[和倉ユース]矢板中央は1年生の左SB木村が奮闘。下級生の力も加えて今年も冬に強さを

矢板中央高の左SB木村匠汰はロングスローや守備で奮闘
[8.3 和倉ユース大会予選リーグ 矢板中央高 1-1 鵬学園高 和倉多目的G(Aコート)]

 昨年度の全国高校選手権で3度目となる3位に入った矢板中央高(栃木)。全国大会は、日本高校選抜のキャプテンも務めたCB長江皓亮(現東海大)を中心に3年生たちの勝利への執念と堅守がチームを全国4強へと押し上げた。

 一方で高橋健二監督は「県予選は(3年生が重圧で硬くなる部分もあるため)1、2年生の活躍が大事になる」と分析する。昨年は県予選準決勝、決勝で当時1年生のMF星景虎やDF島崎勝也が奮闘。GK藤井陽登は決勝戦のPK戦で2本を止めて矢板中央を全国へ導いている。
 
 今年も下級生が選手権予選で力となるか。この日の鵬学園高(石川)戦ではMF大畑凜生(2年)が同点ヘッドを決め、1年生の長身レフティー、左SB木村匠汰が飛距離十分のロングスローや相手エースのMF鈴木嶺騎(3年)とのマッチアップなどで奮闘した。

 木村は「もっとやりたい気持ちがあるんですけれども、できない部分があるので、練習とかで補っていければ良いと思っています。自分の課題は球際がまだ甘くて、ガタイも小さいので、飯を食べてデカくなって、トップチームでなれるようにしたい。左利きなのでクロスをもっと磨いて中にクロス上げて合わせるとか、オーバーラップの回数を増やしていきたい」と意気込む。

 東北や九州の強豪校からも誘いがあったという木村は、伝統的に堅守を特長とする矢板中央で「球際の部分とかもっと強くしたい」という思いで進学。まず守備面、そして特長も磨き、昨年の先輩たちのように1年生で全国出場に貢献することを目指す。

 今回の和倉ユース大会は、藤井やDF坂本龍汰主将(3年)らが不在ということもあって4日目まで未勝利と結果が出ていない。だが、昨年はプリンスリーグ関東前期に0-7のスコアで敗れた横浜FMユースに後期は4-2で雪辱。また、過去3年間の選手権では全国3位、8強、3位と冬へ向けてチーム状態を上げている。今年、和倉ユース大会で悔しい思いをしている上級生を中心に、下級生の力も加えて冬へ。そして、初の全国決勝進出、日本一にチャレンジする。

矢板中央高の2年生MF大畑凜生が同点ヘッド


(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
第8回和倉ユースサッカー大会2020特設ページ
●【特設】高校選手権2020

選手1人感染の福岡、関係者45人のPCR検査で全員陰性

 アビスパ福岡は4日、チーム関係者45人を対象に行ったPCR検査で全員が陰性だったと発表した。

 福岡では2日、選手1人がJリーグ公式検査(7月31日に実施)の結果「陽性の可能性が非常に高い」ことが分かり、登録メンバーにも濃厚接触者がいる懸念があるとして、同日に行われる予定だったJ2第9節大宮戦がキックオフ直前で中止となった。3日には最終検査結果が判明し、MF前寛之の陽性が確認。同日中に独自で検査を行っていた。

 なお、Jリーグ公式検査の結果でも前以外の選手・関係者は全員陰性だったという。クラブは「今後は、引き続き管轄保健所の指導を仰ぎながら、施設の消毒、選手スタッフの体調管理等、改めて万全の対策を講じた上で行ってまいります」としている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

GKカシージャスが現役引退…歴代最多のCL出場、スペイン代表出場数2位

元スペイン代表GKイケル・カシージャス
 元スペイン代表のGKイケル・カシージャス(ポルト)が4日、現役引退を発表した。昨年4月に心臓発作を起こして以降は公式戦の出場がなく、今年2月にはスペインサッカー連盟会長戦への出馬を一時表明するなど、すでに競技生活の第一線からは退いていた。

 レアル・マドリーのアカデミーで育ったカシージャスは1999年夏にトップチームに昇格。18歳で名門クラブの正GKの座に就くと、そこから16シーズンにわたって所属し、公式戦通算725試合に出場した。その間には3度の欧州CL制覇、5度のリーグ優勝など、数多くのタイトルを獲得した。

 2015年夏にはR・マドリーを旅立ってポルトに加入。新天地でも欧州カップ戦の出場記録を大きく伸ばし、欧州CL通算177試合出場は2位のFWクリスティアーノ・ロナウド(169試合)を引き離して歴代1位の記録となっている。

 またスペイン代表ではワールドカップに4度出場し、2010年の初優勝に大きく貢献。08年、12年には欧州選手権連覇に導いた。スペイン代表としての167試合出場はDFセルヒオ・ラモス(170試合)に続いて2位の記録となっている。

GKカシージャスが現役引退…歴代最多のCL出場、スペイン代表出場数2位

元スペイン代表GKイケル・カシージャス
 元スペイン代表のGKイケル・カシージャス(ポルト)が4日、現役引退を発表した。昨年4月に心臓発作を起こして以降は公式戦の出場がなく、今年2月にはスペインサッカー連盟会長戦への出馬を一時表明するなど、すでに競技生活の第一線からは退いていた。

 レアル・マドリーのアカデミーで育ったカシージャスは1999年夏にトップチームに昇格。18歳で名門クラブの正GKの座に就くと、そこから16シーズンにわたって所属し、公式戦通算725試合に出場した。その間には3度の欧州CL制覇、5度のリーグ優勝など、数多くのタイトルを獲得した。

 2015年夏にはR・マドリーを旅立ってポルトに加入。新天地でも欧州カップ戦の出場記録を大きく伸ばし、欧州CL通算177試合出場は2位のFWクリスティアーノ・ロナウド(169試合)を引き離して歴代1位の記録となっている。

 またスペイン代表ではワールドカップに4度出場し、2010年の初優勝に大きく貢献。08年、12年には欧州選手権連覇に導いた。スペイン代表としての167試合出場はDFセルヒオ・ラモス(170試合)に続いて2位の記録となっている。

[和倉ユース]桐生一は失点増加も、MF落合主将「課題がはっきりと出ていることはありがたいこと」。改善して秋へ

桐生一高MF落合遥斗主将はチームメートたちとともに課題改善に取り組む
[8.3 和倉ユース大会予選リーグ 桐生一高 0-3 東山高 和倉多目的G(Cコート)]

 プリンスリーグ関東勢の桐生一高は予選リーグ3試合で9失点。練習試合を再開した7月11日の前橋育英高戦を1-0で制し、良い形で再スタートを切っていたが、遠征による疲労もあってかここへ来て失点が続いてしまっている。

 攻守の要で主将のMF落合遥斗(3年)は、さすがに浮かない表情。「守備の一人目は行けていたりするんですけれども、連動が上手くできていなくて、前が行っているのに、後ろは下に重かったり、逆に後ろが準備できているのに前が行かなかったり、この大会凄く多いです」と課題を指摘した。

 ただし、田野豪一監督は「課題に気付けたのは良かった」と語り、落合も「何となく負けているのと、自分たちが全然できていないで負けているのは違うと思う。(この時期に)課題がはっきりと出ていることはありがたいこと」と前向きだ。

 この日は前日課題となった立ち上がりの部分は悪くなかった。攻撃面でもリスクを負ってビルドアップすることにチャレンジし、昨年のプリンスリーグ関東8得点の落合や期待のFW寶船月斗(2年)、FW入澤祥真(3年)らがチャンスを作り出している。そして、4日の下位トーナメントでは米子北高(鳥取)に2-1で勝利。まだ失点は続いているが、一つ結果を残すこともできた。

 落合は「このチームが始まってゼロで終わったのは数えるくらい。点は取れると思っているので、あとは失点をなくせば。1-0でも良いので、とにかく得点のところに自信をもって、あとは守備がやるだけかなと思っています」。前橋育英戦を好内容で制すなど自力があることは確か。思うように結果が出ない中、A2メンバーがアピールする姿も見られる。明確に出ている課題をチーム全員で改善し、プリンスリーグ関東や選手権予選へ向かう。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
第8回和倉ユースサッカー大会2020特設ページ
●【特設】高校選手権2020

スペイン2部最終節は一転開催へ…香川サラゴサ参戦のプレーオフ日程も決定

プレーオフに参戦するサラゴサMF香川真司
 ラ・リーガは3日、スペイン2部リーグ最終節のフエンラブラダデポルティボ戦を今月5日の現地時間8時キックオフで開催すると発表した。当初は7月20日に他の試合と同時刻に行われる予定だったが、フエンラブラダの選手・関係者に新型コロナウイルスの感染者が続発したため、1試合のみ中止となっていた。

 リーグ側は当初、この試合を行わないままシーズンを終了する予定としていたが、一転開催を発表した。最終節は例年、公平性を保つために一斉キックオフで開催されていることから、この試合だけ延期となったことについて複数クラブが抗議を行っている。

 フエンラブラダはこの試合に勝てば逆転でプレーオフ圏内浮上。一方、MF柴崎岳所属のデポルティボはすでに2部B(3部相当)降格が決まっており、すでに退団が決まった選手も出ていることからベストメンバーを組めそうにはない。

 なお最終節の扱いが定まったことで1部昇格プレーオフの日程も決まった。3位と6位、4位と5位がそれぞれホームアンドアウェーで対戦する第一ラウンドは第1戦を13日、第2戦を16日に開催。勝者同士が対戦する第二ラウンドは第1戦を20日、第2戦を23日に行う。

 日本人所属クラブではMF香川真司所属のサラゴサが3位でプレーオフに参加。FW岡崎慎司所属のウエスカは2部リーグを制したため、すでに来季の1部自動昇格が決まっている。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

[和倉ユース]伝統校・習志野は試合重ねながらやるべきことを再確認。千葉制覇した2年前の先輩超えへ

習志野高の柱、CB吾妻駈主将
[8.3 和倉ユース大会予選リーグ 習志野高 1-5 帝京大可児高 和倉多目的G(Aコート)]

 千葉の伝統校、習志野高は初戦でプリンスリーグ関東勢の桐生一高(群馬)に2-1で勝利。続く東山高(京都)戦を0-1で落としたものの、この帝京大可児高(岐阜)戦に勝てば逆転での決勝トーナメント進出だった。

 だが、序盤の連続失点で苦しい展開になってしまう。前半の半ば以降にギアが上がったが、後半立ち上がりに再び失点。同5分にMF加藤怜(3年)の左CKからMF細井響(2年)が追撃ヘッドを決め、その後も右SB加藤大雅(3年)の攻撃参加からのクロスやショートカウンターなどから惜しいシーンを作り出した。だが、通れば1点というようなパスを相手に引っ掛けてしまうなど、なかなか攻め切ることができず。1-5で敗れ、下位トーナメントに回ることになった。

 福田克行監督は「上手く行かない時の辛抱強さなど、こういう大会で色々なことを洗い直して、元に戻していかないといけないですね」と語る。新型コロナウイルス感染拡大の影響で試合勘がないことが大きな課題。立ち上がりと終了間際の5分間を引き締めることなど、普段意識していることに試合で気付き直している状況だ。リーグ戦や選手権予選までの時間が十分にあるとは言えないだけに、個人個人、チームとして意識して80分ないし90分のゲームでやるべきことを取り戻していく。

 チームの柱であるCB吾妻駈主将(3年)は「試合の中で流れを読む力が自分自身はあると思うけれど、それを全体に伝えることができていない。しっかりと共有して何をするのかということを試合中できれば今日も連続失点を防げたと思う。共通理解して修正できたら良いと思います。(また)チーム全体のモチベーションを上げるために自分がもっと言わないといけない。そこはキャプテンの仕事かなと思います」と語った。

 激戦区・千葉を勝ち抜くことは簡単なことではない。だが、現3年生は1年時に2学年上の先輩たちが流通経済大柏高と市立船橋高の2強を破ってインターハイに出場する姿を見ている。吾妻は「1年の時にその背中を見ているので、それを追いかけるじゃないですけれども、自分たちも追いついて追い越せるようにと話し合ってきたので、選手権でそれを越えられるように準備していきたい」と誓った。

 吾妻は元々ボランチやSHを務めてきた選手だが、今年はチーム事情でCBに定着。「声を的確に出すのもそうなんですけれども、カバーリングや、身体を張るところで自分は引っ張っていきたいと思っている。プレーで引っ張っていきたいので、守備からしっかりとやって、自分元々前の選手なのでインターセプトして攻撃にかかわれたらと思います」というように、チームのために身体を張って士気を高めていく。

 そして、練習や試合を重ねながら個々だけでなく、チーム全体で「選手権を獲る」という方向へ向かわせること。再び千葉を突破し、全国で活躍するためにやるべきことを明確化し、全力で取り組む。
 

右SB加藤大雅は果敢な攻撃参加も


(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
第8回和倉ユースサッカー大会2020特設ページ
●【特設】高校選手権2020

[MOM3178]鵬学園DF八十島陸翔(1年)_注目の1年生CBが矢板中央相手にエアバトルで渡り合う

鵬学園高の1年生CB八十島陸翔が矢板中央高の攻撃を何度も跳ね返した
[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[8.3 和倉ユース大会予選リーグ 矢板中央高 1-1 鵬学園高 和倉多目的G(Aコート)]

 ここまで2連敗の矢板中央高が鵬学園高戦に懸ける思いは特別強かった。1勝を目指し、特に後半はクロス、ロングスローで次々とゴール前にボールを放り込んだ。昨年度選手権4強の“矢板中央らしい”とも言える非常にパワフルな攻撃。それを鵬学園の1年生CB八十島陸翔が何度も弾き返していた。

「相手がスローインとかなると中にロングスローということが分かっていたので、来たボールは全部跳ね返す気持ちでやっていました」と八十島。185cmの長身を活かしたエアバトルの強さが最大の魅力だが、連戦で疲労感のある中でも身体が動いていた。ゴール前で必死に足を動かしてシュートブロックするシーンも。先輩たちを鼓舞する闘争心の強さも光った。

 1点こそ失ったものの、それ以上失点を重ねなかったのは彼の健闘があったから。クリアの質やゴール前での視野の確保の仕方、足の運び方などまだまだ課題は多いものの、赤地信彦監督はまだ伸びている身長、メンタル面の強さ含めて大きな期待を寄せていた。

 1年生ながら、全国の強豪と真剣勝負できている経験は大きい。「自分としても強い相手とできて、弱いところとか見つめ直すことができたので良かったです。自分のできることとできないことしっかり分かることができたので、これからの練習でしっかりと突き詰めたい。競り合いとかでは絶対に負けないことにこだわって、自分がDFラインを統率できるようなCBになりたい」と誓っていた。

 Jクラブスカウトなどが見つめる中で自分の良さを発揮することができた。将来、セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)のようなCBになること、そしてプロ入りを目標に掲げる八十島は「全国大会に出て色々な人に目をつけられるように」。今回通用した部分をさらに磨き、課題をしっかりと改善させて全国で再びアピールする。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
第8回和倉ユースサッカー大会2020特設ページ
●【特設】高校選手権2020

[MOM685]筑波大FW和田育(2年)_“1G1A1ポスト”3得点すべてに絡んで今季初勝利に貢献

[MOM685]筑波大FW和田育(2年)_“1G1A1ポスト”3得点すべてに絡んで今季初勝利に貢献
[8.1 関東大学1部L第5節 筑波大3-0専修大 RKUフットボールフィールドA面]

 背番号13が全得点に絡む活躍で、筑波大に今季初勝利をもたらした。

 まずは前半6分、高い位置でボールを奪ったFW和田育(2年=阪南大高)は右サイドからアーリークロス。MF渡邊陽(4年=浦和ユース)がスルーしたボールがMF加藤匠人(3年=柏U-18)に渡って先制点が生まれる。

 前半18分には左サイドから狙った和田のシュートが右ポストを直撃。跳ね返りをMF小林幹(3年=FC東京U-18)が右足で押し込んで追加点になると、同44分にはカウンターからMF井川空(3年=札幌U-18)が持ち込んで右サイドにスルーパス。MF山原怜音(3年=JFAアカデミー)の折り返しを和田が蹴り込んで、前半で勝負を決めた。

 筑波大は新型コロナウイルスの影響で開幕からの参加が間に合わず、7月26日の明治大戦より参戦。しかし王者相手の“開幕戦”は0-3で完敗を喫していた。先発した和田もシュート1本を放ったものの、後半31分に途中交代となっていた。

「今季初戦で気持ちを強く持って入ったんですけど、あの結果で終わってしまったのは、個人としてもチームとしても悔しかった」。うっ憤を晴らすかのような1ゴール1アシスト。ただ得点シーン以外のチャンスを多く外していたことで、「自分の特長である背後への抜け出しで決められるシーンを増やしていかないといけない」と浮かれることはない。

 ルーキーイヤーだった昨年は10試合に出場して2得点。MF三笘薫(川崎F)やMF高嶺朋樹(札幌)らがいたタレント軍団の中で貴重な経験を積んだ。「去年の後半くらいから自分がやらないといけないという自覚が出てきた。そこから自信がついてきた」。

 目標は大きく2桁ゴール。前十字靭帯断裂からの復活を目指す同学年のFW森海渡(2年=柏U-18)の復帰も間近に迫っておりポジション争いはし烈となるが、「FWとしてもライバルとして、仲間としても切磋琢磨してやっていければいい」と意識を十分にして更なる成長に繋げる。

(取材・文 児玉幸洋)
●第94回関東大学L特集

[MOM684]慶應義塾大DF橋本健人(3年)_J2フル出場から中2日の試合で1G2A

[MOM684]慶應義塾大DF橋本健人(3年)_J2フル出場から中2日の試合で1G2A
[8.1 関東大学1部L第5節 中央大0-3慶應義塾大 RKUフットボールフィールドA面]

 J2首位チームとの強度の高い試合にフル出場したのはたったの3日前だった。週末は慶應義塾大に帰ってきてリーグ戦を戦うDF橋本健人(3年=横浜FCユース/山口内定)は後半から出場すると、1ゴール2アシストを記録。開幕戦以来となる今季2勝目をもたらした。

「今の特別な環境が自分を成長させてくれている。レノファで学ぶことが多いのはもちろんですが、慶應でも学ぶことは多い。ミスを少なくするだとか、質にこだわるところだとか、基準が明らかに上がったと思います」

 昨年度、2部リーグで13アシストを記録。アシスト王に輝く活躍で、チームの3年ぶりとなる1部復帰に貢献した。そしてコロナ禍で大学3年生シーズンの開幕が遅れた中で、5月28日にレノファ山口FCへの入団内定を発表(正式入団は22年)。「いろいろ考えた中で自分なら出来ると。自分の成長を一番に考えて選びました」。

 再開されたJリーグの過密日程もあり、チャンスは早々にやってきた。7月15日の徳島戦の後半15分から途中出場してJリーグデビュー。そして同29日の長崎戦では初先発を飾り、初の90分フル出場を果たしていた。試合後に霜田正浩監督も「大学生ということは僕は忘れています」と話したように、一戦力としてプロの舞台で十分に戦っている。

 最近は平日を山口で過ごし、大学のリーグ戦が行われる関東とを往復する忙しい生活を送る。昨今の状況下、細心の注意を払いながらの移動となっているが、充実の日々となっている。「どちらに行っても学び続ける姿勢を持つことを大事にしている。レノファに行けばプロ選手として扱われるので、意識レベルを上げられているのかなと思います」。

「同級生の田中陸川井歩は高卒でプロになった。この間は16歳の河野(孝汰)が点を取った。すごく刺激になる。内定が決まったからといってホッとしている暇はないなと思わせてくれる。1つ年上の高宇洋選手なんかはキャプテンマークを巻いて中心となってプレーしている。自分もまだまだだなと思わせてくれるので、どんどん成長していきたい」

 初の大学リーグ1部を戦う今季は、開幕5試合ですでに4得点を記録。すでに昨年に並ぶ得点数を決めている。「去年は4年生がたくさん出ていて、自分が何もしなくても点が入っていたけど、今年は1部でより攻撃で結果を残さないといけないという意識が得点の増加に繋がっていると思います」。プロ基準のレフティーが、明らかな違いを見せ続けている。

(取材・文 児玉幸洋)
●第94回関東大学L特集

ACL参加チームは「最大33連戦」の可能性…8月15日から12月5日まで週2試合

ACLに参戦する3チーム
 Jリーグは4日、9月から10月にかけて開催されるJ1リーグ戦のキックオフ時刻、スタジアムを発表した。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に参戦しているチームがACL、ルヴァン杯ともに勝ち上がった場合、8月中旬から「33連戦」となるようだ。

 新型コロナウイルスの影響により、各チームともにミッドウィークに多くの試合を予定。なかでもACLのグループリーグと決勝トーナメント1回戦が10月下旬から11月初旬にかけてセントラル開催されることが決まっているため、参加3クラブは過酷な過密日程を強いられることになりそうだ。

 ACL期間分のリーグ戦は、開催節ではないミッドウィークに移動することから、ACLに参戦するFC東京横浜F・マリノスヴィッセル神戸の日程がさらに過密。ルヴァン杯は決勝トーナメントからの参加となるが、週2試合ペースが続くのは避けられない。l

 いずれかがACLとルヴァン杯をどちらも勝ち上がった場合、8月15日のJ1第10節から連戦(1週間2試合ペースを「連戦」と定義)がスタートし、12月5日に西地区で予定されているACL決勝まで33連戦。その後、ようやく1週間の試合間隔を得られることになる。

 ACL参加3チームの今後の日程は以下のとおり

第9節
8月8日(土)
横浜FM 19:00 柏 [日産ス]
神戸 19:00 仙台 [ノエスタ]
8月9日(日)
C大阪 19:00 FC東京 [ヤンマー]

※8月12日(水)は試合なし
ここから連戦スタート

第10節
8月15日(土)
大分 18:30 横浜FM [昭和電ド]
FC東京 19:00 名古屋 [味スタ]
8月16日(日)
鹿島 18:30 神戸 [カシマ]

第11節
8月19日(水)
清水 19:00 横浜FM [アイスタ]
神戸 19:00 柏 [ノエスタ]
広島 19:00 FC東京 [Eスタ]

第12節
8月23日(日)
浦和 19:00 神戸 [埼玉]
FC東京 19:00 湘南 [味スタ]
横浜FM 19:00 広島 [日産ス]

第24・26・27節代替
8月26日(水)
神戸 19:00 川崎F [ノエスタ]
FC東京 19:00 鹿島 [味スタ]
横浜FM 19:30 札幌 [日産ス]

第13節
8月29日(土)
神戸 18:00 横浜FM [ノエスタ]
G大阪 19:00 FC東京 [パナスタ]

ルヴァン杯準々決勝
9月2日(水)

第14節
9月5日(土)
横浜FM 18:00 川崎F [日産ス]
湘南 18:30 神戸 [BMWス]
大分 18:30 FC東京 [昭和電ド]

第15節
9月9日(水)
川崎F 18:30 神戸 [等々力]
FC東京 19:00 横浜FC [味スタ]
名古屋 19:30 横浜FM [パロ瑞穂]

第16節
9月12日(土)
神戸 19:00 FC東京 [ノエスタ]
9月13日(日)
横浜FM 19:00 C大阪 [日産ス]

第24・25節代替
9月16日(水)
FC東京 19:00 大分 [味スタ]
神戸 19:00 C大阪 [ノエスタ]
横浜FM 19:30 清水 [日産ス]

第17節
9月19日(土)
鳥栖 16:00 横浜FM [駅スタ]
名古屋 17:00 神戸 [豊田ス]
9月20日(日)
FC東京 19:00 仙台 [味スタ]

第18節
9月23日(水)
FC東京 19:00 C大阪 [味スタ]
神戸 19:00 鳥栖 [ノエスタ]
横浜FM 19:30 仙台 [日産ス]

第19節
9月26日(土)
神戸 19:00 札幌 [ノエスタ]
9月27日(日)
鳥栖 16:00 FC東京 [駅スタ]
柏 19:00 横浜FM [三協F柏]

第25・29節代替
9月30日(水)
横浜FM 19:00 鳥栖 [ニッパツ]
神戸 19:00 名古屋 [ノエスタ]
浦和 19:30 FC東京 [埼玉]

第20節
10月4日(日)
湘南 15:00 FC東京 [BMWス]
横浜FM 16:00 神戸 [ニッパツ]

ルヴァン杯準決勝
10月7日(水)

第21節
10月10日(土)
FC東京 14:00 G大阪 [味スタ]
柏 15:00 神戸 [三協F柏]
横浜FM 16:00 大分 [ニッパツ]

第22節
10月14日(水)
FC東京 19:00 清水 [味スタ]
G大阪 19:00 横浜FM [パナスタ]
神戸 19:00 大分 [ノエスタ]

第23節
10月17日(土)
C大阪 15:00 横浜FM [ヤンマー]
10月18日(日)
第23節
横浜FC 14:00 FC東京 [ニッパツ]
広島 17:00 神戸 [Eスタ]

ACLグループリーグ第3節
10月22日(木)
FC東京 vs 上海申花 [未定]
10月23日(金)
広州恒大 vs 神戸 [マレーシア]
上海上港 vs 横浜FM [マレーシア]

ACLグループリーグ第4節
10月25日(日)
上海申花 vs FC東京 [未定]
10月26日(月)
神戸 vs 広州恒大 [マレーシア]
横浜FM vs 上海上港 [マレーシア]

ACLグループリーグ第5節
10月28日(水)
FC東京 vs 蔚山現代 [未定]
10月29日(木)
ジョホール vs 神戸 [マレーシア]
横浜FM vs 全北現代 [マレーシア]

ACLグループリーグ第6節
10月31日(土)
パース・グローリー vs FC東京 [未定]
11月1日(日)
神戸 vs 水原三星 [マレーシア]
シドニーFC vs 横浜FM [マレーシア]

ACL決勝トーナメント1回戦(※勝ち上ったの場合)
11月3日(火)
E組1位 vs F組2位 [未定]
F組1位 vs E組2位 [未定]
11月4日(水)
G組1位 vs H組2位 [マレーシア]
H組1位 vs G組2位 [マレーシア]

ルヴァン杯決勝(※勝ち上った場合)
11月7日(日)

第25・26節代替
11月11日(水)
川崎F vs FC東京 [未定]
湘南 vs 横浜FM [未定]
清水 vs 神戸 [未定]

第27節
11月14日(土)or15日(日)
横浜FM vs 浦和 [未定]
名古屋 vs FC東京 [未定]
神戸 vs 湘南 [未定]

第30・31節代替(※ACLで勝ち上った場合)
11月18日(水)
FC東京 vs 柏 [未定]
川崎F vs 横浜FM [未定]
神戸 vs 浦和 [未定]

第28節
11月21日(土)or22日(日)
FC東京 vs 横浜FM [未定]
横浜FC vs 神戸 [未定]

ACL準々決勝
11月25日(水)

ACL準決勝
11月28日(土)

第30・31節代替(※ACLで勝ち上がった場合)
12月1日(火)
仙台 vs 神戸 [未定]※
横浜FM vs 鹿島 [未定]※
(第31節FC東京vs広島は代替日も未定)

ACL決勝
12月5日(土)

※12月9日(水)は試合なし
ここまで連戦の可能性

第32節
12月12日(土)
仙台 vs FC東京 [未定]
G大阪 vs 神戸 [未定]
広島 vs 横浜FM [未定]

第33節
12月16日(水)
FC東京 vs 札幌 [未定]
横浜FM vs 名古屋 [未定]
神戸 vs 鹿島 [未定]

第34節
12月19日(土)
FC東京 vs 神戸 [未定]
横浜FC vs 横浜FM [未定]

天皇杯準決勝(※J1の2位以内が参戦)
12月27日(日)

天皇杯決勝
2021年1月1日(金・祝)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

ACL参加チームは「最大33連戦」の可能性…8月15日から12月5日まで週2試合

ACLに参戦する3チーム
 Jリーグは4日、9月から10月にかけて開催されるJ1リーグ戦のキックオフ時刻、スタジアムを発表した。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に参戦しているチームがACL、ルヴァン杯ともに勝ち上がった場合、8月中旬から「33連戦」となるようだ。

 新型コロナウイルスの影響により、各チームともにミッドウィークに多くの試合を予定。なかでもACLのグループリーグと決勝トーナメント1回戦が10月下旬から11月初旬にかけてセントラル開催されることが決まっているため、参加3クラブは過酷な過密日程を強いられることになりそうだ。

 ACL期間分のリーグ戦は、開催節ではないミッドウィークに移動することから、ACLに参戦するFC東京横浜F・マリノスヴィッセル神戸の日程がさらに過密。ルヴァン杯は決勝トーナメントからの参加となるが、週2試合ペースが続くのは避けられない。l

 いずれかがACLとルヴァン杯をどちらも勝ち上がった場合、8月15日のJ1第10節から連戦(1週間2試合ペースを「連戦」と定義)がスタートし、12月5日に西地区で予定されているACL決勝まで33連戦。その後、ようやく1週間の試合間隔を得られることになる。

 ACL参加3チームの今後の日程は以下のとおり

第9節
8月8日(土)
横浜FM 19:00 柏 [日産ス]
神戸 19:00 仙台 [ノエスタ]
8月9日(日)
C大阪 19:00 FC東京 [ヤンマー]

※8月12日(水)は試合なし
ここから連戦スタート

第10節
8月15日(土)
大分 18:30 横浜FM [昭和電ド]
FC東京 19:00 名古屋 [味スタ]
8月16日(日)
鹿島 18:30 神戸 [カシマ]

第11節
8月19日(水)
清水 19:00 横浜FM [アイスタ]
神戸 19:00 柏 [ノエスタ]
広島 19:00 FC東京 [Eスタ]

第12節
8月23日(日)
浦和 19:00 神戸 [埼玉]
FC東京 19:00 湘南 [味スタ]
横浜FM 19:00 広島 [日産ス]

第24・26・27節代替
8月26日(水)
神戸 19:00 川崎F [ノエスタ]
FC東京 19:00 鹿島 [味スタ]
横浜FM 19:30 札幌 [日産ス]

第13節
8月29日(土)
神戸 18:00 横浜FM [ノエスタ]
G大阪 19:00 FC東京 [パナスタ]

ルヴァン杯準々決勝
9月2日(水)

第14節
9月5日(土)
横浜FM 18:00 川崎F [日産ス]
湘南 18:30 神戸 [BMWス]
大分 18:30 FC東京 [昭和電ド]

第15節
9月9日(水)
川崎F 18:30 神戸 [等々力]
FC東京 19:00 横浜FC [味スタ]
名古屋 19:30 横浜FM [パロ瑞穂]

第16節
9月12日(土)
神戸 19:00 FC東京 [ノエスタ]
9月13日(日)
横浜FM 19:00 C大阪 [日産ス]

第24・25節代替
9月16日(水)
FC東京 19:00 大分 [味スタ]
神戸 19:00 C大阪 [ノエスタ]
横浜FM 19:30 清水 [日産ス]

第17節
9月19日(土)
鳥栖 16:00 横浜FM [駅スタ]
名古屋 17:00 神戸 [豊田ス]
9月20日(日)
FC東京 19:00 仙台 [味スタ]

第18節
9月23日(水)
FC東京 19:00 C大阪 [味スタ]
神戸 19:00 鳥栖 [ノエスタ]
横浜FM 19:30 仙台 [日産ス]

第19節
9月26日(土)
神戸 19:00 札幌 [ノエスタ]
9月27日(日)
鳥栖 16:00 FC東京 [駅スタ]
柏 19:00 横浜FM [三協F柏]

第25・29節代替
9月30日(水)
横浜FM 19:00 鳥栖 [ニッパツ]
神戸 19:00 名古屋 [ノエスタ]
浦和 19:30 FC東京 [埼玉]

第20節
10月4日(日)
湘南 15:00 FC東京 [BMWス]
横浜FM 16:00 神戸 [ニッパツ]

ルヴァン杯準決勝
10月7日(水)

第21節
10月10日(土)
FC東京 14:00 G大阪 [味スタ]
柏 15:00 神戸 [三協F柏]
横浜FM 16:00 大分 [ニッパツ]

第22節
10月14日(水)
FC東京 19:00 清水 [味スタ]
G大阪 19:00 横浜FM [パナスタ]
神戸 19:00 大分 [ノエスタ]

第23節
10月17日(土)
C大阪 15:00 横浜FM [ヤンマー]
10月18日(日)
第23節
横浜FC 14:00 FC東京 [ニッパツ]
広島 17:00 神戸 [Eスタ]

ACLグループリーグ第3節
10月22日(木)
FC東京 vs 上海申花 [未定]
10月23日(金)
広州恒大 vs 神戸 [マレーシア]
上海上港 vs 横浜FM [マレーシア]

ACLグループリーグ第4節
10月25日(日)
上海申花 vs FC東京 [未定]
10月26日(月)
神戸 vs 広州恒大 [マレーシア]
横浜FM vs 上海上港 [マレーシア]

ACLグループリーグ第5節
10月28日(水)
FC東京 vs 蔚山現代 [未定]
10月29日(木)
ジョホール vs 神戸 [マレーシア]
横浜FM vs 全北現代 [マレーシア]

ACLグループリーグ第6節
10月31日(土)
パース・グローリー vs FC東京 [未定]
11月1日(日)
神戸 vs 水原三星 [マレーシア]
シドニーFC vs 横浜FM [マレーシア]

ACL決勝トーナメント1回戦(※勝ち上ったの場合)
11月3日(火)
E組1位 vs F組2位 [未定]
F組1位 vs E組2位 [未定]
11月4日(水)
G組1位 vs H組2位 [マレーシア]
H組1位 vs G組2位 [マレーシア]

ルヴァン杯決勝(※勝ち上った場合)
11月7日(日)

第25・26節代替
11月11日(水)
川崎F vs FC東京 [未定]
湘南 vs 横浜FM [未定]
清水 vs 神戸 [未定]

第27節
11月14日(土)or15日(日)
横浜FM vs 浦和 [未定]
名古屋 vs FC東京 [未定]
神戸 vs 湘南 [未定]

第30・31節代替(※ACLで勝ち上った場合)
11月18日(水)
FC東京 vs 柏 [未定]
川崎F vs 横浜FM [未定]
神戸 vs 浦和 [未定]

第28節
11月21日(土)or22日(日)
FC東京 vs 横浜FM [未定]
横浜FC vs 神戸 [未定]

ACL準々決勝
11月25日(水)

ACL準決勝
11月28日(土)

第30・31節代替(※ACLで勝ち上がった場合)
12月1日(火)
仙台 vs 神戸 [未定]※
横浜FM vs 鹿島 [未定]※
(第31節FC東京vs広島は代替日も未定)

ACL決勝
12月5日(土)

※12月9日(水)は試合なし
ここまで連戦の可能性

第32節
12月12日(土)
仙台 vs FC東京 [未定]
G大阪 vs 神戸 [未定]
広島 vs 横浜FM [未定]

第33節
12月16日(水)
FC東京 vs 札幌 [未定]
横浜FM vs 名古屋 [未定]
神戸 vs 鹿島 [未定]

第34節
12月19日(土)
FC東京 vs 神戸 [未定]
横浜FC vs 横浜FM [未定]

天皇杯準決勝(※J1の2位以内が参戦)
12月27日(日)

天皇杯決勝
2021年1月1日(金・祝)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

9〜10月のJ1会場&KO時刻が判明! デーゲームは9月19日から、鳥栖3試合が異例の18:45開始

サガン鳥栖のホームでは18:45キックオフの試合も
 Jリーグは4日、9月から10月にかけて開催されるJ1リーグ戦のキックオフ時刻、スタジアムを発表した。サガン鳥栖はホームでのナイトゲーム3試合が異例の午後6時45分キックオフ。また札幌ドームを除くスタジアムのデーゲームは9月19日のJ1第17節からスタートする。

 新たに発表されたのは第14〜25節。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグと決勝トーナメント1回戦が10月下旬から11月初旬にかけてセントラル開催されるため、参戦しているFC東京横浜F・マリノスヴィッセル神戸はイレギュラーなスケジュールとなっている。

 11月以降のキックオフ時間、会場は10月上旬に発表される。

第24節
8月26日(水)
神戸 19:00 川崎F [ノエスタ]

第26節
8月26日(水)
FC東京 19:00 鹿島 [味スタ]

第29節
8月26日(水)
横浜FM 19:30 札幌 [日産ス]

第14節
9月5日(土)
札幌 14:00 広島 [札幌厚別]
横浜FM 18:00 川崎F [日産ス]
清水 18:00 柏 [アイスタ]
名古屋 18:00 鹿島 [豊田ス]
仙台 18:30 G大阪 [ユアスタ]
湘南 18:30 神戸 [BMWス]
大分 18:30 FC東京 [昭和電ド]
鳥栖 18:45 横浜FC [駅スタ]
C大阪 19:00 浦和 [ヤンマー]

第15節
9月9日(水)
川崎F 18:30 神戸 [等々力]
鹿島 19:00 仙台 [カシマ]
柏 19:00 G大阪 [三協F柏]
FC東京 19:00 横浜FC [味スタ]
広島 19:00 清水 [Eスタ]
大分 19:00 湘南 [昭和電ド]
浦和 19:30 鳥栖 [埼玉]
名古屋 19:30 横浜FM [パロ瑞穂]
C大阪 19:30 札幌 [ヤンマー]

第16節
9月12日(土)
清水 18:00 鹿島 [アイスタ]
神戸 19:00 FC東京 [ノエスタ]
9月13日(日)
札幌 13:05 浦和 [札幌ド]
仙台 18:00 大分 [ユアスタ]
横浜FC 18:00 名古屋 [ニッパツ]
川崎F 18:30 広島 [等々力]
鳥栖 18:45 柏 [駅スタ]
横浜FM 19:00 C大阪 [日産ス]
G大阪 19:00 湘南 [パナスタ]

第24節
9月16日(水)
FC東京 19:00 大分 [味スタ]
横浜FM 19:30 清水 [日産ス]

第25節
9月16日(水)
神戸 19:00 C大阪 [ノエスタ]

第17節
9月19日(土)
札幌 14:00 G大阪 [札幌厚別]
鳥栖 16:00 横浜FM [駅スタ]
名古屋 17:00 神戸 [豊田ス]
C大阪 18:00 鹿島 [ヤンマー]
湘南 18:30 清水 [BMWス]
柏 19:00 広島 [三協F柏]
9月20日(日)
大分 18:00 横浜FC [昭和電ド]
浦和 19:00 川崎F [埼玉]
FC東京 19:00 仙台 [味スタ]

第18節
9月23日(水)
札幌 18:30 柏 [札幌ド]
鹿島 19:00 湘南 [カシマ]
FC東京 19:00 C大阪 [味スタ]
川崎F 19:00 横浜FC [等々力]
G大阪 19:00 名古屋 [パナスタ]
神戸 19:00 鳥栖 [ノエスタ]
大分 19:00 広島 [昭和電ド]
横浜FM 19:30 仙台 [日産ス]
清水 19:30 浦和 [アイスタ]

第19節
9月26日(土)
名古屋 14:00 清水 [豊田ス]
浦和 18:00 横浜FC [埼玉]
神戸 19:00 札幌 [ノエスタ]
9月27日(日)
仙台 13:00 C大阪 [ユアスタ]
鳥栖 16:00 FC東京 [駅スタ]
鹿島 17:00 大分 [カシマ]
広島 18:00 G大阪 [Eスタ]
柏 19:00 横浜FM [三協F柏]
湘南 19:00 川崎F [BMWス]

第25節
9月30日(水)
横浜FM 19:00 鳥栖 [ニッパツ]

第29節
9月30日(水)
神戸 19:00 名古屋 [ノエスタ]
浦和 19:30 FC東京 [埼玉]

第20節
10月3日(土)
札幌 14:00 仙台 [札幌ド]
C大阪 15:00 川崎F [ヤンマー]
横浜FC 16:00 柏 [ニッパツ]
広島 17:00 鳥栖 [Eスタ]
G大阪 19:00 鹿島 [パナスタ]
大分 19:00 清水 [昭和電ド]
10月4日(日)
湘南 15:00 FC東京 [BMWス]
横浜FM 16:00 神戸 [ニッパツ]
浦和 17:00 名古屋 [埼玉]

第21節
10月10日(土)
札幌 14:00 湘南 [札幌厚別]
FC東京 14:00 G大阪 [味スタ]
清水 14:00 広島 [アイスタ]
名古屋 14:00 C大阪 [パロ瑞穂]
柏 15:00 神戸 [三協F柏]
鹿島 16:00 横浜FC [カシマ]
横浜FM 16:00 大分 [ニッパツ]
川崎F 18:00 仙台 [等々力]
鳥栖 18:00 浦和 [駅スタ]

第22節
10月14日(水)
鳥栖 18:45 鹿島 [駅スタ]
仙台 19:00 横浜FC [ユアスタ]
柏 19:00 浦和 [三協F柏]
FC東京 19:00 清水 [味スタ]
G大阪 19:00 横浜FM [パナスタ]
神戸 19:00 大分 [ノエスタ]
広島 19:00 川崎F [Eスタ]
名古屋 19:30 札幌 [パロ瑞穂]
C大阪 19:30 湘南 [ヤンマー]

第23節
10月17日(土)
C大阪 15:00 横浜FM [ヤンマー]
10月18日(日)
札幌 13:00 鹿島 [札幌ド]
横浜FC 14:00 FC東京 [ニッパツ]
清水 14:00 鳥栖 [アイスタ]
大分 14:00 G大阪 [昭和電ド]
湘南 15:00 柏 [BMWス]
浦和 16:00 仙台 [埼玉]
広島 17:00 神戸 [Eスタ]
川崎F 19:00 名古屋 [等々力]

第24節
10月24日(土)
札幌 14:00 横浜FC [札幌ド]
鹿島 14:00 広島 [カシマ]
名古屋 14:00 仙台 [パロ瑞穂]
G大阪 16:00 柏 [パナスタ]
浦和 17:00 C大阪 [埼玉]
10月25日(日)
鳥栖 14:00 湘南 [駅スタ]

第25節
10月31日(土)
仙台 13:00 広島 [ユアスタ]
大分 14:00 浦和 [昭和電ド]
湘南 15:00 横浜FC [BMWス]
柏 16:00 清水 [三協F柏]
鹿島 17:00 名古屋 [カシマ]
G大阪 19:00 札幌 [パナスタ]

※11月以降のキックオフ時間、会場は10月上旬に発表される。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

9〜10月のJ1会場&KO時刻が判明! デーゲームは9月19日から、鳥栖3試合が異例の18:45開始

サガン鳥栖のホームでは18:45キックオフの試合も
 Jリーグは4日、9月から10月にかけて開催されるJ1リーグ戦のキックオフ時刻、スタジアムを発表した。サガン鳥栖はホームでのナイトゲーム3試合が異例の午後6時45分キックオフ。また札幌ドームを除くスタジアムのデーゲームは9月19日のJ1第17節からスタートする。

 新たに発表されたのは第14〜25節。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグと決勝トーナメント1回戦が10月下旬から11月初旬にかけてセントラル開催されるため、参戦しているFC東京横浜F・マリノスヴィッセル神戸はイレギュラーなスケジュールとなっている。

 11月以降のキックオフ時間、会場は10月上旬に発表される。

第24節
8月26日(水)
神戸 19:00 川崎F [ノエスタ]

第26節
8月26日(水)
FC東京 19:00 鹿島 [味スタ]

第29節
8月26日(水)
横浜FM 19:30 札幌 [日産ス]

第14節
9月5日(土)
札幌 14:00 広島 [札幌厚別]
横浜FM 18:00 川崎F [日産ス]
清水 18:00 柏 [アイスタ]
名古屋 18:00 鹿島 [豊田ス]
仙台 18:30 G大阪 [ユアスタ]
湘南 18:30 神戸 [BMWス]
大分 18:30 FC東京 [昭和電ド]
鳥栖 18:45 横浜FC [駅スタ]
C大阪 19:00 浦和 [ヤンマー]

第15節
9月9日(水)
川崎F 18:30 神戸 [等々力]
鹿島 19:00 仙台 [カシマ]
柏 19:00 G大阪 [三協F柏]
FC東京 19:00 横浜FC [味スタ]
広島 19:00 清水 [Eスタ]
大分 19:00 湘南 [昭和電ド]
浦和 19:30 鳥栖 [埼玉]
名古屋 19:30 横浜FM [パロ瑞穂]
C大阪 19:30 札幌 [ヤンマー]

第16節
9月12日(土)
清水 18:00 鹿島 [アイスタ]
神戸 19:00 FC東京 [ノエスタ]
9月13日(日)
札幌 13:05 浦和 [札幌ド]
仙台 18:00 大分 [ユアスタ]
横浜FC 18:00 名古屋 [ニッパツ]
川崎F 18:30 広島 [等々力]
鳥栖 18:45 柏 [駅スタ]
横浜FM 19:00 C大阪 [日産ス]
G大阪 19:00 湘南 [パナスタ]

第24節
9月16日(水)
FC東京 19:00 大分 [味スタ]
横浜FM 19:30 清水 [日産ス]

第25節
9月16日(水)
神戸 19:00 C大阪 [ノエスタ]

第17節
9月19日(土)
札幌 14:00 G大阪 [札幌厚別]
鳥栖 16:00 横浜FM [駅スタ]
名古屋 17:00 神戸 [豊田ス]
C大阪 18:00 鹿島 [ヤンマー]
湘南 18:30 清水 [BMWス]
柏 19:00 広島 [三協F柏]
9月20日(日)
大分 18:00 横浜FC [昭和電ド]
浦和 19:00 川崎F [埼玉]
FC東京 19:00 仙台 [味スタ]

第18節
9月23日(水)
札幌 19:00 柏 [札幌ド]
鹿島 19:00 湘南 [カシマ]
FC東京 19:00 C大阪 [味スタ]
川崎F 19:00 横浜FC [等々力]
G大阪 19:00 名古屋 [パナスタ]
神戸 19:00 鳥栖 [ノエスタ]
大分 19:00 広島 [昭和電ド]
横浜FM 19:30 仙台 [日産ス]
清水 19:30 浦和 [アイスタ]

第19節
9月26日(土)
名古屋 14:00 清水 [豊田ス]
浦和 18:00 横浜FC [埼玉]
神戸 19:00 札幌 [ノエスタ]
9月27日(日)
仙台 13:00 C大阪 [ユアスタ]
鳥栖 16:00 FC東京 [駅スタ]
鹿島 17:00 大分 [カシマ]
広島 18:00 G大阪 [Eスタ]
柏 19:00 横浜FM [三協F柏]
湘南 19:00 川崎F [BMWス]

第25節
9月30日(水)
横浜FM 19:00 鳥栖 [ニッパツ]

第29節
9月30日(水)
神戸 19:00 名古屋 [ノエスタ]
浦和 19:30 FC東京 [埼玉]

第20節
10月3日(土)
札幌 14:00 仙台 [札幌ド]
C大阪 15:00 川崎F [ヤンマー]
横浜FC 16:00 柏 [ニッパツ]
広島 17:00 鳥栖 [Eスタ]
G大阪 19:00 鹿島 [パナスタ]
大分 19:00 清水 [昭和電ド]
10月4日(日)
湘南 15:00 FC東京 [BMWス]
横浜FM 16:00 神戸 [ニッパツ]
浦和 17:00 名古屋 [埼玉]

第21節
10月10日(土)
札幌 14:00 湘南 [札幌厚別]
FC東京 14:00 G大阪 [味スタ]
清水 14:00 広島 [アイスタ]
名古屋 14:00 C大阪 [パロ瑞穂]
柏 15:00 神戸 [三協F柏]
鹿島 16:00 横浜FC [カシマ]
横浜FM 16:00 大分 [ニッパツ]
川崎F 18:00 仙台 [等々力]
鳥栖 18:00 浦和 [駅スタ]

第22節
10月14日(水)
鳥栖 18:45 鹿島 [駅スタ]
仙台 19:00 横浜FC [ユアスタ]
柏 19:00 浦和 [三協F柏]
FC東京 19:00 清水 [味スタ]
G大阪 19:00 横浜FM [パナスタ]
神戸 19:00 大分 [ノエスタ]
広島 19:00 川崎F [Eスタ]
名古屋 19:30 札幌 [パロ瑞穂]
C大阪 19:30 湘南 [ヤンマー]

第23節
10月17日(土)
C大阪 15:00 横浜FM [ヤンマー]
10月18日(日)
札幌 13:00 鹿島 [札幌ド]
横浜FC 14:00 FC東京 [ニッパツ]
清水 14:00 鳥栖 [アイスタ]
大分 14:00 G大阪 [昭和電ド]
湘南 15:00 柏 [BMWス]
浦和 16:00 仙台 [埼玉]
広島 17:00 神戸 [Eスタ]
川崎F 19:00 名古屋 [等々力]

第24節
10月24日(土)
札幌 14:00 横浜FC [札幌ド]
鹿島 14:00 広島 [カシマ]
名古屋 14:00 仙台 [パロ瑞穂]
G大阪 16:00 柏 [パナスタ]
浦和 17:00 C大阪 [埼玉]
10月25日(日)
鳥栖 14:00 湘南 [駅スタ]

第25節
10月31日(土)
仙台 13:00 広島 [ユアスタ]
大分 14:00 浦和 [昭和電ド]
湘南 15:00 横浜FC [BMWス]
柏 16:00 清水 [三協F柏]
鹿島 17:00 名古屋 [カシマ]
G大阪 19:00 札幌 [パナスタ]

※11月以降のキックオフ時間、会場は10月上旬に発表される。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

急遽中止の広島vs名古屋は11月11日に開催へ

急遽中止の広島vs名古屋は11月11日に開催へ
 Jリーグは4日、新型コロナウイルスの影響で中止となっていたJ1第7節のサンフレッチェ広島名古屋グランパス戦を11月11日(水)に開催すると発表した。

 当初は7月26日(日)に行われる予定だったが、名古屋の選手・関係者から前日に陽性反応が確認され、濃厚接触者の特定が間に合わないことから中止となっていた。キックオフ時間、スタジアムは11月以降の他の試合と同様、10月上旬に発表される。

 なお、中止となった試合のチケットはすべて払い戻しされるという。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

マンUの新ユニ柄は「エンブレムの織り糸から着想」

マンUの新ユニ柄は「エンブレムの織り糸から着想」
 マンチェスター・ユナイテッドが20-21シーズンに使用するホームユニフォームが発表になった。ユニフォームサプライヤーのアディダスによると、「エンブレムの織り糸から着想を得た独特の柄と質感を表現した」ものとなっており、「歴史や世代を越えて継承される誇りをユニークな織り模様で表現した」という。

 オーセンティックユニフォームとレプリカユニフォームの一般販売は8月28日から。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

金沢市移転の国立工芸館の名誉館長に中田英寿氏が就任へ

金沢市移転の国立工芸館の名誉館長に中田英寿氏が就任へ
 元サッカー日本代表の中田英寿氏が国立工芸館の名誉館長に就任することが分かった。

 国立工芸館は東京国立近代美術館工芸館の通称で、20年10月より石川県金沢市に移転。国内外に高い知名度と情報発信力を持つ中田氏に協力を仰いだ。中田氏は館の事業運営への助言や各種ネットワークづくり、また多方面への情報発信の強化に尽力するという。

 同館は10月24日に開館記念式典を開催し、翌25日から一般公開を開始。中田氏は10月24日付けで名誉館長に就く。

J2琉球vs甲府が無観客試合に変更! 観客入場解禁後初の措置

FC琉球のホームゲームが無観客試合に
 Jリーグは4日、今月12日にタピック県総ひやごんスタジアム(沖縄市)で開催するJ2第11節のFC琉球ヴァンフォーレ甲府戦を無観客で開催することが決まったと発表した。沖縄県では今月1日から15日にかけて、県内独自の緊急事態宣言が発令されていた。Jリーグでは7月10日の観客入場解禁後、初の無観客試合(リモートマッチ)となる。

 Jリーグによると、緊急事態宣言では「不要不急の外出自粛」「県内イベントの開催については中止、延期、規模縮小の検討」が盛り込まれている。これを受けて「リーグ内で圏内の状況および県民の皆さまの安全性を考慮のうえ検討した結果、リモートマッチでの開催を決定した」としている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

[和倉ユース]セットプレーから先制の山口U-18、桐蔭学園の反撃しのぎ完封勝利

山口U-18が1-0で逃げ切った
[8.4 和倉ユース大会準々決勝 山口U-18 1-0 桐蔭学園高 和倉多目的G(Cコート)]

 第8回和倉ユースサッカー大会2020の準々決勝が4日に行われ、レノファ山口FC U-18桐蔭学園高に1-0で勝利した。同日の準決勝で履正社高と対決する。

 グループDを2位で突破した山口U-18は前半30分に先制した。左CKからキッカーのMF林陸也(2年)がクロスを送ると、FW杉村駿介(3年)のヘディングはGKに止められるが、こぼれ球にゴール前のMF柳井敦志(3年)が反応。確実に押し込み、1-0で前半を折り返した。

 後半に入ると、グループB首位通過の桐蔭学園が徐々にチャンスを増やしていく。終盤はセットプレーから何度もゴールを脅かしたが、相手の体を張った守備を崩し切れず。耐えた山口U-18が辛くも逃げ切り、ベスト4に駒を進めた。

▼関連リンク
第8回和倉ユースサッカー大会2020特設ページ

相模原の三浦監督が2試合出場停止に…鹿児島戦の終了後に「きわめてスポーツマンらしくない行為」

 Jリーグは4日、出場停止処分の内容を発表した。SC相模原三浦文丈監督は、2日のJ3第8節・鹿児島ユナイテッドFC戦で退場しており、2試合のベンチ入り停止処分となっている。

 三浦監督はJ3第8節・鹿児島戦(○2-1)の試合終了後に退場処分に。Jリーグは「テクニカルエリアに置いてある飲料ボトルを蹴り飛ばし、さらに別のボトルを第4の審判員が居る方向へ投げ飛ばした行為」をしていたことを説明した。「審判員の判定に対する執拗な抗議」および「その他、きわめてスポーツマンらしくない行為」に該当すると判断を下し、2試合の出場停止処分としている。

 三浦監督の出場停止が該当する試合は、今月10日のJ3第9節・カターレ富山戦と、15日の第10節・FC岐阜戦になる。

 また、鹿島アントラーズのMF松村優太栃木SCのFWエスクデロ競飛王、いわてグルージャ盛岡のFW岸田和人はそれぞれ1試合の出場停止となっている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

相模原の三浦監督が2試合出場停止に…鹿児島戦の終了後に「きわめてスポーツマンらしくない行為」

 Jリーグは4日、出場停止処分の内容を発表した。SC相模原三浦文丈監督は、2日のJ3第8節・鹿児島ユナイテッドFC戦で退場しており、2試合のベンチ入り停止処分となっている。

 三浦監督はJ3第8節・鹿児島戦(○2-1)の試合終了後に退場処分に。Jリーグは「テクニカルエリアに置いてある飲料ボトルを蹴り飛ばし、さらに別のボトルを第4の審判員が居る方向へ投げ飛ばした行為」をしていたことを説明した。「審判員の判定に対する執拗な抗議」および「その他、きわめてスポーツマンらしくない行為」に該当すると判断を下し、2試合の出場停止処分としている。

 三浦監督の出場停止が該当する試合は、今月10日のJ3第9節・カターレ富山戦と、15日の第10節・FC岐阜戦になる。

 また、鹿島アントラーズのMF松村優太栃木SCのFWエスクデロ競飛王、いわてグルージャ盛岡のFW岸田和人はそれぞれ1試合の出場停止となっている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

長崎DF米田隼也が結婚「より一層責任感を持ち、チームのJ1昇格に貢献します」

DF米田隼也が結婚を発表
 V・ファーレン長崎は4日、DF米田隼也(24)が6月12日に一般女性と結婚したことを発表した。

 米田は静岡学園高から順天堂大を経て、2018年に長崎に加入。今季はJ2リーグで6試合1得点を記録している。

 クラブ公式サイトを通じ、米田は「これからの人生をともに歩むパートナーと、温かく幸せな家庭を築いていきたいと思っています。そして、より一層責任感を持ち、チームのJ1昇格に貢献します。これからも応援よろしくお願いします!」と伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

長崎DF米田隼也が結婚「より一層責任感を持ち、チームのJ1昇格に貢献します」

DF米田隼也が結婚を発表
 V・ファーレン長崎は4日、DF米田隼也(24)が6月12日に一般女性と結婚したことを発表した。

 米田は静岡学園高から順天堂大を経て、2018年に長崎に加入。今季はJ2リーグで6試合1得点を記録している。

 クラブ公式サイトを通じ、米田は「これからの人生をともに歩むパートナーと、温かく幸せな家庭を築いていきたいと思っています。そして、より一層責任感を持ち、チームのJ1昇格に貢献します。これからも応援よろしくお願いします!」と伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

[和倉ユース]粘る旭川実を振り切る! 日大藤沢が乱打戦を制して青森山田の待つ4強へ

日大藤沢高が4-2で勝利
[8.4 和倉ユース大会準々決勝 旭川実高2-4日大藤沢高 和倉多目的G(Cコート)]

 第8回和倉ユースサッカー大会2020の準々決勝が4日に行われた。和倉多目的グラウンド(Cコート)では日大藤沢高旭川実高が対戦。日大藤沢が4-2で乱打戦を制した。準決勝は同日に開催され、和倉多目的グラウンド(Aコート)で青森山田高と対決する。

 グループDを首位で通過した日大藤沢。前半3分にMF猪狩祐真(3年)が個人技から右足のシュートを流し込み、幸先よく先制する。後半4分に旭川実のMF河合駿樹(3年)に同点弾を奪われるが、直後にDF松本遼成(3年)が強烈なミドルシュートを決め、2-1と勝ち越しに成功した。

 旭川実高も粘り、後半6分にゴール前の浮き球をFW渡邊啓吾(3年)が押し込み、再びスコアをタイに戻す。しかし同20分、途中出場DF纐纈創大(3年)の得点が生まれて3-2とリード。同24分にはMF斉藤夏(3年)が直接FKで4点目を奪い、勝利を決定づけた。

▼関連リンク
第8回和倉ユースサッカー大会2020特設ページ

[和倉ユース]失点直後にCB舩田決勝点!履正社が帝京大可児に競り勝つ!

決勝点の履正社高CB舩田陸人(18番)は守備でも奮闘
 第8回和倉ユースサッカー大会2020は4日、準々決勝を行い、帝京大可児高(岐阜)対履正社高(大阪)戦は履正社が2-1で競り勝った。

 序盤から履正社が相手に圧力をかける。前半3分にはMF平岡大陽(3年)のスルーパスからFW宮路峻輔(3年)が右足で先制点を奪う。その後も履正社はFW李晃輝(3年)を中心に2点目のゴールを狙う。

 だが、帝京大可児はボールを支配する時間を増やし、突破力秀でたFW大森涼(3年)やMF鈴木淳之介(2年)がシュートに持ち込んでいく。そして後半21分には左サイドから切れ込んだSB高橋宏弥(3年)が右足シュートをねじ込んで同点。だが履正社は24分、右SB菅澤烈(3年)の左FKをCB舩田陸人(3年)が鮮やかに合わせて2-1で勝利した。

 履正社は4日午後の準決勝でレノファ山口FC U-18(山口)と対戦する。


▼関連リンク
第8回和倉ユースサッカー大会2020特設ページ
●【特設】高校選手権2020

急逝から丸9年…横浜FMが故・松田直樹のスペシャルムービー公開「甘え上手で憎めない性格だった」

2011年8月4日に亡くなった元日本代表DF松田直樹さん
 横浜F・マリノスは4日、元日本代表DF松田直樹さんのスペシャルムービーを公開した。松田さんは2011年8月4日、猛暑の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、34歳の若さで急逝した。

 前橋育英高を卒業後、1995年から横浜マリノス(現・横浜FM)に加入した。2003年、04年にはキャプテンとしてJリーグ連覇に貢献。世代別代表にも選ばれ、アトランタオリンピックには当時の日本サッカー史上最年少の19歳4か月で出場。02年の日韓ワールドカップではフラットスリーの一角としてベスト16進出を成し遂げた。

 16年間を横浜FM一筋でプレーしたが、10年に退団。11年には当時JFLに所属していた松本山雅FCに加入した。しかし同年8月2日の練習中に倒れ、その2日後に34歳の若さでこの世を去った。

 横浜FMが公開した動画には、元チームメートの川口能活氏や波戸康広氏、那須大亮氏、坂田大輔氏、栗原勇蔵氏、横浜FMのMF水沼宏太が登場。それぞれが思い出話を語っている。

 川口は「本当に素晴らしい能力を兼ね備えていて、彼の能力に嫉妬していたときもありました」と振り返る。その内面についても「甘え上手なところもあって、憎めない性格でした」と思い出しながら笑みを浮かべた。

 どの人物も口にするのは、そのプレースタイルを表す豪快な性格と、ピッチ外での優しい一面。18年に現役を引退した川口は「マツが生きていたら相談したかった」とも。「相談したときにどういう言葉をかけてくれるかなとすごく思うところもあります」と語っている。

以下、スペシャルムービー「#FOREVER3 松田直樹を忘れない 2011.8.4」
https://youtu.be/PrzpmkZZ3Po


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

急逝から丸9年…横浜FMが故・松田直樹のスペシャルムービー公開「甘え上手で憎めない性格だった」

2011年8月4日に亡くなった元日本代表DF松田直樹さん
 横浜F・マリノスは4日、元日本代表DF松田直樹さんのスペシャルムービーを公開した。松田さんは2011年8月4日、猛暑の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、34歳の若さで急逝した。

 前橋育英高を卒業後、1995年から横浜マリノス(現・横浜FM)に加入した。2003年、04年にはキャプテンとしてJリーグ連覇に貢献。世代別代表にも選ばれ、アトランタオリンピックには当時の日本サッカー史上最年少の19歳4か月で出場。02年の日韓ワールドカップではフラットスリーの一角としてベスト16進出を成し遂げた。

 16年間を横浜FM一筋でプレーしたが、10年に退団。11年には当時JFLに所属していた松本山雅FCに加入した。しかし同年8月2日の練習中に倒れ、その2日後に34歳の若さでこの世を去った。

 横浜FMが公開した動画には、元チームメートの川口能活氏や波戸康広氏、那須大亮氏、坂田大輔氏、栗原勇蔵氏、横浜FMのMF水沼宏太が登場。それぞれが思い出話を語っている。

 川口は「本当に素晴らしい能力を兼ね備えていて、彼の能力に嫉妬していたときもありました」と振り返る。その内面についても「甘え上手なところもあって、憎めない性格でした」と思い出しながら笑みを浮かべた。

 どの人物も口にするのは、そのプレースタイルを表す豪快な性格と、ピッチ外での優しい一面。18年に現役を引退した川口は「マツが生きていたら相談したかった」とも。「相談したときにどういう言葉をかけてくれるかなとすごく思うところもあります」と語っている。

以下、スペシャルムービー「#FOREVER3 松田直樹を忘れない 2011.8.4」
https://youtu.be/PrzpmkZZ3Po


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

[和倉ユース]青森山田が東山振り切り、準決勝へ

青森山田高CB藤原優大が相手の攻撃を跳ね返す
 第8回和倉ユースサッカー大会2020は4日、準々決勝を行い、青森山田高(青森)対東山高(京都)戦は青森山田が1-0で勝った。

 序盤から青森山田が主導権を握り、サイド攻撃でプレッシャーをかけるが、東山はDF野澤勇夫(3年)らが大きく跳ね返して、カウンターへ持ち込むシーンも。だが、青森山田は後半立ち上がり、左サイドのMF内間隼介(3年)からパスを受けたMF安斎颯馬(3年)が先制点を奪う。

 青森山田はその後も相手にチャンスらしいチャンスを作らせずに1-0で勝利。青森山田は4日午後の準決勝で日大藤沢高(神奈川)と対戦する。
▼関連リンク
第8回和倉ユースサッカー大会2020特設ページ
●【特設】高校選手権2020

[和倉ユース]青森山田が東山振り切り、準決勝へ

青森山田高CB藤原優大が相手の攻撃を跳ね返す
 第8回和倉ユースサッカー大会2020は4日、準々決勝を行い、青森山田高(青森)対東山高(京都)戦は青森山田が1-0で勝った。

 序盤から青森山田が主導権を握り、サイド攻撃でプレッシャーをかけるが、東山はDF野澤勇夫(3年)らが大きく跳ね返して、カウンターへ持ち込むシーンも。だが、青森山田は後半立ち上がり、左サイドのMF内間隼介(3年)からパスを受けたMF安斎颯馬(3年)が先制点を奪う。

 青森山田はその後も相手にチャンスらしいチャンスを作らせずに1-0で勝利。青森山田は4日午後の準決勝で日大藤沢高(神奈川)と対戦する。
▼関連リンク
第8回和倉ユースサッカー大会2020特設ページ
●【特設】高校選手権2020

レワンドフスキが恩師クロップの素顔を明かす「2つの顔がある」

ユルゲン・クロップ監督には2つの顔がある
 リバプールにプレミアリーグ優勝をもたらしたユルゲン・クロップ監督には、2つの顔がある。かつてドルトムントでともに戦ったFWロベルト・レワンドフスキが語った。3日、英『ESPN』が伝えている。

 クロップ監督は2008年から15年までドルトムントで指揮を執り、2度のブンデスリーガ優勝を達成。15年秋にリバプールの監督に就任すると、着実にチームを活性化。2017-18シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は準優勝に、そして翌年の欧州CLでは14年ぶりの優勝を成し遂げた。その勢いは落ちることなく、今季は30年ぶりのリーグタイトル獲得に至っている。

 バイエルンのエースとして君臨するレワンドフスキは、ドルトムント所属時に4シーズン間をクロップ監督と過ごした。インタビューで好きな監督を聞かれた31歳のポーランド代表FWは「ユルゲン・クロップ、それからペップ・グアルディオラだ。100%ね」と2人の恩師の名前を挙げている。

 クロップ監督の内面について、レワンドフスキは「彼には2つの顔がある。父親のような顔と、監督としての顔だ。彼はなんでも話してくれる。良い面だけではなく、悪い面についてもね」とその素顔を明かしている。

「選手にとっても、彼は大きなモチベーションとなっている。彼はこの点において完璧だ。なぜなら、どこまで選手を後押しするべきなのか、その線引きを心得ているからだ」

「監督としての彼のパフォーマンスは驚くべきものだ。だけど監督としてだけでなく、人間としてもすばらしい」

●ブンデスリーガ2019-20特集

新潟、今季加入のFWファビオが靭帯損傷…チームトップタイ4得点を記録

FWファビオが負傷
[故障者情報]

 アルビレックス新潟は4日、FWファビオ(23)が負傷したことを発表した。

 ファビオは7月29日のJ2第8節・東京V戦で負傷。診断の結果、右足関節外側靭帯の損傷と判明した。全治は受傷後約4週間から6週間になるという。

 ファビオは今季加入のブラジル人FW。開幕節から全8試合に出場し、チームトップタイの4得点を挙げていた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

部活生に最適なスパイク情報を届けるオンラインストア「ゲキサカFC STORE」がオープン!!

部活生に最適なスパイク情報を届けるオンラインストア「ゲキサカFC STORE」がオープン!!
 ゲキサカは各種ブランドの新作スパイクからバリエーション豊かなサッカーアイテムまで取りそろえた国内サッカーメディア史上初のサッカースパイク専門オンラインストア『ゲキサカFC STORE』を7月28日にオープンしました。

 どのシューズが本当に自分に合っているのか。このシューズのここが好き、などシューズやサッカーギアへの悩みやこだわりは人それぞれ。いつでも部活生に向き合ってきたゲキサカだからこそ、どのブランドにも肩入れせず、メディアとして公平な目線で的確なサッカーギアに関する情報を届け、それぞれのサッカープレーヤーに合ったギアを提案するという使命を果たしていきます。


ゲキサカFC STORE 3つの注目ポイント

スパイクの豊富な品揃えと
メディアならではの情報コンテンツ


 スパイク主要9ブランド、24モデル全てをメディアとして公平な目線で比較紹介し、的確な情報を提供いたします。


スパイクマイスターKoheiによる
スパイク着用レビュー


 スパイクマイスターKoheiが各スパイクの履き心地やその特徴などをわかりやすく解説したレビュー付き。サイトに訪れればスパイクの特徴を理解でき、自分に合ったスパイクを選ぶことができます。


ゲキサカオリジナル
「スパイク診断」プログラム


 延べ1000足以上のサッカースパイクを保有してきたスパイクマイスターKoheiが監修する「スパイク診断」プログラム。膨大なスパイクデータをベースにスパイクのマッチ率を算出。今履いているスパイクがベストなのか? ホントに合うスパイクはどれなのか? 『ゲキサカFC STORE』が「本当に知りたいサッカースパイクのこと」を教えます。



■スパイクマイスター Kohei
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレーヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレーヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

ゲキサカFC STOREはこちらから!!

[和倉ユース]鵬学園は矢板中央の猛攻に耐えるも、勝機逸してグループ3位。悔しさを進化の糧に

前半29分、鵬学園高MF判治海斗がGKをかわして先制点
[8.3 和倉ユース大会予選リーグ 矢板中央高 1-1 鵬学園高 和倉多目的G(Aコート)]

 3日、第8回和倉ユースサッカー大会2020予選リーグ最終節が行われ、グループDで矢板中央高(栃木)と鵬学園高(石川)が対戦。1-1で引き分けた。勝てば2位浮上と決勝トーナメント進出を決めることができた鵬学園だが、得失点差でレノファ山口FC U-18(山口)を上回ることができず、グループ3位に終わっている。

 1月の全国高校選手権で3度目となる3位に入った矢板中央と、同大会でV候補の一角・京都橘高(京都)を破ってベスト16入りした鵬学園との一戦。両校は同選手権の3回戦で対戦し、2-0で矢板中央が勝利している。前半はリベンジに燃える鵬学園が両翼の攻撃力を活かしてゴールへ迫った。

 今大会を通じて好調だという俊足MF判治海斗(3年)と技巧派レフティーMF鈴木嶺騎(3年)の両ワイドが得意の仕掛けでチャンスを作り出す。そして、前半29分にはGK藤原洸生(3年)のゴールキックを起点にFW佐藤瑠哉(3年)のスルーパスで判治が抜け出す。そして、GKを左側からかわして先制点を流し込んだ。判治は「前に出たボールならばスピードで行けると思っていたので、落ち着いてGK外して最後は流し込めたので良かったです」。決勝トーナメント進出へ貴重な1点を挙げた。
 
 対する矢板中央は主将のDF坂本龍汰(3年)や大型ボランチMF新倉礼偉(3年)、日本高校選抜候補GK藤井陽登(2年)が不在。前半はCB島崎勝也(2年)中心に相手の攻撃を跳ね返し、サイドからのクロスや右SB小出勇翔(2年)のロングスローから攻めていたが、0-1で前半を折り返した。

 ここまで2敗の矢板中央は後半、非常に気持ちの入った攻撃。高橋健二監督の檄を後押しにクロス、セットプレーから身体を投げ出してゴールをもぎ取ろうとする。そして7分、MF升田大誠(3年)の右CKをMF大畑凜生(2年)が頭で合わせて同点。その後も升田の右クロスからFW多田圭佑(3年)が放った決定的なシュートや、左SB木村匠汰(1年)のロングスローなどで勝ち越し点を狙う。

 だが、鵬学園もGK藤原の好守が見せたほか、1年生の大型CB八十島陸翔が矢板中央得意のエアバトルで渡り合う。シュートブロックの部分でも健闘していた八十島やCB内山仁(3年)中心にゴール前で粘り、攻撃に繋げた。

 そして、試合終盤には判治のラストパスから鈴木が決定機を迎え、右サイドを突破したMF佐々木優太(2年)のドリブルシュートがゴール前を横切る。勝ち越しのチャンスを作ったものの、歓喜を呼び寄せることはできなかった。

 引き分けて決勝トーナメント進出を逃した鵬学園の赤地信彦監督は、ここで青森山田高のような「奪い切る強さ」「勝ち切る強さ」の不足を指摘。一方で選手たちがこの悔しさをバネに一回り、二回り成長してくれることを期待していた。

 判治は「(矢板中央には)去年も負けて選手権で。絶対に勝ちたかった。(和倉ユース大会は)全国から強豪が来ると聞いていて、総体がなくなって『総体の代わりだ』と赤地先生にも言われていたので気合入れてやっていました。チーム全体で失点の前のプレーとか締めていければ勝てたと思う。そういうところがまだ弱かったので、選手権までに直していきたいです」。今大会のベスト8との差を埋めて、選手権ではまず全国大会への連続出場を果たすこと。そこでベスト8、ベスト4以上へ挑戦する。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
第8回和倉ユースサッカー大会2020特設ページ
●【特設】高校選手権2020

[和倉ユース]トップ同様攻撃サッカー表現する山口U-18、課題改善して決勝Tでもゴール量産へ

レノファ山口FC U-18の攻撃を牽引したFW杉村駿介
[8.3 和倉ユース大会予選リーグ 山口U-18 1-1 日大藤沢高 和倉多目的G(Cコート)]

 レノファ山口FC U-18はグループDで2位に入り、決勝トーナメント進出を果たした。かつて浦和や平塚でプレーし、指導者としても桐蔭学園高(神奈川)をインターハイ優勝へ導いている山本富士雄監督が就任してから2年目。トップチームへ送り出した高校2年生FW河野孝汰がJ2最年少ゴールを記録するなどアカデミーも注目を集めている中、和倉ユース大会でも存在感のある戦いを見せている。

 山本監督とトップチームの霜田正浩監督は同学年。「トップとアカデミーを繋げて、一緒のプレーモデルでやっていこうと話しています」(山本監督)というように、今大会ではトップチーム同様の攻撃サッカーを表現している。

 全国高校選手権4強の矢板中央高(栃木)との初戦では、30分ハーフながらも大量7得点。攻撃力の高さを見せつけた。だが、続く鵬学園高(石川)戦は同じように多くのチャンスを作りながらもPK失敗など最後の精度を欠いてしまい、1-3で敗れてしまう。

 この日の日大藤沢高(神奈川)戦も前半に押し込まれ、後半に9分に先制点を奪われたものの、その後は両サイドからの攻撃を増加。「(この2年で)足も速くなったと思いますし、トップチームの練習に参加させて頂いて、技術の面でもフィジカルの面でも差を感じたので練習で突き詰めてやっていけていたので成長できたと思います」というFW杉村駿介(3年)とFW松原翔太(3年)の仕掛けなどからゴールへ迫った。

 そして0-1の後半22分、交代出場のMF原⽥幹太(1年)が獲得したPKを右SB吉田光(3年)が右足で決めて同点に追いつく。だが、その後も存在感ある動きを続けた杉村のカットインシュートやFW上村音生(1年)の突破などから決定的なシーンを作り出したが、2点目を奪うことができず。1-1で引き分けた。勝ちきれず、2位キープが危ぶまれたものの、2位を争う鵬学園が矢板中央と引き分け。山口U-18が得失点差でグループ2位を守り、決勝トーナメント進出を決めた。

 チームは山口県1部リーグに所属。今年、DF伊東稜晟がU-18出身選手として初のトップチーム昇格を果たし、年代別日本代表常連の河野がトップチームでブレイクするなど才能が現れ始めているが、チームとして全国優勝を争ったり、継続してトップチームに選手を輩出していくのはこれからだ。

 それでも、山本監督は「ちょっとずつ改善していければ面白い」と期待。プレミアリーグ勢やプリンスリーグ勢が出場している今回の和倉ユース大会で旋風を巻き起こすか。杉村は「自分たちのストロングポイントは両サイドだと思う。矢板の時は7得点取れたんですけれども、鵬学園戦と今回の日大藤沢戦は1得点しか取れていないので、課題を改善していければ良いと思っています」。準々決勝は山本監督がかつて率いた強豪・桐蔭学園と対戦。U-18チームでの日常やトップチームへ練習参加した際に一本一本へこだわって取り組んでいる選手たちが、強豪との対戦でも質を発揮し、ゴールを連発する。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
第8回和倉ユースサッカー大会2020特設ページ
●【特設】高校選手権2020

横浜FMの大卒ルーキーGKオビ・パウエル・オビンナが栃木にレンタル「本当にこのクラブが大好きです」

 横浜F・マリノスは4日、GKオビ・パウエル・オビンナが栃木SCに育成型期限付き移籍をしたことを発表した。期間は2021年1月31日まで。

 オビは流通経済大を昨年卒業した大卒ルーキー。今季は公式戦の出場はまだなかった。クラブ公式サイトを通じ、「今シーズンから加入した身ではありますが、本当にこのクラブが大好きです。だからこそ、この決断に至りました。成長してF・マリノスの力になれるよう頑張ってきます。F・マリノスファミリーの皆さん、行ってきます!」とコメントしている。

 栃木は先月30日にGK塩田仁史が右尺骨を亀裂骨折。全治約4週間から6週間とされている。

以下、オビのプロフィール
●GKオビ・パウエル・オビンナ
(OBI Powell Obinna)
■生年月日
1997年12月18日(21歳)
■身長/体重
193cm/87kg
■出身地
埼玉県
■経歴
JFA福島U-15-JFA福島U-18-流通経済大

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

新型コロナ禍の影響を受けたリーガ最下位エスパニョール、2部降格取り消しを訴える

エスパニョールは今季最下位で2部降格が決定
 エスパニョールは3日、公式サイト上で今季の2部降格を取り消すように訴えている。同クラブは今季最下位でシーズンを終了となっていた。

 今季最下位のエスパニョールはシーズン再開初戦で白星を挙げたものの、その後は10試合で8敗2分と負け越し。残留圏内の17位セルタとは勝ち点12差がつき、降格が決まっていた。同クラブは今シーズンに関して、新型コロナウイルスの影響を受けたことで公平性が保たれなかったことを主張している。

 新型コロナ禍で通常の試合開催を妨げられ、経済的にも大ダメージ。エスパニョールは、さらに2部降格の憂き目に遭うことに納得していないようだ。

 リーガ・エスパニョーラでは今シーズンに18位レガネス、19位マジョルカ、最下位エスパニョールが降格。2部は首位ウエスカ、2位カディスの昇格が決定。残り1枠の昇格プレーオフは今月5日から開催される。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

[MOM3177]日大藤沢MF猪狩祐真(3年)_川崎F U-15出身。「誰にも止めて・蹴るは負けない」を表現

[MOM3177]日大藤沢MF猪狩祐真(3年)_川崎F U-15出身。「誰にも止めて・蹴るは負けない」を表現
[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[8.3 和倉ユース大会予選リーグ 山口U-18 1-1 日大藤沢高 和倉多目的G(Cコート)]

 日大藤沢高はJクラブが関心を寄せる超大型FW鈴木輪太朗イブラヒーム(3年)が怪我で不在。だが、他の選手たちが「ワディ(鈴木) に全部持っていかれるのは悔しい」と奮闘し、予選リーグを首位通過した。

 特にインパクトある動きを見せているのが、MF猪狩祐真(3年)だ。ライバル校の指導者も印象に残った選手として「日藤の14番」を挙げていたが、クオリティの高い動きでチームを牽引している。

「高1から高3まで『誰にも止めて・蹴るは負けない』という意識でやっています。試合では周りと違いを出せるようにやっています」と猪狩。身長は160cm代と小柄だが、川崎F U-15出身でボールを止めることへのこだわりが特に強いMFは思うようにボールを止め、相手の足も止め、スルーパスやドリブル、シュートへ持ち込んでしまう。

 この日も止める・蹴るの精度の高さを発揮した。前半からスルーパスなどでチャンスの起点になり続け、ゴール前へ飛び出す動きから決定的なシュート。佐藤輝勝監督が「こだわりをもってやってくれている。昨年の悔しさが彼を伸ばしている」というMFは、存在感のある動きでチームのグループ首位死守に貢献した。

 昨年は選手権予選直前に鎖骨を骨折。国体神奈川県選抜に選ばれていたが、欠場することとなり、選手権予選も出場することができなかった。だが、「辛い時期だったんですけれども、そこでいかに自分と向き合っていけるかが、怪我が明けた時のパフォーマンスにも繋がる」と前向きに取り組んだ猪狩は佐藤監督に努力を認められる形で選手権全国大会の仙台育英高戦で途中出場。チームは敗れたものの、選手権を経験して今シーズンを迎えている。

 昨年までは味方を活かすことに重きを置いてプレーしていたが、今年は「自分でも取りに行ける選手にならないといけない。味方も活かして自分でも行ける選手にならなければいけない」と変化。この日は決定的なシーンに顔を出しながら焦りがあって決め切ることができなかった。だが、4日から始まる決勝トーナメントでは、こだわって自身のゴールでチームを勝たせる。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
第8回和倉ユースサッカー大会2020特設ページ
●【特設】高校選手権2020

[和倉ユース] 山口U-18とドロー。先輩たちの姿勢受け継ぐ日大藤沢が無敗でグループ首位通過

後半9分、日大藤沢高の左SB栗原丈が右足で先制ゴール
[8.3 和倉ユース大会予選リーグ 山口U-18 1-1 日大藤沢高 和倉多目的G(Cコート)]

 3日、第8回和倉ユースサッカー大会2020予選リーグ最終節が行われ、グループDの首位・日大藤沢高(神奈川)と2位・レノファ山口FC U-18(山口)が激突。1-1で引き分けた。日大藤沢は2勝1分の1位で決勝トーナメント進出。山口U-18も1勝1分1敗で並んだ鵬学園高(石川)を得失点差で上回り、2位で予選リーグ通過を決めている。

 昨年度の選手権神奈川県予選でインターハイ王者・桐光学園高を破り、全国でも16強入りした日大藤沢と、11年インターハイで桐蔭学園高(神奈川)を日本一へ導いた山本富士雄監督の下で新たなスタートを切っている山口U-18との一戦。序盤から攻め合った結果、互いに決勝トーナメントへのチケットを獲得した。

 前半、日大藤沢は正確なボールタッチとパスが光るMF猪狩祐真(3年) やMF斉藤夏(3年)、MF植木颯(2年)を中心にワイドを活用した戦い。右SB松本遼成(3年)と左SB栗原丈(3年)がウイングプレーヤーのように攻撃にかかわり、ゴール前のシーンを作り出していく。

 相手を押し込み、栗原の突破から猪狩が決定機を迎えるなど攻めたが、負けられない山口U-18もGK紫垣慈瑛(2年)やCB山邊樹(3年)、CB⼤出⽂哉(3年)が執念の守り。得点を許さない。山口U-18も左SB木村裕貴(3年)のクロスからFW杉村駿介(3年)が左足シュートへ持ち込むなど攻め返していた。

 スコアは後半9分に動いた。日大藤沢は植木の展開から左サイドで前を向いた栗原がドリブルで仕掛ける。カットインから右足を振り抜くと、ニアサイドを狙った一撃がゴールを破った。元々アタッカーながら左SBを務めている栗原は「(日大藤沢は戦術上SBが)高く取れるんで攻撃は楽しいです。あそこは1対1で自分の得意な形なので、ゴールできて良かったです」。昨年の吉本武(現関西大)や過去には中村帆高(現FC東京)ら攻撃力の高いSBを輩出している日大藤沢がSB栗原のゴールで先制した。

 予選リーグ初戦で矢板中央高(栃木)から7得点を奪うなど攻撃力高い山口U-18も後半、チャンスの数を大きく増やして見せる。相手のプレッシャーを細かなパス交換などで剥がし、MF柳井敦志(3年)らが大きな展開。そして、トップチームでJ2最年少ゴールを記録した大器FW河野孝汰(2年)の活躍に刺激を受ける杉村が左サイドで違いを生み出し、カットインからのシュートやクロスで決定機を作り出す。

 チャンスを活かせない時間帯が続いたものの22分、敵陣での奪い返しから杉村がスルーパス。投入されたばかりのMF原⽥幹太(1年)がPAで粘ってPKを獲得する。これをキッカーの右SB吉田光(3年)が右足で決めて同点。その後、互いに勝ち越し点を狙って攻め合い、決定機を作った。日大藤沢はピンチが続いていたものの、CB宮川歩己主将(3年)やGK濵中英太郎(3年)を中心に身体を張ってゴールを死守。首位を守った。

 日大藤沢の3年生は、チームの練習姿勢を変えたと言われる昨年の3年生たちの姿を目の当たりにしていた世代だ。新型コロナウイルス感染拡大の影響によって満足にトレーニングができていた訳ではないが、先輩たちの姿勢を受け継ぐ宮川や斉藤、濱中といった3年生たちが「自覚を持って取り組んでくれている。言ったからにはやらなければいけない。その言葉に責任を持ってトレーニングの質を高くしてくれている」(佐藤輝勝監督)。個々の意識の高さ、日常に取り組む姿勢が、和倉ユースでの結果にも繋がっているようだ。

 昨年のチームは選手権3回戦でPK戦の末に敗れ、目標の日本一を達成することができなかった。栗原は「キャプテン中心にチームで取り組むことができています。目標が日本一は変わらないので、日々の練習から声を掛け合ってこだわってやっていきたいです」と宣言。和倉ユース大会で1試合でも多くの厳しい試合を経験し、課題を持ち帰って目標達成に繋げる。

後半9分、日大藤沢高の左SB栗原丈が先制点を喜ぶ


(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
第8回和倉ユースサッカー大会2020特設ページ
●【特設】高校選手権2020

コロナ禍の新基準に…相手選手や審判に“咳”をしたらレッドカード、偶然の場合は処分なし

コロナ禍の新基準に…相手選手や審判に“咳”をしたらレッドカード、偶然の場合は処分なし
 他の選手やマッチオフィシャルに対して、故意に咳をした場合、レッドカードが提示される可能性がある。3日、英『BBC』が伝えている。

 新型コロナウイルスの猛威は収まりを見せず、サッカー界も大きな影響を受けた。“咳をする”という行為自体は自然なものだが、人によっては感染を意識してしまい、敏感に反応せざるを得ないご時勢に。それはピッチの上でも同様で、試合中の悪意のある咳に対しては、厳しく罰せられることになりそうだ。

 国際サッカー評議会(IFAB)は3日、他選手やオフィシャルに対して故意に咳をする行為が「攻撃的、侮辱的、虐待的な言葉やジェスチャーの使用」に該当すると伝えた。明らかな偶然や、ある程度の距離が取られた場合の咳は該当せず、明らかに攻撃的な姿勢が認められると主審が判断した場合にレッドカードが提示される。

 イングランドサッカー協会(FA)も同様の内容で声明を発表。「退場に値するほどに深刻な行為でなかった場合は、非スポーツマン的行為として警告になる」と伝えている。あくまで日常的な咳を罰することはなく、相手に対して明らかに攻撃的な姿勢が認められた場合に限るという。

 今回の決定に関しては、書面でのガイダンスはなく、プレミアリーグなどでは審判の裁量に委ねられている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

コロナ禍の新基準に…相手選手や審判に“咳”をしたらレッドカード、偶然の場合は処分なし

コロナ禍の新基準に…相手選手や審判に“咳”をしたらレッドカード、偶然の場合は処分なし
 他の選手やマッチオフィシャルに対して、故意に咳をした場合、レッドカードが提示される可能性がある。3日、英『BBC』が伝えている。

 新型コロナウイルスの猛威は収まりを見せず、サッカー界も大きな影響を受けた。“咳をする”という行為自体は自然なものだが、人によっては感染を意識してしまい、敏感に反応せざるを得ないご時勢に。それはピッチの上でも同様で、試合中の悪意のある咳に対しては、厳しく罰せられることになりそうだ。

 国際サッカー評議会(IFAB)は3日、他選手やオフィシャルに対して故意に咳をする行為が「攻撃的、侮辱的、虐待的な言葉やジェスチャーの使用」に該当すると伝えた。明らかな偶然や、ある程度の距離が取られた場合の咳は該当せず、明らかに攻撃的な姿勢が認められると主審が判断した場合にレッドカードが提示される。

 イングランドサッカー協会(FA)も同様の内容で声明を発表。「退場に値するほどに深刻な行為でなかった場合は、非スポーツマン的行為として警告になる」と伝えている。あくまで日常的な咳を罰することはなく、相手に対して明らかに攻撃的な姿勢が認められた場合に限るという。

 今回の決定に関しては、書面でのガイダンスはなく、プレミアリーグなどでは審判の裁量に委ねられている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

20-21シーズンのセリエAは9月19日開幕…最終節は来年5月23日

セリエAの新シーズンは9月19日に開幕
 セリエAは3日、2020-21シーズンのリーグ戦が9月19日に開幕することを発表した。21年5月23日に最終節を迎える予定。

 今シーズンのセリエAは今月2日に閉幕し、ユベントスの9連覇となった。8月には欧州カップ戦の決勝トーナメントが控えており、上位陣はインテルとローマがヨーロッパリーグ(EL)に、ユベントスとナポリ、アタランタがUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)にそれぞれ挑む。ELの決勝は21日に、欧州CLは23日に行われる。

 欧州リーグはそれと並行しながら8月、9月に新シーズンを開幕する。フランス・リーグアンは今月22日にいち早くスタート。9月12日にイングランド・プレミアリーグとスペインのリーガ・エスパニョーラが始まる。18日にはブンデスリーガが、19日にセリエAが開幕する。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

20-21シーズンのセリエAは9月19日開幕…最終節は来年5月23日

セリエAの新シーズンは9月19日に開幕
 セリエAは3日、2020-21シーズンのリーグ戦が9月19日に開幕することを発表した。21年5月23日に最終節を迎える予定。

 今シーズンのセリエAは今月2日に閉幕し、ユベントスの9連覇となった。上位陣はインテルとローマがヨーロッパリーグ(EL)に、ユベントスとナポリ、アタランタがUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)にそれぞれ挑んでいく。ELの決勝は21日に、欧州CLは23日に行われる。

 欧州リーグはそれと並行しながら8月、9月に新シーズンを開幕する。フランス・リーグアンは今月22日にいち早くスタート。9月12日にイングランド・プレミアリーグとスペインのリーガ・エスパニョーラが始まる。18日にはブンデスリーガが、19日にセリエAが開幕する。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

[8月4日 今日のバースデー]

Japan
DF大野和成(湘南、1989)*当たり負けしないフィジカルに加え、空中戦の強さや読みの鋭さも備えるDF。
MF河井陽介(清水、1989)*攻守にわたって安定したパフォーマンスを見せ、プレーエリアも広いMF。
FW高木彰人(松本、1997)*スピードを生かしたドリブルが持ち味のFW。
FWイスマイラ(福島、1998、ナイジェリア)*188cmの長身ストライカー。元U-17ナイジェリア代表。
FW北島祐二(福岡、2000)*小柄ながらフィジカルが強く、突破力を武器とするアタッカー。
FW櫻川ソロモン(千葉、2001)*千葉U-18出身。190㎝の大型FW。U-19日本代表候補。

World
MFアントニオ・バレンシア(キト、1985、エクアドル)*エクアドル代表のサイドアタッカー。スピードに乗ったドリブルが武器。
DFマーク・ミリガン(サウザンド・ユナイテッドFC、1985、オーストラリア)*千葉でプレーした経歴を持つロングスローが武器のDF。

Former
FW碓井博行(元日立製作所、1953)*元日本代表のストライカー。代表通算38試合15得点。

Others
江川紹子(ジャーナリスト、1958)
美保純(女優、1960)
バラク・オバマ(政治家、1961)
佐々木健介(格闘家、1966)
檀れい(女優、1971)
八木真澄(サバンナ:芸人、1974)
山本美憂(レスリング、1974)
内川聖一(野球、1982)
山崎夕貴(アナウンサー、1987)
白濱亜嵐(パフォーマー、1993)
加藤清史郎(俳優、2001)

大舞台で知った“見る”ことの大切さ。鳥栖U-18DF永田倖大が手にしつつある新たな感覚

サガン鳥栖U-18の門番、永田倖大
[2020シーズンへ向けて](※サガン鳥栖の協力により、オンライン取材をさせて頂いています)

 日本一の懸かる試合で味わった悔しい経験は、改めて自分を研ぎ澄まさなくてはいけないという気付きを与えてくれた。「あれから“見る”ということを意識しているので、昔より相手を見ることはできるようになったと思います。まだまだ足元に関しては頼りない所があるんですけど、いろいろな意識を採り入れつつ、自分の中ではもう少しでもっと上手くビルドアップもできそうかなという感覚はあります」。圧倒的なフィジカルと、大きな可能性を秘めた左足と。サガン鳥栖U-18の門番。永田倖大(3年)が手にしつつある新たな感覚はきっと、彼をさらなるステージへと押し上げてくれるはずだ。

 中学時代の所属は宮崎県のセレソン都城FC。当初の進路は県内の高校を考えていたが、夏の終わりごろにひょんなことから事態は動き出す。「鳥栖の方がシュウト(古江秀大・3年=鳥栖U-18)を見に来ていた時に、たまたま自分のプレーが良かったんですけど、それで『来週の練習に来てくれないか』と声を掛けてもらったんです。本当に嬉しかったですね」。

 想像もしていなかったオファーに胸が躍る。練習参加の結果は“合格”。「やっぱり自分たちの代は中3で全国優勝していた代なので、みんなと一緒に切磋琢磨して、自分を成長させていきたいなと思いましたし、『鳥栖でやってやろう』という気持ちになりました」。古江と共に、宮崎から佐賀へと大きな夢を抱いてやってきた。

 昨シーズンはセンターバックとして、ほとんどの公式戦に出場。確かな手応えを掴んだ1年ではあったものの、自身も「致命的なミスをしてしまって、自分が雰囲気を壊してしまった所もあったと思います」と振り返る1試合が、永田に忘れられない記憶を刻み込ませた。

 クラブユース選手権決勝。名古屋グランパスU-18と対峙した一戦は、いきなり開始早々に先制を許すと、13分にその瞬間がやってくる。最終ラインでのビルドアップ。永田が何気なくゴールキーパーに返したバックパスは短い。かっさらった相手選手の放ったループシュートが、ゆっくりとゴールネットへ吸い込まれる。結局前半だけで3失点を喫し、ファイナルスコアは1-3。全国制覇にはあと一歩及ばなかった。

「その瞬間は頭が真っ白になって、『とんでもないことをしてしまったな』と…」とそのシーンを振り返りながら、今では解決策もしっかり理解している。「先にプレスを掛けに来ている選手を見ておけば、相手も来づらくなったはずなので、そこで“見る”ということをやれば良かったかなと思います」。

 苦い体験を経て、“見る”というフレーズは、自分のキーワードになった。「マンチェスター・シティやリバプールとか、いろいろな海外サッカーのビルドアップの仕方を見たり、『どうやって相手を崩すのか』を意識して、ノートに書いて覚えています」。

「あれから“見る”ということを意識しているので、昔より相手を見ることはできるようになったと思います。まだまだ足元に関しては頼りない所があるんですけど、いろいろな意識を採り入れつつ、自分の中ではもう少しでもっと上手くビルドアップもできそうかなという感覚はあります」。日本一の懸かる試合で味わった悔しい経験は、改めて自分を研ぎ澄まさなくてはいけないという気付きを与えてくれた。

 個人的には、同じ試合の中で見せたもう1つのプレーが印象に強く残っている。自身のミスもあって3点を奪われた名古屋戦の後半。相手フォワードが粘り強く放ったシュートがゴールキーパーを破って枠へ向かうと、懸命に戻ってきた永田はほとんどゴールライン上でボールを掻き出す。本人もその場面は覚えているという。

「そのままじゃチームに迷惑を掛けてしまうので、『もうあのミスは忘れよう』と思って気持ちを切り替えました。あのミスに関しては後で悔しがろうと。あそこで掻き出さなかったら、あの失点から何も学ばなかったことになってしまいますし、『チームのために何か残してやろう』という気持ちで掻き出しました」。あの1本のクリアには、彼が明かした想いが間違いなく反映されていたように記憶している。

 長身でレフティというスペックは、それだけで大きな武器。「生んでくれた親に感謝ですね」と口にしつつ、意外な事実も教えてくれた。「基本全部左なんですけど、“リンゴ剥き”だけ右です。梨を剥く時もなぜか右なんです。自分でも理由はわからないですけど(笑)」。そこはまだ17歳の高校生。あどけない笑顔がかわいらしい。

 対戦を心待ちにしている選手がいる。「この前も『一緒に試合することを楽しみに頑張ろう』と電話したんですけど、アイツには勝ちたいですね」と永田が名指しするのは、セレソン都城FC時代のチームメイトであり、今は大津高のエースを任されている半代将都(3年)。本来であればプレミアの舞台でやり合いたかったが、まだ九州地方で開催される予定のリーグ戦で“再会”する可能性は残されている。

「2年生の時にサニックスカップで一度対戦しました。試合は負けましたけど、マッチアップでは自分が勝ったと思います(笑) ゲキサカとかで記事を見ると『もっと自分もやらなきゃいけないな』とモチベーションになりますし、絶対負けたくないですね」。ライバルの存在も力に変え、残された半年近い高校生活も全力で自身をブラッシュアップしていく。

 圧倒的なフィジカルと、大きな可能性を秘めた左足と。サガン鳥栖U-18の門番。“見る”ことの大切さを知った永田倖大が手にしつつある新たな感覚はきっと、彼をさらなるステージへと押し上げてくれるはずだ。

■執筆者紹介:
土屋雅史
「(株)ジェイ・スポーツに勤務。群馬県立高崎高3年時にはインターハイで全国ベスト8に入り、大会優秀選手に選出。著書に「メッシはマラドーナを超えられるか」(亘崇詞氏との共著・中公新書ラクレ)。」

▼関連リンク
SEVENDAYS FOOTBALLDAY by 土屋雅史

[MOM3176]東山FW松原綾成(3年)_好機逃さず2発!“東山のレワンドフスキ”へ

東山高FW松原綾成は2得点。前線で身体を張ったボールを収める仕事も
[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[8.3 和倉ユース大会予選リーグ 桐生一高 0-3 東山高 和倉多目的G(Aコート)]

 決勝トーナメント進出を懸けた大一番で2得点を挙げたストライカーの憧れの存在は、FWロベルト・レワンドフスキ(バイエルン)。19-20年シーズンのブンデスリーガMVP&得点王に輝いたストライカーのプレー動画をよく見ているという。

「ゴール前での駆け引きだったり、飛び出しだったりがずば抜けている」。“東山のレワンドフスキ”になるべく東山高FW松原綾成(3年)はDF背後への抜け出し、シュートを磨き、自分の武器に。全国の強豪校相手にその成果を発揮している。

 この日は前半9分にカウンターからMF掛見直央主将(3年)のスルーパスを引き出して先制点。「最初押し込まれていたので、ファーストチャンスがカウンターで来るって思っていたました。そういうところをしっかりと決められたので良かったです」というゴールでチームに貴重な1点をもたらした。

 2点目は右FK時にDFの隙を見つけ、キッカーの掛見にサインを送ってボールを要求。ほぼ狙い通りに、MF大田隆叶(3年)を経由したボールが上手く松原の足元に入り、2点目を決めた。

 178cmの高さや前を向いた際のラストパスの精度も備えた松原は、いかに自分の形でボールを受けるかを常に考えているという。この日は良い形でボールを引き出して2得点。次は全国トップレベルの堅守を誇る青森山田高からのゴールを目指す。

 今までは自分のプレーで精一杯になっていたが、最高学年になってよりチームのためにプレーすることを意識し、それができるようになってきている。「3年になって、インターハイもなくなって選手権へ向けて戦っている中で、『チームのためにやらないとダメだ』と分かってきていて、チームのためにやることを意識しています」。そのストライカーは今大会、何よりもチームのために働き続け、勝利に貢献する。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
第8回和倉ユースサッカー大会2020特設ページ
●【特設】高校選手権2020

[和倉ユース]「あの代を超せるように」繋がり重視しながら成長中の東山が桐生一に快勝。決勝Tへ

後半11分、東山高MF李隆志が左足でゴール
[8.3 和倉ユース大会予選リーグ 桐生一高 0-3 東山高 和倉多目的G(Aコート)]

 3日、第8回和倉ユースサッカー大会2020予選リーグ最終節が行われ、グループCでは桐生一高(群馬)と東山高(京都)が激突。東山が3-0で快勝し、2勝1分のグループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。東山は4日の準々決勝で青森山田高(青森)と戦う。

 18年からプリンスリーグ関東に所属し、選手権8強などの実績を持つ桐生一と18年インターハイで3位に入っている東山という東西の実力派対決。桐生一はFW鈴木武蔵(現札幌)、東山はFW鎌田大地(現フランクフルト)という日本代表FWを輩出しているチーム同士の戦いでもあった。この日は、チームとして多くの課題が出ている時期の桐生一に対し、着実に加点した東山が3-0で快勝。予選リーグ突破を果たしている。

 立ち上がりは桐生一がボールを支配。DFラインから丁寧にビルドアップし、MF落合遥斗主将(3年)が中央から持ち上がるなど主導権を握ろうとしていた。だが、カウンターを狙っていた東山が1チャンスをものにする。

 前半9分、MF掛見直央主将(3年)が右サイドから出したスルーパスでFW松原綾成(3年)が抜け出し、GKとの1対1を右足で制して先制点。桐生一も同点機を作り、右クロスをFW寶船月斗(2年)が頭で合わせるが、シュートは左ポストを叩いてしまう。

 東山は強度のある守備から速攻やサイド攻撃へ持ち込むと21分、右サイドから持ち込んだ掛見がFKを獲得。「どっちの足でも同じボールさばきができるというのが特長でもあると思っています。攻撃の部分で自分がリズム作ること。チームに良い声を掛けて良い雰囲気を作ることを意識しています」という掛見が左足でニアへ空いたスペースへパスを入れると、MF大田隆叶(3年)を経由したボールが松原の足元へ通る。これを松原が右足で決めて2-0とした。

 その後もMF木下慶(2年)のスルーパスで松原が抜け出すなど、攻撃の時間を増やした東山は後半11分に3点目。シャドーの位置でエネルギッシュな動きを見せていたMF李隆志(2年)が右サイドへの抜け出しから強引に仕掛ける。バランスを崩しながらも、立て直して放った左足シュートがゴールを破った。

 桐生一もMF金沢康太(2年)らが競り勝ち、パスを繋いで攻めるが、東山の守りはDF畔栁頼生(3年)中心に堅い。それでも桐生一は寶船に当ててサイド攻撃。左サイドからチャンスを作る。そして、落合やMF入澤祥真(3年)がゴールへ迫ったが、最後まで得点を奪うことはできなかった。

 東山の現3年生は1年時にインターハイ全国3位を見ている世代だ。2学年上の先輩同様に飛び抜けた選手はいないというが、掛見は「僕らは『あの代を超せるように』とずっと話していて、(福重良一)監督とかからも『良い学年を見ているんやから』とずっと言われている。チームの横の繋がりとかコミュニケーション能力という部分をずっと言われているので、そういう部分をもっと意識して、あの代も選手権は全国初戦で敗退しているので取り返して自分たちが日本一になれるように頑張っていきたい」と力を込めた。

 今大会準々決勝の対戦相手は、昨年度のプレミアリーグ覇者で選手権準優勝の青森山田。「強いチームとやって自分たちの力を出して勝ちに行くというのが目標」(掛見)という東山が勝負にこだわり、冬へ繋がる試合をする。

東山高MF掛見直央主将は正確なキックでチャンスメーク

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
第8回和倉ユースサッカー大会2020特設ページ
●【特設】高校選手権2020