連覇狙う鵬学園、V奪還期す星稜、遊学館、金沢桜丘が石川準決勝へ

 第99回全国高校サッカー選手権石川県予選は24日と25日に準々決勝を行った。2連覇を狙う鵬学園高金沢高に2-0で勝利。3試合連続無失点で準決勝進出を決めた。V奪還を期す星稜高は、MF廣島大雅の先制点など金沢学院高に4-1で勝利している。

 またPK戦の末、日本航空高石川を下した遊学館高と、金沢市立工高 に1-0で競り勝った金沢桜丘高も準決勝(11月1日)進出を決めている。

【石川】
[準々決勝](10月24、25日)
鵬学園高 2-0 金沢高
金沢市立工高 0-1 金沢桜丘高
遊学館高 2-2(PK3-2)日本航空高石川
金沢学院高 1-4 星稜高

[準決勝](11月1日)
鵬学園高 - 金沢桜丘高
遊学館高 - 星稜高
●【特設】高校選手権2020

仙台JY出身の神戸MF郷家がユアスタでゴール「ひとつの目標だった」

仙台JY出身の神戸MF郷家がユアスタでゴール「ひとつの目標だった」
[10.28 J1第30節 仙台2-3神戸 ユアスタ]

 宮城県出身でベガルタ仙台ジュニアユースに在籍した経歴を持つMF郷家友太が、思い入れのあるユアテックスタジアムでゴールを奪った。

「ユアスタのピッチに立つことはひとつの目標だった」

 1点を先制した直後の後半6分、神戸はFW古橋亨梧が先制点を奪った形と同じようなクロスをゴール前に入れると、ファーサイドに郷家が飛び込む。

 最初は頭で合わせようとしたが、バウンドが変わったことで胸に当たった。ただ本人も「気持ちで押し込みました」と満足げに振り返った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

仙台クラブワースト2位の15戦勝ちなし…「情けないし悔しい」FW長沢は涙

仙台クラブワースト2位の15戦勝ちなし…「情けないし悔しい」FW長沢は涙
[10.28 J1第30節 仙台2-3神戸 ユアスタ]

 ベガルタ仙台の未勝利がクラブワースト2位となる15戦に伸びた。

 粘りはみせた。相手は8月の敵地での一戦で勝利している神戸。今季初のシーズンダブルを果たすべく、後半早々立て続けに喫した2失点を跳ね返す粘りを見せたが、同点とした直後に勝ち越し点を献上。そこからまた追いつく力は、今の仙台には残っていなかった。

 後半8分に反撃開始となる1点、チームとして5試合ぶりの得点を記録したFW長沢駿は、試合後の場内一周で目頭を熱くさせていた。「応援していただいているのに結果が出せない。情けない、悔しい気持ち」が涙となって頬を伝ったという。

「苦しい時期ですけど、いいニュースを届けたかった。追い風を吹かさないとという想いでプレーしていました。ベガルタが生きがいになれるように、ピッチの中で表現していきたいです」

 2点目を奪ったDF飯尾竜太朗は加入後初ゴール。ジュニアユース、ユースと過ごした神戸を相手に奪ったゴールについては「特別な思いはあった」と話したが、勝利に結びつかなかったことで、笑顔を弾かせることはなかった。

※J1未勝利記録
仙台のリーグ戦の未勝利記録は、2003年に記録した19戦がワースト。J1リーグ戦の未勝利記録は2010年に淞南が記録した21戦がワーストとなっている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

2年生GK新居の活躍で新島学園が新人戦優勝校・高経附撃破!桐生一、前橋商、共愛学園も群馬4強入り

 第99回全国高校サッカー選手権群馬県予選は25日に準々決勝を行った。3回戦で王者・前橋育英高を破っている桐生一高は、常磐高と対戦。前半にMF落合遥斗主将と2年生レフティー・MF小林凌大が決めて2-1で勝った。

 新人戦優勝校の高崎経済大附高は新島学園高と対戦。失点直後に追いついたが、1-1で突入したPK戦で新島学園の2年生GK新居侑成に2人が止められて敗退した。伝統校復活を期す前橋商高は伊勢崎工高に2-0で勝利。前橋高 に3-2で競り勝った共愛学園高も準決勝(11月1日)進出を決めている。

【群馬】
[準々決勝](10月25日)
高崎経済大附高 1-1(PK1-4)新島学園高
前橋高 2-3 共愛学園高
常磐高 1-2 桐生一高
伊勢崎工高 0-2 前橋商高

[準決勝](11月1日)
新島学園高 - 共愛学園高
桐生一高 - 前橋商高
●【特設】高校選手権2020

FW佐藤ハットの専修大北上、盛岡商、遠野、盛岡市立が岩手準決勝へ

 第99回全国高校サッカー選手権岩手県予選は25日に準々決勝を行った。

 2連覇を狙う専修大北上高は2年生FW佐藤裕翔の3得点の活躍などによって花巻東高に4-0で快勝。前回大会準優勝で9年ぶりの全国出場を狙う盛岡商高はMF佐藤航の2得点などによって盛岡誠桜高に3-0で勝利している。

 2年ぶりのタイトル奪還を目指す遠野高はDF高橋和志とFW朝日田圭太のゴールによって盛岡中央高に2-1で勝利。また盛岡市立高はDF小原馨の決勝点によって不来方高に2-1で競り勝っている。

【岩手】
[準々決勝](10月25日)
専修大北上高 4-0 花巻東高
不来方高 1-2 盛岡市立高
遠野高 2-1 盛岡中央高
盛岡誠桜高 0-3 盛岡商高

[準決勝](11月1日)
専修大北上高 - 盛岡市立高
遠野高 - 盛岡商高
●【特設】高校選手権2020

2年生MF松尾2発の尚志、聖光学院、帝京安積、学法石川が福島準決勝へ

 第99回全国高校サッカー選手権福島県予選は25日、準々決勝を行った。昨夏全国3位の第1シード・尚志高福島東高と対戦。U-17日本代表のチェイス・アンリらが先発した尚志は、2年生MF松尾春希の2ゴールによって2-0で勝った。

 第2シードの聖光学院高は延長戦の末、郡山高に2-1で逆転勝ちした。MF平田愛斗の2ゴールによって福島工高を振り切った学法石川高、FW菅家悠斗の決勝点によってふたば未来学園高を下した帝京安積高も準決勝(10月31日)進出を決めている。

【福島】
[準々決勝](10月25日)
尚志高 2-0 福島東高
学法石川高 3-1 福島工高
聖光学院高 2-1(延長)郡山高
帝京安積高 1-0 ふたば未来学園高

[準決勝](10月31日)
尚志高 - 学法石川高
聖光学院高 - 帝京安積高
●【特設】高校選手権2020

J内定4選手の昌平は新潟内定FW小見同点などで浦和南に逆転勝ち!西武台、武南、正智深谷なども埼玉8強入り

 第99回全国高校サッカー選手権埼玉県予選は24日に3回戦が行われ、J内定4選手を擁する昌平高が初戦を戦った。

 昌平は、2年前の決勝で敗れている浦和南高との強豪対決で先制点を許す苦しい展開。だが、新潟内定FW小見洋太のゴールで追いつくと、後半に交代出場のFW篠田大輝が決勝点を決め、2-1で逆転勝ちした。

 前回大会準優勝の西武台高浦和西高に3-2で勝利。伝統校・武南高は延長後半の2得点によって埼玉栄高を2-0で下している。

 また正智深谷高聖望学園高、武蔵越生高、立教新座高、細田学園高もベスト8進出。準々決勝は10月31日と11月1日に開催される。

【埼玉】
[3回戦](10月24日)
昌平高 2-1 浦和南高
武南高 2-0(延長)埼玉栄高
聖望学園高 3-0 熊谷工高
早大本庄高 0-2 正智深谷高
武蔵越生高 2-0 国際学院高
埼玉平成高 1-1(PK3-4)立教新座高
西武文理高 2-3 細田学園高
浦和西高 2-3 西武台高

[準々決勝](10月31日、11月1日)
昌平高 - 武南高
聖望学園高 - 正智深谷高
武蔵越生高 - 立教新座高
細田学園高 - 西武台高
●【特設】高校選手権2020

DF三浦雅人が延長終了間際の劇的逆転弾! 筑波大は大学勢唯一の天皇杯4回戦へ

決勝点を決めたDF三浦雅人(2年=東京Vユース)
 天皇杯 JFA 第100回全日本サッカー選手権大会の3回戦1日目が28日に行われた。高知ユナイテッドSCFC徳島の1試合のみ、11月11日に開催される。

 筑波大(茨城)と東京武蔵野シティFC(東京)の対戦は激しい打ち合いに。武蔵野は後半4分にMF鈴木裕也が、筑波大は同39分にFW庄司夢ノ介(1年=山形ユース)がゴール。90分間を1-1で終え、延長戦に入る。

 武蔵野は延長前半7分にFW後藤準弥が勝ち越しゴールを挙げるが、筑波大も同13分にMF小林幹(3年=FC東京U-18)がゴールを決め、再び同点となった。その均衡は、延長後半アディショナルタイムに破れる。筑波大はDF三浦雅人(2年=東京Vユース)が劇的逆転ゴールを挙げ、試合終了。120分にわたるシーソーゲームを制し、4回戦進出を果たした。

 初出場のTIAMO枚方(大阪)はアルテリーヴォ和歌山(和歌山)と対戦。前半42分にMFチョ・ヨンチョルのヘディングシュートで先制すると、後半8分にはFW木田直樹がドリブルシュートで追加点を奪う。

 しかし、2点ビハインドとなったアルテリーヴォ和歌山は後半23分にオウンゴールで1点を返すと、その2分後にはMF山本大稀がGKとの1対1を冷静に沈め、2-2と試合を振り出しに戻す。試合はそのまま延長戦に突入。すると、延長後半4分、MF林祥太が中盤までドリブルで運んで右足を一閃。鋭い弾道を相手GKは防ぐことができず、ボールはゴールマウスに吸い込まれた。

 試合はアルテリーヴォ和歌山が3-2で勝利。TIAMO枚方はリードを守り切ることができず、初挑戦は3回戦で終わった。

結果は以下のとおり
【3回戦】
10月28日(水)
福山シティFC 2-0 三菱水島FC [みよし陸]
Honda FC 1-0 FCマルヤス岡崎 [エコパ]
新潟医療福祉大 0-2 福井ユナイテッドFC [福井テクノ]
富士大 1-2 ラインメール青森FC [Qスタ]
筑波大 3-2(延長) 東京武蔵野シティFC [Ksスタ]
アルテリーヴォ和歌山 3-2(延長) FC TIAMO枚方 [ヤンマー]
鹿屋体育大 1-2 ヴェルスパ大分 [えがおS]

11月11日(水)
高知ユナイテッドSC 19:00 FC徳島 [ピカスタ]

●第100回天皇杯特設ページ

青森山田が21-0の大勝発進。八戸学院野辺地西、弘前実、三本木農も準決勝へ:青森

 第99回全国高校サッカー選手権青森県予選は24日に準々決勝を行い、昨年度全国準優勝の青森山田高が青森南高に21-0で大勝した。

 今大会初戦の青森山田はFW渡邊星来が5得点を挙げたほか、MF藤森颯太が4得点、MF内間隼介が3得点を挙げるなど相手を圧倒した。また、八戸西高を6-0で破った八戸学院野辺地西高、弘前実高、三本木農高も11月6日の準決勝進出を決めている。

【青森】
[準々決勝](10月24日)
青森山田高 21-0 青森南高
東奥義塾高(三本木農の不戦勝)三本木農高
三沢商高 0-3 弘前実高
八戸西高 0-6 八戸学院野辺地西高

[準決勝](11月6日)
青森山田高 - 三本木農高
弘前実高 - 八戸学院野辺地西高
●【特設】高校選手権2020

千葉8強決定。流経大柏は5-0発進、市船は菅谷V弾で1-0勝利

 第99回全国高校サッカー選手権千葉県予選は24日と25日、2回戦が行われ、プレミアリーグ関東勢の流通経済大柏高市立船橋高が初戦に臨んだ。

 柏井高と対戦した流経大柏は千葉内定GK松原颯汰らが先発。MF三好麟大がゴールを奪うなど5-0で快勝した。市立船橋はDF菅谷暁輝の決勝点によって木更津総合高を1-0で下している。

 昨夏の千葉王者・日体大柏高は、MF近江屋晃輝主将の3得点の活躍などによって前回大会4強の専修大松戸高に4-0で快勝。八千代高は翔凜高に2-1で競り勝ち、習志野高は東海大市原望洋高を3-0で破っている。

 そのほか、中央学院高、敬愛学園高、千葉明徳高がベスト8進出。準々決勝は10月31日と11月1日に開催される。

【千葉】
[2回戦](10月24、25日)
流通経済大柏高 5-0 柏井高
翔凜高 1-2 八千代高
暁星国際高 0-1 中央学院高
市立稲毛高 0-5 敬愛学園高
習志野高 3-0 東海大市原望洋高
日体大柏高 4-0 専修大松戸高
千葉明徳高 1-0 渋谷幕張高
木更津総合高 0-1 市立船橋高

[準々決勝](10月31日、11月1日)
流通経済大柏高 - 八千代高
中央学院高 - 敬愛学園高
習志野高 - 日体大柏高
千葉明徳高 - 市立船橋高
●【特設】高校選手権2020

アルテリーヴォ和歌山vsTIAMO枚方 試合記録

【天皇杯3回戦】(ヤンマー)
アルテリーヴォ和歌山 3-2(延長)TIAMO枚方


<得点者>
[ア]オウンゴール(68分)、山本大稀(70分)、林祥太(109分)
[T]チョ・ヨンチョル(42分)、木田直樹(53分)

<警告>
[ア]林祥太(87分)、白明哲(117分)

主審:松本康之
副審:堀善仁、橋本真光

<出場メンバー>
[アルテリーヴォ和歌山]
先発
GK 21 桑水流拓也
DF 14 三浦修
DF 18 村上拓人
DF 22 白明哲
DF 25 高橋寛太
MF 7 大北啓介
(58分→FW 17 中西倫也)
MF 8 山本大稀
(113分→FW 20 辻村剛史)
MF 10 高瀬龍舞
(84分→DF 16 松尾瑛太)
MF 13 井ノ内拓也
(84分→MF 9 林祥太)
MF 23 加藤健人
MF 26 堀野翔
(58分→MF 27 千川原慎)
控え
GK 1 臼杵裕太
DF 3 加納錬
監督
北口雄一

[FC TIAMO枚方]
先発
GK 36 武田博行
DF 4 樋口総
DF 18 阿部翔
(69分→DF 19 石神直哉)
DF 22 松浦航洋
DF 25 宮城和也
MF 6 田中英雄
MF 7 チョ・ヨンチョル
MF 14 加藤博人
(86分→FW 17 福森大樹)
MF 24 佐藤諒
MF 28 井上翔太
(33分→DF 29 小谷健悟)
FW 11 木田直樹
(105分→MF 10 二川孝広)
控え
GK 31 キローラン菜入
DF 13 道上隼人
DF 2 キング・マックス
監督
小川佳純

筑波大vs武蔵野 試合記録

【天皇杯3回戦】(Ksスタ)
筑波大 3-2(延長)武蔵野


<得点者>
[筑]庄司夢ノ介(84分)、小林幹(103分)、三浦雅人(120分+1)
[武]鈴木裕也(49分)、後藤準弥(97分)

<警告>
[武]本田圭佑(64分)

主審:宇治原拓也
副審:宇田川恭弘、長谷川雅

<出場メンバー>
[筑波大]
先発
GK 1 櫻庭立樹
DF 2 山原怜音
DF 3 角田涼太朗
DF 23 森侑里
DF 28 遠藤海斗
(115分→MF 5 井川空)
MF 4 山内翔
MF 8 知久航介
(63分→MF 17 加藤匠人)
MF 15 池谷祐輔
(63分→FW 40 庄司夢ノ介)
MF 27 瀬良俊太
(78分→MF 9 小林幹)
FW 11 森海渡
FW 13 和田育
控え
GK 21 三沼慶太
DF 6 三浦雅人
MF 12 田嶋翔
監督
小井土正亮

[東京武蔵野シティFC]
先発
GK 41 本田渉
(120分→GK 1 西岡佑馬)
DF 2 高慶汰
DF 15 金田拓海
DF 16 中川諒真
MF 5 鈴木裕也
MF 7 岩田啓佑
(46分→MF 23 差波優人)
(89分→MF 13 森谷実)
MF 8 小林大地
(46分→MF 18 石原幸治)
MF 14 本田圭佑
MF 17 小口大貴
(120分→DF 25 片山修)
MF 22 金井洵樹
FW 26 後藤準弥
控え
MF 19 鈴木翔
FW 9 田口光樹
監督
池上寿之

神戸・三浦監督一安心、負傷交代の古橋は「全く問題ない。安心してください」

神戸・三浦監督一安心、負傷交代の古橋は「全く問題ない。安心してください」
[10.28 J1第30節 仙台2-3神戸 ユアスタ]

 ヴィッセル神戸三浦淳寛監督が試合後の会見で、試合終了間際に負傷交代したFW古橋亨梧について、「全く問題ないです。安心してください」と話した。

 古橋は後半2分に先制点を決めるなど、1ゴール1アシストの活躍。しかし後半アディショナルタイムにMF佐々木匠の突破を防ぎに行った際に、左足を痛がるようにして倒れ込み、そのまま担架に乗せられてピッチをあとにした。

 5戦ぶりの勝利も今季12得点を決めるチーム得点王の離脱となれば大きな痛手となるところだった。三浦監督もベンチに戻ってきた古橋にすぐに確認したというが、記者の質問を遮るようにして「全く問題ないです」と強調。「結果だけ見てもそうですし、チームのために機能してくれた」と活躍を称えた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

広島vs横浜FM 試合記録

【J1第32節】(Eスタ)
広島 3-1(前半1-0)横浜FM


<得点者>
[広]レアンドロ・ペレイラ(33分)、オウンゴール(62分)、永井龍(90分)
[横]チアゴ・マルチンス(90分+5)

<警告>
[横]前田大然(74分)、畠中槙之輔(89分)

観衆:1,984人
主審:荒木友輔
副審:越智新次、川崎秋仁
浅野の左足起点に2ゴール!永井もPKで加入後初弾! 広島が“22連戦ラスト”の横浜FMを破る

<出場メンバー>
[サンフレッチェ広島]
先発
GK 1 林卓人
DF 2 野上結貴
DF 23 荒木隼人
DF 19 佐々木翔
MF 18 柏好文
(82分→DF 3 井林章)
MF 8 川辺駿
MF 6 青山敏弘
MF 24 東俊希
(61分→MF 25 茶島雄介)
MF 29 浅野雄也
(72分→FW 20 永井龍)
MF 14 エゼキエウ
(61分→MF 10 森島司)
FW 39 レアンドロ・ペレイラ
(82分→FW 9 ドウグラス・ヴィエイラ)
控え
GK 38 大迫敬介
MF 7 野津田岳人
監督
城福浩

[横浜F・マリノス]
先発
GK 32 高丘陽平
DF 25 小池龍太
DF 13 チアゴ・マルチンス
DF 44 畠中槙之輔
DF 5 ティーラトン
MF 26 渡辺皓太
(37分→MF 8 喜田拓也)
MF 33 和田拓也
(65分→FW 9 マルコス・ジュニオール)
MF 39 天野純
(76分→FW 45 オナイウ阿道)
FW 17 エリキ
FW 37 ジュニオール・サントス
FW 38 前田大然
(76分→MF 18 水沼宏太)
控え
GK 34 中林洋次
DF 27 松原健
MF 6 扇原貴宏
監督
アンジェ・ポステコグルー

仙台vs神戸 試合記録

【J1第30節】(ユアスタ)
仙台 2-3(前半0-0)神戸


<得点者>
[仙]長沢駿(53分)、飯尾竜太朗(76分)
[神]古橋亨梧(47分)、郷家友太(51分)、ドウグラス(77分)

<警告>
[神]飯倉大樹(90分+3)

観衆:4,071人
主審:福島孝一郎
副審:堀越雅弘、権田智久
神戸は競り勝って5戦ぶり白星も“チーム得点王”古橋が負傷か…仙台は未勝利が15戦に
神戸・三浦監督一安心、負傷交代の古橋は「全く問題ない。安心してください」
仙台クラブワースト2位の15戦勝ちなし…「情けないし悔しい」FW長沢は涙
仙台JY出身の神戸MF郷家がユアスタでゴール「ひとつの目標だった」


<出場メンバー>
[ベガルタ仙台]
先発
GK 27 ヤクブ・スウォビィク
DF 3 飯尾竜太朗
DF 39 金正也
DF 13 平岡康裕
DF 2 パラ
MF 26 浜崎拓磨
(69分→MF 37 中原彰吾)
MF 5 椎橋慧也
(84分→MF 30 田中渉)
MF 7 関口訓充
(69分→MF 28 佐々木匠)
MF 9 イサック・クエンカ
(58分→MF 14 石原崇兆)
FW 20 長沢駿
FW 42 山田寛人
(58分→FW 29 アレクサンドレ・ゲデス)
控え
GK 24 小畑裕馬
DF 23 シマオ・マテ
監督
木山隆之

[ヴィッセル神戸]
先発
GK 18 飯倉大樹
DF 22 西大伍
DF 33 ダンクレー
DF 3 渡部博文
DF 24 酒井高徳
MF 6 セルジ・サンペール
(82分→MF 14 安井拓也)
MF 5 山口蛍
MF 27 郷家友太
(66分→MF 38 佐々木大樹)
FW 9 藤本憲明
(66分→FW 21 田中順也)
FW 49 ドウグラス
FW 11 古橋亨梧
(90分+2→FW 13 小川慶治朗)
控え
GK 1 前川黛也
DF 17 菊池流帆
DF 44 藤谷壮
監督
三浦淳寛

仙台vs神戸 試合記録

【J1第30節】(ユアスタ)
仙台 2-3(前半0-0)神戸


<得点者>
[仙]長沢駿(53分)、飯尾竜太朗(76分)
[神]古橋亨梧(47分)、郷家友太(51分)、ドウグラス(77分)

<警告>
[神]飯倉大樹(90分+3)

観衆:4,071人
主審:福島孝一郎
副審:堀越雅弘、権田智久
神戸は競り勝って5戦ぶり白星も“チーム得点王”古橋が負傷か…仙台は未勝利が15戦に

<出場メンバー>
[ベガルタ仙台]
先発
GK 27 ヤクブ・スウォビィク
DF 3 飯尾竜太朗
DF 39 金正也
DF 13 平岡康裕
DF 2 パラ
MF 26 浜崎拓磨
(69分→MF 37 中原彰吾)
MF 5 椎橋慧也
(84分→MF 30 田中渉)
MF 7 関口訓充
(69分→MF 28 佐々木匠)
MF 9 イサック・クエンカ
(58分→MF 14 石原崇兆)
FW 20 長沢駿
FW 42 山田寛人
(58分→FW 29 アレクサンドレ・ゲデス)
控え
GK 24 小畑裕馬
DF 23 シマオ・マテ
監督
木山隆之

[ヴィッセル神戸]
先発
GK 18 飯倉大樹
DF 22 西大伍
DF 33 ダンクレー
DF 3 渡部博文
DF 24 酒井高徳
MF 6 セルジ・サンペール
(82分→MF 14 安井拓也)
MF 5 山口蛍
MF 27 郷家友太
(66分→MF 38 佐々木大樹)
FW 9 藤本憲明
(66分→FW 21 田中順也)
FW 49 ドウグラス
FW 11 古橋亨梧
(90分+2→FW 13 小川慶治朗)
控え
GK 1 前川黛也
DF 17 菊池流帆
DF 44 藤谷壮
監督
三浦淳寛

FC東京vs柏 試合記録

【J1第30節】(味スタ)
FC東京 1-3(前半0-1)柏


<得点者>
[F]アダイウトン(49分)
[柏]江坂任(28分)、クリスティアーノ2(46分、75分)

<警告>
[F]森重真人(3分)、品田愛斗(51分)、安部柊斗(66分)、高萩洋次郎(84分)
[柏]三原雅俊(31分)、染谷悠太(90分+3)

観衆:6,632人
主審:村上伸次
副審:平間亮、赤阪修
FC東京は3連敗…柏が“前哨戦”制しルヴァン杯決勝に弾み!!江坂先制弾にクリスティアーノ2発

<出場メンバー>
[FC東京]
先発
GK 13 波多野豪
DF 22 中村拓海
DF 4 渡辺剛
DF 3 森重真人
DF 6 小川諒也
MF 28 内田宅哉
(58分→FW 9 ディエゴ・オリヴェイラ)
MF 44 品田愛斗
(58分→MF 31 安部柊斗)
MF 8 高萩洋次郎
FW 24 原大智
(72分→MF 7 三田啓貴)
FW 15 アダイウトン
(80分→FW 27 田川亨介)
FW 20 レアンドロ
控え
GK 33 林彰洋
DF 32 ジョアン・オマリ
DF 37 中村帆高
監督
長谷川健太

[柏レイソル]
先発
GK 17 キム・スンギュ
DF 13 北爪健吾
(61分→DF 24 川口尚紀)
DF 25 大南拓磨
DF 50 山下達也
(72分→DF 15 染谷悠太)
DF 4 古賀太陽
MF 7 大谷秀和
MF 27 三原雅俊
MF 9 クリスティアーノ
MF 33 仲間隼斗
(72分→FW 19 呉屋大翔)
FW 10 江坂任
FW 14 オルンガ
控え
GK 16 滝本晴彦
MF 39 神谷優太
MF 5 小林祐介
FW 37 鵜木郁哉
監督
ネルシーニョ

FC東京vs柏 試合記録

【J1第30節】(味スタ)
FC東京 1-3(前半0-1)柏


<得点者>
[F]アダイウトン(49分)
[柏]江坂任(28分)、クリスティアーノ2(46分、75分)

<警告>
[F]森重真人(3分)、品田愛斗(51分)、安部柊斗(66分)、高萩洋次郎(84分)
[柏]三原雅俊(31分)、染谷悠太(90分+3)

観衆:6,632人
主審:村上伸次
副審:平間亮、赤阪修
FC東京は3連敗…柏が“前哨戦”制しルヴァン杯決勝に弾み!!江坂先制弾にクリスティアーノ2発

<出場メンバー>
[FC東京]
先発
GK 13 波多野豪
DF 22 中村拓海
DF 4 渡辺剛
DF 3 森重真人
DF 6 小川諒也
MF 28 内田宅哉
(58分→FW 9 ディエゴ・オリヴェイラ)
MF 44 品田愛斗
(58分→MF 31 安部柊斗)
MF 8 高萩洋次郎
FW 24 原大智
(72分→MF 7 三田啓貴)
FW 15 アダイウトン
(80分→FW 27 田川亨介)
FW 20 レアンドロ
控え
GK 33 林彰洋
DF 32 ジョアン・オマリ
DF 37 中村帆高
監督
長谷川健太

[柏レイソル]
先発
GK 17 キム・スンギュ
DF 13 北爪健吾
(61分→DF 24 川口尚紀)
DF 25 大南拓磨
DF 50 山下達也
(72分→DF 15 染谷悠太)
DF 4 古賀太陽
MF 7 大谷秀和
MF 27 三原雅俊
MF 9 クリスティアーノ
MF 33 仲間隼斗
(72分→FW 19 呉屋大翔)
FW 10 江坂任
FW 14 オルンガ
控え
GK 16 滝本晴彦
MF 39 神谷優太
MF 5 小林祐介
FW 37 鵜木郁哉
監督
ネルシーニョ

FC東京は3連敗…柏が“前哨戦”制しルヴァン杯決勝に弾み!!江坂先制弾にクリスティアーノ2発

柏がFC東京を撃破
[10.28 J1第30節 FC東京1-3柏 味スタ]

J1第30節が行われ、味の素スタジアムでFC東京柏レイソルが対戦した。ルヴァン杯決勝の“前哨戦”は柏が3-1で勝利し、11月7日の決戦に弾みをつけた。4位FC東京は今季初の3連敗を喫した。

柏は前半24分にビッグチャンスを迎える。幅を使った攻撃から右サイドに開いたDF北爪健吾が鋭いクロス。FWオルンガが高い打点から強烈なヘディングシュートを放ったが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。先制機をひとつ逸したものの、先手を取ったのは柏だった。

 前半28分、中盤でハイボールを収めたMF仲間隼斗がドリブルで一気に持ち上がると、DF森重真人をかわしてPA右手前から右足を振り抜く。強烈なシュートはGK波多野豪に阻まれたが、こぼれ球をFW江坂任が左足で流し込んだ。

 1-0で折り返した後半開始早々に柏が追加点を奪った。相手のパスミスを突いたオルンガが高い位置でボールを奪い、ペナルティエリア内に進入。マイナス方向にラストパスを届けると、MFクリスティアーノが右足で流し込んだ。

 FC東京もその3分後、FKの流れからクリアボールをDF中村拓海が回収し、MF高萩洋次郎がPA右手前からクロスを入れ、FWアダイウトンがヘッドで叩き込んだ。1点差に詰め寄ったが、反撃はここまでだった。

 柏は攻撃の手を緩めず、後半30分にはMF三原雅俊が相手のパスをカットし、オルンガが斜めにスルーパスを通す。抜け出したクリスティアーノがワンタッチでPA内に侵入し、右足シュートでネットを揺らした。後半37分にはオルンガのシュートが惜しくも左ポストを叩いた。柏が3-1で勝利し、4試合ぶりの白星を飾った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

FC東京は3連敗…柏が“前哨戦”制しルヴァン杯決勝に弾み!!江坂先制弾にクリスティアーノ2発

柏がFC東京を撃破
[10.28 J1第30節 FC東京1-3柏 味スタ]

J1第30節が行われ、味の素スタジアムでFC東京柏レイソルが対戦した。ルヴァン杯決勝の“前哨戦”は柏が3-1で勝利し、11月7日の決戦に弾みをつけた。4位FC東京は今季初の3連敗を喫した。

柏は前半24分にビッグチャンスを迎える。幅を使った攻撃から右サイドに開いたDF北爪健吾が鋭いクロス。FWオルンガが高い打点から強烈なヘディングシュートを放ったが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。先制機をひとつ逸したものの、先手を取ったのは柏だった。

 前半28分、中盤でハイボールを収めたMF仲間隼斗がドリブルで一気に持ち上がると、DF森重真人をかわしてPA右手前から右足を振り抜く。強烈なシュートはGK波多野豪に阻まれたが、こぼれ球をFW江坂任が左足で流し込んだ。

 1-0で折り返した後半開始早々に柏が追加点を奪った。相手のパスミスを突いたオルンガが高い位置でボールを奪い、ペナルティエリア内に進入。マイナス方向にラストパスを届けると、MFクリスティアーノが右足で流し込んだ。

 FC東京もその3分後、FKの流れからクリアボールをDF中村拓海が回収し、MF高萩洋次郎がPA右手前からクロスを入れ、FWアダイウトンがヘッドで叩き込んだ。1点差に詰め寄ったが、反撃はここまでだった。

 柏は攻撃の手を緩めず、後半30分にはMF三原雅俊が相手のパスをカットし、オルンガが斜めにスルーパスを通す。抜け出したクリスティアーノがワンタッチでPA内に侵入し、右足シュートでネットを揺らした。後半37分にはオルンガのシュートが惜しくも左ポストを叩いた。柏が3-1で勝利し、4試合ぶりの白星を飾った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

神戸は競り勝って5戦ぶり白星も“チーム得点王”古橋が負傷か…仙台は未勝利が15戦に

神戸は競り勝って5戦ぶり白星も“チーム得点王”古橋が負傷か…仙台は未勝利が15戦に
[10.28 J1第30節 仙台2-3神戸 ユアスタ]

 ヴィッセル神戸が敵地でベガルタ仙台に3-2で競り勝った。連敗チーム同士の対戦だったが、神戸が連敗を2で止めて、5戦ぶりの勝利。仙台は3連敗で未勝利は、クラブワースト2位の記録となる15戦に伸びた。

 スコアレスでハーフタイムを迎えた試合だったが、緊迫した展開がウソのように、後半は点の奪い合いとなる。

 まずは神戸が前半2分、左サイドからFW古橋亨梧が入れたアーリークロスがそのままゴールイン。先制に成功すると、同6分には古橋の同じようなボールからMF郷家友太が頭に当てて体ごと押し込んで、リードを2点に広げた。

 ただ8月8日の神戸戦以来、14試合勝ちのない仙台も意地をみせる。後半8分、MF関口訓充が高い位置のチェックからゴール前にこぼれたボールをFW長沢駿が押し込む。チームにとって4試合ぶりの得点で1点差とすると、同31分にはCKの跳ね返りをMF中原彰吾が入れ直すと、DF飯尾竜太朗が頭で合わせる。これがポストを叩くも、逆サイドネットに収まり、仙台が試合を振り出しに戻した。

 しかし敵地戦とはいえ、最下位から勝ち点3を積み上げたい神戸も同点被弾からわずか1分後の後半32分、DF西大伍のクロスを頭で合わせたFWドウグラスのヘッドで勝ち越しに成功。MFアンドレス・イニエスタを今節は登録外としていた神戸だが、連敗を2で止め、5試合ぶりの勝利を手にした。

 だが神戸は最終盤に心配なアクシデント。相手のドリブルを防ぎに行った古橋が左足を負傷。担架に運ばれてピッチをあとにした。チーム最多12ゴールを決める古橋が離脱となれば、来月末に行われるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の戦いにも影響が出てきそうだ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

神戸は競り勝って5戦ぶり白星も“チーム得点王”古橋が負傷か…仙台は未勝利が15戦に

神戸は競り勝って5戦ぶり白星も“チーム得点王”古橋が負傷か…仙台は未勝利が15戦に
[10.28 J1第30節 仙台2-3神戸 ユアスタ]

 ヴィッセル神戸が敵地でベガルタ仙台に3-2で競り勝った。連敗チーム同士の対戦だったが、神戸が連敗を2で止めて、5戦ぶりの勝利。仙台は3連敗で未勝利は、クラブワースト2位の記録となる15戦に伸びた。

 スコアレスでハーフタイムを迎えた試合だったが、緊迫した展開がウソのように、後半は点の奪い合いとなる。

 まずは神戸が前半2分、左サイドからFW古橋亨梧が入れたアーリークロスがそのままゴールイン。先制に成功すると、同6分には古橋の同じようなボールからMF郷家友太が頭に当てて体ごと押し込んで、リードを2点に広げた。

 ただ8月8日の神戸戦以来、14試合勝ちのない仙台も意地をみせる。後半8分、MF関口訓充が高い位置のチェックからゴール前にこぼれたボールをFW長沢駿が押し込む。チームにとって4試合ぶりの得点で1点差とすると、同31分にはCKの跳ね返りをMF中原彰吾が入れ直すと、DF飯尾竜太朗が頭で合わせる。これがポストを叩くも、逆サイドネットに収まり、仙台が試合を振り出しに戻した。

 しかし敵地戦とはいえ、最下位から勝ち点3を積み上げたい神戸も同点被弾からわずか1分後の後半32分、DF西大伍のクロスを頭で合わせたFWドウグラスのヘッドで勝ち越しに成功。MFアンドレス・イニエスタを今節は登録外としていた神戸だが、連敗を2で止め、5試合ぶりの勝利を手にした。

 だが神戸は最終盤に心配なアクシデント。相手のドリブルを防ぎに行った古橋が左足を負傷。担架に運ばれてピッチをあとにした。チーム最多12ゴールを決める古橋が離脱となれば、来月末に行われるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の戦いにも影響が出てきそうだ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

浅野の左足起点に2ゴール!永井もPKで加入後初弾! 広島が“22連戦ラスト”の横浜FMを破る

先制点を決めた広島FWレアンドロ・ペレイラ
[10.28 J1第32節 広島3-0横浜FM Eスタ]

 J1リーグは28日、ACL延期の影響で前倒しとなった第32節1試合を行い、サンフレッチェ広島横浜F・マリノスを3-1で破った。MF浅野雄也の左足から2ゴールが生まれると、終了間際にFW永井龍の移籍後初ゴールとなるPKでダメ押し。横浜FMは終了間際にPKで1点を返したが、3試合ぶりの黒星で22連戦を終えた。

 両チームともに前の試合から中3日での一戦。広島は先発3人を入れ替え、浅野、MF柏好文、FWレアンドロ・ペレイラを新たに起用した。22連戦目の横浜FMは6人を変更し、今月23日に加入が発表されたばかりのGK高丘陽平がさっそくスタメン入り。DFチアゴ・マルチンスが6試合ぶりの復帰を果たした。

 試合は前半6分、広島が先に決定機を迎えた。鳥栖から横浜FMに期限付き移籍で加入した高丘がビルドアップ時に足を滑らせてボールを奪われると、これを拾った浅野が強烈なシュート。わずかに枠を外れたが、横浜FMにとってはヒヤリとする場面だった。その後は横浜FMがペースを取り戻し、5-4の固い守備ブロックを敷く広島を圧倒。FWエリキ、FWジュニオール・サントス、FW前田大然が立て続けにチャンスをつくった。

 ところが前半33分、先にスコアを動かしたのは広島だった。左サイドに開いた浅野が左足で鋭いクロスをゴール前に送ると、DF畠中槙之輔の頭上を越えたボールがピンポイントでL・ペレイラの頭にヒット。前節の鹿島戦では出場のなかったブラジル出身ストライカーが完璧なヘディングシュートを突き刺した。一方の横浜FMは37分、MF渡辺皓太にアクシデントがあってMF喜田拓也との交代でピッチを退いた。

 後半も横浜FMが優勢を保ったが、広島が追加点を奪う。17分、敵陣右サイドからのFKを浅野がゴール前に蹴り込むと、戻りながらヘディングでのクリアを試みたチアゴがオウンゴール。背後にいたL・ペレイラがオフサイドポジションにいたため、横浜FMの選手たちは主審を囲い込んで抗議したが、プレーに干渉していなかったため主張は認められず、2点の差がついた。

 さらに後半44分、広島はFWドウグラス・ヴィエイラのポストプレーからMF森島司が抜け出し、ペナルティエリア内で畠中に倒されてPKを獲得。キッカーのFW永井龍がこれを左に決め、途中出場の3人が絡んだ攻撃でダメ押しゴールを奪った。横浜FMはアディショナルタイム1分、エリキが獲得したPKをチアゴが決めて1点を返したが、反撃はここまで。広島が2試合ぶりの白星を収めた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

浅野の左足起点に2ゴール!永井もPKで加入後初弾! 広島が“22連戦ラスト”の横浜FMを破る

先制点を決めた広島FWレアンドロ・ペレイラ
[10.28 J1第32節 広島3-0横浜FM Eスタ]

 J1リーグは28日、ACL延期の影響で前倒しとなった第32節1試合を行い、サンフレッチェ広島横浜F・マリノスを3-1で破った。MF浅野雄也の左足から2ゴールが生まれると、終了間際にFW永井龍の移籍後初ゴールとなるPKでダメ押し。横浜FMは終了間際にPKで1点を返したが、3試合ぶりの黒星で22連戦を終えた。

 両チームともに前の試合から中3日での一戦。広島は先発3人を入れ替え、浅野、MF柏好文、FWレアンドロ・ペレイラを新たに起用した。22連戦目の横浜FMは6人を変更し、今月23日に加入が発表されたばかりのGK高丘陽平がさっそくスタメン入り。DFチアゴ・マルチンスが6試合ぶりの復帰を果たした。

 試合は前半6分、広島が先に決定機を迎えた。鳥栖から横浜FMに期限付き移籍で加入した高丘がビルドアップ時に足を滑らせてボールを奪われると、これを拾った浅野が強烈なシュート。わずかに枠を外れたが、横浜FMにとってはヒヤリとする場面だった。その後は横浜FMがペースを取り戻し、5-4の固い守備ブロックを敷く広島を圧倒。FWエリキ、FWジュニオール・サントス、FW前田大然が立て続けにチャンスをつくった。

 ところが前半33分、先にスコアを動かしたのは広島だった。左サイドに開いた浅野が左足で鋭いクロスをゴール前に送ると、DF畠中槙之輔の頭上を越えたボールがピンポイントでL・ペレイラの頭にヒット。前節の鹿島戦では出場のなかったブラジル出身ストライカーが完璧なヘディングシュートを突き刺した。一方の横浜FMは37分、MF渡辺皓太にアクシデントがあってMF喜田拓也との交代でピッチを退いた。

 後半も横浜FMが優勢を保ったが、広島が追加点を奪う。17分、敵陣右サイドからのFKを浅野がゴール前に蹴り込むと、戻りながらヘディングでのクリアを試みたチアゴがオウンゴール。背後にいたL・ペレイラがオフサイドポジションにいたため、横浜FMの選手たちは主審を囲い込んで抗議したが、プレーに干渉していなかったため主張は認められず、2点の差がついた。

 さらに後半44分、広島はFWドウグラス・ヴィエイラのポストプレーからMF森島司が抜け出し、ペナルティエリア内で畠中に倒されてPKを獲得。キッカーのFW永井龍がこれを左に決め、途中出場の3人が絡んだ攻撃でダメ押しゴールを奪った。横浜FMはアディショナルタイム1分、エリキが獲得したPKをチアゴが決めて1点を返したが、反撃はここまで。広島が2試合ぶりの白星を収めた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

富士大vsラインメール青森 試合記録

【天皇杯3回戦】(Qスタ)
富士大 1-2(前半0-2)ラインメール青森


<得点者>
[富]谷地朝日(61分)
[ラ]浜田幸織(10分)、堀研太(17分)

<警告>
[ラ]中島洸(30分)

主審:長谷拓
副審:清水拓、宗像瞭

<出場メンバー>
[富士大]
先発
GK 35 折口輝樹
DF 2 阿部裕良
DF 5 志村滉
DF 6 吉田光希
DF 26 安野天士
MF 4 谷地朝日
MF 9 緒方悠太
(90分+5→MF 15 伊藤魁莉)
MF 11 中川和彦
(74分→FW 21 菅原侑哉)
MF 30 千葉希
(59分→MF 8 岩村豊)
FW 7 松倉玄樹
FW 10 阿部亮太
控え
GK 18 福山智仁
DF 23 藪中海皇
DF 27 金野泰治
MF 28 阿部柊斗
監督
高鷹雅也

[ラインメール青森FC]
先発
GK 41 末次敦貴
DF 17 廣瀬智行
DF 25 中島洸
DF 29 水野隼人
MF 6 西室隆規
MF 8 榊原彗悟
MF 18 井上友也
MF 22 阿部龍月
FW 9 堀研太
(90分+2→FW 19 松岡ジョナタン)
FW 16 和田響稀
FW 26 浜田幸織
(85分→FW 27 新田裕平)
控え
GK 31 横山卓司
DF 5 西山大雅
FW 20 神山泰一
FW 23 田中康平
監督
望月達也

富士大vsラインメール青森 試合記録

【天皇杯3回戦】(Qスタ)
富士大 1-2(前半0-2)ラインメール青森


<得点者>
[富]谷地朝日(61分)
[ラ]浜田幸織(10分)、堀研太(17分)

<警告>
[ラ]中島洸(30分)

主審:長谷拓
副審:清水拓、宗像瞭

<出場メンバー>
[富士大]
先発
GK 35 折口輝樹
DF 2 阿部裕良
DF 5 志村滉
DF 6 吉田光希
DF 26 安野天士
MF 4 谷地朝日
MF 9 緒方悠太
(90分+5→MF 15 伊藤魁莉)
MF 11 中川和彦
(74分→FW 21 菅原侑哉)
MF 30 千葉希
(59分→MF 8 岩村豊)
FW 7 松倉玄樹
FW 10 阿部亮太
控え
GK 18 福山智仁
DF 23 藪中海皇
DF 27 金野泰治
MF 28 阿部柊斗
監督
高鷹雅也

[ラインメール青森FC]
先発
GK 41 末次敦貴
DF 17 廣瀬智行
DF 25 中島洸
DF 29 水野隼人
MF 6 西室隆規
MF 8 榊原彗悟
MF 18 井上友也
MF 22 阿部龍月
FW 9 堀研太
(90分+2→FW 19 松岡ジョナタン)
FW 16 和田響稀
FW 26 浜田幸織
(85分→FW 27 新田裕平)
控え
GK 31 横山卓司
DF 5 西山大雅
FW 20 神山泰一
FW 23 田中康平
監督
望月達也

G大23vs福島 試合記録

【J3第24節】(パナスタ)
G大23 0-0(前半0-0)福島


<警告>
[G]タビナス・ジェファーソン(5分)
[福]諸岡裕人(6分)、イスマイラ(85分)

観衆:329人
主審:上原直人
副審:角田裕之、道山悟至

<出場メンバー>
[ガンバ大阪U-23]
先発
GK 50 イ・ユノ
DF 47 荻野元伸
DF 46 當麻颯
DF 28 タビナス・ジェファーソン
DF 35 山口竜弥
MF 44 菅野隆星
MF 42 中村仁郎
MF 45 村上景司
MF 48 坂本一彩
MF 24 黒川圭介
FW 20 高木大輔
控え
GK 41 福本悠
DF 40 シン・ウォノ
MF 49 平川拓斗
監督
森下仁志

[福島ユナイテッドFC]
先発
GK 50 渡辺健太
DF 23 福島隼斗
DF 5 岡田亮太
DF 11 雪江悠人
DF 21 吉田朋恭
MF 40 樋口寛規
(66分→MF 25 前田椋介)
MF 17 諸岡裕人
(46分→FW 9 イスマイラ)
MF 24 鎌田大夢
(81分→MF 29 吉永大志)
MF 7 田村亮介
FW 8 池田昌生
FW 20 トカチ
(66分→MF 18 橋本陸)
控え
GK 1 ファンティーニ燦
MF 10 橋本拓門
MF 14 青山景昌
監督
松田岳夫

G大23vs福島 試合記録

【J3第24節】(パナスタ)
G大23 0-0(前半0-0)福島


<警告>
[G]タビナス・ジェファーソン(5分)
[福]諸岡裕人(6分)、イスマイラ(85分)

観衆:329人
主審:上原直人
副審:角田裕之、道山悟至

<出場メンバー>
[ガンバ大阪U-23]
先発
GK 50 イ・ユノ
DF 47 荻野元伸
DF 46 當麻颯
DF 28 タビナス・ジェファーソン
DF 35 山口竜弥
MF 44 菅野隆星
MF 42 中村仁郎
MF 45 村上景司
MF 48 坂本一彩
MF 24 黒川圭介
FW 20 高木大輔
控え
GK 41 福本悠
DF 40 シン・ウォノ
MF 49 平川拓斗
監督
森下仁志

[福島ユナイテッドFC]
先発
GK 50 渡辺健太
DF 23 福島隼斗
DF 5 岡田亮太
DF 11 雪江悠人
DF 21 吉田朋恭
MF 40 樋口寛規
(66分→MF 25 前田椋介)
MF 17 諸岡裕人
(46分→FW 9 イスマイラ)
MF 24 鎌田大夢
(81分→MF 29 吉永大志)
MF 7 田村亮介
FW 8 池田昌生
FW 20 トカチ
(66分→MF 18 橋本陸)
控え
GK 1 ファンティーニ燦
MF 10 橋本拓門
MF 14 青山景昌
監督
松田岳夫

鹿屋体育大vsヴェルスパ大分 試合記録

【天皇杯3回戦】(えがおS)
鹿屋体育大 1-2(前半0-0)ヴェルスパ大分


<得点者>
[鹿]伊藤龍生(90分+2)
[ウ]前田央樹(52分)、宮内寛斗(62分)

<警告>
[鹿]濱口功聖(32分)

主審:宮原一也
副審:松尾明徳、原田大輔

<出場メンバー>
[鹿屋体育大]
先発
GK 1 安田惟太郎
DF 3 濱口功聖
DF 6 宮内真輝
DF 27 片桐羽馬人
MF 7 山口卓己
MF 10 藤本一輝
MF 13 城戸杜
(70分→FW 18 山本廉)
MF 14 木橋朋暉
MF 20 比嘉将貴
(83分→FW 11 伊藤龍生)
FW 9 根本凌
FW 15 五十嵐理人
(61分→MF 8 森重輝)
控え
GK 17 木村壮宏
MF 26 永松恭聖
MF 4 小屋原尚希
FW 22 佐藤光亮
監督
塩川勝行

[ヴェルスパ大分]
先発
GK 31 長谷川凌
DF 3 浦島貴大
DF 4 西村大吾
DF 5 本多琢人
(87分→DF 16 福元考佑)
DF 30 村田勉
MF 6 高橋宏季
(82分→MF 10 瓜生昂勢)
MF 7 宮内寛斗
MF 8 篠原宏仁
MF 17 藤本拓臣
(82分→DF 14 西埜植颯斗)
MF 21 中野匠
(68分→FW 9 薮内健人)
FW 33 前田央樹
(82分→FW 22 餅山大輝)
控え
GK 1 姫野昂志
DF 23 西川公章
監督
須藤茂光

鹿屋体育大vsヴェルスパ大分 試合記録

【天皇杯3回戦】(えがおS)
鹿屋体育大 1-2(前半0-0)ヴェルスパ大分


<得点者>
[鹿]伊藤龍生(90分+2)
[ウ]前田央樹(52分)、宮内寛斗(62分)

<警告>
[鹿]濱口功聖(32分)

主審:宮原一也
副審:松尾明徳、原田大輔

<出場メンバー>
[鹿屋体育大]
先発
GK 1 安田惟太郎
DF 3 濱口功聖
DF 6 宮内真輝
DF 27 片桐羽馬人
MF 7 山口卓己
MF 10 藤本一輝
MF 13 城戸杜
(70分→FW 18 山本廉)
MF 14 木橋朋暉
MF 20 比嘉将貴
(83分→FW 11 伊藤龍生)
FW 9 根本凌
FW 15 五十嵐理人
(61分→MF 8 森重輝)
控え
GK 17 木村壮宏
MF 26 永松恭聖
MF 4 小屋原尚希
FW 22 佐藤光亮
監督
塩川勝行

[ヴェルスパ大分]
先発
GK 31 長谷川凌
DF 3 浦島貴大
DF 4 西村大吾
DF 5 本多琢人
(87分→DF 16 福元考佑)
DF 30 村田勉
MF 6 高橋宏季
(82分→MF 10 瓜生昂勢)
MF 7 宮内寛斗
MF 8 篠原宏仁
MF 17 藤本拓臣
(82分→DF 14 西埜植颯斗)
MF 21 中野匠
(68分→FW 9 薮内健人)
FW 33 前田央樹
(82分→FW 22 餅山大輝)
控え
GK 1 姫野昂志
DF 23 西川公章
監督
須藤茂光

アトレティコ、逆転2発J・フェリックス含むスタメン着用スパイク!注目はスアレスのド派手な…

スタメン11人のスパイクは


[欧州CL グループA第2節 A・マドリー3-2ザルツブルク]

UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグ第2節1日目が27日に開催された。アトレティコ・マドリー(スペイン)はザルツブルク(オーストリア)と対戦し、1-2とリードを許しながらも、後半7分と同40分にFWジョアン・フェリックスがネットを揺らし、3-2の逆転勝利を収めた。

 逆転勝利を収めたA・マドリーのスタメン選手を着用スパイクとともに紹介する。

 A・マドリーのスタメン11人の着用スパイクメーカー内訳はアディダス5人、ナイキ3人、プーマ3人となった。
 
▼FW 9 ルイス・スアレス
プーマ『フューチャー 6.1』🆕

▼FW 7 ジョアン・フェリックス
アディダス『コパ20.1』※レースレスモデルを着用

▼MF 10 アンヘル・コレア
アディダス『エックス 19.1』

▼MF 6 コケ
アディダス『プレデター ミューテーター 20.1』🆕

▼MF 14 マルコス・ジョレンテ
ナイキ『ティエンポ レジェンド8』

▼MF 16 エクトル・エレーラ
ナイキ『ファントムGT』

▼DF 23 キーラン・トリッピアー
アディダス『ネメシス 19.1』

▼DF 18 フェリペ
アディダス『コパ20.1』

▼DF 15 ステファン・サビッチ
プーマ『フューチャー 6.1』

▼DF 12 レナン・ロディ
ナイキ『マーキュリアル ヴェイパー 13』

▼GK 13 ヤン・オブラク
プーマ『フューチャー 6.1』


●スパイク専門オンラインストア
 『ゲキサカFC STORE』

男子チームの試合出場で話題集める永里優季、新シーズンの所属先が決定

男子チームの試合出場で話題集める永里優季、新シーズンの所属先が決定
 アメリカ女子プロリーグ(NWSL)のレーシング・ルイビルFCが21シーズンに向けて、元日本女子代表(なでしこジャパン)FW永里優季を名簿に登録したことが、リーグ公式サイトで発表になっている。

 永里は今年9月に神奈川県リーグのはやぶさイレブンに加入。女子選手として男子チームの試合に出場したことで話題を集めていた。

 レーシングは新シーズンより参入するクラブ。永里は保有権を持つシカゴ・レッドスターズからの移籍になる。

男子チームの試合出場で話題集める永里優季、新シーズンの所属先が決定

男子チームの試合出場で話題集める永里優季、新シーズンの所属先が決定
 アメリカ女子プロリーグ(NWSL)のレーシング・ルイビルFCが21シーズンに向けて、元日本女子代表(なでしこジャパン)FW永里優季を名簿に登録したことが、リーグ公式サイトで発表になっている。

 永里は今年9月に神奈川県リーグのはやぶさイレブンに加入。女子選手として男子チームの試合に出場したことで話題を集めていた。

 レーシングは新シーズンより参入するクラブ。永里は保有権を持つシカゴ・レッドスターズからの移籍になる。

堀越FW日野が一瞬の判断力と技巧でPK獲得。主将は「良い準備をして」東京B準決勝へ

前半15分、FW日野翔太主将(右端)の先制点を喜ぶ堀越高イレブン
[10.25 選手権東京都Bブロック準々決勝 実践学園高 0-5 堀越高 清瀬内山A]

 堀越高は、エースが実践学園高の堅守を攻略した。前半15分、FW日野翔太主将(3年)は、FW尾崎岳人(3年)がフリックしたボールに反応。PAへ飛び出すと、「ゴールが見えていたのでそのままシュートを打とうかなと思っていたんですけれども、右から(DFが)来るなと分かったのでちょんと出して」身体を投げ出してきたDFと交錯。PKを獲得した。

 そして練習通りに、右足で落ち着いてPKを決めて先制点。エースの一瞬の判断力とテクニックが先制点をもたらした。この日、日野は右サイドからのCKでFW若松隼人(3年)の3点目を演出するなど攻撃陣を牽引。5-0での勝利に貢献した。

 日野は「(エースとして)自分が何とかやりたいと思っていますけれども、まずはチームの勝利というところで自分よりもこのチームを勝たせられるか」と語る。チームの勝利を最優先とし、苦しい展開の時に自分の力でゴールを決めることも目指していく。

 自主性を重んじる堀越のチームリーダー。まとめ役は日野だが、CB馬場跳高(3年)が「チーム全員で鼓舞しあっている」と語るように、各選手が意欲を持って取り組んでいる。日野もチームメートたちのサポートに感謝。「色々なリーダーの人たちもやってくれている。信頼してやっています」と口にするように、役割を上手く分担しながら東京制覇という目標に向かっているようだ。

 その目標達成まであと2つ。日野は「T1(東京都1部リーグ、9月開幕)が始まる前にテーマ掲げて、『どの相手でも良い準備をする』と掲げてやってきたので、どの相手でもしっかりと良い準備をしてやっていきます」。準決勝の対戦相手は、前回大会準決勝で堀越が敗れた帝京高に勝っている東京実高。その一戦へ向けて良い準備をして、必ず勝つ。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

【動画】今作流行りのコンセプトにどう対処する?Mayagekaが教えるハードマーク対策【ウイイレ】

【動画】今作流行りのコンセプトにどう対処する?Mayagekaが教えるハードマーク対策【ウイイレ】
『eFootball ウイニングイレブン2021 SEASON UPDATE』(ウイイレ2021)でよく見るコンセプトアレンジ「ハードマーク」。ゲキサカFC1期生のカクケンも相手にやられると苦手だというハードマーク対策をプロゲーマーのMayageka(まやげか)が伝授します。

ゲキサカFCへの質問募集中! ↓からどうぞ!
https://peing.net/ja/abc287abbf303f

★ゲキサカ ゲームチャンネルの登録はこちらから

【動画】今作流行りのコンセプトにどう対処する?Mayagekaが教えるハードマーク対策【ウイイレ】

【動画】今作流行りのコンセプトにどう対処する?Mayagekaが教えるハードマーク対策【ウイイレ】
『eFootball ウイニングイレブン2021 SEASON UPDATE』(ウイイレ2021)でよく見るコンセプトアレンジ「ハードマーク」。ゲキサカFC1期生のカクケンも相手にやられると苦手だというハードマーク対策をプロゲーマーのMayageka(まやげか)が伝授します。

ゲキサカFCへの質問募集中! ↓からどうぞ!
https://peing.net/ja/abc287abbf303f

★ゲキサカ ゲームチャンネルの登録はこちらから

新潟医療福祉大vs福井ユナイテッド 試合記録

【天皇杯3回戦】(福井テクノ)
新潟医療福祉大 0-2(前半0-1)福井ユナイテッド


<得点者>
[福]石塚功志(31分)、福田航太(48分)

<警告>
[福]洪潤極(43分)、山田雄太(86分)

主審:加藤正和
副審:廣瀬成昭、手塚優

<出場メンバー>
[新潟医療福祉大]
先発
GK 12 三文字瑠衣
DF 2 常盤悠
DF 4 二階堂正哉
(87分→DF 25 長谷川夢作)
DF 5 橋本恭輔
DF 22 森田慎吾
(69分→DF 20 神田悠成)
MF 6 松本雄真
MF 7 塚田裕介
(59分→MF 15 オナイウ情滋)
MF 10 シマブク・カズヨシ
MF 18 野開ディラン
FW 9 佐々木快
FW 13 小森飛絢
(69分→FW 11 有田朱里)
控え
GK 1 宗像利公
MF 23 沼田航征
MF 8 脇坂崚平
監督
佐熊裕和

[福井ユナイテッドFC]
先発
GK 1 千葉奏汰
DF 5 橋本真人
DF 17 洪潤極
(46分→DF 15 篠原和希)
DF 18 石川智也
MF 4 吉田旭陽
MF 13 木村健佑
MF 16 福田航太
(68分→MF 24 宮地裕二郎)
MF 25 角野翔汰
MF 30 奥野将平
FW 10 山田雄太
(89分→MF 19 根来悠太)
FW 14 石塚功志
(84分→MF 20 安川誠人)
控え
GK 21 リュウ・ヌグラハ
DF 2 恩田巧巳
DF 6 鶴野太貴
監督
寺峰輝

[MOM3244]堀越DF井上太聖(3年)_注目のエアバトラー、無失点に加え“有言実行”のゴールも

堀越高CB井上太聖は背後のボールに対して身体を投げ出してクリア
[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[10.25 選手権東京都Bブロック準々決勝 実践学園高 0-5 堀越高 清瀬内山A]

 東京を代表するエアバトラーが、“有言実行”のゴールを決めた。堀越高は1-0の後半20分、セットプレーの流れからPAでゴールを背にボールを受けたCB井上太聖(3年)がターンしながらの左足シュートでGKの股間を破る。

 飛び込んできたDFをかわしながら、まるでストライカーのようなゴール。「良い折り返しから相手が飛び込んで来るのが見えたので、ターンして最後はあんま覚えていないんですけれども気持ちで押し込みました」と微笑んだ。

 下級生時から注目されたCBだが、新チームスタート時はFWでプレー。新型コロナウイルスによる活動再開後は将来のことを考えてCBに戻っているが、FWの経験を発揮した。チームを2年連続の準決勝へ導く一撃は“有言実行”のゴールでもあったという。

「お父さんからも『オマエが決めなければダメだ』と言われていた。自信は多少あったんですけれども、絶対に決められるという自信まではなくて。だけど、意地張って『オレが決めるから』とずっと言っていたんで決められて良かったです」と井上。この日は圧倒的な高さから打ち込むヘッドによるゴールはなかったものの、見事に1点を奪い取った。

 守備面でも相手のロングボール、迫力のある攻撃にも対応した。身体を張り、背後へのボールに対して身体を投げ出してクリアするなど好守も見せて無失点勝利。「DFラインとGKでも『絶対にゼロで抑えよう』と言っていた。ゼロで抑えられて良かったです」と笑顔を見せた。

 身長182cmのCB井上は、29年ぶりの東京制覇を目指す堀越にとって欠かせない存在だ。特にヘディングの高さが印象的な選手だが、これは1年時の公式戦で課題と感じ、磨いてきたもの。その原動力は「目の前の敵に負けたくない、という気持ちが足の力になっている」と説明する。

 井上は「自分のやりたいことは絶対に誰にも負けたくない」というメンタリティーの持ち主。ヘディングで負けたくない、スピード勝負で負けたくないという思いの強さが自分の力を最大限に引き出し、相手の攻撃を封じる、またゴールを奪う力になっているようだ。

 コロナ禍の影響で実戦が少なかったため、まだまだ空中戦の感覚など完璧なモノではない。それでも、自分のやるべきことをやって東京制覇に貢献する意気込みだ。佐藤実監督は「彼が一番強い思いを持って臨んでいる」と期待。最終学年の今年、「自分が引っ張っていかないというのがあるので、後ろから支えていくという意識は(これまでと)変わっていると思っています」と語る注目CBが、万全の準備をして準決勝へ臨み、決勝への切符を勝ち取る。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

道交法違反で解雇の新潟助っ人2人の刑事処分が決定

道交法違反で解雇の新潟助っ人2人の刑事処分が決定
 アルビレックス新潟は28日、道路交通法違反で契約を解除していたFWファビオとFWペドロ・マンジーの刑事処分が決定したことを発表した。

 酒気帯び運転の疑いで検察庁に取り調べを受けていたファビオは、道路交通法違反(酒気帯び運転)の罪で略式起訴され、罰金刑。ペドロ・マンジ―も同様に取り調べを受けていたが、起訴猶予処分となった。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

道交法違反で解雇の新潟助っ人2人の刑事処分が決定

道交法違反で解雇の新潟助っ人2人の刑事処分が決定
 アルビレックス新潟は28日、道路交通法違反で契約を解除していたFWファビオとFWペドロ・マンジーの刑事処分が決定したことを発表した。

 酒気帯び運転の疑いで検察庁に取り調べを受けていたファビオは、道路交通法違反(酒気帯び運転)の罪で略式起訴され、罰金刑。ペドロ・マンジ―も同様に取り調べを受けていたが、起訴猶予処分となった。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

アルテリーヴォ和歌山vsTIAMO枚方 スタメン発表

[10.28 天皇杯3回戦](ヤンマー)
※19:00開始
主審:松本康之
副審:堀善仁、橋本真光
<出場メンバー>
[アルテリーヴォ和歌山]
先発
GK 21 桑水流拓也
DF 14 三浦修
DF 18 村上拓人
DF 22 白明哲
DF 25 高橋寛太
MF 7 大北啓介
MF 8 山本大稀
MF 10 高瀬龍舞
MF 13 井ノ内拓也
MF 23 加藤健人
MF 26 堀野翔
控え
GK 1 臼杵裕太
DF 3 加納錬
FW 20 辻村剛史
監督
北口雄一

[FC TIAMO枚方]
先発
GK 36 武田博行
DF 4 樋口総
DF 18 阿部翔
DF 22 松浦航洋
DF 25 宮城和也
MF 6 田中英雄
MF 7 チョ・ヨンチョル
MF 14 加藤博人
MF 24 佐藤諒
MF 28 井上翔太
FW 11 木田直樹
控え
GK 31 キローラン菜入
DF 13 道上隼人
DF 2 キング・マックス
監督
小川佳純

●[天皇杯]3回戦1日目 スコア速報

アルテリーヴォ和歌山vsTIAMO枚方 スタメン発表

[10.28 天皇杯3回戦](ヤンマー)
※19:00開始
主審:松本康之
副審:堀善仁、橋本真光
<出場メンバー>
[アルテリーヴォ和歌山]
先発
GK 21 桑水流拓也
DF 14 三浦修
DF 18 村上拓人
DF 22 白明哲
DF 25 高橋寛太
MF 7 大北啓介
MF 8 山本大稀
MF 10 高瀨龍舞
MF 13 井ノ内拓也
MF 23 加藤健人
MF 26 堀野翔
控え
GK 1 臼杵裕太
DF 16 松尾瑛太
DF 3 加納錬
MF 27 千川原慎
MF 9 林祥太
FW 17 中西倫也
FW 20 辻村剛史
監督
北口雄一

[FC TIAMO枚方]
先発
GK 36 武田博行
DF 4 樋口総
DF 18 阿部翔
DF 22 松浦航洋
DF 25 宮城和也
MF 6 田中英雄
MF 7 チョ・ヨンチョル
MF 14 加藤博人
MF 24 佐藤諒
MF 28 井上翔太
FW 11 木田直樹
控え
GK 31 キローラン菜入
DF 13 道上隼人
DF 19 石神直哉
DF 2 キング・マックス
DF 29 小谷健悟
MF 10 二川孝広
FW 17 福森大樹
監督
小川佳純

●[天皇杯]3回戦1日目 スコア速報

鹿屋体育大vsヴェルスパ大分 スタメン発表

[10.28 天皇杯3回戦](えがおS)
※19:00開始
主審:宮原一也
副審:松尾明徳、原田大輔
<出場メンバー>
[鹿屋体育大]
先発
GK 1 安田惟太郎
DF 3 濱口功聖
DF 6 宮内真輝
DF 27 片桐羽馬人
MF 7 山口卓己
MF 10 藤本一輝
MF 13 城戸杜
MF 14 木橋朋暉
MF 20 比嘉将貴
FW 9 根本凌
FW 15 五十嵐理人
控え
GK 17 木村壮宏
MF 26 永松恭聖
MF 4 小屋原尚希
MF 8 森重輝
FW 11 伊藤龍生
FW 18 山本廉
FW 22 佐藤光亮
監督
塩川勝行

[ヴェルスパ大分]
先発
GK 31 長谷川凌
DF 3 浦島貴大
DF 4 西村大吾
DF 5 本多琢人
DF 30 村田勉
MF 6 高橋宏季
MF 7 宮内寛斗
MF 8 篠原宏仁
MF 17 藤本拓臣
MF 21 中野匠
FW 33 前田央樹
控え
GK 1 姫野昂志
DF 14 西埜植颯斗
DF 16 福元考佑
DF 23 西川公章
MF 10 瓜生昂勢
FW 22 餅山大輝
FW 9 薮内健人
監督
須藤茂光

●[天皇杯]3回戦1日目 スコア速報

鹿屋体育大vsヴェルスパ大分 スタメン発表

[10.28 天皇杯3回戦](えがおS)
※19:00開始
主審:宮原一也
副審:松尾明徳、原田大輔
<出場メンバー>
[鹿屋体育大]
先発
GK 1 安田惟太郎
DF 3 濱口功聖
DF 6 宮内真輝
DF 27 片桐羽馬人
MF 7 山口卓己
MF 10 藤本一輝
MF 13 城戸杜
MF 14 木橋朋暉
MF 20 比嘉将貴
FW 9 根本凌
FW 15 五十嵐理人
控え
GK 17 木村壮宏
MF 26 永松恭聖
MF 4 小屋原尚希
MF 8 森重輝
FW 11 伊藤龍生
FW 18 山本廉
FW 22 佐藤光亮
監督
塩川勝行

[ヴェルスパ大分]
先発
GK 31 長谷川凌
DF 3 浦島貴大
DF 4 西村大吾
DF 5 本多琢人
DF 30 村田勉
MF 6 高橋宏季
MF 7 宮内寛斗
MF 8 篠原宏仁
MF 17 藤本拓臣
MF 21 中野匠
FW 33 前田央樹
控え
GK 1 姫野昂志
DF 14 西埜植颯斗
DF 16 福元考佑
DF 23 西川公章
MF 10 瓜生昂勢
FW 22 餅山大輝
FW 9 薮内健人
監督
須藤茂光

●[天皇杯]3回戦1日目 スコア速報

富士大vsラインメール青森 スタメン発表

[10.28 天皇杯3回戦](Qスタ)
※19:00開始
主審:長谷拓
副審:清水拓、宗像瞭
<出場メンバー>
[富士大]
先発
GK 35 折口輝樹
DF 2 阿部裕良
DF 5 志村滉
DF 6 吉田光希
DF 26 安野天士
MF 4 谷地朝日
MF 9 緒方悠太
MF 11 中川和彦
MF 30 千葉希
FW 7 松倉玄樹
FW 10 阿部亮太
控え
GK 18 福山智仁
DF 23 藪中海皇
DF 27 金野泰治
MF 15 伊藤魁莉
MF 28 阿部柊斗
MF 8 岩村豊
FW 21 菅原侑哉
監督
高鷹雅也

[ラインメール青森FC]
先発
GK 41 末次敦貴
DF 17 廣瀬智行
DF 25 中島洸
DF 29 水野隼人
MF 6 西室隆規
MF 8 榊原彗悟
MF 18 井上友也
MF 22 阿部龍月
FW 9 堀研太
FW 16 和田響稀
FW 26 浜田幸織
控え
GK 31 横山卓司
DF 5 西山大雅
FW 19 松岡ジョナタン
FW 20 神山泰一
FW 23 田中康平
FW 27 新田裕平
監督
望月達也

●[天皇杯]3回戦1日目 スコア速報

富士大vsラインメール青森 スタメン発表

[10.28 天皇杯3回戦](Qスタ)
※19:00開始
主審:長谷拓
副審:清水拓、宗像瞭
<出場メンバー>
[富士大]
先発
GK 35 折口輝樹
DF 2 阿部裕良
DF 5 志村滉
DF 6 吉田光希
DF 26 安野天士
MF 4 谷地朝日
MF 9 緒方悠太
MF 11 中川和彦
MF 30 千葉希
FW 7 松倉玄樹
FW 10 阿部亮太
控え
GK 18 福山智仁
DF 23 藪中海皇
DF 27 金野泰治
MF 15 伊藤魁莉
MF 28 阿部柊斗
MF 8 岩村豊
FW 21 菅原侑哉
監督
高鷹雅也

[ラインメール青森FC]
先発
GK 41 末次敦貴
DF 17 廣瀬智行
DF 25 中島洸
DF 29 水野隼人
MF 6 西室隆規
MF 8 榊原彗悟
MF 18 井上友也
MF 22 阿部龍月
FW 9 堀研太
FW 16 和田響稀
FW 26 浜田幸織
控え
GK 31 横山卓司
DF 5 西山大雅
FW 19 松岡ジョナタン
FW 20 神山泰一
FW 23 田中康平
FW 27 新田裕平
監督
望月達也

●[天皇杯]3回戦1日目 スコア速報

先輩たちが残してくれたものをベースに結果を。堀越が5-0で強豪対決制し、東京制覇まであと2勝

前半15分、堀越高FW日野翔太主将が先制ゴール
[10.25 選手権東京都Bブロック準々決勝 実践学園高 0-5 堀越高 清瀬内山A]

 29年ぶりの全国へ前進。第99回全国高校サッカー選手権東京都Bブロック準々決勝が25日に行われ、堀越高実践学園高に5-0で快勝。堀越は11月8日の準決勝で東京実高と対戦する。

 ともに東京都1部リーグに所属する強豪同士の一戦は5-0で決着。堀越の佐藤実監督は「正直、こんな点差がつくとは思っていなかった。たまたま自分たちがやるべきことをしっかりやっていて、上手く得点できて、ペースがこっちに来る時間が後半多かった」と振り返る。

 チームとして落とし込んできたことをしっかり表現すること。それが結果に繋がっているようだ。特に守備面については、東京都1部リーグの國學院久我山高戦を2-0で制すなど同リーグ5試合中4試合で完封勝利。今大会も3試合で1失点のみだ。

「考えられるような失点だけはやめよう。それを越えられたら仕方ないと、割り切って」(佐藤監督)というスタンス。注目CB井上太聖(3年)とCB馬場跳高(3年)中心に個の力もある今年、佐藤監督は「完璧に崩されたシチュエーションはほとんどないと思います」と説明する。2回戦は組織力と頑張りも見せていた東京高を延長戦で撃破。この日戦った実践学園は堀越の守りを“壊し”に来ていたが、それも跳ね除けて見せた。

 試合は前半15分、堀越が先制点を奪う。右サイドからのパスを先発起用に応えて奮闘したFW尾崎岳人(3年)がフリック。中央で抜け出したFW日野翔太主将(3年)が相手DFのファウルを誘い、PKを獲得する。このPKを日野が自ら右足で決めて1-0とした。

 序盤、堀越は後方からボールを正確に繋いでビルドアップ。井上のサイドチェンジや日野のテクニック、右MF古澤希竜(2年)のの縦へのスピードなどをアクセントに攻めた。だが、先制後は実践学園の戦いに巻き込まれる形でロングボールと球際でのバトルの応酬に。実践学園は前線からのプレッシャーが鋭く、堀越は相手の土俵での戦いを強いられた。
 
 特に後半立ち上がりは3枚替えしてきた実践学園の圧力を受ける形に。実践学園は大型FW川村涼太(3年)をターゲットに、MF前田青波(3年)やMF倉嶋涼雅(3年)、MF宇田川颯太(3年)らが迫力を持ってゴールに向かってきていた。

 だが、堀越は馬場が「結構ハマるシーンが多くて。自分たちそんなにロングボールを使うチームではないんですけれども。その中でもセカンドボールの回収だったりサイドに展開したり、そこからの攻撃は上手く出来た」と振り返ったように、思うような展開ではない中でも東京を代表するエアバトラー・井上や馬場、ハードワーカーのMF齋藤光(3年)を中心に屈することなく戦い、攻撃の形を作り出す。

 堀越は後半20分、セットプレーの流れから最後はゴール前でボールを受けた井上がターンしながらの左足シュートを決めて2-0。実践学園も攻め返したが、堀越は29分に日野の右CKを交代出場のFW若松隼人(3年)が頭で打ち抜き、3点差とする。

 32分にも若松を起点とした攻撃から、最後は古澤がカットインシュートを決めて4点目。実践学園は最終ラインで奮闘していたCB多田大志(3年)を前線へ上げて1点をもぎ取りに行ったが、堀越は得点を許さない。逆に37分、古澤のラストパスをMF山口輝星(2年)がゴールネットに沈めて5-0で快勝した。

 堀越は昨年の3年生たちの素晴らしい取り組みを今年の3年生たちが受け継いでいる。佐藤監督は「彼ら(今年の3年生たち)を上手く使ってくれて、たくさん良い経験させてくれて、練習の作り方とか、ミーティングの作り方とか、ゲームの向き合い方とか素晴らしいものを残してくれたので、今度は俺たちがちゃんと(結果として)回収しなければいけない」とコメント。同じく東京制覇を掲げた昨年、力はあったものの、夏は全国出場校の大成高、選手権も名門・帝京高に競り負けて目標を達成することができなかった。

 日野は「去年はかなり全体ミーティングをやったり、チームの基本のところから見直せていたので、後ろから繋ごうというのも去年からですし、積み上がったものの今年(の力)かなと。去年の先輩たちが落としてくれたものはかなり大きいと思います」と先輩たちに感謝。今年は先輩たちがやってきたことの正当性を示す戦いでもある。主将は1点勝負などでのメンタリティーの部分を上乗せして、勝負強さを発揮したい考えだ。

 快勝で準決勝進出を決めたが、チームに油断はない。馬場は「Tリーグ(東京都1部リーグ)も勝って、結果も残している。でも実際、自分たちはタイトルなどの部分の結果はまだ何も成し遂げていない。去年から東京制覇という目標を抱いてやっているけれど、去年も成し遂げられなかったのでまだこれからだと思います」。まずは一戦必勝。昨年敗れた準決勝でもやるべきことを表現して、29年ぶりの東京制覇に王手をかける。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

筑波大vs武蔵野 スタメン発表

[10.28 天皇杯3回戦](Ksスタ)
※19:00開始
主審:宇治原拓也
副審:宇田川恭弘、長谷川雅
<出場メンバー>
[筑波大]
先発
GK 1 櫻庭立樹
DF 2 山原怜音
DF 3 角田涼太朗
DF 23 森侑里
DF 28 遠藤海斗
MF 4 山内翔
MF 8 知久航介
MF 15 池谷祐輔
MF 27 瀬良俊太
FW 11 森海渡
FW 13 和田育
控え
GK 21 三沼慶太
DF 6 三浦雅人
MF 12 田嶋翔
MF 17 加藤匠人
MF 5 井川空
MF 9 小林幹
FW 40 庄司夢ノ介
監督
小井土正亮

[東京武蔵野シティFC]
先発
GK 41 本田渉
DF 2 高慶汰
DF 15 金田拓海
DF 16 中川諒真
MF 5 鈴木裕也
MF 7 岩田啓佑
MF 8 小林大地
MF 14 本田圭佑
MF 17 小口大貴
MF 22 金井洵樹
FW 26 後藤準弥
控え
GK 1 西岡佑馬
DF 25 片山修
MF 13 森谷実
MF 18 石原幸治
MF 19 鈴木翔
MF 23 差波優人
FW 9 田口光樹
監督
池上寿之

●[天皇杯]3回戦1日目 スコア速報

山形レンタルも未出場、DF高山和真が大宮復帰「ラストチャンスだと思っています」

山形レンタルも未出場、DF高山和真が大宮復帰「ラストチャンスだと思っています」
 大宮アルディージャは28日、モンテディオ山形に期限付き移籍していたDF高山和真(24)が復帰すると発表した。同選手は今季より山形に所属していたが、試合出場はなかった。

 山形を通じ高山は「力になれず申し訳なく思っています。ただ、モンテディオ山形に移籍した事に後悔はありません」とコメント。大宮を通じては「僕自身、ラストチャンスだと思っています。残りの2か月間、勝利のためにプレーします」と決意を新たにした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

山形レンタルも未出場、DF高山和真が大宮復帰「ラストチャンスだと思っています」

山形レンタルも未出場、DF高山和真が大宮復帰「ラストチャンスだと思っています」
 大宮アルディージャは28日、モンテディオ山形に期限付き移籍していたDF高山和真(24)が復帰すると発表した。同選手は今季より山形に所属していたが、試合出場はなかった。

 山形を通じ高山は「力になれず申し訳なく思っています。ただ、モンテディオ山形に移籍した事に後悔はありません」とコメント。大宮を通じては「僕自身、ラストチャンスだと思っています。残りの2か月間、勝利のためにプレーします」と決意を新たにした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

Honda FCvsマルヤス岡崎 試合記録

【天皇杯3回戦】(エコパ)
Honda FC 1-0(前半0-0)マルヤス岡崎


<得点者>
[H]岡崎優希(80分)

主審:大橋侑祐
副審:伊勢裕介、谷弘樹

<出場メンバー>
[Honda FC]
先発
GK 1 楠本祐規
DF 2 池松大騎
DF 6 中村桐耶
DF 11 堀内颯人
DF 19 八戸雄太
MF 4 富田湧也
MF 5 鈴木雄也
MF 7 松本和樹
MF 24 佐々木俊輝
FW 13 岡崎優希
FW 18 児玉怜音
(68分→FW 10 古橋達弥)
控え
GK 20 白坂楓馬
DF 16 川浪龍平
DF 25 鈴木理久
MF 14 川畑隼人
MF 23 清水航輔
FW 15 原田開
監督
井幡博康

[FCマルヤス岡崎]
先発
GK 41 角井栄太郎
DF 22 森本大貴
DF 33 多々良敦斗
DF 37 飯田真輝
MF 7 阪本将基
(70分→MF 8 寺尾憲祐)
MF 13 塩見仁
MF 15 青木翼
MF 16 地主園秀美
MF 30 船谷圭祐
FW 14 平井将生
(70分→FW 25 水野翔太)
FW 36 犬飼翔洋
(84分→FW 27 津田知宏)
控え
GK 21 常澤聡
DF 17 伊藤晴斗
DF 24 江口和磨
DF 6 大塚勇気
監督
北村隆二

Honda FCvsマルヤス岡崎 試合記録

【天皇杯3回戦】(エコパ)
Honda FC 1-0(前半0-0)マルヤス岡崎


<得点者>
[H]岡崎優希(80分)

主審:大橋侑祐
副審:伊勢裕介、谷弘樹

<出場メンバー>
[Honda FC]
先発
GK 1 楠本祐規
DF 2 池松大騎
DF 6 中村桐耶
DF 11 堀内颯人
DF 19 八戸雄太
MF 4 富田湧也
MF 5 鈴木雄也
MF 7 松本和樹
MF 24 佐々木俊輝
FW 13 岡崎優希
FW 18 児玉怜音
(68分→FW 10 古橋達弥)
控え
GK 20 白坂楓馬
DF 16 川浪龍平
DF 25 鈴木理久
MF 14 川畑隼人
MF 23 清水航輔
FW 15 原田開
監督
井幡博康

[FCマルヤス岡崎]
先発
GK 41 角井栄太郎
DF 22 森本大貴
DF 33 多々良敦斗
DF 37 飯田真輝
MF 7 阪本将基
(70分→MF 8 寺尾憲祐)
MF 13 塩見仁
MF 15 青木翼
MF 16 地主園秀美
MF 30 船谷圭祐
FW 14 平井将生
(70分→FW 25 水野翔太)
FW 36 犬飼翔洋
(84分→FW 27 津田知宏)
控え
GK 21 常澤聡
DF 17 伊藤晴斗
DF 24 江口和磨
DF 6 大塚勇気
監督
北村隆二

横浜FM、広島戦でGK高丘をスタメン起用!! 鳥栖から5日前に電撃加入したばかり

鳥栖から加入のGK高丘陽平
 J1リーグは28日、ACL延期の影響で前倒しとなったJ1第32節1試合を行い、サンフレッチェ広島横浜F・マリノスが対戦する。午後7時のキックオフを前にスターティングイレブンが発表され、横浜FMは5日前に登録されたばかりのGK高丘陽平を先発起用した。

 高丘は今月23日、サガン鳥栖からの期限付き移籍で加入。24日に行われた第28節前倒し分のFC東京戦でさっそくベンチ入りしていたが、中3日の一戦で初先発となった。FC東京戦で先発していたGK朴一圭は25日、高丘が所属する鳥栖への期限付き移籍が発表されている。

 広島対横浜FM戦のスターティングメンバーは以下のとおり。

<出場メンバー>
[サンフレッチェ広島]
▼先発
GK 1 林卓人
DF 2 野上結貴
DF 23 荒木隼人
DF 19 佐々木翔
MF 18 柏好文
MF 8 川辺駿
MF 6 青山敏弘
MF 24 東俊希
MF 29 浅野雄也
MF 14 エゼキエウ
FW 39 レアンドロ・ペレイラ
▼控え
GK 38 大迫敬介
DF 3 井林章
MF 10 森島司
MF 25 茶島雄介
MF 7 野津田岳人
FW 20 永井龍
FW 9 ドウグラス・ヴィエイラ
▼監督
城福浩

[横浜F・マリノス]
▼先発
GK 32 高丘陽平
DF 25 小池龍太
DF 13 チアゴ・マルチンス
DF 44 畠中槙之輔
DF 5 ティーラトン
MF 26 渡辺皓太
MF 33 和田拓也
MF 39 天野純
FW 17 エリキ
FW 37 ジュニオール・サントス
FW 38 前田大然
▼控え
GK 34 中林洋次
DF 27 松原健
MF 18 水沼宏太
MF 6 扇原貴宏
MF 8 喜田拓也
FW 45 オナイウ阿道
FW 9 マルコス・ジュニオール
▼監督
アンジェ・ポステコグルー

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

横浜FM、広島戦でGK高丘をスタメン起用!! 鳥栖から5日前に電撃加入したばかり

鳥栖から加入のGK高丘陽平
 J1リーグは28日、ACL延期の影響で前倒しとなったJ1第32節1試合を行い、サンフレッチェ広島横浜F・マリノスが対戦する。午後7時のキックオフを前にスターティングイレブンが発表され、横浜FMは5日前に登録されたばかりのGK高丘陽平を先発起用した。

 高丘は今月23日、サガン鳥栖からの期限付き移籍で加入。24日に行われた第28節前倒し分のFC東京戦でさっそくベンチ入りしていたが、中3日の一戦で初先発となった。FC東京戦で先発していたGK朴一圭は25日、高丘が所属する鳥栖への期限付き移籍が発表されている。

 広島対横浜FM戦のスターティングメンバーは以下のとおり。

<出場メンバー>
[サンフレッチェ広島]
▼先発
GK 1 林卓人
DF 2 野上結貴
DF 23 荒木隼人
DF 19 佐々木翔
MF 18 柏好文
MF 8 川辺駿
MF 6 青山敏弘
MF 24 東俊希
MF 29 浅野雄也
MF 14 エゼキエウ
FW 39 レアンドロ・ペレイラ
▼控え
GK 38 大迫敬介
DF 3 井林章
MF 10 森島司
MF 25 茶島雄介
MF 7 野津田岳人
FW 20 永井龍
FW 9 ドウグラス・ヴィエイラ
▼監督
城福浩

[横浜F・マリノス]
▼先発
GK 32 高丘陽平
DF 25 小池龍太
DF 13 チアゴ・マルチンス
DF 44 畠中槙之輔
DF 5 ティーラトン
MF 26 渡辺皓太
MF 33 和田拓也
MF 39 天野純
FW 17 エリキ
FW 37 ジュニオール・サントス
FW 38 前田大然
▼控え
GK 34 中林洋次
DF 27 松原健
MF 18 水沼宏太
MF 6 扇原貴宏
MF 8 喜田拓也
FW 45 オナイウ阿道
FW 9 マルコス・ジュニオール
▼監督
アンジェ・ポステコグルー

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

新潟医療福祉大vs福井ユナイテッド スタメン発表

[10.28 天皇杯3回戦](福井テクノ)
※18:00開始
主審:加藤正和
副審:廣瀬成昭、手塚優
<出場メンバー>
[新潟医療福祉大]
先発
GK 12 三文字瑠衣
DF 2 常盤悠
DF 4 二階堂正哉
DF 5 橋本恭輔
DF 22 森田慎吾
MF 6 松本雄真
MF 7 塚田裕介
MF 10 シマブク・カズヨシ
MF 18 野開ディラン
FW 9 佐々木快
FW 13 小森飛絢
控え
GK 1 宗像利公
DF 20 神田悠成
DF 25 長谷川夢作
MF 15 オナイウ情滋
MF 23 沼田航征
MF 8 脇坂崚平
FW 11 有田朱里
監督
佐熊裕和

[福井ユナイテッドFC]
先発
GK 1 千葉奏汰
DF 5 橋本真人
DF 17 洪潤極
DF 18 石川智也
MF 4 吉田旭陽
MF 13 木村健佑
MF 16 福田航太
MF 25 角野翔汰
MF 30 奥野将平
FW 10 山田雄太
FW 14 石塚功志
控え
GK 21 リュウ・ヌグラハ
DF 15 篠原和希
DF 2 恩田巧巳
DF 6 鶴野太貴
MF 19 根来悠太
MF 20 安川誠人
MF 24 宮地裕二郎
監督
寺峰輝

●[天皇杯]3回戦1日目 スコア速報

広島vs横浜FM スタメン発表

[10.28 J1第32節](Eスタ)
※19:00開始
主審:荒木友輔
副審:越智新次、川崎秋仁
<出場メンバー>
[サンフレッチェ広島]
先発
GK 1 林卓人
DF 2 野上結貴
DF 23 荒木隼人
DF 19 佐々木翔
MF 18 柏好文
MF 8 川辺駿
MF 6 青山敏弘
MF 24 東俊希
MF 29 浅野雄也
MF 14 エゼキエウ
FW 39 レアンドロ・ペレイラ
控え
GK 38 大迫敬介
DF 3 井林章
MF 10 森島司
MF 25 茶島雄介
MF 7 野津田岳人
FW 20 永井龍
FW 9 ドウグラス・ヴィエイラ
監督
城福浩

[横浜F・マリノス]
先発
GK 32 高丘陽平
DF 25 小池龍太
DF 13 チアゴ・マルチンス
DF 44 畠中槙之輔
DF 5 ティーラトン
MF 26 渡辺皓太
MF 33 和田拓也
MF 39 天野純
FW 17 エリキ
FW 37 ジュニオール・サントス
FW 38 前田大然
控え
GK 34 中林洋次
DF 27 松原健
MF 18 水沼宏太
MF 6 扇原貴宏
MF 8 喜田拓也
FW 45 オナイウ阿道
FW 9 マルコス・ジュニオール
監督
アンジェ・ポステコグルー

●[J1]第32節 スコア速報

広島vs横浜FM スタメン発表

[10.28 J1第32節](Eスタ)
※19:00開始
主審:荒木友輔
副審:越智新次、川崎秋仁
<出場メンバー>
[サンフレッチェ広島]
先発
GK 1 林卓人
DF 2 野上結貴
DF 23 荒木隼人
DF 19 佐々木翔
MF 18 柏好文
MF 8 川辺駿
MF 6 青山敏弘
MF 24 東俊希
MF 29 浅野雄也
MF 14 エゼキエウ
FW 39 レアンドロ・ペレイラ
控え
GK 38 大迫敬介
DF 3 井林章
MF 10 森島司
MF 25 茶島雄介
MF 7 野津田岳人
FW 20 永井龍
FW 9 ドウグラス・ヴィエイラ
監督
城福浩

[横浜F・マリノス]
先発
GK 32 高丘陽平
DF 25 小池龍太
DF 13 チアゴ・マルチンス
DF 44 畠中槙之輔
DF 5 ティーラトン
MF 26 渡辺皓太
MF 33 和田拓也
MF 39 天野純
FW 17 エリキ
FW 37 ジュニオール・サントス
FW 38 前田大然
控え
GK 34 中林洋次
DF 27 松原健
MF 18 水沼宏太
MF 6 扇原貴宏
MF 8 喜田拓也
FW 45 オナイウ阿道
FW 9 マルコス・ジュニオール
監督
アンジェ・ポステコグルー

●[J1]第32節 スコア速報

G大23vs福島 スタメン発表

[10.28 J3第24節](パナスタ)
※19:00開始
主審:上原直人
副審:角田裕之、道山悟至
<出場メンバー>
[ガンバ大阪U-23]
先発
GK 50 イ・ユノ
DF 47 荻野元伸
DF 46 當麻颯
DF 28 タビナス・ジェファーソン
DF 35 山口竜弥
MF 44 菅野隆星
MF 42 中村仁郎
MF 45 村上景司
MF 48 坂本一彩
MF 24 黒川圭介
FW 20 高木大輔
控え
GK 41 福本悠
DF 40 シン・ウォノ
MF 49 平川拓斗
監督
森下仁志

[福島ユナイテッドFC]
先発
GK 50 渡辺健太
DF 23 福島隼斗
DF 5 岡田亮太
DF 11 雪江悠人
DF 21 吉田朋恭
MF 40 樋口寛規
MF 17 諸岡裕人
MF 24 鎌田大夢
MF 7 田村亮介
FW 8 池田昌生
FW 20 トカチ
控え
GK 1 ファンティーニ燦
MF 10 橋本拓門
MF 14 青山景昌
MF 18 橋本陸
MF 25 前田椋介
MF 29 吉永大志
FW 9 イスマイラ
監督
松田岳夫

●[J3]第24節 スコア速報

FC東京vs柏 スタメン発表

[10.28 J1第30節](味スタ)
※19:00開始
主審:村上伸次
副審:平間亮、赤阪修
<出場メンバー>
[FC東京]
先発
GK 13 波多野豪
DF 22 中村拓海
DF 4 渡辺剛
DF 3 森重真人
DF 6 小川諒也
MF 28 内田宅哉
MF 44 品田愛斗
MF 8 高萩洋次郎
FW 24 原大智
FW 15 アダイウトン
FW 20 レアンドロ
控え
GK 33 林彰洋
DF 32 ジョアン・オマリ
DF 37 中村帆高
MF 31 安部柊斗
MF 7 三田啓貴
FW 27 田川亨介
FW 9 ディエゴ・オリヴェイラ
監督
長谷川健太

[柏レイソル]
先発
GK 17 キム・スンギュ
DF 13 北爪健吾
DF 25 大南拓磨
DF 50 山下達也
DF 4 古賀太陽
MF 7 大谷秀和
MF 27 三原雅俊
MF 9 クリスティアーノ
MF 33 仲間隼斗
FW 10 江坂任
FW 14 オルンガ
控え
GK 16 滝本晴彦
DF 15 染谷悠太
DF 24 川口尚紀
MF 39 神谷優太
MF 5 小林祐介
FW 19 呉屋大翔
FW 37 鵜木郁哉
監督
ネルシーニョ

●[J1]第30節 スコア速報

バイエルンがキミッヒの決勝ボレー弾でCL2連勝!! L・モスクワに苦戦も…昨季王者の意地見せる(14枚)

MFヨシュア・キミッヒの決勝ゴールでバイエルンがCL連勝
 27日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグ第2節が各地で開催され、バイエルン(ドイツ)がロコモティフ・モスクワ(ロシア)のホームに乗り込み、2-1で勝利した。

●チャンピオンズリーグ(CL)20-21特集

仙台vs神戸 スタメン発表

[10.28 J1第30節](ユアスタ)
※19:00開始
主審:福島孝一郎
副審:堀越雅弘、権田智久
<出場メンバー>
[ベガルタ仙台]
先発
GK 27 ヤクブ・スウォビィク
DF 3 飯尾竜太朗
DF 39 金正也
DF 13 平岡康裕
DF 2 パラ
MF 26 浜崎拓磨
MF 5 椎橋慧也
MF 7 関口訓充
MF 9 イサック・クエンカ
FW 20 長沢駿
FW 42 山田寛人
控え
GK 24 小畑裕馬
DF 23 シマオ・マテ
MF 14 石原崇兆
MF 28 佐々木匠
MF 30 田中渉
MF 37 中原彰吾
FW 29 アレクサンドレ・ゲデス
監督
木山隆之

[ヴィッセル神戸]
先発
GK 18 飯倉大樹
DF 22 西大伍
DF 33 ダンクレー
DF 3 渡部博文
DF 24 酒井高徳
MF 6 セルジ・サンペール
MF 5 山口蛍
MF 27 郷家友太
FW 9 藤本憲明
FW 49 ドウグラス
FW 11 古橋亨梧
控え
GK 1 前川黛也
DF 17 菊池流帆
DF 44 藤谷壮
MF 14 安井拓也
MF 38 佐々木大樹
FW 13 小川慶治朗
FW 21 田中順也
監督
三浦淳寛

●[J1]第30節 スコア速報

未定だった11.14札幌対鳥栖の会場が決定

未定だった11.14札幌対鳥栖の会場が決定
 Jリーグは11月14日に開催するJ1第27節の北海道コンサドーレ札幌対サガン鳥栖の会場が、札幌ドームに決まったと発表した。キックオフは14時。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

鳥取DF上松瑛が結婚「一生独身で過ごすのかなと」

 ガイナーレ鳥取は28日、DF上松瑛(29)の結婚を発表した。上松は明治大出身で、18年より鳥取でプレーしている。

 クラブを通じ「一生独身で過ごすのかなと思っていたところ、結婚してくれる相手が現れました!これからもずっと笑顔でいてもらえるように、また、目標であるJ2昇格できるように努力していきます」とコメントした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

J1昇格目指す長崎、C大阪から東京五輪世代DF庄司を緊急補強

長崎に移籍する庄司
 V・ファーレン長崎は28日、セレッソ大阪からDF庄司朋乃也(23)を期限付きで獲得したと発表した。期間は21年1月31日までとなる。

 同選手は16年に下部組織からトップ昇格。これまでにツエーゲン金沢大分トリニータに期限付き移籍を経験。今季、C大阪では初出場を果たしていたが、再び武者修行に出ることになった。

 長崎は現在、昇格圏の2位徳島と勝ち点差5の3位につけている。残り試合は13。クラブを通じ庄司も「残りの試合でチームの力になれるよう全力で頑張ります」と意気込んだ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

Honda FCvsマルヤス岡崎 スタメン発表

[10.28 天皇杯3回戦](エコパ)
※16:00開始
主審:大橋侑祐
副審:伊勢裕介、谷弘樹
<出場メンバー>
[Honda FC]
先発
GK 1 楠本祐規
DF 2 池松大騎
DF 6 中村桐耶
DF 11 堀内颯人
DF 19 八戸雄太
MF 4 富田湧也
MF 5 鈴木雄也
MF 7 松本和樹
MF 24 佐々木俊輝
FW 13 岡崎優希
FW 18 児玉怜音
控え
GK 20 白坂楓馬
DF 16 川浪龍平
DF 25 鈴木理久
MF 14 川畑隼人
MF 23 清水航輔
FW 10 古橋達弥
FW 15 原田開
監督
井幡博康

[FCマルヤス岡崎]
先発
GK 41 角井栄太郎
DF 22 森本大貴
DF 33 多々良敦斗
DF 37 飯田真輝
MF 7 阪本将基
MF 13 塩見仁
MF 15 青木翼
MF 16 地主園秀美
MF 30 船谷圭祐
FW 14 平井将生
FW 36 犬飼翔洋
控え
GK 21 常澤聡
DF 17 伊藤晴斗
DF 24 江口和磨
DF 6 大塚勇気
MF 8 寺尾憲祐
FW 25 水野翔太
FW 27 津田知宏
監督
北村隆二

●[天皇杯]3回戦1日目 スコア速報

いわきFC復帰のバスケス・バイロン、チリでは半年外出禁止、デビューお預け帰国も「手ごたえとしては通用した」

いわきFCに復帰したバスケス・バイロン(オンライン会議アプリ『Zoom』のスクリーンショット)
 期限付き移籍していたチリ1部のウニベルシダ・カトリカから復帰したFWバスケス・バイロン(20)が、オンライン取材に応じた。

 バイロンは今年2月にウニベルシダ・カトリカへの期限付き移籍を発表。母国チリで20年12月31日までの契約で武者修行を決断した。

 しかし世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で、3月からリーグ戦はもちろん、クラブの活動もストップ。希望を胸に向かったはずが、首都サンティアゴの自宅から外に出ることすらままならない生活を余儀なくされ、自主トレーニングをひたすらこなすだけの日々を過ごした。

「サッカー面は3月から8月中旬くらいまで止まっていて、8月中旬以降から練習し始めました。でも短い期間でしたが、一番は南米っぽい激しいプレスにしても1対1で負けない、そこが(日本と)違うなと思いました」

 9月に再開されたリーグ戦でのデビューは叶わなかったが、練習での紅白戦は数多くこなすことができた。同クラブには欧州や南米、中東の強豪クラブに所属してきた各国代表クラスの選手が多数所属。そこで「手ごたえとしては通用した」「違う世界でもなかった」という感覚を持てたという。

「レベルも高かったし、僕が対峙していたSBはチリ代表だった。ドリブルの仕掛けや対人の仕掛けといった強みを持っているので、手ごたえとしては通用した。自分のレベルを確かめられたし、チリ1部のトップにあるなという感覚です」

 移籍期間を切り上げての帰国については、「日本の良さを改めて学べた。また日本でプレーしたいなと純粋に思った」からだという。ただ「日本からステップアップしたい。代表選手になりたい」という夢を諦めたわけでは決してなく、逆に「見る目」を広げられたと振り返る。

「チリでやりたいというのが小さい頃からの憧れだった。行ってみて、自分の目で知れて、サッカーレベルも感じることができた。本当に行かなければ22、23歳になっても行きたいと思っていただろうし、ここで19歳で行こうと思って行けたことは見る目も変えることができた。これからがもっと楽しみになりました」

 来季以降については「時間が経つとともに自然に」と未定であることを強調。当面の目標はいわきFCのJ3昇格に置いている。いわきFCは現在、JFLでJ3参入圏内の4位と勝ち点5差の10位。残り5試合の正念場を迎えている。

 公式戦の出場からは半年以上遠ざかっているが、紅白戦などを数試合こなせば試合勘も戻ると自信をみせる。バイロンは11月1日の次節、Honda FC戦から出場が可能で、現在3連敗中のチームの起爆剤として期待がかかる。「J3への切符が目の前にある」。今はいわきで目標を達成するためだけに集中する。

(取材・文 児玉幸洋)

福山シティFCvs三菱水島FC 試合記録

【天皇杯3回戦】(みよし陸)
福山シティFC 2-0(前半1-0)三菱水島FC


<得点者>
[福]田口駿(5分)、伊藤圭斗(90分)

<警告>
[福]田口駿(45分)

主審:横山卓哉
副審:柳岡拓磨、柳田翔

<出場メンバー>
[福山シティFC]
先発
GK 31 平田陸
DF 2 帷智行
DF 4 田中憧
DF 6 高田健吾
DF 33 徳永椋太
(62分→DF 5 植田涼吾)
MF 7 曽我大地
MF 10 隅田航
(62分→MF 19 太田泰河)
MF 14 磯江太勢
MF 16 高橋大樹
MF 20 田口駿
(87分→MF 11 伊藤圭斗)
FW 23 吉井佑将
(63分→FW 32 ソン・ホギョン)
控え
GK 1 細田歩夢
MF 18 飛田裕大
FW 39 高山剛
監督
小谷野拓夢

[三菱水島FC]
先発
GK 30 滝裕徳
DF 2 前原辰徳
DF 3 安田拓馬
DF 4 内田健太郎
DF 14 山部晃
MF 7 齋藤和磨
(90分+2→MF 8 森迫良太)
MF 13 原田顕介
(90分+4→DF 23 岸本凪)
MF 15 鶴丸貴之
(90分+4→DF 28 秋守蓮)
MF 17 中川知也
MF 29 山本拳志
(90分+2→DF 5 鳴海達也)
FW 9 中井レアーズ
(56分→FW 11 高瀬翔太)
控え
GK 20 岡本心
FW 6 山村天侍
監督
菅慎

仙台、DF照山颯人の復帰を発表…9月に沼津に育成型期限付き移籍

ベガルタ仙台に復帰するDF照山颯人(写真は昨季のもの)
 ベガルタ仙台は28日、アスルクラロ沼津に育成型期限付き移籍中のDF照山颯人の復帰を発表した。柏U-15から成立学園高を経て、19年に仙台に加入した照山は、今年9月に沼津へ育成型期限付き移籍していた。

 照山はクラブを通じて、「ベガルタ仙台に復帰することとなりました。約2か月間ではありますが、アスルクラロ沼津ではリーグ戦に継続して出場することで、自信を深めることができました。今回の移籍で得た経験をチームに還元し、勝利に導くためにさらなる努力を積み重ねます。これからもご声援、サポートよろしくお願いいたします」とコメントしている。

 仙台は26日にDF蜂須賀孝治、DF柳貴博、MF松下佳貴の負傷が発表されるなど、負傷者が続出して厳しい台所事情となっていた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

磐田MF今野が負傷…トレーニング合流まで約6週間程度

負傷したジュビロ磐田MF今野泰幸
[故障者情報]

 ジュビロ磐田は28日、MF今野泰幸の負傷を発表した。今野は21日のJ2リーグ第28節東京V戦で負傷。浜松市内の医療機関にて検査の結果、右膝内側側副靭帯損傷でトレーニング合流まで約6週間程度と診断を受けた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

シャルケが“たった1人のファン”に粋なプレゼント

たった1人のシャルケファンとしてルールダービーを現地観戦したデニス
 シャルケが敵地でただ1人、自チームのユニフォームを着て観戦していたファンにプレゼントを贈った。『キッカー(日本語版)』が伝えている。

 24日に行われたブンデス第5節、シャルケはドルトムントと対戦するため、敵地シグナル・イドゥナ・パークに乗り込んだ。『ルールダービー』の現地観戦が許されたのは、わずか300人のみ。当然、その多くは黄色い服を身にまとったドルトムントのファン。しかし、たった1人、シャルケファンとして来場したのがデニスだった。

 チームはライバルに0-3の完敗を喫したものの、シャルケの勝利を願ったデニスの姿にクラブは胸を打たれたようだ。次節、ホームで行われるブンデス第6節シュツットガルト戦にデニスと彼の彼女を招待するだけでなく、DFマリック・ティアウのユニフォームがプレゼントとして贈られた。

 シャルケの公式ツイッターで「たった1人のシャルカーとして、シャルケの色に身を包んで、あの場で応援したことは本当にクールだった」と語ったデニス。今では「あの勇敢なシャルケファン(デニス)が今日の練習場にも登場」とクラブの公式ツイッターで紹介されるほどとなっている。

●ブンデスリーガ2020-21特集

殺害予告受けたエバートンGK、自宅周辺をボディガードが警備へ

殺害予告を受けたエバートンGKジョーダン・ピックフォード
 リバプールDFフィルヒル・ファン・ダイクへの危険なタックルで負傷させたエバートンGKジョーダン・ピックフォードが、自身と家族を守るためにボディガードを雇ったようだ。英『デイリーメール』が伝えた。

 ピックフォードは17日に行われたプレミアリーグ第5節リバプール戦の前半5分、セットプレーの流れからファン・ダイクと交錯。両足で相手の右足を挟み込む形となり、ファン・ダイクは負傷交代を強いられた。18日にはリバプールがファン・ダイクの右膝前十字靱帯損傷を発表。手術を受けることも併せて報告され、全治は7か月から8か月と言われている。

 危険なプレーでファン・ダイクが長期離脱することになり、ピックフォードには批判の声が上がり、さらには殺害予告を受け、SNS上で脅迫される事態になっているという。

 関係者が『Sportsmail』に「ジョーダンは試合後に受けた罵声の酷さにショックを受けている。彼は家族が安全に過ごせるように何でもすると覚悟している」と語ったように、身の危険を感じたピックフォードは、自宅のセキュリティを強化。そして、殺害予告を受けたことでボディガードも雇ったようだ。

 ボディガードが警備する家では妻と1歳の息子が生活をしている。さらに、セキュリティの専門家からは、SNSには一切アクセスしないようにアドバイスを受けたようだ。

●プレミアリーグ2020-21特集

「良いプレーを」から「平均的なプレーを」へ変化。関東一の守りに安定感もたらすCB菅原涼太:東京A

関東一高のDFリーダー、CB菅原涼太は3試合連続無失点に貢献
[10.25 選手権東京都Aブロック準々決勝 狛江高 0-5 関東一高 清瀬内山B]

 関東一高は選手権予選全3試合無失点。小野貴裕監督が「信頼している」というCBが、チームに安定感をもたらしている。この日対戦した狛江高はロングボールでDFラインをひっくり返そうとしてきていたが、DFリーダーのCB菅原涼太(3年)は落ち着いた対応。4-0の後半26分に交代するまで相手に決定打を打たせなかった。

「今週の練習で(小野)監督から背後に蹴ってくるボールへの対応の仕方とか結構繰り返し練習してもらっていました。結構跳ね返せるところは跳ね返せていたので、練習でやった成果が出ていると思います」。特に前半は関東一がボールを握って攻め続ける展開。守備機会が少なく、逆に難しい展開だったはずだが、ほぼ隙を見せずに相手の攻撃を封じ込んだ。

 菅原は長短のパスを使い分ける技巧派のCB。だが、これまで「自分は安定しないタイプだったんですよ。1、2年の時は波が結構酷くて外されたりしていた」と分析する。昨年までは良いプレーをしなければ、試合に出られないという考えを持っていた。それを意識するあまり、バランスを欠いてプレーに波が出てしまっていた。

 変化したのは本当に最近のことだという。「今年は崩れないことだけを意識してやっていたら自然とプレーもついて来るかなというのがあって。良いプレーをするよりも、平均的なプレーをすることで後ろは安定するなということに気づいたので、今年はそれを意識しています」。小野監督は言葉で指摘するよりも、選手自身に考えさせるスタンス。求められていることが「安定」だと気づいた菅原は、派手なプレーをするのではなく、一つ一つのプレーにしっかりと取り組むことでチームの守りを向上させている。

「自分はみんなを鼓舞するタイプではないんですけれども、他が慌てた時には自分が一個落ち着かせたいと思っている」と菅原。昨年度の選手権予選準決勝(西が丘)はそれまでと違う雰囲気、芝、ボールに「いつも通り」ができなかったと感じている。昨年の経験を持って臨む今回の準決勝。菅原は、後方からチームを落ち着かせ、重視する安定感、「平均的なプレー」で勝利に貢献する。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

福山シティFCvs三菱水島FC スタメン発表

[10.28 天皇杯3回戦](みよし陸)
※13:00開始
主審:横山卓哉
副審:柳岡拓磨、柳田翔
<出場メンバー>
[福山シティFC]
先発
GK 31 平田陸
DF 2 帷智行
DF 4 田中憧
DF 6 高田健吾
DF 33 徳永椋太
MF 7 曽我大地
MF 10 隅田航
MF 14 磯江太勢
MF 16 高橋大樹
MF 20 田口駿
FW 23 吉井佑将
控え
GK 1 細田歩夢
DF 5 植田涼吾
MF 11 伊藤圭斗
MF 18 飛田裕大
MF 19 太田泰河
FW 32 ソン・ホギョン
FW 39 高山剛
監督
小谷野拓夢

[三菱水島FC]
先発
GK 30 滝裕徳
DF 2 前原辰徳
DF 3 安田拓馬
DF 4 内田健太郎
DF 14 山部晃
MF 7 齋藤和磨
MF 13 原田顕介
MF 15 鶴丸貴之
MF 17 中川知也
MF 29 山本拳志
FW 9 中井レアーズ
控え
GK 20 岡本心
DF 23 岸本凪
DF 28 秋守蓮
DF 5 鳴海達也
MF 8 森迫良太
FW 11 高瀬翔太
FW 6 山村天侍
監督
菅慎

●[天皇杯]3回戦1日目 スコア速報

福山シティFCvs三菱水島FC スタメン発表

[10.28 天皇杯3回戦](みよし陸)
※13:00開始
主審:横山卓哉
副審:柳岡拓磨、柳田翔
<出場メンバー>
[福山シティFC]
先発
GK 31 平田陸
DF 2 帷智行
DF 4 田中憧
DF 6 高田健吾
DF 33 徳永椋太
MF 7 曽我大地
MF 10 隅田航
MF 14 磯江太勢
MF 16 高橋大樹
MF 20 田口駿
FW 23 吉井佑将
控え
GK 1 細田歩夢
DF 5 植田涼吾
MF 11 伊藤圭斗
MF 18 飛田裕大
MF 19 太田泰河
FW 32 ソン・ホギョン
FW 39 高山剛
監督
小谷野拓夢

[三菱水島FC]
先発
GK 30 滝裕徳
DF 2 前原辰徳
DF 3 安田拓馬
DF 4 内田健太郎
DF 14 山部晃
MF 7 齋藤和磨
MF 13 原田顕介
MF 15 鶴丸貴之
MF 17 中川知也
MF 29 山本拳志
FW 9 中井レアーズ
控え
GK 20 岡本心
DF 23 岸本凪
DF 28 秋守蓮
DF 5 鳴海達也
MF 8 森迫良太
FW 11 高瀬翔太
FW 6 山村天侍
監督
菅慎

●[天皇杯]3回戦1日目 スコア速報

ピケを出場停止、コウチーニョを負傷で欠くバルサ…CLユーベ戦の招集メンバー発表

初戦のフェレンツバーロシで5-1の大勝を収めたバルセロナ
 バルセロナは27日、28日に開催されるUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第2節ユベントス戦に向け、21名の招集メンバーを発表した。

 20日の第1節フェレンツバーロシ戦で退場したDFジェラール・ピケを出場停止で欠くだけでなく、24日のラ・リーガ第7節レアル・マドリー戦で負傷したMFコウチーニョもメンバー外となった。また、GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン、DFサムエル・ウムティティは引き続き負傷欠場となる。

 なお、第1節でバルセロナはフェレンツバーロシを5-1で、ユベントスはディナモ・キエフを2-0で下しており、ともに白星スタートを切っている。

 以下、バルセロナの招集メンバー21名

▽GK
ネト
イニャキ・ペーニャ
アルナウ・テナス

▽DF
セルジーニョ・デスト
ロナルド・アラウホ
カルレス・アレニャ
クレマン・ラングレ
ジョルディ・アルバ
セルジ・ロベルト
ジュニオール・フィルポ

▽MF
セルヒオ・ブスケツ
ミラレム・ピャニッチ
リカルド・プーチ
ペドリ
フレンキー・デ・ヨング

▽FW
アントワーヌ・グリエーズマン
マーティン・ブレイスウェイト
リオネル・メッシ
ウスマン・デンベレ
フランシスコ・トリンコン
アンス・ファティ

●チャンピオンズリーグ(CL)20-21特集

【U-19日本代表】西川潤、斉藤光毅、松岡大起らがフルコートで紅白戦

【U-19日本代表】西川潤、斉藤光毅、松岡大起らがフルコートで紅白戦
 U-19日本代表候補が27日、千葉県内で練習を行った。U-20W杯予選となるAFC U-19選手権が来年に延期された中、FW西川潤(C大阪)、FW斉藤光毅(横浜FC)、MF武田英寿(浦和)、MF谷内田哲平(京都)らを招集。今回はMF松岡大起(鳥栖)ら鳥栖所属の選手も招集された。

▼U-19日本代表候補に西川潤ら30人! 京都MF谷内田を招集、今回は鳥栖からも選出
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?314302-314302-fl

C・ロナウド、メッシとの“再会”ならず…再検査で再び陽性反応

ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド
 ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドは、28日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第2節バルセロナ戦を欠場することになった。スペイン『アス』が伝えた。

 13日に新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たC・ロナウドは、ポルトガル代表やユベントスの活動から離脱し、自主隔離に。21日に再検査を実施するも、再び陽性反応が出たため、引き続き自宅での療養が続くことになった。

 UEFAの規定ではバルセロナ戦の24時間前に再検査を行って陰性が出た場合、試合に出場することが許されるため、アンドレア・ピルロ監督はC・ロナウドの起用について「PCR検査の結果は出ていない。結果が出てから決める」と語っていた。

 しかし、『アス』によると、C・ロナウドは無症状ながらも、再び陽性反応が出てしまったため、隔離生活を続けなければならなくなり、バルセロナ戦を欠場することになったようだ。

 なお、ユベントスは20日の第1節でディナモ・キエフに2-0の勝利を収めて白星スタート。対するバルセロナもフェレンツバーロシに5-1で勝利しており、連勝を賭けてユベントスのホームで対戦する。

●チャンピオンズリーグ(CL)20-21特集

[MOM3243]関東一DF弓氣田葵(3年)_2得点演出し、指揮官賞賛のシュートブロック

関東一高の左SB弓氣田葵は2得点を演出し、決定機阻止も
[10.25 選手権東京都Aブロック準々決勝 狛江高 0-5 関東一高 清瀬内山B]

 2得点を演出したのに加え、指揮官賞賛のシュートブロック。初戦のサブから先発を奪い返した左SBが、攻守に渡って存在感のある動きを見せた。

 関東一高の左SB弓氣田葵(3年)は後半、得意の左足で縦パスを通し、FW笠井佳祐(3年)とFW沼田晃将(3年)のゴールを演出。本人も「得点に絡むプレー、パスが自分の持ち味だと思うのでそういうところがよく出せたと思います」と納得するプレーで快勝に貢献した。

 加えて、小野貴裕監督が讃えたのが4-0で迎えた後半33分のプレーだ。関東一は右サイドから崩され、狛江高MF浪岡優太郎(3年)に決定的なシュートを浴びた。だが、「自分はディフェンスなので『ゴールは絶対にやらせない』という気持ちで、いつもゴール前では自分がGKのつもりで立っています」という弓氣田が左足に当ててクリアした。

 逆サイドからの崩しに対してゴール前で的確なポジションを取り、一度マークする相手に付いてから体勢を崩さずにシュート対応。小野監督は「めちゃくちゃ良いディフェンス」と頷き、「今凄く成熟していると思います」とその成長を認めていた。

 千葉U-15出身の弓氣田は1年春から先発出場していた左SBだ。1、2年時は夏まで公式戦に出場していたが、その後は出場機会を確保することができず。懸けていた今年の選手権予選も初戦はベンチスタートだった。

 それでも途中出場で好プレーを見せ、練習でもアピール。3試合目で先発の座を勝ち取り、フル出場で勝利に貢献した。「自分は準備ができていたので、最初から80分出たいなと思っていたので、80分出れて良かった。一週間の努力が実ったという感じですね」と微笑んだ。

 元々左足キックは高い評価を得ていた。加えて取り組んできたのは運動量の面だ。「ロングボールは持っていたんですけれども、オーバーラップの回数がゼロ回だったり1回だったりしたので、そこは成長したと思います」と弓氣田。楔につけるパスや展開を変えるキックだけに頼るのではなく、積極的に攻撃参加を増やすことでプレーの幅も広げている。

 ここから11月7日の準決勝までまた練習でアピールするだけ。そして出場のチャンスを得た際には「相手に対して対応して、自分の良さを出していきたい」。1年時はインターハイ予選突破に貢献したが、全国大会はメンバー外。今年は選手権予選で勝利に貢献して全国のピッチで活躍する。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

内田篤人氏がルヴァン杯決勝アンバサダーに就任「歴史ある大会を盛り上げて行ければ」

ルヴァン杯決勝のアンバサダーに就任した内田篤人氏
 Jリーグは28日、内田篤人氏が11月7日に国立競技場で開催される「2020Jリーグ YBC ルヴァンカップ」決勝のアンバサダーに就任したことを発表した。各種プロモーション活動を通じて決勝の盛り上げに協力するようで、活動の詳細は決まり次第、改めて発表される。

 内田氏は「実は、ルヴァンカップは僕が国内で唯一取ったことのないタイトルで、選手としてはもう二度と取ることが出来ないので残念ですが、決勝のアンバサダーという立場から歴史あるこの大会を盛り上げて行ければと思います。今年はいつもと違うシーズンで非常にタイトなスケジュールの中、勝ち上がってきた両チームには決勝では本当に良い戦いをして欲しいという思いです。一発勝負の世界なので一つ一つのプレーが全て結果につながります。見逃す事なく最後まで選手たちの勇姿を一緒に応援しましょう!」とコメントしている。

 なお、決勝は柏レイソルFC東京が対戦し、7日13時5分キックオフ予定となっている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●ルヴァン杯2020特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

磐田MF針谷岳晃が北九州に期限付き移籍「早くチームの力になれるように」

ギラヴァンツ北九州に期限付き移籍するジュビロ磐田MF針谷岳晃
 ギラヴァンツ北九州は28日、ジュビロ磐田MF針谷岳晃の期限付き移籍加入を発表した。なお、期限付き移籍期間は21年1月31日までで、磐田と対戦する公式戦に出場できない。

 17年に昌平高から磐田に加入し、在籍4年目を迎えていた今季はJ2リーグで7試合(209分)の出場にとどまっていた。

 針谷はクラブを通じて、「早くチームの力になれるように頑張るので、応援よろしくお願いします!」とコメント。また、磐田のクラブ公式HPを通じて、「この時期に移籍させてくれるジュビロに感謝したいですし、自分にとって成長できる機会だと思うので、また成長した姿で戻って来られるように頑張るので、応援していただけたら嬉しいです」とコメントしている。

 以下、プロフィール

●MF針谷岳晃
(はりがや・たけあき)
■生年月日
1998年10月15日(22歳)
■身長/体重
166cm/56kg
■出身地
埼玉県
■経歴
昌平高-磐田

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

J・フェリックス2発でアトレティコが逆転勝利…バイエルン、マンC、リバプールが2連勝:CL第2節1日目

アトレティコ・マドリーがザルツブルクに逆転勝利
 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグ第2節1日目が27日に各地で開催された。

 A組は昨季王者のバイエルン(ドイツ)が1-1で迎えた後半34分にMFジョシュア・キミッヒが決勝点を奪い、ロコモティフ・モスクワ(ロシア)に2-1の勝利を収めて2連勝。ザルツブルク(オーストリア)と対戦したアトレティコ・マドリーは1-2とリードを許しながらも、後半7分と同40分にFWジョアン・フェリックがネットを揺らし、3-2の逆転勝利を収めた。ベンチスタートとなったザルツブルクFW奥川雅也の出場はなかった。

 B組はシャフタル(ウクライナ)対インテル(イタリア)がスコアレスドローに終わり、もう1試合はボルシアMG(ドイツ)に2点のリードを奪われたレアル・マドリー(スペイン)が終盤に粘りを見せる。後半42分にFWカリム・ベンゼマが決めて1点差に詰め寄ると、同アディショナルタイムにはMFカゼミーロが同点ゴールを奪い、2-2のドローに持ち込んだ。

 C組ではポルト(ポルトガル)がオリンピアコス(ギリシャ)を2-0で下して今大会初勝利。後半15分から出場したMF中島翔哉は、同40分にスルーパスを供給して追加点を演出した。マルセイユ(フランス)のホームに乗り込んだマンチェスター・シティ(イングランド)はFWフェラン・トーレス、MFイルカイ・ギュンドガン、FWラヒーム・スターリングの得点で3-0の完封勝利を収めて2連勝。マルセイユのDF酒井宏樹は先発フル出場を果たし、ベンチスタートとなったDF長友佑都の出番はなかった。

 D組はリバプール(イングランド)がFWディオゴ・ジョタとFWモハメド・サラーの得点でミッティラン(デンマーク)から2-0の勝利を収めて2連勝を飾った。先発出場したFW南野拓実は後半15分までプレーしている。前半だけでアヤックス(オランダ)に2点のリードを許したアタランタ(イタリア)だったが、後半9分と同15分にFWドゥバン・ゼパタがゴールを決めて、試合は2-2の引き分けに終わった。

 28日には第2節2日目が行われ、第3節は11月3日、4日に開催される。

 以下、第2節1日目の結果

第2節
10月27日(火)
[グループA]
ロコモティフ・モスクワ 1-2 バイエルン
[ロ]アントン・ミランチュク(70分)
[バ]レオン・ゴレツカ(13分)、ジョシュア・キミッヒ(79分)


A・マドリー 3-2 ザルツブルク
[A]マルコス・ジョレンテ(29分)、ジョアン・フェリックス2(52分、85分)
[ザ]ドミニク・ソボスライ(40分)、オウンゴール(47分)


[グループB]
シャフタール 0-0 インテル

ボルシアMG 2-2 R・マドリー
[ボ]マルキュス・テュラム2(33分、58分)
[R]カリム・ベンゼマ(87分)、カゼミーロ(90分+3分)


[グループC]
ポルト 2-0 オリンピアコス
[ポ]ファビオ・ビエイラ(11分)、セルジオ・オリベイラ(85分)

マルセイユ 0-3 マンチェスター・C
[マン]フェラン・トーレス(18分)、イルカイ・ギュンドガン(76分)、ラヒーム・スターリング(81分)

[グループD]
リバプール 2-0 ミッティラン
[リ]ディオゴ・ジョタ(55分)、モハメド・サラー(90+3分)

アタランタ 2-2 アヤックス
[アタ]ドゥバン・サパタ2(54分、60分)
[アヤ]デュサン・タディッチ(30分)、ラッシーナ・トラオレ(38分)

●チャンピオンズリーグ(CL)20-21特集

J・フェリックス2発でアトレティコが逆転勝利…バイエルン、マンC、リバプールが2連勝:CL第2節1日目

アトレティコ・マドリーがザルツブルクに逆転勝利
 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグ第2節1日目が27日に各地で開催された。

 A組は昨季王者のバイエルン(ドイツ)が1-1で迎えた後半34分にMFジョシュア・キミッヒが決勝点を奪い、ロコモティフ・モスクワ(ロシア)に2-1の勝利を収めて2連勝。ザルツブルク(オーストリア)と対戦したアトレティコ・マドリーは1-2とリードを許しながらも、後半7分と同40分にFWジョアン・フェリックがネットを揺らし、3-2の逆転勝利を収めた。ベンチスタートとなったザルツブルクFW奥川雅也の出場はなかった。

 B組はシャフタル(ウクライナ)対インテル(イタリア)がスコアレスドローに終わり、もう1試合はボルシアMG(ドイツ)に2点のリードを奪われたレアル・マドリー(スペイン)が終盤に粘りを見せる。後半42分にFWカリム・ベンゼマが決めて1点差に詰め寄ると、同アディショナルタイムにはMFカゼミーロが同点ゴールを奪い、2-2のドローに持ち込んだ。

 C組ではポルト(ポルトガル)がオリンピアコス(ギリシャ)を2-0で下して今大会初勝利。後半15分から出場したMF中島翔哉は、同40分にスルーパスを供給して追加点を演出した。マルセイユ(フランス)のホームに乗り込んだマンチェスター・シティ(イングランド)はFWフェラン・トーレス、MFイルカイ・ギュンドガン、FWラヒーム・スターリングの得点で3-0の完封勝利を収めて2連勝。マルセイユのDF酒井宏樹は先発フル出場を果たし、ベンチスタートとなったDF長友佑都の出番はなかった。

 D組はリバプール(イングランド)がFWディオゴ・ジョタとFWモハメド・サラーの得点でミッティラン(デンマーク)から2-0の勝利を収めて2連勝を飾った。先発出場したFW南野拓実は後半15分までプレーしている。前半だけでアヤックス(オランダ)に2点のリードを許したアタランタ(イタリア)だったが、後半9分と同15分にFWドゥバン・ゼパタがゴールを決めて、試合は2-2の引き分けに終わった。

 28日には第2節2日目が行われ、第3節は11月3日、4日に開催される。

 以下、第2節1日目の結果

第2節
10月27日(火)
[グループA]
ロコモティフ・モスクワ 1-2 バイエルン
[ロ]アントン・ミランチュク(70分)
[バ]レオン・ゴレツカ(13分)、ジョシュア・キミッヒ(79分)


A・マドリー 3-2 ザルツブルク
[A]マルコス・ジョレンテ(29分)、ジョアン・フェリックス2(52分、85分)
[ザ]ドミニク・ソボスライ(40分)、オウンゴール(47分)


[グループB]
シャフタール 0-0 インテル

ボルシアMG 2-2 R・マドリー
[ボ]マルキュス・テュラム2(33分、58分)
[R]カリム・ベンゼマ(87分)、カゼミーロ(90分+3分)


[グループC]
ポルト 2-0 オリンピアコス
[ポ]ファビオ・ビエイラ(11分)、セルジオ・オリベイラ(85分)

マルセイユ 0-3 マンチェスター・C
[マン]フェラン・トーレス(18分)、イルカイ・ギュンドガン(76分)、ラヒーム・スターリング(81分)

[グループD]
リバプール 2-0 ミッティラン
[リ]ディオゴ・ジョタ(55分)、モハメド・サラー(90+3分)

アタランタ 2-2 アヤックス
[アタ]ドゥバン・サパタ2(54分、60分)
[アヤ]デュサン・タディッチ(30分)、ラッシーナ・トラオレ(38分)

●チャンピオンズリーグ(CL)20-21特集

途中出場の中島が追加点演出…今大会初勝利のポルト、次節は酒井&長友在籍マルセイユと対戦

ポルトMF中島翔哉
[10.27 欧州CL第2節 ポルト2-0オリンピアコス]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグ第2節が27日に各地で開催され、グループCではMF中島翔哉が所属する{{c|ポルト}(ポルトガル)がオリンピアコス(ギリシャ)をホームに迎え、2-0の完封勝利を収めた。

 前半11分にホームのポルトが先制に成功。相手のパスミスを奪ったMFセルジオ・オリベイラがPA内まで持ち込んで折り返すと、こぼれ球をMFファビオ・ビエイラが左足で蹴り込み、スコアを1-0とした。

 1-0とポルトがリードしたまま後半を迎えると、同15分にF・フェレイラに代わって中島がピッチへと送り込まれる。すると同40分、中島のスルーパスからPA内に走り込んだFWムサ・マレガのクロスをS・オリベイラがヘディングで押し込み、ポルトが2-0の完封勝利を収めた。

 今大会初勝利を収めて1勝1敗としたポルトは、11月3日に行われる第3節でマルセイユと対戦する。

●チャンピオンズリーグ(CL)20-21特集

先発の南野は不発に終わる…リバプール、ジョタ&サラー弾でCL2連勝

FW南野拓実と先制点を奪ったFWディオゴ・ジョタ
[10.27 欧州CL第2節 リバプール2-0ミッティラン]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグ第2節が27日に各地で開催され、グループDではFW南野拓実が所属するリバプール(イングランド)がミッティラン(デンマーク)をホームに迎え、2-0の完封勝利を収めた。

 スターティングメンバ―に名を連ねた南野はFWディオゴ・ジョタ、FWディボック・オリギとともに3トップを形成し、センターフォワードの位置に入った。前半14分には右サイドから送られたボールにPA内の南野が反応するが、合わせることができず。

 前半30分にはリバプールをアクシデントが襲い、負傷したDFファビーニョがプレー続行不可能と判断され、DFリース・ウィリアムスとの交代を余儀なくされた。同アディショナルタイムには右サイドのDFトレント・アレクサンダー・アーノルドのクロスに南野が飛び込むも、ヘディングシュートはゴール左に外れてしまう。

 0-0のまま後半を迎えると、リバプールはMFジョーダン・ヘンダーソンに代えてMFジョルジニオ・ワイナルドゥムをピッチへと送り込む。3トップの並びも変え、南野は右ウイングの位置に移った。

 すると、後半10分にリバプールが先制に成功。MFジェルダン・シャキリとのワンツーでPA内に侵入したアレクサンダー・アーノルドのラストパスをジョタが右足で流し込み、スコアを1-0とした。

 後半15分にはリバプールベンチが動き、南野とオリギに代えてFWモハメド・サラーとFWサディオ・マネを投入。なかなか追加点を奪えなかったものの、同アディショナルタイムにサラーが自ら得たPKを豪快に蹴り込み、2-0の完封勝利でCL開幕2連勝を飾った。

●チャンピオンズリーグ(CL)20-21特集