IWA金沢トレイルコース完成記念「金沢城~金沢大学」開催!!

191117iwa-2

IWA金沢トレイルコース完成記念「金沢城~金沢大学」開催!!

11月17日(日)石川県ウオーキング協会は金沢トレイル協議会が作定した、金沢トレイルコース完成記念「金沢城~金沢大学」を金沢トレイル協議会会員も含め95名の参加者で開催した。

■写真は金沢城公園新丸広場

191117iwa-1-500

〇金沢トレイルコースとは

金沢トレイルは、金沢城公園から城下町金沢の里山や地域をつなぎ、白山へ続く73キロの道です。昨年末に完成した。

出発式では大路孝之石川県ウオーキング協会会長、河崎仁志金沢トレイル協議会理事長が金沢トレイルコース説明とあいさつし、9:05ごろスタートした。

191117iwa-3

■写真はスタートする参加者

191117iwa-5

大手門から尾張町、久保市乙剣宮の大ケヤキを見て暗がり坂、主計町、東山観音通り、観音院から菖蒲園で休憩。卯辰山公園から仏舎利塔経由奥卯辰山健民公園トンボテラスで休憩し、金沢大学創立50周年記念「金沢大学角間の里」、杜の里イオンに12:15ごろゴールした。

■写真は大手門の参加者

191117iwa-6

■写真は主計町列詰めの参加者

191117iwa-7
■写真はひがし茶屋街観音通りの参加者

191117iwa-8

191117iwa-9

未明かなりの雨が降ったが、出発式のころは止み、気温も上昇して、卯辰山の登りもあり、またあざやかな紅葉にも恵まれ、気持ちのいいウオーキングを楽しんだ。
今回も新しい方の参加者が多く参加していただきました。

■写真は卯辰山の参加者

191117iwa-11

□コース(10キロ)
金沢城新丸広場~尾張町~主計町~ひがし茶屋街~卯辰山公園~奥卯辰山健民公園~金沢大学角間キャンパス~杜の里イオン(ゴール)
■写真は奥卯辰山のびのび交流館 とんぼテラスの参加者

191117iwa-13

■写真は金沢大学創立50周年記念「角間の里」前の参加者

 

がんの死因第1位「肺がん」、大規模疫学調査から見えてきた事実とは

数あるがんの中で、現在の日本人の死亡数トップとなっている「肺がん」。毎年7万4000人もの人が肺がんで命を落としています。前回の大腸がんに続き、今回は「肺がん」の近年の傾向とその要因を見ていきましょう。肺がんの原因として喫煙(たばこ)があることはよく知られているものの、欧米と比べるといまだに意識に大きな差があります。受動喫煙の怖さについても意識は浸透していないのが現状です。

『社長のきもち』というブログで運動と健康を推奨【西武HD後藤社長】

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月は『でかける人を、ほほえむ人へ。』をスローガンに、西武鉄道やプリンスホテルなど、グループ81社を統括する西武ホールディングスの後藤高志社長にお話を伺っている。最終回は、西武グループとしての経営と健康の関わりについて聞いた。