@adidasfun

スペインでは、フットサルは「フットボル・サラ」と呼ばれており、スペイン代表チームは2000年・2004年のFIFAフットサルワールドカップ、2005年のヨーロッパ選手権などで優勝した。 #フットサル #サッカー #ユニフォーム

「貧血」に効く漢方

女性に多い「貧血」は、血液中に含まれるヘモグロビンが少なくなった状態。中でも多いのが、ヘモグロビンに含まれる鉄が不足して起こる「鉄欠乏性貧血」です。このため西洋医学では、鉄剤が処方されます。幸福薬局の薬剤師、幸井俊高さんは、「鉄剤を服用している間は貧血症状が改善されるため、一時的な貧血には効果的です。一方、漢方では、体内で血液をつくりだす力(造血作用)を高めることにより、貧血体質を根本から改善していきます」と話します。

父が速筋線維型で、母が遅筋線維型だったら、子供は?

筋肉こそ生命活動の原動力。筋肉が活動的になれば、代謝が活性化し、無駄な脂肪が落ち、健康で元気な体になります。世の中にはいろいろな「筋肉の常識」がありますが、残念ながらすべて正しいとは限りません。本連載では、筋肉博士・石井直方先生が、筋肉やトレーニングの正しい知識をやさしく解説していきます。今回は、前回に引き続き「遺伝」について取り上げます。筋肉も優性遺伝するのでしょうか?

親のがんを子どもにどう伝えるかは大きな悩み

ステージ4の胆管がんの治療をしながら、子どもを持つがん患者が互いにつながる場をつくっている、一般社団法人キャンサーペアレンツ代表理事の西口洋平さんに、この団体が取り組むがん患者への調査や、親ががんになったときの子どもへの伝え方を伺う。

【MICHAEL LINNELL】×MINI MESSENGER BAG

発送は12月14(金)以降になります。14日より前には発送できませんのでご了承下さい。 1972年に設立され、イギリス旧郵政公社のメッセンジャーバッグを手掛けていることでも知られるファクトリーブランド【マイケルリンネル】とのコラボ企画。 軽量で丈夫かつ撥水能力、摩擦や耐久性にも優れた”アーミーコーティング„を使用。 メッセンジャーバッグはショルダーストラップを太めにすることで肩への負担を軽減。 フラップはマジックテープ仕様でマチもしっかりある為、物の出し入れがしやすいデザイン。 SY32とLINNELL❜Sのロゴプリントには再帰反射効果があり両社の特徴が色濃く反映された仕上がりに。 素材: ナイロン100% サイズ:15L カラー:BLACK
縦巾横巾マチ
Backpack H:29cm W:40cm D:15cm

 (約/cm)

【MICHAEL LINNELL】×SACOCHE

発送は12月14(金)以降になります。14日より前には発送できませんのでご了承下さい。 1972年に設立され、イギリス旧郵政公社のメッセンジャーバッグを手掛けていることでも知られるファクトリーブランド【マイケルリンネル】とのコラボ企画。 軽量で丈夫かつ撥水能力、摩擦や耐久性にも優れた”アーミーコーティング„を使用。 サコッシュは小ぶりでありながら収納面に充実したデザインでコーディネートのアクセントに。 SY32とLINNELL❜Sのロゴプリントには再帰反射効果があり両社の特徴が色濃く反映された仕上がりに。 素材: ナイロン100% サイズ:2L カラー:BLACK
縦巾横巾
Sakosshu H:20cm W:28cm

 (約/cm)

【MICHAEL LINNELL】×SAKOSSHU

発送は12月14(金)以降になります。14日より前には発送できませんのでご了承下さい。 1972年に設立され、イギリス旧郵政公社のメッセンジャーバッグを手掛けていることでも知られるファクトリーブランド【マイケルリンネル】とのコラボ企画。 軽量で丈夫かつ撥水能力、摩擦や耐久性にも優れた”アーミーコーティング„を使用。 サコッシュは小ぶりでありながら収納面に充実したデザインでコーディネートのアクセントに。 SY32とLINNELL❜Sのロゴプリントには再帰反射効果があり両社の特徴が色濃く反映された仕上がりに。 素材: ナイロン100% サイズ:2L カラー:BLACK
縦巾横巾
Sakosshu H:20cm W:28cm

 (約/cm)

【MICHAEL LINNELL】×LOGO BACKPACK TypeB

発送は12月14(金)以降になります。14日より前には発送できませんのでご了承下さい。 1972年に設立され、イギリス旧郵政公社のメッセンジャーバッグを手掛けていることでも知られるファクトリーブランド【マイケルリンネル】とのコラボ企画。 軽量で丈夫かつ撥水能力、摩擦や耐久性にも優れた”アーミーコーティング„を使用。 バックパックはパソコンの持ち運びはもちろん、トラベルにも最適の大容量41Lサイズ。 ファスナー付きのサイドポケットに加え上部だけでなく背面からも荷物の出し入れが可能な実用性の高いデザイン。 SY32とLINNELL❜Sのロゴプリントには再帰反射効果があり両社の特徴が色濃く反映された仕上がりに。 ※同型のTypeAもございます。 素材:ナイロン100% サイズ:41L カラー:BLACK
縦巾横巾マチ
Backpack H:54cm W:30cm D:21cm

 (約/cm)

【MICHAEL LINNELL】×LOGO BACKPACK TypeA

発送は12月14(金)以降になります。14日より前には発送できませんのでご了承下さい。 1972年に設立され、イギリス旧郵政公社のメッセンジャーバッグを手掛けていることでも知られるファクトリーブランド【マイケルリンネル】とのコラボ企画。 軽量で丈夫かつ撥水能力、摩擦や耐久性にも優れた”アーミーコーティング„を使用。 バックパックはパソコンの持ち運びはもちろん、トラベルにも最適の大容量41Lサイズ。 ファスナー付きのサイドポケットに加え上部だけでなく背面からも荷物の出し入れが可能な実用性の高いデザイン。 同色のSY32とLINNELL❜Sのロゴプリントには再帰反射効果があり両社の特徴が色濃く反映された仕上がりに。 ※同型のTypeBもございます。 素材:ナイロン100% サイズ:41L カラー:BLACK
縦巾横巾マチ
Backpack H:54cm W:30cm D:21cm

 (約/cm)

WORLD STAR SWEAT PANTS

人気のスウェットアイテムから新シリーズ【ワールドスター】のスウェットパンツ。刺繍のスターが囲うロゴプリントがアイコン。 右前ポケットがファスナー仕様、長財布も入れられる深さで貴重品などの収納に。 両サイドに施したロゴテープでスポーティー感も演出。 同素材のジップフーディー(9015)とセットアップでの着用も可能。 素材:コットン 59% ポリエステル 41% サイズ:S,M,L,XL,XXL カラー:BLACK,HEATHER GRAY,NAVY,CAMO Model:L size Height:175cm Weight:65kg
ウエストヒップ股上股下
S: 69cm 100cm 28cm 70cm
M: 72cm 103cm 29cm 71cm
L: 75cm 106cm 30cm 73cm
XL: 78cm 109cm 31cm 75cm
XXL: 81cm 112cm 32cm 76cm

 (約/cm)

KWA納会ウオーク「昔旅籠を訪て」を開催!

181202kwa-1

KWA納会ウオーク「昔旅籠を訪て」を開催!

12月2日(日)小松ウオーキング協会はJR小松駅発着の納会ウオーク「昔旅籠を訪て」を約100名の参加者で開催した。
■写真は受付

181202kwa-2

開会式では二川会長のあいさつ、準備体操を行い午前9時にスタートした。コースは小松駅から西町本覚寺横を通過、末広緑地公園、前川左岸を進み串茶町会館に向かいました。串茶屋町会館で休憩と「串茶屋民族資料館」を見学、中には様々な展示物がありました、特に現在では存在し得ない「身売り証文」を見てしみじみ感じ入られる会員の方も多く、その後は串茶屋町墓地の一角にある、遊女の墓を見学し、今江町の今江城址公園経由、JR小松駅無事にゴールした。
平成30年納会ウオークは好天に恵まれベストコンディションの中開催され、参加者はいい汗を流した。

■写真はあいさつする二川会長

181202kwa-3
■写真は本覚寺前

181202kwa-4

〇串茶屋の歴史

藩政期にはここが加賀藩と大聖寺藩の境界でありました。加賀3代藩主前田利常公が小松に隠居し、那谷寺の再興にとりかかると、そこで働く職人たちが串茶屋に立ち寄るようになりそのため婦女による給仕が盛んになり、17世紀中頃廓としての営業の許可状も与えられたといいます。
当時は加賀藩内唯一の公認遊郭だったそうです。有名な金沢のにし・ひがしの茶屋街は19世紀初頭につくられたもので、串茶屋の歴史的価値がわかってもらえるでしょう。
串茶屋は1660年に大聖寺藩領に移されたので、以降は大聖寺藩公認の廓として営業が続けられたようです。 最も栄えたのは文化・文政の頃(19世紀前半)で、20軒ほどの茶屋が軒を連ねていました。明治33年(1900年)に、串茶屋の廓は約300年にわたる歴史の幕を閉じました。

■写真は前川左岸

181202kwa-5

平成7年。茶屋街の貴重な歴史を風化させてはならないと、串茶屋町内会の人たちが資金を出し合い、管理・運営している「串茶屋民俗資料館」が開設された。展示品も年季明けを願った狛犬やたばこ道具、高下駄など珍しいものが多くある。

■写真は串茶屋民族資料館

181202kwa-6
■写真は今江城址公園

■情報・写真提供:KWA 村中勝二 氏

WORLD STAR ZIP HOODIE

人気のスウェットアイテムから新シリーズ【ワールドスター】のジップフーディー。刺繍のスターが囲うロゴプリントがアイコン。 フードは内側にメッシュ素材を採用し迷彩柄のデザイン、外縁にはロゴテープを施しスポーティー感を演出。 フィンガーホール、胸元の再帰反射効果のあるレーザー圧着など機能性も高い仕上がり。 同素材のスウェットパンツ(9016)とセットアップでの着用も可能。 素材:コットン 59% ポリエステル 41% サイズ:S,M,L,XL,XXL カラー:BLACK,NAVY,GRAY,CAMO Model:L size Height:175cm Weight:65kg
着丈裄丈身幅袖口幅
S: 65.6cm 87cm 49cm 8.75cm
M: 66.5cm 88cm 52cm 9cm
L: 68.5cm 89cm 55cm 9.25cm
XL: 70.5cm 90cm 58cm 9.5cm
XXL: 71.5cm 91cm 61cm 9.75cm

 (約/cm)

多くの有名人を死に至らしめたエイズ、早期治療で死なない病気に

かつては「エイズ=死」というイメージがあったが、治療が飛躍的に進歩した今では、エイズの発症を抑えることができるようになっている。一方、根強い偏見や無関心が、早期発見・治療の妨げとなり、新たな課題が生まれてきている。そんなエイズの現状を、正しく知っておくことから始めよう。

「のど」と呼吸筋を鍛えて“肺炎”から身を守る3つのトレーニング

日本人の命を脅かしている「肺炎」。「飲み込み力」が衰えた高齢者は、誤嚥性肺炎を繰り返し、最後は死に至ってしまう――。この悪循環を防ぐためには、何をすればいいのだろうか。第2回となる今回は、呼吸器のエキスパートである大谷義夫医師が提唱する、“のど”や呼吸筋を鍛えるトレーニング、そして肺炎球菌ワクチンと口腔ケアなど、実践的な対策を紹介していこう。

福袋1万円

4〜5万円相当の商品の入った、大変お買い得な福袋です。 ※お一人様1セット限りとなります。 ※返品、交換は一切お受けできませんので予めご了承下さいませ。 ※1/7 〜順次対応、発送となります。

子育て支援メッセ共催の西部緑地公園「歩育楽校」開催した。

西部181104-1-1-500

子育て支援メッセ共催の西部緑地公園「歩育楽校」開催した。

11月4日(日)西部緑地公園を会場に「子育て支援メッセ」共催の「西部緑地公園・歩育楽校」が開催されました。参加した親子56名は園内の約3キロを親子で手をつなぎ語り合いながら歩き、ところどこで日本野鳥の会石川のインストラクターの木々の説明や望遠鏡を使ったバードウオッチング、どんぐりひろいや紅葉した木の葉をひろうなど自然観察を楽しみました。また休憩ポイントでは石川県レクリエーション協会員の指導でニュースポーツにも挑戦し、歩くだけでなく学びや遊びにも取り組みました。

-1西部181104-1-2-500
ゴールでは自然観察の説明やガラポン抽選会を実施し、閉会となりました。参加者には昨年に続き参加した親子も多く、歩育楽校への理解の広がりも感じるところとなりました。

■情報・写真提供:IWA寺西一雄 氏

 

Meet Leo, your AI Research Assistant

People love RSS because it lets you to aggregate in one place all the topics and information you care about. No more zigzagging.

People also love RSS because of its control and transparency. It is not a feed that tries to manipulate and monetize your attention. It is a feed that feeds your mind and makes you smarter.

But sometimes RSS feeds can become noisy.

For example, you might follow broad sources like Forbes but only care about narrow topics like FinTech or climate change. Or you might have a keyword alert for General Electric but only care about product launches and partnerships. Or you might have a cybersecurity feed but want to focus your attention on the most critical software vulnerabilities first.

That noise can be overwhelming and make you waste time.

This is a problem we are very passionate about and have been focusing on over the last 18 months.

Today, we are excited to announce Leo, your AI research assistant.

We have been teaching Leo how to read so that he can help you declutter your feeds and dig deeper into the topics and trends you care about without losing control.


Here is a demo!

Leo reads and prioritizes the most relevant articles in your feeds

Leo continuously reads your feeds and short-lists the most relevant articles in the priority tab.

For example, you might have a broad business feed connected to HBR, Bloomberg, NY Times, etc. with thousands of new articles per month.

You can train Leo to read those 1,000+ articles and prioritize the 30 or so related to specific companies (Slack), topics (#leadership) or trends (Facebook and #crypto) you care about.

Leo ships with six core skills

Leo is not a black box recommendation engine. Instead, Leo ships with a set of skills that gives you control over defining what information is important to you:

  • The Topic skill lets you prioritize mentions of topics, keywords, people, companies, products, etc.
  • The Like Board skill learns by example based on articles you’ve saved to boards and prioritizes similar articles
  • The Business Event skill lets you track product launches, funding events, partnerships, etc.
  • The Security Threat skill lets you prioritize articles related to critical software vulnerabilities and specific vendors.
  • The Mute Filter skill let you remove articles mentioning specific keywords and topics.
  • The Deduplication skill removes duplicate articles from feeds and keyword alerts

You can easily assemble these skills into Leo models and preview in real-time what kind of information Leo will prioritize.

Creating a Leo model

Control and transparency are core Leo design principles.

All the articles prioritized by Leo have a green priority marker. Clicking on that marker offers an explanation of why the article was prioritized and the opportunity to refine, pause or remove that priority.

Control and transparency

Leo learns from both positive and negative feedback:

  • When a recommendation is useful, you can save it to a board to send Leo a positive signal.
  • When a recommendation is not useful, you can use the “Less-Like-This” down arrow button to correct Leo.
Feedback and continuous learning

Leo learns from your feedback and gets continuously smarter!

Leo is generally available to all Feedly Teams users and in early access to Pro+ users. If you have any questions or feedback regarding Leo, you are welcome to join the Feedly Lab Slack and connect with the dev team.

やるだけムダな「健康を害する歩き方」って?

現代人が陥りがちな痛みやこりは、業務にも支障をきたし、十分に仕事ができず、心身ともに大きなストレスにつながる。「多くの人が健康を害する歩き方をしている」と言う品川志匠会病院副院長で昭和大学医学部整形外科学講座客員教授でもある平泉裕医師に、健康ジャーナリストの結城未来が歩行時の間違いを正すルールを聞いた。

ブルーライトは結局、目に悪い? 悪くない?

米国では2018年7月に発表されたある論文をきっかけに、ブルーライトによる失明の危険性に対する不安が高まっていました。これに対し米国眼科学会(AAO)は先日、「スマートフォンからのブルーライトは失明を引き起こさない」と題するメッセージを公開しました。

筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

【PR】ウイルス・菌を寄せ付けない

年の瀬が迫り、どうしても慌ただしくなるこの季節は、仕事でも遊びでも出かける機会が多くなる。もちろん体調管理には気を使い、家に帰ったら手洗いとうがいを欠かさない人も多いだろう。ところが、しっかり対策をしたつもりでも、室内のいろんなところに「ウイルス・菌」がいるという。そんな厄介な「ウイルス・菌」に効果的な対策とは?

お酒で顔が赤くなる人は骨折リスクが2.5倍!

近年、健康寿命がクローズアップされる中で、大きなリスク要因として挙がるのが「骨折」だ。「転んで、骨折して、そのまま寝たきりに…」という恐怖のコースはマスコミでよく取り上げられる。シニアの骨折と深く関わるのが「骨粗しょう症」だ。この骨粗しょう症について、驚きの発表が昨年あった。お酒で顔が赤くなる人は骨粗しょう症による骨折リスクが高いというのだ。その真偽を確かめるべく、論文を発表した慶應義塾大学医学部の宮本健史さんを直撃した。

IWA「バードウオッチング邑知潟を巡る道」を開催した!

181201iwa-1

IWA「バードウオッチング邑知潟を巡る道」を開催した!

石川県ウオーキング協会は12月1日(土)羽咋市コスモアイル発着で「バードウオッチング邑知潟を巡る道」を70名の参加者で開催した。

午前9時半からの出発式では、松林専務理事があいさつし、小松さんが企画内容を説明。永井さんがコース説明を行い、竿下さんが1月例会の紹介とストレッチをして、霧雨のなかスタートした。

■写真は出発式の参加者

181201iwa-2
真冬並みの風の中、羽咋川の調整水門橋を渡り一路白鳥の見える邑知潟を目指しいたところ本日はかぜが強いせいか、田園に白鳥の群れがいた。そのため邑知潟には残念ながら羽を休めていなかった。まもなく余喜排水場に到着し、4階展示場にて早めの食事を取った。

■写真はスタートする参加者

181201iwa-4

■写真は一路邑知潟を目指す参加者

181201iwa-5

■写真は白鳥のいなかった邑知潟(残念!!)

181201iwa-6

■写真は多くの白鳥の群れ

181201iwa-8

昼食後、10キロコースと分かれて、正午前に帰路のスタート。この時に邑知潟には約70羽くらいが羽を休めていた。吉崎・次場(よっさき・すば)弥生公園で休憩。羽咋コスモアイルには午後1時過ぎに無事全員到着した。

■写真は余喜排水場4Fの展示室

181201iwa-9-500

スタート時点で霧雨に見舞われたが、羽咋川を渡るころには晴れてきて、風は強いものの比較的暖かく、昼食も予約のお蔭で、暖房の入った資料館で取ることができ、12月の時期としては天候に恵まれた納会であった。

■写真は余喜排水場

181201iwa-10

■写真は余喜排水場をスタートする参加者

181201iwa-11

■写真は吉崎・次場弥生公園の参加者

181201iwa-12

■写真はゴールする参加者

 

 

12月特集のお知らせ

12月に公開される有料記事を紹介する「特集」ページです。今月は特集「命を脅かす「肺炎」から身を守る5つの対策」「悩ましい冬のかゆみを撃退!」を掲載します。

肺炎こそが最後のハードル! 恐ろしい誤嚥性肺炎の「負のスパイラル」

近年、肺炎の脅威は高まる一方だ。特に大きな問題になっているのが誤嚥性肺炎。歳を重ねると飲み込み力(嚥下機能)が低下し誤嚥(ごえん)を起こし、そこから肺炎を発症してしまう。誤嚥性肺炎は繰り返しやすく、「負のスパイラル」に陥りやすい――。では何か打つ手はあるのだろうか。本特集では、私たちの命を脅かす肺炎リスクの実態から、その対策までを一挙に紹介する。