【コラボ】ハートロゴポロ

今季も『SY32×SWEET YEARS』とのコラボ企画。 ハートロゴがワンポイント刺繍されたポロシャツ。 吸汗速乾性の生地を使用しているため、タウンユースだけでなくゴルフなどのスポーツシーンでもオススメです。 右袖口のナンバリングや後右肩部分にも刺繍ロゴ入り。 素材:ポリエステル 70% ポリエステル 30% サイズ:S,M,L,XL,XXL カラー:BLACK,WHITE,NAVY,H.GRAY
着丈袖丈身幅袖口幅
S: 69cm 18.5cm 48cm 16cm
M: 70cm 19.5cm 51cm 16.5cm
L: 72cm 20.5cm 54cm 17cm
XL: 74cm 21.5cm 57cm 17.5cm
XXL: 75cm 22.5cm 60cm 18cm

 (約/cm)

【コラボ】エンブロイダリーTシャツ

今季も『SY32×SWEET YEARS』とのコラボ企画。 主張し過ぎない、さりげないワンポイント刺繍デザインがポイント。 素材:コットン 100%   サイズ:S,M,L,XL,XXL カラー:BLACK,WHITE,HEATHER GRAY
着丈袖丈身幅袖口幅
XS: 64cm 18cm 43cm 16.5cm
S: 66cm 19cm 45cm 17cm
M: 68cm 20cm 48cm 17.5cm
L: 70cm 21cm 51cm  18cm
XL: 72cm 22cm 54cm 18.5cm
XXL: 74cm 23cm 57cm 19cm

 (約/cm)

【コラボ】オリジナルハートロゴTシャツ(モノトーン)

今季も『SY32×SWEET YEARS』とのコラボ企画。 インパクトのあるハートロゴをあえてモノトーンで展開。 シンプルなハートロゴが大人目な感じを演出。 主張し過ぎないデザインがポイント。 素材:コットン 100%   サイズ:XS,S,M,L,XL,XXL カラー:BLACK,WHITE,HEATHER GRAY
着丈袖丈身幅袖口幅
XS: 64cm 18cm 43cm 16.5cm
S: 66cm 19cm 45cm 17cm
M: 68cm 20cm 48cm 17.5cm
L: 70cm 21cm 51cm 18cm
XL: 72cm 22cm 54cm 18.5cm
XXL: 74cm 23cm 57cm 19cm

 (約/cm)

【コラボ】ハートロゴラインTシャツ

今季も『SY32×SWEET YEARS』とのコラボ企画。 昨年と生地を変更して着心地を重視しました。カラ―バリエーションを7色に、XS〜XXLとサイズ展開も増やしメンズ、レディース問わず幅広い層にアプローチ。 SY32オリジナル総柄とハートを組みあせたデザインがポイント。 素材:コットン 100%   サイズ:XS,S,M,L,XL,XXL カラー:BLACK,WHITE,NAVY,HEATHER GRAY,BLUE,RED,PINK,OLIVE
着丈袖丈身幅袖口幅
XS: 64cm 18cm 43cm 16.5cm
S: 66cm 19cm 45cm 17cm
M: 68cm 20cm 48cm 17.5cm
L: 70cm 21cm 51cm 18cm
XL: 72cm 22cm 54cm 18.5cm
XXL: 74cm 23cm 57cm 19cm

 (約/cm)

【コラボ】オリジナルハートロゴTシャツ(カラ―)

今季も『SY32×SWEET YEARS』とのコラボ企画。 昨年と生地を変更して着心地を重視しました。カラ―バリエーションを7色に、XS〜XXLとサイズ展開も増やしメンズ、レディース問わず幅広い層にアプローチ。 素材:コットン 100%   サイズ:XS,S,M,L,XL,XXL カラー:BLACK,WHITE,NAVY,HEATHER GRAY,BLUE,RED,PINK,OLIVE
着丈袖丈身幅袖口幅
XS: 64cm 18cm 43cm 16.5cm
S: 66cm 19cm 45cm 17cm
M: 68cm 20cm 48cm 17.5cm
L: 70cm 21cm 51cm 18cm
XL: 72cm 22cm 54cm 18.5cm
XXL: 74cm 23cm 57cm 19cm

 (約/cm)

胃カメラを鼻から入れれば楽チンって本当?

胃カメラでつらい思いをしたトラウマを抱く人なら、「もっと楽に、少しでも早く終わってくれたら…」と切に願うもの。年間3800例もの内視鏡検査をこなす達人、丸子中央病院消化器内科の中島恒夫氏に、引き続き、胃カメラ検査を楽に受けるポイントについて聞いていこう。

気温上昇中、今年は春から脱水対策

気象庁によると、2018年4~6月の気温は平年に比べ高くなる見込みという。脱水対策は通常、暑い夏の熱中症予防の位置づけだが、今年は春のうちから必要だ。脱水症状の気づき方や予防法などを専門家に聞いた。