胃がんの原因になるピロリ菌は早めの除菌を

女性では乳房、大腸に次いで罹患数の多い胃がん。その大きなリスク要因が、胃粘膜に感染し、炎症を起こすピロリ菌だ。乳幼児期に感染し、多くは無症状。簡単な検査で調べられ、早期の除菌で、胃がん予防だけでなく胃潰瘍や胃炎の予防・改善も可能だ。