コロナ感染徳島MF藤原と濃厚接触者は陰性

 徳島ヴォルティスは新型コロナウイルスへの感染が発覚したMF藤原志龍と濃厚接触者と判定された2名がPCR検査の結果、陰性と判定されたことを発表した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

コロナ感染徳島MF藤原と濃厚接触者は陰性

 徳島ヴォルティスは新型コロナウイルスへの感染が発覚したMF藤原志龍と濃厚接触者と判定された2名がPCR検査の結果、陰性と判定されたことを発表した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

大学トライアルで強さ発揮の長身レフティー、共愛学園FW須藤倫汰は仲間の分も大学での活躍誓う

共愛学園高FW須藤倫汰は高さと強さを武器にアピール
 新型コロナウイルスの影響でアピールの機会を失った高校生たちの進路をサポートするために発足、開催中のプロジェクト「高校生サッカー・大学合同トライアル-THE CHALLENGE- supported by 森永乳業」は、無名の高校生選手たちを発掘する場となっている。

 今年の新人戦群馬4強、昨年度はインターハイ予選、選手権予選ともにベスト16で敗れている共愛学園高FW須藤倫汰は群馬会場で注目された一人だ。180cmの長身で左利き。シュート精度こそ欠いていたものの、身体の強さを活かしたボールキープ、ポストプレーを発揮していた。

 須藤には「(共愛学園では高校までで)みんなサッカー辞めて続ける人が少ないので、自分は大学でサッカーをして結果を残してみんなを喜ばせたい。レベルの高い大学でサッカーをしたい」という目標がある。

 中学時代、高校進学後もトレセン歴は無いものの、この日可能性を見せて大学やJクラブからも評価されていたFWが、この「高校生サッカー・大学合同トライアル-THE CHALLENGE- supported by 森永乳業」をきっかけにチャンスを掴む可能性は十分にある。

 須藤は「自分の持ち味を出せたので良かったですし、今後に繋がるプレーがあったと思います。キープまでは行けたんですけれども、シュートがあまり良くなかったのでそこを改善したい。身体の強さを上げたいし、点獲るところを磨いてやっていきたい」。憧れのFWロベルト・レワンドフスキ(バイエルン)のように、決定力を日々高めながら、大学からの吉報を待つ。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
高校生サッカー・大学合同トライアル-THE CHALLENGE-supported by 森永乳業

大学トライアルで強さ発揮の長身レフティー、共愛学園FW須藤倫汰は仲間の分も大学での活躍誓う

共愛学園高FW須藤倫汰は高さと強さを武器にアピール
 新型コロナウイルスの影響でアピールの機会を失った高校生たちの進路をサポートするために発足、開催中のプロジェクト「高校生サッカー・大学合同トライアル-THE CHALLENGE- supported by 森永乳業」は、無名の高校生選手たちを発掘する場となっている。

 今年の新人戦群馬4強、昨年度はインターハイ予選、選手権予選ともにベスト16で敗れている共愛学園高FW須藤倫汰は群馬会場で注目された一人だ。180cmの長身で左利き。シュート精度こそ欠いていたものの、身体の強さを活かしたボールキープ、ポストプレーを発揮していた。

 須藤には「(共愛学園では高校までで)みんなサッカー辞めて続ける人が少ないので、自分は大学でサッカーをして結果を残してみんなを喜ばせたい。レベルの高い大学でサッカーをしたい」という目標がある。

 中学時代、高校進学後もトレセン歴は無いものの、この日可能性を見せて大学やJクラブからも評価されていたFWが、この「高校生サッカー・大学合同トライアル-THE CHALLENGE- supported by 森永乳業」をきっかけにチャンスを掴む可能性は十分にある。

 須藤は「自分の持ち味を出せたので良かったですし、今後に繋がるプレーがあったと思います。キープまでは行けたんですけれども、シュートがあまり良くなかったのでそこを改善したい。身体の強さを上げたいし、点獲るところを磨いてやっていきたい」。憧れのFWロベルト・レワンドフスキ(バイエルン)のように、決定力を日々高めながら、大学からの吉報を待つ。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
高校生サッカー・大学合同トライアル-THE CHALLENGE-supported by 森永乳業

独自の緊急事態宣言下で開催…8日の名古屋対浦和チケットが完売

独自の緊急事態宣言下で開催…8日の名古屋対浦和チケットが完売
 名古屋グランパスは8日に豊田スタジアムで行うJ1第9節浦和レッズ戦のチケットが全席種で完売したと発表した。収容人数の上限は5000人となっている。

 なお愛知県は6日に新型コロナウイルスに蔓延における独自の緊急事態宣言を発令。しかしクラブは期間中の主催試合について、「予定通り開催いたします」と発表していた。名古屋は24日までの期間中、ホームゲーム3試合を予定している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

早大出身秋田DF鈴木準弥に第1子

 ブラウブリッツ秋田は7日、DF鈴木準弥(24)に第1子となる長女が誕生したと発表した。誕生日は6日。

 同選手は早稲田大出身で、今季より秋田でプレーしている。

 クラブを通じ「父親になったことで、より覚悟と責任をもって生活していきます。チームの勝利に貢献できるようこれまで以上に努力していきたいと思います」とコメントした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

J1、J2、J3開幕ダッシュ成功監督が月間優秀監督賞受賞

J1、J2、J3開幕ダッシュ成功監督が月間優秀監督賞受賞
 Jリーグが2月・6月・7月度の月間優秀監督賞を決定した。

 J1は川崎フロンターレ鬼木達監督、J2はV・ファーレン長崎手倉森誠監督、J3はブラウブリッツ秋田吉田謙監督が受賞。いずれも開幕から無敗をキープして首位に立つチームの監督が表彰された。

 Jリーグの原博実副理事長は「(鬼木監督は)4-3-3のシステムが機能してきた。交代選手も大活躍の若手や新加入選手をうまく使いチーム内競争が一段と高いレベルになっている」。「(手倉森監督は)毎熊晟矢のサイドバック起用は大成功。交代選手も大活躍し、選手層が厚くなってきた」。「(吉田監督は)失点はわずか1。守備が固く、そしてバランスも良い」とそれぞれの評価を語っている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

【動画】[和倉ユース] 決勝ハイライト 青森山田vs履正社

【動画】[和倉ユース] 決勝ハイライト 青森山田vs履正社
★ゲキサカYouTubeチャンネル登録はこちらから

[8.5 和倉ユース2020 決勝] 青森山田高 5-0 履正社高

得点:[青森山田] 藤森颯太(14分)、名須川真光(24分、45分)、藤原優大(50分)、松木玖生(53分)

“日本最大級のユースサッカーフェスティバル”、第8回和倉ユースサッカー大会2020が8月1日から5日まで、例年と異なるレギュレーションで開催。Jクラブユース2チーム、青森山田高(青森)、米子北(鳥取)など強豪14校、合計16チームが参加。

▼関連リンク
第8回和倉ユースサッカー大会2020特設ページ

青森山田高
▼GK
33 韮澤廉(3年)
90 鈴木尋(2年)
99 沼田晃季(2年)
▼DF
67 秋元琉星(3年)
78 内田陽介(3年)
89 金和樹(3年)
24 タビナス・ポール(3年)
39 藤田夏寿丸(3年)
41 藤原優大(3年)
44 ベベニョン日高オギュステュ祐登(3年)
53 山本航大(3年)
32 三輪椋平(2年)
95 多久島良紀(1年)
▼MF
73 安斎颯馬(3年)
77 石橋岳大(3年)
79 内間隼介(3年)
56 宍戸奏太(3年)
21 鈴木遼(3年)
23 仙石大弥(3年)
65 宇野禅斗(2年)
69 宇野暉(2年)
70 小原由敬(2年)
25 藤森颯太(2年)
27 本田真斗(2年)
28 松木玖生(2年)
28 中山竜之介(1年)
▼FW
97 名須川真光(2年)
46 渡邊星来(2年)
79 小湊絆(1年)

履正社高
▼GK
1 熊谷有真(3年)
10 杉村斗磨(3年)
▼DF
11 竹村凌真(3年)
14 寺本悠晟(3年)
18 舩田陸人(3年)
19 前田寛太(3年)
20 松尾怜(3年)
21 向晃生(3年)
22 村木健斗(3年)
25 山田大暉(3年)
26 李泰河(3年)
▼MF
6 赤井瞭太(3年)
3 池田喜晴(3年)
4 井谷洸一郎(3年)
7 後藤晴海(3年)
8 佐藤光凪太(3年)
9 菅澤烈(3年)
13 鄭銀(3年)
15 硎伊織(3年)
17 平岡大陽(3年)
24 山口奏七(3年)
▼FW
2 浅野大生(3年)
5 神田拓海(3年)
16 野村大輔(3年)
23 森川颯太(3年)
27 李晃輝(3年)

名古屋FW前田直輝の真後ろからの浮き球を合わせた「素晴らしいとしか言いようがない」ボレー弾が今季初ベストゴール

名古屋FW前田直輝の真後ろからの浮き球を合わせた「素晴らしいとしか言いようがない」ボレー弾が今季初ベストゴール
 名古屋グランパスのFW前田直輝が、7月18日のJ1第5節の鳥栖戦の後半17分に決めたゴールが、J1リーグ今季初の月間ベストゴールに選ばれた。

 得点シーンはMF阿部浩之から出た真後ろからの浮き球を、左足ダイレクトで合わせたもの。試合でもこのゴールが決勝点になり、名古屋が勝利した。

 選考理由について、原博実氏は「ほぼ真後ろからの浮き球のパスに合わせたボレーは素晴らしいとしか言いようがない」。柱谷幸一氏も「後方からのパスに合わせた見事なボレーシュート」と脱帽した。

 前田は「普段なかなかないボレーシュートですが、決まって嬉しかったです。また、選んでいただけるようなゴールを取ります」とコメントしている。 

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

原氏「山根をうまく活かしている」播戸氏「間違いなくMVP」開幕ダッシュ川崎F家長が“文句なし”の月間MVP

原氏「山根をうまく活かしている」播戸氏「間違いなくMVP」開幕ダッシュ川崎F家長が“文句なし”の月間MVP
 Jリーグ月間MVPが発表になり、J1は川崎フロンターレのMF家長昭博、J2はV・ファーレン長崎のMF秋野央樹、J3はブラウブリッツ秋田のGK田中雄大が受賞。それぞれにクリスタルトロフィーと賞金(J1:30万円、J2:20万円、J3:10万円)が贈られる。

 今回の月間MVPは、2月、6月、7月の活躍を評価して選出された。いずれも初受賞(家長はJ1で初)。家長は開幕ダッシュを決めた川崎Fの中心選手として、3得点2アシストを記録してチームをけん引。選考委員の原博実氏も「ゴールだけでなく、アシスト、ボールキープ等、川崎Fの攻撃のスイッチを入れ、サイドバックの山根視来をうまく活かしている」と評価。播戸竜二氏は「間違いなく月間MVPです!もっともっと貪欲になって更に成長して欲しい!」と更なる活躍を期待した。

 家長は「今回は、このような賞に選んでいただき、ありがとうございました。8月も選んでもらえるように頑張ります」とコメント。

 またJ2の秋野、J3のGK田中もそれぞれのカテゴリで無敗で首位に立つ両チームの象徴的な選手として表彰された。

 秋野は「今チームが首位に立てているのは、チーム全員がいつでも試合で結果を出せる準備をしているからです。この賞もチーム全員にいただいた賞だと思っています」。

 GK田中も「この賞は、僕一人の力で得られたものではありません。チームメイト、監督、コーチ、チームスタッフ、ファン、サポーター。ブラウブリッツ秋田に関わる全ての方々による賜物です。このご恩に報いる為にもJ3優勝、J2昇格に向けて、精進していきたいと思います」と喜びを語った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

関東大学リーグ追加登録選手:第6節

早稲田大がFW杉田将宏(3年=名古屋U-18)を追加登録
 8日と9日に行われる関東大学サッカーリーグ第6節を前に、追加登録選手が発表になっている。

 今節より2部の日本体育大の参戦が決定。これにより1部2部の全24チームが出そろうことになる。

 しかし6日に1部の立正大と2部の神奈川大の部員に新型コロナウイルス陽性の可能性が発覚。そのため両チームの活動が休止されたため、今節の該当チームの試合は延期が決まっている。

■1部
▽法政大
34 DF 城和隼颯(4年=柏U-18)
35 MF 佐野陸人(2年=清水ユース)

▽早稲田大
38 FW 杉田将宏(3年=名古屋U-18)

■2部
▽日本体育大
31 GK 中島遼太郎(1年=鹿島学園高)
32 MF 飯田虎之介(4年=伊奈学園総合高)
33 DF 立野航海(1年=大津高)
34 MF 佐多秀哉(4年=横浜FMユース)
35 FW 加藤優弥(4年=習志野高)

▽産業能率大
34 MF 相馬陸来(2年=慶誠高)
35 MF 中島怜意(2年=前橋商高)

▽東京国際大
31 GK 松田亮(2年=東福岡高)

▽青山学院大
36 FW 比留間輝(2年=日大藤沢高)

▽神奈川大
32 FW 綿谷航平(2年=横浜創英高)
33 MF 石原大輝(3年=湘南ユース)
34 MF 今田龍之介(2年=星稜高)
35 MF 増村有哉(3年=山梨学院高)
36 DF 佐藤太志(2年=作陽高)

 なお、延期となっていた第1節の代替日程も発表になっており、12日と22日に開催される。

■8月12日(水)
[RKUフットボールフィールドA面]
筑波大 17:30 順天堂大

[RKUフットボールフィールドB面]
東洋大 17:30 日本大     

■8月22日(土)
[RKUフットボールフィールドA面]
日本体育大 15:00 関東大学大 
青山学院大 17:30 立教大
[RKUフットボールフィールドB面]
産業能率大 15:00 明治学院大

●第94回関東大学L特集

J追加&抹消登録が完了! FW前田大然が横浜FMで登録、背番号は38に

FW前田大然が横浜FMへ
 Jリーグは7日、登録選手の追加や抹消を行った。

 横浜F・マリノスにはFW前田大然とMF松田詠太郎が追加。また、横浜FMからそれぞれレンタル移籍となったDF前貴之松本山雅FCに、GKオビ・パウエル・オビンナが栃木SCに追加されている。

▽J1追加選手
横浜F・マリノス
38 FW 前田大然

43 MF 松田詠太郎

湘南ベルマーレ
31 GK 堀田大暉

サガン鳥栖
48 DF 永田倖大(2種)

▽J1抹消選手
FC東京
18 橋本拳人

横浜F・マリノス
24 前貴之

31 オビ・パウエル・オビンナ

▽J2追加選手
栃木SC
50 GK オビ・パウエル・オビンナ

GK 犬飼裕哉(2種)

ジェフユナイテッド千葉
41 MF 小川麟(2種)

松本山雅FC
5 DF 前貴之

▽J2抹消選手
アルビレックス新潟
4 岡本將成

ツエーゲン金沢
41 堀田大暉

▽J3追加選手
SC相模原
30 FW 立花歩夢

ガイナーレ鳥取
29 FW 佐伯蓮(2種)

鹿児島ユナイテッドFC
3 DF 岡本將成

▽J3抹消選手
SC相模原
21 上野賢人

24 松田詠太郎

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

J全55クラブが行うボランティア活動の調査結果が発表…平日&休日の割合、活動内容、今後の課題も

J全55クラブが行うボランティア活動の調査結果が発表…平日&休日の割合、活動内容、今後の課題も
 Jリーグ全55クラブが行っているボランティア活動の調査結果が発表された。調査を行った笹川スポーツ財団が伝えている。

 調査対象は2019シーズンのJリーグ全55クラブ。19年11月から20年1月までに調査が行われた。ボランティア導入のきっかけに、90年代後半の入場者数の減少による経営の悪化がある。一部のクラブでは運営人材確保のため、ボランティアを導入するようになったという。調査によると、現在は84のボランティア団体からの協力を得ており、その60.7%がホームゲーム運営等のために作られた団体となる。残り15.5%が学生団体、9.5%がボランティア活動団体や人材バンクとなる。

 ホームゲームの平均参加人数は平日と休日に分類。それぞれのボランティア団体ごとの参加人数になっているが、平日は「10人以下」が47%、「11人~20人」が25.3%となり、20人以下が7割以上ということがわかる。休日でも「10人以下」が最も多いが、割合は平日の47%と比べて低い。そして21人以上の団体が53.1%と過半数を占める。各団体の平均参加人数は、平日が17.7人、休日が30.4人となっている。平日の参加人数が0人の団体が15もあり、人員確保の難しさがわかる。

 ホームゲームの運営でボランティアによって行われている活動は、「終了後の清掃」がトップの88%。次いで「配布作業」で85.5%、「インフォメーション・場内案内」が78.4%となっている。また、ホームゲームの運営以外でボランティアが行っている活動は、「ファン感謝デー」が最も多い49.1%。「クラブ主催・共催の地域イベント」が40%、「駅周辺での会報・チラシの配布」が34.5%と続いている。

 さらに、今回の調査でホームゲーム運営等におけるボランティア活動の課題も浮き彫りに。上位3つでは「活動参加者が一部の登録者に限られている」が85.4%。「登録者の役割の固定化」が80%、「登録者の高齢化」が78.2%と続く。

 笹川スポーツ財団スポーツ政策研究所のシニア政策アナリストである渋谷茂樹氏は、ボランティアがクラブに不可欠な存在に成長したことを評価。その上で、長年活動に取り組む中心メンバーの固定化を課題に挙げる。解決方法のひとつとして、ラグビーワールドカップ2019や東京オリンピック・パラリンピックで活躍したボランティアを発掘することも伝えている。

 そのためにJリーグが持つ役割は大きい。渋谷氏は「身近な地域で定期的な活動の場を提供することが必要であり、全国各地にクラブがあり試合数も多いJリーグは、ボランティア希望者の最適な受け皿といえる」とJリーグとボランティアの相性の良さを語っている。

全調査結果は以下、笹川スポーツ財団公式サイト「Jリーグクラブのボランティアに関する調査」より
https://www.ssf.or.jp/thinktank/volunteer/Jleague_v_2020.html

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

無敗でJ2の首位快走、長崎の好調を支えている!? “徳髭”現象

GK徳重健太の髭姿はネット上で話題に
 FWオリビエ・ジル(チェルシー)、FWモハメド・サラー(リバプール)、DFニコラス・オタメンディ(マンチェスター・シティ)、GKダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)……。彼らに共通する“ルックス”といえば、ワイルドでたくしましい髭(ひげ)である。新型コロナウイルスによる中断が明けたJリーグで、彼らに負けず劣らずの髭をたくわえているのが、J2で首位をいくV・ファーレン長崎のゴールマウスを守るGK徳重健太だ。

 中断中に何があったのだろうか? 突然髭男になった理由をオンラインで本人に質問してみると、「『(NBA選手の)レブロン・ジェームズの髭が凄いワイルドだよね』と、事務所の社長と話をしたのがきっかけです。伸ばしてみたらきっと似合うよと言われたので、ワイルド感が出ればと思って伸ばしてみました(笑)」という意外な理由が返ってきた。

現役最高のバスケ選手と称されるレブロン・ジェームズ


 奇しくも徳重が髭を伸ばしてからというものチームは好調を維持しており、7勝2分の無敗で首位を走っている。徳重は第6節から先発出場しており、その間の成績は3勝1分となっている。同様に験を担ぐ選手が増えて、長崎が“髭軍団”になる、というのは懸念に終わりそうだ。

「チーム内では僕の髭を見て、生やそうとしている選手が何人か出始めました。ただ、みんなそんなに生えてこなかったみたいで、断念していましたね。磯村(亮太)選手は伸ばし始めて間もなく、『もうこれ以上伸びない』と言っていました(笑)」

「気に入っている」と自負する髭は、チームメイトだけでなくファンやライバルからも好意的に受け止められていると言う。「SNSでサポーターや、他のチームの選手が触れてくれるので、コミュニケーションのきっかけにはなったかなと感じ出ます」と上々の反応だ。その一方で、家族からのリアクションは芳しいものではなかった。「髭を伸ばしていくうえで子どもたちの反応も楽しみだったのですが、ノータッチです(笑苦)。妻からは『ちゃんと毎日洗って』『くしでとかして』など、清潔に保つように日々言われています」

 チームの無敗記録とともに、守護神の髭も伸びていくのだろうか? 「これ以上伸びないと思うので、このままの状態を綺麗に保っていければと思っております。今のところ剃る予定はないですが、突然気まぐれに剃ったりするかも? しれません(笑)」。ネット上では“徳髭”で話題になりつつあるその髭姿が、いつまで続くのかにも注目だ。

(取材・文 奥山典幸)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第7節 スコア速報

「ガレス・ベイルはプレーを望まない」、ジダン監督がCLメンバー招集外の理由明かす

FWガレス・ベイルはプレーを望んでいない
 レアル・マドリーは7日のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦第2戦でマンチェスター・シティと対戦。FWガレス・ベイルが招集されていない理由を、ジネディーヌ・ジダン監督が語った。6日、英『BBC』が伝えている。

 2月26日のホームで行われた第1戦を1-2で落としたレアル。7日の負けられないアウェー戦に向けて、5日には登録メンバー24人が発表された。第1戦で退場したDFセルヒオ・ラモスもメンバー入り。キャプテンとしてチームに帯同する。しかし、ベイルは招集されておらず。今季は先発として14試合のみで、リーガ再開後はたった2度しかプレーしていない。

 試合直前の会見に臨んだジダン監督は、ベイルについて「彼とは個別に会話した。彼はプレーを望んでいなかった」と語る。詳細は語られることなく、「あとは私と彼だけの会話だが、とにかく彼はプレーを望んでいなかったんだ」と招集しなかった理由を明かした。

 英『BBCスポーツ』によると、ベイルがそう語った理由は出場機会がゼロだと知っていたためだという。31歳のウェールズ代表FWは戦力外なのか。ベイルの去就について聞かれたジダン監督は「わからない。いま彼はR・マドリーの選手だ。それは変わらない。彼は私たちの選手だ」と答えるのみだ。「そのことを尊重しているし、彼のことも尊重している。他の選手たちにしているように」と不仲ではないことも強調した。

 ピッチ外の混乱は排除したジダン監督。「彼はプレーしないことを望んだ。それだけが私に言えることだ。残りの選手は一緒にここにいて、試合に向けて準備をしている。私たちはただ試合だけに集中している」と雑音を一時的にシャットアウトしている。

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集

FWアレクシス・サンチェスのインテル完全移籍が正式発表に!「ここでファミリーを見つけたよ」

インテルがFWアレクシス・サンチェスを完全移籍で獲得
 インテルは6日、昨夏から期限付き移籍で加入しているチリ代表FWアレクシス・サンチェス(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約は2023年6月30日まで。

 サンチェスはマンチェスター・ユナイテッドから昨夏加入。怪我が続いたこともあったが、リーグ中断明けから先発メンバー入りを果たし、公式戦30試合4ゴール10アシストと活躍した。その契約も今夏までとなっていたが、インテルは残留を強く希望しており、完全移籍に至った。

 クラブ公式サイトを通じ、サンチェスは「ここでファミリーを見つけたよ」とこの一年間の感謝を伝える。「スタッフは最高だし、チーム内には大きな何かを勝ち取りたいという本気の願望がある。ここの人々は相応しい成功をクラブに与えるためチームとして一緒に闘うことを望んでいるんだ」とクラブの雰囲気にも惚れ込んでいるようだ。

 ユナイテッドで燻ぶった火は再び力強く燃え始める。サンチェスは「僕は飢えているし、勝ちたい」と勝利を渇望。「目標はファン全員を幸せにすることだよ。勝つためにここにいる。インテルに残れることがハッピーだ!」と31歳のチリ代表FWが再ブレイクに意気込みを語っている。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

[和倉ユース]佐藤監督「戦術・牧来夢と呼んでいる」日大藤沢に型破りなセンターバック現る

3位決定戦ではFWでプレーした日大藤沢高DF牧来夢(3年)
[8.5 和倉ユース大会3位決定戦 日大藤沢高3-1山口U-18 城山陸上競技場]

 第8回和倉ユースサッカー大会2020の大会期間中、ひときわ目を引く個性的なセンターバックがいた。日大藤沢高のDF牧来夢(3年)だ。

 本職の守備をこなしながら、ボールを持つと機を見てドリブルで中央突破。時にはシュートまで持ち込む。これが一度や二度ではない。予選リーグはもちろん、優勝した青森山田高との準決勝(●0-3)でも大胆に前へ運ぶシーンがあった。

 5日に行われた3位決定戦のレノファ山口FC U-18戦(○3-1)はベンチスタート。3-1で迎えた後半23分にピッチへ送られると、向かった場所は最前線だった。

「“戦術・牧来夢”って僕は呼んでいる。(彼は)GK以外は公式戦で全てのポジションをやったことがある。本当にどこでもできます」。試合後にこう話した佐藤輝勝監督は1トップ起用の意図について、牧の「柔軟性を生かしたかった」と説明。センターバック時と同じく、前線でもフリックやターンなど「意外性のあるプレー」を持ち味としており、「結構面白いと思いますよ」と牧への期待を強調した。

 本人によると、小学校から東京Vジュニアユース時代まではFWや最終ラインを中心にプレー。高校に入った当初はFWだったが、1年生で初めて中盤を経験した。そこから再びFW、さらに2列目へ。2年生の選手権では中盤のアンカーでメンバー入りを果たし、3年生になってからは「今一番センターバックが困っているので、センターバックをやってくれている」(佐藤監督)と、主将DF宮川歩己(3年)とともに最終ラインの中央を任されている。

「自分的にはあまり飛び抜けたところはないと思っていて、どこでも対応できるところが自分の長所だと思っています」

 型にはまらない柔軟なプレースタイルは、さまざまなポジションを経験することで培われたものだろう。憧れを抱いたり、目標としたりする特定の選手はいない。「いろいろな所をやっているので、試合を見ていても、いろんなポジションの目線で見ちゃうんです」。多角的に他の選手たちのプレーを観察し、多くのものを吸収している。

「自分でもセンターバックをやりながら、結構上がっていっちゃうところがあって(笑)。前(のポジション)もやってみたい、どこでもできるのが自分の長所なので、いろいろな所で試したいと監督に話したら、今日FWで使ってもらえました」

 久しぶりのFWでのプレーは時間こそ短かったものの、「できなくはないなっていう感じはあった」と一定の手応えを得たようだ。

 複数のポジションで高い能力を示す牧だが、佐藤監督はまだまだ伸びしろがあるとみており、“スイッチ”が入る瞬間を待っている。

「あいつ自身、『僕を好きって言う監督の方が珍しい』と言うあまのじゃくなところもある。僕は大好きなんだけど。いい意味で裏を取るようなところもあって、だけど男気もある。面白いですよ。トリッキーで。もしかしたら本当にあのポジション(FW)で(点を)取ってヒーローになって勝つかもしれない。宮川より僕はポテンシャルを持っていると思う。手を抜いてるからあれで(笑)」

「牧が(宮川と)同じ気持ちでやれたら、本当に面白くなる。前(のポジション)でもいいし、どこでも、あいつがスイッチが入ってくれれば。でも、どこにスイッチがあるか分からない。どの辺にあるんだろう、あいつの(笑)。スイッチが入ったら面白い。スイッチが入るかどうか」

 ピッチ上で見せるプレーと同様に、これからの姿も予想がつかない。可能性は無限大だ。究極のユーティリティープレーヤーの行き着く先はどこになるのか。

「自分がいろんな所に入ることによって、チームの色が変わって面白くなるかなと思って、監督に(3位決定戦はFWでプレーしたいという)話をしました。これからもっといろいろなポジションをこなせるようになって、チームの流れを変えられるような選手になりたいです」

 “戦術・牧来夢”。チームにいい化学変化を起こしてくれることは間違いない。

(取材・文 阿部哲也)
▼関連リンク
第8回和倉ユースサッカー大会2020特設ページ

[和倉ユース]3位・日大藤沢の中盤の柱、MF斉藤夏は先輩MFのような努力、プレー求める

日大藤沢高の中盤の柱、MF斉藤夏
[8.5 和倉ユース大会3位決定戦 日大藤沢高3-1山口U-18 城山陸上競技場]

 日大藤沢高の中盤の柱、MF斉藤夏(3年)は先輩MF植村洋斗(現早稲田大1年)を目標の選手に掲げる。

 昨年度、日大藤沢は選手権神奈川県予選決勝でインターハイ日本一の桐光学園高を破り、全国16強。そのチームの3ボランチの左を植村、右を斉藤がそれぞれ務めていた。植村は1年時にレギュラーとしてインターハイ全国準優勝を経験。昨年はJ1クラブの練習参加も経験した関東屈指のテクニシャンで、日大藤沢の選手権出場の原動力になった。

 斉藤は「(植村は)目標としている選手なので。プレースタイルは違うんですけれども、高いレベルでやっていけるのはああいう選手だと思うので、自分もなっていかないといけない」と意気込んでいる。

「日頃から努力を植村君はしていた。自分はそれがまだ足りないと思っているので、増やしていかないといけない」と宣言。大学進学後にプロ、そして日本代表という目標を持つ斉藤は高校時代の植村に追いつき、追い越すことを目指している。

 今回の和倉ユース大会は3位。斉藤は予選リーグの矢板中央高戦と準々決勝の旭川実高戦でゴールを決めたが、青森山田高との準決勝では力を発揮することができなかった。

 山口U-18との3位決定戦では積極的に攻撃に絡んで、特長のパスを振り分けて快勝に貢献したが、自身は不満の無得点。「3列目からの飛び出しとかこのチームは止まっていることが多いので、自分がCBの背後に飛び出していけばチャンスも増えると思いますし、ロングシュートとかでもキックには自信がるのでどんどん狙っていかなければいけない」とより得点を狙って行くことを誓っていた。

 チームリーダーの一人として日大藤沢に高い意識を求めている。だが、練習、試合でももっとチームをまとめて、引っ張っていかなければならない。「去年は植村君という凄い人がいて、植村君がチームをまとめてボールを展開したりしていたので、今年は自分がもっとボールにかかわったりして、チームに流れをつくっていくことを意識していますし、このチームは失点をすると落ちてしまうので、声で持ち上げていかなければいけない」。

 準決勝の青森山田高戦は相手の縦に速い攻撃に合わせる形となり、グラウンダーで勝負することができなかった。だが、落ち着いてボールを繋いだ際などはチャンスを作れていたと実感している。だからこそ、自分がより冷静に状況を把握し、その技術でチームを落ち着かせること。ミドルシュートやパスで違いを生み出すMFは、植村から学んだ部分を表現し、日大藤沢を全国トップレベルとの戦いでも勝ち切るチームにする。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
第8回和倉ユースサッカー大会2020特設ページ
●【特設】高校選手権2020

ELベスト8が決定! マンUやインテル、セビージャが進出…鎌田&長谷部出場のフランクフルトは敗退

長谷部と鎌田が所属するフランクフルトは敗退…ELベスト8が決定
 ヨーロッパリーグ(EL)は5日と6日に決勝トーナメント2回戦を行った。FW鎌田大地とMF長谷部誠が所属するフランクフルトはベスト16で敗退。インテルマンチェスター・ユナイテッドが準々決勝に進出している。

 新型コロナウイルスの影響で世界中のサッカーが中断。ELも決勝トーナメント2回戦の途中で中断されていた。今月5日から再開となり、第1戦が行われていなかったインテル対ヘタフェとセビージャ対ローマはホーム&アウェー方式から一発勝負に変更。インテルとセビージャが勝利を収めた。

 ユナイテッドは3月12日の第1戦で5-0と快勝。その貯金を生かし、第2戦は先制を許すも2-1と逆転勝利で8強に駒を進めた。

 鎌田と長谷部の日本人コンビが所属するフランクフルトはバーゼルと対戦。3月の第1戦ではホームで0-3と敗れており、苦しい状況での大一番となった。鎌田はトップ下で先発し、長谷部は後半から途中出場している。粘りを見せたが試合終了間際に失点を喫して終戦。昨季の準決勝までは届かなかった。

以下、試合結果と準々決勝の組み合わせ
[第2戦]
8月5日(水)
☆シャフタール 3-0 ボルフスブルク
※2戦合計5-1でシャフタールが準々決勝進出

☆コペンハーゲン 3-0 バシャクシェヒル
※2戦合計3-1でコペンハーゲンが準々決勝進出

☆マンチェスター・U 2-1 LASKリンツ
※2戦合計7-1でマンチェスター・Uが準々決勝進出

☆インテル 2-0 ヘタフェ※

8月6日(木)
☆セビージャ 2-0 ローマ※

☆レバークーゼン 1-0 レンジャーズ
※2戦合計4-1でレバークーゼンが準々決勝進出

☆バーゼル 1-0 フランクフルト
※2戦合計4-0でバーゼルが準々決勝進出

☆ウォルバーハンプトン 1-0 オリンピアコス
※2戦合計2-1でウォルバーハンプトンが準々決勝進出

※セビージャvsローマ、インテルvsヘタフェはホーム&アウェー方式から一発勝負に変更

【準々決勝】
8月10日(月)
インテル 28:00 レバークーゼン
マンチェスター・U 28:00 コペンハーゲン

8月11日(火)
ウォルバーハンプトン 28:00 セビージャ
シャフタール 28:00 バーゼル

●海外組ガイド
●ヨーロッパリーグ(EL)19-20特集

[和倉ユース]青森山田相手に高さ示すも敗戦。日大藤沢CB宮川歩己主将はより自分が「チームを引っ張っていければ」

日大藤沢高のCB宮川歩己主将は青森山田相手にも高さで十分に対抗
 昨年度選手権16強・日大藤沢高(神奈川)のCB宮川歩己主将(3年)にとって、第8回和倉ユースサッカー大会2020は自身への新たな手応えと、より自身とチームがレベルアップする必要性を実感する大会となった。

 準決勝で昨年のプレミアリーグ王者・青森山田高と対戦。宮川は自陣ゴール前で制空権を握っていた。青森山田のセットプレー、クロスといったパワフルな攻撃に負けず、持ち味の高さを存分に発揮。宮川は昨年度の選手権で神奈川県予選初戦から0-0のPK戦で敗れた全国3回戦・仙台育英高戦までわずか1失点という堅守に貢献し、日本高校選抜の1次選考会メンバーにも選出されている。そのCBは、カバーリングの部分含めて青森山田相手にも個で渡り合う力があることを示した。

 CBでコンビを組んだ万能型DF牧来夢(3年)も能力の高さを活かして奮闘。同じく昨年からの経験者であるGK濵中英太郎(3年)ら含めてよく戦っていた印象だが、数人が「やれた」ことで勝てる相手ではない。前半21分にCKのこぼれ球を押し込まれて先制されると、後半2分にはCKのオウンゴールで0-2。グラウンダー勝負に持ち込むことができず、相手の土俵で戦ってしまった日大藤沢はさらにサイドから崩されて0-3で敗れた。

 対戦相手・青森山田の中心にいたのは浦和内定のCB藤原優大主将(3年)だ。スコアが逆であれば評価されたのは宮川の方だったかもしれない。だが、結果は個の凄みも発揮した藤原中心に守備を徹底し、日大藤沢にほぼシュートすら打たせなかった青森山田の快勝。宮川にとっては自身、チームが「このままではいけない」と感じさせられる一戦となった。

「自分だけやれていてもチームが勝てなかったら意味がないと思うので、そこをもっと突き詰めていかないといけない。そこはちょっと悔しい部分であります。まだまだ甘い部分があったので、個人でもっと勝てる選手を増やしていかないといけない。(また、)自分が失点をどう防ぐかということにもっとフォーカスしてやっていかないと、自分にもCBとして原因があると思う」

 青森山田のチーム全体が同じ方向を向く姿勢は参考になった。そして、藤原の存在は同じプロを目指す宮川の目標になった。「彼も内定決まって改めて肌で感じて凄さを確認できたし、ああいう選手に勝っていかないと自分の目標であるプロになれないと思う。自分としても一つの目標になりました。自分をもっと高めないと、自分よりももっと上がいるし、謙虚にやっていかないと自分としても成長しないと思うので、もっと俺がプレーでも、統率力としても、チームを引っ張っていければ失点も含めてですけれども、ああいう相手にもっと戦えると思いました」。成長を示した宮川だが、さらに前を行く選手に追いつき、追い越すためにレベルアップする。

 宮川は和倉ユース大会が開催されたこと、この大会に参加できたこと、神奈川県外の強豪校と対戦できたことに感謝する。「本当に色々な方々のお陰でこの大会をやらせてもらっている。この山田戦がなかったら自分たちは選手権にも、まだまだフワッとした気持ちで入っていたかもしれない。山田もそうですけれども、県外のチームとやれたことが凄く良い経験になったので、この経験を22人全員が持ち帰ること。神奈川にいる選手、ここから伸びてくる選手もいます。日藤全員で一体感を持ってやることが良いところですし、今回は交代出場した選手が点を決めて逆転という試合もありました。(佐藤輝輝)監督も『誰が出ても強いチームであることが大事』だと言っていますし、ここに来れなかった選手でも選手権に出る舞台はあるので、そこに向けて全員でやっていければ良いと思います」。

 昨年の日大藤沢はCB青木駿人主将(現日本大)を中心に夏以降、守備を磨き上げ、攻撃面の良さをより発揮。その結果、インターハイ全国王者の桐光学園高を破って選手権出場を果たしている。和倉ユース大会で宮川と日大藤沢は青森山田や他の強豪校と対戦したことで自分たちが目標とする日本一までの距離を確認。リーダーの宮川は自分が中心になってチームをまとめ、個人の力とチーム力を進化させて目標達成へ挑戦する。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
第8回和倉ユースサッカー大会2020特設ページ
●【特設】高校選手権2020

清水の選手名がタイ語表記に! 札幌、横浜FMとのホーム2試合で“タイ向けプロモーション”実施

清水に所属するタイ代表FWティーラシン・デーンダー
 清水エスパルスは6日、アジア戦略の一環として、タイ向けプロモーションを実施することを発表した。実施日は8日のJ1第9節・北海道コンサドーレ札幌戦、19日のJ1第11節・横浜F・マリノス戦。それぞれタイ人選手が所属するチームとの対戦となる。

 クラブ公式サイトでは今回の経緯について、タイ国内でのJリーグへの注目度の高まりを挙げている。清水にはFWティーラシン・デーンダーが、札幌にはMFチャナティップ、横浜FMにはDFティーラトンが所属。“タイ・ダービー”ともなる2試合でタイでの認知度をより高めながら、ファンの獲得を目指すと伝えている。

 実施する内容は4点。ひとつ目は、該当2試合で出場する清水の全選手ユニフォームの背面選手名がタイ語表記となること。ふたつ目は、サポーターによるリモート応援で、タイバージョンを導入。タイ国内からリモート応援システムを活用し、スタジアム内のスピーカーを通じて声援を届けてもらうという。

 三つ目は、LED看板を活用したタイ語によるクラブPR・タイからの応援掲出。8日の札幌戦では清水の全選手紹介が、19日の横浜FM戦ではSNSを通じて募集するタイ人ファンの写真・名前紹介が行われる。そして四つ目は、ティーラシン、チャナティップ、ティーラトンによるタイ語SNSでのメッセージ投稿となる。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

CLリヨン戦に挑むユーベ、指揮官は“今季MVP”ディバラ不在も示唆

今季のセリエAでMVPに輝いたFWパウロ・ディバラ
 ユベントスは7日のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦第2戦でリヨンと対戦。敵地での第1戦は0-1で敗れており、本拠地での逆転を狙う。

 セリエAでは9連覇を成し遂げたユベントスだが、欧州CLは現在負け越し。2月26日に行われたリヨンとの欧州CL決勝トーナメント1回戦第1戦では0-1で敗れており、本拠地での第2戦は勝利しなければ次へは進めない。

 クラブ公式サイトによると、マウリツィオ・サッリ監督とレオナルド・ボヌッチが6日の会見に登場。指揮官は「リヨンは成長して守備が堅くなった」と警戒している。

 不安要素はセリエAのMVPに輝いたFWパウロ・ディバラだ。7月26日の第36節・サンプドリア戦で負傷交代となると、29日の第37節・カリアリ戦、8月1日の最終節・ローマ戦でそれぞれメンバー外に。左大腿の筋損傷といわれている。

 サッリ監督は“背番号10”について「試合当日の朝までリカバリーさせる。現時点ではメディカルスタッフと一緒にトレーニングをしている」と言及。一方で、「FWファン・クアドラードはおそらく先発するだろう。最終ラインか、より攻撃的なポジションかは分からない」とディバラ不在によるクアドラード前線起用の可能性も示唆した。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中
●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集

CLリヨン戦に挑むユーベ、指揮官は“今季MVP”ディバラ不在も示唆

今季のセリエAでMVPに輝いたFWパウロ・ディバラ
 ユベントスは7日のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦第2戦でリヨンと対戦。敵地での第1戦は0-1で敗れており、本拠地での逆転を狙う。

 セリエAでは9連覇を成し遂げたユベントスだが、欧州CLは現在負け越し。2月26日に行われたリヨンとの欧州CL決勝トーナメント1回戦第1戦では0-1で敗れており、本拠地での第2戦は勝利しなければ次へは進めない。

 クラブ公式サイトによると、マウリツィオ・サッリ監督とレオナルド・ボヌッチが6日の会見に登場。指揮官は「リヨンは成長して守備が堅くなった」と警戒している。

 不安要素はセリエAのMVPに輝いたFWパウロ・ディバラだ。7月26日の第36節・サンプドリア戦で負傷交代となると、29日の第37節・カリアリ戦、8月1日の最終節・ローマ戦でそれぞれメンバー外に。左大腿の筋損傷といわれている。

 サッリ監督は“背番号10”について「試合当日の朝までリカバリーさせる。現時点ではメディカルスタッフと一緒にトレーニングをしている」と言及。一方で、「FWファン・クアドラードはおそらく先発するだろう。最終ラインか、より攻撃的なポジションかは分からない」とディバラ不在によるクアドラード前線起用の可能性も示唆した。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中
●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集

マンC退団ダビド・シルバの新天地はラツィオ! 交渉は最終段階へ…9日発表か

MFダビド・シルバの新天地はラツィオが濃厚か
 マンチェスター・シティを今季限りで退団するMFダビド・シルバの新天地はセリエAのラツィオで決定的になりそうだ。6日、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 D・シルバは2010年からシティに加入し、10シーズンをプレー。今季限りでの退団を早くから発表しており、7月26日のプレミアリーグ最終節では先発出場で有終の美を飾っていた。来シーズンの所属先については候補が挙がっており、ラツィオもそのひとつ。来季のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場が見込め、シモーネ・インザーギ監督の熱意もあるため、有力視されていた。

 同メディアは現在の進行状況を伝えており、D・シルバの代理人を務める弟が練習場を訪問。交渉は最終段階まで進んでおり、その内容を詰める段階に至っているという。3年間契約で年俸300万ユーロ(約3億8000万円)になると見込まれている。

 シティは7日に欧州CLの決勝トーナメント1回戦第2戦でレアル・マドリーと対戦。最終的な発表はその後の9日になると見られる。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

今季EL6G2Aの鎌田はゴール遠く…長谷部は万全アピールも(8枚)

敗戦後に肩を落とすFW鎌田大地
6日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦第2戦に0-1で敗れたフランクフルトは2試合合計0-4でベスト16敗退となった。

●海外組ガイド
●ヨーロッパリーグ(EL)19-20特集
●日本人選手の活躍をチェック!!“初月無料”DAZN独占配信
●ブンデスリーガ2019-20特集

“EL男”鎌田は不発、膝手術の長谷部が後半投入で存在感も…フランクフルト16強敗退

フランクフルトは16強敗退
[8.6 EL決勝T2回戦第2戦 バーゼル1-0フランクフルト]

 ヨーロッパリーグ(EL)は6日、新型コロナウイルスの影響で延期になっていた決勝トーナメント2回戦第2戦を行い、FW鎌田大地とMF長谷部誠が所属するフランクフルト(ドイツ)はバーゼル(スイス)と対戦した。フランクフルトは0-1で敗れ、2試合合計0-4でベスト16敗退。今季EL6ゴール2アシストの鎌田はフル出場したが、得点に絡めず。膝手術から復帰した長谷部は後半開始から出場した。

 ホームの第1戦に0-3で敗れ、逆転突破には3点差以上が必要なフランクフルトは4バックを採用し、鎌田はトップ下の位置に入った。前半から攻勢を強め、立て続けにFKを獲得したがチャンスを生かせず、スコアレスで前半を折り返した。

 後半開始と同時にアディ・ヒュッター監督は長谷部を投入。膝手術から復活した長谷部はラインをコントロールし、冷静なインターセプトで窮地をしのぐ。最終列から鋭い縦パスを入れてチャンスを創出するなど、手術の影響を感じさせないパフォーマンスを見せた。

 後半15分にはMFセバスティアン・ローデ、DFマルティン・ヒンテレッガーとつないで鎌田が落とし、ヒンテレッガーが強烈なシュートを放ったが、惜しくも枠外。後半30分には相手CKからピンチを迎えたが、カバーに入った鎌田がゴールライン際のスーパークリアで難を凌いだ。

 それでも最後までゴールは遠く、0-0で迎えた後半43分には長谷部をかわして突破したMFファビアン・フライにゴールを許し、0-1の敗戦。前回大会4強だったフランクフルトは2試合合計0-4で16強敗退。一方、バーゼルは5試合連続クリーンシートで準々決勝に進出した。

●海外組ガイド
●ヨーロッパリーグ(EL)19-20特集
●日本人選手の活躍をチェック!!“初月無料”DAZN独占配信
●ブンデスリーガ2019-20特集

[8月7日 今日のバースデー]

Japan
DF福井諒司(琉球、1987)*福岡大出身のDF。精度の高い左足のクロスとフィードが武器。
DF大崎玲央(神戸、1991)*15年までアメリカでプレーしていた横浜FCユース出身のDF。18年夏に徳島から神戸へ移籍。
FW宮吉拓実(京都、1992)*相手の裏を取り、ゴールを陥れるプラチナ世代のFW。19年から地元復帰を果たした。
GK村上昌謙(福岡、1992)*大阪体育大出身。果敢な飛び出しが持ち味のGK。
DF夛田凌輔(相模原、1992)*運動量豊富で思い切りのいいDF。ボール奪取能力にも優れる。
FWマソビッチ(町田、1994、セルビア)*U-23セルビア代表歴を持つ187cmの大型FW。
DF安在和樹(山口、1994)*精度の高いロングパスやクロスが持ち味のDF。
DF荒木隼人(広島、1996)*関西大出身。185cmの長身を生かした対人の強さが強み。
DFタビナス・ジェファーソン(G大阪、1998)*身体能力と瞬発力、強烈な左足のキックが武器。ガーナ、フィリピンにルーツを持つ。

World
MFダニ・セバジョス(アーセナル、1996、スペイン)*R・マドリーから期限付き移籍中のテクニシャン。

Former
MF古賀誠史(元福岡ほか、1979)*東福岡高時代に“雪の決勝”で全国制覇を果たしたMF。プロ入り後は地元福岡で主に活躍した。兄・正紘も元Jリーガー。
FW巻誠一郎(元千葉ほか、1980)*泥臭いプレーを持ち味とした日本代表ストライカー。復興支援活動などピッチ外でも献身性を見せる。

Others
桑名正博(歌手、1953)
溝畑宏(経営者、1960)
川端暁彦(サッカーライター、1979)
梶原雄太(キングコング:芸人、1980)
ウーイェイよしたか(スマイル:芸人、1982)
五十嵐隼士(俳優、1986)
高橋ひかる(タレント、1995)

[8月7日 今日のバースデー]

Japan
DF福井諒司(琉球、1987)*福岡大出身のDF。精度の高い左足のクロスとフィードが武器。
DF大崎玲央(神戸、1991)*15年までアメリカでプレーしていた横浜FCユース出身のDF。18年夏に徳島から神戸へ移籍。
FW宮吉拓実(京都、1992)*相手の裏を取り、ゴールを陥れるプラチナ世代のFW。19年から地元復帰を果たした。
GK村上昌謙(福岡、1992)*大阪体育大出身。果敢な飛び出しが持ち味のGK。
DF夛田凌輔(相模原、1992)*運動量豊富で思い切りのいいDF。ボール奪取能力にも優れる。
FWマソビッチ(町田、1994、セルビア)*U-23セルビア代表歴を持つ187cmの大型FW。
DF安在和樹(山口、1994)*精度の高いロングパスやクロスが持ち味のDF。
DF荒木隼人(広島、1996)*関西大出身。185cmの長身を生かした対人の強さが強み。
DFタビナス・ジェファーソン(G大阪、1998)*身体能力と瞬発力、強烈な左足のキックが武器。ガーナ、フィリピンにルーツを持つ。

World
MFダニ・セバジョス(アーセナル、1996、スペイン)*R・マドリーから期限付き移籍中のテクニシャン。

Former
MF古賀誠史(元福岡ほか、1979)*東福岡高時代に“雪の決勝”で全国制覇を果たしたMF。プロ入り後は地元福岡で主に活躍した。兄・正紘も元Jリーガー。
FW巻誠一郎(元千葉ほか、1980)*泥臭いプレーを持ち味とした日本代表ストライカー。復興支援活動などピッチ外でも献身性を見せる。

Others
桑名正博(歌手、1953)
溝畑宏(経営者、1960)
川端暁彦(サッカーライター、1979)
梶原雄太(キングコング:芸人、1980)
ウーイェイよしたか(スマイル:芸人、1982)
五十嵐隼士(俳優、1986)
高橋ひかる(タレント、1995)