たんぱく質“たっぷり”の落とし穴、「ほどほど」がいいワケ

最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だがその一方で、たんぱく質には、誤解されていることが多くある。その一つが、「たんぱく質はいいものだから、とればとるほどいい」という思い込みだとスポーツ栄養やメタボの予防・改善に詳しい神奈川県立保健福祉大学教授の鈴木志保子さんは指摘する。では、なぜよくないのか…。詳しく聞いていこう。