小児用抗がん剤なぜ増えない 個人輸入でしのぐ患者も

先端的な抗がん剤などが次々に登場するなかで、小児用の薬がなかなか増えない。患者数が少なく臨床試験(治験)がしづらいうえに薬の形状や量の工夫に手間がかかり、製薬会社も敬遠しがちなためだ。個人輸入し、用量や服用期間がわからないまま不安を抱きながら使っている患者もおり改善を求める声は多い。

「宅配ピザ」は健康に良い? 悪い?

カラダについてのお悩み、ありませんか? 体調がいまいちよくない、運動で病気を予防したい、スポーツのパフォーマンスを上げたい…。そんなお悩みを、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんが解決します! 今回は、共働きで食事の準備が大変という方から、宅配ピザを頼んでも問題ないか、という相談です。

「足の裏のアーチ」を作るのに最適なトレーニング

筋肉こそ生命活動の原動力。筋肉が活動的になれば、代謝が活性化し、健康で元気な体になります。世の中にはいろいろな「筋肉の常識」がありますが、すべて正しいとは限りません。本連載では、筋肉博士・石井直方先生が、筋肉の正しい知識をやさしく解説していきます。今回のテーマは「足裏の筋力」について。⾜裏の筋⼒を鍛え、「アーチ」を作るには、どんなトレーニングがお勧めなのでしょうか。

胃痛に効く漢方

ストレスや食べ過ぎなどの「胃の痛み」に悩まされている人は少なくないでしょう。。一時的な場合もありますが、慢性的に繰り返し痛むとやっかいです。幸福薬局の薬剤師、幸井俊高さんは、「慢性的な胃痛に悩んでいる人は、漢方薬で体質から改善すると楽になります」と話します。

脂肪燃焼のためのウォーキング、適切な目標心拍数はどのくらい?

【問題】ウォーキングで運動効果を得るには、ある程度の「運動強度」が必要とされます。そして、運動強度の客観的な指標となるのが「心拍数」。では、脂肪燃焼を目的としてウォーキングを行う場合、目標心拍数は最大心拍数(運動時に心臓が血液を送り出すために拍動する最大の値)の何%程度が適切とされているでしょうか。

ビートルズに学ぶ 「週末菜食」のススメ

近年は健康のためだけでなく、地球環境問題への意識の高まりなどから、ベジタリアンやヴィーガンといった菜食主義を、ライフスタイルとして実践する人が増えています。その先駆者ともいえるのが、英国のリバプールで誕生した伝説的ロックバンド「ビートルズ」です。

炎上、電凸… 医師が実感した「コロナと言論封殺」

呼吸器のスペシャリストとして肺炎と向き合って30年。池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さんは、新刊『肺炎を正しく恐れる』(日経プレミアシリーズ)で、コロナから私たちの命と健康を守る方法を徹底的に解説します。自身のクリニックで毎日のように新型コロナ感染疑いの患者を診察し、その豊富な臨床経験をもとに、テレビ等での分かりやすい情報発信でも定評のある大谷さん。この連載では、『肺炎を正しく恐れる』の内容をもとにしつつ、本では書ききれなかったエピソードも盛り込んでお届けします。

握力をつけるには、前腕のトレーニングが大事

筋肉こそ生命活動の原動力。筋肉が活動的になれば、代謝が活性化し、健康で元気な体になります。世の中にはいろいろな「筋肉の常識」がありますが、すべて正しいとは限りません。本連載では、筋肉博士・石井直方先生が、筋肉の正しい知識をやさしく解説していきます。今回のテーマは「握力」について。握力を鍛えるにはどんなトレーニングをすればいいのでしょうか。

IWA「一向一揆終焉の鳥越城と二曲城を歩く」が開催された!

201003iwa-2

IWA「一向一揆終焉の鳥越城と二曲城を歩く」が開催された!

石川県ウオーキング協会は10月3日(土)道の駅「一向一揆の里」発着、国指定史跡探訪シリーズ⑤「一向一揆終焉の鳥越城と二曲城を歩く」を105名の参加者で開催した。

■写真はあいさつする大路会長

201003iwa-1

今回は鳥越にも関わらず多くの方に参加いただきました。久しぶりの開会式では大路孝之石川県ウオーキング協会会長のあいさつし、松林知一専務理事のコース説明の後、スタートした。

■写真は一向一揆資料館の前の参加者

201003iwa-4

まず、高度差約80mの国指定史跡「二曲城跡」に登り、別宮白山神社経由、高度差約120mの国指定史跡「鳥越城跡」の急な坂を登り枡形門、鳥越全体が眺望出来る本丸跡で休憩。バードハミング鳥越、大巻どんと橋を渡りオートキャンプ場で休憩。手取渓谷を眺望できる黄門橋、弘法池を経由して一向一揆の里にゴールした。

■写真は二曲城跡の参加者

201003iwa-5

■写真は高度差120m鳥越城跡を登る参加者

201003iwa-6
心配された天候も曇ながら雨も降らず、ウオーキングには最高のコンディションで参加者は鳥越の秋を満喫した。

■写真は鳥越城跡枡形門の参加者

201003iwa-7

◇コース(11キロ)
一向一揆の里→二曲城跡(国史跡)→鳥越城跡(国史跡)→バードハミング鳥越→大巻どんと橋→黄門橋(手取渓谷)→弘法池(名水百選)→釜清水トンネル→ 一向一揆の里

■写真は大巻どんど橋の参加者

201003iwa-8

200923iwa-keikoku

■写真は黄門橋の参加者と手取渓谷

201003iwa-9

■写真は弘法の池の参加者

□写真・情報提供:広野正芳氏

ついに「糖質ゼロ」がビールで実現! 気になる味は?

「糖質ゼロ」といえば、発泡酒や第三のビールでこそ可能だが、ビールでは実現が難しい…。そんな常識を覆し、ついに糖質ゼロのビールが登場した。かつては“ビール党”だったけれども、「糖質が気になるのでハイボールを飲んでいた」という人も、待ち望んでいた糖質ゼロビール。果たして、どのような技術で実現したのか。そして、気になる味はどうなのか?

目に見えない疲れは「落ち込み」と「イライラ」に表れる

疲労とは、「今日の体力」と「今日の活動量」の単純な比較で生じるもの。しかし、人は、頑張らなくてはいけないときには“気合い”で疲労感を抑え込んでしまう傾向にあります。体力が徐々に低下する一方で直面する課題も増えていく人生後半戦こそ、疲労の本質を正しく理解していきたい。

「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

やっぱり“スニーカー”が好き!信頼されるブランドの1足で作る【秋コーデ】集

歩きやすく、大人のカジュアル感を手軽に取り入れられる「スニーカー」。私たちの「お洒落の相棒」でもあります。そんな相棒との秋コーデ、あなたはもう準備万端でしょうか?スニーカーにはどのようなコーディネートがぴったりなのか、一緒に見ていきましょう。

Industry newsletters where you can find more signal and less noise

Find your next must-read industry newsletter

Where do you go when you’re hungry for curated insights in a specific industry? Newsletters! 

Newsletters are the best place to get curated insights and in-depth analysis from experts. You get the best industry-specific news, without having to slog through social media to find insights on trends and competitors. 

Plus, now that you can get newsletters delivered to Feedly, we want to help you find quality industry newsletters that you can add to your feeds. We’re sharing 5 major industry newsletters with quality content and deep analysis, so you can find your next great read. 

Get newsletters in Feedly

Unclog your inbox and read without distractions. Now available to all users in our Pro+ plan.

GET NEWSLETTERS IN FEEDLY

Finance: Robinhood Snacks

“Your daily dose of financial news: The 3-minute newsletter with fresh takes on the financial news you need to start your day.” 

Robinhood Snacks is a mix of financial, business, and market news with a smart, punny tone.

Each piece of news includes an in-depth story and a key takeaway that helps you get the highlights. We especially appreciate how the plentiful emojis, GIFs, and snack puns make the newsletter easy to scan and keep things light in an industry that’s not always considered “fun.”

Petr, Customer Success Manager at Feedly, says “Robinhood Snacks helps me get the bigger picture about what to invest in. The other day, I liked how they analyzed the strategies behind two up-and-coming startups and gave a valuable takeaway.”

Health care: Axios Vitals

“Keep up with health care politics, policy and business, by health care reporter Caitlin Owens.”

The daily Axios Vitals newsletter starts with “1 big thing” that goes deep on a timely piece of health care news. The rest of the newsletter includes a variety of topics that intersect with different sub-sectors in health care: the impact of the economic environment on people’s health, scientific research, and drug discovery. You’ll find background knowledge and analysis so you can take away plenty of talking points. 

Especially during the overwhelming news cycle of the pandemic, Axios Vitals is a great place to look for quality coronavirus-related news.

Media and entertainment: Idea 57

“Atlantic Media’s weekly newsletter on the business of media.” 

Settle in with a cup of coffee and (or tea): this is a long one. Written by Atlantic Media’s strategy research team, Idea 57 covers a wide range of areas in the media and entertainment industry, including digital media, publishers, social media, traditional media. 

Each story includes a well-researched explanation and snapshots for easy consumption. You’ll find plenty of links to external content and videos so you can fall down a rabbit hole on a specific topic.

Retail: Retail Brew

“Stay up to date on the retail industry. All the news and insights retail pros need to know, all in one newsletter.”

“There’s so much happening in retail, but there isn’t a single source that curates retail news with a sense of humor.” said journalist Halie LeSavage to MediaPost when Retail Brew launched earlier in 2020.

Retail Brew now gives readers direct access to retail news—with a dose of humor. It was created by the team behind the popular Morning Brew newsletter.

Every day, LeSavage writes stories that are both entertaining and informative for a variety of readers: from grocers to direct-to-consumer companies and small businesses. Stories range from Black Friday and Cyber Monday news to pet subscription boxes.

Travel and hospitality: Airline Economics Online

“Airline Economics is the leading and largest finance & leasing global publication for the aviation sector, reaching industry professionals from lessors, investors, banks, airlines, law firms & MROs.”

The daily Airline Economics newsletter gets granular. In a time when airline news is moving so fast, it’s the place to keep up with everything from financials and acquisition news to regulatory news and changes in airline leadership. You’ll find deep analysis on new routes, schedule changes, and airport plans, and innovation trends, like General Motors’ recent investment in flying cars.

Lists we like 

There are so many quality newsletters out there. There’s also a lot of noise. To help you find even more newsletters where you can keep up with the topics and trends in your industry, check out 15 Newsletters That Will Make You Smarter and More Successful in 2020

For tech newsletters, we like CodeinWP’s list of  12 of the Best Tech Newsletters to Subscribe to in 2020.

Industry newsletters, delivered to Feedly

You can now get your favorite industry newsletters in Feedly so you can read without distractions. Now available to all users in our Pro+ plan.

GET NEWSLETTERS IN FEEDLY

You might also be interested in

うつの私、復帰に不安。再休職しないための3ステップ

編集者・ライターのふくいさんは、会社員時代にうつで休職し、その後復職して「うつ患者」から「元うつ患者」になって元気に働いている。彼女は、うつによる休職から復職する人たち向けの復職支援プログラム「リワークプログラム」を体験。「リワーク」とは何か? 体験を通して語ってもらいました。

ふくらはぎを鍛えるには、どんなトレーニングが有効?

筋肉こそ生命活動の原動力。筋肉が活動的になれば、代謝が活性化し、健康で元気な体になります。世の中にはいろいろな「筋肉の常識」がありますが、すべて正しいとは限りません。本連載では、筋肉博士・石井直方先生が、筋肉の正しい知識をやさしく解説していきます。今回のテーマは「ふくらはぎの鍛え方」について。ふくらはぎの筋肉は、遺伝的要素や若い頃のスポーツなどの影響が大きいようです。

IWA「金沢港クルーズターミナルと金石・大野の文化財ウオーク」開催!

200919iwa-1kt

IWA「金沢港クルーズターミナルと金石・大野の文化財ウオーク」開催!

石川県ウオーキング協会は9月19日(土)金沢クルーズターミナル発着の「金沢港クルーズターミナルと金石・大野の文化財ウオーク」を110名の参加者で開催した。

■写真は金沢港クルーズターミナル受付

200922iwa-2densen
コロナウイルス感染予防のため、受付順に8時半ごろより10-15名単位でスタートし、大野こまちなみ保存地区経由で傳泉寺、金石銭五公園、宮越緑地で休憩。
銭屋五平衛墓や松尾芭蕉句碑のある本龍寺から金石こまちなみ保存区域、専長寺、金沢市内の中でも参道に狛犬をはじめとした献納物の多い大野日吉神社、大野からくり記念館、大野お台場公園で休憩。麹パークでソフトクリームで一息し、金沢港ルーズターミナルにゴールした。

■写真は傳泉寺の参加者

200922iwa-3zenigo

■写真は金石銭五公園の参加者

200922iwa-4honryu
クルーズターミナル駐車場では県内18店が参加してドライブスルー弁当販売が好評で列ができていて、参加者も購入した。
快適な天候と温度に恵まれ参加者は秋のウオーキングを十分に満喫した。

■写真は本龍寺の参加者

200922iwa-7hiyosi
■写真は大野日吉神社の参加者

 

200922iwa-8oonohasi

■写真は大野大橋

200919iwa-9kouji
■写真は麹パークの参加者

□情報提供:愛宕清氏、写真提供:広野芳正氏

 

全身に炎症を起こす「乾癬」 1人で悩まず早めの受診を

著名人が闘病を公表したり、医師や患者会による啓発活動が進んだりしたことから、急速に認知度が上がっている「乾癬(かんせん)」。うろこがはがれるような皮膚症状で知られるが、実はただの皮膚病ではない。脂質異常症やメタボリックシンドローム、糖尿病、心筋梗塞とも関係があり、寿命を縮めることもある病気だ。

マラソン、登山、乗馬、ワイン…多彩な趣味が活力に【マネックス証券 清明社長】

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月は、マネックス証券の清明祐子社長にご登場いただく。創業者である松本大現会長から後継指名を受けた清明さんは、ネット証券初の女性社長として注目を集める経営者だ。第1回は「仕事もプライベートも全力で楽しみたい」と語る、清明さんのライフスタイルを中心に紹介する。

実録・新型コロナにかかった医師 集中治療室からの生還

新型コロナウイルス感染症の対策として出されていた緊急事態宣言が全国で解除されてから3カ月半が経ち、国内での累計感染者数は7万人を超えた。コロナとの闘いは長期化を余儀なくされ、この感染症はある意味、私たちにとって身近な存在になりつつある。今回は、呼吸器内科医で『肺炎を正しく恐れる』(日経プレミアシリーズ)という著書を出した池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さんに聞いた、実際に新型コロナに感染した医師の衝撃的な闘病記をお届けする。

うつ休職から仕事に復帰したい! で、なんで「リワーク」?

編集者・ライターのふくいさんは、会社員時代にうつで休職し、その後復職して「うつ患者」から「元うつ患者」になって元気に働いている。彼女は、うつによる休職から復職する人たち向けの復職支援プログラム「リワークプログラム」を体験。「リワーク」とは何か? 体験を通して語ってもらいました。

「まばたき」の正しい方法、意外な役割とは?

あまり意識されることがない「まばたき」ですが、実はさまざまな役割があり、「まばたきの仕方」は疲れ目やドライアイなどにも影響することが分かってきました。このまばたきに関する記述のうち、間違っているものを一つお選びください。

The New Cybersecurity Trending Dashboard (Beta)

An at-a-glance overview of the evolving cybersecurity threat landscape

Keeping up with the most critical threats, vulnerabilities, and threat actors can be time consuming and overwhelming.

We have been working with a few existing Feedly for Cybersecurity customers to create a trending dashboard that offers an at-a-glance overview of the evolving cybersecurity threat landscape.

Today, we are excited to launch a beta of the Cybersecurity Trending Dashboard to all the Feedly for Cybersecurity customers.

Here is a quick demo!

Trending Threats

The first component of the Trending Dashboard is a list of the trending threats reported across 1,200 different cybersecurity sources (new sites, blogs, or twitter accounts).

The today section now includes a Trending in Cybersecurity dashboard

It allows you to get a quick overview of what are the critical threats that are being reported across all the cybersecurity sites the Feedly community is reading. You can think of this as a TechMeme for Cybersecurity.

The model producing this dashboard is focusing on the news published in the last 24 hours.

Behind the scene, Leo is reading all the articles across all the cybersecurity sources and twitter accounts, dismissing the ones that are not about cybersecurity threats, clustering the ones that are reporting the same threat, and ranking them using different “features”.

The initial model we are pushing to beta is a global model. This means that your personal priorities and mute filters are not affecting this model (yet!)

Trending Vulnerabilities

The second component is a list of the trending vulnerabilities that are being discovered or discussed across Cybersecurity sources.

You can click on a specific vulnerability and drill down to a page that captures all the mentions and chatter around that vulnerability.

See the chatter about a specific vulnerability

Trending Threat Actors

The last component is a list of trending threat actor mentions. It allows you to get an overview of which threat actors are being covered in the news.

You can click on a specific threat actor and get a “Search across the Web” overview of the mentions.

See the chatter about a specific threat actor

Continuously learning and getting smarter

Every component has a “Less Like This” down arrow button that you can use to provide feedback to Leo. The feedback is going to be reviewed by the product team during the beta to understand how to improve the relevant, deduplication, and prioritization. Leo loves candid feedback.

Using the Less Like This down arrow button to offer Leo feedback

We look forward to listening to your feedback and continuously improving the Cybersecurity Trending Dashboard over the next 8 weeks.

We also want to thank the customers who suggested this feature and worked with us during the Alpha. You know who you are!

Can I remove the Trending Cybersecurity Dashboard from my Today page?

Yes. If you go to your Leo preferences (https://feedly.com/i/account/leo) and scroll to the bottom of that page, you will see an option to hide the Trending Dashboard.

Can I personalize the Trending Cybersecurity Dashboard?

Not in the current version. Once we have the core model optimized, we will look at ways to allow you personalize the dashboard by industry, product, threat types.

What is the best way to offer feedback to the product team during the beta?

If you have feedback regarding specific articles or CVEs, please use the Less Like This down arrow button to submit your feedback. If you have ideas on how to improve the concept, please email leo@feedly.com

How can I get a Demo of Feedly for Cybersecurity?

If you are part of a cybersecurity team and want to get a demo of how Feedly for Cybersecurity can help you streamline your open source intelligence, you can request a demo and a free trial here.

Can I access the Cybersecurity Trending Dashboard in the Feedly Mobils App?

Not yet. The beta is only available in the Feedly Web application. We will integrate this feature into the mobile experience once the beta is complete.

アンチエイジングに効く「緑茶」「コーヒー」の飲み方、新常識はコレ!

老化の一因、酸化から体を守る「ポリフェノール」と、元気エンジンをかける「カフェイン」。両方をたっぷり含むのが、コーヒーと緑茶だ。朝の手軽なアンチエイジング習慣は、朝食時にこれらをまず1杯とること。美肌を維持し、太りにくい体づくりに役立つことが期待できる。

要介護リスク、15の質問で発見 「フレイル健診」開始

今年4月から75歳以上の高齢者を対象に、要介護になる手前の状態かどうかを判断する「フレイル健診」が始まった。15項目の質問票で要介護“予備軍”を見つけ、個別指導や医療機関の受診につなげる。長く健康を保てば、高齢化で膨らむ社会保障費の抑制も期待できる。指導にあたる保健師らの確保などが課題だ。

なぜ腰痛で病院に行っても「様子を見ましょう」と言われることが多い?

カラダについてのお悩み、ありませんか? 体調がいまいちよくない、運動で病気を予防したい、スポーツのパフォーマンスを上げたい…。そんなお悩みを、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんが解決します! 今回は、腰が痛いのを治してほしくて整形外科に行ったのに、「様子を見ましょう」と言われて湿布を渡されたという方のお悩みです。

まさか自分? うつの私、リワークプログラムに出合う

編集者・ライターのふくいさんは、会社員時代にうつで休職し、その後復職して「うつ患者」から「元うつ患者」になって元気に働いている。彼女は、うつによる休職から復職する人たち向けの復職支援プログラム「リワークプログラム」を体験。「リワーク」とは何か? 体験を通して語ってもらいました。

肺がんより怖い? 原因不明の「特発性肺線維症」を早く見つけるには

私たちの体は異変を生じたとき、さまざまなサインを発する。それは、痛み、吐き気、出血などの自覚症状のこともあれば、健康診断の検査結果に表れることもある。このような体から得られる情報をどう理解するかが健康を守るために重要だ。今回は、肺の線維化により呼吸機能が低下していく「特発性肺線維症」について。

Get newsletters in Feedly

New Feature
Declutter your inbox and read without distractions

Newsletters are quickly becoming the best way to get curated insights on specific topics, trends, or industries. But inboxes aren’t the best place for focused reading. Keeping up with newsletters in your inbox can be a disorganized, distracting, and overwhelming experience. 

That’s why you can now get newsletters in Feedly. Keep up with the topics and trends that matter to you, without all the distractions.

“I used to miss a lot of newsletters in my inbox because they would come at different times of day, and they would get put into different folders. Now that I get newsletters in Feedly, I can organize them into one single stream. I can capture and analyze all the content I need.”

Arthur West, Founder of NoCodeDevs

Start getting newsletters in Feedly

Get your email newsletters in Feedly so you can read without distractions and declutter your inbox. Now available to all users in our Pro+ plan.

GET NEWSLETTERS IN FEEDLY

Subscribe to newsletters with Feedly email addresses

You can now add newsletters to your feeds in Feedly and organize them just like any other source. This feature is available for all Pro+, Business, and Enterprise users. 

Go to the ‘Newsletters’ tab in your Feedly to get started.

Start at the ‘Newsletters’ tab and generate a unique email address for this newsletter. Use that email address to subscribe to the newsletter and get it delivered to your Feedly.

Let’s imagine you are the Director of Operations at an e-commerce company and you need to follow the Exponential View newsletter to keep up with news about retail, business and tech. Here’s how you would get the Exponential View newsletter in Feedly:

  1. Go to the ‘Newsletters’ tab and generate a unique Feedly email address. 
  2. Use the Feedly email address to subscribe to the newsletter.
  3. Assign a name to the newsletter source and choose a feed that you want it to be delivered to.
  4. Success! The content from this newsletter will now be delivered to your Feedly. 

If the newsletter has a double opt-in (to confirm your email address), the confirmation email will be sent to your Feedly, and you’ll have to click the confirmation link before you can receive newsletter content. 

We recommend using a different email address for each newsletter so that you can organize them easily in your feeds. 

Organize and read newsletters with the rest of your content 

Once you’ve added newsletters to your feeds, you can organize, read, and annotate them just like any other source.

This user added the Exponential newsletter to a “Thinkers” feed. They can now skim content from Exponential with the rest of the content in that feed.

If you use Feedly with your team, you can add newsletter content to Team Boards and add notes or highlights to call out the important parts.

Easily read and annotate the content of your newsletters.

I now have a one-stop information hub. I can save time when reading essential information from newsletters on Feedly rather than being distracted by other emails.

Mac Feith, Customer Service Specialist

Leverage Leo to prioritize must-reads 

To keep your reading even more focused, use Leo, your AI research assistant, to filter out any noise and surface the most valuable content for you. 

Train Leo to prioritize the most important topics, trends, competitors, or events in your newsletter content. 

Or, train Leo to mute topics you don’t care about. 

Train Leo to prioritize “artificial intelligence” in newsletters you get in Feedly.

Get newsletters in Feedly

Inboxes aren’t the best place for focused reading. Get your email newsletters in Feedly so you can read without the distractions. Now available to all users in our Pro+ plan.

GET NEWSLETTERS IN FEEDLY

FAQs about getting newsletters in Feedly

How can I subscribe to a newsletter that requires me to log in to the website first?

You can log in to the website with your real email address. Once you subscribe, set up a rule in your email application to forward the newsletter to your Feedly email. You can then delete it from your email inbox.

Can I automatically forward existing newsletters from my inbox to Feedly?

Yes, you can. Generate a Feedly email address and create a forward rule in your email application to forward your existing newsletters to that Feedly email address. 

Forwarded newsletter emails will show up in your Feedly. We recommend generating one email address per newsletter so that you can easily organize newsletters in your Feedly as individual sources.

Can I import newsletters from my email?

Currently, you can’t import newsletters from your email. However, you can forward newsletters directly from your email (instead of resubscribing on the newsletter website). Generate a Feedly email address and create a rule in your email application to forward each newsletter.

How many newsletters can I subscribe to in Feedly?

Pro+ users can follow up to 25 newsletters. Business users can follow up to 50 newsletters, and Enterprise users can follow up to 100 newsletters.

Can I subscribe to multiple newsletters with the same generated Feedly email address?

Yes, but it is not recommended. We recommend subscribing to newsletters with unique Feedly email addresses for each newsletter so you can then organize them into your feeds.

How can I unsubscribe from a newsletter I added to my feeds?

To unsubscribe from a newsletter, right-click on the newsletter source in the left navigation bar, and click ‘Unfollow’.

Does following a newsletter in Feedly impact the analytics of the newsletter publisher?

No. When you open and read a newsletter in Feedly, the content creator gets the same analytics as when you open and read the newsletter in your inbox.

You might also be interested in

コロナ患者を診る医師が明かす、診察・治療の最前線!

新型コロナウイルス感染症の対策として出されていた緊急事態宣言が全国で解除されてから3カ月半が経ち、国内での累計感染者数は7万人を超えた。コロナとの闘いは長期化を余儀なくされ、この感染症はある意味、私たちにとって身近な存在になりつつある。誰もがいつ感染してもおかしくない状況だからこそ、実際にコロナの診察や検査、そして治療がどのように行われるのかについて、ぜひ知っておきたい。呼吸器内科医で、『肺炎を正しく恐れる』(日経プレミアシリーズ)という著書を出した池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さんに解説していただこう。

コロナボケ解消には「魚」がいい? 脳を活性化させる食事のツボ

コロナ禍で、通勤生活からテレワーク業務へシフトしているみなさん、「毎日通勤していたときよりも頭が回らない」「うっかりすることが増えた」といったことはありませんか? そんなコロナボケを解消するヒントが「魚」の食事にあるといいます。重要なのはその食べ方…、さてそれは?

コロナ禍で世界的に「歩数」激減… WHOが推奨する対策とは?

7月下旬からの新型コロナウイルスの感染再拡大の影響もあり、今年の夏は基本的に自粛生活、リモートワークが続き、体が少し重く感じられる……。そんな人も多いのではないだろうか。最新の研究報告で、コロナ禍における世界各国の歩数の変化が分かってきた。そのデータとともにWHOが推奨する成人・高齢者の身体活動のポイントを紹介する。

首はトレーニング効果が現われやすい部位だった

筋肉こそ生命活動の原動力。筋肉が活動的になれば、代謝が活性化し、健康で元気な体になります。世の中にはいろいろな「筋肉の常識」がありますが、すべて正しいとは限りません。本連載では、筋肉博士・石井直方先生が、筋肉の正しい知識をやさしく解説していきます。今回のテーマは「首の筋肉の鍛え方」について。首を鍛える機会は一般に多くないでしょう。首は鍛えにくい部位なのでしょうか。

秋冬コロナ対策 インフルのワクチン接種が重要に

気がつけばカゼやインフルエンザの季節も間近に迫っています。秋冬は新型コロナの感染拡大も懸念されています。コロナ禍でインフルエンザも流行すると、医療機関に人が殺到し、再び混乱する事態に陥りかねません。さらに、インフルエンザに感染すると、新型コロナの感染リスクや重症化リスクを高める可能性があるという指摘も。今回は、新型コロナやインフルエンザに感染しないために、今からやっておくべきこと、知っておくべきことを紹介します。

免疫をうまく働かせ、病原体を撃退しやすくする方法

「免疫」の力を解説する本特集。最終回は、免疫をうまく機能させるための方法を紹介する。その方法とは、免疫に関わる細胞が全身をパトロールしやすいよう、血液やリンパの流れをスムーズにすること。自らそれを実践して「病気知らず」と語る、大阪大学免疫学フロンティア研究センター招へい教授の宮坂昌之さんにポイントを教えていただこう。

尿もれに効く漢方

中高年齢層になると、男女ともに悩む人が増えてくる尿失禁(尿もれ)。「長い会議、長距離のバス移動などが不安…」という人も少なくないでしょう。幸福薬局の薬剤師、幸井俊高さんは、「漢方で尿失禁と関係が深いのは五臓の腎や肝です。漢方薬でこれらの機能がスムーズに働いていない状態を改善していきます」と話します。

お酒が免疫力にもたらす、より深刻な“2次的”影響とは?

アルコールは免疫力を下げる…。酒好きの人々にとって非常に気になる研究結果を、前回、このコラムで紹介した。免疫学を専門とする帝京大学特任教授の安部良さんによると、アルコールは人間の免疫システムに直接的に悪影響を及ぼすだけでなく、さまざまな病気を誘発することによる“2次的”な影響を与え、そちらのほうがより深刻である可能性があるという。対策を詳しく聞いた。

市販の目薬を上手に使う3つのポイント

薬局やドラッグストアに行くと、たくさんの目薬が棚に並んでいます。市販の目薬は、使える成分の種類とその最大濃度が決められていて、処方薬と同じ成分であっても市販薬では濃度が薄かったりしますが、それなりの効果はあります。使い方のポイントは、以下の3点です。

かっこいいオシリをつくるには?

筋肉こそ生命活動の原動力。筋肉が活動的になれば、代謝が活性化し、健康で元気な体になります。世の中にはいろいろな「筋肉の常識」がありますが、すべて正しいとは限りません。本連載では、筋肉博士・石井直方先生が、筋肉の正しい知識をやさしく解説していきます。今回のテーマは「オシリの鍛え方」について。キュッと上がったオシリはどうすれば実現できるのでしょうか。

がんになったらお金どうすればいいの? 「看護師FP」が指南

仕事をしている世代ががんになると、休職などで収入が減ることが少なくない。医療費もかかる中、どのように家計を切り盛りすればいいのだろうか。ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を持つ元看護師の黒田ちはるさんに、がんになったときのお金の悩みについて解決策を伺った。

尿酸値が高い人は、どのくらいの割合で痛風になる?

【問題】健診結果で異常値の男性も多い「尿酸値」。7.0mg/dLを超えると高尿酸血症と呼ばれ、「痛風」が起きやすくなります。さらに数値が高いほど痛風リスクが高まります。しかし、尿酸値が高いからといって、全員が痛風になるわけではありません。では、8.0mg/dLを超えると、5年間でどのくらいの割合で痛風が発生するのでしょうか。

「新型コロナは抗体さえあれば大丈夫」ではない理由

誰もが「抗体がないと新型コロナウイルスなどに感染しやすくなるからワクチンを接種したい」と思うわけだが、抗体が多いほどいいとは限らないという事実はあまり知られていないのではないだろうか。今回は、そんな抗体の意外な正体について、大阪大学免疫学フロンティア研究センター招へい教授の宮坂昌之さんに教えていただこう。

悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

健康な歯と口内環境を保つ MTMで定期メンテナンス

虫歯や歯周病のリスクをあらかじめ把握し、歯科の指導で歯磨きや食生活などを改善する「メディカル・トリートメント・モデル(MTM)」と呼ばれる手法が注目を集めている。歯科に定期的に通って健康な歯や口内環境を保つ。口内の環境は糖尿病などにも関連があるとされ、健康の維持に向けて歯のケアの重要性が増している。

人生後半戦の準備、何より重視すべきは「疲れ」を知ること

人生後半戦に向けては「柔らかい価値観」を育てていくことが必要になります。「なかでも特に重視したいのが、疲労に対する価値観を見直すこと」と、元・陸上自衛隊心理教官で心理カウンセラーの下園壮太さん。そこで、「疲労を素直に認めること」の意味について教えていただきます。

ガイドライン推奨の運動をする人は死亡リスクが40%減

国のガイドラインが推奨するレベルの運動を実践していれば死亡リスクが低下する可能性があることが、米国で行われた研究で明らかになりました。筋トレと有酸素運動の両方が推奨レベルを満たしていた人の死亡リスクは、運動不足の人に比べ40%低下していました。

Leo learns from the community

Leo
We’re designing systems to protect against machine learning bias

In the wake of recent acts of extreme brutality and injustice and mass protests, we’re examining our role in perpetuating systems of inequality. We are responsible for our impact as a tech company, as a news reader, and, acutely, as a developer of machine learning algorithms for Leo, your AI research assistant. 

Artificial intelligence and machine learning are powerful tools that allow Leo to read thousands of articles published every day and prioritize a top selection based on the topics, organizations, and trends that matter to you. However, if not designed intentionally, these tools run the risk of reinforcing harmful cultural biases.

Bias sneaks into machine learning algorithms by way of incomplete or imbalanced training data. Without realizing it, we miss or overrepresent certain variables and the algorithm learns the wrong information, often with dangerous outcomes.

In the case of Leo, we risk introducing bias when teaching him broad topics such as “leadership.” Leo learns these topics by finding common themes in sets of articles curated by the Feedly team. For the topic “leadership,” Leo might pick out themes like strong management skills and building a supportive team culture. However, if more articles about male leaders than female are published or added to the training set, Leo might also learn that being male is a quality of leadership. Tracking which themes Leo learns is an essential part of topic modeling that helps prevent us from reinforcing our biases or those of the article author or publisher.

It’s on us as developers to be deliberate and transparent about the way we account for bias in our training process. With that in mind, we’re excited to share what we’re working on to reduce bias at the most crucial stage: the training data

Break down silos

Collaboration among folks from diverse backgrounds helps us account for our blind spots. However, to make that collaboration possible, we need an accessible tool. The new topic modeler is that tool — designed so that anyone in the Feedly community can help curate a dataset to train Leo about topics they’re passionate about.

A peek inside the topic modeler tool

The topic modeler takes advantage of the Feedly UI we know and love to allow multiple users to search for articles for the training set and review Leo’s learning progress. Our goal is to connect with experts in a variety of fields to build robust topics that represent our entire community — not just the engineering team.

Put to the test: the diversity topic

Recently, two Feedly team members with no machine learning experience and who are interested in diversity issues road tested the new tool to redesign our diversity topic. The result is a topic that is rich and nuanced: rather than focusing only on the buzzword “diversity,” Leo will be looking for thousands of related keywords, including representation, inclusion, bias, discrimination, equal rights, and intersectionality. Now you can train Leo to track diversity and inclusion progress in your industry and find essential information for how to build and maintain inclusive work cultures and hiring practices.

Leo prioritizes diversity in your Science feed

Leo continuously learns

Topic modeling is not the only way to collaborate. Any Feedly user can help Leo learn. When Leo is wrong, you can use the ‘Less Like This’ down arrow button to let him know that an article he’s prioritized isn’t about a particular subject.

Leo will also seek your feedback occasionally via a prompt at the top of an article. If you see “Is this article about [topic]?,” let him know! Your feedback gets incorporated into Leo’s training set to fill in any gaps we missed and strengthen his understanding.

Your feedback helps fine-tune Leo’s understanding

Join the movement

Beyond in-app feedback, feel free to reach out via email or join the Feedly Community Slack channel, especially if you have a topic for Leo to learn about. This is the tip of the iceberg when it comes to addressing and dismantling systemic bias. We take our role as content mediators seriously and know that we are indebted to those who have fought for so long to bring these issues to our attention. Leo is listening and learning.