[スーパープリンスリーグ九州]大型FW石井2発!福岡U-18が九国大付に競り勝ち、2連勝:第2節

 高円宮杯JFA U-18サッカースーパープリンスリーグ2020 九州は13日、第2節2日目の1試合を行った。

 グループAの九州国際大付高(福岡)とアビスパ福岡U-18(福岡)が対戦。後半10分、MF石橋翔太のアシストから大型FW石井稜真のゴールで先制した福岡に対し、九国大付は27分にFW吉田晃盛のアシストからFW堀金峻明が同点ゴールを奪う。だが、福岡は1-1の後半40分に石井が決勝点となるPKを決め、2-1で勝利。開幕2連勝としている。

【第2節】
グループA
(9月12日)
[佐賀市健康センター天然芝]
鳥栖U-18 0-2 大分U-18
[大]工藤宗大(27分)、生地太陽(75分)

[福岡フットボールセンター A]
筑陽学園 0-2 東福岡
[東]岩井琢朗(10分)、青木俊輔(50分)

(9月13日)
[福岡フットボールセンター]
九州国際大付 1-2 福岡U-18
[九]堀金峻明(72分)
[福]石井稜真2(55、85分)

グループB
(9月12日)
[十八銀行フィールド]
国見 0-4 長崎U-18
[長]鍋島暖歩(7分)、安部大晴2(60分、66分)、藤本翔(73分)

[神村学園人工芝]
神村学園 - 熊本ユース
※延期

[大津町運動公園競技場]
大津 5-1 日章学園
[大]半代将都3(28分、43分、57分)、坂本充(54分)、森田大智(70分)
[日]小野大斗(77分)

▼関連リンク
●高円宮杯プレミア&プリンスリーグ2020特集ページ

[スーパープリンスリーグ]大型FW石井2発!福岡U-18が九国大付に競り勝ち、2連勝:第2節

 高円宮杯JFA U-18サッカースーパープリンスリーグ2020 九州は13日、第2節2日目の1試合を行った。

 グループAの九州国際大付高(福岡)とアビスパ福岡U-18(福岡)が対戦。後半10分、MF石橋翔太のアシストから大型FW石井稜真のゴールで先制した福岡に対し、九国大付は27分にFW吉田晃盛のアシストからFW堀金峻明が同点ゴールを奪う。だが、福岡は1-1の後半40分に石井が決勝点となるPKを決め、2-1で勝利。開幕2連勝としている。

【第2節】
グループA
(9月12日)
[佐賀市健康センター天然芝]
鳥栖U-18 0-2 大分U-18
[大]工藤宗大(27分)、生地太陽(75分)

[福岡フットボールセンター A]
筑陽学園 0-2 東福岡
[東]岩井琢朗(10分)、青木俊輔(50分)

(9月13日)
[福岡フットボールセンター]
九州国際大付 1-2 福岡U-18
[九]堀金峻明(72分)
[福]石井稜真2(55、85分)

グループB
(9月12日)
[十八銀行フィールド]
国見 0-4 長崎U-18
[長]鍋島暖歩(7分)、安部大晴2(60分、66分)、藤本翔(73分)

[神村学園人工芝]
神村学園 - 熊本ユース
※延期

[大津町運動公園競技場]
大津 5-1 日章学園
[大]半代将都3(28分、43分、57分)、坂本充(54分)、森田大智(70分)
[日]小野大斗(77分)

▼関連リンク
●高円宮杯プレミア&プリンスリーグ2020特集ページ

[スーパープリンスリーグ関西]興國がC大阪U-18を3発撃破!三田学園は神戸U-18とドロ―:第3節

 高円宮杯JFA U-18サッカースーパープリンスリーグ2020 関西は13日、第3節2日目の2試合を行った。

 グループAでは、興國高(大阪)がセレッソ大阪U-18(大阪)を3-1で破った。前半43分にFW竹森大のゴールで先制した興國は、後半にも快足MF南拓都と横浜FM内定MF樺山諒乃介がゴール。C大阪の反撃をMF大渕来珠のゴールによる1点に封じた。

 グループBの三田学園高(兵庫)対ヴィッセル神戸U-18(兵庫)戦は前半、FW清水皇貴と注目の2年生FW長野壮のゴールによって三田学園が2点をリード。神戸は後半25分にFW冨永虹七のゴールで1点差とすると、アディショナルタイムに冨永が同点ゴールを決めて2-2の引き分けに持ち込んでいる。

【第3節】
グループA
(9月12日)
[J-GREEN堺S3]
金光大阪 4-3 京都U-18
[金]沖本海斗(10分)、大渕颯太(13分)、石上澪矢(43分)、林智史(90+2分)
[京]伊藤大和(7分)、中野桂太(28分)、木邨優人(45+6分)

[橋本市運動公園]
初芝橋本 0-3 履正社
[履]舩田陸人(2分)、李晃輝(15分)、井谷洸一郎(58分)

(9月13日)
[セレッソ大阪舞洲グラウンド]
興國 3-1 C大阪U-18
[興]竹森大(43分)、南拓都(51分)、樺山諒乃介(59分)
[C]大渕来珠(71分)

グループB
(9月12日)
[J-GREEN堺S4]
大阪桐蔭 2-1 G大阪ユース
[大]田中柊利(68分)、深澤壮太(90+3分)
[G]坂本一彩(22分)

[J-GREEN堺S5]
東海大仰星 1-0 阪南大高
[東]村上陽斗(68分)

(9月13日)
[神戸総合運動公園ユニバー記念陸上競技場]
三田学園 2-2 神戸U-18
[三]清水皇貴(11分)、長野壮(16分)
[神]冨永虹七2(70分、90+5分)

▼関連リンク
●高円宮杯プレミア&プリンスリーグ2020特集ページ

[スーパープリンスリーグ関西]興國がC大阪U-18を3発撃破!三田学園は神戸U-18とドロ―:第3節

 高円宮杯JFA U-18サッカースーパープリンスリーグ2020 関西は13日、第3節2日目の2試合を行った。

 グループAでは、興國高(大阪)がセレッソ大阪U-18(大阪)を3-1で破った。前半43分にFW竹森大のゴールで先制した興國は、後半にも快足MF南拓都と横浜FM内定MF樺山諒乃介がゴール。C大阪の反撃をMF大渕来珠のゴールによる1点に封じた。

 グループBの三田学園高(兵庫)対ヴィッセル神戸U-18(兵庫)戦は前半、FW清水皇貴と注目の2年生FW長野壮のゴールによって三田学園が2点をリード。神戸は後半25分にFW冨永虹七のゴールで1点差とすると、アディショナルタイムに冨永が同点ゴールを決めて2-2の引き分けに持ち込んでいる。

【第3節】
グループA
(9月12日)
[J-GREEN堺S3]
金光大阪 4-3 京都U-18
[金]沖本海斗(10分)、大渕颯太(13分)、石上澪矢(43分)、林智史(90+2分)
[京]伊藤大和(7分)、中野桂太(28分)、木邨優人(45+6分)

[橋本市運動公園]
初芝橋本 0-3 履正社
[履]舩田陸人(2分)、李晃輝(15分)、井谷洸一郎(58分)

(9月13日)
[セレッソ大阪舞洲グラウンド]
興國 3-1 C大阪U-18
[興]竹森大(43分)、南拓都(51分)、樺山諒乃介(59分)
[C]大渕来珠(71分)

グループB
(9月12日)
[J-GREEN堺S4]
大阪桐蔭 2-1 G大阪ユース
[大]田中柊利(68分)、深澤壮太(90+3分)
[G]坂本一彩(22分)

[J-GREEN堺S5]
東海大仰星 1-0 阪南大高
[東]村上陽斗(68分)

(9月13日)
[神戸総合運動公園ユニバー記念陸上競技場]
三田学園 2-2 神戸U-18
[三]清水皇貴(11分)、長野壮(16分)
[神]冨永虹七2(70分、90+5分)

▼関連リンク
●高円宮杯プレミア&プリンスリーグ2020特集ページ

[スーパープリンスリーグ東海]昨年のプレミアWEST覇者・名古屋U-18が7-0発進。磐田U-18は開幕2連勝:第2節

 高円宮杯JFA U-18サッカースーパープリンスリーグ2020 東海は13日、第2節2日目の2試合を行った。

 昨年、プレミアリーグWEST、日本クラブユース(U-18)選手権、Jユースカップを制している名古屋グランパスU-18(愛知)が初戦で四日市中央工高(三重)と対戦。2年生FW松本皐誠と2年生FW眞鍋隼虎のゴールによって2-0で前半を折り返すと、後半にも5ゴールを加えて7-0で大勝した。眞鍋はハットトリックを記録している。

 また、“プレミア勢”のジュビロ磐田U-18(静岡)はFW池端今汰とFW馬場惇也、そしてU-17日本代表MF藤原健介のゴールによって富士市立高(静岡)に3-0で快勝。開幕2連勝としている。

【第2節】
グループA
(9月12日)
[浜松開誠館総合グラウンド]
浜松開誠館 1-1 JFAアカデミー福島U-18
[浜]オウンゴール(51分)
[J]石山莞太郎(69分)

[中池グリーンフィールド]
帝京大可児 2-2 静岡学園
[帝]鈴木淳之介(44分)、池田陸(45+2分)
[静]玄理吾(8分)、遠藤佑馬(90+5分)

(9月13日)
[TSC天然芝]
名古屋U-18 7-0 四日市中央工
[名]松本皐誠2(30分、61分)、眞鍋隼虎3(39分、57分、76分)、遠山湧斗(71分)、武内翠寿(81分)

グループB
(9月12日)
[時之栖スポーツセンター裾野グラウンドC]
中京大中京 0-1 清水ユース
[清]千葉寛汰(23分)

[藤枝東高]
藤枝東 2-1 清水桜が丘
[藤]前島陵汰(45分)、原聖瑠(90+5分)
[清]岡本航貴(35分)

(9月13日)
[ゆめりあサッカー場]
富士市立 0-3 磐田U-18
[磐]池端今汰(16分)、馬場惇也(32分)、藤原健介(64分)

▼関連リンク
●高円宮杯プレミア&プリンスリーグ2020特集ページ

[スーパープリンスリーグ東海]昨年のプレミアWEST覇者・名古屋U-18が7-0発進。磐田U-18は開幕2連勝:第2節

 高円宮杯JFA U-18サッカースーパープリンスリーグ2020 東海は13日、第2節2日目の2試合を行った。

 昨年、プレミアリーグWEST、日本クラブユース(U-18)選手権、Jユースカップを制している名古屋グランパスU-18(愛知)が初戦で四日市中央工高(三重)と対戦。2年生FW松本皐誠と2年生FW眞鍋隼虎のゴールによって2-0で前半を折り返すと、後半にも5ゴールを加えて7-0で大勝した。眞鍋はハットトリックを記録している。

 また、“プレミア勢”のジュビロ磐田U-18(静岡)はFW池端今汰とFW馬場惇也、そしてU-17日本代表MF藤原健介のゴールによって富士市立高(静岡)に3-0で快勝。開幕2連勝としている。

【第2節】
グループA
(9月12日)
[浜松開誠館総合グラウンド]
浜松開誠館 1-1 JFAアカデミー福島U-18
[浜]オウンゴール(51分)
[J]石山莞太郎(69分)

[中池グリーンフィールド]
帝京大可児 2-2 静岡学園
[帝]鈴木淳之介(44分)、池田陸(45+2分)
[静]玄理吾(8分)、遠藤佑馬(90+5分)

(9月13日)
[TSC天然芝]
名古屋U-18 7-0 四日市中央工
[名]松本皐誠2(30分、61分)、眞鍋隼虎3(39分、57分、76分)、遠山湧斗(71分)、武内翠寿(81分)

グループB
(9月12日)
[時之栖スポーツセンター裾野グラウンドC]
中京大中京 0-1 清水ユース
[清]千葉寛汰(23分)

[藤枝東高]
藤枝東 2-1 清水桜が丘
[藤]前島陵汰(45分)、原聖瑠(90+5分)
[清]岡本航貴(35分)

(9月13日)
[ゆめりあサッカー場]
富士市立 0-3 磐田U-18
[磐]池端今汰(16分)、馬場惇也(32分)、藤原健介(64分)

▼関連リンク
●高円宮杯プレミア&プリンスリーグ2020特集ページ

[プリンスリーグ関東]MF廣澤が後半ATに決勝点!山梨学院が三菱養和撃破!:第2節

 高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2020 関東は13日、第2節2日目の山梨学院高(山梨)対三菱養和SCユース(東京)戦を行った。0-0の後半アディショナルタイムに山梨学院MF廣澤灯喜が決勝点。山梨学院が1-0で勝ち、今季初白星を挙げている。

【第2節】
(9月12日)
[矢板中央高東泉グラウンド]
矢板中央 1-2 鹿島ユース
[矢]高野怜滋(39分)
[鹿]舟崎歩武(66分)、飯塚輝(87分)

[帝京大学グループ千住総合グラウンド]
帝京 1-4 川崎F U-18
[帝]斎藤慈人(28分)
[川]平田流衣3(81分、90+2分、90+4分)、鈴木大登(88分)

[昌平高グラウンド]
昌平 1-3 東京Vユース
[昌]平原隆暉(83分)
[東]粟津一輝(16分)、酒井優希2(70分、74分)

[あずまサッカースタジアム]
桐生一 vs 前橋育英
※延期

(9月13日)
[山梨学院高和戸サッカー場]
山梨学院 1-0 三菱養和SCユース
[山]廣澤灯喜(90分+2)

▼関連リンク
●高円宮杯プレミア&プリンスリーグ2020特集ページ

先発復帰に燃えた川崎F田中碧、覚悟見せた2ゴール「この試合が最後のチャンスだと」

MF田中碧が得点後にガッツポーズ
[9.13 J1第16節 川崎F5-1広島 等々力]

 燃えないはずがなかった。リーグ4試合ぶり、公式戦5試合ぶりの先発復帰となったMF田中碧が2得点を挙げ、川崎フロンターレのゴールラッシュを牽引。ゴール後は2回とも力強いガッツポーズで喜びを爆発させた。

「最後に出た神戸戦が個人として良くなくて、そこから試合に出られない中で今回出番が来た。ここで結果を残さないと試合に出られなくなるだろうなという覚悟を持っていた」

 強烈な危機感に突き動かされ、存在価値を証明した。まずは前半14分、DFジェジエウの縦パスを起点にDF山根視来とのパス交換からペナルティエリア内に侵入。右足グラウンダーで強烈なシュートを放ち、先制ゴール。さらに3-0で迎えた後半5分、長い距離を走ってエリア内に侵入すると、MF齋藤学からのクロスをぴたりとおさめ、冷静に右足で浮かせてGKの頭上を抜いた。

 チャンスと見るやボックス内まで猛然と走り込み、自身初の1試合2得点。「前のポジションを取る、ゴール前に入っていく作業はランニングを含めて誰にも負けない。自分らしさを出すことができたし、1点目も2点目も自分の感覚を信じて決め切ることができた」と手応えをにじませた。

「自分の価値はゴールを決めることだと思っている。インサイドハーフで結果を残せたことは良かった」

 4-3-3をベースにする今季はアンカーを主戦場とするが、この日はインサイドハーフの一角を担った。「4試合スタメンで出ていなかったし、アンカーじゃなくインサイドハーフとしても、この試合が最後のチャンスだと思っていた」。体を張ったシュートブロックも見せ、強度の高い守備でハードワークを完遂した。

 田中がスタメンを外れた期間について、鬼木達監督は「自分らしいプレーをしてほしいと伝えていた。決して悪かったわけではないが少し安全になっていた。前へ前へといく推進力、攻撃も守備もその良さを出してほしいと話していた」と言及。この日の活躍ぶりには「得点は少し期待していましたけど、2点も取ってくれた。ここでしっかり結果を出すところも素晴らしい」と目を細めた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

[プリンスリーグ北海道]札幌U-18、旭川実、札幌一がいずれも快勝で開幕2連勝:第2節

 高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2020 北海道は13日、第2節を行った。

 昨年優勝のコンサドーレ札幌U-18、同2位の旭川実高、そして同3位の札幌一高がいずれも開幕2連勝を飾った。札幌大谷高と対戦した札幌U-18は初戦3発のFW佐藤陽成の先制ゴールなど前半を3-0で折り返すと、後半にも佐藤が加点して4-0で勝利。旭川実はDF串田優斗の先制点やFW渡邊啓吾の2試合連続ゴールなどによって札幌創成高に4-0勝利した。

 また、札幌一はFW岩井一真の先制ゴールやMF岩井雄史の2得点などによって北海道大谷室蘭高を5-0で撃破した。東海大札幌高はFW北本康祐がハットトリックの活躍。駒大苫小牧高に4-0で快勝している。

【第2節】
(9月13日)
[札幌一高]
札幌一 5-0 大谷室蘭
[札]岩井一真(18分)、岩井雄史2(47、78分)、菊地夢翔(90分)、秋山能都(90分+1)

[札幌創成高石狩G]
札幌創成 0-4 旭川実
[旭]串田優斗(11分)、露本賢奏(17分)、渡邊啓吾(29分)、橋本脩平(61分)

[札幌大谷学園丘珠G]
札幌大谷高 0-4 札幌U-18
[U]佐藤陽成2(6分、60分)、幸坂琉輝(10分)、木戸柊摩(44分)

[苫小牧緑ケ丘A]
駒大苫小牧 0-4 東海大札幌
[東]北本康祐3(15分、23分、67分)、佐藤有統(20分)

▼関連リンク
●高円宮杯プレミア&プリンスリーグ2020特集ページ

[プリンスリーグ北信越]1年生MF廣井先制弾の帝京長岡、駒沢3発の金沢U-18、安藤V弾の北越が勝利:第2節

帝京長岡高は2-0で勝利。2年生MF三宅凌太郎(左)は貴重な2点目を挙げた
 高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2020 北信越は13日、第2節を行った。

 グループAで昨年の優勝校・帝京長岡高(新潟)と一昨年の優勝校・新潟明訓高(新潟)が激突。昨年度選手権全国3位でもある帝京長岡が2-0で勝った。前半、帝京長岡は狭い局面を攻略する巧さと前線のスピードを活かして攻撃。またMF川上航立主将と2年生MF三宅凌太郎が中盤でボールを奪い取るなど守備も機能した。一方、新潟明訓は抜群のスピードを持つ2年生MF内藤大夢やFW齋藤悠吾の推進力を活かした攻撃に加え、MF藤田梢紘やCB竹内豊主将が精度も見せる。後半は前からの守備で新潟明訓が押し込んだものの、2年生CB松村晟怜中心に凌いだ帝京長岡は22分、左サイドから崩し、最後はMF糸永誠也のラストパスでPAへ侵入した1年生MF廣井蘭人が先制ゴール。さらに31分には、左サイドへ飛び出した川上のクロスを三宅が頭で合わせて開幕2連勝を飾っている。

 昨年のインターハイ8強の北越高(新潟)と昇格組の松本山雅FC U-18(長野)との一戦(グループA)は、雷の影響で15分ほど遅れてのスタート。前半15分、北越はFKのこぼれ球に反応した10番FW安藤颯士が右足ダイレクトで先制点を叩き出す。右WB下間蓮之介の突破などから2点目を狙う北越に対し、松本は1年生MF近藤広琉の鋭い仕掛けなどから反撃。後半はMF稲福卓主将中心に相手を押し込む時間を増やし、交代出場で推進力を加えた右WB花塚尚生が決定機を迎えるなど北越ゴールを脅かす。北越は21分のピンチをGK平山颯太の好守で逃れると、その後もMF加藤雅久主将やDF下間蔵之介を中心とした3年生DF陣が奮闘。松本も186cmGK神田渉馬がビッグセーブを見せるなど1点差のまま試合を進め、中央、サイドから攻め続けたが、北越が1-0で粘り勝った。

 グループBはツエーゲン金沢U-18(石川)が丸岡高(福井)に3-2で勝った。丸岡のMF田中遥人とDF河上英端にゴールを許し、逆転された金沢だったが、19年U-17日本代表候補FW駒沢直哉がハットトリックの大暴れ。逆転で今季初白星を挙げた。昨年のインターハイ準優勝校・富山一高(富山)と星稜高(石川)とのライバル対決は、星稜FW伊藤士苑が先制点を挙げたが、富山一MF中川晟が同点ゴールを決め、1-1で引き分けている。

【第2節】
グループA
(9月13日)
[帝京長岡高グラウンド]
帝京長岡 2-0 新潟明訓
[帝]廣井蘭人(67分)、三宅凌太郎(76分)

[北越高グラウンド]
北越 1-0 松本U-18
[北]安藤颯士(15分)

グループB
(9月13日)
[金沢市民サッカー場]
金沢U-18 3-2 丸岡
[金]駒沢直哉3(6分、66分、82分)
[丸]田中遥人(21分)、河上英端(25分)

[富山一高グラウンド]
富山一 1-1 星稜
[富]中川晟(49分)
[星]伊藤士苑(5分)
▼関連リンク
●高円宮杯プレミア&プリンスリーグ2020特集ページ

C大阪MF清武の「クオリティー」に指揮官絶賛! 精密ループ弾は「GKを前半から見ていた」

貴重な同点ゴールを決めたセレッソ大阪MF清武弘嗣
[9.13 J1第16節 横浜FM1-2C大阪 日産ス]

 苦しかった前半は味方の預けどころとなり、勢いづいた後半は精密なループシュートとスルーパスで決定的な仕事を連発。セレッソ大阪MF清武弘嗣が大車輪の活躍で逆転勝利を演出した。

 失点直後の後半13分、背番号10の判断と技術が戦況を変えた。「GKが出ているのを前半から見ていた」という清武は右を走るMF坂元達裕からボールをもらうと、ダイレクトで右足を一閃。ふわりとコントロールしたボールをゴール右隅に突き刺した。「タツがボールを持って、来るなと思った瞬間に見たら、GKが出ていたので狙い通りだった」。ロティーナ監督も「チームがやるべきことをやって、個人のクオリティーが重なるとああいう素晴らしいゴールが生まれる」と絶賛の今季4点目だった。

 さらに1-1で迎えた後半19分、今度は左のハーフスペースでボールを持つと、相手のプレッシングを冷静に見極めるようにタメをつくり、絶妙のタイミングで浮き球のスルーパスを供給。これに抜け出したDF片山瑛一が相手DFの一発退場を誘った。「同点ゴールと退場がマリノスに大きなダメージを与えた」(ロティーナ監督)。逆転勝利の後、指揮官が挙げたキーポイントはいずれも清武が導いたものだった。

 また結果に表れないような貢献も随所に見られた。この日の横浜FMは前半から激しいプレッシングをかけ、高い位置でボールを奪う狙いが機能しそうになっていたが、清武にボールが入ったときはなかなか近づけず。「前半にロングボールをなかなか蹴らなかったのは、自分たちがボールを握ってサッカーをしようというのをチームメートに見せたかったから」(清武)。苦しい前半には自らが“逃げ場”をつくると、後半には「引いてゲームをつくろう」とポジションを微修正し、さらに横浜FMのプレッシングを困惑させていた。

 試合後、ロティーナ監督は清武の貢献度について問われて「われわれのキャプテンで、チームのリーダーで、プレー面で落ち着かせるだけじゃなくゴールも決めていて、守備でもハードワークする。彼がチームの模範。彼がプレーすることがチームに良い影響を与える」と最上級の称賛を送った。また出場状況からも信頼感は明らか。今季は新型コロナウイルスの影響で未曾有の過密日程を強いられている中、第3節の清水戦を除く全試合で先発起用が続いている。

 連戦の疲労もあるだろうが、清武自身は「僕にとって試合が続くことがポジティブに捉えているのでそれも好調の一つの要因」と前向きに捉え、「数字にこだわってやっているので強い気持ちはあるし、チャンスがあったらどんどん狙って行こうかなと思っている」とさらなる得点に意欲も。「セレッソとしてやりたいサッカーを突き詰めている段階だし、去年より断然良くなっている」(清武)。そのサッカーの中心には円熟期を迎える背番号10が君臨している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第16節2日目 スコア速報

3連敗で負け越しターンも…横浜FM指揮官「見違えるようなサッカーをしてくれた」

試合中にうつむく横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督
[9.13 J1第16節 横浜FM1-2C大阪 日産ス]

 昨季王者の横浜F・マリノスが今季初の3連敗を喫し、6勝3分8敗の負け越しでシーズンを折り返した。首位を快走する川崎Fとの勝ち点差は23に広がり、残り試合を全勝しても連覇は難しい状況。それでも指揮官は目の前の一戦と向き合い、「やろうとしているサッカー」へのこだわりを強調した。

 J1リーグ戦の17試合目(第16節に加えて前倒し分1試合を消化済み)は、2位のC大阪をホームに迎えた一戦。横浜FMは守備に強みを持つチームに対してピッチを広く使ったパスワークで試合を支配し、後半7分にFWエリキのヘディングシュートで先制に成功した。ところが直後に質の高いミドルシュートを決められると、同19分にはDF伊藤槙人が一発退場。最後はサイドのクオリティーで上回られて失点し、1-2で逆転負けを喫した。

 これで今季初の3連敗。順位表の半分以下でシーズンを折り返すことが決まった。それでもアンジェ・ポステコグルー監督は試合後のオンライン取材で「今日は今季ベストの一つと言える内容だった」と指摘。「試合をコントロールしたし、支配した中でチャンスをたくさん作った。数試合に比べたら見違えるようなサッカーをしてくれたし、勝てなかったのは残念だが、自分たちのサッカーを最後の最後まで表現してくれた」と述べ、この一戦を前向きに振り返った。

「惜しい場面もチャンスも作っていたし、ポストにも2回当たった。GKが弾いたボールに反応すれば1点という場面もあった。やろうとしているサッカーをやろうとすることが大事」。あくまでも一昨季から貫いてきたスタイルと向き合った指揮官。「川崎F戦ではやろうとするサッカーができず、悔しい思いをした。今日はやりたいサッカーを出すことができたので選手たちが誇らしい」とチームを称えた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第16節2日目 スコア速報

川崎Fが14勝2分1敗の首位ターン! 鬼木監督「むしろここからが勝負」

川崎Fが首位で前半戦を折り返した
[9.13 J1第16節 川崎F5-1広島 等々力]

 首位川崎フロンターレはシーズンの半分となる17試合を消化し、14勝2分1敗の勝ち点44で前半戦を折り返した。鬼木達監督は「まだ半分。何も決まっていない。むしろここからが勝負だと、監督1〜3年目もずっと言い続けてきた。ここから気を引き締めてやっていきたい」と2シーズンぶりのタイトル奪還を見据えた。

 ここまでリーグダントツの52得点を記録し(2位の柏が32得点)、1試合平均3.06得点。8ゴール3アシストを記録するルーキーMF三笘薫の活躍が目立ち、分厚い選手層を生かして攻撃力を爆発させている。

 前節でFW宮代大聖がJ1初ゴールとなる決勝点を挙げれば、この日はリーグ4試合ぶりに先発復帰したMF田中碧が2ゴール。3試合ぶり今季2度目の先発となったDF山村和也がミドル弾を挙げるなど攻守に活躍し、日替わりでヒーローが誕生。鬼木監督は「なかなか出番がなかった選手がしっかりと結果を残してくれたのは喜ばしいこと」と称えた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

[プレミアリーグ関東]流経大柏が柏ダービー制す!横浜FMユースは中村ハットで浦和ユース撃破:第2節

 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2020 関東は13日、第2節2日目の2試合を行った。

 流通経済大柏高(千葉)と柏レイソルU-18(千葉)との柏ダービーは流経大柏が2-0で勝った。前半7分にエースFW森山一斗のゴール先制した流経大柏は、シュート数で柏を19-5と大きく上回る。試合終了間際にも交代出場MF高橋知也のアシストから同じく交代出場のMF三好麟大がゴール。また。GK青木翼が守るゴールを最後まで破らせず、無失点で今季初勝利を記録した。

 浦和レッズユース(埼玉)と対戦した横浜F・マリノスユース(神奈川)は、FW星野創輝の先制ゴールとMF中村翼の3得点によって4-1で快勝。今季初白星を挙げている。

【第2節】
(9月12日)
[東京ガス武蔵野苑多目的グランド(人工芝)]
FC東京U-18 2-0 大宮U18
[F]青木友佑(30分)、角昂志郎(39分)

[横浜FC・LEOCトレーニングセンター]
横浜FCユース 3-1 市立船橋
[横]中川敦瑛(39分)、堀越拓馬(44分)、原大貴(90+2分)
[市]平良碧規(64分)

(9月13日)
[流通経済大柏高グラウンド]
流経大柏 2-0 柏U-18
[流]森山一斗(7分)、三好麟大(90分)

[横須賀リーフスタジアム]
横浜FMユース 4-1 浦和ユース
[横]星野創輝(20分)、中村翼3(47分、53分、90+1分)
[浦]工藤孝太(84分)
▼関連リンク
●高円宮杯プレミア&プリンスリーグ2020特集ページ

田中碧2発に山村ミドル弾!日替わりヒーロー輝く川崎F、広島粉砕4連勝で首位ターン

川崎Fが4連勝で首位ターン
[9.13 J1第16節 川崎F5-1広島 等々力]

 J1リーグ第16節が13日に行われ、川崎フロンターレサンフレッチェ広島に5-1で快勝した。リーグ4試合ぶりに先発復帰したMF田中碧の2得点を含むゴールラッシュで川崎Fが4連勝。17試合を終えて14勝2分1敗の勝ち点44、ダントツ首位で前半戦を折り返した。

 川崎Fは9日の神戸戦(○3-2)から5人を入れ替え、DF山村和也、DF車屋紳太郎、田中、MF脇坂泰斗、FWレアンドロ・ダミアンが先発に復帰。対する広島は清水戦(○4-1)から6人を変更。DF野上結貴、MFハイネル、MF青山敏弘、MF柏好文、MF森島司、FWレアンドロ・ペレイラが先発入りした。[スタメン&布陣はコチラ]

 川崎Fが前半14分に均衡を破った。DFジェジエウからの縦パスをFW旗手怜央が落とすと、田中がDF山根視来とのパス交換からペナルティエリア内に侵入。田中は右足グラウンダーで強烈なシュートを放ち、ニアを破った。リーグ4試合ぶり、公式戦5試合ぶりの先発復帰となった22歳が先制ゴールを陥れた。

 劣勢だった広島も押し返し、前半31分にチャンス。MF川辺駿からL・ペレイラへのスルーパスはカットされたが、奪い返した柏がPA内右からクロスを入れ、L・ペレイラがヘディングシュート。決定的な形だったが、カバーに入った山村が冷静にクリアし、難を凌いだ。川崎Fも直後にチャンスを迎え、旗手の絶妙なアーリークロスにFW齋藤学が体勢を崩しながら右足で合わせたが、わずかに枠を外れた。

 1-0で前半を折り返した川崎Fはハーフタイム明けに2枚替え。MF三笘薫とMF大島僚太を投入して攻勢を強め、怒涛のゴールラッシュにつなげた。後半2分、三笘がハイネルをかわしてドリブルで仕掛け、一気にエリア内に侵入。ゴールライン際までえぐって折り返すと、L・ダミアンが流し込んだ。

 さらに後半5分、三笘のドリブル突破が相手DFに対応されたが、クリアボールに山村が反応。山村はPA手前から右足を振り抜き、強烈なミドルシュートを突き刺した。攻撃の手を緩めず、後半8分には齋藤が右サイドからアーリークロスを入れると、抜け出したのは田中。巧みなトラップでおさめ、右足で浮かせてGKの頭上を抜いた。後半43分にはFW小林悠がPKを沈め、ダメ押しの5点目。後半45分にMF浅野雄也が1点を返したが、川崎Fが5-1で勝利した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

プレミア開幕!王者リバプール、開幕スタメン11人のスパイクはこれだ!

開幕スタメンを勝ち取った11人のスパイクリスト公開
[9.12 プレミアリーグ第1節 リバプール 4-3 リーズ]

 プレミアリーグは12日、20-21シーズンの開幕節1日目を行い、FW南野拓実が所属する昨季王者リバプールが昇格組のリーズをホームに迎えた。前半4分に先制したリバプールが3度リードするが、リーズが3度追い付く展開に。しかし後半43分にFWモハメド・サラーが決勝点となるPKを沈め、リバプールが4-3の勝利で白星スタートを切った。ベンチスタートとなった南野の出番はなかった。

 リバプールの開幕スタメンを勝ち取ったメンバー11人の着用スパイクを紹介する。スタメン11人の着用スパイクメーカー内訳はナイキ5人、アディダス4人、ニューバランス1人。アンダーアーマー1人となった。

▼FW 11 モハメド・サラー
アディダス『エックス ゴースト .1』

▼MF 9 ロベルト・フィルミーノ
アディダス『ネメシス 19.1』

▼FW 10 サディオ・マネ
ニューバランス『フューロン V6 プロ』

▼MF 8 ナビ・ケイタ
アディダス『エックス 19.1』

▼MF 14 ジョーダン・ヘンダーソン
ナイキ『ティエンポ レジェンド8』

▼MF 5 ジョルジニオ・ワイナルドゥム
アディダス『エックス 19.1』

▼DF 26 アンドリュー・ロバートソン
ナイキ『ファントムGT』

▼DF 66 トレント・アレクサンダー・アーノルド
アンダーアーマー『クローン マグネティコ プロ』

▼DF 4 フィルヒル・ファン・ダイク
ナイキ『ティエンポ レジェンド8』

▼DF 12 ジョー・ゴメス
ナイキ『ティエンポ レジェンド8』

▼GK 13 アリソン・ベッカー
ナイキ『ティエンポ レジェンド8』

●スパイク専門オンラインストア『ゲキサカFC STORE』

J2が通算19500ゴールを達成! その得点者は意外な結果に…?

DF水本裕貴のオウンゴールがJ2通算19500ゴール目に
 Jリーグは13日、J2リーグ通算19500ゴールが記録されたことを発表した。該当試合は第19節のアビスパ福岡FC町田ゼルビア戦。福岡は前半14分に得点を挙げたものの、得点者はおらず。記録はオウンゴールだった。

 福岡は前半14分に先制に成功。FW木戸皓貴が左サイドでボールをキープし、パスを受けたMF鈴木惇が左足でPA内にクロスを送る。ニアサイドのMF東家聡樹が頭でそらすと、ゴール前の町田DF水本裕貴の足に当たり、そのままゴールマウスに吸い込まれた。記録はオウンゴールとなり、これが19500ゴール目に。J2通算得点記録では初の該当者なしとなった。

 町田は前半30分、オウンゴールしてしまった水本の得点で1-1の同点に追いつく。しかし、福岡が同43分にFWフアンマ・デルガドが勝ち越しゴールを挙げ、試合はそのまま2-1で福岡が勝利を収めた。

 直近のJ2通算ゴール記録では、19000ゴールが2019年11月24日のJ2第42節・福岡対鹿児島ユナイテッドFC戦。このときも福岡が記録しており、DF山田将之がその得点者となっていた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

J2が通算19500ゴールを達成! その得点者は意外な結果に…?

DF水本裕貴のオウンゴールがJ2通算19500ゴール目に
 Jリーグは13日、J2リーグ通算19500ゴールが記録されたことを発表した。該当試合は第19節のアビスパ福岡FC町田ゼルビア戦。福岡は前半14分に得点を挙げたものの、得点者はおらず。記録はオウンゴールだった。

 福岡は前半14分に先制に成功。FW木戸皓貴が左サイドでボールをキープし、パスを受けたMF鈴木惇が左足でPA内にクロスを送る。ニアサイドのMF東家聡樹が頭でそらすと、ゴール前の町田DF水本裕貴の足に当たり、そのままゴールマウスに吸い込まれた。記録はオウンゴールとなり、これが19500ゴール目に。J2通算得点記録では初の該当者なしとなった。

 町田は前半30分、オウンゴールしてしまった水本の得点で1-1の同点に追いつく。しかし、福岡が同43分にFWフアンマ・デルガドが勝ち越しゴールを挙げ、試合はそのまま2-1で福岡が勝利を収めた。

 直近のJ2通算ゴール記録では、19000ゴールが2019年11月24日のJ2第42節・福岡対鹿児島ユナイテッドFC戦。このときも福岡が記録しており、DF山田将之がその得点者となっていた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

京都vs琉球 試合記録

【J2第19節】(サンガS)
京都 1-0(前半0-0)琉球


<得点者>
[京]野田隆之介(61分)

<警告>
[京]ピーター・ウタカ(42分)
[琉]田中恵太(66分)、福井諒司(79分)、李栄直(90分+1)

観衆:2,972人
主審:村上伸次
副審:武部陽介、植田文平

<出場メンバー>
[京都サンガF.C.]
先発
GK 34 若原智哉
DF 2 飯田貴敬
(90分+5→MF 41 金久保順)
DF 5 黒木恭平
DF 23 ヨルディ・バイス
DF 25 上夷克典
DF 46 森脇良太
MF 10 庄司悦大
MF 11 曽根田穣
(87分→MF 24 川崎颯太)
MF 31 福岡慎平
FW 9 ピーター・ウタカ
(90分+5→DF 16 安藤淳)
FW 18 野田隆之介
(88分→MF 22 谷内田哲平)
控え
GK 21 清水圭介
MF 29 中野克哉
MF 8 荒木大吾
監督
實好礼忠

[FC琉球]
先発
GK 1 ダニー・カルバハル
DF 11 田中恵太
(76分→DF 38 上原牧人)
DF 9 李栄直
DF 3 福井諒司
(86分→DF 15 知念哲矢)
DF 14 沼田圭悟
MF 20 上里一将
MF 29 市丸瑞希
MF 8 風間宏矢
(76分→MF 18 山口和樹)
MF 13 河合秀人
(86分→MF 23 池田廉)
MF 28 小泉佳穂
(65分→FW 21 上原慎也)
FW 16 阿部拓馬
控え
GK 26 田口潤人
MF 10 富所悠
監督
樋口靖洋

京都vs琉球 試合記録

【J2第19節】(サンガS)
京都 1-0(前半0-0)琉球


<得点者>
[京]野田隆之介(61分)

<警告>
[京]ピーター・ウタカ(42分)
[琉]田中恵太(66分)、福井諒司(79分)、李栄直(90分+1)

観衆:2,972人
主審:村上伸次
副審:武部陽介、植田文平

<出場メンバー>
[京都サンガF.C.]
先発
GK 34 若原智哉
DF 2 飯田貴敬
(90分+5→MF 41 金久保順)
DF 5 黒木恭平
DF 23 ヨルディ・バイス
DF 25 上夷克典
DF 46 森脇良太
MF 10 庄司悦大
MF 11 曽根田穣
(87分→MF 24 川崎颯太)
MF 31 福岡慎平
FW 9 ピーター・ウタカ
(90分+5→DF 16 安藤淳)
FW 18 野田隆之介
(88分→MF 22 谷内田哲平)
控え
GK 21 清水圭介
MF 29 中野克哉
MF 8 荒木大吾
監督
實好礼忠

[FC琉球]
先発
GK 1 ダニー・カルバハル
DF 11 田中恵太
(77分→DF 38 上原牧人)
DF 9 李栄直
DF 3 福井諒司
(86分→DF 15 知念哲矢)
DF 14 沼田圭悟
MF 20 上里一将
MF 29 市丸瑞希
MF 8 風間宏矢
(77分→MF 18 山口和樹)
MF 13 河合秀人
(86分→MF 23 池田廉)
MF 28 小泉佳穂
(65分→FW 21 上原慎也)
FW 16 阿部拓馬
控え
GK 26 田口潤人
MF 10 富所悠
監督
樋口靖洋

水戸vs山口 試合記録

【J2第19節】(Ksスタ)
水戸 4-2(前半1-0)山口


<得点者>
[水]山口一真2(20分、52分)、中山仁斗(57分)、アレフ・ピットブル(90分)
[山]高井和馬(61分)、小松蓮(66分)

<警告>
[水]安東輝(32分)、乾貴哉(41分)
[山]ヘナン(25分)

観衆:1,353人
主審:榎本一慶
副審:堀越雅弘、清野裕介

<出場メンバー>
[水戸ホーリーホック]
先発
GK 50 松井謙弥
DF 3 前嶋洋太
DF 4 ンドカ・ボニフェイス
DF 24 細川淳矢
DF 28 乾貴哉
(73分→MF 7 山田康太)
MF 17 河野諒祐
MF 20 森勇人
(86分→DF 2 住吉ジェラニレショーン)
MF 8 安東輝
(46分→MF 25 平塚悠知)
MF 10 山口一真
(75分→FW 48 アレフ・ピットブル)
FW 15 奥田晃也
FW 9 中山仁斗
(75分→MF 27 松崎快)
控え
GK 1 本間幸司
DF 13 岸田翔平
監督
秋葉忠宏

[レノファ山口FC]
先発
GK 17 吉満大介
DF 28 眞鍋旭輝
DF 30 ヘニキ
DF 3 ヘナン
MF 29 田中陸
(67分→MF 26 川井歩)
MF 5 佐藤健太郎
(46分→MF 24 安在和樹)
MF 10 池上丈二
MF 7 田中パウロ淳一
(56分→FW 11 高井和馬)
FW 8 村田和哉
(56分→FW 19 森晃太)
FW 9 イウリ
(56分→FW 18 小松蓮)
FW 16 浮田健誠
控え
GK 33 山田元気
DF 41 武岡優斗
監督
霜田正浩

水戸vs山口 試合記録

【J2第19節】(Ksスタ)
水戸 4-2(前半1-0)山口


<得点者>
[水]山口一真2(20分、52分)、中山仁斗(57分)、アレフ・ピットブル(90分)
[山]高井和馬(61分)、小松蓮(66分)

<警告>
[水]安東輝(32分)、乾貴哉(41分)
[山]ヘナン(25分)

観衆:1,353人
主審:榎本一慶
副審:堀越雅弘、清野裕介

<出場メンバー>
[水戸ホーリーホック]
先発
GK 50 松井謙弥
DF 3 前嶋洋太
DF 4 ンドカ・ボニフェイス
DF 24 細川淳矢
DF 28 乾貴哉
(73分→MF 7 山田康太)
MF 17 河野諒祐
MF 20 森勇人
(86分→DF 2 住吉ジェラニレショーン)
MF 8 安東輝
(46分→MF 25 平塚悠知)
MF 10 山口一真
(75分→FW 48 アレフ・ピットブル)
FW 15 奥田晃也
FW 9 中山仁斗
(75分→MF 27 松崎快)
控え
GK 1 本間幸司
DF 13 岸田翔平
監督
秋葉忠宏

[レノファ山口FC]
先発
GK 17 吉満大介
DF 28 眞鍋旭輝
DF 30 ヘニキ
DF 3 ヘナン
MF 29 田中陸
(67分→MF 26 川井歩)
MF 5 佐藤健太郎
(46分→MF 24 安在和樹)
MF 10 池上丈二
MF 7 田中パウロ淳一
(56分→FW 11 高井和馬)
FW 8 村田和哉
(56分→FW 19 森晃太)
FW 9 イウリ
(56分→FW 18 小松蓮)
FW 16 浮田健誠
控え
GK 33 山田元気
DF 41 武岡優斗
監督
霜田正浩

大宮vs山形 試合記録

【J2第19節】(NACK)
大宮 1-1(前半1-0)山形


<得点者>
[大]小島幹敏(5分)
[山]岡崎建哉(54分)

<警告>
[大]渡部大輔(64分)、小島幹敏(90分)

観衆:2,084人
主審:先立圭吾
副審:櫻井大輔、、塚田健太

<出場メンバー>
[大宮アルディージャ]
先発
GK 40 フィリップ・クリャイッチ
DF 13 渡部大輔
DF 50 畑尾大翔
DF 3 河本裕之
DF 4 ヴィターリス・マクシメンコ
DF 6 河面旺成
MF 41 小野雅史
MF 7 三門雄大
(75分→MF 15 大山啓輔)
MF 26 小島幹敏
(90分+2→FW 28 富山貴光)
MF 9 菊地俊介
(63分→FW 27 戸島章)
FW 19 イバ
(75分→FW 37 高田颯也)
控え
GK 46 松本健太
DF 24 西村慧祐
MF 18 イッペイ・シノヅカ
監督
高木琢也

[モンテディオ山形]
先発
GK 21 櫛引政敏
DF 6 山田拓巳
DF 23 熊本雄太
DF 5 野田裕喜
DF 19 松本怜大
MF 18 南秀仁
(62分→MF 10 中村充孝)
MF 7 岡崎建哉
MF 17 中村駿
MF 20 加藤大樹
(75分→MF 25 末吉塁)
FW 9 ヴィニシウス・アラウージョ
(62分→FW 16 北川柊斗)
FW 11 山岸祐也
控え
GK 30 佐藤昭大
DF 36 小野田将人
MF 14 本田拓也
FW 13 大槻周平
監督
石丸清隆

大宮vs山形 試合記録

【J2第19節】(NACK)
大宮 1-1(前半1-0)山形


<得点者>
[大]小島幹敏(5分)
[山]岡崎建哉(54分)

<警告>
[大]渡部大輔(64分)、小島幹敏(90分)

観衆:2,084人
主審:先立圭吾
副審:櫻井大輔、、塚田健太

<出場メンバー>
[大宮アルディージャ]
先発
GK 40 フィリップ・クリャイッチ
DF 13 渡部大輔
DF 50 畑尾大翔
DF 3 河本裕之
DF 4 ヴィターリス・マクシメンコ
DF 6 河面旺成
MF 41 小野雅史
MF 7 三門雄大
(75分→MF 15 大山啓輔)
MF 26 小島幹敏
(90分+2→FW 28 富山貴光)
MF 9 菊地俊介
(63分→FW 27 戸島章)
FW 19 イバ
(75分→FW 37 高田颯也)
控え
GK 46 松本健太
DF 24 西村慧祐
MF 18 イッペイ・シノヅカ
監督
高木琢也

[モンテディオ山形]
先発
GK 21 櫛引政敏
DF 6 山田拓巳
DF 23 熊本雄太
DF 5 野田裕喜
DF 19 松本怜大
MF 18 南秀仁
(62分→MF 10 中村充孝)
MF 7 岡崎建哉
MF 17 中村駿
MF 20 加藤大樹
(75分→MF 25 末吉塁)
FW 9 ヴィニシウス・アラウージョ
(62分→FW 16 北川柊斗)
FW 11 山岸祐也
控え
GK 30 佐藤昭大
DF 36 小野田将人
MF 14 本田拓也
FW 13 大槻周平
監督
石丸清隆

G大阪vs湘南 試合記録

【J1第16節】(パナスタ)
G大阪 0-1(前半0-0)湘南


<得点者>
[湘]大野和成(74分)

<警告>
[湘]齊藤未月(11分)、岡本拓也(56分)

観衆:4,788人
主審:小屋幸栄
副審:越智新次、西村幹也
「ボールへの執着心」で湘南トンネル脱出!9試合ぶり白星!!敵地でG大阪撃破

<出場メンバー>
[ガンバ大阪]
先発
GK 1 東口順昭
DF 3 昌子源
DF 5 三浦弦太
DF 27 高尾瑠
MF 8 小野瀬康介
MF 10 倉田秋
(79分→MF 7 遠藤保仁)
MF 14 福田湧矢
MF 15 井手口陽介
(83分→MF 34 川崎修平)
MF 29 山本悠樹
(79分→FW 18 パトリック)
FW 33 宇佐美貴史
FW 39 渡邉千真
(73分→FW 9 アデミウソン)
控え
GK 16 一森純
DF 13 菅沼駿哉
DF 4 藤春廣輝
監督
宮本恒靖

[湘南ベルマーレ]
先発
GK 1 富居大樹
DF 22 大岩一貴
DF 4 坂圭祐
DF 8 大野和成
MF 6 岡本拓也
MF 23 茨田陽生
(75分→FW 20 岩崎悠人)
MF 2 金子大毅
MF 16 齊藤未月
(86分→MF 30 柴田壮介)
MF 38 石原広教
FW 18 松田天馬
(88分→DF 19 舘幸希)
FW 13 石原直樹
(88分→FW 9 指宿洋史)
控え
GK 21 後藤雅明
MF 29 三幸秀稔
MF 5 古林将太
監督
浮嶋敏

G大阪vs湘南 試合記録

【J1第16節】(パナスタ)
G大阪 0-1(前半0-0)湘南


<得点者>
[湘]大野和成(75分)

<警告>
[湘]齊藤未月(11分)、岡本拓也(56分)

観衆:4,788人
主審:小屋幸栄
副審:越智新次、西村幹也
「ボールへの執着心」で湘南トンネル脱出!9試合ぶり白星!!敵地でG大阪撃破

<出場メンバー>
[ガンバ大阪]
先発
GK 1 東口順昭
DF 3 昌子源
DF 5 三浦弦太
DF 27 高尾瑠
MF 8 小野瀬康介
MF 10 倉田秋
(79分→MF 7 遠藤保仁)
MF 14 福田湧矢
MF 15 井手口陽介
(83分→MF 34 川崎修平)
MF 29 山本悠樹
(79分→FW 18 パトリック)
FW 33 宇佐美貴史
FW 39 渡邉千真
(73分→FW 9 アデミウソン)
控え
GK 16 一森純
DF 13 菅沼駿哉
DF 4 藤春廣輝
監督
宮本恒靖

[湘南ベルマーレ]
先発
GK 1 富居大樹
DF 22 大岩一貴
DF 4 坂圭祐
DF 8 大野和成
MF 6 岡本拓也
MF 23 茨田陽生
(75分→FW 20 岩崎悠人)
MF 2 金子大毅
MF 16 齊藤未月
(86分→MF 30 柴田壮介)
MF 38 石原広教
FW 18 松田天馬
(88分→DF 19 舘幸希)
FW 13 石原直樹
(88分→FW 9 指宿洋史)
控え
GK 21 後藤雅明
MF 29 三幸秀稔
MF 5 古林将太
監督
浮嶋敏

「ボールへの執着心」で湘南トンネル脱出!9試合ぶり白星!!敵地でG大阪撃破

「ボールへの執着心」で湘南トンネル脱出!9試合ぶり白星!!敵地でG大阪撃破
[9.13 J1第16節 G大阪0-1湘南 パナスタ]

 湘南ベルマーレが敵地でガンバ大阪を1-0で下した。湘南の勝利は7月22日の鹿島戦以来で今季2勝目。G大阪は2試合連続の無得点で2連敗となった。

 湘南がトンネルを抜けた。決勝点は0-0で迎えた後半29分、湘南は右サイドへのMF岡本拓也へのサイドチェンジからチャンスを伺うと、マイナスのパスをMFc齊藤未月が素早くゴール前に入れる。これがDFラインの間を抜けて前線に残っていたDF大野和成にピタリ。左足で蹴り込んで均衡を破った。

 あとはこの1点を守り抜く。最終盤にはDF大岩一貴がDFパトリックの肘が顔面に入ってしまうアクシデントがあり、流血するハプニングがあるが、全員が体を張った守備でG大阪の攻撃を跳ね返していく。虎の子に一点を守り抜き、試合終了のホイッスルが鳴ると、MF石原広教はその場から動けなくなるほど全員が力を出し切った。

 決勝点を奪った大野は「みんながひとつのボールに対して執着心を持ってやれた結果だと思う」と胸を張ると、「湘南ベルマーレの原点を取り戻していこうとやっていた中で、ここ2試合はいい形が続いていた。今日は結果に表れてよかった」と話した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「ボールへの執着心」で湘南トンネル脱出!9試合ぶり白星!!敵地でG大阪撃破

「ボールへの執着心」で湘南トンネル脱出!9試合ぶり白星!!敵地でG大阪撃破
[9.13 J1第16節 G大阪0-1湘南 パナスタ]

 湘南ベルマーレが敵地でガンバ大阪を1-0で下した。湘南の勝利は7月22日の鹿島戦以来で今季2勝目。G大阪は2試合連続の無得点で2連敗となった。

 湘南がトンネルを抜けた。決勝点は0-0で迎えた後半29分、湘南は右サイドへのMF岡本拓也へのサイドチェンジからチャンスを伺うと、マイナスのパスをMFc齊藤未月が素早くゴール前に入れる。これがDFラインの間を抜けて前線に残っていたDF大野和成にピタリ。左足で蹴り込んで均衡を破った。

 あとはこの1点を守り抜く。最終盤にはDF大岩一貴がDFパトリックの肘が顔面に入ってしまうアクシデントがあり、流血するハプニングがあるが、全員が体を張った守備でG大阪の攻撃を跳ね返していく。虎の子に一点を守り抜き、試合終了のホイッスルが鳴ると、MF石原広教はその場から動けなくなるほど全員が力を出し切った。

 決勝点を奪った大野は「みんながひとつのボールに対して執着心を持ってやれた結果だと思う」と胸を張ると、「湘南ベルマーレの原点を取り戻していこうとやっていた中で、ここ2試合はいい形が続いていた。今日は結果に表れてよかった」と話した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

北九州vs新潟 試合記録

【J2第19節】(ミクスタ)
北九州 2-1(前半1-0)新潟


<得点者>
[北]福森健太(11分)、野口航(49分)
[新]ファビオ(54分)

<警告>
[北]高橋大悟(53分)

観衆:2,894人
主審:上田益也
副審:松井健太郎、塩津祐介
首位北九州、2位&3位ら後続を突き放す2連勝!! 新潟は反撃及ばず2戦ぶり黒星

<出場メンバー>
[ギラヴァンツ北九州]
先発
GK 31 永井堅梧
DF 3 福森健太
DF 6 岡村和哉
DF 15 野口航
DF 16 村松航太
MF 10 高橋大悟
(89分→DF 4 川上竜)
MF 17 加藤弘堅
MF 25 國分伸太郎
(90分+4→MF 19 永野雄大)
MF 39 椿直起
(74分→FW 7 佐藤亮)
FW 9 ディサロ燦シルヴァーノ
(74分→FW 28 鈴木国友)
FW 18 町野修斗
控え
GK 1 高橋拓也
MF 26 斧澤隼輝
FW 11 池元友樹
監督
小林伸二

[アルビレックス新潟]
先発
GK 22 小島亨介
DF 2 新井直人
DF 3 マウロ
DF 5 舞行龍ジェームズ
DF 7 荻原拓也
MF 17 福田晃斗
MF 20 島田譲
(60分→FW 49 鄭大世)
MF 13 中島元彦
(70分→MF 24 ロメロ・フランク)
MF 10 本間至恩
FW 9 ファビオ
FW 11 渡邉新太
控え
GK 41 藤田和輝
DF 28 早川史哉
DF 31 堀米悠斗
DF 50 田上大地
MF 33 高木善朗
監督
アルベルト

北九州vs新潟 試合記録

【J2第19節】(ミクスタ)
北九州 2-1(前半1-0)新潟


<得点者>
[北]福森健太(11分)、野口航(49分)
[新]ファビオ(54分)

<警告>
[北]高橋大悟(53分)

観衆:2,894人
主審:上田益也
副審:松井健太郎、塩津祐介
首位北九州、2位&3位ら後続を突き放す2連勝!! 新潟は反撃及ばず2戦ぶり黒星

<出場メンバー>
[ギラヴァンツ北九州]
先発
GK 31 永井堅梧
DF 3 福森健太
DF 6 岡村和哉
DF 15 野口航
DF 16 村松航太
MF 10 高橋大悟
(89分→DF 4 川上竜)
MF 17 加藤弘堅
MF 25 國分伸太郎
(90分+4→MF 19 永野雄大)
MF 39 椿直起
(74分→FW 7 佐藤亮)
FW 9 ディサロ燦シルヴァーノ
(74分→FW 28 鈴木国友)
FW 18 町野修斗
控え
GK 1 高橋拓也
MF 26 斧澤隼輝
FW 11 池元友樹
監督
小林伸二

[アルビレックス新潟]
先発
GK 22 小島亨介
DF 2 新井直人
DF 3 マウロ
DF 5 舞行龍ジェームズ
DF 7 荻原拓也
MF 17 福田晃斗
MF 20 島田譲
(60分→FW 49 鄭大世)
MF 13 中島元彦
(70分→MF 24 ロメロ・フランク)
MF 10 本間至恩
FW 9 ファビオ
FW 11 渡邉新太
控え
GK 41 藤田和輝
DF 28 早川史哉
DF 31 堀米悠斗
DF 50 田上大地
MF 33 高木善朗
監督
アルベルト

鳥栖vs柏 試合記録

【J1第16節】(駅スタ)
鳥栖 2-1(前半1-1)柏


<得点者>
[鳥]林大地(45分)、原川力(48分)
[柏]オルンガ(25分)

<警告>
[鳥]梁勇基(83分)
[柏]三原雅俊(59分)、仲間隼斗(82分)、ヒシャルジソン(88分)

観衆:4,165人
主審:山本雄大
副審:和角敏之、田中利幸
ルーキーFW林大地が3戦連発!! オルンガ弾で先制許すも…鳥栖、原川の美弾で柏に逆転勝利

<出場メンバー>
[サガン鳥栖]
先発
GK 1 守田達弥
DF 2 原輝綺
DF 41 松岡大起
DF 3 エドゥアルド
MF 6 内田裕斗
(66分→MF 50 梁勇基)
MF 30 樋口雄太
MF 4 原川力
MF 47 中野伸哉
(46分→DF 28 森下龍矢)
FW 33 石井快征
(66分→FW 7 金森健志)
FW 16 林大地
(77分→FW 11 豊田陽平)
FW 22 小屋松知哉
(79分→MF 23 本田風智)
控え
GK 18 高丘陽平
DF 8 岩下敬輔
監督
金明輝

[柏レイソル]
先発
GK 17 キム・スンギュ
DF 6 高橋峻希
(46分→DF 13 北爪健吾)
DF 2 鎌田次郎
DF 4 古賀太陽
DF 20 三丸拡
MF 27 三原雅俊
(62分→MF 33 仲間隼斗)
MF 7 大谷秀和
(66分→MF 8 ヒシャルジソン)
MF 28 戸嶋祥郎
MF 10 江坂任
FW 14 オルンガ
FW 19 呉屋大翔
(75分→FW 37 鵜木郁哉)
控え
GK 1 桐畑和繁
DF 24 川口尚紀
MF 5 小林祐介
監督
ネルシーニョ

横浜FMvsC大阪 試合記録

【J1第16節】(日産ス)
横浜FM 1-2(前半0-0)C大阪


<得点者>
[横]エリキ(52分)
[C]清武弘嗣(58分)、高木俊幸(86分)

<退場>
[横]伊藤槙人(65分)

<警告>
[横]ティーラトン(56分)

観衆:4,918人
主審:今村義朗
副審:西橋勲、村井良輔
清武ミドル&高木1年2か月ぶり弾で逆転成功! C大阪が5連勝達成、王者・横浜FMは負け越しで前半戦終了
3連敗で負け越しターンも…横浜FM指揮官「見違えるようなサッカーをしてくれた」
C大阪MF清武の「クオリティー」に指揮官絶賛! 精密ループ弾は「GKを前半から見ていた」
1年2か月ぶり弾! ワンタッチ決勝点のC大阪FW高木俊幸「タツに感謝したい」


<出場メンバー>
[横浜F・マリノス]
先発
GK 21 梶川裕嗣
DF 15 伊藤槙人
DF 13 チアゴ・マルチンス
DF 44 畠中槙之輔
MF 25 小池龍太
MF 26 渡辺皓太
(72分→MF 6 扇原貴宏)
MF 33 和田拓也
(72分→MF 8 喜田拓也)
MF 5 ティーラトン
FW 9 マルコス・ジュニオール
(84分→MF 18 水沼宏太)
FW 37 ジュニオール・サントス
(77分→FW 38 前田大然)
FW 17 エリキ
(72分→FW 23 仲川輝人)
控え
GK 34 中林洋次
FW 45 オナイウ阿道
監督
アンジェ・ポステコグルー

[セレッソ大阪]
先発
GK 21 キム・ジンヒョン
DF 2 松田陸
DF 15 瀬古歩夢
DF 16 片山瑛一
DF 22 マテイ・ヨニッチ
MF 3 木本恭生
(66分→FW 13 高木俊幸)
MF 6 レアンドロ・デサバト
MF 10 清武弘嗣
(83分→DF 14 丸橋祐介)
MF 17 坂元達裕
FW 9 都倉賢
(72分→FW 18 鈴木孝司)
FW 25 奥埜博亮
控え
GK 1 永石拓海
MF 30 喜田陽
MF 49 西川潤
FW 42 藤尾翔太
監督
ロティーナ

清武ミドル&高木1年2か月ぶり弾で逆転成功! C大阪が5連勝達成、王者・横浜FMは負け越しで前半戦終了

清武ミドル&高木1年2か月ぶり弾で逆転成功! C大阪が5連勝達成、王者・横浜FMは負け越しで前半戦終了
[9.13 J1第16節 横浜FM1-2C大阪 日産ス]

 J1リーグは13日、第16節を行い、セレッソ大阪横浜F・マリノスを2-1で破った。後半立ち上がりに微妙な判定で失点したが、そこからの攻勢で相手を数的不利に追い込みつつ見事逆転し、5連勝を達成。一方、敗れた昨季王者の横浜FMは6勝3分8敗と負け越した状態でシーズンを折り返した。

 互いに前節から中3日での一戦。横浜FMは名古屋戦(●1-2)から7人を入れ替えながらも3-4-3の新システムを継続し、GK梶川裕嗣、DF伊藤槙人、DF小池龍太、MF渡辺皓太、MF和田拓也、MFティーラトン、FWエリキを新たに起用した。対するC大阪は札幌戦(○2-0)から2人を変更。DF片山瑛一とMFレアンドロ・デサバトが新たに入った。

 最初のビッグチャンスはC大阪。前半3分、右サイドからのMF清武弘嗣のFKにFW都倉賢が頭で合わせるも、梶川の的確なポジション取りに阻まれた。すると横浜FMも4分、カウンターから左サイドを駆け上がった小池がクロスを送ると、FWジュニオール・サントスがつないでエリキがシュート。クロスバーの跳ね返りをJ・サントスが頭で押し込もうとしたが、片山がゴールライン付近でクリアした。

 その後はC大阪のビルドアップに対し、横浜FMがハイプレスで封鎖するような構図が続く。前半20分、C大阪はプレッシングをうまくいなした瀬古のミドルパスを起点にチャンスを創出。このボールを清武が頭でフリックし、左サイドに抜け出した都倉が素早く縦に出したが、MF奥埜博亮の突破はDF畠中槙之輔に阻まれ、良い形でのシュートにはつなげられなかった。

 横浜FMは前半25分、和田からのパスを受けたエリキが強烈なミドルシュートを放つもクロスバーに直撃。29分にも鋭い突破を見せたエリキがペナルティエリア内右から狙ったが、瀬古にスライディングでブロックされた。その後もサイドをうまく使った攻撃から次々とシュートチャンスを迎えた横浜FMだったが、フィニッシュの精度を欠いてゴールに至らず。0-0のままハーフタイムを迎えた。

 ようやく試合が動いたのは後半7分だった。横浜FMは右のハーフスペースでボールを受けた渡辺が左サイドに展開すると、オフサイド気味に飛び出したFWマルコス・ジュニオールがクロスを供給。ゴール前でフリーになっていたエリキが頭で合わせ、ゴール右隅に流し込んだ。横浜FMは9分にもJ・サントスがフリーでヘディングシュートを放つも、これは惜しくも枠を外れた。

 C大阪は後半10分、L・デサバトとのパス交換からFW奥埜博亮が左足で狙ったがシュートはゴールマウスの左外。11分には清武のFKから都倉が頭で狙うも、梶川のビッグセーブに阻まれた。それでも13分、DF松田陸の斜めのパスをMF坂元達裕が収めて左に流すと、後ろから走り込んだ清武が右足ダイレクトでシュート。力みのないボールがゴール左隅に吸い込まれ、すぐさま同点に追いついた。

 C大阪は後半19分、、右サイドでボールを奪った坂元が都倉につなぎ、左サイドにボールが展開されると、パスを受けた清武が背後にボールを配給。後方から走り込んだ片山が抜け出し、後方から伊藤に倒された。今村義朗主審は伊藤が決定機を阻止したとして一発レッドカードを提示。ここで獲得したC大阪のFKは清武が枠を外したものの、横浜FMは10人で戦う形となった。

 横浜FMは後半25分、エリキ、和田、渡辺に代わってMF扇原貴宏、MF喜田拓也、FW仲川輝人を投入。C大阪は数的優位になった後、都倉とMF木本恭生を下げてFW高木俊幸とFW鈴木孝司を入れた。C大阪は36分、松田のクロスに鈴木がニアで反応するも相手DFが阻止。横浜FMは39分、途中出場FW前田大然が強引な突破から右足で狙ったが枠を外れた。

 すると後半41分、C大阪がついにスコアを動かした。右サイドでボールを受けた坂元が次々とフェイントを繰り出してティーラトンを抜き去ると、鋭いグラウンダーのクロスを供給。ゴール前で待っていた高木がワンタッチで流し込んだ。腰の負傷を乗り越えた高木は昨年7月13日の第19節名古屋戦以来となるリーグ戦での得点。これが決勝点となり、C大阪が5連勝を果たした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第16節2日目 スコア速報

清武ミドル&高木1年2か月ぶり弾で逆転成功! C大阪が5連勝達成、王者・横浜FMは負け越しで前半戦終了

清武ミドル&高木1年2か月ぶり弾で逆転成功! C大阪が5連勝達成、王者・横浜FMは負け越しで前半戦終了
[9.13 J1第16節 横浜FM1-2C大阪 日産ス]

 J1リーグは13日、第16節を行い、セレッソ大阪横浜F・マリノスを2-1で破った。後半立ち上がりに微妙な判定で失点したが、そこからの攻勢で相手を数的不利に追い込みつつ見事逆転し、5連勝を達成。一方、敗れた昨季王者の横浜FMは6勝3分8敗と負け越した状態でシーズンを折り返した。

 互いに前節から中3日での一戦。横浜FMは名古屋戦(●1-2)から7人を入れ替えながらも3-4-3の新システムを継続し、GK梶川裕嗣、DF伊藤槙人、DF小池龍太、MF渡辺皓太、MF和田拓也、MFティーラトン、FWエリキを新たに起用した。対するC大阪は札幌戦(○2-0)から2人を変更。DF片山瑛一とMFレアンドロ・デサバトが新たに入った。

 最初のビッグチャンスはC大阪。前半3分、右サイドからのMF清武弘嗣のFKにFW都倉賢が頭で合わせるも、梶川の的確なポジション取りに阻まれた。すると横浜FMも4分、カウンターから左サイドを駆け上がった小池がクロスを送ると、FWジュニオール・サントスがつないでエリキがシュート。クロスバーの跳ね返りをJ・サントスが頭で押し込もうとしたが、片山がゴールライン付近でクリアした。

 その後はC大阪のビルドアップに対し、横浜FMがハイプレスで封鎖するような構図が続く。前半20分、C大阪はプレッシングをうまくいなした瀬古のミドルパスを起点にチャンスを創出。このボールを清武が頭でフリックし、左サイドに抜け出した都倉が素早く縦に出したが、MF奥埜博亮の突破はDF畠中槙之輔に阻まれ、良い形でのシュートにはつなげられなかった。

 横浜FMは前半25分、和田からのパスを受けたエリキが強烈なミドルシュートを放つもクロスバーに直撃。29分にも鋭い突破を見せたエリキがペナルティエリア内右から狙ったが、瀬古にスライディングでブロックされた。その後もサイドをうまく使った攻撃から次々とシュートチャンスを迎えた横浜FMだったが、フィニッシュの精度を欠いてゴールに至らず。0-0のままハーフタイムを迎えた。

 ようやく試合が動いたのは後半7分だった。横浜FMは右のハーフスペースでボールを受けた渡辺が左サイドに展開すると、オフサイド気味に飛び出したFWマルコス・ジュニオールがクロスを供給。ゴール前でフリーになっていたエリキが頭で合わせ、ゴール右隅に流し込んだ。横浜FMは9分にもJ・サントスがフリーでヘディングシュートを放つも、これは惜しくも枠を外れた。

 C大阪は後半10分、L・デサバトとのパス交換からFW奥埜博亮が左足で狙ったがシュートはゴールマウスの左外。11分には清武のFKから都倉が頭で狙うも、梶川のビッグセーブに阻まれた。それでも13分、DF松田陸の斜めのパスをMF坂元達裕が収めて左に流すと、後ろから走り込んだ清武が右足ダイレクトでシュート。力みのないボールがゴール左隅に吸い込まれ、すぐさま同点に追いついた。

 C大阪は後半19分、、右サイドでボールを奪った坂元が都倉につなぎ、左サイドにボールが展開されると、パスを受けた清武が背後にボールを配給。後方から走り込んだ片山が抜け出し、後方から伊藤に倒された。今村義朗主審は伊藤が決定機を阻止したとして一発レッドカードを提示。ここで獲得したC大阪のFKは清武が枠を外したものの、横浜FMは10人で戦う形となった。

 横浜FMは後半25分、エリキ、和田、渡辺に代わってMF扇原貴宏、MF喜田拓也、FW仲川輝人を投入。C大阪は数的優位になった後、都倉とMF木本恭生を下げてFW高木俊幸とFW鈴木孝司を入れた。C大阪は36分、松田のクロスに鈴木がニアで反応するも相手DFが阻止。横浜FMは39分、途中出場FW前田大然が強引な突破から右足で狙ったが枠を外れた。

 すると後半41分、C大阪がついにスコアを動かした。右サイドでボールを受けた坂元が次々とフェイントを繰り出してティーラトンを抜き去ると、鋭いグラウンダーのクロスを供給。ゴール前で待っていた高木がワンタッチで流し込んだ。腰の負傷を乗り越えた高木は昨年7月13日の第19節名古屋戦以来となるリーグ戦での得点。これが決勝点となり、C大阪が5連勝を果たした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第16節2日目 スコア速報

首位北九州、2位&3位ら後続を突き放す2連勝!! 新潟は反撃及ばず2戦ぶり黒星

北九州を率いる小林伸二監督
[9.13 J2第19節 北九州2-1新潟 ミクスタ]

 J2第19節が13日に開催された。首位ギラヴァンツ北九州はホームで5位アルビレックス新潟と対戦し、2-1で勝利。2連勝を飾り、2位長崎との勝ち点差を3、3位徳島との勝ち点差を4に広げた。

 アウェーの新潟はキックオフ直後にパワーを持って前に仕掛け、MF本間至恩がFWファビオとのワンツーからネットを揺らす。しかし、オフサイドで得点は認められない。

 いきなり肝を冷やした北九州だったが、前半11分に先制する。ゴール正面でFKを獲得すると、キッカーのDF福森健太が右足でシュート。鋭く曲がりながらゴール左に突き刺さり、Jリーグ初得点を記録した。

 後半4分には左サイドのMF椿直起の仕掛けからPA内左でボールがこぼれ、反応したFWディサロ燦シルヴァーノが左足でワンタッチクロス。ファーのDF野口航が頭でゴール左に決め、こちらもJリーグ初得点となった。

 新潟は0-2の後半9分、PA左外のFKからキッカーのMF中島元彦が右足で速いクロスを送ると、ファビオがヘディングで押し込み、1点を返す。その後も迫力のある攻撃でゴールを襲ったが、1-2で終了のホイッスル。2試合ぶりの敗戦を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第19節2日目 スコア速報

首位北九州、2位&3位ら後続を突き放す2連勝!! 新潟は反撃及ばず2戦ぶり黒星

北九州を率いる小林伸二監督
[9.13 J2第19節 北九州2-1新潟 ミクスタ]

 J2第19節が13日に開催された。首位ギラヴァンツ北九州はホームで5位アルビレックス新潟と対戦し、2-1で勝利。2連勝を飾り、2位長崎との勝ち点差を3、3位徳島との勝ち点差を4に広げた。

 アウェーの新潟はキックオフ直後にパワーを持って前に仕掛け、MF本間至恩がFWファビオとのワンツーからネットを揺らす。しかし、オフサイドで得点は認められない。

 いきなり肝を冷やした北九州だったが、前半11分に先制する。ゴール正面でFKを獲得すると、キッカーのDF福森健太が右足でシュート。鋭く曲がりながらゴール左に突き刺さり、Jリーグ初得点を記録した。

 後半4分には左サイドのMF椿直起の仕掛けからPA内左でボールがこぼれ、反応したFWディサロ燦シルヴァーノが左足でワンタッチクロス。ファーのDF野口航が頭でゴール左に決め、こちらもJリーグ初得点となった。

 新潟は0-2の後半9分、PA左外のFKからキッカーのMF中島元彦が右足で速いクロスを送ると、ファビオがヘディングで押し込み、1点を返す。その後も迫力のある攻撃でゴールを襲ったが、1-2で終了のホイッスル。2試合ぶりの敗戦を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第19節2日目 スコア速報

ルーキーFW林大地が3戦連発!! オルンガ弾で先制許すも…鳥栖、原川の美弾で柏に逆転勝利

3試合連続ゴールを奪ったサガン鳥栖FW林大地
[9.13 J1リーグ第16節 鳥栖2-1柏 駅スタ]

 J1リーグは13日、第16節を開催し、駅前不動産スタジアムではサガン鳥栖柏レイソルが対戦。前半25分にFWオルンガの得点で柏が先制するも、同45分にFW林大地、後半3分にMF原川力が得点した鳥栖が2-1の逆転勝利を収めた。

 ホームの鳥栖は9月9日のJ1第15節浦和戦(△2-2)から先発7人を入れ替え、FW小屋松知哉、FW林大地、MF石井快征、MF中野伸哉、MF原川力、MF内田裕斗、GK守田達弥らを先発起用。一方、2連勝中の柏は第15節G大阪戦(○3-0)から先発の入れ替えはなく、同じ11人がスターティングメンバ―に名を連ねた。

 前半12分に決定機を迎えたのはアウェーの柏。DF原輝綺のパスミスをFWオルンガが拾うと、PA外からフリーで左足シュート。しかし、原からバックパスを受けるためにゴールマウスを離れていた守田がすぐさま戻り、左手1本で弾き出されてネットを揺らすには至らなかった。

 だが、前半25分に柏が先制に成功する。右サイドからMF三原雅俊が送ったクロスをニアサイドのFW江坂任がすらすと、ファーサイドで反応したオルンガが押し込み、スコアを1-0とした。しかし同43分、PA内に侵入した林がDF古賀太陽のファウルを誘って鳥栖がPKを獲得すると、林自身がキッカーを務めてきっちり沈め、試合を振り出しに戻した。今季、大阪体育大から加入した林は3試合連続ゴールと好調を維持している。

 1-1のまま後半を迎えると、同3分、左サイドの内田からPA内でボールを受けた原川が、狙いすました右足のコントロールショットで鮮やかにゴールを陥れ、鳥栖が逆転に成功。

 1点のビハインドを背負った柏は後半17分にMF仲間隼斗、同21分にMFヒシャルジソン、同30分にJ1デビューとなるFW鵜木郁哉を投入して状況を打開しようと試みる。同40分にはDF北爪健吾のクロスからオルンガが放ったヘディングシュートが相手選手に当たって、ゴールマウスに向かったがポストを叩いてゴールとはならず。同点ゴールを許さずに逃げ切った鳥栖が2-1の逆転勝利を収めた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

ルーキーFW林大地が3戦連発!! オルンガ弾で先制許すも…鳥栖、原川の美弾で柏に逆転勝利

3試合連続ゴールを奪ったサガン鳥栖FW林大地
[9.13 J1リーグ第16節 鳥栖2-1柏 駅スタ]

 J1リーグは13日、第16節を開催し、駅前不動産スタジアムではサガン鳥栖柏レイソルが対戦。前半25分にFWオルンガの得点で柏が先制するも、同45分にFW林大地、後半3分にMF原川力が得点した鳥栖が2-1の逆転勝利を収めた。

 ホームの鳥栖は9月9日のJ1第15節浦和戦(△2-2)から先発7人を入れ替え、FW小屋松知哉、FW林大地、MF石井快征、MF中野伸哉、MF原川力、MF内田裕斗、GK守田達弥らを先発起用。一方、2連勝中の柏は第15節G大阪戦(○3-0)から先発の入れ替えはなく、同じ11人がスターティングメンバ―に名を連ねた。

 前半12分に決定機を迎えたのはアウェーの柏。DF原輝綺のパスミスをFWオルンガが拾うと、PA外からフリーで左足シュート。しかし、原からバックパスを受けるためにゴールマウスを離れていた守田がすぐさま戻り、左手1本で弾き出されてネットを揺らすには至らなかった。

 だが、前半25分に柏が先制に成功する。右サイドからMF三原雅俊が送ったクロスをニアサイドのFW江坂任がすらすと、ファーサイドで反応したオルンガが押し込み、スコアを1-0とした。しかし同43分、PA内に侵入した林がDF古賀太陽のファウルを誘って鳥栖がPKを獲得すると、林自身がキッカーを務めてきっちり沈め、試合を振り出しに戻した。今季、大阪体育大から加入した林は3試合連続ゴールと好調を維持している。

 1-1のまま後半を迎えると、同3分、左サイドの内田からPA内でボールを受けた原川が、狙いすました右足のコントロールショットで鮮やかにゴールを陥れ、鳥栖が逆転に成功。

 1点のビハインドを背負った柏は後半17分にMF仲間隼斗、同21分にMFヒシャルジソン、同30分にJ1デビューとなるFW鵜木郁哉を投入して状況を打開しようと試みる。同40分にはDF北爪健吾のクロスからオルンガが放ったヘディングシュートが相手選手に当たって、ゴールマウスに向かったがポストを叩いてゴールとはならず。同点ゴールを許さずに逃げ切った鳥栖が2-1の逆転勝利を収めた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

川崎Fvs広島 試合記録

【J1第16節】(等々力)
川崎F 5-1(前半1-0)広島


<得点者>
[川]田中碧2(14分、51分)、レアンドロ・ダミアン(47分)、山村和也(50分)、小林悠(88分)
[広]浅野雄也(90分)

観衆:4,770人
主審:東城穣
副審:聳城巧、勝又弘樹
田中碧2発に山村ミドル弾!日替わりヒーロー輝く川崎F、広島粉砕4連勝で首位ターン
川崎Fが14勝2分1敗の首位ターン! 鬼木監督「むしろここからが勝負」
川崎F山村「活躍している姿を天国に」生後2か月で死去…天国の第3子に捧げるゴール
先発復帰に燃えた川崎F田中碧、覚悟見せた2ゴール「この試合が最後のチャンスだと」


<出場メンバー>
[川崎フロンターレ]
先発
GK 1 チョン・ソンリョン
DF 13 山根視来
DF 4 ジェジエウ
DF 34 山村和也
DF 7 車屋紳太郎
MF 6 守田英正
MF 25 田中碧
(89分→MF 41 家長昭博)
MF 8 脇坂泰斗
(46分→MF 10 大島僚太)
FW 30 旗手怜央
(46分→MF 18 三笘薫)
FW 19 齋藤学
(71分→FW 20 宮代大聖)
FW 9 レアンドロ・ダミアン
(71分→FW 11 小林悠)
控え
GK 27 丹野研太
DF 2 登里享平
監督
鬼木達

[サンフレッチェ広島]
先発
GK 38 大迫敬介
DF 2 野上結貴
DF 23 荒木隼人
DF 19 佐々木翔
MF 44 ハイネル
(64分→MF 29 浅野雄也)
MF 8 川辺駿
MF 6 青山敏弘
(72分→MF 30 柴崎晃誠)
MF 18 柏好文
(72分→MF 24 東俊希)
MF 9 ドウグラス・ヴィエイラ
(51分→MF 14 エゼキエウ)
MF 10 森島司
(51分→MF 25 茶島雄介)
FW 39 レアンドロ・ペレイラ
控え
GK 1 林卓人
DF 3 井林章
監督
城福浩

長野vsC大23 試合記録

【J3第15節】(長野U)
長野 2-0(前半1-0)C大23


<得点者>
[長]佐相壱明(30分)、吉田伊吹(87分)

<警告>
[長]東浩史(80分)
[C]西村昴(27分)

観衆:2,094人
主審:野堀桂佑
副審:松本瑛右、加藤正和

<出場メンバー>
[AC長野パルセイロ]
先発
GK 1 小澤章人
DF 29 川田拳登
DF 3 遠藤元一
DF 4 浦上仁騎
DF 17 水谷拓磨
MF 14 三田尚希
MF 8 藤山智史
MF 24 坪川潤之
(70分→MF 6 岩沼俊介)
FW 15 佐相壱明
(58分→MF 9 牧野寛太)
FW 10 東浩史
(82分→FW 22 吉田伊吹)
FW 19 岡佳樹
(46分→FW 13 佐野翼)
控え
GK 16 阿部伸行
DF 2 喜岡佳太
FW 23 大城佑斗
監督
横山雄次

[セレッソ大阪U-23]
先発
GK 45 茂木秀
DF 29 島村拓弥
DF 44 吉馴空矢
DF 46 田平起也
DF 52 大橋滉太
MF 38 西本雅崇
(66分→FW 31 山内寛史)
MF 41 松本凪生
MF 53 岡澤昂星
MF 55 西村昴
FW 37 前田龍大
(83分→FW 24 ウェリング・ピアス)
FW 48 新保海鈴
控え
GK 50 上林豪
FW 33 タワン
監督
丸山良明

長野vsC大23 試合記録

【J3第15節】(長野U)
長野 2-0(前半1-0)C大23


<得点者>
[長]佐相壱明(30分)、吉田伊吹(87分)

<警告>
[長]東浩史(80分)
[C]西村昴(27分)

観衆:2,094人
主審:野堀桂佑
副審:松本瑛右、加藤正和

<出場メンバー>
[AC長野パルセイロ]
先発
GK 1 小澤章人
DF 29 川田拳登
DF 3 遠藤元一
DF 4 浦上仁騎
DF 17 水谷拓磨
MF 14 三田尚希
MF 8 藤山智史
MF 24 坪川潤之
(70分→MF 6 岩沼俊介)
FW 15 佐相壱明
(58分→MF 9 牧野寛太)
FW 10 東浩史
(82分→FW 22 吉田伊吹)
FW 19 岡佳樹
(46分→FW 13 佐野翼)
控え
GK 16 阿部伸行
DF 2 喜岡佳太
FW 23 大城佑斗
監督
横山雄次

[セレッソ大阪U-23]
先発
GK 45 茂木秀
DF 29 島村拓弥
DF 44 吉馴空矢
DF 46 田平起也
DF 52 大橋滉太
MF 38 西本雅崇
(66分→FW 31 山内寛史)
MF 41 松本凪生
MF 53 岡澤昂星
MF 55 西村昴
FW 37 前田龍大
(87分→FW 24 ウェリング・ピアス)
FW 48 新保海鈴
控え
GK 50 上林豪
FW 33 タワン
監督
丸山良明

仙台vs大分 試合記録

【J1第16節】(ユアスタ)
仙台 0-3(前半0-1)大分


<得点者>
[大]三平和司(34分)、知念慶(80分)、田中達也(85分)

<警告>
[仙]関口訓充(76分)

観衆:2,191人
主審:岡部拓人
副審:岡野宇広、田尻智計
大分が今季最多3発で6戦ぶり白星! 仙台は今季ホーム初勝利お預け

<出場メンバー>
[ベガルタ仙台]
先発
GK 27 ヤクブ・スウォビィク
DF 36 柳貴博
DF 39 金正也
DF 23 シマオ・マテ
DF 2 パラ
MF 26 浜崎拓磨
(86分→MF 37 中原彰吾)
MF 5 椎橋慧也
(59分→MF 6 兵藤慎剛)
MF 29 アレクサンドレ・ゲデス
FW 19 ジャーメイン良
(40分→MF 7 関口訓充)
FW 14 石原崇兆
(59分→FW 15 西村拓真)
FW 20 長沢駿
控え
GK 24 小畑裕馬
DF 13 平岡康裕
DF 45 真瀬拓海
監督
木山隆之

[大分トリニータ]
先発
GK 22 ムン・キョンゴン
DF 2 香川勇気
DF 3 三竿雄斗
DF 5 鈴木義宜
DF 29 岩田智輝
DF 49 羽田健人
(90分+1→MF 20 小手川宏基)
MF 8 町田也真人
(78分→DF 15 小出悠太)
MF 11 田中達也
MF 32 前田凌佑
(64分→FW 16 渡大生)
FW 18 伊佐耕平
(64分→FW 9 知念慶)
FW 27 三平和司
(64分→MF 4 島川俊郎)
控え
GK 1 高木駿
DF 38 高畑奎汰
監督
片野坂知宏

仙台vs大分 試合記録

【J1第16節】(ユアスタ)
仙台 0-3(前半0-1)大分


<得点者>
[大]三平和司(34分)、知念慶(80分)、田中達也(85分)

<警告>
[仙]関口訓充(76分)

観衆:2,191人
主審:岡部拓人
副審:岡野宇広、田尻智計
大分が今季最多3発で6戦ぶり白星! 仙台は今季ホーム初勝利お預け

<出場メンバー>
[ベガルタ仙台]
先発
GK 27 ヤクブ・スウォビィク
DF 36 柳貴博
DF 39 金正也
DF 23 シマオ・マテ
DF 2 パラ
MF 26 浜崎拓磨
(86分→MF 37 中原彰吾)
MF 5 椎橋慧也
(59分→MF 6 兵藤慎剛)
MF 29 アレクサンドレ・ゲデス
FW 19 ジャーメイン良
(40分→MF 7 関口訓充)
FW 14 石原崇兆
(59分→FW 15 西村拓真)
FW 20 長沢駿
控え
GK 24 小畑裕馬
DF 13 平岡康裕
DF 45 真瀬拓海
監督
木山隆之

[大分トリニータ]
先発
GK 22 ムン・キョンゴン
DF 2 香川勇気
DF 3 三竿雄斗
DF 5 鈴木義宜
DF 29 岩田智輝
DF 49 羽田健人
(90分+1→MF 20 小手川宏基)
MF 8 町田也真人
(78分→DF 15 小出悠太)
MF 11 田中達也
MF 32 前田凌佑
(64分→FW 16 渡大生)
FW 18 伊佐耕平
(64分→FW 9 知念慶)
FW 27 三平和司
(64分→MF 4 島川俊郎)
控え
GK 1 高木駿
DF 38 高畑奎汰
監督
片野坂知宏

大分が今季最多3発で6戦ぶり白星! 仙台は今季ホーム初勝利お預け

大分が3-0で仙台を撃破
[9.13 J1第16節 仙台0-3大分 ユアスタ]

 J1第16節が13日に行われ、暫定14位の大分トリニータは敵地で同16位のベガルタ仙台と対戦し、3-0で快勝した。前半34分にFW三平和司、後半35分にFW知念慶、同40分にMF田中達也がそれぞれゴール。今季最多3得点を記録し、6試合ぶりの白星を手にした。

 開始からボールを保持する展開が続いた大分。両ワイドや3バックの左右の攻め上がりを生かし、攻撃に幅と奥行きを作ると、前半34分に均衡を破る。左サイドをパスワークで崩し、PA内左で仕掛けたMF町田也真人が外側から追い越してきたDF三竿雄斗へ。ゴールライン際の三竿からの折り返しをニアの三平が左足で押し込み、3試合ぶりとなる今季3ゴール目を奪った。

 仙台は前半40分に早くもFWジャーメイン良を下げ、8戦ぶりに先発を外れたMF関口訓充を投入。その後もピンチが続いたが、GKヤクブ・スウォビィクの好セーブもあり、1失点にとどめて後半へ折り返した。

 後半の仙台は逆にボールを握ってサイドからのクロスなどでゴールを脅かすが、得点には結び付かない。すると大分が交代カードを切って流れを引き戻し、大きな追加点を奪う。後半35分、右サイドで相手がトラップし損ねたボールを狙っていたDF小出悠太がダイレクトで浮き球のパス。途中出場の知念がDFシマオ・マテとの競り合いを制して抜け出し、PA内右でGKヤクブ・スウォビィクとの1対1を迎えると、右足で軽く浮かせたシュートを決めた。

 続けて後半40分、自陣からのロングボールを知念が前線で収め、右からフリーで上がってきた田中へ。PA内右に進入した田中はGKヤクブ・スウォビィクとの1対1から右足で流し込む。知念の今季2点目、田中の今季4点目で大分が一気に3-0と突き放した。

 仙台はそのまま無得点でタイムアップを迎え、3連敗で6試合勝ちなし(2分4敗)。今季ホーム初勝利は持ち越しとなった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第16節2日目 スコア速報

大分が今季最多3発で6戦ぶり白星! 仙台は今季ホーム初勝利お預け

大分が3-0で仙台を撃破
[9.13 J1第16節 仙台0-3大分 ユアスタ]

 J1第16節が13日に行われ、暫定14位の大分トリニータは敵地で同16位のベガルタ仙台と対戦し、3-0で快勝した。前半34分にFW三平和司、後半35分にFW知念慶、同40分にMF田中達也がそれぞれゴール。今季最多3得点を記録し、6試合ぶりの白星を手にした。

 開始からボールを保持する展開が続いた大分。両ワイドや3バックの左右の攻め上がりを生かし、攻撃に幅と奥行きを作ると、前半34分に均衡を破る。左サイドをパスワークで崩し、PA内左で仕掛けたMF町田也真人が外側から追い越してきたDF三竿雄斗へ。ゴールライン際の三竿からの折り返しをニアの三平が左足で押し込み、3試合ぶりとなる今季3ゴール目を奪った。

 仙台は前半40分に早くもFWジャーメイン良を下げ、8戦ぶりに先発を外れたMF関口訓充を投入。その後もピンチが続いたが、GKヤクブ・スウォビィクの好セーブもあり、1失点にとどめて後半へ折り返した。

 後半の仙台は逆にボールを握ってサイドからのクロスなどでゴールを脅かすが、得点には結び付かない。すると大分が交代カードを切って流れを引き戻し、大きな追加点を奪う。後半35分、右サイドで相手がトラップし損ねたボールを狙っていたDF小出悠太がダイレクトで浮き球のパス。途中出場の知念がDFシマオ・マテとの競り合いを制して抜け出し、PA内右でGKヤクブ・スウォビィクとの1対1を迎えると、右足で軽く浮かせたシュートを決めた。

 続けて後半40分、自陣からのロングボールを知念が前線で収め、右からフリーで上がってきた田中へ。PA内右に進入した田中はGKヤクブ・スウォビィクとの1対1から右足で流し込む。知念の今季2点目、田中の今季4点目で大分が一気に3-0と突き放した。

 仙台はそのまま無得点でタイムアップを迎え、3連敗で6試合勝ちなし(2分4敗)。今季ホーム初勝利は持ち越しとなった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第16節2日目 スコア速報

長崎vs磐田 試合記録

【J2第19節】(トラスタ)
長崎 0-0(前半0-0)磐田


<警告>
[長]角田誠(77分)

観衆:4,157人
主審:佐藤隆治
副審:正木篤志、津野洋平
上位対決はスコアレスドロー…長崎は4戦未勝利、磐田は7戦無敗に

<出場メンバー>
[V・ファーレン長崎]
先発
GK 30 徳重健太
DF 16 毎熊晟矢
DF 6 角田誠
DF 26 二見宏志
DF 3 亀川諒史
MF 20 大竹洋平
(67分→MF 18 氣田亮真)
MF 13 加藤大
(67分→MF 40 カイオ・セザール)
MF 17 秋野央樹
MF 19 澤田崇
(79分→DF 23 米田隼也)
FW 11 玉田圭司
(57分→FW 32 ビクトル・イバルボ)
FW 29 畑潤基
(79分→MF 10 ルアン)
控え
GK 21 高木和徹
DF 22 徳永悠平
監督
手倉森誠

[ジュビロ磐田]
先発
GK 21 杉本大地
DF 3 大井健太郎
DF 24 小川大貴
DF 33 藤田義明
DF 38 山本義道
MF 7 上原力也
MF 10 山田大記
(87分→MF 26 藤川虎太朗)
MF 15 伊藤洋輝
MF 18 ムサエフ
(87分→MF 23 山本康裕)
FW 11 ルキアン
(87分→FW 9 小川航基)
FW 16 中野誠也
(65分→MF 8 大森晃太郎)
控え
GK 1 八田直樹
DF 44 大武峻
FW 20 ルリーニャ
監督
フェルナンド・フベロ

長崎vs磐田 試合記録

【J2第19節】(トラスタ)
長崎 0-0(前半0-0)磐田


<警告>
[長]角田誠(77分)

観衆:4,157人
主審:佐藤隆治
副審:正木篤志、津野洋平
上位対決はスコアレスドロー…長崎は4戦未勝利、磐田は7戦無敗に

<出場メンバー>
[V・ファーレン長崎]
先発
GK 30 徳重健太
DF 16 毎熊晟矢
DF 6 角田誠
DF 26 二見宏志
DF 3 亀川諒史
MF 20 大竹洋平
(67分→MF 18 氣田亮真)
MF 13 加藤大
(67分→MF 40 カイオ・セザール)
MF 17 秋野央樹
MF 19 澤田崇
(79分→DF 23 米田隼也)
FW 11 玉田圭司
(57分→FW 32 ビクトル・イバルボ)
FW 29 畑潤基
(79分→MF 10 ルアン)
控え
GK 21 高木和徹
DF 22 徳永悠平
監督
手倉森誠

[ジュビロ磐田]
先発
GK 21 杉本大地
DF 3 大井健太郎
DF 24 小川大貴
DF 33 藤田義明
DF 38 山本義道
MF 7 上原力也
MF 10 山田大記
(87分→MF 26 藤川虎太朗)
MF 15 伊藤洋輝
MF 18 ムサエフ
(87分→MF 23 山本康裕)
FW 11 ルキアン
(87分→FW 9 小川航基)
FW 16 中野誠也
(65分→MF 8 大森晃太郎)
控え
GK 1 八田直樹
DF 44 大武峻
FW 20 ルリーニャ
監督
フェルナンド・フベロ

福岡vs町田 試合記録

【J2第19節】(ベススタ)
福岡 2-1(前半2-1)町田


<得点者>
[福]オウンゴール(14分)、フアンマ・デルガド(43分)
[町]水本裕貴(30分)

<警告>
[福]鈴木惇(49分)
[町]深津康太(79分)、小田逸稀(82分)、高江麗央(85分)

観衆:2,539人
主審:上村篤史
副審:馬場規、西水流優一
J2が通算19500ゴールを達成! その得点者は意外な結果に…?

<出場メンバー>
[アビスパ福岡]
先発
GK 1 セランテス
DF 3 エミル・サロモンソン
DF 22 輪湖直樹
DF 39 篠原弘次郎
DF 50 上島拓巳
MF 8 鈴木惇
(56分→MF 6 前寛之)
MF 16 石津大介
(56分→FW 26 遠野大弥)
MF 18 東家聡樹
(72分→MF 14 増山朝陽)
MF 40 松本泰志
FW 9 フアンマ・デルガド
(78分→FW 10 城後寿)
FW 13 木戸皓貴
(78分→DF 33 ドウグラス・グローリ)
控え
GK 21 山ノ井拓己
DF 41 藤井悠太
監督
長谷部茂利

[FC町田ゼルビア]
先発
GK 1 秋元陽太
DF 22 小田逸稀
(90分+2→DF 23 酒井隆介)
DF 5 深津康太
DF 4 水本裕貴
(81分→FW 30 中島裕希)
DF 2 奥山政幸
(90分+2→MF 29 森村昂太)
MF 18 高江麗央
MF 25 佐野海舟
MF 14 吉尾海夏
(59分→FW 7 マソビッチ)
MF 10 平戸太貴
FW 13 岡田優希
(59分→FW 9 ステファン)
FW 16 安藤瑞季
控え
GK 42 福井光輝
MF 15 井上裕大
監督
ランコ・ポポヴィッチ

福岡vs町田 試合記録

【J2第19節】(ベススタ)
福岡 2-1(前半2-1)町田


<得点者>
[福]オウンゴール(14分)、フアンマ・デルガド(43分)
[町]水本裕貴(30分)

<警告>
[福]鈴木惇(49分)
[町]深津康太(79分)、小田逸稀(82分)、高江麗央(85分)

観衆:2,539人
主審:上村篤史
副審:馬場規、西水流優一

<出場メンバー>
[アビスパ福岡]
先発
GK 1 セランテス
DF 3 エミル・サロモンソン
DF 22 輪湖直樹
DF 39 篠原弘次郎
DF 50 上島拓巳
MF 8 鈴木惇
(56分→MF 6 前寛之)
MF 16 石津大介
(56分→FW 26 遠野大弥)
MF 18 東家聡樹
(72分→MF 14 増山朝陽)
MF 40 松本泰志
FW 9 フアンマ・デルガド
(78分→FW 10 城後寿)
FW 13 木戸皓貴
(78分→DF 33 ドウグラス・グローリ)
控え
GK 21 山ノ井拓己
DF 41 藤井悠太
監督
長谷部茂利

[FC町田ゼルビア]
先発
GK 1 秋元陽太
DF 22 小田逸稀
(90分+2→DF 23 酒井隆介)
DF 5 深津康太
DF 4 水本裕貴
(81分→FW 30 中島裕希)
DF 2 奥山政幸
(90分+2→MF 29 森村昂太)
MF 18 高江麗央
MF 25 佐野海舟
MF 14 吉尾海夏
(59分→FW 7 マソビッチ)
MF 10 平戸太貴
FW 13 岡田優希
(59分→FW 9 ステファン)
FW 16 安藤瑞季
控え
GK 42 福井光輝
MF 15 井上裕大
監督
ランコ・ポポヴィッチ

岡山vs甲府 試合記録

【J2第19節】(Cスタ)
岡山 0-0(前半0-0)甲府


<警告>
[岡]下口稚葉(49分)
[甲]藤田優人(87分)

観衆:3,278人
主審:大坪博和
副審:浜本祐介、岩田浩義

<出場メンバー>
[ファジアーノ岡山]
先発
GK 22 ポープ・ウィリアム
DF 21 椋原健太
DF 4 濱田水輝
DF 3 後藤圭太
DF 31 下口稚葉
(87分→MF 23 松木駿之介)
MF 25 野口竜彦
(52分→MF 14 上田康太)
MF 7 白井永地
MF 17 関戸健二
(87分→MF 26 パウリーニョ)
MF 19 上門知樹
FW 18 齊藤和樹
(71分→FW 44 清水慎太郎)
FW 24 赤嶺真吾
(71分→FW 15 山本大貴)
控え
GK 13 金山隼樹
DF 20 チェ・ジョンウォン
監督
有馬賢二

[ヴァンフォーレ甲府]
先発
GK 31 岡西宏祐
DF 5 今津佑太
DF 8 新井涼平
DF 20 中塩大貴
DF 21 荒木翔
MF 24 山田陸
(82分→DF 4 山本英臣)
MF 6 野澤英之
(56分→MF 15 中村亮太朗)
MF 7 中山陸
(71分→DF 2 藤田優人)
FW 19 宮崎純真
(82分→FW 9 ラファエル)
FW 18 太田修介
FW 44 ハーフナー・マイク
(71分→FW 16 松田力)
控え
GK 33 小泉勇人
DF 39 内田健太
監督
伊藤彰

岡山vs甲府 試合記録

【J2第19節】(Cスタ)
岡山 0-0(前半0-0)甲府


<警告>
[岡]下口稚葉(49分)
[甲]藤田優人(87分)

観衆:3,278人
主審:大坪博和
副審:浜本祐介、岩田浩義

<出場メンバー>
[ファジアーノ岡山]
先発
GK 22 ポープ・ウィリアム
DF 21 椋原健太
DF 4 濱田水輝
DF 3 後藤圭太
DF 31 下口稚葉
(87分→MF 23 松木駿之介)
MF 25 野口竜彦
(52分→MF 14 上田康太)
MF 7 白井永地
MF 17 関戸健二
(87分→MF 26 パウリーニョ)
MF 19 上門知樹
FW 18 齊藤和樹
(71分→FW 44 清水慎太郎)
FW 24 赤嶺真吾
(71分→FW 15 山本大貴)
控え
GK 13 金山隼樹
DF 20 チェ・ジョンウォン
監督
有馬賢二

[ヴァンフォーレ甲府]
先発
GK 31 岡西宏祐
DF 5 今津佑太
DF 8 新井涼平
DF 20 中塩大貴
DF 21 荒木翔
MF 24 山田陸
(82分→DF 4 山本英臣)
MF 6 野澤英之
(56分→MF 15 中村亮太朗)
MF 7 中山陸
(71分→DF 2 藤田優人)
FW 19 宮崎純真
(82分→FW 9 ラファエル)
FW 18 太田修介
FW 44 ハーフナー・マイク
(71分→FW 16 松田力)
控え
GK 33 小泉勇人
DF 39 内田健太
監督
伊藤彰

東京Vvs群馬 試合記録

【J2第19節】(味スタ)
東京V 1-3(前半1-2)群馬


<得点者>
[東]若狭大志(5分)
[群]田中稔也2(17分、42分)、飯野七聖(82分)

<警告>
[東]大久保嘉人(3分)

観衆:2,263人
主審:清水勇人
副審:唐紙学志、細尾基

<出場メンバー>
[東京ヴェルディ]
先発
GK 31 マテウス
DF 2 若狭大志
(68分→DF 17 クレビーニョ)
DF 6 高橋祥平
DF 5 平智広
MF 9 佐藤優平
MF 36 藤田譲瑠チマ
MF 14 森田晃樹
(46分→MF 21 山本理仁)
MF 16 福村貴幸
MF 20 井上潮音
(89分→MF 33 松橋優安)
MF 19 小池純輝
(46分→FW 48 山下諒也)
FW 13 大久保嘉人
(77分→MF 7 河野広貴)
控え
GK 1 柴崎貴広
DF 3 近藤直也
監督
永井秀樹

[ザスパクサツ群馬]
先発
GK 1 清水慶記
DF 8 岩上祐三
(60分→MF 6 飯野七聖)
DF 4 岡村大八
DF 2 舩津徹也
DF 25 小島雅也
MF 14 平尾壮
(60分→FW 10 青木翔大)
MF 35 宮阪政樹
MF 41 中山雄登
MF 7 加藤潤也
FW 11 田中稔也
(90分→FW 18 進昂平)
FW 50 大前元紀
(90分+4→DF 32 渡辺広大)
控え
GK 21 松原修平
MF 19 白石智之
MF 23 磐瀬剛
監督
奥野僚右

東京Vvs群馬 試合記録

【J2第19節】(味スタ)
東京V 1-3(前半1-2)群馬


<得点者>
[東]若狭大志(5分)
[群]田中稔也2(17分、42分)、飯野七聖(82分)

<警告>
[東]大久保嘉人(3分)

観衆:2,263人
主審:清水勇人
副審:唐紙学志、細尾基

<出場メンバー>
[東京ヴェルディ]
先発
GK 31 マテウス
DF 2 若狭大志
(68分→DF 17 クレビーニョ)
DF 6 高橋祥平
DF 5 平智広
MF 9 佐藤優平
MF 36 藤田譲瑠チマ
MF 14 森田晃樹
(46分→MF 21 山本理仁)
MF 16 福村貴幸
MF 20 井上潮音
(89分→MF 33 松橋優安)
MF 19 小池純輝
(46分→FW 48 山下諒也)
FW 13 大久保嘉人
(77分→MF 7 河野広貴)
控え
GK 1 柴崎貴広
DF 3 近藤直也
監督
永井秀樹

[ザスパクサツ群馬]
先発
GK 1 清水慶記
DF 8 岩上祐三
(60分→MF 6 飯野七聖)
DF 4 岡村大八
DF 2 舩津徹也
DF 25 小島雅也
MF 14 平尾壮
(60分→FW 10 青木翔大)
MF 35 宮阪政樹
MF 41 中山雄登
MF 7 加藤潤也
FW 11 田中稔也
(90分→FW 18 進昂平)
FW 50 大前元紀
(90分+4→DF 32 渡辺広大)
控え
GK 21 松原修平
MF 19 白石智之
MF 23 磐瀬剛
監督
奥野僚右

横浜FCvs名古屋 試合記録

【J1第16節】(ニッパツ)
横浜FC 3-2(前半2-1)名古屋


<得点者>
[横]齋藤功佑(19分)、田代真一(22分)、瀬沼優司(78分)
[名]吉田豊(12分)、マテウス(73分)

観衆:3,290人
主審:家本政明
副審:野村修、権田智久
今季J1初ベンチのカズは出番なしも横浜FCが逆転勝ちで連敗ストップ!名古屋はまた3失点

<出場メンバー>
[横浜FC]
先発
GK 18 南雄太
DF 6 瀬古樹
DF 5 田代真一
(84分→DF 4 小林友希)
DF 26 袴田裕太郎
DF 14 志知孝明
MF 7 松浦拓弥
MF 28 安永玲央
MF 30 手塚康平
(66分→MF 8 佐藤謙介)
MF 15 齋藤功佑
(59分→MF 37 松尾佑介)
FW 16 皆川佑介
(66分→FW 13 瀬沼優司)
FW 23 斉藤光毅
控え
GK 21 市川暉記
MF 40 レアンドロ・ドミンゲス
FW 11 三浦知良
監督
下平隆宏

[名古屋グランパス]
先発
GK 1 ランゲラック
DF 23 吉田豊
(85分→DF 34 オ・ジェソク)
DF 4 中谷進之介
DF 3 丸山祐市
DF 36 太田宏介
MF 15 稲垣祥
MF 11 阿部浩之
(63分→FW 16 マテウス)
MF 2 米本拓司
(63分→MF 8 ジョアン・シミッチ)
FW 10 ガブリエル・シャビエル
(63分→FW 17 山崎凌吾)
FW 44 金崎夢生
FW 27 相馬勇紀
(82分→MF 24 石田凌太郎)
控え
GK 21 武田洋平
DF 13 藤井陽也
監督
マッシモ・フィッカデンティ

今季J1初ベンチのカズは出番なしも横浜FCが逆転勝ちで連敗ストップ!名古屋はまた3失点

今季J1初ベンチのカズは出番なしも横浜FCが逆転勝ちで連敗ストップ!名古屋はまた3失点
[9.13 J1第16節 横浜FC3-2名古屋 ニッパツ]

 横浜FCがホームで名古屋グランパスを3-2で下した。 

 先制は名古屋だった。前半12分、左サイドを深くにFW相馬勇紀が突破。右サイドに流れるが、エリア外からDF吉田豊が右足を一閃。ゴール右隅に突き刺さり、試合が動くことになる。

 しかし横浜FCはすぐに反撃。前半19分、DF田代真一が縦に入れたボールはDF丸山祐市にカットされるが、ボールはゴール正面にこぼれる。これをMF齋藤功佑が豪快に蹴り込んで同点。

 さらに前半22分には左サイドでCKを獲得。ニアに蹴り込まれたボールが混戦になると、田代が押し込む。これが味方に当たってコースが変わったこともあり、あっという間の逆転弾になる。

 そこからも横浜FCの攻勢は続く。しかし前半34分のFW斉藤光毅がエリア内でテクニカルな突破から出したマイナスのボールをMF松浦拓弥が押し込むが、決定機はFW皆川佑介に当たって枠外に飛んでしまう。

 後半に入り名古屋が圧力を強める中で後半17分に投入されたばかりのMF松尾佑介が左足で豪快にゴールネットを揺らしたかと思われたが、直前のMF手塚康平からのパスがオフサイドと判定され、ゴールは認められなかった。

 たまらず名古屋は後半18分からベンチスタートさせていたMFマテウスらを投入。するとさらに流れは名古屋に傾き、同28分、FW山崎凌吾がGK南雄太にプレッシャーをかけて奪ったボールから最後はMFジョアン・シミッチのヒールパスをマテウスが押し込んで、同点に追いつく。

 ただ横浜FCは再び集中を高めていた。後半33分、松浦のスルーパスに反応したFW瀬沼優司がDF中谷進之介を振り切って右足で流し込む。横浜FCが再びリードを奪うことに成功する。

 横浜FCはこの日、FW三浦知良がリーグ戦では今季初ベンチ入り。J1では2007年12月1日の浦和戦以来となる出場が期待されたが、後半39分に交代制限を使い切ったことで、試合出場の可能性はなくなった。

 出場すれば12年にFW中山雅史(当時札幌)が記録した45歳2か月1日を大幅に更新する53歳6か月18日でのJ1最年出場記録の行進となったが、次節以降にお預けとなった。

 ただこのまま3-2で逃げ切った横浜FCは連敗を3で止めて4試合ぶりの勝利。名古屋は2試合ぶりの敗戦だが、9月に入っての公式戦は4試合中3試合で3失点を喫するなど、不安定な戦いが続いている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

栃木vs松本 試合記録

【J2第19節】(栃木グ)
栃木 1-1(前半1-1)松本


<得点者>
[栃]山本廉(3分)
[松]乾大知(11分)

<警告>
[松]乾大知(80分)

観衆:2,057人
主審:川俣秀
副審:蒲澤淳一、岩﨑創一

<出場メンバー>
[栃木SC]
先発
GK 1 川田修平
DF 33 黒崎隼人
(64分→DF 6 瀬川和樹)
DF 23 柳育崇
DF 30 田代雅也
MF 17 山本廉
(75分→FW 29 矢野貴章)
MF 5 岩間雄大
(64分→MF 25 佐藤祥)
MF 14 西谷優希
MF 15 溝渕雄志
FW 8 明本考浩
FW 19 大島康樹
(80分→FW 9 エスクデロ競飛王)
FW 18 森俊貴
控え
GK 50 オビ・パウエル・オビンナ
DF 4 高杉亮太
FW 16 榊翔太
監督
田坂和昭

[松本山雅FC]
先発
GK 16 村山智彦
DF 5 前貴之
(74分→DF 39 高木利弥)
DF 33 大野佑哉
DF 36 乾大知
DF 27 鈴木雄斗
MF 17 塚川孝輝
(46分→MF 22 米原秀亮)
MF 8 杉本太郎
MF 6 藤田息吹
FW 10 セルジーニョ
FW 11 阪野豊史
FW 9 ジャエル
(83分→DF 44 服部康平)
控え
GK 1 圍謙太朗
DF 43 常田克人
MF 41 久保田和音
FW 7 イズマ
監督
布啓一郎

上位対決はスコアレスドロー…長崎は4戦未勝利、磐田は7戦無敗に

[9.13 J2リーグ第19節 長崎0-0磐田 トラスタ]

 J2リーグは13日、第19節を開催し、トランスコスモススタジアム長崎では2位のV・ファーレン長崎と6位ジュビロ磐田が対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半も得点が生まれずに0-0のスコアレスドローに終わった。

 ここ3戦未勝利(2分1敗)で首位から陥落した長崎は9月9日のJ2第18節甲府戦(●0-2)から先発4人を入れ替え、FW畑潤基、FW玉田圭司、MF澤田崇、MF秋野央樹らを先発起用。一方、ここ6戦無敗(2勝4分)の磐田は前節水戸戦(△0-0)から先発6人を入れ替え、FW中野誠也、MFムサエフ、MF上原力也、DF藤田義明、DF小川大貴、DF大井健太郎らがスターティングメンバ―に名を連ねた。

 前半14分に磐田がゴールに迫るが、中野が至近距離から放ったヘディングシュートは好反応を見せたGK徳重健太に弾き出されてしまう。その後は両チームともに、相手の粘り強い対応に遭ってなかなかフィニッシュまで持ち込めない時間帯が続いた。

 0-0のまま後半を迎えると、長崎は後半12分にFWビクトル・イバルボ、同22分にMF氣田亮真とMFカイオ・セザール、磐田は同20分にMF大森晃太郎を投入するなど、選手交代を行って状況を打開しようと試みる。

 しかし、後半34分にMF上原力也が放った鋭い直接FKがわずかに右に外れるなど、最後まで両チームにゴールは生まれず。0-0のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

北九州vs新潟 スタメン発表

[9.13 J2第19節](ミクスタ)
※19:00開始
主審:上田益也
副審:松井健太郎、塩津祐介
<出場メンバー>
[ギラヴァンツ北九州]
先発
GK 31 永井堅梧
DF 3 福森健太
DF 6 岡村和哉
DF 15 野口航
DF 16 村松航太
MF 10 高橋大悟
MF 17 加藤弘堅
MF 25 國分伸太郎
MF 39 椿直起
FW 9 ディサロ燦シルヴァーノ
FW 18 町野修斗
控え
GK 1 高橋拓也
DF 4 川上竜
MF 19 永野雄大
MF 26 斧澤隼輝
FW 11 池元友樹
FW 28 鈴木国友
FW 7 佐藤亮
監督
小林伸二

[アルビレックス新潟]
先発
GK 22 小島亨介
DF 2 新井直人
DF 3 マウロ
DF 5 舞行龍ジェームズ
DF 7 荻原拓也
MF 17 福田晃斗
MF 20 島田譲
MF 13 中島元彦
MF 10 本間至恩
FW 9 ファビオ
FW 11 渡邉新太
控え
GK 41 藤田和輝
DF 28 早川史哉
DF 31 堀米悠斗
DF 50 田上大地
MF 24 ロメロ・フランク
MF 33 高木善朗
FW 49 鄭大世
監督
アルベルト

●[J2]第19節2日目 スコア速報

北九州vs新潟 スタメン発表

[9.13 J2第19節](ミクスタ)
※19:00開始
主審:上田益也
副審:松井健太郎、塩津祐介
<出場メンバー>
[ギラヴァンツ北九州]
先発
GK 31 永井堅梧
DF 3 福森健太
DF 6 岡村和哉
DF 15 野口航
DF 16 村松航太
MF 10 高橋大悟
MF 17 加藤弘堅
MF 25 國分伸太郎
MF 39 椿直起
FW 9 ディサロ燦シルヴァーノ
FW 18 町野修斗
控え
GK 1 高橋拓也
DF 4 川上竜
MF 19 永野雄大
MF 26 斧澤隼輝
FW 11 池元友樹
FW 28 鈴木国友
FW 7 佐藤亮
監督
小林伸二

[アルビレックス新潟]
先発
GK 22 小島亨介
DF 2 新井直人
DF 3 マウロ
DF 5 舞行龍ジェームズ
DF 7 荻原拓也
MF 17 福田晃斗
MF 20 島田譲
MF 13 中島元彦
MF 10 本間至恩
FW 9 ファビオ
FW 11 渡邉新太
控え
GK 41 藤田和輝
DF 28 早川史哉
DF 31 堀米悠斗
DF 50 田上大地
MF 24 ロメロ・フランク
MF 33 高木善朗
FW 49 鄭大世
監督
アルベルト

●[J2]第19節2日目 スコア速報

大宮vs山形 スタメン発表

[9.13 J2第19節](NACK)
※19:00開始
主審:先立圭吾
副審:櫻井大輔、、塚田健太
<出場メンバー>
[大宮アルディージャ]
先発
GK 40 フィリップ・クリャイッチ
DF 13 渡部大輔
DF 50 畑尾大翔
DF 3 河本裕之
DF 4 ヴィターリス・マクシメンコ
DF 6 河面旺成
MF 41 小野雅史
MF 7 三門雄大
MF 26 小島幹敏
MF 9 菊地俊介
FW 19 イバ
控え
GK 46 松本健太
DF 24 西村慧祐
MF 15 大山啓輔
MF 18 イッペイ・シノヅカ
FW 27 戸島章
FW 28 富山貴光
FW 37 高田颯也
監督
高木琢也

[モンテディオ山形]
先発
GK 21 櫛引政敏
DF 6 山田拓巳
DF 23 熊本雄太
DF 5 野田裕喜
DF 19 松本怜大
MF 18 南秀仁
MF 7 岡崎建哉
MF 17 中村駿
MF 20 加藤大樹
FW 9 ヴィニシウス・アラウージョ
FW 11 山岸祐也
控え
GK 30 佐藤昭大
DF 36 小野田将人
MF 10 中村充孝
MF 14 本田拓也
MF 25 末吉塁
FW 13 大槻周平
FW 16 北川柊斗
監督
石丸清隆

●[J2]第19節2日目 スコア速報

大宮vs山形 スタメン発表

[9.13 J2第19節](NACK)
※19:00開始
主審:先立圭吾
副審:櫻井大輔、、塚田健太
<出場メンバー>
[大宮アルディージャ]
先発
GK 40 フィリップ・クリャイッチ
DF 13 渡部大輔
DF 50 畑尾大翔
DF 3 河本裕之
DF 4 ヴィターリス・マクシメンコ
DF 6 河面旺成
MF 41 小野雅史
MF 7 三門雄大
MF 26 小島幹敏
MF 9 菊地俊介
FW 19 イバ
控え
GK 46 松本健太
DF 24 西村慧祐
MF 15 大山啓輔
MF 18 イッペイ・シノヅカ
FW 27 戸島章
FW 28 富山貴光
FW 37 高田颯也
監督
高木琢也

[モンテディオ山形]
先発
GK 21 櫛引政敏
DF 6 山田拓巳
DF 23 熊本雄太
DF 5 野田裕喜
DF 19 松本怜大
MF 18 南秀仁
MF 7 岡崎建哉
MF 17 中村駿
MF 20 加藤大樹
FW 9 ヴィニシウス・アラウージョ
FW 11 山岸祐也
控え
GK 30 佐藤昭大
DF 36 小野田将人
MF 10 中村充孝
MF 14 本田拓也
MF 25 末吉塁
FW 13 大槻周平
FW 16 北川柊斗
監督
石丸清隆

●[J2]第19節2日目 スコア速報

福島vs鹿児島 試合記録

【J3第15節】(あいづ)
福島 1-4(前半1-1)鹿児島


<得点者>
[福]オウンゴール(39分)
[鹿]馬場賢治(4分)、米澤令衣2(61分、82分)、牛之濱拓(90分+1)

<警告>
[福]前田椋介(38分)、イスマイラ(78分)

観衆:643人
主審:宇田賢史
副審:鶴岡泰樹、千葉直史

<出場メンバー>
[福島ユナイテッドFC]
先発
GK 1 ファンティーニ燦
DF 25 前田椋介
(81分→MF 14 青山景昌)
DF 23 福島隼斗
DF 4 宇佐美宏和
DF 21 吉田朋恭
MF 7 田村亮介
(70分→FW 20 トカチ)
MF 8 池田昌生
MF 10 橋本拓門
(90分→MF 29 吉永大志)
MF 11 雪江悠人
(90分→MF 24 鎌田大夢)
MF 17 諸岡裕人
(81分→FW 40 樋口寛規)
FW 9 イスマイラ
控え
GK 16 キム・ミンジュン
DF 19 河西真
監督
松田岳夫

[鹿児島ユナイテッドFC]
先発
GK 13 大西勝俉
DF 15 藤澤典隆
(46分→DF 2 フォゲッチ)
DF 3 岡本將成
(78分→DF 22 青山直晃)
DF 4 藤原広太朗
DF 24 砂森和也
MF 39 ニウド
MF 6 田辺圭佑
MF 36 米澤令衣
MF 20 酒本憲幸
(68分→FW 17 萱沼優聖)
MF 8 牛之濱拓
FW 50 馬場賢治
(90分→FW 9 薗田卓馬)
控え
GK 31 畑実
MF 16 枝本雄一郎
MF 38 中原秀人
監督
金鍾成

福島vs鹿児島 試合記録

【J3第15節】(あいづ)
福島 1-4(前半1-1)鹿児島


<得点者>
[福]オウンゴール(39分)
[鹿]馬場賢治(4分)、米澤令衣2(61分、82分)、牛之濱拓(90分+1)

<警告>
[福]前田椋介(38分)、イスマイラ(78分)

主審:宇田賢史
副審:鶴岡泰樹、千葉直史

<出場メンバー>
[福島ユナイテッドFC]
先発
GK 1 ファンティーニ燦
DF 25 前田椋介
(81分→MF 14 青山景昌)
DF 23 福島隼斗
DF 4 宇佐美宏和
DF 21 吉田朋恭
MF 7 田村亮介
(70分→FW 20 トカチ)
MF 8 池田昌生
MF 10 橋本拓門
(90分→MF 29 吉永大志)
MF 11 雪江悠人
(90分→MF 24 鎌田大夢)
MF 17 諸岡裕人
(81分→FW 40 樋口寛規)
FW 9 イスマイラ
控え
GK 16 キム・ミンジュン
DF 19 河西真
監督
松田岳夫

[鹿児島ユナイテッドFC]
先発
GK 13 大西勝俉
DF 15 藤澤典隆
(46分→DF 2 フォゲッチ)
DF 3 岡本將成
(78分→DF 22 青山直晃)
DF 4 藤原広太朗
DF 24 砂森和也
MF 39 ニウド
MF 6 田辺圭佑
MF 36 米澤令衣
MF 20 酒本憲幸
(68分→FW 17 萱沼優聖)
MF 8 牛之濱拓
FW 50 馬場賢治
(90分→FW 9 薗田卓馬)
控え
GK 31 畑実
MF 16 枝本雄一郎
MF 38 中原秀人
監督
金鍾成

FC今治vs秋田 試合記録

【J3第15節】(夢スタ)
FC今治 0-1(前半0-1)秋田


<得点者>
[秋]千田海人(34分)

<警告>
[秋]田中直基(11分)

観衆:1,499人
主審:石丸秀平
副審:池田一洋、横山卓哉

<出場メンバー>
[FC今治]
先発
GK 1 修行智仁
DF 3 駒野友一
(70分→DF 7 山田貴文)
DF 4 園田拓也
DF 2 チョン・ハンチョル
DF 22 上原拓郎
MF 42 原田亘
MF 27 橋本英郎
MF 25 楠美圭史
MF 8 玉城峻吾
(70分→MF 15 福田翔生)
FW 14 桑島良汰
(57分→FW 13 澤上竜二)
FW 11 林誠道
控え
GK 31 岡田慎司
DF 29 飯泉涼矢
MF 20 岡山和輝
FW 10 有間潤
監督
リュイス・プラナグマ

[ブラウブリッツ秋田]
先発
GK 21 田中雄大
DF 3 鈴木準弥
DF 5 千田海人
DF 17 韓浩康
DF 39 鎌田翔雅
MF 20 青島拓馬
(59分→MF 6 輪笠祐士)
MF 24 山田尚幸
(69分→MF 10 下澤悠太)
MF 15 江口直生
MF 22 沖野将基
(69分→MF 7 前山恭平)
FW 29 齋藤恵太
(46分→FW 13 林容平)
FW 26 田中直基
(59分→FW 16 井上直輝)
控え
GK 1 渡辺泰広
DF 50 加賀健一
監督
吉田謙

鳥栖vs柏 スタメン発表

[9.13 J1第16節](駅スタ)
※18:45開始
主審:山本雄大
副審:和角敏之、田中利幸
<出場メンバー>
[サガン鳥栖]
先発
GK 1 守田達弥
DF 2 原輝綺
DF 41 松岡大起
DF 3 エドゥアルド
MF 6 内田裕斗
MF 30 樋口雄太
MF 4 原川力
MF 47 中野伸哉
FW 33 石井快征
FW 16 林大地
FW 22 小屋松知哉
控え
GK 18 高丘陽平
DF 28 森下龍矢
DF 8 岩下敬輔
MF 23 本田風智
MF 50 梁勇基
FW 11 豊田陽平
FW 7 金森健志
監督
金明輝

[柏レイソル]
先発
GK 17 キム・スンギュ
DF 6 高橋峻希
DF 2 鎌田次郎
DF 4 古賀太陽
DF 20 三丸拡
MF 27 三原雅俊
MF 7 大谷秀和
MF 28 戸嶋祥郎
MF 10 江坂任
FW 14 オルンガ
FW 19 呉屋大翔
控え
GK 1 桐畑和繁
DF 13 北爪健吾
DF 24 川口尚紀
MF 33 仲間隼斗
MF 5 小林祐介
MF 8 ヒシャルジソン
FW 37 鵜木郁哉
監督
ネルシーニョ

●[J1]第16節2日目 スコア速報

鳥栖vs柏 スタメン発表

[9.13 J1第16節](駅スタ)
※18:45開始
主審:山本雄大
副審:和角敏之、田中利幸
<出場メンバー>
[サガン鳥栖]
先発
GK 1 守田達弥
DF 2 原輝綺
DF 41 松岡大起
DF 3 エドゥアルド
MF 6 内田裕斗
MF 30 樋口雄太
MF 4 原川力
MF 47 中野伸哉
FW 33 石井快征
FW 16 林大地
FW 22 小屋松知哉
控え
GK 18 高丘陽平
DF 28 森下龍矢
DF 8 岩下敬輔
MF 23 本田風智
MF 50 梁勇基
FW 11 豊田陽平
FW 7 金森健志
監督
金明輝

[柏レイソル]
先発
GK 17 キム・スンギュ
DF 6 高橋峻希
DF 2 鎌田次郎
DF 4 古賀太陽
DF 20 三丸拡
MF 27 三原雅俊
MF 7 大谷秀和
MF 28 戸嶋祥郎
MF 10 江坂任
FW 14 オルンガ
FW 19 呉屋大翔
控え
GK 1 桐畑和繁
DF 13 北爪健吾
DF 24 川口尚紀
MF 33 仲間隼斗
MF 5 小林祐介
MF 8 ヒシャルジソン
FW 37 鵜木郁哉
監督
ネルシーニョ

●[J1]第16節2日目 スコア速報

水戸vs山口 スタメン発表

[9.13 J2第19節](Ksスタ)
※19:00開始
主審:榎本一慶
副審:堀越雅弘、清野裕介
<出場メンバー>
[水戸ホーリーホック]
先発
GK 50 松井謙弥
DF 3 前嶋洋太
DF 4 ンドカ・ボニフェイス
DF 24 細川淳矢
DF 28 乾貴哉
MF 17 河野諒祐
MF 20 森勇人
MF 8 安東輝
MF 10 山口一真
FW 15 奥田晃也
FW 9 中山仁斗
控え
GK 1 本間幸司
DF 13 岸田翔平
DF 2 住吉ジェラニレショーン
MF 25 平塚悠知
MF 27 松崎快
MF 7 山田康太
FW 48 アレフ・ピットブル
監督
秋葉忠宏

[レノファ山口FC]
先発
GK 17 吉満大介
DF 28 眞鍋旭輝
DF 30 ヘニキ
DF 3 ヘナン
MF 29 田中陸
MF 5 佐藤健太郎
MF 10 池上丈二
MF 7 田中パウロ淳一
FW 8 村田和哉
FW 9 イウリ
FW 16 浮田健誠
控え
GK 33 山田元気
DF 41 武岡優斗
MF 24 安在和樹
MF 26 川井歩
FW 11 高井和馬
FW 18 小松蓮
FW 19 森晃太
監督
霜田正浩

●[J2]第19節2日目 スコア速報

水戸vs山口 スタメン発表

[9.13 J2第19節](Ksスタ)
※19:00開始
主審:榎本一慶
副審:堀越雅弘、清野裕介
<出場メンバー>
[水戸ホーリーホック]
先発
GK 50 松井謙弥
DF 3 前嶋洋太
DF 4 ンドカ・ボニフェイス
DF 24 細川淳矢
DF 28 乾貴哉
MF 17 河野諒祐
MF 20 森勇人
MF 8 安東輝
MF 10 山口一真
FW 15 奥田晃也
FW 9 中山仁斗
控え
GK 1 本間幸司
DF 13 岸田翔平
DF 2 住吉ジェラニレショーン
MF 25 平塚悠知
MF 27 松崎快
MF 7 山田康太
FW 48 アレフ・ピットブル
監督
秋葉忠宏

[レノファ山口FC]
先発
GK 17 吉満大介
DF 28 眞鍋旭輝
DF 30 ヘニキ
DF 3 ヘナン
MF 29 田中陸
MF 5 佐藤健太郎
MF 10 池上丈二
MF 7 田中パウロ淳一
FW 8 村田和哉
FW 9 イウリ
FW 16 浮田健誠
控え
GK 33 山田元気
DF 41 武岡優斗
MF 24 安在和樹
MF 26 川井歩
FW 11 高井和馬
FW 18 小松蓮
FW 19 森晃太
監督
霜田正浩

●[J2]第19節2日目 スコア速報

G大阪vs湘南 スタメン発表

[9.13 J1第16節](パナスタ)
※19:00開始
主審:小屋幸栄
副審:越智新次、西村幹也
<出場メンバー>
[ガンバ大阪]
先発
GK 1 東口順昭
DF 3 昌子源
DF 5 三浦弦太
DF 27 高尾瑠
MF 8 小野瀬康介
MF 10 倉田秋
MF 14 福田湧矢
MF 15 井手口陽介
MF 29 山本悠樹
FW 33 宇佐美貴史
FW 39 渡邉千真
控え
GK 16 一森純
DF 13 菅沼駿哉
DF 4 藤春廣輝
MF 34 川崎修平
MF 7 遠藤保仁
FW 18 パトリック
FW 9 アデミウソン
監督
宮本恒靖

[湘南ベルマーレ]
先発
GK 1 富居大樹
DF 22 大岩一貴
DF 4 坂圭祐
DF 8 大野和成
MF 6 岡本拓也
MF 23 茨田陽生
MF 2 金子大毅
MF 16 齊藤未月
MF 38 石原広教
FW 18 松田天馬
FW 13 石原直樹
控え
GK 21 後藤雅明
DF 19 舘幸希
MF 29 三幸秀稔
MF 30 柴田壮介
MF 5 古林将太
FW 20 岩崎悠人
FW 9 指宿洋史
監督
浮嶋敏

●[J1]第16節2日目 スコア速報

G大阪vs湘南 スタメン発表

[9.13 J1第16節](パナスタ)
※19:00開始
主審:小屋幸栄
副審:越智新次、西村幹也
<出場メンバー>
[ガンバ大阪]
先発
GK 1 東口順昭
DF 3 昌子源
DF 5 三浦弦太
DF 27 高尾瑠
MF 8 小野瀬康介
MF 10 倉田秋
MF 14 福田湧矢
MF 15 井手口陽介
MF 29 山本悠樹
FW 33 宇佐美貴史
FW 39 渡邉千真
控え
GK 16 一森純
DF 13 菅沼駿哉
DF 4 藤春廣輝
MF 34 川崎修平
MF 7 遠藤保仁
FW 18 パトリック
FW 9 アデミウソン
監督
宮本恒靖

[湘南ベルマーレ]
先発
GK 1 富居大樹
DF 22 大岩一貴
DF 4 坂圭祐
DF 8 大野和成
MF 6 岡本拓也
MF 23 茨田陽生
MF 2 金子大毅
MF 16 齊藤未月
MF 38 石原広教
FW 18 松田天馬
FW 13 石原直樹
控え
GK 21 後藤雅明
DF 19 舘幸希
MF 29 三幸秀稔
MF 30 柴田壮介
MF 5 古林将太
FW 20 岩崎悠人
FW 9 指宿洋史
監督
浮嶋敏

●[J1]第16節2日目 スコア速報

横浜FMvsC大阪 スタメン発表

横浜FMvsC大阪 スタメン発表
[9.13 J1第16節](日産ス)
※19:00開始
主審:今村義朗
副審:西橋勲、村井良輔
<出場メンバー>
[横浜F・マリノス]
先発
GK 21 梶川裕嗣
DF 15 伊藤槙人
DF 13 チアゴ・マルチンス
DF 44 畠中槙之輔
MF 25 小池龍太
MF 26 渡辺皓太
MF 33 和田拓也
MF 5 ティーラトン
FW 9 マルコス・ジュニオール
FW 37 ジュニオール・サントス
FW 17 エリキ
控え
GK 34 中林洋次
MF 18 水沼宏太
MF 6 扇原貴宏
MF 8 喜田拓也
FW 23 仲川輝人
FW 38 前田大然
FW 45 オナイウ阿道
監督
アンジェ・ポステコグルー

[セレッソ大阪]
先発
GK 21 キム・ジンヒョン
DF 2 松田陸
DF 15 瀬古歩夢
DF 16 片山瑛一
DF 22 マテイ・ヨニッチ
MF 3 木本恭生
MF 6 レアンドロ・デサバト
MF 10 清武弘嗣
MF 17 坂元達裕
FW 9 都倉賢
FW 25 奥埜博亮
控え
GK 1 永石拓海
DF 14 丸橋祐介
MF 30 喜田陽
MF 49 西川潤
FW 13 高木俊幸
FW 18 鈴木孝司
FW 42 藤尾翔太
監督
ロティーナ

●[J1]第16節2日目 スコア速報

横浜FMvsC大阪 スタメン発表

[9.13 J1第16節](日産ス)
※19:00開始
主審:今村義朗
副審:西橋勲、村井良輔
<出場メンバー>
[横浜F・マリノス]
先発
GK 21 梶川裕嗣
DF 15 伊藤槙人
DF 13 チアゴ・マルチンス
DF 44 畠中槙之輔
MF 25 小池龍太
MF 26 渡辺皓太
MF 33 和田拓也
MF 5 ティーラトン
FW 9 マルコス・ジュニオール
FW 37 ジュニオール・サントス
FW 17 エリキ
控え
GK 34 中林洋次
MF 18 水沼宏太
MF 6 扇原貴宏
MF 8 喜田拓也
FW 23 仲川輝人
FW 38 前田大然
FW 45 オナイウ阿道
監督
アンジェ・ポステコグルー

[セレッソ大阪]
先発
GK 21 キム・ジンヒョン
DF 2 松田陸
DF 15 瀬古歩夢
DF 16 片山瑛一
DF 22 マテイ・ヨニッチ
MF 3 木本恭生
MF 6 レアンドロ・デサバト
MF 10 清武弘嗣
MF 17 坂元達裕
FW 9 都倉賢
FW 25 奥埜博亮
控え
GK 1 永石拓海
DF 14 丸橋祐介
MF 30 喜田陽
MF 49 西川潤
FW 13 高木俊幸
FW 18 鈴木孝司
FW 42 藤尾翔太
監督
ロティーナ

●[J1]第16節2日目 スコア速報

京都vs琉球 スタメン発表

[9.13 J2第19節](サンガS)
※18:30開始
主審:村上伸次
副審:武部陽介、植田文平
<出場メンバー>
[京都サンガF.C.]
先発
GK 34 若原智哉
DF 2 飯田貴敬
DF 5 黒木恭平
DF 23 ヨルディ・バイス
DF 25 上夷克典
DF 46 森脇良太
MF 10 庄司悦大
MF 11 曽根田穣
MF 31 福岡慎平
FW 9 ピーター・ウタカ
FW 18 野田隆之介
控え
GK 21 清水圭介
DF 16 安藤淳
MF 22 谷内田哲平
MF 24 川崎颯太
MF 29 中野克哉
MF 41 金久保順
MF 8 荒木大吾
監督
實好礼忠

[FC琉球]
先発
GK 1 ダニー・カルバハル
DF 11 田中恵太
DF 9 李栄直
DF 3 福井諒司
DF 14 沼田圭悟
MF 20 上里一将
MF 29 市丸瑞希
MF 8 風間宏矢
MF 13 河合秀人
MF 28 小泉佳穂
FW 16 阿部拓馬
控え
GK 26 田口潤人
DF 15 知念哲矢
DF 38 上原牧人
MF 10 富所悠
MF 18 山口和樹
MF 23 池田廉
FW 21 上原慎也
監督
樋口靖洋

●[J2]第19節2日目 スコア速報

川崎Fvs広島 スタメン発表

川崎Fvs広島 スタメン発表
[9.13 J1第16節](等々力)
※18:30開始
主審:東城穣
副審:聳城巧、勝又弘樹
<出場メンバー>
[川崎フロンターレ]
先発
GK 1 チョン・ソンリョン
DF 13 山根視来
DF 4 ジェジエウ
DF 34 山村和也
DF 7 車屋紳太郎
MF 6 守田英正
MF 25 田中碧
MF 8 脇坂泰斗
FW 30 旗手怜央
FW 19 齋藤学
FW 9 レアンドロ・ダミアン
控え
GK 27 丹野研太
DF 2 登里享平
MF 10 大島僚太
MF 18 三笘薫
MF 41 家長昭博
FW 11 小林悠
FW 20 宮代大聖
監督
鬼木達

[サンフレッチェ広島]
先発
GK 38 大迫敬介
DF 2 野上結貴
DF 23 荒木隼人
DF 19 佐々木翔
MF 44 ハイネル
MF 8 川辺駿
MF 6 青山敏弘
MF 18 柏好文
MF 9 ドウグラス・ヴィエイラ
MF 10 森島司
FW 39 レアンドロ・ペレイラ
控え
GK 1 林卓人
DF 3 井林章
MF 14 エゼキエウ
MF 24 東俊希
MF 25 茶島雄介
MF 29 浅野雄也
MF 30 柴崎晃誠
監督
城福浩

●[J1]第16節2日目 スコア速報

東京Vvs群馬 スタメン発表

[9.13 J2第19節](味スタ)
※18:00開始
主審:清水勇人
副審:唐紙学志、細尾基
<出場メンバー>
[東京ヴェルディ]
先発
GK 31 マテウス
DF 2 若狭大志
DF 6 高橋祥平
DF 5 平智広
MF 9 佐藤優平
MF 36 藤田譲瑠チマ
MF 14 森田晃樹
MF 16 福村貴幸
MF 20 井上潮音
MF 19 小池純輝
FW 13 大久保嘉人
控え
GK 1 柴崎貴広
DF 17 クレビーニョ
DF 3 近藤直也
MF 21 山本理仁
MF 33 松橋優安
MF 7 河野広貴
FW 48 山下諒也
監督
永井秀樹

[ザスパクサツ群馬]
先発
GK 1 清水慶記
DF 8 岩上祐三
DF 4 岡村大八
DF 2 舩津徹也
DF 25 小島雅也
MF 14 平尾壮
MF 35 宮阪政樹
MF 41 中山雄登
MF 7 加藤潤也
FW 11 田中稔也
FW 50 大前元紀
控え
GK 21 松原修平
DF 32 渡辺広大
MF 19 白石智之
MF 23 磐瀬剛
MF 6 飯野七聖
FW 10 青木翔大
FW 18 進昂平
監督
奥野僚右

●[J2]第19節2日目 スコア速報

福岡vs町田 スタメン発表

[9.13 J2第19節](ベススタ)
※18:00開始
主審:上村篤史
副審:馬場規、西水流優一
<出場メンバー>
[アビスパ福岡]
先発
GK 1 セランテス
DF 3 エミル・サロモンソン
DF 22 輪湖直樹
DF 39 篠原弘次郎
DF 50 上島拓巳
MF 8 鈴木惇
MF 16 石津大介
MF 18 東家聡樹
MF 40 松本泰志
FW 9 フアンマ・デルガド
FW 13 木戸皓貴
控え
GK 21 山ノ井拓己
DF 33 ドウグラス・グローリ
DF 41 藤井悠太
MF 14 増山朝陽
MF 6 前寛之
FW 10 城後寿
FW 26 遠野大弥
監督
長谷部茂利

[FC町田ゼルビア]
先発
GK 1 秋元陽太
DF 22 小田逸稀
DF 5 深津康太
DF 4 水本裕貴
DF 2 奥山政幸
MF 18 高江麗央
MF 25 佐野海舟
MF 14 吉尾海夏
MF 10 平戸太貴
FW 13 岡田優希
FW 16 安藤瑞季
控え
GK 42 福井光輝
DF 23 酒井隆介
MF 15 井上裕大
MF 29 森村昂太
FW 30 中島裕希
FW 7 マソビッチ
FW 9 ステファン
監督
ランコ・ポポヴィッチ

●[J2]第19節2日目 スコア速報

長野vsC大23 スタメン発表

[9.13 J3第15節](長野U)
※18:00開始
主審:野堀桂佑
副審:松本瑛右、加藤正和
<出場メンバー>
[AC長野パルセイロ]
先発
GK 1 小澤章人
DF 29 川田拳登
DF 3 遠藤元一
DF 4 浦上仁騎
DF 17 水谷拓磨
MF 14 三田尚希
MF 8 藤山智史
MF 24 坪川潤之
FW 15 佐相壱明
FW 10 東浩史
FW 19 岡佳樹
控え
GK 16 阿部伸行
DF 2 喜岡佳太
MF 6 岩沼俊介
MF 9 牧野寛太
FW 13 佐野翼
FW 22 吉田伊吹
FW 23 大城佑斗
監督
横山雄次

[セレッソ大阪U-23]
先発
GK 45 茂木秀
DF 29 島村拓弥
DF 44 吉馴空矢
DF 46 田平起也
DF 52 大橋滉太
MF 38 西本雅崇
MF 41 松本凪生
MF 53 岡澤昂星
MF 55 西村昴
FW 37 前田龍大
FW 48 新保海鈴
控え
GK 50 上林豪
FW 24 ウェリング・ピアス
FW 31 山内寛史
FW 33 タワン
監督
丸山良明

●[J3]第15節2日目 スコア速報

岡山vs甲府 スタメン発表

[9.13 J2第19節](Cスタ)
※18:00開始
主審:大坪博和
副審:浜本祐介、岩田浩義
<出場メンバー>
[ファジアーノ岡山]
先発
GK 22 ポープ・ウィリアム
DF 21 椋原健太
DF 4 濱田水輝
DF 3 後藤圭太
DF 31 下口稚葉
MF 25 野口竜彦
MF 7 白井永地
MF 17 関戸健二
MF 19 上門知樹
FW 18 齊藤和樹
FW 24 赤嶺真吾
控え
GK 13 金山隼樹
DF 20 チェ・ジョンウォン
MF 14 上田康太
MF 23 松木駿之介
MF 26 パウリーニョ
FW 15 山本大貴
FW 44 清水慎太郎
監督
有馬賢二

[ヴァンフォーレ甲府]
先発
GK 31 岡西宏祐
DF 5 今津佑太
DF 8 新井涼平
DF 20 中塩大貴
DF 21 荒木翔
MF 24 山田陸
MF 6 野澤英之
MF 7 中山陸
FW 19 宮崎純真
FW 18 太田修介
FW 44 ハーフナー・マイク
控え
GK 33 小泉勇人
DF 2 藤田優人
DF 39 内田健太
DF 4 山本英臣
MF 15 中村亮太朗
FW 16 松田力
FW 9 ラファエル
監督
伊藤彰

●[J2]第19節2日目 スコア速報

横浜FCvs名古屋 スタメン発表

[9.13 J1第16節](ニッパツ)
※18:00開始
主審:家本政明
副審:野村修、権田智久
<出場メンバー>
[横浜FC]
先発
GK 18 南雄太
DF 6 瀬古樹
DF 5 田代真一
DF 26 袴田裕太郎
DF 14 志知孝明
MF 7 松浦拓弥
MF 28 安永玲央
MF 30 手塚康平
MF 15 齋藤功佑
FW 16 皆川佑介
FW 23 斉藤光毅
控え
GK 21 市川暉記
DF 4 小林友希
MF 37 松尾佑介
MF 40 レアンドロ・ドミンゲス
MF 8 佐藤謙介
FW 11 三浦知良
FW 13 瀬沼優司
監督
下平隆宏

[名古屋グランパス]
先発
GK 1 ランゲラック
DF 23 吉田豊
DF 4 中谷進之介
DF 3 丸山祐市
DF 36 太田宏介
MF 15 稲垣祥
MF 11 阿部浩之
MF 2 米本拓司
FW 10 ガブリエル・シャビエル
FW 44 金崎夢生
FW 27 相馬勇紀
控え
GK 21 武田洋平
DF 13 藤井陽也
DF 34 オ・ジェソク
MF 24 石田凌太郎
MF 8 ジョアン・シミッチ
FW 16 マテウス
FW 17 山崎凌吾
監督
マッシモ・フィッカデンティ

●[J1]第16節2日目 スコア速報

長崎vs磐田 スタメン発表

[9.13 J2第19節](トラスタ)
※18:00開始
主審:佐藤隆治
副審:正木篤志、津野洋平
<出場メンバー>
[V・ファーレン長崎]
先発
GK 30 徳重健太
DF 16 毎熊晟矢
DF 6 角田誠
DF 26 二見宏志
DF 3 亀川諒史
MF 20 大竹洋平
MF 13 加藤大
MF 17 秋野央樹
MF 19 澤田崇
FW 11 玉田圭司
FW 29 畑潤基
控え
GK 21 高木和徹
DF 22 徳永悠平
DF 23 米田隼也
MF 10 ルアン
MF 18 氣田亮真
MF 40 カイオ・セザール
FW 32 ビクトル・イバルボ
監督
手倉森誠

[ジュビロ磐田]
先発
GK 21 杉本大地
DF 3 大井健太郎
DF 24 小川大貴
DF 33 藤田義明
DF 38 山本義道
MF 7 上原力也
MF 10 山田大記
MF 15 伊藤洋輝
MF 18 ムサエフ
FW 11 ルキアン
FW 16 中野誠也
控え
GK 1 八田直樹
DF 44 大武峻
MF 23 山本康裕
MF 26 藤川虎太朗
MF 8 大森晃太郎
FW 20 ルリーニャ
FW 9 小川航基
監督
フェルナンド・フベロ

●[J2]第19節2日目 スコア速報