鈴木明子さん 苦難を乗り越えるのに重要な「イメージ喚起力」

大学1年生のときに患った「摂食障害」で体重が32kgまで落ち、練習どころか普段の生活もままならない状態になってしまったというフィギュアスケート五輪元日本代表の鈴木明子さん。宮城の大学から愛知の実家に帰って治すことにしたが、その後、どのような経過をたどったのだろうか。

鈴木明子 苦難を乗り越えるのに重要な「イメージ喚起力」

大学1年生のときに患った「摂食障害」で体重が32kgまで落ち、練習どころか普段の生活もままならない状態になってしまったというフィギュアスケート五輪元日本代表の鈴木明子さん。宮城の大学から愛知の実家に帰って治すことにしたが、その後、どのような経過をたどったのだろうか。

ジムが疲労解消のオアシス【スヴェンソン兒玉社長】

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム、今月はヘアケアメーカーのスヴェンソン、そして卓球用品の製造販売を行うヴィクタスという2社の代表取締役を務める、兒玉義則さんに話を聞いた。卓球の日本代表監督を務めた父・圭司さんの血を受け継いで明治大学卓球部、実業団で活躍し、全日本選手権ベスト8という実績を残したアスリートでもあった兒玉さんの健康管理術はどんなものなのだろうか。