@lungie_klaas Lungie

It would be nice to see a comparison of the immediate years prior this shoe. My takes it’s all about the Nike runners winning more than the shoe.

BONDING FLEECE PANTS

生地にハリのある伸縮性に優れたボンディング加工を施したフリースパンツ。細身なシルエットにグラフィックは同色プリントのシンプルなデザイン。 同素材のジップフーディー(9304)とセットアップでの着用も可能。 素材:ポリエステル 100% サイズ:S,M,L,XL,XXL カラー:BLACK ※2019/11中旬より順次発送となります。
ウエストヒップ股上股下
S: 67.5cm 97cm 28cm 70cm
M: 70.5cm 100cm 29cm 71cm
L: 73.5cm 103cm 30cm 73cm
XL: 76.5cm 106cm 31cm 75cm
XXL: 79.5cm 109cm 32cm 76cm

 (約/cm)

【先行販売】BONDING FLEECE PANTS

生地にハリのある伸縮性に優れたボンディング加工を施したフリースパンツ。細身なシルエットにグラフィックは同色プリントのシンプルなデザイン。 同素材のジップフーディー(9304)とセットアップでの着用も可能。 素材:ポリエステル 100% サイズ:S,M,L,XL,XXL カラー:BLACK ※2019/11中旬より順次発送となります。
ウエストヒップ股上股下
S: 67.5cm 97cm 28cm 70cm
M: 70.5cm 100cm 29cm 71cm
L: 73.5cm 103cm 30cm 73cm
XL: 76.5cm 106cm 31cm 75cm
XXL: 79.5cm 109cm 32cm 76cm

 (約/cm)

BONDING FLEECE HOODIE

生地にハリのある伸縮性に優れたボンディング加工を施したジップフーディー。裏地にはフリース素材を採用し防寒性も備えた仕様に。 同素材のパンツ(9305)とセットアップでの着用も可能。 素材:ポリエステル 100% サイズ:S,M,L,XL,XXL カラー:BLACK ※2019/11中旬より順次発送となります。
着丈裄丈身幅袖口幅
S: 63cm 84.5cm 49cm 10cm
M: 64cm 85.5cm 52cm 10.5cm
L: 66cm 87.5cm 55cm 11cm
XL: 68cm 89.5cm 58cm 11.5cm
XXL: 69cm 90.5cm 61cm 12cm

 (約/cm)

【先行販売】BONDING FLEECE HOODIE

生地にハリのある伸縮性に優れたボンディング加工を施したジップフーディー。裏地にはフリース素材を採用し防寒性も備えた仕様に。 同素材のパンツ(9305)とセットアップでの着用も可能。 素材:ポリエステル 100% サイズ:S,M,L,XL,XXL カラー:BLACK ※2019/11中旬より順次発送となります。
着丈裄丈身幅袖口幅
S: 63cm 84.5cm 49cm 10cm
M: 64cm 85.5cm 52cm 10.5cm
L: 66cm 87.5cm 55cm 11cm
XL: 68cm 89.5cm 58cm 11.5cm
XXL: 69cm 90.5cm 61cm 12cm

 (約/cm)

【LADIES】VOLUME NECK SHORT JK

ボリューム感のある襟が特徴の中綿ジャケット。ショート丈のシルエットはレディースアウターならではのデザイン。 素材:ポリエステル 100% サイズ:S,M,L カラー:BLACK,WHITE,NAVY
着丈袖丈身幅肩幅
S: 50cm 58.3cm 47cm 38cm
M: 51cm 59.3cm 50cm 40.5cm
L: 52cm 60.3cm 53cm 43cm

 (約/cm)

糖尿病“予備群”で安心していたら、突然、狭心症に!

私たちの体は異変を生じたとき、さまざまなサインを発する。それは、痛み、吐き気、出血などの自覚症状のこともあれば、健康診断の検査結果に表れることもある。このような体から得られる情報をどう理解するかが健康を守るために重要だ。今回のテーマは、糖尿病予備群でも心配な狭心症や心筋梗塞などのリスクをどう下げるか、について。

高齢者のパソコンやゲームは認知症予防に役立ちそう

高齢者が毎日本を読み、週に5~6回以上パソコンを操作し、適度な社会参加またはハンドクラフト(手工芸)に取り組み、アナログなゲームをすることが、軽度認知障害(MCI)のリスクの低下に役立つ可能性があることが、米国の研究で分かりました。