【MICHAEL LINNELL】×MINI MESSENGER BAG

発送は12月14(金)以降になります。14日より前には発送できませんのでご了承下さい。 1972年に設立され、イギリス旧郵政公社のメッセンジャーバッグを手掛けていることでも知られるファクトリーブランド【マイケルリンネル】とのコラボ企画。 軽量で丈夫かつ撥水能力、摩擦や耐久性にも優れた”アーミーコーティング„を使用。 メッセンジャーバッグはショルダーストラップを太めにすることで肩への負担を軽減。 フラップはマジックテープ仕様でマチもしっかりある為、物の出し入れがしやすいデザイン。 SY32とLINNELL❜Sのロゴプリントには再帰反射効果があり両社の特徴が色濃く反映された仕上がりに。 素材: ナイロン100% サイズ:15L カラー:BLACK
縦巾横巾マチ
Backpack H:29cm W:40cm D:15cm

 (約/cm)

【MICHAEL LINNELL】×SACOCHE

発送は12月14(金)以降になります。14日より前には発送できませんのでご了承下さい。 1972年に設立され、イギリス旧郵政公社のメッセンジャーバッグを手掛けていることでも知られるファクトリーブランド【マイケルリンネル】とのコラボ企画。 軽量で丈夫かつ撥水能力、摩擦や耐久性にも優れた”アーミーコーティング„を使用。 サコッシュは小ぶりでありながら収納面に充実したデザインでコーディネートのアクセントに。 SY32とLINNELL❜Sのロゴプリントには再帰反射効果があり両社の特徴が色濃く反映された仕上がりに。 素材: ナイロン100% サイズ:2L カラー:BLACK
縦巾横巾
Sakosshu H:20cm W:28cm

 (約/cm)

【MICHAEL LINNELL】×SAKOSSHU

発送は12月14(金)以降になります。14日より前には発送できませんのでご了承下さい。 1972年に設立され、イギリス旧郵政公社のメッセンジャーバッグを手掛けていることでも知られるファクトリーブランド【マイケルリンネル】とのコラボ企画。 軽量で丈夫かつ撥水能力、摩擦や耐久性にも優れた”アーミーコーティング„を使用。 サコッシュは小ぶりでありながら収納面に充実したデザインでコーディネートのアクセントに。 SY32とLINNELL❜Sのロゴプリントには再帰反射効果があり両社の特徴が色濃く反映された仕上がりに。 素材: ナイロン100% サイズ:2L カラー:BLACK
縦巾横巾
Sakosshu H:20cm W:28cm

 (約/cm)

【MICHAEL LINNELL】×LOGO BACKPACK TypeB

発送は12月14(金)以降になります。14日より前には発送できませんのでご了承下さい。 1972年に設立され、イギリス旧郵政公社のメッセンジャーバッグを手掛けていることでも知られるファクトリーブランド【マイケルリンネル】とのコラボ企画。 軽量で丈夫かつ撥水能力、摩擦や耐久性にも優れた”アーミーコーティング„を使用。 バックパックはパソコンの持ち運びはもちろん、トラベルにも最適の大容量41Lサイズ。 ファスナー付きのサイドポケットに加え上部だけでなく背面からも荷物の出し入れが可能な実用性の高いデザイン。 SY32とLINNELL❜Sのロゴプリントには再帰反射効果があり両社の特徴が色濃く反映された仕上がりに。 ※同型のTypeAもございます。 素材:ナイロン100% サイズ:41L カラー:BLACK
縦巾横巾マチ
Backpack H:54cm W:30cm D:21cm

 (約/cm)

【MICHAEL LINNELL】×LOGO BACKPACK TypeA

発送は12月14(金)以降になります。14日より前には発送できませんのでご了承下さい。 1972年に設立され、イギリス旧郵政公社のメッセンジャーバッグを手掛けていることでも知られるファクトリーブランド【マイケルリンネル】とのコラボ企画。 軽量で丈夫かつ撥水能力、摩擦や耐久性にも優れた”アーミーコーティング„を使用。 バックパックはパソコンの持ち運びはもちろん、トラベルにも最適の大容量41Lサイズ。 ファスナー付きのサイドポケットに加え上部だけでなく背面からも荷物の出し入れが可能な実用性の高いデザイン。 同色のSY32とLINNELL❜Sのロゴプリントには再帰反射効果があり両社の特徴が色濃く反映された仕上がりに。 ※同型のTypeBもございます。 素材:ナイロン100% サイズ:41L カラー:BLACK
縦巾横巾マチ
Backpack H:54cm W:30cm D:21cm

 (約/cm)

WORLD STAR SWEAT PANTS

人気のスウェットアイテムから新シリーズ【ワールドスター】のスウェットパンツ。刺繍のスターが囲うロゴプリントがアイコン。 右前ポケットがファスナー仕様、長財布も入れられる深さで貴重品などの収納に。 両サイドに施したロゴテープでスポーティー感も演出。 同素材のジップフーディー(9015)とセットアップでの着用も可能。 素材:コットン 59% ポリエステル 41% サイズ:S,M,L,XL,XXL カラー:BLACK,HEATHER GRAY,NAVY,CAMO Model:L size Height:175cm Weight:65kg
ウエストヒップ股上股下
S: 69cm 100cm 28cm 70cm
M: 72cm 103cm 29cm 71cm
L: 75cm 106cm 30cm 73cm
XL: 78cm 109cm 31cm 75cm
XXL: 81cm 112cm 32cm 76cm

 (約/cm)

KWA納会ウオーク「昔旅籠を訪て」を開催!

181202kwa-1

KWA納会ウオーク「昔旅籠を訪て」を開催!

12月2日(日)小松ウオーキング協会はJR小松駅発着の納会ウオーク「昔旅籠を訪て」を約100名の参加者で開催した。
■写真は受付

181202kwa-2

開会式では二川会長のあいさつ、準備体操を行い午前9時にスタートした。コースは小松駅から西町本覚寺横を通過、末広緑地公園、前川左岸を進み串茶町会館に向かいました。串茶屋町会館で休憩と「串茶屋民族資料館」を見学、中には様々な展示物がありました、特に現在では存在し得ない「身売り証文」を見てしみじみ感じ入られる会員の方も多く、その後は串茶屋町墓地の一角にある、遊女の墓を見学し、今江町の今江城址公園経由、JR小松駅無事にゴールした。
平成30年納会ウオークは好天に恵まれベストコンディションの中開催され、参加者はいい汗を流した。

■写真はあいさつする二川会長

181202kwa-3
■写真は本覚寺前

181202kwa-4

〇串茶屋の歴史

藩政期にはここが加賀藩と大聖寺藩の境界でありました。加賀3代藩主前田利常公が小松に隠居し、那谷寺の再興にとりかかると、そこで働く職人たちが串茶屋に立ち寄るようになりそのため婦女による給仕が盛んになり、17世紀中頃廓としての営業の許可状も与えられたといいます。
当時は加賀藩内唯一の公認遊郭だったそうです。有名な金沢のにし・ひがしの茶屋街は19世紀初頭につくられたもので、串茶屋の歴史的価値がわかってもらえるでしょう。
串茶屋は1660年に大聖寺藩領に移されたので、以降は大聖寺藩公認の廓として営業が続けられたようです。 最も栄えたのは文化・文政の頃(19世紀前半)で、20軒ほどの茶屋が軒を連ねていました。明治33年(1900年)に、串茶屋の廓は約300年にわたる歴史の幕を閉じました。

■写真は前川左岸

181202kwa-5

平成7年。茶屋街の貴重な歴史を風化させてはならないと、串茶屋町内会の人たちが資金を出し合い、管理・運営している「串茶屋民俗資料館」が開設された。展示品も年季明けを願った狛犬やたばこ道具、高下駄など珍しいものが多くある。

■写真は串茶屋民族資料館

181202kwa-6
■写真は今江城址公園

■情報・写真提供:KWA 村中勝二 氏

WORLD STAR ZIP HOODIE

人気のスウェットアイテムから新シリーズ【ワールドスター】のジップフーディー。刺繍のスターが囲うロゴプリントがアイコン。 フードは内側にメッシュ素材を採用し迷彩柄のデザイン、外縁にはロゴテープを施しスポーティー感を演出。 フィンガーホール、胸元の再帰反射効果のあるレーザー圧着など機能性も高い仕上がり。 同素材のスウェットパンツ(9016)とセットアップでの着用も可能。 素材:コットン 59% ポリエステル 41% サイズ:S,M,L,XL,XXL カラー:BLACK,NAVY,GRAY,CAMO Model:L size Height:175cm Weight:65kg
着丈裄丈身幅袖口幅
S: 65.6cm 87cm 49cm 8.75cm
M: 66.5cm 88cm 52cm 9cm
L: 68.5cm 89cm 55cm 9.25cm
XL: 70.5cm 90cm 58cm 9.5cm
XXL: 71.5cm 91cm 61cm 9.75cm

 (約/cm)

多くの有名人を死に至らしめたエイズ、早期治療で死なない病気に

かつては「エイズ=死」というイメージがあったが、治療が飛躍的に進歩した今では、エイズの発症を抑えることができるようになっている。一方、根強い偏見や無関心が、早期発見・治療の妨げとなり、新たな課題が生まれてきている。そんなエイズの現状を、正しく知っておくことから始めよう。

「のど」と呼吸筋を鍛えて“肺炎”から身を守る3つのトレーニング

日本人の命を脅かしている「肺炎」。「飲み込み力」が衰えた高齢者は、誤嚥性肺炎を繰り返し、最後は死に至ってしまう――。この悪循環を防ぐためには、何をすればいいのだろうか。第2回となる今回は、呼吸器のエキスパートである大谷義夫医師が提唱する、“のど”や呼吸筋を鍛えるトレーニング、そして肺炎球菌ワクチンと口腔ケアなど、実践的な対策を紹介していこう。