「テレビで見た『血糖値スパイク』が気になって…」読者の悩みに名医が回答!

「健康Q&A」では、日経Goodayの連載や特集でおなじみの医師や研究者など、健康・医療のエキスパートが月替わりで登場。あなたの疑問やお悩みに答えます。今月の回答者は、「“ロカボ”山田悟の糖質制限の誤解」連載で日経Gooday読者にもおなじみの、北里大学北里研究所病院 糖尿病センター長、食・楽・健康協会代表理事の山田悟先生です。

社長就任で一念発起、10kg以上の減量に成功【ベンチャーバンク 佐伯信行社長兼CEO】

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月はベンチャーバンクの佐伯信行社長兼CEOにお話を伺っていく。ベンチャーバンクはホットヨガスタジオや暗闇バイクエクササイズなど、数々の新規事業を創出してきたインキュベーションカンパニーで、近年は「健康寿命の延伸」をコンセプトに掲げた事業展開に注力している。そんな同社を率いる佐伯社長は、自身の健康をどのように管理しているのか。第1回は、心身の健康につながるという「心理的力量」の考えや、社長就任を機に改善した健康習慣について聞いた。

血中のアミノ酸を調べれば、7大がん、糖尿病、脳卒中のリスクが分かる!

「人生100年時代」と言われる今、ただ長生きをするのではなく、いかにして健康寿命を延ばすかが重要になってきた。人間ドックの役割も、すでにかかっている病気を発見するだけでなく、将来かかる病気を事前に見つけ、対処することへと広がってきている。ここでは、血中のアミノ酸濃度で、がん、糖尿病、脳卒中・心筋梗塞のリスクが分かるという、アミノインデックス検査を取り上げよう。