がん患者は就活で自らの病状を伝えるべきかどうか?

自身もがんになったライター・福島恵美が、がんと診断されても希望を持って働き続けるためのヒントを患者らに聞く。今回は精巣腫瘍患者友の会(J-TAG)代表で会社員の改發厚さんに、同会が取り組む医師と連携した患者支援の活動について聞いた。