東京V主将の20歳MF藤本寛也にポルトガル移籍が浮上

藤本寛也にポルトガル移籍報道
 東京ヴェルディに所属するMF藤本寛也(20)にポルトガル移籍が浮上している。ポルトガル『A BOLA』が報じた。

 東京Vの下部組織で育った藤本は2018年にトップ昇格すると、1年目から主力に定着し、昨季はJ2リーグ16試合に出場した。昨年8月に右膝を負傷して長期離脱していたが、今季はキャプテンに就任している。世代別代表の常連で、昨年6月に開催されたU-20ワールドカップでは第2戦メキシコ戦(○3-0)で2アシストの活躍を見せるなど、司令塔として存在感を放った。

 報道によると、藤本とポルトガル1部ジル・ヴィセンテFCの移籍交渉は進行しており、「非常に進んだ段階にある」という。買取オプションが付いた1シーズンの期限付き移籍に向けて準備中だと報じられている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

信頼されるキャプテンへ。柏U-18DF戸田伊吹が迎える決意の1年

柏レイソルU-18の新キャプテン、DF戸田伊吹
[2020シーズンへ向けて](※柏レイソルの協力により、電話取材をさせて頂いています)

 そのプレーを一目見れば、すぐに抜群のサッカーIQを持ち合わせていることがわかる。加えて今シーズンから託された新たな重責が、さらなる自覚を自らに促している。「やっぱりアカデミーのキャプテンという役割は伝統がありますし、責任感も凄く感じています」。伝統の4番を背負った柏レイソルU-18の新キャプテン。戸田伊吹(3年)は決意の1年を迎えている。

 2019年は飛躍の年だったと言っていいだろう。U-15加入時に初めてもらった番号だという、思い入れのある“20番”を付けた戸田は、プレミアリーグEAST開幕戦にボランチとして出場。中盤でバランスを注視しつつ、柏のアカデミーらしく2人のセンターバックの間に落ちて、ビルドアップへスムーズに加わる場面も。レギュラーの大半が入れ替わったチームの中で、2年生ながら確かな存在感を放っていた。

 ケガもあって、一時はスタメンを外れる時期も経験したものの、後半戦はセンターバックでの出場が増えていく。チームの骨格を担う位置での起用は、首脳陣の期待の表れとも取れたが、本人は少しの後悔を抱えて、当時を振り返る。「通用した部分ともっと磨かないといけない部分は感じましたし、3年生の代ではありましたけど、『もっと自分が中心という気持ちをもって挑めたんじゃないかな』という反省はありますね。『もっともっとできたんじゃないかな』と感じた所はあります」。

 印象的だったのはプレミア最終節。メンバーにはそれまで出場機会のなかった3年生も名前を連ね、交替も含めてその全員がピッチに登場する。7-4という打ち合いを制し、タイムアップを迎えた日立台のピッチに戸田も立っていたが、その周りにいたのは10人の3年生だった。「本当に去年の3年生にはお世話になりまくっていて、ずっと仲良くしてもらっていたので、『最後に3年生と一緒に良い試合ができたらな』と思っていましたし、一昨年もスギ(杉井颯=ツエーゲン金沢)が同じような感じになっていて、そういうメッセージもあるのかなと感じていました」。年が明け、『そういうメッセージ』の予感は的中する。山中真監督からキャプテンの指名を受け、戸田は覚悟を持ってそれを受け入れた。

 イメージしているキャプテン像は2つある。1つは日本を代表するキャプテン。「自分の中では長谷部誠選手の存在が大きくて、センターバックやボランチの2つのポジションができる所もそうですし、圧倒的なキャプテンシーに惹かれますね。自分もそうなりたいという憧れがあります」。もう1つは2歳年上のキャプテン。「スギには本当にお世話になっているので、憧れではあります(笑)」。トップ昇格を果たし、現在はツエーゲン金沢に期限付きで移籍している杉井颯も、同じ4番を背負ったリーダーだった。彼らの姿を思い浮かべながら、自分なりのキャプテン像をこれから模索していくことになる。

 前述してきたように、主戦場はボランチとセンターバック。今年はDF登録だが、両方のポジションでプレーできるのは自身にとっても、チームにとっても大きな強みだ。

「開幕前の練習試合はほとんどセンターバックだったので、『今年はセンターバックなのかな』という想いもありますけど、真さんにも『伊吹はどっちでもできるから、伊吹がいるからこそできる戦術もある』と言われていますし、そこはどっちも磨いていかないといけないかなと思っています。去年以上のクオリティで、両方を高いレベルでこなしたいですし、そこが自分の生き残る道というか、賢くプレーする所は大事にしている部分です」。伝統の4-3-3だけではなく、試合に応じたシステムや戦い方を駆使する山中監督にとっても、戸田の存在が頼もしいことは言うまでもない。

 今年は高校最後の1年であり、キャプテンを任されたからこそ、現状への歯がゆさも隠せない。「メチャメチャ悔しいですね。去年だったらプレミア優勝まであと一歩の所まで行っていたのに、勝ち切れなくて悔しい想いをして、それこそ去年から出ていた選手も多く残っていますし、『今年こそやってやるぞ』という中でこういう状態になってしまったので、やりきれない感じやもどかしさは強いです」。だからこそ、懸命にモチベーションを保ちながら、再び仲間とボールを追いかけることの叶う日に向けて、黙々と今できることをこなしつつ、力強く前を向く。

“伊吹”という名前は自分でも気に入っている。「父親の実家の近くに伊吹山という山があって、『その山のようになってほしい』というのが由来だと聞いたことがあります」。霊峰として知られ、『古事記』や『日本書紀』にも登場する名山のように、雄大なプレーの似合う選手になるため、ここからの自分に課しているハードルはもちろん低くない。

「目標はチームとしては三冠を獲ることで、プレミアやクラブユースは延期になっていますけど、目指す場所は変わらないので、みんなで自分自身に目を向けて精一杯取り組んでいきたいということと、個人の目標はトップに昇格することだけなので、そこに向けて自分ができることを日々積み重ねていきたいと思っています」。

 伝統の4番を背負った柏レイソルU-18の新キャプテン。戸田伊吹は決意の1年を迎えている。

■執筆者紹介:
土屋雅史
「(株)ジェイ・スポーツに勤務。群馬県立高崎高3年時にはインターハイで全国ベスト8に入り、大会優秀選手に選出。著書に「メッシはマラドーナを超えられるか」(亘崇詞氏との共著・中公新書ラクレ)。」

▼関連リンク
SEVENDAYS FOOTBALLDAY by 土屋雅史

ラ・リーガは6月12日に再開か…3日に1試合強行プラン

久保建英所属のマジョルカはバルセロナ戦へ
 リーガ・エスパニョーラが6月12日に再開する予定だと『マルカ』など複数のスペインメディアが報じている。

 リーガ・エスパニョーラは新型コロナウイルスの影響により3月12日から中断している。報道によると、12日に開催予定のセビージャ対レアル・ベティスの“セビリアダービー”でリーグ戦を再開するプランが浮上している。ただし、スペイン政府とスペインサッカー連盟(RFEF)の許可が下りなければリーグを再開することはできない。

 ラ・リーガは5月28日に全スケジュールを決定し、クラブに伝える予定だという。今季は11節を残しており、3日に1試合を消化し、順調に進めば7月19日に今シーズンの日程が終了する計画になっているようだ。


●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集

00~09年のインハイ兵庫県代表成績_FW岡崎慎司主将の04年滝川二、FW伊佐耕平の09年神戸科学技術が全国8強

FW岡崎慎司は滝川二高の全国8強入りに貢献。(写真は03年大会。写真協力=高校サッカー年鑑)
[2000~2009年のインターハイ兵庫県代表校成績]

 2000~2009年のインターハイ兵庫県代表には滝川二高が7度輝いている。FW岡崎慎司(現ウエスカ)が主将を務め、FW木島悠(元大分)、2年生FW森島康仁(現藤枝)、2年生MF内田昂輔(元大分)、1年生GK清水圭介(現京都)を擁していた04年大会は、初戦で流通経済大柏高(千葉2)に4-1で快勝。2回戦でも岡崎慎の先制ヘッドを皮切りに西武台高(埼玉1)から5ゴールを奪って5-2で撃ち勝った。そして、3回戦では岡崎慎と木島がともに2得点ずつ奪うなど盛岡商高(岩手)に8-2で大勝。だが、国見高(長崎)との準々決勝では1点を奪えず、0-0で突入したPK戦で森島と岡崎慎が外して惜敗している。

 滝川二はMF春永代志主将(元神戸)やFW小山拓土(元徳島)が3年時の00年大会で3回戦進出。だが小山の2ゴールなどでリードしながらも清水市商高(静岡)に逆転負けした。DF河本裕之(現大宮)や2年生FW岡崎の03年大会も2勝したが、3回戦で河本が先制ヘッドを決めながらも帝京高(東京1)に2点を奪い返されて1-2で逆転負けしている。02年大会は岡崎慎の兄・FW岡崎嵩弘の2ゴールで1勝。01年大会とDF中西隆裕主将の08年大会も1勝している。森島や内田が3年時の05年大会は初戦で鹿島高(茨城)に逆転負けしている。

 神戸科学技術高は06年の初出場を皮切りに07年、09年にも出場した。MF洞ヶ瀬太一(→関西国際大)とFW伊佐耕平(現大分)を中心とした09年大会では伊佐の2試合連続ゴールとPK戦2試合を突破する粘り強さで躍進。初のベスト8へ進出し、準々決勝でも前橋育英高(群馬)と1-2の接戦を演じている。神戸科学技術はDF金正也主将(現仙台)の06年大会で初勝利。2年生FW須ノ又諭(現FC大阪)の先制ゴールなどで湯本高(福島)に2-1で競り勝った。須ノ又が主将を務めた07年大会は初戦で香川西高(香川)にPK戦で敗れている。

以下、00~09年のインターハイ兵庫県代表校成績 ※()内は出場回数

[2009年]
代表校:神戸科学技術高(3)
1回戦 4-1 星稜高(石川)
2回戦 1-1(PK5-3)日本航空高(山梨)
3回戦 0-0(PK4-3)岐阜工高(岐阜)
準々決勝 1-2 前橋育英高(群馬)

[2008年]
代表校:滝川二高(18)
1回戦 3-1 米子北高(鳥取)
2回戦 0-1 大阪桐蔭高(大阪2)

[2007年]
代表校:神戸科学技術高(2)
1回戦 1-1(PK2-4)香川西高(香川)

[2006年]
代表校:神戸科学技術高(初)
1回戦 2-1 湯本高(福島)
2回戦 0-3 真岡高(栃木)

[2005年]
代表校:滝川二高(17)
2回戦 2-3 鹿島高(茨城)

[2004年]
代表校:滝川二高(16)
1回戦 4-1 流通経済大柏高(千葉2)
2回戦 5-2 西武台高(埼玉1)
3回戦 8-2 盛岡商高(岩手)
準々決勝 0-0(PK4-5)国見高(長崎)

[2003年]
代表校:滝川二高(15)
1回戦 3-1 水橋高(富山)
2回戦 1-1(PK5-3)星稜高(石川)
3回戦 1-2 帝京高(東京1)

[2002年]
代表校:滝川二高(14)
1回戦 2-0 愛工大名電高(愛知2)
2回戦 1-1(PK3-4)帝京高(東京1)

[2001年]
代表校:滝川二高(13)
1回戦 6-0 武蔵工大二高(長野)
2回戦 0-1 韮崎高(山梨)

[2000年]
代表校:滝川二高(12)
1回戦 2-1 秋田商高(秋田)
2回戦 4-0 水戸短大附高(茨城)
3回戦 3-4 清水市商高(静岡)

FW伊佐耕平を擁した09年の神戸科学技術高も8強。(写真協力=高校サッカー年鑑)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020

古巣インテルナシオナルが川崎Fレアンドロ・ダミアン獲得に関心、ブラジルで一斉報道

古巣インテルナシオナルがFWレアンドロ・ダミアン獲得に関心か
 インテルナシオナル川崎フロンターレに所属する元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアン(30)の獲得に関心を示していると、『Diário Carioca』など複数のブラジルメディアが一斉に報じている。

 古巣インテルナシオナルのマルセロ・メデイロス会長が最近のインタビューで、L・ダミアン復帰の可能性について語ったことが分かった。

 レアンドロ・ダミアンは2009年にインテルナシオナルに加入し、10年に主力としてコパ・リベルタドーレス杯優勝を経験。2011年3月にブラジル代表デビューを果たすと、2012年にはFWネイマール(パリSG)らとともにロンドン五輪に出場し、6ゴールを挙げて大会得点王に輝いている。19年に完全移籍で川崎Fに加入し、昨シーズンはリーグ11ゴールを記録していた。

 報道によると、07年から10年までインテルナシオナルに在籍した現シャフタール・ドネツク所属の元ブラジル代表MFタイソン・バルセロス・フレダ(32)とともに、L・ダミアンを復帰させるプランが浮上しているようだ。

 記事ではL・ダミアンがかつて、インテルナシオナルは特別な場所であり、いつかは戻ってきたいと語っていたことを伝えている。L・ダミアンはクラブ史上最高のストライカーの一人として、ファンからの人気も根強いという。川崎Fとの契約は2021年1月までとなっている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

10年以降のインハイ兵庫県代表成績_選手権V世代の滝川二が夏も全国準V

19年は三田学園高が出場したが、PK戦で敗れた。(写真協力=高校サッカー年鑑)
[2010年以降のインターハイ兵庫県代表校成績]

 2010年以降のインターハイ兵庫県代表の最高成績は10年大会で滝川二高が記録した準優勝だ。2回戦から登場した滝川二はFW浜口孝太(→青山学院大)の決勝点で室蘭大谷高(北海道2)を1-0で撃破。3回戦で地元・那覇西高(沖縄1)を2-0で破ると、準々決勝ではルーテル学院高(熊本)に2-1で逆転勝ちした。そして準決勝ではエースFW樋口寛規(現福島)の3得点と浜口のゴールによって西武台高(埼玉1)を4-0で破り、初の決勝進出を果たした。市立船橋高(千葉2)との決勝はMF谷口智紀(現沼津)のアシストから浜口が決めて先制したものの、同点に追いつかれ、延長戦の3失点で逆転負け。だが、浜口と樋口のダブルブルドーザー、谷口やMF香川勇気(現大分)、CB土師直大(→明治大)を中心にその悔しさを同年冬の選手権で晴らし、日本一を勝ち取っている。

 滝川二は13年と地元開催の15年でも8強。13年大会はエースFW谷本優(→大阪教育大)の決勝点によって開催地代表の東福岡高(福岡1)を破るなど勝ち上がったが、準々決勝で真岡高(栃木)にシュート19本を浴びせながらも1点を奪えずにPK戦で敗れた。15年大会はMF田中聖也(→京都産業大)の劇的な同点ゴールで息を吹き返して創造学園高(長野)をPK戦で下すと、続く帝京三高(山梨)戦も試合終盤に追いついてPK戦で勝利。粘り強い戦いで上位に食い込んだ。滝川二は選手権で優勝した翌夏のインターハイにも出場。2年生MF高畑智也(元相模原)らを擁していたが、初戦で静岡学園高(静岡)にPK戦で敗れた。MF持井響太(現明治大)がエースを担っていた16年大会は、長崎総合科学大附高(長崎)を破ったが、3回戦で敗退している。

 12年大会に出場した神戸科学技術高はDF溝端正輝の2発などで大分高(大分)に逆転勝ち。2回戦でも大阪桐蔭高(大阪1)と2-4の打ち合いを演じた。三田学園高は地元開催だった15年大会に初出場。MF西殿悠太(→甲南大)の先制点などによって福井商高(福井)から初白星を勝ち取っている。三田学園は19年大会にも出場したが、初戦で作陽高(岡山)にPK戦で敗れた。

 神戸弘陵高は14年大会で19年ぶりに出場。初戦でFW入谷子龍(→日本文理大)が優勝校・東福岡高(福岡)から1点をもぎ取ったが、失点を重ねて敗れた。神戸弘陵はMF高野裕維(現常葉大)が主将を務めた18年にも出場したが、同じく初戦敗退に終わっている。17年大会にはFW上野輝人(現大阪経済大)らの活躍で公立の市立尼崎高が全国初出場。だが、初戦で高川学園高(山口)に0-1で惜敗している。

以下、10年以降のインターハイ兵庫県代表校成績 ※()内は出場回数

[2019年]
代表校:三田学園高(2)
1回戦 1-1(PK2-4)作陽高(岡山)

[2018年]
代表校:神戸弘陵高(3)
1回戦 0-3 國學院久我山高(東京2)

[2017年]
代表校:市立尼崎高(初)
1回戦 0-1 高川学園高(山口)

[2016年]
代表校:滝川二高(23)
2回戦 1-0 長崎総合科学大附高(長崎)
3回戦 0-4 瀬戸内高(広島2)

[2015年]
第一代表校:滝川二高(22)
2回戦 1-1(PK4-3)創造学園高(長野)
3回戦 1-1(PK8-7)帝京三高(山梨)
準々決勝 0-2 市立船橋高(千葉2)

第二代表校:三田学園高(初)
1回戦 4-0 福井商高(福井)
2回戦 0-2 草津東高(滋賀)

[2014年]
代表校:神戸弘陵高(2)
2回戦 1-8 東福岡高(福岡)

[2013年]
代表校:滝川二高(21)
1回戦 4-0 秋田南高(秋田)
2回戦 1-0 東福岡高(福岡1)
3回戦 2-1 近大附高(大阪2)
準々決勝 0-0(PK7-8)真岡高(栃木)

[2012年]
代表校:神戸科学技術高(4)
1回戦 3-1 大分高(大分)
2回戦 2-4 大阪桐蔭高(大阪1)

[2011年]
代表校:滝川二高(20)
2回戦 1-1(PK2-4)静岡学園高(静岡)

[2010年]
代表校:滝川二高(19)
2回戦 1-0 室蘭大谷高(北海道2)
3回戦 2-0 那覇西高(沖縄1)
準々決勝 2-1 ルーテル学院高(熊本)
準決勝 4-0 西武台高(埼玉1)
決勝 1-4(延長)市立船橋高(千葉2)

滝川二高はFW浜口孝太(11番)とFW樋口寛規の強力2トップを中心に決勝進出。(写真協力=高校サッカー年鑑)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020

Jリーグが明治安田生命と“特別協賛”契約を新たに締結!「とても大きな金額」アフターコロナに活用へ

メッセージボードを紹介する村井満チェアマン(オンライン会議アプリ『Zoom』のスクリーンショット)
 Jリーグは22日、タイトルパートナー契約を結んでいる明治安田生命保険相互会社と新たに「特別協賛」契約に合意したと発表した。契約期間は今年6月から2021年12月まで。村井満チェアマンが同日、臨時実行委員会後に報道陣向けオンラインブリーフィングで概要を説明し、「本当にありがたいお申し出をいただいた」と感謝を語った。

 明治安田生命は2015年からタイトルパートナーとしてリーグの冠スポンサーを担ってきた他、加盟56クラブとも個別の契約を締結し、「みんなの健活プロジェクト」など地域に根付いた活動を重ねてきた。今後は「とことん!地元応援キャンペーンwith J」と題して、Jクラブのホームタウン活動により深く関わり、コロナ禍を乗り越えるための取り組みを進めていくという。

「とても大きな金額で特別協賛を頂戴した」。そう語った村井チェアマンは契約金額こそ明かさなかったものの、「全56クラブが全国でホームタウン活動をやっているが、明治安田生命さんと一緒に活動していけるような資金をいただいている。地域の皆さんに還元できる協賛をいただいた」と説明した。

 この日、自宅からオンラインブリーフィングを行った村井チェアマンは、同社の全支社から贈られたというJリーグへのメッセージ入り大判ボードを紹介。さらに同日朝、根岸秋男社長から「日本中に元気を伝える努力をしていきましょう。ファン・サポーターの皆さんにしっかり恩返しをできるように頑張っていきましょう」という電話があったことも明かした。

 村井チェアマンは今後の活動の見通しとして「地域とクラブがより緊密により元気付けていく方向でご支援を活用していきたい」とし、「ホームタウン活動の頻度と回数を増やしていきたい。ウィズコロナ、アフターコロナにふさわしい地域活動に貢献していきたいし、Jリーグの選手も顔を出す活動をしていきたい」と意気込みを語った。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

[5月22日 今日のバースデー]

Japan
GK高木駿(大分、1989)*明治大出身。瞬発力と反応の鋭さに加え、キックの精度も高いGK。
DF河津良一(八戸、1992)*鋭い読みと対人の強さが持ち味のサイドバック。
DF戸根一誓(富山、1996)*東海学園大出身のセンターバック。守備力に加えてフィード能力を持ち合わせる。
GK原田岳(相模原、1998)*横浜FMユース出身。安定したキャッチングが持ち味。

World
MFアルトゥーロ・ビダル(バルセロナ、1987、チリ)*視野が広く、運動量とボール奪取能力が高いMF。ユニークなヘアスタイルも必見。

Former
FWジョージ・ベスト(元マンチェスター・Uほか、1946、北アイルランド)*60年代後半のマンチェスター・Uを支えた伝説的ドリブラー。
FWイゴール・レディアコフ(元スパルタク・モスクワほか、1968、ロシア)*ロシア代表経験もある攻撃的MF。
DFカルロス・アギレラ(元A・マドリーほか、1969、スペイン)*A・マドリーで長らくキャプテンとして活躍した。

Others
嶋大輔(俳優、1964)
ナオミ・キャンベル(モデル、1970)
ゴリ(ガレッジゼール:タレント、1972)
田中麗奈(女優、1980)
原史奈(女優、1981)
ノバク・ジョコビッチ(テニス、1987)
高木美帆(スピードスケート、1994)

J再開後「近隣からマッチメーク」案も…チーム練習「4〜5週間」確保へ

村井満チェアマン(オンライン会議アプリ『Zoom』のスクリーンショット)
 Jリーグの村井満チェアマンが22日、臨時実行委員会後の記者会見を行い、公式戦の再開までに最低「4週間から5週間」の全体トレーニング期間を設ける方針を明かした。29日の次回実行委員会で正式な再開日程を議論するという。

 Jリーグは同日午後、日本野球機構(NPB)との連絡会議を開催し、専門家8人が作成した『提言』を受け取った。『提言』は再流行を防ぎながら公式戦開催を行うためのガイドラインにあたるもの。無観客試合や事前検査の方針などが示されており、これを受けてリーグ側も再開プロトコルの作成を進めている。

 この日の実行委員会では再開日程の議論は行わず、『提言』に関する情報などが共有された。再開日程は29日の次回実行委員会で決議する方針。これから1週間で選手会、契約担当者、強化担当らステークホルダーとの協議を進め、全てのクラブが「4週間〜5週間」の全体トレーニング期間を設けられるように再開日を定める構えだ。

 なお専門家による『提言』では、再開後は「当面は無観客試合」という方針が定められていた。村井チェアマンによると、この方針は実行委員会の場でクラブ代表者にも伝達されたが、「異議や反論は全くなかった」という。また村井チェアマンは「無観客試合」が制裁の意味も含むことから、「言葉を定義したい」と新たなフレーズを用いる意向も示した。

 また懸念されている移動リスクに関しては「飛行機は3分間、新幹線は6〜8分間で全ての空気が入れ替わる」という専門家の助言を受けており、利用は「健康管理をして毎日のエビデンスをとっている選手が、マスクをしてあまり会話をしないのであればあまり問題はない」と村井チェアマン。一方、自治体との合意形成の必要性を次のように強調した。

「県を跨いで移動することに不安を感じられることもあり、その場合は知事などの許可を得ることになる。行政所有の施設を使わせていただくので、全国のクラブが地域の知事や市長と準備していたプロトコルを説明し、こういう安全管理をしている選手がこういう配慮をしているのでご理解くださいと、丁寧に働きかけをしていくことそのものも移動の段階ですごく重要だと考えている」。

 さらに『提言』では、選手の負担軽減のため、十分な休養確保や一時的なルール変更を推奨する項目も盛り込まれた。ルール上では国際的に承認されている交代枠5人制の導入が進められている一方、選手の健康面ではシーズン完了のために週2試合の過密日程による疲労を避けることはできず、連続する移動で心理的なストレスも懸念されている。

 これについて村井チェアマンは「試合日程上では厳しいものの、移動距離をなるべく短縮できるような配慮を当初はしていただけないかというのがあった。なるべく近隣のところをマッチメークして、もう一度競技日程を組み直す努力も必要なのかなと感じた」と説明。その上で外食の自粛などが求められる宿泊時や移動時に「ストレスを発散できるようにリラックスできるような工夫」を求めた。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「信じてくれなかった!」マンUの19歳新星が1年前を振り返る

DFブランドン・ウィリアムズのエピソード
 マンチェスター・ユナイテッドに所属するDFブランドン・ウィリアムズが、父親の誕生日にベンツを購入したようだ。英紙『ミラー』が伝えている。

 ユナイテッドの下部組織で育ち、今季トップチームデビューを果たした19歳は週給40,000ポンド(約524万円)と報じられている。ウィリアムズがメルセデス・ベンツをプレゼントし、父親が信じられない様子で驚く姿がSNSで共有されている。

 ウィリアムズは初めてユナイテッドのトップチームの遠征メンバーに選ばれた際、両親が信じてくれなかったことを明かしている。

 2018-19シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦パリSG戦第2戦が、自身初となるトップチームのアウェー遠征だった。ウィリアムズは「興奮でしかなかったよ。すぐに家族に電話をしたんだけど、信じてくれなかったんだ!」と一年前を振り返った。

「僕は両親を説得しなければならなくて、それからスーツを取りに行って、準備をしなきゃいけなかった。トップチームと一緒に遠征するのは初めてだったけど、フライトの約3時間前まで知らなかったんだ。それは僕にとって新しいことだったよ」

「選手たちを間近で見て、ゲームの準備をしている様子を見て、間近でユナイテッドを見たことがなかったから特別な夜だったよ」

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

逮捕後初…ロナウジーニョが富豪にエール

ロナウジーニョ氏
 元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏が逮捕後初めてSNSを更新した。ブラジル『グローボ』が伝えている。

 ロナウジーニョは偽造パスポートを使ってパラグアイに入国した疑いで3月4日に逮捕されると、現地の刑務所で32日間勾留され、4月7日に保釈された。その後はパラグアイの首都アスンシオンにあるホテルに滞在し、監視下で裁判を待っている。

 自身のツイッター(@10Ronaldinho)やインスタグラム(@ronaldinho)のストーリーを更新し、新型コロナウイルスのチャリティイベント『FIFA 20』に参加するサウジアラビアの富豪トゥルキ・アル・シェイク氏に対して、「シェイク・トゥルキ、ゲーム頑張れ。魔法のドリブルを使ってね」とエールを送っている。

 同氏はサウジアラビア王国裁判所の顧問であり、同国の総合娯楽庁長官。スペイン2部UDアルメリアのオーナーという顔も持つ。

 ロナウジーニョは保釈後もSNSを使用してこなかったが、3月上旬以来の投稿となった。

Jリーグ・NPB再開ガイドライン“第2弾”が完成! 「当面は無観客試合」過密日程への警鐘も

Jリーグの村井満チェアマン、プロ野球の斉藤惇コミッショナー(オンライン会議アプリ『Zoom』のスクリーンショット)
 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)と日本野球機構(NPB)がつくる『新型コロナウイルス対策会議』は22日、第8回会議を開いた。専門家と地域アドバイザー計8人で作成する「提言」の第2弾が完成。全国各地で緊急事態宣言が解除され、シーズン再開の期待が高まる中、感染防止策を徹底しながら公式戦を開催するための新たなガイドラインが示された。

 対策会議は3月12日、第3回会議の場で『提言』第1弾を公表。シーズン再開・開幕に向けた準備項目を詳細に記していたが、感染者のさらなる増加を受けて4月上旬に緊急事態宣言が発令されたことで、公式戦開催の見通しが立たなくなっていた。そして今回、ようやく全国各地で宣言解除が続いていることで、再流行の防止を盛り込んだ第2弾がつくられた。

 提言の前文では「第二波、再流行を防止しながら社会経済活動の維持を両立させていく取り組みが求められる」と記され、「感染クラスターになることを防ぐ」とともに「安全第一に日本のスポーツ文化を守る」ことを強調。また公式戦開催にあたっては「地域自治体との連携を緊密に図る」ことを前提とした。

 新たに加わった項目の中で、大きな影響を与えそうなのが無観客試合の要件。第1弾では「流行時」としていたが、「当面は」という表現に変化した。Jリーグの村井満チェアマンは「無観客は最後の最後の手段と申し上げてきた。今後1週間で再開の方向性を議論していきたいが、一つの手段として受け入れていきたいと考えている」と述べ、無観客での再開を受け入れる方針を示した。

 また「スポーツ選手は強度の高い運動とストレスにより、一時的に体力や免疫機能が低下することも報告されている」とされ、選手の負担軽減策も新たに盛り込まれた。「選手の心身の負担軽減も考慮した特別ルールの適用も必要」という制度面に加え、「十分な休養が必要」という日程面への提言も。Jリーグは再開後、週2試合の過密日程が見込まれていたが、ここにも警鐘が鳴らされる形となった。

 韓国やドイツのリーグで採用されている選手・スタッフを対象とした事前検査の必要性も言及された。対策会議の座長を務める東北医科薬科大の賀来満夫教授は「PCR検査が主体だが、今後は抗原検査や抗体検査についてもしっかりとした体制を作っていくことが重要」とした他、愛知医科大の三鴨廣繁教授は「再開・開幕にあたって十分に準備してきたというアピールの意味合いもある」と合意形成に向けた重要性も口にした。

 さらに「ミーティング、打ち合わせなどはなるべく屋外で行う」「遠征先での外出・外食など不特定多数との接触の機会は避ける」「症状がない場合でもマスク着用や手指衛生による感染予防が大切」「(観客を入れる場合)一定時間、マスクを着用せず飲酒・食事を続ける観客を減らす」などといった細かい感染防止策も列挙されている。

 提言の末尾では、再開後も「経済活動の再開に伴う接触の増加により再流行をきたすことや、クラスターの発生、医療の逼迫などの要因によって、国や自治体首長の指導のもとに移動やイベント開催の制限が行われることもある」と指摘。「専門家・アドバイザー、関係機関と緊密に連携しながら、選手・スタッフ、観客の安全を最優先とし、公式戦の中断・延期の判断を行う必要がある」と再中断の可能性も示された。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

磐田が25日からトップチームの全体練習を再開

磐田が25日からトップチームの全体練習を再開
 ジュビロ磐田は22日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で、25日からトップチームの全体トレーニングを再開すると発表した。

 トレーニングはグループ分けを行い、グループ別に時差を設ける方針。引き続き、選手・スタッフの検温、市中での行動制限、行動記録管理などの徹底・クラブハウス内施設の一部使用制限などの感染防止対策も行うという。当面の間は非公開練習となる。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

八戸、25日から全体トレーニングを再開

 ヴァンラーレ八戸FCは22日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で、25日からトップチームの全体トレーニングを再開することを発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全体練習を一時休止していた。当面の間は徹底した感染対策を継続し、ロッカールーム等は使用せず、自宅とトレーニング場所の直行直帰など、感染状況などを踏まえて段階的にトレーニングを行う方針。引き続き非公開練習とし、ファンサービスやメディアのトレーニング取材は実施しない。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

キエッリーニがスアレスの“噛みつき”を称賛「悪意もサッカーの一部だ」

2014年ブラジルW杯の“噛みつき事件”について語ったジョルジョ・キエッリーニ
 ユベントスに所属するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが、2014年のブラジルW杯で起きたバルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスの“噛みつき事件”を振り返った。『スカイスポーツ』が伝えている。

 グループステージの対戦で試合終盤、ジョルジョ・キエッリーニの肩に噛みついたスアレスは、この行為によって後に4か月間の謹慎処分と9試合の出場停止処分を受けている。だが、被害に遭ったキエッリーニはスアレスに恨みはないと理解を示した。

「悪意もサッカーの一部だ。それがルール違反だとは思わない。ライバルを越えるためには、賢くなければならないんだ」。新しく出版する自伝のなかで、そう語ったキエッリーニは「それを失ったら、彼は普通のフォワードになってしまうだろう」と続けた。

 この試合ではウルグアイ代表が後半に1-0で勝ち越し、勝利を収めている。だがキエッリーニは負傷して敗戦したにもかかわらず、スアレスとの対戦を楽しんだと振り返った。

「僕は試合中、ほとんどカバーニをマークしていた。マークするのが難しくて、なかなか捕まえにくかったよ」

「突然、キエッリーニに肩を噛まれたことに気がついた。それが彼の対人戦での戦略だったんだ。言ってしまえば、僕もそうした類の戦略を取ることはある。彼と僕は似ているね。だから彼のようなアタッカーを相手にするのは好きだよ」

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

横浜FM来季加入の興國高MF樺山諒乃介、GK田川知樹の追加登録が完了…背番号も決定

MF樺山諒乃介(左)とGK田川知樹
 Jリーグは22日、登録選手の追加を発表した。

 横浜F・マリノスへの来季加入が内定している興國高MF樺山諒乃介とGK田川知樹の2選手が2種登録で追加。樺山は49番、田川は50番を着用する。

▽J1追加選手
横浜F・マリノス
49 MF 樺山諒乃介(2種)

50 GK 田川知樹(2種)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

ブンデス2部ドレスデンで再び感染者…先週は陽性反応により再開延期に

ブンデス2部ドレスデンで再び感染者…先週は陽性反応により再開延期に
 ブンデスリーガ2部のディナモ・ドレスデンが21日、新型コロナウイルス検査で2名に陽性反応が出たことを発表した。今月4日の検査では1名、9日には2名の陽性反応が出ており、17日のMF原口元気所属のハノーファーとの対戦が延期となっていた。

 ドレスデンは17日のブンデスリーガ2部の試合でハノーファーと対戦する予定だったが、9日の検査で選手に陽性反応が出たため、試合は延期となっていた。そのためにチーム全員が隔離措置の対象となり、14日間は練習も試合も禁止になっていた。

 今回、選手1名とスタッフ1名の感染が確認された。9日からのチーム全員の隔離措置は23日に解かれるが、今回の感染者2名のみを隔離。チームは23日から練習を再開させるという。

●ブンデスリーガ2019-20特集

ブンデス2部ドレスデンで再び感染者…先週は陽性反応により再開延期に

ブンデス2部ドレスデンで再び感染者…先週は陽性反応により再開延期に
 ブンデスリーガ2部のディナモ・ドレスデンが21日、新型コロナウイルス検査で2名に陽性反応が出たことを発表した。今月4日の検査では1名、9日には2名の陽性反応が出ており、17日のMF原口元気所属のハノーファーとの対戦が延期となっていた。

 ドレスデンは17日のブンデスリーガ2部の試合でハノーファーと対戦する予定だったが、9日の検査で選手に陽性反応が出たため、試合は延期となっていた。そのためにチーム全員が隔離措置の対象となり、14日間は練習も試合も禁止になっていた。

 今回、選手1名とスタッフ1名の感染が確認された。9日からのチーム全員の隔離措置は23日に解かれるが、今回の感染者2名のみを隔離。チームは23日から練習を再開させるという。

●ブンデスリーガ2019-20特集

C・ロナウドと7年間をともにするケディラ「歴史上でも最高峰の一人だ」

合計7年間ともにプレーしているMFサミ・ケディラとFWクリスティアーノ・ロナウド
 ユベントスのMFサミ・ケディラは自身のインスタグラム(@sami_khedira6)でいくつかの質問に回答。これまでのキャリアで印象に残った監督や選手を語っている。イタリアの著名記者ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏の公式サイトが伝えている。

 イタリア国内のロックダウン(都市封鎖)緩和により、セリエAのクラブでも個人練習が再開。ユベントスの選手たちも練習に参加し始め、22日には全選手が揃うとみられている。21日にチームに合流したケディラは、自身のインスタグラムで質問に回答。印象に残った指揮官にジョゼ・モウリーニョ監督を挙げている。

 ケディラとモウリーニョ監督はともに2010-11シーズンからレアル・マドリーに加入。ケディラは当時を振り返り、「素晴らしい監督はたくさんいて、色々なことを学んできた。最も印象的なのはモウリーニョ監督だ。彼は僕を信頼してくれたんだ」と語る。「僕たちは素晴らしい関係を築けたし、それは今でも感じている。監督として尊敬しているよ」と絶大な信頼を寄せた。

 また、ケディラはレアルでFWクリスティアーノ・ロナウドとチームメートとなり、現在ユベントスで再会。稀代のプレーヤーもケディラの尊敬する一人だ。「並外れたプレーヤーだし、素晴らしい人物だ」と絶賛。「レアルで5年、ユーベで2年と7年間一緒にプレーしているが、彼の技術、そして野心は歴史上でも最高峰の一人だろう」と近くで見てきた戦友に最高評価を与えている。

「トレーニングでも常に勝利を収めている。誰にとっても手本になっている。一緒に練習できることをとても嬉しく思っているよ」

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

チェルシーFWジルの残留が決定! 今季末で契約満了も…オプション行使で1年間延長

練習に参加するFWオリビエ・ジル
 チェルシーは21日、FWオリビエ・ジル(33)が1年間の契約延長オプションを行使し、残留することを発表した。

 今シーズン限りで2年半の契約が満了する33歳のフランス代表FWは、1年間の延長を決断した。クラブ公式サイトを通じ、ジルは「チェルシーで継続してプレーできることは嬉しい」と喜びを語る。「またチェルシーのユニフォームを着て、スタンフォードブリッジでプレーしたい。まずは安全の確保からになるけどね」と今季の残り試合に向けて意気込んでいる。

 ベテランの残留にクラブ側も喜んでいるようだ。ディレクターのマリナ・グラノフスカイア氏は「オリビエは今のチームに欠かせない選手。経験豊富なベテランと、才能ある若手のバランスを保つためにも、チームの土台となれるようなプレーができる選手は貴重です」とその存在の大きさを語る。「優勝経験も豊富な先輩として、今の世代を引っ張っていってほしい」と今後に期待を示した。

 また、指揮官フランク・ランパードもジルに期待を寄せる。「自分がチェルシーに復帰してから、オリビエはプロとして、また人としても素晴らしい面を見せてくれている」と語り、「ピッチ内外を問わずチームを助けてくれる存在だ。また来シーズンも残ってくれて心強い」と喜びを語っている。

 ジルは2018年冬にアーセナルからチェルシーに加入。公式戦76試合に出場し、21ゴールを挙げている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

なでしこ10番FW籾木結花が電撃渡米! 9年間お世話になった日テレ・ベレーザへ感謝の思いも

なでしこジャパン10番FW籾木結花が電撃移籍
 日テレ・東京ヴェルディベレーザは22日、FW籾木結花(24)がアメリカ女子サッカーリーグのOLレインに完全移籍することを発表した。

 日本女子代表(なでしこジャパン)やクラブで10番を背負うエースは、中学進学とともに日テレ・メニーナに入団。中学3年で日テレ・ベレーザでトップチームデビューを飾った。昨季はクラブの2シーズン連続3冠に貢献。なでしこジャパンとしても昨年フランスで行われた女子ワールドカップに出場した。

 クラブ公式サイトを通じ、籾木は「背中を押してくれた東京ヴェルディという大きなクラブのスタッフの方々に感謝を伝えたいと思います」とクラブへの思いを吐露。「このクラブでなければできない貴重な経験ばかりで、だからこそ私はサッカー選手としても、一人の人間としても成長することができたと思います」と感謝を伝えた。

 黄金期をともに支えるチームメートにも思いを伝える。「今回の移籍の件をみんなに伝える時は、色々な感情が混ざり合い、今までに経験したことのない気持ちになりました」と葛藤もあったというが、「みんなの反応を見ることに怖さがありましたが、私の決断を受け入れ、背中を押してくれたことが心から嬉しかったです。本当にありがとう」と気持ちを明かした。そしてサポーターに向けてもメッセージを送っている。

「ファン・サポーターの皆様には突然のご報告となり、申し訳ありません。今季はベレーザで戦うと心に決め、準備をしていた身でありながら、1試合も出場せずに渡米することを申し訳なく思っています」

「中学3年生で初めてベレーザのメンバーとして試合に出てから、どんな時も、勝つ喜びや勝てない苦しさを皆さんと共有してきました。皆様の温かい言葉の一つひとつがなければ今のベレーザも私もなかったと思います。皆様とともに戦えて本当に嬉しかったです。ありがとうございました」

「最後に、この世界的危機の中、私にオファーを下さったOL Reignにも感謝の気持ちを伝えたいと思います。OL Reignは素晴らしい選手が集まるクラブです。私が成長するために最高の環境があると信じています。その環境に感謝をするだけでなく、自分のプレーでOL Reignというクラブにも恩返しをできるように頑張りたいと思います」

「私にとって、今回の決断はとても大きな決断でした。このチャンスを自分の手で掴み、アメリカで多くのことを学び、身長は変わりませんが、ひと回りも二回りも大きくなって皆様にその姿を見せたいなと思います!」

「多くの方に支えられ、多くの人に応援してもらっていることを忘れず、そして感謝の気持ちを忘れず、頑張ってきます。本当にありがとうございました」

以下、プロフィール
●FW籾木結花
(もみき・ゆうか)
■生年月日
1996年4月9日(24歳)
■身長/体重
153cm/49kg
■出身地
アメリカ
■経歴
バディFC-日テレ・メニーナ-日テレ・ベレーザ
■2019シーズン出場歴
なでしこリーグ1部:17試合4得点
なでしこリーグカップ1部:4試合2得点
AFC女子クラブ選手権:2試合0得点
皇后杯:5試合0得点

金沢主将DF廣井が明かす“やる気の出し方”、「ゴトビさんに教わった事があります」

金沢主将のDF廣井友信がブログを更新
 ツエーゲン金沢の主将であるDF廣井友信は20日、自身のブログを更新。「やる気の出し方」について書いており、清水エスパルス元指揮官アフシン・ゴトビ氏からの言葉を伝えている。

 2015年から金沢に所属し、今季も主将を務める廣井は今月16日からブログをスタート。「Twitter では伝え切れない考えや想いを発信してみよう」「アウトプットする事で自分自身をもっと知りたい」と初回で始めた理由を伝えていた。

 第2回は20日に「やる気の出し方」という題で更新し、日常生活の中でやる気を起こす方法を語る。「エスパルスの元監督アフシンゴトビさんに教わった事があります。今でも意識してやっている事です」と14年まで所属していた清水での元指揮官からの言葉を想起。「それはやる気が起きない時、10分だけでいいからやり始める事」と挙げた。

 ゴドビ氏は発想を逆転させて「人間の脳は『やる気→行動』の方向だけでなく『行動→やる気』のパターンもあるんだと」と廣井に伝えた。その後、廣井は日々のルーティンに取り組めないとき「アフシンさんの言葉を思い出し、負けそうな自分に喝をいれます」と奮起しているという。

「練習後のジョギング、今日はやめとこうかな〜と思っても、1周だけ走ってみようと始めると20分走り切れていたり、筋トレきついな〜と思っても、1セットやってみるとやる気出てきて、気づけば上半身裸でみっちり1時間追い込んでいたりと、やる気が最初出なくても、トレーニングを積み上げられる事が多くあります」

「この脳味噌の仕組み、サッカー以外でも活用できると思うので、やる気出ない時、試してみて下さい」

 それでもやる気が出ないときについて、ゴトビ氏は「今日はやめて、リフレッシュしろ」とも語っていたことも明かし、廣井も恩師の教えに従って休むことの大事さも説いている。

以下、DF廣井友信のブログ
https://note.com/hiroi111

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

ベルギー代表マルティネス監督の契約延長が正式発表! サッカーゲーム「FIFA」上で指揮官登場の粋な演出も

ロベルト・マルティネス監督の契約延長が正式発表に
 ベルギー代表は20日、ロベルト・マルティネス監督との契約を2022年まで延長することを発表した。

 マルティネス監督は2016年夏に代表監督に就任すると、18年のロシアワールドカップでは日本代表との激戦を制し、その勢いのまま同国初の3位進出を果たした。FIFAランキング首位を保ち、EURO2020予選も10戦全勝と好調を維持。今夏に契約期限を迎える予定だったが、EURO延期に伴い契約も延長に至った。

 今回の契約延長の発表は、ベルギー代表のツイッター(@BelRedDevils)でも行われた。ベルギー代表MFエデン・アザールがサッカーゲーム「FIFA」をしており、パックを引くとマルティネス監督が登場。驚いたアザールがチームメートのFWロメル・ルカクに電話をして動画が終了するという、粋な演出になっている。


●EURO2020予選特集
●EURO2020特集

@bookfun155 分野研究家

定番のオリジナルユニフォームとかを選択か、昇華プリントのユニフォームにしておくほうがいい。 #フットサル#サッカー#ユニフォーム#グラデーション#カスタマイズ#高品質#着心地#保障#ロンヨン

Posted in 未分類

@bookfun155 分野研究家

定番のオリジナルユニフォームとかを選択か、昇華プリントのユニフォームにしておくほうがいい。 #フットサル#サッカー#ユニフォーム#グラデーション#カスタマイズ#高品質#着心地#保障#ロンヨン

Posted in 未分類

ユーベ選手が全員陰性に! C・ロナウド「耐え続ければ、困難を乗り越える方法は見つかる」

FWクリスティアーノ・ロナウドも練習に合流している
 ユベントスは21日、所属選手全員が新型コロナウイルスの検査で陰性となったことを発表した。

 個人練習の再開とともに、チームには選手たちが少しずつ集結。FWクリスティアーノ・ロナウドもポルトガルからの帰国から検疫期間を経て、今月20日にチームに合流している。

 クラブは21日にチーム全体で検査を実施。その結果は全員陰性と判明し、それにより全体でのトレーニング再開に向けて大きく前進することとなった。同日には新型コロナウイルス感染から回復を遂げたMFブレズ・マトゥイディや、MFサミ・ケディラといった主力メンバーも集結。検疫期間を経たMFアドリアン・ラビオとFWゴンサロ・イグアインも22日には合流する。

 C・ロナウドは自身のツイッター(@cristiano)を更新。「忍耐強さを一貫して保ち続けてれば、困難を乗り越える方法は見つかる」と前向きな発言をしている。セリエAは6月13日の再開を目指していたが、イタリアサッカー連盟(FIGC)は今月18日にスポーツイベントの中断を6月14日まで延長することを発表している。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

選手権で全国の猛者封じ込んだ田邉秀斗。最注目SBはアシスト増加し、より静岡学園を助けられる選手へ

静岡学園高の注目SB田邉秀斗は今年、アシストを増加し、よりチームを助けられる選手に。(写真協力=高校サッカー年鑑)
[2020シーズンへ向けて](※静岡学園高の協力により、電話取材をさせて頂いています)

 チームは昨年度の選手権覇者。個人でもレギュラーとして日本一を経験し、U-18日本代表、日本高校選抜に選ばれた。静岡学園高(静岡)のDF田邉秀斗(3年)は複数のJクラブが関心を寄せている大型SBだ。
 
 高校ラストイヤーは、王者のリーダー格として戦う一年。だが、特別な力みはないようだ。田邉は「(新チームが)少しでも良くない試合をしてしまうと評価がすぐに下がってしまう。でも、気負いせずにということはチームの中でも話している。(先輩たちが日本一に輝いたが)『自分たちは、自分たちだから』と話しているので、そこは静学のスタイルを変えずに、どのチームに対してもボールを支配して戦いたいです」。まずは静学スタイルを磨き上げること。新型コロナウイルスの影響で静岡学園は休校中だが、焦らず自分たちができることに取り組んでいくだけだ。

 部長の齊藤興龍コーチからも「今は耐える時期だ」という言葉を受けており、遠隔授業から日常生活に戻している最中だ。学業から日常に近づけていけば、サッカーが再開された際にしっかりと入っていけるという考え。だからこそ、田邉は日々の勉強を大事に、その上で自主練を一日もサボることなく続けている。

 昨年、田邉にとって飛躍の一年だったことは間違いない。他の高校生右SBにはない高さとスピードを武器に全国舞台で力を発揮。「試合になると、1対1とか守備の時は自分のサイドからは抜かれないかなという気持ちが正直ありました」と振り返るように、全国クラスのサイドプレーヤーを封じ込んできた。

「あまり普段抜かれなかったので1回抜かれた時は目立ってしまう。(川口修)監督には『1回も抜かれるな』と言われていました」というほど。その言葉に応え、選手権で準決勝まで5試合連続無失点、静岡学園にとって24年ぶりとなる全国制覇に貢献した田邉は、左SBでプレーする機会が多い今年も貪欲に“対人全勝”を求めていく。

 元々期待の強力CBだった田邉は昨年、プリンスリーグ東海開幕時に左SB、夏明けからは右SBを務めた。1年間SBとしてプレーしたことによって、試合の流れを読むことや味方、相手の状況に気を遣う部分での成長も実感している。昨年はMF松村優太(現鹿島)やMF小山尚紀らコンビを組んだ選手によってパスの質や攻め上がりのタイミングを変えてプレー。また、技巧派軍団・静学で自身の技術面もレベルアップさせてきた。

「まだトップチームの中では全然技術は低い方ですし、(川口)修さんにも『技術が低い』と言われているので、そこは卒業するまでにどんどん磨いて行こうと思います」と納得しておらず、スピードを活かした突破で深く切れ込んだ後のクロスも課題となっている。だが、日本一を達成した後も慢心することなく技術面、クロスの向上を目指す日々。新型コロナウイルスによる活動休止前の紅白戦などではスピードのあるクロスからアシストする回数を増やすなど、徐々に質を高めている。

 最終学年はCB起用のプランもあるが、「SBの楽しさを知ってしまった」田邉は現在、SBでのプレーをイメージしながら練習再開、シーズン開幕を目指している。そして、「バックラインから自分でグイグイ前に運んで、サイドの人と良いコンビネーションをして、今自分の課題になっているんですけれども良いクロスをFWに上げて、アシストできるような選手になりたいです。目標は(クロスのスペシャリストである)リバプールのアーノルド選手です。あのくらいの武器を一つ持っていると凄いと思うので」と意気込んだ。

 昨年は、年代別日本代表の先輩MF松村が徹底マークされる姿を見てきた。「それでも松村さんは2、3人抜いてアシストしたり、点を取ったりという選手だったので、そのくらいのマークには負けじと、自分も怯えずにやっていきたい」と田邉。素走りでは高速アタッカー、松村にも負けないスピードを誇る田邉は今年、相手の警戒を上回るような突破と成長中のクロスで味方のゴールを何度もお膳立てする。

 昨年、選手権で日本一に輝き、注目度を高めたが、本人は謙虚に「自分は試合で活躍できたかというと全然活躍できていなくて、ほとんど3年生に助けてもらったかなという思いです」。自信を持っていた守備面も、今年1月のU-18日本代表スペイン遠征でまだまだ上がいることを知った。だからこそ、止まることなく成長を続け、今年は自分がチームを助ける選手になって、目標の全国連覇へ。最注目SBは力みすぎることなく、一日一日を大事に積み重ねて、その成果をリーグ戦や選手権予選、全国大会で披露する。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

BOXER PANTS

昇華プリントで総柄のグラフィックを施したオリジナルボクサーパンツ。 程よいフィット感はもちろんのことブランドの特徴を活かしたデザイン性がおすすめなアイテムとなっております。 素材:ポリエステル 100% サイズ:S,M,L,XL,XXL カラー:BLACK,WIHTE1(BUG),WAPPEN,WHITE2(32)
ウエスト総丈前股上わたり
S: 59cm 24cm 18.5cm 22cm
M: 65cm 24.5cm 19cm 23cm
L: 71cm 25cm 19.5cm 24cm
XL: 77cm 25.5cm 20cm 25cm
XXL: 83cm 26cm 20.5cm 26cm

 (約/cm)

Posted in 未分類

SHORT PANTS

水陸両用に着用できるナイロンショートパンツ(メッシュ素材のインナーパンツ付)。 シンプルなデザイン性に加え、止水のファスナーポケットを施すなどディティールも備わったアイテム。 素材:ナイロン 100% サイズ:S,M,L,XL,XXL カラー:BLACK,CHARCOAL,BLUE GRAY
ウエストヒップ前股上股下
S: 68cm 103cm 24.5cm 14.5cm
M: 71cm 106cm 25.5cm 15.5cm
L: 74cm 109cm 26.5cm 16.5cm
XL: 77cm 112cm 27.5cm 17.5cm
XXL: 80cm 115cm 28.5cm 18.5cm

 (約/cm)

Posted in 未分類

GRAPHIC SHIRTS

昇華プリントを施した総柄パターンの開襟シャツ。 吸汗速乾性の高いポリエステル素材を使用し、肌触りが良いストレスフリーなサマーアイテムとなっております。 素材:ポリエステル 100% サイズ:S,M,L,XL,XXL カラー:BLACK,BLUE CAMO,WHITE1(BUG),WAPPEN,WHITE2(32)
着丈袖丈身幅肩幅
S: 65cm 18.5cm 47cm 40cm
M: 72cm 21cm 51cm 43cm
L: 74cm 22cm 54cm 46cm
XL: 76cm 23cm 57cm 49cm
XXL: 76cm 23cm 60cm 52cm

 (約/cm)

Posted in 未分類

NTN CARGO SHORT PANTS

【NEW TYPE NEO】ナイロン素材を使用したカーゴショートパンツ。 計7つのポケットを要しギミックのかかったデザインが特徴的です。 レーザー圧着やフラップ式、右裾のカーゴポケットはミニポケットとの二層構造など多種多様のサイズを配置しております。 素材:ナイロン 100% サイズ:S,M,L,XL,XXL カラー:BLACK
ウエストヒップ前股上股下
S: 80cm 104cm 25cm 25.5cm
M: 83cm 107cm 26cm 26.5cm
L: 86cm 110cm 27cm 27.5cm
XL: 89cm 113cm 28cm 28.5cm
XXL: 92cm 116cm 29cm 29.5cm

 (約/cm)

Posted in 未分類

NTN AUTHENTIC UNIFORM

【NEW TYPE NEO】黄金期と呼ばれることも多い90年代のサッカーユニフォームを彷彿とさせるアイテム。 切替の昇華パターンでギミックの効いたデザイン性、メッシュやリブなど異素材を組み合わせたディティールが特徴のハイクオリティユニフォームとなっております。 素材: ポリエステル 100% サイズ:S,M,,L,XL カラー:BLACK
着丈裄丈身幅袖口幅
S: 71cm 50cm 50.3cm 15cm
M: 72cm 51cm 53.3cm 15.5cm
L: 74cm 52cm 56.3cm 16cm
XL: 76cm 53cm 59.3cm 16.5cm

 (約/cm)

Posted in 未分類

NTN HIGH SPEC TEE

【NEW TYPE NEO】見た目はコットンさながら吸水速乾性に優れたポリエステル100%の開発素材を使用したハイスペックTシャツ。 シンプルなグラフィックパターンを施した汎用性の高いアイテムとなっております。 素材: ポリエステル 100% サイズ:S,M,,L,XL カラー:BLACK,WHITE
着丈袖丈身幅肩幅
S: 72cm 22.5cm 52cm 46cm
M: 73cm 23.5cm 55cm 48.5cm
L: 75cm 24.5cm 58cm 51cm
XL: 77cm 25.5cm 61cm 53.5cm

 (約/cm)

Posted in 未分類

NTN ATHLETIC VEST

【NEW TYPE NEO】レイヤードアイテムとして幅広く支持されているベスト。 タクティカルベストを彷彿とさせる多数のポケットが取り付けられているのがディティールの特徴。 裏返すことにより後ろ身のファスナーポケットに収納が可能なポケッタブル仕様となっております。 メッシュ素材との切替デザインがモードなスタイルにもハマる一着。 素材: ナイロン 100% サイズ:S,M,,L,XL,XXL カラー:BLACK
着丈アームホール身幅肩幅
S: 65cm 24cm 53cm 42.5cm
M: 67cm 25cm 56cm 45cm
L: 69cm 26cm 59cm 47.5cm
XL: 71cm 27cm 62cm 50cm
XXL: 73cm 28cm 65cm 52.5cm

 (約/cm)

Posted in 未分類

NTN POCKET OVER SHIRTS

【NEW TYPE NEO】ナイロン素材を使用したオーバーサイズシルエットシャツ。 速乾性に優れるカジュアル素材ながら程よく光沢感のあるエレガンスさが印象的。 左胸のメッシュポケットはレーザー圧着のファスナー仕様、裾のドローコードでシルエットにも変化を加えられるなど細かなディティールも特徴です。 素材: ナイロン 100% サイズ:S,M,,L,XL カラー:BLACK
着丈袖丈身幅肩幅
S: 67cm 25cm 66cm 52.5cm
M: 68cm 26cm 69cm 55cm
L: 70cm 27cm 72cm 57.5cm
XL: 72cm 28cm 75cm 60cm

 (約/cm)

Posted in 未分類