00~09年のインハイ埼玉県代表成績_西武台と埼玉栄が16強、GK川島の浦和東も全国1勝

埼玉栄高はMF町田也真人が3年時にインターハイ初出場。(写真は07年度選手権。写真協力=高校サッカー年鑑)
[2000~2009年のインターハイ埼玉県代表校成績]

 2000年~09年の10年間のインターハイ埼玉県代表は、苦戦が続き、3回戦を突破することができなかった。この間、最も埼玉県代表になっているのが、公立の浦和東高だ。GK川島永嗣(現ストラスブール)が主将を務めていた00年大会では明徳義塾高(高知)を3-0で撃破。だが、2回戦で青森山田高(青森)に0-3で敗れた。03年にはDF菊地光将(現山口)やMF塚本泰史(元大宮)、GK鈴木智幸主将(現岩手)を中心に戦い、初戦を突破したが、2回戦で厚木北高(神奈川2)にPK戦の末に敗れている。MF三島康平(現相模原)が追撃ヘッドを決めながら鹿児島実高(鹿児島)に競り負けた05年と08年、09年はいずれも初戦で惜敗している。

 この10年間で4回出場の西武台高は01年大会で東京学館新潟高(新潟)、松蔭高(愛知1)を破って3回戦進出。優勝校・市立船橋高(千葉2)との3回戦では10番MF前田恭兵のゴールで追いついたものの、1-2で敗れた。西武台は大宮などでプレーしたDF福田俊介(現アヴェントゥーラ川口)や元草津のFW杉本裕之、元水戸のMF島田祐輝らを擁した04年も初戦を突破したが、2回戦でFW岡崎慎司(現ウエスカ)に先制点を奪われるなど、滝川二高(兵庫)に2-5で敗れている。

 西武台と同じく3回戦まで進出しているのが、埼玉栄高だ。MF町田也真人(現大分)が3年生だった07年大会で初出場。初戦で丸岡高(福井)にPK戦で敗れたが、地元開催だった翌08年大会に第1代表として連続出場すると、2年生DF高瀬優孝(現群馬)の先制点など東邦高(愛知1)に6-0で勝ち、ベスト16入りを果たしている。

 大宮東高は昨年までJ通算364試合に出場しているFW河原和寿(元愛媛)を擁した03、04年に連続出場し、06年大会も出場。河原は03年大会初戦の作陽高(岡山)戦で2ゴールを挙げてPK戦勝利に貢献している。大宮東はこの3大会でいずれも初戦を突破。武南高はDF小林亮(元山形)が3年生だった00年と01年に出場し、いずれも初戦突破している。

 市立浦和高は02年大会で東京学館新潟高(新潟)に2-1で競り勝って1勝。正智深谷高は地元開催だった08年大会で初出場。MF金子昌広(現金沢)らが出場し、久御山高(京都)から初白星を挙げている。また、伊奈学園総合高が02年、浦和南高が09年にそれぞれ出場しているが、初戦敗退に終わっている。

以下、00~09年のインターハイ埼玉県代表校成績 ※()内は出場回数

[2009年]
第1代表校:浦和東高(6)
1回戦 1-2 久御山高(京都)

第2代表校:浦和南高(11)
1回戦 1-3 草津東高(滋賀)

[2008年]
第1代表校:埼玉栄高(2)
2回戦 6-0 東邦高(愛知1)
3回戦 0-1 作陽高(岡山)

第2代表校:浦和東高(5)
1回戦 1-1(PK6-7)各務原高(岐阜)

第3代表校:正智深谷高(初)
1回戦 2-1 久御山高(京都)
2回戦 0-1 東海大翔洋高(静岡)

[2007年]
第1代表校:埼玉栄高(初)
1回戦 2-2(PK4-5)丸岡高(福井)

第2代表校:市立浦和高(9)
1回戦 1-2 宮城県工高(宮城)

[2006年]
第1代表校:西武台高(6)
1回戦 0-2 明徳義塾高(高知)

第2代表校:大宮東高(7)
1回戦 1-1(PK4-1)佐賀東高(佐賀)
2回戦 1-4 青森山田高(青森)

[2005年]
第1代表校:浦和東高(4)
1回戦 2-3 鹿児島実(鹿児島)

第2代表校:西武台高(5)
1回戦 1-1(PK7-8)秋田商高(秋田)

[2004年]
第1代表校:西武台高(4)
1回戦 5-1 帝京長岡高(新潟)
2回戦 2-5 滝川二高(兵庫)

第2代表校:大宮東高(6)
1回戦 1-1(PK5-3)大津高(熊本)
2回戦 1-1(PK2-4)鹿児島実高(鹿児島)

[2003年]
第1代表校:浦和東高(3)
1回戦 3-1 新潟西高(新潟)
2回戦 0-0(PK6-7)厚木北高(神奈川2)

第2代表校:大宮東高(5)
1回戦 3-3(PK5-4)作陽高(岡山)
2回戦 0-4 藤枝東高(静岡)

[2002年]
第1代表校:伊奈学園総合高(3)
1回戦 0-2 四日市中央工高(三重)

第2代表校:市立浦和高(8)
1回戦 2-1 東京学館新潟高(新潟)
2回戦 0-1 渋谷幕張高(千葉2)

[2001年]
第1代表校:西武台高(3)
1回戦 4-2 東京学館新潟高(新潟)
2回戦 1-1(PK4-2)松蔭高(愛知1)
3回戦 1-2 市立船橋高(千葉2)

第2代表校:武南高(17)
1回戦 2-2(PK7-6)洛北高(京都)
2回戦 0-1 習志野高(千葉1)

[2000年]
第1代表校:武南高(16)
1回戦 3-2 日章学園高(宮崎)
2回戦 0-1 清水市商高(静岡)

第2代表校:浦和東高(2)
1回戦 3-0 明徳義塾高(高知)
2回戦 0-3 青森山田高(青森)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020

岡崎慎司が「FIFA 20」国際大会で劇的白星! ゲーム内の岡崎が2発「興奮しました」

FW岡崎慎司が「FIFA 20」の国際大会に挑む
 サッカーゲーム「FIFA 20」を使用したeスポーツのチャリティー大会「StayAndPlay eFriendlies」が21日に開催された。日本はグループリーグ初戦でマレーシア代表と対戦し、第1戦はサッカーe日本代表のWeb Nasri(ウェブ・ナスリ/鹿島アントラーズ所属)が2-0で勝利。そして第2戦はウエスカFW岡崎慎司が挑み、4ー3で勝利した。チャイニーズ・タイペイ代表との2試合目は22日の午後8時(日本時間)から行われる。

 同大会は家の中でサッカーを楽しむという趣旨のもと、各国のサッカーe代表選手と現役のサッカー選手や著名人がタッグを組んで開催された。日本からは岡崎とサッカーe日本代表のナスリが参加。完全リモートの環境で大会に臨んだ。グループリーグ初戦はマレーシアと対戦。2戦合計で争われる中、第1戦はナスリが2-0で快勝した。

 第2戦では岡崎がウエスカを操る。対戦相手のサッカーマレーシア代表のサファウィ・ラシドは岡崎の古巣であるレスター・シティを選択した。慎重に試合を進める岡崎だが、前半32分に失点。さらに同38分には2点目を許した。

 しかし岡崎は真骨頂の泥臭さを見せる。前半44分、PA内での積極性から相手のファウルを誘発し、PKを獲得。ゲーム内の岡崎が冷静にゴール右隅に決め、1-2と点差を縮めた。

 前半を1-2で折り返した岡崎は後半5分に同点弾。PA外からのコントロールカーブシュートは相手GKの頭上を越え、そのままゴールネットを揺らした。しかし同12分には失点を食らい、再び2-3とリードされてしまう。

 だが、岡崎は冷静さを失わない。後半24分、左サイドの突破からマイナス方向へのクロスに合わせ、チーム3点目。再び3-3と試合を振り出しに戻した。同38分にはゲーム内の岡崎がダイビングヘッド。劇的な逆転ゴールを決めた。

 試合はそのまま終了し、岡崎が操るウエスカは4-3の勝利。ナスリが第1戦で2-0の勝利を収めているため、2戦合計6-3で初戦白星スタートを切った。

 岡崎は試合後、オンラインのインタビューに「初めての体験なんですけど、手が震えて思うようにいかなくてめちゃくちゃ焦りました」と回答。対戦相手がレスター・シティということには「レスター選んできた時点で知ってんのかなと。レスター相手に岡崎で2点取れたのは見返せるところがあったのかな」と笑みを浮かべた。

 さらに、ゲーム内での自身のダイビングヘッドには「画面には映っていないですけど、めちゃくちゃ興奮しました」と明かした。

10年以降のインハイ埼玉県代表成績_武南、西武台、正智深谷、昌平が全国4強以上に

昨年は西武台高が出場したが、初戦敗退に終わっている。(写真協力=高校サッカー年鑑)
[2010年以降のインターハイ埼玉県代表校成績]

 2010年以降のインターハイ埼玉県代表には計10校が名を連ねている。この間、最高成績は伝統校・武南高が12年大会で記録した準優勝。MF佐藤仁紀主将(→東洋大)や2年生MF鈴木裕也(現東京武蔵野シティFC)を中心としたパスワークなど分厚い攻撃を見せた武南は、DF室屋成(現FC東京)を擁した青森山田高(青森)やCB三浦弦太(現G大阪)中心の大阪桐蔭高(大阪1)を破り、埼玉県勢17年ぶりとなる決勝進出を果たした。武南は11年から13年まで3年連続で青森山田と対戦。11、12年に連勝したが13年に敗れた後は全国から遠ざかっている。

 18年まで埼玉県は2校が代表となっていたが、19年からはインターハイの規模縮小のため1校に。この10年間で最も多くインターハイに出場しているのは、昨年の出場校でもある西武台高の5回だ。西武台はFW清水慎太郎(現岡山)やGK小澤章人(現長野)、MF松本和樹主将(現Honda FC)、FW佐々木雅人(元YS横浜)らを擁した10年大会でCB昌子源(現G大阪)の米子北高(鳥取)を破るなど3位。現鳥取のMF三沢直人が2年生だった12年、14年、15年大会でも初戦を突破している。

 近年、急激に台頭してきているのが昌平高だ。初出場だった16年大会はインパクトを残す大会に。MF針谷岳晃(現磐田)の直接CKによる後半アディショナルタイム決勝弾で王者・東福岡高(福岡)を撃破すると、準々決勝ではエースMF松本泰志(現広島)の決勝点で静岡学園高(静岡)を破った。FW佐相壱明(現長野)が3年生だった翌年は初戦敗退に終わったものの、18年大会では2回戦でV候補の青森山田を4-2、準々決勝で大津高(熊本)を2-1で破るなど2度目の3位に。大津戦で2ゴールのMF原田虹輝は活躍を認められて川崎F入りを果たしている。

 正智深谷高も13年大会で3位に。2度目の出場だった正智深谷は3回戦で鹿児島城西高(鹿児島)に5-0で快勝すると、星稜高(石川)との準々決勝でも現横浜FMのFWオナイウ阿道が2得点2アシストの活躍を見せて5-1で快勝した。だが、市立船橋高(千葉1)との準決勝ではPK戦でオナイウや2年生MF諸岡裕人(現福島)が決めたものの、10人目までもつれ込む死闘に末に9-10で惜敗。その後は激戦区・埼玉で全国出場をすることができていない。

 伝統校・浦和南高は18年大会で9年ぶりとなる出場を果たし、PK戦の末に1勝。同じく伝統校の浦和西高は17年大会初戦で東北学院高(宮城)を破っている。また、聖望学園高は初出場だった16年大会初戦で徳島市立高(徳島)相手に4-1で全国初勝利。浦和東高はFW菊池将太(現東京ユナイテッドFC)を擁した11年と14年大会に出場したが、いずれも初戦突破することはできず。10年大会に出場した伝統校・市立浦和高、15年大会で初出場した西武文理高はいずれも初戦で敗れている。

以下、10年以降のインターハイ埼玉県代表校成績 ※()内は出場回数

[2019年]
代表校:西武台高(11)
2回戦 0-4 高知高(高知)

[2018年]
第1代表校:昌平高(3)
1回戦 6-1 高知中央高(高知)
2回戦 4-2 青森山田高(青森)
3回戦 3-2 札幌大谷高(北海道1)
準々決勝 2-1 大津高(熊本)
準決勝 2-3 桐光学園高(神奈川2)

第2代表校:浦和南高(12)
1回戦 0-0(PK4-2)松本国際高(長野)
2回戦 0-3 東福岡高(福岡)

[2017年]
第1代表校:昌平高(2)
2回戦 1-2 日大藤沢高(神奈川2)

第2代表校:浦和西高(2)
1回戦 2-1 東北学院高(宮城2)
2回戦 0-5 京都橘高(京都)

[2016年]
第1代表校:昌平高(初)
1回戦 5-0 中津東高(大分)
2回戦 3-2 東福岡高(福岡)
3回戦 1-1(PK4-3)前橋商高(群馬)
準々決勝 1-0 静岡学園高(静岡)
準決勝 0-1 市立船橋高(千葉2)

第2代表校:聖望学園高(初)
1回戦 4-1 徳島市立高(徳島)
2回戦 2-2(PK5-6)鹿島学園高(茨城)

[2015年]
第1代表校:西武台高(10)
1回戦 3-2 中京大中京高(愛知1)
2回戦 1-2 米子北高(鳥取)

第2代表校:西武文理高(初)
1回戦 0-3 大分高(大分)

[2014年]
第1代表校:西武台高(9)
2回戦 3-0 帯広北高(北海道2)
3回戦 1-1(PK5-6)鹿児島実高(鹿児島)

第2代表校:浦和東高(8)
1回戦 0-5 大津高(熊本)

[2013年]
第1代表校:武南高(20)
2回戦 0-2 青森山田高(青森)

第2代表校:正智深谷高(2)
1回戦 2-2(PK5-4)北海道大谷室蘭高(北海道1)
2回戦 2-0 山形中央高(山形)
3回戦 5-0 鹿児島城西高(鹿児島)
準々決勝 5-1 星稜高(石川)
準決勝 0-0(PK9-10)市立船橋高(千葉1)

[2012年]
第1代表校:西武台高(8)
1回戦 3-0 札幌大谷高(北海道2)
2回戦 0-4 前橋商高(群馬)

第2代表校:武南高(19)
1回戦 5-1 近大和歌山高(和歌山)
2回戦 2-1 鹿児島城西高(鹿児島)
3回戦 3-2 青森山田高(青森)
準々決勝 2-0 桐光学園高(神奈川1)
準決勝 1-1(PK3-0)大阪桐蔭高(大阪1)
決勝 1-2 三浦学苑高(神奈川2)

[2011年]
第1代表校:浦和東高(7)
2回戦 2-3 初芝橋本高(和歌山)

第2代表校:武南高(18)
1回戦 1-0 青森山田高(青森)
2回戦 2-5 神村学園高(鹿児島)

[2010年]
第1代表校:西武台高(7)
1回戦 3-0 開志学園JSC高(新潟)
2回戦 1-0 尚志高(福島)
3回戦 3-1 矢板中央高(栃木)
準々決勝 1-0 米子北高(鳥取)
準決勝 0-4 滝川二高(兵庫)

第2代表校:市立浦和高(10)
1回戦 1-2 鹿児島城西高(鹿児島)

12年大会で武南高は決勝進出を果たした。(写真協力=高校サッカー年鑑)

16年大会、昌平高はMF針谷岳晃の活躍で東福岡高撃破。(写真協力=高校サッカー年鑑)

正智深谷高は13年大会で躍進。前線でチームを牽引したFWオナイウ阿道。(写真協力=高校サッカー年鑑)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020

コロナ禍で試されるクラブ経営「良いネタがあったら横展開を」

コロナ禍で試されるクラブ経営「良いネタがあったら横展開を」
 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は21日、2020年の第4回理事会を開催した。終了後、村井満チェアマンと木村正明専務理事がオンラインで記者会見を実施。これからますます対策が問われる各クラブの経営に関する見通しが明かされた。

 この日の理事会では、Jリーグ側が想定する経営リスクを提示し、クラブ代表者を含む理事らが反応する形で意見交換をした模様。クラブの4大収入が①スポンサー②チケット③グッズ④スクールにある中、最も大きい割合を占めるスポンサー収益について主に議論がかわされたようだ。

 木村理事によると、スポンサーとの関係性は単にスポンサー名を露出するだけでなく、ブランドステートメント、コンポジットロゴ、プロパティ利用、アクティベーション、チケットの分配などさまざまな形があるという。

 そうした中、今後は試合がなくても実施できる施策に注力する方針だ。木村専務理事は「各クラブが動画にチャレンジしているが、できるだけ企業名やスポンサー名が出る動画をつくっていく。そのあたりを今後、増やしていきたい。また良いネタがあったら横展開していくことが大切」と具体例を語った。

 また政府による税制上の支援についても洗い出しを進めているという。すでに観客がチケットの払い戻しを行わない場合、寄附金などでの税控除を受けられる制度の方向性が示されている中、木村専務理事は「サッカー界だけでなく、他のスポーツ団体、音楽も含めたエンタメ団体を含めて共有していく」と業界を超えた連携に意欲を示した。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「FIFA 20」のeスポーツ国際大会がスタート! 鹿島所属の日本代表ナスリが初戦快勝、この後すぐ岡崎慎司が第2戦へ

鹿島アントラーズに所属するサッカーe日本代表のWeb Nasri(ウェブ・ナスリ)
 サッカーゲーム「FIFA 20」を使用したeスポーツのチャリティー大会「StayAndPlay eFriendlies」が21日に開催された。日本はグループリーグ初戦でマレーシア代表と対戦し、第1戦はWeb Nasri(ウェブ・ナスリ/鹿島アントラーズ所属)が2ー0の勝利。ウエスカFW岡崎慎司の第2戦は同日午後8時35分に始まる。

 新型コロナウイルスの影響でサッカー大会が中止となっている現状。同大会は家の中でサッカーを楽しむという趣旨のもと、各国のサッカーe代表選手と現役のサッカー選手や著名人がタッグを組んで開催された。日本からは岡崎とサッカーe日本代表のナスリが参加。完全リモートの環境で大会に臨んだ。

 43か国・地域の選手が参加する同大会で、試合は第1戦はeスポーツ代表選手同士、第2戦は著名人同士で戦う。日本はグループリーグの初戦でマレーシア代表と対戦。第1戦のナスリは鹿島を操り、マレーシアはトッテナムを操作した。

 eワールドカップの出場経験も持つナスリは序盤から猛攻。前半9分にFW染野唯月のゴールで先制すると、同16分にも染野がクロスに合わせて追加点を奪った。試合はそのままナスリが支配し、2-0で試合終了。白星スタートを切った。

 ナスリは試合後のオンラインによるインタビューで「とりあえず1点を取れたのが本当によかった。気持ちが楽になりました」と安堵の表情を見せた。今月にはオンライントーナメント大会であるeJリーグを経験。「大会慣れというところで、eJリーグの経験が生きた」と手応えを語り、次戦の岡崎の試合について「昨日けっこう守備のアドバイスとかしたので、余裕で勝ってくれると思います」とエールを送った。
https://youtu.be/9cc9bDExcKg

@bookfun155 分野研究家

昇華プリントシャツは、グラデーションに染めることとかできてきれいなユニフォームが作れる反面、縫い合せシャツよりも高めになることが多い。 #フットサル#サッカー#ユニフォーム#グラデーション#カスタマイズ#高品質#着心地#保障#ロンヨン

Posted in 未分類

09年インハイ得点王、ランク上位は?前育エース、米北の2年生FW、流経戦5発の久御山FWが得点王に

FW西澤厚志(前橋育英高)は決勝でヘディングシュートを決めた。(写真協力=高校サッカー年鑑)
 ゲキサカでは過去のインターハイで活躍し、大会の得点王、得点ランキング上位に入った選手を紹介する(学年は当時)。平成21年度全国高校総合体育大会「2009近畿まほろば総体」(奈良)の大会得点王(6得点)には、FW西澤厚志(前橋育英高3年、→明治大)とFW谷尾昂也(米子北高2年、現八戸)、FW河面秀成(久御山高3年、→大阪体育大)の3人が輝いた。

 優勝校・前橋育英のエースFW西澤は、旭川実高(北海道1)との初戦で同点弾とと決勝ゴール。これで波に乗ると清水商高(静岡)戦で決勝点を決め、準々決勝(神戸科学技術高戦)、準決勝(大津高戦)ではいずれも先制点を叩き出した。そして、米子北との決勝でも後半にヘディング弾を決め、計6得点としている。準優勝校・米子北の前線でターゲット役となった2年生FW谷尾は、初戦(対水戸商高)で先制点を叩き出すと、3回戦以降のチームの全6得点中5得点を挙げた。そして、河面は浦和東高(埼玉1)との初戦で先制ヘッドを決めると、2回戦の流通経済大柏高(千葉2)戦で圧巻の5得点。前回優勝校相手に固め取りして得点王を獲得している。

 得点ラインキング4位には、3戦連発で開催県第1代表・一条高(奈良)を牽引したFW岡本一貴(3年)と3回戦(対奈良育英高)でハットトリックを達成したMF山崎凌吾(玉野光南高2年、現名古屋)が入った。そのほか、FW伊佐耕平(神戸科学技術高3年、現大分)、FW坂田良太(大津高3年、元栃木)らが上位に食い込んでいる。

【得点ランキング】
1位.6得点
西澤厚志(前橋育英高3年)
河面秀成(久御山高3年)
谷尾昂也(米子北高2年)
4位.4得点
岡本一貴(一条高3年)
山崎凌吾(玉野光南高2年)
6位.3得点
野間涼太(青森山田高3年)
上坂崇紘(草津東高3年)
伊佐耕平(神戸科学技術高3年)
一色優暢(佐賀東高3年)
坂田良太(大津高3年)

FW河面秀成(久御山高)は流経大柏戦で5ゴール。(写真協力=高校サッカー年鑑)

FW谷尾昂也米子北高の決勝進出に大きく貢献。(写真協力=高校サッカー年鑑)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020
●【特設】高校総体2009

09年インハイの優秀選手は?初V・前橋育英や米子北勢、森岡、柴崎、風間兄らが優秀選手に

初優勝の前橋育英高からは5選手が優秀選手に。(写真協力=高校サッカー年鑑)
 ゲキサカでは過去のインターハイで活躍し、優秀選手に選出された選手たちをピックアップ。2009年の平成21年度全国高校総合体育大会「2009近畿まほろば総体」(奈良)の優秀選手には30選手が選出された(学年は当時)。
 
 群馬県勢初の日本一に輝いた前橋育英高からは主将の小山真司(3年→東海大)と代田敦資(元長崎)の両CBと決勝で先制点のMF三浦雄介(元YS横浜)、大会得点王のFW西澤厚志(→明治大)、正確なキックの守護神・志村智久(現FC淡路島)の5選手が選ばれた。山陰勢・初の決勝進出、準優勝の米子北高(鳥取)からは大型FW谷尾昂也(2年、現八戸)と俊足FW山本大稀(3年、現アルテリーヴォ和歌山)の2トップと主将の10番MF大江創太(3年、→関西大)、強力ストッパー・昌子源(2年、現G大阪)が選出されている。

 また、3位に入った九州勢2校では大津高(熊本)の10番MF澤田崇(3年、現長崎)と大型MF松本大輝(3年、元甲府)、DF古賀鯨太朗(3年、元琉球)の3人、佐賀東高(佐賀)の注目エースストライカーFW赤崎秀平(3年、現仙台)やMF江頭駿主将(3年、→福岡大)ら4名が優秀選手に。また、ベスト8に入った地元・一条高(奈良)のGK小池洋平(3年、→同志社大)や現大分のFW伊佐耕平(神戸科学技術高3年)、琉球などでプレーしたMF福田恭大(玉野光南高3年)、合同チームながら躍進した中津工・東高(大分)FW増谷英之もリストに名を連ねている。

 そのほか、3回戦敗退ながらも高いスキルを発揮したMF森岡亮太(久御山高3年、現シャルルロワ)と同年度の選手権で準優勝しているMF柴崎岳(青森山田高2年、現デポルティボ)、元日本代表MF風間八宏氏を父に持つMF風間宏希(清水商高3年、現琉球)といった名手たちも優秀選手に名を連ねている。

09年大会優秀選手は以下のとおり

▽GK
志村智久(前橋育英高3年)
小池洋平(一条高3年)
山田健太(岐阜工高3年)
▽DF
小山真司(前橋育英高3年)
代田敦資(前橋育英高3年)
昌子源(米子北高2年)
上村誠(佐賀東高3年)
松山嵩(佐賀東高3年)
古賀鯨太朗(大津高3年)
本田拓也(岐阜工高3年)
松山周平(神村学園高3年)
▽MF
三浦雄介(前橋育英高3年)
大江創太(米子北高3年)
江頭駿(佐賀東高3年)
澤田崇(大津高3年)
松本大輝(大津高3年)
洞ヶ瀬太一(神戸科学技術高3年)
福田恭大(玉野光南高3年)
井上博貴(玉野光南高3年)
中城諒(一条高3年)
森岡亮太(久御山高3年)
柴崎岳(青森山田高2年)
佐藤文哉(桐蔭学園高3年)
風間宏希(清水商高3年)
▽FW
西澤厚志(前橋育英高3年)
谷尾昂也(米子北高2年)
山本大稀(米子北高3年)
赤崎秀平(佐賀東高3年)
伊佐耕平(神戸科学技術高3年)
増谷英之(中津工・東高3年)

MF森岡亮太(久御山高)はスキルの高さを発揮。(写真協力=高校サッカー年鑑)

MF柴崎岳(青森山田高)は下級生時から存在感。(写真は全日本ユース選手権)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020
●【特設】高校総体2009

ナスリ、岡崎出場の『FIFA20』チャリティー大会が名称変更…もうすぐマレーシア戦

日本代表としてeスポーツに参戦するFW岡崎慎司
 日本サッカー協会(JFA)は21日、同日から25日にかけて行われるeスポーツのチャリティー大会の名称が「FIFA eNations StayAndPlay Cup」から「StayAndPlay eFriendlies」に変更されたと発表した。国際サッカー連盟(FIFA)の公式大会ではなくなった。

 日本からはWeb Nasri(ウェブ・ナスリ)が日本代表として参加。またウエスカ所属のFW岡崎慎司が「JFA eスポーツアンバサダー」として出場する。

 対戦は『FIFA20』のオンラインモードで実施。2試合の合計スコアで争われ、第1戦はeスポーツ代表選手同士、第2戦は著名人同士で戦う。1試合は6分ハーフ。21日はマレーシア代表、22日はチャイニーズ・タイペイと対戦する。いずれも午後8時からYoutube公式チャンネル「JFA TV」(https://www.youtube.com/channel/UCgIeUSV91-FfmCayG4lSBcw)で配信される。

●海外組ガイド

Jリーグ参与に松崎康弘氏が就任、前JFA常務理事

 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は21日、第4回理事会を開催し、参与に松崎康弘氏を選任した。任期は2023年までの3年間。同氏は3月29日、日本サッカー協会(JFA)常務理事を任期満了で退任していた。

 元1級審判の松崎氏は1995〜2002年、Jリーグの主審を担当。2006年7月〜12年8月にはJFAの審判委員長を務め、Jリーグの理事にも就いていた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「3か月も家族に会えず…」武漢卓爾が故郷に帰還、駅ではサポーターが大挙し歓声

武漢駅に集まったサポーター
 中国超級リーグの武漢卓爾が18日夜、3か月ぶりに新型コロナウイルスの発生地である故郷・武漢市に戻った。アジアサッカー連盟(AFC)によると、到着駅では大勢のファンが盛大なチャントと歓声で出迎えたという。

 チームは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて今年1月、ホセ・ゴンザレス監督の母国スペインで合宿を実施。都市封鎖が続いたため帰国の見通しが立たず、3月まで現地に滞在していた。その後、スペインでも感染拡大が見られたため、ドイツ滞在を経て帰国。帰国後は深セン市で3週間の検疫を行い、仏山市でトレーニングを続けていた。

 クラブは公式SNSのWeiboで「3か月以上にわたって彷徨った後、ホームシックだった武漢卓爾のメンバーがようやく故郷に足を踏み入れた」と投稿。その上で「地元の選手たちは家族と3か月以上も会えず、ようやく再会することができた。家族のサポートと理解に大きな感謝を示したい」と伝えている。

ホームグロウン選手の人数が判明…最多C大阪16人、次点広島は半数超え15人

サンフレッチェ広島は半数以上がホームグロウン選手に該当
 Jリーグは21日、J1クラブのホームグロウン選手の人数を発表した。初回登録ウインドー最終日にあたる3月27日時点で2人以上保有することが義務付けられているが、今季は初めて全クラブが基準を満たした。

 ホームグロウン選手制は2019年に始まった生え抜き、アカデミー出身選手の優遇制度。12歳の誕生日から21歳の誕生日を迎える年度までの期間において、トップチームやアカデミーに990日間以上登録されていた選手が各クラブの「ホームグロウン選手」とされ、一定数の保有が義務付けられている。

 2019〜20年はJ1クラブが各2人で、J2・J3クラブは対象外。21年はJ1クラブが3人となり、22年からはJ2・J3クラブでもスタートする。22年はJ1クラブが4人、J2・J3クラブが1人。基準を守らなかった場合、翌シーズンのプロA契約選手枠が人数分だけ減らされるペナルティもある。昨季は松本山雅FCが不遵守だった。

 なお、最もホームグロウン選手が多いのはセレッソ大阪。U-23チームを保有するため通常より多い登録人数46人のうち16人が該当する。次点は15人のサンフレッチェ広島。登録人数は29人のため半数以上となった。最も少ないのは4人の大分トリニータ。全クラブの合計は昨季が合計159人だったが、今季は1人増えて160人となった。

J1クラブのホームグロウン選手の人数は以下のとおり

札幌 9人
仙台 6人
鹿島 11人
浦和 5人
柏 12人
FC東京 14人
川崎F 7人
横浜FM 6人
横浜FC 6人
湘南 5人
清水 12人
名古屋 5人
G大阪 12人
C大阪 16人
神戸 8人
広島 15人
鳥栖 7人
大分 4人

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

村井チェアマン、PCR検査に関して菅官房長官と意見交換「何か貢献できないか」

会見を行ったJリーグの村井満チェアマン(スクリーンショット)
 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は21日、2020年の第4回理事会を開催した。終了後、村井満チェアマンがオンラインで記者会見を行い、前日20日に菅義偉内閣官房長官と意見交換をしていたことを明かした。

 行動に至ったきっかけは、今月15日の臨時理事会後の記者会見で報道陣から「医療機関を支援する可能性はあるか?」と問われたこと。その際には「医療機関をどう守るかは国のテーマになる。Jリーグも何か力添えになれれば」と答えていたが、それから「何ができるかを自問自答していた」という。

 そうして20日、村井チェアマンは首相官邸に出向き、菅官房長官と顔を合わせることになった。「おこがましい話かもしれないが、国難と言われる新型コロナウイルスに対して奮闘している国に何か貢献できないか。その点でご助言をいただいた。現段階で具体的に何を言えるかは明確ではないが、いろんな角度からスポーツがどうあるべきかをご指導いただいた」。その際には一つの提案も行っていた。

 それは全国56クラブが拠点とするクラブハウスの活用だ。「シャワールームがあり、電話応対ができるオフィススペースを持っている。また大きな駐車場と人工芝も持っている」。村井チェアマンはそうした環境が新型コロナウイルスのPCR検査に適するのではないかという「仮定」を抱き、まずは「いかがでしょうか?」とニーズ確認から入ったという。

 それを受け、菅官房長官からは「大変ありがたい」と前向きな反応があった様子。村井チェアマンは「地域によって医療ニーズも違うし、行政が管理している施設もあるので一存ではできない。クラブとの合意もあればそういう余地がある」とも語っており、リーグ主導の方向性は否定したが、この日の理事会でも情報を共有したといい、さらなる動きに発展する可能性がありそうだ。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

闘莉王氏が次々にSNS開設! Youtubeに続きインスタも「みんな心一つに!」

昨季限りで現役を引退した田中マルクス闘莉王氏
 昨季限りで現役生活から引退した田中マルクス闘莉王氏が4月に入り、次々と公式SNSアカウントの公開を進めている。今月8日にはYoutubeチャンネル『闘莉王TV』を開設し、ブラジルから新型コロナウイルスの現状を開設。20日にはインスタグラム(tuliotv04)もスタートした。

 闘莉王氏は昨年12月1日、東京都内のホテルで引退会見を行い、19年間にわたる現役生活にピリオドを打つことを発表した。その後は母国のブラジルに帰国し、牧場経営などの事業を展開しながら家族との生活を楽しんでいるようだ。

 そうした中、現地からSNSで生の声を届ける試みをスタートした。Youtubeではすでに2つの動画を公開しており、新型コロナウイルスの世界的流行について日本とブラジルの違いなどを説明。「日本はコントロールできる。ブラジルはコントロールできない」と危機的な状況を明かしていた。

 またインスタグラムでは乗馬に勤しむ画像を投稿し、「みなさんお久しぶりです!」と挨拶。「YouTubeに続いて、ブラジルからインスタも始めます!新型コロナで大変な時期ですが、みんな心1つに!みんなで乗り越えましょう!たまにスタッフさんからの投稿もありますが、闘莉王TVとともに、こちらもよろしくお願いします!」と告知している。
この投稿をInstagramで見る

みなさんお久しぶりです! YouTubeに続いて、ブラジルからインスタも始めます! 新型コロナで大変な時期ですが、みんな心1つに! みんなで乗り越えましょう! たまにスタッフさんからの投稿もありますが、闘莉王TVとともに、こちらもよろしくお願いします! 闘莉王TVはプロフィールURLからアクセスできます! Força,Fé,Foco! Sejam bem-vindos ao meu Instagram!!! #闘莉王 #闘莉王TV #トゥーリオ #田中マルクス闘莉王 #サッカー日本代表 #サッカー #Jリーグ #サンフレッチェ広島 #水戸ホーリーホック #浦和レッズ #名古屋グランパス #京都サンガ #stayhome #おうちにいよう

闘莉王TV公式(@tuliotv04)がシェアした投稿 -



★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

闘莉王氏が次々にSNS開設! Youtubeに続きインスタも「みんな心一つに!」

昨季限りで現役を引退した田中マルクス闘莉王氏
 昨季限りで現役生活から引退した田中マルクス闘莉王氏が4月に入り、次々と公式SNSアカウントの公開を進めている。今月8日にはYoutubeチャンネル『闘莉王TV』を開設し、ブラジルから新型コロナウイルスの現状を開設。20日にはインスタグラム(tuliotv04)もスタートした。

 闘莉王氏は昨年12月1日、東京都内のホテルで引退会見を行い、19年間にわたる現役生活にピリオドを打つことを発表した。その後は母国のブラジルに帰国し、牧場経営などの事業を展開しながら家族との生活を楽しんでいるようだ。

 そうした中、現地からSNSで生の声を届ける試みをスタートした。Youtubeではすでに2つの動画を公開しており、新型コロナウイルスの世界的流行について日本とブラジルの違いなどを説明。「日本はコントロールできる。ブラジルはコントロールできない」と危機的な状況を明かしていた。

 またインスタグラムでは乗馬に勤しむ画像を投稿し、「みなさんお久しぶりです!」と挨拶。「YouTubeに続いて、ブラジルからインスタも始めます!新型コロナで大変な時期ですが、みんな心1つに!みんなで乗り越えましょう!たまにスタッフさんからの投稿もありますが、闘莉王TVとともに、こちらもよろしくお願いします!」と告知している。
この投稿をInstagramで見る

みなさんお久しぶりです! YouTubeに続いて、ブラジルからインスタも始めます! 新型コロナで大変な時期ですが、みんな心1つに! みんなで乗り越えましょう! たまにスタッフさんからの投稿もありますが、闘莉王TVとともに、こちらもよろしくお願いします! 闘莉王TVはプロフィールURLからアクセスできます! Força,Fé,Foco! Sejam bem-vindos ao meu Instagram!!! #闘莉王 #闘莉王TV #トゥーリオ #田中マルクス闘莉王 #サッカー日本代表 #サッカー #Jリーグ #サンフレッチェ広島 #水戸ホーリーホック #浦和レッズ #名古屋グランパス #京都サンガ #stayhome #おうちにいよう

闘莉王TV公式(@tuliotv04)がシェアした投稿 -



★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

小中学生の質問を大募集! Jリーグが緊急企画「原おじさんの子ども電話相談」実施へ

Jリーグの原博実副理事長
 Jリーグは21日、原博実副理事長が小中学生の疑問に答える緊急企画「Stay Home, 原おじさんの子ども電話相談」を実施すると発表した。今月29日(水・祝)午前、公式Youtubeチャンネルでその模様が生配信されるという。

 原副理事長は新型コロナウイルスの世界的流行により公式戦が中断している間、公式Youtubeチャンネル「JリーグTV」にたびたび出演中。再開に向けたJリーグの決定事項を分かりやすく伝えているほか、クイズ企画や選手との対談企画など、さまざまな形でリーグの露出を図っている。

 今回は在宅生活が続いている子どもたちに向けた緊急企画。相談の内容は「サッカーに関するものであればどんな内容でもだいじょうぶ」といい、専用のお問い合わせフォーム(https://www.jleague.jp/form/support/)で質問を募集している。質問が採用された人には後日、Jリーグ側から連絡が行われ、配信時間に生電話で出演する。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

サッカー選手のうつ病が急増中…国際プロ選手会が調査

サッカー選手のうつ病が急増中…国際プロ選手会が調査
 国際プロサッカー選手会(FIFPro)は20日、新型コロナウイルスの世界的流行に伴い、うつ病の症状を報告しているサッカー選手が2倍に達したと発表した。各国政府の外出規制によって自宅でのトレーニングを強いられる中、選手のメンタル面にも大きな影響をきたしているようだ。

 FIFProは3月22日から4月14日にかけて、1602人のプロサッカー選手に調査を実施。女性プレーヤー468人のうち22%、男性プレーヤー1134人のうち13%がうつ病の診断と同様の症状を報告明日という。

 プロサッカー選手は多くの場合、一般の労働者に比べて高額な報酬を受け取っている一方、契約期間は平均2年未満となっているため、将来への不安も大きいとされる。また母国を離れて暮らす選手も多いことから、異国でストレスと向き合う難しさも指摘されている。

 FIFProの医療最高責任者を務めるビンセント・グットバージ氏は「サッカーでは若い男性、女性アスリートが社会的孤立、仕事の中断、将来への不安に対処しなければならない」とした上で「これらの変化に立ち向かう準備が整えられない者もいる。信頼できる人、またはメンタルヘルスの専門家に助言を求めることを勧める」と注意を呼びかけている。

 またFIFProは今月上旬、精神面をコントロールするための助言を発表している。選手たちには①健康的なライフスタイル、とくに睡眠と栄養を保つこと②ルーティーンを守ること③十分な身体活動を維持すること④つながりを保つこと⑤しっかり休むこと⑥メンタルゲームに取り組むこと⑦破滅的な考えを打破すること⑧最新の情報を入手すること—の8点を求めている。

「好きじゃない」今まで〇〇できなかったクロップ、隔離生活中にマスター

ユルゲン・クロップ監督が目標を達成
 リバプールが21日、日本語版公式ツイッター(@LFCJapan)でユルゲン・クロップ監督が“目標”を達成したことを報告した。

 現在プレミアリーグは新型コロナウイルスの影響で中断し、選手やスタッフは自宅で過ごしている。クラブはツイッターで「隔離生活中にネクタイを結べるようになることを目標にしていたクロップ監督」と紹介し、「先週、その目標を達成」と明かした。

 併せて投稿された動画でクロップ監督は丁寧にネクタイを結び、完成させると両手をポケットに入れてキメ顔でポーズ。カメラが近づくと、笑顔で踊りだしていた。

 クロップ監督は試合中の“戦闘服”としてスーツよりもジャージを好み、大きなジェスチャーで選手に指示を飛ばす姿がお馴染みとなっている。

 以前、スーツを着ない理由について英『トーク・スポーツ』などで「結婚式、葬式用のスーツは持っているよ。スーツを着なければいけないときのためにね。でも、あまり好きじゃない。着る理由がないね。気持ちが落ち着かないし、ちゃんと呼吸もできない」と語っていた。



●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

D・シルバ、古巣バレンシアと交渉も問題が複雑化

バレンシア復帰が噂されるMFダビド・シルバ
 マンチェスター・シティの元スペイン代表MFダビド・シルバに対し、古巣のバレンシアが獲得に動いているようだ。

 現在34歳のD・シルバは今季限りでシティを退団することを表明している。アメリカ『ESPN』によると、古巣バレンシアが同選手にアプローチをかけ、新しいプロジェクトに携わってほしいと持ちかけているという。

 D・シルバは2010年6月にバレンシアを離れ、3300万ユーロ(約38億4100万円)でシティに移籍した。10シーズンで400試合以上に出場し、4度のプレミアリーグ制覇、2度のFAカップ優勝など数々のタイトル獲得に貢献している。

 シティとの契約は今年6月30日までとなっているが、新型コロナウイルスの影響でバレンシアとの交渉は複雑化しているようだ。プレミアリーグやUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)が7月以降に再開される場合、シーズンが終わるまでシティと短期間の契約延長を行う可能性があるという。

 一方、バレンシアもパンデミックによる経済的な問題で選手やスタッフの減給を行っており、D・シルバの給与を準備できるか不安視されている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

川淵三郎氏に再び悲劇「コロナでまた親しい友人を失った」

友人が亡くなったことを明かした川淵三郎氏
 Jリーグ初代チェアマンで現在は日本トップリーグ連携機構会長などを務める川淵三郎氏(83)が21日、自身のツイッター(@jtl_President)を更新し、新型コロナウイルスで再び友人が亡くなったことを明かした。

 ツイッターで「コロナでまた親しい友人を失った」と書き出した川淵氏は「京都商工会議所前会頭でオムロンをここまでの大企業に育て上げられた立石義雄さん。顔がそっくりなところから義雄ちゃん、兄さんと呼び合い兄弟舟を唄った仲」と友人との思い出を回顧。続けて「お別れにも行けない。仲睦まじい奥様はじめご家族の気持ちを考えればお慰めの適切な言葉が浮かんでこない」と苦しい胸の内を語っている。

 川淵氏は今月10日にも「30年来の親しい友人がコロナウイルスで亡くなった」と報告していた。

「早く会いたい」清水ティーラシンに第ニ子誕生

タイ代表でもプレーする清水FWティーラシン・デーンダー
 清水エスパルスは21日、タイ代表FWティーラシン・デーンダー(31)の第ニ子となる男の子が20日に誕生したことを発表した。

 ティーラシンはクラブ公式サイトを通じ、「二人目の子供が無事に生まれてきてくれました。とても嬉しく、ワクワクしています。近くにいることができなかったので、少し心配でしたが、妻が頑張ってくれて、二人とも元気で安心しました。早く会えることを願っています」と喜びを語っている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

香川真司が自ら発案の“1対2”トークセッション実施「しっかりと話を聞きたい」

MF香川真司がトークセッションを実施
 株式会社『UDN SPORTS』は20日、同社の所属選手であるMF香川真司が自ら発案した子供たちのトークセッション『Kids Talk with Shinji Kagawa』を実施することを発表した。

 開催期間は22日から26日までの5日間で、時間はそれぞれ18時30分から19時までの30分間。参加者は小学1年生から高校3年生までとなり、抽選によって選ばれる。各回2名で参加者は計10名。トークセッションはパソコンやスマートフォンを利用したオンラインミーティング形式となっている。

 同社は今回の企画について「コロナ禍の影響で日本だけでなく世界が緊急事態となっている状況下で、アスリートとしてできることがないかという問いに対して、休校や外出の抑制による不自由を余儀なくされている子供たちと直接コミュニケーションを取りたいという香川真司選手の発案を受け、実施することになりました」と説明した。

 また、トークセッションは所属選手らの“応援してくれるサポーターやファン、そして自分を支えてきてくれた社会に恩返しをしたい”という想いを受け、2019年に立ち上げた『UDN Foundation』の活動の一環として実施されるという。

 これに際して香川は「僕もコロナの影響で思うようにサッカーが出来ない状況の中で、アスリートとして出来ることは何かということを考え続けていました。SNSを通じたメッセージの発信や、ライブ配信も行ってきましたが、同時にまだ出来ることはあるはずだという気持ちがあります。まずは自宅待機で外にでれない子供たちと直接話をする事で、子供達へ何か力になれるのでないか?とこの企画を実施させてもらう事になりました。しっかりと話を聞きたいので、敢えて1対2の形式で実施しようと思います。ぜひ応募してください!」とコメントを寄せた。

以下、『Kids Talk with Shinji Kagawa』実施概要

▽開催日
2020年4月22日(水)〜26日(日)の5日間

▽開催時間
18:30〜19:00(30分)

▽開催形式
パソコンもしくはスマートフォンを利用したオンラインミーティング形式

▽参加者
小学1年生から高校3年生まで(各回2名の計10名)

▽応募方法
専用フォーム(https://bit.ly/2RPhwZJ)による応募者の中から抽選
※“UDN Foundation サポーター”への登録が必要

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

香川真司が自ら発案の“1対2”トークセッション実施「しっかりと話を聞きたい」

MF香川真司がトークセッションを実施
 株式会社『UDN SPORTS』は20日、同社の所属選手であるMF香川真司が自ら発案した子供たちのトークセッション『Kids Talk with Shinji Kagawa』を実施することを発表した。

 開催期間は22日から26日までの5日間で、時間はそれぞれ18時30分から19時までの30分間。参加者は小学1年生から高校3年生までとなり、抽選によって選ばれる。各回2名で参加者は計10名。トークセッションはパソコンやスマートフォンを利用したオンラインミーティング形式となっている。

 同社は今回の企画について「コロナ禍の影響で日本だけでなく世界が緊急事態となっている状況下で、アスリートとしてできることがないかという問いに対して、休校や外出の抑制による不自由を余儀なくされている子供たちと直接コミュニケーションを取りたいという香川真司選手の発案を受け、実施することになりました」と説明した。

 また、トークセッションは所属選手らの“応援してくれるサポーターやファン、そして自分を支えてきてくれた社会に恩返しをしたい”という想いを受け、2019年に立ち上げた『UDN Foundation』の活動の一環として実施されるという。

 これに際して香川は「僕もコロナの影響で思うようにサッカーが出来ない状況の中で、アスリートとして出来ることは何かということを考え続けていました。SNSを通じたメッセージの発信や、ライブ配信も行ってきましたが、同時にまだ出来ることはあるはずだという気持ちがあります。まずは自宅待機で外にでれない子供たちと直接話をする事で、子供達へ何か力になれるのでないか?とこの企画を実施させてもらう事になりました。しっかりと話を聞きたいので、敢えて1対2の形式で実施しようと思います。ぜひ応募してください!」とコメントを寄せた。

以下、『Kids Talk with Shinji Kagawa』実施概要

▽開催日
2020年4月22日(水)〜26日(日)の5日間

▽開催時間
18:30〜19:00(30分)

▽開催形式
パソコンもしくはスマートフォンを利用したオンラインミーティング形式

▽参加者
小学1年生から高校3年生まで(各回2名の計10名)

▽応募方法
専用フォーム(https://bit.ly/2RPhwZJ)による応募者の中から抽選
※“UDN Foundation サポーター”への登録が必要

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

再開時期は未定…富山がトップチーム全体練習を中止

 カターレ富山は21日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、トップチームの当面の全体練習を中止することを発表した。

 対象はトップチームの選手、監督、コーチングスタッフ、チームスタッフ。休止期間は本日21日からとなり、再開時期については決定次第、発表するとしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

再開時期は未定…富山がトップチーム全体練習を中止

 カターレ富山は21日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、トップチームの当面の全体練習を中止することを発表した。

 対象はトップチームの選手、監督、コーチングスタッフ、チームスタッフ。休止期間は本日21日からとなり、再開時期については決定次第、発表するとしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

“ドイツ逆輸入”の鳥取GK福留が左小指基節骨骨折…復帰見込みは3か月

[故障者情報]

 ガイナーレ鳥取は21日、GK福留健吾が左小指基節骨骨折により、復帰まで3か月の見込みと診断されたことを発表した。今月4日の練習中に負傷したという。

 鳥取県出身の福留は関西大卒業後にドイツへ渡り、下部リーグのクラブなどでプレー。その後、水戸、沼津、新潟シンガポールを経て、今季から鳥取に加入していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

持病と闘いながらプレーする神戸サンペール「サッカーをするのはかなり難しいと言われた」

病気について語ったMFセルジ・サンペール
 ヴィッセル神戸のスペイン人MFセルジ・サンペールがインスタグラムのライブ配信で自身の糖尿病について語った。地元カタルーニャの『TV3』が報じている。

 元バルセロナのサンペールは、レアル・マドリーからレバンテに期限付き移籍中のFWボルハ・マジョラルとともにインスタグラムのライブ配信を実施。糖尿病と診断されたのは下部組織時代だったという。「サッカーをするのはかなり難しい」と言われたことを明かしている。

 そうした苦悩を抱える中で出会ったのが、同じ病気を持つマジョラルだった。2人は年代別のスペイン代表でともに糖尿病であることを知り、互いに「孤独を感じなくなった」と振り返っている。

 また、当時はチームメイトの前でインスリンを注入することを恥ずかしく感じ、トイレに閉じこもることも多かったというが、今では問題なく行っているようだ。

 サンペールとマジョラルは糖尿病を抱える人々に対し、「あなたがたとえ糖尿病であっても、全てのことを行うことができる」と励ましのメッセージを送った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

広島、トップチーム活動休止期間を5月6日まで延長

広島を率いる城福浩監督
 サンフレッチェ広島は21日、トップチームの活動休止期間を5月6日まで延長することを発表した。

 クラブは当初、新型コロナウイルス感染予防対策および拡散防止のため、トップチームの活動を今月14日から2週間程度休止すると発表。しかし、政府から日本全国へ発令された緊急事態宣言などを踏まえ、5月6日まで休止期間を延長することに決まった。

 なお、5月7日以降の活動については、状況を考慮しながら対応を協議。活動休止期間に変更がある場合は決定次第、発表するとしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

山口がトップチームの活動休止期間を延長

山口が活動休止期間を延長
 レノファ山口FCは21日、トップチームの活動休止期間を延長することを発表した。

 これは新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大されたことを受けたもので、新たな活動休止期間は5月6日までとなっている。また、今月22日から5月6日まで事務所を休業することも併せて報告した。

 クラブは公式サイト上で「皆様にはご不便をお掛けいたしますが、感染拡大防止のため、ご理解とご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

ベルギー2部ロケレンが破産宣告…所属する日本人2選手らの給与も未払い

横浜FMからレンタル中のMF天野純
 ベルギー・リーグ2部のロケレンが同国の裁判所から破産宣告を受けたことが分かった。ベルギー『HLN』が20日に報じている。

 同メディアによると、負債額は500万ユーロ(約5億8400万円)。選手やスタッフへの給与も未払いとなっている。ルイス・デ・ブリーズ会長は裁判所の決定に対し、上訴しないことを表明。現在はVWハンメとの合併に関する協議を行っているという。

 ロケレンは1923年に創設され、過去にベルギー・カップで2度優勝。今季はMF天野純が横浜FMから期限付き移籍で、DF小池龍太が柏から完全移籍で加入していた。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集

バルサ残留?移籍? メッシの本音を聞いたセスク「彼は絶対にそうする」…自身の後悔も明かす

メッシのバルサ残留を確信するMFセスク・ファブレガス
 モナコのMFセスク・ファブレガスは、元チームメイトのFWリオネル・メッシがバルセロナで現役生活を終えることに自信を持っているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。

 メッシとバルセロナの間には、毎シーズン終了後に本人が希望すれば契約を解除できる条項がある。現行の契約終了が2021年に迫る中、延長交渉が進展しないこともあり、今夏の移籍の可能性が浮上していた。

 しかしメッシと3年間プレーし、休暇中も一緒に過ごす仲のセスクは、スペイン『カデナコープ』のインタビューで退団の噂を否定している。

「メッシと話をしたけど、彼の考えはいつもバルセロナでキャリアを終えることだ。クラブではたくさんのことが起こる可能性がある。でも、僕は彼がバルセロナでキャリアを終えることを完全に確信しているよ」

 現在は他の選手たちと同様に、自宅待機となっているセスク。インタビューで「ここには一戸建ての家が少なく、マンションに住んでいる。僕のトレーニングの場所はバルコニーなんだ。そこには自転車、ランニングマシン、クラブから提供された筋トレマシンを置いている」と、一軒家に住んでいなかったことの後悔も打ち明けた。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

コロナ禍で今月3人目! バイエルンが19歳デイビスと2025年6月まで契約延長

MFアルフォンソ・デイビスが契約延長
 バイエルンは20日、カナダ代表MFアルフォンソ・デイビスとの契約を2025年6月30日まで延長することで同意に至ったと発表した。

 現在19歳のデイビスは、アメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスから2019年1月に正式加入。左サイドバックとして定位置をつかみ、今季は公式戦31試合の出場で1ゴール8アシストを記録している。昨季はリーグとDFBポカールの2冠達成を経験したほか、セカンドチームの一員として3部リーグ昇格に貢献した。カナダ代表としては2017年に16歳でデビューを果たし、これまで国際Aマッチ通算17試合に出場して5得点を挙げている。

 契約延長に際してクラブ公式サイトを通じ、「とても幸せだ。バイエルンは世界でも最高のクラブの1つで、僕にとってここでプレーするという夢が現実になった。ここでは初日から居心地の良さを感じた。このクラブとともに可能な限り多くのタイトルを獲得したい。常に全てに勝利しようとするメンタリティーはバイエルンのDNAだ」とコメントした。

 新型コロナウイルスの影響でリーグが中断する中、バイエルンは4月3日にハンジ・フリック監督、同7日にFWトーマス・ミュラーとの契約延長を発表。デイビスは今月3人目となった。

 カール・ハインツ・ルンメニゲ会長は先日、ドイツ『シュポルト・ビルト』で契約延長交渉と新型コロナウイルスによる経済危機は関係ないことを強調。「この状況を利用し、優れた選手たちの価値を下げたくはない。全ての選手は、バイエルンがとても堅実で信頼性の高い雇用主であることも知っていると思う」と語っていた。

●ブンデスリーガ2019-20特集

アルゼンチンの24歳DFが告白「2度も自殺を考えた」

過去の困難を打ち明けたDFエマヌエル・マンマナ
 ゼニトのアルゼンチン人DFエマヌエル・マンマナがアルゼンチン『オレ』のインタビューで少年時代の辛い経験を明かした。

 現在24歳のマンマナは母国クラブのリバープレートで頭角を現し、2016年7月にフランスのリヨン、2017年7月にロシアのゼニトに移籍。アルゼンチンの新星の1人とされ、2018年のロシアW杯行きも期待されていた中、同年3月に負った前十字靭帯損傷の大怪我で出場を逃した。

 選手として大きな失望を味わうことになったが、マンマナはインタビューで過去を振り返り、少年時代にも辛い経験があったことを告白している。

 同選手は6歳で母親を亡くし、15歳の時には父親も亡くしていた。サッカーを辞め、自殺を考えるほどショックは大きかったという。

「母を亡くしたこともあり、父の死後は全てを投げ捨てたくなった。サッカーを諦めようかと思ったし、自殺しようという狂気が2度も頭をよぎった。とても、とても困難だったよ」

 この悲劇的な状況から立ち直ることができたのは、当時所属していたリバープレートからの支援のおかげだった。

「下宿先にいた時、クラブが100%のサポートをしてくれた。葬儀にはチームメイトたちがみんな挨拶に来てくれたんだ」

 さらに両親から受けていた愛情も、サッカーを辞めることを踏みとどまらせたという。

「家では、彼らが僕のために一生懸命戦ってくれていたことに気づいた。悲しみで全てを捨てることはできなかった。1部リーグでプレーするという父の夢を叶えなければならなかった」

「僕にサッカーをさせるために父が努力したことを考えると、僕は前を向き、夢を実現しなければならないことを理解した。僕のためにも、父のためにもね」

 マンマナは昨年10月に同じ前十字靭帯を負傷し、再び長期離脱を強いられている。それでも「父や母の死に比べると問題にならない」とし、「怪我は困難だけど、回復させるよ」と復活を誓った。

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信

[4月21日 今日のバースデー]

Japan
GKビクトル(相模原、1989、スペイン)*シュートへの反応が良く、守備範囲も広いJ3屈指のGK。
FWドゥドゥ(甲府、1990、ブラジル)*フィジカルが強く、迫力満点のドリブルが持ち味。
MF富所悠(琉球、1990)*東京Vユース出身。柔らかいボールタッチをいかしたテクニック、突破力に優れるアタッカー。
MF森勇人(水戸、1995)*5歳から名古屋アカデミーでプレーしていたMF。技術が高い。
GK金子優希(八戸、1996)*鹿島学園高時代には選手権出場経験を持つGK。ライバルは鹿島ジュニアユース時代のチームメートFW鈴木優磨。
MF川上エドオジョン智慧(徳島、1998)*浦和ユース出身で鋭いドリブルが武器のアタッカー。
FW佐藤颯汰(北九州、1999)*18年に日章学園高から加入したアタッカー。軽やかなドリブルとパンチ力が武器。
GK吉川直輝(G大阪、2002)*G大阪ユース所属の2種登録選手。まずはU-23
デビューを目指す。
DF當麻颯(G大阪、2002)*G大阪ユース所属の2種登録選手。2019年にJ3リーグ9試合に出場した。

World
MFイスコ(R・マドリー、1992、スペイン)*類稀なるテクニックが魅力で、精密なプレーを見せるMF。体は大きくないがキープ力も高い。

Former
MFトニーニョ・セレーゾ(元ローマほか、1955、ブラジル)*ブラジル代表でジーコ氏らと「黄金のカルテット」を形成した。元鹿島監督。
DFトーマス・ヘルマー(元バイエルンほか、1965、ドイツ)*元ドイツ代表。強靭な体を生かした守備が特長だった。

Others
輪島功一(ボクシング、1943)
今井雅之(俳優、1961)
安田美沙子(タレント、1982)
HIKAKIN(YouTuber、1989)
朝日奈央(元アイドリング!!!:アイドル、1994)
高木紗友希(Juice=Juice:アイドル、1997)

C・ロナウド、今では考えられない17歳デビュー戦の珍事

S・リスボン時代のFWクリスティアーノ・ロナウド
 今や地球上でユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを知らない者はほとんどいないだろう。インスタグラムの個人アカウントのフォロワー数は世界1位を誇り、今年1月には人類史上初の2億人超えを達成した。しかし、どんなスーパースターも最初から有名だったわけではない。

 スペイン『マルカ』が取り上げたのは、2002年8月3日に行われたプレシーズンマッチのスポルティング・リスボン対ベティスでの出来事だ。C・ロナウドは当時17歳。S・リスボンの28番を着けてトップチームデビューを果たすと、スピードを生かした突破から鮮烈なゴールを決め、チームを2-1の勝利に導いた。

 のちに世界中のサッカーファンを熱狂させることになる男の伝説の1ページ目だったが、得点後にスペインの生中継で呼ばれた名前は「カストディオ」。C・ロナウドの情報はあまり知られておらず、実況者が別の選手と間違えてしまったようだ。

 あるツイッターのユーザーが最近この動画を投稿したところ、再び大きな反響を呼んでいると同紙は伝えている。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中