12月特集のお知らせ

12月に公開される有料記事を紹介する「特集」ページです。今月は2つの特集「怖いもの忘れ、怖くないもの忘れ」「太っていない人の異常値、どうすれば下がる?」を掲載します。

不眠の原因は呼吸にあった!? 快眠を導く2つの呼吸法

不眠に悩んでいる人は、常に胸で呼吸していることが多い。胸式呼吸をすると交感神経が優位になって体を緊張させる。それが入眠困難や中途覚醒にもつながっていく。不眠に悩むビジネスパーソンのために、著名な呼吸整体師の森田さんに呼吸法を教えてもらった。

「もの忘れ」は怖くない!? 認知症リスクの高い50代の特徴とは?

「名前が出てこない」「⾃分が何をしようとしたのか忘れる」…。年齢とともに増えてくる“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。とはいえ、⾃分は周りと⽐べてひどいのでは? と不安に思う⼈も多いでしょう。中には「ひょっとして認知症が始まったのか」と深刻に悩んでいる⼈もいるかもしれません。もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのか? 北品川クリニック所長の築山節さんに解説していただきました。

60代前半の9割が「もの忘れが心配」…将来の認知症との関係は?

「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。年齢とともに増えてくるもの忘れは、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。とはいえ、自分は周りと比べてひどいのでは? と不安に思う人も多いでしょう。中には「ひょっとして認知症が始まったのか」と深刻に悩んでいる人もいるかもしれません。そこで、もの忘れと生活習慣について日経Goodayの読者にアンケート調査を実施しました。