ウエスカが岡崎との契約延長を発表「来季も最後まで諦めない戦いを続ける」

FW岡崎慎司がウエスカと契約延長
 ウエスカ(スペイン2部)は25日、FW岡崎慎司(34)との契約を2021年6月まで延長することを発表した。

 岡崎は昨年7月に同カテゴリーのマラガに加入したが、クラブがサラリーキャップ制に違反したことで選手登録されず、1か月で契約解除。同年9月に1年契約でウエスカに加入した。今季はチームトップの12得点を挙げ、2部優勝と1部昇格に大きく貢献。岡崎とウエスカの契約には、1部昇格を果たした場合に1年延長される内容も含まれており、それが履行される形となった。

 クラブは公式サイト上で「北アラゴンのファンは、今後も1部リーグで彼の才能を堪能することになるだろう」と来季の活躍に期待を寄せている。

 岡崎は同日に自身のインスタグラム(@shinjiokazaki_official)を更新。次のように思いをつづっている

「来季もウエスカでプレーする事を嬉しく思います。改めて昨シーズンにチームメイト、スタッフ、クラブ、そしてファンと成し遂げた事は本当に素晴らしい瞬間でした。応援ありがとうございました。最後の瞬間まで諦めず戦った結果だと思っています」

「ウエスカというチームで来シーズンも新たな挑戦を出来ること嬉しく思います。来シーズンも最後までウエスカの諦めない戦いを続けてウエスカの歴史を作れるよう全力を尽くしたいと思います。来シーズンも応援よろしくお願いします」

 岡崎にとってはドイツ、イングランドに続く欧州1部リーグでのプレーとなる。レスター・シティ時代のプレミアリーグや3度のW杯出場など豊富な経験を生かし、来季もチームを引っ張る活躍を見せることはできるだろうか。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

試合直前のアルサッドに激震…シャビ監督が新型コロナ陽性で急きょチームを離脱

アルサッドを率いるシャビ・エルナンデス監督
 アルサッド(カタール1部)の監督を務める元スペイン代表MFのシャビ・エルナンデス氏が25日、自身のインスタグラム(@xavi)を更新し、新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たことを明かした。

 昨年からアルサッドを率いるシャビ監督は「今日は公式戦には同行できない。私の代わりにテクニカルスタッフのトップを務めるのは、Bチームの監督であるダビド・プラッツだ」と報告し、「数日前、カタール・スターズリーグのプロトコルに従って受けた最新の新型コロナウイルス検査で、陽性反応を示した。幸いにも私の状態は完璧だが、プロトコルに従い、(検査に)合格するまで隔離される」と説明。「医療機関の許可が出たら、日常に戻って今まで以上に頑張ろうと思う。全ての関係各所に感謝している。またサッカー場でお会いしましょう!」と復活を誓った。

 アルサッドは現在リーグ戦で3位。25日の第18節でアルホールと対戦する予定だが、シャビ監督は試合直前でチームを離脱することになった。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

鳥取vsFC今治 試合記録

【J3第6節】(Axis)
鳥取 2-1(前半1-1)FC今治


<得点者>
[鳥]石井光輝(30分)、三沢直人(59分)
[F]玉城峻吾(12分)

<警告>
[F]楠美圭史(17分)、園田拓也(49分)

観衆:905人
主審:石丸秀平
副審:池田一洋、佐々木慎哉

<出場メンバー>
[ガイナーレ鳥取]
先発
GK 13 田尻健
DF 2 小牧成亘
(77分→DF 3 藤原拓也)
DF 4 井上黎生人
DF 16 石井光輝
MF 20 安藤一哉
MF 8 三沢直人
MF 7 可児壮隆
(86分→MF 21 新井泰貴)
MF 41 魚里直哉
FW 27 坂井大将
FW 17 田口裕也
(66分→FW 11 大久保優)
FW 23 新井光
控え
GK 31 糸原紘史郎
DF 6 世瀬啓人
MF 22 ハモン
FW 10 フェルナンジーニョ
監督
高木理己

[FC今治]
先発
GK 1 修行智仁
DF 42 原田亘
DF 4 園田拓也
(83分→DF 29 飯泉涼矢)
DF 2 チョン・ハンチョル
DF 22 上原拓郎
MF 20 岡山和輝
(74分→MF 15 福田翔生)
MF 27 橋本英郎
(67分→DF 7 山田貴文)
MF 25 楠美圭史
MF 8 玉城峻吾
FW 14 桑島良汰
(74分→MF 19 越智亮介)
FW 10 有間潤
(67分→FW 16 片井巧)
控え
GK 31 岡田慎司
DF 6 中野圭
監督
リュイス・プラナグマ

今季初の無失点も連勝ストップ…東京V佐藤優平「決め切れていれば相手は回されて終わりだった」

東京ヴェルディMF佐藤優平
[7.25 J2第7節 東京V0-0山形 味スタ]

 前半に訪れた絶好のチャンスを悔やむしかなかった。東京ヴェルディはJ2第7節の山形戦、約70%のボール支配率を保ったものの、5バックで引いて守る相手を崩せずスコアレスドロー。MF佐藤優平は「潮音のところで決めていれば試合は決まっていた」と振り返った。

 最初の絶好機が前半12分、見事なパスカットを見せたMF藤本寛也のスルーパスから生まれた。「カウンターの形も持っている」(佐藤)という狙っていた形からMF井上潮音が最終ラインをフリーで突破。ところが、GK櫛引政敏をかわして放った左足シュートは左ポストに直撃した。

「内容は悪くなかったんじゃないかと思う」。試合をそう総括した佐藤は「いつもこういう試合をしているので、だんだん慣れてきたけど、出だしで取れればよかった」と味方のシュートミスに悔い。「決め切れていれば相手は一生回されて終わりだったと思う」と語った。

 また永井秀樹監督は「非常に悔しい試合だったというのが感想」と開口一番。「引かれて守りを固められるのは想定していて、5枚の崩しは時間をかけて準備してきたつもりではあった」というが、「(連勝した)前の試合に加えると背後が少なくなったのは反省点」と悔やんだ。

 後半からはMF小池純輝、MF山下諒也を入れることで背後への意識は出てきたが、「(相手最終ラインの)5枚のどこの背後を取って行くかはもっとやれたと思う」と指摘。それでも今季初の無失点について「勝ち点3は取れなかったが、勝ち点を与えないのは長いリーグ戦を考えると大事なところ」と前向きに振り返った。

(取材・文 竹内達也)
●[J2]第7節1日目 スコア速報
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

長崎強し!開幕7戦負けなし!!富樫敬真が夫人&長女の前で感謝のゴール

長崎強し!開幕7戦負けなし!!富樫敬真が夫人&長女の前で感謝のゴール
[7.25 J2第7節 長崎1-0京都 トラスタ]

 V・ファーレン長崎がホームで京都サンガF.C.に1-0で勝利した。2連勝の長崎は開幕7戦負けなし(6勝1分)で首位をキープ。開幕戦を落としたものの、リーグ再開後は負けなしと好調で3位に浮上していた京都にも黒星をつけた。

 接戦をものにする強さが今年の長崎にはある。この日も前半29分にMF澤田崇のアーリークロスにFW富樫敬真が頭で合わせる。下がりながらの難しいヘディングシュートになったが、上手く枠内に飛ばした。

 リードを奪ってからは京都に押し込まれる時間帯もあったが、最後まで体を張って守り切る。後半40分にはMF庄司悦大のスルーパスからFWピーター・ウタカが横パス。最後はFW野田隆之介に流し込まれたかと思われたが、右ポストに救われた。

 開幕から負けなしで今季6勝目。ホームでは4連勝となった。そして6勝のうち5勝が1点差。試合を振り返った富樫も「非常に大事なゲームを制することが出来た」と手ごたえを語ると、「連戦が続くので切り替えていい準備をしていきたい」と好調キープを誓った。

 また富樫は先日、Jリーグ通算100試合出場を達成。試合前のセレモニーでは 5人組ダンス&ボーカルグループ「Flower」の元メンバーである美央夫人と今年1月に誕生した長女から花束を贈呈された。「2人にゴールを生で見せることができて嬉しい。日々支えて貰っているので、いい形で決められてよかった」と白い歯をこぼした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

長崎vs京都 試合記録

【J2第7節】(トラスタ)
長崎 1-0(前半1-0)京都


<得点者>
[長]富樫敬真(29分)

<警告>
[長]毎熊晟矢(90分+4)

観衆:3,487人
主審:東城穣
副審:三原純、津野洋平
長崎強し!開幕7戦負けなし!!富樫敬真が夫人&長女の前で感謝のゴール

<出場メンバー>
[V・ファーレン長崎]
先発
GK 30 徳重健太
DF 16 毎熊晟矢
DF 4 フレイレ
(46分→DF 22 徳永悠平)
DF 26 二見宏志
DF 3 亀川諒史
MF 10 ルアン
(54分→MF 20 大竹洋平)
MF 40 カイオ・セザール
MF 17 秋野央樹
MF 19 澤田崇
FW 32 ビクトル・イバルボ
(66分→FW 29 畑潤基)
FW 9 富樫敬真
(88分→MF 13 加藤大)
控え
GK 1 富澤雅也
DF 23 米田隼也
MF 7 吉岡雅和
監督
手倉森誠

[京都サンガF.C.]
先発
GK 34 若原智哉
DF 2 飯田貴敬
(57分→DF 30 石櫃洋祐)
DF 6 本多勇喜
DF 16 安藤淳
DF 23 ヨルディ・バイス
MF 8 荒木大吾
(85分→MF 7 レナン・モッタ)
MF 10 庄司悦大
MF 31 福岡慎平
(62分→MF 14 中川風希)
MF 41 金久保順
FW 9 ピーター・ウタカ
FW 13 宮吉拓実
(57分→FW 18 野田隆之介)
控え
GK 21 清水圭介
DF 19 麻田将吾
MF 40 黒木聖仁
監督
實好礼忠

愛媛vs琉球 試合記録

【J2第7節】(ニンスタ)
愛媛 1-1(前半1-0)琉球


<得点者>
[愛]忽那喬司(36分)
[琉]風間宏矢(69分)

<警告>
[愛]西岡大志(90分+3)
[琉]沼田圭悟(52分)、李栄直(87分)

観衆:1,442人
主審:小屋幸栄
副審:浜本祐介、戸田東吾
小野伸二が開始早々に負傷交代の琉球、愛媛と1-1ドローで今季初勝利ならず
琉球の40歳MF小野伸二、今季初先発も開始4分で負傷退場…


<出場メンバー>
[愛媛FC]
先発
GK 1 岡本昌弘
DF 3 西岡大志
DF 20 茂木力也
DF 4 西岡大輝
(74分→DF 24 池田樹雷人)
DF 5 前野貴徳
MF 8 長沼洋一
MF 34 渡邊一仁
(88分→MF 13 岩井柊弥)
MF 16 田中裕人
(74分→FW 18 西田剛)
MF 19 忽那喬司
(74分→MF 29 川村拓夢)
FW 11 森谷賢太郎
FW 15 丹羽詩温
(62分→FW 9 有田光希)
控え
GK 21 加藤大智
DF 23 三原秀真
監督
川井健太

[FC琉球]
先発
GK 1 ダニー・カルバハル
DF 11 田中恵太
DF 24 鈴木大誠
DF 9 李栄直
DF 14 沼田圭悟
MF 6 風間宏希
MF 7 小野伸二
(7分→MF 23 池田廉)
MF 20 上里一将
MF 8 風間宏矢
(70分→MF 10 富所悠)
MF 27 茂木駿佑
(70分→FW 21 上原慎也)
FW 16 阿部拓馬
(90分+3→MF 28 小泉佳穂)
控え
GK 26 田口潤人
DF 2 鳥養祐矢
DF 3 福井諒司
監督
樋口靖洋

小野伸二が開始早々に負傷交代の琉球、愛媛と1-1ドローで今季初勝利ならず

[7.25 J2第7節 愛媛1-1琉球 ニンスタ]

 J2第7節が25日に各地で行われた。ニンジニアスタジアムでは19位愛媛FCと22位FC琉球が対戦し、1-1の引き分け。愛媛は連敗を3で止めたが、4試合勝ちなし(1分3敗)となった。一方、琉球は開幕7試合未勝利(3分4敗)。最下位からの脱出はならなかった。

 敵地に乗り込んだ琉球は開始早々にアクシデントに見舞われる。前半2分、今季初先発のMF小野伸二が愛媛DF茂木力也との接触で右膝付近を負傷。一度ピッチに戻るも、同4分にプレー続行不可能となり、同7分にMF池田廉が緊急投入された。

 すると愛媛が前半36分に均衡を破る。相手のCKを防いだ流れからMF忽那喬司が自陣でこぼれ球を拾い、ドリブルで相手PA内へ。右足で放ったシュートが相手に当たってゴール左に吸い込まれ、2戦連発となる今季2得点目をマークした。

 追いかける琉球は後半10分に決定機。FW阿部拓馬が右サイドのDF田中恵太からのパスを受けて抜け出し、GK岡本昌弘との1対1から左足でシュートを打つ。だが、好反応を見せた岡本に止められ、同点弾は奪えない。

 それでも後半24分、阿部がPA付近で強引にドリブルを仕掛け、左へボールが流れると、拾ったMF茂木駿佑が折り返す。フリーでファーに入ったMF風間宏矢が右足で流し込み、今季初ゴールを記録した。

 後半33分にはPA手前右でFKのチャンス。キッカーを務めたMF上里一将が左足で直接狙うも、壁をかすめたシュートはわずかにゴール右へ外れた。その後、両チームともに最後まで2点目は挙げられず。1-1で試合終了を迎えた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第7節1日目 スコア速報

福岡が3戦連続無失点の3連勝! FW石津の豪快弾で岡山を退ける

[7.25 J2第7節 福岡1-0岡山 ベススタ]

 J2第7節が25日に開催され、6位アビスパ福岡はホームで12位タイのファジアーノ岡山に1-0で勝利した。前半40分に決まったFW石津大介のゴールが決勝点。福岡は3試合連続の無失点で、今季初の3連勝を飾った。

 開始から互いにゴールを脅かすスリリングな展開の中、先にスコアを動かしたのは福岡。前半40分、右サイドのDFエミル・サロモンソンがクロスを入れると、ファーの石津がトラップから左足を振り抜く。豪快にネットを揺らし、5試合ぶりの先発起用に応える今季初得点を挙げた。

 1点のビハインドで折り返した岡山は、後半14分にPA手前左でFKを獲得。キッカーのMF上田康太が左足で鋭く落ちるシュートを放つが、ゴール左隅に飛んだボールはGKセランテスが横っ跳びで弾き出した。

 逃げ切りたい福岡は後半32分までに5人を交代。キャプテンのMF前寛之は5試合ぶりの出場を果たした。対する岡山は同34分にFWイ・ヨンジェを下げ、ベテランのFW赤嶺真吾を投入。しかし最後までゴールを奪えず、0-1の完封負けで今季初の2連敗を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第7節1日目 スコア速報

福岡vs岡山 試合記録

【J2第7節】(ベススタ)
福岡 1-0(前半1-0)岡山


<得点者>
[福]石津大介(40分)

<警告>
[福]セランテス(90分+1)
[岡]上田康太(21分)

観衆:2,720人
主審:谷本涼
副審:村田裕介、イ・サンギ
福岡が3戦連続無失点の3連勝! FW石津の豪快弾で岡山を退ける

<出場メンバー>
[アビスパ福岡]
先発
GK 1 セランテス
DF 3 エミル・サロモンソン
DF 22 輪湖直樹
DF 33 ドウグラス・グローリ
DF 50 上島拓巳
MF 7 重廣卓也
MF 8 鈴木惇
(77分→MF 6 前寛之)
MF 14 増山朝陽
(77分→DF 2 湯澤聖人)
MF 17 福満隆貴
(70分→MF 38 菊池大介)
FW 9 フアンマ・デルガド
(77分→FW 26 遠野大弥)
FW 16 石津大介
(67分→FW 10 城後寿)
控え
GK 23 杉山力裕
DF 39 篠原弘次郎
監督
長谷部茂利

[ファジアーノ岡山]
先発
GK 22 ポープ・ウィリアム
DF 23 松木駿之介
DF 4 濱田水輝
DF 3 後藤圭太
DF 21 椋原健太
MF 19 上門知樹
MF 7 白井永地
MF 14 上田康太
(68分→FW 18 齊藤和樹)
MF 25 野口竜彦
(46分→MF 17 関戸健二)
FW 9 イ・ヨンジェ
(79分→FW 24 赤嶺真吾)
FW 44 清水慎太郎
(68分→FW 15 山本大貴)
控え
GK 13 金山隼樹
DF 20 チェ・ジョンウォン
DF 33 阿部海大
監督
有馬賢二

北九州vs山口 試合記録

【J2第7節】(ミクスタ)
北九州 2-0(前半1-0)山口


<得点者>
[北]高橋大悟(28分)、ディサロ燦シルヴァーノ(82分)

<警告>
[北]岡村和哉(56分)
[山]菊地光将(78分)

観衆:2,555人
主審:吉田哲朗
副審:塩津祐介、正木篤志

<出場メンバー>
[ギラヴァンツ北九州]
先発
GK 31 永井堅梧
DF 3 福森健太
DF 6 岡村和哉
DF 16 村松航太
DF 32 永田拓也
(75分→DF 15 野口航)
MF 10 高橋大悟
MF 17 加藤弘堅
(84分→DF 4 川上竜)
MF 25 國分伸太郎
MF 39 椿直起
(75分→MF 8 内藤洋平)
FW 11 池元友樹
(59分→FW 18 町野修斗)
FW 28 鈴木国友
(59分→FW 9 ディサロ燦シルヴァーノ)
控え
GK 1 高橋拓也
MF 19 永野雄大
監督
小林伸二

[レノファ山口FC]
先発
GK 33 山田元気
DF 26 川井歩
DF 30 ヘニキ
DF 2 菊地光将
DF 24 安在和樹
MF 6 高宇洋
(73分→MF 29 田中陸)
MF 3 ヘナン
(62分→MF 5 佐藤健太郎)
MF 10 池上丈二
(73分→MF 14 吉濱遼平)
FW 9 イウリ
(67分→FW 38 河野孝汰)
FW 18 小松蓮
FW 11 高井和馬
(73分→FW 16 浮田健誠)
控え
GK 17 吉満大介
DF 28 眞鍋旭輝
監督
霜田正浩

磐田vs徳島 試合記録

【J2第7節】(ヤマハ)
磐田 0-2(前半0-2)徳島


<得点者>
[徳]清武功暉(7分)、岩尾憲(22分)

<警告>
[磐]ルキアン(57分)

観衆:2,505人
主審:井上知大
副審:村井良輔、中澤涼
上位対決制した徳島が3位浮上…完封負けの磐田は今季ホーム初黒星

<出場メンバー>
[ジュビロ磐田]
先発
GK 1 八田直樹
DF 13 宮崎智彦
DF 15 伊藤洋輝
DF 24 小川大貴
(68分→DF 5 櫻内渚)
DF 33 藤田義明
MF 7 上原力也
(79分→FW 20 ルリーニャ)
MF 8 大森晃太郎
MF 14 松本昌也
(68分→MF 10 山田大記)
MF 23 山本康裕
(68分→MF 34 針谷岳晃)
FW 9 小川航基
(59分→FW 16 中野誠也)
FW 11 ルキアン
控え
GK 31 志村滉
MF 26 藤川虎太朗
監督
フェルナンド・フベロ

[徳島ヴォルティス]
先発
GK 31 長谷川徹
DF 22 藤田征也
(77分→MF 11 島屋八徳)
DF 6 内田航平
DF 5 石井秀典
DF 2 田向泰輝
(82分→DF 20 福岡将太)
MF 8 岩尾憲
MF 23 鈴木徳真
(77分→MF 38 梶川諒太)
MF 24 西谷和希
FW 45 杉森考起
(46分→MF 10 渡井理己)
FW 13 清武功暉
(46分→MF 15 岸本武流)
FW 19 垣田裕暉
控え
GK 21 上福元直人
FW 9 河田篤秀
監督
リカルド・ロドリゲス

上位対決制した徳島が3位浮上…完封負けの磐田は今季ホーム初黒星

[7.25 J2リーグ第7節 磐田0-2徳島 ヤマハ]

 J2リーグは25日、第7節を開催し、ヤマハスタジアムでは5位のジュビロ磐田と4位の徳島ヴォルティスが対戦。前半7分にFW清武功暉、同22分にMF岩尾憲の得点でリードした徳島が2-0の完封勝利を収めて3位に順位を上げた。

 ホームの磐田は19日の第6節北九州戦(○2-0)から先発5人を入れ替え、FWルキアン、FW小川航基、MF山本康裕、MF松本昌也、DF小川大貴らを先発起用。一方の徳島は第6節福岡戦(●0-1)から先発2人を入れ替え、清武、DF藤田征也らがスターティングメンバ―に名を連ねた。

 試合開始早々の前半7分に試合を動かしたのはアウェーの徳島だった。藤田が蹴り出した右CKにフリーで走り込んだ清武がヘディングでネットに突き刺し、スコアを1-0とした。さらに同21分にはPA内に侵入したDF内田航平が蹴り出したボールがDF藤田義明のハンドを誘ってPKを獲得すると、キッカーを務めた岩尾が落ち着いて蹴り込み、徳島がリードを2点差に広げた。

 1点のビハインドを背負った磐田は前半43分、山本が蹴り出した右CKを小川航基が打点の高いヘディングで合わせる。枠を捉えるシュートとなったが、好反応を見せたGK長谷川徹に左手1本で弾かれると、クロスバーを叩いてネットを揺らすには至らなかった。

 2-0と徳島がリードしたまま後半を迎えると、同13分に磐田ベンチが動き、小川航基に代えてFW中野誠也を投入。さらに同23分には3枚替えを行い、MF針谷岳晃、DF櫻内渚、MF山田大記をピッチへと送り込み、状況を打開しようと試みる。しかし、最後まで磐田にゴールは生まれずに徳島が2-0の完封勝利を収めた。敗れた磐田は4試合3勝1分と無敗だったホームで今季初黒星を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

大宮vs松本 試合記録

【J2第7節】(NACK)
大宮 1-0(前半0-0)松本


<得点者>
[大]戸島章(68分)

<警告>
[大]河本裕之(81分)

観衆:2,465人
主審:柿沼亨
副審:林可人、坂本晋悟
連敗止めた大宮が2位キープ! 榎本樹J2デビューの松本を撃破
鮮やかな連携から大宮FW戸島章が移籍後初ゴール「練習からいい距離感で」
20歳若手抜擢の松本、山本龍平がJデビュー&榎本樹もJ2で第一歩


<出場メンバー>
[大宮アルディージャ]
先発
GK 40 フィリップ・クリャイッチ
DF 13 渡部大輔
DF 24 西村慧祐
(45分+2→DF 4 ヴィターリス・マクシメンコ)
DF 3 河本裕之
DF 42 山越康平
MF 41 小野雅史
(78分→MF 15 大山啓輔)
MF 7 三門雄大
MF 18 イッペイ・シノヅカ
(65分→MF 10 黒川淳史)
MF 11 奥抜侃志
(78分→MF 14 近藤貴司)
MF 22 翁長聖
FW 17 ネルミン・ハスキッチ
(65分→FW 27 戸島章)
控え
GK 46 松本健太
FW 37 高田颯也
監督
高木琢也

[松本山雅FC]
先発
GK 1 圍謙太朗
DF 3 田中隼磨
(79分→MF 19 山本龍平)
DF 36 乾大知
DF 15 森下怜哉
DF 2 浦田延尚
(83分→MF 20 アルヴァロ・ロドリゲス)
MF 41 久保田和音
(79分→MF 14 中美慶哉)
MF 6 藤田息吹
MF 27 鈴木雄斗
MF 18 高木彰人
(69分→DF 44 服部康平)
MF 39 高木利弥
FW 25 榎本樹
(46分→FW 11 阪野豊史)
控え
GK 16 村山智彦
DF 33 大野佑哉
監督
布啓一郎

20歳若手抜擢の松本、山本龍平がJデビュー&榎本樹もJ2で第一歩

松本期待の若手MF山本龍平とFW榎本樹
[7.25 J2第7節 大宮1-0松本 NACK]

 松本山雅FCを率いる布啓一郎監督は連戦の中で若手選手を積極起用した。

 プロ2年目の20歳FW榎本樹がスタメンに抜擢され、J2リーグ戦デビュー。前橋育英高時代は2年時に17年の全国高校総体で大会得点王に輝き、同年度の全国高校選手権では初優勝に導く“優勝ゴール”で沸かせた186cmの大型ストライカー。19年に松本に入団したが、昨夏群馬(当時J3)にレンタル移籍し、武者修行を経て帰ってきた。

 3-4-2-1の最前線に入り、2月16日のルヴァン杯C大阪戦以来となる先発出場。前半8分には周囲との連携からパスをつないでMF高木彰人のフィニッシュを導いたが、自らシュートを打つ場面はなく、前半のみで交代。故郷・埼玉でのJ2デビューとなり、「NACKは子供の頃によく来ていた。思い出深い場所でデビューできたのは嬉しいですが、勝利に関われなかったのは残念」と語った榎本。「少ないチャンスをモノにする力が必要。少ない時間でも結果を残せる選手になっていかないといけない」と気合を入れ直した。

 同じく2000年生まれのプロ2年目、20歳MF山本龍平もルヴァン杯出場はあるが、これが待望のJデビューとなった。四日市中央工高から19年に松本に入団し、山形への移籍を経て今季復帰。「やってやろうという気持ちで入ったけど、(気持ちが)入りすぎた部分があった」。0-1で迎えた後半34分にDF田中隼磨に代わって投入されると、本職の左サイドではなく右サイドでプレー。

 後半37分にはPA右手前で獲得したFKのキッカーを務め、左足で直接ゴールを狙った。左足のキックは武器のひとつだが、枠を捉えられず。「デビューできたことは嬉しいですが、自分のプレーに納得はいっていない。苦いです」と悔しさをにじませた。それでも、貴重な第一歩を踏み出した2人に布監督は「経験したことを糧にしてほしい」と大きな期待を寄せた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

鮮やかな連携から大宮FW戸島章が移籍後初ゴール「練習からいい距離感で」

FW戸島章が決勝ゴール
[7.25 J2第7節 大宮1-0松本 NACK]

 大宮アルディージャが連敗を止め、2位をキープした。再開後はFW陣に得点が生まれていなかったが、途中出場のFW戸島章がチームを救う決勝ゴール。「点を取れていない焦りがあったのでホッとしているのが一番です」。後半20分にMF黒川淳史とともに投入されると、そのわずか3分後、1トップ2シャドーが鮮やかなコンビネーションからゴールを陥れた。

 0-0で迎えた後半23分だった。戸島、奥抜、黒川がポジションを変えながらワンタッチのパス交換で中央を崩す。最後は黒川が粘ってつなぐと、戸島が鋭い右足シュートでニアを破った。「練習から2人とはいい距離感で出来ていたので、練習の成果が出た」という納得の形だ。

 高木琢也監督の采配が的中し、降格組の松本を撃破した。チームは開幕4連勝と好スタートを切ったが、そこから2連敗。戸島は「ここ数試合、監督から使ってもらって、FWとしてなかなか点を取ることができていなかった。自分のゴールで連敗を抜け出せたのはよかった」と安堵の表情で語った。

 今季、横浜FCから加入した28歳FWはこれが移籍後初ゴール。「サポーターのみなさんにも自分の得点で勝つところを見せられた」とゴールの喜びを噛み締めると、「自分が点を取ってまた勝てるように、引き続き気を引き締めてやっていきたい」と量産を誓った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

甲府vs千葉 試合記録

【J2第7節】(中銀スタ)
甲府 2-1(前半0-0)千葉


<得点者>
[甲]新井涼平(49分)、ジュニオール・バホス(63分)
[千]櫻川ソロモン(90分+2)

<警告>
[甲]岡西宏祐(90分+1)
[千]米倉恒貴(90分+6)

観衆:1,860人
主審:川俣秀
副審:間島宗一、岩崎創一
千葉、18歳FW櫻川ソロモンが追撃弾も届かず…逃げ切った甲府が今季初の2連勝!!

<出場メンバー>
[ヴァンフォーレ甲府]
先発
GK 31 岡西宏祐
DF 2 藤田優人
DF 3 小柳達司
DF 5 今津佑太
DF 39 内田健太
MF 6 野澤英之
MF 8 新井涼平
MF 14 武田将平
MF 11 泉澤仁
(89分→FW 18 太田修介)
FW 10 ドゥドゥ
(77分→FW 19 宮崎純真)
FW 29 ジュニオール・バホス
(83分→FW 44 ハーフナー・マイク)
控え
GK 33 小泉勇人
DF 20 中塩大貴
DF 4 山本英臣
MF 16 松田力
監督
伊藤彰

[ジェフユナイテッド千葉]
先発
GK 1 新井章太
DF 6 田坂祐介
DF 15 チャン・ミンギュ
DF 16 鳥海晃司
DF 33 安田理大
MF 4 田口泰士
MF 18 熊谷アンドリュー
(75分→MF 39 見木友哉)
MF 20 矢田旭
(86分→DF 50 米倉恒貴)
MF 13 為田大貴
(75分→FW 10 船山貴之)
FW 24 山下敬大
(75分→FW 40 櫻川ソロモン)
FW 9 クレーベ
(86分→DF 5 増嶋竜也)
控え
GK 23 佐藤優也
DF 49 下平匠
監督
尹晶煥

千葉、18歳FW櫻川ソロモンが追撃弾も届かず…逃げ切った甲府が今季初の2連勝!!

[7.25 J2リーグ第7節 甲府2-1千葉 中銀スタ]

 J2リーグは25日、第7節を開催し、山梨中銀スタジアムではヴァンフォーレ甲府ジェフユナイテッド千葉が対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半4分にMF新井涼平、同18分にFWジュニオール・バホスが得点を奪った甲府が千葉の反撃を1点に抑えて2-1の勝利を収めた。

 ホームの甲府は19日の第6節大宮戦(○1-0)から先発の入れ替えはなく、同試合と同じ11人を先発起用。一方の千葉は第6節東京V戦(●1-2)から先発6人を入れ替え、FWクレーベ、MF為田大貴、MF矢田旭、MF熊谷アンドリュー、DF安田理大、DF鳥海晃司らがスターティングメンバ―に名を連ねた。

 試合開始早々の前半4分、MF田口泰士のFKをFW山下敬大がヘディングで合わせてネットを揺らし、千葉が先制したかに思われたが、これはオフサイドの判定でノーゴールに。さらに同9分には為田のパスに反応した田口がPA外から狙うも、シュートはゴール右に外れた。その後も千葉がボールを保持して試合を進めるが、甲府の守備を崩し切れず。同アディショナルタイムには左サイドから田口が送ったクロスに矢田が飛び込んだものの、ヘディングシュートは好反応を見せたGK岡西宏祐に弾き出されてしまった。

 0-0のまま後半を迎えると、同4分に甲府が先制に成功。ゴール前が混戦となってPA外へボールがこぼれると、反応した新井涼平が左足を思い切りよく振り抜く。弾道の低いシュートは相手選手に当たってコースが変わるとネットを揺らし、スコアを1-0とした。さらに同18分にはDF藤田優人が蹴り出した右CKをニアサイドのFWドゥドゥがすらすと、J・バホスがシュート。一度はGK新井章太に阻まれたが、こぼれ球をJ・バホス自身が押し込んで甲府がリードを2点差に広げた。

 2点のビハインドを背負った千葉は後半30分に3枚替えを行い、FW船山貴之、FW櫻川ソロモン、MF見木友哉を投入。さらに同41分にはDF米倉恒貴、DF増嶋竜也を同時にピッチに送り込んで状況を打開しようと試みる。同アディショナルタイムには田口のFKを櫻川がヘディングで決めて1点差に詰め寄るが、反撃はここまで。逃げ切った甲府が2-1の勝利を収め、今季初の2連勝。敗れた千葉は今季初の2連敗を喫している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

新潟vs水戸 試合記録

【J2第7節】(デンカS)
新潟 1-0(前半0-0)水戸


<得点者>
[新]本間至恩(71分)

<警告>
[新]マウロ(9分)

観衆:3,861人
主審:清水勇人
副審:櫻井大輔、日比野真
若き10番MF本間至恩が強烈ミドルで決勝弾!新潟がホームで水戸を下す

<出場メンバー>
[アルビレックス新潟]
先発
GK 41 藤田和輝
DF 27 大本祐槻
(62分→MF 13 中島元彦)
DF 3 マウロ
DF 5 舞行龍ジェームズ
DF 2 新井直人
MF 6 秋山裕紀
(46分→DF 28 早川史哉)
MF 20 島田譲
MF 8 シルビーニョ
(67分→FW 19 ペドロ・マンジー)
MF 10 本間至恩
(77分→DF 31 堀米悠斗)
FW 9 ファビオ
FW 11 渡邉新太
控え
GK 1 大谷幸輝
DF 50 田上大地
MF 33 高木善朗
監督
アルベルト

[水戸ホーリーホック]
先発
GK 21 牲川歩見
DF 3 前嶋洋太
DF 4 ンドカ・ボニフェイス
DF 24 細川淳矢
DF 23 外山凌
MF 6 平野佑一
MF 7 山田康太
(76分→MF 25 平塚悠知)
MF 20 森勇人
(82分→FW 18 深堀隼平)
MF 10 山口一真
(76分→FW 48 アレフ・ピットブル)
FW 9 中山仁斗
FW 16 山谷侑士
(60分→MF 27 松崎快)
控え
GK 50 松井謙弥
DF 13 岸田翔平
DF 2 住吉ジェラニレショーン
監督
秋葉忠宏

若き10番MF本間至恩が強烈ミドルで決勝弾!新潟がホームで水戸を下す

[7.25 J2第7節 新潟1-0水戸 デンカS]

 アルビレックス新潟がホームで水戸ホーリーホックを1-0で下した。新潟は3試合ぶりの勝利で勝ち点12。水戸は連勝とはならず、4試合ぶりの黒星を喫した。

 背番号10の強烈ミドルが突き刺さった。後半26分、ミドルレンジでボールを受けたMF本間至恩はカットインで相手のマークを外すと右足を一閃。弾丸シュートをゴール左隅に突き刺した。

 最初はシュートよりもサイドの選手を使おうと考えたという本間。しかし相手が外に動いた隙を見逃さない冷静さが強烈シュートに繋がった。本間自身は2試合ぶりとなる今季2ゴール目。「次も勝ちたい。練習からみんなで一体感を持ってやっていきたい」。来月9日で20歳を迎える新潟の若き至宝の成長が新潟を更なる上昇気流に乗せる。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

井上潮音の絶好機はポスト直撃…ボール握り続けた東京V、山形の壁崩せずスコアレスドロー

決定機がポストに弾かれたMF井上潮音
[7.25 J2第7節 東京V0-0山形 味スタ]

 J2リーグは25日、第7節を各地で行い、東京ヴェルディモンテディオ山形と0-0で引き分けた。一方的にボールを握り続けながらもゴールを奪えなかった東京Vは連勝が2でストップ。山形はこれで5試合勝ちなし(4分1敗)となった。

 J2はミッドウィーク含めた3連戦がスタート。ホームの東京Vは前節の千葉戦(○2-1)から1人を入れ替え、MF小池純輝に代わってMF佐藤優平が入った。一方の山形は前節の新潟戦(△1-1)から2人を変更。昨季は湘南でプレーしていたMF小野田将人が左ウイングバックで移籍後初出場を果たし、FW渡邊凌磨も先発した。[スタメン&布陣はコチラ]

 最初のビッグチャンスは東京V。前半12分、小野田のパスをカットしたMF藤本寛也が左足で素晴らしいスルーパスを送ると、大外から飛び出したMF井上潮音が最終ラインを突破。GK櫛引政敏との1対1をかわして左足でを狙った。ところが無人のゴールに向かったボールは左ポストに直撃。跳ね返りを拾ったFW端戸仁のキックも相手に阻まれ、絶好機を逃した。

 山形は前半19分、シンプルなロングボールをFW大槻周平が頭で落とし、拾ったFW山岸祐也が強烈なシュートでGKマテウスを強襲。さらに22分、DF松本怜大のボール奪取から攻撃を組み立て、再び受けた松本が縦パスを入れると、山岸のフリックに大槻が抜け出すも、フリーで放ったシュートはまたもマテウスに阻まれた。

 東京Vは前半27分、ゴール正面で味方のクリアを受けた井上が右足シュートも枠外。29分には藤本のミドルシュートをFW端戸仁が軌道を変えて狙ったが、オフサイドに終わり、押し込みながらもなかなかゴールを奪えない。さらに45分、佐藤がMF本田拓也と競り合ってペナルティエリア内で転倒するも、PKは得られず、そのままスコアレスで前半を終えた。

 山形は後半開始時、小野田に代わってMF加藤大樹を投入。ボールは回りながらも攻撃が停滞していた左サイドのテコ入れを図る。その後は一進一退の攻防が続くが、荒れた芝生に水たまりができているピッチコンディションにも苦しみ、互いにスコアを動かすことはできない。23分には東京Vが立て続けにCKを獲得するも、決定的なシュートにはつながらなかった。

 山形は飲水タイム明けの後半25分、大槻と渡邊に代わってここまで計11分間出場のFWヴィニシウス・アラウージョとDF半田陸を投入。昨季プロ契約で5試合に出場していた18歳の半田は今季初出場で、シャドーのポジションに入った。東京Vは29分、この日初の交代でMF井出遥也に代わってFW山下諒也を入れた。

 その後は東京Vが一方的にボールを握り、両サイドを広く使って押し込み続ける。一方の山形は自陣に引いて逃げ切りムードも漂う中、本田に代わってMF南秀仁を入れて再び攻勢を試みた。するとアディショナルタイム、山形は途中出場MF末吉塁のドリブル突破から南が合わせるもシュートは空振り。試合はそのまま終わり、スコアレスドローの痛み分けとなった。

(取材・文 竹内達也)
●[J2]第7節1日目 スコア速報
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

東京Vvs山形 試合記録

【J2第7節】(味スタ)
東京V 0-0(前半0-0)山形


<警告>
[東]井出遥也(32分)
[山]加藤大樹(82分)

観衆:2,072人
主審:大坪博和
副審:清野裕介、金次雄之介
井上潮音の絶好機はポスト直撃…ボール握り続けた東京V、山形の壁崩せずスコアレスドロー
今季初の無失点も連勝ストップ…東京V佐藤優平「決め切れていれば相手は回されて終わりだった」
U-19代表のDFリーダー半田陸、今季の山形ではシャドーも挑戦中「走力をつけないと」
東京Vの新守護神GKマテウス、好セーブ連発も「ただ言っておきたいのは…」


<出場メンバー>
[東京ヴェルディ]
先発
GK 31 マテウス
DF 2 若狭大志
DF 6 高橋祥平
DF 5 平智広
DF 24 奈良輪雄太
MF 8 藤本寛也
MF 9 佐藤優平
(87分→MF 14 森田晃樹)
MF 36 藤田譲瑠チマ
(87分→MF 21 山本理仁)
MF 20 井上潮音
(58分→MF 19 小池純輝)
FW 25 端戸仁
FW 11 井出遥也
(74分→FW 48 山下諒也)
控え
GK 1 柴崎貴広
DF 16 福村貴幸
MF 30 阿野真拓
監督
永井秀樹

[モンテディオ山形]
先発
GK 21 櫛引政敏
DF 23 熊本雄太
DF 3 栗山直樹
DF 19 松本怜大
MF 6 山田拓巳
MF 17 中村駿
MF 14 本田拓也
(83分→MF 18 南秀仁)
MF 36 小野田将人
(46分→MF 20 加藤大樹)
FW 40 渡邊凌磨
(70分→DF 31 半田陸)
FW 13 大槻周平
(70分→FW 9 ヴィニシウス・アラウージョ)
FW 11 山岸祐也
(88分→MF 25 末吉塁)
控え
GK 28 摂津颯登
DF 5 野田裕喜
監督
石丸清隆

長野vsYS横浜 試合記録

【J3第6節】(長野U)
長野 4-1(前半4-1)YS横浜


<得点者>
[長]三田尚希2(11分、30分)、木村裕(24分)、吉村弦(42分)
[Y]柳雄太郎(37分)

<警告>
[Y]宮尾孝一(45分+1)

観衆:1,567人
主審:上原直人
副審:松本瑛右、長田望

<出場メンバー>
[AC長野パルセイロ]
先発
GK 1 小澤章人
DF 20 吉村弦
DF 5 広瀬健太
(58分→DF 3 遠藤元一)
DF 4 浦上仁騎
DF 17 水谷拓磨
MF 14 三田尚希
(84分→DF 29 川田拳登)
MF 8 藤山智史
MF 24 坪川潤之
MF 10 東浩史
(66分→MF 9 牧野寛太)
MF 15 佐相壱明
(58分→FW 23 大城佑斗)
FW 11 木村裕
(58分→FW 13 佐野翼)
控え
GK 16 阿部伸行
FW 22 吉田伊吹
監督
横山雄次

[Y.S.C.C.横浜]
先発
GK 1 大内一生
DF 4 土館賢人
DF 3 宗近慧
DF 11 宮本拓弥
MF 7 宮尾孝一
MF 19 和田幹大
MF 6 佐藤祐太
(66分→FW 27 古山蓮)
MF 8 吉田明生
(46分→FW 28 オニエ・オゴチュクウ)
FW 9 大泉和也
(46分→DF 23 船橋勇真)
FW 10 柳雄太郎
(74分→MF 26 植村友哉)
FW 18 音泉翔眞
(46分→DF 25 西山峻太)
控え
GK 16 佐川亮介
DF 22 尾身俊哉
監督
シュタルフ悠紀リヒャルト

讃岐vs熊本 試合記録

【J3第6節】(ピカスタ)
讃岐 1-2(前半0-0)熊本


<得点者>
[讃]栗田マークアジェイ(90分+3)
[熊]谷口海斗2(47分、90分+5)

<警告>
[熊]酒井崇一(64分)、相澤祥太(67分)

観衆:823人
主審:藤田優
副審:越智新次、堀善仁

<出場メンバー>
[カマタマーレ讃岐]
先発
GK 1 清水健太
DF 23 柳田健太
DF 28 キム・ホヨン
(79分→DF 2 西野貴治)
DF 30 竹内彬
DF 3 松本直也
MF 17 池谷友喜
(66分→MF 8 渡辺悠雅)
MF 11 森川裕基
MF 10 高木和正
MF 20 下川太陽
(72分→DF 22 杉山弾斗)
FW 27 林友哉
(66分→FW 9 栗田マークアジェイ)
FW 13 重松健太郎
(79分→FW 21 神谷椋士)
控え
GK 16 服部一輝
MF 15 岩本和希
監督
望月一仁

[ロアッソ熊本]
先発
GK 35 内山圭
DF 6 河原創
DF 3 小笠原佳祐
DF 4 酒井崇一
DF 17 石川啓人
MF 8 上村周平
MF 19 相澤祥太
(70分→MF 10 伊東俊)
MF 31 岡本知剛
(80分→MF 2 黒木晃平)
FW 7 中原輝
FW 18 高橋利樹
FW 9 谷口海斗
控え
GK 22 山本海人
DF 23 小谷祐喜
FW 11 浅川隼人
FW 13 北村知也
監督
大木武

C大23vs鹿児島 試合記録

【J3第6節】(ヤンマー)
C大23 0-5(前半0-5)鹿児島


<得点者>
[鹿]酒本憲幸3(1分、5分、15分)、牛之濱拓(23分)、五領淳樹(42分)

観衆:770人
主審:花川雄一
副審:小曽根潮、大原謙哉

<出場メンバー>
[セレッソ大阪U-23]
先発
GK 45 茂木秀
DF 29 島村拓弥
DF 43 西尾隆矢
DF 44 吉馴空矢
DF 46 田平起也
MF 30 喜田陽
MF 35 吉田有志
(67分→FW 33 タワン)
MF 38 西本雅崇
(43分→MF 53 岡澤昂星)
MF 41 松本凪生
FW 19 澤上竜二
(79分→FW 24 ウェリング・ピアス)
FW 42 藤尾翔太
控え
GK 51 下中凌我
監督
村田一弘

[鹿児島ユナイテッドFC]
先発
GK 13 大西勝俉
DF 26 田中奏一
(46分→DF 15 藤澤典隆)
DF 22 青山直晃
(76分→DF 5 平出涼)
DF 4 藤原広太朗
DF 24 砂森和也
MF 38 中原秀人
MF 6 田辺圭佑
(72分→MF 39 ニウド)
MF 11 五領淳樹
MF 20 酒本憲幸
(58分→MF 16 枝本雄一郎)
MF 8 牛之濱拓
FW 50 馬場賢治
(58分→FW 9 薗田卓馬)
控え
GK 31 畑実
MF 41 三宅海斗
監督
金鍾成

琉球の40歳MF小野伸二、今季初先発も開始4分で負傷退場…

MF小野伸二が開始早々に負傷交代
[7.25 J2第7節 愛媛1-1琉球 ニンスタ]

 FC琉球の元日本代表MF小野伸二が25日のJ2第7節・愛媛戦でスタメン出場したが、わずか4分で負傷退場を余儀なくされた。

 昨年8月に札幌から完全移籍した小野は、同試合で今季初の先発出場。スタメンは昨年10月12日のJ2第36節・東京V戦以来だった。40歳のレジェンドMFはトップ下に入ってプレーしたが、前半2分に愛媛DF茂木力也との接触で右膝付近を負傷。治療を経て一度ピッチに戻ったものの、同4分に再びラインの外に出ると、そのままプレー続行不可能となった。

 琉球は小野のアクシデントに伴い、前半7分にMF池田廉を緊急投入。試合は1-1のドローに終わった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第7節1日目 スコア速報

連敗止めた大宮が2位キープ! 榎本樹J2デビューの松本を撃破

大宮が松本を撃破
[7.25 J2第7節 大宮1-0松本 NACK]

 J2リーグは25日、第7節を各地で行い、大宮アルディージャ松本山雅FCを1-0で下した。開幕4連勝から連敗を喫していた大宮は3試合ぶりの白星。首位長崎と4ポイント差のまま2位を守った。

 大宮は19日の甲府戦(●0-1)から2人を入れ替え、MF奥抜侃志とFWネルミン・ハスキッチが先発に入り、奥抜は今季初先発となった。対する松本は群馬戦(○2-0)から4人を変更し、DF浦田延尚、MF藤田息吹、MF鈴木雄斗が先発復帰。プロ2年目のFW榎本樹が1トップに入り、今季初先発でJ2デビューを飾った。[スタメン&布陣はコチラ]

 序盤は松本がボールを握る時間帯が続き、前半8分にはDF浦田延尚のスルーパスからMF高木利弥、榎本と横パスをつないでMF高木彰人が左足シュート。10分にはMF久保田和音が約35mの位置から意表を突いたロングシュートでゴールを強襲した。

 大宮も押し返し、前半37分にはセットプレーから決定機。左FKの場面でMFイッペイ・シノヅカが鋭いクロスを蹴り入れると、DF山越康平がヘッドで合わせたが、決定的なシュートはわずかにゴール左へ。前半44分には空中で鈴木と競り合ったDF西村慧祐が落下の際に負傷。担架で運び出され、DFヴィターリス・マクシメンコとの交代を余儀なくされた。

 ハーフタイム明けに松本は榎本を下げてFW阪野豊史を投入。前半5分には高木彰が落としたボールを鈴木が右足ミドルで叩いたが、GKフィリップ・クリャイッチが右手一本でセーブ。大宮も後半8分、奥抜が単騎突破でエリア内に侵入。相手をかわして右足シュートを打ったが、これはGK圍謙太朗の好セーブに阻まれた。

 攻勢を強める大宮は後半20分、シノヅカに代えてMF黒川淳史、ハスキッチに代えてFW戸島章を投入。すると、この交代策が的中。後半23分、戸島、奥抜、黒川がパス交換で中央を崩すと、戸島が右足シュートをゴール右上に突き刺した。

 鮮やかなコンビネーションから戸島が移籍後初ゴール。これが決勝点となり、大宮が連敗をストップ。松本は交代カードを使って反撃を強め、後半34分にはMF山本龍平がJデビュー。しかし、最後までゴールをこじ開けられず、0-1で敗れた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

相模原vs岩手 試合記録

【J3第6節】(ギオンス)
相模原 0-1(前半0-0)岩手


<得点者>
[岩]岸田和人(54分)

<警告>
[岩]モレラト(10分)、鈴木智幸(13分)

観衆:657人
主審:酒井達矢
副審:鶴岡泰樹、原田雅士

<出場メンバー>
[SC相模原]
先発
GK 1 ビクトル
DF 2 夛田凌輔
DF 14 田村友
DF 3 富澤清太郎
DF 17 星広太
MF 24 松田詠太郎
(90分+2→FW 15 三島康平)
MF 28 鹿沼直生
MF 33 梅鉢貴秀
MF 27 和田昌士
(83分→MF 19 清原翔平)
FW 10 ホムロ
FW 9 ユーリ
(71分→FW 13 才藤龍治)
控え
GK 32 原田岳
DF 18 白井達也
MF 26 上米良柊人
MF 38 千明聖典
監督
三浦文丈

[いわてグルージャ盛岡]
先発
GK 27 鈴木智幸
DF 18 宮市剛
(81分→MF 41 後藤京介)
DF 4 牟田雄祐
DF 3 藤井航大
DF 17 中村太亮
MF 28 大垣勇樹
(59分→MF 25 有永一生)
MF 6 モレラト
MF 8 脇本晃成
MF 39 小谷光毅
FW 9 岸田和人
FW 32 色摩雄貴
(55分→FW 11 ブレンネル)
控え
GK 1 土井康平
DF 16 平川元樹
MF 13 佐々木祐太
MF 23 橋本晃司
監督
秋田豊

藤枝vs秋田 試合記録

【J3第6節】(藤枝サ)
藤枝 0-2(前半0-0)秋田


<得点者>
[秋]茂平(60分)、千田海人(73分)

観衆:615人
主審:矢野浩平
副審:内山翔太、大橋侑祐

<出場メンバー>
[藤枝MYFC]
先発
GK 1 杉本拓也
DF 2 川島將
DF 5 浅田大樹
DF 4 秋山貴嗣
MF 30 松岡亮輔
(85分→MF 18 枝村匠馬)
MF 22 久富良輔
MF 15 姫野宥弥
MF 7 水野泰輔
(71分→MF 34 清本拓己)
MF 13 安藤由翔
FW 9 大石治寿
(85分→MF 14 谷澤達也)
FW 20 森島康仁
控え
GK 21 大畑拓也
DF 24 那須川将大
MF 23 片岡爽
FW 27 吉平翼
監督
石崎信弘

[ブラウブリッツ秋田]
先発
GK 21 田中雄大
DF 3 鈴木準弥
DF 5 千田海人
DF 17 韓浩康
DF 39 鎌田翔雅
MF 8 茂平
(81分→FW 14 三上陽輔)
MF 15 江口直生
MF 24 山田尚幸
(82分→MF 10 下澤悠太)
MF 11 久富賢
(63分→MF 22 沖野将基)
FW 9 中村亮太
(63分→FW 16 井上直輝)
FW 29 齋藤恵太
(71分→FW 13 林容平)
控え
GK 23 小池大喜
DF 50 加賀健一
監督
吉田謙

「F・マリノスの誇りを胸に」遠藤渓太がドイツ1部ウニオン・ベルリンにレンタル移籍!

MF遠藤渓太がウニオン・ベルリンにレンタル移籍
 横浜F・マリノスは25日、MF遠藤渓太(22)がウニオン・ベルリン(ドイツ1部)に期限付き移籍することでクラブ間合意に達したことを発表した。期限付き移籍期間は2021年6月30日までとなっている。

 遠藤は横浜FMの下部組織から2016年にトップチーム昇格を果たし、同年3月にプロデビュー。J1通算102試合に出場し、13得点を記録している。また、2017年にU-20W杯に出場するなど、年代別代表も経験。昨年12月にはEAFF E-1サッカー選手権に参戦する日本代表メンバーに初選出され、同10日の中国戦でA代表初キャップを刻んだ。

 クラブ公式サイトを通じて「僕にとってF・マリノスは小さい時からの憧れでした」と横浜FMへの思いを語った遠藤は「僕ができる恩返しはドイツで結果を残して活躍する事だけだと思っています」とし、「去年、サポーターの皆さんとチームメイトと一緒にリーグ優勝出来たことは一生の思い出であり忘れません。F・マリノスの誇りを胸にドイツで頑張ってきます!いってきます!」と惜別のメッセージを送った。

 なお、クラブはファン・サポーターへの挨拶の場として、28日19時30分(予定)から公式YouTubeチャンネルでYouTube Liveの実施を予定しているという。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF遠藤渓太
(えんどう・けいた)
■生年月日
1997年11月22日(22歳)
■出身地
神奈川県
■身長/体重
175cm/66kg
■経歴
横浜FMJrユース-横浜FMユース-横浜FM
■出場歴
J1リーグ:102試合13得点
カップ戦:24試合1得点
天皇杯:12試合1得点
ACL:2試合1得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

背景に何が? 久保建英の獲得レースでセビージャが一気に有利な立場へ…将来的に完全移籍も

去就が注目されるMF久保建英
 MF久保建英の獲得レースでセビージャが有利な位置につけているようだ。スペイン『マルカ』が『オンダ・セロ』の報道を基に伝えている。

 今季はレアル・マドリーからマジョルカに期限付き移籍し、リーガ・エスパニョーラ35試合で4ゴール4アシストの活躍を見せた久保。レアルの外国人枠の問題で来季もレンタル移籍が濃厚とされ、国内外の複数クラブが興味を示す中、最近になって新天地候補として急浮上したのがセビージャだった。

 同紙によると、セビージャの敏腕スポーツディレクターとして名高いモンチ氏が久保の獲得を計画しており、クラブとしてレアルとの間にある良好な関係を背景に、争奪戦で優位なポジションに立っているという。すでに移籍にかかる費用や期間についての交渉も行うなど、具体的な話にまで進んでいる模様だ。

 セビージャ側は1年以上のレンタル期間と買い取りオプションを望んでいるとみられる。一方、レアルはその場合、久保が活躍してさらに価値を高めた場合に備えてか、買い戻しオプションを設定しようとしているようだ。

 レンタル先候補に挙がるセビージャは今季リーガを4位で終え、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場権を獲得。同紙は「チャンピオンズリーグに出場するクラブは、久保に成長を続ける機会を与えてくれる」とレポートしている。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

福岡vs岡山 スタメン発表

[7.25 J2第7節](ベススタ)
※19:00開始
主審:谷本涼
副審:村田裕介、イ・サンギ
<出場メンバー>
[アビスパ福岡]
先発
GK 1 セランテス
DF 3 エミル・サロモンソン
DF 22 輪湖直樹
DF 33 ドウグラス・グローリ
DF 50 上島拓巳
MF 7 重廣卓也
MF 8 鈴木惇
MF 14 増山朝陽
MF 17 福満隆貴
FW 9 フアンマ・デルガド
FW 16 石津大介
控え
GK 23 杉山力裕
DF 2 湯澤聖人
DF 39 篠原弘次郎
MF 38 菊池大介
MF 6 前寛之
FW 10 城後寿
FW 26 遠野大弥
監督
長谷部茂利

[ファジアーノ岡山]
先発
GK 22 ポープ・ウィリアム
DF 23 松木駿之介
DF 4 濱田水輝
DF 3 後藤圭太
DF 21 椋原健太
MF 19 上門知樹
MF 7 白井永地
MF 14 上田康太
MF 25 野口竜彦
FW 9 イ・ヨンジェ
FW 44 清水慎太郎
控え
GK 13 金山隼樹
DF 20 チェ・ジョンウォン
DF 33 阿部海大
MF 17 関戸健二
FW 15 山本大貴
FW 18 齊藤和樹
FW 24 赤嶺真吾
監督
有馬賢二

●[J2]第7節1日目 スコア速報

愛媛vs琉球 スタメン発表

[7.25 J2第7節](ニンスタ)
※19:00開始
主審:小屋幸栄
副審:浜本祐介、戸田東吾
<出場メンバー>
[愛媛FC]
先発
GK 1 岡本昌弘
DF 3 西岡大志
DF 20 茂木力也
DF 4 西岡大輝
DF 5 前野貴徳
MF 8 長沼洋一
MF 34 渡邊一仁
MF 16 田中裕人
MF 19 忽那喬司
FW 11 森谷賢太郎
FW 15 丹羽詩温
控え
GK 21 加藤大智
DF 23 三原秀真
DF 24 池田樹雷人
MF 13 岩井柊弥
MF 29 川村拓夢
FW 18 西田剛
FW 9 有田光希
監督
川井健太

[FC琉球]
先発
GK 1 ダニー・カルバハル
DF 11 田中恵太
DF 24 鈴木大誠
DF 9 李栄直
DF 14 沼田圭悟
MF 6 風間宏希
MF 7 小野伸二
MF 20 上里一将
MF 8 風間宏矢
MF 27 茂木駿佑
FW 16 阿部拓馬
控え
GK 26 田口潤人
DF 2 鳥養祐矢
DF 3 福井諒司
MF 10 富所悠
MF 23 池田廉
MF 28 小泉佳穂
FW 21 上原慎也
監督
樋口靖洋

●[J2]第7節1日目 スコア速報

長崎vs京都 スタメン発表

[7.25 J2第7節](トラスタ)
※19:00開始
主審:東城穣
副審:三原純、津野洋平
<出場メンバー>
[V・ファーレン長崎]
先発
GK 30 徳重健太
DF 16 毎熊晟矢
DF 4 フレイレ
DF 26 二見宏志
DF 3 亀川諒史
MF 10 ルアン
MF 40 カイオ・セザール
MF 17 秋野央樹
MF 19 澤田崇
FW 32 ビクトル・イバルボ
FW 9 富樫敬真
控え
GK 1 富澤雅也
DF 22 徳永悠平
DF 23 米田隼也
MF 13 加藤大
MF 20 大竹洋平
MF 7 吉岡雅和
FW 29 畑潤基
監督
手倉森誠

[京都サンガF.C.]
先発
GK 34 若原智哉
DF 2 飯田貴敬
DF 6 本多勇喜
DF 16 安藤淳
DF 23 ヨルディ・バイス
MF 8 荒木大吾
MF 10 庄司悦大
MF 31 福岡慎平
MF 41 金久保順
FW 9 ピーター・ウタカ
FW 13 宮吉拓実
控え
GK 21 清水圭介
DF 19 麻田将吾
DF 30 石櫃洋祐
MF 14 中川風希
MF 40 黒木聖仁
MF 7 レナン・モッタ
FW 18 野田隆之介
監督
實好礼忠

●[J2]第7節1日目 スコア速報

北九州vs山口 スタメン発表

[7.25 J2第7節](ミクスタ)
※19:00開始
主審:吉田哲朗
副審:塩津祐介、正木篤志
<出場メンバー>
[ギラヴァンツ北九州]
先発
GK 31 永井堅梧
DF 3 福森健太
DF 6 岡村和哉
DF 16 村松航太
DF 32 永田拓也
MF 10 高橋大悟
MF 17 加藤弘堅
MF 25 國分伸太郎
MF 39 椿直起
FW 11 池元友樹
FW 28 鈴木国友
控え
GK 1 高橋拓也
DF 15 野口航
DF 4 川上竜
MF 19 永野雄大
MF 8 内藤洋平
FW 18 町野修斗
FW 9 ディサロ燦シルヴァーノ
監督
小林伸二

[レノファ山口FC]
先発
GK 33 山田元気
DF 26 川井歩
DF 30 ヘニキ
DF 2 菊地光将
DF 24 安在和樹
MF 6 高宇洋
MF 3 ヘナン
MF 10 池上丈二
FW 9 イウリ
FW 18 小松蓮
FW 11 高井和馬
控え
GK 17 吉満大介
DF 28 眞鍋旭輝
MF 14 吉濱遼平
MF 29 田中陸
MF 5 佐藤健太郎
FW 16 浮田健誠
FW 38 河野孝汰
監督
霜田正浩

●[J2]第7節1日目 スコア速報

北九州vs山口 スタメン発表

[7.25 J2第7節](ミクスタ)
※19:00開始
主審:吉田哲朗
副審:塩津祐介、正木篤志
<出場メンバー>
[ギラヴァンツ北九州]
先発
GK 31 永井堅梧
DF 3 福森健太
DF 6 岡村和哉
DF 16 村松航太
DF 32 永田拓也
MF 10 高橋大悟
MF 17 加藤弘堅
MF 25 國分伸太郎
MF 39 椿直起
FW 11 池元友樹
FW 28 鈴木国友
控え
GK 1 高橋拓也
DF 15 野口航
DF 4 川上竜
MF 19 永野雄大
MF 8 内藤洋平
FW 18 町野修斗
FW 9 ディサロ燦シルヴァーノ
監督
小林伸二

[レノファ山口FC]
先発
GK 33 山田元気
DF 26 川井歩
DF 30 ヘニキ
DF 2 菊地光将
DF 24 安在和樹
MF 6 高宇洋
MF 3 ヘナン
MF 10 池上丈二
FW 9 イウリ
FW 18 小松蓮
FW 11 高井和馬
控え
GK 17 吉満大介
DF 28 眞鍋旭輝
MF 14 吉濱遼平
MF 29 田中陸
MF 5 佐藤健太郎
FW 16 浮田健誠
FW 38 河野孝汰
監督
霜田正浩

●[J2]第7節1日目 スコア速報

大宮vs松本 スタメン発表

大宮vs松本 スタメン発表
[7.25 J2第7節](NACK)
※19:00開始
主審:柿沼亨
副審:林可人、坂本晋悟
<出場メンバー>
[大宮アルディージャ]
先発
GK 40 フィリップ・クリャイッチ
DF 13 渡部大輔
DF 24 西村慧祐
DF 3 河本裕之
DF 42 山越康平
MF 41 小野雅史
MF 7 三門雄大
MF 18 イッペイ・シノヅカ
MF 11 奥抜侃志
MF 22 翁長聖
FW 17 ネルミン・ハスキッチ
控え
GK 46 松本健太
DF 4 ヴィターリス・マクシメンコ
MF 10 黒川淳史
MF 14 近藤貴司
MF 15 大山啓輔
FW 27 戸島章
FW 37 高田颯也
監督
高木琢也

[松本山雅FC]
先発
GK 1 圍謙太朗
DF 3 田中隼磨
DF 36 乾大知
DF 15 森下怜哉
DF 2 浦田延尚
MF 41 久保田和音
MF 6 藤田息吹
MF 27 鈴木雄斗
MF 18 高木彰人
MF 39 高木利弥
FW 25 榎本樹
控え
GK 16 村山智彦
DF 33 大野佑哉
DF 44 服部康平
MF 14 中美慶哉
MF 19 山本龍平
MF 20 アルヴァロ・ロドリゲス
FW 11 阪野豊史
監督
布啓一郎

●[J2]第7節1日目 スコア速報

大宮vs松本 スタメン発表

[7.25 J2第7節](NACK)
※19:00開始
主審:柿沼亨
副審:林可人、坂本晋悟
<出場メンバー>
[大宮アルディージャ]
先発
GK 40 フィリップ・クリャイッチ
DF 13 渡部大輔
DF 24 西村慧祐
DF 3 河本裕之
DF 42 山越康平
MF 41 小野雅史
MF 7 三門雄大
MF 18 イッペイ・シノヅカ
MF 11 奥抜侃志
MF 22 翁長聖
FW 17 ネルミン・ハスキッチ
控え
GK 46 松本健太
DF 4 ヴィターリス・マクシメンコ
MF 10 黒川淳史
MF 14 近藤貴司
MF 15 大山啓輔
FW 27 戸島章
FW 37 高田颯也
監督
高木琢也

[松本山雅FC]
先発
GK 1 圍謙太朗
DF 3 田中隼磨
DF 36 乾大知
DF 15 森下怜哉
DF 2 浦田延尚
MF 41 久保田和音
MF 6 藤田息吹
MF 27 鈴木雄斗
MF 18 高木彰人
MF 39 高木利弥
FW 25 榎本樹
控え
GK 16 村山智彦
DF 33 大野佑哉
DF 44 服部康平
MF 14 中美慶哉
MF 19 山本龍平
MF 20 アルヴァロ・ロドリゲス
FW 11 阪野豊史
監督
布啓一郎

●[J2]第7節1日目 スコア速報

福島vs富山 試合記録

【J3第6節】(とうスタ)
福島 2-2(前半2-2)富山


<得点者>
[福]池田昌生(35分)、イスマイラ(89分)
[富]武颯2(28分、39分)

<警告>
[福]前田椋介(31分)、池田昌生(52分)

観衆:456人
主審:野堀桂佑
副審:佐藤裕一、大田智寛

<出場メンバー>
[福島ユナイテッドFC]
先発
GK 1 ファンティーニ燦
DF 25 前田椋介
DF 11 雪江悠人
(90分+2→DF 3 阪田章裕)
DF 19 河西真
DF 21 吉田朋恭
MF 8 池田昌生
(77分→MF 18 橋本陸)
MF 40 樋口寛規
(63分→MF 17 諸岡裕人)
MF 10 橋本拓門
(63分→MF 24 鎌田大夢)
MF 7 田村亮介
(77分→FW 20 トカチ)
MF 29 吉永大志
FW 9 イスマイラ
控え
GK 50 渡辺健太
DF 13 石渡旭
監督
松田岳夫

[カターレ富山]
先発
GK 1 岡大生
DF 5 今瀬淳也
DF 23 林堂眞
MF 10 花井聖
MF 16 末木裕也
(75分→MF 15 ルーカス・ダウベルマン)
MF 17 稲葉修土
(60分→MF 6 碓井鉄平)
MF 27 田中佑昌
MF 32 戸高弘貴
FW 9 武颯
(60分→MF 13 佐々木一輝)
FW 11 大谷駿斗
(60分→MF 33 池高暢希)
FW 37 平松宗
(86分→FW 14 大野耀平)
控え
GK 31 齋藤和希
FW 20 宮城天
監督
安達亮

福島vs富山 試合記録

【J3第6節】(とうスタ)
福島 2-2(前半2-2)富山


<得点者>
[福]池田昌生(35分)、イスマイラ(89分)
[富]武颯2(28分、39分)

<警告>
[福]前田椋介(31分)、池田昌生(52分)

観衆:456人
主審:野堀桂佑
副審:佐藤裕一、大田智寛

<出場メンバー>
[福島ユナイテッドFC]
先発
GK 1 ファンティーニ燦
DF 25 前田椋介
DF 11 雪江悠人
(90分+2→DF 3 阪田章裕)
DF 19 河西真
DF 21 吉田朋恭
MF 8 池田昌生
(77分→MF 18 橋本陸)
MF 40 樋口寛規
(63分→MF 17 諸岡裕人)
MF 10 橋本拓門
(63分→MF 24 鎌田大夢)
MF 7 田村亮介
(77分→FW 20 トカチ)
MF 29 吉永大志
FW 9 イスマイラ
控え
GK 50 渡辺健太
DF 13 石渡旭
監督
松田岳夫

[カターレ富山]
先発
GK 1 岡大生
DF 5 今瀬淳也
DF 23 林堂眞
MF 10 花井聖
MF 16 末木裕也
(75分→MF 15 ルーカス・ダウベルマン)
MF 17 稲葉修土
(60分→MF 6 碓井鉄平)
MF 27 田中佑昌
MF 32 戸高弘貴
FW 9 武颯
(60分→MF 13 佐々木一輝)
FW 11 大谷駿斗
(60分→MF 33 池高暢希)
FW 37 平松宗
(86分→FW 14 大野耀平)
控え
GK 31 齋藤和希
FW 20 宮城天
監督
安達亮

鳥取vsFC今治 スタメン発表

[7.25 J3第6節](Axis)
※19:00開始
主審:石丸秀平
副審:池田一洋、佐々木慎哉
<出場メンバー>
[ガイナーレ鳥取]
先発
GK 13 田尻健
DF 2 小牧成亘
DF 4 井上黎生人
DF 16 石井光輝
MF 20 安藤一哉
MF 8 三沢直人
MF 7 可児壮隆
MF 41 魚里直哉
FW 27 坂井大将
FW 17 田口裕也
FW 23 新井光
控え
GK 31 糸原紘史郎
DF 3 藤原拓也
DF 6 世瀬啓人
MF 21 新井泰貴
MF 22 ハモン
FW 10 フェルナンジーニョ
FW 11 大久保優
監督
高木理己

[FC今治]
先発
GK 1 修行智仁
DF 42 原田亘
DF 4 園田拓也
DF 2 チョン・ハンチョル
DF 22 上原拓郎
MF 20 岡山和輝
MF 27 橋本英郎
MF 25 楠美圭史
MF 8 玉城峻吾
FW 14 桑島良汰
FW 10 有間潤
控え
GK 31 岡田慎司
DF 29 飯泉涼矢
DF 6 中野圭
DF 7 山田貴文
MF 15 福田翔生
MF 19 越智亮介
FW 16 片井巧
監督
リュイス・プラナグマ

●[J3]第6節1日目 スコア速報

鳥取vsFC今治 スタメン発表

[7.25 J3第6節](Axis)
※19:00開始
主審:石丸秀平
副審:池田一洋、佐々木慎哉
<出場メンバー>
[ガイナーレ鳥取]
先発
GK 13 田尻健
DF 2 小牧成亘
DF 4 井上黎生人
DF 16 石井光輝
MF 20 安藤一哉
MF 8 三沢直人
MF 7 可児壮隆
MF 41 魚里直哉
FW 27 坂井大将
FW 17 田口裕也
FW 23 新井光
控え
GK 31 糸原紘史郎
DF 3 藤原拓也
DF 6 世瀬啓人
MF 21 新井泰貴
MF 22 ハモン
FW 10 フェルナンジーニョ
FW 11 大久保優
監督
高木理己

[FC今治]
先発
GK 1 修行智仁
DF 42 原田亘
DF 4 園田拓也
DF 2 チョン・ハンチョル
DF 22 上原拓郎
MF 20 岡山和輝
MF 27 橋本英郎
MF 25 楠美圭史
MF 8 玉城峻吾
FW 14 桑島良汰
FW 10 有間潤
控え
GK 31 岡田慎司
DF 29 飯泉涼矢
DF 6 中野圭
DF 7 山田貴文
MF 15 福田翔生
MF 19 越智亮介
FW 16 片井巧
監督
リュイス・プラナグマ

●[J3]第6節1日目 スコア速報

磐田vs徳島 スタメン発表

[7.25 J2第7節](ヤマハ)
※19:00開始
主審:井上知大
副審:村井良輔、中澤涼
<出場メンバー>
[ジュビロ磐田]
先発
GK 1 八田直樹
DF 13 宮崎智彦
DF 15 伊藤洋輝
DF 24 小川大貴
DF 33 藤田義明
MF 7 上原力也
MF 8 大森晃太郎
MF 14 松本昌也
MF 23 山本康裕
FW 9 小川航基
FW 11 ルキアン
控え
GK 31 志村滉
DF 5 櫻内渚
MF 10 山田大記
MF 26 藤川虎太朗
MF 34 針谷岳晃
FW 16 中野誠也
FW 20 ルリーニャ
監督
フェルナンド・フベロ

[徳島ヴォルティス]
先発
GK 31 長谷川徹
DF 22 藤田征也
DF 6 内田航平
DF 5 石井秀典
DF 2 田向泰輝
MF 8 岩尾憲
MF 23 鈴木徳真
MF 24 西谷和希
FW 45 杉森考起
FW 13 清武功暉
FW 19 垣田裕暉
控え
GK 21 上福元直人
DF 20 福岡将太
MF 10 渡井理己
MF 11 島屋八徳
MF 15 岸本武流
MF 38 梶川諒太
FW 9 河田篤秀
監督
リカルド・ロドリゲス

●[J2]第7節1日目 スコア速報

磐田vs徳島 スタメン発表

[7.25 J2第7節](ヤマハ)
※19:00開始
主審:井上知大
副審:村井良輔、中澤涼
<出場メンバー>
[ジュビロ磐田]
先発
GK 1 八田直樹
DF 13 宮崎智彦
DF 15 伊藤洋輝
DF 24 小川大貴
DF 33 藤田義明
MF 7 上原力也
MF 8 大森晃太郎
MF 14 松本昌也
MF 23 山本康裕
FW 9 小川航基
FW 11 ルキアン
控え
GK 31 志村滉
DF 5 櫻内渚
MF 10 山田大記
MF 26 藤川虎太朗
MF 34 針谷岳晃
FW 16 中野誠也
FW 20 ルリーニャ
監督
フェルナンド・フベロ

[徳島ヴォルティス]
先発
GK 31 長谷川徹
DF 22 藤田征也
DF 6 内田航平
DF 5 石井秀典
DF 2 田向泰輝
MF 8 岩尾憲
MF 23 鈴木徳真
MF 24 西谷和希
FW 45 杉森考起
FW 13 清武功暉
FW 19 垣田裕暉
控え
GK 21 上福元直人
DF 20 福岡将太
MF 10 渡井理己
MF 11 島屋八徳
MF 15 岸本武流
MF 38 梶川諒太
FW 9 河田篤秀
監督
リカルド・ロドリゲス

●[J2]第7節1日目 スコア速報

名古屋DF宮原がコロナ陽性…直近2週間の行動履歴を確認したクラブ「感染リスクはどこにでも潜んでいると実感」

名古屋がDF宮原和也の陽性反応を報告
 名古屋グランパスは25日、DF宮原和也に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことが確認されたと発表した。チーム内での陽性者はFW金崎夢生、GKランゲラックに続いて3人目となる。

 クラブによると、宮原は24日の朝に38.0度の発熱および頭痛があり、PCR検査を実施したところ、陽性と判定されたという。直近2週間の行動履歴を確認しても、練習参加以外は基本的に自宅で生活し、必要な買い物などの外出は最低限にとどめていたとのこと。現在は平熱(36.8度)に戻っており、自宅で静養しながら体調回復に努めているようだ。

 なお、宮原のトレーニングや試合、遠征先での行動は全て保健所に報告済み。その結果、クラブ内に「濃厚接触者はいない」という判断になったとしている。本日25日のトレーニングでは、宮原が使用した場所の消毒作業を行った上で施設を使用し、明日26日には業者による消毒作業を予定。また、25日に選手およびスタッフ60名に対して急きょPCR検査を実施し、この検査結果は判明次第、公表すると説明した。

 クラブは今回の件を受け、公式サイト上で「クラブとしましては、これまで感染予防対策は徹底し、宮原選手自身も外出は生活に必要な最低限にとどめていた中での罹患となり、あらためて感染リスクはどこにでも潜んでいると強く実感しています。今後は、新型コロナウイルス感染症対策を強化し、選手、スタッフ、関係者全員に再度周知、徹底をはかってまいります」とコメントしている。

 宮原は2017年に広島から期限付き移籍し、2019年から完全移籍。今季はここまで公式戦の出場がなく、22日にアウェーで開催されたJ1第6節の大分戦(○3-0)で今季初のベンチ入りを果たしていた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

甲府vs千葉 スタメン発表

[7.25 J2第7節](中銀スタ)
※18:00開始
主審:川俣秀
副審:間島宗一、岩崎創一
<出場メンバー>
[ヴァンフォーレ甲府]
先発
GK 31 岡西宏祐
DF 2 藤田優人
DF 3 小柳達司
DF 5 今津佑太
DF 39 内田健太
MF 6 野澤英之
MF 8 新井涼平
MF 14 武田将平
MF 11 泉澤仁
FW 10 ドゥドゥ
FW 29 ジュニオール・バホス
控え
GK 33 小泉勇人
DF 20 中塩大貴
DF 4 山本英臣
MF 16 松田力
FW 18 太田修介
FW 19 宮崎純真
FW 44 ハーフナー・マイク
監督
伊藤彰

[ジェフユナイテッド千葉]
先発
GK 1 新井章太
DF 6 田坂祐介
DF 15 チャン・ミンギュ
DF 16 鳥海晃司
DF 33 安田理大
MF 4 田口泰士
MF 18 熊谷アンドリュー
MF 20 矢田旭
MF 13 為田大貴
FW 24 山下敬大
FW 9 クレーベ
控え
GK 23 佐藤優也
DF 49 下平匠
DF 5 増嶋竜也
DF 50 米倉恒貴
MF 39 見木友哉
FW 10 船山貴之
FW 40 櫻川ソロモン
監督
尹晶煥

●[J2]第7節1日目 スコア速報

甲府vs千葉 スタメン発表

[7.25 J2第7節](中銀スタ)
※18:00開始
主審:川俣秀
副審:間島宗一、岩崎創一
<出場メンバー>
[ヴァンフォーレ甲府]
先発
GK 31 岡西宏祐
DF 2 藤田優人
DF 3 小柳達司
DF 5 今津佑太
DF 39 内田健太
MF 6 野澤英之
MF 8 新井涼平
MF 14 武田将平
MF 11 泉澤仁
FW 10 ドゥドゥ
FW 29 ジュニオール・バホス
控え
GK 33 小泉勇人
DF 20 中塩大貴
DF 4 山本英臣
MF 16 松田力
FW 18 太田修介
FW 19 宮崎純真
FW 44 ハーフナー・マイク
監督
伊藤彰

[ジェフユナイテッド千葉]
先発
GK 1 新井章太
DF 6 田坂祐介
DF 15 チャン・ミンギュ
DF 16 鳥海晃司
DF 33 安田理大
MF 4 田口泰士
MF 18 熊谷アンドリュー
MF 20 矢田旭
MF 13 為田大貴
FW 24 山下敬大
FW 9 クレーベ
控え
GK 23 佐藤優也
DF 49 下平匠
DF 5 増嶋竜也
DF 50 米倉恒貴
MF 39 見木友哉
FW 10 船山貴之
FW 40 櫻川ソロモン
監督
尹晶煥

●[J2]第7節1日目 スコア速報

東京Vvs山形 スタメン発表

東京Vvs山形 スタメン発表
[7.25 J2第7節](味スタ)
※18:00開始
主審:大坪博和
副審:清野裕介、金次雄之介
<出場メンバー>
[東京ヴェルディ]
先発
GK 31 マテウス
DF 2 若狭大志
DF 6 高橋祥平
DF 5 平智広
DF 24 奈良輪雄太
MF 8 藤本寛也
MF 9 佐藤優平
MF 36 藤田譲瑠チマ
MF 20 井上潮音
FW 25 端戸仁
FW 11 井出遥也
控え
GK 1 柴崎貴広
DF 16 福村貴幸
MF 14 森田晃樹
MF 19 小池純輝
MF 21 山本理仁
MF 30 阿野真拓
FW 48 山下諒也
監督
永井秀樹

[モンテディオ山形]
先発
GK 21 櫛引政敏
DF 23 熊本雄太
DF 3 栗山直樹
DF 19 松本怜大
MF 6 山田拓巳
MF 17 中村駿
MF 14 本田拓也
MF 36 小野田将人
FW 40 渡邊凌磨
FW 13 大槻周平
FW 11 山岸祐也
控え
GK 28 摂津颯登
DF 31 半田陸
DF 5 野田裕喜
MF 18 南秀仁
MF 20 加藤大樹
MF 25 末吉塁
FW 9 ヴィニシウス・アラウージョ
監督
石丸清隆

●[J2]第7節1日目 スコア速報

東京Vvs山形 スタメン発表

[7.25 J2第7節](味スタ)
※18:00開始
主審:大坪博和
副審:清野裕介、金次雄之介
<出場メンバー>
[東京ヴェルディ]
先発
GK 31 マテウス
DF 2 若狭大志
DF 6 高橋祥平
DF 5 平智広
DF 24 奈良輪雄太
MF 8 藤本寛也
MF 9 佐藤優平
MF 36 藤田譲瑠チマ
MF 20 井上潮音
FW 25 端戸仁
FW 11 井出遥也
控え
GK 1 柴崎貴広
DF 16 福村貴幸
MF 14 森田晃樹
MF 19 小池純輝
MF 21 山本理仁
MF 30 阿野真拓
FW 48 山下諒也
監督
永井秀樹

[モンテディオ山形]
先発
GK 21 櫛引政敏
DF 23 熊本雄太
DF 3 栗山直樹
DF 19 松本怜大
MF 6 山田拓巳
MF 17 中村駿
MF 14 本田拓也
MF 36 小野田将人
FW 40 渡邊凌磨
FW 13 大槻周平
FW 11 山岸祐也
控え
GK 28 摂津颯登
DF 31 半田陸
DF 5 野田裕喜
MF 18 南秀仁
MF 20 加藤大樹
MF 25 末吉塁
FW 9 ヴィニシウス・アラウージョ
監督
石丸清隆

●[J2]第7節1日目 スコア速報

リバプール主将ヘンダーソンがFWA年間MVPを受賞! 投票者に「認めてほしい」と力説したことは?

FWA年間最優秀選手に選出されたMFジョーダン・ヘンダーソン
 イングランドサッカー記者協会(FWA)は24日、FWA年間最優秀選手にリバプールのキャプテンMFジョーダン・ヘンダーソンを選出したことを発表した。

 ヘンダーソンは今季プレミアリーグで30試合に出場し、4ゴール5アシストを記録。優れたリーダーシップでリバプールをけん引し、チームにとって30年ぶりとなるリーグ優勝に貢献した。

 トップ5にはヘンダーソンのほか、MFケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・C)、FWマーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)、チームメイトのDFフィルヒル・ファン・ダイクとFWサディオ・マネがランクイン。イギリス『BBC』によると、ヘンダーソンは4分の1以上の票数を獲得し、1位に輝いた。

 リバプール主将は「感謝すると同時に、自分だけがこれを受け取ることはできないと思う」と心境を語り、「今のチームメイトたちは信じられないほど素晴らしく、僕と同じくらいの価値がある」と周囲に感謝している。

 そして「僕はチーム全員に代わってこの賞を受け取る。なぜなら彼らなしでは、僕はこのような栄誉を受け取る立場にないからだ。彼らのおかげで僕はより良い選手になり、より良いリーダーになり、より良い人間になった。僕に投票してくれた人たちが、チーム全員の貢献を認めてくれたことを願っている」と述べた。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

リバプール主将ヘンダーソンがFWA年間MVPを受賞! 投票者に「認めてほしい」と力説したことは?

FWA年間最優秀選手に選出されたMFジョーダン・ヘンダーソン
 イングランドサッカー記者協会(FWA)は24日、FWA年間最優秀選手にリバプールのキャプテンMFジョーダン・ヘンダーソンを選出したことを発表した。

 ヘンダーソンは今季プレミアリーグで30試合に出場し、4ゴール5アシストを記録。優れたリーダーシップでリバプールをけん引し、チームにとって30年ぶりとなるリーグ優勝に貢献した。

 トップ5にはヘンダーソンのほか、MFケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・C)、FWマーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)、チームメイトのDFフィルヒル・ファン・ダイクとFWサディオ・マネがランクイン。イギリス『BBC』によると、ヘンダーソンは4分の1以上の票数を獲得し、1位に輝いた。

 リバプール主将は「感謝すると同時に、自分だけがこれを受け取ることはできないと思う」と心境を語り、「今のチームメイトたちは信じられないほど素晴らしく、僕と同じくらいの価値がある」と周囲に感謝している。

 そして「僕はチーム全員に代わってこの賞を受け取る。なぜなら彼らなしでは、僕はこのような栄誉を受け取る立場にないからだ。彼らのおかげで僕はより良い選手になり、より良いリーダーになり、より良い人間になった。僕に投票してくれた人たちが、チーム全員の貢献を認めてくれたことを願っている」と述べた。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

讃岐vs熊本 スタメン発表

[7.25 J3第6節](ピカスタ)
※18:00開始
主審:藤田優
副審:越智新次、堀善仁
<出場メンバー>
[カマタマーレ讃岐]
先発
GK 1 清水健太
DF 23 柳田健太
DF 28 キム・ホヨン
DF 30 竹内彬
DF 3 松本直也
MF 17 池谷友喜
MF 11 森川裕基
MF 10 高木和正
MF 20 下川太陽
FW 27 林友哉
FW 13 重松健太郎
控え
GK 16 服部一輝
DF 2 西野貴治
DF 22 杉山弾斗
MF 15 岩本和希
MF 8 渡辺悠雅
FW 21 神谷椋士
FW 9 栗田マークアジェイ
監督
望月一仁

[ロアッソ熊本]
先発
GK 35 内山圭
DF 6 河原創
DF 3 小笠原佳祐
DF 4 酒井崇一
DF 17 石川啓人
MF 8 上村周平
MF 19 相澤祥太
MF 31 岡本知剛
FW 7 中原輝
FW 18 高橋利樹
FW 9 谷口海斗
控え
GK 22 山本海人
DF 23 小谷祐喜
MF 10 伊東俊
MF 2 黒木晃平
FW 11 浅川隼人
FW 13 北村知也
監督
大木武

●[J3]第6節1日目 スコア速報

讃岐vs熊本 スタメン発表

[7.25 J3第6節](ピカスタ)
※18:00開始
主審:藤田優
副審:越智新次、堀善仁
<出場メンバー>
[カマタマーレ讃岐]
先発
GK 1 清水健太
DF 23 柳田健太
DF 28 キム・ホヨン
DF 30 竹内彬
DF 3 松本直也
MF 17 池谷友喜
MF 11 森川裕基
MF 10 高木和正
MF 20 下川太陽
FW 27 林友哉
FW 13 重松健太郎
控え
GK 16 服部一輝
DF 2 西野貴治
DF 22 杉山弾斗
MF 15 岩本和希
MF 8 渡辺悠雅
FW 21 神谷椋士
FW 9 栗田マークアジェイ
監督
望月一仁

[ロアッソ熊本]
先発
GK 35 内山圭
DF 6 河原創
DF 3 小笠原佳祐
DF 4 酒井崇一
DF 17 石川啓人
MF 8 上村周平
MF 19 相澤祥太
MF 31 岡本知剛
FW 7 中原輝
FW 18 高橋利樹
FW 9 谷口海斗
控え
GK 22 山本海人
DF 23 小谷祐喜
MF 10 伊東俊
MF 2 黒木晃平
FW 11 浅川隼人
FW 13 北村知也
監督
大木武

●[J3]第6節1日目 スコア速報

長野vsYS横浜 スタメン発表

[7.25 J3第6節](長野U)
※18:00開始
主審:上原直人
副審:松本瑛右、長田望
<出場メンバー>
[AC長野パルセイロ]
先発
GK 1 小澤章人
DF 20 吉村弦
DF 5 広瀬健太
DF 4 浦上仁騎
DF 17 水谷拓磨
MF 14 三田尚希
MF 8 藤山智史
MF 24 坪川潤之
MF 10 東浩史
MF 15 佐相壱明
FW 11 木村裕
控え
GK 16 阿部伸行
DF 29 川田拳登
DF 3 遠藤元一
MF 9 牧野寛太
FW 13 佐野翼
FW 22 吉田伊吹
FW 23 大城佑斗
監督
横山雄次

[Y.S.C.C.横浜]
先発
GK 1 大内一生
DF 4 土館賢人
DF 3 宗近慧
DF 11 宮本拓弥
MF 7 宮尾孝一
MF 19 和田幹大
MF 6 佐藤祐太
MF 8 吉田明生
FW 9 大泉和也
FW 10 柳雄太郎
FW 18 音泉翔眞
控え
GK 16 佐川亮介
DF 22 尾身俊哉
DF 23 船橋勇真
DF 25 西山峻太
MF 26 植村友哉
FW 27 古山蓮
FW 28 オニエ・オゴチュクウ
監督
シュタルフ悠紀リヒャルト

●[J3]第6節1日目 スコア速報

長野vsYS横浜 スタメン発表

[7.25 J3第6節](長野U)
※18:00開始
主審:上原直人
副審:松本瑛右、長田望
<出場メンバー>
[AC長野パルセイロ]
先発
GK 1 小澤章人
DF 20 吉村弦
DF 5 広瀬健太
DF 4 浦上仁騎
DF 17 水谷拓磨
MF 14 三田尚希
MF 8 藤山智史
MF 24 坪川潤之
MF 10 東浩史
MF 15 佐相壱明
FW 11 木村裕
控え
GK 16 阿部伸行
DF 29 川田拳登
DF 3 遠藤元一
MF 9 牧野寛太
FW 13 佐野翼
FW 22 吉田伊吹
FW 23 大城佑斗
監督
横山雄次

[Y.S.C.C.横浜]
先発
GK 1 大内一生
DF 4 土館賢人
DF 3 宗近慧
DF 11 宮本拓弥
MF 7 宮尾孝一
MF 19 和田幹大
MF 6 佐藤祐太
MF 8 吉田明生
FW 9 大泉和也
FW 10 柳雄太郎
FW 18 音泉翔眞
控え
GK 16 佐川亮介
DF 22 尾身俊哉
DF 23 船橋勇真
DF 25 西山峻太
MF 26 植村友哉
FW 27 古山蓮
FW 28 オニエ・オゴチュクウ
監督
シュタルフ悠紀リヒャルト

●[J3]第6節1日目 スコア速報

C大23vs鹿児島 スタメン発表

[7.25 J3第6節](ヤンマー)
※18:00開始
主審:花川雄一
副審:小曽根潮、大原謙哉
<出場メンバー>
[セレッソ大阪U-23]
先発
GK 45 茂木秀
DF 29 島村拓弥
DF 43 西尾隆矢
DF 44 吉馴空矢
DF 46 田平起也
MF 30 喜田陽
MF 35 吉田有志
MF 38 西本雅崇
MF 41 松本凪生
FW 19 澤上竜二
FW 42 藤尾翔太
控え
GK 51 下中凌我
MF 53 岡澤昂星
FW 24 ウェリング・ピアス
FW 33 タワン
監督
村田一弘

[鹿児島ユナイテッドFC]
先発
GK 13 大西勝俉
DF 26 田中奏一
DF 22 青山直晃
DF 4 藤原広太朗
DF 24 砂森和也
MF 38 中原秀人
MF 6 田辺圭佑
MF 11 五領淳樹
MF 20 酒本憲幸
MF 8 牛之濱拓
FW 50 馬場賢治
控え
GK 31 畑実
DF 15 藤澤典隆
DF 5 平出涼
MF 16 枝本雄一郎
MF 39 ニウド
MF 41 三宅海斗
FW 9 薗田卓馬
監督
金鍾成

●[J3]第6節1日目 スコア速報

C大23vs鹿児島 スタメン発表

[7.25 J3第6節](ヤンマー)
※18:00開始
主審:花川雄一
副審:小曽根潮、大原謙哉
<出場メンバー>
[セレッソ大阪U-23]
先発
GK 45 茂木秀
DF 29 島村拓弥
DF 43 西尾隆矢
DF 44 吉馴空矢
DF 46 田平起也
MF 30 喜田陽
MF 35 吉田有志
MF 38 西本雅崇
MF 41 松本凪生
FW 19 澤上竜二
FW 42 藤尾翔太
控え
GK 51 下中凌我
MF 53 岡澤昂星
FW 24 ウェリング・ピアス
FW 33 タワン
監督
村田一弘

[鹿児島ユナイテッドFC]
先発
GK 13 大西勝俉
DF 26 田中奏一
DF 22 青山直晃
DF 4 藤原広太朗
DF 24 砂森和也
MF 38 中原秀人
MF 6 田辺圭佑
MF 11 五領淳樹
MF 20 酒本憲幸
MF 8 牛之濱拓
FW 50 馬場賢治
控え
GK 31 畑実
DF 15 藤澤典隆
DF 5 平出涼
MF 16 枝本雄一郎
MF 39 ニウド
MF 41 三宅海斗
FW 9 薗田卓馬
監督
金鍾成

●[J3]第6節1日目 スコア速報

新潟vs水戸 スタメン発表

[7.25 J2第7節](デンカS)
※18:00開始
主審:清水勇人
副審:櫻井大輔、日比野真
<出場メンバー>
[アルビレックス新潟]
先発
GK 41 藤田和輝
DF 27 大本祐槻
DF 3 マウロ
DF 5 舞行龍ジェームズ
DF 2 新井直人
MF 6 秋山裕紀
MF 20 島田譲
MF 8 シルビーニョ
MF 10 本間至恩
FW 9 ファビオ
FW 11 渡邉新太
控え
GK 1 大谷幸輝
DF 28 早川史哉
DF 31 堀米悠斗
DF 50 田上大地
MF 13 中島元彦
MF 33 高木善朗
FW 19 ペドロ・マンジー
監督
アルベルト

[水戸ホーリーホック]
先発
GK 21 牲川歩見
DF 3 前嶋洋太
DF 4 ンドカ・ボニフェイス
DF 24 細川淳矢
DF 23 外山凌
MF 6 平野佑一
MF 7 山田康太
MF 20 森勇人
MF 10 山口一真
FW 9 中山仁斗
FW 16 山谷侑士
控え
GK 50 松井謙弥
DF 13 岸田翔平
DF 2 住吉ジェラニレショーン
MF 25 平塚悠知
MF 27 松崎快
FW 18 深堀隼平
FW 48 アレフ・ピットブル
監督
秋葉忠宏

●[J2]第7節1日目 スコア速報

新潟vs水戸 スタメン発表

[7.25 J2第7節](デンカS)
※18:00開始
主審:清水勇人
副審:櫻井大輔、日比野真
<出場メンバー>
[アルビレックス新潟]
先発
GK 41 藤田和輝
DF 27 大本祐槻
DF 3 マウロ
DF 5 舞行龍ジェームズ
DF 2 新井直人
MF 6 秋山裕紀
MF 20 島田譲
MF 8 シルビーニョ
MF 10 本間至恩
FW 9 ファビオ
FW 11 渡邉新太
控え
GK 1 大谷幸輝
DF 28 早川史哉
DF 31 堀米悠斗
DF 50 田上大地
MF 13 中島元彦
MF 33 高木善朗
FW 19 ペドロ・マンジー
監督
アルベルト

[水戸ホーリーホック]
先発
GK 21 牲川歩見
DF 3 前嶋洋太
DF 4 ンドカ・ボニフェイス
DF 24 細川淳矢
DF 23 外山凌
MF 6 平野佑一
MF 7 山田康太
MF 20 森勇人
MF 10 山口一真
FW 9 中山仁斗
FW 16 山谷侑士
控え
GK 50 松井謙弥
DF 13 岸田翔平
DF 2 住吉ジェラニレショーン
MF 25 平塚悠知
MF 27 松崎快
FW 18 深堀隼平
FW 48 アレフ・ピットブル
監督
秋葉忠宏

●[J2]第7節1日目 スコア速報

藤枝vs秋田 スタメン発表

[7.25 J3第6節](藤枝サ)
※17:00開始
主審:矢野浩平
副審:内山翔太、大橋侑祐
<出場メンバー>
[藤枝MYFC]
先発
GK 1 杉本拓也
DF 2 川島將
DF 5 浅田大樹
DF 4 秋山貴嗣
MF 30 松岡亮輔
MF 22 久富良輔
MF 15 姫野宥弥
MF 7 水野泰輔
MF 13 安藤由翔
FW 9 大石治寿
FW 20 森島康仁
控え
GK 21 大畑拓也
DF 24 那須川将大
MF 14 谷澤達也
MF 18 枝村匠馬
MF 23 片岡爽
MF 34 清本拓己
FW 27 吉平翼
監督
石崎信弘

[ブラウブリッツ秋田]
先発
GK 21 田中雄大
DF 3 鈴木準弥
DF 5 千田海人
DF 17 韓浩康
DF 39 鎌田翔雅
MF 8 茂平
MF 15 江口直生
MF 24 山田尚幸
MF 11 久富賢
FW 9 中村亮太
FW 29 齋藤恵太
控え
GK 23 小池大喜
DF 50 加賀健一
MF 10 下澤悠太
MF 22 沖野将基
FW 13 林容平
FW 14 三上陽輔
FW 16 井上直輝
監督
吉田謙

●[J3]第6節1日目 スコア速報

八戸vs沼津 試合記録

【J3第6節】(プラスタ)
八戸 0-1(前半0-0)沼津


<得点者>
[沼]尾崎瑛一郎(52分)

<警告>
[八]穂積諒(6分)、安藤翼(15分)、石ヶ森荘真(18分)、河津良一(51分)

観衆:673人
主審:辛島宗烈
副審:眞鍋久大、千葉直史

<出場メンバー>
[ヴァンラーレ八戸]
先発
GK 1 ゴ・ドンミン
DF 11 國分将
DF 6 河津良一
DF 22 穂積諒
DF 33 佐藤和樹
MF 32 國領一平
MF 4 前田柊
MF 19 石ヶ森荘真
(58分→MF 44 秋吉泰佑)
FW 9 上形洋介
(58分→MF 30 黒石貴哉)
FW 8 高見啓太
(76分→MF 13 丸岡悟)
FW 17 安藤翼
(66分→FW 18 谷尾昂也)
控え
GK 31 花田力
DF 3 伊勢渉
MF 24 貫名航世
監督
中口雅史

[アスルクラロ沼津]
先発
GK 13 長沢祐弥
DF 18 尾崎瑛一郎
DF 22 徳武正之
DF 2 藤嵜智貴
DF 3 安在達弥
MF 20 佐藤尚輝
MF 8 普光院誠
MF 15 菅井拓也
MF 11 前澤甲気
MF 10 染矢一樹
(72分→FW 14 中山雄希)
FW 29 今村優介
(77分→FW 35 渡邉りょう)
控え
GK 1 朴昇利
DF 23 後藤虹介
DF 24 深井祐希
MF 21 森夢真
FW 5 坂本修佑
監督
今井雅隆

来季プレミアリーグの開幕日が9月12日に決定

今季のプレミアリーグを制したリバプール
 プレミアリーグの来季開幕戦と最終節の開催日が決定した。

 24日に公式サイトで「プレミアリーグの株主は本日、2020-21シーズンを2020年9月12日に開始することで合意した。最終節は2021年5月23日に行われる」と発表。また、他の全ての国内大会のスケジュールについては「引き続きFA(イングランドサッカー協会)、EFL(イングリッシュ・フットボールリーグ)と協議を続けていく」とした。

 今季のプレミアリーグは新型コロナウイルスの影響で3月に中断したが、6月17日に再開。すでにリバプールが優勝を決めており、最終節は7月26日に開催される。日程が大幅に後ろ倒しとなったことで、来季も例年より1月遅れて開幕することになった。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

相模原vs岩手 スタメン発表

[7.25 J3第6節](ギオンス)
※17:00開始
主審:酒井達矢
副審:鶴岡泰樹、原田雅士
<出場メンバー>
[SC相模原]
先発
GK 1 ビクトル
DF 2 夛田凌輔
DF 14 田村友
DF 3 富澤清太郎
DF 17 星広太
MF 24 松田詠太郎
MF 28 鹿沼直生
MF 33 梅鉢貴秀
MF 27 和田昌士
FW 10 ホムロ
FW 9 ユーリ
控え
GK 32 原田岳
DF 18 白井達也
MF 19 清原翔平
MF 26 上米良柊人
MF 38 千明聖典
FW 13 才藤龍治
FW 15 三島康平
監督
三浦文丈

[いわてグルージャ盛岡]
先発
GK 27 鈴木智幸
DF 18 宮市剛
DF 4 牟田雄祐
DF 3 藤井航大
DF 17 中村太亮
MF 28 大垣勇樹
MF 6 モレラト
MF 8 脇本晃成
MF 39 小谷光毅
FW 9 岸田和人
FW 32 色摩雄貴
控え
GK 1 土井康平
DF 16 平川元樹
MF 13 佐々木祐太
MF 23 橋本晃司
MF 25 有永一生
MF 41 後藤京介
FW 11 ブレンネル
監督
秋田豊

●[J3]第6節1日目 スコア速報

フローニンゲン板倉がオランダ語でジョーク…記者の反応は?

流暢なオランダ語を披露したDF板倉滉
 フローニンゲンのDF板倉滉が披露した流暢なオランダ語に現地メディア『Voetbalflitsen』が注目している。

 クラブは24日、マンチェスター・シティから期限付き移籍している板倉との契約期間を1年延長することを発表した。

 契約延長に伴い、クラブは板倉のインタビュー動画を公開。同メディアはその中のワンシーンに着目し、ツイッター(@voetbalflitsen)で「板倉滉はすでにオランダ語が堪能であり、記者とのインタビューで『あなたは臭いと思う』とジョークを飛ばしている」と投稿した。

 ツイートされた記事では「板倉滉はフローニンゲンにもう1年間所属する。つまり、マンチェスター・シティからレンタルした日本人は、もう1年間オランダで働くことになる。板倉は完璧なオランダ語で、勤務中の記者が悪臭を放っていると言った。ははは!」と紹介。動画内で板倉は記者と互いに笑い合っており、語学力だけではないコミュニケーション能力の高さをうかがわせている。

●海外組ガイド
●オランダ・エールディビジ2019-20特集
●堂安、板倉の試合も!!“初月無料”DAZNでハイライト配信中

福島vs富山 スタメン発表

[7.25 J3第6節](とうスタ)
※15:00開始
主審:野堀桂佑
副審:佐藤裕一、大田智寛
<出場メンバー>
[福島ユナイテッドFC]
先発
GK 1 ファンティーニ燦
DF 25 前田椋介
DF 11 雪江悠人
DF 19 河西真
DF 21 吉田朋恭
MF 8 池田昌生
MF 40 樋口寛規
MF 10 橋本拓門
MF 7 田村亮介
MF 29 吉永大志
FW 9 イスマイラ
控え
GK 50 渡辺健太
DF 13 石渡旭
DF 3 阪田章裕
MF 17 諸岡裕人
MF 18 橋本陸
MF 24 鎌田大夢
FW 20 トカチ
監督
松田岳夫

[カターレ富山]
先発
GK 1 岡大生
DF 5 今瀬淳也
DF 23 林堂眞
MF 10 花井聖
MF 16 末木裕也
MF 17 稲葉修土
MF 27 田中佑昌
MF 32 戸高弘貴
FW 9 武颯
FW 11 大谷駿斗
FW 37 平松宗
控え
GK 31 齋藤和希
MF 13 佐々木一輝
MF 15 ルーカス・ダウベルマン
MF 33 池高暢希
MF 6 碓井鉄平
FW 14 大野耀平
FW 20 宮城天
監督
安達亮

●[J3]第6節1日目 スコア速報

ムバッペが危険タックルで涙の負傷交代も…パリSGがネイマールV弾でフランス国内杯制覇

パリSGがフランス国内杯を制した
[7.24 フランス国内杯決勝 パリSG 1-0 サンテティエンヌ]

 パリSGは24日、クープ・ドゥ・フランス(フランス国内杯)決勝でサンテティエンヌと対戦し、1-0で勝利した。2年ぶり13回目の優勝を飾り、打ち切りで1位となったリーグアンに続く国内2冠を達成。31日に3冠を懸け、クープ・ドゥ・ラ・リーグ(フランスリーグ杯)決勝でリヨンと対決する。

 観客を入れて行われたフランス国内杯決勝。前半14分、FWキリアン・ムバッペのシュートがGKに止められるも、こぼれ球をFWネイマールが押し込み、パリSGが先制した。しかし、同26分にムバッペがDFロイク・ペランの危険なタックルを受け、右足を負傷。両チームの選手たちによる小競り合いに発展し、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の結果、ペランは同31分に一発退場となった。数的優位に立ったパリSGはそのまま1-0で逃げ切りに成功。2017-18シーズン以来、2年ぶり13度目の大会制覇を果たした。

 負傷時に涙を流してピッチを去っていたムバッペは試合後、松葉づえをついて優勝セレモニーに参加。31日のフランスリーグ杯決勝だけでなく、8月12日に開催されるUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝アタランタ戦の出場も危ぶまれている。

●フランス・リーグアン2019-20特集
●クープ・ドゥ・フランス(フランス国内杯)2019-20特集
●クープ・ドゥ・ラ・リーグ(フランスリーグ杯)2019-20特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

【動画】ウイイレ上級者には必須のスキル!!相手にボールを奪われない背負い方

【動画】ウイイレ上級者には必須のスキル!!相手にボールを奪われない背負い方
『eFootball ウイニングイレブン2020』(ウイイレ2020)のオンラインディビジョンでレート1000を達成したゲキサカFC1期生のカクケンとARATA。今度はカクケンがガチキング出場を目指し、予選参加の条件であるmyClubレート1000を目指します。

ゲキサカFCへの質問募集中! ↓からどうぞ!
https://peing.net/ja/abc287abbf303f

★ゲキサカ ゲームチャンネルの登録はこちらから

八戸vs沼津 スタメン発表

[7.25 J3第6節](プラスタ)
※13:00開始
主審:辛島宗烈
副審:眞鍋久大、千葉直史
<出場メンバー>
[ヴァンラーレ八戸]
先発
GK 1 ゴ・ドンミン
DF 11 國分将
DF 6 河津良一
DF 22 穂積諒
DF 33 佐藤和樹
MF 32 國領一平
MF 4 前田柊
MF 19 石ヶ森荘真
FW 9 上形洋介
FW 8 高見啓太
FW 17 安藤翼
控え
GK 31 花田力
DF 3 伊勢渉
MF 13 丸岡悟
MF 24 貫名航世
MF 30 黒石貴哉
MF 44 秋吉泰佑
FW 18 谷尾昂也
監督
中口雅史

[アスルクラロ沼津]
先発
GK 13 長沢祐弥
DF 18 尾崎瑛一郎
DF 22 徳武正之
DF 2 藤嵜智貴
DF 3 安在達弥
MF 20 佐藤尚輝
MF 8 普光院誠
MF 15 菅井拓也
MF 11 前澤甲気
MF 10 染矢一樹
FW 29 今村優介
控え
GK 1 朴昇利
DF 23 後藤虹介
DF 24 深井祐希
MF 21 森夢真
FW 14 中山雄希
FW 35 渡邉りょう
FW 5 坂本修佑
監督
今井雅隆

●[J3]第6節1日目 スコア速報

久保建英の獲得を巡って“ダービー”勃発か…スペイン紙「彼は今夏移籍市場で最も人気のある選手の1人」

MF久保建英にセビージャが興味か
 MF久保建英の獲得レースにセビージャが新たに参戦したようだ。同じアンダルシア州に本拠地を置くベティスも興味を示していることから、スペイン『アス』は「マジョルカで輝きを放ったレアル・マドリーの日本人選手、久保建英のレンタル移籍を巡り、セビージャとベティスがダービーを展開している」と報じている。

 久保は昨年夏にFC東京からレアルに完全移籍し、初年度はマジョルカに期限付き移籍。リーグ戦35試合の出場で4ゴール4アシストを記録するなど、個人としてスペイン1部でも通用することを示した。チームが19位で2部降格となったにもかかわらず、同紙は「今夏の移籍市場で最も人気のある選手の1人となった」と、19歳MFにオファーが殺到していることを伝えている。

 国内外の複数クラブが熱視線を送る中、今回新たにレンタル先の候補として挙がったのがセビージャだ。すでに久保に関し、レアル側と連絡を取っているという。セビージャは今季リーグ戦を4位で終え、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場権を獲得。レアルは久保が欧州カップ戦でプレーすることを望んでおり、次のステップとして申し分のないクラブの1つといえる。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

久保建英の獲得を巡って“ダービー”勃発か…スペイン紙「彼は今夏移籍市場で最も人気のある選手の1人」

MF久保建英にセビージャが興味か
 MF久保建英の獲得レースにセビージャが新たに参戦したようだ。同じアンダルシア州に本拠地を置くベティスも興味を示していることから、スペイン『アス』は「マジョルカで輝きを放ったレアル・マドリーの日本人選手、久保建英のレンタル移籍を巡り、セビージャとベティスがダービーを展開している」と報じている。

 久保は昨年夏にFC東京からレアルに完全移籍し、初年度はマジョルカに期限付き移籍。リーグ戦35試合の出場で4ゴール4アシストを記録するなど、個人としてスペイン1部でも通用することを示した。チームが19位で2部降格となったにもかかわらず、同紙は「今夏の移籍市場で最も人気のある選手の1人となった」と、19歳MFにオファーが殺到していることを伝えている。

 国内外の複数クラブが熱視線を送る中、今回新たにレンタル先の候補として挙がったのがセビージャだ。すでに久保に関し、レアル側と連絡を取っているという。セビージャは今季リーグ戦を4位で終え、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場権を獲得。レアルは久保が欧州カップ戦でプレーすることを望んでおり、次のステップとして申し分のないクラブの1つといえる。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

レアル19歳ロドリゴ、共演したかったレジェンド“第5位”に現役スター挙げるも「一緒のプレーは難しい」

レアルに所属する19歳FWロドリゴ・ゴエス
 レアル・マドリーのブラジル代表FWロドリゴ・ゴエスが、自身のアイドルとのプレーや共演したいレジェンドなどについて言及した。スペイン『アス』が伝えている。

 昨年夏からレアルに加入し、今季の公式戦25試合で7ゴール2アシストを記録しているロドリゴ。19歳FWはツイッターでフォロワーからの質問に回答し、その中で憧れだったベルギー代表FWエデン・アザールとプレーする喜びを語っている。

「アザールとのプレーは夢のようだ。僕が昔から彼のファンで、彼のプレーを見るのが好きだったことは誰もが知っている。そして今、彼と一緒にプレーできることは夢のようだ。好きすぎるよ」

 また、共演してみたいレジェンドを聞かれると「選ぶのはとても難しいね。ということで、トップ5にするよ」とし、「まずはペレ、次にロナウド、ジダン、ロベルト・カルロス、クリスティアーノだ。クリスティアーノは(現役で)プレーを続けているけど、(一緒にプレーするのは)難しいと思っている」と話した。

 そのほか、試合前の験担ぎに関する質問にも回答。「たくさん持っているよ。右足から始めて、右足のスパイクを履き、右足にすね当てをつける。そして試合前にトイレに行く。ピッチにも右足から入り、ラインを踏むのが嫌なんだ」と明かした。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

他クラブもうらやむ豪華チームが作れる? バルセロナの売却候補12名

バルセロナが今夏に多くの選手を売却へ
 バルセロナが今夏の移籍市場で12選手の売却を検討しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

 12名のリストは、GKネト、DFネウソン・セメド、DFサムエル・ウムティティ、DFジュニオール・フィルポ、MFイバン・ラキティッチ、MFアルトゥーロ・ビダル、FWウスマン・デンベレ、FWマーティン・ブレイスウェイトに加え、他クラブに期限付き移籍中のMFカルレス・アレニャ(ベティス)、MFラフィーニャ(セルタ)、DFジャン・クレール・トディボ(シャルケ)、MFコウチーニョ(バイエルン)だ。

 同紙は「ご覧のように、複数の1部クラブが自分たちのために持っていたいと思うような、先発メンバーを組むには十分な選手たちがいる」と伝えている。

 バルセロナはパフォーマンスの割に高価とされる選手たちを売却することで経済的な問題を解決し、新戦力に再び投資するための資金を調達することが目的だという。今夏の獲得候補の1人には、以前からインテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスの名前が挙がっている。

 ただ、今年は新型コロナウイルスの影響で多くのクラブが経済的な打撃を受けており、12選手を全て売却するのは現実的ではないようだ。特に、クラブ史上最も高額な移籍金を投じたデンベレとコウチーニョについては、同紙が「最も困難」と指摘している。その一方で、セメド、ラキティッチ、ビダル、ラフィーニャ、トディボは「チームを探すのに問題はないはずだ」との見解を示した。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

南野の振る舞いに韓国紙「自らを恥じたようだ」

チームメイトと優勝を喜んだFW南野拓実
 リバプールのFW南野拓実が優勝セレモニーで見せた振る舞いに、韓国『マネートゥデイ』が注目している。「自らを恥たようだ。優勝セレモニーの時に一歩引いていた。仲間の計らいにより、優勝トロフィーを持って笑顔を見せた」。同メディアはこれを「リバプールの南野拓実の話だ」とし、「彼はキャプテンのジョーダン・ヘンダーソンのおかげで一緒に笑うことができた」とレポートしている。

 ユルゲン・クロップ監督体制5年目のリバプールは今季序盤から首位を独走し、2位マンチェスター・シティに大差をつけて優勝を果たした。7試合を残してのタイトル獲得はプレミアリーグ史上最速記録。クラブとして1部リーグ30年ぶり、プレミアリーグ移行後では初の優勝だ。

 チームは22日、本拠地アンフィールドで第37節チェルシー戦に臨み、5-3の快勝を飾った。ベンチスタートの南野は後半42分に投入され、今季9試合目の出場。試合後には優勝セレモニーが行われた。

 表彰台ではクラブOBで元指揮官のケニー・ダルグリッシュ氏が選手たちに優勝メダルを授与。そして会場の派手な演出とともに、キャプテンのヘンダーソンが優勝トロフィーを掲げた。その後、ピッチで選手やスタッフが横一列になって肩を組み、クラブソング『You'll Never Walk Alone』を大合唱。アンフィールドは歓喜と興奮に包まれた。

 南野は今冬にザルツブルクから加入し、リーグ戦9試合に出場(先発出場1試合)。優勝メダル授与の条件となる出場5試合を満たし、壇上でチームメイトと喜びを味わった。しかし、ステージの中央で選手たちが代わる代わるトロフィーを掲げる中、それには加わらず。気づいたヘンダーソンが南野の背中を優しく押し、トロフィーを持つように促す一幕があった。

 同メディアは、加入1年目の南野がリバプールの期待に応える活躍を見せられなかったことを指摘しつつ、「(南野は)自分でも知っていたのか、静かにしていた。これをヘンダーソンが発見した。キャプテンらしく南野を促し、トロフィーを持って笑うことができるようしてくれた。ようやく南野は笑顔を見せた」と一連のシーンを伝えている。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

香川が“パートナー”公開…マンU守護神デ・ヘアも反応

昇格プレーオフを控えるMF香川真司
 サラゴサのMF香川真司が24日、自身のツイッター(@S_Kagawa0317)を更新し、トレーニングの様子を公開した。

 所属するサラゴサはスペイン2部のレギュラーシーズンを3位で終え、昇格プレーオフに進出。しかし、プレーオフ行きの可能性を残すフエンラブラダの選手やスタッフに新型コロナウイルスの陽性反応が確認され、最終節デポルティボ戦が延期となったことから、まだ対戦相手となる6位チームは決まっていない。これに伴い、プレーオフの開催日も未定となっている。

 プレーオフに向けて調整を進める香川はツイッターに、上半身裸でフィットネスバイクに乗る写真を投稿した。スペイン語で「いつものパートナーと一緒にトレーニングをしています。彼はハードなトレーニングを与えてくれます」とマシンを紹介し、日本語でも「俺の相棒のMr wattbike」とコメント。そして「プレーオフの日程もまだ出てないので難しい状況ではありますがしっかり準備していきます」と、1部昇格を懸けた戦いに向けて語った。

 このツイートには元チームメイトたちも反応。マンチェスター・ユナイテッド時代の同僚であるスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(@D_DeGea)は「強すぎるよ、ブラザー!」とつづった。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

[7月25日 今日のバースデー]

Japan
DF駒野友一(FC今治、1981)*左右両サイドをハイレベルでこなすサイドのスペシャリスト。今季はJFLでプレー。
FW鈴木孝司(C大阪、1989)*J3初年度に19得点を挙げ、初代得点王を獲得したストライカー。総合力の高さが売り。
DF西山峻太(YS横浜、1989)*国士舘大出身。12年にYS横浜に加入した。
MF楠美 圭史(FC今治、1994)*東京Vユース出身。今治ではキャプテンを務める。
DF山本義道(横浜FM、1995)*金沢から今季加入したDF。対人の強さが特徴。
DF佐々木翔悟(鹿島、2000)*鹿島ユース出身。強烈な左足と突破力を持つサイドバック。
MF平田 海斗(水戸、2001)*水戸ユース出身。昨年は2種登録選手として登録されていた。

World
FWフッキ(上海上港、1986、ブラジル)*強靭な肉体から放たれる強烈な左足キックが持ち味のFW。東京Vや川崎Fでのプレー経験を持つ。
MFフェルナンド(セビージャ、1987、ブラジル)*的確なパス、インターセプトで高い守備力を発揮するMF。
MFパウリーニョ(広州恒大、1988、ブラジル)*守備的MFとしてプレーし、フィジカルと決定力を兼ね備えているMF。

Former
DFカールハインツ・フェルスター(元シュツットガルトほか、1958、ドイツ)*80年代の西ドイツ代表を支えたセンターバック。代表戦は通算81試合に出場。
DF山崎哲也(元大分ほか、1978)*粘り強く、安定感の高い守備が特長だった。現在は大分U-18のコーチを務める。
FW岡野雅行(元浦和ほか、1972)*日本代表をW杯初出場に導くゴールを決めた。現在はガイナーレ鳥取のGMを務める。

Others
ジャガー横田(タレント、1961)
高島礼子(女優、1964)
西尾由佳理(アナウンサー、1977)
長岡望悠(バレーボール、1991)

セクハラ疑惑のビジャに関してスペイン選手協会が声明

神戸時代のダビド・ビジャ氏
 スペインサッカー選手協会(AFE)が24日に公式ツイッター(@afefutbol)を更新し、セクハラ疑惑をもたれる元スペイン代表FWのダビド・ビジャ氏をサポートする声明を発表した。

 昨季に神戸で現役を引退したビジャ氏は、2018年までニューヨーク・シティ(アメリカ)に所属。そのニューヨーク・シティが22日、元スタッフの女性がツイッターで過去のビジャ氏からのセクハラを告発したことを受け、この件について調査を開始すると表明していた。

 一方、スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、ビジャ氏は代理人を通じてセクハラ疑惑を完全否定。告発は「全くの嘘」とし、「すぐに明らかにされ、真実が語られることを望んでいる」と述べた。

 AFEもビジャ氏を支持する立場であることを示している。ツイッターで「ここ数時間で出てきた情報を踏まえ、AFEは必要な全てのものをダビド・ビジャが利用できるようにする。我々は彼をサポートし、無実の推定が全ての市民のための基本的な権利であることを彼に思い出させる」とメッセージを送った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!