UWA「新春・初詣ウオーク」開催!

180108uwa-3

UWA「新春・初詣ウオーク」開催!

1月8日(祝)内灘町ウオーキング協会は「新春・初詣ウオーク」を金沢駅もて
なしドーム広場発、鶴来駅ゴールで42名の参加者で開催した。

180108uwa-1

もてなしドームにて出発式を行い、予想を超える参加者で用意した地図が足りな
くなり、急遽コンビニでコピーするうれしい状況になった。
金沢駅を出発し、尾山神社を参拝、その後野町駅へ 電車で鶴来駅へ、鶴来の街
は心配していた雪も無く、小雨の中を白山ひめ神社、金剣宮を参拝して鶴来駅ゴ
ールした。

□写真・情報提供:UWA七田稔氏、橋本吉昭氏

「月経不順」に効く漢方(前編)

月経不順は、現代の働く女性に多い「不調」の代表格。月経不順で悩んでいる女性は少なくありません。月経周期が安定しない場合は、一般にピルなどを使って生理を定期的に来るように対処しますが、ピルをやめるとまた生理不順に戻ることも多くあります。

手軽にできて効果的! カロリーコントロールの小ワザ7選

飲み会や会食が続く年末年始は、いつもより食べ過ぎてしまいがち。休暇が終わり体重計に乗ってみたらビックリ!という人も多いだろう。では、短期間で太ってしまったとき、どうすれば無理なく体重を減らせるのか。大人のダイエット研究所代表で管理栄養士の岸村康代さんに手軽にできて効果的な「カロリーコントロールの小ワザ」を聞いた。

「肉より野菜」では筋肉は増やせない

この連載ではこれまで、健康長寿を実現するには、筋力トレーニングと有酸素運動を組み合わせて行うことが大事だとお話ししてきました。しかし、いくら筋トレや有酸素運動を行っても、筋肉の材料となるたんぱく質を十分にとっていなければ、期待する効果はなかなか得られません。

血管は乱れた食生活でボロボロになっていく

長く健康で生き生きと過ごすためには、強い血管を保つことが大切だ。そして、その実現のためには、適切な「食生活」が欠かせない――。では、食生活をどうすればいいのか。よく「血管にいい」といわれる食材があるが、それを食べればOKなのか。今回も、“老い知らずの心臓外科医” 南和友先生に、血管を若返らせる食事法を聞いていく。南先生が推奨する「食事の3原則」とは?

“深い眠り”を導く! 3分間でOKの快眠ストレッチ

なかなか寝付けなかったり、就寝できても夜中に目が覚めてしまったり…。時間的には十分眠ったはずなのに満足感がない、という経験は多くの人が持っていることだろう。“ぐっすり眠れる”体質に改善するための3分で終わる快眠ストレッチとは?

新たな国民病「脊柱管狭窄症」が原因でロコモに!?

腰痛や肩こり、首や膝の痛みといった「整形外科的な痛み」の背景にあるのは、座り方や姿勢などの生活習慣。痛みを治し、再発させないための日常的な対処法を、整形外科医でカイロプラクターの竹谷内康修さんが指南します。今月のテーマは「脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)」。なぜ今では新たな国民病と呼ばれているのでしょうか?

酒飲みが悩む中性脂肪! 問題はお酒よりおつまみだった?

12月から1月にかけては、とにかく酒席が多い。さらに、年末年始は自宅でも飲み続け、食べ続ける――。仕事始めのこの時期、多くの酒飲みが気にするのが、体重、そして脂質ではないだろうか。一般に、酒飲みは中性脂肪やコレステロールも高そうだと思われがちだが、実際はどうなのだろう。中性脂肪やコレステロール、そして脂肪肝についての著書を多数出している栗原クリニック 東京・日本橋の院長・栗原毅さんに話を聞いた。

不調を撃退! 男性ホルモンが出る生活を送ろう

この年末年始、食べ過ぎ・飲み過ぎで調子が悪いという方もいらっしゃるでしょう。ただ、それ以前からなんとなく体調が優れない、イライラする、夜中に目が覚めてしまう、ということはないでしょうか。それは、加齢とともに避けられない「男性ホルモン低下」が原因かもしれません。

正月太りよさらば! 今すぐ始めるダイエット Best5

12月から1月にかけては、年間でも最も食べる時期ではないでしょうか。「控えなければ」とわかっていても、ついつい食べ過ぎてしまいます。このままの生活を続けていると「メタボまっしぐら」――。そこで今回は、これまで日経Goodayが紹介してきたダイエット術を厳選して紹介します!

老化を左右するのは血管! 若くしなやかな血管は取り戻せる

「人は血管から老化する」という言葉があるように、血管を若く保つことは老化を防ぐ第一歩。テレビなどでも「血管」を強くするテーマは花盛り。今年こそ「血管を強くして健康になろう」と思う方も多いだろう。だが、血管を若返らせることは本当にできるのだろうか。そのためには何をすればいいのか――。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきた南和友先生に、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

1月特集のお知らせ

1月に公開される有料記事を紹介する「特集」ページです。今月は2つの特集「いくつになっても血管は強くできる」「健康寿命を延ばす『筋肉学』」を掲載します。