村井チェアマンがJ1最多632試合出場の遠藤保仁を祝福「見ていていつも思うことは…」

J1通算632試合の出場を達成したMF遠藤保仁
 Jリーグは4日、ガンバ大阪のMF遠藤保仁が同日に開催されたJ1第2節のC大阪戦(●1-2)で歴代最多となるJ1通算632試合の出場を達成したことを受け、村井満チェアマンからのコメントを発表した。

 現在40歳の遠藤は2月23日に行われた第1節の横浜FM戦(○2-1)で、J1最多タイの631試合出場を達成。名古屋などで活躍した元日本代表GKの楢崎正剛氏の記録に並んだが、新型コロナウイルスの影響でシーズンが中断し、記録更新が持ち越しとなっていた。それでも約4か月を経て再開した一戦でスタメン入りし、J1通算632試合目の出場。Jリーグ史に新たな記録を打ち立てた。

 村井チェアマンはJリーグ公式サイト上で「遠藤選手、J1最多出場記録の更新おめでとうございます。達成された偉大な記録に対してチェアマンとして心から祝福したいと思います。この『632』という数字が、Jリーグの27年の歴史に重要な1ページを刻んだといっても過言ではありません」と祝福の言葉を送っている。

 さらに「私が遠藤選手を見ていていつも思うことは『平常心』の大切さです。人間、何か重要な局面に立つと自然と緊張する姿が見えるものですが、遠藤選手のプレーを見ていると緊張を感じる場面をほぼ見ることがありません。これは遠藤選手が不断の努力を欠かさない向上心や、どんな状況であっても周囲にアジャストする適応力を磨き続けた結果であると考えます」と続け、「今シーズンも、持ち前の『平常心』で不惑のシーズンも変わらずチームの中心として活躍されることを期待しています」と締めくくった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料"DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

北九州vs琉球 試合記録

【J2第3節】(ミクスタ)
北九州 4-0(前半0-0)琉球


<得点者>
[北]國分伸太郎(49分)、鈴木国友(61分)、ディサロ燦シルヴァーノ(87分)、佐藤亮(90分+1)

主審:小屋幸栄
副審:村田裕介、塩津祐介

<出場メンバー>
[ギラヴァンツ北九州]
先発
GK 31 永井堅梧
DF 3 福森健太
DF 6 岡村和哉
DF 16 村松航太
DF 32 永田拓也
(78分→DF 15 野口航)
MF 10 高橋大悟
MF 17 加藤弘堅
MF 25 國分伸太郎
MF 39 椿直起
FW 11 池元友樹
(67分→FW 7 佐藤亮)
FW 28 鈴木国友
(72分→FW 9 ディサロ燦シルヴァーノ)
控え
GK 1 高橋拓也
DF 4 川上竜
MF 14 新垣貴之
MF 19 永野雄大
監督
小林伸二

[FC琉球]
先発
GK 1 ダニー・カルバハル
DF 2 鳥養祐矢
DF 3 福井諒司
(68分→MF 11 田中恵太)
DF 9 李栄直
DF 14 沼田圭悟
MF 6 風間宏希
MF 20 上里一将
MF 10 富所悠
(58分→MF 28 小泉佳穂)
MF 18 山口和樹
(46分→MF 8 風間宏矢)
MF 27 茂木駿佑
(85分→MF 7 小野伸二)
FW 16 阿部拓馬
(58分→FW 21 上原慎也)
控え
GK 26 田口潤人
DF 24 鈴木大誠
監督
樋口靖洋

昨年の市船10番鈴木唯人が堂々J1デビュー!「出来る感覚あった」と本人も好感触

先発した鈴木唯人
[7.4 J1第2節 清水1-2名古屋 アイスタ]

 清水エスパルスはホームで名古屋グランパスに1-2で逆転負けを喫した。クラブ創設記念日に開催するホームゲームだったが、白星で飾ることは出来なかった。

 ただ敗戦の中にも光明はあった。この日は昨年の市立船橋高の10番で今季より新加入の18歳MF鈴木唯人と、ユースから昇格した2年目GK梅田透吾が揃って先発デビューした。

 鈴木は前半9分に積極的なミドルシュート。セットプレーのキッカーを務めるなど、後半16分までの出場だったが、チャンスを幾度も演出。梅田も2失点したものの、失点シーンでも粘り強いセーブを見せていた。

 2人の若武者のデビューにピーター・クラモフスキー監督も「才能のある選手たち。非常にハードワークしてくれたし、2人もいいプレーをしていたと思う」と及第点の評価を与えた。

 鈴木自身も「デビュー戦ということでいい形で入りたかった。シュートを打つチャンスがあれば打って行こうと思っていた。(課題いうより)自分自身では出来る感覚があった」と好感触を口にする。

 そして「いい形でデビュー出来た。これからも自信を持ってトレーニングに励んでいきたい。結果も残さないと生き残れない世界。その中で1試合1試合結果を残すことが大事になる。1年を通して5得点を達成できるように頑張っていきたい」と更なる成長を誓っていた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

広島が連勝で首位キープ!イニエスタ先発の神戸に公式戦10試合ぶりの黒星つける

広島が連勝で首位キープ!イニエスタ先発の神戸に公式戦10試合ぶりの黒星つける
[7.4 J1第2節 神戸0-3広島 ノエスタ]

 サンフレッチェ広島が敵地でヴィッセル神戸に3-0で勝利した。2月23日の鹿島戦に続く2連勝。一方の神戸は昨年11月23日のC大阪戦から続いていた公式戦の不敗が9でストップした。

 広島が4か月半前の開幕戦勝利の流れを継続させる勝利を飾った。先制は前半35分、左サイドからMF森島司がCKを蹴ると、ニアでMFハイネルが頭でそらす。これがFWレアンドロ・ペレイラの足元に入ると、左足で押し込んでゴールネットを揺らす。

 追加点は後半3分、MF川辺駿のスルーパスに反応したMF浅野雄也がゴール左隅に蹴り込んでみせる。前半20分にMF柏好文のアクシデントで投入された今季新加入MF。クラブOBで兄の浅野拓磨顔負けのJ1初ゴールを突き刺した。

 とどめは後半36分、MF東俊希のラストパスからレアンドロ・ペレイラがこの日2点目を決めて勝負を決める。レアンドロは開幕戦に続く連発。公式戦3連発と決定力の高さを見せつけている。

 広島は鹿島との開幕戦に続く3-0での2連勝。首位をがっちりとキープした。

 一方の神戸はMFアンドレス・イニエスタを中心に攻撃を組み立てようとするものの、この日は最後まで歯車がかみ合わず。DFトーマス・フェルマーレンの欠場で守備が安定しなかったことも響いた。 

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

広島が連勝で首位キープ!イニエスタ先発の神戸に公式戦10試合ぶりの黒星つける

広島が連勝で首位キープ!イニエスタ先発の神戸に公式戦10試合ぶりの黒星つける
[7.4 J1第2節 神戸0-3広島 ノエスタ]

 サンフレッチェ広島が敵地でヴィッセル神戸に3-0で勝利した。2月23日の鹿島戦に続く2連勝。一方の神戸は昨年11月23日のC大阪戦から続いていた公式戦の不敗が9でストップした。

 広島が4か月半前の開幕戦勝利の流れを継続させる勝利を飾った。先制は前半35分、左サイドからMF森島司がCKを蹴ると、ニアでMFハイネルが頭でそらす。これがFWレアンドロ・ペレイラの足元に入ると、左足で押し込んでゴールネットを揺らす。

 追加点は後半3分、MF川辺駿のスルーパスに反応したMF浅野雄也がゴール左隅に蹴り込んでみせる。前半20分にMF柏好文のアクシデントで投入された今季新加入MF。クラブOBで兄の浅野拓磨顔負けのJ1初ゴールを突き刺した。

 とどめは後半36分、MF東俊希のラストパスからレアンドロ・ペレイラがこの日2点目を決めて勝負を決める。レアンドロは開幕戦に続く連発。公式戦3連発と決定力の高さを見せつけている。

 広島は鹿島との開幕戦に続く3-0での2連勝。首位をがっちりとキープした。

 一方の神戸はMFアンドレス・イニエスタを中心に攻撃を組み立てようとするものの、この日は最後まで歯車がかみ合わず。DFトーマス・フェルマーレンの欠場で守備が安定しなかったことも響いた。 

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

神戸vs広島 試合記録

【J1第2節】(ノエスタ)
神戸 0-3(前半0-1)広島


<得点者>
[広]レアンドロ・ペレイラ2(35分、81分)、浅野雄也(48分)

<警告>
[神]渡部博文(41分)
[広]野上結貴(31分)、森島司(67分)

主審:山本雄大
副審:武部陽介、渡辺康太
広島が連勝で首位キープ!イニエスタ先発の神戸に公式戦10試合ぶりの黒星つける

<出場メンバー>
[ヴィッセル神戸]
先発
GK 18 飯倉大樹
DF 33 ダンクレー
DF 25 大崎玲央
DF 3 渡部博文
(55分→FW 13 小川慶治朗)
MF 22 西大伍
(88分→DF 44 藤谷壮)
MF 6 セルジ・サンペール
(65分→FW 21 田中順也)
MF 8 アンドレス・イニエスタ
MF 5 山口蛍
MF 24 酒井高徳
FW 11 古橋亨梧
FW 49 ドウグラス
(88分→FW 9 藤本憲明)
控え
GK 1 前川黛也
DF 17 菊池流帆
MF 38 佐々木大樹
監督
トルステン・フィンク

[サンフレッチェ広島]
先発
GK 38 大迫敬介
DF 2 野上結貴
DF 23 荒木隼人
DF 19 佐々木翔
MF 44 ハイネル
MF 6 青山敏弘
(86分→MF 30 柴崎晃誠)
MF 8 川辺駿
MF 18 柏好文
(20分→MF 29 浅野雄也)
(86分→MF 50 藤井智也)
MF 9 ドウグラス・ヴィエイラ
(61分→MF 24 東俊希)
MF 10 森島司
FW 39 レアンドロ・ペレイラ
控え
GK 1 林卓人
DF 3 井林章
MF 14 エゼキエウ
監督
城福浩

神戸vs広島 試合記録

【J1第2節】(ノエスタ)
神戸 0-3(前半0-1)広島


<得点者>
[広]レアンドロ・ペレイラ2(35分、81分)、浅野雄也(48分)

<警告>
[神]渡部博文(41分)
[広]野上結貴(31分)、森島司(67分)

主審:山本雄大
副審:武部陽介、渡辺康太
広島が連勝で首位キープ!イニエスタ先発の神戸に公式戦10試合ぶりの黒星つける

<出場メンバー>
[ヴィッセル神戸]
先発
GK 18 飯倉大樹
DF 33 ダンクレー
DF 25 大崎玲央
DF 3 渡部博文
(55分→FW 13 小川慶治朗)
MF 22 西大伍
(88分→DF 44 藤谷壮)
MF 6 セルジ・サンペール
(65分→FW 21 田中順也)
MF 8 アンドレス・イニエスタ
MF 5 山口蛍
MF 24 酒井高徳
FW 11 古橋亨梧
FW 49 ドウグラス
(88分→FW 9 藤本憲明)
控え
GK 1 前川黛也
DF 17 菊池流帆
MF 38 佐々木大樹
監督
トルステン・フィンク

[サンフレッチェ広島]
先発
GK 38 大迫敬介
DF 2 野上結貴
DF 23 荒木隼人
DF 19 佐々木翔
MF 44 ハイネル
MF 6 青山敏弘
(86分→MF 30 柴崎晃誠)
MF 8 川辺駿
MF 18 柏好文
(20分→MF 29 浅野雄也)
(86分→MF 50 藤井智也)
MF 9 ドウグラス・ヴィエイラ
(61分→MF 24 東俊希)
MF 10 森島司
FW 39 レアンドロ・ペレイラ
控え
GK 1 林卓人
DF 3 井林章
MF 14 エゼキエウ
監督
城福浩

福岡vs長崎 試合記録

【J2第3節】(ベススタ)
福岡 1-2(前半0-0)長崎


<得点者>
[福]鈴木惇(49分)
[長]富樫敬真2(80分、90分+4)

<警告>
[福]篠原弘次郎(43分)、湯澤聖人(78分)
[長]加藤大(27分)、角田誠(47分)

主審:池内明彦
副審:中井恒、正木篤志

<出場メンバー>
[アビスパ福岡]
先発
GK 1 セランテス
DF 2 湯澤聖人
DF 3 エミル・サロモンソン
DF 39 篠原弘次郎
DF 50 上島拓巳
MF 7 重廣卓也
MF 8 鈴木惇
MF 17 福満隆貴
(78分→FW 13 木戸皓貴)
MF 38 菊池大介
(70分→MF 16 石津大介)
FW 9 フアンマ・デルガド
FW 26 遠野大弥
(78分→FW 10 城後寿)
控え
GK 23 杉山力裕
DF 22 輪湖直樹
DF 33 ドウグラス・グローリ
MF 19 田邉草民
監督
長谷部茂利

[V・ファーレン長崎]
先発
GK 21 高木和徹
DF 16 毎熊晟矢
DF 6 角田誠
DF 26 二見宏志
DF 3 亀川諒史
MF 10 ルアン
(77分→MF 7 吉岡雅和)
MF 13 加藤大
(77分→MF 40 カイオ・セザール)
MF 17 秋野央樹
MF 19 澤田崇
(65分→FW 9 富樫敬真)
FW 29 畑潤基
(54分→FW 32 ビクトル・イバルボ)
FW 14 名倉巧
控え
GK 1 富澤雅也
DF 23 米田隼也
DF 4 フレイレ
監督
手倉森誠

徳島vs京都 試合記録

【J2第3節】(鳴門大塚)
徳島 1-1(前半0-0)京都


<得点者>
[徳]河田篤秀(78分)
[京]野田隆之介(65分)

<警告>
[京]荒木大吾(32分)、ヨルディ・バイス(90分+4)

主審:西山貴生
副審:中野卓、戸田東吾

<出場メンバー>
[徳島ヴォルティス]
先発
GK 31 長谷川徹
DF 6 内田航平
DF 5 石井秀典
DF 25 安部崇士
(70分→DF 2 田向泰輝)
DF 22 藤田征也
(79分→FW 13 清武功暉)
MF 15 岸本武流
MF 8 岩尾憲
MF 38 梶川諒太
FW 10 渡井理己
(79分→MF 16 榎本大輝)
FW 45 杉森考起
(69分→MF 24 西谷和希)
FW 19 垣田裕暉
(69分→FW 9 河田篤秀)
控え
GK 21 上福元直人
MF 23 鈴木徳真
監督
リカルド・ロドリゲス

[京都サンガF.C.]
先発
GK 34 若原智哉
DF 2 飯田貴敬
(90分+2→DF 30 石櫃洋祐)
DF 16 安藤淳
DF 23 ヨルディ・バイス
DF 46 森脇良太
MF 8 荒木大吾
(63分→DF 5 黒木恭平)
MF 10 庄司悦大
MF 11 曽根田穣
(58分→MF 14 中川風希)
MF 41 金久保順
(90分+2→MF 31 福岡慎平)
FW 9 ピーター・ウタカ
FW 13 宮吉拓実
(63分→FW 18 野田隆之介)
控え
GK 21 清水圭介
MF 17 ジュニーニョ
監督
實好礼忠

徳島vs京都 試合記録

【J2第3節】(鳴門大塚)
徳島 1-1(前半0-0)京都


<得点者>
[徳]河田篤秀(78分)
[京]野田隆之介(65分)

<警告>
[京]荒木大吾(32分)、ヨルディ・バイス(90分+4)

主審:西山貴生
副審:中野卓、戸田東吾

<出場メンバー>
[徳島ヴォルティス]
先発
GK 31 長谷川徹
DF 6 内田航平
DF 5 石井秀典
DF 25 安部崇士
(70分→DF 2 田向泰輝)
DF 22 藤田征也
(79分→FW 13 清武功暉)
MF 15 岸本武流
MF 8 岩尾憲
MF 38 梶川諒太
FW 10 渡井理己
(79分→MF 16 榎本大輝)
FW 45 杉森考起
(69分→MF 24 西谷和希)
FW 19 垣田裕暉
(69分→FW 9 河田篤秀)
控え
GK 21 上福元直人
MF 23 鈴木徳真
監督
リカルド・ロドリゲス

[京都サンガF.C.]
先発
GK 34 若原智哉
DF 2 飯田貴敬
(90分+2→DF 30 石櫃洋祐)
DF 16 安藤淳
DF 23 ヨルディ・バイス
DF 46 森脇良太
MF 8 荒木大吾
(63分→DF 5 黒木恭平)
MF 10 庄司悦大
MF 11 曽根田穣
(58分→MF 14 中川風希)
MF 41 金久保順
(90分+2→MF 31 福岡慎平)
FW 9 ピーター・ウタカ
FW 13 宮吉拓実
(63分→FW 18 野田隆之介)
控え
GK 21 清水圭介
MF 17 ジュニーニョ
監督
實好礼忠

大宮が開幕3連勝で単独首位! 長崎はダービーで劇的勝利も得失点差で2位後退:J2第3節1日目

J2第3節1日目が4日に開催された
 J2第3節1日目が4日に各地で開催された。開幕2連勝で首位タイの大宮アルディージャは、最下位ザスパクサツ群馬とホームで対決。前半20分にMF黒川淳史が決めて先制すると、後半42分にはDF西村慧祐が追加点をマークする。そのまま2-0で逃げ切り、無傷の3連勝を飾った。

 同じく開幕2連勝で首位タイのV・ファーレン長崎は、敵地で4位タイのアビスパ福岡との“九州ダービー"に臨んだ。前半をスコアレスで折り返すと、後半4分に福岡のMF鈴木惇に先制ゴールを献上。それでも途中投入のFW富樫敬真が同35分と同アディショナルタイム4分に起死回生の2ゴールを挙げる。2-1で劇的な逆転勝利を収めたが、得失点差で大宮が単独首位に立ち、長崎は2位後退となった。

 4位タイの松本山雅FCは15位タイのヴァンフォーレ甲府とホームで対戦。前半2分に甲府のFWジュニオール・バホスに先制点を奪われたが、後半41分に相手のオウンゴールで追いつき、1-1の引き分けに持ち込んだ。

 3位アルビレックス新潟と17位タイのツエーゲン金沢の一戦は激しい打ち合いとなった。FWルカオの2ゴールなどで一時4-1としたアウェーの金沢は、そこから2失点を喫するが、途中出場のMF山根永遠が後半41分にダメ押し弾を奪取。5-3で新潟を振り切り、開幕3戦目で今季初勝利を挙げた。

 11位タイのジェフユナイテッド千葉は9位タイの水戸ホーリーホックとのアウェー戦。前半6分にFW山下敬大、後半11分にMF田口泰士、同アディショナルタイム4分にFW川又堅碁がそれぞれ得点を挙げ、3-0で今季2勝目を手にした。

 20位タイのギラヴァンツ北九州と17位タイのFC琉球による未勝利対決は、4-0でホームの北九州に軍配。昇格後初白星となっている。8位徳島ヴォルティスは本拠地に9位タイの京都サンガF.C.を迎え、1-1の引き分け。町田GIONスタジアムで行われた15位タイのFC町田ゼルビアと14位モンテディオ山形の一戦は、堅いゲーム展開の末にスコアレスドローに終わった。

 5日のJ2第3節2日目では、ジュビロ磐田ファジアーノ岡山栃木SC東京ヴェルディレノファ山口FC愛媛FCがそれぞれ顔を合わせる。

以下、試合結果

第3節
7月4日(土)
松本 1-1 甲府 [サンアル]
新潟 3-5 金沢 [デンカS]
水戸 0-3 千葉 [Ksスタ]
大宮 2-0 群馬 [NACK]
町田 0-0 山形 [Gスタ]
徳島 1-1 京都 [鳴門大塚]
福岡 1-2 長崎 [ベススタ]
北九州 4-0 琉球 [ミクスタ]
7月5日(日)
磐田 18:00 岡山 [ヤマハ]
栃木 19:00 東京V [栃木グ]
山口 19:00 愛媛 [みらスタ]

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料"DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第3節1日目 スコア速報

大宮が開幕3連勝で単独首位! 長崎はダービーで劇的勝利も得失点差で2位後退:J2第3節1日目

J2第3節1日目が4日に開催された
 J2第3節1日目が4日に各地で開催された。開幕2連勝で首位タイの大宮アルディージャは、最下位ザスパクサツ群馬とホームで対決。前半20分にMF黒川淳史が決めて先制すると、後半42分にはDF西村慧祐が追加点をマークする。そのまま2-0で逃げ切り、無傷の3連勝を飾った。

 同じく開幕2連勝で首位タイのV・ファーレン長崎は、敵地で4位タイのアビスパ福岡との“九州ダービー"に臨んだ。前半をスコアレスで折り返すと、後半4分に福岡のMF鈴木惇に先制ゴールを献上。それでも途中投入のFW富樫敬真が同35分と同アディショナルタイム4分に起死回生の2ゴールを挙げる。2-1で劇的な逆転勝利を収めたが、得失点差で大宮が単独首位に立ち、長崎は2位後退となった。

 4位タイの松本山雅FCは15位タイのヴァンフォーレ甲府とホームで対戦。前半2分に甲府のFWジュニオール・バホスに先制点を奪われたが、後半41分に相手のオウンゴールで追いつき、1-1の引き分けに持ち込んだ。

 3位アルビレックス新潟と17位タイのツエーゲン金沢の一戦は激しい打ち合いとなった。FWルカオの2ゴールなどで一時4-1としたアウェーの金沢は、そこから2失点を喫するが、途中出場のMF山根永遠が後半41分にダメ押し弾を奪取。5-3で新潟を振り切り、開幕3戦目で今季初勝利を挙げた。

 11位タイのジェフユナイテッド千葉は9位タイの水戸ホーリーホックとのアウェー戦。前半6分にFW山下敬大、後半11分にMF田口泰士、同アディショナルタイム4分にFW川又堅碁がそれぞれ得点を挙げ、3-0で今季2勝目を手にした。

 20位タイのギラヴァンツ北九州と17位タイのFC琉球による未勝利対決は、4-0でホームの北九州に軍配。昇格後初白星となっている。8位徳島ヴォルティスは本拠地に9位タイの京都サンガF.C.を迎え、1-1の引き分け。町田GIONスタジアムで行われた15位タイのFC町田ゼルビアと14位モンテディオ山形の一戦は、堅いゲーム展開の末にスコアレスドローに終わった。

 5日のJ2第3節2日目では、ジュビロ磐田ファジアーノ岡山栃木SC東京ヴェルディレノファ山口FC愛媛FCがそれぞれ顔を合わせる。

以下、試合結果

第3節
7月4日(土)
松本 1-1 甲府 [サンアル]
新潟 3-5 金沢 [デンカS]
水戸 0-3 千葉 [Ksスタ]
大宮 2-0 群馬 [NACK]
町田 0-0 山形 [Gスタ]
徳島 1-1 京都 [鳴門大塚]
福岡 1-2 長崎 [ベススタ]
北九州 4-0 琉球 [ミクスタ]
7月5日(日)
磐田 18:00 岡山 [ヤマハ]
栃木 19:00 東京V [栃木グ]
山口 19:00 愛媛 [みらスタ]

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料"DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第3節1日目 スコア速報

町田vs山形 試合記録

【J2第3節】(Gスタ)
町田 0-0(前半0-0)山形


<警告>
[町]高江麗央(90分+2)

主審:三上正一郎
副審:佐藤貴之、桜井大介

<出場メンバー>
[FC町田ゼルビア]
先発
GK 1 秋元陽太
DF 22 小田逸稀
DF 5 深津康太
DF 4 水本裕貴
DF 2 奥山政幸
MF 18 高江麗央
MF 25 佐野海舟
MF 14 吉尾海夏
(77分→FW 7 マソビッチ)
MF 10 平戸太貴
MF 8 ジョン・チュングン
FW 16 安藤瑞季
(77分→FW 30 中島裕希)
控え
GK 31 廣末陸
DF 23 酒井隆介
MF 29 森村昂太
MF 6 李漢宰
FW 20 ドリアン・バブンスキー
監督
ランコ・ポポヴィッチ

[モンテディオ山形]
先発
GK 21 櫛引政敏
DF 23 熊本雄太
(83分→DF 5 野田裕喜)
DF 3 栗山直樹
DF 19 松本怜大
MF 25 末吉塁
(46分→MF 20 加藤大樹)
MF 14 本田拓也
(83分→FW 16 北川柊斗)
MF 17 中村駿
MF 6 山田拓巳
FW 40 渡邊凌磨
(90分→FW 9 ヴィニシウス・アラウージョ)
FW 13 大槻周平
(71分→MF 10 中村充孝)
FW 11 山岸祐也
控え
GK 30 佐藤昭大
MF 7 岡崎建哉
監督
石丸清隆

町田vs山形 試合記録

【J2第3節】(Gスタ)
町田 0-0(前半0-0)山形


<警告>
[町]高江麗央(90分+2)

主審:三上正一郎
副審:佐藤貴之、桜井大介

<出場メンバー>
[FC町田ゼルビア]
先発
GK 1 秋元陽太
DF 22 小田逸稀
DF 5 深津康太
DF 4 水本裕貴
DF 2 奥山政幸
MF 18 高江麗央
MF 25 佐野海舟
MF 14 吉尾海夏
(77分→FW 7 マソビッチ)
MF 10 平戸太貴
MF 8 ジョン・チュングン
FW 16 安藤瑞季
(77分→FW 30 中島裕希)
控え
GK 31 廣末陸
DF 23 酒井隆介
MF 29 森村昂太
MF 6 李漢宰
FW 20 ドリアン・バブンスキー
監督
ランコ・ポポヴィッチ

[モンテディオ山形]
先発
GK 21 櫛引政敏
DF 23 熊本雄太
(83分→DF 5 野田裕喜)
DF 3 栗山直樹
DF 19 松本怜大
MF 25 末吉塁
(46分→MF 20 加藤大樹)
MF 14 本田拓也
(83分→FW 16 北川柊斗)
MF 17 中村駿
MF 6 山田拓巳
FW 40 渡邊凌磨
(90分→FW 9 ヴィニシウス・アラウージョ)
FW 13 大槻周平
(71分→MF 10 中村充孝)
FW 11 山岸祐也
控え
GK 30 佐藤昭大
MF 7 岡崎建哉
監督
石丸清隆

接戦制した川崎Fが白星リスタート! 18歳染野デビューの鹿島は公式戦4連敗

川崎Fが鹿島を下し、白星リスタートを切った
[7.4 J1第2節 川崎F2-1鹿島 等々力]

 新型コロナウイルスの影響で中断していたJ1リーグが4日、第2節から再開した。約4か月ぶりの中断明け初戦で川崎フロンターレ鹿島アントラーズに2-1で勝利し、今季初白星でリスタートを切った。ザーゴ新体制の鹿島は公式戦4連敗を喫した。

 今季から新布陣4―3―3を採用する川崎Fは、2月22日の開幕節鳥栖戦(△0-0)と同じスターティングイレブンが並んだ。対する鹿島は第1節広島戦(●0-3)から2人を入れ替え、DF内田篤人、DF犬飼智也は今季リーグ初先発となった。[スタメン&布陣はコチラ]

 川崎Fが電光石火で試合を動かした。開始1分10秒、左CKでショートコーナを選択し、FW家長昭博がPA内左からクロス。ニアのFWレアンドロ・ダミアンを越えたボールにDF谷口彰悟が右足ダイレクトで合わせ、先制のネットを揺らした。

 川崎Fの今季1号はキャプテン谷口がマーク。さらに前半30分、家長が右後方から精度の高いサイドチェンジパスを配給。左のMF長谷川竜也がコントロールすると、内田をかわして左足を振り抜き、強烈なシュートを突き刺した。リードを広げた川崎Fだったが、その2分後に鹿島が1点を返す。左CKでMFファン・アラーノがインスイングのクロスを入れると、ダミアンがクリアを試みたボールがゴールマウスに吸い込まれた。

 鹿島は後半15分に最初の交代枠を行い、内田を下げてDF広瀬陸斗、MF土居聖真を下げてFW伊藤翔がピッチに送り込まれた。鹿島は後半26分に決定機をつくり、広瀬のクロスから伊藤がヘディングシュートを放ったが、惜しくも枠外。鹿島は交代枠を使い切り、後半27分にはFW染野唯月を投入。今季、尚志高から入団した18歳ルーキーはこれがデビュー戦となった。

 すると、染野は後半40分に決定機を迎える。MF遠藤康のスルーパスで抜け出したDF永戸勝也がPA左から低いクロスを入れると、川崎Fのクリアが乱れ、こぼれたボールに染野が反応。迷わず右足を振り抜いたが、シュートは惜しくもクロスバーを叩いた。直後には谷口との接触で染野がエリア内で倒されたが、ファウルは認められず。そのまま2-1で逃げ切った川崎Fは今季初勝利。鹿島は今季公式戦4連敗を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

接戦制した川崎Fが白星リスタート! 18歳染野デビューの鹿島は公式戦4連敗

川崎Fが鹿島を下し、白星リスタートを切った
[7.4 J1第2節 川崎F2-1鹿島 等々力]

 新型コロナウイルスの影響で中断していたJ1リーグが4日、第2節から再開した。約4か月ぶりの中断明け初戦で川崎フロンターレ鹿島アントラーズに2-1で勝利し、今季初白星でリスタートを切った。ザーゴ新体制の鹿島は公式戦4連敗を喫した。

 今季から新布陣4―3―3を採用する川崎Fは、2月22日の開幕節鳥栖戦(△0-0)と同じスターティングイレブンが並んだ。対する鹿島は第1節広島戦(●0-3)から2人を入れ替え、DF内田篤人、DF犬飼智也は今季リーグ初先発となった。[スタメン&布陣はコチラ]

 川崎Fが電光石火で試合を動かした。開始1分10秒、左CKでショートコーナを選択し、FW家長昭博がPA内左からクロス。ニアのFWレアンドロ・ダミアンを越えたボールにDF谷口彰悟が右足ダイレクトで合わせ、先制のネットを揺らした。

 川崎Fの今季1号はキャプテン谷口がマーク。さらに前半30分、家長が右後方から精度の高いサイドチェンジパスを配給。左のMF長谷川竜也がコントロールすると、内田をかわして左足を振り抜き、強烈なシュートを突き刺した。リードを広げた川崎Fだったが、その2分後に鹿島が1点を返す。左CKでMFファン・アラーノがインスイングのクロスを入れると、ダミアンがクリアを試みたボールがゴールマウスに吸い込まれた。

 鹿島は後半15分に最初の交代枠を行い、内田を下げてDF広瀬陸斗、MF土居聖真を下げてFW伊藤翔がピッチに送り込まれた。鹿島は後半26分に決定機をつくり、広瀬のクロスから伊藤がヘディングシュートを放ったが、惜しくも枠外。鹿島は交代枠を使い切り、後半27分にはFW染野唯月を投入。今季、尚志高から入団した18歳ルーキーはこれがデビュー戦となった。

 すると、染野は後半40分に決定機を迎える。MF遠藤康のスルーパスで抜け出したDF永戸勝也がPA左から低いクロスを入れると、川崎Fのクリアが乱れ、こぼれたボールに染野が反応。迷わず右足を振り抜いたが、シュートは惜しくもクロスバーを叩いた。直後には谷口との接触で染野がエリア内で倒されたが、ファウルは認められず。そのまま2-1で逃げ切った川崎Fは今季初勝利。鹿島は今季公式戦4連敗を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

川崎Fvs鹿島 試合記録

【J1第2節】(等々力)
川崎F 2-1(前半2-1)鹿島


<得点者>
[川]谷口彰悟(2分)、長谷川竜也(30分)
[鹿]オウンゴール(32分)

<警告>
[川]家長昭博(43分)、山根視来(81分)
[鹿]内田篤人(17分)、町田浩樹(76分)、永木亮太(87分)

主審:飯田淳平
副審:五十嵐泰之、大川直也
接戦制した川崎Fが白星リスタート! 18歳染野デビューの鹿島は公式戦4連敗
鹿島FW染野がデビュー戦でバー直撃シュート…ザーゴ監督「いい才能を持っている」
鹿島ザーゴ監督「明らかなオフサイドがありながら…」
「記憶に残る試合に」川崎F家長、節目の300試合で絶妙2アシスト


<出場メンバー>
[川崎フロンターレ]
先発
GK 1 チョン・ソンリョン
DF 13 山根視来
DF 4 ジェジエウ
DF 5 谷口彰悟
DF 2 登里享平
(83分→DF 7 車屋紳太郎)
MF 25 田中碧
MF 10 大島僚太
(83分→MF 22 下田北斗)
MF 8 脇坂泰斗
(62分→FW 30 旗手怜央)
FW 41 家長昭博
(74分→MF 6 守田英正)
FW 16 長谷川竜也
(74分→MF 19 齋藤学)
FW 9 レアンドロ・ダミアン
控え
GK 24 安藤駿介
FW 20 宮代大聖
監督
鬼木達

[鹿島アントラーズ]
先発
GK 1 クォン・スンテ
DF 2 内田篤人
(60分→DF 22 広瀬陸斗)
DF 39 犬飼智也
DF 28 町田浩樹
DF 14 永戸勝也
MF 20 三竿健斗
MF 4 レオ・シルバ
(72分→MF 6 永木亮太)
MF 7 ファン・アラーノ
(67分→MF 25 遠藤康)
MF 11 和泉竜司
(72分→FW 19 染野唯月)
FW 8 土居聖真
(60分→FW 15 伊藤翔)
FW 9 エヴェラウド
控え
GK 21 曽ヶ端準
DF 33 関川郁万
監督
ザーゴ

川崎Fvs鹿島 試合記録

【J1第2節】(等々力)
川崎F 2-1(前半2-1)鹿島


<得点者>
[川]谷口彰悟(2分)、長谷川竜也(30分)
[鹿]オウンゴール(32分)

<警告>
[川]家長昭博(43分)、山根視来(81分)
[鹿]内田篤人(17分)、町田浩樹(76分)、永木亮太(87分)

主審:飯田淳平
副審:五十嵐泰之、大川直也
接戦制した川崎Fが白星リスタート! 18歳染野デビューの鹿島は公式戦4連敗

<出場メンバー>
[川崎フロンターレ]
先発
GK 1 チョン・ソンリョン
DF 13 山根視来
DF 4 ジェジエウ
DF 5 谷口彰悟
DF 2 登里享平
(83分→DF 7 車屋紳太郎)
MF 25 田中碧
MF 10 大島僚太
(83分→MF 22 下田北斗)
MF 8 脇坂泰斗
(62分→FW 30 旗手怜央)
FW 41 家長昭博
(74分→MF 6 守田英正)
FW 16 長谷川竜也
(74分→MF 19 齋藤学)
FW 9 レアンドロ・ダミアン
控え
GK 24 安藤駿介
FW 20 宮代大聖
監督
鬼木達

[鹿島アントラーズ]
先発
GK 1 クォン・スンテ
DF 2 内田篤人
(60分→DF 22 広瀬陸斗)
DF 39 犬飼智也
DF 28 町田浩樹
DF 14 永戸勝也
MF 20 三竿健斗
MF 4 レオ・シルバ
(72分→MF 6 永木亮太)
MF 7 ファン・アラーノ
(67分→MF 25 遠藤康)
MF 11 和泉竜司
(72分→FW 19 染野唯月)
FW 8 土居聖真
(60分→FW 15 伊藤翔)
FW 9 エヴェラウド
控え
GK 21 曽ヶ端準
DF 33 関川郁万
監督
ザーゴ

G大阪vsC大阪 試合記録

【J1第2節】(パナスタ)
G大阪 1-2(前半0-1)C大阪


<得点者>
[G]アデミウソン(68分)
[C]奥埜博亮(45分+2)、丸橋祐介(62分)

<警告>
[C]木本恭生(66分)

主審:佐藤隆治
副審:野村修、松井健太郎
丸橋の1G1AでC大阪が無観客の大阪ダービー制す!!G大阪は遠藤保仁のメモリアルゲーム飾れず
J1最多632試合出場の金字塔…遠藤保仁、無観客のメモリアルマッチに「難しい部分あった」


<出場メンバー>
[ガンバ大阪]
先発
GK 1 東口順昭
DF 4 藤春廣輝
DF 5 三浦弦太
DF 13 菅沼駿哉
(81分→MF 29 山本悠樹)
DF 19 キム・ヨングォン
MF 7 遠藤保仁
(54分→MF 15 井手口陽介)
MF 8 小野瀬康介
MF 10 倉田秋
(69分→FW 11 小野裕二)
MF 21 矢島慎也
(54分→FW 18 パトリック)
FW 9 アデミウソン
(81分→FW 39 渡邉千真)
FW 33 宇佐美貴史
控え
GK 25 石川慧
DF 27 高尾瑠
監督
宮本恒靖

[セレッソ大阪]
先発
GK 21 キム・ジンヒョン
DF 2 松田陸
DF 3 木本恭生
DF 14 丸橋祐介
DF 22 マテイ・ヨニッチ
MF 5 藤田直之
MF 6 レアンドロ・デサバト
MF 10 清武弘嗣
(75分→FW 8 柿谷曜一朗)
MF 17 坂元達裕
(57分→DF 16 片山瑛一)
FW 9 都倉賢
(75分→FW 20 ブルーノ・メンデス)
FW 25 奥埜博亮
(87分→FW 32 豊川雄太)
控え
GK 45 茂木秀
DF 15 瀬古歩夢
MF 11 ルーカス・ミネイロ
監督
ロティーナ

G大阪vsC大阪 試合記録

【J1第2節】(パナスタ)
G大阪 1-2(前半0-1)C大阪


<得点者>
[G]アデミウソン(68分)
[C]奥埜博亮(45分+2)、丸橋祐介(62分)

<警告>
[C]木本恭生(66分)

主審:佐藤隆治
副審:野村修、松井健太郎
丸橋の1G1AでC大阪が無観客の大阪ダービー制す!!G大阪は遠藤保仁のメモリアルゲーム飾れず
J1最多632試合出場の金字塔…遠藤保仁、無観客のメモリアルマッチに「難しい部分あった」


<出場メンバー>
[ガンバ大阪]
先発
GK 1 東口順昭
DF 4 藤春廣輝
DF 5 三浦弦太
DF 13 菅沼駿哉
(81分→MF 29 山本悠樹)
DF 19 キム・ヨングォン
MF 7 遠藤保仁
(54分→MF 15 井手口陽介)
MF 8 小野瀬康介
MF 10 倉田秋
(69分→FW 11 小野裕二)
MF 21 矢島慎也
(54分→FW 18 パトリック)
FW 9 アデミウソン
(81分→FW 39 渡邉千真)
FW 33 宇佐美貴史
控え
GK 25 石川慧
DF 27 高尾瑠
監督
宮本恒靖

[セレッソ大阪]
先発
GK 21 キム・ジンヒョン
DF 2 松田陸
DF 3 木本恭生
DF 14 丸橋祐介
DF 22 マテイ・ヨニッチ
MF 5 藤田直之
MF 6 レアンドロ・デサバト
MF 10 清武弘嗣
(75分→FW 8 柿谷曜一朗)
MF 17 坂元達裕
(57分→DF 16 片山瑛一)
FW 9 都倉賢
(75分→FW 20 ブルーノ・メンデス)
FW 25 奥埜博亮
(87分→FW 32 豊川雄太)
控え
GK 45 茂木秀
DF 15 瀬古歩夢
MF 11 ルーカス・ミネイロ
監督
ロティーナ

J1最多632試合出場の金字塔…遠藤保仁、無観客のメモリアルマッチに「難しい部分あった」

J1史上最多の632試合出場を達成したG大阪MF遠藤保仁
[7.4 J1第2節 G大阪1-2C大阪 パナスタ]

 メモリアルゲームを勝利で飾ることはできなかった。ガンバ大阪のMF遠藤保仁はスタメンで、J1通算632試合出場の歴代最多記録を更新。2月23日に行われた第1節の横浜FM戦(○2-1)で元日本代表GKの楢崎正剛氏に並んでいたが、この日、前人未到の新記録を樹立した。

 試合後、オンライン記者会見に出席した遠藤は「ピッチに入るときは、いつもどおりというか、いい試合をしたいなと思っていた」とコメント。約4か月ぶりの再開初戦がホームでの大阪ダービーと、負けられない理由はたくさんあったが、結果は惜敗だった。

 132日ぶりの公式戦。「ゲームの感覚は普段のシーズン中とそんなに変わらなかったけど、無観客だったので、いろいろ難しい部分はあったのかなと思う」。史上初めて無観客のリモートマッチで行われた大阪ダービー。前半アディショナルタイムに先制点を許し、後半は1点を追う展開だった。

 無観客の影響で「試合のテンポがなかなか上がらないのは(試合を)やる前から分かっていた」と認める遠藤。「そこは多少なりとも割り切ってやっていたけど、先に点を取られるとああなるので、そのあたりは難しかった」と率直に語った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

J1最多632試合出場の金字塔…遠藤保仁、無観客のメモリアルマッチに「難しい部分あった」

J1史上最多の632試合出場を達成したG大阪MF遠藤保仁
[7.4 J1第2節 G大阪1-2C大阪 パナスタ]

 メモリアルゲームを勝利で飾ることはできなかった。ガンバ大阪のMF遠藤保仁はスタメンで、J1通算632試合出場の歴代最多記録を更新。2月23日に行われた第1節の横浜FM戦(○2-1)で元日本代表GKの楢崎正剛氏に並んでいたが、この日、前人未到の新記録を樹立した。

 試合後、オンライン記者会見に出席した遠藤は「ピッチに入るときは、いつもどおりというか、いい試合をしたいなと思っていた」とコメント。約4か月ぶりの再開初戦がホームでの大阪ダービーと、負けられない理由はたくさんあったが、結果は惜敗だった。

 132日ぶりの公式戦。「ゲームの感覚は普段のシーズン中とそんなに変わらなかったけど、無観客だったので、いろいろ難しい部分はあったのかなと思う」。史上初めて無観客のリモートマッチで行われた大阪ダービー。前半アディショナルタイムに先制点を許し、後半は1点を追う展開だった。

 無観客の影響で「試合のテンポがなかなか上がらないのは(試合を)やる前から分かっていた」と認める遠藤。「そこは多少なりとも割り切ってやっていたけど、先に点を取られるとああなるので、そのあたりは難しかった」と率直に語った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

大宮vs群馬 試合記録

【J2第3節】(NACK)
大宮 2-0(前半1-0)群馬


<得点者>
[大]黒川淳史(20分)、西村慧祐(87分)

<警告>
[群]平尾壮(84分)、進昂平(90分+3)

主審:田中玲匡
副審:蒲澤淳一、竹田和雄

<出場メンバー>
[大宮アルディージャ]
先発
GK 1 笠原昂史
DF 13 渡部大輔
DF 24 西村慧祐
DF 3 河本裕之
DF 6 河面旺成
MF 41 小野雅史
(85分→MF 5 石川俊輝)
MF 7 三門雄大
MF 18 イッペイ・シノヅカ
(57分→MF 11 奥抜侃志)
MF 10 黒川淳史
(65分→MF 14 近藤貴司)
MF 22 翁長聖
(85分→MF 20 酒井宣福)
FW 28 富山貴光
(65分→FW 27 戸島章)
控え
GK 40 フィリップ・クリャイッチ
DF 42 山越康平
監督
高木琢也

[ザスパクサツ群馬]
先発
GK 1 清水慶記
DF 8 岩上祐三
DF 4 岡村大八
DF 32 渡辺広大
DF 39 高瀬優孝
DF 14 平尾壮
(90分→DF 25 小島雅也)
MF 40 内田達也
MF 35 宮阪政樹
MF 41 中山雄登
(71分→FW 18 進昂平)
MF 11 田中稔也
(64分→MF 19 白石智之)
FW 13 林陵平
控え
GK 21 松原修平
DF 3 鈴木順也
DF 46 川上優樹
MF 6 飯野七聖
監督
奥野僚右

大宮vs群馬 試合記録

【J2第3節】(NACK)
大宮 2-0(前半1-0)群馬


<得点者>
[大]黒川淳史(20分)、西村慧祐(87分)

<警告>
[群]平尾壮(84分)、進昂平(90分+3)

主審:田中玲匡
副審:蒲澤淳一、竹田和雄

<出場メンバー>
[大宮アルディージャ]
先発
GK 1 笠原昂史
DF 13 渡部大輔
DF 24 西村慧祐
DF 3 河本裕之
DF 6 河面旺成
MF 41 小野雅史
(85分→MF 5 石川俊輝)
MF 7 三門雄大
MF 18 イッペイ・シノヅカ
(57分→MF 11 奥抜侃志)
MF 10 黒川淳史
(65分→MF 14 近藤貴司)
MF 22 翁長聖
(85分→MF 20 酒井宣福)
FW 28 富山貴光
(65分→FW 27 戸島章)
控え
GK 40 フィリップ・クリャイッチ
DF 42 山越康平
監督
高木琢也

[ザスパクサツ群馬]
先発
GK 1 清水慶記
DF 8 岩上祐三
DF 4 岡村大八
DF 32 渡辺広大
DF 39 高瀬優孝
DF 14 平尾壮
(90分→DF 25 小島雅也)
MF 40 内田達也
MF 35 宮阪政樹
MF 41 中山雄登
(71分→FW 18 進昂平)
MF 11 田中稔也
(64分→MF 19 白石智之)
FW 13 林陵平
控え
GK 21 松原修平
DF 3 鈴木順也
DF 46 川上優樹
MF 6 飯野七聖
監督
奥野僚右

水戸vs千葉 試合記録

【J2第3節】(Ksスタ)
水戸 0-3(前半0-1)千葉


<得点者>
[千]山下敬大(6分)、田口泰士(56分)、川又堅碁(90分+4)

<警告>
[水]安東輝(45分)

主審:先立圭吾
副審:西尾英朗、阿部将茂

<出場メンバー>
[水戸ホーリーホック]
先発
GK 50 松井謙弥
DF 3 前嶋洋太
(84分→MF 26 平田海斗)
DF 4 ンドカ・ボニフェイス
DF 24 細川淳矢
DF 23 外山凌
(46分→MF 16 山谷侑士)
MF 7 山田康太
MF 8 安東輝
(58分→FW 48 アレフ・ピットブル)
MF 27 松崎快
MF 11 村田航一
(79分→DF 13 岸田翔平)
FW 9 中山仁斗
FW 15 奥田晃也
(58分→FW 10 山口一真)
控え
GK 21 牲川歩見
DF 2 住吉ジェラニレショーン
監督
秋葉忠宏

[ジェフユナイテッド千葉]
先発
GK 1 新井章太
DF 6 田坂祐介
DF 15 チャン・ミンギュ
DF 5 増嶋竜也
DF 49 下平匠
MF 4 田口泰士
MF 32 高橋壱晟
MF 50 米倉恒貴
(78分→FW 21 アラン・ピニェイロ)
MF 8 堀米勇輝
(68分→FW 10 船山貴之)
FW 24 山下敬大
(87分→MF 39 見木友哉)
FW 9 クレーベ
(78分→FW 44 川又堅碁)
控え
GK 23 佐藤優也
DF 16 鳥海晃司
DF 33 安田理大
監督
尹晶煥

水戸vs千葉 試合記録

【J2第3節】(Ksスタ)
水戸 0-3(前半0-1)千葉


<得点者>
[千]山下敬大(6分)、田口泰士(56分)、川又堅碁(90分+4)

<警告>
[水]安東輝(45分)

主審:先立圭吾
副審:西尾英朗、阿部将茂

<出場メンバー>
[水戸ホーリーホック]
先発
GK 50 松井謙弥
DF 3 前嶋洋太
(84分→MF 26 平田海斗)
DF 4 ンドカ・ボニフェイス
DF 24 細川淳矢
DF 23 外山凌
(46分→MF 16 山谷侑士)
MF 7 山田康太
MF 8 安東輝
(58分→FW 48 アレフ・ピットブル)
MF 27 松崎快
MF 11 村田航一
(79分→DF 13 岸田翔平)
FW 9 中山仁斗
FW 15 奥田晃也
(58分→FW 10 山口一真)
控え
GK 21 牲川歩見
DF 2 住吉ジェラニレショーン
監督
秋葉忠宏

[ジェフユナイテッド千葉]
先発
GK 1 新井章太
DF 6 田坂祐介
DF 15 チャン・ミンギュ
DF 5 増嶋竜也
DF 49 下平匠
MF 4 田口泰士
MF 32 高橋壱晟
MF 50 米倉恒貴
(78分→FW 21 アラン・ピニェイロ)
MF 8 堀米勇輝
(68分→FW 10 船山貴之)
FW 24 山下敬大
(87分→MF 39 見木友哉)
FW 9 クレーベ
(78分→FW 44 川又堅碁)
控え
GK 23 佐藤優也
DF 16 鳥海晃司
DF 33 安田理大
監督
尹晶煥

湘南vs仙台 試合記録

【J1第2節】(BMWス)
湘南 0-1(前半0-1)仙台


<得点者>
[仙]ジャーメイン良(3分)

<警告>
[湘]タリク(18分)、大野和成(81分)
[仙]長沢駿(44分)

主審:木村博之
副審:田尻智計、勝又弘樹
強風に乗ったクロスがゴールに…仙台は18歳GK小畑がデビュー戦で湘南をシャットアウト
クロス+風=決勝点の仙台FWジャーメイン「縦に仕掛けたから生まれたゴール」
仙台の18歳ルーキーGK小畑が完封デビュー「練習から1年目とか関係なく…」


<出場メンバー>
[湘南ベルマーレ]
先発
GK 1 富居大樹
DF 38 石原広教
DF 4 坂圭祐
DF 22 大岩一貴
(73分→MF 5 古林将太)
MF 6 岡本拓也
MF 16 齊藤未月
MF 15 福田晃斗
MF 18 松田天馬
(90分→FW 20 岩崎悠人)
MF 28 鈴木冬一
(55分→DF 8 大野和成)
FW 11 タリク
(55分→MF 23 茨田陽生)
FW 13 石原直樹
(73分→FW 9 指宿洋史)
控え
GK 25 谷晃生
MF 2 金子大毅
監督
浮嶋敏

[ベガルタ仙台]
先発
GK 24 小畑裕馬
DF 4 蜂須賀孝治
DF 16 吉野恭平
DF 13 平岡康裕
DF 14 石原崇兆
(90分→DF 3 飯尾竜太朗)
MF 7 関口訓充
(58分→FW 29 アレクサンドレ・ゲデス)
MF 5 椎橋慧也
MF 8 松下佳貴
(90分→MF 37 中原彰吾)
FW 19 ジャーメイン良
(67分→FW 42 山田寛人)
FW 20 長沢駿
(58分→FW 11 赤崎秀平)
FW 15 西村拓真
控え
GK 21 関憲太郎
DF 39 金正也
監督
木山隆之

湘南vs仙台 試合記録

【J1第2節】(BMWス)
湘南 0-1(前半0-1)仙台


<得点者>
[仙]ジャーメイン良(3分)

<警告>
[湘]タリク(18分)、大野和成(81分)
[仙]長沢駿(44分)

主審:木村博之
副審:田尻智計、勝又弘樹
強風に乗ったクロスがゴールに…仙台は18歳GK小畑がデビュー戦で湘南をシャットアウト

<出場メンバー>
[湘南ベルマーレ]
先発
GK 1 富居大樹
DF 38 石原広教
DF 4 坂圭祐
DF 22 大岩一貴
(73分→MF 5 古林将太)
MF 6 岡本拓也
MF 16 齊藤未月
MF 15 福田晃斗
MF 18 松田天馬
(90分→FW 20 岩崎悠人)
MF 28 鈴木冬一
(55分→DF 8 大野和成)
FW 11 タリク
(55分→MF 23 茨田陽生)
FW 13 石原直樹
(73分→FW 9 指宿洋史)
控え
GK 25 谷晃生
MF 2 金子大毅
監督
浮嶋敏

[ベガルタ仙台]
先発
GK 24 小畑裕馬
DF 4 蜂須賀孝治
DF 16 吉野恭平
DF 13 平岡康裕
DF 14 石原崇兆
(90分→DF 3 飯尾竜太朗)
MF 7 関口訓充
(58分→FW 29 アレクサンドレ・ゲデス)
MF 5 椎橋慧也
MF 8 松下佳貴
(90分→MF 37 中原彰吾)
FW 19 ジャーメイン良
(67分→FW 42 山田寛人)
FW 20 長沢駿
(58分→FW 11 赤崎秀平)
FW 15 西村拓真
控え
GK 21 関憲太郎
DF 39 金正也
監督
木山隆之

強風に乗ったクロスがゴールに…仙台は18歳GK小畑がデビュー戦で湘南をシャットアウト

仙台はFWジャーメイン良が決勝点
[7.4 J1第2節 湘南0-1仙台 BMWス]

 約4か月ぶりの再開初戦となるJ1第2節でベガルタ仙台が今季初白星を飾った。アウェーで湘南ベルマーレに1-0で勝利。湘南は開幕2連敗となった。

 強風に見舞われた試合は思わぬ形で幕を開けた。風上に立った仙台は前半3分、セカンドボールを右サイドで拾ったFWジャーメイン良が縦に運んでゴール前にクロス。これがゴール方向に流れ、GKの頭上を越えてゴールネットに吸い込まれた。

 立ち上がりに先制点を許した湘南は前半23分、MF鈴木冬一のアーリークロスにFWタリクが頭で合わせるが、ゴール右に流れる。同44分にもPA内でこぼれ球を拾った鈴木が左足で強烈なシュートを放つが、プロデビュー戦となったGK小畑裕馬の好セーブに阻まれた。

 今季、仙台ユースから昇格した18歳のルーキーがゴールを守る仙台。後半は風下に回ったが、粘り強い守備で湘南にゴールを許さない。湘南は後半28分からFW石原直樹に代えてFW指宿洋史を投入。196cmの高さを生かしてパワープレーを仕掛けるが、1点が遠かった。

 プロデビュー戦を完封勝利で飾った小畑は試合直後のフラッシュインタビューで「率直にめちゃくちゃうれしいです」と満面の笑み。「アップのときから緊張感はあったけど、楽しみながらできた。この勝利をみんなで分かち合って、次の浦和戦に向けてみんなでいい準備ができたらなと思う」と初々しい表情だった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

浦和vs横浜FM 試合記録

【J1第2節】(埼玉)
浦和 0-0(前半0-0)横浜FM


<警告>
[浦]岩波拓也(73分)、関根貴大(85分)

主審:西村雄一
副審:山内宏志、塚越由貴
浦和、横浜FMともに譲らず…再開初戦はスコアレスドロー
圧巻コレオに西川もグッ…「サポーターの思いを受け継いでくれた」
Jデビュー戦で王者完封に貢献…浦和DFデン「シャットアウトできたのは大きい」
今季初白星ならず…横浜FM仲川「自分たちの試合にならなかった」


<出場メンバー>
[浦和レッズ]
先発
GK 1 西川周作
DF 27 橋岡大樹
DF 20 トーマス・デン
DF 31 岩波拓也
DF 6 山中亮輔
(88分→DF 3 宇賀神友弥)
MF 7 長澤和輝
(58分→FW 11 マルティノス)
MF 16 青木拓矢
MF 29 柴戸海
MF 24 汰木康也
(58分→MF 41 関根貴大)
FW 30 興梠慎三
(75分→FW 9 武藤雄樹)
FW 14 杉本健勇
控え
GK 25 福島春樹
MF 10 柏木陽介
FW 12 ファブリシオ
監督
大槻毅

[横浜F・マリノス]
先発
GK 21 梶川裕嗣
DF 25 小池龍太
DF 19 實藤友紀
(45分+2→DF 13 チアゴ・マルチンス)
DF 44 畠中槙之輔
DF 5 ティーラトン
MF 6 扇原貴宏
MF 8 喜田拓也
MF 39 天野純
(62分→FW 30 エジガル・ジュニオ)
FW 23 仲川輝人
(82分→MF 18 水沼宏太)
FW 17 エリキ
FW 11 遠藤渓太
(62分→MF 9 マルコス・ジュニオール)
控え
GK 34 中林洋次
DF 15 伊藤槙人
FW 45 オナイウ阿道
監督
アンジェ・ポステコグルー

浦和vs横浜FM 試合記録

【J1第2節】(埼玉)
浦和 0-0(前半0-0)横浜FM


<警告>
[浦]岩波拓也(73分)、関根貴大(85分)

主審:西村雄一
副審:山内宏志、塚越由貴
浦和、横浜FMともに譲らず…再開初戦はスコアレスドロー

<出場メンバー>
[浦和レッズ]
先発
GK 1 西川周作
DF 27 橋岡大樹
DF 20 トーマス・デン
DF 31 岩波拓也
DF 6 山中亮輔
(88分→DF 3 宇賀神友弥)
MF 7 長澤和輝
(58分→FW 11 マルティノス)
MF 16 青木拓矢
MF 29 柴戸海
MF 24 汰木康也
(58分→MF 41 関根貴大)
FW 30 興梠慎三
(75分→FW 9 武藤雄樹)
FW 14 杉本健勇
控え
GK 25 福島春樹
MF 10 柏木陽介
FW 12 ファブリシオ
監督
大槻毅

[横浜F・マリノス]
先発
GK 21 梶川裕嗣
DF 25 小池龍太
DF 19 實藤友紀
(45分+2→DF 13 チアゴ・マルチンス)
DF 44 畠中槙之輔
DF 5 ティーラトン
MF 6 扇原貴宏
MF 8 喜田拓也
MF 39 天野純
(62分→FW 30 エジガル・ジュニオ)
FW 23 仲川輝人
(82分→MF 18 水沼宏太)
FW 17 エリキ
FW 11 遠藤渓太
(62分→MF 9 マルコス・ジュニオール)
控え
GK 34 中林洋次
DF 15 伊藤槙人
FW 45 オナイウ阿道
監督
アンジェ・ポステコグルー

浦和、横浜FMともに譲らず…再開初戦はスコアレスドロー

浦和レッズと横浜F・マリノスの一戦はドロー決着
[7.4 J1リーグ第2節 浦和 0-0 横浜FM 埼玉]

 J1リーグは4日、再開節となる第2節を開催し、埼玉スタジアムでは浦和レッズ横浜F・マリノスが対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半も得点が生まれずに0-0の引き分けに終わった。

 2月21日の第1節で湘南に3-2の勝利を収め、4年ぶりの白星スタートを切った浦和は同試合から先発4人を入れ替え、FW杉本健勇、MF青木拓矢、MF長澤和輝、今季メルボルン・Vから加入してJ初出場となるDFトーマス・デンらを先発起用した。

 一方、開幕節でG大阪に1-2で敗れた王者・横浜FMは同試合から先発6人を変更。FWエリキ、DF畠中槙之輔、GK梶川裕嗣の他、中断期間中にロケレンから加入したMF天野純とDF小池龍太、福岡から加入したDF實藤友紀らがスターティングメンバ―に名を連ねた。[スタメン&布陣はコチラ]

 前半5分にゴールを脅かしたのは浦和だった。右サイドから青木が送ったサイドチェンジを受けたMF汰木康也が中央に切れ込んで右足でフィニッシュ。枠を捉えた鋭いシュートだったが、横っ飛びした梶川に弾き出されて先制点を奪うには至らず。さらに同14分にはDF山中亮輔が蹴り出したCKのこぼれ球に長澤が反応するも、シュートは枠を捉え切れなかった。

 圧倒的にボールを保持して試合を進める横浜FMだが、高い集中力を保つ浦和守備を攻略し切れず。右へ左へとボールをつなぎ、わずかな隙を突いて好機を生み出そうとするが、PA内では浦和の体を張った粘り強い守備に遭い、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。前半43分には小池のパスから抜け出したエリキが左足で狙うも、ボールはゴール左に外れた。

 前半アディショナルタイムには横浜FMをアクシデントが襲い、負傷した實藤がプレー続行不可能と判断され、DFチアゴ・マルチンスとの交代を余儀なくされる。

 0-0のまま後半を迎えると、同3分、左サイドから2人をかわしてPA内まで持ち込んだエリキが好機を迎えるも、至近距離から放ったシュートはGK西川周作に阻まれてしまう。同10分にDF橋岡大樹のクロスから杉本放ったヘディングシュートが枠上に外れるなど、ともに好機を得点に結び付けられない。

 その後は両チームともに選手交代を行い、状況を打開しようと試みるが最後までゴールは生まれず。0-0のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

浦和、横浜FMともに譲らず…再開初戦はスコアレスドロー

浦和レッズと横浜F・マリノスの一戦はドロー決着
[7.4 J1リーグ第2節 浦和 0-0 横浜FM 埼玉]

 J1リーグは4日、再開節となる第2節を開催し、埼玉スタジアムでは浦和レッズ横浜F・マリノスが対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半も得点が生まれずに0-0の引き分けに終わった。

 2月21日の第1節で湘南に3-2の勝利を収め、4年ぶりの白星スタートを切った浦和は同試合から先発4人を入れ替え、FW杉本健勇、MF青木拓矢、MF長澤和輝、今季メルボルン・Vから加入してJ初出場となるDFトーマス・デンらを先発起用した。

 一方、開幕節でG大阪に1-2で敗れた王者・横浜FMは同試合から先発6人を変更。FWエリキ、DF畠中槙之輔、GK梶川裕嗣の他、中断期間中にロケレンから加入したMF天野純とDF小池龍太、福岡から加入したDF實藤友紀らがスターティングメンバ―に名を連ねた。[スタメン&布陣はコチラ]

 前半5分にゴールを脅かしたのは浦和だった。右サイドから青木が送ったサイドチェンジを受けたMF汰木康也が中央に切れ込んで右足でフィニッシュ。枠を捉えた鋭いシュートだったが、横っ飛びした梶川に弾き出されて先制点を奪うには至らず。さらに同14分にはDF山中亮輔が蹴り出したCKのこぼれ球に長澤が反応するも、シュートは枠を捉え切れなかった。

 圧倒的にボールを保持して試合を進める横浜FMだが、高い集中力を保つ浦和守備を攻略し切れず。右へ左へとボールをつなぎ、わずかな隙を突いて好機を生み出そうとするが、PA内では浦和の体を張った粘り強い守備に遭い、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。前半43分には小池のパスから抜け出したエリキが左足で狙うも、ボールはゴール左に外れた。

 前半アディショナルタイムには横浜FMをアクシデントが襲い、負傷した實藤がプレー続行不可能と判断され、DFチアゴ・マルチンスとの交代を余儀なくされる。

 0-0のまま後半を迎えると、同3分、左サイドから2人をかわしてPA内まで持ち込んだエリキが好機を迎えるも、至近距離から放ったシュートはGK西川周作に阻まれてしまう。同10分にDF橋岡大樹のクロスから杉本放ったヘディングシュートが枠上に外れるなど、ともに好機を得点に結び付けられない。

 その後は両チームともに選手交代を行い、状況を打開しようと試みるが最後までゴールは生まれず。0-0のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

渡辺剛の決勝点でFC東京が開幕2連勝! 柏は退場直後に失点…

DF渡辺剛の今季初得点が決勝点となった
[7.4 J1第2節 柏0-1FC東京 三協F柏]

 開幕節以来、約4か月ぶりとなるJ1第2節がリモートマッチ(無観客試合)で行われ、柏レイソルFC東京が対戦。ともに開幕白星を飾った両チームによる一戦は、1-0でFC東京が勝利し開幕2連勝とした。

 ホームの柏は、第1節・札幌戦(○4-2)で負傷による途中交代を余儀なくされたGKキム・スンギュ、DF染谷悠太、FW瀬川祐輔が揃って先発に復帰。開幕前のちばぎんカップで負傷交代していたGK中村航輔もベンチに入った。

 敵地での再開緒戦となったFC東京は、第1節・清水戦(○3-1)から4選手を変更。清水戦で1ゴールずつを挙げたFWアダイウトン、FWディエゴ・オリヴェイラ、FWレアンドロがスタメンに名を連ねた。
[スタメン&布陣はコチラ]

 ともに攻撃陣に強力なタレントを揃えるも、タイトな守備で攻撃の形をつくらせない。それでも個の力を見せるFC東京は、レアンドロのパスを受けたディエゴ・オリヴェイラが柏守備陣に囲まれながらも単身ドリブル突破。ペナルティエリア内でDF染谷悠太をかわしてGKと1対1に持ち込んだが、キム・スンギュの好守にはばまれてしまう。そのプレーの直後に自らピッチに腰を下ろしたディエゴ・オリヴェイラは交代に。前半28分にFW田川亨介がピッチに送り込まれた。

 開幕戦で2ゴールを挙げているFWオルンガは、前半終盤に続けざまにシュートを放つ。43分、右サイドMF江坂任のクロスをヘディングで合わせたが、枠をとらえることができない。その1分後には、左足から強烈なミドルシュートを見舞ったが、GK林彰洋がセーブした。

 後半に入りDF室屋成がドリブルで持ち込んでシュートを放ってCKを獲得すると、ショートコーナーからレアンドロのクロスにアダイウトンが頭で合わせたが、GKキム・スンギュの好セーブにあってしまった。

 15分、アダイウトンがドリブルでスピードに乗ったところをヒシャルジソンが後ろから引っ掛けてしまい、2回目の警告で退場処分に。直後のレアンドロのFKは壁に阻まれたが、DF小川諒也の右CKをファーのDF森重真人が折り返し、DF渡辺剛が押し込んで均衡は破れた。

 10人で1点を追いかける柏は、18分にMF戸嶋祥郎、25分にMF神谷優太、33分にFW仲間隼斗を投入。戸嶋を底にして中盤をダイヤモンド型にした4-4-1を敷いた。1人少ないながらもチャンスをつくったが、ゴールを脅かすことはできない。数滴優位のFC東京に右サイドを崩されると、室屋のクロスから田川に飛び込まれたが、またもGKキム・スンギュが立ちはだかった。

 失点は1に抑えているものの柏のゴールは遠く、0-1のまま試合終了。再開緒戦で勝利することはできなかった。

 一方、勝利したFC東京は、中断前から含めると公式戦3連勝、5戦負けなしと好リスタートを切った。

(取材・文 奥山典幸)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

渡辺剛の決勝点でFC東京が開幕2連勝! 柏は退場直後に失点…

DF渡辺剛の今季初得点が決勝点となった
[7.4 J1第2節 柏0-1FC東京 三協F柏]

 開幕節以来、約4か月ぶりとなるJ1第2節がリモートマッチ(無観客試合)で行われ、柏レイソルFC東京が対戦。ともに開幕白星を飾った両チームによる一戦は、1-0でFC東京が勝利し開幕2連勝とした。

 ホームの柏は、第1節・札幌戦(○4-2)で負傷による途中交代を余儀なくされたGKキム・スンギュ、DF染谷悠太、FW瀬川祐輔が揃って先発に復帰。開幕前のちばぎんカップで負傷交代していたGK中村航輔もベンチに入った。

 敵地での再開緒戦となったFC東京は、第1節・清水戦(○3-1)から4選手を変更。清水戦で1ゴールずつを挙げたFWアダイウトン、FWディエゴ・オリヴェイラ、FWレアンドロがスタメンに名を連ねた。
[スタメン&布陣はコチラ]

 ともに攻撃陣に強力なタレントを揃えるも、タイトな守備で攻撃の形をつくらせない。それでも個の力を見せるFC東京は、レアンドロのパスを受けたディエゴ・オリヴェイラが柏守備陣に囲まれながらも単身ドリブル突破。ペナルティエリア内でDF染谷悠太をかわしてGKと1対1に持ち込んだが、キム・スンギュの好守にはばまれてしまう。そのプレーの直後に自らピッチに腰を下ろしたディエゴ・オリヴェイラは交代に。前半28分にFW田川亨介がピッチに送り込まれた。

 開幕戦で2ゴールを挙げているFWオルンガは、前半終盤に続けざまにシュートを放つ。43分、右サイドMF江坂任のクロスをヘディングで合わせたが、枠をとらえることができない。その1分後には、左足から強烈なミドルシュートを見舞ったが、GK林彰洋がセーブした。

 後半に入りDF室屋成がドリブルで持ち込んでシュートを放ってCKを獲得すると、ショートコーナーからレアンドロのクロスにアダイウトンが頭で合わせたが、GKキム・スンギュの好セーブにあってしまった。

 15分、アダイウトンがドリブルでスピードに乗ったところをヒシャルジソンが後ろから引っ掛けてしまい、2回目の警告で退場処分に。直後のレアンドロのFKは壁に阻まれたが、DF小川諒也の右CKをファーのDF森重真人が折り返し、DF渡辺剛が押し込んで均衡は破れた。

 10人で1点を追いかける柏は、18分にMF戸嶋祥郎、25分にMF神谷優太、33分にFW仲間隼斗を投入。戸嶋を底にして中盤をダイヤモンド型にした4-4-1を敷いた。1人少ないながらもチャンスをつくったが、ゴールを脅かすことはできない。数滴優位のFC東京に右サイドを崩されると、室屋のクロスから田川に飛び込まれたが、またもGKキム・スンギュが立ちはだかった。

 失点は1に抑えているものの柏のゴールは遠く、0-1のまま試合終了。再開緒戦で勝利することはできなかった。

 一方、勝利したFC東京は、中断前から含めると公式戦3連勝、5戦負けなしと好リスタートを切った。

(取材・文 奥山典幸)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

柏vsFC東京 試合記録

【J1第2節】(三協F柏)
柏 0-1(前半0-0)FC東京


<得点者>
[F]渡辺剛(62分)

<退場>
[柏]ヒシャルジソン(60分)

<警告>
[柏]ヒシャルジソン2(7分、60分)、染谷悠太(90分+2)
[F]森重真人(18分)

主審:荒木友輔
副審:聳城巧、森川浩次
渡辺剛の決勝点でFC東京が開幕2連勝! 柏は退場直後に失点…
オルンガ抑えて自ら点も獲る…FC東京DF渡辺剛「やりがいのある瞬間」
「どちらが相手のスキをついて…」指揮官のにらんだ展開制したFC東京
10人で1点を追う展開で出場…柏MF戸嶋祥郎「どんな状況であれ結果を」


<出場メンバー>
[柏レイソル]
先発
GK 17 キム・スンギュ
DF 6 高橋峻希
DF 15 染谷悠太
DF 2 鎌田次郎
DF 4 古賀太陽
MF 22 マテウス・サヴィオ
(63分→MF 28 戸嶋祥郎)
MF 8 ヒシャルジソン
MF 7 大谷秀和
(70分→MF 39 神谷優太)
MF 10 江坂任
FW 18 瀬川祐輔
(78分→FW 33 仲間隼斗)
FW 14 オルンガ
控え
GK 23 中村航輔
DF 13 北爪健吾
DF 50 山下達也
FW 31 ジュニオール・サントス
監督
ネルシーニョ

[FC東京]
先発
GK 33 林彰洋
DF 2 室屋成
DF 4 渡辺剛
DF 3 森重真人
DF 6 小川諒也
MF 10 東慶悟
MF 31 安部柊斗
MF 8 高萩洋次郎
FW 9 ディエゴ・オリヴェイラ
(28分→FW 27 田川亨介)
(90分+4→MF 45 アルトゥール・シルバ)
FW 15 アダイウトン
(78分→FW 38 紺野和也)
FW 20 レアンドロ
控え
GK 13 波多野豪
DF 32 ジョアン・オマリ
DF 37 中村帆高
FW 23 矢島輝一
監督
長谷川健太

柏vsFC東京 試合記録

【J1第2節】(三協F柏)
柏 0-1(前半0-0)FC東京


<得点者>
[F]渡辺剛(62分)

<退場>
[柏]ヒシャルジソン(60分)

<警告>
[柏]ヒシャルジソン2(7分、60分)、染谷悠太(90分+2)
[F]森重真人(18分)

主審:荒木友輔
副審:聳城巧、森川浩次
渡辺剛の決勝点でFC東京が開幕2連勝! 柏は退場直後に失点…

<出場メンバー>
[柏レイソル]
先発
GK 17 キム・スンギュ
DF 6 高橋峻希
DF 15 染谷悠太
DF 2 鎌田次郎
DF 4 古賀太陽
MF 22 マテウス・サヴィオ
(63分→MF 28 戸嶋祥郎)
MF 8 ヒシャルジソン
MF 7 大谷秀和
(70分→MF 39 神谷優太)
MF 10 江坂任
FW 18 瀬川祐輔
(78分→FW 33 仲間隼斗)
FW 14 オルンガ
控え
GK 23 中村航輔
DF 13 北爪健吾
DF 50 山下達也
FW 31 ジュニオール・サントス
監督
ネルシーニョ

[FC東京]
先発
GK 33 林彰洋
DF 2 室屋成
DF 4 渡辺剛
DF 3 森重真人
DF 6 小川諒也
MF 10 東慶悟
MF 31 安部柊斗
MF 8 高萩洋次郎
FW 9 ディエゴ・オリヴェイラ
(28分→FW 27 田川亨介)
(90分+4→MF 45 アルトゥール・シルバ)
FW 15 アダイウトン
(78分→FW 38 紺野和也)
FW 20 レアンドロ
控え
GK 13 波多野豪
DF 32 ジョアン・オマリ
DF 37 中村帆高
FW 23 矢島輝一
監督
長谷川健太

清水vs名古屋 試合記録

【J1第2節】(アイスタ)
清水 1-2(前半1-2)名古屋


<得点者>
[清]金子翔太(18分)
[名]相馬勇紀(32分)、オウンゴール(40分)

<退場>
[名]相馬勇紀(90分+6)

<警告>
[清]金井貢史(6分)、奥井諒(17分)、ヴァウド(90分+4)
[名]相馬勇紀2(65分、90分+6)

主審:村上伸次
副審:馬場規、鈴木規志
名古屋が逆転勝ちでJ1通算400勝達成!清水はルーキー鈴木唯人やGK梅田透吾がデビュー戦奮闘も…
昨年の市船10番鈴木唯人が堂々J1デビュー!「出来る感覚あった」と本人も好感触


<出場メンバー>
[清水エスパルス]
先発
GK 31 梅田透吾
DF 15 金井貢史
DF 5 ヴァウド
DF 2 立田悠悟
DF 21 奥井諒
MF 24 岡崎慎
MF 6 竹内涼
(73分→MF 20 中村慶太)
MF 37 鈴木唯人
(61分→FW 23 ティーラシン・デーンダー)
FW 30 金子翔太
(61分→FW 11 ジュニオール・ドゥトラ)
FW 14 後藤優介
FW 10 カルリーニョス・ジュニオ
(61分→FW 16 西澤健太)
控え
GK 39 大久保択生
DF 3 ファン・ソッコ
MF 7 六平光成
監督
ピーター・クラモフスキー

[名古屋グランパス]
先発
GK 1 ランゲラック
DF 26 成瀬竣平
(74分→MF 14 秋山陽介)
DF 4 中谷進之介
DF 3 丸山祐市
DF 23 吉田豊
MF 15 稲垣祥
MF 11 阿部浩之
MF 8 ジョアン・シミッチ
(62分→MF 2 米本拓司)
FW 16 マテウス
(62分→FW 44 金崎夢生)
FW 25 前田直輝
(90分+1→FW 17 山崎凌吾)
FW 27 相馬勇紀
控え
GK 21 武田洋平
DF 13 藤井陽也
FW 10 ガブリエル・シャビエル
監督
マッシモ・フィッカデンティ

清水vs名古屋 試合記録

【J1第2節】(アイスタ)
清水 1-2(前半1-2)名古屋


<得点者>
[清]金子翔太(18分)
[名]相馬勇紀(32分)、オウンゴール(40分)

<退場>
[名]相馬勇紀(90分+6)

<警告>
[清]金井貢史(6分)、奥井諒(17分)、ヴァウド(90分+4)
[名]相馬勇紀2(65分、90分+6)

主審:村上伸次
副審:馬場規、鈴木規志
名古屋が逆転勝ちでJ1通算400勝達成!清水はルーキー鈴木唯人やGK梅田透吾がデビュー戦奮闘も…

<出場メンバー>
[清水エスパルス]
先発
GK 31 梅田透吾
DF 15 金井貢史
DF 5 ヴァウド
DF 2 立田悠悟
DF 21 奥井諒
MF 24 岡崎慎
MF 6 竹内涼
(73分→MF 20 中村慶太)
MF 37 鈴木唯人
(61分→FW 23 ティーラシン・デーンダー)
FW 30 金子翔太
(61分→FW 11 ジュニオール・ドゥトラ)
FW 14 後藤優介
FW 10 カルリーニョス・ジュニオ
(61分→FW 16 西澤健太)
控え
GK 39 大久保択生
DF 3 ファン・ソッコ
MF 7 六平光成
監督
ピーター・クラモフスキー

[名古屋グランパス]
先発
GK 1 ランゲラック
DF 26 成瀬竣平
(74分→MF 14 秋山陽介)
DF 4 中谷進之介
DF 3 丸山祐市
DF 23 吉田豊
MF 15 稲垣祥
MF 11 阿部浩之
MF 8 ジョアン・シミッチ
(62分→MF 2 米本拓司)
FW 16 マテウス
(62分→FW 44 金崎夢生)
FW 25 前田直輝
(90分+1→FW 17 山崎凌吾)
FW 27 相馬勇紀
控え
GK 21 武田洋平
DF 13 藤井陽也
FW 10 ガブリエル・シャビエル
監督
マッシモ・フィッカデンティ

名古屋が逆転勝ちでJ1通算400勝達成!清水はルーキー鈴木唯人やGK梅田透吾がデビュー戦奮闘も…

名古屋が逆転勝ちでJ1通算400勝達成!清水はルーキー鈴木唯人やGK梅田透吾がデビュー戦奮闘も…
[7.4 J1第2節 清水1-2名古屋 アイスタ]

 名古屋グランパスが敵地で清水エスパルスに2-1で逆転勝ちし、J1通算400勝に到達した。清水はクラブ創設記念日を白星で飾ることは出来なかった。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のために中断していたJ1リーグがいよいよ再開。選手たちにとっては約4か月半ぶりの公式戦になる。しかし今節の観客動員はなく、リモートマッチでの実施となった。

 清水は市立船橋高から加入したルーキーMF鈴木唯人がトップ下で先発デビュー。またユース出身の2年目GK梅田透吾もデビュー戦を迎えるなど、フレッシュな陣容となった。一方の名古屋は新型コロナウイルスの陽性反応が出たために一時休養したGKランゲラックがスタメン出場。FW金崎夢生はベンチからのスタートになった。

 先制点を決めたのは清水だった。前半18分、中盤でMF金子翔太がパスカット。前を向いたFW後藤優介がボールを運ぶと、DFを引き付けてリターンパス。エリア内でボールを受けた金子が右足で冷静に蹴り込み、ゴールネットを揺らした。

 さらに清水は前半29分に左クロスに走り込んだFWカルリーニョス・ジュニオのダイレクトシュートが後藤に当たる。さらに跳ね返りをカルリーニョスが再び狙うが、今度はGKランゲラックの好セーブに遭い、クロスバーに当たって追加点にはならなかった。

 すると前半32分、名古屋はMFマテウスの右サイドからのクロスをMFジョアン・シミッチが頭で合わせる。GK梅田に跳ね返りも含めた2度のシミッチのシュートを防がれたが、最後はFW相馬勇紀が詰めて同点とする。

 そして前半40分、右サイドを抜けたFW前田直輝がゴール前に素早くクロスを入れると、スライディングで防ぎに行ったDFヴァウドと梅田に当たってオウンゴールとなり、名古屋が試合をひっくり返した。

 後半に入ると雨が強くなり、より難しいピッチコンディションになる。両軍交代枠が勝負のカギを握りそうな展開となるが、後半16分に両軍が同時に動く。清水は昨年の対戦で3ゴールを決めている“名古屋キラー”のFW西澤健太を投入。名古屋も新戦力の金崎を投入するなど、勝負を決めに行く。

 しかし緊迫した展開が続いたが、後半にスコアが動くことはなかった。後半アディショナルタイム6分に名古屋は相馬が2枚目のイエローカードを貰ったために退場処分となったが、最後までリードを守り抜いた。

 今季初勝利の名古屋は、J1通算400勝を達成。鹿島、横浜FM、浦和、G大阪に続く5クラブ目の記録となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

名古屋が逆転勝ちでJ1通算400勝達成!清水はルーキー鈴木唯人やGK梅田透吾がデビュー戦奮闘も…

名古屋が逆転勝ちでJ1通算400勝達成!清水はルーキー鈴木唯人やGK梅田透吾がデビュー戦奮闘も…
[7.4 J1第2節 清水1-2名古屋 アイスタ]

 名古屋グランパスが敵地で清水エスパルスに2-1で逆転勝ちし、J1通算400勝に到達した。清水はクラブ創設記念日を白星で飾ることは出来なかった。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のために中断していたJ1リーグがいよいよ再開。選手たちにとっては約4か月半ぶりの公式戦になる。しかし今節の観客動員はなく、リモートマッチでの実施となった。

 清水は市立船橋高から加入したルーキーMF鈴木唯人がトップ下で先発デビュー。またユース出身の2年目GK梅田透吾もデビュー戦を迎えるなど、フレッシュな陣容となった。一方の名古屋は新型コロナウイルスの陽性反応が出たために一時休養したGKランゲラックがスタメン出場。FW金崎夢生はベンチからのスタートになった。

 先制点を決めたのは清水だった。前半18分、中盤でMF金子翔太がパスカット。前を向いたFW後藤優介がボールを運ぶと、DFを引き付けてリターンパス。エリア内でボールを受けた金子が右足で冷静に蹴り込み、ゴールネットを揺らした。

 さらに清水は前半29分に左クロスに走り込んだFWカルリーニョス・ジュニオのダイレクトシュートが後藤に当たる。さらに跳ね返りをカルリーニョスが再び狙うが、今度はGKランゲラックの好セーブに遭い、クロスバーに当たって追加点にはならなかった。

 すると前半32分、名古屋はMFマテウスの右サイドからのクロスをMFジョアン・シミッチが頭で合わせる。GK梅田に跳ね返りも含めた2度のシミッチのシュートを防がれたが、最後はFW相馬勇紀が詰めて同点とする。

 そして前半40分、右サイドを抜けたFW前田直輝がゴール前に素早くクロスを入れると、スライディングで防ぎに行ったDFヴァウドと梅田に当たってオウンゴールとなり、名古屋が試合をひっくり返した。

 後半に入ると雨が強くなり、より難しいピッチコンディションになる。両軍交代枠が勝負のカギを握りそうな展開となるが、後半16分に両軍が同時に動く。清水は昨年の対戦で3ゴールを決めている“名古屋キラー”のFW西澤健太を投入。名古屋も新戦力の金崎を投入するなど、勝負を決めに行く。

 しかし緊迫した展開が続いたが、後半にスコアが動くことはなかった。後半アディショナルタイム6分に名古屋は相馬が2枚目のイエローカードを貰ったために退場処分となったが、最後までリードを守り抜いた。

 今季初勝利の名古屋は、J1通算400勝を達成。鹿島、横浜FM、浦和、G大阪に続く5クラブ目の記録となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

大分vs鳥栖 試合記録

【J1第2節】(昭和電ド)
大分 2-0(前半0-0)鳥栖


<得点者>
[大]田中達也2(66分、89分)

主審:福島孝一郎
副審:西橋勲、穴井千雅
途中出場のFW田中達也が連続ゴール! 大分が鳥栖とのダービー制す

<出場メンバー>
[大分トリニータ]
先発
GK 1 高木駿
DF 2 香川勇気
DF 3 三竿雄斗
DF 5 鈴木義宜
DF 29 岩田智輝
MF 6 小林裕紀
(82分→MF 4 島川俊郎)
MF 7 松本怜
MF 40 長谷川雄志
MF 47 井上健太
(56分→MF 11 田中達也)
FW 9 知念慶
(82分→FW 18 伊佐耕平)
FW 16 渡大生
(71分→FW 27 三平和司)
控え
GK 22 ムン・キョンゴン
DF 49 羽田健人
FW 33 藤本一輝
監督
片野坂知宏

[サガン鳥栖]
先発
GK 1 守田達弥
DF 28 森下龍矢
DF 3 エドゥアルド
DF 38 宮大樹
MF 41 松岡大起
MF 4 原川力
MF 22 小屋松知哉
(78分→DF 2 原輝綺)
MF 23 本田風智
(66分→MF 50 梁勇基)
MF 6 内田裕斗
(78分→FW 11 豊田陽平)
FW 9 チアゴ・アウベス
(59分→FW 7 金森健志)
FW 20 レンゾ・ロペス
(46分→FW 16 林大地)
控え
GK 18 高丘陽平
MF 25 安庸佑
監督
金明輝

大分vs鳥栖 試合記録

【J1第2節】(昭和電ド)
大分 2-0(前半0-0)鳥栖


<得点者>
[大]田中達也2(66分、89分)

主審:福島孝一郎
副審:西橋勲、穴井千雅
途中出場のFW田中達也が連続ゴール! 大分が鳥栖とのダービー制す

<出場メンバー>
[大分トリニータ]
先発
GK 1 高木駿
DF 2 香川勇気
DF 3 三竿雄斗
DF 5 鈴木義宜
DF 29 岩田智輝
MF 6 小林裕紀
(82分→MF 4 島川俊郎)
MF 7 松本怜
MF 40 長谷川雄志
MF 47 井上健太
(56分→MF 11 田中達也)
FW 9 知念慶
(82分→FW 18 伊佐耕平)
FW 16 渡大生
(71分→FW 27 三平和司)
控え
GK 22 ムン・キョンゴン
DF 49 羽田健人
FW 33 藤本一輝
監督
片野坂知宏

[サガン鳥栖]
先発
GK 1 守田達弥
DF 28 森下龍矢
DF 3 エドゥアルド
DF 38 宮大樹
MF 41 松岡大起
MF 4 原川力
MF 22 小屋松知哉
(78分→DF 2 原輝綺)
MF 23 本田風智
(66分→MF 50 梁勇基)
MF 6 内田裕斗
(78分→FW 11 豊田陽平)
FW 9 チアゴ・アウベス
(59分→FW 7 金森健志)
FW 20 レンゾ・ロペス
(46分→FW 16 林大地)
控え
GK 18 高丘陽平
MF 25 安庸佑
監督
金明輝

途中出場のFW田中達也が連続ゴール! 大分が鳥栖とのダービー制す

大分を率いる監督片野坂知宏
[7.4 J1第2節 大分2-0鳥栖 昭和電ド]

 J1第2節が4日に行われ、14位タイの大分トリニータはホームで9位タイのサガン鳥栖を1-0で下した。途中出場のMF田中達也が後半21分と同44分にそれぞれゴールを記録。大分が今季初白星を手にした一方、鳥栖は初黒星で開幕2戦未勝利(1分1敗)となった。

 大分は再開初戦の“九州ダービー"で、来季の加入が内定している特別指定選手の福岡大MF井上健太をスタメンに抜擢。同選手は公式戦初出場となった。

 立ち上がりからペースをつかんだのはアウェーの鳥栖。FWチアゴ・アウベスの個人技を生かし、チャンスの数を増やしていく。

 前半16分、高い位置でボールを奪った流れから、こぼれ球を拾ったT・アウベスが敵陣中央から左足でシュートを放つ。しかし、ゴール右下に飛んだボールはGK高木駿に弾き出された。

 前半24分には右CKからキッカーのT・アウベスが表を突き、ショートパスを選択。PA手前中央でフリーとなっていたMF本田風智が右足でダイレクトシュートを打つが、またしても好反応を見せたGK高木に止められた。

 押され気味だった大分は後半11分に井上を下げ、田中をピッチに送り出す。そして後半21分、左サイド深くでFW知念慶がタメを作り、バックパスをもらったDF香川勇気が左足でピンポイントクロスを送ると、PA内中央で田中が反応。高い打点のヘディングシュートをゴール右に叩き込み、先制点を挙げる。大分はこれがチームとしての今季初ゴールになった。

 大分はMF梁勇基やFW豊田陽平を投入した鳥栖の反撃をしのぎ、後半44分には前掛かりになった相手の隙を突いて追加点を奪う。FW三平和司の浮き球パスから田中が抜け出し、PA内右から右足で低いシュート。左のサイドネットに突き刺さり、大分が2-0で“九州ダービー"を制した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料"DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第2節 スコア速報

途中出場のFW田中達也が連続ゴール! 大分が鳥栖とのダービー制す

大分を率いる監督片野坂知宏
[7.4 J1第2節 大分2-0鳥栖 昭和電ド]

 J1第2節が4日に行われ、14位タイの大分トリニータはホームで9位タイのサガン鳥栖を1-0で下した。途中出場のMF田中達也が後半21分と同44分にそれぞれゴールを記録。大分が今季初白星を手にした一方、鳥栖は初黒星で開幕2戦未勝利(1分1敗)となった。

 大分は再開初戦の“九州ダービー"で、来季の加入が内定している特別指定選手の福岡大MF井上健太をスタメンに抜擢。同選手は公式戦初出場となった。

 立ち上がりからペースをつかんだのはアウェーの鳥栖。FWチアゴ・アウベスの個人技を生かし、チャンスの数を増やしていく。

 前半16分、高い位置でボールを奪った流れから、こぼれ球を拾ったT・アウベスが敵陣中央から左足でシュートを放つ。しかし、ゴール右下に飛んだボールはGK高木駿に弾き出された。

 前半24分には右CKからキッカーのT・アウベスが表を突き、ショートパスを選択。PA手前中央でフリーとなっていたMF本田風智が右足でダイレクトシュートを打つが、またしても好反応を見せたGK高木に止められた。

 押され気味だった大分は後半11分に井上を下げ、田中をピッチに送り出す。そして後半21分、左サイド深くでFW知念慶がタメを作り、バックパスをもらったDF香川勇気が左足でピンポイントクロスを送ると、PA内中央で田中が反応。高い打点のヘディングシュートをゴール右に叩き込み、先制点を挙げる。大分はこれがチームとしての今季初ゴールになった。

 大分はMF梁勇基やFW豊田陽平を投入した鳥栖の反撃をしのぎ、後半44分には前掛かりになった相手の隙を突いて追加点を奪う。FW三平和司の浮き球パスから田中が抜け出し、PA内右から右足で低いシュート。左のサイドネットに突き刺さり、大分が2-0で“九州ダービー"を制した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料"DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第2節 スコア速報

丸橋の1G1AでC大阪が無観客の大阪ダービー制す!!G大阪は遠藤保仁のメモリアルゲーム飾れず

先制点を決めたFW奥埜博亮(左から2人目)がチームメイトと喜ぶ
[7.4 J1第2節 G大阪1-2C大阪 パナスタ]

 J1リーグが約4か月ぶりに再開し、パナソニックスタジアム吹田では無観客のリモートマッチで大阪ダービーが行われた。セレッソ大阪ガンバ大阪に2-1で勝利。C大阪は2月22日の大分戦(○1-0)に続いて開幕2連勝を飾った。

 2月23日に行われた第1節の横浜FM戦(○2-1)で元日本代表GKの楢崎正剛氏に並ぶJ1最多タイの631試合出場を達成したG大阪のMF遠藤保仁も先発出場。J1通算632試合出場の新記録を樹立した。

 遠藤のメモリアルゲームを勝利で飾りたいG大阪は前半2分、DF藤春廣輝の左クロスにFWアデミウソンが頭で合わせるが、GKキム・ジンヒョンがキャッチ。同28分にはFW宇佐美貴史がドリブルから右足を振り抜く。右45度からのシュートはDFに当たってコースが変わり、右ポストを叩いた。

 一方のC大阪は前半32分、MF清武弘嗣の個人技で中央を崩し、ゴール前にラストパス。PA内に抜け出しかけたFW奥埜博亮が藤春と交錯し、転倒したが、PKの笛は鳴らなかった。

 互いに決め手を欠き、スコアレスで前半を折り返すかと思われた前半アディショナルタイム、C大阪は清武が左サイドに展開したボールをオーバーラップしてきたDF丸橋祐介が左足ワンタッチでマイナス気味のクロス。これに奥埜が左足で合わせ、ゴールネットを揺らした。

 1-0とリードした折り返した後半17分、C大阪はPA内の清武がマイナスに落としたボールを丸橋が左足ダイレクト一閃。弾丸ミドルがゴール右隅に突き刺さり、2-0と突き放した。

 G大阪も直後の後半21分、MF小野瀬康介のミドルシュートがDF木本恭生の手に当たる。佐藤隆治主審は迷わずハンドの反則を取り、このPKをアデミウソンが冷静にゴール右に決め、1点を返した。

 同点ゴールを目指すG大阪だが、後半33分、アデミウソンの左クロスに途中出場のFWパトリックが頭で合わせるもGKに止められ、追いつくことはできず。そのまま1-2で敗れ、開幕2連勝とはならず、今季初黒星を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

丸橋の1G1AでC大阪が無観客の大阪ダービー制す!!G大阪は遠藤保仁のメモリアルゲーム飾れず

先制点を決めたFW奥埜博亮(左から2人目)がチームメイトと喜ぶ
[7.4 J1第2節 G大阪1-2C大阪 パナスタ]

 J1リーグが約4か月ぶりに再開し、パナソニックスタジアム吹田では無観客のリモートマッチで大阪ダービーが行われた。セレッソ大阪ガンバ大阪に2-1で勝利。C大阪は2月22日の大分戦(○1-0)に続いて開幕2連勝を飾った。

 2月23日に行われた第1節の横浜FM戦(○2-1)で元日本代表GKの楢崎正剛氏に並ぶJ1最多タイの631試合出場を達成したG大阪のMF遠藤保仁も先発出場。J1通算632試合出場の新記録を樹立した。

 遠藤のメモリアルゲームを勝利で飾りたいG大阪は前半2分、DF藤春廣輝の左クロスにFWアデミウソンが頭で合わせるが、GKキム・ジンヒョンがキャッチ。同28分にはFW宇佐美貴史がドリブルから右足を振り抜く。右45度からのシュートはDFに当たってコースが変わり、右ポストを叩いた。

 一方のC大阪は前半32分、MF清武弘嗣の個人技で中央を崩し、ゴール前にラストパス。PA内に抜け出しかけたFW奥埜博亮が藤春と交錯し、転倒したが、PKの笛は鳴らなかった。

 互いに決め手を欠き、スコアレスで前半を折り返すかと思われた前半アディショナルタイム、C大阪は清武が左サイドに展開したボールをオーバーラップしてきたDF丸橋祐介が左足ワンタッチでマイナス気味のクロス。これに奥埜が左足で合わせ、ゴールネットを揺らした。

 1-0とリードした折り返した後半17分、C大阪はPA内の清武がマイナスに落としたボールを丸橋が左足ダイレクト一閃。弾丸ミドルがゴール右隅に突き刺さり、2-0と突き放した。

 G大阪も直後の後半21分、MF小野瀬康介のミドルシュートがDF木本恭生の手に当たる。佐藤隆治主審は迷わずハンドの反則を取り、このPKをアデミウソンが冷静にゴール右に決め、1点を返した。

 同点ゴールを目指すG大阪だが、後半33分、アデミウソンの左クロスに途中出場のFWパトリックが頭で合わせるもGKに止められ、追いつくことはできず。そのまま1-2で敗れ、開幕2連勝とはならず、今季初黒星を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

新潟vs金沢 試合記録

【J2第3節】(デンカS)
新潟 3-5(前半2-4)金沢


<得点者>
[新]ファビオ2(5分、36分)、シルビーニョ(72分)
[金]ルカオ2(9分、33分)、下川陽太(18分)、廣井友信(24分)、山根永遠(86分)

<警告>
[新]ゴンサロ・ゴンザレス(63分)
[金]藤村慶太(77分)

主審:井上知大
副審:岡野宇広、大矢充

<出場メンバー>
[アルビレックス新潟]
先発
GK 41 藤田和輝
DF 2 新井直人
DF 3 マウロ
DF 50 田上大地
(46分→MF 10 本間至恩)
DF 31 堀米悠斗
MF 16 ゴンサロ・ゴンザレス
(69分→DF 5 舞行龍ジェームズ)
MF 6 秋山裕紀
(69分→MF 20 島田譲)
MF 11 渡邉新太
MF 24 ロメロ・フランク
(60分→MF 33 高木善朗)
FW 9 ファビオ
FW 8 シルビーニョ
(88分→FW 39 矢村健)
控え
GK 1 大谷幸輝
DF 28 早川史哉
監督
アルベルト

[ツエーゲン金沢]
先発
GK 23 白井裕人
DF 25 高安孝幸
(59分→DF 34 杉井颯)
DF 4 石尾崚雅
DF 27 廣井友信
DF 39 下川陽太
MF 14 金子昌広
(59分→MF 7 山根永遠)
MF 6 大橋尚志
MF 8 藤村慶太
MF 20 西田恵
(46分→MF 18 窪田稜)
FW 9 ルカオ
(76分→FW 33 杉浦力斗)
FW 17 加藤陸次樹
(79分→FW 11 杉浦恭平)
控え
GK 41 堀田大暉
DF 2 山田将之
監督
柳下正明

新潟vs金沢 試合記録

【J2第3節】(デンカS)
新潟 3-5(前半2-4)金沢


<得点者>
[新]ファビオ2(5分、36分)、シルビーニョ(72分)
[金]ルカオ2(9分、33分)、下川陽太(18分)、廣井友信(24分)、山根永遠(86分)

<警告>
[新]ゴンサロ・ゴンザレス(63分)
[金]藤村慶太(77分)

主審:井上知大
副審:岡野宇広、大矢充

<出場メンバー>
[アルビレックス新潟]
先発
GK 41 藤田和輝
DF 2 新井直人
DF 3 マウロ
DF 50 田上大地
(46分→MF 10 本間至恩)
DF 31 堀米悠斗
MF 16 ゴンサロ・ゴンザレス
(69分→DF 5 舞行龍ジェームズ)
MF 6 秋山裕紀
(69分→MF 20 島田譲)
MF 11 渡邉新太
MF 24 ロメロ・フランク
(60分→MF 33 高木善朗)
FW 9 ファビオ
FW 8 シルビーニョ
(88分→FW 39 矢村健)
控え
GK 1 大谷幸輝
DF 28 早川史哉
監督
アルベルト

[ツエーゲン金沢]
先発
GK 23 白井裕人
DF 25 高安孝幸
(59分→DF 34 杉井颯)
DF 4 石尾崚雅
DF 27 廣井友信
DF 39 下川陽太
MF 14 金子昌広
(59分→MF 7 山根永遠)
MF 6 大橋尚志
MF 8 藤村慶太
MF 20 西田恵
(46分→MF 18 窪田稜)
FW 9 ルカオ
(76分→FW 33 杉浦力斗)
FW 17 加藤陸次樹
(79分→FW 11 杉浦恭平)
控え
GK 41 堀田大暉
DF 2 山田将之
監督
柳下正明

松本vs甲府 試合記録

【J2第3節】(サンアル)
松本 1-1(前半0-1)甲府


<得点者>
[松]オウンゴール(86分)
[甲]ジュニオール・バホス(2分)

<警告>
[松]浦田延尚(36分)、阪野豊史(61分)

主審:東城穣
副審:間島宗一、篠藤巧

<出場メンバー>
[松本山雅FC]
先発
GK 16 村山智彦
DF 3 田中隼磨
(62分→MF 27 鈴木雄斗)
DF 2 浦田延尚
DF 15 森下怜哉
DF 43 常田克人
(19分→DF 36 乾大知)
MF 6 藤田息吹
MF 17 塚川孝輝
(62分→MF 41 久保田和音)
MF 8 杉本太郎
(76分→DF 44 服部康平)
MF 10 セルジーニョ
MF 39 高木利弥
(75分→MF 20 アルヴァロ・ロドリゲス)
FW 11 阪野豊史
控え
GK 1 圍謙太朗
MF 26 山本真希
監督
布啓一郎

[ヴァンフォーレ甲府]
先発
GK 31 岡西宏祐
DF 3 小柳達司
DF 5 今津佑太
DF 8 新井涼平
DF 39 内田健太
(75分→MF 21 荒木翔)
MF 16 松田力
MF 15 中村亮太朗
(67分→DF 4 山本英臣)
MF 14 武田将平
MF 11 泉澤仁
(75分→FW 18 太田修介)
FW 10 ドゥドゥ
FW 29 ジュニオール・バホス
(63分→FW 17 金園英学)
控え
GK 33 小泉勇人
FW 44 ハーフナー・マイク
FW 9 ラファエル
監督
伊藤彰

松本vs甲府 試合記録

【J2第3節】(サンアル)
松本 1-1(前半0-1)甲府


<得点者>
[松]阪野豊史(86分)
[甲]ジュニオール・バホス(2分)

<警告>
[松]浦田延尚(36分)、阪野豊史(61分)

主審:東城穣
副審:間島宗一、篠藤巧

<出場メンバー>
[松本山雅FC]
先発
GK 16 村山智彦
DF 3 田中隼磨
(62分→MF 27 鈴木雄斗)
DF 2 浦田延尚
DF 15 森下怜哉
DF 43 常田克人
(19分→DF 36 乾大知)
MF 6 藤田息吹
MF 17 塚川孝輝
(62分→MF 41 久保田和音)
MF 8 杉本太郎
(76分→DF 44 服部康平)
MF 10 セルジーニョ
MF 39 高木利弥
(75分→MF 20 アルヴァロ・ロドリゲス)
FW 11 阪野豊史
控え
GK 1 圍謙太朗
MF 26 山本真希
監督
布啓一郎

[ヴァンフォーレ甲府]
先発
GK 31 岡西宏祐
DF 3 小柳達司
DF 5 今津佑太
DF 8 新井涼平
DF 39 内田健太
(75分→MF 21 荒木翔)
MF 16 松田力
MF 15 中村亮太朗
(67分→DF 4 山本英臣)
MF 14 武田将平
MF 11 泉澤仁
(75分→FW 18 太田修介)
FW 10 ドゥドゥ
FW 29 ジュニオール・バホス
(63分→FW 17 金園英学)
控え
GK 33 小泉勇人
FW 44 ハーフナー・マイク
FW 9 ラファエル
監督
伊藤彰

FW鈴木武蔵がさすがの2発!! アウェー連戦控える札幌、昇格組・横浜FC破って今季初白星

2ゴールの北海道コンサドーレ札幌FW鈴木武蔵
[7.4 J1第2節 横浜FC1-2札幌 ニッパツ]

 J1リーグは4日、132日ぶりに再開を迎え、第2節を各地で行った。ニッパツ三ツ沢球技場では横浜FC北海道コンサドーレ札幌が対戦し、札幌が2-1で今季初勝利。中断前の開幕節でも得点を挙げていたFW鈴木武蔵が2ゴールを記録し、得点王獲得に向けて好スタートを切った。

 ホームの横浜FCは13年ぶりに迎えたJ1でのホームゲーム。2月23日のJ1開幕節神戸戦(△1-1)から先発6人を入れ替え、システムを3-3-2-2に変更した。DF小林友希(←神戸)、DF星キョーワァン(←駒澤大)の新加入2選手が揃って初先発。またプロ10年目のMF佐藤謙介、18歳のFW斉藤光毅はこれがJ1デビューとなった。

 対する札幌は6月22日から千葉県内のJFA夢フィールドで調整を続けており、約1か月にわたるアウェー4連戦の初戦。中断中にGKク・ソンユンが兵役のため移籍したこともあり、2月22日のJ1開幕節柏戦(●2-4)から先発2人を入れ替え、GK菅野孝憲とMF深井一希が先発出場を果たした。[スタメン&布陣はコチラ]

 試合は無観客で行われ、横浜FCのリモート応援が場内に鳴り響く中、前半3分にさっそくスコアが動いた。札幌はFWジェイのポストプレーからMFチャナティップが左サイドを駆け上がると、グラウンダーでのクロスを配給。これに合わせた鈴木のダイレクトシュートは一度は小林に阻まれたが、跳ね返りを拾った鈴木が左足で押し込んだ。

 それでも前半16分、横浜FCは佐藤が前線にクサビのパスを送り込むと、FW一美和成が寄せてきたDF宮澤裕樹とDF福森晃斗を巧みなターンでかわし、フリーでゴール前に侵入。最後はフェイントで菅野の飛び込みを誘ってシュートコースを空け、無人のゴールに左足で流し込んだ。G大阪から期限付き移籍中の一美はこれがJ1初ゴールとなった。

 前半23分ごろには1分間の飲水タイムが取られ、選手たちは新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため個人ボトルからの給水を実施。札幌の選手たちは水を入れた容器を使って手を冷やす工夫もしていた。横浜FCは27分、敵陣でのボール奪取から厚みのある攻撃をしかけ、一美がゴール左斜め前からシュートを狙ったが、惜しくも左へと外れた。

 主導権を握る横浜FCは前半38分、中盤で縦パスを受けた斉藤が身体を揺らしながらのドリブルでペナルティエリア際まで攻め込み、左足で狙ったが菅野がパンチングで阻止。その後も横浜FCが落ち着いたビルドアップからの縦パスでチャンスをつくって¥た一方、札幌はなかなかアタッキングサードにボールを持ち込めないままハーフタイムを迎えた。

 ところが後半は一転、札幌がペースを取り戻した。横浜FCの前線から来る守備に対し、落ち着いてビルドアップを続けると、8分、鈴木のポストプレーからチャナティップが前を向き、右のハーフスペースへのスルーパスを供給。これに抜け出した鈴木がDF田代真一を振り切って右足シュートを放ち、GK六反勇治の脇下を抜けたボールがネットに突き刺さった。

 再びリードした札幌は後半13分、深井に代わって大阪体育大から新加入のMF田中駿汰を投入。田中はこれがJ1デビューとなった。横浜FCは20分、一気に3枚替え。一美、MF志知孝明、DFマギーニョを下げ、DF武田英二郎、MF中山克広、FW皆川佑介を起用した。後半も23分過ぎに飲水タイムが設けられた。

 札幌は後半28分、MF荒野拓馬に代わって筑波大出身のMF高嶺朋樹を入れ、こちらもJ1初出場。横浜FCは29分、安定したプレーを見せていたMF瀬古樹を下げ、MF松井大輔を投入した。41分、横浜FCはゴール左斜め前からのFKを斉藤が直接狙うもわずかに枠外。その後もMF中村俊輔を起用して同点の機会をうかがったが、最後に3選手を一挙に投入した札幌が最後までリードを守り切り、今季初白星を手にした。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料"DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第2節 スコア速報

横浜FCvs札幌 試合記録

【J1第2節】(ニッパツ)
横浜FC 1-2(前半1-1)札幌


<得点者>
[横]一美和成(16分)
[札]鈴木武蔵2(3分、53分)

<警告>
[横]武田英二郎(78分)

主審:家本政明
副審:平間亮、竹田明弘
FW鈴木武蔵がさすがの2発!! アウェー連戦控える札幌、昇格組・横浜FC破って今季初白星
再開日に故郷が豪雨被害「大丈夫と言われて…」横浜FC一美和成がJ1初ゴール


<出場メンバー>
[横浜FC]
先発
GK 44 六反勇治
DF 29 星キョーワァン
DF 5 田代真一
DF 4 小林友希
MF 6 瀬古樹
(74分→MF 22 松井大輔)
MF 8 佐藤謙介
MF 3 マギーニョ
(65分→MF 27 中山克広)
MF 14 志知孝明
(65分→MF 17 武田英二郎)
MF 7 松浦拓弥
(90分→MF 46 中村俊輔)
FW 9 一美和成
(65分→FW 16 皆川佑介)
FW 23 斉藤光毅
控え
GK 1 竹重安希彦
DF 26 袴田裕太郎
監督
下平隆宏

[北海道コンサドーレ札幌]
先発
GK 1 菅野孝憲
DF 3 進藤亮佑
DF 10 宮澤裕樹
(87分→MF 14 駒井善成)
DF 5 福森晃斗
MF 19 白井康介
(87分→MF 7 ルーカス・フェルナンデス)
MF 27 荒野拓馬
(73分→MF 31 高嶺朋樹)
MF 8 深井一希
(58分→DF 32 田中駿汰)
MF 4 菅大輝
MF 9 鈴木武蔵
MF 18 チャナティップ
(87分→MF 30 金子拓郎)
FW 48 ジェイ
控え
GK 29 カウィン
DF 20 キム・ミンテ
監督
ペトロヴィッチ

藤枝vs相模原 試合記録

【J3第2節】(藤枝サ)
藤枝 2-3(前半0-0)相模原


<得点者>
[藤]清本拓己(55分)、大石治寿(67分)
[相]ユーリ(48分)、ホムロ(53分)、松田詠太郎(63分)

<警告>
[藤]久富良輔(28分)、清本拓己(42分)

主審:御厨貴文
副審:高寺恒如、宇治原拓也

<出場メンバー>
[藤枝MYFC]
先発
GK 1 杉本拓也
DF 5 浅田大樹
DF 4 秋山貴嗣
DF 24 那須川将大
MF 30 松岡亮輔
MF 22 久富良輔
MF 15 姫野宥弥
MF 34 清本拓己
(73分→FW 27 吉平翼)
MF 13 安藤由翔
(78分→DF 19 稲積大介)
FW 9 大石治寿
(67分→MF 11 杉田真彦)
FW 20 森島康仁
控え
GK 21 大畑拓也
DF 3 鈴木翔太
MF 18 枝村匠馬
MF 7 水野泰輔
監督
石崎信弘

[SC相模原]
先発
GK 1 ビクトル
DF 2 夛田凌輔
DF 14 田村友
DF 3 富澤清太郎
DF 17 星広太
MF 24 松田詠太郎
(81分→MF 26 上米良柊人)
MF 28 鹿沼直生
MF 33 梅鉢貴秀
MF 27 和田昌士
(75分→MF 19 清原翔平)
FW 10 ホムロ
(80分→FW 15 三島康平)
FW 9 ユーリ
(59分→FW 13 才藤龍治)
控え
GK 32 原田岳
DF 18 白井達也
MF 38 千明聖典
監督
三浦文丈

水戸vs千葉 スタメン発表

[7.4 J2第3節](Ksスタ)
※19:00開始
主審:先立圭吾
副審:西尾英朗、阿部将茂
<出場メンバー>
[水戸ホーリーホック]
先発
GK 50 松井謙弥
DF 3 前嶋洋太
DF 4 ンドカ・ボニフェイス
DF 24 細川淳矢
DF 23 外山凌
MF 7 山田康太
MF 8 安東輝
MF 27 松崎快
MF 11 村田航一
FW 9 中山仁斗
FW 15 奥田晃也
控え
GK 21 牲川歩見
DF 13 岸田翔平
DF 2 住吉ジェラニレショーン
MF 16 山谷侑士
MF 26 平田海斗
FW 10 山口一真
FW 48 アレフ・ピットブル
監督
秋葉忠宏

[ジェフユナイテッド千葉]
先発
GK 1 新井章太
DF 6 田坂祐介
DF 15 チャン・ミンギュ
DF 5 増嶋竜也
DF 49 下平匠
MF 4 田口泰士
MF 32 高橋壱晟
MF 50 米倉恒貴
MF 8 堀米勇輝
FW 24 山下敬大
FW 9 クレーベ
控え
GK 23 佐藤優也
DF 16 鳥海晃司
DF 33 安田理大
MF 39 見木友哉
FW 10 船山貴之
FW 21 アラン・ピニェイロ
FW 44 川又堅碁
監督
尹晶煥

●[J2]第3節1日目 スコア速報

神戸vs広島 スタメン発表

[7.4 J1第2節](ノエスタ)
※19:30開始
主審:山本雄大
副審:武部陽介、渡辺康太
<出場メンバー>
[ヴィッセル神戸]
先発
GK 18 飯倉大樹
DF 33 ダンクレー
DF 25 大崎玲央
DF 3 渡部博文
MF 22 西大伍
MF 6 セルジ・サンペール
MF 8 アンドレス・イニエスタ
MF 5 山口蛍
MF 24 酒井高徳
FW 11 古橋亨梧
FW 49 ドウグラス
控え
GK 1 前川黛也
DF 17 菊池流帆
DF 44 藤谷壮
MF 38 佐々木大樹
FW 13 小川慶治朗
FW 21 田中順也
FW 9 藤本憲明
監督
トルステン・フィンク

[サンフレッチェ広島]
先発
GK 38 大迫敬介
DF 2 野上結貴
DF 23 荒木隼人
DF 19 佐々木翔
MF 44 ハイネル
MF 6 青山敏弘
MF 8 川辺駿
MF 18 柏好文
MF 9 ドウグラス・ヴィエイラ
MF 10 森島司
FW 39 レアンドロ・ペレイラ
控え
GK 1 林卓人
DF 3 井林章
MF 14 エゼキエウ
MF 24 東俊希
MF 29 浅野雄也
MF 30 柴崎晃誠
MF 50 藤井智也
監督
城福浩

●[J1]第2節 スコア速報

FC今治vs熊本 試合記録

【J3第2節】(夢スタ)
FC今治 0-1(前半0-1)熊本


<得点者>
[熊]高橋利樹(13分)

<警告>
[F]桑島良汰(56分)
[熊]鈴木翔登(75分)

主審:須谷雄三
副審:池田一洋、堀善仁
熊本がJ3第2節・今治戦の地上波放送の中止を発表…大雨による被害のため

<出場メンバー>
[FC今治]
先発
GK 1 修行智仁
DF 3 駒野友一
DF 4 園田拓也
DF 7 山田貴文
(46分→FW 11 林誠道)
DF 29 飯泉涼矢
MF 22 上原拓郎
MF 8 玉城峻吾
(62分→DF 42 原田亘)
MF 27 橋本英郎
(77分→MF 20 岡山和輝)
MF 25 楠美圭史
FW 14 桑島良汰
(77分→MF 15 福田翔生)
FW 10 有間潤
控え
GK 31 岡田慎司
DF 2 チョン・ハンチョル
MF 19 越智亮介
監督
リュイス・プラナグマ

[ロアッソ熊本]
先発
GK 35 内山圭
DF 2 黒木晃平
(82分→MF 6 河原創)
DF 39 鈴木翔登
DF 4 酒井崇一
DF 17 石川啓人
MF 8 上村周平
(55分→MF 10 伊東俊)
MF 31 岡本知剛
MF 19 相澤祥太
FW 7 中原輝
FW 18 高橋利樹
(90分→MF 15 坂本広大)
FW 9 谷口海斗
控え
GK 22 山本海人
DF 3 小笠原佳祐
FW 11 浅川隼人
監督
大木武

福岡vs長崎 スタメン発表

[7.4 J2第3節](ベススタ)
※19:00開始
主審:池内明彦
副審:中井恒、正木篤志
<出場メンバー>
[アビスパ福岡]
先発
GK 1 セランテス
DF 2 湯澤聖人
DF 3 エミル・サロモンソン
DF 39 篠原弘次郎
DF 50 上島拓巳
MF 7 重廣卓也
MF 8 鈴木惇
MF 17 福満隆貴
MF 38 菊池大介
FW 9 フアンマ・デルガド
FW 26 遠野大弥
控え
GK 23 杉山力裕
DF 22 輪湖直樹
DF 33 ドウグラス・グローリ
MF 16 石津大介
MF 19 田邉草民
FW 10 城後寿
FW 13 木戸皓貴
監督
長谷部茂利

[V・ファーレン長崎]
先発
GK 21 高木和徹
DF 16 毎熊晟矢
DF 6 角田誠
DF 26 二見宏志
DF 3 亀川諒史
MF 10 ルアン
MF 13 加藤大
MF 17 秋野央樹
MF 19 澤田崇
FW 29 畑潤基
FW 14 名倉巧
控え
GK 1 富澤雅也
DF 23 米田隼也
DF 4 フレイレ
MF 40 カイオ・セザール
MF 7 吉岡雅和
FW 32 ビクトル・イバルボ
FW 9 富樫敬真
監督
手倉森誠

●[J2]第3節1日目 スコア速報

北九州vs琉球 スタメン発表

[7.4 J2第3節](ミクスタ)
※19:00開始
主審:小屋幸栄
副審:村田裕介、塩津祐介
<出場メンバー>
[ギラヴァンツ北九州]
先発
GK 31 永井堅梧
DF 3 福森健太
DF 6 岡村和哉
DF 16 村松航太
DF 32 永田拓也
MF 10 高橋大悟
MF 17 加藤弘堅
MF 25 國分伸太郎
MF 39 椿直起
FW 11 池元友樹
FW 28 鈴木国友
控え
GK 1 高橋拓也
DF 15 野口航
DF 4 川上竜
MF 14 新垣貴之
MF 19 永野雄大
FW 7 佐藤亮
FW 9 ディサロ燦シルヴァーノ
監督
小林伸二

[FC琉球]
先発
GK 1 ダニー・カルバハル
DF 2 鳥養祐矢
DF 3 福井諒司
DF 9 李栄直
DF 14 沼田圭悟
MF 6 風間宏希
MF 20 上里一将
MF 10 富所悠
MF 18 山口和樹
MF 27 茂木駿佑
FW 16 阿部拓馬
控え
GK 26 田口潤人
DF 24 鈴木大誠
MF 11 田中恵太
MF 28 小泉佳穂
MF 7 小野伸二
MF 8 風間宏矢
FW 21 上原慎也
監督
樋口靖洋

●[J2]第3節1日目 スコア速報

大記録達成へのカウントダウン! J1最多出場リーチのG大阪MF遠藤が“大阪ダービー”でスタメン入り

G大阪MF遠藤保仁が大記録達成へ
 J1再開初戦となる第2節が4日に各地で開催される。ガンバ大阪はホームでセレッソ大阪との“大阪ダービー"。18時のキックオフを前に両チームのスターティングメンバーが発表され、J1最多出場記録の更新が懸かる元日本代表MF遠藤保仁が先発に名を連ねた。

 遠藤は2月23日に行われた第1節の横浜FM戦(○2-1)で、J1最多タイとなる631試合の出場を達成。名古屋などで活躍した元日本代表GKの楢崎正剛氏の記録に並んだが、新型コロナウイルスの影響による中断があり、記録更新が持ち越しとなっていた。

 日本歴代1位の国際Aマッチ通算152試合の出場も誇る40歳。今節このままスタメンとしてピッチに立てば、偉大な記録がまた1つ刻まれることになる。

以下、両チームの先発メンバー

[ガンバ大阪]
先発
GK 1 東口順昭
DF 4 藤春廣輝
DF 5 三浦弦太
DF 13 菅沼駿哉
DF 19 キム・ヨングォン
MF 7 遠藤保仁
MF 8 小野瀬康介
MF 10 倉田秋
MF 21 矢島慎也
FW 9 アデミウソン
FW 33 宇佐美貴史
控え
GK 25 石川慧
DF 27 高尾瑠
MF 15 井手口陽介
MF 29 山本悠樹
FW 11 小野裕二
FW 18 パトリック
FW 39 渡邉千真
監督
宮本恒靖

[セレッソ大阪]
先発
GK 21 キム・ジンヒョン
DF 2 松田陸
DF 3 木本恭生
DF 14 丸橋祐介
DF 22 マテイ・ヨニッチ
MF 5 藤田直之
MF 6 レアンドロ・デサバト
MF 10 清武弘嗣
MF 17 坂元達裕
FW 9 都倉賢
FW 25 奥埜博亮
控え
GK 45 茂木秀
DF 15 瀬古歩夢
DF 16 片山瑛一
MF 11 ルーカス・ミネイロ
FW 20 ブルーノ・メンデス
FW 32 豊川雄太
FW 8 柿谷曜一朗
監督
ロティーナ

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料"DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第2節 スコア速報

大宮vs群馬 スタメン発表

[7.4 J2第3節](NACK)
※19:00開始
主審:田中玲匡
副審:蒲澤淳一、竹田和雄
<出場メンバー>
[大宮アルディージャ]
先発
GK 1 笠原昂史
DF 13 渡部大輔
DF 24 西村慧祐
DF 3 河本裕之
DF 6 河面旺成
MF 41 小野雅史
MF 7 三門雄大
MF 18 イッペイ・シノヅカ
MF 10 黒川淳史
MF 22 翁長聖
FW 28 富山貴光
控え
GK 40 フィリップ・クリャイッチ
DF 42 山越康平
MF 11 奥抜侃志
MF 14 近藤貴司
MF 20 酒井宣福
MF 5 石川俊輝
FW 27 戸島章
監督
高木琢也

[ザスパクサツ群馬]
先発
GK 1 清水慶記
DF 8 岩上祐三
DF 4 岡村大八
DF 32 渡辺広大
DF 39 高瀬優孝
DF 14 平尾壮
MF 40 内田達也
MF 35 宮阪政樹
MF 41 中山雄登
MF 11 田中稔也
FW 13 林陵平
控え
GK 21 松原修平
DF 25 小島雅也
DF 3 鈴木順也
DF 46 川上優樹
MF 19 白石智之
MF 6 飯野七聖
FW 18 進昂平
監督
奥野僚右

●[J2]第3節1日目 スコア速報

浦和vs横浜FM スタメン発表

浦和vs横浜FM スタメン発表
[7.4 J1第2節](埼玉)
※19:00開始
主審:西村雄一
副審:山内宏志、塚越由貴
<出場メンバー>
[浦和レッズ]
先発
GK 1 西川周作
DF 27 橋岡大樹
DF 20 トーマス・デン
DF 31 岩波拓也
DF 6 山中亮輔
MF 7 長澤和輝
MF 16 青木拓矢
MF 29 柴戸海
MF 24 汰木康也
FW 30 興梠慎三
FW 14 杉本健勇
控え
GK 25 福島春樹
DF 3 宇賀神友弥
MF 10 柏木陽介
MF 41 関根貴大
FW 11 マルティノス
FW 12 ファブリシオ
FW 9 武藤雄樹
監督
大槻毅

[横浜F・マリノス]
先発
GK 21 梶川裕嗣
DF 25 小池龍太
DF 19 實藤友紀
DF 44 畠中槙之輔
DF 5 ティーラトン
MF 6 扇原貴宏
MF 8 喜田拓也
MF 39 天野純
FW 23 仲川輝人
FW 17 エリキ
FW 11 遠藤渓太
控え
GK 34 中林洋次
DF 13 チアゴ・マルチンス
DF 15 伊藤槙人
MF 18 水沼宏太
MF 9 マルコス・ジュニオール
FW 30 エジガル・ジュニオ
FW 45 オナイウ阿道
監督
アンジェ・ポステコグルー

●[J1]第2節 スコア速報

川崎Fvs鹿島 スタメン発表

川崎Fvs鹿島 スタメン発表
[7.4 J1第2節](等々力)
※19:00開始
主審:飯田淳平
副審:五十嵐泰之、大川直也
<出場メンバー>
[川崎フロンターレ]
先発
GK 1 チョン・ソンリョン
DF 13 山根視来
DF 4 ジェジエウ
DF 5 谷口彰悟
DF 2 登里享平
MF 25 田中碧
MF 10 大島僚太
MF 8 脇坂泰斗
FW 41 家長昭博
FW 16 長谷川竜也
FW 9 レアンドロ・ダミアン
控え
GK 24 安藤駿介
DF 7 車屋紳太郎
MF 19 齋藤学
MF 22 下田北斗
MF 6 守田英正
FW 20 宮代大聖
FW 30 旗手怜央
監督
鬼木達

[鹿島アントラーズ]
先発
GK 1 クォン・スンテ
DF 2 内田篤人
DF 39 犬飼智也
DF 28 町田浩樹
DF 14 永戸勝也
MF 20 三竿健斗
MF 4 レオ・シルバ
MF 7 ファン・アラーノ
MF 11 和泉竜司
FW 8 土居聖真
FW 9 エヴェラウド
控え
GK 21 曽ヶ端準
DF 22 広瀬陸斗
DF 33 関川郁万
MF 25 遠藤康
MF 6 永木亮太
FW 15 伊藤翔
FW 19 染野唯月
監督
ザーゴ

●[J1]第2節 スコア速報

秋田vs福島 試合記録

【J3第2節】(ソユスタ)
秋田 2-0(前半0-0)福島


<得点者>
[秋]茂平(65分)、井上直輝(87分)

<警告>
[福]イスマイラ(82分)

主審:酒井達矢
副審:眞鍋久大、塚原健

<出場メンバー>
[ブラウブリッツ秋田]
先発
GK 21 田中雄大
DF 3 鈴木準弥
DF 5 千田海人
DF 17 韓浩康
DF 39 鎌田翔雅
MF 24 山田尚幸
(89分→MF 10 下澤悠太)
MF 15 江口直生
MF 22 沖野将基
(72分→MF 7 前山恭平)
MF 11 久富賢
(62分→MF 8 茂平)
FW 29 齋藤恵太
(62分→FW 16 井上直輝)
FW 9 中村亮太
(89分→FW 13 林容平)
控え
GK 23 小池大喜
DF 50 加賀健一
監督
吉田謙

[福島ユナイテッドFC]
先発
GK 1 ファンティーニ燦
DF 25 前田椋介
DF 4 宇佐美宏和
DF 11 雪江悠人
DF 21 吉田朋恭
(81分→MF 17 諸岡裕人)
MF 8 池田昌生
(72分→MF 18 橋本陸)
MF 10 橋本拓門
(72分→FW 20 トカチ)
MF 40 樋口寛規
MF 7 田村亮介
MF 29 吉永大志
(88分→DF 19 河西真)
FW 9 イスマイラ
控え
GK 50 渡辺健太
DF 3 阪田章裕
DF 5 岡田亮太
監督
松田岳夫

柏vsFC東京 スタメン発表

柏vsFC東京 スタメン発表
[7.4 J1第2節](三協F柏)
※19:00開始
主審:荒木友輔
副審:聳城巧、森川浩次
<出場メンバー>
[柏レイソル]
先発
GK 17 キム・スンギュ
DF 6 高橋峻希
DF 15 染谷悠太
DF 2 鎌田次郎
DF 4 古賀太陽
MF 22 マテウス・サヴィオ
MF 8 ヒシャルジソン
MF 7 大谷秀和
MF 10 江坂任
FW 18 瀬川祐輔
FW 14 オルンガ
控え
GK 23 中村航輔
DF 13 北爪健吾
DF 50 山下達也
MF 28 戸嶋祥郎
MF 39 神谷優太
FW 31 ジュニオール・サントス
FW 33 仲間隼斗
監督
ネルシーニョ

[FC東京]
先発
GK 33 林彰洋
DF 2 室屋成
DF 4 渡辺剛
DF 3 森重真人
DF 6 小川諒也
MF 10 東慶悟
MF 31 安部柊斗
MF 8 高萩洋次郎
FW 9 ディエゴ・オリヴェイラ
FW 15 アダイウトン
FW 20 レアンドロ
控え
GK 13 波多野豪
DF 32 ジョアン・オマリ
DF 37 中村帆高
MF 45 アルトゥール・シルバ
FW 23 矢島輝一
FW 27 田川亨介
FW 38 紺野和也
監督
長谷川健太

●[J1]第2節 スコア速報

徳島vs京都 スタメン発表

[7.4 J2第3節](鳴門大塚)
※19:00開始
主審:西山貴生
副審:中野卓、戸田東吾
<出場メンバー>
[徳島ヴォルティス]
先発
GK 31 長谷川徹
DF 6 内田航平
DF 5 石井秀典
DF 25 安部崇士
DF 22 藤田征也
MF 15 岸本武流
MF 8 岩尾憲
MF 38 梶川諒太
FW 10 渡井理己
FW 45 杉森考起
FW 19 垣田裕暉
控え
GK 21 上福元直人
DF 2 田向泰輝
MF 16 榎本大輝
MF 23 鈴木徳真
MF 24 西谷和希
FW 13 清武功暉
FW 9 河田篤秀
監督
リカルド・ロドリゲス

[京都サンガF.C.]
先発
GK 34 若原智哉
DF 2 飯田貴敬
DF 16 安藤淳
DF 23 ヨルディ・バイス
DF 46 森脇良太
MF 8 荒木大吾
MF 10 庄司悦大
MF 11 曽根田穣
MF 41 金久保順
FW 9 ピーター・ウタカ
FW 13 宮吉拓実
控え
GK 21 清水圭介
DF 30 石櫃洋祐
DF 5 黒木恭平
MF 14 中川風希
MF 17 ジュニーニョ
MF 31 福岡慎平
FW 18 野田隆之介
監督
實好礼忠

●[J2]第3節1日目 スコア速報

松井大輔が重鎮2人から無茶振りされる…俊輔「アクロバティックした後に…(笑)」カズ「チームをハッピーにする」

“1人ヨガ
 横浜FCは3日、クラブ公式YouTubeチャンネルで日本サッカー界のレジェンドであるFW三浦知良(53)、MF中村俊輔(42)、MF松井大輔(39)の対談動画を公開した。

 対談は前編と後編に分かれており、今回の前編のテーマはJリーグ再開に向けて。司会を務める松井が三浦に今後の意気込みを質問すると、Jリーグ現役最年長の53歳FWは「僕の場合、まずはメンバー入りして試合に出るところまで早く行きたいと思いますし、ゴールを挙げてチームの勝利に貢献したいですね」と話した。

 次に目標を聞かれた中村は「FKで1点取りたいです」と回答したが、三浦から「3点!」と言われ、「最低3点」と訂正。そして「自分の記録も伸ばしたり、最年長のゴールも…決めて、ちょっと数か月だけもらっておいて、最後は(カズさんに)。そしたら絶対に抜けないから。1か月くらいはその余韻に浸りたいですね(笑)」と冗談交じりに続けた。

 最後に順番が回った松井は「僕は記録とかでなくていいんですよ。僕はただ単にオーバーヘッドとかね。アクロバティックなやつをやれれば、それだけで十分なんですよ」と言及。すると、本人がやるか迷っていたという“1人ヨガ"のパフォーマンスを三浦からリクエストされる。

 中村も「アクロバティックした後に急に止まりだす(笑)」とアイディアを語り、三浦は「いいじゃん。メリハリがあって(笑)」と同調した。

 最後に3人で話をまとめ、松井が「カズさんは1人カズダンス」とし、三浦は「俊輔さんはFKからの3点」と確認。さらに「大輔はアクロバティックなゴールを決めた後の静かな1人ヨガ(笑)。そうしたらチームをハッピーにする」と提言した。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料"DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第2節 スコア速報

湘南vs仙台 スタメン発表

[7.4 J1第2節](BMWス)
※19:00開始
主審:木村博之
副審:田尻智計、勝又弘樹
<出場メンバー>
[湘南ベルマーレ]
先発
GK 1 富居大樹
DF 38 石原広教
DF 4 坂圭祐
DF 22 大岩一貴
MF 6 岡本拓也
MF 16 齊藤未月
MF 15 福田晃斗
MF 18 松田天馬
MF 28 鈴木冬一
FW 11 タリク
FW 13 石原直樹
控え
GK 25 谷晃生
DF 8 大野和成
MF 2 金子大毅
MF 23 茨田陽生
MF 5 古林将太
FW 20 岩崎悠人
FW 9 指宿洋史
監督
浮嶋敏

[ベガルタ仙台]
先発
GK 24 小畑裕馬
DF 4 蜂須賀孝治
DF 16 吉野恭平
DF 13 平岡康裕
DF 14 石原崇兆
MF 7 関口訓充
MF 5 椎橋慧也
MF 8 松下佳貴
FW 19 ジャーメイン良
FW 20 長沢駿
FW 15 西村拓真
控え
GK 21 関憲太郎
DF 3 飯尾竜太朗
DF 39 金正也
MF 37 中原彰吾
FW 11 赤崎秀平
FW 29 アレクサンドレ・ゲデス
FW 42 山田寛人
監督
木山隆之

●[J1]第2節 スコア速報

町田vs山形 スタメン発表

[7.4 J2第3節](Gスタ)
※19:00開始
主審:三上正一郎
副審:佐藤貴之、桜井大介
<出場メンバー>
[FC町田ゼルビア]
先発
GK 1 秋元陽太
DF 22 小田逸稀
DF 5 深津康太
DF 4 水本裕貴
DF 2 奥山政幸
MF 18 高江麗央
MF 25 佐野海舟
MF 14 吉尾海夏
MF 10 平戸太貴
MF 8 ジョン・チュングン
FW 16 安藤瑞季
控え
GK 31 廣末陸
DF 23 酒井隆介
MF 29 森村昂太
MF 6 李漢宰
FW 20 ドリアン・バブンスキー
FW 30 中島裕希
FW 7 マソビッチ
監督
ランコ・ポポヴィッチ

[モンテディオ山形]
先発
GK 21 櫛引政敏
DF 23 熊本雄太
DF 3 栗山直樹
DF 19 松本怜大
MF 25 末吉塁
MF 14 本田拓也
MF 17 中村駿
MF 6 山田拓巳
FW 40 渡邊凌磨
FW 13 大槻周平
FW 11 山岸祐也
控え
GK 30 佐藤昭大
DF 5 野田裕喜
MF 10 中村充孝
MF 20 加藤大樹
MF 7 岡崎建哉
FW 16 北川柊斗
FW 9 ヴィニシウス・アラウージョ
監督
石丸清隆

●[J2]第3節1日目 スコア速報

大分vs鳥栖 スタメン発表

[7.4 J1第2節](昭和電ド)
※18:30開始
主審:福島孝一郎
副審:西橋勲、穴井千雅
<出場メンバー>
[大分トリニータ]
先発
GK 1 高木駿
DF 2 香川勇気
DF 3 三竿雄斗
DF 5 鈴木義宜
DF 29 岩田智輝
MF 6 小林裕紀
MF 7 松本怜
MF 40 長谷川雄志
MF 47 井上健太
FW 9 知念慶
FW 16 渡大生
控え
GK 22 ムン・キョンゴン
DF 49 羽田健人
MF 11 田中達也
MF 4 島川俊郎
FW 18 伊佐耕平
FW 27 三平和司
FW 33 藤本一輝
監督
片野坂知宏

[サガン鳥栖]
先発
GK 1 守田達弥
DF 28 森下龍矢
DF 3 エドゥアルド
DF 38 宮大樹
MF 41 松岡大起
MF 4 原川力
MF 22 小屋松知哉
MF 23 本田風智
MF 6 内田裕斗
FW 9 チアゴ・アウベス
FW 20 レンゾ・ロペス
控え
GK 18 高丘陽平
DF 2 原輝綺
MF 25 安庸佑
MF 50 梁勇基
FW 11 豊田陽平
FW 16 林大地
FW 7 金森健志
監督
金明輝

●[J1]第2節 スコア速報

G大阪vsC大阪 スタメン発表

[7.4 J1第2節](パナスタ)
※18:00開始
主審:佐藤隆治
副審:野村修、松井健太郎
<出場メンバー>
[ガンバ大阪]
先発
GK 1 東口順昭
DF 4 藤春廣輝
DF 5 三浦弦太
DF 13 菅沼駿哉
DF 19 キム・ヨングォン
MF 7 遠藤保仁
MF 8 小野瀬康介
MF 10 倉田秋
MF 21 矢島慎也
FW 9 アデミウソン
FW 33 宇佐美貴史
控え
GK 25 石川慧
DF 27 高尾瑠
MF 15 井手口陽介
MF 29 山本悠樹
FW 11 小野裕二
FW 18 パトリック
FW 39 渡邉千真
監督
宮本恒靖

[セレッソ大阪]
先発
GK 21 キム・ジンヒョン
DF 2 松田陸
DF 3 木本恭生
DF 14 丸橋祐介
DF 22 マテイ・ヨニッチ
MF 5 藤田直之
MF 6 レアンドロ・デサバト
MF 10 清武弘嗣
MF 17 坂元達裕
FW 9 都倉賢
FW 25 奥埜博亮
控え
GK 45 茂木秀
DF 15 瀬古歩夢
DF 16 片山瑛一
MF 11 ルーカス・ミネイロ
FW 20 ブルーノ・メンデス
FW 32 豊川雄太
FW 8 柿谷曜一朗
監督
ロティーナ

●[J1]第2節 スコア速報

横浜FCvs札幌 スタメン発表

横浜FCvs札幌 スタメン発表
[7.4 J1第2節](ニッパツ)
※18:00開始
主審:家本政明
副審:平間亮、竹田明弘
<出場メンバー>
[横浜FC]
先発
GK 44 六反勇治
DF 29 星キョーワァン
DF 5 田代真一
DF 4 小林友希
MF 6 瀬古樹
MF 8 佐藤謙介
MF 3 マギーニョ
MF 14 志知孝明
MF 7 松浦拓弥
FW 9 一美和成
FW 23 斉藤光毅
控え
GK 1 竹重安希彦
DF 26 袴田裕太郎
MF 17 武田英二郎
MF 22 松井大輔
MF 27 中山克広
MF 46 中村俊輔
FW 16 皆川佑介
監督
下平隆宏

[北海道コンサドーレ札幌]
先発
GK 1 菅野孝憲
DF 3 進藤亮佑
DF 10 宮澤裕樹
DF 5 福森晃斗
MF 19 白井康介
MF 27 荒野拓馬
MF 8 深井一希
MF 4 菅大輝
MF 9 鈴木武蔵
MF 18 チャナティップ
FW 48 ジェイ
控え
GK 29 カウィン
DF 20 キム・ミンテ
DF 32 田中駿汰
MF 14 駒井善成
MF 30 金子拓郎
MF 31 高嶺朋樹
MF 7 ルーカス・フェルナンデス
監督
ペトロヴィッチ

●[J1]第2節 スコア速報

松本vs甲府 スタメン発表

[7.4 J2第3節](サンアル)
※18:00開始
主審:東城穣
副審:間島宗一、篠藤巧
<出場メンバー>
[松本山雅FC]
先発
GK 16 村山智彦
DF 3 田中隼磨
DF 2 浦田延尚
DF 15 森下怜哉
DF 43 常田克人
MF 6 藤田息吹
MF 17 塚川孝輝
MF 8 杉本太郎
MF 10 セルジーニョ
MF 39 高木利弥
FW 11 阪野豊史
控え
GK 1 圍謙太朗
DF 36 乾大知
DF 44 服部康平
MF 20 アルヴァロ・ロドリゲス
MF 26 山本真希
MF 27 鈴木雄斗
MF 41 久保田和音
監督
布啓一郎

[ヴァンフォーレ甲府]
先発
GK 31 岡西宏祐
DF 3 小柳達司
DF 5 今津佑太
DF 8 新井涼平
DF 39 内田健太
MF 16 松田力
MF 15 中村亮太朗
MF 14 武田将平
MF 11 泉澤仁
FW 10 ドゥドゥ
FW 29 ジュニオール・バホス
控え
GK 33 小泉勇人
DF 4 山本英臣
MF 21 荒木翔
FW 17 金園英学
FW 18 太田修介
FW 44 ハーフナー・マイク
FW 9 ラファエル
監督
伊藤彰

●[J2]第3節1日目 スコア速報

清水vs名古屋 スタメン発表

[7.4 J1第2節](アイスタ)
※18:00開始
主審:村上伸次
副審:馬場規、鈴木規志
<出場メンバー>
[清水エスパルス]
先発
GK 31 梅田透吾
DF 15 金井貢史
DF 5 ヴァウド
DF 2 立田悠悟
DF 21 奥井諒
MF 24 岡崎慎
MF 6 竹内涼
MF 37 鈴木唯人
FW 30 金子翔太
FW 14 後藤優介
FW 10 カルリーニョス・ジュニオ
控え
GK 39 大久保択生
DF 3 ファン・ソッコ
MF 20 中村慶太
MF 7 六平光成
FW 11 ジュニオール・ドゥトラ
FW 16 西澤健太
FW 23 ティーラシン・デーンダー
監督
ピーター・クラモフスキー

[名古屋グランパス]
先発
GK 1 ランゲラック
DF 26 成瀬竣平
DF 4 中谷進之介
DF 3 丸山祐市
DF 23 吉田豊
MF 15 稲垣祥
MF 11 阿部浩之
MF 8 ジョアン・シミッチ
FW 16 マテウス
FW 25 前田直輝
FW 27 相馬勇紀
控え
GK 21 武田洋平
DF 13 藤井陽也
MF 14 秋山陽介
MF 2 米本拓司
FW 10 ガブリエル・シャビエル
FW 17 山崎凌吾
FW 44 金崎夢生
監督
マッシモ・フィッカデンティ

●[J1]第2節 スコア速報

神戸DFフェルマーレン、“外国の人々から見た日本”とのギャップを語る

神戸でプレーするベルギー代表DFトーマス・フェルマーレン
 ヴィッセル神戸のベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンが『オリンピックチャンネル』のインタビューに応じ、新型コロナウイルスの影響による自宅待機中の生活や来年の東京五輪などについて語っている。

 アヤックス、アーセナル、バルセロナなど複数のビッグクラブでプレーし、昨年夏に神戸へ加入したフェルマーレン。2008年の北京五輪にも出場したベルギー代表DFは、大会経験者として同メディアの特集記事に登場し、2021年の東京五輪開催地である日本での自宅待機中の生活を説明している。

「私は家で子供や家族と過ごしていた。家の中で多くの時間を過ごすのは、誰にとっても大変なことだったと思う。体調を整えて、子どもたちと遊んだり、子どもたちと一緒に家庭学習をしたりね。それは忙しい時間だった。私たちが慣れているものとは全く異なる」

 J1は4か月以上の中断を経て、今月4日から再開。神戸はホームで広島と対戦する。再開後の2試合は観客を入れずに行われ、その後は段階的に観客を動員する方針だ。延期された試合を消化するため、再開後は超過密日程が待ち受ける。

「ファンがいない、または慣れているより少ない人数でプレーするのは奇妙なことだ。しかし、やはりプロとして自分のパフォーマンスを見せなければならない。試合に影響を与えるかもしれないが、プロである以上、しっかりとしたプレーをする必要がある」

「イングランドで多くの試合に出場してきた経験から言うと、うまく回復することが鍵になる。数日おきにプレーするため、精神的にも準備しなければならない。メンタル面でチャレンジとなるだろう。回復のために空いた時間を使い、余計なことをしないようにすべきだね」

 フェルマーレンは日本に来て約1年となる。ピッチの外では家族とともに快適に過ごしているようだ。

「外国の人たちは、日本に来て適応するのは非常に難しいと思っている。だが、ここの人たちはクラブでもクラブの外でも、とても親切にしてくれている。私にとってはとても簡単なことだった。また、日本がもたらす異文化も好きだ。新しいことを学び、新しいことを経験するのが好きなんだ。ここにいられることにとても満足しているよ」

 12年前の北京五輪では3位決定戦でロナウジーニョ氏らを擁したブラジルに敗れ、惜しくも銅メダルを逃した。五輪での経験を「特別な何か」として記憶しているフェルマーレンは、東京五輪について「ぜひ観戦に行きたい。オリンピックは4年に1度の特別なイベントだ。可能であれば陸上競技を観戦したいね」と期待を膨らませている。

 また、今後のベルギー代表でのプレーに関しても言及。東京五輪と同じく来年夏に延期となったEUROに「代表チームのみんなにとって残念なことだった」と本音を漏らしつつ、「1年延期されたのは残念だけど、1年後のことを考えて今から決断するつもりはない。僕はまだ代表チームに参加できるし、そこでパフォーマンスを発揮できるように頑張るよ」と出場を誓った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●EURO2020予選特集
●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ
●“初月無料"DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

新潟vs金沢 スタメン発表

[7.4 J2第3節](デンカS)
※18:00開始
主審:井上知大
副審:岡野宇広、大矢充
<出場メンバー>
[アルビレックス新潟]
先発
GK 41 藤田和輝
DF 2 新井直人
DF 3 マウロ
DF 50 田上大地
DF 31 堀米悠斗
MF 16 ゴンサロ・ゴンザレス
MF 6 秋山裕紀
MF 11 渡邉新太
MF 24 ロメロ・フランク
FW 9 ファビオ
FW 8 シルビーニョ
控え
GK 1 大谷幸輝
DF 28 早川史哉
DF 5 舞行龍ジェームズ
MF 10 本間至恩
MF 20 島田譲
MF 33 高木善朗
FW 39 矢村健
監督
アルベルト

[ツエーゲン金沢]
先発
GK 23 白井裕人
DF 25 高安孝幸
DF 4 石尾崚雅
DF 27 廣井友信
DF 39 下川陽太
MF 14 金子昌広
MF 6 大橋尚志
MF 8 藤村慶太
MF 20 西田恵
FW 9 ルカオ
FW 17 加藤陸次樹
控え
GK 41 堀田大暉
DF 2 山田将之
DF 34 杉井颯
MF 18 窪田稜
MF 7 山根永遠
FW 11 杉浦恭平
FW 33 杉浦力斗
監督
柳下正明

●[J2]第3節1日目 スコア速報

藤枝vs相模原 スタメン発表

[7.4 J3第2節](藤枝サ)
※17:00開始
主審:御厨貴文
副審:高寺恒如、宇治原拓也
<出場メンバー>
[藤枝MYFC]
先発
GK 1 杉本拓也
DF 5 浅田大樹
DF 4 秋山貴嗣
DF 24 那須川将大
MF 30 松岡亮輔
MF 22 久富良輔
MF 15 姫野宥弥
MF 34 清本拓己
MF 13 安藤由翔
FW 9 大石治寿
FW 20 森島康仁
控え
GK 21 大畑拓也
DF 19 稲積大介
DF 3 鈴木翔太
MF 11 杉田真彦
MF 18 枝村匠馬
MF 7 水野泰輔
FW 27 吉平翼
監督
石崎信弘

[SC相模原]
先発
GK 1 ビクトル
DF 2 夛田凌輔
DF 14 田村友
DF 3 富澤清太郎
DF 17 星広太
MF 24 松田詠太郎
MF 28 鹿沼直生
MF 33 梅鉢貴秀
MF 27 和田昌士
FW 10 ホムロ
FW 9 ユーリ
控え
GK 32 原田岳
DF 18 白井達也
MF 19 清原翔平
MF 26 上米良柊人
MF 38 千明聖典
FW 13 才藤龍治
FW 15 三島康平
監督
三浦文丈

●[J3]第2節1日目 スコア速報

熊本がJ3第2節・今治戦の地上波放送の中止を発表…大雨による被害のため

熊本が地上波放送の中止を発表
 ロアッソ熊本は4日、同日16時からアウェーで行われるJ3第2節・FC今治戦に関し、当初はNHK熊本で生中継される予定だったが、熊本県内での大雨による被害のため、放送中止が決定したことを発表した。なお、『DAZN』では予定通り放送される。

以下、試合日程

第2節
7月4日(土)
FC今治 16:00 熊本 [夢スタ]

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料"DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J3]第2節1日目 スコア速報

FC今治vs熊本 スタメン発表

[7.4 J3第2節](夢スタ)
※16:00開始
主審:須谷雄三
副審:池田一洋、堀善仁
<出場メンバー>
[FC今治]
先発
GK 1 修行智仁
DF 3 駒野友一
DF 4 園田拓也
DF 7 山田貴文
DF 29 飯泉涼矢
MF 22 上原拓郎
MF 8 玉城峻吾
MF 27 橋本英郎
MF 25 楠美圭史
FW 14 桑島良汰
FW 10 有間潤
控え
GK 31 岡田慎司
DF 2 チョン・ハンチョル
DF 42 原田亘
MF 15 福田翔生
MF 19 越智亮介
MF 20 岡山和輝
FW 11 林誠道
監督
リュイス・プラナグマ

[ロアッソ熊本]
先発
GK 35 内山圭
DF 2 黒木晃平
DF 39 鈴木翔登
DF 4 酒井崇一
DF 17 石川啓人
MF 8 上村周平
MF 31 岡本知剛
MF 19 相澤祥太
FW 7 中原輝
FW 18 高橋利樹
FW 9 谷口海斗
控え
GK 22 山本海人
DF 3 小笠原佳祐
MF 10 伊東俊
MF 15 坂本広大
MF 6 河原創
FW 11 浅川隼人
監督
大木武

●[J3]第2節1日目 スコア速報

秋田vs福島 スタメン発表

[7.4 J3第2節](ソユスタ)
※15:00開始
主審:酒井達矢
副審:眞鍋久大、塚原健
<出場メンバー>
[ブラウブリッツ秋田]
先発
GK 21 田中雄大
DF 3 鈴木準弥
DF 5 千田海人
DF 17 韓浩康
DF 39 鎌田翔雅
MF 24 山田尚幸
MF 15 江口直生
MF 22 沖野将基
MF 11 久富賢
FW 29 齋藤恵太
FW 9 中村亮太
控え
GK 23 小池大喜
DF 50 加賀健一
MF 10 下澤悠太
MF 7 前山恭平
MF 8 茂平
FW 13 林容平
FW 16 井上直輝
監督
吉田謙

[福島ユナイテッドFC]
先発
GK 1 ファンティーニ燦
DF 25 前田椋介
DF 4 宇佐美宏和
DF 11 雪江悠人
DF 21 吉田朋恭
MF 8 池田昌生
MF 10 橋本拓門
MF 40 樋口寛規
MF 7 田村亮介
MF 29 吉永大志
FW 9 イスマイラ
控え
GK 50 渡辺健太
DF 19 河西真
DF 3 阪田章裕
DF 5 岡田亮太
MF 17 諸岡裕人
MF 18 橋本陸
FW 20 トカチ
監督
松田岳夫

●[J3]第2節1日目 スコア速報

筑波大出身の山形FW北川が入籍! 昨季はレンタル先の北九州でJ3優勝&J2昇格に貢献

山形がFW北川の入籍を発表した
 モンテディオ山形は4日、FW北川柊斗(25)が入籍したことを発表した。相手は一般女性のため、詳細の公表は差し控えるとしている。

 北川は名古屋の下部組織から筑波大を経由し、2018年から山形に正式加入。昨季途中には北九州に期限付き移籍し、J3リーグ戦11試合7ゴールの活躍でチームの優勝とJ2昇格に貢献した。今季は山形に復帰している。

 クラブ公式サイトを通じ、「私事ではございますが、入籍いたしましたのでご報告させていただきます。今まで以上に自覚と責任感を持ち、家族と共に頑張っていきます。引き続き応援よろしくお願いします」とコメントした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料"DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

栃木がリモートマッチについて重要なお願い「延期措置を検討することも考えられます」

5日に東京Vと対戦する栃木
 栃木SCは4日、栃木県グリーンスタジアムで5日に開催されるJ2第3節・東京V戦について、「重要なお願い」と題して注意事項を告知した。

 同試合はJリーグとともに作成した「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」に基づき、リモートマッチ(無観客試合)として行われる。

以下、クラブ発表のリモートマッチにおける注意事項

1. 栃木県グリーンスタジアムおよびその周辺へのご来場は絶対におやめください。

2. 試合前後に選手バスを待つなどの行為も同様におやめください。

3. できるだけ家庭に留まって、モバイル機器・テレビを通じて応援していただくようお願いいたします。友人と一緒にテレビ観戦する場合も、対面にならず、会話を減らし、マスクをして、 社会的距離を確保してください。

4. ファン・サポーターの横断幕等をスタジアムや周辺エリア、選手バスの経路などに掲出することはできません。

 クラブは「リモートマッチはDAZN、とちぎテレビ、CRT栃木放送を通じて応援していただきますようお願い致します」とした上で、「試合当日、スタジアムまたはその周辺に人が集まってしまった場合、試合延期措置を検討することも考えられます」と注意を喚起。「リモートマッチ(無観客試合)開催の趣旨をご理解いただき、上記の点についてご協力くださいますようお願いいたします」と呼びかけた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料"DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

久保建英が好プレーを連発した一方で…スペイン紙はアトレティコ新星に「低調パフォーマンスだけでなく、最悪の一面を見せた」

低調なパフォーマンスに終わったFWジョアン・フェリックス
 同世代対決は明暗が分かれる格好となった。3日のリーガ・エスパニョーラ第33節でマジョルカの19歳MF久保建英が敗戦の中でも高い評価を受けた一方で、アトレティコ・マドリーの20歳FWジョアン・フェリックスは調子が上がらないまま後半の早い時間帯に途中交代。同選手に関してスペイン『マルカ』は、プレー内容の悪さに加え、ピッチ外の行動についても「最悪の一面を見せた」と指摘している。

 ポルトガル人のJ・フェリックスは昨年夏、ベンフィカから1億2600万ユーロ(約152億円)でアトレティコに移籍。今季はここまでリーグ戦25試合に出場し、6ゴールを挙げている。

 しかし、以前から低調なプレーが続いており、2試合ぶりに先発復帰を果たしたマジョルカ戦でも、チームが3-0の快勝を収めた中で存在感を発揮できず。後半10分にディエゴ・シメオネ監督から途中交代を命じられている。

 交代直後には、ラインの外を歩きながらボールを手にし、右の拳を振り上げてスタンドの方へ殴り飛ばす様子が中継カメラに捉えられた。

 同紙はこの行為について「パフォーマンスが悪かっただけでなく、後半10分には完全にイライラしてベンチに向かうなど、最悪の一面を見せた」と言及。「彼が最高の日ではなかったことを示していた」と悩める20歳FWの現状を伝えている。

 試合後、J・フェリックスに関して質問を受けたシメオネ監督は「どの試合においても変化するシチュエーションがある。時間と平穏と静寂の中で、彼がそれらを受け入れることができるようになるのを期待しよう」と寛容な態度を示した。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

久保建英が好プレーを連発した一方で…スペイン紙はアトレティコ新星に「低調パフォーマンスだけでなく、最悪の一面を見せた」

低調なパフォーマンスに終わったFWジョアン・フェリックス
 同世代対決は明暗が分かれる格好となった。3日のリーガ・エスパニョーラ第33節でマジョルカの19歳MF久保建英が敗戦の中でも高い評価を受けた一方で、アトレティコ・マドリーの20歳FWジョアン・フェリックスは調子が上がらないまま後半の早い時間帯に途中交代。同選手に関してスペイン『マルカ』は、プレー内容の悪さに加え、ピッチ外の行動についても「最悪の一面を見せた」と指摘している。

 ポルトガル人のJ・フェリックスは昨年夏、ベンフィカから1億2600万ユーロ(約152億円)でアトレティコに移籍。今季はここまでリーグ戦25試合に出場し、6ゴールを挙げている。

 しかし、以前から低調なプレーが続いており、2試合ぶりに先発復帰を果たしたマジョルカ戦でも、チームが3-0の快勝を収めた中で存在感を発揮できず。後半10分にディエゴ・シメオネ監督から途中交代を命じられている。

 交代直後には、ラインの外を歩きながらボールを手にし、右の拳を振り上げてスタンドの方へ殴り飛ばす様子が中継カメラに捉えられた。

 同紙はこの行為について「パフォーマンスが悪かっただけでなく、後半10分には完全にイライラしてベンチに向かうなど、最悪の一面を見せた」と言及。「彼が最高の日ではなかったことを示していた」と悩める20歳FWの現状を伝えている。

 試合後、J・フェリックスに関して質問を受けたシメオネ監督は「どの試合においても変化するシチュエーションがある。時間と平穏と静寂の中で、彼がそれらを受け入れることができるようになるのを期待しよう」と寛容な態度を示した。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

【動画】レート999到達のカクケンが運命のレート1000チャレンジ!!【ウイイレ】

【動画】レート999到達のカクケンが運命のレート1000チャレンジ!!【ウイイレ】
『eFootball ウイニングイレブン2020』(ウイイレ2020)のオンラインディビジョンでレート1000を達成したゲキサカFC1期生のカクケンとARATA。今度はカクケンがガチキング出場を目指し、予選参加の条件であるmyClubレート1000を目指します。

ゲキサカFCへの質問募集中! ↓からどうぞ!
https://peing.net/ja/abc287abbf303f

★ゲキサカ ゲームチャンネルの登録はこちらから

【動画】レート999到達のカクケンが運命のレート1000チャレンジ!!【ウイイレ】

【動画】レート999到達のカクケンが運命のレート1000チャレンジ!!【ウイイレ】
『eFootball ウイニングイレブン2020』(ウイイレ2020)のオンラインディビジョンでレート1000を達成したゲキサカFC1期生のカクケンとARATA。今度はカクケンがガチキング出場を目指し、予選参加の条件であるmyClubレート1000を目指します。

ゲキサカFCへの質問募集中! ↓からどうぞ!
https://peing.net/ja/abc287abbf303f

★ゲキサカ ゲームチャンネルの登録はこちらから

スペイン紙が注目「久保建英はとても怒っている」

PKの蹴り直しに疑問を呈したMF久保建英
 相手のPKシーンについて疑問を投げかけたマジョルカMF久保建英に対し、スペイン『マルカ』が注目している。

 マジョルカは3日、リーガ・エスパニョーラ第34節でアトレティコ・マドリーの本拠地に乗り込み、0-3で完敗を喫した。

 久保が疑念を抱いたのは前半にアトレティコが獲得したPKの場面だ。FWアルバロ・モラタのシュートはGKマヌエル・レイナが見事に止めたが、クリアしたDFアレクサンドル・セドラルがキックの前にPA内へ足を踏み入れていたとして蹴り直しになった。モラタは2回目のPKを確実に決め、アトレティコが先制に成功。さらに2点を追加して3-0の快勝につなげた。

 同紙は公式ツイッター(@marca)で「久保がモラタのPK蹴り直しにとても怒っている」と記し、試合後のコメントを紹介。久保は記事の中で「試合後、僕はスタッフとそれについて議論しました。彼らによると、VARでは選手が(PA内に)入ったかどうかを確認することはできません。それに僕は疑問を持っています。言い訳はしたくないですが、僕が聞いたところによると、GKの位置を確認することしかできないのです」と話している。

 マジョルカは残り4試合となり、消化試合が1つ多い残留圏内17位セルタと5ポイント差の18位。非常に厳しい状況に追い込まれたが、久保は残りのゲームで全勝すればチャンスはあると残留の可能性を信じ、「残り試合はチームとしても個人としても、うまくいくように努めていきたいです」と語った。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!