日本vs中国戦、日本代表スタメン11人の着用スパイクリスト

日本代表スタメンの着用スパイクリスト
 日本代表は10日、韓国・釜山九徳スタジアムで行われるEAFF E-1選手権第1戦で中国代表と対戦。日本代表のスターティングメンバー11人の着用スパイクを紹介する。

 スタメン11人の着用スパイクメーカー内訳はナイキ7人、アディダス3人、ニューバランス1人となった。

▽GK 1 中村航輔
アディダス『コパ19.1』

▽DF 4 畠中槙之輔
ニューバランス『442 PRO』

DF 5 三浦弦太
ナイキ『ティエンポレジェンド8』

DF 19 佐々木翔
ナイキ『ファントムヴェノム』

DF 22 橋岡大樹
ナイキ『ティエンポレジェンド8』

▽MF 7 遠藤渓太
アディダス『エックス19.1』

MF 8 井手口陽介
ナイキ『ファントムヴェノム』

MF 14 森島司
ナイキ『ファントムヴェノム』

MF 18 橋本拳人
アディダス『エックス19.1』

▽FW 9 鈴木武蔵
ナイキ『マーキュリアルヴェイパー13』

FW 13 上田綺世
ナイキ『ティエンポレジェンド8』

●EAFF E-1選手権2019特集ページ

【動画】現役大学生が語る「俺のこだわりサッカースパイク」法政大MF大西遼太郎

【動画】現役大学生が語る「俺のこだわりサッカースパイク」法政大MF大西遼太郎
 スパイクマイスターKoheiが現役大学生にスパイクのこだわりを訊く企画「俺のこだわりサッカースパイク」。法政大学体育会サッカー部の練習を視察してインタビューを敢行し、着用スパイクに対するこだわりやスパイクの選び方などを語ってもらった。今回インタビューしたのは法政大のMF大西遼太郎(4年)。プーマ「ワン 5.1 HG」の気に入っているところや選んだ理由とは?

【Kohei プロフィール】
 日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

★ゲキサカYouTubeチャンネル登録はこちらから

【動画】PUMA新作「フューチャー5.1 NETFIT」を履いてみたレビュー!

【動画】PUMA新作「フューチャー5.1 NETFIT」を履いてみたレビュー!
 スパイクマイスターKoheiが「PUMA FUTURE 5.1 NETFIT FG/AG」トップモデルスパイクを履いてみたレビュー動画!新作フューチャーの履き心地やフィット感は?前作のフューチャー4.1との違いは?ドリブルの感触は?蹴り心地は?ネットフィットの感触はどう?グリップコントロールプロって何?エヴォニットプロが柔らかくなったってホント?事細かに紹介します!

★ゲキサカYouTubeチャンネル登録はこちらから

プーマ新フューチャー登場!NETFIT&アッパーが大幅アップデート!

プーマ新フューチャー登場!NETFIT&アッパーが大幅アップデート!
 プーマから11月20日に発表された「FUTURE(フューチャー)5.1 NETFIT FG/AG」。新モデルはアッパーを大きくリニューアル。5代目フューチャーは、進化版NETFITに変更することでより自由なカスタマイズが可能になり、グリップ力向上のための「グリップコントロールPRO」もキッキングエリアとコントロールエリアに搭載。アジリティ重視の部活生に最適な一1足になった。

▼「プーマ フューチャー5.1 NETFIT FG/AG」の詳細はこちら

☑アジリティ重視のプレーヤーにオススメ

☑NETFITが大きく進化

新しいNETFITはニットを立体的に隆起させて形成し、アッパーと一体化させたため、今作のフューチャーは1層からなるアッパーへと進化した。この隆起されたトンネル状のNETFITは通す位置が自由なだけでなく、通し方によって引っ張る強度を変えることも可能になり、 フィッティングのカスタマイズに加え、サイドサポートの強度も カスタマイズすることが可能になった。

☑ボールグリップ力の向上

ニットのアッパーを支える新素材「Grip Control Pro(グリップコントロールプロ)」はキッキングエリアとコンロールエリアに配置。非常に薄いマイクロファイバーで形成されているため、 柔らかく軽量で、そして強いグリップを生む。ニットの柔らかさを維持しながら、グリップ力を向上させ、さらに形状安定をもたらす軽量の新素材になっている。

▼「プーマ フューチャー5.1 NETFIT FG/AG」の詳細はこちら

日本vsベネズエラ戦、日本代表スタメン11人の着用スパイクリスト

日本代表スタメンの着用スパイクリスト
 日本代表は19日、パナソニックスタジアム吹田で行われるキリンチャレンジカップでベネズエラ代表と対戦。日本代表のスターティングメンバー11人の着用スパイクを紹介する。

 スタメン11人の着用スパイクメーカー内訳はナイキ5人、アディダス2人、アンブロ1人、ミズノ1名、ニューバランス1名、プーマ1名となった。

▽GK 1 川島永嗣
プーマ『フューチャー5.1』

▽DF 17 佐々木翔
ナイキ『ファントムヴェノム』

16 室屋成
ナイキ『マーキュリアルヴェイパー13』

2 植田直通
ナイキ『ティエンポレジェンド8』

4 畠中槙之輔
ニューバランス『442 PRO』

▽MF 8 原口元気
アディダス『エックス19.1』

7 柴崎岳
アンブロ『アクセレイタープロ』

13 橋本拳人
アディダス『エックス19.1』

10 中島翔哉
ミズノ『レビュラ3 JAPAN』

15 浅野拓磨
ナイキ『ファントムヴェノム』

▽FW 21 鈴木武蔵
ナイキ『マーキュリアルヴェイパー13』

●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

日本vsキルギス戦、日本代表スタメン11人の着用スパイクリスト

日本代表スタメンの着用スパイクリスト
 日本代表は14日、カタールW杯アジア2次予選でキルギス代表と対戦。日本代表のスターティングメンバー11人の着用スパイクを紹介する。

 スタメン11人の着用スパイクメーカー内訳はミズノ3人、ナイキ3人、プーマ2人、アディダス2人、アンブロ1人となった。

▽GK権田修一
ミズノ『モレリア2』

▽DF植田直通
ナイキ『ティエンポレジェンド8』

長友佑都
ナイキ『スーパーフライ7エリート』

酒井宏樹
ナイキ『ヴェイパー13エリート』

吉田麻也
ミズノ『レビュラ3 JAPAN』

▽MF遠藤航
プーマ『フューチャー4.1』

柴崎岳
アンブロ『アクセレイタープロ』

原口元気
アディダス『エックス19.1』

南野拓実
アディダス『ネメシス19+』

伊東純也
プーマ『ワン 5.1』

▽FW永井謙佑
ミズノ『モレリアネオ2』

●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

日本代表MF中島翔哉がミズノと契約を発表!スパイクは「REBULA 3(レビュラ3)」を着用

日本代表MF中島翔哉(ポルト)がミズノブランドアンバサダー契約を締結
 ミズノは12日、日本代表MF中島翔哉(ポルト)とブランドアンバサダー契約を締結したことを発表した。今回の契約により、中島翔哉はサッカースパイク「REBULA 3(レビュラスリー)」を使用する。 また、今後はミズノ製品の宣伝・広報活動にも協力するとともに、サッカー用品に関する改良や開発に対するアドバイスなども行っていくことになっている。


 中島が着用するミズノのサッカーシューズは『レビュラ3JAPAN』。“決定的なプレーを生み出すためのスパイク”をコンセプトに、スピードとボールタッチの機能を追求したサッカースパイクだ。 よりスピードが求められる現代サッカーで、360度行きたい方向へ素早く方向転換できるようにミズノ独自のソール設計を採用しているのが特長。さらに上質なカンガルーレザーの内部に低反発スポンジのフレームを内蔵して繊細なボールタッチもサポートする。

 中島は「この度、ミズノのブランドアンバサダーに就任させていただきました。ミズノのスパイクは軽量でフィッティングが良く、とても気に入っています。ミズノファミリーの一員としてさらに活躍できるように日々努めていきます。これからも応援よろしくお願いします。」とコメントしている。


 日本代表10番は5月ごろから約6か月に渡って真っ黒のブラックアウトスパイクを着用。この真っ黒スパイクはミズノ『レビュラ3JAPAN』を黒塗りしたものだったため、中島の着用スパイクや契約メーカー事情が注目されていたが、今回晴れてミズノ社と契約を締結したことで今後は『レビュラ3JAPAN』を着用する。まずは14日のW杯アジア2次予選・キルギス戦(ビシュケク)に注目だ。

●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

日本代表MF中島翔哉がミズノと契約を発表!スパイクは「REBULA 3(レビュラ3)」を着用

日本代表MF中島翔哉(ポルト)がミズノブランドアンバサダー契約を締結
 ミズノは12日、日本代表MF中島翔哉(ポルト)とブランドアンバサダー契約を締結したことを発表した。今回の契約により、中島翔哉はサッカースパイク「REBULA 3(レビュラスリー)」を使用する。 また、今後はミズノ製品の宣伝・広報活動にも協力するとともに、サッカー用品に関する改良や開発に対するアドバイスなども行っていくことになっている。


 中島が着用するミズノのサッカーシューズは『レビュラ3JAPAN』。“決定的なプレーを生み出すためのスパイク”をコンセプトに、スピードとボールタッチの機能を追求したサッカースパイクだ。 よりスピードが求められる現代サッカーで、360度行きたい方向へ素早く方向転換できるようにミズノ独自のソール設計を採用しているのが特長。さらに上質なカンガルーレザーの内部に低反発スポンジのフレームを内蔵して繊細なボールタッチもサポートする。

 中島は「この度、ミズノのブランドアンバサダーに就任させていただきました。ミズノのスパイクは軽量でフィッティングが良く、とても気に入っています。ミズノファミリーの一員としてさらに活躍できるように日々努めていきます。これからも応援よろしくお願いします。」とコメントしている。


 日本代表10番は5月ごろから約6か月に渡って真っ黒のブラックアウトスパイクを着用。この真っ黒スパイクはミズノ『レビュラ3JAPAN』を黒塗りしたものだったため、中島の着用スパイクや契約メーカー事情が注目されていたが、今回晴れてミズノ社と契約を締結したことで今後は『レビュラ3JAPAN』を着用する。まずは14日のW杯アジア2次予選・キルギス戦(ビシュケク)に注目だ。

●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

【動画】ナイキ「ファントムビジョン 」のFGソールとAG-PROを履き比べてみた!

【動画】ナイキ「ファントムビジョン 」のFGソールとAG-PROを履き比べてみた!
 スパイクマイスターKoheiがサッカースパイク「ファントムビジョン エリート」のFGソールとAG-PROソールの履き比べレビューに挑戦!ナイキのFGソールを人工芝で履くとグリップ性はどうなるのか?人工芝用AG-PROソールのポテンシャルとは?事細かに解説!

【Kohei プロフィール】
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

「極上のフィット感!」日本代表DF畠中槙之輔が語るスパイクへのこだわり

日本代表DF畠中槙之輔が語るスパイクへのこだわりとは?
 横浜F・マリノスの主力としてディフェンスラインを統率し、正確なパスとフィードキックを武器にビルドアップの起点も担っているDF畠中槙之輔。3月の代表戦に日本代表メンバーとして召集され、同26日のボリビア戦にDFとして先発出場し、国際A代表デビューを果たした24歳だ。そんな畠中が2019シーズンより着用しているスパイクがニューバランスのフィッティングコンセプトスパイク『442(フォーフォートゥー)』。上質なカンガルーレザーによって抜群のフィット感と足なじみの良さを得られると定評を得ているスパイクである。

 日本初のスパイクマイスターとしてゲキサカでもお馴染みのKohei氏が畠中に直撃インタビューを敢行。ニューバランスのスパイク『442』の魅力や特長を大いに語ってもらった。

★ニューバランス特設ページはコチラ

Kohei 畠中選手は2018年の8月からニューバランスのスパイク(その当時はテケラ)を履くようになりましたが、ニューバランスのスパイクを履くことになったきっかけはありますか?

畠中 そのころ、新しく契約するメーカーを探していて、「ニューバランスのスパイク良いよ」というのを聞いて試しに履いてみたのが最初のきっかけです。最初はニューバランスの『TEKELA(テケラ)』というスパイクを履いたのですが、すごく足にフィットしてすぐに気に入りました。自分の好みとしてはアッパーが伸びない方が好きで、『テケラ』はアッパーが柔らかく足にフィットしながら長く履いても伸びすぎなかったところも好感触でした。


Kohei 2019シーズンから『442』にスパイクを替えられましたが、そのときの『442』の印象はどうでしたか?

畠中 プロになってから主に人工皮革アッパーのスパイクを履くことが多かったので、今シーズンから天然皮革アッパーの『442』にスパイクを替えるのは大きな決断でもありましたが、最初『442』を履いたときにまずフィット感の良さに驚きました。抜群に履きやすかったです。これなら今よりもさらに気持ちよく違和感なくプレー出来そうだなという印象を受けましたし、実際、『442』を履き始めてから日本代表に召集されたり調子も上向きなので、今では『442』にスパイクを替えて良かったと思っています。

Kohei 具体的に『442』の気に入っている部分はどういうところですか?

畠中 やっぱりカンガルーレザーの柔らかさ、フィット感ですね。僕は足幅が広いのでスパイクによっては横幅がきつくて圧迫感が辛いことも過去にはありましたが、『442』なら革が足になじんでくれて履いていくうちにフィット感がさらに良くなってくる感覚もあるので『442』のフィット感は非常に気に入っています。特にパスを出すときには自分自身の感覚でボールを蹴るのでスパイクが足にフィットしていないといいパスも出せません。そういう中で『442』なら自分の足に完璧にフィットしてくれます。


Kohei スパイクを選ぶ上で重視するポイントもフィット感の良さですか?

畠中 そうですね。“フィット感の良さ”と“アッパーが伸びすぎない”というこの2点を重視してスパイクを選んでいます。『442』はフィット感は抜群で申し分ありませんが、革が足になじむ分、使い込むとどうしても革が伸びすぎてしまうことがありました。そのため、今では『442』の足先部分にステッチ(縫い糸)を追加してもらって革が伸びすぎないような加工をした上で『442』を履くことでベストな状態を長くキープできています。

Kohei 普段、練習用スパイクと試合用スパイクは分けていますか?

畠中 分けています。練習用はいつも3足ぐらいで回していて、ホペイロの緒方さんが管理してくれているのですが、その日その日で用意してくれるスパイクを入れ替えてくれて3足をうまくローテーションしながら使っています。試合では必ずSGソールを使用するのでSGソールの『442』を2足ロッカールームに用意してもらって試合の前半と後半で使い分けています。試合用2足のうち、どっちをまず前半で使用するかはその場で決めていて、ロッカールームでスパイクを手で持ってみた感覚や気分によって「今日はこっち!」という風に選んでいます。


Kohei ディフェンダーというと試合中にスリップしてしまったら大ピンチを招く可能性があるポジションですが、そういう中でスパイクのソールに関するこだわりなどはありますか?

畠中 僕は試合では必ずSGソール(ミックスソール)を選ぶようにしています。やっぱり試合で何か大きなミスをしてしまったらもう次のチャンスはないと思って、常に危機感を持ってプレーしているので、試合中相手FWと対峙する中でもちゃんとグリップが効くSGソールを使用することによって、試合中に滑ってこけるような軽率なミスは起こらないよう努めています。これはプロになる前から気を付けている部分で、高校生の頃も天然芝での試合では必ずSGソールを使用していました。

Kohei 高校生の頃から試合ではSGソールにこだわって使用していたのは今の高校生にとって参考になる部分もありますね。好きなスパイクの色はありますか?


畠中 赤色が好きです。本当これ、この『442』の色が大好きです。昔から赤色のスパイクが好きですし、スニーカーも赤色のものをよく履きますし、小学生のときランドセルも赤色を買おうと思ったぐらい赤色が好きです。さすがに赤色のランドセルを買うのは親に止められてしまいましたが(笑)。

Kohei スパイクについてのゲン担ぎや自分なりのルーティーンはありますか?

畠中 まずはスパイクに右足から足を入れて次に左足を入れて、靴紐はそのまま左足から結ぶのが僕のルーティーンかもしれません。普段はあまり意識していませんが、今その質問をしていただいて、ふとそうやってスパイクを履いていることが多いことに気付きました。それでゲン担ぎしている意識はまったくないですが、そうやってスパイクに足入れするのが僕としてはなんだかしっくりきています。


Kohei 『442』はどういう中高生プレーヤーに履いてほしいですか?

畠中 『442』はどのポジションにも合うスパイクだと思いますし、フィット感の良さだったり、蹴る感覚を大切にしているプレーヤーにはすごく合うスパイクだと思うので、まずは店頭などで気軽に足入れしてもらって『442』の良いところをたくさんの人に体感してほしいです。

Kohei 本日はありがとうございました。

★ニューバランス特設ページはコチラ
Sponsored by ニューバランス

【新色】「ナイキファントムファイヤーパック」が登場/ファントムヴェノムエ リートHG

【新色】「ナイキファントムファイヤーパック」が登場/ファントムヴェノムエ リートHG
 ナイキより10月22日に「ファントムファイヤーパック」が登場し、「ファントムヴェノム」と「ファントムビジョン」の新カラーが発表された。

 「ファントムヴェノム エリート HG」の新カラーモデルは、ピンク系のブライトマンゴーをメインカラーに採用。新カラーの全貌を紹介する。

↑クリック↑

☑精密なシュート、キックを重視するプレーヤー向け。ブライトマンゴーと呼ばれるピンク系の目立つカラーに、「PHANTOM」「JUST DO IT」といった英字がプリントされている。


☑「プレシジョンパワーストライクゾーン」と呼ばれるラバーパッドがインステップ部分に配置されているので、キックのミート性を高め、パワフルなキックをサポートしている


☑アッパーはフライニットが採用されているため柔らかく、フィット感も良い


☑かかとにACCロゴがプリントされ、雨天時のボールグリップにも対応


☑前足部には3Dテクスチャーが搭載されているためボールグリップ性も安心。


☑前カラーよりトップモデルに採用されたHGソール


↑クリック↑

【新色】「ナイキファントムファイヤーパック」登場/ファントムビジョンエリートDFFG

【新色】「ナイキファントムファイヤーパック」登場/ファントムビジョンエリートDFFG
 ナイキより10月22日に「ファントムファイヤーパック」が登場し、「ファントムヴェノム」と「ファントムビジョン」の新カラーが発表された。

 「ファントムビジョン エリート DF FG」の新カラーモデルは、ダークグレーをメインカラーにピンクの差し色が加えられた装いに。新カラーの全貌を紹介する。


↑クリック↑

☑ボールコントロール、パスの精度にこだわるプレーヤー向け。ダークグレーをメインに、ピンクのスウッシュを差し色に。


☑フライニットアッパーが柔らかさを生み出し、表面のACC加工が雨にも強いグリップ力を表現


☑靴ひもがアッパーの内側に隠れるゴーストレースシステムを採用し、より繊細なボールタッチをサポート


☑ハイカット形状のニットが使用されている。ファントムヴェノム同様に英字がプリントされている。


☑アッパー内側にはメッシュが配置。隙間のないフィット感を体感できる。


☑軽量な天然芝専用のFGソール


↑クリック↑

【動画】ファントムビジョンの靴ひもを抜き取って新しい紐に取り替えることができるのか検証

【動画】ファントムビジョンの靴ひもを抜き取って新しい紐に取り替えることができるのか検証
 サッカースパイクを紹介するゲキサカスパイク企画、通称「ゲキスパ」。今回はその番外編としてスパイクマイスターKoheiがナイキスパイク「ファントムビジョン」のシューレースチェンジに挑戦した。ファントムビジョンはニットの下に紐が通っているのが特徴のスパイク。はたしてニットの下に隠れた靴ひもを取り外したり取り付けたりすることはできるのか!

【Kohei プロフィール】
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

日本vsタジキスタン戦、日本代表選手が人工芝での試合に選んだスパイクは…?

日本代表が人工芝での試合に選んだスパイクは?
 日本代表は15日、W杯アジア2次予選でタジキスタン代表と対戦。日本代表のスターティングメンバー11人の着用スパイクを紹介する。

 今回の試合会場であるリパブリカン・セントラル・スタジアムは人工芝ピッチ。普段人工芝でプレーする機会があまりない日本代表選手がいったいどんなスパイクを選ぶのか注目された。日本代表の面々は全員、着用スパイク自体は普段と同じモデルを着用していたが、人工芝用のソール(靴底)を選ぶことで人工芝ピッチに対処していた選手も見受けられた。

 人工芝用(AG)ソールは人工芝グラウンドにスタッドが刺さりすぎないように配慮された設計になっており、人工芝での安定性や快適性に優れるのが特徴。この日の試合ではDF長友、酒井が人工芝用ソールを使用していた。

 しかし、人工芝用ソールは選手たちが普段使用している天然芝用(FG)ソールとスタッドの形状や配置が異なり、グリップの性質やスタッドの刺さりやすさも異なる。前回のモンゴル戦から中4日で迎えるタジキスタン戦に向けてほぼぶっつけ本番で人工芝用ソールを使用するよりかは普段から履き慣れている天然芝用ソールで臨む方がプレーしやすいと判断して天然芝用ソールを選んだ選手もいたようだ。MF南野、橋本、FW鎌田が天然芝用(FG)ソールを使用。

サッカースパイクのソール(靴底)の種類

 サッカースパイクには天然芝用、人工芝用、土用という風に各グラウンドに合わせて設計されたソールがある一方で、『土・人工芝・天然芝』すべてのグラウンドに対応した汎用ソールも展開されている。そういった汎用ソールであれば、天然芝でも人工芝でも問題なく使用できる。この日の試合ではGK権田、DF吉田、MF柴崎、MF中島が汎用ソールを使用していた。

 また、ゴールキーパーやディフェンダー陣は天然芝での試合ではプレー中に滑らないように取替え式スタッドのソールを使用することが多いが、この日の試合ではスタメン全員が固定スタッドソールでプレー。人工芝で取替え式スタッドソールを使用すると足や膝への負担が強くなり、怪我を誘発するリスクがあることからタジキスタン代表選手も含め、取替え式スタッドソールでプレーしていた選手はいなかった。

 スタメン11人の着用スパイクメーカー内訳はナイキ4人、ミズノ3人、アディダス2人、プーマ1人、アンブロ1人となった。

▽GK権田修一
ミズノ『モレリア2』

▽DF長友佑都
ナイキ『スーパーフライ7エリート AG』

植田直通
ナイキ『ティエンポレジェンド8 HG』

酒井宏樹
ナイキ『ヴェイパー13エリート AG』

吉田麻也
ミズノ『レビュラ3 JAPAN』

▽MF橋本拳人
アディダス『エックス19.1 FG』

柴崎岳
アンブロ『アクセレイタープロ』

南野拓実
アディダス『ネメシス19+ FG』

中島翔哉
ミズノ『レビュラ3 JAPAN』(黒塗り)

堂安律
プーマ『フューチャー4.1 FG/AG』

▽FW鎌田大地
ナイキ『ファントムビジョン FG』

●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

【動画】現役高校生が語る「俺のこだわりサッカースパイク」清水桜が丘高 FW松永颯太

【動画】現役高校生が語る「俺のこだわりサッカースパイク」清水桜が丘高 FW松永颯太
 スパイクマイスターKoheiが現役高校生にスパイクのこだわりを訊く企画「俺のこだわりサッカースパイク」。千葉県で開催された『adidas Festival 2019』に参加していた現役高校生にインタビューを敢行。着用スパイクに対するこだわりやスパイクの選び方などを語ってもらった。今回は清水桜が丘高のFW松永颯太主将(3年)。アディダス「エックス19.1 FG」の気に入っているところや選んだ理由とは?

【Kohei プロフィール】
 日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

★ゲキサカYouTubeチャンネル登録はこちらから

【動画】流経大柏の主将が語る「俺のこだわりサッカースパイク」MF八木滉史

【動画】流経大柏の主将が語る「俺のこだわりサッカースパイク」MF八木滉史
 スパイクマイスターKoheiが現役高校生にスパイクのこだわりを訊く企画「俺のこだわりサッカースパイク」。千葉県で開催された『adidas Festival 2019』に参加していた現役高校生にインタビューを敢行。着用スパイクに対するこだわりやスパイクの選び方などを語ってもらった。今回は流通経済大柏高のMF八木滉史主将(3年)。アディダス「コパ19.1 ジャパン HG/AG」の気に入っているところや選んだ理由とは?

【Kohei プロフィール】
 日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

★ゲキサカYouTubeチャンネル登録はこちらから

対象スパイク購入でポイント10%還元!!アルペンでお得なキャンペーン実施中

対象スパイク購入でポイント10%還元!!アルペンでお得なキャンペーン実施中
 全国のスポーツデポ・アルペン店舗で「GET THE BEST SHOES!!」キャンペーンを展開中だ。アディダス、ナイキ、プーマ、ミズノ、アシックスのおすすめシューズが用意されており、豊富な知識を持った販売員があなたにピッタリのシューズ選びをサポートする。期間中におすすめ商品を購入すると、アルペンポイントが10%還元される。スポーツデポ・アルペンの店頭でお得にシューズをゲットしよう!

 対象商品はアディダスの「エックス」「ネメシス」、ナイキの「ティエンポ」「マーキュリアル」、プーマの「フューチャー」「ワン」、ミズノの「モナルシーダ」「レビュラ」、アシックスの「DSライト」などの人気シリーズとなっている。

 アルペングループメンバーズの会員になることがポイント還元の条件。会計時にアプリまたはアルペン楽天カードを提示することで、自動的にポイントが付与される。なお、オンラインストアでもお得に購入できるようになっている。

■キャンペーンの詳細および問い合わせ先はこちらから↓
https://campaign.alpen-group.jp/sportsdepo_alpen/category/football/2019fw/

Sponsored by アルペン(スポーツデポ)

日本vsモンゴル戦、日本代表スタメン11人の着用スパイクリスト

日本代表のスタメンの着用スパイクリスト
 日本代表は10日、W杯アジア2次予選でモンゴル代表と対戦。日本代表のスターティングメンバー11人の着用スパイクを紹介する。

 スタメン11人の着用スパイクメーカー内訳はミズノ4人、ナイキ3人、プーマ2人、アディダス1人、アンブロ1人となった。MF中島は黒塗りしたミズノスパイクを着用。

▽GK権田修一
ミズノ『モレリア2』

▽DF長友佑都
ナイキ『スーパーフライ7エリート』

冨安健洋
ナイキ『ティエンポレジェンド8』

酒井宏樹
ナイキ『ヴェイパー13エリート』

吉田麻也
ミズノ『レビュラ3 JAPAN』

▽MF遠藤航
プーマ『フューチャー4.1』

柴崎岳
アンブロ『アクセレイタープロ』

南野拓実
アディダス『ネメシス19+』

中島翔哉
ミズノ『レビュラ3 JAPAN』(黒塗り)

伊東純也
プーマ『ワン 5.1』

▽FW永井謙佑
ミズノ『モレリアネオ2』

●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

【動画】現役高校生が語る「俺のこだわりサッカースパイク」東京ヴェルディユースDF冨樫輝

【動画】現役高校生が語る「俺のこだわりサッカースパイク」東京ヴェルディユースDF冨樫輝
 スパイクマイスターKoheiが現役高校生にスパイクのこだわりを訊く企画「俺のこだわりサッカースパイク」。石川県で開催された和倉ユース大会に参加していた現役高校生にインタビューを敢行。着用スパイクに対するこだわりやスパイクの選び方などを語ってもらった。第5回は東京ヴェルディユースのDF冨樫輝。ナイキ「ティエンポレジェンド8」の気に入っているところや選んだ理由とは?

【Kohei プロフィール】
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

★ゲキサカYouTubeチャンネル登録はこちらから

【#スパイクウォッチ 】吉田麻也「ミズノ レビュラ3ジャパン」

ミズノ「レビュラ3ジャパン」を着用する吉田麻也
 着用選手とともにスパイクを紹介する「#スパイクウォッチ」。今回紹介するのは新色が発売された「ミズノ レビュラ3ジャパン」。日本代表DF吉田麻也(サウサンプトン)の写真で多機能性スパイクの特徴を紹介する。

★「レビュラ3JAPAN」の購入はこちら

☑スパイク全体がシックなブルーに彩られ、レビュラ3JAPANはMIZUNOロゴがアッパーに大きくに配置されている


☑レビュラ最大の特徴はアウトソール
・ターンの動作時にスムーズな回転を生むローテーションリブ(母指球部分)
・高速ターン時の自然な蹴り出しをサポートする“ぐにゃっ”とねじれるソール(D-フレックスグルーブ)


★「レビュラ3JAPAN」の購入はこちら

☑レビュラシリーズ最軽量モデル(約215g=27.0cm片足)


☑シュータンは薄く、ストレッチ性の素材を採用。より足の甲に密着し、ダイレクトなボールタッチ感覚を実現


★「レビュラ3JAPAN」の購入はこちら

【動画】フランス代表DFパバールがW杯で決めたボレーシュートを再現してみた!

【動画】フランス代表DFパバールがW杯で決めたボレーシュートを再現してみた!
 2018ロシアワールドカップ決勝トーナメント1回戦でフランス代表はアルゼンチン代表に4-3で勝利した試合。フランス代表DFパバールが57分に決めた強烈なダイレクトボレーシュートのゴールシーンをスパイクマイスターKoheiが再現に挑戦!はたして成功できたのか!?

【Kohei プロフィール】
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

実はサッカースパイク着用選手が半数以上!ラグビー日本代表メンバー全31人の着用スパイクリスト

ラグビー日本代表の着用スパイクリスト
 ラグビー日本代表は20日、ラグビーワールドカップ2019開幕戦でロシア代表を30-10で下し、目標のベスト8入りに向けて白星スタートを飾った。28日にはワールドカップ1次リーグA組第2戦でアイルランド代表と対戦する。今回はラグビー日本代表の全31人の着用スパイクをゲキサカで独自リサーチし、着用スパイクリストを集計した(※2019年9月27日時点での着用スパイクで集計)。

 31人のうち、ラグビースパイクを着用しているのが15人。サッカースパイクを着用しているのが16人となった。半数以上がサッカースパイクを履いているのは注目ポイントだと言えるだろう。ラグビーはポジションを大きく分けるとフォワード(FW)と呼ばれる前線の選手と、バックス(BK)と呼ばれる後ろの選手に分けられるが、フォワードとバックスごとに着用スパイクをみていくと、フォワード18人中10人がラグビースパイクを着用。フォワードはスクラムを組む役割があり、密集地で相手とぶつかり合う頻度も高いことから頑丈でホールド性や耐久性にも優れ強靭なグリップ力を発揮するラグビースパイクを選んでいる傾向が強い。

 一方のバックスは13人中8人がサッカースパイクを着用。バックスはフォワードほど相手とぶつかり合う頻度は高くなく、スピードやステップワークを駆使してゲームを組み立て前進したり、広範囲を動き回って攻撃や守備を行うポジションである。そうしたなかでバックスの選手はスパイクの軽量性や走りやすさなどを重視する傾向があり、ラグビースパイクよりも軽くしなやかで、それでいてスタッドのグリップもしっかりと効くサッカースパイクを選んでいるのだろう。

 半数以上がサッカースパイクを着用しているラグビー日本代表。28日に対戦するアイルランド代表メンバーの着用スパイクに目を向けると31人中8人がサッカースパイクを着用している集計結果となった。各出場国によってラグビースパイクとサッカースパイクの着用率の割合は変動するが、どのチームにも必ずサッカースパイクを着用している選手がいる。ラガーマンのスパイク選びにおいて今やサッカースパイクは必要不可欠な存在だと言えるだろう。

 ラグビー日本代表の着用スパイクのメーカー毎の内訳はナイキ12人、アディダス9人、アシックス6人、ミズノ3人、アンダーアーマー1人となっている。ナイキはラグビースパイクの販売は行っておらず、ナイキ着用の12人は全員サッカースパイクを着用しており、ラグビー日本代表での最多着用スパイクはナイキ『ティエンポ』で計8人が着用している。開幕戦のロシア戦でハットトリックを記録したFB松島幸太朗はスピードをコンセプトにしたナイキのサッカースパイク『マーキュリアル』を着用している。

日本代表メンバー31人の着用スパイク詳細は以下の通り(★印がサッカースパイク)。

▽フォワード(FW)▽
稲垣啓太
アディダス『カカリ X-ケブラー2』

中島イシレリ
アディダス『カカリ X-ケブラー2』

具智元
ミズノ『ワイタンギPS』

バル・アサエリ愛
アディダス『カカリ エリート』

木津悠輔
アシックス『ゲルリーサルタイトファイブ』

堀江翔太
★ナイキ『ティエンポレジェンド7』

坂手淳史
アディダス『カカリ X-ケブラー2』

北出卓也
★アディダス『コパ19.1』

トンプソン・ルーク
アシックス『ゲルリーサルタイトファイブ』

ビンピー・ファンデルバルト
★ナイキ『ティエンポレジェンド7』

ヘル・ウベ
★ミズノ『モレリアネオ2』

ジェームス・ムーア
アシックス『リーサルワーノ ST2』

リーチ・マイケル
アシックス『リーサルワーノ ST2』

姫野和樹
★ナイキ『ティエンポレジェンド7』

ピーター・ラブスカフニ
★ナイキ『ティエンポレジェンド8』

徳永祥尭
アシックス『タイガーラグ EX-JP2』

ツイ・ヘンドリック
★ナイキ『ティエンポレジェンド8』

アマナキ・レレイ・マフィ
★ナイキ『ティエンポレジェンド7』

▽バックス(BK)▽
田中史朗
ミズノ『レビュラ3 RG PRO SI』

茂野海人
★アンダーアーマー『マグネティコPRO』

流大
★ナイキ『ファントムヴェノム』

田村優
★アシックス『DSライトX-FLY3 SL』

松田力也
★ナイキ『マーキュリアルヴェイパー13』

中村亮土
アディダス『プレデターXP』

ラファエレ・ティモシー
アディダス『プレデターマライスコントロール』

ウィリアム・トゥポウ
★ナイキ『ティエンポレジェンド8』

福岡堅樹
★ナイキ『ティエンポレジェンド8』

レメキ・ロマノラバ
アディダス『プレデターXP』

アタアタ・モエアキオラ
アディダス『プレデターXP』

松島幸太朗
★ナイキ『マーキュリアルスーパーフライ7』

山中亮平
★ナイキ『マーキュリアルヴェイパー13』

レビュラ史上最軽量モデルの新カラーは青!

本体価格は17,000円
 ミズノより20日、「レビュラ3ELITE(エリート)」の新色が発売になった。新カラーの詳細をいち早くお伝えする。

★「レビュラ3ELITE」の購入はこちら

☑今季スパイクのトレンドカラーであるブルーが登場

アッパーからシューレース、アウトソール全てがシックなブルーで構成されている


☑スパイク全体がシックなブルーに彩られ、MIZUNOロゴがシャープに配置されたシンプルな1足


★「レビュラ3ELITE」の購入はこちら

☑レビュラ最大の特徴はアウトソール
・ターンの動作時にスムーズな回転を生むローテーションリブ(母指球部分)
・高速ターン時の自然な蹴り出しをサポートする“ぐにゃっ”とねじれるソール(D-フレックスグルーブ)


☑シュータンは薄く、ストレッチ性の素材を採用。より足の甲に密着し、ダイレクトなボールタッチ感覚を実現


☑レビュラシリーズ最軽量モデル(約215g=27.0cm片足)


★「レビュラ3ELITE」の購入はこちら

現役高校生が語る「俺のこだわりサッカースパイク」桐生一高MF山本直 編

現役高校生が語る「俺のこだわりサッカースパイク」桐生一高MF山本直 編
 スパイクマイスターKoheiが現役高校生にスパイクのこだわりを訊く新企画「俺のこだわりサッカースパイク」始動!石川県で開催された和倉ユース大会に参加していた現役高校生にインタビューを敢行。着用スパイクに対するこだわりやスパイクの選び方などを語ってもらった。第4回は桐生一高サッカー部のMF山本直。ミズノ「モレリア2」の気に入っているところや選んだ理由とは?

【Kohei プロフィール】
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

★ゲキサカYouTubeチャンネル登録はこちらから

【動画】人工芝で使用して黒く汚れたサッカーボールのお手入れ方法を解説!

【動画】人工芝で使用して黒く汚れたサッカーボールのお手入れ方法を解説!
 サッカースパイクを紹介するゲキサカスパイク企画、通称「ゲキスパ」。今回はその番外編としてスパイクマイスターKoheiが「サッカーボールのお手入れ」にチャレンジした。人工芝で使用して真っ黒に汚れたサッカーボールをピカピカに綺麗にする方法とは?ボールクリーナーってあるの?これを見ればサッカーボールの手入れ方法がすべて分かる!

【Kohei プロフィール】
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

【プレゼント】アスレタ新スパイク『O-Rei Futebol』T004&T005を各1名様に

『O-Rei Futebol T005』と『O-Rei Futebol T004』
 アスレタの2019年ニューモデルスパイク『O-Rei Futebol T004(オーヘイ フッチボル T004)』と『O-Rei Futebol T005(オーヘイ フッチボル T005)』が9月中旬に発売される。カンガルーレザーのアッパーを採用しながらも安定性や丈夫さにもこだわったタフな作りのスパイクだ。

 ゲキサカでは発売を記念し、『O-Rei Futebol T004』と『O-Rei Futebol T005』を各1名様にプレゼントします。Twitterでの応募方法はゲキサカの公式Twitter「@gekisaka」をフォローしたうえで、こちらの「該当ツイート」をリツイート(RT)するだけ。RTいただいた方の中から抽選で各1名様にプレゼントします。

応募期間は9月17日(火)23時59分まで。詳細は下記をご参照ください。皆さまのご応募をお待ちしております。

※希望のサイズを承りますが、在庫の状況によってご希望に添えない場合もございますので予めご了承ください

■応募期間
2019年9月11日(水)~9月17日(火)23:59
■参加方法
応募期間内にゲキサカの公式Twitter @gekisaka をフォローし、こちらの「該当ツイート」をリツイート(RT)してください。

■当選発表
当選者様にゲキサカよりTwitterのDMにて、ご連絡させていただきます。

【利用規約】
・投稿にはTwitterへの登録が必要となります。
・投稿頂いた内容はTwitterタイムラインに投稿されます。
・「該当ツイート」のリツイート(RT)のご投稿して頂いたお客様のみ、キャンペーンの当選権利がございます。
・当選者の決定前に@gekisakaのフォローを解除されると抽選、選考の対象外となります。
・すでに@gekisakaをフォローされている場合は、抽選、選考の対象となります。
・記載メンション、#タグ、URLの変更・削除は抽選、選考の対象外となります。
・プログラム等による自動投稿は抽選、選考の対象外とさせて頂く場合がございます。
・当選した権利を第三者に対し譲渡・転売することはできません。オークションへの出展等転売行為は固く禁止させていただきます。
・当選者には、DM(ダイレクトメッセージ)にてご連絡いたします。
・賞品のお届け先は、日本国内に限らせて頂きます。
・Twitterもしくは当サイトの外部サーバー、ネットワーク環境などの不具合により投稿できなかった場合、本キャンペーンの一切の責任を負いかねますので、予めご了承ください。

【#スパイクウォッチ 】久保建英「アディダス エックス19.1FG」

明るいシアンブルーがピッチで映える
 着用選手とともにスパイクを紹介する「#スパイクウォッチ」。今回紹介するのはアディダスから7月31日に発売になった「X(エックス)19.1FG」。日本代表MF久保建英(マジョルカ)の写真でスピードコンセプトスパイクの特徴を紹介する。

▼久保建英着用スピードスパイクを購入する

☑日本代表MF久保建英(マジョルカ)が着用するスピードコンセプトのスパイク


☑アッパーにはメッシュ素材を採用することで「軽さ」と「柔らかさ」を実現している


☑シューレース部が内側に配置され、ボールタッチ面が大きく取られている。また、表面には凹凸が施され、ボールグリップが効きやすくなっている


▼久保建英着用スピードスパイクを購入する

☑アウトソールは前部分に鋭角なスタッドを設置。スピード重視のプレーヤーに嬉しい設計に


☑鷹の爪のような履き口。アウトソールと一体化したヒールカウンターが安定性をもたらしている


▼久保建英着用スピードスパイクを購入する


★スパイクマイスターKoheiによる試し履きレビューはこちら

フィット感とタフさを両立したアスレタ新スパイク登場!スパイクマイスターが機能性を徹底解説!

アスレタの2019年ニューモデルスパイクが登場
 アスレタの2019年ニューモデルスパイク『O-Rei Futebol T004(オーヘイ フッチボル T004)』と『O-Rei Futebol T005(オーヘイ フッチボル T005)』 が株式会社アスレタより9月中旬に発売される。カンガルーレザーのアッパーを採用しながらも安定性や丈夫さにもこだわったタフな作りのスパイクだ。今回、ゲキサカでおなじみのスパイクマイスターKohei氏にアスレタ新作スパイクの特長を解説してもらった。

――今回の新しいスパイクのコンセプトはどういったところになりますか?

Kohei 先日、一足先にアスレタの新トップモデルスパイクの『O-Rei Futebol A002(オーヘイ フッチボル A002)』が発売になりましたが、トップモデルはオールカンガルーレザー採用で税別18,500円というトップモデルらしい設計&価格になっています。今回のニューモデルでは『O-Rei Futebol T004』が税別16,000円、『O-Rei Futebol T005』が税別14,000円という価格設定になっており、価格を抑えながらもフィッティングや安定性、丈夫さを兼ね備えたコストパフォーマンス良好な新スパイクが登場したのがポイントになります。また、『O-Rei Futebol T004』と『O-Rei Futebol T005』の2つの新作をラインナップしていることで現代のサッカープレーヤーの細かなニーズにも対応できる機能性を有しているのも特徴です。


『O-Rei Futebol T004』も『O-Rei Futebol T005』も同じチャコールをメインカラーに配しており、パッと見ではどちらも同じスパイクのように見えますが、実際にはアッパーもソールも随所に違いがあり、それぞれのモデルでフィット性や履き心地に特性が生まれるギミックになっています。『O-Rei Futebol T004』では前足部にノンステッチのカンガルーレザーを採用。ノンステッチとは“縫い糸がない”という意味で、前足部のカンガルーレザー採用エリアにステッチが無いアッパーのことを指します。ノンステッチレザーを採用したスパイクはアスレタとしてはこれが初めてで、さらに前足部の内部には低反発フォームをフレーム状に内蔵することでアッパーの型崩れを防ぐ優れた保形性を確保しながらカンガルーレザーによる足なじみの良さや柔らかなボールタッチ性も同時に発揮するアッパーに仕上げています。


 ノンステッチレザーを採用したスパイクは最近のサッカースパイク界では一つのトレンドになっており、ノンステッチレザーならではのフィット性や足なじみやすさが好きなプレーヤーも一定数いるため、アスレタとしてノンステッチレザーのスパイクを新たに開発したことでそのニーズにマッチングするスパイクが新登場したと言えるでしょう。その一方でちゃんとステッチがあるカンガルーレザーのスパイクが好きなプレーヤーも依然として多いため、『O-Rei Futebol T005』ではステッチありのカンガルーレザーを採用。ノンステッチカンガルーレザーを採用したT004とステッチのあるカンガルーレザーを採用したT005、2つのバリエーションが用意されたことで自分の好みに応じて選び分けることができるラインナップになっています。


 そのバリエーションに加え、両モデルともアッパー先端にラバーコーティング加工のプロテクションが採用されています。天然皮革を採用したサッカースパイクは使用していくうちにつま先が剥がれたり破れたりしてしまいがちですが、このラバーコーティング加工を採用することでアッパーの耐久性を高め、簡単につま先が剥がれたりしないように配慮したアッパーになっています。また、ただ単にラバーコーティング加工を採用したのではなく従来よりもコーティングを厚くしつつ、つま先の広範囲にラバーコーティングを採用したことでガード力を高めています。こういった部分もしっかりとこだわってモノ作りしておりアスレタの本気度が伺えるディティールです。

――アッパーの中後足部やヒールにはどういった違いがありますか?


Kohei アッパー中足部から後足部には人工スウェード素材をベースとして内部に人工皮革フレームを内蔵し、表面にTPUフィルムを貼り付けた3層構造の独自シェルパーツアッパーが両モデルともに採用されています。内部の人工皮革フレームの配置に若干の違いがありますが、基本的には両モデルともシェルパーツアッパーがシューレースの締め付けと連動して足をホールドしてくれる安定感を生み出してくれるのが特長。履き口周りや中足部にしっかりとしたホールド感がありつつ、ヒールの内側には柔らかな起毛素材を採用することで踵への足当たりに柔軟性を確保し、ホールド性とフィット性のバランスが良く仕上がっています。


 そしてヒール部分には明確な違いがあります。『O-Rei Futebol T004』では外付けヒールカウンターはなく、内部にヒールカウンターを内蔵している設計で標準的な安定性とホールド性を実現。プレー中に踵が大きくブレることがないようしっかりとした強固さがあります。そんな中、『O-Rei Futebol T005』ではソールと一体化した外付けヒールカウンターを搭載。ソールと同じ固いナイロン樹脂で外付けヒールカウンターを構成していることによって、より堅実なホールド性と安定性が実現されており、踵のホールド感にこだわりのあるプレーヤーにとっては『O-Rei Futebol T005』がマッチしやすい設計です。これはアッパーのバランスをデータ分析して導き出したヒール構造の違いで、前足部のカンガルーレザーのアッパー設計の特性との相性を加味してそれぞれ異なったヒール構造が形成されています。

――細部までこだわりのあるアッパーに仕上がっているのですね。前モデルの『O-Rei Futebol T003』と比較するとどういった印象ですか?


Kohei 前足部はカンガルーレザーで中後足部はシェルパーツというアッパー設計は、実は前モデルでも採用されていた仕様です。特にシェルパーツというのはアスレタのスパイク独自のもので、普通の人工皮革とは異なる独特の良さを備えています。そういったシェルパーツとのコンビネーションアッパーが前モデルのときに好評だったため、今回の新スパイクでもシェルパーツの機能性は引き継ぎつつ、随所にさらなるアップグレードを加えて進化を果たしたスパイクになっているのが『O-Rei Futebol T004』と『O-Rei Futebol T005』です。そういった意味では前モデルよりもさらに期待できるスパイクになっていると言えますね。特に、ラバーコーティング加工が新たに採用されたことによる耐久性向上と保形性向上や、アッパー設計のバリエーションが増えたことが大きなポイントです。


実際に履いてプレーしてみても両モデルともそれぞれに良いところがあり、それぞれの機能上の特性がしっかりと発揮されている履き心地を体感することができました。カンガルーレザーのアッパーは簡単にヘタらないように最初は的確な保形性がありますし、シェルパーツのホールド感や安定感も良好。ここからしっかりと使い込んでいくことでカンガルーレザーのアッパーがより足になじみつつ、決して伸びすぎない丈夫さも両立され、安定して良い履き心地を生み出してくれると思います。

――フィット性、安定性、耐久性が兼ね備えられた新スパイクになっているということですね。アウトソール(靴底)などはどういった印象ですか?


Kohei  アスレタのスパイクは2018年モデルからアウトソールと中底が一新され、ソールの屈曲性と剛性が適切に両立されています。中底は部位に応じて2つの硬度の樹脂を採用し、中足部から後足部は高硬度の樹脂を採用することで的確な剛性を出し、前部分は屈曲性を重視してやややわらかい硬度の樹脂を使い、スムーズな屈曲性を実現。アウトソールの中足部から後足部には樹脂を隆起させてリブ構造を形成することで強度と剛性を確保。それによって屈曲性と剛性のバランスが良く仕上がっており、人間の足が屈曲する位置に沿ってソールも一緒に屈曲し、ソール中足部から後足部は剛性があることで不要なねじれを抑え、ソール中足部の落ち込みも防ぎ、安定した履き心地や着地感を生み出せるソールになっています。


 インソールには引き続きグリップタイプのインソールを採用。表面にEVAのグリップ素材を使用し滑り止め効果を備えたインソールが着用中の足裏のズレや滑りを防止してくれます。実際の滑り止めの効力は高く、全力でターンしたときにも足裏が大きく滑ってしまうことがなくて、安定した履き心地に貢献していますね。アッパー、アウトソール、中底に加え、インソールにもこだわっており抜け目がありません。


――では最後に総括をお願いします。

Kohei 今回は2モデルがラインナップされていることで自分の好みに応じて選び分けることができる選択肢が用意されているのが良いところ。ノンステッチレザーの『O-Rei Futebol T004』か、ステッチがあるカンガルーレザーの『O-Rei Futebol T005』かの前足部の設計や特性の違いはもちろんのこと、シェルパーツによる優れたホールド性と安定性もありながら、前モデルからソール・中底・インソールなどの良い部分は引き継ぎつつ、新たにラバーコーティング加工を採用してアッパーの耐久性向上を実現したのは好印象です。アスレタならではのデザイン性は以前から定評がありましたが、そこにフィット性や安定性などの実用性も兼備され、さらに耐久性も追加されたタフな作りの新スパイクは毎日のようにハードに部活に取り組む中高生プレーヤーにとって心強い相棒になりえるスパイクだと言えるでしょう。この機会にぜひサッカーショップでチェックしてみてください。

★アスレタ『O-Rei Futebol』の詳細はこちら

Koheiプロフィール:
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレーヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレーヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

提供/アスレタ

「土&人工芝」両用!スピード重視部活生に履いてほしい「アディダス エックス19.2HG/AG」

人工芝にも対応する新アウトソールを搭載
 アディダスから7月31日に発売になった「X(エックス)19.1HG/AG」。今回から新たに「土」「人工芝」の両方に対応する新アウトソールを搭載。スピード重視の部活生に最適な一1足に。特製スマホリングがもらえる試し履きキャンペーンが店頭で開催されているのでぜひ店頭で体感してほしい。

▼「アディダス X 19.2 HG/AG」の詳細はこちら

☑スピードプレーヤーに最適な1足。


☑アッパーにはメッシュ素材を採用することで「軽さ」と「柔らかさ」を実現している



▼「アディダス X 19.2 HG/AG」の詳細はこちら

☑シューレース部が内側に配置され、ボールタッチ面が大きく取られている。また、表面には凹凸が施され、ボールグリップが効きやすくなっている


☑土と人工芝に対応した新アウトソール。切れ込みの入ったスタッドがグリップ力を向上させてくれている。補強材も配置され、スタッドの耐久性もアップしている


☑鷹の爪のような履き口。アウトソールと一体化したヒールカウンターが安定性をもたらしている


▼「アディダス X 19.2 HG/AG」の詳細はこちら

☑甲部分とは異なる伸縮性のあるメッシュ素材のため、足入れのしやすさとフィット感の良さが感じられる



明るいシアンブルーが使用され、ピッチ上でも軽やかな印象に


▼「アディダス X 19.2 HG/AG」の詳細はこちら

久保建英も着用!スピード重視プレーヤーに履いてほしい「アディダス エックス19.1FG」

※FGですが人工芝で撮影しています
 アディダスから7月31日に発売になった「X(エックス)19.1FG」。日本代表MF久保建英(マジョルカ)やMF橋本挙人(FC東京)らも着用するスピードコンセプトスパイク。天然芝用FGモデルの特徴を改めて紹介!

▼「アディダス X 19.1 FG」の詳細はこちら

☑日本代表MF久保建英(マジョルカ)も着用するスピードコンセプトのスパイク


☑アッパーにはメッシュ素材を採用することで「軽さ」と「柔らかさ」を実現している


☑シューレース部が内側に配置され、ボールタッチ面が大きく取られている。また、表面には凹凸が施され、ボールグリップが効きやすくなっている


▼「アディダス X 19.1 FG」の詳細はこちら

☑アウトソールは前部分に鋭角なスタッドを設置。スピード重視のプレーヤーに嬉しい設計に


☑鷹の爪のような履き口。アウトソールと一体化したヒールカウンターが安定性をもたらしている


☑甲部分とは異なる伸縮性のあるメッシュ素材のため、足入れのしやすさとフィット感の良さが感じられる


▼「アディダス X 19.1 FG」の詳細はこちら

☑Newカラーは明るいシアンブルーが使用され、ピッチ上でも軽やかな印象に


☑スピード重視のプレーヤーには重宝される1足

日本vsパラグアイ戦、日本代表スタメン11人の着用スパイクリスト

日本代表のスタメンの着用スパイクリスト
 日本代表は5日、キリンチャレンジカップでパラグアイ代表と対戦。日本代表のスターティングメンバー11人の着用スパイクを紹介する。

 スタメン11人の着用スパイクメーカー内訳はナイキ4人、ミズノが3人、アディダス2人、アンブロ1人、プーマ1人となった。MF中島は黒塗りしたミズノスパイクを着用。

▽GK権田修一
ミズノ『モレリア2』

▽DF長友佑都
ナイキ『スーパーフライ7エリート』

吉田麻也
ミズノ『レビュラ3 JAPAN』

酒井宏樹
ナイキ『ヴェイパー13エリート』

冨安健洋
ナイキ『ティエンポレジェンド8』

▽MF柴崎岳
アンブロ『アクセレイタープロ』

橋本拳人
アディダス『エックス19.1』

中島翔哉
ミズノ『レビュラ3 JAPAN』(黒塗り)

南野拓実
アディダス『ネメシス19+』

堂安律
プーマ『フューチャー4.1 NETFIT』

▽FW大迫勇也
ナイキ『ファントムヴェノム』

●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

【動画】現役高校生が語る「俺のこだわりサッカースパイク」武南高MF八ツ田歩 編

【動画】現役高校生が語る「俺のこだわりサッカースパイク」武南高MF八ツ田歩 編
 スパイクマイスターKoheiが現役高校生にスパイクのこだわりを訊く新企画「俺のこだわりサッカースパイク」始動!石川県で開催された和倉ユース大会に参加していた現役高校生にインタビューを敢行。着用スパイクに対するこだわりやスパイクの選び方などを語ってもらった。第3回は武南高サッカー部のMF八ツ田歩。ナイキ「マーキュリアルヴェイパー13エリートFG」の気に入っているところや選んだ理由とは?

【Kohei プロフィール】
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

【プレゼント】無敵のフィットを体感せよ!お好きなアディダススパイクが1名様に当たる!

【プレゼント】無敵のフィットを体感せよ!お好きなアディダススパイクが1名様に当たる!
 アディダス フットボールは29日、サッカーシューズの試し履きキャンペーンを全国のアディダス商品取り扱い店舗と、アディダス オンラインショップにて実施することを発表した。

 試し履きキャンペーンは、アディダスがラインナップする4つのフランチャイズ
「COPA(コパ)」「PREDATOR(プレデター)」「X(エックス)」「NEMEZIZ(ネメシス)」が対象。

 全国のアディダス商品取り扱い店舗では、対象商品購入者限定で、サッカーシューズのデザインをモチーフとしたオリジナルスマートフォンリングをプレゼントする。また、アディダス オンラインショップでは、サッカーシューズを自宅に取り寄せ、試し履きをすることができ、欲しい商品のみ代金を支払い、不要な商品は送料無料で返品することができまる。参加者全員にオリジナルスマートフォンリングが同梱される。
 
【キャンペーン概要】
「無敵のフィットを、体感せよ。」試し履きキャンペーン

【開催期間】
2019年8月30日(金)~9月30日(月)

【特設キャンペーンサイト】
https://shop.adidas.jp/football/tryoncampaign/

【ノベルティ】
サッカーシューズモチーフのスマートフォンリング
※ノベルティはなくなり次第終了
※スマートフォンリングは4種類の中からいずれか1つをプレゼント(選択いただけません)
※スポーツショップKAMOでは、アディダスサッカーシューズを試し履きし、
購入者限定で、オリジナルシューレースをプレゼント

オリジナルスマートフォンリング


 ゲキサカでは試し履きキャンペーン実施を記念して、「COPA(コパ)」「PREDATOR(プレデター)」「X(エックス)」「NEMEZIZ(ネメシス)」からお好きなスパイク1足を1名様にプレゼントします。応募方法は、ゲキサカ公式Instagram@gekisakaをフォローし、「該当投稿」に「コメント」もしくは、「いいね」するだけ。「コメント」もしくは「いいね」した方の中から1名様に抽選でプレゼントします。
 
 応募期間は9月8日(日)23時59分まで。詳細は下記をご参照ください。皆さまのご応募をお待ちしております。

※商品によってはご希望のサイズの在庫がない場合がございます。あらかじめご了承ください。

■応募期間
2019年8月29日(木)~2019年9月8日(日)23:59

■参加方法
応募期間内にゲキサカ公式Instagram @gekisaka をフォローし、こちらの「該当投稿」に「コメント」もしくは「いいね」してください。

■当選発表
当選者様にゲキサカよりInstagramのDMにて、ご連絡させていただきます。

【利用規約】
・投稿にはInstagramへの登録が必要となります。
・投稿頂いた内容はInstagramに表示されます。
・「該当投稿」への「コメント」「いいね」のご投稿して頂いたお客様のみ、キャンペーンの当選権利がございます。
・当選者の決定前に@gekisakaのフォローを解除されると抽選、選考の対象外となります。
・すでに@gekisakaをフォローされている場合は、抽選、選考の対象となります。
・プログラム等による自動投稿は抽選、選考の対象外とさせて頂く場合がございます。
・当選した権利を第三者に対し譲渡・転売することはできません。オークションへの出展等転売行為は固く禁止させていただきます。
・当選者には、DM(ダイレクトメッセージ)にてご連絡いたします。
・賞品のお届け先は、日本国内に限らせて頂きます。
・Instagramもしくは当サイトの外部サーバー、ネットワーク環境などの不具合により投稿できなかった場合、本キャンペーンの一切の責任を負いかねますので、予めご了承ください。

【動画】アディダス「プレデター19.1」を履いてガチでシュート対決してみた!

【動画】アディダス「プレデター19.1」を履いてガチでシュート対決してみた!
 サッカースパイクを紹介するゲキサカスパイク企画、通称「ゲキスパ」。スパイクマイスターKoheiが「プレデター19.1」のレビューを敢行。プレデター19.1の履き心地や蹴り心地は?前作のプレデター18.1との違いは?ゲキサカFCに加入したゴールキーパーのカクケンと対決しながらプレデター19.1の感想を事細かに述べる。

【Kohei プロフィール】
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

【動画】現役高校生が語る「俺のこだわりサッカースパイク」旭川実高DF長代和 編

【動画】現役高校生が語る「俺のこだわりサッカースパイク」旭川実高DF長代和 編
 スパイクマイスターKoheiが現役高校生にスパイクのこだわりを訊く新企画「俺のこだわりサッカースパイク」始動!石川県で開催された和倉ユース大会に参加していた現役高校生にインタビューを敢行。着用スパイクに対するこだわりやスパイクの選び方などを語ってもらった。第2回は旭川実高サッカー部のDF長代和。アシックス「DSライトX-FLY4」の気に入っているところや選んだ理由とは?

【Kohei プロフィール】
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

【動画】現役高校生が語る「俺のこだわりサッカースパイク」浦和東高FW鈴木寛人編

【動画】現役高校生が語る「俺のこだわりサッカースパイク」浦和東高FW鈴木寛人編
 スパイクマイスターKoheiが現役高校生にスパイクのこだわりを訊く新企画「俺のこだわりサッカースパイク」始動!石川県で開催された和倉ユース大会に参加していた現役高校生にインタビューを敢行。着用スパイクに対するこだわりやスパイクの選び方などを語ってもらった。第1回は浦和東高サッカー部のFW鈴木寛人。プーマ「フューチャー4.1 NETFIT FG/AG Low」の気に入っているところや選んだ理由とは?

【Kohei プロフィール】
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

【動画】ナイキ「ティエンポレジェンド8」のお手入れ方法を解説!

【動画】ナイキ「ティエンポレジェンド8」のお手入れ方法を解説!
 サッカースパイクを紹介するゲキサカスパイク企画、通称「ゲキスパ」。スパイクマイスターKoheiが「ティエンポレジェンド8」を土グラウンドで履き、汚れた状態にしてから実際にお手入れを実施。どろどろに汚れたアッパーを綺麗にする方法とは?ニットの汚れの落とし方は?カンガルーレザーのスパイクは水洗いしても大丈夫?すべて事細かに解説!

【Kohei プロフィール】
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

【動画】アディダス「エックス 19.1 FG」試し履きレビュー!

【動画】アディダス「エックス 19.1 FG」試し履きレビュー!
 サッカースパイクを紹介するゲキサカスパイク企画、通称「ゲキスパ」。スパイクマイスターKoheiが「エックス19.1」の試し履きレビューを敢行。エックス19.1の履き心地やフィット感は?前作のエックス18.1との違いは?ドリブルの感触は?事細かに解説!

【Kohei プロフィール】
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

【動画】サッカースパイククイズ「岡崎慎司が履いているスパイクは何でしょう?」

【動画】サッカースパイククイズ「岡崎慎司が履いているスパイクは何でしょう?」
 スパイクマイスターKoheiによるサッカースパイククイズ企画!その名も「スパイクQ」。サッカースパイクにまつわるクイズをKohei自ら出題。 第2回の問題は「岡崎慎司選手がコパアメリカ2019で履いていたスパイクは何でしょう?」。スパイク好きなら答えは簡単?

【Kohei プロフィール】
 日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

インターハイ出場選手の足元をリサーチ、着用スパイクウォッチング:総体2回戦(11枚)

桐光学園高FW西川潤(3年)
ナイキ『マーキュリアルスーパーフライ7』
 27日、令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」男子サッカー競技(沖縄)の2回戦が行われた。2回戦に出場した選手の足元をピックアップし、着用スパイクを紹介する。(写真協力=高校サッカー年鑑)

●【特設】高校総体2019

★夏季インターハイ全試合配信!試合動画はこちら

インターハイ出場選手の足元をリサーチ、着用スパイクウォッチング:総体1回戦(20枚)

青森山田高MFタビナス・ポール(2年)
ナイキ『ティエンポレジェンド7』
 26日、令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」男子サッカー競技(沖縄)が開幕。1回戦に出場した選手の足元をピックアップし、着用スパイクを紹介する。(写真協力=高校サッカー年鑑)

●【特設】高校総体2019

★夏季インターハイ全試合配信!試合動画はこちら

【動画】関西No.1、最先端のサッカーショップ「キシスポ心斎橋店」をレポート

【動画】関西No.1、最先端のサッカーショップ「キシスポ心斎橋店」をレポート
 サッカースパイクを紹介するゲキサカスパイク企画、通称「ゲキスパ」。今回は番外編としてスパイクマイスターKoheiが関西No.1のサッカーショップ「キシスポ心斎橋店」に潜入しリニューアルオープンした新店舗を全力でレポート。キシスポの魅力、最新ディスプレイ、商品ラインナップなどすべて分かりやすく解説。

【Kohei プロフィール】
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

【動画】ニューバランス「テケラ V2 PRO HG」試し履きレビュー!

ゲキスパ~Koheiが話題のスパイクを履いてみた~
 サッカースパイクを紹介する「ゲキスパ~Koheiが話題のスパイクを履いてみた~」。今回はスパイクマイスターKoheiが「ニューバランス テケラ」の新作を試し履きレビュー!初代テケラから何が進化したのか?アッパーからアウトソール、インソールまですべて分かりやすく解説します!

★ニューバランス特設ページはこちら

【Kohei プロフィール】
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

Sponsored by newbalance

アディダススパイクにネオンカラーをあしらった新色「HARDWIRED PACK」が登場!

アディダススパイクの新色「HARDWIRED PACK」
 アディダスは20日、フットボールスパイクの新たなカラーコレクション「HARDWIRED PACK(ハードワイヤードパック)」を発表した。4シリーズともアッパーのベースカラーに鮮やかなネオンカラーが採用されているのが特徴。


 しなやかなレザータッチを求めるプレーヤー向けの『COPA(コパ)』はカンガルーレザーとニットをシームレスに融合したフュージョンスキンテクノロジーによる抜群のフィット感が特長のスパイク。


 ボールコントロールを重視するプレーヤー向けの『PREDEATOR(プレデター)』はニットアッパーに凸凹フィン加工を搭載したコントロールスキンアッパーによるボールコントロール性能と柔らかなフィット性が特長。


 縦へのスピードにこだわるプレーヤー向けの『X(エックス)』は軽量なメッシュアッパーを使用し軽量スプリントフレームアウトソールが組み合わさることでスピードにフォーカスしたスパイク。


 アジリティを武器にするプレーヤー向けの『NEMEZIZ(ネメシス)』は高伸縮なテンションテープをアッパーに取り入れたことで抜群のホールド力を発揮しプレーヤーの敏捷性をサポートするのが特長のスパイク。上記4シリーズがラインナップされている。

 新色「HARDWIRED PACK」のスパイクは7月31日(水)より全国のアディダス取扱店舗にて一般発売される。
★ADIDAS HARDWIRED PACKの詳細はこちら

レアル・マドリーMF久保建英が『エックス19』の新色を着用、詳細に迫る!(5枚)

今夏加入し、トップチームの北米ツアーに帯同しているMF久保建英
 今夏レアル・マドリーに加入した日本代表MF久保建英が、トップチームの北米ツアーに帯同。18日のトレーニングではニューカラーのアディダススパイクを着用した。そのスパイクの詳細に迫る。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集

イニエスタとアシックスが共同開発した新スパイク「ウルトレッツァ」が登場!(8枚)

ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタが発表会イベントに登場
 アシックスは15日、ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタが着用する新スパイク『ULTREZZA AI(ウルトレッツァ エーアイ)』を発表した。7月28日からアシックスオンラインストア並びに全国のスポーツ用品店にて発売が開始される。

イニエスタとアシックスが共同開発した新スパイク「ウルトレッツァ」が登場!(8枚)

ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタが発表会イベントに登場
 アシックスは15日、ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタが着用する新スパイク『ULTREZZA AI(ウルトレッツァ エーアイ)』を発表した。7月28日からアシックスオンラインストア並びに全国のスポーツ用品店にて発売が開始される。

【動画】ナイキ「マーキュリアルヴェイパー13 エリート FG」最新スパイクの開封&紹介!

【動画】ナイキ「マーキュリアルヴェイパー13 エリート FG」最新スパイクの開封&紹介!
 サッカースパイクを紹介するゲキサカスパイク企画、通称「ゲキスパ」。スパイクマイスターKoheiが「マーキュリアル13」のトップモデルを開封して紹介。ヴェイパー13の機能性は?前作モデルとの違いは?マーキュリアルの特長は?すべて分かりやすく解説。

【Kohei プロフィール】
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

【動画】ナイキ「マーキュリアルヴェイパー12 エリート FG」限定モデルの開封&紹介!

【動画】ナイキ「マーキュリアルヴェイパー12 エリート FG」限定モデルの開封&紹介!
 サッカースパイクを紹介するゲキサカスパイク企画、通称「ゲキスパ」。スパイクマイスターKoheiが「マーキュリアル12」の限定トップモデルを開封して紹介。ゴールドスパイクの機能性は?通常モデルとの違いは?マーキュリアルの特長は?すべて分かりやすく解説。

【Kohei プロフィール】
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

スピードとフィットに磨きをかけたスパイク、新型「マーキュリアル」が登場

ナイキの新スパイク『マーキュリアル ヴェイパー13 エリートFG』
 ナイキは8日、爆発的なスピードや軽量性をコンセプトにした新スパイク、ナイキ『MERCURIAL(マーキュリアル)』の新作シリーズを発表した。『スーパーフライ7』と『ヴェイパー13』から成る本シリーズは前モデルで採用されていた360度のフライニットイノベーション構造をベースに、新しい素材と新しいアウトソールを搭載することでさらなる進化を遂げたのが特徴。

 ナイキ『マーキュリアル』は1998年に衝撃的なデビューを飾って以降、幾多の名プレーヤーが着用し数々の記録を打ち立て、スピードスパイクの代名詞として人気を博している。マーキュリアルは以前までは2年に1度の改良サイクルだったが、今回は約1年で新型にモデルチェンジ。アッパーとプレートの進化に加え、新しいグラフィックデザインを取り入れるなどの改良を加えた2019バージョンの新マーキュリアルが生み出された。


 以前よりも軽くて高強度の糸を使用して編み上げた新しいフライニットアッパーが優れたフィット性や安定性をもたらしつつ表面に凸凹構造を形成してACC(オール・コンディションズ・コントロール)テクノロジーも組み合わさることでボールに対するさらなるグリップ性を発揮。


 今回初めてフライワイヤーとフライニットを完全に融合。これによりフィット性を損なわずに安定性やホールド性を向上させることが可能になり、マーキュリアルシリーズに初めてのイノベーションが加わった。


 天然芝用のFGソールプレートはソールの前部と後部がセパレートした構造は継承しながら、要所に改良を施すことで以前のモデルよりも耐久性や反発性が向上。スピードプレーヤーのダッシュや加速をさらに後押しする機能性を有している。


 7日に行われた女子ワールドカップ決勝にて大会MVPと得点王に輝いたFWミーガン・ラピノー(アメリカ女子代表)らが新マーキュリアルを着用し華々しいデビューを飾った。その他、FWクリスティアーノ・ロナウド、FWネイマール、FWキリアン・ムバッペら数多くのナイキ契約選手が新マーキュリアルを着用予定。


 『ヴェイパー13エリートFG』は7月8日からNIKEアプリ内で発売開始、『スーパーフライ7エリートFG』は7月26日よりNIKE.COM並びに一部専門店にて発売が開始される。

★ナイキ『マーキュリアル』の詳細はこちら

ハイパフォーマンスを発揮するフロー状態から着想を得たプーマの新スパイクが登場(14枚)

新スパイク『フューチャー4.1 NETFIT』
 プーマは4日、限界を突破して最大限にパフォーマンスを発揮する“フロー状態”に着目したアンセムパックコレクションの新スパイク「FUTURE 4.1(フューチャー4.1)」と「ONE 5.1(ワン5.1)」を発表した。7月4日から全国のプーマ製品取扱店舗などで発売開始されている。

【動画】取替え式サッカースパイク「SGソール」の手入れ方法を徹底解説!

【動画】取替え式サッカースパイク「SGソール」の手入れ方法を徹底解説!
 サッカースパイクをお手入れする「スパイクケアレシピ~Koheiがサッカースパイクを綺麗に手入れしてみた~」動画。スパイクマイスターKoheiがサッカースパイクの取り替え式スタッドソール(SGソールやミックスソール)のお手入れ方法を紹介!アウトソールに付いた泥汚れを綺麗にする方法、取替え式スタッドの取り外し方や取り外した後の手入れ方法まで、すべて分かりやすく解説。

Kohei プロフィール:
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。小学、中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

【動画】ナイキ「ティエンポレジェンド8 エリート HG」開封&紹介!進化した機能性を解説

【動画】ナイキ「ティエンポレジェンド8 エリート HG」開封&紹介!進化した機能性を解説
 サッカースパイクを紹介する「ゲキスパ~Koheiが話題のスパイクを履いてみた~」。スパイクマイスターKoheiが最新スパイク「ティエンポ8」のトップモデルを開封して紹介!カンガルーレザーの柔らかさはどれくらい!?クアッドフィットメッシュって何??すべて分かりやすく解説!

Kohei プロフィール:
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

【動画】アディダス「エックス 19.1 FG」開封&紹介!前作からの進化ポイントを解説

【動画】アディダス「エックス 19.1 FG」開封&紹介!前作からの進化ポイントを解説
 サッカースパイクを紹介する「ゲキスパ~Koheiが話題のスパイクを履いてみた~」。スパイクマイスターKoheiが最新スパイク「X19.1 FG」を開封して紹介!スピードメッシュアッパーの進化とは!?新型リブテクスチャーのグリップ性は?スパイクマイスターが徹底解説する。

Kohei プロフィール:
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

軽さは機能だ!ミズノ新スパイク『レビュラ3』開発者に聞いてみた

ミズノの新スパイク『レビュラ3』について開発者に聞いてみた
 ミズノは、サッカースパイクREBULA(レビュラ)の最新モデル『REBULA 3(レビュラスリー)』シリーズを6月14日に全国のミズノ商品取扱店で発売する。2017年7月にデビューした『レビュラ』は、“決定的なプレーを生み出すためのシューズ”をコンセプトに、スピードとボールタッチの機能を追求したサッカースパイクだ。新スパイク『レビュラ3』についてスパイクマイスターKoheiが開発責任者の陳賢太(ちん・けんた)氏にインタビューを実施。開発秘話、機能性の特長、知られざる進化ポイントなど、新スパイクの魅力を存分に語ってもらった。

ミズノ『レビュラ3』開発責任者の陳賢太氏

――まず『レビュラ3』のコンセプトをご説明していただけますか?

「『レビュラ3』では初代レビュラから続いている“スピードとボールタッチを両方コントロールして、決定的なプレーを生み出すためのスパイク”というコンセプトは継承しながら、今回はよりスピードにフォーカスしてバージョンアップを図りました。それはなぜかというと、現代サッカーというのは本当に高速化しているからです。ダッシュのスピードのみならず、状況判断やプレー選択のスピード、パススピード、攻守の切り替えのスピードなど、あらゆる局面でスピードが求められるようになっています。その高速化している現代サッカーのトレンドに対して『レビュラ』がどういうことができるか、『レビュラ』を履いたらどういうプレーを引き出すことができるか、ということに焦点を当て、スピードをテーマに進化させることが『レビュラ3』のコンセプトになりました。


――『レビュラ』シリーズもついに3代目モデルとなりましたが、2017年7月にデビューした初代モデルから2代目モデル、3代目モデルまでの流れの中で、それぞれの進化の変遷や特長を教えていただけますか?

「初代モデルと2代目モデルはどちらかというと、ボールコントロールスパイクとしての顔がやや強かったかなと。改めてスピードを高めるために何が大事か?ということを考えたときにシンプルにスパイクが重かったらダメだと思いました。スピードに対してまずは軽量性が重要で、初代モデルと2代目モデルでは叶わなかった軽さという部分を『レビュラ3』では実現することにしたのです。軽さは一番わかりやすい価値で、プレーヤーにも伝わりやすいですし、持った瞬間や履いた瞬間に軽いと感じることも大事です。ミズノのサッカースパイクでは“軽量・柔軟・素足感覚”というモレリアのコンセプトが根付いていて、この精神というのはモレリアだけでなく他のスパイクにも通ずるものがあります。そこでミズノでは“軽量=機能”と捉えて『レビュラ3』の軽量化を図りました。しかしただ単に軽くするだけではダメなのです。耐久性度外視で軽くしただけのスパイクというのは軽いけれどもすぐに壊れますしより良いパフォーマンスには繋がりません。土でも人工芝でもハードに履ける耐久性やパフォーマンスをキープしつつ、さらにスピードやボールタッチを高める機能を搭載しながら軽くしないと良いスパイクにはなりません。それは正直なところ至難の業だったのですが、『レビュラ3』ではシリーズ史上、最軽量となる約215g(27.0cm片方)という軽さを実現することができたので、この軽さによって『レビュラ』がさらなる進化を果たしたと言えるでしょう」


「『レビュラ3』では軽さのみならず、プレーやパフォーマンスが向上するさまざまな機能も搭載しています。試合中にスピードが必要な場面は何か、と考えたときに攻守の切り替えや、裏への抜け出し、ルーズボールの取り合いなど長短のスピードだけでなく、あらゆる局面で360度行きたい方向へ最速のスピードで走れる、到達できることがベストです。そういった360度のスピードを高めるためにソールの屈曲性やねじれやすさを高める屈曲溝を配置し、硬い芯によってたわみにくいスタッドとローテーションリブの組み合わせが力強い蹴り出しを導いてくれる機能も搭載しています。軽さ×機能による相乗効果が得られるのが以前までのレビュラとは違う、『レビュラ3』ならではのストロングポイントです。」


――軽量化やアウトソールの進化のみならず、アッパーも大きく進化した印象を受けます。『レビュラ3』のアッパーの特長や機能性を教えてください。

「まず、アッパーの素材にはカンガルーレザーを採用しています。カンガルーレザーによる抜群のフィット感や足なじみを生み出しながら、シューズのタン部分にはレビュラシリーズの中では最薄設計のSTタングを採用して足とスパイクとの一体感も高めました。さらにカンガルーレザーの内側に3D CTフレームという低反発スポンジのフォーム材を内蔵してボールタッチをサポートする役割も備えています。CTフレームという機能自体は初代レビュラやレビュラ2でも搭載していましたが、レビュラ3では低反発スポンジのフレームと人工皮革のフレームをクロスさせてより立体的に仕上げた3D形状にアップデートさせました。これによって、アッパーがよりブレにくく安定性や保形性が高まり、なおかつ、ボールタッチしたときのボールクッション性も前作から約9%向上させることに成功しました。


 実は『レビュラ3』ではCTフレームのスポンジの素材から見直し、今までよりもさらに柔らかな低反発スポンジを採用したのです。従来の低反発スポンジは冬場など寒いコンディションのときにスポンジ自体がアッパーの内部でやや硬くなったりやや固まったりする傾向がありました。『レビュラ3』ではどのシーズンでも柔らかさやクッション性を維持するために従来よりもさらに柔らかな低反発スポンジを採用しボールクッション性を9%向上させ、人工皮革フレームをクロスさせた3D形状によってアッパーの保形性も高めてより型崩れしにくいアッパーへと進化させました。『レビュラ3』に採用している低反発スポンジは裸の状態だとくるくると自然に丸まってくるぐらい柔らかでソフトです。これがボールクッション性を高める源で、『レビュラ3』の3D CTフレームの知られざるポイントだと言えると思います。」


――『レビュラ3』開発中に最も苦労した部分やエピソードなどはありますか?

「やはり軽量化ですね。ミズノのスパイクはすべてのサーフェス(グラウンド)に対応しないといけません。なぜかというと、日本のサッカー場は土もあれば人工芝もあり、天然芝で試合をすることもあります。そういった日本特有のサッカー環境のなかではどんなグラウンドでも使用できるスパイクが求められます。他社は天然芝用のFGソール、土用のHGソールといった風にサーフェスごとにソールを分けて開発し、FGソールは軽量だけどもHGソールは重かったりするのが実情としてあります。FGソールならスタッドを細くしたりソールを薄くして樹脂の量を減らせば簡単に軽量化できるのですが、それは日本発のブランドであるミズノのモノ作りの精神やコンセプトには合いません。ミズノのスパイクはすべてのサーフェスに対応して、どんなグラウンドコンディションでも確かな耐久性や強度を発揮しながらより良いパフォーマンスを導いてあげられるクオリティーの高さを実現することを命題にしています。それでもなお軽くするというのは非常に難しいミッションでしたし正直かなり苦労しました。ですが『レビュラ3』では数々の試行錯誤やテストを重ねてシリーズ史上、最軽量となる約215g(27.0cm片方)を実現することができたので自信をもっておすすめできるスパイクに仕上がっています。」


――『レビュラ3』はかなり期待できるスパイクということですね。ミズノといえばモレリアシリーズも有名ですが、中高生など部活プレーヤーが『モレリアNEO2』と『レビュラ3 JAPAN』のどちらを購入すればいいのか迷うときがでてくる場合もあると思います。そういったときに開発者からの目線で選び分けのポイントはありますか?

「どちらもフィッティングというのは遜色ないくらい良いですし、どちらを履いても履き心地は気に入って頂けると思います。F・トーレス選手が『モレリアNEO2』から『レビュラ3』に着用スパイクを替えましたが、彼は履いた瞬間に快適かどうかを最も重視しています。そういったフィッティングや履き心地にこだわってスパイクを選んでいるF・トーレス選手が『レビュラ3』を選んだというのは一つの参考にはなると思います。あとはレビュラとモレリアでの大きな違いとしては『レビュラ3』では履いてプレーする上でフィット性や履き心地の良さはもちろんのこと、さらにプラスの機能が搭載されているというところです。『レビュラ3』では360度のスピードを高めるソールのクイックネス機能や柔らかなボールタッチをサポートする機能を盛り込んでいるのが特長としてあり、今ミズノが考えうる最新のテクノロジーを詰め込んだスパイクが『レビュラ3』です。その最新のテクノロジーや機能性を求めるプレーヤーにぜひ履いてほしいです。一方のモレリアシリーズは本当に“軽量・柔軟・素足感覚”を突き詰めたスパイクで、まるで素足のようにそのままフィットしてくれる抜群の履き心地がストロングポイントです。そういった違いを把握してから選び分けると、より良いスパイク選びに繋がると思います。」


――『レビュラ3』ではJAPAN(ジャパン)、ELITE(エリート)、PRO(プロ)、SELECT(セレクト)という4つのランクがラインナップされていますが、それぞれどういうプレーヤーにおすすめですか?

「まず『レビュラ3 JAPAN』はメイドインジャパンの高品質さにこだわった最高峰スパイクですので、例えば高校生や大学生だと、一生懸命サッカーを頑張っているプレーヤーの試合用スパイクとしてぜひ履いてほしいです。『レビュラ3』シリーズのポテンシャルの高さを存分に味わうことができるスパイクが『レビュラ3 JAPAN』です。とはいえ、定価25,000円+税という値段になっているので、普段の練習でガンガン履く用としては耐久性に優れた人工皮革アッパーを採用している『レビュラ3 PRO(定価14,000円+税)』を選んでもらうといいのかなと。一番下のランクの『レビュラ3 SELECT(定価8,700円+税)』は例えば中学生の層や、ジュニア用モデルも出していますので、これからサッカーを始める子たちや小学生プレーヤーにもおすすめです。ちなみに私の子供には『レビュラ3 SELECT』を履かせています(笑)。余談ですがレビュラシリーズの中でも一つのストーリーを作りたいと思っています。サッカーを始める小学生ぐらいはSELECTジュニアを履いて、そこから中学に上がったらSELECTの大人モデルを履いて、そこからレベルが上がってきたらPROを履いて、高校生になったら練習ではPROを履いて、試合ではELITEやJAPANを履く、という風にそういう繋がりやストーリーを思い描いて4つのランクをラインナップさせています。」


――陳さんが『レビュラ3』の4つのランクの中で個人的に好きなランクと、一番推すランクはどれになりますか?

「それは『レビュラ3 ELITE』です。もちろん『レビュラ3 JAPAN』がレビュラシリーズの中では唯一の日本製としてトップオブトップのクオリティーを有していますが、そのJAPANとまったく同じアウトソールを搭載して、アッパーにもカンガルーレザーを採用。さらにシリーズの中で一番軽量なのが『レビュラ3 ELITE』です(片方約210g)。一番おすすめなのはELITEですし、前作の『レビュラ2V1』が定価20,000円+税だったのに対し、『レビュラ3 ELITE』は定価17,000円+税になってコストパフォーマンスの面でも非常に優れているスパイクです。」


――それでは最後に、部活生に向けてメッセージをお願いします。

「ミズノはJAPAN SPIRITの精神のもとに、みなさんの活躍や夢をサポートしたいと思って全身全霊でモノ作りに励んでいます。ぜひミズノのスパイクを履いて一生懸命練習してサッカーを楽しんでほしいですし、これからもみなさんのサッカー人生に少しでも寄り添うことができるよう日々努力していきます。今後もミズノフットボールにご期待ください。」

★ミズノ『レビュラ3』の詳細はこちら

【ゲキスパ】「ミズノ レビュラ3 JAPAN」~Koheiが話題のスパイクを履いてみた~

【ゲキスパ】「ミズノ レビュラ3 JAPAN」~Koheiが話題のスパイクを履いてみた~
 サッカースパイクを紹介する「ゲキスパ~Koheiが話題のスパイクを履いてみた~」。スパイクマイスターKoheiが6月14日発売の3代目レビュラ「レビュラ3」デビューイベントに潜入&「レビュラ3 JAPAN 」を徹底解説!前作から何が大きく変わったのか!?

Kohei プロフィール:
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

日本vsトリニダード・トバゴ戦、日本代表スタメン11人の着用スパイクリスト

日本代表スターティングメンバーの着用スパイクリスト
 日本代表は5日、キリンチャレンジカップでトリニダード・トバゴ代表と対戦。日本代表のスターティングメンバー11人の着用スパイクを紹介する。

▽GK 23 シュミット・ダニエル
プーマ『フューチャー19.1 NETFIT

▽DF 5 長友佑都
ナイキ『スーパーフライ6エリート

19 酒井宏樹
ナイキ『ヴェイパー12エリート

3 昌子源
ナイキ『ティエンポレジェンド7

22 畠中槙之輔
ニューバランス『442 PRO

16 冨安健洋
ナイキ『ティエンポレジェンド7

▽MF 7 柴崎岳
アンブロ『アクセレイター U by G

11 中島翔哉
ブラックアウトスパイク

24 守田英正
ミズノ『モレリアNEO2

21 堂安律
プーマ『フューチャー19.1 NETFIT(特別カラー)』

▽FW 15 大迫勇也
ナイキ『ファントムヴェノム

 スタメン11人の着用スパイクメーカー内訳はナイキ5人、プーマ2人、アンブロ1人、ニューバランス1人、ミズノ1人、黒塗りスパイク1人となった。MF中島はメーカーロゴが無い真っ黒のスパイクを着用。MF堂安は5月にプーマとの契約を発表。今回の親善試合に合わせて特別仕様のスペシャルカラーをまとったプーマスパイクを着用している。

【動画】Koheiが全部答えます!「アディダス ネメシス 19」は前作から何が変わったの?

【動画】Koheiが全部答えます!「アディダス ネメシス 19」は前作から何が変わったの?
 サッカースパイクを紹介する「ゲキスパ~Koheiが話題のスパイクを履いてみた~」。今回はスパイクマイスターKoheiが新しくなった「アディダス ネメシス 19」のポイントをQ&A形式で徹底解説!前作から大きく進化したポイントはどこなのかが丸わかり。

【ゲキスパ】「アディダス ネメシス 19.1 FG」~Koheiが話題のスパイクを履いてみた~

【ゲキスパ】「アディダス ネメシス 19.1 FG」~Koheiが話題のスパイクを履いてみた~
 サッカースパイクを紹介する「ゲキスパ~Koheiが話題のスパイクを履いてみた~」。「Kohei's BLOG」でおなじみのスパイクマイスターKohei氏が新しくなった「アディダス ネメシス 19.1 FG」をレビュー!

★ネメシス 19.1 FGの詳細はこちら

Kohei プロフィール:
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

Sponsered by adidas

いよいよEL決勝!チェルシーのトップチームメンバー24人の着用スパイクリスト

チェルシーのトップチームメンバー24人の着用スパイクとは
 29日にアゼルバイジャンのバクー・オリンピックスタジアムで開催されるEL決勝では、プレミアリーグのチェルシーアーセナルが激突。今回はチェルシーのトップチームメンバー全24人の着用スパイクをゲキサカで独自リサーチし、着用スパイクリストを集計した(※2019年5月28日時点での着用スパイクで集計)。

 着用スパイクのメーカー毎の内訳はナイキ13人、アディダス9人、プーマ1人、ニューバランス1人となっている。プーマのスパイクを履いているのはFWオリビエ・ジル、ニューバランススパイク着用はGKロバート・グリーンである。

 全24人の中での最多着用スパイクは5人が着用しているアディダス『エックス19.1』。軽量性とホールド性に優れ一体感のあるフィット性が特長のスパイクだ。

チェルシーの着用スパイク詳細は以下の通り。

▽GK 1 ケパ・アリサバラガ
アディダス『エックス19.1

13 ウィリー・カバジェロ
ナイキ『マジスタ オブラ2

31 ロバート・グリーン
ニューバランス『フューロン v4 PRO

▽DF 2 アントニオ・リュディガー
ナイキ『ティエンポレジェンド7

3 マルコス・アロンソ
ナイキ『ファントムヴェノム

21 ダビデ・ザッパコスタ
アディダス『エックス19.1

24 ガリー・ケイヒル
ナイキ『ファントムビジョン

27 アンドレアス・クリステンセン
アディダス『エックス19.1

28 セサル・アスピリクエタ
アディダス『コパ19.1

30 ダビド・ルイス
ナイキ『マジスタ オブラ2

33 エメルソン・パルミエリ
アディダス『ネメシス19.1

▽MF 5 ジョルジーニョ
ナイキ『ティエンポレジェンド7

6 ダニー・ドリンクウォーター
アディダス『コパ19.1

7 エンゴロ・カンテ
アディダス『エックス19.1

8 ロス・バークリー
ナイキ『ファントムヴェノム

10 エデン・アザール
ナイキ『ヴェイパー12エリート

11 ペドロ・ロドリゲス
ナイキ『ヴェイパー12エリート

12 ルベン・ロフタス・チーク
アディダス『エックス19.1

17 マテオ・コバチッチ
ナイキ『ハイパーヴェノムファントム3

22 ウィリアン
ナイキ『ヴェイパー12エリート

44 イーサン・アンパドゥ
ナイキ『ファントムヴェノム

▽FW 9 ゴンサロ・イグアイン
ナイキ『ファントムヴェノム

18 オリビエ・ジル
プーマ『ワン19.1 SYN

20 カラム・ハドソン・オドイ
アディダス『エックス18+

●ヨーロッパリーグ(EL)18-19特集
●プレミアリーグ2018-19特集
●注目試合をチェック!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

EL決勝を迎えるアーセナルのトップチームメンバー全員の着用スパイクリスト(28枚)

MF 10 メスト・エジル
アディダス『プレデターアクセレレイターZZ』
 アーセナルは29日に行われるUEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝でチェルシーと対戦する。今回はアーセナルのトップチームメンバー全28人の着用スパイクをピックアップした。

●ヨーロッパリーグ(EL)18-19特集
●プレミアリーグ2018-19特集
●注目試合をチェック!!“初月無料”DAZNでライブ配信中