同じ部分の筋肉を鍛えるなら、最低2~3日はあけた方がいい

筋肉こそ生命活動の原動力。筋肉が活動的になれば、代謝が活性化し、無駄な脂肪が落ち、健康で元気な体になります。世の中にはいろいろな「筋肉の常識」がありますが、残念ながらすべて正しいとは限りません。本連載では、筋肉博士・石井直方先生が、筋肉やトレーニングの正しい知識をやさしく解説していきます。第9回のテーマは「超回復」について。トレーニングをして筋肉が疲労した後、回復する過程で前のレベルを超えることを一般に超回復と呼びますが、これは実際に起こっている現象なのでしょうか。

同じ部分の筋肉を鍛えるなら、最低2~3日はあけた方がいい

筋肉こそ生命活動の原動力。筋肉が活動的になれば、代謝が活性化し、無駄な脂肪が落ち、健康で元気な体になります。世の中にはいろいろな「筋肉の常識」がありますが、残念ながらすべて正しいとは限りません。本連載では、筋肉博士・石井直方先生が、筋肉やトレーニングの正しい知識をやさしく解説していきます。第9回のテーマは「超回復」について。トレーニングをして筋肉が疲労した後、回復する過程で前のレベルを超えることを一般に超回復と呼びますが、これは実際に起こっている現象なのでしょうか。

「スポーツオーソリティ新小松店ウオーキングステーション」開設!!

thumbW480_photo1

「スポーツオーソリティ新小松店ウオーキングステーション」開設!!

小松市のイオンモール新小松内に、石川県では唯一の「ウオーキングステーション」がオープンしました。
このステーションには500選コースを含む3つのイヤーラウンドコースが用意されており、だれでも自由に楽しく歩いて、日本市民スポーツ連盟からIVVの認定(距離、回数)が受けられます。利用料は一人1回200円です。ぜひご利用ください。

◆ウオーキングステーションの名前
スポーツオーソリティ新小松店 (電話0761-58-0290)

◆ウオーキングステーションの場所
〒923-0861 小松市沖周辺土地区画整理事業区域内20街区 イオンモール新小松3F
(JR小松駅から南東に2.3㎞、歩いて約30分)

□スポーツオーソリティ新小松店ホームページ

□詳細PDF

「長生きする食事」は里芋、青魚に、野菜を1日“4色”

いつまでもハツラツと健康で過ごすためには何が必要だろうか。食事や運動などの生活習慣に気を配ることが、病気を防ぎ、若々しさをキープする秘訣だ。だが、間違った生活習慣を身につけてしまうと、逆に老化が進み、病気のリスクが高まる。アンチエイジング医療の専門家である満尾クリニック院長の満尾正さんに、若返りホルモンを出し、老化ホルモンを抑えるための食事術について解説していただこう。

「長生きする食事」は里芋、青魚に、野菜を1日“4色”

いつまでもハツラツと健康で過ごすためには何が必要だろうか。食事や運動などの生活習慣に気を配ることが、病気を防ぎ、若々しさをキープする秘訣だ。だが、間違った生活習慣を身につけてしまうと、逆に老化が進み、病気のリスクが高まる。アンチエイジング医療の専門家である満尾クリニック院長の満尾正さんに、若返りホルモンを出し、老化ホルモンを抑えるための食事術について解説していただこう。

@adidasfun

米国内ではインドアサッカーがあまりに普及しているため、一部の盛んな地域を除き、フットサルの認知度は低い。フットサルのアメリカ代表は、このMISLの選手達で構成されている。 #フットサル #サッカー #ユニフォーム

@adidasfun

ゴールクリアランス。ゴールラインを割ったときに最後に触れた選手が攻撃側だった場合、守備側のゴールキーパーがペナルティエリアの任意の地点からボールを投げる。直接ゴールに入れても得点とはならない。 #フットサル #サッカー #ユニフォーム

室伏広治さん「体が欲しているものを見つけるのもトレーニング」

2004年のアテネ五輪で金メダル、2012年のロンドン五輪では銅メダル、2011年に韓国のテグで行われた陸上の世界選手権では36歳という大会史上男子最年長での金メダルを獲得した室伏広治さん。四半世紀にわたり、第一線で結果を出し続けた理由の一つに「集中力」を挙げる。集中力を高め、維持し続けるために室伏さんはどうやってきたのか。

室伏広治さん「体が欲しているものを見つけるのもトレーニング」

2004年のアテネ五輪で金メダル、2012年のロンドン五輪では銅メダル、2011年に韓国のテグで行われた陸上の世界選手権では36歳という大会史上男子最年長での金メダルを獲得した室伏広治さん。四半世紀にわたり、第一線で結果を出し続けた理由の一つに「集中力」を挙げる。集中力を高め、維持し続けるために室伏さんはどうやってきたのか。

@adidasfun

「リーガ・ナシオナル」と呼ばれる全国リーグの他、各州でプロリーグが盛んに行われ、スペインやイタリアのフットサルチームに移籍する選手も多い。 #フットサル #サッカー #ユニフォーム

「いつの間にかストレートネック」が腰・膝の痛みも招く!

腰痛や肩こり、首や膝の痛みといった「整形外科的な痛み」の背景にあるのは、座り方や姿勢などの生活習慣。痛みを治し、再発させないための日常的な対処法を、整形外科医でカイロプラクターの竹谷内康修さん(竹谷内医院院長)が指南します。今回のテーマは、「ストレートネック」です。

「安全な飲酒量」今の基準では多すぎる?

死亡リスクを高めない飲酒量は、純アルコールで1週間に約100gが上限であることが、英国の研究で示唆されました。これは、厚生労働省が示している「節度ある適度な飲酒」の目安(1日平均20g、1週間で140g程度)よりも低い数字です。

「いつの間にかストレートネック」が腰・膝の痛みも招く!

腰痛や肩こり、首や膝の痛みといった「整形外科的な痛み」の背景にあるのは、座り方や姿勢などの生活習慣。痛みを治し、再発させないための日常的な対処法を、整形外科医でカイロプラクターの竹谷内康修さん(竹谷内医院院長)が指南します。今回のテーマは、「ストレートネック」です。

「安全な飲酒量」今の基準では多すぎる?

死亡リスクを高めない飲酒量は、純アルコールで1週間に約100gが上限であることが、英国の研究で示唆されました。これは、厚生労働省が示している「節度ある適度な飲酒」の目安(1日平均20g、1週間で140g程度)よりも低い数字です。

酒乱になる人、ならない人は何が違うのか?

長年、職場の飲み会などを経験していると、1度や2度は「酒を飲むと人格が豹変する人」に会ったことがあるのではないだろうか。いわゆる「酒乱」だ。宴会が盛り上がって楽しくなるくらいならいいが、度を越すと大きな問題になる。読者の中には「私はもしかしたら酒乱?」と密かに心配している人もいるだろう。そもそも酒乱とは? そして酒乱になる人とならない人は何が違うのだろうか。前後編に分けて、詳しく解説していこう。

寝ても取れない疲れを取るには?

「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

男性ホルモンは「若返りホルモン」だった!

いつまでもハツラツと健康で過ごすためには何が必要だろうか。食事や運動などの生活習慣に気を配ることが、病気を防ぎ、若々しさをキープする秘訣だ。だが、間違った生活習慣を身につけてしまうと、逆に老化が進み、病気のリスクが高まる。鍵になるのは「ホルモン」だ。アンチエイジング医療の専門家である満尾クリニック院長の満尾正さんに解説していただこう。

7月特集のお知らせ

7月に公開される有料記事を紹介する「特集」ページです。今月は2つの特集「『老けない人』の新常識」「30年以上血圧を測り続けた専門医が指南『血圧を確実に下げる極意』」を掲載します。