KWA「吉野工芸の里と手取峡谷を訪ねる」が開催された!

191027kwa-1

KWA「吉野工芸の里と手取峡谷を訪ねる」が開催された!

10月27日小松ウオーキング協会は道の駅一向一揆の里において「吉野工芸の里と手取峡谷を訪ねる」を75名の参加者で開催した。

開会式では、西川会長があいさつし、遠路福井市から参加された女性の新入会員が紹介され、ストレッチしスタートした。

■写真は受付

191027kwa-3

左手城山の鳥越城址を眺めながら、バードハミング鳥越で休憩。大巻どんど橋をから
吉野オートキャンプ場に到着、このころより小降りになり、吉野工芸の里に到着。
当地で人気のある大判焼を買い求め行列ができ、1時間待ちとの噂が広がり購入を諦め
た方が大いたとか。ほかの方は展示館や、御仏供スギなどを見学ていた。

■写真はスタートする参加者

191027kwa-5

■写真は大巻どんど橋の参加者

ここでA・Bコースが分離し、Bコースは黄門橋を通りゴールに向かった。Aコースは雨脚の強まる中、白山麓体育館、不老橋経由、綿が滝に行く予定が雨の為、滝の見学を諦め、キャニオンロードを進み、無事道の駅一向一揆の里にゴールした。

□コース:Aコース=13キロ、Bコース7キロ

191027kwa-6

■写真は大判焼きお店前参加者

191027kwa-7

■写真は工芸展示館参加者

191027kwa-8

■写真は不老橋参加者

□新飼

 

 

加齢や認知症と誤解されることも 薬の副作用の注意点

何種類もの薬を併用する高齢者で物忘れが激しくなったりふらついたりといった悪影響が出る問題へ、医療関係者の取り組みは始まってきた。ただ高齢者本人や家族が薬の影響と気づかず、加齢の影響や認知症などと間違われることも少なくない。生活の中でどのような症状に注意したらよいのだろう。