東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク」⑭が開催された。その2

iwa191113-111

東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク」⑭が開催された。その2

11月13日(水)石川県ウオーキング協会は長野駅において東京2020応援プログラム
「金沢~東京 参勤ウオーク」14日目戸倉駅→坂木宿→上田宿柳町→上田駅19kmを60名の参加者で開催した。

〇坂木宿本陣跡(ふるさと歴史館)
大壁造りの本陣表門が残る。坂木宿ふるさと歴史館の木造三階建ては医院として、昭和初期に建てられたもの。
■写真は坂木宿本陣跡

iwa191113-112

■写真は坂城駅をスタートする参加者

〇村上義清公墓所(供養塔)
葛尾城主。武田信玄の度々の侵略に対抗し互角に戦い、上田原の合戦では信玄を破る。しかし、支城を次々に落とされ、ついには長尾景虎を頼り越後へ脱出。景虎の加勢を受けるも旧領復帰は果たせず、越後根知城にて病没した。

171103iwa-101murakami

■写真は村上義清公墓所

〇甘泉の碑

加賀藩前田の殿様も好んだと伝わる名水が湧き出ており、甘泉と名付けられた。碑文は中之条代官男谷燕斎(彦四郎)によるもの。

iwa191113-113
〇鼠宿跡
珍名の宿場「鼠宿」がある。幕府公認の宿場ではなく松代藩の私宿で、後に上田宿と坂木宿の中間にある間の宿として栄えました。

iwa191113-116

■写真は松代藩産所(明治天皇小休所)

iwa191113-115

■写真は昼食を済ませ「みそ蔵」をスタートする参加者

〇鼠の岩鼻
古くから岩鼻は天下の嶮として知られ、江戸時代には岩鼻の岸壁の下を北国街道が通り、千曲川が出水すると通行不能となりっていた。

iwa191113-119

■写真は岩鼻
〇上田宿柳町
柳町は善光寺街道(北国街道)時代の面影を残す町並。柳町には「うだつ」、格子戸の商家が並んでいる、宿場時代には主に旅館、呉服屋などが軒を連ねていた。

iwa191113-121

iwa191113-122

■写真は上田宿柳町

〇上田城
真田信繁(幸村)の父、真田昌幸によって天正11年(1583)築城された上田城は第1次・第2次上田合戦で徳川軍を2度にわたり撃退した難攻不落の城として知られています。日本百名城 27番・日本夜景遺産に認定されている。

iwa191113-152

■写真は帰りに有志で訪れた上田城

東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク」⑭が開催された。その1

iwa191113-101-2-500

東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク」⑭が開催された。その1

11月13日(水)石川県ウオーキング協会は長野駅において東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク」14日目戸倉駅→坂木宿→上田宿柳町→上田駅19kmを60名の参加者で開催した。

出発式では大路孝之石川県ウオーキング協会会長があいさつし、竿下るり子JWA指導員がストレッチをして、スタートした。

■写真は戸倉駅での参加者

iwa191113-102-2

■写真は開会式の坂城町ボランティアガイドのご挨拶

〇戸倉宿
元和8年(1622)戸倉村が上下に分村したため、2キロ離れて2宿が誕生した。問屋業務は月の21日までは下戸倉宿、以降は上戸倉宿が務め、2宿で間の宿となっていた。下戸倉宿本陣は蔵元坂井銘醸(下の酒屋)前にある。

iwa191113-102

■写真は戸倉駅スタートの参加者

iwa191113-103

■写真は明治天皇御在所跡

iwa191113-105

〇上戸倉本陣、玉井家
上戸倉宿の中程に100坪程の空地が在り、ここは上戸倉本陣「玉井家」の敷地で、上戸倉本陣は当初、玉井家が勤め幕末期より少し先の小出家が勤めていた。

iwa191113-106

■写真は上戸倉宿の船つなぎ石碑(千曲川が現在の国道18号線近くまであった)

iwa191113-107

■写真は冠雪の白馬岳

iwa191113-108

■写真は苅屋原ミニパークで説明を聞く参加者

iwa191113-109

■写真は横吹坂の道図

iwa191113-118

■写真は坂城町に入る参加者

(つづく)

東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク」⑬が開催された。その2

191113iwa-12

東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク」⑬が開催された。その2

11月12日(水)石川県ウオーキング協会は長野駅において東京2020応援プログラム
「金沢~東京 参勤ウオーク」13日目長野駅→丹波島宿→矢代宿→戸倉駅22km
を60名の参加者で開催した。
■写真は休憩後氷鉋公園をスタートする参加者

191113iwa-13

■写真は昼食後ししののい公園をスタートする参加者

191113iwa-14

■写真は千曲川篠ノ井橋を渡る参加者

〇矢代宿
矢代宿(千曲市屋代)は、北国街道の宿場のひとつで戸倉宿と丹波島宿の間に位置した。宿の成立は、慶長11年(1611)に松平忠輝が矢代村へ「伝馬書」を出しており、その頃であると考えられる。

191113iwa-15-2

■写真は矢代宿明治天皇小休所碑

〇矢代宿柿崎脇本陣跡碑
柿崎平九郎家の石標がある。古地図では脇本陣の隣が本陣だが、今は跡形もない。

191113iwa-15

■写真は柿崎脇本陣跡碑

〇須々岐水神社
社伝によれば白鳳2年(651)一重山の腰惣に創建という。 平安時代には延喜式の神名帳に列した。 鎮座の地は幾多変遷の後、明治42年に一旦当地にあったが、故あって一重山尾根の東の地に鎮座した。 しかし当地に永久の奉祀を願い再び鎮座して、平成11年5月22日鎮座の祝典を挙行した。

191113iwa-16
■写真は須々岐水神社前の参加者

191113iwa-17
■写真は屋代市街地の参加者

191113iwa-18
■写真は屋代駅をスタートする参加者

191113iwa-19

■写真は芭蕉句碑

朝は冷え込んだが、日差しがよくウインドブレーカもいらない最高のウオーキング日和に恵まれ。15:40頃戸倉駅にゴールした。

 

東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク」⑬が開催された。その1

191113iwa-1-500

東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク」⑬が開催された。その1

11月12日(水)石川県ウオーキング協会は長野駅において東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク」13日目長野駅→丹波島宿→矢代宿→戸倉駅22kmを60名の参加者で開催した。

出発式では大路孝之石川県ウオーキング協会会長があいさつし、集合写真を撮影して
スタートした。

191103iwa-2-500

■写真は長野駅東口をスタートする参加者

191103iwa-3

■写真は丹波島の渡し跡

〇丹波島宿本陣跡
丹波島宿は慶長16年(1611)に設立された北国街道の宿場町で、本陣や脇本陣が設置され東西6町(約654m)であった。本陣門と明治天皇小休所跡碑がある。

191113iwa-8

■写真は丹波島宿本陣跡

〇丹波島宿問屋場宿の中程に高札場が有り、その直ぐ隣の冠木門の家屋が丹波島宿の問屋場「柳島家」。

191113iwa-9

■写真は丹波島宿問屋場
〇丹波島宿の鍾馗様
代々受け継いできた家(旅籠)の守り神・鍾馗(しょうき)様が今でも数軒の小屋根に飾られている。

191113iwa-11

■写真は鍾馗様

191113iwa-10

191009tanba-11

■写真は丹波島宿古地図

191009tanba-10

〇於佐加神社
丹波島宿の西枡形にある。於佐加神社は丹波島宿の鎮守で宿場開設後の寛文2年(1662)に諏訪川原より移設され、社内には秋葉社、弥栄社、三峰社、天満社、金毘羅社、住吉社、新津権現、道祖神、庚申塚の9社が祀られている。

■写真は於佐加神社

(つづく)