【F1試合結果&順位】5連勝の立川・府中が2位浮上!昇格から39試合未勝利の長野がようやく初勝利

【F1試合結果&順位】5連勝の立川・府中が2位浮上!昇格から39試合未勝利の長野がようやく初勝利
 10月24日、25日に各会場でFリーグ2020-2021 ディビジョン1が7試合行われた。

※今シーズンから前半・後半の表記は前半=第1ピリオド、後半=第2ピリオドがFリーグで使用する正式表記となります。

来週の11月1日(日)からは有観客試合へ

 24日にバルドラール浦安アリーナで行われた立川・府中アスレティックFCvsエスポラーダ北海道の試合で先制点を決めたのは、立川・府中。第1ピリオド5分に得た左サイドのコーナーキックのチャンスで、後方で構えていた上村充哉が左足を振り抜いて長いシュートを放つ。これをゴール前にいた渡邉知晃が軌道を少し逸らしてゴールとなる。さらに9分には、18歳の金澤空のFリーグ初得点が決まって立川・府中が2点差として第2ピリオドへ。

 23分、反撃に出た北海道の1点を返されると、立川・府中は31分に北海道の三浦憂に自陣でボールを奪われると、ミドルを決められてしまう。これで2-2となり試合は一時振り出しになるが、35分に内田隼太が、36分に上村が得点したことで4-2となり北海道の追撃を振り切った。

 激しい試合を繰り広げた両者は翌日、立川・府中は横須賀アリーナでY.S.C.C.横浜と、北海道はことぶきアリーナ千曲でボアルース長野との連戦に臨んだ。

 立川・府中は第1ピリオド9分にオウンゴールによって横浜に先制点をプレゼントしてしまうが、12分に酒井遼太郎のゴールですぐさま同点にする。しかし16分にまたも失点し相手にリードを許すが、17分に前日Fリーグ初得点を決めた金澤2日連続ゴールで追いつき2-2の同点に。

 第2ピリオドに入り先にゴールを奪ったのは立川・府中。30分に右サイド高い位置で得たキックインからのパスをジョーがゴール前で冷静に決めた。さらに32分に完山徹一が追加点を決めて4-2。残り42秒に横浜に1点を返されるが、4-3で勝利した立川・府中が2日間で勝ち点6を獲得。2位へと浮上した。

 一方、バルドラール浦安アリーナのある千葉県から長野県へと移動して試合に臨んだ北海道。対戦相手のボアルース長野は昨シーズンF1リーグに昇格しながらも全33試合を未勝利に終わってしまい、今シーズンも6連敗と初勝利が遠のいていた。

 そんな中での試合は、こう着状態が続き第1ピリオドをスコアレスで終える。第2ピリオドになって北海道は相手の3倍以上のシュート23本を放ちながらも長野のGK・矢内大介が好セーブを連発。痺れを切らした北海道は、GKの坂桂輔を相手陣内へ上げてパワープレーに出る。しかし残り46秒にボールを奪われ、長野の有江哲平に無人のゴールへとシュートを蹴り込まれてしまい失点。これが決勝弾となり北海道は敗戦。勝利した長野は昨シーズンのF1初戦から数えて40試合目にして嬉しい初勝利。選手たちは喜びの感情を爆発させ、普段は淡々としている横澤直樹監督もこの時ばかりは目を赤くして初勝利を噛み締めた。

 また同日には延期となっていた名古屋オーシャンズvsペスカドーラ町田の試合も行われた。町田は前日にホームの町田市立総合体育館で昨シーズン2位のバサジィ大分と対戦し、3-5で敗れたその足で愛知県へ移動して試合に臨んだ。それにもかかわらず終始強度高く来られた町田に、名古屋は苦戦。第1ピリオド8分と9分のゴールで2点リードしていたが、11分にカウンターからゴールを許し2-1で20分が経過する。

 それでも名古屋は第2ピリオド27分に左サイドの角度ない位置から星翔太がネットを揺らして3-1。30分にセットプレーから1点を返され再び1点差に詰め寄られたが、38分にアルトゥールのゴールで突き放した名古屋が4-2で勝利。開幕から8連勝の名古屋がリーグ4連覇へ向けて、さらに勝ち点3を積み上げた。

 なお、リーグからすでに発表があったように来週の11月1日(日)からはリモートマッチ(無観客試合)開催を解除し、制限付きで観客動員しての開催が決定している。

先週末の結果は以下のとおり

■試合結果
立川・府中アスレティックFC 4-2 エスポラーダ北海道
ペスカドーラ町田 3-5 バサジィ大分
シュライカー大阪 1-2 ボルクバレット北九州
フウガドールすみだ 2-5 湘南ベルマーレ

ボアルース長野 1-0 エスポラーダ北海道
Y.S.C.C.横浜 3-4 立川・府中アスレティックFC
名古屋オーシャンズ 4-2 ペスカドーラ町田

■順位表

※SAL編集部作成

■次週試合日
10月31日(土)
バサジィ大分 12:00 フウガドールすみだ
湘南ベルマーレ 14:00 ボルクバレット北九州
立川・府中アスレティックFC 16:00 バルドラール浦安
11月1日(日)
エスポラーダ北海道 13:00 シュライカー大阪
ペスカドーラ町田 17:00 Y.S.C.C.横浜

(記事提供:SAL)

【F1試合結果&順位】6試合で合計44得点!10ゴールが入り乱れたすみだvs大阪を皮切りにゴールラッシュ!

【F1試合結果&順位】6試合で合計44得点!10ゴールが入り乱れたすみだvs大阪を皮切りにゴールラッシュ!
 10月16日から18日にかけて、各会場でFリーグ2020-2021 ディビジョン1が6試合行われた。

※今シーズンから前半・後半の表記は前半=第1ピリオド、後半=第2ピリオドがFリーグで使用する正式表記となります。

町田が1カ月ぶりに臨んだ試合に勝利

 6試合で大量44ゴールが生まれた先週のF1リーグ。その中で最初のカードとなったフウガドールすみだ対シュライカー大阪では10ゴールが入り乱れた。

 先制点が生まれたのは第1ピリオド10分。すみだのガリンシャが個人技からゴールをこじ開ける。13分に追いつかれ、14分7秒に失点を重ねすみだは逆転されてしまう。しかし直後の同28秒に宮崎曉のゴールで2-2とするが18分にまたも失点を許し2-3で第2ピリオドへ。

 第2ピリオドでも点の奪い合いが続いた。26分にすみだは鬼塚祥慶のゴールで3-3となるが27分22秒にPKを献上。これを決められ3-4とされるが、27分53秒に高い位置で得たFKから大阪のオウンゴールを誘い4-4。30分に5失点目を喫し、大阪にリードを許すが37分に宮崎がこの日2点目を決めて5-5。スコアはこれ以上動かずに試合は終了したが、互いに一歩譲らない接戦になった。

 17日、小田原アリーナでは湘南ベルマーレとペスカドーラ町田によるダービーマッチ「境川決戦」が行われた。町田は、新型コロナウイルスの陽性者が2名確認されたことで3試合が延期になり、この湘南戦が1カ月ぶりの公式戦になった。

 町田は第1ピリオド6分に先制点を決められてしまうが、試合感の無さを全く感じさせず9分、12分のゴールで逆転。1点リードで第2ピリオドを迎え、28分、36分に追加点を決めて3点差。しかしその後、湘南にパワープレーからの猛攻で2点を決められるが4-3で逃げ切った町田が勝利。開幕から3試合を戦い全試合で勝利を収めている。

 同じく開幕から6試合全勝中でリーグ4連覇を目指す名古屋オーシャンズは18日、昇格チームのY.S.C.C.横浜と対戦した。スコアが動いたのは第1ピリオド6分3秒。名古屋が右サイドの高い位置で得たキックインのチャンスからアルトゥールが決める。さらに同35秒にもアルトゥールがゴールを決めて2点を先制。さらに9分、19分に名古屋の吉川智貴、安藤良平が追加点を決めて4-0でハーフタイムを迎える。

 第2ピリオド31分にカウンターから1点を変えられる名古屋だが、38分にアルトゥールのこの日3得点目が決まり5-1で試合終了。開幕から7試合連続で勝利した名古屋が勝ち点を21に伸ばした。

 それ以外での試合でも、ホーム開幕戦となったバルドラール浦安がボアルース長野に9-1で大勝。エスポラーダ北海道がボルクバレット北九州に1-3から4-3に逆転勝利するなどゴールラッシュとなった。

今週の結果は以下のとおり

■試合結果
フウガドールすみだ 5-5 シュライカー大阪

湘南ベルマーレ 3-4 ペスカドーラ町田
バルドラール浦安 9-1 ボアルース長野

ボルクバレット北九州 3-4 エスポラーダ北海道
立川・府中アスレティックFC 4-0 バサジィ大分
名古屋オーシャンズ 5-1 Y.S.C.C.横浜

■順位表

※SAL編集部作成

■次週試合日程
10月24日(土)
立川・府中アスレティックFC 11:00 エスポラーダ北海道
ペスカドーラ町田 13:00 バサジィ大分
シュライカー大阪 15:00 ボルクバレット北九州
フウガドールすみだ 19:00 湘南ベルマーレ
10月25日(日)
ボアルース長野 12:00 エスポラーダ北海道
Y.S.C.C.横浜 14:00 立川・府中アスレティックFC

※ABEMA 10月の放送予定はこちら

(記事提供:SAL)

【F1試合結果&順位】開始6秒弾を決めた横浜が初の連勝!昨季王者・名古屋vs昨季2位の大分による天王山の結果は…

【F1試合結果&順位】開始6秒弾を決めた横浜が初の連勝!昨季王者・名古屋vs昨季2位の大分による天王山の結果は…
 10月9日と11日に各会場でFリーグ2020-2021 ディビジョン1が5試合行われた。

※今シーズンから前半・後半の表記は前半=第1ピリオド、後半=第2ピリオドがFリーグで使用する正式表記となります。

浦安の猛攻凌いだ横浜が逃げ切る

 9日、横浜武道館で行われたY.S.C.C.横浜vsバルドラール浦安では、キックオフからわずか6秒後に、横浜がデザインされたプレーで先制する。しかし浦安に第1ピリオド2分で追いつかれ、スコアは早くも1-1。しかしその後、10分と12分に横浜が2点を追加し、3-1でハーフタイムへ。

 第2ピリオド、浦安にパワープレーでの猛攻を仕掛けられるが失点を38分のオウンゴールのみで抑え、3-2で横浜が勝利。前節ボアルース長野にF1初勝利を飾った横浜が、この勝利で初の連勝をも収めた。

 また、11日には昨シーズン2位のバサジィ大分のホームで、昨シーズン王者・名古屋オーシャンズとの一戦が行われた。試合の内容は、天王山らしく固い展開になった。互いに攻め続けながらも先制点が生まれたのは第1ピリオド16分。第2PKスポット付近で名古屋のペピータがボールをキープし、右サイドをあがってきた安藤良平へ展開。安藤がファーへシュート性のパスを出し、吉川智貴がそれを詰めてゴールが生まれる。

 名古屋の1点リードで迎えた第2ピリオドは、21分40秒に吉川がこぼれ球を詰めて2点差に。しかし21分57秒には大分にゴールが生まれ再び1点差。その後も両者攻撃の手を緩めることはなかったが、スコアは動かず試合終了。名古屋が天王山を制し、開幕6連勝を飾った。

今週の結果は以下のとおり

■試合結果
Y.S.C.C.横浜 3-2 バルドラール浦安

ボアルース長野 2-5 ボルクバレット北九州
バサジィ大分 1-2 名古屋オーシャンズ
エスポラーダ北海道 2-2 フウガドールすみだ
立川・府中アスレティックFC 2-1 湘南ベルマーレ

■順位表

※SAL編集部作成

■次週試合日程
10月16日(金)
フウガドールすみだ 19:30 シュライカー大阪
10月17日(土)
湘南ベルマーレ 15:00 ペスカドーラ町田
バルドラール浦安 17:00 ボアルース長野
10月18日(日)
ボルクバレット北九州 12:00 エスポラーダ北海道
立川・府中アスレティックFC 14:00 バサジィ大分
名古屋オーシャンズ 16:00 Y.S.C.C.横浜

※ABEMA 10月の放送予定こちら

(記事提供:SAL)

【F1試合結果&順位】Y.S.C.C.横浜が昇格後初勝利!北海道から逃げ切った湘南が3位浮上!

【F1試合結果&順位】Y.S.C.C.横浜が昇格後初勝利!北海道から逃げ切った湘南が3位浮上!
 10月3日と4日に各会場でFリーグ2020-2021 ディビジョン1が4試合行われた。

※今シーズンから前半・後半の表記は前半=第1ピリオド、後半=第2ピリオドがFリーグで使用する正式表記となります。

シュライカー大阪が9発快勝を収める

 3日に行われたエスポラーダ北海道対湘南ベルマーレは、第1ピリオドのうちに湘南が3得点を決めて一挙リード。しかし第2ピリオドに入ってすぐの24分に北海道の水上玄太がGKが湘南ゴール前に投げたボールをダイレクトボレーで合わせて1点を返される。その後、猛攻を仕掛けられるが、ポストに何度も救われスコアは動かないまま試合終了。3-1で勝利した湘南が3位へ浮上した。

 同日、2018シーズンのF2王者・ボアルース長野対2019シーズンF2王者のY.S.C.C.横浜の一戦も行われた。共にF1初勝利を目指すチーム同士の戦いは、開始からわずか56秒で横浜の高橋健が2点を先制する。反撃に出る長野は第1ピリオド15分、17分に丸山将輝がゴールを決めて2-2の同点に。19分に横浜がさらに1点を追加し、横浜が1点リードでハーフタイムへ。

 第2ピリオドでは横浜が22分と27分に追加点を決めて3点差とする。だが長野の坂井佑駿が2点を返して1点差にまで迫ると、残り1分1秒に横浜の笠篤史がこの日2度目の警告を受けて退場。横浜は一人少ない状況になったが、1点を守り抜き、F1初勝利を掴み取った。

 敗れた長野は、翌日シュライカー大阪とも戦った。試合序盤は互いにゴールが生まれずにいたが、第1ピリオド9分に大阪の相井忍が先制点を決められ均衡が崩れる。10分、14分、16分、19分に2つの第2PKを含む大量5得点が大阪に生まれて第1ピリオドが終了する。第2ピリオドに入り、長野が開始24秒で1点を返すがそれ以上長野にゴールは決まらず、さらに4失点を喫して連戦を連敗で終えた。一方で9点を決めて勝利した大阪は2位をキープした。

今週の結果は以下のとおり

■試合結果
エスポラーダ北海道 1-3 湘南ベルマーレ
ボアルース長野 4-5 Y.S.C.C.横浜

ボルクバレット北九州 4-5 立川・府中アスレティックFC
ボアルース長野 1-9 シュライカー大阪

■順位表

※SAL編集部作成

■次週試合日程
10月9日(金)
Y.S.C.C.横浜 19:30 バルドラール浦安
10月11日(日)
ボアルース長野 10:30 ボルクバレット北九州
バサジィ大分 12:00 名古屋オーシャンズ
エスポラーダ北海道 14:00 フウガドールすみだ
立川・府中アスレティックFC 16:30 湘南ベルマーレ

(記事提供:SAL)

【F1試合結果&順位】Y.S.C.C.横浜が昇格後初勝利!北海道から逃げ切った湘南が3位浮上!

【F1試合結果&順位】Y.S.C.C.横浜が昇格後初勝利!北海道から逃げ切った湘南が3位浮上!
 10月3日と4日に各会場でFリーグ2020-2021 ディビジョン1が4試合行われた。

※今シーズンから前半・後半の表記は前半=第1ピリオド、後半=第2ピリオドがFリーグで使用する正式表記となります。

シュライカー大阪が9発快勝を収める

 3日に行われたエスポラーダ北海道対湘南ベルマーレは、第1ピリオドのうちに湘南が3得点を決めて一挙リード。しかし第2ピリオドに入ってすぐの24分に北海道の水上玄太がGKが湘南ゴール前に投げたボールをダイレクトボレーで合わせて1点を返される。その後、猛攻を仕掛けられるが、ポストに何度も救われスコアは動かないまま試合終了。3-1で勝利した湘南が3位へ浮上した。

 同日、2018シーズンのF2王者・ボアルース長野対2019シーズンF2王者のY.S.C.C.横浜の一戦も行われた。共にF1初勝利を目指すチーム同士の戦いは、開始からわずか56秒で横浜の高橋健が2点を先制する。反撃に出る長野は第1ピリオド15分、17分に丸山将輝がゴールを決めて2-2の同点に。19分に横浜がさらに1点を追加し、横浜が1点リードでハーフタイムへ。

 第2ピリオドでは横浜が22分と27分に追加点を決めて3点差とする。だが長野の坂井佑駿が2点を返して1点差にまで迫ると、残り1分1秒に横浜の笠篤史がこの日2度目の警告を受けて退場。横浜は一人少ない状況になったが、1点を守り抜き、F1初勝利を掴み取った。

 敗れた長野は、翌日シュライカー大阪とも戦った。試合序盤は互いにゴールが生まれずにいたが、第1ピリオド9分に大阪の相井忍が先制点を決められ均衡が崩れる。10分、14分、16分、19分に2つの第2PKを含む大量5得点が大阪に生まれて第1ピリオドが終了する。第2ピリオドに入り、長野が開始24秒で1点を返すがそれ以上長野にゴールは決まらず、さらに4失点を喫して連戦を連敗で終えた。一方で9点を決めて勝利した大阪は2位をキープした。

今週の結果は以下のとおり

■試合結果
エスポラーダ北海道 1-3 湘南ベルマーレ
ボアルース長野 4-5 Y.S.C.C.横浜

ボルクバレット北九州 4-5 立川・府中アスレティックFC
ボアルース長野 1-9 シュライカー大阪

■順位表

※SAL編集部作成

■次週試合日程
10月9日(金)
Y.S.C.C.横浜 19:30 バルドラール浦安
10月11日(日)
ボアルース長野 10:30 ボルクバレット北九州
バサジィ大分 12:00 名古屋オーシャンズ
エスポラーダ北海道 14:00 フウガドールすみだ
立川・府中アスレティックFC 16:30 湘南ベルマーレ

(記事提供:SAL)

【F1試合結果&順位】名古屋が開幕5連勝!長野vs町田は、町田の所属選手が新型コロナウイルスに感染し開催延期に

【F1試合結果&順位】名古屋が開幕5連勝!長野vs町田は、町田の所属選手が新型コロナウイルスに感染し開催延期に
 9月20日から27日にかけて各会場でFリーグ2020-2021 ディビジョン1が6試合行われた。

※今シーズンから前半・後半の表記は前半=第1ピリオド、後半=第2ピリオドがFリーグで使用する正式表記となります。

昨季2位の大分に勝利した湘南が今季初白星!

 首位の名古屋オーシャンズは、中止になってしまったが12月にAFCフットサルクラブ選手権を戦う予定だった。そのため前倒し的に試合数を多く消化。20日にエスポラーダ北海道と、22日にシュライカー大阪と対戦し北海道に2-1、大阪に3-1と勝利し、連戦を連勝で乗り切った。

 26日、長野県の千曲市戸倉体育館でボアルース長野vsペスカドーラ町田の一戦が控えていた。しかし試合前日に、町田の所属選手から1名、新型コロナウイルス感染症の検査結果で陽性反応が確認されたとして、試合の延期が発表された。

 Fリーグでは9月5日の開幕戦前に、選手およびスタッフを対象にPCR検査を実施。検査を受けた全員の陰性判定が確認されていたが、今回初めて陽性反応が確認された。

 27日には4試合が行われ、大分県のサイクルショップコダマ大洲アリーナでは昨シーズン2位のバサジィ大分が開幕から未勝利の湘南ベルマーレと対戦した。試合は、開始から10秒で本田真琉虎洲が決めて湘南が先制する。しかし第1ピリオド9分に大分の小門勇太が古巣相手に反転シュートからゴールを決めて1-1。

 同点で迎えた第2ピリオド、どちらにスコアが生まれてもおかしくない中で追加点を奪ったのは湘南。35分にGKのフィウーザからの長いボールを本田がゴールに背を向けた状態から頭で合わせてリードする。さらに38分には湘南・内村俊太のダメ押し弾が決まり3-1で湘南が今季初勝利を手にした。

 同日、連戦を勝利した名古屋はホームでボルクバレット北九州と対戦した。先制点は開始から1分3秒で名古屋に生まれるが、2分30秒には北九州の安嶋健至がゴール前の小林謙太との連係からゴールを決めてすぐさま同点に追いつく。

 第2ピリオドに入ってもスコアは1-1のまま、互いに強度の落ちないゲームだったが23分にキックインからの落としに合わせたペピータのシュートがゴールに刺さり名古屋がリードする。さらに31分にペピータのこの日2点目が決まって3-1。北九州は最後、GKを下げてピッチにフィールドプレイヤー5人を送り込むパワープレーを仕掛けたがゴールは奪えず試合終了。名古屋が開幕5連勝を収めた。

試合の結果、順位表は以下のとおり

■試合結果
名古屋オーシャンズ 2-1 エスポラーダ北海道

名古屋オーシャンズ 3-1 シュライカー大阪

ボアルース長野 延期 ペスカドーラ町田

シュライカー大阪 1-0 立川・府中アスレティックFC
バサジィ大分 1-3 湘南ベルマーレ
エスポラーダ北海道 2-1 バルドラール浦安
名古屋オーシャンズ 3-1 ボルクバレット北九州

■順位表

※SAL編集部作成

■次週試合日程
10月3日(土)
エスポラーダ北海道 12:00 湘南ベルマーレ
ボアルース長野 14:00 Y.S.C.C.横浜
名古屋オーシャンズ 16:00 ペスカドーラ町田
10月4日(日)
ボルクバレット北九州 12:00 立川・府中アスレティックFC
ボアルース長野 14:00 シュライカー大阪

※ABEMA 10月の放送予定はこちら

(記事提供:SAL)

【F1試合結果&順位】名古屋、町田、大分が開幕2連勝!東京ダービーでは前代未聞の珍事も!?

【F1試合結果&順位】名古屋、町田、大分が開幕2連勝!東京ダービーでは前代未聞の珍事も!?
 9月12日、13日と19日に各会場でFリーグ2020-2021ディビジョン1が6試合行われた。

※今シーズンから前半・後半の表記は前半=第1ピリオド、後半=第2ピリオドがFリーグで使用する正式表記となります。

町田会場で3試合が行われる

 12日、シュライカー大阪は丸善インテックアリーナ大阪で昇格チームのY.S.C.C.横浜と対戦した。一時は2-2の接戦となるが第2ピリオド残り9分を切ったところで、大阪がさらに2点を決めて4-2。ホームで今季初の勝ち点3を手にした。

 翌日、リーグ4連覇を目指す名古屋オーシャンズは、武田テバオーシャンアリーナでのホーム開幕戦で立川・府中アスレティックFCと対戦。試合は、第1ピリオド6分までに名古屋が大量5得点を決める波乱の展開に。40分を終えて、スコアは7-0。立川・府中に完勝を収めた。

 その翌週、べっぷアリーナで1試合、町田市立総合体育館で3試合が行われた。

 昨シーズン2位のバサジィ大分はボアルース長野に6-2で勝利。試合終盤に2失点を喫したものの大分が4点差で勝利を収め開幕2連勝となった。

 ホーム開幕戦となったペスカドーラ町田は昇格組のボルクバレット北九州と対戦した。試合は第1ピリオド1分24秒に町田が先制点を決められるが、第1ピリオドのうちに2得点を返して一時逆転。しかし第1ピリオド終了間際に失点を許してしまい2-2で試合を折り返す。第2ピリオドは、クレパウジ・ヴィニシウスのハットトリックを含む4得点が町田に決まる。終盤にGKをFPと交代する捨て身のパワープレーを北九州に仕掛けられるが、そこでの失点を1に抑えた町田が6-3で勝利をした。

 町田会場での2試合目、立川・府中とフウガドールすみだによる東京ダービーが行われた。白とブラウンのチェック柄のユニフォームの立川・府中と白のユニフォームのすみだの試合、第1ピリオドは1-1の同点で折り返す。ハーフタイムを経て迎えた第2ピリオドだったが、すみだのフィールドプレイヤー全員が紺のシャツに着替えてくるという、前代未聞と言える珍事が起きた。

 ユニフォームを変えてきたすみだは、第2ピリオド開始から1分でゴールを奪いリードしたものの、その後2失点を重ねて逆転されてしまう。残り3分を切ったところで、すみだがパワープレーを開始。その思惑通り同点弾が決まる。今度は立川・府中が勝ち越し点を決めるためにパワープレーを始めるが、それ以上両者に得点は生まれずダービーマッチは3-3に終わった。

 この日最後の試合は、湘南ベルマーレ対バルドラール浦安。共にハードワークが持ち味とする両チームの対決は、第1ピリオド残り56秒に湘南が第2PKのチャンスを得る。これをロドリゴがしっかりと決めて先制。第2ピリオドも共にゴールへ迫り続ける両者だったが、互いに一歩も譲らずゴールが生まれない。そこで試合終盤、ビハインドの浦安がパワープレーを開始する。残り時間55秒に同点ゴールが決まったが、試合は1-1のままで終了。勝ち点1を分け合った。

試合の結果、順位表は以下のとおり

■試合結果
シュライカー大阪 4-2 Y.S.C.C.横浜

名古屋オーシャンズ 7-0 立川・府中アスレティックFC

バサジィ大分 6-2 ボアルース長野
ペスカドーラ町田 6-3 ボルクバレット北九州
立川・府中アスレティックFC 3-3 フウガドールすみだ
湘南ベルマーレ 1-1 バルドラール浦安

■順位表

※SAL編集部作成

■次週試合日程
9月22日(火・祝)
名古屋オーシャンズ 13:00 シュライカー大阪
9月26日(土)
ボアルース長野 17:00 ペスカドーラ町田
9月27日(日)
シュライカー大阪 10:00 立川・府中アスレティックFC
バサジィ大分 12:00 湘南ベルマーレ
エスポラーダ北海道 14:00 バルドラール浦安
名古屋オーシャンズ 16:00 ボルクバレット北九州

※ABEMA 9月の放送予定はこちら

(記事提供:SAL)

【F1試合結果&順位】98日遅れの開幕!王者・名古屋は6発快勝、昇格の北九州は初戦で初勝利!

【F1試合結果&順位】98日遅れの開幕!王者・名古屋は6発快勝、昇格の北九州は初戦で初勝利!
 9月5日(土)、6日(日)に三重県営サンアリーナに全12クラブが集まりFリーグ2020-2021ディビジョン1の第1節の6試合が行われた。

※今シーズンから前半・後半の表記は前半=第1ピリオド、後半=第2ピリオドがFリーグで使用する正式表記となります。

15歳の浦安・柴山が最年少出場記録を更新

 本来なら5月30日(土)に開幕と予告されていた今シーズンだが、新型コロナウイルスの影響を受けて延期に。しかし観客を入れずに行うリモートマッチを条件に9月5日、6日開幕が実現。98日遅れの開幕になった。

 そんな中で行われたオープニングマッチは昨シーズン、F2を優勝し、今シーズンから初めてF1を戦うY.S.C.C.横浜とペスカドーラ町田の一戦。試合は残り5分まで2-3と横浜が食らいついていたが、終盤に2得点を許し2-5で敗れてしまっている。

 1日目の第2試合では、開幕の2日前に2種登録が発表された浦安の15歳・柴山圭吾がスタメン入り。15歳と7カ月11日でFリーグデビューを果たし、リーグ最年少出場記録を塗り替えた。試合は開始3分10秒の先制弾を守り抜いた浦安が立川・府中アスレティックFCに1-0で勝利を収めた。

 その試合、柴山の出場機会はほとんどなかったが試合後、浦安の小宮山友祐新監督は「彼が15歳なのが私自身も信じられないくらい。彼は浦安の宝ですし、これからきっと日本フットサル界の宝になる」と期待を口にし「機会があればどんどん使っていきたい」と今後の起用も明言した。

 そして5日の第3試合は4連覇を目指す名古屋オーシャンズとボアルース長野の一戦。新加入のアルトゥールのハットトリックを含む6発で好スタートを切った。

 2日目の第1試合は、こちらも初めてF1を戦うボルクバレット北九州が湘南ベルマーレと対戦した。試合は北九州のウーゴ・サンチェスが第1ピリオド17分までにハットトリックを決めて3点先制。第2ピリオドに2点を返されるが、北九州がF1初陣で昨シーズン5位の湘南を相手に初勝利を収めた。

 2試合目はシュライカー大阪対エスポラーダ北海道。新監督同士の試合は、金井一哉監督率いる北海道が2点先制するも永井義文監督の大阪が2点差を追いつき引き分けに終わった。また、この試合で37歳の水上玄太が4シーズン連続で開幕戦でゴールを決めた。自身14回目の開幕戦で得点したのがこれで10回目になった。

 開幕戦、最後のカードとなったのはフウガドールすみだ対バサジィ大分。昨シーズンのプレーオフ準決勝と同じカードになった。試合は1-2の状況から、大分の小門勇太が放ったシュートが相手のオウンゴールを誘い同点に。その後PKを含む2得点をさらに決めた大分が4-2で逆転勝利を収めている。

 今シーズンはプレーオフがなく、ホーム&アウェイ方式による2回戦総当たりの順位で優勝が決まる。また、最下位チームはF2の優勝チームとの入替戦で残留、もしくは降格が決定する。

今週の結果は以下のとおり

■試合結果
Y.S.C.C.横浜 2-5 ペスカドーラ町田
バルドラール浦安 1-0 立川・府中アスレティックFC
名古屋オーシャンズ 6-2 ボアルース長野

ボルクバレット北九州 3-2 湘南ベルマーレ
シュライカー大阪 2-2 エスポラーダ北海道
フウガドールすみだ 2-4 バサジィ大分

■順位表

※SAL編集部作成

■次週試合日程
9月12日(土)
シュライカー大阪 13:00 Y.S.C.C.横浜
9月13日(日)
名古屋オーシャンズ 13:00 立川・府中アスレティックFC

※ABEMA 9月の放送予定はこちら

(記事提供:SAL)

Fリーグ仙台が今季不参加へ「財政⾯⽴て直しを図るため」開幕も延期

Fリーグ仙台が今季不参加へ「財政⾯⽴て直しを図るため」開幕も延期
 日本フットサル連盟は14日、新型コロナウイルスの感染予防対策と拡散防止のため、5月30日に予定していたFリーグの開幕を延期すると発表した。開幕日は今後の感染拡大状況に鑑みて、決定次第公表されるという。

 同連盟はあわせて今季のクラブ編成を発表。ライセンス不交付によりF2リーグ降格が決まっていたヴォスクオーレ仙台は不参加が決まった。リーグ側は「クラブの財政⾯⽴て直しを図るため」と説明しており、詳細は後日仙台側から公表されるという。

 その他、Y.S.C.C.横浜とボルクバレット北九州がF2からF1に昇格。Fリーグ選抜は廃止となった。

2020-21シーズンのクラブ編成は以下のとおり

▼F1
エスポラーダ北海道
バルドラール浦安
フウガドールすみだ
立川・府中アスレティックFC
ペスカドーラ町田
Y.S.C.C.横浜
湘南ベルマーレ
ボアルース長野
名古屋オーシャンズ
シュライカー大阪
ボルクバレット北九州
バサジィ大分

▼F2
トルエーラ柏
ヴィンセドール白山
アグレミーナ浜松
デウソン神戸
広島エフ・ドゥ
ポルセイド浜田

フットサル日本代表の森岡薫着用シューズ、ガビック『ジーアティテュード ID KM99』を発表

ガビック『ジーアティテュードID KM99』を着用するフットサル日本代表の森岡薫
 総合スポーツブランドの「GAViC(ガビック)」は24日、『ジーアティテュード ID KM99(ケーエムダブルナイン)』を発表した。このシューズはフットサル日本代表の森岡薫(ペスカドーラ町田)のこれまでの経験やプレースタイル、細かな要望などを反映した完全特注仕様でありながら初のシグネチャーモデルとなっているのが特長。


 『ジーアティテュード ID KM99』はアッパー全体にラップKNIT(ニット素材)を使用し、柔らかく足を包み込むストレスのない履き心地を演出。さらに安定性が必要な部分にはTPUフィルムのサポート設計を採用することでステップ時の横ブレを軽減しながら耐久性や保形性も兼備している。インソールにはグリップ力に秀でたノンスリップインソールを採用したことによってシューズ内の足ブレを抑えて安定した足入れ感をサポートし、足裏感覚の良さと高いグリップ力を両立したコアフィットソール2がインドアコートでの動きやすさをもたらす。


 さらに森岡の要望として足の甲部にフィットするシュータンには伸縮性に優れた素材を一体化して採用した新設計を取り入れ、プレー中にシュータンがずれてしまうストレスをなくし快適な履き心地に貢献。従来のアウトソールは飴色だったが、今回は森岡の要望によってあえてホワイトソールを採用。アッパーのカラーリングにも森岡が好んでいるという『イエロー×ブルー』の配色を採用してアッパーの仕様のみならずカラーリングまで森岡の要望を反映した完全シグネチャーモデルに仕上がっている。

 森岡は「このシューズは競技者向けに作られているので、かなり丈夫でクッション性も良くしかも軽量!!どんなプレースタイルの選手にも合う1足だと思います。皆さんもぜひ履いてみてください!」とコメントしている。


 『ジーアティテュード ID KM99』は3月1日(金)より全国のガビック製品取り扱い店にて発売される。一部の対象店舗ではキャンペーンも実施予定。

★GAViC ジーアティテュードID KM99の詳細はこちら

@adidasfun

色んな縫い合せパターンから選択し生地毎の色を指定できるフルオーダーのパターン。スーツのセミオーダーみたいな感じ。 #フットサル #サッカー #ユニフォーム #グラデーション #カスタマイズ #高品質 #着心地 #保障 #ロンヨン

@adidasfun

サッカーユニフォームは背番号や胸番号、パンツ番号入れていくらになるのかが知りたいが価格がわかりつらい。 #フットサル #サッカー #ユニフォーム #グラデーション #カスタマイズ #高品質 #着心地 #保障 #ロンヨン

@adidasfun

サッカーユニフォームは背番号や胸番号、パンツ番号入れていくらになるのかが知りたいが価格がわかりつらい。 #フットサル #サッカー #ユニフォーム #グラデーション #カスタマイズ #高品質 #着心地 #保障 #ロンヨン