「ホンダが来てくれるなんて…」ボタフォゴ同僚が“アイドル”本田圭佑に感銘

ボタフォゴの同僚がFW本田圭佑への憧れを語った
 ボタフォゴに所属するMFアレクサンデル・レカロスがFW本田圭佑とチームメイトになった喜びを語っている。ペルー『Futbol peruano』が伝えた。

 本田は昨年12月にオランダ・エールディビジのフィテッセを退団してフリーになると、1月にブラジルのボタフォゴに加入。3月15日のデビュー戦でいきなりゴールを決めると、SNS上でも広告塔として活躍している。

 同僚のレカロスは今季母国ペルーを離れ、レアル・ガルシラソからボタフォゴに加入。海外初挑戦となった20歳は本田の入団、試合の仕方などに感銘を受け、「彼と一緒にプレーできるなんて思わなかった」と語っている。

 レカロスの母国メディア『Futbol peruano』は、「国民的ウインガーはサッカー界で最も偉大なアイドルの一人である日本人、ケイスケ・ホンダと同僚になった喜びに満ちている。レカロスは小さい頃、テレビでホンダを追っていた」と伝え、レカロスのコメントを伝えている。

「ホンダが来てくれるなんて、想像もできなかったことだよ。彼は前にメキシコでプレーしていたから、少しスペイン語を話すんだ。僕たちはサッカーではなく、それぞれの生活について話している。同じチームになったときは、彼にパスを出したらスペースに入るように言われているよ」

●海外組ガイド

活動休止の浦和、興梠が危機感「スーパースターが亡くなってしまう…本当に怖い」

浦和FW興梠慎三が声明
 浦和レッズは4日、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、18日まで2週間チーム活動を休止することを発表した。

 これを受けて、FW興梠慎三がクラブ公式サイトを通じて声明を発表。「沖縄トレーニングキャンプから身体を作ってきてこれから試合、という状況まで体を追い込んできた中で長期の休止は、次の試合に向けた準備としてはすごく難しいです。だからといって、中途半端に外に出て身体を動かしたりすることも違うと思っています」と述べると、「みなさんにもできるだけ家にいて、家でできることをするということを勧めたいです。新型コロナウイルスの問題は一人ひとりが真剣に向き合わないと終わらないことだと思います」と呼びかけている。

 国内でも感染が拡大する状況を危惧し、「僕は新型コロナウイルスが出始めたころよりも、今の方が危機感があります。たとえば、先日、志村けんさんがお亡くなりになってしまいました。僕は志村けんさんのことが大好きでしたから、そういうスーパースターが亡くなってしまうような状況は本当に怖いと思います」とコメント。

 外出自粛など、個々の意識・行動の重要性を説いた興梠は「Jリーグの再開には時間がかかってしまうかもしれません。少しでも不安がある状況ではなく、すっきりした気持ちで再開を迎えたいです。不安を抱えず、ファン・サポーターのみなさんが楽しめる状況になることを願っています」とメッセージを送った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

長友「日本もこのままでは危険です!」トルコで新型コロナ感染拡大、日本に警鐘

DF長友佑都がツイッターを更新
 ガラタサライに所属するDF長友佑都は4日、自身のインスタグラム(@yutonagatomo55)を更新。新型コロナウイルスの感染が拡大するトルコの状況を伝え、日本にも注意を呼びかけた。

 新型コロナウイルスはトルコでも急速に感染が拡大。感染者数はこの1週間で3倍以上に増え、2万人を超えた。リーグ戦もストップしており、長友は自宅待機から3週間が経過。自宅でできるトレーニングをSNSに投稿している。

 自身のツイッターを更新した長友は「トルコは1ヶ月前は感染者数は数十人でしたが、今では約2万人に増えています。3週間前から飲食店などは全て止まっていますが、この増加率です」とトルコの感染状況を伝えると、「日本もこのままでは危険です!皆さん自宅にいて自分と愛する人を守ってください!それが多くの人を守ることにも繋がります!」と呼びかけている。
●トルコ・スーパーリーグ2019-20特集
●長友佑都の試合はDAZNで!!“初月無料”独占配信中

首都圏クラブも続々…湘南、浦和、大宮が活動一時休止を発表

首都圏クラブも続々…湘南、浦和、大宮が活動一時休止を発表
 新型コロナウイルスの感染拡大により、Jリーグが公式戦開催の再延期を決定したことを受けて湘南ベルマーレは4日、チーム活動を一時休止することを発表した。トレーニング休止は19日まで。20日以降の活動については、状況を考慮しながら対応を検討するという。

 東京、神奈川、埼玉、千葉、山梨の1都4県では引き続き不要不急の外出自粛が要請されている。浦和レッズも18日までの期間、大原サッカー場でのチーム活動を休止することを発表した。

 大宮アルディージャも20日までの間、トップチームの全体活動を休止する。クラブハウスの使用日数や参加人数を制限した上で、若干の個人トレーニングは実施へ。毎日の検温や体調チェック、手洗いやうがいの徹底、不要不急の外出自粛などの感染予防対策は継続すると発表している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

J2北九州も5日から19日まで活動休止…自宅待機へ

J2北九州も5日から19日まで活動休止…自宅待機へ
 ギラヴァンツ北九州は4日、新型コロナウイルス感染拡大防止策として、トップチームの活動を5日から19日まで休止することを発表した。

 クラブの発表によると、活動休止期間も全選手、コーチングスタッフ・チームスタッフは毎日、検温・体調のチェックを行い、自宅待機(不要不急の外出禁止)となる。

 アビスパ福岡がきょう4日から19日まで活動を休止することを発表していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

開幕スタメンの町田FWマソビッチ、復帰まで約4か月の負傷

[故障者情報]

 FC町田ゼルビアは4日、セルビア人FWマソビッチの負傷状況を発表した。

 3月19日のトレーニング中に負傷。左第5中足骨骨折のため3月23日に静岡県内の病院で手術を行い、復帰まで約4か月の見込みと診断された。

 マソビッチは今季、FKボジュドバツから完全移籍で加入。2月23日の甲府戦(△0-0)で開幕スタメンの座をつかんでいた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第1節 スコア速報

「来年は市場価値が下がる」キャラガー氏、ケインに今夏の移籍勧める

FWハリー・ケイン
 元イングランド代表ジェイミー・キャラガー氏が、トッテナムに所属するFWハリー・ケインに今夏の移籍を勧めた。英『テレグラフ』のコラムで「キャリアの岐路に立っている」と見解を示した。

 2004年にトッテナムのアカデミーに加入したケインは18歳でトップチームデビューを果たすと、期限付き移籍をしながらもトッテナム一筋を貫いている。公式戦278試合で181ゴールを奪い、プレミアリーグの得点王も2度獲得。世界が認めるストライカーへと成長した。

 しかし、トッテナムでは未だタイトルには恵まれず、移籍の噂が浮上している。ケインは最近のインタビューで「トッテナムを愛しているが、野心もある。もっと成長したいし、トップになりたい。チームの環境も重要だ」と、ステップアップを示唆する発言もしてきた。

 キャラガー氏は「ケインにとっては重要な時期だ。来年28歳になると、30歳に近づいたと判断され、選手としての市場価値が下がる」と指摘。「ケインが移籍を考えることは妥当だろう。スパーズファンは望まないかもしれないが、ケインがトロフィーを掲げたいと野心を抱くことは理解できる」と今夏の移籍を勧めている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

福岡が19日まで活動休止…不要不急の外出も禁止

アビスパ福岡が活動を一時休止
 アビスパ福岡は4日、新型コロナウイルス感染症対策の一環として、トップチームの活動をきょうから19日まで一時休止することを発表した。

 トップチームの選手、監督、コーチングスタッフ・チームスタッフを対象に、原則自宅待機とする措置。全体トレーニングなどのチーム活動、雁の巣クラブハウス・グラウンドを使用した自主練習も休止。外食の自粛など、不要不急の外出も禁止としている。

 3日、Jリーグは予定していた公式戦の再開日程を白紙に戻すことを決定した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

バルサ史上最高選手は? ファン投票でメッシが2位、イニエスタは5位にランクイン

バルセロナの現エースであるFWリオネル・メッシ
 イギリス『ザ・サン』が3日、ファン投票サイト『ランカー』における「バルセロナ史上最高の選手」という投票で、FWリオネル・メッシが2位であることを報じた。

 史上最多6度のバロンドール受賞を誇り、バルセロナの歴代最多得点者でもあるメッシ。クラブの現エースを抑えて首位に立ったのは、同じアルゼンチン人の英雄であるディエゴ・マラドーナ氏だ。

 マラドーナ氏は1982年夏にボカ・ジュニアーズからバルセロナに移籍。しかし怪我の影響もあり、主要タイトルの獲得は加入1年目のコパ・デル・レイにとどまった。そして2シーズンを過ごしたのち、1984年夏にナポリへ移籍。1986年にはメキシコW杯で母国を優勝に導くなど、世界的なスーパースターとなった。

 バルセロナでのインパクトを欠いたこともあり、同紙は「ラ・リーガの巨人の最高選手を選ぶファン投票で、ディエゴ・マラドーナがメッシを圧倒した」と驚きをもって伝えている。

 なお、そのほかのトップ5では、3位にロナウジーニョ氏、4位にヨハン・クライフ氏、5位にMFアンドレス・イニエスタがランクイン。同紙はバルセロナの礎を築いたクライフ氏をロナウジーニョ氏が上回ったことについても「カタルーニャでの5年間、そのセンセーショナルなテクニックに目を奪われたが、ロナウジーニョの後ろにクライフがいるというのは、驚くべきことかもしれない」と記している。

以下、英『ザ・サン』が伝えた上位20選手

1. ディエゴ・マラドーナ
2. リオネル・メッシ
3. ロナウジーニョ
4. ヨハン・クライフ
5. アンドレス・イニエスタ
6. シャビ・エルナンデス
7. カルレス・プジョル
8. ロナウド
9. ジェラール・ピケ
10.ルイス・スアレス
11.ネイマール
12.ダニエウ・アウベス
13.セルヒオ・ブスケツ
14.サミュエル・エトー
15.リバウド
16.ダビド・ビジャ
17.ロナルド・クーマン
18.ロマーリオ
19.フリスト・ストイチコフ
20.ビクトル・バルデス

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

元代表DF岩政氏が大学サッカー部のアドバイザーに

日本代表時代の岩政大樹氏
 元日本代表DFの岩政大樹氏が4日に自身の公式ブログ(https://lineblog.me/daiki_iwamasa/)を更新し、上武大サッカー部のアドバイザーを務めることになったと発表した。

 岩政氏は冒頭で「今年度、群馬にある上武大学で、アドバイザーという役割をいただくことになりました」と報告。「本来なら、昨日、サッカー部ミーティングに参加して、学生たちに挨拶をした上で、ここで発表したかったのですが、今はそれが叶わない状況です。上武大学も5月まではひとまず活動を休止しておりますので、順番としてはよろしくないものの、ここでまずお伝えさせていただきます」と事情を説明した。

 上武大は陸上では箱根駅伝の常連校として有名で、野球も強豪校として知られている。岩政氏は「サッカー部も近年強化を図ってきて、関東2部にも一度昇格しています。今は北関東リーグですが、関東リーグへの昇格と、さらにその上を目指しています」と決意を述べた。

 続けて「私は今年は(今後どうなるかは分かりませんが)S級取得と文杉公式戦初勝利、そしてJリーグ解説に時間の多くを割くことは変わりません。そこにアドバイザーとして、時間の許す限り、上武大学の強化に携わっていきたいと思っています」と表明。「とはいえ、今年はアドバイザーであり、現場のコーチングスタッフではありません。関わり方を含め、模索しながら進めていきます」と補足している。

 そして最後に「高校生や指導者の方々で上武大学にご興味のある方がいらっしゃいましたら連絡ください。これはビジョンの始まりに過ぎません。TwitterのDMでもメッセンジャーでもお受けしていますので、是非」と呼びかけた。

プレミアリーグが無期限の延期へ…再開条件は?

プレミアリーグが無期限の延期へ
 プレミアリーグは3日、新型コロナウイルスの影響により、2019-20シーズンの無期限延期を発表した。

 これまで5月上旬の再開を予定していたが、公式サイトの声明で「プレミアリーグは5月の初めには再開しない。2019-20シーズンは安全で適切と判断された場合のみ再開することになった」としている。

 また、今後も再開に向けて政府、公共機関、国内のプロフットボール組織全体と連携していくことを表明し、具体的な再開条件として「政府からの全面的な支援があり、メディカルガイダンスからの許可があった場合」と説明した。

 プレミアリーグは中断前の時点で、リバプールが2位マンチェスター・シティに25ポイント差をつけて首位を独走。残り9試合で3勝すれば優勝が決まる状況だった。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

デ・ブルイネが告白「僕の家では2週間前に症状があった。最初に小さい息子、そして…」

自宅待機中のMFケビン・デ・ブルイネ
 マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブルイネがベルギー『HLN』のインタビューに応じ、自身の近況やプレミアリーグ再開についての見解を述べた。

 新型コロナウイルスの影響でプレミアリーグをはじめとする各国のリーグが中断し、現在は他の選手と同じように自宅待機となっているデ・ブルイネ。「最近ルームランナーを購入し、1日に6〜7km走っている」と明かし、「子供と一緒にいる時間が長いし、楽しませないといけない。子供同士の距離が縮まっていくのが分かるよ。それはいいことだし、一番大事なのはみんなが健康でいることだ」と家庭の状況を語った。

 一方で新型コロナウイルスについて聞かれると、「僕の家では2週間前に症状が出ていた。最初に小さい息子が病気になり、次に上の子、そして妻が病気になった」と告白。それでも「コロナウイルスだったかどうかは分からないけど、僕たちは自ら隔離して、今は元に戻っているよ」と、無事であることを強調した。

 また、中断しているプレミアリーグに関しても自身の見解を示している。

「僕たちがプレーできるかどうかは分からない。イングランドでも、できるだけ長い時間をかけて判断したいようだ。でもサッカー選手としては容易なことではない。6週間活動しないでいると、通常は3週間から4週間のプレシーズンが必要だ。すぐに再開しても、数試合後には全員が治療室に入ることになる。それは本意ではないかもしれないけど、(リーグ再開については)多くのお金が絡んでくることだからね…」

 再開に向けての難しさを語ったベルギー代表MFは、「決定を下すまでに長い間をかけすぎると、次のシーズンに問題を引き起こす可能性がある。長い夏休みで何もかも先延ばしにできるわけでもない。これだけ良いシーズンを過ごしたのに、早々と中止になるのは残念だけど、来季の問題を避けるためにも、今季は早く終わらせたほうがいい」と“英断”も必要だと説いた。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

琉球のプロ2年目GK猪瀬、左肩上方関節唇損傷で全治約4か月

[故障者情報]

 FC琉球は4日、GK猪瀬康介が負傷し、左肩上方関節唇損傷(SLAP損傷)と診断されたことを発表した。1日に手術を行い、完治まで約4か月の見込みとしている。

 猪瀬は流通経済大柏高から2019年に加入。プロ1年目の同シーズンはJ2リーグ戦1試合に出場した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

すでに感染者や死者が発生も…ベラルーシ連盟「サッカーを中断するほど危機的状況ではない」

現在もリーグ開催中のベラルーシ
 ベラルーシサッカー連盟(ABFF)のセルゲイ・ジャルデツキー事務局長がアメリカ『ESPN』のインタビューに対し、新型コロナウイルスによって国内リーグを中断する理由は「現在ない」と語った。

 新型コロナウイルスの感染拡大で各国のリーグが中断を余儀なくされる中、開催を続けているベラルーシ・プレミアリーグ。同国でも新型コロナウイルスの感染が広がっており、4月3日時点で351人の感染者と4人の死者が確認されている。

 ベラルーシ政府は2日、国際的な文化、スポーツ、科学などのイベントを6日まで中断するという内容を含む感染防止対策を発表したが、サッカーだけは影響を受けていない。

 ジャルデツキー氏は「我々は毎日のように状況を確認している」とした上で、「我々は医療システムを完全に信頼しており、現在のところリーグを中止する理由はない」と主張。「いくつかの国の状況が非常に深刻であることは理解しているが、当局と相談した結果、我々のリーグは当面継続できるという理解を得ている」と説明した。

 ジャルデツキー氏によると、リーグの観客動員数は平均1000人。ファン同士が一定の距離を取って座るなどの対策を講じているという。「ベラルーシは大会を中断させるほど危機的な状況ではない」と改めて訴えるとともに、サッカーは「現在の疫学的ニュースがあふれる中でリラックスする手段になり得る」と語った。

【動画】パパはあのレジェンドプレイヤー!!“ローマの新星”の使用感は!?【ウイイレこだわり選手紹介#3】

【動画】パパはあのレジェンドプレイヤー!!“ローマの新星”の使用感は!?【ウイイレこだわり選手紹介#3】
 ゲキサカFC1期生のカクケンとARATAが『eFootball ウイニングイレブン2020』(ウイイレ2020)でオススメの選手を紹介する「こだわり選手紹介」。無課金、微課金でmyClubを楽しんでいるプレイヤーにも役立つ有能金玉・銀玉選手を2人が独断と偏見で紹介します。

★ゲキサカ ゲームチャンネルの登録はこちらから

バイエルンのフリック監督が2023年まで契約延長! ルンメニゲ会長「チームはドイツ国内唯一の…」

ハンス・ディーター・フリック監督が契約延長
 バイエルンは3日、ハンス・ディーター・フリック監督(55)と2023年6月30日までの契約延長について合意に達したことをクラブ公式サイトで発表した。

 フリック氏は2019年夏にバイエルンのアシスタントコーチに就任。同年11月3日、成績不振で辞任したニコ・コバチ前監督(48)の後任として、暫定で指揮を執ることになった。そこから見事にチームを立て直し、シーズン終了まで正式にチームを率いることが決定。バイエルンはブンデスリーガ中断前の時点で2位ドルトムントに勝ち点4差をつけて首位に立ち、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)でベスト8、DFBポカール(国内杯)でベスト4に勝ち残っている。

 指揮官はクラブ公式サイトを通じ、「コーチ陣、チームと一緒に、来たるべき課題に取り組むことが楽しみだ。(代表取締役社長の)カール・ハインツ・ルンメニゲ、(取締役の)オリバー・カーン、(スポーツディレクターの)ハサン・サリハミジッチとの話し合いは非常に良いもので、お互いに対する大きな信頼に基づいて進められた。私たちはともに来季への調整を確定させた。全員で協力して多くのものを勝ち取れると私は確信している」とコメントした。

 また、カール・ハインツ・ルンメニゲ会長も「バイエルンはハンス・フリックの仕事に大変満足している。チームはフリックの下でさらなる成長を重ね、魅力的なサッカーを見せており、結果にも反映されている。バイエルンはドイツ国内で唯一、いまだに3冠を狙えるクラブだ。加えて私はフリックのチームを導く方法を気に入っており、彼の人間としての質が私たちを納得させ、その共感性を好ましく思う。FCバイエルンはハンジ・フリックを信頼しており、我々はフリックとともにこの先も目標を達成できると確信している」と期待を寄せている。

●ブンデスリーガ2019-20特集

メッシ愛用のプライベートジェットが緊急着陸

FWリオネル・メッシのプライベートジェットが緊急着陸
 バルセロナのFWリオネル・メッシが使用するプライベートジェットが、3日に緊急着陸を余儀なくされていたようだ。

 ベルギー『HLN』によると、3日にブラジルのレシフェからスペインのテネリフェへ向かっていた飛行機は、9時10分にベルギーのブリュッセル空港に着陸。再び飛び立ったが、11時5分に同空港へ戻ってきた。飛行中、着陸装置に問題があることが判明したという。なお、メッシ本人は搭乗していなかったと伝えられている。飛行機は修理後の午後1時45分、再びテネリフェに向けて出発した。

 メッシが定期的に使っているこのプライベートジェットは1200万ユーロ(約14億円)とされ、2つのバスルームやキッチン、8つのベッドなどを完備。入り口の階段には子供、妻、そして自身の名前が描かれ、尾翼には『10』の装飾が施されている。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

FIFAが推奨、東京五輪の男子サッカー出場資格は24歳以下へ

男子サッカーの出場資格は24歳以下へ
 国際サッカー連盟(FIFA)は3日、東京オリンピック男子サッカーの出場資格を「24歳以下」として理事会に推奨することを発表した。

 東京五輪は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、1年程度の開催延期が決定している。男子サッカーは原則として、年齢制限のないオーバーエイジ3枠を除いて「23歳以下」が出場資格となっており、2021年に24歳を迎える選手たちの動向に注目が集まっていた。

 FIFAは先月、新型コロナウイルスのパンデミックの影響に対処するためのワーキンググループを設置。その中で今回、男子サッカーの出場資格について協議し、来年の開催でも当初の出場資格である「1997年1月1日以降に生まれた選手とオーバーエイジ枠3名」を維持するよう理事会に推奨することを決定した。

 そのほか、6月に行われる予定だった男子と女子の国際試合、8月からコスタリカとパナマで開催される予定だったU-20女子W杯、11月からインドで開催される予定だったU-17女子W杯の延期も決定。新たな日程は今後決めていくとしている。

●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

アンリ「ダメだ!」ルカクが制止を振り切り元コーチのエピソード暴露

FWロメル・ルカクがティエリ・アンリ氏について暴露
 インテルベルギー代表FWロメル・ルカクが、過去に同代表のアシスタントコーチを務めた元フランス代表FWのティエリ・アンリ氏のエピソードを明かした。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。

 2016年夏にベルギーのアシスタントコーチに就任したアンリ氏は、ルカクら攻撃陣と関わる機会が多かった。W杯優勝も経験したレジェンドはトレーニングの中で現役時代さながらのプレーを見せることがあり、それによって恥をかいて練習を止めた選手もいたようだ。

 ルカクがアンリ氏とともにプーマのインスタグラムによるライブ配信に登場し、そのエピソードを告白している。

「あなた(アンリ氏)がいた時の代表チームはストライカーに競争があり、これまでで最高の時間を過ごせたと思う」

「あなたのおかげで誰もがハイレベルなプレーをしていた。僕たちは常により良いプレーをして、お互いを出し抜こうとしていた」

「そして、あなたもその競争に参加していた! 面白かったよ。あなたは引退していたかもしれないけど、そう見えない時もあった」

「僕の弟が来て、トレーニングであなたのスキルを習得しようとしたのを覚えている。名前を言うつもりはないけど、その選手はピッチを去ったんだ」

 ルカクがここまで言うと、アンリ氏は「ダメだ!」と制止したが、ルカクはさらに続けた。

「ジョルダン(ラツィオに所属するルカクの弟)が僕のところに来て、彼は言ったんだ。『ロム! 今日はクソ野郎を見たよ! クソッタレ! あいつはクレイジーだった!』とね」

 ルカクの暴露を最後まで聞くと、アンリ氏は思わず笑い出してしまったようだ。

 当時のベルギーはロベルト・マルティネス監督とアンリ氏の指揮の下、ロシアW杯で準決勝に進出。最終的に優勝したフランスにファイナル行きを阻まれたが、32年ぶりのベスト4という好成績を残した。アンリ氏は大会後にチームを去り、モナコでの指揮を経て現在はMLSのモントリオール・インパクトを率いている。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

[4月4日 今日のバースデー]

Japan
MF齋藤学(川崎F、1990)*トップスピードでも乱れないドリブルが武器。18年から川崎Fに移籍した。
DF服部康平(松本、1991)*泥臭いプレーが強みのFWだったが、空中戦を買われてDF転向。これが功を奏し、松本でJ1入りを果たした。
FW金森健志(鳥栖、1994)*ゴールへ向かう積極性とスピードを生かしたドリブル突破が魅力のアタッカー。
MF武田将平(甲府、1994)*球際の強さと左足から繰り出される正確なキックが武器。
MF林誠道(今治、1996)*大阪産業大附高出身のMF。2列目より前のポジションを主戦場とする。

MF福田湧矢(G大阪、1999)*東福岡高出身。攻撃センスを活かして中盤を支配するMF。
DF工藤宗大(大分、2002)*大分U-18所属の2種登録選手。

World
MFサミ・ケディラ(ユベントス、1987、ドイツ)*身体能力に優れ、献身性を武器に攻守で存在感を示すMF。

Former
DF山本昌邦(元ヤマハ、1958)*1987年に29歳で現役引退。その後、A代表コーチや五輪監督などを歴任した。
MFエメルソン(元ユベントスほか、1976、ブラジル)*ユベントスやミラン、レアルなど有名クラブでプレーしたボランチ。

Others
細木数子(占い師、1938)
あき竹城(女優、1947)
照英(俳優、1974)
島袋聖南(モデル、1987)
三谷紬(アナウンサー、1994)
菅谷梨沙子(元Berryz工房:アイドル、1994)
西野未姫(元AKB48:アイドル、1999)

コロナ禍でリーグ続行のニカラグア…選手の声は?「手を必ず洗う」「希望を持ってプレー」

コロナ禍でリーグ続行のニカラグア…選手の声は?「手を必ず洗う」「希望を持ってプレー」
 新型コロナウイルスは中南米諸国でも猛威を振るい始めているが、ニカラグアがリーグを続行している。独『ラプトリー』が伝えた。

 ニカラグアがリーグを続行しているが、コロナ禍でプレーすることに対して、選手はどう捉えているのか。

 レアル・エステリに所属するルイス・アクーニャは「政府と保健所がまだできると言っている間は、プレーを続けることができると思う。僕らの体調管理をしっかりしてくれるという強い希望と自信を持ちながら、プレーを続けていくつもりだ。プレーをしている間は優勝をめざして戦う」と前向きにコメントした。

 マナグアに所属するカルロス・フェリックスは「他の国と同じように、悲劇を避けるための対策を事前に取っておくのがいいだろう。僕らは保健当局から守るべきガイドラインが示されるのを待っている。現時点では当局の要請と僕らの安全という観点から、無観客試合でプレーしている」と言及。

 同チームのパブロ・ガジェゴは「僕が家を出るのは、あくまで必要なものを手に入れるときだけだ。本当に体を大切にしなければならない。トレーニングの前後や水を飲んだ後は手を必ず洗っている。ウイルスが広まらないように気をつけないといけないと思う」と警戒心を示した。

酒井高徳に連絡した柴崎岳「元気そうでした」スペインの近況語る

MF柴崎岳がUDN SPORTS配信のインスタライブに出演
 デポルティボに所属するMF柴崎岳が3日、トップアスリートのマネジメント業務を行う株式会社UDN SPORTSが配信するインスタライブに出演。新型コロナウイルスの感染が拡大するスペインの近況を伝えた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で世界中のサッカーリーグが中断となっている現状を受け、UDN SPORTSの公式インスタグラム(@udnsports)では選手の近況を伝え、ファン・サポーターと交流できる場を設けることを目的に生配信を行った。

 3月22日にこのUDNインスタライブに出演したヴィッセル神戸DF酒井高徳が、新型コロナウイルスに感染。「個人的に連絡した。元気そうでした」と話した柴崎は質問に答える形で「話しやすくて、すごく慕ってる人が多いんじゃないかな」と酒井の人柄についても言及した。

 スペインでの自宅待機は3週目に突入し、「あと1週間残っている。トータル1か月半になる可能性もありますかね」と言及。買い物、犬の散歩以外の時間は自宅にいるという柴崎は「外出禁止になって、2人以上でいると警察も見回っているし、罰金を取られたりもする」とスペインの近況を明かした。

 柴崎はこれまでも自身のSNSやnoteを更新し、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある日本に注意を呼びかけていた。世界がパンデミックに直面する中、「周りの方に配慮して行動したり、行動の改革という部分も頭に入れて欲しいと思う。一刻も早くこの事態が収束するのを願っています」とメッセージを発信した。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

山口MF田中パウロ淳一の“小野伸二チャレンジ”が面白い!?「さすが」「おもろい笑」

山口MF田中パウロ淳一の“小野伸二チャレンジ”が話題に
 レノファ山口FCに所属するMF田中パウロ淳一が自身のインスタグラム(@tanakapaulojunichi)を更新し、“小野伸二チャレンジ”を披露した。

 3月27日にFC琉球MF小野伸二がトラップ練習動画(@shinjiono7)を投稿。地面に向かって勢いよくボールを投げつけ、それをトラップで足に吸いつくように静止させるというシンプルかつ高レベルの技術がネット上で話題となっていた。

 田中は3日、「小野伸二チャレンジ」とハッシュタグをつけた動画をSNSに投稿。「いきます、小野伸二チャレンジ」と言いながらボールを勢いよくピッチに投げつけると、次の瞬間、バウンドさせたボールを顔面に直撃させている。

 体を張ったギャグに対して、SNS上には「さすが」「絶対やると思った」「ウケる」といったコメントが寄せられ、好評を得ているようだ。インスタには川崎FのMF長谷川竜也が「それはめちゃおもろい笑」、山口MF武岡優斗も「さすが…特殊能力の持ち主」とコメントを残している。

東京五輪延期に小川航基「来年僕が出場できると信じて」好きな女性のタイプは?

ジュビロ磐田FW小川航基
 ジュビロ磐田に所属するFW小川航基が3日、トップアスリートのマネジメント業務を行う株式会社UDN SPORTSが配信するインスタライブに出演した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で世界中のサッカーリーグが中断となっている現状を受け、UDN SPORTSの公式インスタグラム(@udnsports)では選手の近況を伝え、ファン・サポーターと交流できる場を設けることを目的に生配信を行っている。

 インスタライブではファンからの質問に答える形で、東京五輪の開催延期について言及。「延期と聞いたときはめっちゃショックだったけど、どうにもできないこと。もう切り替えている。来年僕が出場できると信じて今はやるしかないと思っています」と胸中を明かした。

「この期間をポジティブに捉えて、この期間にしっかり力をつけるのが選手としては大事なこと」と力を込めた小川は、東京五輪の目標を「金メダルです」と断言。「その時のストライカーは誰ですか?」と聞かれると、「僕ですね。小川航基ですね」と笑顔を見せながら意気込みを示した。

 女性ファンも多い小川は好きな女性のタイプについても回答。見た目は「可愛い系と綺麗系の中間」とし、「一歩下がっているような温厚な女性が好き」と述べた。芸能人のタイプは女優でモデルの新木優子だという。 

 今季は2月23日の開幕節・山形戦(○2-0)で全2ゴールをマーク。3月28日に行われた清水との練習試合でもゴールを挙げた。この日、Jリーグは公式戦再開の日程を白紙に戻すと表明したが、「僕が点を取ってジュビロが優勝して、僕が得点王を取って昇格できればいい形」と目標を掲げると、「みんなで乗り越えて、サッカー界で世界中を盛り上げていけるように頑張るので、引き続き応援をお願いします」と呼びかけた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

【動画】FC琉球MF小野伸二の超絶トラップを再現!?ピタ止めのコツを解説!

【動画】FC琉球MF小野伸二の超絶トラップを再現!?ピタ止めのコツを解説!
 FC琉球MF小野伸二が披露した華麗なボールトラップ技術をスパイクマイスターKoheiが実写再現に挑戦!ボールを弾ませない超絶トラップのコツやポイントも解説!

★ゲキサカYouTubeチャンネル登録はこちらから

“高校年代最高峰のリーグ戦”プレミアリーグの開幕が再延期へ

 日本サッカー協会は3日、4月18日(土)に延期した「高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2020」の開幕をさらに延期することを決定した、と発表した。開幕時期については、新型コロナウイルスの流行状況を考慮し、試合に関わる全ての方々の健康と安全を最優先とした上で、決定次第改めて発表するとしている。

 高校年代最高峰のリーグ戦である「プレミアリーグ」は当初、4月4日(土)と5日(日)にEAST、WESTの開幕節各5試合が集中開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大のために4月18日(第3節)へ、開幕が延期されていた。

鹿島Jrユース、ジュニアなど新型コロナ影響で再び活動中止

鹿島Jrユース、ジュニアなど新型コロナ影響で再び活動中止
 鹿島アントラーズ は3日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う予防対策および拡散防止のため、アカデミーの活動を再び中止することを発表した。

 きょう3日〜19日までの間、ジュニアユース(鹿島・ノルテ・つくば)、ジュニア(鹿島、つくば、ノルテ)、スクール(17校)の活動が中止となった。2月28日〜3月15日までの期間に続いて、再び活動中止が決まった。

●高円宮杯プレミアリーグ2019特集

「早く終わらせたほうがいい」デ・ブルイネがプレミア早期打ち切りを提言

マンチェスター・シティMFケビン・デ・ブルイネ
 マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブルイネは来シーズンのスケジュールに影響が出るようであれば、今シーズンの早期打ち切りを支持すると提言した。『スカイスポーツ』が報じている。

 新型コロナウイルスの感染が拡大し、イギリスでは23日に外出禁止令が出たが、1日で500人超の死亡者が出るなど状況は悪化し、国内の死者数は2300人を超えている。中断中のプレミアリーグは4月30日までの延期が決定しているが、再開は現実的ではない状況だ。

 デ・ブルイネはベルギー紙『ヘット・ラーツテ・ニウス』に対して、「(今シーズン)もう一度プレーできるかどうか、僕にはわからない」と言及している。

 プレミアリーグ内でもシーズンの再開可否について議論が続いており、『The Atheletic』などは中止・無効を訴えるクラブが増えていると報じている。第29節まで消化した2019-20シーズンだが、全日程を消化できるかどうかが危ぶまれている。

「イングランドでは意思決定をするのにできる限り時間をかけたいようだ。だけどサッカー選手としては、それほど簡単にいくわけじゃない。もし6週間何もしなかったら、普通は3週間から4週間のプレシーズンが必要だ。すぐに再開してしまえば、誰もが数試合した後に治療室へ行くことになるだろうね」

「そうなってはほしくないのは明らかだ。だけど多くのお金が関わっているし、意思決定にあまりに長い時間をかけすぎると、来シーズンにも影響することになる」

「こんなにいいシーズンを過ごした後だからこそ、中止してしまうのは残念だけど、来シーズンの問題を避けるためにも、今シーズンは早く終わらせたほうがいい」

 一方、デ・ブルイネの母国ベルギーのジュピラーリーグは2019-20シーズンの早期終了が濃厚となった。15日に予定されているリーグ総会で正式決定すれば、欧州主要リーグ初の事例となり、クラブ・ブルージュに優勝資格が与えられる。デ・ブルイネは現在、母国にいる家族とともに隔離生活を送っている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

なぜ“再延期”でなく“白紙”…? 村井チェアマン「リセットするタイミング」

村井満チェアマン
 Jリーグは3日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う第5回臨時実行委員会をオンラインで実施し、公式戦の再開日を「白紙に戻す」ことを決定した。実行委員会終了後、村井満チェアマンがメディア向けのオンラインブリーフィングで発表した。

 Jリーグはこれまでの間、合計3度の延期を決定。直近では3月25日の段階で、J3・4月25日、J2・5月2日、J1・5月9日再開というカテゴリ別の段階的な再開スケジュールを策定していた。ところが今回の決定では、再開日を組み直す「再延期」という形ではなく、期日などを設定しない「白紙に戻す」という形が取られた。

 村井チェアマンはこの意思決定の理由を「専門家の皆さんのトーンが明らかに従来のトーンと変わっており、私の中でのマインドもいったんリセットするタイミングとなった」と述べた。「専門家のトーン」とは3日午前、Jリーグと日本野球機構(NPB)でつくる『新型コロナウイルス対策連絡会議』の第5回会議で、両団体に示された助言のことだ。

 連絡会議の中で、専門家3人は「確実にフェーズが変わりつつある」「(これまで二つの意義を意識していたが、)第三の意義が課せられた。それは社会に対する責任だ」などと状況の変化を次々に指摘した。単なる感染者の増加だけでなく、健康管理を徹底している選手の感染や、一般にも感染経路が特定できない症例が増加していることを受けての認識だ。

 こうした情勢を受けて、連絡会議のテーマは「どのようにすれば試合を開催できるか」から「果たして試合を開催できる状況なのか」に移っていった。その結果、Jリーグが行うべき対策も転換を迫られることになった。

 これまでJリーグでは観客を含めた『密閉・密集・密接』3要件の回避、消毒液やサーモメーター(体温測定装置)の準備、選手・関係者の予防啓発など、感染リスクの最小化が直近の課題だった。また、それらの万全が確認できれば試合開催に踏み切る方針だった。ところが現状では、その要件を満たしても国内全体の感染リスクが開催を許さない状況となった。

 したがって、カテゴリ別で段階的再開を目指すというスケジュールなども白紙にせざるを得なくなった。感染リスクがスタジアム内にとどまらない以上、J3向けに観客の収容率を落とし、感染症例の少ない地方都市で開催しても、選手・関係者らが移動するだけでもリスクに晒されるためだ。それは無観客試合でも同様だと指摘されている。

 一方、専門家からは「ピークは4月〜5月と考えていて、5月の終わりごろであれば何とかなるのではないか」という希望も示された。その上で「今年は無理だというのは簡単だが、それはあり得ないと思っている。期待も込めて一つの目安を提示した」とし、今後も開催への議論も継続していく構えだ。

 村井チェアマンによれば、再開日に関する合意事項は「1か月以上後ろにずらす」(村井チェアマン)という形。最も直近に控えていたJ3リーグのスケジュールであれば、助言どおりに5月下旬あたりの再開となる見込みだ。なお今後の詳細な日程は、すでに立ち上がっている日程プロジェクトチームで協議を重ねていくという。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

鹿島、4日トレーニングマッチ町田戦の開催自粛「健康管理を最優先」

トレーニングマッチの自粛を発表
 鹿島アントラーズは3日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う予防対策および拡散防止のため、4日に予定していたFC町田ゼルビアとのトレーニングマッチ(一般非公開)の開催を自粛することを発表した。

 両クラブ協議の下で開催の自粛が決定。鹿島YouTube公式チャンネルでのライブ配信も実施しない。

 クラブは公式サイトを通じて、「新型コロナウイルスに関する状況が日に日に変化する中、両クラブ選手、スタッフ、家族、試合に関わる審判らの健康管理を最優先とし、感染症拡大を予防するための判断となります。ファン・サポーターの皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

セリエA早期終了でもユベントス優勝はない? 伊サッカー協会会長が言及

セリエAはユーベが首位に立つが…
 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、セリエAが打ち切りとなった場合についてイタリアサッカー協会(FIGC)のガブリエレ・グラビナ会長が意見を述べた。首位を走るユベントスに優勝資格を与えることは不当だと言及。伊『カルチョメルカート』が伝えている。

 イタリア国内は新型コロナウイルス感染爆発による緊急事態に見舞われ、4月18日までのロックダウンが決まっている。『TMWラジオ』に出演したグラビナ会長は「誰も先の予測を立てることはできない緊急事態だ」としつつ、「我々が最優先するのは今シーズンを完全に終わらせることだ。仮説としては5月20日頃にリーグを再開させ、7月には終了させたい」と理想を掲げた。

 しかし、中断中のセリエAは選手にもコロナ感染が確認されるなど再開の見通しが立たず、残りのリーグ戦を終えられるかどうかが危ぶまれている状況だ。欧州ではベルギー・ジュピラーリーグが早期終了する方針を固めたとも報じられている。

 2019-20シーズンのセリエAは第25、26節までを消化し、ユベントスが勝ち点63で首位に立っている。ただし、2位ラツィオは勝ち点62とわずか1差に迫っている。各クラブは10試合以上を残しており、このまま打ち切りとなれば順位決定が難しい状況にある。グラビナ会長は「今シーズンの早期終了にはかなり複雑な問題が残っている。不当だろう。ユベントス自身も望まない解決方法だと思う」と言及している。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

Jリーグの再開日が「白紙」に…専門家助言から“即日”決定

村井満チェアマン
 Jリーグは3日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う第5回臨時実行委員会をオンラインで実施し、公式戦の再開日を「白紙に戻す」ことを決定した。実行委員会終了後、村井満チェアマンがメディア向けのオンラインブリーフィングで発表した。

 Jリーグは3月25日の段階で、J3・4月25日、J2・5月2日、J1・5月9日再開という段階的な再開スケジュールを策定していた。ところが4月3日午前、Jリーグ日本野球機構(NPB)でつくる『新型コロナウイルス対策連絡会議』が第5回会議を開催。専門家チームが両団体に対し、5月末まで公式戦を行わないよう助言していた。

 村井チェアマンは「少なくとも1か月以上の日程を空けて、今後協議していく」と再開日の目処を示した。また「3段階での開催にならない可能性もある」と述べ、カテゴリごとの段階的スケジュールを採用しない可能性も示唆した。

 Jリーグは当初、今月14日に臨時実行委員会を予定していたが、会議の内容を受けて日程を急遽変更。3日午後のうちに素早く意思決定した。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

C・ロナウドがマンUを去った2つの理由…リーガでのプレー、そして意外なもうひとつとは

FWクリスティアーノ・ロナウドがマンチェスター・ユナイテッドを去った理由とは?
 FWクリスティアーノ・ロナウドがマンチェスター・ユナイテッドを去った理由は天候によるものだった。2日、英『ミラー』が『スカイ』のインタビューを伝えている。

 現在ユベントスでプレーしているC・ロナウドは、3月8日のセリエA第26節でキャリア通算1000試合を達成した。大ブレイクを果たしたユナイテッドには2003年夏に加入し、292試合118得点を記録。プレミアリーグを3度、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)を1度制覇した。しかし09年6月にレアル・マドリーに移籍。チームメートだったガリー・ネビル氏が当時を振り返り、C・ロナウドの移籍の理由を明かした。

 ネビル氏によると、C・ロナウドは08年の欧州CL決勝時には移籍を仄めかしていたという。「まるで予告をしているようだった」とネビル氏は語った。

「だからもうほとんど心の準備はできていた。彼が翌年去ってしまうことはわかっていた。いつかはレアル・マドリーへ行ってラ・リーガでプレーしたいと彼が思っているのは明らかだった」

「私はクリスティアーノに、たとえば『クラブにもっと残ってほしい』と言ったことはない。クリスティアーノにとってはイギリスの天気が大きな問題だったんだ」

「それに彼がスペインに住んでラ・リーガでプレーしたがっていたのは明らかだったと思う。だけど彼にとって天候も大きな問題だった。僕が何を言ったところで、彼の気持ちは変えられないだろうなと思ったよ」

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

山口の本拠地・下関市営下関陸上競技場が名称変更、「セービング陸上競技場」に

山口の本拠地・下関市営下関陸上競技場が名称変更、「セービング陸上競技場」に
 レノファ山口FCは3日、下関市営下関陸上競技場の名称の変更を発表した。2020年4月1日から「セービング陸上競技場」となる。

 クラブ公式サイトによると、下関市営下関陸上競技場は14年のJFL参入時からホームゲームで使用。今回、株式会社セービングとの施設命名権の契約締結により、セービング陸上競技場に変更になった。略称は「SV下関」となる。

 名称の使用期間は20年4月1日から23年3月31日までの3年間となる。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

仙台FW西村拓真の登録完了、熊本はGK北里大地を2種登録

ベガルタ仙台に加入したFW西村拓真
 Jリーグは3日、登録選手の追加を発表した。CSKAモスクワからベガルタ仙台に期限付き移籍で加入したFW西村拓真の登録が完了している。

▽J1
ベガルタ仙台
FW 15 西村拓真

▽J3
ロアッソ熊本
GK 40 北里大地(2種)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

新型コロナ3名感染の神戸、クラブハウスや選手寮「三木谷ハウス」の消毒実施を発表

新型コロナ3名感染の神戸、クラブハウスや選手寮「三木谷ハウス」の消毒実施を発表
 ヴィッセル神戸は3日、練習場に隣接する「いぶきの森クラブハウス」と選手寮「三木谷ハウス」の消毒滅菌作業を行ったことを発表した。

 神戸は3月30日から今月2日の間に、DF酒井高徳とトップチーム関係者2名の計3名が新型コロナウイルスに感染。5日までの施設、サービスの一時休業および縮小を取り決めていた。

 クラブ公式サイトによると、1日に消毒作業を実施。保険所からの指導に基づいてスタッフ立ち合いのもと、専門業者によって行われたという。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

Jリーグの“4度目延期”不可避、専門家「苦渋の提案」「国民の行動変容を」

専門家チームの賀来満夫氏(画像はスクリーンショット)
 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)と日本野球機構(NPB)がつくる『新型コロナウイルス対策会議』は3日、第5回会議を開催した。専門家チームからは「確実にフェーズが変わりつつある」といった厳しい見通しとともに、「苦渋の提案」という5月末以降の開幕・再開案が示された。

 前回の会議が行われた3月23日以降、日本を代表する二大スポーツの情勢が一気に動いた。まずは野球界で26日、阪神の藤浪晋太郎投手がPCR検査により陽性が判明。サッカー界でも30日、ヴィッセル神戸DF酒井高徳の検査陽性が発表された。その後も検査結果が次々に分かり、これまでNPB3人、Jリーグ5人の陽性が公表されている。

 またスポーツ界に限らず、国内全体でも感染者が急増している。朝日新聞などによると、4月2日の新たな感染者は279人で3日連続最多を記録。感染経路が確認できない人も多く出てきており、東京都で97人中33人、大阪府で33人中21人がそれに該当する。

 この日、専門家チームの一員として連絡会議に出席した賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部感染症学教室特任教授)からは「すぐに緊急事態宣言が出されるかは分からないが、東京都、そして大阪、兵庫、愛知など大都市圏でリンクを追えない患者が増えている。オーバーシュートまでは行っていない状況だが、感染が急増している中で、誰もが感染を受ける機会が手中にある」と厳しい見通しが示された。

 またこうした現状を踏まえ、舘田一博氏(東邦大学医学部微生物・感染症学講座教授)は「非常に注意深く感染を起こさないようにしている選手から感染者が出たということは、市中における蔓延期に入っている状況と言える」と述べ、「なんとか持ち堪えている状況だが、確実にフェーズが変わりつつある」と慎重な対応を行う必要性を指摘した。

 その一例として、連絡会議の位置づけも方針転換を迫られた。当初は①選手・スタッフ、家族が感染するリスクを低減させる②観戦者の安全も含めたスポーツ文化を守ることを念頭に設置されたもの。すなわち、ここでの議論は「開催すべきかどうか」ではなく、「開催するためにどうしたらいいか」という“開催ありき”の方向性だった。

 ところがこの日、三鴨廣繁氏(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学教授)は「連絡会議に第三の意義が課せられた。それは社会に対する責任だ」と述べた。そのうえで感染者数、それも経路不明の感染者が増加していることで「4月の開幕・再開は困難」との見通しをハッキリと語り、新たに「ピークは4月〜5月と考えていて、5月の終わりごろであれば何とかなるのではないか」という目処も示した。

 一方、時期を遅らせてでも開催に向けて尽力する方針に変わりはない。三鴨氏は「薬剤があるわけでも、ワクチンがあるわけでもない。国民の行動変容を求めるしかないのが現実」と厳しい現実を述べつつも、感染の抑制に成功している北海道を例に出して「これを期待して状況を見ると、5月末には(一定の収束の)可能性が高まる」と指摘。「今年は無理だと言うのは簡単だが、それはあり得ない。期待も込めて一つの目安を提示した」と決断の背景を明かした。

 こうした助言を受けてJリーグの村井満チェアマンは「現状のスケジュールそのものを実行に移すことは難しい」とし、4月下旬〜5月上旬にかけて段階的に再開する現行案の見直しを示唆。当初は今月中旬に臨時実行委員会を予定していたが、「今日の助言をもとに臨時実行委員会を早いタイミングでセットしようと考えている。こうした重要な提言をいただいたので早めに決定したい」と早期決断の方向性を述べた。

 Jリーグは当初、最初の延期決定でJ1・J2リーグの再開予定日を3月15日に設定した。その後、3月12日には再延期日を4月3日に決定。3月25日には3度目の延期を決断し、J3を4月25日、J2を5月2日、J1を5月9日に再開するという段階的なスケジュールを策定していた。今後、再度の延期が決まれば4度目。2011年・東日本大震災時の48日間を大幅に上回る長期中断が決定的な情勢となっている。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

人一倍の向上心持つ高川学園FW中山桂吾、サッカー歴短いCF候補は寮の点呼後に照明つけて自主練も

高川学園高FW中山桂吾は立正大淞南高戦で2ゴールを決めるなど決定力を示している
「自分はサッカーを始めたのが小6くらいで、それまで空手をやっていました」という変わり種。だが、FW中山桂吾(新2年)は180cm近い長身とキープ力、得点力によって、山口の名門・高川学園高の最前線で存在感を放ち始めている。

 2月にはBlue Wave winter leagueの長崎総合科学大附高戦で2ゴール。3月下旬に行われた立正大淞南高との練習試合でも2ゴールを決めた。立正大淞南戦の2発はゴール前のこぼれ球に身体を投げ出して決めたものと難易度の高いヘディングシュートを決めたもの。CFの中山はサイドへ流れる癖があるが、江本孝監督から求められているPA幅でのプレーを意識してゴールに結びつけた。

 空手では、福岡県チャンピオンになったこともあるという実力の持ち主。だが、サッカーにより楽しさを覚え、のめり込んでいった。サッカー歴が短いことは確かだが、「下手くそなので」という中山は人一倍の向上心で台頭してきている。

 江本監督によると、午後9時の寮の点呼後にボールを蹴りたいと言ってくるほど。「点呼後時間があるので」と語る中山は主に昨夏、そして現在もグラウンドの照明をつけて自主トレーニングをしているという。

 動きは柔らかく、身体を張ることもできる。「自分が決めてゲームを終わらせたいという気持ちがある」という思いを結果で表現する回数はまだまだ少ないが、1年生ながら全国高校選手権にも出場したCF候補のポテンシャルを大学関係者も評価。今後が楽しみな存在であることは間違いない。
 
 選手権でゴールを決めている長崎総科大附MF別府史雅(新2年)は、ルーヴェン福岡FC(福岡)時代のチームメート。「中学校の時も凄く上手かったし、自分は別府に負けないという思いでこの高校入ってきて、ライバルというか。『全国で当たろう』と言って、(全国では)当たれなかったんですけれども、Blue Waveの時は自分が2ゴールを決めることができた。(別府の目の前で)『やってやったぞ』という気持ちがありました」。今後も向上心を持ち続けて、ライバルを上回るような選手になる。

 まず、目標にしているのはインターハイでの活躍だ。「自分はレワンドフスキとか絶対にゴールを決めて、勝つ選手になりたいので、誰よりも努力をして頑張っています。去年はインターハイに出れていないので、自分が県でも得点王になってインターハイに出て、上位目指して、自分が(全国大会でも)得点王を目指して行ければなと思っています」。県新人戦ではまさかの3回戦敗退。昨年度インターハイ8強の西京高など山口県内にもライバルは多いが、自分のゴールで高川学園を勝たせて、全国で大暴れする。
 
(取材・文 吉田太郎)

自主隔離中の名将リッピ、イタリアの06年W杯優勝を見直す「ジダンの頭突き驚く」

ドイツワールドカップで優勝を経験したマルチェロ・リッピ監督
 元イタリア代表監督のマルチェロ・リッピ氏が2006年のドイツワールドカップ決勝を振り返っている。2日、『フットボールイタリア』が『Rai Radio 1』のインタビューを伝えた。

 2004年からイタリア代表を率いたリッピ監督は06年のドイツW杯で頂点に輝いた。しかしフランス代表との決勝戦では、ジネディーヌ・ジダンがマルコ・マテラッツィに対して頭突きをお見舞いし、レッドカードになる騒動も発生。新型コロナウイルスの影響で自宅隔離となっている現在、リッピ監督は当時の試合を見返しながら、そのときの心情を明かした。

「06年のワールドカップの試合をすべて見直したよ。監督として臨んだほかの試合もね。かなりたくさんの数があり、中には不運なものもあったが、決勝戦に進むということはキャリアにおいてとても重要なステップになる」

 そう語る名将はワールドカップ優勝のほかにもユベントスでのセリエA優勝、中国・広州恒大でのタイトルなど数々の実績を誇る。ときに敗戦の悔しさを味わったこともあるが、特に「本当に苦汁を味わったのは02-03シーズンのマンチェスターでのCL決勝。ミランに敗れた試合だね」と語った。

 06年のドイツW杯でイタリアはフランスとの決勝に臨み、1-1で迎えたPK戦の末に、イタリアが頂点に到達した。しかしそれ以上に話題をかっさらったのは試合中のジダンのレッドカード。マテラッツィに屈辱的な発言を受けたジダンはヘッドバットで突き飛ばしてしまい、一発退場となった。

 リッピ監督は「ジダンの行動にはかなり驚いた。ユベントスで一緒に過ごしたこともあって、彼の謙虚さや知的さは知っていたからね」とその衝撃を明かした。

 PK戦では5人のキッカーであるDFファビオ・グロッソがゴールを決めて優勝決定となった。リッピ監督は「かれこれ20回は試合を観たけどいつも感動的だ」と語り、「最後のキッカーにはグロッソを選んだ。決勝トーナメント1回戦のオーストラリア戦で彼はドリブル突破からPKを獲得した。それを思い出したんだ」と当時の秘話を伝えた。

「私は彼に『おまえは土壇場でやる男だ』と伝えて、最後のPKキッカーにしたんだ。彼は信じてなかったよ」

大迫、南野らがメッセージ! 自粛ムードのサッカー少年少女へ…無料雑誌「ONE LOVE」出版

大迫、南野らがメッセージ! 自粛ムードのサッカー少年少女へ…無料雑誌「ONE LOVE」出版
 株式会社SARCLEは3日、休校や外出を自粛している全国の子どもに向けたフリーマガジン『ONE LOVE』を出版したことを発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、休校や外出自粛が呼び掛けられている現状。本書では家で過ごすことが増えた子どもたちに向け、大迫勇也南野拓実乾貴士小野伸二内田篤人植田直通酒井宏樹がメッセージを伝えている。

「一人でも多くの子どもたちが本書を手にすることで少しでも前向きな日々を送り、夢に向かって歩んで行ってくれることが選手たちの願い」と伝えているように、本書の狙いは「より多くの子どもたちに届くこと」。応募者には無償で郵送される。

 最後のページには自由に金額を支払えるQRコードもあり、それにより集まったお金はすべてサッカー少年少女に使用するという。

■応募フォーム
https://forms.gle/TfnGATJgoj8VSpBK6

■電子書籍ダウンロード方法
https://onelove.tokyo

※本書はサッカーショップKAMOでも数量限定で配布(J-GREEN堺サテライト店とオンラインストアは除く)。KAMOでの配布は小中学生のみ。お問い合わせはKAMO各店舗まで

村井チェアマン「現状のスケジュール難しい」専門家は“5月末”再開を提案

Jリーグの村井満チェアマン(写真はスクリーンショット)
 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)と日本野球機構(NPB)がつくる『新型コロナウイルス対策会議』は3日、第5回会議を開催した。終了後、オンラインでの記者会見を行ったJリーグの村井満チェアマンは「従前に比べて一段厳しさを増している認識」とし、「現状のスケジュールを実行に移すことは難しい」と開幕・再開をさらに先延ばしする意向を示した。

 専門家チームからは「自粛の中でできるだけ早く開催してほしいと望んでいるが、こういう状況の中で4月の開催は難しい。できるかぎり時間を延ばしていただきたい」との見解が示され、新たな開催時期の目処は感染ピークの収束が期待される5月末に設定された。

 Jリーグは現状、J3を4月25日、J2を5月2日、J1を5月9日に開幕・再開するスケジュールを策定している。しかし、専門家の答申に従った場合、すべてのカテゴリで日程を見直さざるを得ない情勢となった。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

サラゴサを支援する香川元同僚「香川は地元出身でもないし、最近加入したばかりなのに…」

スペイン・サラゴサでプレーするMF香川真司
 MF香川真司が所属するサラゴサ(スペイン)は2日、クラブ選手側との合意の上で、非常事態宣言が続く間で給与を減額させることを発表した。併せて、職員には関しては期間限定での一時解雇条例(ERTE)を申請したことも発表している。

 新型コロナウイルスの混乱により試合中止が相次ぐ中、クラブ側の財政面は次第に苦しくなってきている。すでにバルセロナはフロントやトップチームの選手たちと給与削減について同意。その削減分で一時解雇条例(ERTE)の対象者の給与を100%保証する対応を取った。サラゴサも2日、同様に給与削減の措置を発表。スペイン『マルカ』によると、20%から30%の給与削減だという。

 サラゴサの育成組織出身であるパリSGのMFアンデル・エレーラは2日、自身のツイッター(@AnderHerrera)を更新した。自身も古巣に対して支援を行っている中、かつてマンチェスター・ユナイテッドでチームメートだった香川について言及。昨夏に加入した元同僚の働きに感銘を受け、その内容を明かしている。

「香川にはとても感謝している。彼にとっての地元でもなく、まだ加入から日が浅い。それにも関わらず、彼は多額の寄付をしてくれたんだ」

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

デル・ピエロ氏が現在のユーベ10番ディバラを称賛「いま彼は完璧なプレーヤーになった」

10番を背負うFWパウロ・ディバラ
 アレッサンドロ・デル・ピエロ氏が古巣ユベントスのFWパウロ・ディバラを称賛した。2日、イタリア『スカイスポーツ・イタリア』が伝えている。

 かつて10番を背負ったデル・ピエロが現在の10番ディバラについて語る。FWクリスティアーノ・ロナウドの加入から出場機会が減っていた背番号10だが、今季は面目躍如。リーグ戦では24試合7ゴール9アシストを記録し、3月8日のインテルとのイタリアダービーでは鮮やかなゴールで勝利に導いた。

 昨夏にはマンチェスター・ユナイテッドやトッテナムへの移籍も噂されていた。しかしキャプテンマークを着用し、少しずつチームを牽引する存在へと成長。デル・ピエロ氏は「彼はキャプテンマークを何度も身に着けた。それに値する人物だと考えられたからだ」とそのキャプテンシーを認める。

「彼はここ数か月で本当に成熟した。夏以降で彼がどう対処してきたか、どれだけ成長したかがピッチ内外での振る舞いで見えたと思います」

「彼の働きぶりはみんな知っているよね。いま彼は完璧なプレーヤーになった」

 新型コロナウイルスに感染していたディバラだが、現在は順調に回復している。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

イニエスタがSNSで日本語メッセージ「今は責任を持った行動をするとき」

MFアンドレス・イニエスタがファンにメッセージ
 ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタが2日、自身のツイッター(@andresiniesta8)を更新。日本語でメッセージを送っている。

 新型コロナウイルスの猛威は世界中に広がり、現在日本でも日増しに感染者の数が伸びてしまっている。その影響はサッカー界にも及ぶ。感染していた日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は昨日退院に至ったものの、神戸のDF酒井高徳を始め、ザスパクサツ群馬のDF舩津徹也、セレッソ大阪のGK永石拓海が感染を発表している。

 イニエスタは自身のツイッター上を更新し、日本語でメッセージを投稿。「ご存知の通り、今回のCOVID-19を取り巻く状況は、全ての方々に影響を与えています。ヴィッセル神戸、そして、この素晴らしい『家族』を支えてくれている皆様も例外ではありません」と改めて注意喚起とエールを送った。

「キャプテンとして、この病気の影響を直接受けた選手、スタッフ、そして不眠不休でこの状況を改善すべく日々取り組む社員を全力で応援します」

「ファンの方々へ。あなたたちと共に喜び、愛するスポーツを楽しめる日が来ることを強く願っています。しかし今は注意を払い、責任を持った行動をする時です」

「体に気をつけて注意喚起に従って下さい。今こそ、これまで以上に一致団結しましょう!バモス ヴィッセル!!!」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

[4月3日 今日のバースデー]

Japan
MF加藤弘堅(北九州、1989)*目のつけどころの良いパスで攻撃を組み立てるMF。
FW岸田和人(岩手、1990)*岸田翔平の兄。15年にはJ3得点王を獲得した屈強なストライカー。
DF岸田翔平(水戸、1990)*岸田和人の弟。スピードと運動量を兼ね備えたダイナミックなサイドバック。
GK松澤香輝(徳島、1992)*早稲田大出身のGK。反射神経、守備範囲の広さなど総合力の高さが売り。
MF澤井直人(東京V、1995)*卓越したボールテクニックに加え、ゲームの流れを読む力に優れるMF。
MF上野賢人(相模原、1997)*横浜創学館高、東京国際大出身のMF。
MF奥野耕平(G大阪、2000)*トップチーム昇格を果たしたG大阪ユース出身のMF。2017年にはU-17日本代表としてU-17W杯に出場した。

World
GKティム・クルル(ノリッジ、1988、オランダ)*長身を生かしたハイボールの処理、驚異的な反射神経が武器のGK。
MFアドリアン・ラビオ(ユベントス、1995、フランス)*クレバーなポジショニングと高い技術を備えるパリSG期待の若手MF。
FWガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・C、1997、ブラジル)*何でもできる現代型FW。日本代表のハリルホジッチ監督が絶賛したことで話題となった。

Former
MF大榎克己(元清水ほか、1965)*元日本代表。清水ではチームの主軸として活躍した。14年7月から15年7月まで清水の監督を務めた。

Others
金本知憲(野球、1968)
田辺誠一(俳優、1969)
大泉洋(俳優、1973)
上原浩治(野球、1975)
高橋由伸(野球、1975)
タカ(タカアンドトシ:芸人、1976)
佐藤哲夫(パンクブーブー:芸人、1976)
澤村拓一(野球、1988)
大場美奈(AKB48:アイドル、1992)
佐野岳(俳優、1992)
武田翔太(野球、1993)
浅川梨奈(元SUPER☆GiRLS:アイドル、1999)
高橋海人(King&Prince:アイドル、1999)

急遽閉幕方針のベルギー1部は日本人9人在籍…欧州カップ出場権にも大きく影響か

急遽閉幕方針のベルギー1部は日本人9人在籍…欧州カップ出場権にも大きく影響か
 ベルギーのジュピラー・プロ・リーグは2日、電話会議で理事会を開催し、2019-20シーズンを即時終了する方針を固めたと発表した。4月15日に予定されているリーグ総会で正式決定すれば、欧州主要リーグで初めての決断となる。

 中止対象試合はリーグ戦の最終節と、レギュラーシーズン1〜6位で行われるプレーオフ1、7〜15位とPO1敗者とで行われるプレーオフ2。取締役会の助言が総会で承認されれば現状の順位が最終結果となり、クラブ・ブルージュが優勝を手にする。

 日本人所属クラブではMF森岡亮太シャルルロワが3位、MF三好康児アントワープが4位、MF伊東純也ゲンクが7位、GKシュミット・ダニエル・DF松原后・FW鈴木優磨・FW伊藤達哉シントトロイデンが12位、DF植田直通セルクル・ブルージュが14位、MF小林祐希ベフェレンが最下位16位となる。

 ベルギーリーグでは通常、プレーオフ1優勝チームに欧州CL本戦出場権、準優勝チームに欧州CL予選出場権、カップ戦優勝チームにEL本戦出場権、3位とプレーオフ2優勝チームにEL予選出場権が与えられる。また下位2チームが2部リーグに降格する。

 ところが、今季はプレーオフを行うことができず、シーズン終了を待たずに閉幕となるため、特例措置が取られるようだ。ベルギーメディア『Het Laatste Nieuws』によると、今季は降格制度を採用せず、小林のベフェレンにとっては命拾いとなる見込みだ。

 また、欧州カップ戦出場権はリーグ戦順位に基づいて付与される見通し。リーグ優勝のクラブ・ブルージュに欧州CL本戦、2位ゲントにCL予選、3位シャルルロワにEL本戦、4位アントワープと5位スタンダールにEL予選の出場権が与えられる一方、最終節で逆転プレーオフ進出の可能性を残していた伊東の7位ゲントなどは無念の結果となる。

 なお、プロリーグの理事会は今後、リーグ戦結果と財政インパクトを検討するワーキンググループを構成。カップ戦決勝の扱いについて議論することが決まっている。カップ戦決勝ではクラブ・ブルージュとアントワープの対戦が予定されているが、開催の可否で細かい変更点が出てくる可能性がある。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集

ベルギーが欧州主要リーグ初の即時閉幕へ…公式声明「再開の必要性はない」

クラブ・ブルージュが優勝へ
 ベルギーのジュピラー・プロ・リーグは2日、電話会議で理事会を開催し、2019-20シーズンを即時終了する方針を固めたと発表した。取締役会で全会一致した。4月15日に予定されているリーグ総会で正式決定すれば、欧州主要リーグで初めての決断となる。

 リーグ公式サイトを通じて「理事会の責任としては公衆衛生、すべてのステークホルダーの利益、また大多数のクラブの希望を考慮に入れ、残り試合に関して総会に勧告を出すこと」と立ち位置を説明。「もはやコンペティションを再開する必要性はない」と見解を述べた。

 現在のスケジュールではリーグ戦が再開したとしても、シーズンの切れ目にあたる6月30日以降にもつれ込む見込み。ただ、その時期でも「再開は予測できず、いつ予測できるかどうかも非常に不明確」だという。また「選手やチームの大部分が感染する可能性があり、今後の競技にも許容できない影響がある」「自治体によって試合日を揃えることが不可能となる恐れがある」ため、中止の方針を固めた。

 中止対象試合はリーグ戦の最終節と、レギュラーシーズン1〜6位で行われるプレーオフ1、7〜15位とプレーオフ1敗者とで行われるプレーオフ2。取締役会の助言が総会で承認されれば現状の順位が最終結果となり、クラブ・ブルージュが優勝を手にする。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集

【動画】俺様、神様、イブラ様!イブラヒモビッチが衝撃デビュー戦!!【ウイイレ無課金myClub#9】

【動画】俺様、神様、イブラ様!イブラヒモビッチが衝撃デビュー戦!!【ウイイレ無課金myClub#9】
『eFootball ウイニングイレブン2020』(ウイイレ2020)のオンラインディビジョンでレート1000を達成したゲキサカFC1期生のカクケンとARATA。今度は無課金でmyClubレート1000を目指す新企画「無課金myClubレート1000への道」にARATAが挑みます。

★ゲキサカ ゲームチャンネルの登録はこちらから

鹿島vs町田がYoutubeでライブ配信決定

鹿島vs町田がYoutubeでライブ配信決定
 鹿島アントラーズFC町田ゼルビアは2日、今月4日に一般非公開でトレーニングマッチを行い、その模様を両チームのYoutube公式チャンネルでLIVE配信すると発表した。キックオフは午後1時に予定されている。

 両チームは「トレーニングマッチにつきましては、新型コロナウイルスの影響で日々状況が変化する中、政府見解や社会情勢を考慮し、両クラブ判断の下で中止となる場合がございます。その際は決定次第、あらためてご案内いたします」としている。

 また制作・著作は鹿島が担当。町田は「映像の構成が少し鹿島側の内容になることが想定されますが、予めご理解とご了承の程よろしくお願い申し上げます」と理解を求めている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

岡山GK椎名、3月の右膝負傷は全治6か月

[故障者情報]

 ファジアーノ岡山は2日、GK椎名一馬が右膝前十字靭帯断裂に伴う手術を受け、全治6か月と診断されたと発表した。

 手術日は今月1日。椎名は3月8日、同7日のトレーニングで負傷していたことが発表されていた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

感染者続く神戸、保健所の指導状況を報告「拡散防止に努力してまいります」

感染者続く神戸、保健所の指導状況を報告「拡散防止に努力してまいります」
 新型コロナウイルスの感染者が続いているヴィッセル神戸は2日夜、保健所からの指導状況を報告した。トップチーム関係者全員が日々の検温、体調管理、保健所への報告を行っているという。

 その上でクラブは感染者と接触した可能性がある者は不要不急の外出を控えるよう指示。体調不良者が出た場合は関係各所と連携する体制となっているという。

 神戸は公式サイトを通じて「引き続き、皆さまにはご不安、ご心配をおかけすることになり、大変恐縮ですが、関係各所と連携して新型コロナウイルス感染症の拡散防止に向けて努力してまいります」と伝えている。

 神戸は3月30日から今月2日までの間、元DF酒井高徳とトップチーム関係者2人から陽性反応が出たと発表していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

立正大淞南の注目株、新2年生CB岩本剛気はどんな相手でも「『かかって来い』という選手になりたい」

立正大淞南高注目の新2年生CB岩本剛気
 山陰の強豪、立正大淞南高(島根)期待の183cmCB岩本剛気(新2年)は、悔しさを滲ませながら「ダメ」という言葉を連発していた。3月下旬の2日間で各2試合の練習試合を行ったが、初日が計8失点。2日目も計7得点を献上してしまった。

 強敵と対峙すると、明らかにスイッチが入る岩本は周囲が驚くようなヘッドや潰しも見せる注目株だ。だが、今回の結果は、DFとして不甲斐ないもの、変化の必要性を突きつけられるものとなった。

「守備の部分が全然ダメで、先輩であろうが声を出して行っていく部分が全然ダメだと思います。(プレー以前に)『絶対にやらせないぞ』という気持ちが無かったと思うので、そこがまずダメ。プレーでは後半から集中力が切れてしまったのでそこを改善していかないとダメです」。反省の弁を連発していた。

 得意とするヘディングや対人守備の部分は強豪相手でも通用する武器になってきている。本人もレベルアップを実感。だが、立正大淞南の先輩DFたちのような気迫がまだまだ足りないと感じている。

 だからこそ、「去年の大迫(武早志)君だったりのように気迫があって、『かかって来い』という選手になりたいです」。自分のところからは絶対に“やらせない”。もちろん、チームとしても前線の運動量など足りない部分がある。だが、岩本はまず自信を持って相手を封じ込むような選手、ゴール前で存在感を放つような選手を目指す。

 日常からより意識高く取り組み、今回、差をつけられた長崎総合科学大附高や高川学園高、岡山学芸館高との距離を縮めること。そして、次回の対戦では必ずリベンジする。「この試合で結果を残せなかったのは残念ですけれども、インターハイは優勝してそこで今年の立正大淞南高校がどういうものか見せて選手権で日本一を獲りたいと思います」。悔しい結果に終わったこの2日間を必ず進化、飛躍のきっかけにする。
 
(取材・文 吉田太郎)

選手感染のJ2群馬、チーム内に濃厚接触者41人…9日まで活動停止

群馬は今季からJ2リーグに参戦
 新型コロナウイルスの感染者が見つかったザスパクサツ群馬は2日、保健所の調査結果が判明し、チーム内に41人の濃厚接触者がいたことが分かったと発表した。

 群馬は1日、DF舩津徹也から新型コロナウイルスの陽性反応が示されたと発表。クラブによると、発症日の3月26日にコーエィ前橋フットボールセンターで行われたトレーニングに参加しており、クラブハウス内で接触した者、食事を共にした者が濃厚接触者として認定されたという。

 濃厚接触者の内訳は内訳は選手28人、スタッフ13人。発症日から2週間にあたる今月9日までの間、前橋市から濃厚接触者の健康観察と外出自粛を要請された。クラブはこれを受けて、同期間のトップチーム活動の停止を決定。また今後の状況に応じて期間を延長する可能性があるという。

 クラブは「引き続き感染拡大の防止に努めるとともに、前橋市や保健所の調査に全面的に協力をし、適切なタイミングで進捗をご報告して参ります」とした上で、「選手、スタッフの家族については濃厚接触者でございませんので、プライバシーを侵害するような行為や差別、偏見等の言動がないようお願いいたします」と配慮を求めている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

柴崎岳、小川航、長谷川唯、冨安がインスタライブ出演へ! UDNが質問募集中

柴崎岳、小川航、長谷川唯、冨安がインスタライブ出演へ! UDNが質問募集中
 トップアスリートのマネジメント業務を行う株式会社UDN SPORTSは1日、DF冨安健洋(ボローニャ)、FW小川航基(磐田)、MF長谷川唯(東京V・日テレベレーザ)、MF柴崎岳(デポルティボ)が出演するインスタライブを3日午後7時から配信すると発表した。

 新型コロナウイルスの影響により世界各国のリーグ戦が中断となり、サッカーに限らず多くのスポーツ大会が延期になっていることを受け、選手の近況を伝えるとともにファン・サポーターと交流できる場を設けることを目的に実施している。

 前回は3月下旬に実施。MF原口元気(ハノーファー)、MF香川真司(サラゴサ)、DF酒井高徳(神戸)、MF清武弘嗣(C大阪)らが出演し、人気を博していた。

 配信アカウントはUDN SPORTSの公式インスタグラム(@udnsports)。配信では視聴者からの質問にも選手が答える予定で、同アカウントのコメント欄で質問も募集している。

 UDNからの告知事項は以下のとおり

・UDN SPORTSアカウントから各選手を招待する形になるため出演は1名ずつとなります
・出演の時間帯や順番は未定です
・配信状況によって2回に分けての配信となる可能性があります
・急遽出演者が変更になる可能性もあります

カバーニ神戸入りはエイプリルフール! 仏メディアが皮肉まじりに謝罪「罠にかかった日本メディアに…」

神戸入りが報じられていたFWエディンソン・カバーニ
 ヴィッセル神戸にFWエディンソン・カバーニが加入へ——。2020年4月1日、日本国内を駆け巡ったビッグニュースはエイプリルフールによるものだったようだ。複数の日本メディアが引用したフランスメディア『Lucarne Opposee』は、Twitterの公式アカウント(@LucarneOpposee)で皮肉まじりに謝罪している。

 『Lucarne Opposee』は1日、ウルグアイメディア『Ovacion』のリンクを引用元に明示し、カバーニの神戸移籍の可能性を報じた。これに対し、複数の日本メディアが「すでに契約合意」などと報道。ところが『Ovacion』のリンクを辿っても同様の記事はなく、ネット上ではフェイク・ニュースを疑う声も挙がっていた。

 同アカウントは2日、日本メディアが報道したウェブ記事のスクリーンショットを投稿。「もしあなたたちがわれわれの『4月の魚』が日本を侵略し続けることを望むのなら、こちらでわれわれを支援することができます」。『4月の魚』とはフランス語でエイプリルフールのこと。添えられたリンクでは同メディアによるクラウド・ファンディングのページに誘導しており、エイプリル・フールによるものだったことを明かした。

 加えて「この罠にかかった日本メディアに謝罪します」と釈明。さらに括弧書きで「ただその一方、記事にはいくつかのバルブ(仕切り弁)があって、ソースに明示していたOvacionのリンクをクリックするだけで偽物と分かるには十分だっただろうけど」とし、情報の真偽を確かめる手続き(バルブ)がなかったことを皮肉まじりに述べている。

●フランス・リーグアン2019-20特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

湘南21歳DF石原広教が入籍「より一層の責任感を持って頑張ります」

湘南ベルマーレDF石原広教
 湘南ベルマーレは2日、DF石原広教(21)が一般女性と入籍したと発表した。

 石原広はクラブを通じて「より一層の責任感を持って頑張ります。これからも応援よろしくお願いします」とコメントした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

ソン・フンミンの帰国理由判明か…「基礎軍事訓練」で海兵隊へ

トッテナムFWソン・フンミン
 トッテナムにより韓国への一時帰国が認められたFWソン・フンミンだが、兵役免除者に課される基礎軍事訓練に参加するためだったことが分かった。2日、韓国『中央日報』日本版が報じている。

 トッテナムは3月29日、ソン・フンミンとFWステーフェン・ベルフワインに帰国許可を出したことを発表。ベルフワインは「出産に立ち会うため」と理由が明かされた一方、ソン・フンミンについては「個人的な理由」とされていた。

 記事によると、ソン・フンミンは今月20日から海兵隊に入隊し、チェジュで軍事訓練に取り組む予定。通常、陸軍訓練所の訓練は4週間に及ぶが、より厳しいとされる海兵隊では3週間で終えられるという。

 ソン・フンミンは2018年冬、U-23韓国代表のオーバーエイジ選手としてアジア競技大会に参戦。金メダルを獲得したことにより、兵役義務の免除が決定。原則1年半以上にもわたる軍隊への服務ではなく、ボランティア活動と基礎軍事訓練のみ受ける形となった。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

第100回天皇杯予選、福島はJヴィレッジで“決定戦”のみ開催

第100回天皇杯予選、福島はJヴィレッジで“決定戦”のみ開催
 J3リーグの福島ユナイテッドは2日、第100回天皇杯福島県予選の開催規模が縮小され、代表決定戦のみ行われることが決まったと発表した。代表決定戦は5月10日午後1時にキックオフし、JヴィレッジスタジアムでいわきFC(JFL)と対戦する。

 第100回天皇杯本戦は5月23日に開幕予定。現在は本来であれば各都道府県予選の開催時期だが、新型コロナウイルスの感染拡大で全国的に試合が開催できない情勢が続く中、各都道府県協会がさまざまな対応を取っている。

 秋田県では予選全日程を中止し、ブラウブリッツ秋田(J3)の本戦出場が決定。その他、愛知県や静岡県では代表決定戦のみ開催することが決まっている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●第99回天皇杯特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

8年ぶり名古屋復帰のFW金崎、合流日が決定「もう一度このピッチで…」

8年ぶりに名古屋復帰が決まったFW金崎夢生(写真は2012年のもの)
 名古屋グランパスは2日、FW金崎夢生のチーム練習合流日が決まったと発表した。同選手は3月27日、サガン鳥栖からの期限付き移籍で8年ぶりに名古屋に復帰することが発表されていた。

 発表によると、合流は3日午後2時の非公開練習から。添えられた動画で金崎は「もう一度このピッチでプレーできることを本当にうれしく思っています。これからも応援よろしくお願いします!」と述べている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

なでしこJ、6・7月の2試合が中止に…U-16日本代表もカップ戦中止

なでしこJ、6・7月の2試合が中止に…U-16日本代表もカップ戦中止
 日本サッカー協会(JFA)は2日、東京五輪の延期に伴い、日本女子代表(なでしこジャパン)が6月上旬に予定していた国際親善試合(栃木)、7月16日に予定していたMS&ADカップ2020(京都)の中止を決めたと発表した。

 なでしこジャパンの今後の活動は決定次第、発表されるという。

 あわせて、U-16日本代表が6月7〜14日に参戦する予定だったU-16インターナショナルドリームカップ2020の中止も決定。理由は「新型コロナウイルスの感染予防に対する現在の状況に鑑み」たとしている。

●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

神戸から3人目の陽性反応…詳細な調査結果は「適切なタイミングで公表」

神戸から3人目の陽性反応…詳細な調査結果は「適切なタイミングで公表」
 ヴィッセル神戸は2日、トップチーム関係者1人に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たと発表した。クラブは「引き続きヴィッセル神戸として保健所の指導のもと濃厚接触者の特定に努めてまいります」としている。

 発表によると、当該関係者は1日午後5時ごろに兵庫県内の病院でPCR検査を実施。軽度の咳、喉と前胸部の痛みがあった。続いて2日午後4時、検査の結果が判明し、陽性だったことが判明。喉や前胸部の痛みは続いている一方、両日にわたって発熱、味覚・嗅覚の異常はなかったという。

 神戸は今後のスケジュールや調査結果をJリーグ、兵庫県、保健所と連携し、「適切なタイミングで公表」する予定。トレーニング場については「選手、スタッフの健康状態を確認し、所管保健所の指導のもとに、運営の再開を予定しております」と伝えている。

 神戸は3月30日、元日本代表DF酒井高徳に陽性反応が出たと発表。4月1日にも「トップチーム関係者」1人の感染が発表されており、チーム内では3人目となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

コロナ感染JFA田嶋会長が退院「志村けんさんの訃報を聞きました。同じ病気に感染した者として」

コロナ感染JFA田嶋会長が退院「志村けんさんの訃報を聞きました。同じ病気に感染した者として」
 新型コロナウイルスに感染したため、都内の病院に入院していた日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長が2日に退院した。

 田嶋会長は2月末より海外出張し、欧米各国を訪問。3月8日に帰国していたが、同15日に微熱が確認されたことから翌16日に文京区の保健所に相談。検査を受けると、17日に新型コロナウイルスに感染していることが分かった。その後は都内の病院に入院していた。

 田嶋会長はJFAを通じ、以下のような長文のコメントを発表した。 

 はじめに、この度の新型コロナウイルスの感染に伴い、多大なるご心配とご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

 多くの方がお亡くなりになり、また、現在も闘病中の方が多くいらっしゃる中で、本日退院することができ、医師、看護師、病院関係者の皆様、ご心配、応援いただいた皆様に心より御礼申し上げます。

 このような状況の中で、去る3月29日に開催された JFA2020年度定時評議員会、2020年度第5回理事会において会長に任命されたことについて、これまで以上に責任を痛感しております。現在の状況は、オリンピックやワールドカップのようなサッカー界の中で他国を相手にした戦いではなく、目に見えないウイルスという敵に対して日本や世界中の皆さんと一致団結して戦っていかなければならない時だと考えています。

 ピッチ内のサッカーそのものへの大きな影響はもちろん、財政的な危機に直面することを避けられないと思います。評議員会において、登録料の免除や協会納付金の停止、JFA自ら身を切る事を検討するとお伝えしました。新型コロナウイルスの猛威による過去に例のない影響や被害を考えると、JFAも思い切った決断をしていく必要があります。今回の影響で給与が大きく減額になった家庭に子供の登録料の支払いをお願いできるでしょうか?選手に給料を払えるかどうかわからないクラブに 3%の納付金を課せるでしょうか?実施に向け、早急に検討を進めます。生半可な気持ちで乗り越えられるものではないことを肝に命じ、私一人ではなく、サッカー界の皆様と一緒になって取り組んでいく所存です。

 JFAは、感染拡大防止や役職員や全ての関係者の健康を守るために2月27日に役職員の在宅勤務を開始しました。早い時期に導入を決断したこともあり、私が感染した後も、幸いなことにこれまでのところ新たな感染者の発生を防ぐことができています。2月26日に在宅勤務を決定した時にはWeb会議などテレワークのインフラは十分に整備されていませんでしたが、最優先すべきは人々の健康を守ることという信念のもとで決断し、それが、私以外の感染者発生を防ぐことにつながっていると思います。現在、在宅勤務の導入に踏み切れずにいる方々には、その決断を速やかにされるべきだということを申し上げたいと思います。

 私が感染したことによって、サッカー界には危機感と緊張感が伝わり、多くの方々が感染予防に真剣に取り組んでくれていると思います。今は新型コロナウイルスの感染拡大を収束させることを最優先に、そして、人々の健康や生命を守ることを最優先にすること、それが結果的に通常の生活を取り戻し、経済活動を再開していくことになると思います。

 入院中に志村けんさんの訃報を聞きました。同じ病気に感染した者として、言葉では説明できない気持ちになりました。この病気は本当に恐ろしいものだと思います。そんな時、ヨーロッパでプレーする吉田麻也選手達から、新コロナに対する危機感を伝えるビデオが届き、JFA-TVで流すことができました。イタリアやスペイン、イギリス、ドイツ等で身近な人達が感染していく姿を観ているだけに、緊迫感がありました。本当に有難いことです。多くの若い人がプレーするサッカー界では彼らのメッセージはインパクトがあります。現在の危機感を多くの人達と共有しなければならないからです。誰でも感染する、誰でもが危機的状況に陥る可能性があるということです。これを老若男女全ての人々に伝えていかなければなりません。心をひとつにして、感染拡散防止に本気で取り組んでいきましょう。

 入院中、医師や看護師をはじめとする全ての医療関係者の献身的で科学的根拠に基づいたプロフェッショナルな仕事に感銘を受けました。頭の下がる思いです。ところが、その一方で、医療従事者やその関係者に対する偏見が起こっていることも耳にします。防護服や医療機器の供給についても多くの人々が懸命に取り組んでいると聞いています。新型コロナウイルス感染症の治療と拡大防止に全力を注いている多くの関係者の皆様を疲弊させたり、偏見や差別につながる言動、医療崩壊につながる行為をなくさなければいけないと思います。また、私も経験しましたが、組織を守ること、批判を気にするあまり、情報発信の際、患者、そしてその関係者のことを忘れてしまうことが起こりがちです。それが偏見や差別に繋がるということも忘れてはなりません。サッカー界も人々に優しい組織でありたいと、あらためて強く感じています。

 いろいろな意見や批判がある中で、これまで医療崩壊を防ぎながらさまざまな対策を実行してきた多くの関係者、政府の皆様、医療関係者の皆様にあらためて感謝を申し上げます。海外の政府の事例を見ても分かる通り、このような前例のない状況下では、揺るぎない信念を持ち、その時々で前例にとらわれない決断や多くの困難が伴う決定をしていかなければなりません。2023年のFIFA女子ワールドカップ招致のために3月上旬に訪れたイギリスやオランダ、アメリカは、現在とは全く異なる感染防止対策を行っていました。招致のライバル国であるオーストラリア/ニュージーランドやコロンビア、ブラジルなども招致活動を行っていましたが、わずか1か月で全く違う街になっています。

 多くの方々の協力で感染拡大を抑止し、医療崩壊を防いでいる日本という国の底力をあらためて感じています。状況は刻々と変化しており、これからも困難が伴う難しい決断がされると思います。私たち、JFAも批判を恐れずに多くのことを決定していく必要があります。我々の責務は、再び日本中で老若男女が笑顔で安心して安全にサッカーを楽しめるようにすることです。JFAだけではなく、全ての関係する団体の皆様やサッカーファミリー、ファン・サポーターの皆様と心を一つにして、覚悟を持って取り組んでまいります。JFAの会長として、未来を予測して決断し、前に進むために全力で実行してまいります。

熊本3年目MF坂本広大が入籍発表

 ロアッソ熊本は1日、MF坂本広大(24)が一般女性と入籍したと発表した。

 熊本県熊本市出身の同選手は、熊本の下部組織から中京大に進学。18年より熊本に“復帰”し、今季はプロ3年目を迎えている。

 クラブを通じ「このような状況の中、私事で大変恐縮ですが、この度かねてよりお付き合いしておりました方と入籍致しました。より一層の責任感をもって精進していきたいと思います!」とコメントした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

熊本3年目MF坂本広大が入籍発表

 ロアッソ熊本は1日、MF坂本広大(24)が一般女性と入籍したと発表した。

 熊本県熊本市出身の同選手は、熊本の下部組織から中京大に進学。18年より熊本に“復帰”し、今季はプロ3年目を迎えている。

 クラブを通じ「このような状況の中、私事で大変恐縮ですが、この度かねてよりお付き合いしておりました方と入籍致しました。より一層の責任感をもって精進していきたいと思います!」とコメントした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

今夏の移籍はなし?モドリッチは21年までの契約満了を希望か

今夏の移籍はなし?モドリッチは21年までの契約満了を希望か
 レアル・マドリーのMFルカ・モドリッチは、21年6月30日までとなっている契約を全うしたい考えでいるようだ。『アス』が伝えている。

 現在34歳のモドリッチだが、今季も22試合に出場。しかし世代交代を考えるクラブは、、ソシエダに貸し出し中のMFマルティン・エーデゴーアを復帰させたい意向を示しているとみられる。

 その場合、モドリッチの売却も合わせて検討されることになりそうで、先日にはアメリカMLSのクラブが獲得に興味を示していると報じられた。

 しかし『アス』は、モドリッチがチーム内で精神面のリーダーシップを発揮していること。またマドリードでの家族との生活に満足していることなどから21年までの契約を全うするのではないかとしている。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

宮城スタジアムの愛称が「キューアンドエースタジアムみやぎ」に

宮城スタジアムの愛称が「キューアンドエースタジアムみやぎ」に
 ICTテクニカルサポートを展開するキューアンドエー株式会社が、宮城県総合運動公園宮城スタジアムのネーミングライツを取得したと発表した。期間は20年4月1日~25年3月31日までの5年間。契約料は年間500万円となる。

 宮城スタジアムの命名権は、14年より全国農業協同組合連合会宮城県本部が取得し、昨年まで「ひとめぼれスタジアム宮城」の呼称を使用。ただ契約は20年3月31日までとなっていた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

逸材FW中田樹音が岡山学芸館へ転籍。高体連でも連発してプロへ

ファジアーノ岡山U-18から岡山学芸館高へ転籍したゴールハンター、FW中田樹音
 全国大会に出場すれば、間違いなく得点王候補だろう。今年に入って岡山学芸館高(岡山)に加入したばかりのFW中田樹音(新3年)が、立正大淞南高(島根)、高川学園高(山口)との練習試合に出場(高川学園戦は前半のみ)して2戦3発。微妙な判定のオフサイドで2つのシュートがノーゴールとなったものの、名門校相手に十分過ぎるインパクトを残した。

 立正大淞南戦では2シャドーの一角として先発。前半、チームは0-1で折り返したが、その中で中田は中央で強引にDFの前に出る動きを2度、3度と披露していた。そして1トップへポジションを移した後半開始直後に右クロスから難なく同点ゴール。その後もボールを引き出して前を向くと、相手DFが準備するよりも速く仕掛けてシュート、パスへ持ち込んでいた。

 何より、ゴールに向かっていく姿勢、シュートまでのバリエーションの多さが印象的。ストライカー色の濃いFWだ。また、前線での力強いキープや、左足でのサイドチェンジ、個でボールを奪い返して前進するシーンも。もちろん、全てのプレーが成功していた訳ではなく、ボールロストもあったが、飛び込んできたDFをアイディアある動きでいなすなど、判断の速さや正確さも目立っていた。そして、後半17分には、右サイドから会場の人々を唸らせるような左足ミドルをゴール左隅に突き刺して2点目。その後もゴール前へ鋭く入り込む動きで決定機に絡んでいた。

「前(のポジション)やから点を獲らんといけんと意識しているので、1試合1点以上は獲るという目標を持ちながらサッカーをしています」と中田。中学時代に利き足の右足を複雑骨折し、トレーニングし続けたという左足は「(たまにズレるが)左の方がシュートは威力がある」という武器になった。

 約1時間後に開催された高川学園戦はFWとして先発すると、0-1から再び左足ミドルをねじ込み、同点ゴール。さらにPAへ抜け出してGKをかわす動き(シュートを流し込むもオフサイドの判定)も見せた。そして前半終了間際、右スローインをオープンスペースで受けると、対面したDFとの1対1を制してゴールライン際へ切れ込む。最後は折り返したボールのこぼれをMF須賀大貴(新3年)が決めて逆転。チームは練習試合2試合を2連勝で終えた。

 中田は昨年、ファジアーノ岡山U-18の10番を背負ってプリンスリーグ中国に出場し、得点王。Jユースカップでは昨年の2冠王者・名古屋U-18からもゴールを奪っている。「もっと前に進みたい」の思いを持って、在籍していた岡山学芸館高のサッカー部へ転籍。当初は怪我もあってコンディションがまだまだだったようだが、新型コロナウィルス感染拡大による活動休止期間でそれも癒え、本領を発揮し始めている。

 岡山ではトップチームの練習試合にも出場し、海外への短期留学も経験。トップチームの先輩や指導陣からのアドバイスも受ける中、どう動けばどのような現象が起こるのか考えながらプレーするようになったという。本人はテクニックも身体能力も「マジでないです」と苦笑するが、攻撃面については「一番得意やからそこを伸ばしていきたい」というシュートをはじめ、ドリブル、パスも強豪校相手に十分発揮。加えてJアカデミーで磨かれた“考える”力もゴールを量産するための武器になりそうだ。

 岡山学芸館の高原良明監督は「タメも作れるし、仕掛けられるし、パスも出せる。(特に)シュートモーションに入ったら雰囲気ありますよね」と頷く。エース候補の加入はチームメートたちにも刺激を与えている。その中で本人は課題の守備面やハードワークすることを意識して取り組んでいる最中。「点を獲ることも、アシストすることも、パスをすることもできるし、一番好きな選手です」というFWカリム・ベンゼマのような点取り屋を目指す中田は、攻撃面だけでなく、守備、運動量の部分でもチームに貢献する構えだ。

 岡山U-15時代からのチームメートもいる岡山学芸館で、コミュニケーションは着実に向上中。新たな仲間たちと結果を残し、目標を達成する。「まず選手権もインターハイも全国出て、全国出たら色々なスカウトが来るじゃないですか。その人たちに目をつけられるようなプレーをしたいし、そのためにはまず出ないとダメだから、岡山県で全部勝って、優勝して、全国大会でどれだけ自分ができるか試したいです。(個人的には) どこからシュートを打っても点を獲れる選手になりたい」。Jユースから加わった注目ストライカーが、高校サッカーでも輝く。 
 
(取材・文 吉田太郎)

コロナ禍にイブラ「俺たちに出来ることは恐れすぎることじゃない」

コロナ禍にイブラ「俺たちに出来ることは恐れすぎることじゃない」
 ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(38)が、母国メディア「スべンスカ・ダブラデット」のインタビューに答えている。『マルカ』が伝えた。

 イブラヒモビッチは今年1月より半年契約でミランに在籍。しかし現在、セリエAは新型コロナウイルスの影響で中断中のため、イブラヒモビッチはストックホルムの自宅で家族と共に過ごしている。

「俺には家族がいるから退屈しないよ」。現状を明かしたイブラヒモビッチは、「俺たちに出来ることは、生きて人生を楽しむこと。恐れすぎるんじゃなくてね」と前向きに話した。

 今後についても言及。今の契約は6月30日で切れることになっているが、「俺自身も何が起きるのか見守っているところだ」という。「俺ですら俺が何をしたいのか分からない。新型コロナウイルス(の状況)を誰が予想できたっていうんだい?毎日、新しいことが起こるんだ」と未定であることを強調した。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

「何てことない」「大丈夫なはず」から陽性判定へ…チェルシーFWが感染発覚当時を振り返る

FWカラム・ハドソン・オドイが現在の状態について話した
 新型コロナウイルス感染から回復したチェルシーのイングランド代表FWカラム・ハドソン・オドイがクラブ公式サイトを通じ、現在の状態などについて語っている。

 ハドソン・オドイは先月12日に新型コロナウイルスの検査で陽性反応だったことがクラブから発表され、すぐに自主隔離へ。チームメイトやスタッフにも同様の措置が取られていた。

 幸いにも症状は軽く、SNSで順調な回復を報告していたハドソン・オドイは、今回ビデオ電話を通じてクラブにコメントを寄せた。

 まず現在の状態について「全快だよ」と話し、「もうすっかり治った。状態も良いし、万全だ」と強調。そして感染が発覚するまでの経緯を振り返っている。

「3週間前に感染したんだけど、まずは月曜(3月9日)くらいに熱っぽさを感じたんだ。ちょっとおかしいなと思ったけど、次の日には戻っていた。当時は何てことないと思っていたね。でも、実際は違った。軽いものだったから大丈夫なはずと思い込んでいたんだ」

 また「どんな感じだったかは聞かれたね」とチームメイトとのやり取りも明かし、「『早く良くなれよ、カル』って励ましてもくれた。チームメイトがいてくれるのは支えになったよ。おかげで回復に向けて頑張ることができた」と感謝を語っている。

 現在プレミアリーグは中断しており、ハドソン・オドイが目標にしていたEURO2020も1年の延期が決まった。

「EUROに向けて再アピールを狙っていたんだ。大きな目標だったし、代表入りはしたかった。毎試合しっかり結果を残して、トロフィーで締めくくりたかったね」

 言葉に無念さをにじませたハドソン・オドイは「フットボールのある生活に戻ってほしいよ。今日にでもあの頃に戻りたいが、感染は広がるばかりだ。みんなしっかり自宅隔離にあたってほしい。またファンの前でプレーできる日を早く取り戻そう」と呼びかけた。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

深刻状態から回復中の元バルサGK…妻が語るコロナ重症化への“分かれ道”は?「時間の無駄」となる注意点も

過去にバルセロナなどでプレーしたリュシュトゥ・レチベル氏
 過去にバルセロナなどでプレーした元トルコ代表GKのリュシュトゥ・レチベル氏の妻イシル・レチベルさんが、新型コロナウイルスによる深刻な状態から安定期に入った夫についてインスタグラムで語り、「最初の72時間が非常に重要」だと強調した。スペイン『アス』が伝えている。

 イシルさんは夫が経験した症状を段階的に説明し、これまで見たこともないようなものだと表現した。

「これは大きさを変えた、人間の体が知らないウイルスと生物の戦いです」

「時間を無駄にしてしまうので、普通の風邪のような症状と見なさないようにしてください。何事もそうですが、早期発見はとても重要です。(ウイルスは)喉や鼻に何日もとどまらず、すぐに他の場所に移動します。そして肺に定着して増殖し、肺炎が始まります。だから最初の72時間が非常に重要なのです」

「リュシュトゥは何日も何時間もマラリアのような熱を出していました。唇と皮膚が灰色に変わり、呼吸が速くなって困難になり、止まらない咳、不整脈、そして言葉を話さなくなる。今までに経験したことも見たこともない奇妙な症状でした。好ましいものではないと思いますが、これは私たちが一つひとつ経験していることです」

 最後にイシルさんは医療崩壊の危機を懸念しつつ、「誰にでも家族がいて、誰もが人間です。落ち着きを持って、家にいてください」と求めた。

 夫のリュシュトゥ・レチベル氏は現役時代、母国トルコのリーグで通算336試合に出場。2003-04シーズンにはバルセロナで1年間プレーし、公式戦7試合に出場した。トルコ代表としては国際Aマッチ通算124試合に出場している。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●トルコ・スーパーリーグ2019-20特集
●長友佑都の試合はDAZNで!!“初月無料”独占配信中

チーム内で35%感染のバレンシアが“収束宣言” スペイン紙「ポジティブなニュース」

バレンシアが“収束宣言”
 バレンシアに在籍するトップチームの選手、スタッフの全員が新型コロナウイルスの再検査で陰性と確認されたことが分かった。スペイン『マルカ』が報じている。

 クラブは先月17日、トップチームの選手、スタッフの35%にあたる10人が新型コロナウイルスの検査で陽性だったことを発表。DFエリアキム・マンガラ、DFエセキエル・ガライ、DFホセ・ガヤの感染は知られていたが、残りの選手やスタッフについては本人とクラブの合意により、匿名となっていた。

 バレンシアはイタリアで感染が拡大していた中、2月19日にUEFAチャンピオンズリーグ1回戦第1戦のアタランタ戦のため現地に遠征。対策を講じていたが、結果的に大きな痛手を受けることになった。

 それから約2週間が経過し、クラブが2度目の検査を実施したことろ、陽性反応だった10人を含む全員が陰性だったという。同紙は「このニュースは、パンデミックの中でポジティブな点だ」として伝えている。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

久保建英の同僚MF「韓国でコロナはどんどん縮小している」

新型コロナウイルスについて語ったMFキ・ソンヨン
 MF久保建英所属のマジョルカが3月30日、クラブ公式サイトで新型コロナウイルスに関する元韓国代表MFキ・ソンヨンのコメントを伝えた。

 今年1月31日にニューカッスルとの契約を前倒しで解消し、無所属の期間を経て2月25日にマジョルカ加入が発表されたキ・ソンヨン。3月7日のリーガ・エスパニョーラ第27節エイバル戦でベンチ入りし、久保との交代で新天地デビューを果たしたが、直後に新型コロナウイルスの影響でリーグ中断となった。

 元韓国代表MFは自身の近況について「私たちは閉じこもり、家でトレーニングをしている。スペインの状況はとても深刻で、多くの人が新型コロナウイルスに感染している。もちろん、(チームとして)トレーニングをせずに家にいるのは大変だが、サッカーをする前に体調を整えて健康でいることが優先だ。私たちはルールに従わなければならない」と説明している。

 また、妻と娘が韓国に住んでいるという同選手は、母国の状況にも言及した。

「彼らは元気で、(韓国の)首都にいる。今では韓国よりこちらの方が深刻だと思う。そこでは全てがコントロールされていて、人々は元気だ。新型コロナウイルスはどんどん縮小していて、今では自分のことより僕のことを心配してくれている」

 背番号10を用意されて加入しながら、わずか1試合でスペイン挑戦が中断。キ・ソンヨンは「私はマジョルカでとても楽しんでいるが、調子が良かったのにシーズンを止めることになったので、少しがっかりしている」と本音も漏らしている。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

アザール負傷に関わったパリSGムニエ、「うまくいったね」同胞との会話を明かす

パリSG戦で負傷したFWエデン・アザール
 パリSGのベルギー代表DFトーマス・ムニエがレアル・マドリーの同代表FWエデン・アザールの怪我について語った。スペイン『アス』が伝えている。

 アザールは昨年11月26日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のパリSG戦で同胞のムニエと交錯し、右足首を骨折。約3か月後に復帰を果たしたが、すぐに再発させてしまい、先月に手術を受けた。

 レアル加入1年目は苦難のシーズンとなり、今夏に開催される予定だったEURO2020への出場も危ぶまれていたベルギー代表エース。しかし、同大会が新型コロナウイルスの影響で1年の延期が決まったことで、出場のチャンスが巡ってきた。

 ベルギー『RTBFスポーツ』のインスタグラムのライブ配信に登場したムニエは、EURO2020の延期について問われると、アザールの状況と絡めて「エデンは僕の友人であり、彼は僕に『EUROを中止させるために可能な限りのことをした』とジョークを言った。うまくいったね(笑)。多くのリスクを負うことは間違いないから、(延期は)問題ではない。そうしなければならなかった。重要なのは開催されるということだ」と語っている。

 また、アザールの負傷シーンに関しては「僕がアザールを傷つけたわけじゃない。彼は僕と接触した後に怪我をしたんだ」と説明した。

●フランス・リーグアン2019-20特集
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●EURO2020特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

CLやELが無期限の延期へ…UEFA「追って通知があるまで」

CLやELが無期限の延期へ
 欧州サッカー連盟(UEFA)は1日、新型コロナウイルスの影響により、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)やUEFAヨーロッパリーグ(EL)といった全てのUEFA主催大会について「追って通知があるまで延期する」と、再開の見通しが立たないことを発表した。

 また、6月に開催される予定だった男女の全ての代表戦に関しても、同様に無期限の延期が決定。これには、EURO2020のプレーオフと女子EURO2021の予選も含まれている。

 UEFAは同日に行われた55の加盟協会の代表者とのビデオ会議により、一連の決定が行われたと説明。先月17日には、6月12日に開幕予定だったEURO2020を1年延期することも発表している。

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●ヨーロッパリーグ(EL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信

[4月2日 今日のバースデー]

Japan
MF矢田旭(千葉、1991)*高い技術とクレバーさを併せ持った攻撃センス溢れるMF。
MF大崎淳矢(栃木、1991)*守備の隙を突く鋭い動き出しとドリブル突破からのシュートが魅力。
FWディサロ燦シルヴァーノ(北九州、1996)*ダイナミックなプレーが魅力のアタッカー。法政大では数々のタイトルに貢献した。
DF熊川翔(横浜FC、1997)*柏U-18時代に師事した下平隆弘監督に呼ばれ、昨季東北1部のいわきFCから一気にJ1へ個人昇格したDF。
FW石井快征(鳥栖、2000)*鳥栖U-18出身のアタッカー。豊富な運動量と正確な技術を兼ね備える。
MF江川慶城(京都、2000)*京都U-18出身のDF。昨季はブラジルのロンドリーナECで武者修行していた。

World
MFミラレム・ピャニッチ(ユベントス、1990、ボスニア・ヘルツェゴビナ)*高いキープ力から正確なパスを通し、相手の守備を崩すMF。

Former
FWフェレンツ・プスカシュ(元R・マドリーほか、1927、ハンガリー)*「マジックマジャール」と呼ばれたハンガリー代表で主将を務めたFW。

Others
忌野清志郎(ミュージシャン、1951)
平沢進(ミュージシャン、1954)
森絵都(作家、1968)
ZEEBRA(歌手、1971)
竹山隆範(カンニング:芸人、1971)
高橋尚成(野球、1975)
宮崎由加(Juice=Juice:アイドル、1994)
桜井日奈子(モデル、1997)

「自分は才能がないので、努力しないと」。長崎総科大附の「大器」GK梶原駿哉は妥協せずに成長求める

長崎総合科学大附高の大型GK梶原駿哉は自分に厳しく、成長を目指す
 地に足をつけて、ひたむきに努力を続け、家族や恩師に恩返しする。長崎総合科学大附高のGK梶原駿哉(新3年)は187cmの大型守護神。昨年、U-16日本代表候補合宿に初選出され、全国高校選手権で強豪のゴールを守った梶原は今年の九州屈指とも言える存在のGKだ。

 大舞台を経験した後に迎えた今年、2月の九州新人戦ではメンタル面での自信が表れているかのような堂々としたプレー。チームは試合終盤の失点によって4位に終わったが、最近の練習試合では1試合に1度、2度ある決定的なシーンでビッグセーブを見せるなど、また成長を感じさせている。

 梶原はこの1、2か月の間に自分を再確認し、全力で努力を続けなければならないことを実感したのだという。新型コロナウィルス感染拡大の影響で地元の大分に戻り、また軽い打撲でトレーニングを休んだ時期があった。「その時(練習復帰後)に全然止められなくなっちゃって。やっぱり自分は才能がないので、努力しないと」。Aチームのゴールを守る回数も、安定感の高いGK石原空(新3年)に譲る回数が多くなっていた。

 九州新人戦で先発出場できていたこともあり、出てしまっていた油断。「自分は出れると思ってしまっていた。甘えたら絶対にダメだと思いました。(休養後に)一気に動けなくなったので、自分は妥協したらダメだと、少しの痛みくらい我慢してやらないといけないと思いました」と語る。

 調子が上がらない期間に家族は優しい言葉をかけてくれたのだという。「『BでもCでも良いから頑張ってくれたら』と言ってくれた時に、絶対にそんな訳なくて『出て欲しい』と思っているだろうし、送り出してくれた親に何で返せるかと言ったらプロで活躍するところを見せるというのが一番だと思う」。注目GKは応援してくれる家族のためにも、誰よりも努力することを決意した。

 九州大会では活躍もしたが、勝負どころで失点してしまっていたことも確か。自分の調子を上げることと同時に、まず取り組んだのが声の部分だ。味方を的確に動かして、より自分が止めやすい状況を作ることを心がけた。強豪との練習試合で失点が減少している理由は、その部分で改善できていることが大きい。味方が声を頼りに動いて最後まで足を伸ばしてくれるからこそ、梶原もギリギリのシュートがより止められるようになっている。

 梶原は「(九州大会は)失点も全部後半の終盤に偏っていました。寄せるというところは最近、小嶺(忠敏)先生からずっと言われていることですし、やっぱり自分だけじゃなくDFも死ぬ気で守ろうとしてくれているので、その分自分が守りやすくなっていると思います」と説明。ただし、満足はしていない。相手にクロスを上げさせないことや、カウンターのリスク管理の部分もより徹底すること。また、自分はまだキックミスが多いため、その数を減らしてよりチームメートから信頼されるGKになる考えだ。

 名将・小嶺忠敏監督の言葉も自分を成長させてくれている。「ディフェンスだったり、ゴール前のところだったり、小嶺先生は一番大事なところを言ってくれます。自分もクロスが一番の強みなんですけれども、最近あんまり出れなくなって『オマエ、そこ出れないと全然使えないぞ』と言ってくれる。甘えちゃいけない。自分の武器はしっかりと出していかないといけない」。アメとムチを使い分ける小嶺監督からは褒められる時もあるが、厳しい言葉をしっかりと受け止めて慢心せずに努力を続けていく。

 昨年、U-16日本代表候補に初招集された後はそれに相応しいプレー、“上手いプレー”をしようとして、逆にミスを増やしてしまっていた。今年も九州を代表するGKという評価はつきまとうだろうが、自分を知り、努力の必要性を認識している梶原の気持ちが揺れることはない。「自分は上手くないからできることを精一杯やって、強く見せるというのが大事」。1年前、半年前から成長していることは間違いない。ただし、“自分はまだまだ”。注目の大器はここからの1年間、自分に厳しく成長することを求め、仲間とともに結果を残し、そして将来プロになって支えてくれた人たちに恩返しする。

(取材・文 吉田太郎)

G大阪がトップ、アカデミーの活動休止を発表…神戸、C大阪と関西クラブでコロナ感染者

G大阪がトップ、アカデミーの活動休止を発表…神戸、C大阪と関西クラブでコロナ感染者
 ガンバ大阪は1日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、トップチームおよびU-23チームの活動の休止を発表した。

 休止期間は13日までで、選手、監督、コーチングスタッフ、チームスタッフは期間中、不要不急の外出が禁止される。

 なお、アカデミーの活動(ユース・ジュニアユース)についても当面の間、活動を中止する。

 Jリーガーの新型コロナウイルスの感染者はこれまで、ヴィッセル神戸のDF酒井高徳、ザスパクサツ群馬のDF舩津徹也、セレッソ大阪のGK永石拓海の3人で、関西地区の2クラブから出ている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

C大阪から町田移籍FW安藤の合流遅れる

 FC町田ゼルビアは1日、セレッソ大阪から育成型期限付き移籍で加入が決まったFW安藤瑞季の合流日が未定となっていることを発表した。

 これは1日にC大阪所属のGK永石拓海に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたことによるもので、安藤は大阪府内にある自宅での待機を命じられている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

[4月1日 今日のバースデー]

Japan
DF宮大樹(鳥栖、1996)*びわこ成蹊スポーツ大出身のDF。対人の力強さを活かした空中戦が武器。

World
GKマノロ・レイナ(マジョルカ、1985、スペイン)*2017-18シーズンに当時3部のマジョルカに加入し、わずか3年間で1部の正守護神に定着したベテランGK。

Former
DFアルベルト・ザッケローニ(元日本代表監督ほか、1953、イタリア)*ユベントスなどイタリアの名門クラブで監督を歴任。10年8月から4年間、日本代表の監督を務めた。
MFジャンカルロ・アントニョーニ(元フィオレンティーナほか、1954、イタリア)*元イタリア代表。「フィレンツェの至宝」とよばれ、フィオレンティーナで活躍したファンタジスタ。
MFクラレンス・セードルフ(元ミランほか、1976、オランダ)*現役時代は、すば抜けた技術力と身体能力を持ち合わせていたオランダ代表の中盤。

Others
林真理子(作家、1954)
高橋克実(俳優、1961)
桑田真澄(野球、1968)
八木沼純子(フィギュアスケート、1973)
竹内結子(女優、1980)
本仮屋リイナ(アナウンサー、1991)
岡本圭人(Hey!Say!JUMP:アイドル、1993)

森保監督「決断は当然」…6月W杯予選延期と7月U-23代表親善試合の中止が決定

森保監督「決断は当然」…6月W杯予選延期と7月U-23代表親善試合の中止が決定
 日本サッカー協会(JFA)は1日、6月に予定されていたワールドカップアジア2次予選の延期が決まったことを発表した。日本代表は6月4日にノエビアスタジアム神戸でタジキスタン代表と、同9日にはパナソニックスタジアム吹田でキルギス代表と対戦する予定でいた。

 また7月17日にノエビアスタジアム神戸でU-23日本代表が予定していた、キリンチャレンジカップ(対戦国未定)の中止も決定している。

 これを受けて森保一監督は以下のようなコメントを発表している。

「6月に予定されていたFIFAワールドカップ予選の延期が決定しました。今、世界に拡大している新型コロナウイルスの感染状況を考えると、この決断は当然と考えています。これからの活動については、どの時期に再開しても、そのときに力を発揮できるよう、今できることに全力で取り組み、しかるべきときに向けて準備をしていきたいと考えています。

 そして、東京オリンピックの延期にともない、大会直前に兵庫で予定していたU-23日本代表のキリンチャレンジカップ2020も中止することになりました。東京オリンピックは、2021年7月の開幕が正式に決まりました。今後の活動はSAMURAI BLUE同様、状況を見ての判断になると思います。オリンピック開幕も新型コロナウイルス感染症が収束していることが大前提です。我々が目指す金メダル獲得に向けて、次の活動を心待ちにしながら、選手、スタッフそれぞれが今できることに取り組んでいきます。

 このウイルス感染をこれ以上拡大させないために、みんなが団結するときだと思います。こうした苦境で発揮される日本人の規律を守る心、団結力、組織力を私は信じています」

Jリーグ「非常事態」賞金&配分金見直しで“競争から共存へ”

オンラインブリーフィングを行った村井満チェアマン(画像はスクリーンショット)
 Jリーグは1日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う第4回臨時合同実行委員会を開催した。終了後、村井満チェアマンがメディア向けのオンラインブリーフィングを行い、各クラブの代表に向けてある種の「非常事態宣言」をおこなったことを明かした。

 キーワードは「競争から共存へ」。村井チェアマンは次のように背景を説明する。

「Jリーグはこれまで比較的順調に成長を遂げてきた。直近数年間ではある意味、大きな成長の可能性を確信していた。平時の状況ではJリーグはある種、護送船団的な方針から『競争』のフェーズに移行していくというところで、各種の経営努力が報われるように、経営努力や競技成績に応じて大きく傾斜する経営オペレーションに向かうと宣言してきた」。

 ただし、クラブの財政危機や選手間の感染拡大が懸念される中、その舵取りを修正せざるを得ない状況となった。

「この2020年においてはある種、Jリーグが非常事態な状態の中で、『競争』の状態からチューニングを行うと宣言した。一つ一つのクラブに経営危機が訪れる場合もあるし、リーグ自体が平時とは違うオペレーションに移行せざるを得ないモードだという認識の中、個々のオペレーションを『競争』のフェーズの象徴である理念強化配分金などの施策の見直しをしていく。いまはすべてのクラブが安定したサービスを提供できる状態、経営基盤を守ろうということで、Jリーグの中である種の有事であるという認識の中、モードチェンジを申し上げた」。

 こうした現状をクラブ代表に伝えた上で、今季は賞金と理念強化配分金の見直しを行うことが決まった。

 賞金はJ1優勝チームの2億円を筆頭にJ1・7位まで、J2・3位まで、J3・2位までに傾斜支給されるもの。また“DAZNマネー”による目玉施策の理念強化配分金はJ1の4位までに翌年以降の3年間にわたり、外国籍選手の獲得や育成環境整備などの目的で最大15億5000万円が支給されるというものだ。

 『競技の公平性』に関するプロジェクトチームの担当者は「不公平を飲み込みながらも進んでいくシーズンという前提の中、賞金自体が100%支払うのがいいのかどうかの観点から議論している。リーグやクラブの全体的な財務インパクトがどれくらいなのか、どういった手当が必要なのかを精査しながら継続議論していく。近年は『共存から競争』というフェーズに移ってきていたが、理念協会配分金も2020年においてはこういったコンセプトの見直しが必要ではないか」と経緯を説明した。

 一方、「共存」の言葉どおり、新型コロナウイルスによって打撃を受けたクラブには最大限のサポートが提供される見通しだ。今後、Jリーグは資金難で公式戦を行えなくなったチームを支える「リーグ戦安定開催融資」と同様の仕組みを新型コロナウイルス対応の特例制度として策定する予定。『財務対応』に関わるプロジェクトチームを中心に骨子を審議しているという。

 また通常であれば「リーグ戦安定開催融資」を活用したクラブにはペナルティとして勝ち点マイナス10の制裁が課されるが、新型コロナウイルスによる損害が認められた場合は減点なし。さらに「3期連続赤字や債務超過」「最低80%はホームスタジアム使用」といったクラブライセンス制度の項目にも特例措置が設けられる予定となっている。

 加えて村井チェアマンはロイター通信による「DAZNが中断・中止となった試合の放映権料を支払わない意向を各団体に通告した」という報道を否定。「DAZNはわれわれにとって重要なパートナーだが、契約の修正等々に関する申し入れはない。頻繁に協業していて、たとえばフレンドリーマッチのコンテンツとしての中継もお願いしており、キャプテン翼などの番組も乗せて行こうとか、さまざまな協力体制の申し合わせをしている最中。トップ間でもリレーションが強く、ご心配いただいていることは日本においてはない」と述べ、リーグ自体を揺るがす財政インパクトは避けられる見通しとなった。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

C大阪GK永石がコロナ陽性…友人との食事会で感染か、その後トレーニング参加も

C大阪GK永石がコロナ陽性…友人との食事会で感染か、その後トレーニング参加も
 セレッソ大阪は1日、GK永石拓海(24)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。Jリーガーでは神戸DF酒井高徳、群馬DF舩津徹也に続き3人目となる。

 クラブによると、永石は3月28日に食欲不振や倦怠感、37.9度の発熱を訴えた。翌29日には同22日に食事をした3人の友人のうちの一人から新型コロナウイルスの陽性反応が出たことが発覚。28日から自宅待機していた永石は熱は下がったものの、同31日になって大阪府内の病院でPCR検査を実施したところ、陽性であることが分かった。

 永石は22日に友人と食事をしたあと、24日からのトレーニングには通常通り参加していた。ただしクラブは「現時点では、永石選手以外の選手、スタッフで新型コロナウイルス感染症や風邪の症状等を訴えている者はおりません」とし、「濃厚接触者の特定や舞洲クラブハウスの消毒等の対応を行なってまいります」とした。

 クラブを通じ、永石は以下のようなコメントをしている。

「この度は、コロナウイルスに感染してしまい、チーム、スタッフの方をはじめ、Jリーグ関係者の方々、そしてJリーグ再開を楽しみにされている方々に対して、ご迷惑をお掛けした事、深くお詫び申し上げます。

 コロナ感染拡大に伴い、基本的に外食、公共交通機関の利用を避け、検温・手洗い・うがい等、できる限りの予防、対策は行なっていました。

 29日、22日に一緒に食事をした友人から新型コロナウイルスで陽性反応が出たとの連絡が入り、31日に検査、本日1日に陽性反応が出ました。

 コロナウイルス感染拡大の状況からみて、参加すべきでなかったと大いに反省しております。大変申し訳ありません。

 チームの選手や関係者に感染が広まっていない事を心から願っています。

 私自身の体調は大丈夫です。コロナウイルスの収束を心から祈っています」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

村井チェアマンが“公表方針”説明「人権に関わる問題」メディアにも配慮求める

オンラインブリーフィングを行った村井満チェアマン(画像はスクリーンショット)
 Jリーグは1日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う臨時合同実行委員会を開催した。終了後、村井満チェアマンがメディア向けのオンラインブリーフィングを行い、選手・関係者が感染した場合に実名公表を義務づけない方針をあらためて示した。

 Jリーグでは3月30日から実行委員会が行われた4月1日正午ごろまでの間、選手・関係者の検査で感染症例が次々と出てきた。同日にはヴィッセル神戸DF酒井高徳から陽性反応が出たことが判明し、4月1日にはザスパクサツ群馬DF舩津徹也も続いた。また同日には神戸が「トップチーム関係者」からも陽性反応が出たことを発表した。

 選手・関係者による感染状況を受けて、村井チェアマンは「Jリーグを代表する国民の皆様に心配かけている状況を申し訳なく思っている。個々の選手の行動管理が甘かったり、セルフマネジメントができていなかったりする状況ではなく、細心のプロトコル管理をしながらも発症、感染してしまう新型コロナウイルスの恐ろしさをあらためて実感している」と述べた。

 その上で、クラブから感染者が出た場合の情報公開にも言及した。

 村井チェアマンは「1400人を超える全選手がプロトコルに基づいて体調管理をしており、日常の行動記録を取っている。陽性反応が出た場合は迅速に、保健所の指導に基づいて、感染拡大を阻止するためにどのような行動を取っていたのか、濃厚接触者はどの範囲だったのか、保健所に対して全面的に協力している」とし、「行動管理をしていて、濃厚接触者の特定をしていて、保健所の指導に従い、感染経路の協力ができるなら氏名の公表は必ずしもしない」とリーグは実名公表を義務付けない方針をあらためて述べた。

 理由については「きわめてプライバシーに関わる問題、人権に関わる問題を含んでいる。選手にも家族、知人、友人、多くの関係者のプライバシーがある。一律に公表せよと命じられるものではない」と説明。「国民の利益も十分に配慮しないといけない。感染者が誰かが分かることで自分も濃厚接触者か、感染拡大を阻止できるという社会的利益がある可能性もある」としつつも、「Jリーグの中で発症者が出て、保健所とやり取りを通じて、非常に細かく、非常に丁寧に、われわれが想像する以上に濃厚接触者の特定をしていることが実体験としてわかった。素人判断で風評が広がるより全面的に保健所の対応に協力していくことが二次感染者を阻止するために有効だとあらためて確信した」と強調した。

 加えて報道陣に対して「実行委員会で情報を共有するにあたって、家族、友人、知人に取材や問い合わせが殺到していて、たいへん私生活そのものが脅かされている状況があることが分かった。メディアの皆様にも取材の配慮をいただければ」と理解を求めた。

 もっとも、各都道府県による発表では年代、性別、行動履歴などが開示されることで、二次感染の防止につながっている現状もある。しかし、現在までに判明しているJリーグの3事例では、いずれも行動履歴などは開示されておらず、なかでも4月1日に発表された神戸のケースでは「選手なのか、関係者なのか」といった対象の属性も公表されていない。

 質疑応答で公表基準を問われた村井チェアマンは「突発的に感染者が出ている中、リーグマネジメントが十分でない気がしている」と認めた。この日の実行委員会でも「チーム名に加えて、トップチームなのかユースなのかといったカテゴリは、マッチメイクをしていく上で対戦相手にも重要な情報」として一律に開示を求めたという。一方で感染経路については「相当踏み込んで保健所と協議している。保健所と協議しながら状況を開示していく必要がある」と述べるにとどまった。

 選手の感染防止に関わるプロジェクトチームの担当者もこの件について説明を実施。「直前の行動履歴についてはもう少し明らかに示すことができたらいいと感じている」と方針を語った上で「選手は個々の行動履歴を手元で残しているので、まずは保健所に全面的に協力することが当面のオペレーションだと考えている。発表については検討する」と述べた。

 村井チェアマンはブリーフィングの最後に「発症した選手から『申し訳ない』というコメントが出ているが、選手の立場からすると何度もチャレンジして、体脂肪を絞って不安な中でコンディショニングしている。選手の免疫力を下げてしまったところは個人だけでなく、リーグ全般がケアしないといけない問題。できる限りの努力を重ねていきたい」と選手へのケアの必要性も語った。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

レアルFWロドリゴがリスペクトするサントス出身の“先輩”3人

レアル・マドリーFWロドリゴ・ゴエス
 今夏、サントスから加入したレアル・マドリーFWロドリゴ・ゴエスは、サントスに在籍した3人の“先輩”をリスペクトしていることを明かした。スペイン『マルカ』が伝えた。

 2001年1月9日生まれの19歳はリーガ・エスパニョーラで12試合2得点(第27節終了時点)の記録を残すだけでなく、UEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグ第4節ガラタサライ戦でハットトリックを達成するなど、ポテンシャルの高さを示している。

「クリスティアーノ(・ロナウド)とネイマールが僕のインスピレーションの源さ。2人の大ファンなんだ」と『DAZN』に語ったロドリゴは、サントス出身の3人の“先輩”へのリスペクトを示した。

「ペレ、ネイマール、ロビーニョの存在は僕の中で大きいんだ。僕の大好きなチームであるサントスの選手だったわけだしね。中でもネイマールは僕が一番追いかけている選手なんだ」

 レアルへの移籍は自身にとって夢のような出来事だったようで、「レアル・マドリーはまるでビラ・ベルミーロ(サントスのホームスタジアム)のようなもの。僕にとっては夢のようなものだ。夢が叶ったんだ。そのことは僕のことを知っている人なら、もう分かっているよ」と語っている。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

慶應義塾大が入部予定選手を発表、久我山SB山本献や桐光MF所、CB蛯名、GK竹内、MF小澤ら

國學院久我山高の注目SB山本献は慶應義塾大へ進学する。(写真協力=高校サッカー年鑑)
 19年関東大学リーグ2部を制し、1部昇格を果たした慶應義塾大が20年の入部予定選手を発表した(協力=関東大学サッカー連盟、慶應義塾大)。
 
 DF山本献は高精度なキックなどを武器に國學院久我山高の東京4冠、関東制覇に大きく貢献したSB。インターハイ優勝校・桐光学園高(神奈川)のMF所新太郎は突破力を武器とするアタッカーだ。DF蛯名亮太(横浜FCユース)は185cmの高さを活かした跳ね返しが特長。名門・桐蔭学園高(神奈川)からは190cmの大型GK竹内秀太とサイドアタッカーのMF山崎健翔、左足が武器のMF菱川天風が加入する。

 また、伝統校・清水東高(静岡)の守護神、GK勝又航大、公立校の武雄高(佐賀)を九州大会へ導いたDF平木洵太主将、テクニカルなアタッカーのMF塩貝亮太(暁星高)、左利きのMF的井文謙(FCトリプレッタユース)、強豪校出身のMF熊澤維吹(國學院久我山高)とMF道家拓真(鹿島学園高)、そしてMF市川慶人(高崎高)、DF板倉秀和(桐朋高)、DF鈴木隆弘とMF吉村太晴(ともに城北高)、MF中村空南(海城高)、MF直井柚佑 (都立富士高)も慶大へ進学する。

 加えて、系列校の強豪・慶應義塾高(神奈川)からは長身ゲームメーカーのMF小澤星夜と俊足SB井上雄介、攻守で万能性を見せるMF山本雄士、攻撃力を備えたFW千代田和真が進学。インターハイ埼玉県予選16強の慶應義塾志木高のMF古川廣太郎、慶應湘南藤沢高(神奈川)のMF石川雄大、慶應義塾ニューヨーク学院のDF菊池春哉も慶大での4年間に臨む。
 
以下、慶應義塾大の入部予定選手
▼GK
竹内秀太(桐蔭学園高)
勝又航大(清水東高)
▼DF
蛯名亮太(横浜FCユース)
菊池春哉(慶應義塾ニューヨーク学院)
鈴木隆弘(城北高)
平木洵太(武雄高)
山本献(國學院久我山高)
板倉秀和(桐朋高)
▼DF/MF
山崎健翔(桐蔭学園高)
吉村太晴(城北高)
中村空南(海城高)
的井文謙(FCトリプレッタユース)
石川雄大(慶應湘南藤沢高)
▼DF/MF/FW
井上雄介(慶應義塾高)
直井柚佑(富士高)
熊澤維吹(國學院久我山高)
▼MF
市川慶人(高崎高)
小澤星夜(慶應義塾高)
菱川天風(桐蔭学園高)
道家拓真(鹿島学園高)
▼MF/FW
塩貝亮太(暁星高)
千代田和真(慶應義塾高)
所新太郎(桐光学園高)
古川廣太郎(慶應義塾志木高)
山本雄士(慶應義塾高)

※関東大学サッカー連盟の協力により、同オフィシャルサイト(http://www.jufa-kanto.jp/)で発表されたリストを随時掲載致します。なお、大学によっては一般入学等によって新入部員が増える可能性があります。また諸事情により、公表されない大学もあります。

あのメッシが「世界最高の選手になれる」と絶賛する21歳MFは…

チェルシーMFメイソン・マウント
 バルセロナFWリオネル・メッシがチェルシーのMFメイソン・マウントを称賛している。スペイン『マルカ』が伝えた。

 99年1月10日生まれのマウントは6歳でアカデミーに加入すると、その後もチェルシーの下部組織でプレー。17-18シーズンにレンタル先のフィテッセでプロデビューを飾ると、昨季は現在チェルシー指揮官のフランク・ランパード監督が率いたダービーで35試合8得点を記録した。そして今季、ランパード監督がチェルシーの指揮官に就任し、マウントも“古巣”へ復帰。29試合を消化したプレミアリーグで全試合に出場(25試合先発)し、6得点をマークしている。

『フットボール・ロンドン』や『デイリー・ミラー』に対し、メッシは「彼のプレーを見ていると、世界最高の選手になれるポテンシャルがあることが分かる」と語り、21歳の若武者を絶賛したようだ。

 年代別代表に名を連ねてきたマウントは19年9月にA代表デビューし、EURO2020に向けたイングランド代表の候補にも入っている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

酒井高徳に続き…神戸、トップチーム関係者1名が新型コロナ陽性

酒井高徳に続き…神戸、トップチーム関係者1名が新型コロナ陽性
 ヴィッセル神戸は1日、トップチーム関係者1名に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことを発表した。30日にはDF酒井高徳の新型コロナ陽性が発表されていた。

 クラブによると、31日8時にチームドクターの判断により兵庫県内の病院にてPCR検査を実施し、同日21日にPCR検査の陽性判定が出た。なお、発熱および咳、味覚・嗅覚障害等の症状はないという。

 クラブは「保健所の指導のもと濃厚接触者の特定、トレーニング施設のいぶきの森球技場の消毒等に努めてまいります」とコメントし、「今後のスケジュールや調査結果に関しては、Jリーグ及び兵庫県、所轄の保健所とも連携し、適切なタイミングで公表をいたします。また、いぶきの森球技場の再開に関しても、選手、スタッフの健康状態を確認し、所管保健所の指導のもとに、運営の再開を予定しております」と続けている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

群馬、DF舩津徹也の新型コロナ陽性を発表「大変申し訳ございません」

ザスパクサツ群馬DF舩津徹也(写真は17年のもの)
 ザスパクサツ群馬は1日、DF舩津徹也に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことを発表した。

 クラブによると、船津は26日の夜に発熱感と倦怠感を覚え、27日朝に37.1℃の発熱と倦怠感があったためにトレーニングを欠席。同日18時半の時点で体温は38.3℃まで上昇した。28日の起床時点で体温は37.6℃で、12時頃にはチームドクターの勤務する群馬県内病院にて受診。体温は同日夕方時点で37.4℃、29日起床時点で36.9℃、夕方時点で37.1℃で倦怠感が残っていた。30日起床時点で36.5℃まで低下したが、倦怠感が少し残り、喉が痛く痰が少し絡む症状に。チームドクターに相談して、11時頃に群馬県内の病院にてPCR検査を受け、31日22時頃にPCR検査の陽性判定が出た。1日の起床時点での体温は36.6℃だったという。

 船津の容態は回復傾向にあるものの、クラブは今後の対応について、「拡散防止の観点から本日より当面の間トップチームの活動は停止し、自宅待機となります」「現状、新型コロナウイルス感染症や風邪の症状等を訴える選手、スタッフはおりませんが、保健所の指導のもと、濃厚接触者の特定等をして拡散防止に努めます」「行政の協力を仰ぎながらトレーニングで使用した施設の消毒等を実施いたします」「今後の詳細なスケジュールや調査結果については適切なタイミングで公表いたします」と発表。

 船津はクラブを通じて、以下のようにコメントしている。

「今回はファン、サポーターの皆様、クラブ関係者様、スタッフ、全選手、その家族や友人、関わる全ての方々にご迷惑とご不安をかけしてしまい、本当に申し訳ありません。コロナウイルスは、ニュースで毎日目を通してきて、一人の人間として、サッカーに関わる者として、できる限りの予防、対策をしてきました。しかし、今回このようなことになり、周りにどれだけの迷惑がかかるのか計り知れず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。今は他の方々に感染が拡大していないことを心から願うしかできないです。重ね重ねではございますが、多くの方々にご不安やご心配をおかけしてしまっていることを心からお詫び申し上げます。大変申し訳ございません」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

新型コロナ感染のマルセイユ元会長が死去

パペ・ディウフ元会長
 マルセイユは1日、新型コロナウイルス陽性と判定され、闘病していたパペ・ディウフ元会長が、3月31日に68歳で死去したことを発表した。

 05年~09年にマルセイユの会長を務めたディウフ氏。この期間には元日本代表のMF中田浩二氏が在籍していた(05年~06年)。クラブは公式ツイッター(日本公式)で「クラブを築き上げた人の一人として人々の心でこれからも生き続けるでしょう。心からご冥福をお祈り申し上げます」と記している。

●フランス・リーグアン2019-20特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

【動画】スパイクマイスターKohei初告白…スパイク好きになったきっかけは?【KOHEI’s ROOM】#1

【動画】スパイクマイスターKohei初告白…スパイク好きになったきっかけは?【KOHEI's ROOM】#1
 スパイクマイスターKoheiがゆるりと過ごす新企画「KOHEI's ROOM」。
 第1回は、スパイク好きになったきっかけ、衝撃を受けたスパイク、インタビューしてみたい選手など、これまで聞くことのできなかったスパイクマイスターの姿が見られる内容に。
今後は視聴者からの質問にも答えていきますのでぜひコメントお寄せください!

【Kohei プロフィール】
 日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

★ゲキサカYouTubeチャンネル登録はこちらから

ブンデス、中断期間延長が決定…期間は4月30日まで

ブンデスリーガの中断期間延長が決定
 新型コロナウイルスの影響により、4月2日までの中断が発表されていたブンデスリーガ1部・2部の中断が4月30日まで延長されることが決定した。独誌『キッカー』や英『スカイスポーツ』、バイエルンのクラブ公式ウェブサイトなどが伝えている。

 ドイツサッカーリーグ(DFL)理事会は31日、テレビ会議による臨時総会でブンデスリーガ1部・2部の36クラブの代表者とともに中断延期に合意。クリスティアン・ザイファートCEOは「我々は6月30日までにシーズンを終わらせることを目指している。それは今日も変わらない。試合が行われる可能性がある場合、無観客で行うことを想定しなければならないし、それは来シーズン、もしかしたら年末まで続くかもしれない」とコメントしている。

●ブンデスリーガ2019-20特集

静学、尚志、昌平、桐光、帝長、興國による“究極”の新リーグ「ULTIMA」発足!

静学、尚志、昌平、桐光、帝長、興國による“究極”の新リーグ「ULTIMA」発足!
 高体連屈指の技巧派チームが、リーグ戦で互いの技を高め合う――。19年度の第98回全国高校サッカー選手権で24年ぶり2回目の優勝を果たした静岡学園高(静岡)をはじめとした6校による新リーグ、「ULTIMA(アルティマ)FOOTBALL LEAGUE」が発足することが分かった。

 同リーグには尚志高(福島)、昌平高(埼玉)、桐光学園高(神奈川)、帝京長岡高(新潟)、静岡学園、興國高(大阪)の計6チームが参加。90分ゲームによる6チーム総当りのリーグ戦を行い、優勝を争う。大会の目的は「テクニックで魅了し、勝負を制するスタイルに拘るチームが互いに競い合い、高め合う事で強化促進に繋がるリーグ戦を実施する」。当初は今年3月に開幕する予定だったが、新型コロナウィルス感染拡大の影響によって、開幕延期。今後、臨機応変に試合機会を創出することになる模様だ。

 静岡学園は第98回全国高校サッカー選手権で磨き上げたテクニックとインテリジェンスによる攻撃サッカーを貫徹。MF浅倉廉(現拓殖大)、MF小山尚紀(進学希望)、MF松村優太(現鹿島)ら個の質の高さを印象づけ、決勝では青森山田高(青森)に0-2から逆転勝ちするなど、インパクトのある戦いをして日本一に輝いた。

 日常から技術向上に力を入れ、昨年度の全国大会などでその武器を発揮して活躍した強豪校が、オリジナルの6チームとなっている。選手権では帝京長岡がMF谷内田哲平(現京都)ら技術力高い選手たちの繰り出す鮮やかなパスワークで4強入り。同8強の昌平は日本高校選抜MF須藤直輝(新3年)、MF小川優介(新3年)をはじめ、今年もハイレベルな技巧派揃うチームだ。

 また、一昨年度の選手権でパススタイルの印象的なサッカーとFW染野唯月(現鹿島)の活躍によって4強入りし、昨年のインターハイも4強の尚志、FW西川潤(現C大阪)を擁して19年インターハイを制し、今年はより技術力高い選手の多い桐光学園、そして19年度選手権に初出場した新鋭で、今年もFW樺山諒乃介(新3年)、GK田川知樹(新3年)、CB平井駿助(新3年)の横浜FM内定トリオらタレント多数の興國。その6チームによるリーグ戦では、華麗な攻め合いが繰り広げられそうだ。

 優勝チームにはチャンピオンTシャツを贈呈。個人賞も設けられている。将来的にはU-16、U-15のカテゴリーによる大会発足や海外チームを誘致してのカップ戦、或いはULTIMA選抜での海外遠征などのプランも。技術の高いチーム同士の対戦が増える中、これまで以上に際立ったテクニカルな個、チームが生まれるか。昨年末に行われた静岡学園対興國の練習試合をきっかけに、一気に準備が進められた大会のサブタイトルは、「~究極~テクニックで魅了し、勝負を制する」。“究極”を目指した大会が幕を開ける。

【動画】激レアなサッカースパイク大集合!スパイク好き達が集ったマル秘オフ会のレポート!

【動画】激レアなサッカースパイク大集合!スパイク好き達が集ったマル秘オフ会のレポート!
 スパイクマイスターKoheiがサッカースパイクマニアの集い「オフ会ミーティング」に参加した様子を紹介するレポート動画!復刻版プレデターマニアやF50アディゼロ4、ソールスワップしたサッカースパイクの数々など、超レアなサッカースパイクが大集結!スパイク好きは必見です!

【Kohei プロフィール】
 日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

★ゲキサカYouTubeチャンネル登録はこちらから

20歳FWサンチョの“禁断の移籍”合意? 現地紙がマンU入り報じる

ドルトムントFWジェイドン・サンチョ
 イギリス『ミラー』が29日、ドルトムントFWジェイドン・サンチョ(20)のマンチェスター・ユナイテッド移籍が水面下で合意に至ったと報じた。もしこの取り引きが実現すれば、マンチェスター・シティ出身のイングランド代表FWにとっては禁断の移籍となる。

 シティのアカデミーで育ったサンチョは2017年、ドルトムントに移籍。U-17ワールドカップ優勝の実績を引っさげ、10代にしてドイツ名門のレギュラーに定着した。ところがますます価値が高騰するサンチョを巡ってはユナイテッド、チェルシー、リバプールが関心を持つなど、プレミアリーグ復帰が確実視されていた。

 そうした中、ユナイテッドが交渉をリードしているようだ。『アイリッシュ・インデペンデント』の記事によれば、サンチョはドルトムント移籍前からマンチェスターへの帰還を念頭に置いていた模様。ただ、シティはMFリヤド・マフレズやFWラヒーム・スターリングという壁が立ちはだかることで、戻るつもりにはなれなかったという。

 移籍が実現した場合、1億ポンド(約133億円)以上とも言われる移籍金の15%をシティが受け取れる契約となっている模様。その上でユナイテッドは伝統の背番号7を準備しているそうだ。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

近畿大が入部予定選手を追加発表、奈良MVPのMF池田、DF中島、GK原口、DF芝ら

選手権奈良県予選MVPのMF池田達哉(五條高)は近畿大へ。(写真協力=高校サッカー年鑑)
 19年関西学生リーグ1部8位の近畿大が、20年の入部予定選手を追加発表した(協力=関西学生サッカー連盟、近畿大、College Soccer Central)。

 五條高(奈良)の大黒柱として夏冬の全国出場へ導いた長身ボランチMF池田達哉主将(選手権奈良県予選MVP)をはじめ、2年時に守護神として関西大北陽高(大阪)の17年ぶりとなるインターハイ出場に貢献したシュートストッパー・GK原口龍馬ヴィッセル神戸U-18(兵庫)の190cmDF芝晴太郎、サイドからの仕掛けが特長のMF北本友希(大阪桐蔭高)、大阪の古豪・清風高のFW加藤駿が近大へ進学する。

 また、系列校からは高い攻撃センスを備えたDF中島紳作と対人に強いDF金亮輔、推進力ある動きで攻守に絡むボランチMF安座名我空(いずれも近大附高)、また近大和歌山高(和歌山)からもチームリーダーのCB横瀬和葵と鋭い動きが特長のFW田中大智が加わる。

 近大はすでにGK金子麗音(市立船橋高)やDF大串啓太郎(東福岡高)らが入部予定となっている。

以下、近畿大の入部予定選手(※は追加発表選手)
▼GK
金子麗音(市立船橋高)
原口龍馬(関西大北陽高)
▼DF
鈴木雄万(北海道コンサドーレ札幌U-18)
大串啓太郎(東福岡高)
※金亮輔(近大附高)
中島紳作(近大附高)
※横瀬和葵(近大和歌山高)
芝晴太郎(ヴィッセル神戸U-18)
▼MF
臼井勇気(ヴィッセル神戸U-18)
岡田蒼生(愛媛FC U-18)
丹下稜介(近大附高)
辰巳連(近大附高)
※安座名我空(近大附高)
北本友希(大阪桐蔭高)
池田達哉(五條高)
▼FW
田中角栄(東福岡高)
中村榛(近大高専)
田中大智(近大和歌山高)
※加藤駿(清風高)

※各大学の入部予定選手は指定校推薦、AO入試、附属系列校、一般入試等によって増える可能性あり。新たな入部者情報は発表後に追記予定。
▼関連リンク※別サイトへ移動します
関西学生サッカー連盟公式サイト
College Soccer Central
twitter:JUFA_kansai
facebook:関西学生サッカー連盟
Google Plus 関西学生サッカー連盟広報フォトアルバム

近畿大が入部予定選手を追加発表、奈良MVPのMF池田、DF中島、GK原口、DF芝ら

選手権奈良県予選MVPのMF池田達哉(五條高)は近畿大へ。(写真協力=高校サッカー年鑑)
 19年関西学生リーグ1部8位の近畿大が、20年の入部予定選手を追加発表した(協力=関西学生サッカー連盟、近畿大、College Soccer Central)。

 五條高(奈良)の大黒柱として夏冬の全国出場へ導いた長身ボランチMF池田達哉主将(選手権奈良県予選MVP)をはじめ、2年時に守護神として関西大北陽高(大阪)の17年ぶりとなるインターハイ出場に貢献したシュートストッパー・GK原口龍馬ヴィッセル神戸U-18(兵庫)の190cmDF芝晴太郎、サイドからの仕掛けが特長のMF北本友希(大阪桐蔭高)、大阪の古豪・清風高のFW加藤駿が近大へ進学する。

 また、系列校からは高い攻撃センスを備えたDF中島紳作と対人に強いDF金亮輔、推進力ある動きで攻守に絡むボランチMF安座名我空(いずれも近大附高)、また近大和歌山高(和歌山)からもチームリーダーのCB横瀬和葵と鋭い動きが特長のFW田中大智が加わる。

 近大はすでにGK金子麗音(市立船橋高)やDF大串啓太郎(東福岡高)らが入部予定となっている。

以下、近畿大の入部予定選手(※は追加発表選手)
▼GK
金子麗音(市立船橋高)
原口龍馬(関西大北陽高)
▼DF
鈴木雄万(北海道コンサドーレ札幌U-18)
大串啓太郎(東福岡高)
※金亮輔(近大附高)
中島紳作(近大附高)
※横瀬和葵(近大和歌山高)
芝晴太郎(ヴィッセル神戸U-18)
▼MF
臼井勇気(ヴィッセル神戸U-18)
岡田蒼生(愛媛FC U-18)
丹下稜介(近大附高)
辰巳連(近大附高)
※安座名我空(近大附高)
北本友希(大阪桐蔭高)
池田達哉(五條高)
▼FW
田中角栄(東福岡高)
中村榛(近大高専)
田中大智(近大和歌山高)
※加藤駿(清風高)

※各大学の入部予定選手は指定校推薦、AO入試、附属系列校、一般入試等によって増える可能性あり。新たな入部者情報は発表後に追記予定。
▼関連リンク※別サイトへ移動します
関西学生サッカー連盟公式サイト
College Soccer Central
twitter:JUFA_kansai
facebook:関西学生サッカー連盟
Google Plus 関西学生サッカー連盟広報フォトアルバム

流通経済大新入部員に流経柏MF八木主将、MF渡會、FW宮田、MF丸山、CB松下ら

名門・流通経済大柏高のMF八木滉史主将は流通経済大へ進学する
 関東大学リーグ2部からの全国2冠を狙う流通経済大が20年の入部予定選手を発表した(協力=関東大学サッカー連盟、流通経済大)。
 
 附属校の名門・流通経済大柏高(千葉)からは攻撃センスの高さとキックに注目のMF八木滉史主将をはじめ、ともに献身的な動きが光るMF渡會武蔵とFW櫻井俊英、MF井田祐成、187cmGK永澤海斗の5人が加入する。

 FW宮田和純(FC東京U-18)は184cmの大型ストライカー。MF丸山優太朗(清水エスパルスユース)は左足のシュート精度などを武器とするレフティーだ。DF松下開斗(中央学院高)は技術力高い左利きの長身CB。東京の強豪、成立学園高で主将を務めたゲームメーカー・MF宇津木優人、伝統校・水戸商高(茨城)をインターハイへ導いた技巧派FW廣瀬正明、国体全国2位の実績を持つボランチMF佐々木楓(金沢高)、俊足DFオグヴァーグ翔星(湘南ベルマーレU-18)、突破力光るMF尾下真輝人(ロアッソ熊本ユース)、興國高(大阪)のテクニシャン・MF大亀海世、187cmGK平岡拓望(如水館高)、DF全炳建(FC大阪)も流経大へ進学する。

 いずれも全国クラスの強豪からDF丸岡海輝(滝川二高)とDF瀧本駿大朗(熊本国府高)、MF金珉瑩(長崎総合科学大附高)、MF増田陵徳(矢板中央高)が加わるほか、宮城の伝統校・東北高のSB鈴木楓河主将、夏の埼玉準V・聖望学園高のCB熊谷武留、長身ストッパー・CB伊藤拓夢(平塚学園高)、キック正確なMF内澤海大(修徳高)、新興の金沢学院高を石川決勝へ導いたDF上村一太、ナショナルトレセンU-14歴を持つMF前田陸王(東海大札幌高)、全日本U-18フットサル選手権出場のDF宇田涼汰(中央学院高)、栃木県選抜のMF成塚如哉(栃木SC U-18)も強豪を進路にしている。

 また、夏の埼玉8強・埼玉平成高の展開力のあるMF酒井亮弥とFW築根恵一、三重4強・宇治山田商高のMF恒見洋輔、左利きのSB延山光聖(駿台学園高)、関東大会予選群馬4強のGK鶴田爽太郎(常磐高)、千葉敬愛高(千葉)の10番・FW阿部太陽、DF梶山謙介(盛岡中央高)、GK秋山大起(本庄一高)、GK崔永秀(静岡北高)、DF衛藤海斗(楊志館高)、DF佐野真飛(三島北高)、DF長沢康平(加藤学園高)、MF一石豪(利根商高)、MF森田典磨(武相高)、DF柳辰紅(鮮文大)、そして学生スタッフとして稲本直(金沢学院高)、川口大輝(松商学園高)、佐藤大(創価高)も流経大で挑戦する。

以下、流通経済大の入部予定選手
▼GK
秋山大起(本庄一高)
崔永秀(静岡北高)
鶴田爽太郎(常磐高)
永澤海斗(流通経済大柏高)
平岡拓望(如水館高)
▼DF
伊藤拓夢(平塚学園高)
宇田涼汰(中央学院高)
衛藤海斗(楊志館高)
オグヴァーグ翔星(湘南ベルマーレU-18)
梶山謙介(盛岡中央高)
上村一太(金沢学院高)
熊谷武留(聖望学園高)
佐野真飛(三島北高)
鈴木楓河(東北高)
瀧本駿大朗(熊本国府高)
全炳建(FC大阪)
長沢康平(加藤学園高)
延山光聖(駿台学園高)
松下開斗(中央学院高)
丸岡海輝(滝川二高)
柳辰紅(鮮文大)
▼MF
井田祐成(流通経済大柏高)
一石豪(利根商高)
宇津木優人(成立学園高)
内澤海大(修徳高)
大亀海世(興國高)
尾下真輝人(ロアッソ熊本ユース)
金珉瑩(長崎総合科学大附高)
酒井亮弥(埼玉平成高)
佐々木楓(金沢高)
恒見洋輔(宇治山田商高)
成塚如哉(栃木SC U-18)
前田陸王(東海大札幌高)
増田陵徳(矢板中央高)
丸山優太朗(清水エスパルスユース)
森田典磨(武相高)
八木滉史(流通経済大柏高)
渡會武蔵(流通経済大柏高)
▼FW
阿部太陽(千葉敬愛高)
櫻井俊英(流通経済大柏高)
築根恵一(埼玉平成高)
廣瀬正明(水戸商高)
宮田和純(FC東京U-18)
▼学生スタッフ
稲本直(金沢学院高)
川口大輝(松商学園高)
佐藤大(創価高)

※関東大学サッカー連盟の協力により、同オフィシャルサイト(http://www.jufa-kanto.jp/)で発表されたリストを随時掲載致します。なお、大学によっては一般入学等によって新入部員が増える可能性があります。また諸事情により、公表されない大学もあります。

第100回天皇杯、秋田県予選が中止…J3秋田が“不戦勝”で本大会へ

第100回天皇杯、秋田県予選が中止…J3秋田が“不戦勝”で本大会へ
 ブラウブリッツ秋田は31日、同クラブが第100回天皇杯の秋田県代表チームに決まったことを発表した。予選の中止により事実上の”不戦勝”となった。

 発表によると、新型コロナウイルスの感染拡大で日本サッカー協会(JFA)が各種事業禁止・中止の要請を行っており、4月19日に予定されていた決勝戦が中止となったため。秋田県サッカー協会と同協会1種委員会が決断した。

 第100回天皇杯は5月23日に開幕予定。他の都道府県でも予選が開催できない問題が相次いでおり、愛知県や静岡県などは準決勝までの中止を決定し、代表決定戦だけで本戦出場チームを決めるという措置を取っている。

 現段階ではJ1・J2全40クラブのほか、アマチュアシードのHonda FC(JFL/静岡県)の出場が決まっている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●第99回天皇杯特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

ACL歴代ベスト“ソロ・ゴール”候補に札幌MFチャナティップ! 現在得票2位

MFチャナティップがノミネートゴールを決めた後に見せたセレブレーション
 アジアサッカー連盟(AFC)は新型コロナウイルスの感染拡大によって各国公式戦が中断されている今月、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の歴代ベストゴール投票を行っている。現在実施されている『ソロ・ゴール』(単独でのゴール)の部門では、現役Jリーガーから唯一北海道コンサドーレ札幌のMFチャナティップがノミネートされている。

 ノミネートされたゴールはムアントン・ユナイテッド所属時の2017年4月26日、グループリーグのブリスベン・ロアー戦でのもの。中盤で縦パスを受けたチャナティップは寄せてきたディフェンスを華麗なターンでかわすと、スピードに乗ったドリブルで最終ラインも突破。そのままゴールキーパーをも抜き去り、ドリブルでゴールマウスに駆け込んでいる。

 ベストゴール候補には17年3月15日に上海上港FWフッキが浦和レッズ戦で決めた単独突破のドリブルシュートも入っているが、AFCは「体格の面ではチャナティップとフッキは対極にあるだろうが、タイのスターは敵を回避する面で同様に優れている」と称賛している。

 その他、04年11月24日に城南一和MFデニス・ラキティノフがアル・イテハドを相手に決めたゴール、17年4月25日にアル・ターウンのMFアブドゥルマジード・アル・スワットがロコモティフ戦で決めたゴール、18年ブリーラム・ユナイテッドMFエジガル・シウバが城北現代戦で決めたゴールもノミネートされている。

 投票は4月3日午後5時まで。31日午後6時時点、AFC公式サイト(https://www.the-afc.com/competitions/afc-champions-league/latest/news/5-of-the-best-solo-goals)には7000票以上が投じられており、チャナティップは40%の得票率で1位を2ポイント差で追う2位につけている。ゴール動画も公式サイトで閲覧できる。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

今季加入の熊本MF相澤、右大腿直筋肉離れで全治約4週間

[故障者情報]

 ロアッソ熊本は31日、MF相澤祥太が右大腿直筋肉離れで全治約4週間と診断されたと発表した。発表によると、同選手は23日のトレーニング中に負傷していた。

 1996年生まれの相澤は流通経済大出身。19年の卒業後は一時オーストラリアに渡った後、神奈川県の鎌倉インターナショナルFCに所属し、今季から熊本に加入した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

明治大10番FW小柏剛が札幌内定!!「感謝の気持ちを北海道の地で体現し…」

札幌加入が決まった明治大FW小柏剛(4年=大宮ユース)
 北海道コンサドーレ札幌は31日、明治大FW小柏剛(21)と仮契約を結び、2021年シーズンからの加入が内定したと発表した。すでに同年の加入が決まっているGK中野小次郎(法政大)に並び、またしても即戦力の獲得に成功した。

 1998年生まれの小柏は大宮アカデミー出身。ジュニアユース時代にはJFAプレミアカップ制覇を経験し、ユース時代には日本クラブユース選手権大会と高円宮杯プレミアリーグEASTで得点王に輝いた。大学では入学早々に名門校で出場機会を掴み、ユニバーシアード代表や全日本大学選抜にも選出。昨季は3年生ながら背番号10を任された。

 札幌の公式サイトでは「スピードを活かしたドリブルから決定機を作り出すことができ、攻守においてハードワークできる選手」と特長が伝えられている。

 小柏はクラブを通じて「北海道コンサドーレ札幌という伝統ある素晴らしいクラブでプロサッカー選手としてのスタートを切れることを大変嬉しく思います。これまで支えてくださった方々への感謝の気持ちを北海道の地で体現し、多くの人に元気や勇気を与え続けられる選手になれるよう日々努力していきます。応援よろしくお願いします」とコメントした。

●FW小柏剛
(おがしわ・つよし)
■生年月日
1998年7月9日
■身長/体重
167cm/67kg
■経歴
大宮Jrユース-大宮ユース-明治大
■代表・選抜歴
U-15日本代表、U-16日本代表候補、ユニバーシアード代表、全日本大学選抜

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

明治大10番FW小柏剛が札幌内定!!「感謝の気持ちを北海道の地で体現し…」

札幌加入が決まった明治大FW小柏剛(4年=大宮ユース)
 北海道コンサドーレ札幌は31日、明治大FW小柏剛(21)と仮契約を結び、2021年シーズンからの加入が内定したと発表した。すでに同年の加入が決まっているGK中野小次郎(法政大)に並び、またしても即戦力の獲得に成功した。

 1998年生まれの小柏は大宮アカデミー出身。ジュニアユース時代にはJFAプレミアカップ制覇を経験し、ユース時代には日本クラブユース選手権大会と高円宮杯プレミアリーグEASTで得点王に輝いた。大学では入学早々に名門校で出場機会を掴み、ユニバーシアード代表や全日本大学選抜にも選出。昨季は3年生ながら背番号10を任された。

 札幌の公式サイトでは「スピードを活かしたドリブルから決定機を作り出すことができ、攻守においてハードワークできる選手」と特長が伝えられている。

 小柏はクラブを通じて「北海道コンサドーレ札幌という伝統ある素晴らしいクラブでプロサッカー選手としてのスタートを切れることを大変嬉しく思います。これまで支えてくださった方々への感謝の気持ちを北海道の地で体現し、多くの人に元気や勇気を与え続けられる選手になれるよう日々努力していきます。応援よろしくお願いします」とコメントした。

●FW小柏剛
(おがしわ・つよし)
■生年月日
1998年7月9日
■身長/体重
167cm/67kg
■経歴
大宮Jrユース-大宮ユース-明治大
■代表・選抜歴
U-15日本代表、U-16日本代表候補、ユニバーシアード代表、全日本大学選抜

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

C大阪FW安藤瑞季が町田へ期限付き移籍「非常に寂しい」

セレッソ大阪FW安藤瑞季
 FC町田ゼルビアは31日、セレッソ大阪FW安藤瑞季(20)を育成型期限付き移籍で獲得したと発表した。契約期間は2021年1月31日までとなっている。

 安藤は2018年、長崎総合科学大附高からC大阪に加入。昨季までの2年間、トップチームではJ1リーグ戦1試合、天皇杯1試合の出場にとどまっていた。C大阪U-23の選手として参戦したJ3リーグでは計48試合12得点を挙げている。

 安藤は町田の公式サイトを通じて「チームの勝利のため、全身全霊でプレー致します」と意気込みをアピール。C大阪を通じては「このタイミングでの移籍は非常に寂しいです。セレッソ大阪のためにもっと力になれるよう、少しの間チームは離れますが、もっと大きく成長した姿を見せられるように一生懸命頑張ってきます!!」とコメントしている。

●FW安藤瑞季
(あんどう・みずき)
■生年月日
1999年7月19日
■出身地
大分県
■身長/体重
175cm/75kg
■経歴
佐伯S-PLAY MINAMI-長崎総合科学大附高-C大阪
■代表歴
U-17、U-18、U-19日本代表

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

岡山学芸館が逆転勝ち。ファインショットのMF須賀は“中国地方ナンバー1FW”の加入も刺激に

前半28分、決勝点を喜ぶ岡山学芸館高MF須賀大貴(右)
[3.29 練習試合 高川学園高 1-3 岡山学芸館高]

 29日、高川学園高(山口)と岡山学芸館高(岡山)が前半をAチーム、後半をBチームが戦う形で練習試合(30分ハーフ)を実施。前半を2-1で終えた岡山学芸館が後半にも1点を加えて3-1で勝利した。

 高川学園は前日、長崎総合科学大附高に0-3から逆転勝ちし、立正大淞南高にも3-0で快勝。この岡山学芸館とのA戦もポゼッションとFW福地優雅(新3年)を筆頭としたプレッシングで先手を打とうとする。

 8分にはMF清水一輝(新3年)の左CKをファーサイドのCB田中誠太郎(新3年)が左足ボレーで合わせて先制点。その後もシュートで終わる形を増やす。一方の岡山学芸館もポゼッションで対抗。FW中田樹音(新3年)が引いてリズムを作ろうとするが、前半半ばまでは全体的に前線へ抜け出す動きが少なく、足元へのパスを狙われて攻め切る前にボールを失ってしまっていた。

 それでも、GK萩原瑠翔(新3年)、MF宗川遼哉(新3年)、MF今田光星(新3年)、MF須賀大貴(新3年)、MF末瀬由太郎(新3年)と全国高校選手権経験者5人を残す岡山学芸館は試合をひっくり返す。25分、今年の全国屈指のストライカーと言えそうな注目FW中田が、ミドルレンジから対角の左足シュートをゴール右隅に決めて同点。さらに須賀のスルーパスから中田が抜け出す動きを見せるなど相手ゴールを脅かすと、28分に勝ち越し点を奪う。

 右サイドでのクイックスローインから中田が1対1を制して一気に前進。エンドライン際から出したラストパスのこぼれを須賀が右足で撃ち抜くと、「パスは得意なのでパスする感覚で蹴った」インステップの素晴らしい一撃がゴール左隅に突き刺さった。

 岡山学芸館はB戦も1-0で終え、6-2で勝った立正大淞南戦に続く勝利。中国地方の名門2校に連勝した。2試合連続ゴールとなる決勝点を決めた須賀は、1月の全国高校選手権も先発出場。東淀川FC(大阪)時代の先輩でもある静岡学園高MF松村優太(現鹿島)と直接対決した。

 須賀にとって松村は特別な存在だ。「(自分は)中学校の時に最初の方めちゃくちゃへたくそでアンカーをやっていました。一個上の試合を見た時に(松村)優太のプレーを見て、そこから攻撃したいなと思って、それがきっかけで、そのおかげで上手くなった」。同じ進路に進むことはできなかったが、須賀も技術を磨き、成長して全国舞台へ。そこで松村と対峙し、彼の速さなどを実感した。

 先輩MFを目標とする須賀にとって、切磋琢磨するライバルが今冬に加入した。この日2試合で3得点の中田は昨年までファジアーノ岡山U-18に所属し、19年プリンスリーグ中国得点王。須賀は「今年は(中田)樹音が来て、切磋琢磨する上で樹音はめちゃくちゃ点を獲るので、点を獲る以外のところでもアピールしないとダメだし、点でも結果を残さないとダメなので(今日)決めれて良かったです」と微笑む。

 ライバルと競い合いながらゴール数を増やしていくか。「やっぱり(中田の)得点力は中国ナンバー1なので、それを活かすプレーをしつつ、自分も結果を残していって2人で点を獲って全国にいきたい」。スピードのある両ワイドやCB高島諒人主将(新3年)のフィード、技巧派のMF宗川と今田など多彩なアシスト役の存在も活かし、勝利のためにゴールを連発する。

(取材・文 吉田太郎)