第5回「いたばしウオーキング大会」に21名が参加しました。

出発式-500

第5回「いたばしウオーキング大会」に21名が参加しました。

金沢市の友好交流都市である東京都板橋区で11月3日(祝)、第5回いたばしウオーキング大会が開かれ、石川県ウオーキング協会から21人が参加、地元の人たちと触れ合いながら全員元気で13㎞のコースを完歩しました。
板橋区の坂本区長は毎年、加賀百万石ツーデーウオークの出発式に臨席していただいており、今回はそのお礼の意味も込めて、県協会の特別例会として参加しました。
出発式では板橋区の阪本区長から、「石川県から大勢の皆さんが参加していただいている」とのスピーチがあり、大路会長が来賓として紹介されました。

■写真は出発式

出発式であいさつする坂本板橋区長 (1)-500-2
コースは都営地下鉄三田線の高島平駅そばの徳丸ケ原野球場を出発点に、同じく志村坂上駅近くのセブンタウン小豆沢をゴールとする5㎞から13㎞の3本が設定されていました。コース上には文明堂カステラの工場、郷土資料館、郷土芸能伝承館、冒険家の植村直己記念館など見どころがいっぱいで、石川県からの参加者は地元の約1,000人の参加者といっしょに、魅力にあふれた快晴の板橋路を楽しく歩きました。

■写真は挨拶する坂本区長

スタートするメンバー-500

■写真はスタートの参加者

加賀や金沢にちなんだ地名や施設が各所に-500

■写真は金沢の名残り町名

国史跡の中山道志村の一里塚を見学-500

■写真は国史跡の志村一里塚

チェックポイントで-500

■写真はチェックポイント

荒川の土手を歩く-500

■写真は荒川堤防を歩く参加者

スタート前、会場にて-500

■写真はIWA参加者

また、ゴール後は地元いたばし観光ボランティアガイドさんの案内で、加賀藩下屋敷跡など金沢ゆかりの観光ポイントを見て回りました。

オプショナルツアー②(加賀藩下屋敷跡)-500

加賀藩下屋敷にあった門をくぐる-500

■写真はボランティアガイドの案内で加賀藩下屋敷の参加者

■情報・写真提供:IWA松林知一