KWA「新春ウオーク 五社巡り」開催された!

kwa200105-2

KWA「新春ウオーク 五社巡り」開催された!

1月5日(日)小松ウオーキング協会はJR小松駅発着の「新春ウオーク 五社巡り」を90名の参加者で開催した。
開会式では西川会長の健康のため今年も頑張りましょうとの力強い挨拶があり、いつものようにコース案内や準備体操の後スタートした。

■写真はJR小松駅受付

kwa200105-3

小松駅からは新幹線の工事を右手に見てJR線の横を進み梯川から天満宮に到着参拝。ここからは芦城公園経由でおすわさん(兎橋神社)に到着参拝。その後、本折町日吉神社から須天町熊野神社で参拝。例年通り神主の手製大きな「絵馬」が掲げてあった。

■写真は開会式

kwa200105-4tenman

■写真は小松天満宮の参加者

kwa200105-5saru

次に向かったのは、「むざんやな 甲の下のきりぎりす」で有名な多太神社で、芭蕉の句碑も眺めつつ参拝し、ここでBコースと分離した。Aコースはイオンモールに向かい、お正月休暇最終日でもあり、多くのお客様が訪れていた。

■写真は兎橋神社の参加者

kwa200105-6kumano

心配していた天候は途中5分くらいのアラレに逢った程度で、今年も縁起のいい5社巡りをし、全員無事JR小松駅にゴールした。

■写真は熊野神社の絵馬

kwa200105-7tada

■写真は多太神社の参加者

◇情報・写真提供:KWA村中勝二 氏

腰痛だと思っていたら、命に関わる血管の病気「大動脈瘤」

私たちの体は異変を生じたとき、さまざまなサインを発する。それは、痛み、吐き気、出血などの自覚症状のこともあれば、健康診断の検査結果に表れることもある。このような体から得られる情報をどう理解するかが健康を守るために重要だ。今回のテーマは、破裂すると命を失う危険性が高い「大動脈瘤」について。

大きな筋肉を鍛えると、末端の筋肉も太くなりやすい?

筋肉こそ生命活動の原動力。筋肉が活動的になれば、代謝が活性化し、健康で元気な体になります。世の中にはいろいろな「筋肉の常識」がありますが、すべて正しいとは限りません。本連載では、筋肉博士・石井直方先生が、筋肉の正しい知識をやさしく解説していきます。前回は、大きい筋肉から鍛えるのが筋トレの基本だと説明しました。では、大きな筋肉を鍛えると、末端の筋肉も太くなりやすいのでしょうか?