1日1分で深い眠りをもたらす「足裏セルフマッサージ」

「生活習慣を変えられればベストですが、無理に変えなくても深い眠りは手に入ります」と話すのは、日本快眠協会の代表理事を務めるスリープケアマスターの今枝昌子さん。その方法とは、「寝る前に自分で足の裏をマッサージする」だけ。慣れれば片足30秒ずつ、両足わずか1分間でできるようになるという。どんなに忙しい人でも1日1分なら続けられるだろう。

“普通の人”が100歳以上生きるために必要なこと

100歳以上の人口が7万人に迫り、今生まれた子供の半数は100歳以上生きられるという。人口が減少し超高齢社会に突入した日本では、人生後半の生き方が大きく変わろうとしており、政府も「人生100年時代構想会議」を立ち上げて盛んに議論している。長寿の謎に挑む医学研究の第一人者である、慶應義塾大学医学部教授の伊藤裕氏に、臓器間連関、腸内細菌、長寿遺伝子など、鍵を握るトピックについて聞いた。