「5回手術してるんで」G大阪GK東口順昭、J1通算300試合到達にしみじみ

「5回手術してるんで」G大阪GK東口順昭、J1通算300試合到達にしみじみ
[9.27 J1第19節 広島1-2G大阪 Eスタ]

 大怪我を乗り越えての節目到達となる。J1通算300試合出場は通算111人目となるが、GKの到達は7人目。ガンバ大阪の日本代表GK東口順昭(34)は、「達成できたのは自分一人の力ではないと改めて感じている」としみじみと振り返った。

 東口は2009年にアルビレックス新潟でプロ生活をスタート。すべてプロ12年間をすべてJ1で過ごしているが、デビュー当初は怪我による長期離脱を繰り返した。2011年には試合ではなく、ファン感謝イベントで前十字靭帯を痛めてしまうなど、不運も重なった。

 ただ2014年にG大阪に移籍して以降は、18年に右頬骨と右眼窩底を骨折したことはあったが、それ以外に大きな離脱をすることなく、ここまでやってきた。

「5回手術しているので、よく300に行けたなと思います」と振り返った東口。ただ「それがなければ今の自分はなかった」と話すと、「しょうがない怪我もありましたが、自分の精神的に未熟なところで怪我をしたこともあった。自分を律することを怪我で教えてもらえた」と過去への“感謝”を語る。

 上には上がいて、GKのJ1通算出場記録は18年限りで現役を引退した楢崎正剛さん(元名古屋)の631試合。東口でさえ、まだ半分にも到達していない大記録だ。それでも「もちろん近づけるように頑張りたい」と意欲的に話した東口は、「次は400ですかね」と1試合1試合の積み重ねを強調した。

GKのJ1通算出場数ランキング
1、楢崎正剛 631試合
2、曽ヶ端準 533試合
3、西川周作 475試合
4、川口能活 421試合
5、土肥洋一 341試合
6、西部洋平 312試合
7、東口順昭 300試合
※27日現在 

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

琉球vs千葉 試合記録

【J2第22節】(タピスタ)
琉球 0-1(前半0-0)千葉


<得点者>
[千]山下敬大(68分)

<警告>
[琉]阿部拓馬(76分)

観衆:1,464人
主審:吉田哲朗
副審:八木あかね、日高晴樹

<出場メンバー>
[FC琉球]
先発
GK 26 田口潤人
DF 11 田中恵太
(88分→DF 2 鳥養祐矢)
DF 9 李栄直
DF 3 福井諒司
(88分→MF 23 池田廉)
DF 14 沼田圭悟
MF 20 上里一将
MF 29 市丸瑞希
(73分→MF 6 風間宏希)
MF 8 風間宏矢
(63分→FW 21 上原慎也)
MF 13 河合秀人
MF 28 小泉佳穂
FW 16 阿部拓馬
控え
GK 17 積田景介
DF 15 知念哲矢
MF 7 小野伸二
監督
樋口靖洋

[ジェフユナイテッド千葉]
先発
GK 1 新井章太
DF 37 本村武揚
DF 15 チャン・ミンギュ
DF 16 鳥海晃司
DF 33 安田理大
MF 4 田口泰士
MF 39 見木友哉
(90分→MF 32 高橋壱晟)
MF 13 為田大貴
(90分→FW 21 アラン・ピニェイロ)
FW 10 船山貴之
(77分→MF 20 矢田旭)
FW 44 川又堅碁
(61分→FW 24 山下敬大)
FW 9 クレーベ
(77分→DF 5 増嶋竜也)
控え
GK 31 鈴木椋大
MF 6 田坂祐介
監督
尹晶煥

琉球vs千葉 試合記録

【J2第22節】(タピスタ)
琉球 0-1(前半0-0)千葉


<得点者>
[千]山下敬大(68分)

<警告>
[琉]阿部拓馬(76分)

観衆:1,464人
主審:吉田哲朗
副審:八木あかね、日高晴樹

<出場メンバー>
[FC琉球]
先発
GK 26 田口潤人
DF 11 田中恵太
(88分→DF 2 鳥養祐矢)
DF 9 李栄直
DF 3 福井諒司
(88分→MF 23 池田廉)
DF 14 沼田圭悟
MF 20 上里一将
MF 29 市丸瑞希
(73分→MF 6 風間宏希)
MF 8 風間宏矢
(63分→FW 21 上原慎也)
MF 13 河合秀人
MF 28 小泉佳穂
FW 16 阿部拓馬
控え
GK 17 積田景介
DF 15 知念哲矢
MF 7 小野伸二
監督
樋口靖洋

[ジェフユナイテッド千葉]
先発
GK 1 新井章太
DF 37 本村武揚
DF 15 チャン・ミンギュ
DF 16 鳥海晃司
DF 33 安田理大
MF 4 田口泰士
MF 39 見木友哉
(90分→MF 32 高橋壱晟)
MF 13 為田大貴
(90分→FW 21 アラン・ピニェイロ)
FW 10 船山貴之
(77分→MF 20 矢田旭)
FW 44 川又堅碁
(61分→FW 24 山下敬大)
FW 9 クレーベ
(77分→DF 5 増嶋竜也)
控え
GK 31 鈴木椋大
MF 6 田坂祐介
監督
尹晶煥

山口vs岡山 試合記録

【J2第22節】(みらスタ)
山口 1-2(前半1-1)岡山


<得点者>
[山]ヘナン(24分)
[岡]上田康太(33分)、山本大貴(82分)

<警告>
[岡]徳元悠平(90分+5)

観衆:2,345人
主審:岡宏道
副審:武部陽介、日比野真

<出場メンバー>
[レノファ山口FC]
先発
GK 17 吉満大介
DF 28 眞鍋旭輝
DF 30 ヘニキ
DF 3 ヘナン
MF 29 田中陸
(89分→DF 41 武岡優斗)
MF 6 高宇洋
MF 10 池上丈二
(66分→FW 7 田中パウロ淳一)
MF 42 橋本健人
FW 16 浮田健誠
(75分→FW 19 森晃太)
FW 18 小松蓮
(75分→FW 38 河野孝汰)
FW 11 高井和馬
控え
GK 33 山田元気
DF 2 菊地光将
MF 20 清永丈瑠
監督
霜田正浩

[ファジアーノ岡山]
先発
GK 22 ポープ・ウィリアム
DF 21 椋原健太
DF 4 濱田水輝
DF 3 後藤圭太
DF 41 徳元悠平
MF 11 三村真
(62分→MF 17 関戸健二)
MF 7 白井永地
MF 14 上田康太
(62分→MF 26 パウリーニョ)
MF 19 上門知樹
(90分+1→DF 20 チェ・ジョンウォン)
FW 18 齊藤和樹
(81分→FW 25 野口竜彦)
FW 24 赤嶺真吾
(62分→FW 15 山本大貴)
控え
GK 13 金山隼樹
DF 23 松木駿之介
監督
有馬賢二

山口vs岡山 試合記録

【J2第22節】(みらスタ)
山口 1-2(前半1-1)岡山


<得点者>
[山]ヘナン(24分)
[岡]上田康太(33分)、山本大貴(82分)

<警告>
[岡]徳元悠平(90分+5)

観衆:2,345人
主審:岡宏道
副審:武部陽介、日比野真

<出場メンバー>
[レノファ山口FC]
先発
GK 17 吉満大介
DF 28 眞鍋旭輝
DF 30 ヘニキ
DF 3 ヘナン
MF 29 田中陸
(89分→DF 41 武岡優斗)
MF 6 高宇洋
MF 10 池上丈二
(66分→FW 7 田中パウロ淳一)
MF 42 橋本健人
FW 16 浮田健誠
(75分→FW 19 森晃太)
FW 18 小松蓮
(75分→FW 38 河野孝汰)
FW 11 高井和馬
控え
GK 33 山田元気
DF 2 菊地光将
MF 20 清永丈瑠
監督
霜田正浩

[ファジアーノ岡山]
先発
GK 22 ポープ・ウィリアム
DF 21 椋原健太
DF 4 濱田水輝
DF 3 後藤圭太
DF 41 徳元悠平
MF 11 三村真
(62分→MF 17 関戸健二)
MF 7 白井永地
MF 14 上田康太
(62分→MF 26 パウリーニョ)
MF 19 上門知樹
(90分+1→DF 20 チェ・ジョンウォン)
FW 18 齊藤和樹
(81分→FW 25 野口竜彦)
FW 24 赤嶺真吾
(62分→FW 15 山本大貴)
控え
GK 13 金山隼樹
DF 23 松木駿之介
監督
有馬賢二

湘南vs川崎F 試合記録

【J1第19節】(BMWス)
湘南 0-1(前半0-1)川崎F


<得点者>
[川]小林悠(18分)

<警告>
[川]車屋紳太郎(16分)

観衆:4,189人
主審:家本政明
副審:野村修、勝又弘樹

<出場メンバー>
[湘南ベルマーレ]
先発
GK 25 谷晃生
DF 19 舘幸希
DF 38 石原広教
DF 32 田中聡
(87分→MF 14 中川寛斗)
MF 6 岡本拓也
MF 23 茨田陽生
(83分→MF 30 柴田壮介)
MF 2 金子大毅
MF 16 齊藤未月
(75分→FW 11 タリク)
MF 5 古林将太
(46分→MF 28 鈴木冬一)
FW 13 石原直樹
FW 18 松田天馬
控え
GK 21 後藤雅明
MF 29 三幸秀稔
FW 9 指宿洋史
監督
浮嶋敏

[川崎フロンターレ]
先発
GK 1 チョン・ソンリョン
DF 13 山根視来
DF 4 ジェジエウ
DF 5 谷口彰悟
DF 7 車屋紳太郎
(46分→DF 2 登里享平)
MF 6 守田英正
MF 25 田中碧
MF 8 脇坂泰斗
(62分→MF 18 三笘薫)
FW 41 家長昭博
(82分→FW 9 レアンドロ・ダミアン)
FW 30 旗手怜央
(82分→MF 19 齋藤学)
FW 11 小林悠
(75分→FW 20 宮代大聖)
控え
GK 27 丹野研太
MF 22 下田北斗
監督
鬼木達

柏vs横浜FM 試合記録

【J1第19節】(三協F柏)
柏 1-3(前半1-0)横浜FM


<得点者>
[柏]オルンガ(40分)
[横]エリキ(77分)、オウンゴール(82分)、前田大然(90分+2)

<警告>
[柏]三原雅俊(67分)
[横]チアゴ・マルチンス(20分)

観衆:2,715人
主審:上田益也
副審:岡野宇広、森川浩次
3試合ぶりオルンガ弾で柏先制も…4試合連続の3ゴールで横浜FMが4連勝!!

<出場メンバー>
[柏レイソル]
先発
GK 17 キム・スンギュ
DF 13 北爪健吾
(75分→DF 6 高橋峻希)
DF 25 大南拓磨
DF 50 山下達也
DF 4 古賀太陽
MF 28 戸嶋祥郎
(36分→DF 20 三丸拡)
MF 7 大谷秀和
MF 27 三原雅俊
(80分→MF 8 ヒシャルジソン)
FW 10 江坂任
FW 14 オルンガ
FW 33 仲間隼斗
控え
GK 16 滝本晴彦
DF 2 鎌田次郎
FW 19 呉屋大翔
FW 35 細谷真大
監督
ネルシーニョ

[横浜F・マリノス]
先発
GK 21 梶川裕嗣
DF 27 松原健
(46分→MF 6 扇原貴宏)
DF 13 チアゴ・マルチンス
DF 15 伊藤槙人
MF 25 小池龍太
MF 8 喜田拓也
MF 26 渡辺皓太
(84分→MF 33 和田拓也)
MF 5 ティーラトン
FW 17 エリキ
(90分+2→FW 30 エジガル・ジュニオ)
FW 45 オナイウ阿道
(46分→FW 23 仲川輝人)
FW 9 マルコス・ジュニオール
(64分→FW 38 前田大然)
控え
GK 34 中林洋次
MF 18 水沼宏太
監督
アンジェ・ポステコグルー

3試合ぶりオルンガ弾で柏先制も…4試合連続の3ゴールで横浜FMが4連勝!!

後半の3ゴールで横浜F・マリノスが逆転勝利
[9.27 J1第19節 柏1-3横浜FM 三協F柏]

 勝ち点30で並ぶ6位柏レイソルと、7位横浜F・マリノスによる三協フロンテア柏スタジアムでの一戦は、横浜FMが逆転勝利をおさめた。

 3試合ぶりに勝ち点3を手にした前節・札幌戦(○1-0)と同じ11人でスタートした柏。札幌戦、前々節・広島戦(△1-1)に続き3試合連続で、FWオルンガ1トップにFW江坂任とFW仲間隼斗をシャドーに並べた3-4-2-1の布陣を敷いた。

 3ゴールを奪っての3連勝と好調の横浜FM。古巣戦となるMF小池龍太が4試合ぶりに先発に入った。今夏に柏から期限付き移籍中し、11試合7ゴールと結果を残しているFWジュニオール・サントスは、柏との公式戦には出場できないためベンチ外となった。
[スタメン&布陣はコチラ]

 ミラーゲームとなったこの試合で、最初のシュートは4戦6ゴールのFWエリキだった。小池がゴールライン際から折り返したボールを狙ったが、枠をとらえることはできず。対する柏も仲間、江坂がペナルティエリア外からシュートを放つもGK梶川裕嗣の正面を突いてしまう。

 しかし、その後は横浜FMが攻めの時間を増やしていく。19分にはDF松原健が裏に抜けた小池に浮き球を通すも、ラストパスはMF戸嶋祥郎にクリアされる。さらに22分、小池が右サイドから斜めに入れたボールを、ファーサイドのFWマルコス・ジュニオールが折り返してエリキがゴールネットを揺らしたが、判定はオフサイドとなりゴールとはならなかった。

 前半34分、柏は仲間が左に開いた江坂へサイドチェンジ。ためをつくった江坂はオーバーラップしてきた戸嶋へ。戸嶋がタッチライン際まで切り込んでゴール前に送るもCKに逃れられてしまう。このプレーで負傷した戸嶋は続行不能となりDF三丸拡と交代。40分の左CKで三丸がキッカーを務めると、オルンガの頭に合わせ柏が先制に成功した。

 1点を追う横浜FMは、ハーフタイムに2枚替え。FW仲川輝人をシャドー、MF扇原貴宏をボランチに配置した。14分にはカウンターで仲川が抜け出すと、ゴール前のティーラトンに送る。すべりこんだ柏DFを外してシュートに持ち込んだが、カバーに入ったDF古賀太陽とMF大谷秀和にクリアされてしまった。

 さらに、MF渡辺皓太が中盤で相手をかわすと、柏の3バックの間を走るエリキへスルーパス。そのまま決定機を迎えたが、シュートは枠をとらえられない。それでも32分、左サイドから崩しにかかると、仲川のパスは一度柏守備陣に止められるが、仲川がすぐさま取り返すと、ゴール前でエリキに横パス。エリキは体制を崩しながらも右足で蹴り込んで、試合は振り出しに戻った。

 ここから横浜FMがたたみかける。37分、小池がエリキにスルーパスを送ると、エリキはゴール中央の仲川へ合わせる。仲川の前に入ったDF大南拓磨が先にボールにさわるも、そのままゴールに吸い込まれ、オウンゴールで横浜FMが試合をひっくり返した。

 柏は後半もチャンスを重ねるも決めきることができず。アディショナルタイムには、仲川のラストパスから途中出場のFW前田大然がダメ押し。3試合連続の4ゴールで、横浜FMが今季初の4連勝を飾った。

(取材・文 奥山典幸)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第19節2日目 スコア速報

3試合ぶりオルンガ弾で柏先制も…4試合連続の3ゴールで横浜FMが4連勝!!

後半の3ゴールで横浜F・マリノスが逆転勝利
[9.27 J1第19節 柏1-3横浜FM 三協F柏]

 勝ち点30で並ぶ6位柏レイソルと、7位横浜F・マリノスによる三協フロンテア柏スタジアムでの一戦は、横浜FMが逆転勝利をおさめた。

 3試合ぶりに勝ち点3を手にした前節・札幌戦(○1-0)と同じ11人でスタートした柏。札幌戦、前々節・広島戦(△1-1)に続き3試合連続で、FWオルンガ1トップにFW江坂任とFW仲間隼斗をシャドーに並べた3-4-2-1の布陣を敷いた。

 3ゴールを奪っての3連勝と好調の横浜FM。古巣戦となるMF小池龍太が4試合ぶりに先発に入った。今夏に柏から期限付き移籍中し、11試合7ゴールと結果を残しているFWジュニオール・サントスは、柏との公式戦には出場できないためベンチ外となった。
[スタメン&布陣はコチラ]

 ミラーゲームとなったこの試合で、最初のシュートは4戦6ゴールのFWエリキだった。小池がゴールライン際から折り返したボールを狙ったが、枠をとらえることはできず。対する柏も仲間、江坂がペナルティエリア外からシュートを放つもGK梶川裕嗣の正面を突いてしまう。

 しかし、その後は横浜FMが攻めの時間を増やしていく。19分にはDF松原健が裏に抜けた小池に浮き球を通すも、ラストパスはMF戸嶋祥郎にクリアされる。さらに22分、小池が右サイドから斜めに入れたボールを、ファーサイドのFWマルコス・ジュニオールが折り返してエリキがゴールネットを揺らしたが、判定はオフサイドとなりゴールとはならなかった。

 前半34分、柏は仲間が左に開いた江坂へサイドチェンジ。ためをつくった江坂はオーバーラップしてきた戸嶋へ。戸嶋がタッチライン際まで切り込んでゴール前に送るもCKに逃れられてしまう。このプレーで負傷した戸嶋は続行不能となりDF三丸拡と交代。40分の左CKで三丸がキッカーを務めると、オルンガの頭に合わせ柏が先制に成功した。

 1点を追う横浜FMは、ハーフタイムに2枚替え。FW仲川輝人をシャドー、MF扇原貴宏をボランチに配置した。14分にはカウンターで仲川が抜け出すと、ゴール前のティーラトンに送る。すべりこんだ柏DFを外してシュートに持ち込んだが、カバーに入ったDF古賀太陽とMF大谷秀和にクリアされてしまった。

 さらに、MF渡辺皓太が中盤で相手をかわすと、柏の3バックの間を走るエリキへスルーパス。そのまま決定機を迎えたが、シュートは枠をとらえられない。それでも32分、左サイドから崩しにかかると、仲川のパスは一度柏守備陣に止められるが、仲川がすぐさま取り返すと、ゴール前でエリキに横パス。エリキは体制を崩しながらも右足で蹴り込んで、試合は振り出しに戻った。

 ここから横浜FMがたたみかける。37分、小池がエリキにスルーパスを送ると、エリキはゴール中央の仲川へ合わせる。仲川の前に入ったDF大南拓磨が先にボールにさわるも、そのままゴールに吸い込まれ、オウンゴールで横浜FMが試合をひっくり返した。

 柏は後半もチャンスを重ねるも決めきることができず。アディショナルタイムには、仲川のラストパスから途中出場のFW前田大然がダメ押し。3試合連続の4ゴールで、横浜FMが今季初の4連勝を飾った。

(取材・文 奥山典幸)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第19節2日目 スコア速報

お見事!! ワンタッチの連係で決勝点!! 複数得点止まるも…川崎F、湘南に完封勝利で7連勝

完封勝利を収めた川崎フロンターレが7連勝を飾った
[9.27 J1リーグ第19節 湘南 0-1 川崎F BMWス]

 J1リーグは27日、第19節を開催し、Shonan BMW スタジアム平塚では湘南ベルマーレ川崎フロンターレが対戦。前半18分にFW小林悠の得点で先制した川崎Fが、1-0の完封勝利を収めた。

 2連敗中で最下位に沈む湘南は9月23日の前節・鹿島戦(●0-1)から先発2人を入れ替え、MF古林将太、DF田中聡らを先発起用。一方、6連勝中で首位を走る川崎Fは前節・横浜FC戦(○3-2)から先発5人を入れ替え、小林、FW家長昭博、MF脇坂泰斗、DF車屋紳太郎、DF谷口彰悟らがスターティングメンバ―に名を連ねた。

 前半18分に試合を動かしたのはアウェーの川崎Fだった。右サイドのDF山根視来が中央に入れたボールをMF田中碧が、ワンタッチで前線に浮き球のパスを送ると、反応した家長がジャンプしながらダイレクトでクロス。ゴール前の小林がヘディングで叩き込み、鮮やかな流れからスコアを1-0とした。

 その後も川崎Fがボールを保持して試合を進め、1点のビハインドを背負った湘南は多くの時間を守備で費やし、なかなか攻撃に転じられない。前半45分にはカウンターから好機を生み出したものの、右サイドからFW松田天馬のクロスに飛び込んだMF齊藤未月のヘディングシュートはゴール左に外れてしまった。

 1-0と川崎Fがリードしたまま後半を迎えると、リードを許す湘南はMF鈴木冬一を投入。同11分にはMF岡本拓也のクロスからMF茨田陽生が狙ったシュートがGKチョン・ソンリョンに阻まれ、こぼれ球にFW石原直樹が滑り込むもDFジェジエウにブロックされてしまう。

 優位に試合を進める川崎Fは幾度となくゴールに迫るが追加点は生まれず。しかし、湘南の反撃も許さずに1-0の完封勝利を収めた。連勝中は5、3、3、5、3、3と3点以上を奪ってきた川崎Fだが、この日は最少得点での勝利に。一方の湘南は3連敗を喫することになった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

お見事!! ワンタッチの連係で決勝点!! 複数得点止まるも…川崎F、湘南に完封勝利で7連勝

完封勝利を収めた川崎フロンターレが7連勝を飾った
[9.27 J1リーグ第19節 湘南 0-1 川崎F BMWス]

 J1リーグは27日、第19節を開催し、Shonan BMW スタジアム平塚では湘南ベルマーレ川崎フロンターレが対戦。前半18分にFW小林悠の得点で先制した川崎Fが、1-0の完封勝利を収めた。

 2連敗中で最下位に沈む湘南は9月23日の前節・鹿島戦(●0-1)から先発2人を入れ替え、MF古林将太、DF田中聡らを先発起用。一方、6連勝中で首位を走る川崎Fは前節・横浜FC戦(○3-2)から先発5人を入れ替え、小林、FW家長昭博、MF脇坂泰斗、DF車屋紳太郎、DF谷口彰悟らがスターティングメンバ―に名を連ねた。

 前半18分に試合を動かしたのはアウェーの川崎Fだった。右サイドのDF山根視来が中央に入れたボールをMF田中碧が、ワンタッチで前線に浮き球のパスを送ると、反応した家長がジャンプしながらダイレクトでクロス。ゴール前の小林がヘディングで叩き込み、鮮やかな流れからスコアを1-0とした。

 その後も川崎Fがボールを保持して試合を進め、1点のビハインドを背負った湘南は多くの時間を守備で費やし、なかなか攻撃に転じられない。前半45分にはカウンターから好機を生み出したものの、右サイドからFW松田天馬のクロスに飛び込んだMF齊藤未月のヘディングシュートはゴール左に外れてしまった。

 1-0と川崎Fがリードしたまま後半を迎えると、リードを許す湘南はMF鈴木冬一を投入。同11分にはMF岡本拓也のクロスからMF茨田陽生が狙ったシュートがGKチョン・ソンリョンに阻まれ、こぼれ球にFW石原直樹が滑り込むもDFジェジエウにブロックされてしまう。

 優位に試合を進める川崎Fは幾度となくゴールに迫るが追加点は生まれず。しかし、湘南の反撃も許さずに1-0の完封勝利を収めた。連勝中は5、3、3、5、3、3と3点以上を奪ってきた川崎Fだが、この日は最少得点での勝利に。一方の湘南は3連敗を喫することになった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

東京V平智広に第2子誕生「より一層責任感を」

DF平智広に第2子が誕生
 東京ヴェルディは27日、DF平智広(30)に第2子となる次男が誕生したことを発表した。

 クラブ公式サイトによると、次男は今月19日に誕生。平は「コロナ禍で出産には立ち会えなかったのですが、母子ともに健康だと聞いて安心しています。より一層責任感を持ち、家族のため、そして東京ヴェルディのために頑張りたいと思います」と伝えている。

 平は2016シーズンから東京Vでプレー。今季は第2節から全試合でフル出場している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

東京V平智広に第2子誕生「より一層責任感を」

DF平智広に第2子が誕生
 東京ヴェルディは27日、DF平智広(30)に第2子となる次男が誕生したことを発表した。

 クラブ公式サイトによると、次男は今月19日に誕生。平は「コロナ禍で出産には立ち会えなかったのですが、母子ともに健康だと聞いて安心しています。より一層責任感を持ち、家族のため、そして東京ヴェルディのために頑張りたいと思います」と伝えている。

 平は2016シーズンから東京Vでプレー。今季は第2節から全試合でフル出場している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

7連勝中の鹿島に粘り強く完封勝利…大分片野坂監督「選手を誇りに思う」

大分トリニータが2-0で勝利した
[9.27 J1第19節 鹿島0-2大分 カシマ]

 7連勝中だった鹿島アントラーズの進撃を止めたのは、昇格2年目の大分トリニータだった。昨季の開幕節に続き、2年連続で敵地カシマでの一戦を制した大分の片野坂知宏監督は「セカンドボール、中盤の攻防、体を張る部分、集中を切らさずに90分戦ってくれた。選手を誇りに思う」と熱く語った。

 序盤は一方的に主導権を握られ、自陣アタッキングサードで試合を進められた。時折ボールを奪っても中盤ですぐさま奪い返され、飲水タイムまでの20分間強はほとんど敵陣に侵入できず。DF鈴木義宜を中心とする守備陣がなんとか水際で防いではいたものの、失点するのは時間の問題かと思われた。

 ところが飲水タイム明けの前半28分、MF田中達也が右サイドをえぐってクロスを送り込み、ようやく最初の好機を導くと、37分にも田中が惜しいシュート。カウンターの威力を見せつけることで鹿島のプレッシングもいくぶん弱くなり、スコアレスのままハーフタイムに持ち込んだ。

 すると後半は展開が一変した。後半スタートから起用されたFW高澤優也が徐々にボールを受けられるようになり、相手を押し込む場面も出てくると、まずは12分に田中のシュートのこぼれ球を拾ったMF小塚和季が先制弾。さらに鹿島が攻撃的な交代策を取った直後の35分、カウンターから高澤のゴールも決まり、終わってみれば2-0での勝利となった。

「鹿島さんは立ち上がりからアグレッシブに鹿島さんらしい戦いをしてきたし、(大分は)攻撃の構築に難しさがあった。ただ切り替え、ゴール前の球際、体を張る部分で止まらずにやってくれた」。前半の戦いぶりをそう振り返った片野坂監督は「粘り強さが後半の得点につながり、90分を通してクリーンシートになった」と勝因を語った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

栃木vs町田 試合記録

【J2第22節】(栃木グ)
栃木 2-0(前半1-0)町田


<得点者>
[栃]柳育崇(43分)、森俊貴(72分)

<警告>
[栃]西谷優希(22分)
[町]水本裕貴(26分)

観衆:2,203人
主審:窪田陽輔
副審:竹田明弘、櫻井大輔

<出場メンバー>
[栃木SC]
先発
GK 50 オビ・パウエル・オビンナ
DF 33 黒崎隼人
DF 23 柳育崇
DF 30 田代雅也
MF 17 山本廉
(83分→FW 34 有馬幸太郎)
MF 5 岩間雄大
MF 14 西谷優希
(59分→MF 25 佐藤祥)
MF 15 溝渕雄志
(59分→DF 6 瀬川和樹)
FW 8 明本考浩
(88分→FW 9 エスクデロ競飛王)
FW 29 矢野貴章
FW 18 森俊貴
控え
GK 1 川田修平
DF 40 井出敬大
MF 13 禹相皓
監督
田坂和昭

[FC町田ゼルビア]
先発
GK 1 秋元陽太
DF 22 小田逸稀
(76分→MF 29 森村昂太)
DF 5 深津康太
DF 4 水本裕貴
(76分→DF 23 酒井隆介)
DF 2 奥山政幸
MF 14 吉尾海夏
(46分→FW 13 岡田優希)
MF 18 高江麗央
MF 25 佐野海舟
MF 10 平戸太貴
FW 20 ドリアン・バブンスキー
(46分→MF 8 ジョン・チュングン)
FW 16 安藤瑞季
(64分→FW 9 ステファン)
控え
GK 42 福井光輝
FW 30 中島裕希
監督
ランコ・ポポヴィッチ

広島vsG大阪 試合記録

【J1第19節】(Eスタ)
広島 1-2(前半0-2)G大阪


<得点者>
[広]レアンドロ・ペレイラ(70分)
[G]倉田秋(16分)、パトリック(20分)

観衆:4,104人
主審:福島孝一郎
副審:山内宏志、西村幹也
「5回手術してるんで」G大阪GK東口順昭、J1通算300試合到達にしみじみ

<出場メンバー>
[サンフレッチェ広島]
先発
GK 1 林卓人
DF 3 井林章
DF 23 荒木隼人
DF 19 佐々木翔
MF 24 東俊希
(60分→MF 25 茶島雄介)
MF 8 川辺駿
MF 6 青山敏弘
(60分→MF 44 ハイネル)
MF 18 柏好文
MF 29 浅野雄也
(81分→MF 26 土肥航大)
MF 10 森島司
(60分→FW 39 レアンドロ・ペレイラ)
FW 9 ドウグラス・ヴィエイラ
控え
GK 38 大迫敬介
DF 15 櫛引一紀
FW 20 永井龍
監督
城福浩

[ガンバ大阪]
先発
GK 1 東口順昭
DF 3 昌子源
DF 4 藤春廣輝
DF 19 キム・ヨングォン
DF 27 高尾瑠
MF 8 小野瀬康介
(90分+5→MF 34 川崎修平)
MF 10 倉田秋
(77分→MF 14 福田湧矢)
MF 15 井手口陽介
MF 29 山本悠樹
FW 9 アデミウソン
(60分→FW 33 宇佐美貴史)
FW 18 パトリック
(77分→FW 39 渡邉千真)
控え
GK 25 石川慧
DF 13 菅沼駿哉
MF 7 遠藤保仁
監督
宮本恒靖

G大阪逃げ切り3連勝!!敵地で広島の猛攻凌ぎ切る

G大阪逃げ切り3連勝!!敵地で広島の猛攻凌ぎ切る
[9.27 J1第19節 広島1-2G大阪 Eスタ]

 ガンバ大阪が敵地でサンフレッチェ広島を2-1で下し、3連勝を飾った。

 G大阪が前半、立て続けに得点を奪った。まずは16分、左サイドのミドルレンジでこぼれ球を奪ったMF倉田秋がワントラップから右足を振り抜く。これがゴール右隅を射貫いて先制点になると、20分には倉田の浮き球パスで裏に抜けたFWパトリックが、GKとの1対1を制して追加点を決めた。

 しかしボールを支配してゲームを進めたのは広島だった。だが前半24分のFKのこぼれ球からMF青山敏弘が狙ったミドルは右ポストに嫌われる。その後もG大阪ゴールに迫る動きを続けるが、この試合でJ1通算300試合出場のメモリアルとなるGK東口順昭の好セーブにも遭い、なかなかゴールネットを揺らすことができない。

 それでも後半25分、広島はMF柏好文の左クロスをFWレアンドロ・ペレイラが頭で合わせてようやく1点を返す。ただし同点までは届かず、4試合ぶりのホームでの一戦を白星で飾ることは出来なかった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

鹿児島vs長野 試合記録

【J3第18節】(白波スタ)
鹿児島 0-3(前半0-2)長野


<得点者>
[長]吉田伊吹(6分)、広瀬健太(36分)、佐野翼(78分)

<警告>
[鹿]砂森和也(78分)

観衆:2,303人
主審:上田隆生
副審:山口大輔、宮原一也

<出場メンバー>
[鹿児島ユナイテッドFC]
先発
GK 13 大西勝俉
DF 2 フォゲッチ
DF 3 岡本將成
DF 4 藤原広太朗
DF 24 砂森和也
MF 39 ニウド
MF 6 田辺圭佑
(70分→MF 38 中原秀人)
MF 36 米澤令衣
(39分→MF 16 枝本雄一郎)
MF 20 酒本憲幸
MF 8 牛之濱拓
FW 50 馬場賢治
(61分→FW 17 萱沼優聖)
控え
GK 31 畑実
DF 22 青山直晃
DF 26 田中奏一
MF 41 三宅海斗
監督
金鍾成

[AC長野パルセイロ]
先発
GK 1 小澤章人
DF 29 川田拳登
(66分→DF 3 遠藤元一)
DF 5 広瀬健太
DF 4 浦上仁騎
DF 17 水谷拓磨
MF 8 藤山智史
(89分→DF 26 大桃海斗)
MF 24 坪川潤之
MF 14 三田尚希
MF 10 東浩史
(57分→FW 13 佐野翼)
FW 15 佐相壱明
(46分→MF 6 岩沼俊介)
FW 22 吉田伊吹
(66分→FW 23 大城佑斗)
控え
GK 21 立川小太郎
MF 25 藤森亮志
監督
横山雄次

鹿島vs大分 試合記録

【J1第19節】(カシマ)
鹿島 0-2(前半0-0)大分


<得点者>
[大]小塚和季(57分)、高澤優也(80分)

<警告>
[鹿]ファン・アラーノ(62分)、関川郁万(76分)
[大]島川俊郎(45分)、ムン・キョンゴン(64分)

観衆:6,982人
主審:荒木友輔
副審:田尻智計、熊谷幸剛
7連勝・鹿島がついに止まった!! 大分が2発完封勝利、昨季開幕に続き敵地カシマで金星
7連勝中の鹿島に粘り強く完封勝利…大分片野坂監督「選手を誇りに思う」


<出場メンバー>
[鹿島アントラーズ]
先発
GK 31 沖悠哉
DF 16 山本脩斗
(67分→MF 25 遠藤康)
DF 33 関川郁万
(78分→FW 19 染野唯月)
DF 28 町田浩樹
DF 14 永戸勝也
MF 6 永木亮太
MF 20 三竿健斗
MF 7 ファン・アラーノ
MF 30 名古新太郎
(46分→MF 26 荒木遼太郎)
FW 11 和泉竜司
(78分→MF 27 松村優太)
FW 9 エヴェラウド
(46分→FW 36 上田綺世)
控え
GK 1 クォン・スンテ
DF 37 小泉慶
監督
ザーゴ

[大分トリニータ]
先発
GK 22 ムン・キョンゴン
DF 3 三竿雄斗
DF 5 鈴木義宜
DF 15 小出悠太
(71分→DF 41 刀根亮輔)
DF 19 星雄次
DF 29 岩田智輝
MF 4 島川俊郎
MF 11 田中達也
(90分+2→MF 8 町田也真人)
MF 14 小塚和季
(63分→MF 10 野村直輝)
MF 40 長谷川雄志
(71分→DF 49 羽田健人)
FW 16 渡大生
(46分→FW 31 高澤優也)
控え
GK 1 高木駿
MF 38 高畑奎汰
監督
片野坂知宏

7連勝・鹿島がついに止まった!! 大分が2発完封勝利、昨季開幕に続き敵地カシマで金星

7連勝・鹿島がついに止まった!! 大分が2発完封勝利、昨季開幕に続き敵地カシマで金星
[9.27 J1第19節 鹿島0-2大分 カシマ]

 J1リーグは27日、第19節を各地で行い、大分トリニータ鹿島アントラーズを2-0で破った。鹿島は7連勝がストップ。大分は昨季の開幕節(○2-1)に続き、2年連続で敵地カシマでのアウェーゲームを制した。

 互いに前節から中3日での一戦。ホーム鹿島は劇的な勝利を収めた湘南戦(○1-0)から6人を入れ替えた。DF山本脩斗が今季初出場、MF名古新太郎が初先発を果たし、DF町田浩樹、DF永戸勝也、MFファン・アラーノ、MF三竿健斗が新たに入った。対する大分は広島戦(●0-2)で3連勝がストップ。同じく6人を変更し、DF小出悠太、MF長谷川雄志、MF島川俊郎、DF星雄次、MF小塚和季、MF田中達也が起用された。

 試合の序盤は鹿島が一方的に主導権を握った。サイドを広く使いながら大分を押し込み、ボールを奪われてもハーフコートで即時奪回。前半9分には名古が惜しいシュートを放つと、19分にはアラーノのパスからFWエヴェラウドが抜け出し、ゴール左斜め前からの右足キックで大分DFを強襲した。

 それでも前半26分、鹿島はMF和泉竜司のゴールが枠を捉えられずにいると、大分もカウンターからチャンスを作り出す。28分、FW渡大生からのスルーパスに抜け出した田中が右サイドをえぐってクロスを供給し、これを鹿島のGK沖悠哉がキャッチできず。こぼれ球を拾った星が惜しいシュートを放った。また37分にもチーム得点王の田中がシュートを放ち、一進一退のままハーフタイムを迎えた。

 後半開始時、鹿島は名古とエヴェラウドを下げてMF荒木遼太郎とFW上田綺世、大分は渡を下げてFW高澤優也を投入。すると12分、ついにスコアが動いた。大分は右サイドでボールを受けた田中がカットインから左足を振り抜き、これは相手DFにブロックされたものの、こぼれ球を拾った小塚が右足でシュート。永戸に当たったボールが軌道を変え、沖の逆を突いてゴールマウスに吸い込まれた。

 ビハインドを負った鹿島も後半25分すぎからは徐々にゴール前で惜しい場面をつくれるようになり、三竿をCBに回して攻撃の枚数を増やす強硬策に出る。ところが35分、大分は相手のクリアボールを島川、MF羽田健人、三竿がワンタッチの浮き球でつなぎ、MF野村直輝が意表を突いた右足アウトでのスルーパスを供給。これに抜け出した高澤が落ち着いた駆け引きから左足で流し込み、リードを2点に広げた。

 その後は鹿島がシンプルに前線へとボールを入れて攻勢を試みたが、大分はここまでフルタイム出場を続けているDF鈴木義宜、シーズン途中に正守護人となったGKムン・キョンゴンを中心とした守備陣がシャットアウト。2試合ぶりの白星を収めた。鹿島は9試合ぶりの無得点で7連勝が止まった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

東京Vvs北九州 試合記録

【J2第22節】(味フィ西)
東京V 1-0(前半1-0)北九州


<得点者>
[東]小池純輝(23分)

<警告>
[東]森田晃樹(88分)
[北]椿直起(69分)、福森健太(84分)

観衆:1,301人
主審:田中玲匡
副審:塚田健太、船橋昭次
エース不在の北九州が連敗で首位陥落…東京Vが小池の決勝弾で4戦ぶり白星!

<出場メンバー>
[東京ヴェルディ]
先発
GK 31 マテウス
DF 2 若狭大志
DF 6 高橋祥平
DF 5 平智広
MF 36 藤田譲瑠チマ
MF 21 山本理仁
(61分→MF 14 森田晃樹)
MF 9 佐藤優平
(75分→MF 33 松橋優安)
MF 20 井上潮音
(83分→FW 13 大久保嘉人)
MF 16 福村貴幸
(83分→DF 3 近藤直也)
FW 19 小池純輝
(75分→MF 4 澤井直人)
FW 48 山下諒也
控え
GK 1 柴崎貴広
DF 17 クレビーニョ
監督
永井秀樹

[ギラヴァンツ北九州]
先発
GK 31 永井堅梧
DF 3 福森健太
DF 15 野口航
(81分→DF 2 新井博人)
DF 16 村松航太
DF 20 河野貴志
(68分→MF 39 椿直起)
MF 10 高橋大悟
MF 14 新垣貴之
(68分→FW 7 佐藤亮)
MF 17 加藤弘堅
MF 25 國分伸太郎
(81分→MF 4 川上竜)
FW 18 町野修斗
FW 28 鈴木国友
(53分→FW 11 池元友樹)
控え
GK 1 高橋拓也
DF 6 岡村和哉
監督
小林伸二

水戸vs群馬 試合記録

【J2第22節】(Ksスタ)
水戸 3-1(前半0-0)群馬


<得点者>
[水]アレフ・ピットブル2(52分、67分)、奥田晃也(89分)
[群]青木翔大(80分)

<警告>
[水]河野諒祐(55分)
[群]田中稔也(76分)

観衆:2,483人
主審:鶴岡将樹
副審:清野裕介、関谷宣貴

<出場メンバー>
[水戸ホーリーホック]
先発
GK 1 本間幸司
DF 17 河野諒祐
DF 2 住吉ジェラニレショーン
DF 4 ンドカ・ボニフェイス
DF 13 岸田翔平
MF 8 安東輝
MF 5 木村祐志
(73分→MF 23 外山凌)
MF 7 山田康太
(90分→MF 43 鈴木喜丈)
FW 27 松崎快
(46分→MF 20 森勇人)
FW 48 アレフ・ピットブル
(77分→FW 18 深堀隼平)
FW 11 村田航一
(46分→MF 15 奥田晃也)
控え
GK 21 牲川歩見
DF 22 瀧澤修平
監督
秋葉忠宏

[ザスパクサツ群馬]
先発
GK 21 松原修平
DF 6 飯野七聖
(75分→DF 39 高瀬優孝)
DF 4 岡村大八
DF 32 渡辺広大
(86分→DF 2 舩津徹也)
DF 25 小島雅也
MF 11 田中稔也
MF 35 宮阪政樹
(86分→MF 23 磐瀬剛)
MF 8 岩上祐三
MF 19 白石智之
(46分→FW 18 進昂平)
FW 13 林陵平
(65分→FW 10 青木翔大)
FW 50 大前元紀
控え
GK 1 清水慶記
MF 14 平尾壮
監督
奥野僚右

鳥栖vsFC東京 試合記録

【J1第19節】(駅スタ)
鳥栖 3-0(前半1-0)FC東京


<得点者>
[鳥]石井快征(26分)、森下龍矢(59分)、内田裕斗(74分)

<警告>
[F]バングーナガンデ佳史扶(59分)、渡辺剛(68分)、ディエゴ・オリヴェイラ(72分)

観衆:4,434人
主審:村上伸次
副審:和角敏之、松井健太郎
20歳石井が吠えた!! 23歳森下も吠えた!! 25歳内田のJ1初ゴールも生まれた鳥栖、FC東京に3発快勝

<出場メンバー>
[サガン鳥栖]
先発
GK 1 守田達弥
DF 2 原輝綺
DF 36 高橋秀人
(50分→DF 28 森下龍矢)
DF 38 宮大樹
MF 7 金森健志
(46分→MF 30 樋口雄太)
MF 41 松岡大起
MF 4 原川力
MF 6 内田裕斗
FW 33 石井快征
(80分→MF 25 安庸佑)
FW 16 林大地
(80分→FW 19 趙東建)
FW 22 小屋松知哉
(87分→MF 50 梁勇基)
控え
GK 18 高丘陽平
DF 15 パク・ジョンス
監督
金明輝

[FC東京]
先発
GK 33 林彰洋
DF 37 中村帆高
DF 4 渡辺剛
DF 32 ジョアン・オマリ
DF 49 バングーナガンデ佳史扶
MF 45 アルトゥール・シルバ
(63分→MF 31 安部柊斗)
MF 44 品田愛斗
MF 28 内田宅哉
(63分→FW 20 レアンドロ)
FW 27 田川亨介
(63分→FW 24 原大智)
FW 15 アダイウトン
(76分→FW 11 永井謙佑)
FW 9 ディエゴ・オリヴェイラ
(76分→MF 7 三田啓貴)
控え
GK 13 波多野豪
DF 47 木村誠二
監督
長谷川健太

20歳石井が吠えた!! 23歳森下も吠えた!! 25歳内田のJ1初ゴールも生まれた鳥栖、FC東京に3発快勝

先制点を決めたサガン鳥栖FW石井快征
[9.27 J1リーグ第19節 鳥栖 3-0 FC東京 駅スタ]

 J1リーグは27日、第19節を開催し、駅前不動産スタジアムではサガン鳥栖FC東京が対戦。前半26分にFW石井快征の得点で鳥栖が先制すると、後半14分にDF森下龍矢、同29分にMF内田裕斗が加点して3-0の完封勝利を収めた。連敗を3でストップさせ、4試合ぶりの白星を獲得している。

 3連敗中の鳥栖は9月23日の前節・神戸戦(●3-4)から先発3人を入れ替え、FW林大地、石井、MF松岡大起らを先発起用。一方、2連勝中のFC東京は前節・C大阪戦(○2-0)から先発6人を入れ替え、FWアダイウトン、FW田川亨介、MF内田宅哉、MF品田愛斗、DFジョアン・オマリ、そしてJ1デビューとなる19歳のDFバングーナガンデ佳史扶らがスターティングメンバ―に名を連ねた。

 前半26分に試合を動かしたのはホームの鳥栖だった。左サイドで林が粘ってキープしてDF高橋秀人に戻すと、高橋の縦パスをPA内で受けた石井が巧みなターンで前を向く。相手選手に対応されながらも中央に切れ込みながらMF金森健志に預け、リターンパスを呼び込むと、右足ダイレクトで合わせた鮮やかなシュートを突き刺してスコアを1-0とした。得点を決めた石井はファン・サポーターの元に駆け寄り、歓喜の咆哮をとどろかせた。

 1点のビハインドを背負ったFC東京は前半38分、品田のスルーパスからPA内に侵入したアダイウトンが左足で狙うも、シュートはゴール右に。さらに同43分には左サイドの内田宅哉が送ったクロスを田川がヘディングで叩き付けるが、好反応を見せたGK守田達弥に阻まれてしまった。

 1-0と鳥栖がリードしたまま後半を迎えると、同3分に鳥栖をアクシデントが襲い、負傷した高橋がプレー続行不可能と判断され、森下との交代を余儀なくされた。

 前半7分には鳥栖がゴールを襲うが、MF樋口雄太がPA外から放った枠を捉える鋭いシュートはGK林彰洋は弾き出されてしまう。しかし同14分、右サイドでボールを受けた森下がPA内まで持ち込むと、左足のシュートでニアサイドを抜いてゴールを陥れ、鳥栖がリードを2点差に広げる。ネットを揺らしたことを確認した森下は何度も雄叫びを上げて喜びを爆発させた。

 リードを2点差に広げられたFC東京は後半18分、FW原大智、FWレアンドロ、MF安部柊斗を同時に投入して状況を打開しようと試みる。

 しかし、再びスコアを動かしたのは鳥栖だった。後半29分、右サイドから樋口が送ったクロスをPA内のFW小屋松知哉がワンタッチで後方に流すと、走り込んだ内田裕斗が左足を強振。凄まじい勢いで飛び出したボールは一直線にゴールネットに突き刺さり、3点目を奪取。内田裕斗にとって、嬉しいJ1初ゴールとなった。

 その後、鳥栖に追加点こそ生まれなかったものの、FC東京の反撃を許さずに3-0の完封勝利。敗れたFC東京は3試合ぶりの黒星を喫している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

エース不在の北九州が連敗で首位陥落…東京Vが小池の決勝弾で4戦ぶり白星!

決勝点を挙げた東京VのFW小池純輝
[9.27 J2第22節 東京V 1-0 北九州 味フィ西]

 J2第22節が27日に各地で行われた。暫定2位のギラヴァンツ北九州はアウェーで同12位の東京ヴェルディと対戦し、0-1で完封負け。今季2度目の2連敗を喫し、前節終了時点での首位の座を徳島に奪われた。

 東京Vが先制したのは前半23分。MF藤田譲瑠チマが右のハーフスペースからPA内中央に斜めの速いパスを入れると、FW小池純輝が巧みなファーストタッチで右に持ち出し、倒れながらシュートを放つ。GK永井堅梧に右手で触られながらもゴール左に決まり、2試合ぶりとなる今季6点目を挙げた。

 前半42分には高い位置でのボール奪取からMF井上潮音がラストパス。PA内左のMF佐藤優平がフリーで受け、決定機を迎える。しかし、右足のシュートはGK永井に阻まれ、追加点を奪えない。一方、北九州は東京Vのプレッシングに苦戦し、ボール支配率で上回りながらもゴールに至らない展開。得点ランキング2位タイの10ゴールを記録するFWディサロ燦シルヴァーノの欠場も響き、0-1で前半を終えた。

 追いかける北九州は後半8分にFW鈴木国友との交代でFW池元友樹を送り出す。徐々に攻撃のペースをつかむと、同23分にはMF椿直起とFW佐藤亮を同時投入。DFを1枚削り、ボランチのMF加藤弘堅をセンターバックに配置する。後方からのビルドアップをより安定させ、相手を押し込む時間を増やした。

 後半35分には左サイドのDF福森健太が右足でクロスを供給。PA内中央の池元が頭で合わせるが、ゴール左下に飛んだシュートはGKマテウスに間一髪で防がれる。東京Vは守護神のビッグセーブやフィールド選手の粘り強い対応により、1-0で逃げ切りに成功。4試合ぶりに勝ち点3を獲得した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第22節2日目 スコア速報

藤枝vs岩手 試合記録

【J3第18節】(藤枝サ)
藤枝 0-0(前半0-0)岩手


<警告>
[藤]松岡亮輔(71分)、秋本倫孝(81分)

観衆:747人
主審:松澤慶和
副審:内山翔太、大橋侑祐

<出場メンバー>
[藤枝MYFC]
先発
GK 1 杉本拓也
DF 2 川島將
DF 6 秋本倫孝
DF 4 秋山貴嗣
MF 30 松岡亮輔
MF 22 久富良輔
MF 15 姫野宥弥
MF 7 水野泰輔
(64分→MF 14 谷澤達也)
MF 13 安藤由翔
(64分→DF 24 那須川将大)
FW 9 大石治寿
(64分→FW 27 吉平翼)
FW 20 森島康仁
控え
GK 21 大畑拓也
DF 19 稲積大介
MF 23 片岡爽
FW 8 岩渕良太
監督
石崎信弘

[いわてグルージャ盛岡]
先発
GK 1 土井康平
DF 18 宮市剛
DF 4 牟田雄祐
DF 3 藤井航大
DF 25 有永一生
MF 23 橋本晃司
(59分→MF 49 中野雅臣)
MF 39 小谷光毅
MF 8 脇本晃成
(67分→FW 9 岸田和人)
MF 6 モレラト
(77分→FW 32 色摩雄貴)
MF 19 吉田直矢
(77分→MF 41 後藤京介)
FW 14 嫁阪翔太
(59分→FW 11 ブレンネル)
控え
GK 27 鈴木智幸
DF 24 原山海里
監督
秋田豊

山口vs岡山 スタメン発表

[9.27 J2第22節](みらスタ)
※19:00開始
主審:岡宏道
副審:武部陽介、日比野真
<出場メンバー>
[レノファ山口FC]
先発
GK 17 吉満大介
DF 28 眞鍋旭輝
DF 30 ヘニキ
DF 3 ヘナン
MF 29 田中陸
MF 6 高宇洋
MF 10 池上丈二
MF 42 橋本健人
FW 16 浮田健誠
FW 18 小松蓮
FW 11 高井和馬
控え
GK 33 山田元気
DF 2 菊地光将
DF 41 武岡優斗
MF 20 清永丈瑠
FW 19 森晃太
FW 38 河野孝汰
FW 7 田中パウロ淳一
監督
霜田正浩

[ファジアーノ岡山]
先発
GK 22 ポープ・ウィリアム
DF 21 椋原健太
DF 4 濱田水輝
DF 3 後藤圭太
DF 41 徳元悠平
MF 11 三村真
MF 7 白井永地
MF 14 上田康太
MF 19 上門知樹
FW 18 齊藤和樹
FW 24 赤嶺真吾
控え
GK 13 金山隼樹
DF 20 チェ・ジョンウォン
DF 23 松木駿之介
MF 17 関戸健二
MF 26 パウリーニョ
FW 15 山本大貴
FW 25 野口竜彦
監督
有馬賢二

●[J2]第22節2日目 スコア速報

FC今治vs鳥取 試合記録

【J3第18節】(夢スタ)
FC今治 2-1(前半1-0)鳥取


<得点者>
[F]チョン・ハンチョル(14分)、林誠道(77分)
[鳥]坂井大将(90分+4)

観衆:1,475人
主審:藤田優
副審:池田一洋、堀善仁

<出場メンバー>
[FC今治]
先発
GK 1 修行智仁
DF 3 駒野友一
(88分→DF 6 中野圭)
DF 4 園田拓也
DF 2 チョン・ハンチョル
DF 22 上原拓郎
MF 42 原田亘
(78分→FW 14 桑島良汰)
MF 25 楠美圭史
MF 20 岡山和輝
(78分→DF 7 山田貴文)
MF 13 澤上竜二
(68分→DF 24 近藤高虎)
FW 11 林誠道
FW 16 片井巧
(68分→DF 29 飯泉涼矢)
控え
GK 31 岡田慎司
MF 19 越智亮介
監督
リュイス・プラナグマ

[ガイナーレ鳥取]
先発
GK 13 田尻健
DF 2 小牧成亘
DF 4 井上黎生人
DF 16 石井光輝
MF 41 魚里直哉
MF 21 新井泰貴
(80分→MF 22 ハモン)
MF 7 可児壮隆
(62分→MF 27 坂井大将)
MF 20 安藤一哉
FW 9 ジョアンデルソン
(71分→FW 10 フェルナンジーニョ)
FW 17 田口裕也
(80分→FW 11 大久保優)
FW 8 三沢直人
控え
GK 31 糸原紘史郎
DF 15 上松瑛
DF 6 世瀬啓人
監督
高木理己

湘南vs川崎F スタメン発表

[9.27 J1第19節](BMWス)
※19:00開始
主審:家本政明
副審:野村修、勝又弘樹
<出場メンバー>
[湘南ベルマーレ]
先発
GK 25 谷晃生
DF 19 舘幸希
DF 38 石原広教
DF 32 田中聡
MF 6 岡本拓也
MF 23 茨田陽生
MF 2 金子大毅
MF 16 齊藤未月
MF 5 古林将太
FW 13 石原直樹
FW 18 松田天馬
控え
GK 21 後藤雅明
MF 14 中川寛斗
MF 28 鈴木冬一
MF 29 三幸秀稔
MF 30 柴田壮介
FW 11 タリク
FW 9 指宿洋史
監督
浮嶋敏

[川崎フロンターレ]
先発
GK 1 チョン・ソンリョン
DF 13 山根視来
DF 4 ジェジエウ
DF 5 谷口彰悟
DF 7 車屋紳太郎
MF 6 守田英正
MF 25 田中碧
MF 8 脇坂泰斗
FW 41 家長昭博
FW 30 旗手怜央
FW 11 小林悠
控え
GK 27 丹野研太
DF 2 登里享平
MF 18 三笘薫
MF 19 齋藤学
MF 22 下田北斗
FW 20 宮代大聖
FW 9 レアンドロ・ダミアン
監督
鬼木達

●[J1]第19節2日目 スコア速報

柏vs横浜FM スタメン発表

柏vs横浜FM スタメン発表
[9.27 J1第19節](三協F柏)
※19:00開始
主審:上田益也
副審:岡野宇広、森川浩次
<出場メンバー>
[柏レイソル]
先発
GK 17 キム・スンギュ
DF 13 北爪健吾
DF 25 大南拓磨
DF 50 山下達也
DF 4 古賀太陽
MF 28 戸嶋祥郎
MF 7 大谷秀和
MF 27 三原雅俊
FW 10 江坂任
FW 14 オルンガ
FW 33 仲間隼斗
控え
GK 16 滝本晴彦
DF 2 鎌田次郎
DF 20 三丸拡
DF 6 高橋峻希
MF 8 ヒシャルジソン
FW 19 呉屋大翔
FW 35 細谷真大
監督
ネルシーニョ

[横浜F・マリノス]
先発
GK 21 梶川裕嗣
DF 27 松原健
DF 13 チアゴ・マルチンス
DF 15 伊藤槙人
MF 25 小池龍太
MF 8 喜田拓也
MF 26 渡辺皓太
MF 5 ティーラトン
FW 17 エリキ
FW 45 オナイウ阿道
FW 9 マルコス・ジュニオール
控え
GK 34 中林洋次
MF 18 水沼宏太
MF 33 和田拓也
MF 6 扇原貴宏
FW 23 仲川輝人
FW 30 エジガル・ジュニオ
FW 38 前田大然
監督
アンジェ・ポステコグルー

●[J1]第19節2日目 スコア速報

琉球vs千葉 スタメン発表

[9.27 J2第22節](タピスタ)
※18:30開始
主審:吉田哲朗
副審:八木あかね、日高晴樹
<出場メンバー>
[FC琉球]
先発
GK 26 田口潤人
DF 11 田中恵太
DF 9 李栄直
DF 3 福井諒司
DF 14 沼田圭悟
MF 20 上里一将
MF 29 市丸瑞希
MF 8 風間宏矢
MF 13 河合秀人
MF 28 小泉佳穂
FW 16 阿部拓馬
控え
GK 17 積田景介
DF 15 知念哲矢
DF 2 鳥養祐矢
MF 23 池田廉
MF 6 風間宏希
MF 7 小野伸二
FW 21 上原慎也
監督
樋口靖洋

[ジェフユナイテッド千葉]
先発
GK 1 新井章太
DF 37 本村武揚
DF 15 チャン・ミンギュ
DF 16 鳥海晃司
DF 33 安田理大
MF 4 田口泰士
MF 39 見木友哉
MF 13 為田大貴
FW 10 船山貴之
FW 44 川又堅碁
FW 9 クレーベ
控え
GK 31 鈴木椋大
DF 5 増嶋竜也
MF 20 矢田旭
MF 32 高橋壱晟
MF 6 田坂祐介
FW 21 アラン・ピニェイロ
FW 24 山下敬大
監督
尹晶煥

●[J2]第22節2日目 スコア速報

途中出場で大仕事! MF清武弘嗣が貫禄の逆転1G1A「悔しい負けが続いていたので…」

1ゴール1アシストで3連敗の危機から救ったセレッソ大阪MF清武弘嗣
[9.27 J1第19節 仙台2-3C大阪]

 セレッソ大阪MF清武弘嗣が途中出場から1ゴール1アシストを決め、3連敗の危機に瀕していたチームを救った。次節は首位を独走する川崎フロンターレとの直接対決。前節までの2連敗で勝ち点差は離されているが、この白星で勢いに乗ってホームに迎え撃つ。

 前半にFWブルーノ・メンデスのゴールで先制したものの、後半に2失点を喫して逆転されたこの日のC大阪。6連勝がストップした鹿島戦、前節のFC東京戦と連敗し、嫌な流れが想起される中、沈滞ムードを打ち破ったのが後半23分に投入された清武だった。

 まずは後半37分、右コーナーキックからDFマテイ・ヨニッチの同点ゴールをアシストした。「あそこら辺に蹴っておけば、(瀬古)歩夢もいるし、ヨニッチもいるし、何かが起こるんじゃないかと思って蹴った」(清武)。インスイングのボールは高い打点でジャンプしたヨニッチの頭にピタリ。完璧なキックだった。

 さらに後半アディショナルタイム1分、高精度の右足が今度はシュートで輝いた。DF瀬古歩夢を起点とした流れるようなビルドアップから左サイド裏に抜け出すと、角度のないところでカットインして右足一閃。高さを抑えながらも鋭く飛んだボールが名手GKヤクブ・スウォビィクも届かないファーポスト脇に突き刺さった。

「時間もなかったし、一回タツ(MF坂元達裕)からのボールでミスをしていたので、切り返した時に丁寧に打とうと思った」。このゴールでチームは3-2で勝ち越し。「悔しい負けが続いていたので、仕切り直すつもりでチーム全員で戦った」という中、逆転でシーソーゲームを制し、勝ち点3をもぎ取った。

 ロティーナ監督は試合後のオンライン取材で「キヨの働きには満足している。私が来る前は怪我の多いシーズンを送っていたが、去年はあまり怪我をせず、今季はほとんどの試合に出てアシストやゴールを決めている。重要な働きをしている」と指摘。過密日程のため負荷管理が避けられない中、短い時間で貫禄を示した背番号10を称えた。

 1週間後の10月3日に控える次節は川崎Fとの対戦。すでに勝ち点差8(川崎Fが1試合未消化時点)をつけられており、負ければ優勝の可能性が限りなく低くなる一戦だ。アウェーで喫した惨敗(●2-5)のリベンジに向け、清武は「少し勝ち点差は離れているけど、自分たちの力を試す良い機会。しっかりと良い準備をして頑張りたい」と意気込んだ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

鹿児島vs長野 スタメン発表

[9.27 J3第18節](白波スタ)
※18:00開始
主審:上田隆生
副審:山口大輔、宮原一也
<出場メンバー>
[鹿児島ユナイテッドFC]
先発
GK 13 大西勝俉
DF 2 フォゲッチ
DF 3 岡本將成
DF 4 藤原広太朗
DF 24 砂森和也
MF 39 ニウド
MF 6 田辺圭佑
MF 36 米澤令衣
MF 20 酒本憲幸
MF 8 牛之濱拓
FW 50 馬場賢治
控え
GK 31 畑実
DF 22 青山直晃
DF 26 田中奏一
MF 16 枝本雄一郎
MF 38 中原秀人
MF 41 三宅海斗
FW 17 萱沼優聖
監督
金鍾成

[AC長野パルセイロ]
先発
GK 1 小澤章人
DF 29 川田拳登
DF 5 広瀬健太
DF 4 浦上仁騎
DF 17 水谷拓磨
MF 8 藤山智史
MF 24 坪川潤之
MF 14 三田尚希
MF 10 東浩史
FW 15 佐相壱明
FW 22 吉田伊吹
控え
GK 21 立川小太郎
DF 26 大桃海斗
DF 3 遠藤元一
MF 25 藤森亮志
MF 6 岩沼俊介
FW 13 佐野翼
FW 23 大城佑斗
監督
横山雄次

●[J3]第18節2日目 スコア速報

長崎vs福岡 試合記録

【J2第22節】(トラスタ)
長崎 1-3(前半0-1)福岡


<得点者>
[長]名倉巧(90分+4)
[福]遠野大弥2(14分、50分)、石津大介(66分)

<警告>
[長]ビクトル・イバルボ(64分)
[福]ドウグラス・グローリ(20分)、増山朝陽(41分)

観衆:4,345人
主審:飯田淳平
副審:塩津祐介、津野洋平
勝ち点17差が帳消しに…福岡が長崎とのダービー圧勝で7連勝!!

<出場メンバー>
[V・ファーレン長崎]
先発
GK 21 高木和徹
DF 23 米田隼也
DF 5 鹿山拓真
(64分→DF 3 亀川諒史)
DF 22 徳永悠平
DF 24 江川湧清
MF 10 ルアン
(64分→FW 9 富樫敬真)
MF 40 カイオ・セザール
MF 14 名倉巧
MF 13 加藤大
(64分→MF 17 秋野央樹)
MF 7 吉岡雅和
(46分→MF 19 澤田崇)
FW 29 畑潤基
(46分→FW 32 ビクトル・イバルボ)
控え
GK 30 徳重健太
DF 6 角田誠
監督
手倉森誠

[アビスパ福岡]
先発
GK 31 村上昌謙
DF 3 エミル・サロモンソン
(46分→DF 41 藤井悠太)
DF 22 輪湖直樹
(73分→DF 20 三國ケネディエブス)
DF 33 ドウグラス・グローリ
DF 50 上島拓巳
MF 6 前寛之
MF 14 増山朝陽
(80分→FW 13 木戸皓貴)
MF 16 石津大介
MF 40 松本泰志
(61分→MF 8 鈴木惇)
FW 9 フアンマ・デルガド
(80分→FW 10 城後寿)
FW 26 遠野大弥
控え
GK 23 杉山力裕
FW 18 東家聡樹
監督
長谷部茂利

勝ち点17差が帳消しに…福岡が長崎とのダービー圧勝で7連勝!!

2ゴールを挙げた福岡FW遠野大弥
[9.27 J2第22節 長崎1-3福岡 トラスタ]

 J2第22節が27日に開催された。4位アビスパ福岡は敵地で3位V・ファーレン長崎と対戦し、3-1で勝利。前半14分にFW遠野大弥が先制ゴールを挙げると、後半5分に再び遠野が決め、同21分にはMF石津大介がダメ押し弾を奪った。同アディショナルタイム4分に長崎のMF名倉巧に1点を返されたが、そのまま逃げ切りに成功。7連勝で長崎と勝ち点40で並んだものの、得失点差で順位に変動はなかった。

 上位直接対決となった“九州ダービー”。両チームの勝ち点差は第16節終了時点で最大17の開きがあった。しかし、当時首位だった長崎は直近6試合勝ちなし(5分1敗)。対照的に福岡は6連勝を飾っており、前節終了時点で3ポイントまで縮まっていた。

 長崎がボールを支配する中、先手を取ったのは福岡。前半14分、DFエミル・サロモンソンが敵陣の右サイドでこぼれ球に反応し、外側のMF増山朝陽に預けて前方に走り込む。リターンパスを引き出し、PA内右からワンタッチで折り返すと、フリーでファーに飛び込んだ遠野が左足で蹴り込んだ。

 5試合ぶりにネットを揺らした遠野は後半5分にもゴールを陥れる。右サイドでボールを奪取したMF松本泰志が素早くパスを出し、受けた遠野がPA内右に進入。DF徳永悠平に寄せられながら右足でシュートを放ち、ゴール左に決める。今季の得点数を7に伸ばし、リードを2点に広げた。

 さらに後半21分、左サイド後方のFKからDF輪湖直樹が左足で浮き球のロングパス。PA手前左のFWフアンマ・デルガドが胸で落とすと、石津がダイレクトで左足を振り抜く。強烈なシュートでニアの上を破り、今季2点目をマークした。

 長崎は早めに5枚の交代枠を使い切って打開を試みる。後半アディショナルタイム4分には左CKの流れから名倉が左足で決めて1-3。だが、反撃はここまでとなり、4戦ぶりの黒星で7試合未勝利(5分2敗)となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第22節2日目 スコア速報

山形vs磐田 試合記録

【J2第22節】(NDスタ)
山形 1-0(前半1-0)磐田


<得点者>
[山]加藤大樹(16分)

<警告>
[山]岡崎建哉(49分)、佐藤昭大(55分)

観衆:3,475人
主審:三上正一郎
副審:林可人、金次雄之介

<出場メンバー>
[モンテディオ山形]
先発
GK 30 佐藤昭大
DF 6 山田拓巳
DF 23 熊本雄太
DF 31 半田陸
MF 20 加藤大樹
(76分→MF 18 南秀仁)
MF 7 岡崎建哉
MF 17 中村駿
MF 19 松本怜大
FW 10 中村充孝
(66分→MF 40 渡邊凌磨)
FW 11 山岸祐也
FW 9 ヴィニシウス・アラウージョ
(76分→FW 16 北川柊斗)
控え
GK 28 摂津颯登
DF 36 小野田将人
DF 5 野田裕喜
MF 8 小松駿太
監督
石丸清隆

[ジュビロ磐田]
先発
GK 21 杉本大地
DF 3 大井健太郎
DF 28 石田崚真
(46分→DF 24 小川大貴)
DF 33 藤田義明
DF 38 山本義道
(46分→MF 7 上原力也)
MF 8 大森晃太郎
MF 10 山田大記
(68分→FW 20 ルリーニャ)
MF 13 宮崎智彦
MF 18 ムサエフ
(46分→MF 23 山本康裕)
FW 11 ルキアン
FW 16 中野誠也
(62分→FW 9 小川航基)
控え
GK 1 八田直樹
DF 44 大武峻
監督
フェルナンド・フベロ

G大23vs熊本 試合記録

【J3第18節】(パナスタ)
G大23 2-0(前半0-0)熊本


<得点者>
[G]山口竜弥(58分)、白井陽斗(85分)

観衆:594人
主審:中井敏博
副審:亀川哲弘、村田裕紀

<出場メンバー>
[ガンバ大阪U-23]
先発
GK 16 一森純
DF 26 奥野耕平
DF 36 松田陸
DF 17 新里亮
MF 32 芝本蓮
MF 43 伊勢航
(90分+1→DF 46 當麻颯)
MF 37 白井陽斗
MF 30 塚元大
MF 24 黒川圭介
(55分→DF 35 山口竜弥)
FW 20 高木大輔
FW 38 唐山翔自
控え
GK 41 福本悠
DF 28 タビナス・ジェファーソン
MF 42 中村仁郎
MF 44 菅野隆星
FW 48 坂本一彩
監督
森下仁志

[ロアッソ熊本]
先発
GK 35 内山圭
DF 2 黒木晃平
DF 3 小笠原佳祐
DF 5 菅田真啓
DF 17 石川啓人
MF 6 河原創
MF 8 上村周平
(60分→MF 31 岡本知剛)
MF 10 伊東俊
(76分→MF 19 相澤祥太)
FW 7 中原輝
FW 18 高橋利樹
(56分→FW 11 浅川隼人)
FW 9 谷口海斗
控え
GK 22 山本海人
DF 20 衛藤幹弥
DF 4 酒井崇一
MF 15 坂本広大
監督
大木武

岐阜vs沼津 試合記録

【J3第18節】(長良川)
岐阜 3-1(前半2-0)沼津


<得点者>
[岐]高崎寛之2(2分、18分)、中島賢星(88分)
[沼]今村優介(74分)

<警告>
[岐]前田遼一(40分)

観衆:3,046人
主審:清水修平
副審:高寺恒如、若宮健治

<出場メンバー>
[FC岐阜]
先発
GK 31 松本拓也
DF 17 藤谷匠
(89分→DF 33 北谷史孝)
DF 4 甲斐健太郎
DF 27 イヨハ理ヘンリー
DF 22 柳澤亘
MF 3 竹田忠嗣
MF 15 町田ブライト
(78分→MF 6 三島頌平)
MF 23 大西遼太郎
MF 24 粟飯原尚平
(55分→FW 16 富樫佑太)
FW 9 高崎寛之
(78分→MF 8 中島賢星)
FW 11 前田遼一
(55分→MF 10 川西翔太)
控え
GK 29 パク・ソンス
DF 19 長倉颯
監督
仲田建二

[アスルクラロ沼津]
先発
GK 13 長沢祐弥
DF 23 後藤虹介
DF 4 大迫暁
DF 2 藤嵜智貴
MF 8 普光院誠
MF 15 菅井拓也
MF 33 秋山裕紀
(67分→MF 6 鈴木拳士郎)
MF 11 前澤甲気
MF 3 安在達弥
MF 20 佐藤尚輝
(76分→FW 14 中山雄希)
FW 35 渡邉りょう
(67分→FW 29 今村優介)
控え
GK 32 大友竜輔
DF 18 尾崎瑛一郎
DF 31 照山颯人
FW 16 鈴木厚太
監督
今井雅隆

広島vsG大阪 スタメン発表

[9.27 J1第19節](Eスタ)
※18:00開始
主審:福島孝一郎
副審:山内宏志、西村幹也
<出場メンバー>
[サンフレッチェ広島]
先発
GK 1 林卓人
DF 3 井林章
DF 23 荒木隼人
DF 19 佐々木翔
MF 24 東俊希
MF 8 川辺駿
MF 6 青山敏弘
MF 18 柏好文
MF 29 浅野雄也
MF 10 森島司
FW 9 ドウグラス・ヴィエイラ
控え
GK 38 大迫敬介
DF 15 櫛引一紀
MF 25 茶島雄介
MF 26 土肥航大
MF 44 ハイネル
FW 20 永井龍
FW 39 レアンドロ・ペレイラ
監督
城福浩

[ガンバ大阪]
先発
GK 1 東口順昭
DF 3 昌子源
DF 4 藤春廣輝
DF 19 キム・ヨングォン
DF 27 高尾瑠
MF 8 小野瀬康介
MF 10 倉田秋
MF 15 井手口陽介
MF 29 山本悠樹
FW 9 アデミウソン
FW 18 パトリック
控え
GK 25 石川慧
DF 13 菅沼駿哉
MF 14 福田湧矢
MF 34 川崎修平
MF 7 遠藤保仁
FW 33 宇佐美貴史
FW 39 渡邉千真
監督
宮本恒靖

●[J1]第19節2日目 スコア速報

栃木vs町田 スタメン発表

[9.27 J2第22節](栃木グ)
※18:00開始
主審:窪田陽輔
副審:竹田明弘、櫻井大輔
<出場メンバー>
[栃木SC]
先発
GK 50 オビ・パウエル・オビンナ
DF 33 黒崎隼人
DF 23 柳育崇
DF 30 田代雅也
MF 17 山本廉
MF 5 岩間雄大
MF 14 西谷優希
MF 15 溝渕雄志
FW 8 明本考浩
FW 29 矢野貴章
FW 18 森俊貴
控え
GK 1 川田修平
DF 40 井出敬大
DF 6 瀬川和樹
MF 13 禹相皓
MF 25 佐藤祥
FW 34 有馬幸太郎
FW 9 エスクデロ競飛王
監督
田坂和昭

[FC町田ゼルビア]
先発
GK 1 秋元陽太
DF 22 小田逸稀
DF 5 深津康太
DF 4 水本裕貴
DF 2 奥山政幸
MF 14 吉尾海夏
MF 18 高江麗央
MF 25 佐野海舟
MF 10 平戸太貴
FW 20 ドリアン・バブンスキー
FW 16 安藤瑞季
控え
GK 42 福井光輝
DF 23 酒井隆介
MF 29 森村昂太
MF 8 ジョン・チュングン
FW 13 岡田優希
FW 30 中島裕希
FW 9 ステファン
監督
ランコ・ポポヴィッチ

●[J2]第22節2日目 スコア速報

大宮が下部組織から2選手を昇格! “生粋のストライカー”FW大澤朋也、“大宮のメッシ”MF柴山昌也

FW大澤朋也(左)とMF柴山昌也が来季トップチームに昇格
 大宮アルディージャは27日、大宮アルディージャU18のFW大澤朋也(18)とMF柴山昌也(18)の来季トップチーム昇格を発表した。

 大澤は2017年にU-15日本代表、18年にはU-16日本代表にも選出。小学生のときから大宮一筋でプレーをしてきた。クラブ公式サイトを通じ、「これまで関わってくださった方々への感謝の気持ちを忘れずに、日々謙虚な姿勢で努力していきたいと思います。ファン・サポーターの皆さま、応援よろしくお願いします!」と意気込みを伝えている。

 柴山は161cmの小兵ながら、FWリオネル・メッシのような鋭いドリブルと巧みなパスセンスで決定機を演出するレフティー。「身体の小さい選手に夢を与え、チームの力になれるよう努力し、ファン・サポーターの方々を魅了できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします!」と活躍を誓った。

以下、プロフィール
●FW大澤朋也
(おおさわ・ともや)
■生年月日
2002年9月6日(18歳)
■身長/体重
175cm/72kg
■出身地
埼玉県
■経歴
大宮U12-大宮U15-大宮U18
■代表歴
2017年:U-15日本代表
2018年:U-16日本代表

●MF柴山昌也
(しばやま・まさや)
■生年月日
2002年7月18日(18歳)
■身長/体重
161cm/59kg
■出身地
群馬県
■経歴
高崎FC中川-大宮U15-大宮U18

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

C大阪が再び首位追走スタート!! MF清武が途中出場から逆転1G1A、仙台はFW西村2発も6連敗

FWブルーノ・メンデスが先制点
[9.27 J1第19節 仙台2-3C大阪]

 J1リーグは27日、第19節を各地で行い、セレッソ大阪ベガルタ仙台を3-2で破った。1点ビハインドから途中出場のMF清武弘嗣が1ゴール1アシストの大活躍。チームは2連敗中で首位の川崎フロンターレから勝ち点を離されつつあった中、再び追撃の合図となる勝ち点3を獲得した。一方の仙台はこれで17年ぶりの6連敗となった。

 前節から中3日での一戦。ホームの仙台は前節の横浜FM戦(●1-3)で欠場のGKヤクブ・スウォビィク、DFシマオ・マテ、DF浜崎拓磨が先発に復帰し、6人を入れ替えて臨んだ。対するC大阪は2連敗となったFC東京戦(●0-2)から3人を変更し、DF片山瑛一、MF木本恭生、FW柿谷曜一朗を新たに起用した。

 試合は仙台がボールを握るものの、C大阪が持ち味の守備で応対するという展開。両チームともにミドルシュートが目立ち、決定機をなかなかつくることができない中、C大阪が先に試合を動かした。前半44分、左サイドに開いた柿谷がクロスを送ると、DF柳貴博に当たって軌道を変えたボールにFWブルーノ・メンデスが反応。ニアの角度がないところから流し込んだ。

 それでも後半はC大阪の守備に綻びが出た。まずは12分、仙台は左のハーフスペースでDF平岡康裕の縦パスを受けたMFパラが前進すると、斜めの角度からアーリークロスを供給。DF瀬古歩夢の背後を取った西村がニアサイドに走り込み、フリック気味のワンタッチシュートでゴール右隅に流し込んだ。

 さらに後半20分、仙台は柳からの縦パスを受けたMF椎橋慧也がワントラップからクサビのパスを送り、これをC大阪のDFマテイ・ヨニッチが後逸。こぼれ球を拾った西村がシュートモーションに入ると、詰めたDF松田陸が倒れ込みながら妨害し、仙台にPKが与えられた。キッカーは西村。真ん中のコースに力強いキックを突き刺し、仙台が逆転した。

 C大阪は後半23分、柿谷とFW奥埜博亮を下げて清武とFW豊川雄太を投入すると、33分には木本とここまで18試合連続フルタイム出場だったDF松田陸に代わってDF小池裕太とMF藤田直之を起用。すると36分、清武の右コーナーキックに反応したヨニッチが高い打点のヘッドで同点弾をたたき込んだ。

 試合はこのまま終わるかと思われたが後半アディショナルタイム1分、途中出場から同点弾をアシストしたばかりの背番号10が勝負を決めた。C大阪は瀬古、藤田、MFレアンドロ・デサバトとつないだ流れるようなパスワークから清武が左サイドでボールを受け、カットインから右足を一閃。鋭いシュートをファーポスト脇に突き刺した。これが決勝点となり、C大阪が3-2で勝利。3試合ぶりの勝利で再び首位追走態勢に入った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

仙台vsC大阪 試合記録

【J1第19節】(ユアスタ)
仙台 2-3(前半0-1)C大阪


<得点者>
[仙]西村拓真2(57分、67分)
[C]ブルーノ・メンデス(44分)、マテイ・ヨニッチ(82分)、清武弘嗣(90分+1)

観衆:2,789人
主審:西村雄一
副審:堀越雅弘、赤阪修
途中出場で大仕事! MF清武弘嗣が貫禄の逆転1G1A「悔しい負けが続いていたので…」
C大阪が再び首位追走スタート!! MF清武が途中出場から逆転1G1A、仙台はFW西村2発も6連敗


<出場メンバー>
[ベガルタ仙台]
先発
GK 27 ヤクブ・スウォビィク
DF 36 柳貴博
DF 23 シマオ・マテ
DF 13 平岡康裕
MF 18 道渕諒平
MF 26 浜崎拓磨
MF 5 椎橋慧也
(86分→MF 6 兵藤慎剛)
MF 2 パラ
(86分→MF 14 石原崇兆)
FW 7 関口訓充
(86分→DF 45 真瀬拓海)
FW 15 西村拓真
FW 29 アレクサンドレ・ゲデス
(74分→FW 20 長沢駿)
控え
GK 22 川浪吾郎
DF 39 金正也
MF 28 佐々木匠
監督
木山隆之

[セレッソ大阪]
先発
GK 21 キム・ジンヒョン
DF 2 松田陸
(78分→DF 4 小池裕太)
DF 15 瀬古歩夢
DF 16 片山瑛一
DF 22 マテイ・ヨニッチ
MF 3 木本恭生
(78分→MF 5 藤田直之)
MF 6 レアンドロ・デサバト
MF 8 柿谷曜一朗
(68分→MF 10 清武弘嗣)
MF 17 坂元達裕
FW 20 ブルーノ・メンデス
(90分+3→FW 42 藤尾翔太)
FW 25 奥埜博亮
(68分→FW 32 豊川雄太)
控え
GK 1 永石拓海
FW 13 高木俊幸
監督
ロティーナ

讃岐vs八戸 試合記録

【J3第18節】(ピカスタ)
讃岐 4-2(前半3-0)八戸


<得点者>
[讃]ブラウンノア賢信(4分)、重松健太郎2(10分、41分)、池谷友喜(55分)
[八]安藤翼2(52分、60分)

観衆:781人
主審:石丸秀平
副審:角田裕之、田代雄大

<出場メンバー>
[カマタマーレ讃岐]
先発
GK 1 清水健太
DF 28 キム・ホヨン
(86分→DF 22 杉山弾斗)
DF 30 竹内彬
DF 2 西野貴治
MF 15 岩本和希
MF 19 川崎一輝
MF 17 池谷友喜
(68分→MF 20 下川太陽)
MF 10 高木和正
(68分→MF 18 中村亮)
MF 11 森川裕基
FW 26 ブラウンノア賢信
(79分→FW 27 林友哉)
FW 13 重松健太郎
(79分→MF 8 渡辺悠雅)
控え
GK 16 服部一輝
FW 9 栗田マークアジェイ
監督
望月一仁

[ヴァンラーレ八戸]
先発
GK 23 金子優希
DF 11 國分将
DF 2 中谷喜代志
DF 39 近石哲平
DF 33 佐藤和樹
MF 32 國領一平
(46分→FW 17 安藤翼)
MF 10 新井山祥智
MF 7 中村太一
FW 8 高見啓太
(46分→FW 30 黒石貴哉)
FW 44 秋吉泰佑
(62分→MF 13 丸岡悟)
FW 9 上形洋介
控え
GK 31 花田力
DF 40 深井脩平
MF 4 前田柊
監督
中口雅史

相模原vs富山 試合記録

【J3第18節】(ギオンス)
相模原 3-2(前半1-2)富山


<得点者>
[相]ミルトン(19分)、ホムロ(75分)、星広太(79分)
[富]花井聖(17分)、平松宗(22分)

<警告>
[相]梅鉢貴秀(25分)、ミルトン(61分)、夛田凌輔(63分)
[富]川崎裕大(77分)

観衆:735人
主審:酒井達矢
副審:佐藤裕一、宇治原拓也

<出場メンバー>
[SC相模原]
先発
GK 1 ビクトル
DF 8 ミルトン
DF 18 白井達也
DF 5 梅井大輝
MF 2 夛田凌輔
MF 13 才藤龍治
MF 33 梅鉢貴秀
(62分→MF 20 窪田良)
MF 28 鹿沼直生
MF 17 星広太
FW 27 和田昌士
(71分→MF 19 清原翔平)
FW 10 ホムロ
(85分→FW 15 三島康平)
控え
GK 16 三浦基瑛
MF 26 上米良柊人
MF 6 稲本潤一
MF 7 梶山幹太
監督
三浦文丈

[カターレ富山]
先発
GK 1 岡大生
DF 3 川崎裕大
DF 4 戸根一誓
DF 19 柳下大樹
MF 10 花井聖
MF 16 末木裕也
(73分→MF 25 松本雄真)
MF 17 稲葉修土
(87分→DF 23 林堂眞)
MF 24 滝裕太
(57分→FW 20 宮城天)
MF 32 戸高弘貴
(46分→MF 33 池高暢希)
FW 9 武颯
(73分→FW 11 大谷駿斗)
FW 37 平松宗
控え
GK 31 齋藤和希
MF 22 椎名伸志
監督
安達亮

YS横浜vsC大23 試合記録

【J3第18節】(ニッパツ)
YS横浜 1-6(前半0-1)C大23


<得点者>
[Y]宮本拓弥(67分)
[C]前田龍大2(35分、76分)、西尾隆矢(51分)、大橋滉太(55分)、島村拓弥(56分)、近藤蔵波(90分+3)

<警告>
[C]大橋滉太(39分)、前田龍大(41分)

観衆:611人
主審:宇田賢史
副審:塚田智宏、大田智寛

<出場メンバー>
[Y.S.C.C.横浜]
先発
GK 1 大内一生
DF 2 花房稔
(77分→FW 15 ピーダーセン世穏)
DF 4 土館賢人
DF 5 池ヶ谷颯斗
MF 7 宮尾孝一
MF 8 吉田明生
(83分→FW 41 安彦考真)
MF 10 柳雄太郎
(60分→MF 21 山本凌太郎)
MF 25 西山峻太
(60分→MF 20 田場ディエゴ)
FW 9 大泉和也
(60分→FW 28 オニエ・オゴチュクウ)
FW 11 宮本拓弥
FW 18 音泉翔眞
控え
GK 16 佐川亮介
MF 26 植村友哉
監督
シュタルフ悠紀リヒャルト

[セレッソ大阪U-23]
先発
GK 45 茂木秀
(89分→GK 50 上林豪)
DF 29 島村拓弥
(90分+3→MF 54 近藤蔵波)
DF 43 西尾隆矢
DF 46 田平起也
DF 52 大橋滉太
MF 30 喜田陽
MF 44 吉馴空矢
MF 48 新保海鈴
MF 53 岡澤昂星
FW 31 山内寛史
(85分→FW 24 ウェリング・ピアス)
FW 37 前田龍大
(85分→FW 33 タワン)
監督
丸山良明

鹿島vs大分 スタメン発表

[9.27 J1第19節](カシマ)
※17:00開始
主審:荒木友輔
副審:田尻智計、熊谷幸剛
<出場メンバー>
[鹿島アントラーズ]
先発
GK 31 沖悠哉
DF 16 山本脩斗
DF 33 関川郁万
DF 28 町田浩樹
DF 14 永戸勝也
MF 6 永木亮太
MF 20 三竿健斗
MF 7 ファン・アラーノ
MF 30 名古新太郎
FW 11 和泉竜司
FW 9 エヴェラウド
控え
GK 1 クォン・スンテ
DF 37 小泉慶
MF 25 遠藤康
MF 26 荒木遼太郎
MF 27 松村優太
FW 19 染野唯月
FW 36 上田綺世
監督
ザーゴ

[大分トリニータ]
先発
GK 22 ムン・キョンゴン
DF 3 三竿雄斗
DF 5 鈴木義宜
DF 15 小出悠太
DF 19 星雄次
DF 29 岩田智輝
MF 4 島川俊郎
MF 11 田中達也
MF 14 小塚和季
MF 40 長谷川雄志
FW 16 渡大生
控え
GK 1 高木駿
DF 41 刀根亮輔
DF 49 羽田健人
MF 10 野村直輝
MF 38 高畑奎汰
MF 8 町田也真人
FW 31 高澤優也
監督
片野坂知宏

●[J1]第19節2日目 スコア速報

鳥栖DF宮大樹に第一子誕生「より責任を持ち、精進していきたい」

 サガン鳥栖は27日、DF宮大樹(24)に第一子となる長男が生まれたことを発表した。

 クラブ公式サイトによると、長男は今月26日に誕生。宮は「難しい状況の中、元気に生まれてくれた息子、頑張ってくれた妻に本当に感謝しています」と報告し、「家族のためにもより責任を持ち、精進していきたいと思います」と意気込みを伝えている。

 宮は今季から鳥栖に完全移籍で加入。J1リーグには6試合出場している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

東京Vvs北九州 スタメン発表

[9.27 J2第22節](味フィ西)
※16:00開始
主審:田中玲匡
副審:塚田健太、船橋昭次
<出場メンバー>
[東京ヴェルディ]
先発
GK 31 マテウス
DF 2 若狭大志
DF 6 高橋祥平
DF 5 平智広
MF 36 藤田譲瑠チマ
MF 21 山本理仁
MF 9 佐藤優平
MF 20 井上潮音
MF 16 福村貴幸
FW 19 小池純輝
FW 48 山下諒也
控え
GK 1 柴崎貴広
DF 17 クレビーニョ
DF 3 近藤直也
MF 14 森田晃樹
MF 33 松橋優安
MF 4 澤井直人
FW 13 大久保嘉人
監督
永井秀樹

[ギラヴァンツ北九州]
先発
GK 31 永井堅梧
DF 3 福森健太
DF 15 野口航
DF 16 村松航太
DF 20 河野貴志
MF 10 高橋大悟
MF 14 新垣貴之
MF 17 加藤弘堅
MF 25 國分伸太郎
FW 18 町野修斗
FW 28 鈴木国友
控え
GK 1 高橋拓也
DF 2 新井博人
DF 6 岡村和哉
MF 39 椿直起
MF 4 川上竜
FW 11 池元友樹
FW 7 佐藤亮
監督
小林伸二

●[J2]第22節2日目 スコア速報

水戸vs群馬 スタメン発表

[9.27 J2第22節](Ksスタ)
※16:00開始
主審:鶴岡将樹
副審:清野裕介、関谷宣貴
<出場メンバー>
[水戸ホーリーホック]
先発
GK 1 本間幸司
DF 17 河野諒祐
DF 2 住吉ジェラニレショーン
DF 4 ンドカ・ボニフェイス
DF 13 岸田翔平
MF 8 安東輝
MF 5 木村祐志
MF 7 山田康太
FW 27 松崎快
FW 48 アレフ・ピットブル
FW 11 村田航一
控え
GK 21 牲川歩見
DF 22 瀧澤修平
MF 15 奥田晃也
MF 20 森勇人
MF 23 外山凌
MF 43 鈴木喜丈
FW 18 深堀隼平
監督
秋葉忠宏

[ザスパクサツ群馬]
先発
GK 21 松原修平
DF 6 飯野七聖
DF 4 岡村大八
DF 32 渡辺広大
DF 25 小島雅也
MF 11 田中稔也
MF 35 宮阪政樹
MF 8 岩上祐三
MF 19 白石智之
FW 13 林陵平
FW 50 大前元紀
控え
GK 1 清水慶記
DF 2 舩津徹也
DF 39 高瀬優孝
MF 14 平尾壮
MF 23 磐瀬剛
FW 10 青木翔大
FW 18 進昂平
監督
奥野僚右

●[J2]第22節2日目 スコア速報

水戸vs群馬 スタメン発表

[9.27 J2第22節](Ksスタ)
※16:00開始
主審:鶴岡将樹
副審:清野裕介、関谷宣貴
<出場メンバー>
[水戸ホーリーホック]
先発
GK 1 本間幸司
DF 17 河野諒祐
DF 2 住吉ジェラニレショーン
DF 4 ンドカ・ボニフェイス
DF 13 岸田翔平
MF 8 安東輝
MF 5 木村祐志
MF 7 山田康太
FW 27 松崎快
FW 48 アレフ・ピットブル
FW 11 村田航一
控え
GK 21 牲川歩見
DF 22 瀧澤修平
MF 15 奥田晃也
MF 20 森勇人
MF 23 外山凌
MF 43 鈴木喜丈
FW 18 深堀隼平
監督
秋葉忠宏

[ザスパクサツ群馬]
先発
GK 21 松原修平
DF 6 飯野七聖
DF 4 岡村大八
DF 32 渡辺広大
DF 25 小島雅也
MF 11 田中稔也
MF 35 宮阪政樹
MF 8 岩上祐三
MF 19 白石智之
FW 13 林陵平
FW 50 大前元紀
控え
GK 1 清水慶記
DF 2 舩津徹也
DF 39 高瀬優孝
MF 14 平尾壮
MF 23 磐瀬剛
FW 10 青木翔大
FW 18 進昂平
監督
奥野僚右

●[J2]第22節2日目 スコア速報

鳥栖vsFC東京 スタメン発表

[9.27 J1第19節](駅スタ)
※16:00開始
主審:村上伸次
副審:和角敏之、松井健太郎
<出場メンバー>
[サガン鳥栖]
先発
GK 1 守田達弥
DF 2 原輝綺
DF 36 高橋秀人
DF 38 宮大樹
MF 7 金森健志
MF 41 松岡大起
MF 4 原川力
MF 6 内田裕斗
FW 33 石井快征
FW 16 林大地
FW 22 小屋松知哉
控え
GK 18 高丘陽平
DF 15 パク・ジョンス
DF 28 森下龍矢
MF 25 安庸佑
MF 30 樋口雄太
MF 50 梁勇基
FW 19 趙東建
監督
金明輝

[FC東京]
先発
GK 33 林彰洋
DF 37 中村帆高
DF 4 渡辺剛
DF 32 ジョアン・オマリ
DF 49 バングーナガンデ佳史扶
MF 45 アルトゥール・シルバ
MF 44 品田愛斗
MF 28 内田宅哉
FW 27 田川亨介
FW 15 アダイウトン
FW 9 ディエゴ・オリヴェイラ
控え
GK 13 波多野豪
DF 47 木村誠二
MF 31 安部柊斗
MF 7 三田啓貴
FW 11 永井謙佑
FW 20 レアンドロ
FW 24 原大智
監督
長谷川健太

●[J1]第19節2日目 スコア速報

鳥栖vsFC東京 スタメン発表

[9.27 J1第19節](駅スタ)
※16:00開始
主審:村上伸次
副審:和角敏之、松井健太郎
<出場メンバー>
[サガン鳥栖]
先発
GK 1 守田達弥
DF 2 原輝綺
DF 36 高橋秀人
DF 38 宮大樹
MF 7 金森健志
MF 41 松岡大起
MF 4 原川力
MF 6 内田裕斗
FW 33 石井快征
FW 16 林大地
FW 22 小屋松知哉
控え
GK 18 高丘陽平
DF 15 パク・ジョンス
DF 28 森下龍矢
MF 25 安庸佑
MF 30 樋口雄太
MF 50 梁勇基
FW 19 趙東建
監督
金明輝

[FC東京]
先発
GK 33 林彰洋
DF 37 中村帆高
DF 4 渡辺剛
DF 32 ジョアン・オマリ
DF 49 バングーナガンデ佳史扶
MF 45 アルトゥール・シルバ
MF 44 品田愛斗
MF 28 内田宅哉
FW 27 田川亨介
FW 15 アダイウトン
FW 9 ディエゴ・オリヴェイラ
控え
GK 13 波多野豪
DF 47 木村誠二
MF 31 安部柊斗
MF 7 三田啓貴
FW 11 永井謙佑
FW 20 レアンドロ
FW 24 原大智
監督
長谷川健太

●[J1]第19節2日目 スコア速報

FC今治vs鳥取 スタメン発表

[9.27 J3第18節](夢スタ)
※15:00開始
主審:藤田優
副審:池田一洋、堀善仁
<出場メンバー>
[FC今治]
先発
GK 1 修行智仁
DF 3 駒野友一
DF 4 園田拓也
DF 2 チョン・ハンチョル
DF 22 上原拓郎
MF 42 原田亘
MF 25 楠美圭史
MF 20 岡山和輝
MF 13 澤上竜二
FW 11 林誠道
FW 16 片井巧
控え
GK 31 岡田慎司
DF 24 近藤高虎
DF 29 飯泉涼矢
DF 6 中野圭
DF 7 山田貴文
MF 19 越智亮介
FW 14 桑島良汰
監督
リュイス・プラナグマ

[ガイナーレ鳥取]
先発
GK 13 田尻健
DF 2 小牧成亘
DF 4 井上黎生人
DF 16 石井光輝
MF 41 魚里直哉
MF 21 新井泰貴
MF 7 可児壮隆
MF 20 安藤一哉
FW 9 ジョアンデルソン
FW 17 田口裕也
FW 8 三沢直人
控え
GK 31 糸原紘史郎
DF 15 上松瑛
DF 6 世瀬啓人
MF 22 ハモン
MF 27 坂井大将
FW 10 フェルナンジーニョ
FW 11 大久保優
監督
高木理己

●[J3]第18節2日目 スコア速報

藤枝vs岩手 スタメン発表

[9.27 J3第18節](藤枝サ)
※15:00開始
主審:松澤慶和
副審:内山翔太、大橋侑祐
<出場メンバー>
[藤枝MYFC]
先発
GK 1 杉本拓也
DF 2 川島將
DF 6 秋本倫孝
DF 4 秋山貴嗣
MF 30 松岡亮輔
MF 22 久富良輔
MF 15 姫野宥弥
MF 7 水野泰輔
MF 13 安藤由翔
FW 9 大石治寿
FW 20 森島康仁
控え
GK 21 大畑拓也
DF 19 稲積大介
DF 24 那須川将大
MF 14 谷澤達也
MF 23 片岡爽
FW 27 吉平翼
FW 8 岩渕良太
監督
石崎信弘

[いわてグルージャ盛岡]
先発
GK 1 土井康平
DF 18 宮市剛
DF 4 牟田雄祐
DF 3 藤井航大
DF 25 有永一生
MF 23 橋本晃司
MF 39 小谷光毅
MF 8 脇本晃成
MF 6 モレラト
MF 19 吉田直矢
FW 14 嫁阪翔太
控え
GK 27 鈴木智幸
DF 24 原山海里
MF 41 後藤京介
MF 49 中野雅臣
FW 11 ブレンネル
FW 32 色摩雄貴
FW 9 岸田和人
監督
秋田豊

●[J3]第18節2日目 スコア速報

岐阜vs沼津 スタメン発表

[9.27 J3第18節](長良川)
※14:00開始
主審:清水修平
副審:高寺恒如、若宮健治
<出場メンバー>
[FC岐阜]
先発
GK 31 松本拓也
DF 17 藤谷匠
DF 4 甲斐健太郎
DF 27 イヨハ理ヘンリー
DF 22 柳澤亘
MF 3 竹田忠嗣
MF 15 町田ブライト
MF 23 大西遼太郎
MF 24 粟飯原尚平
FW 9 高崎寛之
FW 11 前田遼一
控え
GK 29 パク・ソンス
DF 19 長倉颯
DF 33 北谷史孝
MF 10 川西翔太
MF 6 三島頌平
MF 8 中島賢星
FW 16 富樫佑太
監督
仲田建二

[アスルクラロ沼津]
先発
GK 13 長沢祐弥
DF 23 後藤虹介
DF 4 大迫暁
DF 2 藤嵜智貴
MF 8 普光院誠
MF 15 菅井拓也
MF 33 秋山裕紀
MF 11 前澤甲気
MF 3 安在達弥
MF 20 佐藤尚輝
FW 35 渡邉りょう
控え
GK 32 大友竜輔
DF 18 尾崎瑛一郎
DF 31 照山颯人
MF 6 鈴木拳士郎
FW 14 中山雄希
FW 16 鈴木厚太
FW 29 今村優介
監督
今井雅隆

●[J3]第18節2日目 スコア速報

G大23vs熊本 スタメン発表

[9.27 J3第18節](パナスタ)
※14:00開始
主審:中井敏博
副審:亀川哲弘、村田裕紀
<出場メンバー>
[ガンバ大阪U-23]
先発
GK 16 一森純
DF 26 奥野耕平
DF 36 松田陸
DF 17 新里亮
MF 32 芝本蓮
MF 43 伊勢航
MF 37 白井陽斗
MF 30 塚元大
MF 24 黒川圭介
FW 20 高木大輔
FW 38 唐山翔自
控え
GK 41 福本悠
DF 28 タビナス・ジェファーソン
DF 35 山口竜弥
DF 46 當麻颯
MF 42 中村仁郎
MF 44 菅野隆星
FW 48 坂本一彩
監督
森下仁志

[ロアッソ熊本]
先発
GK 35 内山圭
DF 2 黒木晃平
DF 3 小笠原佳祐
DF 5 菅田真啓
DF 17 石川啓人
MF 6 河原創
MF 8 上村周平
MF 10 伊東俊
FW 7 中原輝
FW 18 高橋利樹
FW 9 谷口海斗
控え
GK 22 山本海人
DF 20 衛藤幹弥
DF 4 酒井崇一
MF 15 坂本広大
MF 19 相澤祥太
MF 31 岡本知剛
FW 11 浅川隼人
監督
大木武

●[J3]第18節2日目 スコア速報

長崎vs福岡 スタメン発表

[9.27 J2第22節](トラスタ)
※14:00開始
主審:飯田淳平
副審:塩津祐介、津野洋平
<出場メンバー>
[V・ファーレン長崎]
先発
GK 21 高木和徹
DF 23 米田隼也
DF 5 鹿山拓真
DF 22 徳永悠平
DF 24 江川湧清
MF 10 ルアン
MF 40 カイオ・セザール
MF 14 名倉巧
MF 13 加藤大
MF 7 吉岡雅和
FW 29 畑潤基
控え
GK 30 徳重健太
DF 3 亀川諒史
DF 6 角田誠
MF 17 秋野央樹
MF 19 澤田崇
FW 32 ビクトル・イバルボ
FW 9 富樫敬真
監督
手倉森誠

[アビスパ福岡]
先発
GK 31 村上昌謙
DF 3 エミル・サロモンソン
DF 22 輪湖直樹
DF 33 ドウグラス・グローリ
DF 50 上島拓巳
MF 6 前寛之
MF 14 増山朝陽
MF 16 石津大介
MF 40 松本泰志
FW 9 フアンマ・デルガド
FW 26 遠野大弥
控え
GK 23 杉山力裕
DF 20 三國ケネディエブス
DF 41 藤井悠太
MF 8 鈴木惇
FW 10 城後寿
FW 13 木戸皓貴
FW 18 東家聡樹
監督
長谷部茂利

●[J2]第22節2日目 スコア速報

山形vs磐田 スタメン発表

[9.27 J2第22節](NDスタ)
※14:00開始
主審:三上正一郎
副審:林可人、金次雄之介
<出場メンバー>
[モンテディオ山形]
先発
GK 30 佐藤昭大
DF 6 山田拓巳
DF 23 熊本雄太
DF 31 半田陸
MF 20 加藤大樹
MF 7 岡崎建哉
MF 17 中村駿
MF 19 松本怜大
FW 10 中村充孝
FW 11 山岸祐也
FW 9 ヴィニシウス・アラウージョ
控え
GK 28 摂津颯登
DF 36 小野田将人
DF 5 野田裕喜
MF 18 南秀仁
MF 40 渡邊凌磨
MF 8 小松駿太
FW 16 北川柊斗
監督
石丸清隆

[ジュビロ磐田]
先発
GK 21 杉本大地
DF 3 大井健太郎
DF 28 石田崚真
DF 33 藤田義明
DF 38 山本義道
MF 8 大森晃太郎
MF 10 山田大記
MF 13 宮崎智彦
MF 18 ムサエフ
FW 11 ルキアン
FW 16 中野誠也
控え
GK 1 八田直樹
DF 24 小川大貴
DF 44 大武峻
MF 23 山本康裕
MF 7 上原力也
FW 20 ルリーニャ
FW 9 小川航基
監督
フェルナンド・フベロ

●[J2]第22節2日目 スコア速報

山形vs磐田 スタメン発表

[9.27 J2第22節](NDスタ)
※14:00開始
主審:三上正一郎
副審:林可人、金次雄之介
<出場メンバー>
[モンテディオ山形]
先発
GK 30 佐藤昭大
DF 6 山田拓巳
DF 23 熊本雄太
DF 31 半田陸
MF 20 加藤大樹
MF 7 岡崎建哉
MF 17 中村駿
MF 19 松本怜大
FW 10 中村充孝
FW 11 山岸祐也
FW 9 ヴィニシウス・アラウージョ
控え
GK 28 摂津颯登
DF 36 小野田将人
DF 5 野田裕喜
MF 18 南秀仁
MF 40 渡邊凌磨
MF 8 小松駿太
FW 16 北川柊斗
監督
石丸清隆

[ジュビロ磐田]
先発
GK 21 杉本大地
DF 3 大井健太郎
DF 28 石田崚真
DF 33 藤田義明
DF 38 山本義道
MF 8 大森晃太郎
MF 10 山田大記
MF 13 宮崎智彦
MF 18 ムサエフ
FW 11 ルキアン
FW 16 中野誠也
控え
GK 1 八田直樹
DF 24 小川大貴
DF 44 大武峻
MF 23 山本康裕
MF 7 上原力也
FW 20 ルリーニャ
FW 9 小川航基
監督
フェルナンド・フベロ

●[J2]第22節2日目 スコア速報

YS横浜vsC大23 スタメン発表

[9.27 J3第18節](ニッパツ)
※13:00開始
主審:宇田賢史
副審:塚田智宏、大田智寛
<出場メンバー>
[Y.S.C.C.横浜]
先発
GK 1 大内一生
DF 2 花房稔
DF 4 土館賢人
DF 5 池ヶ谷颯斗
MF 7 宮尾孝一
MF 8 吉田明生
MF 10 柳雄太郎
MF 25 西山峻太
FW 9 大泉和也
FW 11 宮本拓弥
FW 18 音泉翔眞
控え
GK 16 佐川亮介
MF 20 田場ディエゴ
MF 21 山本凌太郎
MF 26 植村友哉
FW 15 ピーダーセン世穏
FW 28 オニエ・オゴチュクウ
FW 41 安彦考真
監督
シュタルフ悠紀リヒャルト

[セレッソ大阪U-23]
先発
GK 45 茂木秀
DF 29 島村拓弥
DF 43 西尾隆矢
DF 46 田平起也
DF 52 大橋滉太
MF 30 喜田陽
MF 44 吉馴空矢
MF 48 新保海鈴
MF 53 岡澤昂星
FW 31 山内寛史
FW 37 前田龍大
控え
GK 50 上林豪
MF 54 近藤蔵波
FW 24 ウェリング・ピアス
FW 33 タワン
監督
丸山良明

●[J3]第18節2日目 スコア速報

相模原vs富山 スタメン発表

[9.27 J3第18節](ギオンス)
※13:00開始
主審:酒井達矢
副審:佐藤裕一、宇治原拓也
<出場メンバー>
[SC相模原]
先発
GK 1 ビクトル
DF 8 ミルトン
DF 18 白井達也
DF 5 梅井大輝
MF 2 夛田凌輔
MF 13 才藤龍治
MF 33 梅鉢貴秀
MF 28 鹿沼直生
MF 17 星広太
FW 27 和田昌士
FW 10 ホムロ
控え
GK 16 三浦基瑛
MF 19 清原翔平
MF 20 窪田良
MF 26 上米良柊人
MF 6 稲本潤一
MF 7 梶山幹太
FW 15 三島康平
監督
三浦文丈

[カターレ富山]
先発
GK 1 岡大生
DF 3 川崎裕大
DF 4 戸根一誓
DF 19 柳下大樹
MF 10 花井聖
MF 16 末木裕也
MF 17 稲葉修土
MF 24 滝裕太
MF 32 戸高弘貴
FW 9 武颯
FW 37 平松宗
控え
GK 31 齋藤和希
DF 23 林堂眞
MF 22 椎名伸志
MF 25 松本雄真
MF 33 池高暢希
FW 11 大谷駿斗
FW 20 宮城天
監督
安達亮

●[J3]第18節2日目 スコア速報

仙台vsC大阪 スタメン発表

[9.27 J1第19節](ユアスタ)
※13:00開始
主審:西村雄一
副審:堀越雅弘、赤阪修
<出場メンバー>
[ベガルタ仙台]
先発
GK 27 ヤクブ・スウォビィク
DF 36 柳貴博
DF 23 シマオ・マテ
DF 13 平岡康裕
MF 18 道渕諒平
MF 26 浜崎拓磨
MF 5 椎橋慧也
MF 2 パラ
FW 7 関口訓充
FW 15 西村拓真
FW 29 アレクサンドレ・ゲデス
控え
GK 22 川浪吾郎
DF 39 金正也
DF 45 真瀬拓海
MF 14 石原崇兆
MF 28 佐々木匠
MF 6 兵藤慎剛
FW 20 長沢駿
監督
木山隆之

[セレッソ大阪]
先発
GK 21 キム・ジンヒョン
DF 2 松田陸
DF 15 瀬古歩夢
DF 16 片山瑛一
DF 22 マテイ・ヨニッチ
MF 3 木本恭生
MF 6 レアンドロ・デサバト
MF 8 柿谷曜一朗
MF 17 坂元達裕
FW 20 ブルーノ・メンデス
FW 25 奥埜博亮
控え
GK 1 永石拓海
DF 4 小池裕太
MF 10 清武弘嗣
MF 5 藤田直之
FW 13 高木俊幸
FW 32 豊川雄太
FW 42 藤尾翔太
監督
ロティーナ

●[J1]第19節2日目 スコア速報

讃岐vs八戸 スタメン発表

[9.27 J3第18節](ピカスタ)
※13:00開始
主審:石丸秀平
副審:角田裕之、田代雄大
<出場メンバー>
[カマタマーレ讃岐]
先発
GK 1 清水健太
DF 28 キム・ホヨン
DF 30 竹内彬
DF 2 西野貴治
MF 15 岩本和希
MF 19 川崎一輝
MF 17 池谷友喜
MF 10 高木和正
MF 11 森川裕基
FW 26 ブラウンノア賢信
FW 13 重松健太郎
控え
GK 16 服部一輝
DF 22 杉山弾斗
MF 18 中村亮
MF 20 下川太陽
MF 8 渡辺悠雅
FW 27 林友哉
FW 9 栗田マークアジェイ
監督
望月一仁

[ヴァンラーレ八戸]
先発
GK 23 金子優希
DF 11 國分将
DF 2 中谷喜代志
DF 39 近石哲平
DF 33 佐藤和樹
MF 32 國領一平
MF 10 新井山祥智
MF 7 中村太一
FW 8 高見啓太
FW 44 秋吉泰佑
FW 9 上形洋介
控え
GK 31 花田力
DF 40 深井脩平
MF 13 丸岡悟
MF 4 前田柊
FW 17 安藤翼
FW 30 黒石貴哉
監督
中口雅史

●[J3]第18節2日目 スコア速報

札幌守備陣、誰もいない!? 神戸FW古橋が“どフリー”独走弾で早くも二桁到達「みんなのおかげ」

ヴィッセル神戸FW古橋亨梧
[9.26 J1第19節 神戸4-0札幌 ノエスタ]

 ヴィッセル神戸FW古橋亨梧が2試合連続での2ゴールを記録し、今季初の連勝に大きく貢献した。今季の得点数はこれで二桁到達の10点。昨季、31試合の出場で積み上げたキャリアハイに早くも並んだ。

 三浦淳寛新監督の初陣となった札幌戦、まずは前半19分に先制点を決めた。MFアンドレス・イニエスタとのワンツーで左サイドを崩したDF酒井高徳の折り返しに対し、ワンタッチで落ち着いて合わせた形。この日がJリーグデビュー戦となったGK中野小次郎の逆を見事に突いたゴールだった。

 さらに2-0で迎えた後半17分、2点目は早い時間帯にしては珍しい形での独走ゴールだった。相手守備陣は全員が神戸陣内に深く攻め込んでおり、ハーフウェーラインがオフサイドラインとなっていたのを活かし、MFアンドレス・イニエスタからのスルーパスに完全にフリーで反応。最後は中野との1対1を制した。

「チラッと見たら相手が全員前目にポジションをとっていて、本当は中に絞ってディフェンスをしないといけないけど、フラフラっと前に行ったらいいボールが来て、あとは落ち着いて決められてよかった」。札幌が一方的に攻め込む時間帯だっただけに、リスクを負った判断が試合を大きく決定づけた。

 これで昨季に続く二桁得点を達成。昨季は31試合に出場していたのに対し、今季は19試合目での到達だ。

 それでも古橋は「こうやってみんなのおかげで二桁に乗せることができたけど、その前に外している場面が多いので決められるようにしたい」とチームメートに感謝。約20点ペースとの問いかけにも「まずは昨年の得点王の15点を目指したいと今季最初に決めていた。それを達成できたらまた20点を達成できるように。でもまずはチームが勝つためにプレーしたい」と控えめに目標を語った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

“右”から“中”に持ち場変えてリズム生むも…浦和MF柏木「課題として捉えないといけない」

浦和レッズMF柏木陽介
[9.26 J1リーグ第19節 浦和0-2横浜FC 埼玉]

 今季初のフル出場。しかし、結果には結び付かなかった。浦和レッズMF柏木陽介は「チームの結果につなげられるように全力を尽くしたい」と前を向いた。

 序盤こそボールを保持して試合を進めたが、前半16分にGK西川周作のキックミスの流れから先制点を献上。さらに同35分には左目を負傷した柏木が治療のためにピッチの外に出ている間に2点目を奪われてしまった。

 0-2と2点のビハインドを背負った迎えた後半、柏木の持ち場は右サイドハーフからボランチへ。積極的にボールに絡み、攻撃にリズムをもたらすと、後半34分には柏木の縦パスをFWレオナルドがワンタッチで流してFW興梠慎三がフィニッシュに持ち込むなど好機も創出した。

 しかし、浦和には最後まで得点は生まれず、横浜FCに0-2の完封負けを喫した。柏木自身も「ボールに触れてリズムが出たとしても、得点が生まれなかったので課題として捉えないといけない」と唇を噛んだ。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「あれだけ決定機を外していたので…」神戸19歳FW小田裕太郎が12試合目でプロ初ゴール!

ヴィッセル神戸FW小田裕太郎
[9.26 J1第19節 神戸4-0札幌 ノエスタ]

 J1出場12試合目での待ちに待ったプロ初ゴールだった。本拠地ノエビアスタジアム神戸で歓喜の雄叫びをあげたヴィッセル神戸FW小田裕太郎は試合後のオンライン取材で「ホームで決められたのは良かった」とうれしそうに振り返った。

 J1デビューは7月11日の第4節大分戦(△1-1)。後半30分からピッチに立ったが、決定機で放ったシュート3本はいずれも不発に終わった。するとその後の試合でもゴールは遠く、先発出場4試合を経ても無得点のまま。第16節からは3試合連続で登録メンバー外となっていた。

 それでも「あれだけ決定機を外して不甲斐ないプレーをしていたので、外されることは想定していた。腐らずに出たらやってやるという気持ちで練習していた」と小田。監督交代が行われたなか、前節の鳥栖戦で後半終了間際の出場ながら再びピッチに立つと、三浦淳寛新監督の初陣では戦力として起用された。

「SDの時からすごく声をかけてくれて、ダメな時も励ましてくれて、自信を持たせる声かけ、サポートをしてくれていた」(小田)。そんな指揮官からは後半22分の投入直前、「ノビノビとやって良さを出してこい」と温かい言葉が送られたという小田。すると同45分、出場12試合目の終了間際でようやく努力が実を結んだ。

 中盤でのトランジションで途中出場FW藤本憲明がうまくつぶれると、「DFが僕に気付いていなかった」とすかさずボールに向かってスプリント。自慢のスピードでゴール前に駆け上がり、GKを一気にかわした。あとはこれまで苦しんできたシュートだけ。今季13本目のシュートは「落ち着いて流し込もうという意識だけ」で丁寧に蹴り込んだ。

 試合後に指揮官からは「ナイスゴール」と声をかけられたといい、「報われて良かった」と顔をほころばせた小田。それでも19歳はきっぱり語る。「またシュート練習からしっかり取り組んでいかないといけない」。待ちに待った初ゴールを奪うまでに取り組んできた努力を今後も続けていく構えだ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

初指揮で4-0圧勝も…守備立て直した神戸三浦新監督「やりたいサッカーは満足いっていない」

ヴィッセル神戸の三浦淳寛新監督
[9.26 J1第19節 神戸4-0札幌 ノエスタ]

 ヴィッセル神戸三浦淳寛監督が就任初陣を4-0の圧勝で飾った。試合後のオンライン取材では「われわれのやりたいサッカーは、今日の試合の中では満足いってはない。それが正直な気持ち」と改善の余地を示唆しながら「札幌さんの戦い方を分析している中で、選手に落とし込んだことが結果につながった」と振り返った。

 神戸は前節の鳥栖戦前日にトルステン・フィンク監督の退任を発表。鳥栖戦ではアシスタントコーチのマルコス・ビベス氏が指揮を執り、4-3で8試合ぶりの勝利を収めたが、前スポーツダイレクターの三浦氏が後を継ぐことに決まった。2015年にS級ライセンスを取得していたものの、現場レベルでの監督経験は一度もなく、異例の人事となった。

 それでも就任初戦で大きな結果を残した。ボール支配率やパス本数は札幌のほうが上回ったものの、短い準備期間で「守備の構築の部分に手を入れた」(三浦監督)ことが奏功。DF酒井高徳とMFアンドレス・イニエスタで崩してFW古橋亨梧が決めた先制点以降は良い守備からのカウンター攻撃が次々に炸裂し、4-0での勝利を収めた。

 試合後、初めて実戦を指揮した三浦新監督はやや声を枯らした様子でオンライン取材に応対。「SDの時は監督とコミュニケーションを取りながら、監督がやりたいサッカーを後押しできるようにサポートをしていたが、監督の役割は交代のタイミングや試合の流れを読み、やりたいサッカーじゃないところを我慢しないといけないこともあり、変わった形の思いが出てきた」と感慨を語った。

 一方で「満足いってはいない」「我慢しないといけない」という言葉にも表れているとおり、守備を固めた戦い方はクラブが目指すものではない。それでもリーグワースト3位の35失点を喫していたチームが今季3度目のクリーンシートで初の連勝達成。選手たちは前向きに受け止めている様子だ。2ゴールの古橋は「チームが勝つことで自信を持ってプレーできる」と晴れやかな表情で振り返った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「あのパスがすべて」「彼にしか出せない」…L・ドミンゲス、今季初先発で絶妙スルーパス

横浜FCのMFレアンドロ・ドミンゲス
[9.26 J1リーグ第19節 浦和0-2横浜FC 埼玉]

 今季、初めてスターティングメンバ―に名を連ねた。出場した時間は59分。横浜FCのMFレアンドロ・ドミンゲスは、その時間の中で持ち味を発揮してアシストを記録した。

 前節の首位・川崎F戦。後半15分から出場したL・ドミンゲスは積極的にボールに絡み、攻撃にアクセントを加え、多くの好機を生み出した。そして、続く浦和戦。下平隆宏監督が「長いケガをしてコンディションが整わなかったが、ここに来て上がってきて、川崎戦でも良いパフォーマンスを見せていた」と説明したように、今季初めて先発起用された。

 4-2-3-1のトップ下の位置に入ると、攻撃をリード。そして、1-0で迎えた前半35分には右サイドでボールを呼び込むと、一撃必殺のスルーパス。右足アウトサイドで鮮やかなパスを供給し、MF松尾佑介の2点目を演出した。得点を記録した松尾が「レアンドロのスルーパスがすべて。感謝している」と語れば、指揮官も「あのスルーパスは彼にしか出せない」と称賛した。

 初先発でアシストを記録し、勝利に貢献したL・ドミンゲスは「スタメンに名前を連ね、勝利で終えられて非常に嬉しく思う」と喜びを表した。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

2点差ひっくり返した大宮が7試合ぶり勝利! 中川2発の京都は今季ホーム初黒星

[9.26 J2第22節 京都2-4大宮 サンガS]

  J2第22節が26日に行われ、大宮アルディージャ京都サンガF.C.と対戦し、4-2で逆転勝利をおさめた。大宮は後半4得点で2点差をひっくり返す逆転劇を演じ、7試合ぶりとなる白星。J2通算200勝を飾った。

 京都が幸先良く試合を動かした。前半12分、DF森脇良太から縦パスを受けたMF曽根田穣が浮き球のスルーパス。抜け出したMF中川風希がGKとの1対1を制し、先制ゴール。今季横浜FMから加入した中川は移籍後初ゴール。その3分後にも曽根田のスライディングタックルからボールを回収したFWピーター・ウタカがスルーパスを出すと、再び中川が右足で浮かせ、2-0にリードを広げた。

 しかし、後半流れは一変する。大宮は反攻を強めると、後半7分、MF三門雄大のパスを受けたDF渡部大輔が左クロスを入れ、飛び込んだMFイッペイ・シノヅカがヘッドで叩き込んだ。さらに後半12分、MF庄司悦大のパスをカットしたMF黒川淳史がそのままドリブルで持ち出し、左足でファー隅へと突き刺した。

 怒涛の猛攻で2得点を奪い、試合を振り出しに戻した大宮。さらに、次の一点を奪ったのも大宮だった。後半31分、DF河面旺成が右CKを蹴り込むと、ファーサイドのDF畑尾大翔がヘッドで叩き込み、逆転に成功。京都は反攻を強めたが、後半アディショナルタイムには前に出ていたGK若原の位置を見極め、MF奥抜侃志がハーフウェーライン手前から超ロングシュートを沈め、4-2とした。京都は6試合ぶりの黒星を喫し、今季初めてホームで敗れた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

徳島、前日に監督交代の松本とドローも暫定首位に浮上

[9.26 J2第22節 徳島1-1松本 鳴門大塚]

 徳島ヴォルティス松本山雅FCが1-1で引き分けた。連勝は止まったものの、6試合負けなしで勝ち点を44に伸ばした徳島は、明日に試合を残すギラヴァンツ北九州をかわして暫定首位に浮上した。

 今季2度目の3連勝を目指した徳島だが、リードを守り切る戦いが出来なかった。後半24分、右サイドで獲得したCKを蹴ったMF梶川諒太のキックからゴール前で混戦が生まれると、FW清武功暉が蹴り込んで先制。しかし同29分に与えたPKをFWジャイルに決められてドローに持ち込まれた。

 一方の松本は23日のホームでの琉球戦に1-6と大敗。そして試合前日の25日には布啓一郎監督を解任し、柴田峡編成部部長を新監督に据えて、敵地での一戦に乗り込んでいた。1点ビハインドの後半29分に途中出場のFW阪野豊史の突破から獲得したPKをジャイルが決め手ドロー。

 待望の移籍後初ゴールを奪った今季よりFC東京からレンタル加入している助っ人FWは、「たくさんゴールチャンスもあったけど、みんなが下を向かずに戦った結果。PKを蹴らせてくれた阪野選手に感謝したい」と安堵した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

徳島vs松本 試合記録

【J2第22節】(鳴門大塚)
徳島 1-1(前半0-0)松本


<得点者>
[徳]清武功暉(61分)
[松]ジャエル(74分)

<警告>
[松]藤田息吹(45分+2)、ジャエル(81分)、山本龍平(88分)

観衆:2,834人
主審:松本大
副審:三原純、田島宏則
徳島、前日に監督交代の松本とドローも暫定首位に浮上

<出場メンバー>
[徳島ヴォルティス]
先発
GK 21 上福元直人
DF 15 岸本武流
(46分→DF 22 藤田征也)
DF 6 内田航平
(60分→DF 4 ジエゴ)
DF 5 石井秀典
DF 20 福岡将太
MF 38 梶川諒太
MF 23 鈴木徳真
MF 37 浜下瑛
(60分→MF 8 岩尾憲)
MF 24 西谷和希
(46分→MF 10 渡井理己)
FW 13 清武功暉
(79分→MF 45 杉森考起)
FW 19 垣田裕暉
控え
GK 31 長谷川徹
FW 9 河田篤秀
監督
リカルド・ロドリゲス

[松本山雅FC]
先発
GK 16 村山智彦
DF 33 大野佑哉
DF 31 橋内優也
(55分→DF 15 森下怜哉)
DF 43 常田克人
DF 42 高橋諒
(63分→MF 26 山本真希)
MF 27 鈴木雄斗
MF 6 藤田息吹
MF 22 米原秀亮
(63分→MF 19 山本龍平)
MF 8 杉本太郎
(72分→MF 14 中美慶哉)
FW 18 高木彰人
(46分→FW 11 阪野豊史)
FW 9 ジャエル
控え
GK 1 圍謙太朗
MF 41 久保田和音
監督
柴田峡

「夢の場所」=埼スタで2得点!! 横浜FC松尾佑介「幸せを噛み締めてプレーした」

横浜FCのMF松尾佑介
[9.26 J1リーグ第19節 浦和0-2横浜FC 埼玉]

 下部組織でプレーした“古巣”のホームスタジアムに乗り込んだ。そして、横浜FCのMF松尾佑介は2ゴールを叩き込む活躍で、チームに3試合ぶりの白星をもたらした。

 浦和の下部組織で育った松尾だが、トップチーム昇格を果たせず。仙台大に進学すると、昨季は特別指定選手として横浜FCでJデビューを飾り、今季から正式に加入。そして、「小学生のときに前座試合でプレーした」以来、埼玉スタジアムのピッチに立つことになった。

「ユースの頃、レッズの試合を皆で見に行くこともあった。(埼スタは)夢の場所。チームが違うけど、幸せを噛み締めてプレーした」

 そんな“夢の場所”で大仕事をやってのける。まずは前半16分、相手のパスミスをカットしたMF手塚康平の縦パスを受けると、「練習からシュートフィーリングが良かったので思い切り振ってみようと思った」と右足から放った鮮やかなシュートで先制点を奪取。さらに前半35分にはMFレアンドロ・ドミンゲスのスルーパスから最終ライン裏に抜け出すと、PA内に侵入して右足のシュートでゴールを陥れた。

 2得点を奪って勝利の立役者に。「埼スタは特別な場所なので、空回りしないか不安もあったけど楽しかった」と白い歯を見せた。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

神戸vs札幌 試合記録

【J1第19節】(ノエスタ)
神戸 4-0(前半2-0)札幌


<得点者>
[神]古橋亨梧2(19分、62分)、郷家友太(45分)、小田裕太郎(90分)

<警告>
[神]小川慶治朗(90分+3)
[札]宮澤裕樹(78分)

観衆:5,335人
主審:松尾一
副審:唐紙学志、浜本祐介
初指揮で4-0圧勝も…守備立て直した神戸三浦新監督「やりたいサッカーは満足いっていない」
「あれだけ決定機を外していたので…」神戸19歳FW小田裕太郎が12試合目でプロ初ゴール!
札幌守備陣、誰もいない!? 神戸FW古橋が“どフリー”独走弾で早くも二桁到達「みんなのおかげ」


<出場メンバー>
[ヴィッセル神戸]
先発
GK 1 前川黛也
DF 44 藤谷壮
(89分→DF 19 初瀬亮)
DF 25 大崎玲央
DF 4 トーマス・フェルマーレン
(89分→DF 17 菊池流帆)
DF 24 酒井高徳
MF 5 山口蛍
MF 14 安井拓也
(67分→MF 41 小田裕太郎)
MF 8 アンドレス・イニエスタ
MF 27 郷家友太
FW 49 ドウグラス
(89分→FW 9 藤本憲明)
FW 11 古橋亨梧
(76分→FW 13 小川慶治朗)
控え
GK 28 吉丸絢梓
DF 3 渡部博文
監督
三浦淳寛

[北海道コンサドーレ札幌]
先発
GK 34 中野小次郎
DF 3 進藤亮佑
(69分→FW 33 ドウグラス・オリヴェイラ)
DF 20 キム・ミンテ
DF 31 高嶺朋樹
MF 7 ルーカス・フェルナンデス
(69分→MF 10 宮澤裕樹)
MF 14 駒井善成
(80分→MF 17 檀崎竜孔)
MF 32 田中駿汰
MF 4 菅大輝
(69分→MF 19 白井康介)
MF 27 荒野拓馬
FW 30 金子拓郎
FW 35 小柏剛
控え
GK 1 菅野孝憲
MF 26 早坂良太
FW 16 藤村怜
監督
ペトロヴィッチ

フル稼働続くイニエスタ起点に大量ゴールショー! 監督人事に揺れた神戸が連戦4発で今季初連勝

2ゴールのヴィッセル神戸MF古橋亨梧
[9.26 J1第19節 神戸4-0札幌 ノエスタ]

 J1リーグは26日、第19節を各地で行い、ヴィッセル神戸北海道コンサドーレ札幌を4-0で破った。前々節終了後に監督人事に揺れた神戸だが、そこから2試合連続の4ゴールで今季初の連勝を果たした。

 ホームの神戸は前節の鳥栖戦を控えてトルステン・フィンク監督が退任。鳥栖戦ではアシスタントコーチのマルコス・ビベス氏が指揮を執って8試合ぶりの勝利(○4-3)を収めた。今節からは三浦淳寛新監督が就任。中2日での連戦に向けて先発2人を入れ替え、DF藤谷壮とMF安井拓也が新たに入った。

 一方の札幌は直近12試合で1勝2分9敗という大ブレーキの渦中。ペトロヴィッチ監督は守護神の交代に踏み切り、法政大所属の特別指定選手GK中野小次郎を起用した。これがJリーグデビュー戦となる中野は身長200cmで、J1出場選手で史上最高にあたる。また明治大所属の特別指定選手FW小柏剛も2試合目の先発出場を果たした。

 試合は前半1分、さっそく札幌に決定機。小柏からのパスを受けたMF菅大輝がペナルティエリア内左から左足を振り抜き、GK前川黛也を強襲した。さらに札幌は10分、背後への抜け出しを見せた小柏が絶好のチャンスを迎えたが、ファウルギリギリで対応したDFトーマス・フェルマーレンに阻まれた。

 すると前半19分、神戸に先制点が入った。左サイドでボールを持ったDF酒井高徳がMFアンドレス・イニエスタとの見事なワンツーで打開すると、折り返しにMF古橋亨梧が反応。先に動いた中野の逆を突いてワンタッチで押し込んだ。34分、古橋のグラウンダークロスにFWドウグラスが合わせたが、これは中野が股をうまく閉じてブロックした。

 それでも前半終了間際、神戸は自陣に降りたイニエスタが鋭いスルーパスを前線に送り込むと、古橋がスプリントで反応。なんとか戻ったDF進藤亮佑にスライディングでクリアされたが、セカンドボールを拾ったMF郷家友太が落ち着いてゴールに蹴り込み、2点にリードを広げてハーフタイムを迎えた。

 後半は一気に札幌の優勢に転じ、6分にはMF荒野拓馬のスルーパスから小柏のチャンスが生まれ、13分にも相手のミスにつけ込んだ菅が強烈なボレーシュート。しかし、それぞれ前川、大崎のブロックに遭い、ゴールが奪えない。さらに14分、DFキム・ミンテのヘッドがクロスバーに嫌われ、16分のMF金子拓郎のシュートも前川に阻まれると、勝負を決める1点が神戸に入った。

 後半17分、自陣でのクロス対応からイニエスタがセカンドボールを拾うと、背後にふんわりとした浮き球のスルーパスを供給。札幌の守備陣は全員が敵陣深くに攻め込んでおり、古橋が独走を許され、そのままスピードで振り切って右足で流し込んだ。

 札幌はその後、今季初出場のMF檀崎竜孔らを送り込んだが反撃ならず。神戸は後半45分、は中盤の競り合いでこぼれたボールを途中出場MF小田裕太郎が拾うと、そのまま持ち味のスピードを活かしてペナルティエリア内に駆け上がり、飛び出した中野もかわしてJ1リーグ初ゴールを奪取。そのままタイムアップ。中2〜3日の4連戦で全試合フル出場のイニエスタも輝きを放った神戸が監督交代後2連勝を果たした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

愛媛vs金沢 試合記録

【J2第22節】(ニンスタ)
愛媛 0-0(前半0-0)金沢


<警告>
[愛]森谷賢太郎(10分)
[金]本塚聖也(90分+4)

観衆:1,424人
主審:岡部拓人
副審:戸田東吾、イ・サンギ

<出場メンバー>
[愛媛FC]
先発
GK 1 岡本昌弘
DF 20 茂木力也
DF 2 山崎浩介
DF 4 西岡大輝
(65分→MF 7 横谷繁)
DF 5 前野貴徳
MF 33 山瀬功治
MF 34 渡邊一仁
(46分→MF 8 長沼洋一)
MF 29 川村拓夢
MF 19 忽那喬司
(65分→DF 23 三原秀真)
FW 11 森谷賢太郎
(86分→FW 9 有田光希)
FW 15 丹羽詩温
(46分→FW 10 藤本佳希)
控え
GK 21 加藤大智
MF 16 田中裕人
監督
川井健太

[ツエーゲン金沢]
先発
GK 21 石井綾
DF 24 長谷川巧
DF 4 石尾崚雅
DF 27 廣井友信
DF 15 渡邊泰基
MF 18 窪田稜
(58分→MF 14 金子昌広)
MF 8 藤村慶太
MF 16 本塚聖也
MF 19 島津頼盛
(73分→DF 25 高安孝幸)
FW 11 杉浦恭平
(78分→FW 7 山根永遠)
FW 17 加藤陸次樹
(78分→FW 9 ルカオ)
控え
GK 31 上田樹
DF 29 ホドルフォ
DF 3 作田裕次
監督
柳下正明

京都vs大宮 試合記録

【J2第22節】(サンガS)
京都 2-4(前半2-0)大宮


<得点者>
[京]中川風希2(12分、15分)
[大]イッペイ・シノヅカ(52分)、黒川淳史(57分)、畑尾大翔(76分)、奥抜侃志(90分+3)

<警告>
[京]中川風希(63分)、森脇良太(73分)

観衆:4,133人
主審:佐藤隆治
副審:桜井大介、竹長泰彦
2点差ひっくり返した大宮が7試合ぶり勝利! 中川2発の京都は今季ホーム初黒星

<出場メンバー>
[京都サンガF.C.]
先発
GK 34 若原智哉
DF 2 飯田貴敬
DF 5 黒木恭平
DF 23 ヨルディ・バイス
DF 25 上夷克典
DF 46 森脇良太
(90分→MF 40 黒木聖仁)
MF 10 庄司悦大
MF 11 曽根田穣
(79分→MF 32 上月壮一郎)
MF 14 中川風希
(79分→MF 8 荒木大吾)
MF 22 谷内田哲平
(56分→MF 31 福岡慎平)
FW 9 ピーター・ウタカ
(56分→MF 41 金久保順)
控え
GK 21 清水圭介
MF 24 川崎颯太
監督
實好礼忠

[大宮アルディージャ]
先発
GK 40 フィリップ・クリャイッチ
DF 50 畑尾大翔
DF 24 西村慧祐
DF 4 ヴィターリス・マクシメンコ
(46分→DF 13 渡部大輔)
DF 6 河面旺成
MF 41 小野雅史
(46分→MF 11 奥抜侃志)
MF 7 三門雄大
MF 18 イッペイ・シノヅカ
MF 26 小島幹敏
MF 10 黒川淳史
(90分→FW 28 富山貴光)
FW 19 イバ
(46分→MF 9 菊地俊介)
控え
GK 1 笠原昂史
MF 22 翁長聖
FW 37 高田颯也
監督
高木琢也

J3今治の元日本代表MF橋本英郎が左足負傷で離脱へ

今治MF橋本英郎が負傷離脱
[故障者情報]

 FC今治は26日、元日本代表MF橋本英郎が左足大腿筋筋腱移行部部分損により、全治3〜4週間程度を要する見込みと診断されたことを発表した。22日のJ3第17節・福島戦で負傷したという。

 橋本は過去にG大阪、神戸、C大阪、長野、東京Vでプレーし、2019年から今治に所属。チームとしてJリーグ参入初年度となる今季は、ここまでJ3リーグ戦14試合に出場していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

浦和vs横浜FC 試合記録

【J1第19節】(埼玉)
浦和 0-2(前半0-2)横浜FC


<得点者>
[横]松尾佑介2(16分、35分)

<警告>
[浦]トーマス・デン(39分)、関根貴大(53分)
[横]マギーニョ(28分)、手塚康平(41分)

観衆:6,401人
主審:高山啓義
副審:聳城巧、数原武志
松尾佑介が“恩返し弾”2発!! 浦和に完封勝利の横浜FC、3試合ぶり白星
「夢の場所」=埼スタで2得点!! 横浜FC松尾佑介「幸せを噛み締めてプレーした」
「あのパスがすべて」「彼にしか出せない」…L・ドミンゲス、今季初先発で絶妙スルーパス
“右”から“中”に持ち場変えてリズム生むも…浦和MF柏木「課題として捉えないといけない」


<出場メンバー>
[浦和レッズ]
先発
GK 1 西川周作
DF 20 トーマス・デン
DF 31 岩波拓也
(46分→DF 3 宇賀神友弥)
DF 5 槙野智章
DF 6 山中亮輔
(84分→MF 11 マルティノス)
MF 10 柏木陽介
MF 29 柴戸海
MF 8 エヴェルトン
(46分→MF 24 汰木康也)
MF 41 関根貴大
(84分→MF 7 長澤和輝)
FW 14 杉本健勇
(59分→FW 30 興梠慎三)
FW 45 レオナルド
控え
GK 36 鈴木彩艶
FW 9 武藤雄樹
監督
大槻毅

[横浜FC]
先発
GK 44 六反勇治
DF 3 マギーニョ
(73分→MF 6 瀬古樹)
DF 19 伊野波雅彦
DF 4 小林友希
DF 26 袴田裕太郎
MF 7 松浦拓弥
MF 28 安永玲央
(89分→MF 8 佐藤謙介)
MF 30 手塚康平
MF 37 松尾佑介
(89分→MF 15 齋藤功佑)
FW 16 皆川佑介
(59分→FW 9 一美和成)
FW 40 レアンドロ・ドミンゲス
(59分→FW 23 斉藤光毅)
控え
GK 18 南雄太
DF 5 田代真一
監督
下平隆宏