気づいたときには失明寸前…忍び寄る「緑内障」はなぜ見逃される?

40歳以上の20人に1人がかかるという緑内障。視野が徐々に欠け、放置すれば失明する恐れがあるにもかかわらず、初期のうちに気づく人はほとんどいない。視野が欠けることになぜ気づかないのか、そして治療にはどんな選択肢があるのか、東邦大学医療センター大橋病院眼科診療部長・教授の富田剛司氏に聞いた。

激しい下痢、ノロに感染? 受診すべきかの見極めは「3症状」で

ノロウイルスなどで起こる「ウイルス性胃腸炎」は激しい下痢と吐き気に苦しめられるが、症状は長く続かないので過度に心配する必要はない。ウイルスに感染し下痢などの症状が出たら、どうすればいいのか? 受診すべきかをどうやって判断すればいいのか? 感染症に詳しい総合診療医・感染症医の岸田直樹さんに、健康な成人がウイルス性胃腸炎にかかった場合の対処法を聞いた。

筋肉が増えたら体重が重くなるのは仕方ない?

筋肉こそ生命活動の原動力。筋肉が活動的になれば、代謝が活性化し、健康で元気な体になります。世の中にはいろいろな「筋肉の常識」がありますが、すべて正しいとは限りません。本連載では、筋肉博士・石井直方先生が、筋肉の正しい知識をやさしく解説していきます。今回のテーマは「筋肉と体重の関係」について。基本的に、筋肉がつくと体重は重くなります。では、体重を維持しながら筋肉をつけることは可能なのでしょうか。

中性脂肪の減らし方、実はシンプル! カギを握る「3つの運動」とは

早いもので、もう1月後半。年末年始に暴飲暴食した後、「何とかせねば!」と思いながらも、ズルズルと過ごしてしまった人も少なくないだろう。そんな食生活の乱れが顕著に表れるのが、「中性脂肪」だ。だが、中性脂肪は頑固で落ちにくいという印象とは裏腹に、実は落としやすいのが特徴だという。その対策でキーとなるのが、「運動」で脂肪を燃焼させることだ。今回は中性脂肪対策を始めるにあたって押さえておきたい、3つのタイプの運動を紹介しよう。

カラオケ、麻雀、昔話… 認知症予防になる意外なモノとは

年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うでしょう。そのためには何が必要でしょうか? 国立長寿医療研究センターの遠藤英俊さんが、最新の研究結果を基に、認知症予防について解説します。今回は、認知症予防の効果が期待できる娯楽やゲーム、ボランティア、そして心療療法である「回想法」について取り上げます。

HI-TECH JERSEY PANTS

本国イタリアの生地を採用したジャージ素材で肌触りが良くポリウレタン15%を混合したストレッチ性抜群のストレートパンツ。 両ヒップポケットの上部、後ろ身中央にはファスナー仕様のウエストポケットを施すなど細かなディティールにより機能面も充実。 ブランドロゴは再帰反射(リフレクター)を採用したワンポイントがさり気ないアクセントに。 シルエットは細身のストレート、伸縮性に優れフィット感のある気心地の為、スポーツなどアクティブなシーンにもおすすめです。 同素材のジップフーディー(9307)とセットアップでの着用も可能。 素材:コットン 40%,ポリエステル 45%,ポリウレタン 15% サイズ:S,M,L,XL,XXL カラー:BLACK,GRAY
ウエストヒップ股上股下
S: 81cm 94cm 24cm 75cm
M: 84cm 97cm 25cm 76cm
L: 87cm 100cm 26cm 78cm
XL: 90cm 103cm 27cm 80cm
XXL: 93cm 106cm 28cm 81cm

 (約/cm)

HI-TECH JERSEY HOODIE

本国イタリアの生地を採用したジャージ素材で肌触りが良くポリウレタン15%を混合したストレッチ性抜群のジップフーディー。 調節可能なスピンドルは通し穴でロックされている機能面がある他、両サイドポケットには止水ファスナーを仕様するなどディティールにも拘ったアイテム。 前面のボックスロゴは再帰反射(リフレクター)となっており高級感のあるデザインに仕上がっております。 シルエットは細身ですが、伸縮性に優れ体にフィットするような気心地の為、スポーツなどアクティブなシーンにもおすすめです。 同素材のパンツ(9308)とセットアップでの着用も可能。 素材:コットン 40%,ポリエステル 45%,ポリウレタン 15% サイズ:S,M,L,XL,XXL カラー:BLACK,WHITE,GRAY
着丈裄丈身幅袖口幅
S: 65cm 85cm 49cm 10.25cm
M: 66cm 86cm 52cm 10.5cm
L: 68cm 87cm 55cm 10.75cm
XL: 70cm 88cm 58cm 11cm
XXL: 72cm 89cm 61cm 11.25cm

 (約/cm)

怖い病気の陰に中性脂肪! 実はコレステロールと違って下げやすい

健康診断の結果を見て、気にする人が多い「中性脂肪」。新年のこの時期、最も注意すべき検査値の1つだ。基準値を超えても自覚症状が出ないため、ついつい放置しがちだが、中性脂肪は、動脈硬化はもちろん、急性膵炎や脂肪肝とも密接に関わる重要な指標。では、中性脂肪を減らすために何をすればいいのか。本特集では、2019年6月のコレステロール特集に続く「鉄板の脂質対策」第2弾として、中性脂肪のリスクと効率良く減らす方法を、帝京大学名誉教授の寺本民生さんに聞いていく。

低温やけど、お年寄り注意 ゆたんぽ・電気便座でも

熱湯や火炎などに触れたわけでもないのに皮膚がヒリヒリ痛んだり水ぶくれができたり――。ゆたんぽをはじめ心地よい温度の暖房器具でも長時間使い続けるとこうした「低温やけど」を起こしやすい。低温やけどは気づきにくいうえに重症になりやすく、特に介護が必要な高齢者や糖尿病患者などは注意が必要だ。

最強の運動法「HIIT」の10の疑問に答えます!

筋トレと有酸素運動の両方の要素を兼ね備え、血糖値や血圧を下げる健康効果も高いことで注目される話題の運動法「HIIT(ヒット/ヒート)」。最終回となる今回は、HIITに関する10の疑問について、一問一答形式で答えていただこう。

IWA新春ウオーク「金沢のお地蔵さん巡り④」が開催された。

200112iwa-1

IWA新春ウオーク「金沢のお地蔵さん巡り④」が開催された。

石川県ウオーキング協会は1月12日(日)西部緑地公園発着で新春ウオーク「金沢のお地蔵さん巡り④」を90名の参加者で開催した。
大路孝之石川県ウオーキング協会会長があいさつし、吉川さんの指導でストレッチして9時10分にスタートした。

■写真はあいさつする大路会長

200112iwa-2-2

■写真は出発前の集合写真

200112iwa-3

1番目は北塚町お地蔵さん、みどり光と風の子ども園で休憩。2番目は観音寺の延命大地蔵~新村地蔵尊。ファミリーマートで休憩を取り、東光院の子安地蔵尊、下安原墓地地蔵経由、専光寺町地蔵尊と専光寺町本町会館で休憩。石川県総合スポーツセンターで休憩。示野松本家の地蔵尊から8番目の示野町地蔵尊から犀川堤防で雪見橋を渡り西部緑地公園球場前に12時15分ごろ無事ゴールした。

■写真はスタートする参加者

200112iwa-4

心配した天候は風がなく小雨の降ったりやんだりで。この時期にしてはいい方で、新春ウオークを楽しんだ。今年もご参加よろしくお願いします。

■写真は1番目の北塚町のお地蔵さん

200112iwa-5

■写真は観音寺延命地蔵尊

200112iwa-7

■写真は東光院の子安地蔵尊

200112iwa-9

■写真は下安原墓地地蔵

200112iwa-8

■写真は安原地区の参加者

200112iwa-10

■写真は専光寺地蔵尊

200112iwa-11

■写真は示野町から犀川堤防の参加者

 

KWA「新春ウオーク 五社巡り」開催された!

kwa200105-2

KWA「新春ウオーク 五社巡り」開催された!

1月5日(日)小松ウオーキング協会はJR小松駅発着の「新春ウオーク 五社巡り」を90名の参加者で開催した。
開会式では西川会長の健康のため今年も頑張りましょうとの力強い挨拶があり、いつものようにコース案内や準備体操の後スタートした。

■写真はJR小松駅受付

kwa200105-3

小松駅からは新幹線の工事を右手に見てJR線の横を進み梯川から天満宮に到着参拝。ここからは芦城公園経由でおすわさん(兎橋神社)に到着参拝。その後、本折町日吉神社から須天町熊野神社で参拝。例年通り神主の手製大きな「絵馬」が掲げてあった。

■写真は開会式

kwa200105-4tenman

■写真は小松天満宮の参加者

kwa200105-5saru

次に向かったのは、「むざんやな 甲の下のきりぎりす」で有名な多太神社で、芭蕉の句碑も眺めつつ参拝し、ここでBコースと分離した。Aコースはイオンモールに向かい、お正月休暇最終日でもあり、多くのお客様が訪れていた。

■写真は兎橋神社の参加者

kwa200105-6kumano

心配していた天候は途中5分くらいのアラレに逢った程度で、今年も縁起のいい5社巡りをし、全員無事JR小松駅にゴールした。

■写真は熊野神社の絵馬

kwa200105-7tada

■写真は多太神社の参加者

◇情報・写真提供:KWA村中勝二 氏

腰痛だと思っていたら、命に関わる血管の病気「大動脈瘤」

私たちの体は異変を生じたとき、さまざまなサインを発する。それは、痛み、吐き気、出血などの自覚症状のこともあれば、健康診断の検査結果に表れることもある。このような体から得られる情報をどう理解するかが健康を守るために重要だ。今回のテーマは、破裂すると命を失う危険性が高い「大動脈瘤」について。

大きな筋肉を鍛えると、末端の筋肉も太くなりやすい?

筋肉こそ生命活動の原動力。筋肉が活動的になれば、代謝が活性化し、健康で元気な体になります。世の中にはいろいろな「筋肉の常識」がありますが、すべて正しいとは限りません。本連載では、筋肉博士・石井直方先生が、筋肉の正しい知識をやさしく解説していきます。前回は、大きい筋肉から鍛えるのが筋トレの基本だと説明しました。では、大きな筋肉を鍛えると、末端の筋肉も太くなりやすいのでしょうか?