IWA「金沢の重要文化財(建築物)を巡る」開催! その2

190224iwa-11

IWA「金沢の重要文化財(建築物)を巡る」開催! その2

石川県ウオーキング協会は2月24日(日)金沢駅もてなしドーム地下発着の「金沢の重要文化財(建築物)を巡る」を115名の参加者で開催した。

■写真は金沢城公園鶴丸倉庫

190224iwa-17

■写真は金沢城公園石川門の参加者

190224iwa-12

〇成巽閣(せいそんかく)
13代藩主斉泰が、父である12代藩主斉広の正室・真龍院のためにつくった隠居所。造営は文久3年(1863)で、1階は整然とした武家書院造、2階は趣向を凝らした数奇屋風書院造と、一つの棟に2つの様式が巧みに組み込まれた稀有な建物。
柱が1本もない20mの縁側や、障子腰板に描かれた繊細な絵、ギヤマンをはめ込んだ雪見障子など、大名家の女性の居宅らしい優美さにあふれている。昭和25年(1950)に国の重要文化財に指定された。

■写真は成巽閣の参加者

190224iwa-13

○石川県歴史博物館
石川県立歴史博物館の赤レンガ建物3棟はかつて陸軍兵器庫、戦後は金沢美術工芸大学に使用されていた。昭和61年(1986)年石川県立郷土資料館(金沢市広坂)が本多の森公園(金沢市出羽町)の赤レンガ建物3棟に移転し、石川県立歴史博物館として開館した。2015年4月には加賀本多博物館が第3棟に移転リニューアルオープンした。

歴史的建造物の保存と博物館としての再利用が評価され、平成2年(1990)には国の重要文化財に指定。翌年には日本建築学会賞も受賞している。

■写真は石川県歴史博物館の参加者

190224iwa-14

■写真は金沢くらしの博物館の参加者

190224iwa-16

〇志摩
文政3年(1820)に建てられた格式の高いお茶屋の建物で、これまで手を加えることなく、江戸時代の建物がそのままに残っている貴重な文化遺産です。封建的制度のもと、町方にわずかに許された娯楽と社交の場として、お茶屋には主に上流町人や文化人たちが集い、遊びと言っても琴、三弦、笛に舞、謡曲、茶の湯から俳譜など多彩で、客、芸子ともに幅広く高い教養と技能が要求されました。
全国的に見ても数少ない茶屋建築の遺構の1つで当時の庶民文化を知る貴重な建築であることから平成15年(2003)に国の重要文化財に指定された。
■写真は志摩の参加者

金沢の2月で最低気温0度とはいえ最高気温11度の予報で、日本晴れ晴天のおかげで多くの参加者と、楽しくいい汗を久しぶりに流しました。

(完)

 

IWA「金沢の重要文化財(建築物)を巡る」開催!

190224iwa-1

IWA「金沢の重要文化財(建築物)を巡る」開催! その1

石川県ウオーキング協会は2月24日(日)金沢駅もてなしドーム地下発着の「金沢の重要文化財(建築物)を巡る」を115名の参加者で開催した。

■写真はあいさつする大路IWA会長

190224iwa-2

出発式では大路孝之石川県ウオーキング協会会長があいさつし、橋本吉昭さんがコース説明、3月の例会案内、竿下るり子さんの指導のストレッチを行いスタートした。

もてなしドームより鞍月用水を経由し、1番は尾崎神社に参拝。2番の尾山神社神門で集合写真。3番の石川四高記念館、4番の金沢城公園三十長屋、5番の金沢城公園鶴丸倉庫、6番の金沢城公園石川門、7番の成巽閣、8番に石川県立歴史博物館、9番に金沢くらしの博物館、そして最後にひがし茶屋街「志摩」の10ケ所の重要文化財を巡り、午後12時40分ごろ金沢駅もてなしドームにゴールした。コース11キロ

■写真はコース説明する橋本さん

190224iwa-3

■写真は金沢駅をスタートする参加者

190224iwa-4

〇尾崎神社の概況
寛永17年(1640)、加賀藩四代藩主前田光高公が東照権現勧請を幕府に願い出、許可を得て金沢城内北の丸に造営を始めた。その間、ご神霊を上野寛永寺から勧請し同寛永20年(1643)9月に東照権現社が落成し鎮座祭が執行された。
明治7年(1874)に社名を金沢東照宮からご祭神に天照大神と加賀藩三代藩主の前田利常公を加え、尾﨑神社に改称するとともに、城域が陸軍省の所管となり明治8年(1875)に移転することとなり明治11年(1878)旧加賀藩御算用場であった現在地に移った。昭和25年(1950)社殿が国の重要文化財に指定され今日に至っている。

190224iwa-5-4-500

■写真は重要文化財の尾山神社神門前の参加者

190224iwa-9

■写真は石川四高記念館

190224iwa-10

■写真は金沢城公園三十間長屋

(その2につづく)