酒井高徳に連絡した柴崎岳「元気そうでした」スペインの近況語る

MF柴崎岳がUDN SPORTS配信のインスタライブに出演
 デポルティボに所属するMF柴崎岳が3日、トップアスリートのマネジメント業務を行う株式会社UDN SPORTSが配信するインスタライブに出演。新型コロナウイルスの感染が拡大するスペインの近況を伝えた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で世界中のサッカーリーグが中断となっている現状を受け、UDN SPORTSの公式インスタグラム(@udnsports)では選手の近況を伝え、ファン・サポーターと交流できる場を設けることを目的に生配信を行った。

 3月22日にこのUDNインスタライブに出演したヴィッセル神戸DF酒井高徳が、新型コロナウイルスに感染。「個人的に連絡した。元気そうでした」と話した柴崎は質問に答える形で「話しやすくて、すごく慕ってる人が多いんじゃないかな」と酒井の人柄についても言及した。

 スペインでの自宅待機は3週目に突入し、「あと1週間残っている。トータル1か月半になる可能性もありますかね」と言及。買い物、犬の散歩以外の時間は自宅にいるという柴崎は「外出禁止になって、2人以上でいると警察も見回っているし、罰金を取られたりもする」とスペインの近況を明かした。

 柴崎はこれまでも自身のSNSやnoteを更新し、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある日本に注意を呼びかけていた。世界がパンデミックに直面する中、「周りの方に配慮して行動したり、行動の改革という部分も頭に入れて欲しいと思う。一刻も早くこの事態が収束するのを願っています」とメッセージを発信した。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

山口MF田中パウロ淳一の“小野伸二チャレンジ”が面白い!?「さすが」「おもろい笑」

山口MF田中パウロ淳一の“小野伸二チャレンジ”が話題に
 レノファ山口FCに所属するMF田中パウロ淳一が自身のインスタグラム(@tanakapaulojunichi)を更新し、“小野伸二チャレンジ”を披露した。

 3月27日にFC琉球MF小野伸二がトラップ練習動画(@shinjiono7)を投稿。地面に向かって勢いよくボールを投げつけ、それをトラップで足に吸いつくように静止させるというシンプルかつ高レベルの技術がネット上で話題となっていた。

 田中は3日、「小野伸二チャレンジ」とハッシュタグをつけた動画をSNSに投稿。「いきます、小野伸二チャレンジ」と言いながらボールを勢いよくピッチに投げつけると、次の瞬間、バウンドさせたボールを顔面に直撃させている。

 体を張ったギャグに対して、SNS上には「さすが」「絶対やると思った」「ウケる」といったコメントが寄せられ、好評を得ているようだ。インスタには川崎FのMF長谷川竜也が「それはめちゃおもろい笑」、山口MF武岡優斗も「さすが…特殊能力の持ち主」とコメントを残している。

東京五輪延期に小川航基「来年僕が出場できると信じて」好きな女性のタイプは?

ジュビロ磐田FW小川航基
 ジュビロ磐田に所属するFW小川航基が3日、トップアスリートのマネジメント業務を行う株式会社UDN SPORTSが配信するインスタライブに出演した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で世界中のサッカーリーグが中断となっている現状を受け、UDN SPORTSの公式インスタグラム(@udnsports)では選手の近況を伝え、ファン・サポーターと交流できる場を設けることを目的に生配信を行っている。

 インスタライブではファンからの質問に答える形で、東京五輪の開催延期について言及。「延期と聞いたときはめっちゃショックだったけど、どうにもできないこと。もう切り替えている。来年僕が出場できると信じて今はやるしかないと思っています」と胸中を明かした。

「この期間をポジティブに捉えて、この期間にしっかり力をつけるのが選手としては大事なこと」と力を込めた小川は、東京五輪の目標を「金メダルです」と断言。「その時のストライカーは誰ですか?」と聞かれると、「僕ですね。小川航基ですね」と笑顔を見せながら意気込みを示した。

 女性ファンも多い小川は好きな女性のタイプについても回答。見た目は「可愛い系と綺麗系の中間」とし、「一歩下がっているような温厚な女性が好き」と述べた。芸能人のタイプは女優でモデルの新木優子だという。 

 今季は2月23日の開幕節・山形戦(○2-0)で全2ゴールをマーク。3月28日に行われた清水との練習試合でもゴールを挙げた。この日、Jリーグは公式戦再開の日程を白紙に戻すと表明したが、「僕が点を取ってジュビロが優勝して、僕が得点王を取って昇格できればいい形」と目標を掲げると、「みんなで乗り越えて、サッカー界で世界中を盛り上げていけるように頑張るので、引き続き応援をお願いします」と呼びかけた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

【動画】FC琉球MF小野伸二の超絶トラップを再現!?ピタ止めのコツを解説!

【動画】FC琉球MF小野伸二の超絶トラップを再現!?ピタ止めのコツを解説!
 FC琉球MF小野伸二が披露した華麗なボールトラップ技術をスパイクマイスターKoheiが実写再現に挑戦!ボールを弾ませない超絶トラップのコツやポイントも解説!

★ゲキサカYouTubeチャンネル登録はこちらから

@bookfun155 分野研究家

DX(デジタルトランフォーメンション)ってよく言うけど社内のデータをつなげて活用できるようにあるいはAIでなんていうけど。

Posted in 未分類

“高校年代最高峰のリーグ戦”プレミアリーグの開幕が再延期へ

 日本サッカー協会は3日、4月18日(土)に延期した「高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2020」の開幕をさらに延期することを決定した、と発表した。開幕時期については、新型コロナウイルスの流行状況を考慮し、試合に関わる全ての方々の健康と安全を最優先とした上で、決定次第改めて発表するとしている。

 高校年代最高峰のリーグ戦である「プレミアリーグ」は当初、4月4日(土)と5日(日)にEAST、WESTの開幕節各5試合が集中開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大のために4月18日(第3節)へ、開幕が延期されていた。

鹿島Jrユース、ジュニアなど新型コロナ影響で再び活動中止

鹿島Jrユース、ジュニアなど新型コロナ影響で再び活動中止
 鹿島アントラーズ は3日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う予防対策および拡散防止のため、アカデミーの活動を再び中止することを発表した。

 きょう3日〜19日までの間、ジュニアユース(鹿島・ノルテ・つくば)、ジュニア(鹿島、つくば、ノルテ)、スクール(17校)の活動が中止となった。2月28日〜3月15日までの期間に続いて、再び活動中止が決まった。

●高円宮杯プレミアリーグ2019特集

「早く終わらせたほうがいい」デ・ブルイネがプレミア早期打ち切りを提言

マンチェスター・シティMFケビン・デ・ブルイネ
 マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブルイネは来シーズンのスケジュールに影響が出るようであれば、今シーズンの早期打ち切りを支持すると提言した。『スカイスポーツ』が報じている。

 新型コロナウイルスの感染が拡大し、イギリスでは23日に外出禁止令が出たが、1日で500人超の死亡者が出るなど状況は悪化し、国内の死者数は2300人を超えている。中断中のプレミアリーグは4月30日までの延期が決定しているが、再開は現実的ではない状況だ。

 デ・ブルイネはベルギー紙『ヘット・ラーツテ・ニウス』に対して、「(今シーズン)もう一度プレーできるかどうか、僕にはわからない」と言及している。

 プレミアリーグ内でもシーズンの再開可否について議論が続いており、『The Atheletic』などは中止・無効を訴えるクラブが増えていると報じている。第29節まで消化した2019-20シーズンだが、全日程を消化できるかどうかが危ぶまれている。

「イングランドでは意思決定をするのにできる限り時間をかけたいようだ。だけどサッカー選手としては、それほど簡単にいくわけじゃない。もし6週間何もしなかったら、普通は3週間から4週間のプレシーズンが必要だ。すぐに再開してしまえば、誰もが数試合した後に治療室へ行くことになるだろうね」

「そうなってはほしくないのは明らかだ。だけど多くのお金が関わっているし、意思決定にあまりに長い時間をかけすぎると、来シーズンにも影響することになる」

「こんなにいいシーズンを過ごした後だからこそ、中止してしまうのは残念だけど、来シーズンの問題を避けるためにも、今シーズンは早く終わらせたほうがいい」

 一方、デ・ブルイネの母国ベルギーのジュピラーリーグは2019-20シーズンの早期終了が濃厚となった。15日に予定されているリーグ総会で正式決定すれば、欧州主要リーグ初の事例となり、クラブ・ブルージュに優勝資格が与えられる。デ・ブルイネは現在、母国にいる家族とともに隔離生活を送っている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

なぜ“再延期”でなく“白紙”…? 村井チェアマン「リセットするタイミング」

村井満チェアマン
 Jリーグは3日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う第5回臨時実行委員会をオンラインで実施し、公式戦の再開日を「白紙に戻す」ことを決定した。実行委員会終了後、村井満チェアマンがメディア向けのオンラインブリーフィングで発表した。

 Jリーグはこれまでの間、合計3度の延期を決定。直近では3月25日の段階で、J3・4月25日、J2・5月2日、J1・5月9日再開というカテゴリ別の段階的な再開スケジュールを策定していた。ところが今回の決定では、再開日を組み直す「再延期」という形ではなく、期日などを設定しない「白紙に戻す」という形が取られた。

 村井チェアマンはこの意思決定の理由を「専門家の皆さんのトーンが明らかに従来のトーンと変わっており、私の中でのマインドもいったんリセットするタイミングとなった」と述べた。「専門家のトーン」とは3日午前、Jリーグと日本野球機構(NPB)でつくる『新型コロナウイルス対策連絡会議』の第5回会議で、両団体に示された助言のことだ。

 連絡会議の中で、専門家3人は「確実にフェーズが変わりつつある」「(これまで二つの意義を意識していたが、)第三の意義が課せられた。それは社会に対する責任だ」などと状況の変化を次々に指摘した。単なる感染者の増加だけでなく、健康管理を徹底している選手の感染や、一般にも感染経路が特定できない症例が増加していることを受けての認識だ。

 こうした情勢を受けて、連絡会議のテーマは「どのようにすれば試合を開催できるか」から「果たして試合を開催できる状況なのか」に移っていった。その結果、Jリーグが行うべき対策も転換を迫られることになった。

 これまでJリーグでは観客を含めた『密閉・密集・密接』3要件の回避、消毒液やサーモメーター(体温測定装置)の準備、選手・関係者の予防啓発など、感染リスクの最小化が直近の課題だった。また、それらの万全が確認できれば試合開催に踏み切る方針だった。ところが現状では、その要件を満たしても国内全体の感染リスクが開催を許さない状況となった。

 したがって、カテゴリ別で段階的再開を目指すというスケジュールなども白紙にせざるを得なくなった。感染リスクがスタジアム内にとどまらない以上、J3向けに観客の収容率を落とし、感染症例の少ない地方都市で開催しても、選手・関係者らが移動するだけでもリスクに晒されるためだ。それは無観客試合でも同様だと指摘されている。

 一方、専門家からは「ピークは4月〜5月と考えていて、5月の終わりごろであれば何とかなるのではないか」という希望も示された。その上で「今年は無理だというのは簡単だが、それはあり得ないと思っている。期待も込めて一つの目安を提示した」とし、今後も開催への議論も継続していく構えだ。

 村井チェアマンによれば、再開日に関する合意事項は「1か月以上後ろにずらす」(村井チェアマン)という形。最も直近に控えていたJ3リーグのスケジュールであれば、助言どおりに5月下旬あたりの再開となる見込みだ。なお今後の詳細な日程は、すでに立ち上がっている日程プロジェクトチームで協議を重ねていくという。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

鹿島、4日トレーニングマッチ町田戦の開催自粛「健康管理を最優先」

トレーニングマッチの自粛を発表
 鹿島アントラーズは3日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う予防対策および拡散防止のため、4日に予定していたFC町田ゼルビアとのトレーニングマッチ(一般非公開)の開催を自粛することを発表した。

 両クラブ協議の下で開催の自粛が決定。鹿島YouTube公式チャンネルでのライブ配信も実施しない。

 クラブは公式サイトを通じて、「新型コロナウイルスに関する状況が日に日に変化する中、両クラブ選手、スタッフ、家族、試合に関わる審判らの健康管理を最優先とし、感染症拡大を予防するための判断となります。ファン・サポーターの皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

セリエA早期終了でもユベントス優勝はない? 伊サッカー協会会長が言及

セリエAはユーベが首位に立つが…
 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、セリエAが打ち切りとなった場合についてイタリアサッカー協会(FIGC)のガブリエレ・グラビナ会長が意見を述べた。首位を走るユベントスに優勝資格を与えることは不当だと言及。伊『カルチョメルカート』が伝えている。

 イタリア国内は新型コロナウイルス感染爆発による緊急事態に見舞われ、4月18日までのロックダウンが決まっている。『TMWラジオ』に出演したグラビナ会長は「誰も先の予測を立てることはできない緊急事態だ」としつつ、「我々が最優先するのは今シーズンを完全に終わらせることだ。仮説としては5月20日頃にリーグを再開させ、7月には終了させたい」と理想を掲げた。

 しかし、中断中のセリエAは選手にもコロナ感染が確認されるなど再開の見通しが立たず、残りのリーグ戦を終えられるかどうかが危ぶまれている状況だ。欧州ではベルギー・ジュピラーリーグが早期終了する方針を固めたとも報じられている。

 2019-20シーズンのセリエAは第25、26節までを消化し、ユベントスが勝ち点63で首位に立っている。ただし、2位ラツィオは勝ち点62とわずか1差に迫っている。各クラブは10試合以上を残しており、このまま打ち切りとなれば順位決定が難しい状況にある。グラビナ会長は「今シーズンの早期終了にはかなり複雑な問題が残っている。不当だろう。ユベントス自身も望まない解決方法だと思う」と言及している。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

Jリーグの再開日が「白紙」に…専門家助言から“即日”決定

村井満チェアマン
 Jリーグは3日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う第5回臨時実行委員会をオンラインで実施し、公式戦の再開日を「白紙に戻す」ことを決定した。実行委員会終了後、村井満チェアマンがメディア向けのオンラインブリーフィングで発表した。

 Jリーグは3月25日の段階で、J3・4月25日、J2・5月2日、J1・5月9日再開という段階的な再開スケジュールを策定していた。ところが4月3日午前、Jリーグ日本野球機構(NPB)でつくる『新型コロナウイルス対策連絡会議』が第5回会議を開催。専門家チームが両団体に対し、5月末まで公式戦を行わないよう助言していた。

 村井チェアマンは「少なくとも1か月以上の日程を空けて、今後協議していく」と再開日の目処を示した。また「3段階での開催にならない可能性もある」と述べ、カテゴリごとの段階的スケジュールを採用しない可能性も示唆した。

 Jリーグは当初、今月14日に臨時実行委員会を予定していたが、会議の内容を受けて日程を急遽変更。3日午後のうちに素早く意思決定した。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

C・ロナウドがマンUを去った2つの理由…リーガでのプレー、そして意外なもうひとつとは

FWクリスティアーノ・ロナウドがマンチェスター・ユナイテッドを去った理由とは?
 FWクリスティアーノ・ロナウドがマンチェスター・ユナイテッドを去った理由は天候によるものだった。2日、英『ミラー』が『スカイ』のインタビューを伝えている。

 現在ユベントスでプレーしているC・ロナウドは、3月8日のセリエA第26節でキャリア通算1000試合を達成した。大ブレイクを果たしたユナイテッドには2003年夏に加入し、292試合118得点を記録。プレミアリーグを3度、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)を1度制覇した。しかし09年6月にレアル・マドリーに移籍。チームメートだったガリー・ネビル氏が当時を振り返り、C・ロナウドの移籍の理由を明かした。

 ネビル氏によると、C・ロナウドは08年の欧州CL決勝時には移籍を仄めかしていたという。「まるで予告をしているようだった」とネビル氏は語った。

「だからもうほとんど心の準備はできていた。彼が翌年去ってしまうことはわかっていた。いつかはレアル・マドリーへ行ってラ・リーガでプレーしたいと彼が思っているのは明らかだった」

「私はクリスティアーノに、たとえば『クラブにもっと残ってほしい』と言ったことはない。クリスティアーノにとってはイギリスの天気が大きな問題だったんだ」

「それに彼がスペインに住んでラ・リーガでプレーしたがっていたのは明らかだったと思う。だけど彼にとって天候も大きな問題だった。僕が何を言ったところで、彼の気持ちは変えられないだろうなと思ったよ」

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

@bookfun155 分野研究家

最近多い話がコロナ前とコロナ後のビジネスのあり方がビジネスモデルが大きく変わるのじゃないかという話。そうだな。PART5

Posted in 未分類

山口の本拠地・下関市営下関陸上競技場が名称変更、「セービング陸上競技場」に

山口の本拠地・下関市営下関陸上競技場が名称変更、「セービング陸上競技場」に
 レノファ山口FCは3日、下関市営下関陸上競技場の名称の変更を発表した。2020年4月1日から「セービング陸上競技場」となる。

 クラブ公式サイトによると、下関市営下関陸上競技場は14年のJFL参入時からホームゲームで使用。今回、株式会社セービングとの施設命名権の契約締結により、セービング陸上競技場に変更になった。略称は「SV下関」となる。

 名称の使用期間は20年4月1日から23年3月31日までの3年間となる。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

@bookfun155 分野研究家

最近多い話がコロナ前とコロナ後のビジネスのあり方がビジネスモデルが大きく変わるのじゃないかという話。そうだな。PART4

Posted in 未分類

仙台FW西村拓真の登録完了、熊本はGK北里大地を2種登録

ベガルタ仙台に加入したFW西村拓真
 Jリーグは3日、登録選手の追加を発表した。CSKAモスクワからベガルタ仙台に期限付き移籍で加入したFW西村拓真の登録が完了している。

▽J1
ベガルタ仙台
FW 15 西村拓真

▽J3
ロアッソ熊本
GK 40 北里大地(2種)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

@bookfun155 分野研究家

最近多い話がコロナ前とコロナ後のビジネスのあり方がビジネスモデルが大きく変わるのじゃないかという話。そうだな。PART3

Posted in 未分類

新型コロナ3名感染の神戸、クラブハウスや選手寮「三木谷ハウス」の消毒実施を発表

新型コロナ3名感染の神戸、クラブハウスや選手寮「三木谷ハウス」の消毒実施を発表
 ヴィッセル神戸は3日、練習場に隣接する「いぶきの森クラブハウス」と選手寮「三木谷ハウス」の消毒滅菌作業を行ったことを発表した。

 神戸は3月30日から今月2日の間に、DF酒井高徳とトップチーム関係者2名の計3名が新型コロナウイルスに感染。5日までの施設、サービスの一時休業および縮小を取り決めていた。

 クラブ公式サイトによると、1日に消毒作業を実施。保険所からの指導に基づいてスタッフ立ち合いのもと、専門業者によって行われたという。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

Jリーグの“4度目延期”不可避、専門家「苦渋の提案」「国民の行動変容を」

専門家チームの賀来満夫氏(画像はスクリーンショット)
 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)と日本野球機構(NPB)がつくる『新型コロナウイルス対策会議』は3日、第5回会議を開催した。専門家チームからは「確実にフェーズが変わりつつある」といった厳しい見通しとともに、「苦渋の提案」という5月末以降の開幕・再開案が示された。

 前回の会議が行われた3月23日以降、日本を代表する二大スポーツの情勢が一気に動いた。まずは野球界で26日、阪神の藤浪晋太郎投手がPCR検査により陽性が判明。サッカー界でも30日、ヴィッセル神戸DF酒井高徳の検査陽性が発表された。その後も検査結果が次々に分かり、これまでNPB3人、Jリーグ5人の陽性が公表されている。

 またスポーツ界に限らず、国内全体でも感染者が急増している。朝日新聞などによると、4月2日の新たな感染者は279人で3日連続最多を記録。感染経路が確認できない人も多く出てきており、東京都で97人中33人、大阪府で33人中21人がそれに該当する。

 この日、専門家チームの一員として連絡会議に出席した賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部感染症学教室特任教授)からは「すぐに緊急事態宣言が出されるかは分からないが、東京都、そして大阪、兵庫、愛知など大都市圏でリンクを追えない患者が増えている。オーバーシュートまでは行っていない状況だが、感染が急増している中で、誰もが感染を受ける機会が手中にある」と厳しい見通しが示された。

 またこうした現状を踏まえ、舘田一博氏(東邦大学医学部微生物・感染症学講座教授)は「非常に注意深く感染を起こさないようにしている選手から感染者が出たということは、市中における蔓延期に入っている状況と言える」と述べ、「なんとか持ち堪えている状況だが、確実にフェーズが変わりつつある」と慎重な対応を行う必要性を指摘した。

 その一例として、連絡会議の位置づけも方針転換を迫られた。当初は①選手・スタッフ、家族が感染するリスクを低減させる②観戦者の安全も含めたスポーツ文化を守ることを念頭に設置されたもの。すなわち、ここでの議論は「開催すべきかどうか」ではなく、「開催するためにどうしたらいいか」という“開催ありき”の方向性だった。

 ところがこの日、三鴨廣繁氏(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学教授)は「連絡会議に第三の意義が課せられた。それは社会に対する責任だ」と述べた。そのうえで感染者数、それも経路不明の感染者が増加していることで「4月の開幕・再開は困難」との見通しをハッキリと語り、新たに「ピークは4月〜5月と考えていて、5月の終わりごろであれば何とかなるのではないか」という目処も示した。

 一方、時期を遅らせてでも開催に向けて尽力する方針に変わりはない。三鴨氏は「薬剤があるわけでも、ワクチンがあるわけでもない。国民の行動変容を求めるしかないのが現実」と厳しい現実を述べつつも、感染の抑制に成功している北海道を例に出して「これを期待して状況を見ると、5月末には(一定の収束の)可能性が高まる」と指摘。「今年は無理だと言うのは簡単だが、それはあり得ない。期待も込めて一つの目安を提示した」と決断の背景を明かした。

 こうした助言を受けてJリーグの村井満チェアマンは「現状のスケジュールそのものを実行に移すことは難しい」とし、4月下旬〜5月上旬にかけて段階的に再開する現行案の見直しを示唆。当初は今月中旬に臨時実行委員会を予定していたが、「今日の助言をもとに臨時実行委員会を早いタイミングでセットしようと考えている。こうした重要な提言をいただいたので早めに決定したい」と早期決断の方向性を述べた。

 Jリーグは当初、最初の延期決定でJ1・J2リーグの再開予定日を3月15日に設定した。その後、3月12日には再延期日を4月3日に決定。3月25日には3度目の延期を決断し、J3を4月25日、J2を5月2日、J1を5月9日に再開するという段階的なスケジュールを策定していた。今後、再度の延期が決まれば4度目。2011年・東日本大震災時の48日間を大幅に上回る長期中断が決定的な情勢となっている。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

人一倍の向上心持つ高川学園FW中山桂吾、サッカー歴短いCF候補は寮の点呼後に照明つけて自主練も

高川学園高FW中山桂吾は立正大淞南高戦で2ゴールを決めるなど決定力を示している
「自分はサッカーを始めたのが小6くらいで、それまで空手をやっていました」という変わり種。だが、FW中山桂吾(新2年)は180cm近い長身とキープ力、得点力によって、山口の名門・高川学園高の最前線で存在感を放ち始めている。

 2月にはBlue Wave winter leagueの長崎総合科学大附高戦で2ゴール。3月下旬に行われた立正大淞南高との練習試合でも2ゴールを決めた。立正大淞南戦の2発はゴール前のこぼれ球に身体を投げ出して決めたものと難易度の高いヘディングシュートを決めたもの。CFの中山はサイドへ流れる癖があるが、江本孝監督から求められているPA幅でのプレーを意識してゴールに結びつけた。

 空手では、福岡県チャンピオンになったこともあるという実力の持ち主。だが、サッカーにより楽しさを覚え、のめり込んでいった。サッカー歴が短いことは確かだが、「下手くそなので」という中山は人一倍の向上心で台頭してきている。

 江本監督によると、午後9時の寮の点呼後にボールを蹴りたいと言ってくるほど。「点呼後時間があるので」と語る中山は主に昨夏、そして現在もグラウンドの照明をつけて自主トレーニングをしているという。

 動きは柔らかく、身体を張ることもできる。「自分が決めてゲームを終わらせたいという気持ちがある」という思いを結果で表現する回数はまだまだ少ないが、1年生ながら全国高校選手権にも出場したCF候補のポテンシャルを大学関係者も評価。今後が楽しみな存在であることは間違いない。
 
 選手権でゴールを決めている長崎総科大附MF別府史雅(新2年)は、ルーヴェン福岡FC(福岡)時代のチームメート。「中学校の時も凄く上手かったし、自分は別府に負けないという思いでこの高校入ってきて、ライバルというか。『全国で当たろう』と言って、(全国では)当たれなかったんですけれども、Blue Waveの時は自分が2ゴールを決めることができた。(別府の目の前で)『やってやったぞ』という気持ちがありました」。今後も向上心を持ち続けて、ライバルを上回るような選手になる。

 まず、目標にしているのはインターハイでの活躍だ。「自分はレワンドフスキとか絶対にゴールを決めて、勝つ選手になりたいので、誰よりも努力をして頑張っています。去年はインターハイに出れていないので、自分が県でも得点王になってインターハイに出て、上位目指して、自分が(全国大会でも)得点王を目指して行ければなと思っています」。県新人戦ではまさかの3回戦敗退。昨年度インターハイ8強の西京高など山口県内にもライバルは多いが、自分のゴールで高川学園を勝たせて、全国で大暴れする。
 
(取材・文 吉田太郎)

自主隔離中の名将リッピ、イタリアの06年W杯優勝を見直す「ジダンの頭突き驚く」

ドイツワールドカップで優勝を経験したマルチェロ・リッピ監督
 元イタリア代表監督のマルチェロ・リッピ氏が2006年のドイツワールドカップ決勝を振り返っている。2日、『フットボールイタリア』が『Rai Radio 1』のインタビューを伝えた。

 2004年からイタリア代表を率いたリッピ監督は06年のドイツW杯で頂点に輝いた。しかしフランス代表との決勝戦では、ジネディーヌ・ジダンがマルコ・マテラッツィに対して頭突きをお見舞いし、レッドカードになる騒動も発生。新型コロナウイルスの影響で自宅隔離となっている現在、リッピ監督は当時の試合を見返しながら、そのときの心情を明かした。

「06年のワールドカップの試合をすべて見直したよ。監督として臨んだほかの試合もね。かなりたくさんの数があり、中には不運なものもあったが、決勝戦に進むということはキャリアにおいてとても重要なステップになる」

 そう語る名将はワールドカップ優勝のほかにもユベントスでのセリエA優勝、中国・広州恒大でのタイトルなど数々の実績を誇る。ときに敗戦の悔しさを味わったこともあるが、特に「本当に苦汁を味わったのは02-03シーズンのマンチェスターでのCL決勝。ミランに敗れた試合だね」と語った。

 06年のドイツW杯でイタリアはフランスとの決勝に臨み、1-1で迎えたPK戦の末に、イタリアが頂点に到達した。しかしそれ以上に話題をかっさらったのは試合中のジダンのレッドカード。マテラッツィに屈辱的な発言を受けたジダンはヘッドバットで突き飛ばしてしまい、一発退場となった。

 リッピ監督は「ジダンの行動にはかなり驚いた。ユベントスで一緒に過ごしたこともあって、彼の謙虚さや知的さは知っていたからね」とその衝撃を明かした。

 PK戦では5人のキッカーであるDFファビオ・グロッソがゴールを決めて優勝決定となった。リッピ監督は「かれこれ20回は試合を観たけどいつも感動的だ」と語り、「最後のキッカーにはグロッソを選んだ。決勝トーナメント1回戦のオーストラリア戦で彼はドリブル突破からPKを獲得した。それを思い出したんだ」と当時の秘話を伝えた。

「私は彼に『おまえは土壇場でやる男だ』と伝えて、最後のPKキッカーにしたんだ。彼は信じてなかったよ」

大迫、南野らがメッセージ! 自粛ムードのサッカー少年少女へ…無料雑誌「ONE LOVE」出版

大迫、南野らがメッセージ! 自粛ムードのサッカー少年少女へ…無料雑誌「ONE LOVE」出版
 株式会社SARCLEは3日、休校や外出を自粛している全国の子どもに向けたフリーマガジン『ONE LOVE』を出版したことを発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、休校や外出自粛が呼び掛けられている現状。本書では家で過ごすことが増えた子どもたちに向け、大迫勇也南野拓実乾貴士小野伸二内田篤人植田直通酒井宏樹がメッセージを伝えている。

「一人でも多くの子どもたちが本書を手にすることで少しでも前向きな日々を送り、夢に向かって歩んで行ってくれることが選手たちの願い」と伝えているように、本書の狙いは「より多くの子どもたちに届くこと」。応募者には無償で郵送される。

 最後のページには自由に金額を支払えるQRコードもあり、それにより集まったお金はすべてサッカー少年少女に使用するという。

■応募フォーム
https://forms.gle/TfnGATJgoj8VSpBK6

■電子書籍ダウンロード方法
https://onelove.tokyo

※本書はサッカーショップKAMOでも数量限定で配布(J-GREEN堺サテライト店とオンラインストアは除く)。KAMOでの配布は小中学生のみ。お問い合わせはKAMO各店舗まで

村井チェアマン「現状のスケジュール難しい」専門家は“5月末”再開を提案

Jリーグの村井満チェアマン(写真はスクリーンショット)
 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)と日本野球機構(NPB)がつくる『新型コロナウイルス対策会議』は3日、第5回会議を開催した。終了後、オンラインでの記者会見を行ったJリーグの村井満チェアマンは「従前に比べて一段厳しさを増している認識」とし、「現状のスケジュールを実行に移すことは難しい」と開幕・再開をさらに先延ばしする意向を示した。

 専門家チームからは「自粛の中でできるだけ早く開催してほしいと望んでいるが、こういう状況の中で4月の開催は難しい。できるかぎり時間を延ばしていただきたい」との見解が示され、新たな開催時期の目処は感染ピークの収束が期待される5月末に設定された。

 Jリーグは現状、J3を4月25日、J2を5月2日、J1を5月9日に開幕・再開するスケジュールを策定している。しかし、専門家の答申に従った場合、すべてのカテゴリで日程を見直さざるを得ない情勢となった。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

サラゴサを支援する香川元同僚「香川は地元出身でもないし、最近加入したばかりなのに…」

スペイン・サラゴサでプレーするMF香川真司
 MF香川真司が所属するサラゴサ(スペイン)は2日、クラブ選手側との合意の上で、非常事態宣言が続く間で給与を減額させることを発表した。併せて、職員には関しては期間限定での一時解雇条例(ERTE)を申請したことも発表している。

 新型コロナウイルスの混乱により試合中止が相次ぐ中、クラブ側の財政面は次第に苦しくなってきている。すでにバルセロナはフロントやトップチームの選手たちと給与削減について同意。その削減分で一時解雇条例(ERTE)の対象者の給与を100%保証する対応を取った。サラゴサも2日、同様に給与削減の措置を発表。スペイン『マルカ』によると、20%から30%の給与削減だという。

 サラゴサの育成組織出身であるパリSGのMFアンデル・エレーラは2日、自身のツイッター(@AnderHerrera)を更新した。自身も古巣に対して支援を行っている中、かつてマンチェスター・ユナイテッドでチームメートだった香川について言及。昨夏に加入した元同僚の働きに感銘を受け、その内容を明かしている。

「香川にはとても感謝している。彼にとっての地元でもなく、まだ加入から日が浅い。それにも関わらず、彼は多額の寄付をしてくれたんだ」

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

デル・ピエロ氏が現在のユーベ10番ディバラを称賛「いま彼は完璧なプレーヤーになった」

10番を背負うFWパウロ・ディバラ
 アレッサンドロ・デル・ピエロ氏が古巣ユベントスのFWパウロ・ディバラを称賛した。2日、イタリア『スカイスポーツ・イタリア』が伝えている。

 かつて10番を背負ったデル・ピエロが現在の10番ディバラについて語る。FWクリスティアーノ・ロナウドの加入から出場機会が減っていた背番号10だが、今季は面目躍如。リーグ戦では24試合7ゴール9アシストを記録し、3月8日のインテルとのイタリアダービーでは鮮やかなゴールで勝利に導いた。

 昨夏にはマンチェスター・ユナイテッドやトッテナムへの移籍も噂されていた。しかしキャプテンマークを着用し、少しずつチームを牽引する存在へと成長。デル・ピエロ氏は「彼はキャプテンマークを何度も身に着けた。それに値する人物だと考えられたからだ」とそのキャプテンシーを認める。

「彼はここ数か月で本当に成熟した。夏以降で彼がどう対処してきたか、どれだけ成長したかがピッチ内外での振る舞いで見えたと思います」

「彼の働きぶりはみんな知っているよね。いま彼は完璧なプレーヤーになった」

 新型コロナウイルスに感染していたディバラだが、現在は順調に回復している。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

イニエスタがSNSで日本語メッセージ「今は責任を持った行動をするとき」

MFアンドレス・イニエスタがファンにメッセージ
 ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタが2日、自身のツイッター(@andresiniesta8)を更新。日本語でメッセージを送っている。

 新型コロナウイルスの猛威は世界中に広がり、現在日本でも日増しに感染者の数が伸びてしまっている。その影響はサッカー界にも及ぶ。感染していた日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は昨日退院に至ったものの、神戸のDF酒井高徳を始め、ザスパクサツ群馬のDF舩津徹也、セレッソ大阪のGK永石拓海が感染を発表している。

 イニエスタは自身のツイッター上を更新し、日本語でメッセージを投稿。「ご存知の通り、今回のCOVID-19を取り巻く状況は、全ての方々に影響を与えています。ヴィッセル神戸、そして、この素晴らしい『家族』を支えてくれている皆様も例外ではありません」と改めて注意喚起とエールを送った。

「キャプテンとして、この病気の影響を直接受けた選手、スタッフ、そして不眠不休でこの状況を改善すべく日々取り組む社員を全力で応援します」

「ファンの方々へ。あなたたちと共に喜び、愛するスポーツを楽しめる日が来ることを強く願っています。しかし今は注意を払い、責任を持った行動をする時です」

「体に気をつけて注意喚起に従って下さい。今こそ、これまで以上に一致団結しましょう!バモス ヴィッセル!!!」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

[4月3日 今日のバースデー]

Japan
MF加藤弘堅(北九州、1989)*目のつけどころの良いパスで攻撃を組み立てるMF。
FW岸田和人(岩手、1990)*岸田翔平の兄。15年にはJ3得点王を獲得した屈強なストライカー。
DF岸田翔平(水戸、1990)*岸田和人の弟。スピードと運動量を兼ね備えたダイナミックなサイドバック。
GK松澤香輝(徳島、1992)*早稲田大出身のGK。反射神経、守備範囲の広さなど総合力の高さが売り。
MF澤井直人(東京V、1995)*卓越したボールテクニックに加え、ゲームの流れを読む力に優れるMF。
MF上野賢人(相模原、1997)*横浜創学館高、東京国際大出身のMF。
MF奥野耕平(G大阪、2000)*トップチーム昇格を果たしたG大阪ユース出身のMF。2017年にはU-17日本代表としてU-17W杯に出場した。

World
GKティム・クルル(ノリッジ、1988、オランダ)*長身を生かしたハイボールの処理、驚異的な反射神経が武器のGK。
MFアドリアン・ラビオ(ユベントス、1995、フランス)*クレバーなポジショニングと高い技術を備えるパリSG期待の若手MF。
FWガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・C、1997、ブラジル)*何でもできる現代型FW。日本代表のハリルホジッチ監督が絶賛したことで話題となった。

Former
MF大榎克己(元清水ほか、1965)*元日本代表。清水ではチームの主軸として活躍した。14年7月から15年7月まで清水の監督を務めた。

Others
金本知憲(野球、1968)
田辺誠一(俳優、1969)
大泉洋(俳優、1973)
上原浩治(野球、1975)
高橋由伸(野球、1975)
タカ(タカアンドトシ:芸人、1976)
佐藤哲夫(パンクブーブー:芸人、1976)
澤村拓一(野球、1988)
大場美奈(AKB48:アイドル、1992)
佐野岳(俳優、1992)
武田翔太(野球、1993)
浅川梨奈(元SUPER☆GiRLS:アイドル、1999)
高橋海人(King&Prince:アイドル、1999)