有森裕子 パワハラ問題に思う、「アスリートファースト」より大切なこと

先日閉幕した第18回アジア競技大会で、日本は75個もの金メダルを獲得しました。日本を代表するアスリートたちが2020年の東京オリンピックへとつながる活躍を見せてくれた一方で、最近、スポーツ界が抱える問題を浮き彫りにするような、うれしくないニュースが立て続けに報道されています。

EDの原因は加齢だけ?

【問題】日本では1130万人の男性が悩んでいるといわれるED(Erectile Dysfunction;勃起障害・勃起不全)。その原因は単なる加齢だけでなく、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす「動脈硬化」も関係している。これってホント? ウソ?

金沢ウオーク2018が開催された!

181006KWiwa-5

金沢ウオーク2018が開催された!

10月6日(土)いしかわ四高記念公園を発着とした第23回金沢ウオーク2018が3コース約600名の参加者で開催された。

■写真は会場の四高記念公園

181006KWiwa-7
ロングコース(約21キロ)の出発式では、”いいね金沢健康体操後、実行委員会よりの実施要綱の説明があり、山野之義金沢市長が開会宣言を行い、午前8時30分にスタートした。

■写真は開会宣言をする山野金沢市長

181006KWiwa-3-500

■写真はロングコーススタートの参加者

181006KWiwa-4-500

■写真はロングコース四高記念館前の参加者

181006KWiwa-10

ミドルコース(約15キロ)、歩育コース(約3キロ)の出発式ではいいね金沢健康体操後、実行委員長が開会宣言を行い、午前9時30分にスタートした。

■写真はミドルコーススタートの参加者

181006KWiwa-12

ミドルコース(15キロ)は、四高記念公園~石川門~旭町~浅野川遊歩道~田上本町朝霧公園チェックポイントで小休止~土清水みゆき公園~辰巳用水遊歩道~犀川雪見橋~犀川右岸河川敷~桜橋~新橋東詰め~長町~四高記念公園(ゴール)

■写真は石川門の参加者

181006KWiwa-13

本日は台風フェーン現象の影響で、予報では32度と夏日となり、朝から汗が噴き出る天候となり、途中犀川河川敷ではかなりの通り雨が降った。久しぶりに気持ちのいい汗を出し、天候に恵まれた金沢ウオークを楽しみ、午後1時ごろゴールした。

■写真は浅野川遊歩道の参加者

181006KWiwa-14

なお、明日7日(日)2日目は台風25号通過のため大会中止となった。

■写真は田上本町朝霧公園のチェックポイント

181006KWiwa-16

■写真は辰巳用水遊歩道の参加者

181006KWiwa-17

181006KWiwa-18

■写真は犀川右岸河川敷の参加者

 

@adidasfun

1989年には初の世界大会をオランダで開催した。第2回の大会は香港で開催され、FIFAとFIFUSAによるルールの統一化が図られた。このときのルールの問題点を改正し、1994年より競技名を「フットサル (FUTSAL) 」と改められた。 #フットサル #サッカー #ユニフォーム

@adidasfun

サロンフットボールとは弾まないボールのことで、「サロンフットボール」は、1930年にウルグアイで考案された。また、ブラジルでも同様のものが考案された。 #フットサル #サッカー #ユニフォーム

老化の主犯!? 怖い「糖化」はお酒を飲むと加速する?

五十路になると、「いよいよ老化現象が徐々に始まったか!」と気付かされる機会が増える。特に日々実感させられるのが肌。ハリが失われ、シミ、シワが増えてくる。これらの老化現象の主犯の一つとして、よく話題に上るのが「糖化」だ。この糖化、一般に糖質のとり過ぎによるものといわれているが、実はお酒とも密接な関わりがあるという。そこで今回は、「糖化ストレス研究センター」という専門の研究機関を有する同志社大学を訪ね、その真偽について直撃した。

さらばメタボ! 諸悪の根源「内臓脂肪」を有酸素運動で燃焼

運動は健康にいいと頭で分かっていても、時間がない、何をすればいいのか分からないなどの理由から先送りしてしまう人も多い。『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP社)を上梓するフィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんと、慶應義塾大学病院スポーツ医学総合センターの医師、田畑尚吾さんに、忙しくても続けられ、高い効果が期待できる運動のやり方を指導してもらおう。今回はメタボリックシンドローム対策について。

@adidasfun

サッカー大国の中では唯一フットサル代表チームを持たないほど、ドイツではフットサルの普及が遅れていた。しかし2006年に、第1回ドイツフットサル選手権が開催されている。 #フットサル #サッカー #ユニフォーム

座ると痛い、夕方になると痛い… シーン別腰痛対処法

腰痛や肩こり、首や膝の痛みといった「整形外科的な痛み」の背景にあるのは、座り方や姿勢などの生活習慣。痛みを治し、再発させないための日常的な対処法を、整形外科医でカイロプラクターの竹谷内康修さん(竹谷内医院院長)が指南します。今回のテーマは、「シーン別腰痛対処法」です。

もの忘れと将来の認知症の関係は?

「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

10月特集のお知らせ

10月に公開される有料記事を紹介する「特集」ページです。今月は特集「絶対に成果が出る血糖・血圧・肥満対策」「転ばない、寝たきりにならない3つの運動習慣」を掲載します。

中野ジェームズ修一直伝! 血糖値を下げる5分間エクササイズ

健康診断などをきっかけに、医師から「運動しましょう」と言われても、すぐに行動に移せる人はほとんどいない。健康にいいと頭で分かっていても、時間がない、何をすればいいのか分からない、運動すると体に痛みが出る、などの理由から先送りしてしまう人も多い。そこで、『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP社)を上梓するフィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんと、慶應大学医学部スポーツ医学総合センターの医師、田畑尚吾さんに、忙しくても続けられ、高い効果が期待できる運動のやり方を指導してもらおう。