HKT48豊永阿紀、J2福岡アンバサダー3年目へ

HKT48豊永阿紀、J2福岡アンバサダー3年目へ
 アビスパ福岡は20日、公式アンバサダーをアイドルグループHKT48の豊永阿紀さん(21)が継続して行うと発表した。18年から同職を務めており、3年目となる。クラブは23日にアビスパ福岡公式YouTubeチャンネルで配信する『アビスパ福岡2020オンラインファン感謝デイズ』に豊永さんが出演するとしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

レアル、バイエルン、インテルで医療関係者招待の親善大会開催へ

レアル、バイエルン、インテルで医療関係者招待の親善大会開催へ
 レアル・マドリーは19日、バイエルンインテルと共同で、社会貢献のためのチャリティーイベント『ヨーロピアン・ソリダリティ・カップ』を開催すると発表した。

 大会は21年の開催を予定しており、3チームの総当たりで、R・マドリー対インテルをマドリード、インテル対バイエルンをミラノ、バイエルン対R・マドリーをミュンヘンで行う。

 試合の収益はイタリアとスペインの医療・衛生用品購入費用に充てられる。また新型コロナウイルスの治療にあたる医療関係者が招待される。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

【動画】ガチキング目指す上での試金石…カクケンがチャンピオン帯に挑む!!【ウイイレ】

【動画】ガチキング目指す上での試金石…カクケンがチャンピオン帯に挑む!!【ウイイレ】
『eFootball ウイニングイレブン2020』(ウイイレ2020)のオンラインディビジョンでレート1000を達成したゲキサカFC1期生のカクケンとARATA。今度はカクケンがガチキング出場を目指し、予選参加の条件であるmyClubレート1000を目指します。

ゲキサカFCへの質問募集中! ↓からどうぞ!
https://peing.net/ja/abc287abbf303f

★ゲキサカ ゲームチャンネルの登録はこちらから

“世界の恥”FCソウルが法的措置検討…マネキン設置業者は「成人用マネキン」専門だった

イギリス『BBC』のインスタグラムより
 韓国Kリーグの開幕戦で客席に設置されたマネキンの中に「成人用マネキン」が紛れ込んでいた問題で、FCソウルが設置した業者に対する法的措置を検討していることが分かった。

 新型コロナウイルスの蔓延で開幕が延期となっていたKリーグだが、17日に無観客で開幕。少しでも寂しさを紛らわせようと、FCソウルは本拠地のスタンドにマネキン30体を置いた。

 しかしこの中の10体が成人用の製品であることが発覚。『朝鮮日報』には試合後、「寂しい雰囲気を少しでも盛り上げようとしたソウルの努力は国際的な恥につながった」と指摘。『BBC』なども伝えたことで議論を呼んでいた。

 『朝鮮日報』によると、マネキンを設置した業者は人間の皮膚の質感や体毛までを再現した「リアルマネキン」を専門に製作していたのだという。また業者のサイトにも「リアルドールをはじめとする成人用品を開発・製造するブランド」と記されていたというが、現在は閉鎖している。

 汚名を着せられたFCソウル。ただしチームはこの事実を把握していなかったようで、「成人用品を製作する業者が虚偽の説明をしていたことが確実になれば、業務妨害、詐欺などの疑いで提訴することもあり得る」と説明したとしている。

再開目指すプレミアリーグ、関係者748人中6人が新型コロナ陽性反応

再開目指すプレミアリーグ、関係者748人中6人が新型コロナ陽性反応
 プレミアリーグ選手とスタッフ748人を対象に実施した新型コロナウイルス検査で、6人が陽性反応を示したことが発表になった。

 プレミアリーグは今月19日よりグループ練習の再開を許可。そのため17日と18日に全クラブを対象に、新型コロナウイルスの検査を実施していた。

 陽性が判明したのはワトフォードの選手一人を含む3人、バーンリーのアシスタントマネージャーらだという。感染者はリーグのガイドラインに従い、7日間の自主隔離となる。検査は今後も各クラブで週2回実施される。

 プレミアリーグは6月中旬の再開を目指しているが、具体的な再開日はまだ決まっていない。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

C・ロナウド笑顔でサムアップ!ユーベに72日ぶり合流

C・ロナウド笑顔でサムアップ!ユーベに72日ぶり合流
 FWクリスティアーノ・ロナウドが、ユベントスの練習に合流した。報道陣が待ち構える練習場に自家用車でさっそうと乗り込んだロナウドは、ランニングやボールを蹴った軽いトレーニングで汗を流した。

 ユベントスは3月中旬にDFダニエレ・ルガーニやFWパウロ・ディバラが新型コロナウイルスに感染したことを発表。チームが活動を休止する中で、ロナウドは母国ポルトガルの自宅で隔離生活を送っていた。

 そしてロナウドは今月4日にイタリアに入国。14日間の検疫を経て、3月8日のインテル戦以来、72日ぶりとなるチーム合流を果たした。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

コウチーニョの“10番”を君に…サネ獲得に向かうバイエルン

MFコウチーニョとMFリロイ・サネ
 バイエルンマンチェスター・シティドイツ代表MFリロイ・サネ獲得に本腰を入れているようだ。英『デイリーメール』が伝えている。

 昨夏からサネに興味を示していたバイエルン。しかし、シーズンはじめのコミュニティシールドでサネが前十字靭帯を負傷した影響もあり、交渉はまとまらず。しかし、再び獲得に向けて動き出したバイエルンは、10番のユニフォームを与えてサネを迎え入れようとしている。

 現在、背番号10はバルセロナからレンタル移籍中のブラジル代表MFコウチーニョが背負っているが、以前からバイエルンは買い取りオプションを行使することはないと報じられている。そのため、空き番となる予定のナンバー10をサネに託そうとしているようだ。

 なお、『キッカー』によると、バイエルンは移籍金として4000万ユーロ(約47億円)を用意しており、一方のマンチェスター・Cは5000万ユーロ(約59億円)を求めている。約12億円の差額があるようだが、背番号10でまずはサネの心をつかめるだろうか。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

磐田、選手会がマスク2万枚を保健所および医療機関に寄付

 ジュビロ磐田は20日、選手会がマスク2万枚を近隣の保健所および医療機関に寄付することを発表した。クラブを通じて選手会は「ジュビロ磐田選手会として上記医療機関・保健所にマスクを寄付させて頂きます。現在もまだ、多くの医療従事者の方々が新型コロナウイルスの脅威と闘ってくれています。静岡県内でのコロナ新規感染者も減りつつありますが、まだ予断を許さぬ状況には変わりないと思います。医療従事者の方々や保健所の方々を、ジュビロ磐田選手会として、微力ながらもサポートしていきたいと思います」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「監督、ロッカールームが酒臭い」…カペッロの教え子で一番の問題児&偉大な才能の持ち主

ファビオ・カペッロ氏とロナウド氏
 ミランやローマ、レアル・マドリードなどを率いてきた名将ファビオ・カペッロ氏は多くの選手を指導してきた。そして、元ブラジル代表FWロナウド氏ほど、問題を起こした選手はいなかったという。スペイン『マルカ』が伝えた。

 ロナウド氏とカペッロ氏がレアル・マドリーでともに時間を過ごしたのは06-07シーズンだった。『スカイスポーツ』によると、当時を振り返ったカペッロ氏は「私がこれまで監督をしてきた中で最も偉大な才能を持っていたのはロナウドだ」とロナウド氏に賛辞を贈る一方で、「だが同時にロッカールームで最も問題を起こしていたのも彼だった」と明かしている。

「彼はパーティーを開いたり、あらゆることをしていたんだ。ある日、(ルート・)ファン・ニステルローイが私のところに来て、『監督、ロッカールームが酒臭いんだけど』と言ってきたことがあるほどだ」

 問題児だったロナウド氏だが、カペッロ氏は「才能という意味で言うなら彼が最もすごかった。それは間違いないよ」と改めて強調している。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

“ノルウェーの怪物”逃したユーベ…ホーランド側が拒否した理由

ドルトムントFWアーリング・ホーランド
 ドルトムントでゴールを量産するFWアーリング・ホーランドには、ユベントス行きの可能性もあったようだ。英『デイリー・スター』が伝えている。

 今冬、ザルツブルクからドルトムントに加入したホーランドは、デビュー戦でいきなりハットトリックを達成。その後もゴールネットを揺らし続け、中断明け初戦でもゴールを奪取するなど、ブンデスリーガ9試合10得点と驚異的なペースでゴールを積み重ねている。

 レアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドなどビッグクラブが興味を示していることが報じられているが、今冬には獲得に動いていたユベントスのオファーを断っていたという。代理人のミノ・ライオラ氏が、その理由を明かした。

「ホーランドがなぜユベントスに移籍しなかったのか? 彼らはホーランドをU-23のチームに入れようとしていたんだ」。マウリツィオ・サッリ監督には“ノルウェーの怪物”をすぐにトップチームに加えるプランはなかったようで、ユベントス行きが消滅したという。

●ブンデスリーガ2019-20特集
●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

岐阜、21日からトップチームのトレーニング再開

 FC岐阜は20日、新型コロナウイルス感染拡大防止のために4月6日から休止していたトップチームのトレーニングを5月21日から再開することを発表した。

 検温報告・行動記録報告・共有飲料水廃止・消毒などに加えて、「密」を避けるためにグループごとに練習時間帯を分けて徹底した感染予防対策をとるだけでなく、非公開で練習が行われることが併せて発表されている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

気にせずにシュート放てないロイス…今季復帰は絶望の可能性

ドルトムントMFマルコ・ロイス
 ドルトムントMFマルコ・ロイスの今シーズン中の復帰は絶望的なのかもしれない。『キッカー(日本語版)』が伝えている。

 ロイスは2月4日に行われたDFBポカール(国内杯)3回戦のブレーメン戦に先発出場。後半42分にシュートを放った際に右足の付け根あたりを痛め、44分にMFエムレ・カンとの交代を余儀なくされ、検査の結果、筋肉の損傷と判明。ドルトムントは練習復帰まで4週間ほどかかることを発表していた。

 5月16日にはブンデスリーガが再開されたものの、シャルケと対戦したドルトムントのメンバーにロイスの名前はなかった。『キッカー』によると、ロイスは今もチームの練習に参加できない状況が続いており、26日の首位バイエルンとの大一番にも間に合うことはなさそうだ。

『ビルト』によると、「気にせずに右足でシュートを放てない」状態というロイスはこのまま今シーズンを終える可能性があるという。

●ブンデスリーガ2019-20特集

逮捕されたチェルシー19歳FW、すでに練習に復帰

チェルシーFWカラム・ハドソン・オドイ
 17日に逮捕されたチェルシーFWカラム・ハドソン・オドイ(19)だったが、すでに練習復帰しているようだ。英『BBC』が伝えた。

『ザ・サン』によると、オドイは16日にオンライン上で女性とやりとり。ランジェリーを着用してペントハウスに来るよう依頼した。オドイの隣人の証言では女性は16日午後8時からオドイ宅に入っており、「彼女はとても豪華なルイ・ヴィトンの荷物を持っていた。マンションにはサッカー選手が2人いるらしいが、早朝から騒がしく、警察が呼ばれていた」と話していた。

 そして、17日の午前4時に体調不良の女性から警察と救命隊に通報が入り、警察はロンドン西部のアパートに直行。現場にはオドイもおり、ロックダウン(都市封鎖)を違反したとして逮捕、拘束されたという。

 しかし、『BBC』によると、保釈金を支払ったオドイは新型コロナウイルスの検査で陰性の結果が出た後、トレーニングの許可が出たため、すでに練習に復帰しているようだ。オドイは3月13日に新型コロナウイルス感染が発覚。プレミアリーグ初の感染者となったが、4月には回復していた。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

レアル、バイエルン、インテルが21年にチャリティーマッチ開催

レアル、バイエルン、インテルが21年にチャリティーマッチ開催
 レアル・マドリーは19日、バイエルンインテルとともにチャリティーマッチを開催することを発表した。

 チャリティーマッチは2021年にマドリード、ミュンヘン、ミラノの3都市で開催され、3チームの総当たり方式となり、レアル対インテルはマドリード、インテル対バイエルンはミラノ、バイエルン対レアルはミュンヘンで行われる。詳細な開催日時は未定で、今後の公式戦の日程次第だが、観客が来場できる状態になった時点で開催されることが併せて発表されている。

 なお、試合の収益はイタリアとスペインで医療・衛星品購入の費用に充てられ、試合にはウイルス拡散防止のために戦い続けている医療関係者を招待するという。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

@bookfun155 分野研究家

襟の形もデザインすることができます。襟があるものとないものでは相手に与える印象が全く異なる。 #フットサル#サッカー#ユニフォーム#グラデーション#カスタマイズ#高品質#着心地#保障#ロンヨン

Posted in 未分類

ピルロ封じた“番犬”…ルーニー「皆がパクのプレーに感謝した」

ウェイン・ルーニーとパク・チソン
 ダービー・カウンティFWウェイン・ルーニーが、かつてマンチェスター・ユナイテッドでともにプレーしたパク・チソン氏のプレーを振り返っている。マンチェスター・Uのクラブ公式ウェブサイトが伝えた。

「パクはクリスティアーノ・ロナウドと同じくらい重要だった」と語るルーニーは、ある試合を引き出し、元韓国代表MFがチームにとっていかに重要だったかを伝えた。その試合は09-10シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ミラン戦だった。

 対戦相手には正確無比なパスで攻撃をコントロールするアンドレア・ピルロが中盤に構えていた。当時チームを率いていたアレックス・ファーガソン監督は“稀代のレジスタ”を封じ込めるため、パク・チソンを刺客として送り込んだという。

「試合前にファギー(ファーガソン監督)が話した内容を覚えている。彼はパクに『君の今日の仕事はボールに触れることではない。パスを通すことでもない。今日の仕事はピルロを抑えることに集中するんだ』と言っていたんだ」

 パク・チソンは任務を遂行。ピルロ封じに成功したチームは2試合合計7-2で勝利し、準々決勝進出を果たした。パク・チソンがこの勝利にいかに貢献していたか、数字が示していたとルーニーは振り返る。「当時のピルロは1試合平均110本のパスを通していて、60~70パーセントは前に出すパスで相手は苦しめられるんだ。でも、僕たちと対戦した試合では40本くらいしかパスを出せなかったし、その95パーセントが自陣に戻すパスだった。パクが自分の役割に徹したからね。チームの皆がパクのプレーに感謝したよ。あの夜に彼がやったプレーは、それほど難しいものだったんだ」。

 そして、対戦相手となったピルロも、のちに自伝『I Think Therefore I Play』でパク・チソンとの対戦を振り返っている。

「ファーガソンは自分を追いかけさせるためにパク・チソンを解き放った。彼は電光石火のごとく、自分に向かってきたんだ。彼の手は自分の背中にあり、こちらを威嚇してきた。彼は有名な選手だったけど、番犬のような役割をこなしていた。ボールが何のためにあるのか分からないような感じだったよ」

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

勝負強さ見せてきた“決勝男”前橋育英MF熊倉弘達、今年は「どの試合でも、どんな時でもゴールを」

前橋育英高のMF熊倉弘達は今年、常にゴールを奪うようなエースへ
[2020シーズンへ向けて](※前橋育英高の協力により、アンケート形式で取材をさせて頂いています)

「個人としての目標はどの試合でも、どんな時でもゴールを決められる選手になること。そして、プロや大学に良いアピールをしたい。チームとしては3年間の最後の年なのでタイトルを獲りたいです!!」。前橋育英高(群馬)のMF熊倉弘達(3年)は、チームのため、自身の将来のために今年、結果を残すことを誓った。

 MF熊倉弘貴主将(3年)との“熊倉ツインズ”の弟、熊倉弘達は昨年度の選手権群馬県予選決勝でチームを全国へ導く決勝ゴール。同準々決勝の“前橋クラシコ”前橋商高戦でも2得点を叩き出しているテクニカルなアタッカーだ。

「(自分が)負けない武器は、ボールキープとペナルティエリアでのドリブル、シュートです」と熊倉弘達。目標の選手であるMF香川真司(サラゴサ)を参考にボールキープやシュートのアイディアを磨いてきた。そのMFは、公式戦の出場機会を大きく伸ばした昨年、得意のボールキープ、仕掛けから得点に絡み、守備の部分でもボールを奪い切れるようになったと実感している。

 昨年の熊倉弘達は“決勝男”だった。前述した選手権予選決勝の決勝点に加え、昨年は県新人戦決勝で兄・熊倉弘貴のクロスから右足で決勝ゴール。また、インターハイ予選決勝ではワンツーで右サイドを抜け出して先制点をアシストしている。

 一方で先発出場したインターハイ全国初戦(対青森山田高、0-2で敗戦)は得点に絡めないまま35分間で交代している。また、選手権全国大会はMF櫻井辰徳(現3年)とともに負傷欠場となり、チームは初戦敗退。山田耕介監督は彼らの不在を残念がっていた。

 今年はその悔しさもぶつける一年となる。選手層の非常に厚い前橋育英でその個性、勝負強さを磨いてきたが、今年は常にゴールを決め続けて絶対的な存在となること。そして、兄とともにチームを牽引し、全国タイトル獲得を目指す。

 群馬県は緊急事態宣言が解除されたため、前橋育英も分散登校を経て6月から学校が再開される模様だ。熊倉弘達は3月からの休校期間にランニングやボールコントロールの自主練習を続けてきた。コミュニケーション面の不安はもちろんあるが、全体練習再開直後から自主練習の成果を発揮し、またチームメートたちとともに課題を一つひとつ改善していくだけ。そして、新エース候補は過去のエースたち同等以上の活躍をしてチームに選手権日本一をもたらす。

(取材・文 吉田太郎)