IWA「初詣でウオーキング願掛け寺・金沢神社・巡り」開催!

iwa180114-2

IWA「初詣でウオーキング願掛け寺・金沢神社・巡り」開催!

1月14日(日)石川県ウオーキング協会はしいのき迎賓館発着で「初詣でウオーキング願掛け寺・金沢神社・巡り」を積雪56センチのなか70名の参加者で開催した。

■写真は出発式の参加者

iwa180114-1

出発式で大路孝之石川県ウオーキング協会会長があいさつし、コース説明、ストレッチをして、9時半にスタートした。片町、寺町寺院群六斗広見経由願掛けで有名な曹洞宗香林寺にお参りし、お寺の説明を聞き、本堂の座敷にある加賀友禅作家人間国宝の木村雨山さんの花鳥風月を描いた約80点の作品を鑑賞した。

■写真は出発式で挨拶する大路会長

iwa180114-3
■写真はスタートする参加者

iwa180114-4
■写真は犀川大橋の参加者

iwa180114-5

iwa180114-6
■写真は光林寺本堂

iwa180114-8

その後、開運を願うだるま石像・十二支像を配した小道「幸福の道」があり自分の干支の石像を参ると願が叶とされる庭園をお参りした。

iwa180114-9

■写真は桜橋を渡る参加者

iwa180114-10

また、金澤神社では宮司さんの神社の説明と普段は一般公開されていない拝殿天井に描かれた「白蛇龍神(はくじゃりゅうしん)」を鑑賞した。雪道のため予定より遅くなったが12時過すぎしいのき迎賓館にゴールした。

■写真は金澤神社拝殿

iwa180114-11
■写真は拝殿の白蛇龍神

 

動かしやすい部位のストレッチだけで満足してませんか?

仕事中は長時間のパソコン作業に、通勤途中の電車やバスの中ではスマートホンの操作…。現代人は一日中同じ姿勢を続けることが多くなっている。座ったままの姿勢で長時間の仕事をする人が硬くなりがちなのは、お尻の大殿筋と肩甲骨周辺の筋肉だが、この部分のストレッチを日常的に実践している人は多くないという。

@adidasfun

選手と応援団との間にある一体感を一層高めようと思ったら、選手が発注しているショップに依頼して自分のサイズにピッタリ合った商品を製作してもらうことだ。 #フットサル #サッカー #ユニフォーム

過剰な糖はNG! インスリンの出過ぎが細胞を老化させる

病気にならずに健康に長生きしたい――。これはミドル・シニア層なら誰もが共通に思っていることだろう。若さを保つ「アンチエイジング」の究極の目標はここにある。そして今、アンチエイジング効果を示す食品や運動などに関する研究成果が世界的に蓄積されている。本特集では、最新研究に携わる専門家に、今すぐ始められる最新アンチエイジング術を聞いていく。

@adidasfun

オーダーする際にはデザイン担当者と会って、詳細な打ち合わせをした方が出来上がってきたときにイメージと違ったようなトラブルにも巻き込まれることは少ない。 #フットサル #サッカー #ユニフォーム

KWA「新春ウオーク 5社巡り」開催!

②開会式-500

KWA「新春ウオーク 5社巡り」開催!

1月7日(日)小松市ウオーキング協会は小松駅発着で「新春ウオーク 5社巡り」を160名の参加者で開催した。

開会式では二川会長が新年のあいさつ、昨年の御礼、今年の参加お願いがあり、準備体操、注意事項、次回例会案内などの後、9時スタートした。

■写真は開会式

-500

北陸線の東側を進み、北陸新幹線の工事個所横を小松天満宮に向かい天満宮で参拝。梯川の拡幅工事により設けられた分水路の堤防上から芦城公園、兎橋神社では日曜日でもあり参拝者多くにぎやかであった。

■写真は小松天満宮の参加者

⑥日吉神社参拝-500
末広運動公園から日吉神社、須天町の熊野神社、本折町の多太神社で参拝。昨年春にオープンしたイオンモール新小松店、沖町光町などを経由しゴールした。

⑧イオンに向かいます-500
朝は冷え込みが厳しい中、心配された雪、風も無く、冬場の中では恵まれた好天となり参加者も大変多く、本年例会の盛況を予測できる新春ウオークになりました。
歩行距離:Aコース 12km Bコース 8km
■写真はイオンに向かう参加者

□写真・情報提供:KWA村中勝二氏

ノロウイルスにマスクや手洗いは有効? クイズで学ぶ正しい知識

冬になると、毎年猛威をふるうノロウイルス。マスクや手洗いは意味がない、ノロウイルスには抗体ができないので何回も感染する、などいろいろなウワサを聞くが、実際のところどうなのか?北里大学北里生命科学研究所・大学院感染制御科学府ウイルス感染制御学教授の片山和彦さんのお話をお届けしよう。

UWA「新春・初詣ウオーク」開催!

180108uwa-3

UWA「新春・初詣ウオーク」開催!

1月8日(祝)内灘町ウオーキング協会は「新春・初詣ウオーク」を金沢駅もて
なしドーム広場発、鶴来駅ゴールで42名の参加者で開催した。

180108uwa-1

もてなしドームにて出発式を行い、予想を超える参加者で用意した地図が足りな
くなり、急遽コンビニでコピーするうれしい状況になった。
金沢駅を出発し、尾山神社を参拝、その後野町駅へ 電車で鶴来駅へ、鶴来の街
は心配していた雪も無く、小雨の中を白山ひめ神社、金剣宮を参拝して鶴来駅ゴ
ールした。

□写真・情報提供:UWA七田稔氏、橋本吉昭氏

「月経不順」に効く漢方(前編)

月経不順は、現代の働く女性に多い「不調」の代表格。月経不順で悩んでいる女性は少なくありません。月経周期が安定しない場合は、一般にピルなどを使って生理を定期的に来るように対処しますが、ピルをやめるとまた生理不順に戻ることも多くあります。

手軽にできて効果的! カロリーコントロールの小ワザ7選

飲み会や会食が続く年末年始は、いつもより食べ過ぎてしまいがち。休暇が終わり体重計に乗ってみたらビックリ!という人も多いだろう。では、短期間で太ってしまったとき、どうすれば無理なく体重を減らせるのか。大人のダイエット研究所代表で管理栄養士の岸村康代さんに手軽にできて効果的な「カロリーコントロールの小ワザ」を聞いた。

「肉より野菜」では筋肉は増やせない

この連載ではこれまで、健康長寿を実現するには、筋力トレーニングと有酸素運動を組み合わせて行うことが大事だとお話ししてきました。しかし、いくら筋トレや有酸素運動を行っても、筋肉の材料となるたんぱく質を十分にとっていなければ、期待する効果はなかなか得られません。

血管は乱れた食生活でボロボロになっていく

長く健康で生き生きと過ごすためには、強い血管を保つことが大切だ。そして、その実現のためには、適切な「食生活」が欠かせない――。では、食生活をどうすればいいのか。よく「血管にいい」といわれる食材があるが、それを食べればOKなのか。今回も、“老い知らずの心臓外科医” 南和友先生に、血管を若返らせる食事法を聞いていく。南先生が推奨する「食事の3原則」とは?

“深い眠り”を導く! 3分間でOKの快眠ストレッチ

なかなか寝付けなかったり、就寝できても夜中に目が覚めてしまったり…。時間的には十分眠ったはずなのに満足感がない、という経験は多くの人が持っていることだろう。“ぐっすり眠れる”体質に改善するための3分で終わる快眠ストレッチとは?

新たな国民病「脊柱管狭窄症」が原因でロコモに!?

腰痛や肩こり、首や膝の痛みといった「整形外科的な痛み」の背景にあるのは、座り方や姿勢などの生活習慣。痛みを治し、再発させないための日常的な対処法を、整形外科医でカイロプラクターの竹谷内康修さんが指南します。今月のテーマは「脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)」。なぜ今では新たな国民病と呼ばれているのでしょうか?

酒飲みが悩む中性脂肪! 問題はお酒よりおつまみだった?

12月から1月にかけては、とにかく酒席が多い。さらに、年末年始は自宅でも飲み続け、食べ続ける――。仕事始めのこの時期、多くの酒飲みが気にするのが、体重、そして脂質ではないだろうか。一般に、酒飲みは中性脂肪やコレステロールも高そうだと思われがちだが、実際はどうなのだろう。中性脂肪やコレステロール、そして脂肪肝についての著書を多数出している栗原クリニック 東京・日本橋の院長・栗原毅さんに話を聞いた。

不調を撃退! 男性ホルモンが出る生活を送ろう

この年末年始、食べ過ぎ・飲み過ぎで調子が悪いという方もいらっしゃるでしょう。ただ、それ以前からなんとなく体調が優れない、イライラする、夜中に目が覚めてしまう、ということはないでしょうか。それは、加齢とともに避けられない「男性ホルモン低下」が原因かもしれません。

正月太りよさらば! 今すぐ始めるダイエット Best5

12月から1月にかけては、年間でも最も食べる時期ではないでしょうか。「控えなければ」とわかっていても、ついつい食べ過ぎてしまいます。このままの生活を続けていると「メタボまっしぐら」――。そこで今回は、これまで日経Goodayが紹介してきたダイエット術を厳選して紹介します!

老化を左右するのは血管! 若くしなやかな血管は取り戻せる

「人は血管から老化する」という言葉があるように、血管を若く保つことは老化を防ぐ第一歩。テレビなどでも「血管」を強くするテーマは花盛り。今年こそ「血管を強くして健康になろう」と思う方も多いだろう。だが、血管を若返らせることは本当にできるのだろうか。そのためには何をすればいいのか――。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきた南和友先生に、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

1月特集のお知らせ

1月に公開される有料記事を紹介する「特集」ページです。今月は2つの特集「いくつになっても血管は強くできる」「健康寿命を延ばす『筋肉学』」を掲載します。

不眠症、まず生活習慣をチェック 睡眠薬に頼らず改善

夜、床についてもなかなか寝付けない、夜間に目が覚める、早朝に起きてしまう――といった不眠症を抱える人は成人の2~3割に上る。患者は高齢になるほど増えるが、夜遅くまでスマートフォン(スマホ)などを操作する若い世代でも目立つ。治療では根本的な原因を解決せず安易に睡眠薬を処方したり、高齢者には推奨されない旧世代の薬を処方したりするケースもあり、注意が必要だ。

石原良純 「歯の痛み」から始まった悲劇

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 突然、“歯の激痛”に襲われた石原さん。お酒・食事が楽しめなくなった石原さんに更なる悲劇が…。年末年始のテレビ番組の収録が重なる超多忙な季節を、乗り切ることができたのでしょうか。

ロカボは本当に効果が出るのか?

ダイエットのために緩やかな糖質制限「ロカボ」を実践している人は多いでしょう。ロカボを提唱したのは糖尿病専門医の山田悟さん。本連載では、「食べる喜びをしっかり味わいながら健康になる」ことが何よりも大事、と話す山田さんが、ロカボについて医学的根拠から説き起こし、わかりやすく伝えていきます。ロカボを実践すると、血糖値や体重などはどう変わっていくのでしょうか。悪影響などはないのでしょうか。今回は、山田さんが実際に糖尿病患者を対象に行った研究などを基に、ロカボの実際の効果を紹介していきます。

家の大掃除でぎっくり腰に…。もう年?

重い物を持ち上げようとした拍子に、突然腰に激痛が走り、ひどいときには全く歩けなくなる。典型的なぎっくり腰の症状である。年を取るとこうしたぎっくり腰を繰り返すようになるのはなぜだろう。また、どうしたら予防できるのか。

会社公認の「銭湯部」で健康管理を意識【バスクリン古賀社長】

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム、今月はバスクリン代表取締役社長、古賀和則さんにお話を伺っていく。入浴剤を中心に“美と健康”を追求する製品を提供し、『健康経営優良法人2017』に認定された。経営と製品作りの陣頭指揮を取り、多忙を極める古賀さんの体調管理術とはどんなものだろうか。第3回は、社員に対する健康と環境意識の向上に向けた取り組みと、ご自身の入浴法について聞いた。

大掃除前にツッパリ運動 関節の「滑り」悪さ解消

慌ただしい年末の時期、大掃除や片付けで高いところに手を伸ばしたのをきっかけに、年が明けてから腰痛を発症するケースがある。実は肩関節の「滑り」の悪さが一因だ。肩の関節に着目した運動を取り入れて、全身のなめらかな動きを実現しよう。

データが示す「食べていないのに太る」は記憶のウソ

「そんなに食べていないのに太る」という声をよく聞く。「体質のせい?」と思いがちだが、それにはカラクリがある、と言うのは東京大学大学院医学系研究科社会予防疫学分野教授の佐々木敏さんだ。私たちが太ってしまう理由や有効なダイエット法について、栄養疫学の視点から語ってもらった。

社長になるとき、ケジメで節酒、禁煙【バスクリン古賀社長】

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム、今月はバスクリン代表取締役社長、古賀和則さんにお話を伺っていく。入浴剤を中心に“美と健康”を追求する製品を提供し、『健康経営優良法人2017』に認定されたバスクリン。経営と製品作りの陣頭指揮を取り、多忙を極める古賀さんの体調管理術とはどんなものだろうか。第2回は普段の食生活で気をつけていることについて聞いた。

運動嫌いが大変身! 早朝の運動習慣で体重減【バスクリン古賀社長】

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム、今月はバスクリン代表取締役社長、古賀和則さんにお話を伺っていく。入浴剤を中心に“美と健康”を追求する製品を提供し、『健康経営優良法人2017』に認定されたバスクリン。経営と製品作りの陣頭指揮を取り、多忙を極める古賀さんの体調管理術とはどんなものだろうか。

飲み会帰宅後に“風呂で死にかけた人”の末路

酒好きな人にとって忘年会・新年会は楽しいもの。毎晩のように酒席に参加するという人もいるでしょう。この季節に注意したいのが、飲酒後の入浴。いわゆる「ヒートショック」によって、命が危険にさらされる可能性もあるのです。

なぜ太っていないのに異常値に? 問題は「筋肉の質」にあった

日本人には、太っていないのに血糖値や血圧が高い、という人が少なくない。「血糖値が高いけど、メタボではないから大丈夫なのかな?」「薬を飲まずに血圧を下げたいけれど、やせている自分はどうすればいいのか分からない」など、「太っていない人の異常値」の悩みはさまざま。本特集では、最新の研究結果を基に、その原因と対策を探っていく。

ノーベル賞で注目の体内時計、リズムを作るメラトニンの驚くべき効果

2017年ノーベル生理学・医学賞を受賞したのは、体内時計の謎を解明した米国の3人の研究者だった。体内時計はさまざまな病気にも関係している。その接点として注目されているものの一つが「メラトニン」だ。体内時計のメカニズムから、メラトニンがどのように健康に関係しているのかを見ていく。

タンパク質の摂取を増やせば増やすほど、筋肉が増えるわけではない!

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。ご好評いただいていたこの連載も、とうとう最終回を迎えました。今回は、石井先生の研究室で取り組んでいるテーマを中心に、筋肉の最新事情をお伝えしていきます。その研究によると、筋肉を太くするのに有効なたんぱく質の量には上限があることがわかってきたそうです。

飲んだ後のカラオケはこんなにリスキーだった

酒好きな人にとって年末年始は「忘年会」や「新年会」でお酒を飲めるありがたい季節。この時期、酒席の最中や翌朝に、声が出にくくなったり、喉の調子がおかしくなったり、というトラブルを経験したことはないでしょうか。お酒を飲んだとき、喉には大きな負担がかかり、カラオケがそのリスクを加速させるのです。

30代から40代は要注意! これがうつや自殺の実態

2017年は過労による突然死や自殺の報道が相次ぎ話題になった。過重労働(長時間労働)は心身にどのような影響を及ぼし、どのような状態になると過労死のリスクが高まるのか。労働安全衛生総合研究所過労死等調査研究センター統括研究員の吉川徹さんにお話を伺った。

二日酔い・悪酔い防止は「オイルファースト」で

年末年始といえば「忘年会」や「新年会」でお酒を飲む機会が増える人も多いですよね。飲み会を楽しむために重要なのが、悪酔いしないこと、そして二日酔いしないこと。「飲み過ぎはダメ」と頭では分かっていても、ついやらかしてしまう人にお勧めしたいのが、お酒と一緒に口にする「つまみ」の活用です。

うつ病を磁気刺激で治す 「rTMS療法」薬事承認

脳に外部から磁気による刺激を加えることでうつ病の症状を緩和する治療法が注目されている。反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)と呼ばれるもので、2017年9月に厚生労働省が医療機器として薬事承認し、18年中には保険で治療が受けられるようになる。抗うつ剤による薬物療法の効果がなく、長期間苦しむ患者の治療への適用が期待されている。

スーパー大麦で、太りにくい体質を作る「やせ形腸内フローラ」に?!

今、注目の穀物「大麦」。その大麦の中でも、食物繊維を多く含んでいるのがスーパー大麦「バーリーマックス」だ。大腸の奥にまで届く“第三の食物繊維”レジスタントスターチを豊富に含んでおり、その健康効果も報告されている。11月6日、「腸の奥からの健康を考える研究会」が「スーパー大麦バーリーマックスの最新研究発表」と題した最新研究報告を行った。その内容を紹介しよう。

「腹痛」に効く漢方

腹痛には、飲食の不摂生やおなかの冷えなど、原因がわかりやすいものもありますが、困るのは、食事の不摂生などには関係なく慢性的に繰り返す腹痛です。ストレスや消化器系の機能低下により発生します。幸福薬局の薬剤師、幸井俊高さんは、「漢方では、五臓の脾、胃、肝の機能が失調すると、正常な消化吸収機能が乱れ、腹痛などの症状が生じると考えます。漢方薬でこれらの臓腑の機能を正常化することにより腹痛の治療をしていきます。慢性的に繰り返す腹痛に効果があります」と話します。

KWA納会ウオーク「小松北部の文化を訪ねて」開催!

②開会式-500

KWA納会ウオーク「小松北部の文化を訪ねて」開催!

12月3日(日)小松市ウオーキング協会はJR小松駅西口発着で110名の参
加者で開催した。

開会式では二川会長から今年一年のご参加の御礼と来年も積極的な参加お願いの
挨拶があり、ストレッチの後スタートした。小松駅から梯川まで、北陸新幹線の
の敦賀延伸に向けて建設が進む工事現場の横を進んだ。

■写真は開会式

③新幹線工事横を通過-500

■写真は新幹線工事横を進む参加者

④梯川渡ります-500

上小松町からの雪景も冴えた白山を眺めまがらのウオーク後、イオン小松店にて
休憩を取り、野田町にある加賀地方でも有名な蔵元東酒造に到着。帰りは長田会
館にて休憩し、その後小松天満宮を取り囲むように築造された梯川分水路の堤防
の上から天満宮を見ながら、小松駅には12時半頃ゴールした。

■写真は梯川渡の参加者

⑤蔵元さん-500

■写真は東酒造に入る参加者

⑥白山がきれいです-500

今年1年、小松市ウオーキング協会の例会は27回開催し参加者合計2,265名で、
多くの皆様に参加頂き誠に有難うございました。

■写真は白山眺望しながら歩く参加者

⑧小松天満宮分水路-500

■写真は天満宮を見ながら進む参加者

□写真・情報提供:KWA村中勝二氏

 

有森裕子 5時間台のフルマラソンを体験して知った新たな楽しみ

今年も10月と11月はほぼ毎週末、全国各地のマラソン大会に足を運び、講演をしたり、参加者の皆さんの伴走をしたり、応援したりと、フル稼働していました。そんな中、11月12日に私の故郷・岡山県で開催された「おかやまマラソン2017」に、スペシャルアンバサダーとして参加しました。

スポーツの疲労回復に入浴は良い? 悪い?

野外での運動や帰宅途中に寒風にさらされた後は、お風呂で十分に温まりたいと考える人も多いことだろう。確かに入浴は体を清潔に保つだけでなく、冬場の体の冷えが解消されたり、血行が良くなったりするとされる。「しかし、スポーツ後の疲労を取るのが目的なら、熱めのお湯に長時間入ることには注意が必要ですね」と中野さんは語る。

老け込むのはまだ早い! 「定年になったら認知症」を回避しよう

「名前が出てこない」、「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。年齢とともに増えてくるもの忘れは、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。定年などで仕事を辞めた途端にもの忘れを頻発することがあり、放っておくと認知症につながる恐れがあります。どのように対策をとればいいでしょうか。北品川クリニック所長の築山節さんに聞きました。

IWA納会「卯辰山山麓寺院群”心の道”を散策」開催!

iwa171203-1

IWA納会「卯辰山山麓寺院群”心の道”を散策」開催!

12月2日(土)石川県ウオーキング協会はJR金沢駅もてなしドーム地下発着の
納会「卯辰山山麓寺院群”心の道”を散策」を90名の参加者で開催した。

開会式で大路孝之石川県ウオーキング協会会長があいさつし、今年の御礼を述べ
た。担当の鶴木さんからコース説明後、ストレッチして9時過ぎにスタートした。

■写真はストレッチする参加者

iwa171203-2

小橋経由して”心の道”のスタート金沢五社小坂神社から藩政期古地図の道を本
光寺、西養寺、宇多須神社へ、天神橋を渡り、静明寺でショートコースと別れ、
白鳥路からは自由歩行とし、11時半ごろ金沢駅にゴールした。

■写真はスタートする参加者

iwa171203-3

〇卯辰山山麓寺院群

浅野川に隣接する卯辰山のふもとには、約50の寺社が散在する。卯辰山は金沢
城から見て鬼門(北東)に当たるため、加賀藩はここに寺社を集めて厄除けを行
ったとも言われ、慶長4年(1599)には前田利家を祀る宇多須神社、慶長6年
(1601)には豊富秀吉を主祭神とする卯辰山王社(後の豊国神社)を建立、歴代
藩主の崇敬社とした。

■写真は小坂神社の参加者

iwa171203-4

卯辰山山麓寺院群は入り組んだ山麓にあるため、坂道や長い階段、迷路のような
小路などが続き、四季おりおりに変化に富んだ散策が楽しめる。また、芭蕉の句
碑をはじめ初代中村歌右衛門の碑や宮崎友禅斎など金沢の歴史・文化に足跡を残
した人物の墓碑も多く、文学散歩・史跡めぐりにも絶好の地となっている。

■写真は妙圓寺の参加者

iwa171203-5

■写真は全性寺前の参加者

iwa171203-6

■写真は西養寺を下る参加者

iwa171203-7

■写真は浅野川左岸の参加者

□情報・写真提供:IWA広野正芳氏

 

 

KWA「医師と歩く健康ウオーク」開催される!

①新入会員紹介-500

KWA「医師と歩く健康ウオーク」開催される!

KWA「医師と歩く健康ウオーク」開催される!

11月12日(日)小松ウオーキング協会は木場潟公園中央園地において「医師
と歩く健康ウオーク」を55名の参加者で開催した。

今回の企画は、岡本拓也先生小松市民病院内科医師に、ご参加頂き途中ミニ健康
講座を開くという今までに無いユニークな例会となった。

■写真は開会式での新入会員紹介

③先生のご家族と-500

スタートは木場潟公園中央園地で北園地、西園地と半時計回りのコースです。岡
本先生はご家族で参加されました、途中我々のスピードの速いのに驚かれていま
した。

西園地では岡本先生の専門分野で有る糖尿病、その治療や予防についてミニ講座
があり、参加者は関心のある方が大多く、お話の終了後多くの質問があり、丁寧
なお答えを頂いた。

■写真は岡本先生のご家族

⑤ミニ講座を聞きます-500

その後、南園地に進み、船小屋を過ぎてBコースと別れ。岡本先生は小さい子供
さんが同行されているのでBコースを選択された。Aコースは道の駅こまつ木場
潟を経由し中央園地ゴールした。距離はAコース11キロ、Bコース7キロ

■写真は講座を聞く参加者

⑥岡本先生を中心に-500

当日はお天気も良く絶好のウオーキング日和で、参加者は白山眺望できた木場潟
の自然を満喫した。

■写真は岡本先生を囲む参加者

⑦道の駅到着-500

■写真は道の駅の参加者

□情報・写真提供:KWA村中勝二氏

Feedly For iPhone X

We have been using the iPhone X for two weeks and have found the fluidity of the touch-based interface and the beauty of the new OLED screen very inspiring. We just pushed out a new version of Feedly that takes advantage of these new features and more. We hope that you will enjoy using it as much as we enjoyed building it.

New Layout

The new Feedly app is optimized for the iconic iPhone notch and respects the bottom home area.

New iPhone X Layout

New OLED-Friendly Black Theme

The iPhone X comes with an incredible OLED display. We transformed the Feedly dark team to pure black, creating a sharper and more energy efficient experience.

OLED-Friendly Pure Black Theme

Seamless Buffer Integration

Lots of Feedly Pro users use the content they discover in Feedly to mold their digital identity and showcase their expertise on Social Media. Buffer makes sharing on LinkedIn, Twitter, Facebook and other networks easier and more efficient. In this new version of Feedly, we have optimized the user experience for Feedly+Buffer users. In one click, you can jump from reading an article in Feedly to sharing that article in the Buffer app.

Thank you to Andy and the Buffer team for their collaboration on this joint project!

1-Click Buffer Integration

Polish, Polish, Polish…

  • Upgraded the Twitter and Facebook integrations so that you can easily share articles you find interesting
  • Improved the Google News keyword alert integration
  • Enhanced the source discovery experience
  • Fixed iPad share selection crash
  • Fixed iOS 11 save image crash

Available in the App Store (free)