イニエスタはそろそろ日本を離れる?「終焉を見据えている」と米紙が報道

アンドレス・イニエスタ
 ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがバルセロナに復帰するため、日本でのキャリアの終焉を見据えていると米紙『ニューヨーク・タイムズ』が報じた。

 バルセロナの下部組織で育ったイニエスタは、2002年のトップデビューから同クラブ一筋でプレー。9度のリーガ・エスパニョーラ制覇、4度のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)制覇など数々の偉業を成し遂げると、22年間過ごしたバルセロナを離れ、18年夏に神戸に電撃移籍。11日で36歳となる希代のファンタジスタは、衰え知らずのテクニックと経験値をもたらし、日本サッカー界を盛り上げている。

 日本での引退を公言してきたイニエスタはJリーグを去った後のキャリアについて、以前からバルサ復帰を切望してきた。その時期は「まだまだ先の話だ」と語っていたが、『ニューヨーク・タイムズ』は「6500マイル離れた日本で、内紛に悩まされているクラブに戻ることを望んでいる」と伝えている。

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとエリック・アビダルSDが対立し、選手と経営陣の内紛が勃発。1か月前にはバルサ幹部6人が辞任し、エミリ・ルソー副会長選手がクラブ内部の横領を告発していた。クラブは汚職疑惑を否定している。

 記事によると、イニエスタは長期にわたる内紛がバルサの評判を低下させ、ピッチ上にも悪い影響が出ることを危惧。妻と4人の子供たちと暮らす日本の自宅でインタビューに応じ、「サッカー以外の問題が起きた場合、その状況はなかなか終わらない。ピッチ外の問題が害を及ぼす可能性もある」と語っている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

【動画】自宅でできるコバトレ12_レベル3[連動性]足上げ足伸ばし

 木場克己氏は長友佑都や久保建英ら多くのサッカー選手やアスリートのパーソナルトレーナーとして知られている。木場氏は「体幹トレーニングはあらゆるスポーツ選手が取り組むべきだし、10代のうちから続ければフィジカルは向上するし、ケガの予防にもなる」とコバトレをすすめている。

 4種目をセットで行うトレーニングのレベル3。最後は「足上げ足伸ばし」をやってみよう。

■レベル3「足上げ足伸ばし」で身につく能力
シュート力 ★★☆ 
アジリティ ★★☆
ケガ耐性 ★★☆ 
バランス ★★★ 
フィジカル ★★★

■回数
片足10回ずつ✕2セット

■トレーニングの頻度
週3回

 トレーニングのくわしい説明、長友佑都や久保建英たちがどのようなトレーニングをしてきたのかをまとめた『実践!体幹バランストレーニング』が全国のセブンイレブンで5月12日に発売!(一部店舗を除く)


<書籍概要>
■書名:実践!体幹バランストレーニング
■著者:木場克己
■発売日:2020年5月12日
■価格:600円(税別)
■発行元:プレジデント社


(動画監修:木場克己)
(動画協力:プレジデント社)

【動画】自宅でできるコバトレ11_レベル3[バランス]引き上げバランス

 木場克己氏は長友佑都や久保建英ら多くのサッカー選手やアスリートのパーソナルトレーナーとして知られている。木場氏は「体幹トレーニングはあらゆるスポーツ選手が取り組むべきだし、10代のうちから続ければフィジカルは向上するし、ケガの予防にもなる」とコバトレをすすめている。

 4種目をセットで行うトレーニングのレベル3。「引き上げバランス」が3番目のトレーニングだ。

■レベル3「引き上げバランス」で身につく能力
シュート力 ★★☆ 
アジリティ ★☆☆
ケガ耐性 ★★☆ 
バランス ★★☆ 
フィジカル ★★☆

■回数
片足10回ずつ✕2セット

■トレーニングの頻度
週3回

 トレーニングのくわしい説明、長友佑都や久保建英たちがどのようなトレーニングをしてきたのかをまとめた『実践!体幹バランストレーニング』が全国のセブンイレブンで5月12日に発売!(一部店舗を除く)


<書籍概要>
■書名:実践!体幹バランストレーニング
■著者:木場克己
■発売日:2020年5月12日
■価格:600円(税別)
■発行元:プレジデント社


(動画監修:木場克己)
(動画協力:プレジデント社)

【動画】自宅でできるコバトレ10_レベル3[安定性]シングルヒップアップ

 木場克己氏は長友佑都や久保建英ら多くのサッカー選手やアスリートのパーソナルトレーナーとして知られている。木場氏は「体幹トレーニングはあらゆるスポーツ選手が取り組むべきだし、10代のうちから続ければフィジカルは向上するし、ケガの予防にもなる」とコバトレをすすめている。

 4種目をセットで行うトレーニングのレベル3。2番目は「シングルヒップアップ」に取り組もう。

■レベル3「シングルヒップアップ」で身につく能力
シュート力 ★★☆ 
アジリティ ★☆☆
ケガ耐性 ★★☆ 
バランス ★★★ 
フィジカル ★★☆

■回数
片足5回ずつ✕2セット

■トレーニングの頻度
週3回

 トレーニングのくわしい説明、長友佑都や久保建英たちがどのようなトレーニングをしてきたのかをまとめた『実践!体幹バランストレーニング』が全国のセブンイレブンで5月12日に発売!(一部店舗を除く)


<書籍概要>
■書名:実践!体幹バランストレーニング
■著者:木場克己
■発売日:2020年5月12日
■価格:600円(税別)
■発行元:プレジデント社


(動画監修:木場克己)
(動画協力:プレジデント社)

【動画】自宅でできるコバトレ9_レベル3[柔軟性]腸腰筋ストレッチ

 木場克己氏は長友佑都や久保建英ら多くのサッカー選手やアスリートのパーソナルトレーナーとして知られている。木場氏は「体幹トレーニングはあらゆるスポーツ選手が取り組むべきだし、10代のうちから続ければフィジカルは向上するし、ケガの予防にもなる」とコバトレをすすめている。

 4種目をセットで行うトレーニングのレベル3。まずは「腸腰筋(ちょうようきん)ストレッチ」だ。

■レベル3「腸腰筋ストレッチ」で身につく能力
シュート力 ★★☆ 
アジリティ ★☆☆
ケガ耐性 ★★★ 
バランス ★☆☆ 
フィジカル ★☆☆

■回数
片側10秒ずつ✕2セット

■トレーニングの頻度
週3回

 トレーニングのくわしい説明、長友佑都や久保建英たちがどのようなトレーニングをしてきたのかをまとめた『実践!体幹バランストレーニング』が全国のセブンイレブンで5月12日に発売!(一部店舗を除く)


<書籍概要>
■書名:実践!体幹バランストレーニング
■著者:木場克己
■発売日:2020年5月12日
■価格:600円(税別)
■発行元:プレジデント社


(動画監修:木場克己)
(動画協力:プレジデント社)

自転車泥棒に暴行されアルゼンチンのレジェンドが死去…マラドーナが追悼

マラドーナのインスタグラム
 アルゼンチンサッカー界のレジェンド、トマス・カルロビッチ氏が自転車泥棒に襲われ、74歳で死去したことが分かった。英『サン』が報じている。

 カルロビッチ氏は6日、米ニューメキシコ州サンタフェで自転車を盗まれ、激しく殴打された。頭部打撲で昏睡状態に陥り、8日に息を引き取ることになった。同氏はマラドーナ氏の憧れの存在で、過去に「世界最高の選手はロザリオでプレーしたことがあって、名前はカルロビッチだ」とコメントしていた。

 ディエゴ・マラドーナ氏は自身のインスタグラム(@maradona)に2ショット写真を投稿し、「信じられない、少し前に会ったばかりなのに、あなたは逝ってしまった。心よりお悔やみ申し上げます」と追悼。

 カルロビッチ氏はロザリオ・セントラルやフランドリア、CSインデペンディエンテ・リバダビアなどでプレーした。

●海外組ガイド
●フランス・リーグアン2019-20特集
●酒井の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

シントトロイデンとJリーガーが「FIFA20」で対戦! 鈴木優磨&伊藤達哉vs大分DF三竿&岩田、札幌FW菅の結果は…

シントトロイデン所属選手とJリーガーが「FIFA 20」で対戦
 ベルギー1部のシントトロイデン所属のFW鈴木優磨、FW伊藤達哉が9日、サッカーゲーム『FIFA20』でJリーガーに戦いを挑んだ。

 シントトロイデンは『DMM.com』が主催する『e-Stadium at home DMMゴールデンマッチ』に参戦。同クラブと提携する北海道コンサドーレ札幌大分トリニータアビスパ福岡ファジアーノ岡山の選手とオンライン上で対戦を行っていく。9日の初日では鈴木と大分DF三竿雄斗、伊藤と大分DF岩田智輝、伊藤と札幌FW菅大輝が実現した。

 第1試合の鈴木はゲーム内の鈴木が2得点を奪い、2-1で勝利。鈴木は試合後のインタビューで「鈴木があっぱれでしたね。気持ちよく眠れます」と笑みを浮かべる。一方、三竿は「めちゃくちゃ緊張しました」と語り、「決めるところで決めていれば。勝てなきゃ意味がないので」と悔しさをにじませた。

 第2試合の伊藤と岩田の対戦は、伊藤が4-0で快勝。シントトロイデンの2点目は、ゲーム内の岩田によるオウンゴールとなってしまい、岩田は試合後「こんなプレーしないように気をつけます…」と反省。伊藤は「シーズン最後までやれていたので、試合勘は大分の選手よりあったかも」と現実とゲームを重ねつつ、「ゲームのように躍動できたら」と今後の活躍を誓っている。

 ここまでシントトロイデンが2勝となっていたが、第3試合では2戦目となる伊藤と、札幌からは菅が登場。菅は謙虚な姿勢を見せながらも冷静なプレーに徹し、前半終了間際に先制点を決める。伊藤も後半13分に同点弾を挙げるが、菅は同27分にはFW鈴木武蔵で勝ち越し弾。札幌が2-1で勝利し、Jリーグ勢が初白星を飾った。

 両選手はそのまま2戦目を行い、伊藤はナポリに、菅はチェルシーにクラブを変更。そこでも菅が強さを発揮し、2-0で連勝を達成した。

 10日の午後6時からは2日目も実施。シントトロイデンからはGKシュミット・ダニエルやDF松原后が参戦予定で、福岡からFW木戸皓貴とDF三國ケネディエブスが、岡山からはFW上門知樹、MFデューク・カルロスが登場予定となっている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集

ユース取材ライター陣が推薦する「インハイ予選で是非見たかった11傑」vol.1

土屋氏が推薦する國學院久我山高MF田中琢人(右)。(写真協力=高校サッカー年鑑)
特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『インハイ予選で是非見たかった11傑』」

 新型コロナウィルス感染症の影響によって、インターハイ(令和2年度全国高校総体)が中止に。高校生プレーヤーにとって目標の一つが失われました。手洗いやうがいを徹底し、“3密”を避けながら可能な範囲内で努力をして、晴れ舞台を目指していた高校生たちのことを思うと残念でなりません。今回、「インハイ予選で是非見たかった11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター陣から各11選手を紹介してもらいます。難しい状況が続きますが、少しでも多くの高校生プレーヤーを知ってもらう機会に、また選手権や将来へ向けたモチベーションになることを期待しております。第1回は(株)ジェイ・スポーツで『デイリーサッカーニュース Foot!』を担当する傍ら、東京都中心にユース年代のチーム、選手を取材、そしてゲキサカコラム『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』も連載中の土屋雅史氏による11名です。

土屋氏「今回は新型コロナウイルスの影響で、残念ながら全国総体の中止という決断が下されました。この大会を目指してきた全国中の高校3年生のことを考えると、とにかく胸が痛みます。そんな状況ではありますが、今回は『もし総体予選が行われていたら、是非見たかった11人の選手』を東京都の高校に絞って、選出しています。もちろんこの春以降はまったく試合を見ることができていないため、昨年の情報がメインではあるとはいえ、間違いなく今年の東京の高校年代を彩ってくれるような精鋭揃い。彼らも含めて、高校生のサッカー部員たちに公式戦を戦うことのできる日が訪れることを祈っています」

以下、土屋氏が推薦する11名

GKバーンズ・アントン(大成高2年)
その才能が突然ベールを脱いだのは、昨年の総体予選準決勝。高校入学後の公式戦初出場が、大成にとって初めての全国を懸けた帝京高との一戦というシチュエーションにも関わらず、「今日は彼に託しました」という豊島裕介監督の期待に応え、安定したプレーでPK戦での勝利に貢献してみせた。FCトリプレッタJY時代はレギュラーを獲り切れなかったにもかかわらず、他の強豪校やJクラブユースも目を付けていたように、ポテンシャルは抜群。ただ、豊島監督は「片付けをする姿や、ケガした人へ真っ先に駆け寄る姿勢を見て」獲得を決めたという、なお、全国総体での初戦敗退という苦い経験を受け、「それまでは1年生という括りでやっていた気がしたので、それを全部なくして、もうフィールドに入ったら学年は関係なくやれるようになりました」と自身の成長も口に。「注目されていても自分のやることは変わりません」と言い切れる落ち着きも魅力的だ。

DF山川高輝(帝京高3年)
「付けて、回って、走って、受けて、みたいなプレーでオーバーラップしたりということは結構意識してやっています」とは本人の弁。まさに『付けて、回って、走って、受けて』を90分間続けられるアグレッシブさと持久力は、プリンスリーグ関東で対戦した並み居る猛者を相手にしても十分通用。オーバーラップを「自分も結構キツいですけど、相手も疲れさせるような感じです。上がってから戻るのは大変とはいえ、またそこからアシストとかできたら気持ち良いので、結局上がっちゃいますね」と捉えるあたりに、サイドバックの適性が滲むが、現在はサイドハーフにトライしているとのこと。昨年は選手権予選に入ってスタメン落ちした悔しさを、今年にぶつける覚悟は整っていることだろう。なお、憧れの選手は「動画とかも見て、オーバーラップとか凄く良いタイミングで行きますし、守備面でも凄く体を張っているので、参考にしています」という鹿島アントラーズの内田篤人。

DF大田礼玖(成立学園高3年)
中学時代はソシエタ伊勢SCで光田脩人(名古屋グランパスU-18)とチームメイトだったが、「成立学園のパスサッカーへのこだわりを自分の目で見て感動したので」、ゼブラ軍団で選手権の舞台を目指そうと決意して三重から上京。「誰にも負けないスピードとフォワードへのロングフィード、サイドハーフの背後に蹴るボールが武器」と自ら語るストロングを生かして、2年時からセンターバックの定位置を勝ち獲っている。昨年度の選手権予選では、準決勝で國學院久我山高に0-1と惜敗に見えるスコアに反して、積み上げてきたスタイルがほとんど出せなかった悔しさから、改めてパスの1本1本にこだわるような意識をトレーニングから構築。大舞台でのリベンジを誓いつつ、「負けたくない気持ちが前面に出ているプレーが魅力的」と参考にしている浦和レッズの槙野智章のように、攻守両面で効いているセンターバックを目指し、夢のプロ入りに向けてさらなる成長を遂げていく。

DF井上太聖(堀越高3年)
空中戦では昨シーズンから都内でも屈指の能力を誇っており、本人も自身の特徴にはカバーリングの範囲の広さと併せて、ヘディングを挙げるほどのエアバトラー。もともとセルフコントロールに課題を抱えていたものの、2年になってほとんどの公式戦に出場したことで「自分自身をコントロールできるようになって、どの試合でも力を発揮できるようになりました」と振り返るように、波のない安定したパフォーマンスを継続的に維持。共に敗れたとはいえ、総体予選準々決勝の大成高戦、選手権予選準決勝の帝京高戦では、難敵相手にそのポテンシャルの高さを堂々と示してみせた。2つ上に当たる兄の優太は国士舘高で選手権の舞台に立っており、「兄貴が全国大会の駒沢のピッチでプレーしている姿がカッコ良くて、『自分もあの舞台に立つんだ』『兄貴を超えるんだ』と思って練習をしてきました」とも。この夏の無念を糧に、最大の目標である選手権予選での東京制覇を手繰り寄せる準備に余念がない。

DF五賀駿也(東久留米総合高3年)
東久留米総合の新3年生の中で、ただ1人冬の全国の舞台を踏んだ男は、「普段はとても大人しくて物静かな生徒なんです」と評する加藤悠監督も驚いたという、自らの志願でキャプテンに就任。「もう一度あの舞台で戦いたいという強い気持ちを持つことが、今のこの厳しい状況の中でも日々のモチベーションとなっています」と前を向き、晴れ舞台への帰還を待ち侘びている。1つ上の代では「1対1や球際の強さ、粘り強い守備が特徴だと思っています」と自ら語る守備力が評価され、センターバックやボランチも務めつつ、全国には左サイドバックで出場したが、今シーズンはセンターバック起用が濃厚。両足でのフィードも正確で、攻撃の起点になることも期待されている。目指すのは昨年のチームが醸し出していた一体感。「去年の先輩たちのような、結束力のあるチームを作っていきたいです」と口にする新キャプテンの存在が、東京連覇のカギを大きく握っている。

DFク・ソンハッ(東京朝鮮高3年)
サイドバックに挑戦し始めて間もなかった昨年のイギョラカップでは、夏の全国総体王者となる桐光学園高相手に、積極的なオーバーラップや左足からのプレースキックでチャンスを創出。その後も「守備面は完璧にこなし、攻撃面ではパスもドリブルもでき、精度の高いクロスで攻撃参加できるキム・ミョンス先輩を参考にしていました」という1歳上の“お手本”の影響に加え、自分のミスが失点に直結した時も「仲間が励ましてくれたり、アドバイスをくれることが本当に助けになって、失敗しても良いから挑戦することができるようになりました」とチームメイトの理解も得て、シーズンを通じて左サイドバックのレギュラーとして躍動した。悲願の全国初出場を狙う今年は副キャプテンに就任。「去年から試合に出させてもらって得た経験値をみんなに分けてあげられるようにしながら、主将に全部任せないように、自分がチームを引っ張るぐらいの気持ちで頑張っていきます」と自覚も十分だ。

MF桑山侃士(東海大高輪台高3年)
時にはセンターバック。時にはボランチ。時には1トップ下。そして、時にはセンターフォワード。「個人的には一番前がいいですけど、真ん中だったらどこでもできるという感じです」と自ら話すスーパーユーティリティも、勝負の3年目はボランチを任されることが多くなりそうだが、「戦術眼が高いので、どこでもできる」と川島純一監督も信頼を寄せる。彼が都内に衝撃を与えたのは、昨年の総体予選一次トーナメントブロック決勝。ハーフウェーラインを少し越えたあたりから、いきなり右足で狙ったシュートはGKの頭上を破って、ゴールへ吸い込まれる。しかも「ああいうゴールは結構多かったです」とサラッと笑ってみせる感じも頼もしい。ある試合後に話を聞いていると、先輩たちをことごとく“あだ名的な呼び捨て”で呼んでおり、それを尋ねると「サッカー中に上下関係は一切ないですね。結構みんな仲良いです」とのこと。プロ志望だという逞しいメンタルを垣間見た気がした。

MF笠井佳祐(関東一高3年)
1年時から公式戦には出場してきたものの、頭角を現したタイミングが夏過ぎだったため、同級生の鹿股翼菅原涼太類家暁がピッチに立った三重での全国総体はメンバー外。晴れ舞台は未経験のままで最終学年を迎えることとなった。小野貴裕監督も「スケール感があるんですよね」と認める通り、“カンイチの司令塔”としては大柄なタイプで、自ら運んで仕掛けられる推進力も持ちつつ、「自分は裏抜けが結構得意なんです」と評するようなフィニッシュワークに受け手として関われるセンスも。10番を託されたことで、「過去の先輩に比べるとまだ全然試合を決められないですし、勝たせることもまだできないので、もっとプレーでチームを引っ張っていかないといけないのかなと思います」と主力としての自覚も芽生えてきた様子。関東一が結果を出してきた代では、必ずVIVAIO船橋SC出身者が主力を張ってきただけに、同クラブ育ちの笠井に掛かる期待も決して小さくない。

MF田中琢人(國學院久我山高3年)
1年時は同じ中盤を主戦場にする大窟陽平がレギュラーを掴んだのに対し、なかなか出場機会を得られなかったが、2年に進級した昨シーズンは、久我山のエースナンバーとして知られる14番を託され、「これから似合う選手になっていきたいですけど、『14番が重いな』って感じはありますね」と本人は口にしながらも一気にブレイク。Jスカウト陣も注目する存在へと成長した。足元の正確な技術や、狙い所を広範囲に隠し持つパスセンスなどはまさに歴代の“久我山の14番”感がある中で、178センチというサイズが攻守に生きる場面も多々。昨年度の選手権2回戦では、1人退場者を出して10人の戦いを強いられながら、「運動量を増やして、もう一歩出るという所に意識を持って行きました」と守備でも奮闘。専修大北上高をPK戦で退けた一戦の、陰のMVP的なパフォーマンスも披露した。普段はどちらかと言うとフワッとした雰囲気を纏っており、掴み所のない感じがまた面白い。

MF原幸士朗(駒澤大高3年)
2018年の年末に開催された横山杯では、中盤でプレスのスイッチとして1年生ながら優勝を経験。 全国に臨む選手権のメンバー30人の中にも入り、期待を寄せられていたが、昨シーズンはAチームの公式戦にほとんど関われず、「1年生の頃よりも圧倒的に、ピッチ内でもピッチ外でも考えることが多くなりましたし、何が足りないのか、短所は何か、自分なりに様々な考え方を持ちました」と改めて自らを見つめ直す1年に。奮起した今シーズンは、亀田雄人ヘッドコーチも「アイツは頑張って伸びましたね」と認めるパフォーマンスで、主力の一角を担いつつある。お手本にしている選手にはエンゴロ・カンテ(チェルシー)やジョルジニオ・ワイナルドゥム(リヴァプール)を挙げており、「相手に対してのプレスの強さ、パスコースを読んでのインターセプトはさらなる成長の実感ができています」と本人も語る守備面での貢献のみならず、攻撃面でも“数字”を残せるよう、さらなるステップアップを期す。

FWアイクソエ怜生オーエンス(早稲田実高3年)
柴山昌也(大宮アルディージャU18)、須藤直輝(昌平高)、大澤昌也(鹿島学園高)らと同期だった大宮アルディージャジュニアユースから、ユースへの昇格が叶わず、「高校3年間でしっかりと自分に合ったプレーができて、活躍できる場を考えたのと、大学までの長いスパンで見た時に、『早稲田大学のア式蹴球部に行きたいな』と思って」早稲田実へ進学。1年時にサイドハーフからフォワードへコンバートされると、選手権予選ではゴールも記録し、大舞台での勝負強さも証明。昨年からは10番を背負い、チームを最前線で牽引している。森泉武信監督が「瞬間的なスピードと相手と競り合った時の体幹の強さで差が出てくるんです」と表現したように、ナイジェリア人の父譲りのしなやかな身体能力は魅力的。「あのスピードの中でドリブルも上手いし、裏の抜け出しも上手いし、ゴールも決めるし、本当に憧れですね」と語るキリアン・ムバッペ(PSG)を敬愛するストライカーが、本格的に覚醒する時は近い。

■執筆者紹介:
土屋雅史
「(株)ジェイ・スポーツに勤務。Jリーグ中継担当プロディーサーを経て、『デイリーサッカーニュース Foot!』を担当。群馬県立高崎高3年時にはインターハイで全国ベスト8に入り、大会優秀選手に選出。ゲキサカでコラム、『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』を連載中。著書に「メッシはマラドーナを超えられるか」(亘崇詞氏との共著・中公新書ラクレ)。」
▼関連リンク
SEVENDAYS FOOTBALLDAY by 土屋雅史
●【特設】高校総体2020

【動画】自宅でできるコバトレ8_レベル2[連動性]上体足上げ

 木場克己氏は長友佑都や久保建英ら多くのサッカー選手やアスリートのパーソナルトレーナーとして知られている。木場氏は「体幹トレーニングはあらゆるスポーツ選手が取り組むべきだし、10代のうちから続ければフィジカルは向上するし、ケガの予防にもなる」とコバトレをすすめている。

 レベル2の4種目を紹介。最後は「上体足上げ」だ。

■レベル2「上体足上げ」で身につく能力
シュート力 ★★★ 
アジリティ ★★☆
ケガ耐性 ★★☆ 
バランス ★☆☆ 
フィジカル ★★☆

■回数
片足5回ずつ✕2セット

■トレーニングの頻度
週3回

 トレーニングのくわしい説明、長友佑都や久保建英たちがどのようなトレーニングをしてきたのかをまとめた『実践!体幹バランストレーニング』が全国のセブンイレブンで5月12日に発売!(一部店舗を除く)


<書籍概要>
■書名:実践!体幹バランストレーニング
■著者:木場克己
■発売日:2020年5月12日
■価格:600円(税別)
■発行元:プレジデント社


(動画監修:木場克己)
(動画協力:プレジデント社)

【動画】自宅でできるコバトレ8_レベル2[連動性]上体足上げ

 木場克己氏は長友佑都や久保建英ら多くのサッカー選手やアスリートのパーソナルトレーナーとして知られている。木場氏は「体幹トレーニングはあらゆるスポーツ選手が取り組むべきだし、10代のうちから続ければフィジカルは向上するし、ケガの予防にもなる」とコバトレをすすめている。

 レベル2の4種目を紹介。最後は「上体足上げ」だ。

■レベル2「上体足上げ」で身につく能力
シュート力 ★★★ 
アジリティ ★★☆
ケガ耐性 ★★☆ 
バランス ★☆☆ 
フィジカル ★★☆

■回数
片足5回ずつ✕2セット

■トレーニングの頻度
週3回

 トレーニングのくわしい説明、長友佑都や久保建英たちがどのようなトレーニングをしてきたのかをまとめた『実践!体幹バランストレーニング』が全国のセブンイレブンで5月12日に発売!(一部店舗を除く)


<書籍概要>
■書名:実践!体幹バランストレーニング
■著者:木場克己
■発売日:2020年5月12日
■価格:600円(税別)
■発行元:プレジデント社


(動画監修:木場克己)
(動画協力:プレジデント社)

【動画】自宅でできるコバトレ7_レベル2[バランス]もも上げ

 木場克己氏は長友佑都や久保建英ら多くのサッカー選手やアスリートのパーソナルトレーナーとして知られている。木場氏は「体幹トレーニングはあらゆるスポーツ選手が取り組むべきだし、10代のうちから続ければフィジカルは向上するし、ケガの予防にもなる」とコバトレをすすめている。

 レベル2の4種目を紹介。バランス感覚をきたえる「もも上げ」だ。

■レベル2「もも上げ」で身につく能力
シュート力 ★☆☆ 
アジリティ ★☆☆
ケガ耐性 ★★☆ 
バランス ★★★ 
フィジカル ★★☆

■回数
片足10回ずつ✕2セット

■トレーニングの頻度
週3回

 トレーニングのくわしい説明、長友佑都や久保建英たちがどのようなトレーニングをしてきたのかをまとめた『実践!体幹バランストレーニング』が全国のセブンイレブンで5月12日に発売!(一部店舗を除く)


<書籍概要>
■書名:実践!体幹バランストレーニング
■著者:木場克己
■発売日:2020年5月12日
■価格:600円(税別)
■発行元:プレジデント社


(動画監修:木場克己)
(動画協力:プレジデント社)

【動画】自宅でできるコバトレ7_レベル2[バランス]もも上げ

 木場克己氏は長友佑都や久保建英ら多くのサッカー選手やアスリートのパーソナルトレーナーとして知られている。木場氏は「体幹トレーニングはあらゆるスポーツ選手が取り組むべきだし、10代のうちから続ければフィジカルは向上するし、ケガの予防にもなる」とコバトレをすすめている。

 レベル2の4種目を紹介。バランス感覚をきたえる「もも上げ」だ。

■レベル2「もも上げ」で身につく能力
シュート力 ★☆☆ 
アジリティ ★☆☆
ケガ耐性 ★★☆ 
バランス ★★★ 
フィジカル ★★☆

■回数
片足10回ずつ✕2セット

■トレーニングの頻度
週3回

 トレーニングのくわしい説明、長友佑都や久保建英たちがどのようなトレーニングをしてきたのかをまとめた『実践!体幹バランストレーニング』が全国のセブンイレブンで5月12日に発売!(一部店舗を除く)


<書籍概要>
■書名:実践!体幹バランストレーニング
■著者:木場克己
■発売日:2020年5月12日
■価格:600円(税別)
■発行元:プレジデント社


(動画監修:木場克己)
(動画協力:プレジデント社)

【動画】自宅でできるコバトレ6_レベル2[安定性]上体起こし

 木場克己氏は長友佑都や久保建英ら多くのサッカー選手やアスリートのパーソナルトレーナーとして知られている。木場氏は「体幹トレーニングはあらゆるスポーツ選手が取り組むべきだし、10代のうちから続ければフィジカルは向上するし、ケガの予防にもなる」とコバトレをすすめている。

 レベル2の4種目を紹介。「上体起こし」で安定性のトレーニングをしよう。

■レベル2「上体起こし」で身につく能力
シュート力 ★☆☆ 
アジリティ ★★☆
ケガ耐性 ★★☆ 
バランス ★☆☆ 
フィジカル ★☆☆

■回数
5回✕2セット

■トレーニングの頻度
週3回

 トレーニングのくわしい説明、長友佑都や久保建英たちがどのようなトレーニングをしてきたのかをまとめた『実践!体幹バランストレーニング』が全国のセブンイレブンで5月12日に発売!(一部店舗を除く)


<書籍概要>
■書名:実践!体幹バランストレーニング
■著者:木場克己
■発売日:2020年5月12日
■価格:600円(税別)
■発行元:プレジデント社


(動画監修:木場克己)
(動画協力:プレジデント社)

【動画】自宅でできるコバトレ6_レベル2[安定性]上体起こし

 木場克己氏は長友佑都や久保建英ら多くのサッカー選手やアスリートのパーソナルトレーナーとして知られている。木場氏は「体幹トレーニングはあらゆるスポーツ選手が取り組むべきだし、10代のうちから続ければフィジカルは向上するし、ケガの予防にもなる」とコバトレをすすめている。

 レベル2の4種目を紹介。「上体起こし」で安定性のトレーニングをしよう。

■レベル2「上体起こし」で身につく能力
シュート力 ★☆☆ 
アジリティ ★★☆
ケガ耐性 ★★☆ 
バランス ★☆☆ 
フィジカル ★☆☆

■回数
5回✕2セット

■トレーニングの頻度
週3回

 トレーニングのくわしい説明、長友佑都や久保建英たちがどのようなトレーニングをしてきたのかをまとめた『実践!体幹バランストレーニング』が全国のセブンイレブンで5月12日に発売!(一部店舗を除く)


<書籍概要>
■書名:実践!体幹バランストレーニング
■著者:木場克己
■発売日:2020年5月12日
■価格:600円(税別)
■発行元:プレジデント社


(動画監修:木場克己)
(動画協力:プレジデント社)

【動画】自宅でできるコバトレ5_レベル2[柔軟性]足乗せストレッチ

 木場克己氏は長友佑都や久保建英ら多くのサッカー選手やアスリートのパーソナルトレーナーとして知られている。木場氏は「体幹トレーニングはあらゆるスポーツ選手が取り組むべきだし、10代のうちから続ければフィジカルは向上するし、ケガの予防にもなる」とコバトレをすすめている。

 レベル2の4種目を紹介。まずは柔軟性を養う「足乗せストレッチ」だ。

■レベル2「足乗せストレッチ」で身につく能力
シュート力 ★☆☆ 
アジリティ ★★☆
ケガ耐性 ★★★ 
バランス ★☆☆ 
フィジカル ★☆☆

■回数
片足10秒ずつ✕2セット

■トレーニングの頻度
週3回

 トレーニングのくわしい説明、長友佑都や久保建英たちがどのようなトレーニングをしてきたのかをまとめた『実践!体幹バランストレーニング』が全国のセブンイレブンで5月12日に発売!(一部店舗を除く)


<書籍概要>
■書名:実践!体幹バランストレーニング
■著者:木場克己
■発売日:2020年5月12日
■価格:600円(税別)
■発行元:プレジデント社


(動画監修:木場克己)
(動画協力:プレジデント社)

【動画】自宅でできるコバトレ5_レベル2[柔軟性]足乗せストレッチ

 木場克己氏は長友佑都や久保建英ら多くのサッカー選手やアスリートのパーソナルトレーナーとして知られている。木場氏は「体幹トレーニングはあらゆるスポーツ選手が取り組むべきだし、10代のうちから続ければフィジカルは向上するし、ケガの予防にもなる」とコバトレをすすめている。

 レベル2の4種目を紹介。まずは柔軟性を養う「足乗せストレッチ」だ。

■レベル2「足乗せストレッチ」で身につく能力
シュート力 ★☆☆ 
アジリティ ★★☆
ケガ耐性 ★★★ 
バランス ★☆☆ 
フィジカル ★☆☆

■回数
片足10秒ずつ✕2セット

■トレーニングの頻度
週3回

 トレーニングのくわしい説明、長友佑都や久保建英たちがどのようなトレーニングをしてきたのかをまとめた『実践!体幹バランストレーニング』が全国のセブンイレブンで5月12日に発売!(一部店舗を除く)


<書籍概要>
■書名:実践!体幹バランストレーニング
■著者:木場克己
■発売日:2020年5月12日
■価格:600円(税別)
■発行元:プレジデント社


(動画監修:木場克己)
(動画協力:プレジデント社)

世界の10代選手トップ50に久保建英がランクイン! 1位は16歳フランスの神童

日本人で唯一ランクインしたMF久保建英
 マジョルカに所属する日本代表MF久保建英が、『footballtalentscout』による世界の10代サッカー選手トップ50にランクインした。

 2001年以降生まれが対象で、1位はリヨンに所属する16歳MFライアン・シェルキだった。リヨンの下部組織で育った神童は、昨年10月にリーグアンデビュー。今年1月にはクープ・ドゥ・フランス(国内杯)で初ゴールを挙げ、16歳14日でクラブ史上最年少得点記録を更新していた。

 日本人で唯一ランクインした久保は27位だった。マンチェスター・シティに所属するDFエリック・ガルシアは18位、ドルトムントに所属するジョバンニ・レイナは21位。バレンシアに所属する韓国代表MFイ・ガンインは38位だった。

トップ10は以下の通り

1位 MFライアン・シェルキ(フランス、2003年生まれ、リヨン所属)
2位 MFエドゥアルド・カマビンガ(フランス、2002年生まれ、レンヌ)
3位 FWメイソン・グリーンウッド(イングランド、2001年生まれ、マンU)
4位 MFモハメド・イハターレン(オランダ、2002年生まれ、PSV)
5位 MFロドリゴ(ブラジル、2001年生まれ、レアル)
6位 FWガブリエウ・マルティネッリ(ブラジル、2001年生まれ、アーセナル)
7位 MFレイニエル(ブラジル、2002年生まれ、レアル)
8位 FWアンス・ファティ(スペイン、2002年生まれ、バルセロナ)
9位 FWブカヨ・サカ(イングランド、2001年生まれ、アーセナル)
10位 DFウィリアン・サリバ(フランス、2001年生まれ、サンテティエンヌ)

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

関西Jクラブのウイイレ第2節! 森脇京都が木本C大阪に大逆転「指はしびれたけど、口はしびれず」

京都とC大阪がウイイレで対決
 モバイル版サッカーゲーム「eFootball ウイニングイレブン 2020」を使用したeスポーツ大会「TOYO TIRES presents Jリーグ eSports ONLINE~スポーツがいまできること」の第2節が9日に行われた。第2試合ではセレッソ大阪のDF木本恭生京都サンガF.C.のDF森脇良太が対戦。京都が4ー2で勝利した。第3節は16日に開催。ヴィッセル神戸(選手未定)とC大阪(選手未定)、京都(選手未定)とガンバ大阪(選手未定)が対戦する。

 同大会は、関西4クラブのG大阪、神戸、京都、C大阪の所属選手が参加し、総当たり戦で行われる。第2節の第1試合終了時点でG大阪が1勝1分、神戸は1敗1分、京都は1勝、C大阪は1敗に。第2試合でC大阪からは木本が、京都からは森脇が参戦。木本はC大阪を4-4-2の布陣で整えるも自身は起用せず。一方、森脇は京都の布陣を3-4-1-2で並べ、自身は3バックの右CBに配置した。

 前半11分、先制に成功したのはC大阪。FW都倉賢のスルーパスにFW豊川雄太が反応し、そのままGK清水圭介との1対1を冷静に決め切った。1-0で迎えた同22分にはDFマテイ・ヨニッチのロングフィードから都倉が最終ラインを突破。そのままダイレクトで右足ボレーを放つが、ゴール枠外へと逸れていった。一方、京都はFWピーター・ウタカを中心に攻撃を仕掛けるが、GKキム・ジンヒョンの好セーブに阻まれる。

 すると前半30分、京都が同点に追いつく。FW宮吉拓実のパスを受けたFW中川風希がPA中央に進入。相手GKとの1対1から冷静にゴール右隅に流し込み、1-1と試合を振り出しに戻した。その後はC大阪が何度も攻撃を仕掛けるも、なかなかゴールネットを揺らすことはできず。前半は1-1のまま、後半に折り返した。

 C大阪は後半6分、勝ち越しに成功する。FW柿谷曜一朗のパスを受けた豊川がボールをキープ。柿谷はその隙に相手の守備陣の裏を抜けると、豊川がリターンパスを受けて豪快にゴールへ突き刺した。しかし京都も諦めない。同13分、GK清水のフィードから中盤の宮吉が最前線にスルーパス。中川が再び1対1を冷静に決め、またしても2-2と同点に。京都を操る森脇は喜びを爆発させ、左手でガッツポーズ。ゴールを挙げた画面上の中川に向けて投げキッスを放った。

 C大阪は後半27分、1ゴール1アシストの豊川に代えてFWブルーノ・メンデスを投入。柿谷との2トップで勝ち越しを狙う。しかしスコアを動かしたのは京都。同35分、宮吉のパスをウタカが中継し、またしても最前線の中川へ。1対1を決め、ハットトリックで3-2と試合をひっくり返した。

 木本は終盤にルーキーFW西川潤を投入。しかし森脇が操る京都は後半アディショナルタイム、宮吉がPA手前から左足の豪快ミドルをゴールに突き刺し、ダメ押しの4点目を挙げる。試合はそのまま終了し、京都が4-2でシーソーゲームを制した。

 木本は悔しさをにじませ、「(連敗で)優勝を逃したのが悔しい」と肩を落とす。「トークも試合も完敗です」と負けを認めた。また、サポーターに向けて「Jリーグはしっかり優勝できるように頑張るので応援よろしくお願いします」と伝えた。

 一方、終始話しながらプレーした森脇は「ゲームじゃ勝てないと思ったので、なんとか言葉責めでメンタルを揺さぶろうかと」と作戦を明かす。「指はしびれたけど口元は90分間しびれることなく終われたのでよかったです」と喜びを明かした。また、サポーターに向けて「楽しみながら勝利を収めることができたので、また再開後のJリーグにつなげていきたい。また再開したときにはとびっきりの笑顔で皆さんと再会できるのを楽しみにしています」と語っている。

 解説の加地亮氏は「試合内容うんぬんより、なんか面白かったですね」とまとめる。「eスポーツが違った形で見れましたね」と新たな可能性を見出していた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

酒井宏樹とイ・ガンインが同僚に? マルセイユが獲得に興味

酒井宏樹とイ・ガンインが同僚に?
 日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユが、バレンシアに所属する19歳韓国代表MFイ・ガンインの獲得に関心を示していることが分かった。仏紙『レキップ』が報じた。

 “韓国の神童”にマルセイユ移籍が浮上している。イ・ガンインはバレンシアの下部組織で育ち、同世代のMF久保建英と比較されてきた逸材。昨年のU-20ワールドカップではU-20韓国代表を準優勝に導き、最優秀選手に輝いている。バレンシアでは定位置をつかめず、本人も出場機会を求めて今夏の移籍に前向きだという。

 報道によると、マルセイユのほか、ボルドー、ニースなどフランス・リーグアンの複数クラブが関心を示しているようだ。2022年までバレンシアとの契約を残しているが、マルセイユ移籍が実現する場合はローン移籍になると報じられている。

●海外組ガイド
●フランス・リーグアン2019-20特集
●酒井の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

シーズン打ち切りでバルセロナ女子のリーグ優勝が決定

バルサ女子の優勝が決定
 新型コロナウイルス感染拡大の影響でラ・リーガ1部、2部以外のリーグは打ち切りとなり、スペイン女子1部優勝チームはバルセロナに決定した。『スカイスポーツ』など複数メディアが伝えている。

 2019-20シーズンのスペイン女子1部リーグは8節を残して打ち切りとなり、無敗で独走した首位バルセロナの優勝が決定。2位アトレティコ・マドリーに勝ち点差9をつけ、4シーズンぶり5度目の戴冠となった。記事によると、バルサとアトレティコは来季の女子チャンピオンズリーグ出場権を獲得した。

 最下位エスパニョールは21試合で勝ち点5と低迷も、今季はスペイン女子1部から降格するチームはない。サンタ・テレサとエイバルは1部へ昇格し、2020-21シーズンは18チームで行われるという。

ウイイレで阪神ダービー! G大阪FW渡邉千真は2点先取も…神戸FW小川慶治朗が冷静にドロー

ウイニングイレブンで阪神ダービーが行われた
 モバイル版サッカーゲーム「eFootball ウイニングイレブン 2020」を使用したeスポーツ大会「TOYO TIRES presents Jリーグ eSports ONLINE~スポーツがいまできること」の第2節が9日に行われた。第1試合ではガンバ大阪のFW渡邉千真ヴィッセル神戸のFW小川慶治朗が対戦し、2ー2で引き分けた。第2試合のセレッソ大阪のDF木本恭生京都サンガF.C.のDF森脇良太の試合は午後5時から行われる。

 同大会は、関西4クラブのG大阪、神戸、京都、C大阪の所属選手が参加し、総当たり戦で行われる。第1節ではG大阪MF福田湧矢がC大阪のFW柿谷曜一朗に5-0で快勝し、京都のMF上月壮一郎は神戸のFW藤本憲明に4-2で勝利を収めていた。

 第2節の第1試合ではG大阪の渡邉と神戸の小川が対戦。両チームともに4-3-3の布陣を敷いた。前半2分、渡邉はゲーム内の渡邉を巧みに操り、PA中央から右足シュート。ゴール左に流し込み、渡邉にとって古巣の神戸から先制点を奪った。さらに同9分には右サイドのFWアデミウソンがクロスを上げ、ニアサイドに詰めた渡邉がワンタッチで追加点を決めた。

 小川が操る神戸は前半15分、PA手前でFKを獲得。キッカーのMFアンドレス・イニエスタは低い弾道を放つも、ゴール枠内には入らない。直後にはイニエスタのパスを受けた藤本がPA手前から右足シュートを打つが、GK東口順昭の好セーブに阻まれた。

 すると神戸は前半30分に得点を生む。G大阪の守備陣のミスを突き、藤本がゴール前でボールを奪取。冷静にゴール左に流し込み、1-2と点差を縮めた。さらに同39分、G大阪はスローインを自陣内に投げ込む痛恨のミス。神戸はFW古橋亨梧が左足で合わせ、同点弾をゴールに突き刺した。

 2-2で前半を折り返すと、神戸は後半開始から波状攻撃。しかしG大阪は東口の好守備でゴールを割らせない。神戸は後半32分に小川がゲーム内の小川で右サイドを突破し、クロスを上げるがシュートは打てない。結局、両者めまぐるしい攻守の入れ替わりもゴールは生まれず、試合終了。両者2-2の痛み分けに終わった。

 渡邉は試合後のインタビューで「最初の立ち上がりは素晴らしかったんですけどね…その後の失点が許せない」と肩を落とす。「おそらく操作ミスですね」とミスを認めつつ、ゲーム内の自身の2得点は「素晴らしいゴールでした」と語った。サポーターには「勝てなくて本当に申し訳ない」と謝罪しつつ、「再開したときにまたJリーグを盛り上げていきましょう」と意気込みを伝えている。

 一方、小川は「後半は神戸のペースだったので、勝てる試合だった」と振り返る。ゲーム内の小川は不発に終わり、「ほとんどボール触ってないんで、悔しい結果です」と悔しさをにじませた。サポーターには「ゲームでは勝てなかったですけど、再開したらガンバに勝つのでまた頑張りましょう」とメッセージを送っている。

 第2試合はC大阪と京都が対戦。Youtubeなどでライブ配信が行われる。

以下、Youtubeでのライブ配信URL
https://youtu.be/DbqMBthtwJY

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

@bookfun155 分野研究家

昇華プリントユニフォームを扱っているショップでも次の2パターンがあります。 #フットサル#サッカー#ユニフォーム#グラデーション#カスタマイズ#高品質#着心地#保障#ロンヨン

Posted in 未分類

C・ロナウド「こいつは誰だ?これは何だ?」やんちゃなドリブラーを世界最高の点取り屋に変えた“荒療治”

ユナイテッド時代のFWクリスティアーノ・ロナウド
 元マンチェスター・ユナイテッドMFのダレン・フレッチャーが、ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドがプレースタイルを変えた経緯を語った。スペイン『アス』が伝えている。

 今でこそ世界最高クラスの点取り屋として知られるC・ロナウドだが、スポルティング・リスボンからユナイテッドに移籍した当初は、多彩な足技を駆使するドリブラーとして鳴らしていた。

 プレースタイルが変化するきっかけになったのは、当時のスコットランド人コーチであるウォルター・スミス氏の“荒療治”だったようだ。

 スミス氏は早くからC・ロナウドの適性を見抜き、ボールを持ちすぎることなくシンプルにゴールへ向かうことを求めていた。それを本人に伝えるために行ったのが、トレーニング中にファウルの笛を吹かないという特殊な方法だ。

 チームメイトだったフレッチャーが『ザ・ロックダウン・タクティクス』の中で説明している。

「彼はトレーニングで笛を吹かないと決めた。私はそれがロナウドのためであることを知っていた」

「クリスティアーノはドリブルをしてファウルをもらい、笑ってボールを拾う。だからウォルターは練習でファウルを取らないことにしたんだ」

「ロナウドは2週間、頭がおかしくなっていた。『このスコットランド人は誰だ? これは何だ?』と言っていたよ」

 一時的にC・ロナウドの怒りを買ったものの、これがポルトガル代表FWに効果をもたらしたことをフレッチャーは認めている。

「正直なところ、クリスティアーノがファウルをもらえないことを知り、ボールをキープする意味がないことを理解したことで、すぐにボールタッチして走るようになったことには驚いた。その結果、より多くゴールを取れるポジションに到達して、より多くのゴールを決めるようになった」

「シーズン後半にウォルター・スミスが加入し、クリスティアーノは大きな一歩を踏み出した。彼がとても怒っていたのを覚えている。でも、すぐにそこにあるものを受け入れて1タッチ、2タッチのプレーをするようになり、ボールがなくてもさらに走るようになった。そうすることで、彼はより多くのゴールを奪えるようになったんだ」

 フレッチャーはアレックス・ファーガソン元監督の側にいた偉大なコーチに対し、「彼はクリスティアーノの頭の中で何かをクリックさせて『ああ、ドリブルもいいけど、僕のフィジカルでボールを早く動かして走れば、もっと効果的になるんだ』と気づかせた。素晴らしい指導者だよ」と称賛の言葉を送った。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

再開に向かうプレミアリーグ、無観客ゆえの“放送事故”を懸念

プレミアリーグ再開に向けて課題
 プレミアリーグ再開にあたり、現地の放送局がある問題に頭を抱えているようだ。イギリス『ザ・サン』が報じた。

 新型コロナウイルスの影響で中断しているプレミアリーグは、来月の再開を目指して準備を進めている。感染拡大を防止するため、試合は無観客開催となる見込みだ。

 そうした中、残りの92試合を放送する予定の『スカイ・スポーツ』と『BTスポーツ』が再開に向けて苦心していることが明らかになった。

 無観客開催になることで、普段は大歓声に打ち消されていたピッチ上やベンチでの過激な発言がそのまま放送されてしまう恐れがあるのだという。

 同紙によると、21時より前に放送されるコンテンツには厳しい規制があり、放送局は何らかの対策が求められるようだ。

 放送局は過去に欧州カップ戦などで無観客試合を経験したことはあるが、プレミアリーグでは両チームの選手、ベンチの間で視聴者の聞き慣れた英語が飛び交う。

 同紙はこの新たな課題に対して「リーグは潜在的な問題を認識しているが、人々が罵倒するのを防ぐためにできることはほとんどない」とし、暴言が放送されるたびにキャスターが謝罪するか、音量を調整およびミュートにする必要があるだろうと指摘した。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

“インフルだと思った” 3月に症状出るも検査せず…アトレティコDFロディの新型コロナ陽性が判明

陽性反応が示されたDFレナン・ロディ(12番)
 アトレティコ・マドリーのブラジル代表DFレナン・ロディが新型コロナウイルスの検査で陽性だったことが分かった。スペイン『アス』が報じている。

 同紙によると、6月中の再開を目指しているリーガ・エスパニョーラは1部と2部の選手たちを対象に新型コロナウイルスの検査を実施。ロディは現時点で症状こそないものの、8日に出た検査結果で陽性と判明した。

 新型コロナウイルスと思われる症状は、3月の初めに出ていたようだ。その時はインフルエンザと考えていたが、しばらくして呼吸の問題などが起こったことでクラブに報告。自宅に医師が派遣された数日後には、同居するパートナーにも新型コロナウイルスの症状が表れたという。それでもロディは今週まで検査を受けていなかったとのことだ。

 同選手は今後10日間にわたって自宅での検疫となり、隔離期間の終了後に改めて検査を実施することになる。

 なお、チーム内では他の9選手もウイルスの抗体を持っていたが、すでに陰性のため、トレーニングを行うには問題がないという。また、リーグ全体ではロディを含めて合計5選手に陽性反応が出たと同紙は伝えている。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

メッシとの“ケンカ”を振り返るリバプールDF「彼は恐ろしい」「もう二度としない」

メッシとの“ケンカ”を後悔するDFアンドリュー・ロバートソン
 リバプールのスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンがバルセロナFWリオネル・メッシとの一触即発の場面を振り返った。イギリス『デイリー・メール』が「ロバートソンがリオネル・メッシとのケンカを後悔していることを認め、バルセロナのスターの“恐ろしい”能力を称賛した」として伝えている。

 リバプールはUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)制覇を果たした2018-19シーズンの準決勝でバルセロナと対戦した。敵地での第1戦はメッシに2ゴールを許すなど0-3の完敗を喫したが、ホームで迎えた第2戦で4-0の勝利を飾り、大逆転で決勝進出。その勢いでトッテナムとのファイナルも2-0で制し、14年ぶりにビッグイヤーを掲げた。

 元イングランド代表FWのピーター・クラウチ氏のポッドキャストで当時を振り返ったロバートソンは、第1戦でセンセーショナルな活躍を見せたメッシに対し、「恐ろしい」と畏敬の念を抱いたことを明かしている。

 しかし、第2戦ではバルセロナのエースに対する行動が物議を醸してしまった。開始早々にメッシが倒れて座り込んだ際に、後ろから同選手の頭を叩く自身の姿がカメラにとらえられたのだ。その後、2人は一触即発の睨み合いに発展していた。

 スコットランド代表キャプテンはこの試合でリバプールの奇跡の大逆転劇に貢献したが、メッシとの件は今でも悔やんでいるという。

 同シーンに関して「僕とファビーニョが彼(メッシ)を追っていて、2人ともピッチに倒れてしまったんだ」と説明し、「彼は不満そうだったし、僕も二度とすることはない。それは確かだ! このゲームで最高のプレーをした選手に失礼だった」と謝罪の意を示した。

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●プレミアリーグ2019-20特集
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信

100点満点&ミスゼロだった種目も! ソン・フンミンが成績1位で軍事訓練を終える

軍事訓練を終えたFWソン・フンミン
 トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンが8日、3週間の基礎軍事訓練を終えた。韓国『聯合ニュース』は「1位の成績を収め、選手としてだけでなく兵士としてもワールドクラスであることを証明した」と報じている。

 同紙によると、韓国海兵隊で3週間の基礎軍事訓練を終えたソン・フンミンは、訓練生157人中1位の成績を残し、修了式で「必勝賞」を受賞。精神戦力評価で100点満点の評価を受け、射撃訓練でも10発中10発を命中させるなど、全科目で優秀な成績を収めたという。

 ソン・フンミンは2018年のアジア大会で金メダルを獲得し、兵役免除の資格を得た。ただし、それに代わる基礎軍事訓練を受ける義務があったため、新型コロナウイルスによるプレミアリーグ中断期間を利用し、4月20日に済州島の海兵隊訓練所に入所。射撃、銃剣、対人格闘、応急処置の訓練のほか、化学的、生物学的、放射線学的な訓練などを受けた。

 海兵隊の関係者は「現役の海兵隊ではないが、訓練期間中に強調した“無敵海兵隊の不屈の精神”を忘れず、より強く偉大な選手になることを期待している」と述べている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

なでしこ川澄がツイッター社に「私は何のレッテルを貼られたの?!!」

ツイッターに公式マークが付いたことを報告したFW川澄奈穂美
 アメリカのスカイ・ブルーFCに所属する日本女子代表(なでしこジャパン)FW川澄奈穂美が8日、自身のツイッター(@NahoKawasumi_9)を更新し、アカウントに公式マークが付いたことを報告した。

 これまで公式マークがなかったという川澄。同日にツイッターで「名前の横に青のチェックマークついてる!!!昨日はなかったのに!!!なにこれ!!!誰がつけたの?!!どーやってつけたの?!!私は何のレッテルを貼られたの?!!Twitter社様ありがとうございますぅぅぅぅ!!!!!ぬおーーー!!!」と興奮した様子で喜びをつづっている。

 続けて「これが噂の公式マークなんですね これでみんな私を川澄奈穂美だと思ってくれるということか 本当はニセモノだということも知らずに…フフフ…」と冗談交じりにコメントしつつ、ハッシュタグで「#冗談です」「#本人です」「#チェックマーク外さないでください」「#ブラックリストに入れないでください」「#フォローありがとうございます」と付け加えていた。

コウチーニョ、バルサ移籍失敗はメッシのせい?

バルセロナ時代のMFコウチーニョ
 元ブラジル代表のリバウド氏がバルセロナで成功できなかったMFコウチーニョについて、その理由の一端がFWリオネル・メッシにあると説いた。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。

 コウチーニョは2013年から所属したリバプールで中心選手として活躍し、2018年1月にクラブ史上最高額となる1億4200万ポンド(約188億円)でバルセロナに移籍。しかし、その金額に見合うパフォーマンスを見せることができず、2019年8月に買い取りオプション付きの期限付き移籍でバイエルンに加入した。2019-20シーズンはここまで公式戦32試合に出場し、9ゴール8アシストを記録している。

 自身もバルセロナでプレーした経験のあるリバウド氏は、同胞のコウチーニョがバイエルンに貸し出された際に残念だったと明かし、メッシの存在がバルセロナでの成功を難しくしていると指摘した。

「私はいつもコウチーニョがバルセロナで成功する能力を持っていると信じていたが、時間がかかりすぎていた。だから当事者たちはバイエルンへのレンタル移籍に合意した」

「彼が(バルセロナで)レギュラーの座を勝ち取れなかったことには少しがっかりしている。だが、おそらく彼はもう自信がなく、不満も抱いていた。そこでリバプール時代の最高のプレーを取り戻そうと、他のビッグクラブへの移籍を選んだのだろう」

「リオネル・メッシが常に全ての功績を得て全ての責任を負うチームで、自分の居場所を見つけることは決して簡単ではない」

「そのような状況になった時に、堂々としたプレーができる選手は世界にほとんどいないだろう。もしかしたらコウチーニョは、チームで自分の居場所を見つけるのに十分な忍耐力を持っていなかったのかもしれない」

 絶対的エースがいるバルセロナでプレーする難しさを語った元ブラジル代表のレジェンドは「アルゼンチンのスター選手はチームのリーダーであり、あと3〜4年は最高レベルでプレーし続けるだろうから、他の選手がバルセロナで最高の輝きを見せるのは難しいことだ」と結論づけた。

●ブンデスリーガ2019-20特集
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

元日本代表監督のハリルが50%給与カット

現在はモロッコ代表を率いるバヒド・ハリルホジッチ監督
 元日本代表監督で現在はモロッコ代表を率いるバヒド・ハリルホジッチ氏が新型コロナウイルスの影響により、給与を50%削減されることになったようだ。スペイン『アス』が報じている。

 モロッコサッカー連盟(FRMF)は7日に臨時会議を行い、同国代表のコーチ陣が20~50%の減俸を受け入れたとする声明を発表した。報道によると、ハリルホジッチ監督が最大の減俸を受ける者の中に含まれているようだ。

 また、FRMFは同国プロリーグに対し、給与の引き下げを実施するために選手やクラブと協議するよう要求。一方で、新型コロナウイルスの影響で3月中旬から全てのスポーツ活動が停止されて以降、失業状態となっている審判については、支援金を給付することで合意したという。

 ハリルホジッチ監督は2015年3月から2018年4月まで日本代表を指揮し、契約解除後の同年10月に古巣のナントへ。昨年8月に辞任し、同月にモロッコ代表の指揮官に就任していた。

ラグビー日本代表の“笑わない男”稲垣啓太が新潟選手に感銘

ラグビー日本代表の稲垣啓太
 昨年のラグビーワールドカップで日本代表の史上初となるベスト8進出に貢献し、“笑わない男”としても話題を集めた稲垣啓太が7日、自身のツイッター(@Gaki_keita01)を更新し、アルビレックス新潟に所属するDF早川史哉のメッセージに反応した。

 新潟は同日、ガンバ大阪ジュニアユース所属の13歳GK多田吾郎が再生不良性貧血を発症したとガンバ大阪から発表されたことを受け、クラブ公式ツイッター(@albirex_pr)で早川のメッセージ動画を投稿。2016年の急性白血病の発症から昨年にカムバックを果たした早川は次のように語っていた。

「ガンバ大阪ジュニアユースの中学2年生、多田吾郎選手が今現在、国が定める指定難病の1つである再生不良性貧血と闘っています。また、骨髄移植を必要としていますが、今現在、ドナーが見つかっていない状況です。多田くんはドナーを探しながら、輸血をしながら命をつないでいると聞いています。多田くんをはじめとする骨髄移植を必要とする皆さんの明るい未来をつなげられるよう、皆さんの温かい優しさというのを分けていただけないでしょうか。骨髄バンクへの登録をよろしくお願いいたします」

「また、多田くんは輸血も必要としているため、献血へのご協力も併せてよろしくお願いいたします。僕自身、急性白血病となり、骨髄移植をしたため、骨髄のバンクの登録、また献血への協力というものはすることができませんが、だからこそ自分にできる呼びかけであったり啓発活動を通じて、少しでも力になれればいいかなと思っています。一人ひとり皆さんができることを考え、協力、またサポートのほどをよろしくお願いいたします。今闘っているサッカー仲間を、サッカーファミリーをはじめとする多くの皆さんで助けて、またサポートできるよう、皆さんのご協力をよろしくお願いいたします」

 早川と同じ新潟県新潟市出身の稲垣は、このコメントに対して「急性白血病、骨髄移植を経験した同郷の早川選手からのメッセージだからこそ響くものがあった」と思いを受け取り、「コロナウィルスで大変な状況なのは重々承知ですが、現在骨髄移植を必要としているガンバ大阪、多田選手が頑張れるように、少しでもこのメッセージに耳を傾けて欲しい」と呼びかけた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

ラグビー日本代表の“笑わない男”稲垣啓太が新潟選手に感銘

ラグビー日本代表の稲垣啓太
 昨年のラグビーワールドカップで日本代表の史上初となるベスト8進出に貢献し、“笑わない男”としても話題を集めた稲垣啓太が7日、自身のツイッター(@Gaki_keita01)を更新し、アルビレックス新潟に所属するDF早川史哉のメッセージに反応した。

 新潟は同日、ガンバ大阪ジュニアユース所属の13歳GK多田吾郎が再生不良性貧血を発症したとガンバ大阪から発表されたことを受け、クラブ公式ツイッター(@albirex_pr)で早川のメッセージ動画を投稿。2016年の急性白血病の発症から昨年にカムバックを果たした早川は次のように語っていた。

「ガンバ大阪ジュニアユースの中学2年生、多田吾郎選手が今現在、国が定める指定難病の1つである再生不良性貧血と闘っています。また、骨髄移植を必要としていますが、今現在、ドナーが見つかっていない状況です。多田くんはドナーを探しながら、輸血をしながら命をつないでいると聞いています。多田くんをはじめとする骨髄移植を必要とする皆さんの明るい未来をつなげられるよう、皆さんの温かい優しさというのを分けていただけないでしょうか。骨髄バンクへの登録をよろしくお願いいたします」

「また、多田くんは輸血も必要としているため、献血へのご協力も併せてよろしくお願いいたします。僕自身、急性白血病となり、骨髄移植をしたため、骨髄のバンクの登録、また献血への協力というものはすることができませんが、だからこそ自分にできる呼びかけであったり啓発活動を通じて、少しでも力になれればいいかなと思っています。一人ひとり皆さんができることを考え、協力、またサポートのほどをよろしくお願いいたします。今闘っているサッカー仲間を、サッカーファミリーをはじめとする多くの皆さんで助けて、またサポートできるよう、皆さんのご協力をよろしくお願いいたします」

 早川と同じ新潟県新潟市出身の稲垣は、このコメントに対して「急性白血病、骨髄移植を経験した同郷の早川選手からのメッセージだからこそ響くものがあった」と思いを受け取り、「コロナウィルスで大変な状況なのは重々承知ですが、現在骨髄移植を必要としているガンバ大阪、多田選手が頑張れるように、少しでもこのメッセージに耳を傾けて欲しい」と呼びかけた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

シティ&チェルシーが熱視線も…ドルトムントが16歳DFコリンズと新契約を締結

DFナムディ・コリンズがドルトムントと新契約を締結
 ドルトムントは8日、DFナムディ・コリンズ(16)との契約を2023年まで延長したことを発表した。

 コリンズは189cmの長身を誇るセンターバックで、U-16ドイツ代表ではキャプテンを務めている。2016年に12歳でドルトムントの下部組織に加入し、今季はU-17ブンデスリーガで21試合に出場して4得点を記録。ドイツやイギリスのメディアによると、来季U-19チームでプレーすると見られるコリンズには、マンチェスター・シティやチェルシーが大きな関心を示していたという。

 クラブ公式サイトを通じ、「僕は12歳の時からドルトムントでプレーしていて、クラブにはたくさんの借りがある。僕の目標はドルトムントでプロになり、いつか南スタンド(ゴール裏)の前でプレーできるようになることだ」とコメントした。

●ブンデスリーガ2019-20特集

シティ&チェルシーが熱視線も…ドルトムントが16歳DFコリンズと新契約を締結

DFナムディ・コリンズがドルトムントと新契約を締結
 ドルトムントは8日、DFナムディ・コリンズ(16)との契約を2023年まで延長したことを発表した。

 コリンズは189cmの長身を誇るセンターバックで、U-16ドイツ代表ではキャプテンを務めている。2016年に12歳でドルトムントの下部組織に加入し、今季はU-17ブンデスリーガで21試合に出場して4得点を記録。ドイツやイギリスのメディアによると、来季U-19チームでプレーすると見られるコリンズには、マンチェスター・シティやチェルシーが大きな関心を示していたという。

 クラブ公式サイトを通じ、「僕は12歳の時からドルトムントでプレーしていて、クラブにはたくさんの借りがある。僕の目標はドルトムントでプロになり、いつか南スタンド(ゴール裏)の前でプレーできるようになることだ」とコメントした。

●ブンデスリーガ2019-20特集

[5月9日 今日のバースデー]

Japan
MF上田康太(岡山、1986)*左足から繰り出す長短織り交ぜたキックが魅力のMF。
DF鳥海晃司(千葉、1995)*千葉アカデミー出身で明治大を経て加入したDF。対人の粘り強い守備が強み。
DF安在達弥(沼津、1996)*東京Vの育成組織出身で中央大を経てJ入り。兄の和樹(山口)もJリーガー。

World
FWケビン・ガメイロ(バレンシア、1987、フランス)*飛び出しのセンスに優れ、一瞬のスピードと動き出しの良さで得点を量産する。
FW原口元気(ハノーファー、1991)*スピードに乗ったドリブル突破が持ち味の日本代表サイドアタッカー。

Former
FW{*ユップ・ハインケス}}(元ボルシアMGほか、1945、ドイツ)*2度の得点王に輝いた経歴を持つストライカー。現在は通算4度目のバイエルン指揮官。
MF森崎和幸(広島、1981)*森崎兄弟の兄。的確なポジショニングが持ち味で攻撃の起点となった。
MF森崎浩司(元広島、1981)*森崎兄弟の弟。左足の正確なキックを武器とした攻撃的MF。

Others
掛布雅之(野球、1955)
原田雅彦(スキージャンプ、1968)
安藤裕子(シンガーソングライター、1977)
大橋卓弥(スキマスイッチ:ミュージシャン、1978)
横山裕(関ジャニ∞:アイドル、1981)
松田龍平(俳優、1983)
平原綾香(歌手、1984)
山田涼介(Hey!Say!JUMP:アイドル、1993)
今井達也(野球、1998)
岡村ほまれ(モーニング娘。:アイドル、2005)

レアルFWヨビッチが自宅トレーニング中に骨折…再開後のリーグ戦は欠場か

FWルカ・ヨビッチが負傷離脱
 レアル・マドリーは8日、FWルカ・ヨビッチが検査を受けた結果、右足距骨の関節外骨折と診断されたことを発表した。

 スペイン『アス』によると、ヨビッチは自宅でのトレーニング中に負傷。離脱期間は約2か月と見られている。

 新型コロナウイルスの影響で中断しているリーガ・エスパニョーラは6月19日の再開を検討しており、実現した場合は7月26日にシーズンが終了する予定だ。ヨビッチは最終節での復帰を目指しているというが、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)が再開されるであろう8月に照準を合わせることが現実的だと同紙は伝えている。

 ヨビッチは昨年夏にフランクフルトから6000万ユーロ(約69億3900万円)+ボーナス500万ユーロ(約5億7800万円)でレアルに移籍。今季はここまで公式戦24試合に出場し、2ゴールを挙げていた。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

2020年限定ルール「交代枠5人」が正式決定!! ただし1試合3回まで

2020年限定ルール「交代枠5人」が正式決定!! ただし1試合3回まで
 国際サッカー評議会(IFAB)は8日、サッカー競技規則を一時的に改正し、1試合の交代枠を各チーム5人に拡大すると発表した。新型コロナウイルスの世界的流行を受け、各国リーグで過密日程が想定されることによる緊急措置。選手の疲労軽減に加え、戦術的な幅が広がることも期待できる。

 IFABはサッカーのルールを決定する唯一の機関。国際サッカー連盟(FIFA)と英国4協会によって構成される。今回の一時的改正はFIFAの提案を発端とし、これをIFABが承認する形で実現した。IFABは「さまざまな気象条件の下、近接した期間に試合が行われる可能性があり、選手の生活に影響を及ぼす可能性がある」と理由を説明している。

 今回の一時的改正は2020年12月31日までに終了する大会における暫定措置。これまで各チーム3人まで(延長戦では4人)だった交代枠が5人に拡大される。成年世代の大会においては、一度交代した選手の再入場はこれまでどおり認められない。

 試合の混乱を防ぐため、交代回数はハーフタイムを除いて各チーム3回まで。したがって5人の交代枠を全て使うのであれば、一度に複数の選手を起用しなければならない。また同時に両チームが交代した場合は、両チームにそれぞれ交代回数を加算。延長戦ではさらに1人の交代枠を追加することができる。

 この暫定ルールを採用するかどうかは各競技団体の決定に委ねられており、採用する場合はすぐに効力を発揮する。なお、IFABとFIFAは今後の各国リーグ戦開催状況を注視しつつ、対象期間を2021年以降にも延長することができるとされている。

 IFABはあわせて、夏の過密日程に備えて飲水タイムやクーリングブレイクを有効に活用するよう推奨。また密室のオペレーションルームに配置されるビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)については、導入済みのリーグであっても運用停止が認められることが決まった。VAR制度を運用し続ける場合には、通常どおりの手順を遵守することが求められる。

(文 竹内達也)

桐光学園の異能、FW三原快斗は「負けない自信がある」ドリブル、ゴールによって大舞台で輝く

鋭いドリブルで桐光学園高を牽引する2年生FW三原快斗
[2020シーズンへ向けて](※桐光学園高の協力により、アンケート形式で取材をさせて頂いています)

「自分の武器であるスピードに乗ったドリブルは負けない自信がある」。

 次世代の桐光学園高(神奈川)のエース、FW三原快斗(2年)は勝利、ゴールへの欲求を特に感じる選手だ。優勝したインターハイでも出場機会を得ている三原は、全国Rookie League交流大会で高速ドリブルや闘争心を発揮して日本一に貢献。新チーム発足直後は、上級生の中でも“風格”漂うようなプレーで攻撃を牽引していた。

 1月のニューバランスカップ準々決勝・流通経済大柏高(千葉)戦ではショートカウンターから豪快な右足のグラウンダーミドルをゴール右隅に叩き込んで先制点。チームも3-0で快勝した。「相手に合わせず自分たちのサッカーをすることができた。最後の1分まで点を取りにいけた」というこの試合は三原にとって「ベストゲーム」。流経大柏戦のように自らゴールを決めて、チームを勢いづける試合が今年は増えていきそうだ。

 昨年一年間の公式戦や対外試合で得点に多く絡むことができたこと、またチームが苦しい時間帯に声を掛け続けることができたと実感している。加えて「この一年で技術面や体力面もそうですけれど、『誰にも負けない』という気持ちは成長したと思う」。一方で本人は一つひとつのプレーの正確性については不満げ。新型コロナウィルス感染症による休校期間中に、その技術面と体力面の両方を高めることを目指している。

「目標としているプロサッカー選手は、ネイマール選手。その理由は見ている人を魅了するドリブルをするから」。“大舞台”全国高校選手権(1月)で4ゴールを記録した青森山田高MF松木玖生(2年)にライバル心を持っている。次は自分の番。選手権優勝を目標に掲げる強気のアタッカーがネイマールのように大舞台で魅せて、ゴールを破る。

(取材・文 吉田太郎)

傑出した先輩たちに続くか。「収めて、決める」桐光学園の186cmFW庄司朗

桐光学園高の186cmFW庄司朗はプレッシャーの中で一つひとつ結果を残していく。
[2020シーズンへ向けて](※桐光学園高の協力により、アンケート形式で取材をさせて頂いています)

 昨年のインターハイ王者・桐光学園高(神奈川)が今年も全国タイトルを獲るためには、昨年同等の堅守、そしてこの大型ストライカーの爆発が必要だ。

 FW庄司朗(3年)は186cmの長身と豊かな心肺機能の持ち主。「自分の武器は高さを生かしたヘディングとゴールに向かう泥臭いプレーです」と語る庄司の最前線で見せる空中戦の強さや、懐の深いボールキープは新チームの強みにもなっている。

 前線にFW西川潤(現C大阪)や、自身にとって“ライバル”だというFWラナイメアー祈安(現UDオリヴェイレンセU19)のいた昨年は、先発を奪取するまでには至らなかったが、インターハイ決勝などの厳しい試合を経験。その中で、ポストプレーや競り合いの部分で自分の間合いや感覚を掴めるようになったという。

 期待値が大きい分、コーチ陣から厳しい言葉を受けることは少なくない。それでも、豪快ヘッドで決めるゴールなど、ポテンシャルの高さは元福岡DFの鈴木勝大監督も認めるもの。本人は今年、攻撃の起点としての役割を果たすことに加えて得点数増加、特にチームを勝利へ導くようなゴールを誓う。

「(FW大迫勇也のように)前線で収めて、点を決めれる選手になりたいです」というFWは、そのためにクロスへの入り方やゴール前の冷静さという課題改善に取り組んでいく。近年、FW小川航基(現磐田)や西川という傑出した点取り屋を輩出している桐光学園。期待の大型FWは今年、先輩たちと比較されることは間違いないだろうが、そのプレッシャーに屈することなく一つひとつゴールを積み重ねていく。

 新型コロナウィルス感染症の影響で、桐光学園は5月末日まで休校措置を延長。チームの練習や公式戦から遠ざかっている。庄司は「チームの練習や試合ができないことで、試合感覚の部分が落ちていないか心配です。自宅練習では、いつ再開しても動けるように、走り込みや基礎の練習をしています」。千葉のJSC CHIBAから点取り屋たちに憧れて桐光学園へ進学した“大器”。今できることを続けながら、爆発の時を待っている。

(取材・文 吉田太郎)

懲りないカイル・ウォーカー「24時間でコロナ違反ハット」

再び外出禁止令を破ったDFカイル・ウォーカー
 マンチェスター・シティのイングランド代表DFカイル・ウォーカーが新型コロナウイルス感染拡大によるロックダウン(都市封鎖)下で、またもルール違反を犯したことが分かった。英『サン』が報じている。

 新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るう中、イギリス政府は感染防止対策として法律で厳しい外出禁止令を出し、ソーシャルディスタンス(社会的距離)に制限を設けている。しかし、ウォーカーは4月上旬に2人の売春婦を呼んだ“セックスパーティー”を主催したことが明らかになり、批判を浴びていた。

 ウォーカーは騒動の直後に謝罪コメントを発表していたが、わずか一か月後、再び外出禁止令を破ったことが分かった。6日午後からの24時間で3つの違反を犯し、1000ポンド(約13万円)の罰金が科される可能性も浮上。記事では「ロックダウン・ピエロのカイルウォーカーが24時間でCovid-19違反のハットトリックを達成した」と揶揄している。

 ウォーカーはマンチェスター郊外プレストベリーの自宅から43マイルを運転してロザラムに住む妹ローラの家を訪ね、4人の友人と共に妹の誕生日パーティーに4時間参加。家の外で妹を抱きしめる写真が掲載されている。

 そこから8マイルを運転してシェフィールドに住む両親の家を訪問し、30分ほど滞在した後に帰宅。その翌日にはルームメイトの友人と共にサイクリングに出かけたことが時系列で報じられている。記事によると、母親を新型コロナウイルスで亡くしたジョゼップ・グアルディオラ監督は憤慨しており、クラブの懲戒調査が始まったという。

 報道を受けて、ウォーカーはツイッター(@kylewalker2)を更新し、自身の行動について、「水曜日は妹にバースデーカードとプレゼントを渡したが、親友の1人としか話していない」と釈明。「彼女は僕への愛を示すためにハグしてくれた。それをどうすればよかったんだ?彼女を引き離せば良かったのか?その後に実家に寄って、料理してくれた食事を受け取ったんだ」と言及している。

 さらに、自身と家族がメディアに追われ、プライバシーの侵害で苦しんでいることを綴り、「新型コロナウイルスでフォーカスされているのは分かるが、メンタルヘルスは全く考慮されないのか?」「僕も一人の人間で、人々と同じように痛みや動揺を感じる」などと訴えている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中