働き盛りで精巣腫瘍に…「このつらさを乗り越えられたらどんな仕事もできる」

自身もがんになったライター・福島恵美が、がんと診断されても希望を持って働き続けるためのヒントを、患者らに聞いていく。今回登場するのは、20~40代の男性が多くかかる精巣腫瘍の患者会「精巣腫瘍患者友の会J-TAG(ジェイ・タッグ)」の代表を務める、会社員の改發(かいはつ)厚さん。難治性精巣腫瘍になってからの闘病生活や仕事について聞いた。