尿酸値を下げるための食事、すぐ着手すべき3つの対策

近年の研究から、高尿酸血症によって引き起こされる病気が痛風だけではないことが明らかになってきた。多過ぎる尿酸が全身の臓器に取り込まれて臓器障害を起こし、高血圧、糖尿病、腎臓病など様々な病気のリスクを高めていく――。では、尿酸値が高い人は具体的に何をすれば下げられるのだろう? 今回は「食生活での対策」を鳥取大学大学院医学系研究科教授の久留一郎さんに聞いていく。

老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

“老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。