第100回天皇杯、鳥取県予選が中止…J3鳥取が本大会へ

第100回天皇杯、鳥取県予選が中止…J3鳥取が本大会へ
 ガイナーレ鳥取は6日、同クラブが第100回天皇杯の鳥取県代表チームに決まったことを発表した。

 クラブによると、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、第63回鳥取県サッカー選手権大会 兼 天皇杯JFA第100回全日本サッカー選手権大会鳥取県代表決定戦の中止が決定。その結果、昨年度のリーグ戦所属カテゴリーが上位であったガイナーレ鳥取が、天皇杯JFA第100回全日本サッカー選手権大会の鳥取県代表チームに決まった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

タロット占いで相性診断!!ARATAの金運、カクケンの就職運は!?【ウイイレ 国体への道#12】

タロット占いで相性診断!!ARATAの金運、カクケンの就職運は!?【ウイイレ 国体への道#12】
『eFootball ウイニングイレブン2020』(ウイイレ2020)でレート1000を達成したゲキサカFC1期生のカクケンとARATA。次なる目標は、2020年10月に鹿児島県で開催される第75回国民体育大会「燃ゆる感動かごしま国体・かごしま大会」出場だ。

 今回の国体は予選、本大会ともに2on2で行われることが決定。新企画「国体への道」では、同じく国体優勝を目指すプロゲーマーのMayageka(まやげか)の指導を受けながら、カクケンとARATAの2人がコンビを組んで2on2の腕を磨きます。

★ゲキサカ ゲームチャンネルの登録はこちらから

「僕のホームはいつになっても川崎…」三好のアントワープ完全移籍を川崎Fが発表

アントワープに完全移籍するMF三好康児
 川崎フロンターレは6日、MF三好康児が現在レンタル移籍中のアントワープに完全移籍することが決定したと発表した。

 15年に川崎Fの下部組織からトップチームに昇格した三好は、同年4月にプロデビュー。2シーズンを過ごすと、18年に札幌、19年には横浜FMに期限付き移籍し、19年8月からは期限付き移籍で加入したアントワープでプレーしていた。

 クラブを通じて、以下のようにコメントを残している。

「ご無沙汰しています。この度、ベルギーのロイヤルアントワープFCに完全移籍をすることになりました。

 アカデミーからプロ生活まで僕の人生の半分以上をフロンターレと過ごし、サッカーだけでなく1人の人間として育ててもらいました。ここ数年は複数クラブに移籍をさせてもらう中で関わったすべてのクラブ関係者の方々、そしてサポーターの方々がいなければ今の自分はいないと思います。本当に感謝しています。

 ただ、僕のホームはいつになっても川崎です。言葉だけでは感謝を伝え切る事は出来ないので、このご恩は色んな形で返していければと思います。

 今は世界中が大変な困難に直面していますがこの期間をみんなで手を取り合って乗り越えましょう。またサッカーが出来るようになった時により成長した姿を見せれるように僕も頑張ります」

●海外組ガイド

ルーニーが苦言「なぜ、突然スケープゴートに?」

ダービー・カウンティFWウェイン・ルーニー
 ダービー・カウンティFWウェイン・ルーニーは、選手の給与カットを求める動きに苦言を呈した。『スカイ・スポーツ』が伝えている。

 新型コロナウイルスの影響によって中断中のプレミアリーグだが、再開の見通しは立っていない。そんな中、プレミアリーグは各クラブに対し、選手に給与30%カットを求めるように提案。また、イギリス保健相のマット・ハンコック氏は「給与削減に応じるべき」と要求していた。

 これを受けてルーニーは、『サンデー・タイムズ』内のコラムで、「政府が看護師を財政的に支援したり、人工呼吸器を購入するために打診してきたら、自分のお金がどう使われるのか明確な限り、僕はそうすることを誇りに思うだろう」と答えつつ、サッカー選手が「スケープゴート」にされていると主張している。

「自分は何かを手放すことができる立場にいる。だけどすべてのサッカー選手が同じ立場にいるわけではない。突如としてすべての選手が30%の減給を要求され、そうした立場に置かれてしまった。なぜサッカー選手が突然スケープゴートにされるのか?」

「ここ数日の出来事は屈辱的なことだ。彼(ハンコック氏)は、パンデミックについての最新情報を国民に提供することになっていた。なぜサッカー選手の給料のことが頭の中にあったんだ? 彼はこのパンデミックに対する政府の対応から目をそらさせるために必死だったのか?」

 さらに、「この問題ばかりが公表され、僕からすると奇妙に思えるが、僕の考えではこれはもう勝ち目のない状況だ。どう見ても、僕ら選手は狙われやすいターゲットとなっている」と不満を露わにしている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

日本でのイニエスタ語ったC大阪ロティーナ監督「我々はスペインのことも心配だ」

セレッソ大阪のロティーナ監督とヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタ
 セレッソ大阪のスペイン人監督ロティーナ氏がともにJリーグを戦うヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタについて、スペイン『マルカ』のインタビューで語った。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響でJリーグも中断となり、2人は異国の地でパンデミックを共有している。神戸は元日本代表DF酒井高徳ら、C大阪もGK永石拓海の感染が確認されており、あすにも大阪府・兵庫県には緊急事態宣言が出る見通しだ。

『マルカ』のインタビューで、ロティーナ監督は「イニエスタ、ビジャ、トーレスといった選手たちは日本のリーグにどんな貢献をしたか?」と質問され、次のように語っている。

「イニエスタ、ビジャ、トーレスは世界チャンピオンであり、彼らの貢献は大きい。特にイニエスタは多大な貢献をしていて、物凄いレベルでプレーし、楽しんでいる。欧州どのチームでも問題なくプレーできる状態にあるが、今は日本で楽しんでいる」

 さらに指揮官は、日本ではイニエスタのようなビッグネームを見るために多くの観客が集まる傾向にあると指摘。「日本人のファンはチームよりもサッカー選手を応援する人が多い。我々はファンがチームになって、そのチームとともに死ぬまで一緒という感覚に慣れているが、ここでは人々は選手のファンであることが多いんだ」と語った。

「イニエスタには多くのサポーターがいる。その多くは彼のチーム(神戸)のファンではない。私たちが慣れているものとは異なる文化だ。イニエスタの来日により、彼がプレーする試合は集客増につながった」と、国内で体感した“イニエスタ効果”にも言及した。

 異国の地でパンデミックを共有している2人は連絡を取っているという。「イニエスタは近くに住んでいる。ちょうど昨日、彼が子供たちと散歩しているのを見たよ」と明かしたロティーナ監督は「新型コロナウイルスの状況について話し、スペインの不安についても話したよ。我々はスペインにも家族がいるので何が起こっているのか心配だ」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

セルタFWが無許可でロシア帰国…エリツィン元大統領孫・婚約者の18歳誕生日のため

セルタFWフョードル・スモロフがクラブの許可なくロシアに帰国
 セルタに所属するロシア代表FWフョードル・スモロフ(30)がクラブの許可なくスペインを離れ、プライベートジェットで母国ロシアに飛んだことが分かった。スペイン『アス』が伝えている。

 スペインでは新型コロナウイルスの感染が急速に拡大し、外出禁止令が出されているが、スモロフはクラブの許可なくスペインを離れて母国ロシアに向かった。セルタでは一週間前にもデンマーク代表FWピオーネ・シストがクラブの許可なくスペインを出ていた。

 記事によると、スモロフは婚約者の18歳の誕生日パーティーに出席するため、プライベートジェットでロシアに戻ったようだ。

 スモロフは03年ミス・ロシアのモデル・ヴィクトリア・ロピレワさんと結婚したが、15年に離婚し、現在はボリス・エリツィン元ロシア大統領の孫娘にあたるマリア・ユマシェワさんと婚約している。復帰後はクラブから罰金を科されることになるようだ。

 セルタの関係者は『ラジオ・ガレガ』に対して、「スモロフは個人的な問題のため、ロシアへの旅行許可を繰り返し要請していた。ラ・リーガが許可しなかったためクラブも許さなかったが、スモロフは私用を済ませて帰ってくると約束してスペインを去った」と述べている。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

ドルトムントが新型コロナ対策に本拠地を提供「これ以上のインフラはない」

ドルトムントの本拠地ジグナル・イドゥナ・パルク
 ドルトムントは本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクの一部を新型コロナウイルス対策の医療センターとして提供している。『ラプトリー』が伝えた。

 クラブは「4日からスタジアム北部4階を新型コロナウイルスの医療センターにする」とスタジアムを提供することを発表。地元の民間医療機関の負担を軽減するために、新型コロナウイルス感染者および感染の疑いがある人々に適切なケアを行う。ほかの患者や医師、医療スタッフとの接触が制限されるため、感染拡大を食い止める効果も期待されている。

 最高マーケティング責任者(CMO)のカルステン・クラマー氏は「関係者全員にとって非常に困難なこの時期にスタジアムを提供することは、ボルシア・ドルトムントにできる大きな貢献だということを信じている。依頼を受けた後、少し考えるための時間をもらったが、ドルトムントとして比較的早く、進める方向で話がまとまったことを嬉しく思う」とコメント。

 一方、ハンス・ヨアヒム・ヴェツケCEOは「スタジアムにつくったこの第2治療センターは呼吸器疾患、発熱、新型コロナウイルス感染症の疑いのある患者さんたちを対象にしている。私たちとしては患者がまずGPに連絡し、どのセンターを利用するべきかを尋ねることが最も賢明なことだと考えている。ドルトムントのスタジアムにはそのような窓口がある」とし、次のように続けた。

「ここの登録センターで適切な登録をしたあと、患者は関連する医師のもとへ行き、そこで調査を受け、自宅で隔離するか、何もしなくてもいいのか、病院に行くのかを医師と決める。私たちの持つスタジアムというインフラは間違いなく最適な選択肢だ。これ以上のものは想像できない。大きな待合室、離れた場所に座れること、完璧な登録エリア。これ以上のものはない」

 受付時間は毎日12時〜16時までとなり、事前登録は不要だという。

●ブンデスリーガ2019-20特集

セリエA今季完走“強行”か…伊サッカー協会会長「9〜10月まで延長の可能性ある」

イタリアサッカー協会(FIGC)のガブリエレ・グラビナ会長
 イタリアサッカー協会(FIGC)のガブリエレ・グラビナ会長が、2019-20シーズンのセリエAが9〜10月まで続いても全日程を消化する可能性に言及した。伊『RAI』に語った内容を『ガゼッタ・デロ・スポルト』など複数メディアが伝えている。

 イタリアは新型コロナウイルスの感染爆発による緊急事態に見舞われ、感染者は12万人超え、死者数も1万5000人を超えている。4月18日までのロックダウン(都市封鎖)が決まっており、中断中のセリエAは再開の見通しが立たず、打ち切りになる可能性も浮上しているが、グラビナ会長はシーズン完走に固執。「仮説としては5月20日頃にリーグを再開させたい」と語っていたが、最新の仮説が報じられている。

 グラビナ会長は「セリエAを9月か10月まで延長する可能性があるか?それはひとつの仮説だ。これは2019-20シーズンだけでなく、20-21シーズンも危険にさらすのを避ける方法である」と強調。「このままシーズンが終われば、イタリアサッカーは権利や利益を失う関係者からの訴えが殺到し、リーグ戦を法廷で戦うリスクがある」と“強行”の意志を示している。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

セリエA今季完走“強行”か…伊サッカー協会会長「9〜10月まで延長の可能性ある」

イタリアサッカー協会(FIGC)のガブリエレ・グラビナ会長
 イタリアサッカー協会(FIGC)のガブリエレ・グラビナ会長が、2019-20シーズンのセリエAが9〜10月まで続いても全日程を消化する可能性に言及した。伊『RAI』に語った内容を『ガゼッタ・デロ・スポルト』など複数メディアが伝えている。

 イタリアは新型コロナウイルスの感染爆発による緊急事態に見舞われ、感染者は12万人超え、死者数も1万5000人を超えている。4月18日までのロックダウン(都市封鎖)が決まっており、中断中のセリエAは再開の見通しが立たず、打ち切りになる可能性も浮上しているが、グラビナ会長はシーズン完走に固執。「仮説としては5月20日頃にリーグを再開させたい」と語っていたが、最新の仮説が報じられている。

 グラビナ会長は「セリエAを9月か10月まで延長する可能性があるか?それはひとつの仮説だ。これは2019-20シーズンだけでなく、20-21シーズンも危険にさらすのを避ける方法である」と強調。「このままシーズンが終われば、イタリアサッカーは権利や利益を失う関係者からの訴えが殺到し、リーグ戦を法廷で戦うリスクがある」と“強行”の意志を示している。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

バイエルンが6日から“小グループ”で練習再開…見学は禁止

バイエルンがトレーニング再開へ(写真は3月12日)
 バイエルンが6日からトップチームの練習を再開することを公式サイトで発表した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、ブンデスリーガも4月30日までのリーグ中断が決まっていた。ドイツサッカーリーグ機構(DFL)は5日までのトレーニング中断を推奨していたため、翌日からの再開に踏み切る。

 各クラブの選手たちは自宅待機となっていたが、クラブは「4月6日月曜日から少人数のグループに分かれてトレーニングを行う」と発表。政府や関係当局と連携を取り、衛生面のすべての規則は厳正に守った上での再開になるという。

 また、クラブは「コロナパンデミックの蔓延を抑えるため、当局の指示に継続して従うことをファンに求める。したがって、FCバイエルンのトレーニング場に足を運ばないでください」とサポーターに呼びかけている。

●ブンデスリーガ2019-20特集

第100回天皇杯、神奈川県予選準決勝進出チームが抽選で決定

第100回天皇杯、神奈川県予選準決勝進出チームが抽選で決定
 神奈川県サッカー協会は第100回天皇杯の神奈川代表決定戦について、新型コロナウイルスの感染拡大により延期となっていた1回戦・2回戦の開催目処が立たないことから、準決勝進出チーム決定の抽選会を実施したことを発表した。

 県予選準決勝の組み合わせは以下の通り

SC相模原(シード)vsエスペランサSC(※ 抽選)

Y.S.C.C.横浜(シード)vs専修大(※ 抽選)

 なお、準決勝の日程は現在調整中。第100回天皇杯は5月23日に開幕予定だが、他の都道府県でも予選が開催できない問題が相次いでいる。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●第99回天皇杯特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

カイル・ウォーカーがセックスパーティー主催…ロックダウン違反でマンCが処分へ

ロックダウンのルールを破ったDFカイル・ウォーカー
 マンチェスター・シティに所属するDFカイル・ウォーカーがロックダウン(都市封鎖)のルールを破り、クラブから懲戒処分を受けることが濃厚になった。『BBC』が伝えている。

 新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るう中、イギリス政府は感染防止対策として法律で厳しい外出禁止の措置をとり、社会的距離にも制限を設けている。5日時点で国内では感染者数が4万7000人を超え、4934人の死者が確認されている。

 各クラブの選手は自宅待機となっているが、ウォーカーは2人の売春婦を呼んだ“セックスパーティー”を2日に主催したことが判明。なお、パーティーの前日にはSNSを投稿し、政府のガイドラインに従うよう「家にいて、安全な場所にとどまるように」と国民に呼びかけていた。報道に関しては次のように謝罪コメントを発表した。

「タブロイド紙に僕の私生活についての記事が今日掲載された件について述べたい。先週の自分の選択に対して、公式に謝罪を発表したいと思う。プロサッカー選手としての自分の立場は、みんなの模範となるべきものでなければならないと自覚している。家族、友人、クラブ、サポーター、そして一般の人々を失望させてしまったことを謝罪したい」

「いま、社会で重要な変化をもたらしているヒーローたちがいる。僕はこの1週間、彼らの驚くべき献身と救命活動を支援し、そのことを伝えたいと思っていた。今回の件での自分の行動は、ロックダウンに関して自分がするべきこととは正反対のものだった。『家にとどまって、安全でいて』というスローガンをいま一度確認したい」

 一方、シティはこの違反行動について、以下のように声明を発表している。

「マンチェスター・シティFCは、イギリスのロックダウンと社会的距離のルール違反に関して、カイル・ウォーカーの私生活がタブロイド紙の記事に取り上げられたことを認識している。サッカー選手は世界的なロールモデルだ。私たちのスタッフや選手は、新型コロナウイルスの影響と戦うために、国民保険サービスやカギとなる従事者たちに対し、できるかぎりの方法でサポートするべく努めてきた」

「今回の件でのカイルの行動は、こうした努力に直接反するものだ。私たちは今回の報道を聞いて失望している。カイルには迅速な声明と謝罪を求める。近日中に内部での懲戒手続きを行うつもりだ」

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

関東大学サッカー前期の第1節から第3節までが延期に…開幕は5月末の第4節を予定

 関東大学サッカー連盟は6日、JR東日本カップ2020 第94回関東大学サッカーリーグ戦前期リーグの第1節から第3節までの延期を発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、関東大学サッカーリーグは3月の時点で開幕を5月まで延期させていた。しかし今回、その影響がさらに続いているため、5月中旬までに行われる予定だった第1節から第3節までを日程未定の延期とした。

 それにより、現時点での開幕は5月30日、31日の第4節からとなる。関東大学サッカー連盟は今後の状況でさらなる日程変更の可能性も示唆している。

以下、変更後の関東大学サッカーリーグ前期日程
第1節:未定(延期)
第2節:未定(延期)
第3節:未定(延期)
第4節:5/30(土)、5/31(日)
第5節:6/2(火)、6/3(水)、6/4(木)
第6節:6/6(土)、6/7(日)
第7節:6/13(土)、6/14(日)
第8節:6/20(土)、6/21(日)
第9節:7/11(土)、7/12(日)
第10節:7/18(土)、7/19(日)
第11節:7/23(木・祝)

札幌所属の全選手が異例の給与一部返納へ…キャプテン宮澤「北海道への支援につながる」

北海道コンサドーレ札幌の全選手が給与削減を申し出
 北海道コンサドーレ札幌は6日、選手が4月から9月までの6か月間の報酬の一部を返納する申し出をしたことを発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大でJリーグは中断となり、3日には3度目の延期延長が決定している。試合が行われないことでクラブ側は収入の大幅減が予想される。そのことを見込んで、札幌の選手は自らの給与を削減することを申し出た。

 クラブ公式サイトを通じ、選手を代表してキャプテンMF宮澤裕樹がコメントを出している。

「私たち北海道コンサドーレ札幌に所属する選手は、北海道への貢献を考えて活動しているクラブに賛同し、日頃のトレーニングはもちろん、地域貢献なども含めて所属選手として活動しています。新型コロナウイルスの影響が大きくなり、改めて様々な方々に支えていただいて、選手活動ができていることを実感しています」

「同時に、このような状況だからこそ、いつも以上に支え合わなければならないと感じています。新型コロナウイルスによるクラブへの影響も大きくなる現在の状況を鑑み、我々北海道コンサドーレ札幌の選手一同は、クラブに対して支援することを全選手合意のもと、決めました。その先にある北海道への支援につながると考えたからです」

「現在も公式戦再開のめどが立たず、この状況はしばらく続くかもしれませんが、今後はさらにクラブと一体となり、新型コロナウイルス感染症の危機克服につながるような地域・社会貢献などについても、できることを一つずつ実施していこうと思います」

「難しい状況ですが、いつも以上に仲間や周囲の人のことを思いやり、コミュニケーションをとり、一人ひとりができることを実践して、みんなで乗り越えていきましょう」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

フィオレンティーナ、新型コロナ感染の3選手が陰性に

FWパトリック・クトローネ(左)、DFヘルマン・ペッセッラ(中央)、FWドゥシャン・ブラホビッチ
 フィオレンティーナは5日、新型コロナウイルスに感染していた3選手が陰性となったことを発表した。

 フィオレンティーナは3月13日にFWドゥシャン・ブラホビッチの、14日にはFWパトリック・クトローネとDFヘルマン・ペッセッラの感染を発表していた。今月5日にクラブ公式サイトを通じ、3選手が陰性になったことを発表。フィオレンティーナは「医師、看護師、病院に改めて感謝を示したい」と伝えている。

 加えて、フィオレンティーナは76万ユーロ(約8940万円)の募金が集まったことを報告。新型コロナウイルスに対する資材に使用されるという。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

ジーコのCL展望、意外なダークホース「アトレティコやマンCはいいね。イタリア勢では…」

快進撃を続けるアタランタ
 鹿島アントラーズのテクニカルディレクターを務める元日本代表監督のジーコ氏がUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)での注目クラブを挙げた。5日、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、欧州CLを含めサッカー界は軒並み中断。欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンダー・チェフェリン会長はベスト8以降をホーム&アウェーではなく、一発勝負で行う可能性も示唆している。再開される見通しはいまだ不透明なものの、ジーコ氏は展望を語る。昨季王者のリバプールが敗退したことで、新たに注目チームを挙げた。

「1か月前にはリバプールが優勝することを一番に望んでいたんだけど、あまりにも早く敗れてしまった。今はディエゴ・シメオネ監督が率いるアトレティコ・マドリーを支持するよ。昨季王者を破り、信念を持って勝ち進むことができる。ジョゼップ・グアルディオラ監督のマンチェスター・シティも最高だと思っている」

 加えてイタリア勢にも言及。ユベントスやナポリが勝ち残っている中で、ジーコ氏は「私はアタランタに期待している。彼らは素晴らしいフットボールで、集団としても非常に強いチームだ」と近年急成長を遂げ、初出場の欧州CLで快進撃を続けているチームを挙げた。

「決勝にたどり着くイメージだってできる。彼らを倒すことは難しいだろう。(グループリーグで)マンチェスター・シティもそれを実感しているはずだ」

 また、ジーコ氏は自身が感銘を受けている指揮官についても語る。

「最近好きな監督は、グアルディオラ、ユルゲン・クロップ、マウリツィオ・サッリだ。より攻撃的な姿勢で試合を進め、ゴールを決める。本当にクオリティの高い選手を求めているね」

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信
●セリエA2019-20特集

マンCがプレミアリーグ勢初の発表「政府の支援を利用しない」

マンCがプレミアリーグ勢初の発表「政府の支援を利用しない」
 マンチェスター・シティは、プレミアリーグの中で初めてスタッフを一時帰休にしないことを発表した。

 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響を受けるフットボール界。3月中旬までにリーグ戦が軒並み中断され、再開の見通しが立たない中、活動停止に追い込まれ、収入源を断ち切られたクラブの多くが財政面で苦境に立たされる。

 フットボール界が非常事態に揺れる中、リーガ・エスパニョーラやブンデスリーガ、セリエAのクラブでは選手のサラリー削減を発表。しかし、一方でプレミアリーグ勢は、“ビッグ6”のリバプールやトッテナムをはじめ、複数のクラブが選手に負担を強いるよりも先に、雇用を維持すれば政府から月給80%を受け取れる補償を利用するためにノンプレイングスタッフを対象に一時帰休の措置を取る。

 ビッグクラブが政府の支援利用を表明したことに対して批判的な声が上がる中、マンチェスター・Cは5日に他のクラブとは一線を画すことを発表する。

「先週の会長と役員の会議を受け、マンチェスター・シティはイギリス政府が掲げる新型コロナウイルス対策による支援を利用しないことを発表する。クラブの人間とその雇用、そして我々のビジネスを守ることと同時に、全員にとってとても難しいこの時間の中でより広く社会を支援することを約束する」

 新型コロナウイルス感染拡大によるプレミアリーグの中断を受け、バーンリーが経営危機を迎えると報じられるなど多くのクラブが存続の瀬戸際に立たされる可能性があると予想される。マンチェスター・Cのこの決定は、まだ方針を示していない他のクラブにどのような影響を与えるのだろうか。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

仏1部クラブのチームドクターが自ら命絶つ…新型コロナウイルス感染を苦に

仏1部クラブのチームドクターが自ら命絶つ…新型コロナウイルス感染を苦に
 フランス・リーグアンのスタッド・ランスは5日、チームドクターのベルナール・ゴンザレス氏が亡くなったことを発表した。享年60。新型コロナウイルス検査で陽性となったゴンザレス氏は、自宅で自ら命を絶ったという。

 仏『ル・パリジャン』によると、クラブで20年以上働いていたゴンザレス氏は妻とともに新型コロナウイルスに感染。5日に自宅で命を絶ったという。自宅には遺書が残されており、新型コロナウイルス感染で苦しんでいた旨が伝えられていた。

 スタッド・ランスのジャン・ピエール・カイロ社長は「言葉を失っている。驚きを隠せない」とコメントしている。

●フランス・リーグアン2019-20特集
●酒井の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

[4月6日 今日のバースデー]

Japan
DF森脇良太(京都、1986)*明るい性格でチームを盛り上げる。攻撃参加からパンチのあるシュートを放つことができるDF。
MF田邉草民(福岡、1990)*昨年サバデルが復帰。ボールテクニックが高く、ドリブル突破が武器のMF。
MF青島拓馬(秋田、1993)*運動量が武器の法政大出身MF。
FW矢島輝一(FC東京、1995)*怪我にも負けず中央大で奮闘し、愛するFC東京に戻ってきたストライカー。
MF手塚康平(横浜FC、1996)*国内屈指の基本的な技術レベルを持つMF。戦術眼も優れ、ユーティリティー性も高い。

Former
DFロベルト・コバチ(元バイエルンほか、1974、クロアチア)*バイエルンやユベントスで活躍した元クロアチア代表DF。フランクフルトのニコ・コバチ監督は実兄。

Others
秋山幸二(野球、1962)
宮沢りえ(女優、1973)
乙武洋匡(エッセイスト、1976)
若旦那(湘南乃風:ミュージシャン、1976)
マルクス・ガブリエル(哲学者、1980)
豪栄道(相撲、1986)
森本龍太郎(元Hey!Say!JUMP:アイドル、1995)
相笠萌(AKB48:アイドル、1998)
勝田里奈(元アンジュルム:アイドル、1998)

欧州の実情知る長友佑都が怒り露わ…「どうかしてるよ」「命は取り戻せない!」

DF長友佑都が怒りを露わ
 ガラタサライ(トルコ)に所属するDF長友佑都は自身のツイッター(@YutoNagatomo5)を更新し、怒りを露わにした。

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、日本国内では外出自粛が喚起され続けている。全国の小中高は3月から休校措置となり、新学期が迫る中で一部地域では休校を再延長しているものの、新学期から学校が再開するところも少なからず存在。その地域の保護者は子どもの感染を危惧している。

 長友は自身のツイッターでこまめに外出自粛を訴える。5日には「感染拡大を抑えられる本当に最後のチャンス!皆さん外出の自粛をお願いします!愛する人を失ってからでは遅い!」と強く伝えた。しかしそれでも変わらない現状に「こんな状況で明日から学校再開って。どうかしてるよ。。」と少しずつ怒りを露わにしていく。

 長友の声にポルティモネンセ(ポルトガル)のGK権田修一も反応する。「佑都くん、うちの子も明日から小学1年生で入学式がありますが休ませます。義務教育なのはわかります。ただ、欧州の現状を目の当たりにしたら行かせる事はできません」と長友の意見に同調。長友は「俺も絶対息子に行かせないわ。欧州の状況知ってるから」と欧州組としての経験を伝えた。

 そして再び語気を強め、SNS上で声を挙げる。「学校再開したら爆発感染間違いないよ!行動範囲の広い若者たちが一気に感染を広げる。今大事なのは勉強ではなく命だよ!勉強の遅れは取り戻せるけど、命は取り戻せない!」とその深刻さを改めて訴えた。

●海外組ガイド
●トルコ・スーパーリーグ2019-20特集
●長友佑都の試合はDAZNで!!“初月無料”独占配信中