけど」とし、情報の真偽を確かめる手続き(バルブ)がなかったことを皮肉まじりに述べている。

●フランス・リーグアン2019-20特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

湘南21歳DF石原広教が入籍「より一層の責任感を持って頑張ります」

湘南ベルマーレDF石原広教
 湘南ベルマーレは2日、DF石原広教(21)が一般女性と入籍したと発表した。

 石原広はクラブを通じて「より一層の責任感を持って頑張ります。これからも応援よろしくお願いします」とコメントした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

ソン・フンミンの帰国理由判明か…「基礎軍事訓練」で海兵隊へ

トッテナムFWソン・フンミン
 トッテナムにより韓国への一時帰国が認められたFWソン・フンミンだが、兵役免除者に課される基礎軍事訓練に参加するためだったことが分かった。2日、韓国『中央日報』日本版が報じている。

 トッテナムは3月29日、ソン・フンミンとFWステーフェン・ベルフワインに帰国許可を出したことを発表。ベルフワインは「出産に立ち会うため」と理由が明かされた一方、ソン・フンミンについては「個人的な理由」とされていた。

 記事によると、ソン・フンミンは今月20日から海兵隊に入隊し、チェジュで軍事訓練に取り組む予定。通常、陸軍訓練所の訓練は4週間に及ぶが、より厳しいとされる海兵隊では3週間で終えられるという。

 ソン・フンミンは2018年冬、U-23韓国代表のオーバーエイジ選手としてアジア競技大会に参戦。金メダルを獲得したことにより、兵役義務の免除が決定。原則1年半以上にもわたる軍隊への服務ではなく、ボランティア活動と基礎軍事訓練のみ受ける形となった。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

第100回天皇杯予選、福島はJヴィレッジで“決定戦”のみ開催

第100回天皇杯予選、福島はJヴィレッジで“決定戦”のみ開催
 J3リーグの福島ユナイテッドは2日、第100回天皇杯福島県予選の開催規模が縮小され、代表決定戦のみ行われることが決まったと発表した。代表決定戦は5月10日午後1時にキックオフし、JヴィレッジスタジアムでいわきFC(JFL)と対戦する。

 第100回天皇杯本戦は5月23日に開幕予定。現在は本来であれば各都道府県予選の開催時期だが、新型コロナウイルスの感染拡大で全国的に試合が開催できない情勢が続く中、各都道府県協会がさまざまな対応を取っている。

 秋田県では予選全日程を中止し、ブラウブリッツ秋田(J3)の本戦出場が決定。その他、愛知県や静岡県では代表決定戦のみ開催することが決まっている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●第99回天皇杯特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

8年ぶり名古屋復帰のFW金崎、合流日が決定「もう一度このピッチで…」

8年ぶりに名古屋復帰が決まったFW金崎夢生(写真は2012年のもの)
 名古屋グランパスは2日、FW金崎夢生のチーム練習合流日が決まったと発表した。同選手は3月27日、サガン鳥栖からの期限付き移籍で8年ぶりに名古屋に復帰することが発表されていた。

 発表によると、合流は3日午後2時の非公開練習から。添えられた動画で金崎は「もう一度このピッチでプレーできることを本当にうれしく思っています。これからも応援よろしくお願いします!」と述べている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

なでしこJ、6・7月の2試合が中止に…U-16日本代表もカップ戦中止

なでしこJ、6・7月の2試合が中止に…U-16日本代表もカップ戦中止
 日本サッカー協会(JFA)は2日、東京五輪の延期に伴い、日本女子代表(なでしこジャパン)が6月上旬に予定していた国際親善試合(栃木)、7月16日に予定していたMS&ADカップ2020(京都)の中止を決めたと発表した。

 なでしこジャパンの今後の活動は決定次第、発表されるという。

 あわせて、U-16日本代表が6月7〜14日に参戦する予定だったU-16インターナショナルドリームカップ2020の中止も決定。理由は「新型コロナウイルスの感染予防に対する現在の状況に鑑み」たとしている。

●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

神戸から3人目の陽性反応…詳細な調査結果は「適切なタイミングで公表」

神戸から3人目の陽性反応…詳細な調査結果は「適切なタイミングで公表」
 ヴィッセル神戸は2日、トップチーム関係者1人に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たと発表した。クラブは「引き続きヴィッセル神戸として保健所の指導のもと濃厚接触者の特定に努めてまいります」としている。

 発表によると、当該関係者は1日午後5時ごろに兵庫県内の病院でPCR検査を実施。軽度の咳、喉と前胸部の痛みがあった。続いて2日午後4時、検査の結果が判明し、陽性だったことが判明。喉や前胸部の痛みは続いている一方、両日にわたって発熱、味覚・嗅覚の異常はなかったという。

 神戸は今後のスケジュールや調査結果をJリーグ、兵庫県、保健所と連携し、「適切なタイミングで公表」する予定。トレーニング場については「選手、スタッフの健康状態を確認し、所管保健所の指導のもとに、運営の再開を予定しております」と伝えている。

 神戸は3月30日、元日本代表DF酒井高徳に陽性反応が出たと発表。4月1日にも「トップチーム関係者」1人の感染が発表されており、チーム内では3人目となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

コロナ感染JFA田嶋会長が退院「志村けんさんの訃報を聞きました。同じ病気に感染した者として」

コロナ感染JFA田嶋会長が退院「志村けんさんの訃報を聞きました。同じ病気に感染した者として」
 新型コロナウイルスに感染したため、都内の病院に入院していた日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長が2日に退院した。

 田嶋会長は2月末より海外出張し、欧米各国を訪問。3月8日に帰国していたが、同15日に微熱が確認されたことから翌16日に文京区の保健所に相談。検査を受けると、17日に新型コロナウイルスに感染していることが分かった。その後は都内の病院に入院していた。

 田嶋会長はJFAを通じ、以下のような長文のコメントを発表した。 

 はじめに、この度の新型コロナウイルスの感染に伴い、多大なるご心配とご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

 多くの方がお亡くなりになり、また、現在も闘病中の方が多くいらっしゃる中で、本日退院することができ、医師、看護師、病院関係者の皆様、ご心配、応援いただいた皆様に心より御礼申し上げます。

 このような状況の中で、去る3月29日に開催された JFA2020年度定時評議員会、2020年度第5回理事会において会長に任命されたことについて、これまで以上に責任を痛感しております。現在の状況は、オリンピックやワールドカップのようなサッカー界の中で他国を相手にした戦いではなく、目に見えないウイルスという敵に対して日本や世界中の皆さんと一致団結して戦っていかなければならない時だと考えています。

 ピッチ内のサッカーそのものへの大きな影響はもちろん、財政的な危機に直面することを避けられないと思います。評議員会において、登録料の免除や協会納付金の停止、JFA自ら身を切る事を検討するとお伝えしました。新型コロナウイルスの猛威による過去に例のない影響や被害を考えると、JFAも思い切った決断をしていく必要があります。今回の影響で給与が大きく減額になった家庭に子供の登録料の支払いをお願いできるでしょうか?選手に給料を払えるかどうかわからないクラブに 3%の納付金を課せるでしょうか?実施に向け、早急に検討を進めます。生半可な気持ちで乗り越えられるものではないことを肝に命じ、私一人ではなく、サッカー界の皆様と一緒になって取り組んでいく所存です。

 JFAは、感染拡大防止や役職員や全ての関係者の健康を守るために2月27日に役職員の在宅勤務を開始しました。早い時期に導入を決断したこともあり、私が感染した後も、幸いなことにこれまでのところ新たな感染者の発生を防ぐことができています。2月26日に在宅勤務を決定した時にはWeb会議などテレワークのインフラは十分に整備されていませんでしたが、最優先すべきは人々の健康を守ることという信念のもとで決断し、それが、私以外の感染者発生を防ぐことにつながっていると思います。現在、在宅勤務の導入に踏み切れずにいる方々には、その決断を速やかにされるべきだということを申し上げたいと思います。

 私が感染したことによって、サッカー界には危機感と緊張感が伝わり、多くの方々が感染予防に真剣に取り組んでくれていると思います。今は新型コロナウイルスの感染拡大を収束させることを最優先に、そして、人々の健康や生命を守ることを最優先にすること、それが結果的に通常の生活を取り戻し、経済活動を再開していくことになると思います。

 入院中に志村けんさんの訃報を聞きました。同じ病気に感染した者として、言葉では説明できない気持ちになりました。この病気は本当に恐ろしいものだと思います。そんな時、ヨーロッパでプレーする吉田麻也選手達から、新コロナに対する危機感を伝えるビデオが届き、JFA-TVで流すことができました。イタリアやスペイン、イギリス、ドイツ等で身近な人達が感染していく姿を観ているだけに、緊迫感がありました。本当に有難いことです。多くの若い人がプレーするサッカー界では彼らのメッセージはインパクトがあります。現在の危機感を多くの人達と共有しなければならないからです。誰でも感染する、誰でもが危機的状況に陥る可能性があるということです。これを老若男女全ての人々に伝えていかなければなりません。心をひとつにして、感染拡散防止に本気で取り組んでいきましょう。

 入院中、医師や看護師をはじめとする全ての医療関係者の献身的で科学的根拠に基づいたプロフェッショナルな仕事に感銘を受けました。頭の下がる思いです。ところが、その一方で、医療従事者やその関係者に対する偏見が起こっていることも耳にします。防護服や医療機器の供給についても多くの人々が懸命に取り組んでいると聞いています。新型コロナウイルス感染症の治療と拡大防止に全力を注いている多くの関係者の皆様を疲弊させたり、偏見や差別につながる言動、医療崩壊につながる行為をなくさなければいけないと思います。また、私も経験しましたが、組織を守ること、批判を気にするあまり、情報発信の際、患者、そしてその関係者のことを忘れてしまうことが起こりがちです。それが偏見や差別に繋がるということも忘れてはなりません。サッカー界も人々に優しい組織でありたいと、あらためて強く感じています。

 いろいろな意見や批判がある中で、これまで医療崩壊を防ぎながらさまざまな対策を実行してきた多くの関係者、政府の皆様、医療関係者の皆様にあらためて感謝を申し上げます。海外の政府の事例を見ても分かる通り、このような前例のない状況下では、揺るぎない信念を持ち、その時々で前例にとらわれない決断や多くの困難が伴う決定をしていかなければなりません。2023年のFIFA女子ワールドカップ招致のために3月上旬に訪れたイギリスやオランダ、アメリカは、現在とは全く異なる感染防止対策を行っていました。招致のライバル国であるオーストラリア/ニュージーランドやコロンビア、ブラジルなども招致活動を行っていましたが、わずか1か月で全く違う街になっています。

 多くの方々の協力で感染拡大を抑止し、医療崩壊を防いでいる日本という国の底力をあらためて感じています。状況は刻々と変化しており、これからも困難が伴う難しい決断がされると思います。私たち、JFAも批判を恐れずに多くのことを決定していく必要があります。我々の責務は、再び日本中で老若男女が笑顔で安心して安全にサッカーを楽しめるようにすることです。JFAだけではなく、全ての関係する団体の皆様やサッカーファミリー、ファン・サポーターの皆様と心を一つにして、覚悟を持って取り組んでまいります。JFAの会長として、未来を予測して決断し、前に進むために全力で実行してまいります。

熊本3年目MF坂本広大が入籍発表

 ロアッソ熊本は1日、MF坂本広大(24)が一般女性と入籍したと発表した。

 熊本県熊本市出身の同選手は、熊本の下部組織から中京大に進学。18年より熊本に“復帰”し、今季はプロ3年目を迎えている。

 クラブを通じ「このような状況の中、私事で大変恐縮ですが、この度かねてよりお付き合いしておりました方と入籍致しました。より一層の責任感をもって精進していきたいと思います!」とコメントした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

熊本3年目MF坂本広大が入籍発表

 ロアッソ熊本は1日、MF坂本広大(24)が一般女性と入籍したと発表した。

 熊本県熊本市出身の同選手は、熊本の下部組織から中京大に進学。18年より熊本に“復帰”し、今季はプロ3年目を迎えている。

 クラブを通じ「このような状況の中、私事で大変恐縮ですが、この度かねてよりお付き合いしておりました方と入籍致しました。より一層の責任感をもって精進していきたいと思います!」とコメントした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

今夏の移籍はなし?モドリッチは21年までの契約満了を希望か

今夏の移籍はなし?モドリッチは21年までの契約満了を希望か
 レアル・マドリーのMFルカ・モドリッチは、21年6月30日までとなっている契約を全うしたい考えでいるようだ。『アス』が伝えている。

 現在34歳のモドリッチだが、今季も22試合に出場。しかし世代交代を考えるクラブは、、ソシエダに貸し出し中のMFマルティン・エーデゴーアを復帰させたい意向を示しているとみられる。

 その場合、モドリッチの売却も合わせて検討されることになりそうで、先日にはアメリカMLSのクラブが獲得に興味を示していると報じられた。

 しかし『アス』は、モドリッチがチーム内で精神面のリーダーシップを発揮していること。またマドリードでの家族との生活に満足していることなどから21年までの契約を全うするのではないかとしている。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

宮城スタジアムの愛称が「キューアンドエースタジアムみやぎ」に

宮城スタジアムの愛称が「キューアンドエースタジアムみやぎ」に
 ICTテクニカルサポートを展開するキューアンドエー株式会社が、宮城県総合運動公園宮城スタジアムのネーミングライツを取得したと発表した。期間は20年4月1日~25年3月31日までの5年間。契約料は年間500万円となる。

 宮城スタジアムの命名権は、14年より全国農業協同組合連合会宮城県本部が取得し、昨年まで「ひとめぼれスタジアム宮城」の呼称を使用。ただ契約は20年3月31日までとなっていた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

@bookfun155 分野研究家

素材としては伸縮性のあるものを選んだり、汗を吸う素材を選んだり、冬でも着られる厚手の素材のものにしたりと、素材にもたくさんの種類がある。 #フットサル#サッカー#ユニフォーム#グラデーション#カスタマイズ#高品質#着心地#保障#ロンヨン

Posted in 未分類

逸材FW中田樹音が岡山学芸館へ転籍。高体連でも連発してプロへ

ファジアーノ岡山U-18から岡山学芸館高へ転籍したゴールハンター、FW中田樹音
 全国大会に出場すれば、間違いなく得点王候補だろう。今年に入って岡山学芸館高(岡山)に加入したばかりのFW中田樹音(新3年)が、立正大淞南高(島根)、高川学園高(山口)との練習試合に出場(高川学園戦は前半のみ)して2戦3発。微妙な判定のオフサイドで2つのシュートがノーゴールとなったものの、名門校相手に十分過ぎるインパクトを残した。

 立正大淞南戦では2シャドーの一角として先発。前半、チームは0-1で折り返したが、その中で中田は中央で強引にDFの前に出る動きを2度、3度と披露していた。そして1トップへポジションを移した後半開始直後に右クロスから難なく同点ゴール。その後もボールを引き出して前を向くと、相手DFが準備するよりも速く仕掛けてシュート、パスへ持ち込んでいた。

 何より、ゴールに向かっていく姿勢、シュートまでのバリエーションの多さが印象的。ストライカー色の濃いFWだ。また、前線での力強いキープや、左足でのサイドチェンジ、個でボールを奪い返して前進するシーンも。もちろん、全てのプレーが成功していた訳ではなく、ボールロストもあったが、飛び込んできたDFをアイディアある動きでいなすなど、判断の速さや正確さも目立っていた。そして、後半17分には、右サイドから会場の人々を唸らせるような左足ミドルをゴール左隅に突き刺して2点目。その後もゴール前へ鋭く入り込む動きで決定機に絡んでいた。

「前(のポジション)やから点を獲らんといけんと意識しているので、1試合1点以上は獲るという目標を持ちながらサッカーをしています」と中田。中学時代に利き足の右足を複雑骨折し、トレーニングし続けたという左足は「(たまにズレるが)左の方がシュートは威力がある」という武器になった。

 約1時間後に開催された高川学園戦はFWとして先発すると、0-1から再び左足ミドルをねじ込み、同点ゴール。さらにPAへ抜け出してGKをかわす動き(シュートを流し込むもオフサイドの判定)も見せた。そして前半終了間際、右スローインをオープンスペースで受けると、対面したDFとの1対1を制してゴールライン際へ切れ込む。最後は折り返したボールのこぼれをMF須賀大貴(新3年)が決めて逆転。チームは練習試合2試合を2連勝で終えた。

 中田は昨年、ファジアーノ岡山U-18の10番を背負ってプリンスリーグ中国に出場し、得点王。Jユースカップでは昨年の2冠王者・名古屋U-18からもゴールを奪っている。「もっと前に進みたい」の思いを持って、在籍していた岡山学芸館高のサッカー部へ転籍。当初は怪我もあってコンディションがまだまだだったようだが、新型コロナウィルス感染拡大による活動休止期間でそれも癒え、本領を発揮し始めている。

 岡山ではトップチームの練習試合にも出場し、海外への短期留学も経験。トップチームの先輩や指導陣からのアドバイスも受ける中、どう動けばどのような現象が起こるのか考えながらプレーするようになったという。本人はテクニックも身体能力も「マジでないです」と苦笑するが、攻撃面については「一番得意やからそこを伸ばしていきたい」というシュートをはじめ、ドリブル、パスも強豪校相手に十分発揮。加えてJアカデミーで磨かれた“考える”力もゴールを量産するための武器になりそうだ。

 岡山学芸館の高原良明監督は「タメも作れるし、仕掛けられるし、パスも出せる。(特に)シュートモーションに入ったら雰囲気ありますよね」と頷く。エース候補の加入はチームメートたちにも刺激を与えている。その中で本人は課題の守備面やハードワークすることを意識して取り組んでいる最中。「点を獲ることも、アシストすることも、パスをすることもできるし、一番好きな選手です」というFWカリム・ベンゼマのような点取り屋を目指す中田は、攻撃面だけでなく、守備、運動量の部分でもチームに貢献する構えだ。

 岡山U-15時代からのチームメートもいる岡山学芸館で、コミュニケーションは着実に向上中。新たな仲間たちと結果を残し、目標を達成する。「まず選手権もインターハイも全国出て、全国出たら色々なスカウトが来るじゃないですか。その人たちに目をつけられるようなプレーをしたいし、そのためにはまず出ないとダメだから、岡山県で全部勝って、優勝して、全国大会でどれだけ自分ができるか試したいです。(個人的には) どこからシュートを打っても点を獲れる選手になりたい」。Jユースから加わった注目ストライカーが、高校サッカーでも輝く。 
 
(取材・文 吉田太郎)

コロナ禍にイブラ「俺たちに出来ることは恐れすぎることじゃない」

コロナ禍にイブラ「俺たちに出来ることは恐れすぎることじゃない」
 ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(38)が、母国メディア「スべンスカ・ダブラデット」のインタビューに答えている。『マルカ』が伝えた。

 イブラヒモビッチは今年1月より半年契約でミランに在籍。しかし現在、セリエAは新型コロナウイルスの影響で中断中のため、イブラヒモビッチはストックホルムの自宅で家族と共に過ごしている。

「俺には家族がいるから退屈しないよ」。現状を明かしたイブラヒモビッチは、「俺たちに出来ることは、生きて人生を楽しむこと。恐れすぎるんじゃなくてね」と前向きに話した。

 今後についても言及。今の契約は6月30日で切れることになっているが、「俺自身も何が起きるのか見守っているところだ」という。「俺ですら俺が何をしたいのか分からない。新型コロナウイルス(の状況)を誰が予想できたっていうんだい?毎日、新しいことが起こるんだ」と未定であることを強調した。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

「何てことない」「大丈夫なはず」から陽性判定へ…チェルシーFWが感染発覚当時を振り返る

FWカラム・ハドソン・オドイが現在の状態について話した
 新型コロナウイルス感染から回復したチェルシーのイングランド代表FWカラム・ハドソン・オドイがクラブ公式サイトを通じ、現在の状態などについて語っている。

 ハドソン・オドイは先月12日に新型コロナウイルスの検査で陽性反応だったことがクラブから発表され、すぐに自主隔離へ。チームメイトやスタッフにも同様の措置が取られていた。

 幸いにも症状は軽く、SNSで順調な回復を報告していたハドソン・オドイは、今回ビデオ電話を通じてクラブにコメントを寄せた。

 まず現在の状態について「全快だよ」と話し、「もうすっかり治った。状態も良いし、万全だ」と強調。そして感染が発覚するまでの経緯を振り返っている。

「3週間前に感染したんだけど、まずは月曜(3月9日)くらいに熱っぽさを感じたんだ。ちょっとおかしいなと思ったけど、次の日には戻っていた。当時は何てことないと思っていたね。でも、実際は違った。軽いものだったから大丈夫なはずと思い込んでいたんだ」

 また「どんな感じだったかは聞かれたね」とチームメイトとのやり取りも明かし、「『早く良くなれよ、カル』って励ましてもくれた。チームメイトがいてくれるのは支えになったよ。おかげで回復に向けて頑張ることができた」と感謝を語っている。

 現在プレミアリーグは中断しており、ハドソン・オドイが目標にしていたEURO2020も1年の延期が決まった。

「EUROに向けて再アピールを狙っていたんだ。大きな目標だったし、代表入りはしたかった。毎試合しっかり結果を残して、トロフィーで締めくくりたかったね」

 言葉に無念さをにじませたハドソン・オドイは「フットボールのある生活に戻ってほしいよ。今日にでもあの頃に戻りたいが、感染は広がるばかりだ。みんなしっかり自宅隔離にあたってほしい。またファンの前でプレーできる日を早く取り戻そう」と呼びかけた。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

深刻状態から回復中の元バルサGK…妻が語るコロナ重症化への“分かれ道”は?「時間の無駄」となる注意点も

過去にバルセロナなどでプレーしたリュシュトゥ・レチベル氏
 過去にバルセロナなどでプレーした元トルコ代表GKのリュシュトゥ・レチベル氏の妻イシル・レチベルさんが、新型コロナウイルスによる深刻な状態から安定期に入った夫についてインスタグラムで語り、「最初の72時間が非常に重要」だと強調した。スペイン『アス』が伝えている。

 イシルさんは夫が経験した症状を段階的に説明し、これまで見たこともないようなものだと表現した。

「これは大きさを変えた、人間の体が知らないウイルスと生物の戦いです」

「時間を無駄にしてしまうので、普通の風邪のような症状と見なさないようにしてください。何事もそうですが、早期発見はとても重要です。(ウイルスは)喉や鼻に何日もとどまらず、すぐに他の場所に移動します。そして肺に定着して増殖し、肺炎が始まります。だから最初の72時間が非常に重要なのです」

「リュシュトゥは何日も何時間もマラリアのような熱を出していました。唇と皮膚が灰色に変わり、呼吸が速くなって困難になり、止まらない咳、不整脈、そして言葉を話さなくなる。今までに経験したことも見たこともない奇妙な症状でした。好ましいものではないと思いますが、これは私たちが一つひとつ経験していることです」

 最後にイシルさんは医療崩壊の危機を懸念しつつ、「誰にでも家族がいて、誰もが人間です。落ち着きを持って、家にいてください」と求めた。

 夫のリュシュトゥ・レチベル氏は現役時代、母国トルコのリーグで通算336試合に出場。2003-04シーズンにはバルセロナで1年間プレーし、公式戦7試合に出場した。トルコ代表としては国際Aマッチ通算124試合に出場している。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●トルコ・スーパーリーグ2019-20特集
●長友佑都の試合はDAZNで!!“初月無料”独占配信中

チーム内で35%感染のバレンシアが“収束宣言” スペイン紙「ポジティブなニュース」

バレンシアが“収束宣言”
 バレンシアに在籍するトップチームの選手、スタッフの全員が新型コロナウイルスの再検査で陰性と確認されたことが分かった。スペイン『マルカ』が報じている。

 クラブは先月17日、トップチームの選手、スタッフの35%にあたる10人が新型コロナウイルスの検査で陽性だったことを発表。DFエリアキム・マンガラ、DFエセキエル・ガライ、DFホセ・ガヤの感染は知られていたが、残りの選手やスタッフについては本人とクラブの合意により、匿名となっていた。

 バレンシアはイタリアで感染が拡大していた中、2月19日にUEFAチャンピオンズリーグ1回戦第1戦のアタランタ戦のため現地に遠征。対策を講じていたが、結果的に大きな痛手を受けることになった。

 それから約2週間が経過し、クラブが2度目の検査を実施したことろ、陽性反応だった10人を含む全員が陰性だったという。同紙は「このニュースは、パンデミックの中でポジティブな点だ」として伝えている。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

久保建英の同僚MF「韓国でコロナはどんどん縮小している」

新型コロナウイルスについて語ったMFキ・ソンヨン
 MF久保建英所属のマジョルカが3月30日、クラブ公式サイトで新型コロナウイルスに関する元韓国代表MFキ・ソンヨンのコメントを伝えた。

 今年1月31日にニューカッスルとの契約を前倒しで解消し、無所属の期間を経て2月25日にマジョルカ加入が発表されたキ・ソンヨン。3月7日のリーガ・エスパニョーラ第27節エイバル戦でベンチ入りし、久保との交代で新天地デビューを果たしたが、直後に新型コロナウイルスの影響でリーグ中断となった。

 元韓国代表MFは自身の近況について「私たちは閉じこもり、家でトレーニングをしている。スペインの状況はとても深刻で、多くの人が新型コロナウイルスに感染している。もちろん、(チームとして)トレーニングをせずに家にいるのは大変だが、サッカーをする前に体調を整えて健康でいることが優先だ。私たちはルールに従わなければならない」と説明している。

 また、妻と娘が韓国に住んでいるという同選手は、母国の状況にも言及した。

「彼らは元気で、(韓国の)首都にいる。今では韓国よりこちらの方が深刻だと思う。そこでは全てがコントロールされていて、人々は元気だ。新型コロナウイルスはどんどん縮小していて、今では自分のことより僕のことを心配してくれている」

 背番号10を用意されて加入しながら、わずか1試合でスペイン挑戦が中断。キ・ソンヨンは「私はマジョルカでとても楽しんでいるが、調子が良かったのにシーズンを止めることになったので、少しがっかりしている」と本音も漏らしている。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

@bookfun155 分野研究家

ヨーロッパでは、ザールのルールを元にしてUEFAがインドアサッカーのルール統一を図った。 #フットサル#サッカー#ユニフォーム#グラデーション#カスタマイズ#高品質#着心地#保障#ロンヨン

Posted in 未分類

@bookfun155 分野研究家

ヨーロッパでは、ザールのルールを元にしてUEFAがインドアサッカーのルール統一を図った。 #フットサル#サッカー#ユニフォーム#グラデーション#カスタマイズ#高品質#着心地#保障#ロンヨン

Posted in 未分類

アザール負傷に関わったパリSGムニエ、「うまくいったね」同胞との会話を明かす

パリSG戦で負傷したFWエデン・アザール
 パリSGのベルギー代表DFトーマス・ムニエがレアル・マドリーの同代表FWエデン・アザールの怪我について語った。スペイン『アス』が伝えている。

 アザールは昨年11月26日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のパリSG戦で同胞のムニエと交錯し、右足首を骨折。約3か月後に復帰を果たしたが、すぐに再発させてしまい、先月に手術を受けた。

 レアル加入1年目は苦難のシーズンとなり、今夏に開催される予定だったEURO2020への出場も危ぶまれていたベルギー代表エース。しかし、同大会が新型コロナウイルスの影響で1年の延期が決まったことで、出場のチャンスが巡ってきた。

 ベルギー『RTBFスポーツ』のインスタグラムのライブ配信に登場したムニエは、EURO2020の延期について問われると、アザールの状況と絡めて「エデンは僕の友人であり、彼は僕に『EUROを中止させるために可能な限りのことをした』とジョークを言った。うまくいったね(笑)。多くのリスクを負うことは間違いないから、(延期は)問題ではない。そうしなければならなかった。重要なのは開催されるということだ」と語っている。

 また、アザールの負傷シーンに関しては「僕がアザールを傷つけたわけじゃない。彼は僕と接触した後に怪我をしたんだ」と説明した。

●フランス・リーグアン2019-20特集
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●EURO2020特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

CLやELが無期限の延期へ…UEFA「追って通知があるまで」

CLやELが無期限の延期へ
 欧州サッカー連盟(UEFA)は1日、新型コロナウイルスの影響により、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)やUEFAヨーロッパリーグ(EL)といった全てのUEFA主催大会について「追って通知があるまで延期する」と、再開の見通しが立たないことを発表した。

 また、6月に開催される予定だった男女の全ての代表戦に関しても、同様に無期限の延期が決定。これには、EURO2020のプレーオフと女子EURO2021の予選も含まれている。

 UEFAは同日に行われた55の加盟協会の代表者とのビデオ会議により、一連の決定が行われたと説明。先月17日には、6月12日に開幕予定だったEURO2020を1年延期することも発表している。

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●ヨーロッパリーグ(EL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信

[4月2日 今日のバースデー]

Japan
MF矢田旭(千葉、1991)*高い技術とクレバーさを併せ持った攻撃センス溢れるMF。
MF大崎淳矢(栃木、1991)*守備の隙を突く鋭い動き出しとドリブル突破からのシュートが魅力。
FWディサロ燦シルヴァーノ(北九州、1996)*ダイナミックなプレーが魅力のアタッカー。法政大では数々のタイトルに貢献した。
DF熊川翔(横浜FC、1997)*柏U-18時代に師事した下平隆弘監督に呼ばれ、昨季東北1部のいわきFCから一気にJ1へ個人昇格したDF。
FW石井快征(鳥栖、2000)*鳥栖U-18出身のアタッカー。豊富な運動量と正確な技術を兼ね備える。
MF江川慶城(京都、2000)*京都U-18出身のDF。昨季はブラジルのロンドリーナECで武者修行していた。

World
MFミラレム・ピャニッチ(ユベントス、1990、ボスニア・ヘルツェゴビナ)*高いキープ力から正確なパスを通し、相手の守備を崩すMF。

Former
FWフェレンツ・プスカシュ(元R・マドリーほか、1927、ハンガリー)*「マジックマジャール」と呼ばれたハンガリー代表で主将を務めたFW。

Others
忌野清志郎(ミュージシャン、1951)
平沢進(ミュージシャン、1954)
森絵都(作家、1968)
ZEEBRA(歌手、1971)
竹山隆範(カンニング:芸人、1971)
高橋尚成(野球、1975)
宮崎由加(Juice=Juice:アイドル、1994)
桜井日奈子(モデル、1997)