気づいたときには失明寸前…忍び寄る「緑内障」はなぜ見逃される?

40歳以上の20人に1人がかかるという緑内障。視野が徐々に欠け、放置すれば失明する恐れがあるにもかかわらず、初期のうちに気づく人はほとんどいない。視野が欠けることになぜ気づかないのか、そして治療にはどんな選択肢があるのか、東邦大学医療センター大橋病院眼科診療部長・教授の富田剛司氏に聞いた。